知財判決速報/裁判例集知的財産に関する判決速報,判決データベース

ホーム > 知財判決速報/裁判例集 > 平成10(行ツ)19 審決取消請求事件

この記事をはてなブックマークに追加

平成10(行ツ)19審決取消請求事件

判決文PDF

▶ 最新の判決一覧に戻る

裁判所 最高裁判所第三小法廷
裁判年月日 平成12年2月29日
事件種別 民事
原審 平成4(行ケ)14 (平成9年8月7日)
法令 特許権
キーワード 実施5回
特許権2回
審決2回
無効審判1回
無効1回
主文 本件上告を棄却する。上告費用は上告人らの負担とする。
判示事項 「植物の新品種を育種し増殖する方法」に係る発明の育種過程における反復可能性
事件の概要 「植物の新品種を育種し増殖する方法」に係る発明の育種過程における反復可能性は、科学的にその植物を再現することが当業者において可能であれば足り、その確率が高いことを要しない。

▶ 前の判決 ▶ 次の判決 ▶ 特許権に関する裁判例

本サービスは判決文を自動処理して掲載しており、完全な正確性を保証するものではありません。正式な情報は裁判所公表の判決文(本ページ右上の[判決文PDF])を必ずご確認ください。

判決文

         主    文
     本件上告を棄却する。
     上告費用は上告人らの負担とする。
         理    由
上告代理人島田康男、同尾崎光三、同須藤政彦の上告理由第一点ないし第四点につ
いて
 一 原審の適法に確定した事実関係の概要は次のとおりである。
 1 Dは、名称を「桃の新品種黄桃の育種増殖法」とする特許第一四五九〇六一
号発明(昭和五二年一〇月二四日出願。以下「本件発明」といい、本件発明に係る
特許を「本件特許」という。)に係る特許権を有していた。
 2 本件特許出願につき手続補正書に添付された明細書(以下「本件明細書」と
いう。)の特許請求の範囲の記載は、「従来周知の缶詰専用桃品種タスカンを種子
親とし、これに花粉親として桃品種エルバーターを交配せしめて本発明者が改良育
成した桃品種タスバーターを種子親とし、本発明者が偶発実生の黄肉の桃品種晩黄
桃を交配せしめ、得た種子より発芽した植物を選抜淘汰の結果、本文に詳記し、図
面に示すように葉縁がわずかに波立つが種子親タスバーター程には波立たない大き
な披針形の葉を有し、花は、淡紅色の蕊咲きで、花粉多く自家受精の性質を有し、
結実多く、果実は整った円形で、果皮強靱であり、色は黄色地に陽光面に紅暈を現
し、外観きわめて美麗であり、果肉は黄色で、肉質きわめて緻密で繊維少なく、粘
核であり、核の周囲に着色が少なく、微酸を含む甘味を有し、果頂と底部との味の
差がなく、芳香を有する桃の新品種黄桃を育成し、これを常法により無性的に増殖
する方法。」である。
 3(一) 果樹においては、各形質の遺伝構造は、形質の基になる遺伝因子が相
互に影響し合い、メンデルの法則によっては解明し切れない面を有し、同一の遺伝
子の構造を有する果樹を交配により再現することは、極めて低い確率でしか成立し
ない。しかし、遺伝子の構造が異なっても部分的には同一の形質が発現し得るから、
育種過程を反復実施することにより同一の形質を有する果樹を再現することが可能
である。
 (二) 本件発明の要旨は、育種目標とする形質の基礎となるべき遺伝構造の異
同にかかわらず、育種目標とする形質自体の獲得の点にある。本件発明に係る黄桃
(以下「本件黄桃」という。)の各部分の形質は、その親品種であるタスバーター
又は晩黄桃のいずれかの形質を示すものであったり、そのいずれでもなく中間の形
質を示すものであったりするなど、種々の様相を示している。もっとも、形質自体
の同一性の観点からみると、遺伝学的知見又は育種学的知見に照らし、確率が高い
ものとはいえないとしても、本件黄桃の育種過程を反復実施することにより、本件
発明の育種目標とする形質と同じ形質を有する桃を再現することが可能である。
 (三) 本件明細書には、本件黄桃の育種過程において親品種の中間の形質を基
準として選抜すべきことが記載されているところ、当業者にとっては、右選抜基準
は客観的に認識することができ、明確である。
 (四) 本件特許出願当時、当業者が本件黄桃の親品種である晩黄桃を入手する
ことは可能であったが、平成七年に至り、その原木が所在不明となった。
 4 上告人らは、平成元年九月一八日、特許庁に対し、本件特許につき無効審判
を請求し、特許庁は、平成一年審判第一五〇八二号事件として審理した結果、平成
三年一二月一六日、右審判請求は成り立たない旨の審決をした。
 5 Dは、平成七年二月四日死亡し、相続により被上告人が本件特許権を承継し
た。
 二 本件は、上告人らが、本件発明には反復可能性がないから、本件特許は特許
要件を欠くなどとして、審決の取消しを請求する事案である。
 三 発明は、自然法則の利用に基礎付けられた一定の技術に関する創作的な思想
であるが、その創作された技術内容は、その技術分野における通常の知識経験を持
つ者であれば何人でもこれを反復実施してその目的とする技術効果を挙げることが
できる程度にまで具体化され、客観化されたものでなければならないから、その技
術内容がこの程度に構成されていないものは、発明としては未完成のものであって、
特許法二条一項にいう「発明」とはいえない(最高裁昭和三九年(行ツ)第九二号
同四四年一月二八日第三小法廷判決・民集二三巻一号五四頁参照)。したがって、
同条にいう「自然法則を利用した」発明であるためには、当業者がそれを反復実施
することにより同一結果を得られること、すなわち、反復可能性のあることが必要
である。そして、【要旨】この反復可能性は、「植物の新品種を育種し増殖する方
法」に係る発明の育種過程に関しては、その特性にかんがみ、科学的にその植物を
再現することが当業者において可能であれば足り、その確率が高いことを要しない
ものと解するのが相当である。けだし、右発明においては、新品種が育種されれば、
その後は従来用いられている増殖方法により再生産することができるのであって、
確率が低くても新品種の育種が可能であれば、当該発明の目的とする技術効果を挙
げることができるからである。
 四 これを本件についてみると、前記のとおり、本件発明の育種過程は、これを
反復実施して科学的に本件黄桃と同じ形質を有する桃を再現することが可能である
から、たといその確率が高いものとはいえないとしても、本件発明には反復可能性
があるというべきである。なお、発明の反復可能性は、特許出願当時にあれば足り
るから、その後親品種である晩黄桃が所在不明になったことは、右判断を左右する
ものではない。
 これと同旨の原審の判断は、正当として是認することができ、原判決に所論の違
法はない。論旨は、原審の専権に属する証拠の取捨判断、事実の認定を非難するか、
又は独自の見解に立って原判決を論難するものにすぎず、採用することができない。
 同第五点について
 所論の点に関する原審の事実認定は、原判決挙示の証拠関係に照らして首肯する
に足り、右事実関係の下において、本件明細書に係る補正が要旨変更に当たらない
とした原審の判断は、正当として是認することができる。原判決に所論の違法はな
い。論旨は、原審の専権に属する証拠の取捨判断、事実の認定を非難するか、又は
独自の見解に立って原判決を論難するものにすぎず、採用することができない。
 よって、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり判決する。
(裁判長裁判官 元原利文 裁判官 千種秀夫 裁判官 金谷利廣 裁判官 奥田
昌道)

最新の判決一覧に戻る

法域

特許裁判例 実用新案裁判例
意匠裁判例 商標裁判例
不正競争裁判例 著作権裁判例

最高裁判例

特許判例 実用新案判例
意匠判例 商標判例
不正競争判例 著作権判例

特許事務所の求人知財の求人一覧

特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所

岐阜県 岐阜市 求人 特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所 弁理士・特許技術者・意匠商標補助者・事務担当者 募集中

今週の知財セミナー (9月25日~10月1日)

来週の知財セミナー (10月2日~10月8日)

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

七星特許事務所

東京都外神田4-14-2 東京タイムズタワー2703号室 特許・実用新案 鑑定 

あいぎ特許事務所【名古屋・岐阜】

名古屋本部オフィス 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3-13-24 第一はせ川ビル6F http://aigipat.com/ 岐阜オフィス 〒509-0124 岐阜県各務原市鵜沼山崎町3丁目146番地1 PACビル2階(旧横山ビル) http://gifu.aigipat.com/ 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

特許業務法人 快友国際特許事務所

〒451-6009 愛知県名古屋市西区牛島町6番1号 名古屋ルーセントタワー9階 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング