知財判決速報/裁判例集知的財産に関する判決速報,判決データベース

ホーム > 知財判決速報/裁判例集 > 平成7(行ツ)204 審決取消

この記事をはてなブックマークに追加

平成7(行ツ)204審決取消

判決文PDF

▶ 最新の判決一覧に戻る

裁判所 最高裁判所第三小法廷
裁判年月日 平成11年3月9日
事件種別 民事
原審 平成3(行ケ)225 (平成7年8月3日)
法令 特許権
キーワード 審決45回
無効33回
特許権5回
主文 原判決を破棄する。特許庁が昭和六一年審判第一一二二二号事件について平成三年七月二五日にした審決を取り消す。訴訟の総費用は被上告人の負担とする。
判示事項 平成五年法律第二六号による改正前の特許法の下において無効審決取消訴訟の係属中に当該特許権について特許請求の範囲の減縮を目的とする訂正審決が確定した場合における当該無効審決の取消しの要否
事件の概要 平成五年法律第二六号による改正前の特許法の下において、無効審決取消訴訟の係属中に当該特許権について特許請求の範囲の減縮を目的とする訂正審決が確定した場合には、当該無効審決は取り消されなければならない。

▶ 前の判決 ▶ 次の判決 ▶ 特許権に関する裁判例

本サービスは判決文を自動処理して掲載しており、完全な正確性を保証するものではありません。正式な情報は裁判所公表の判決文(本ページ右上の[判決文PDF])を必ずご確認ください。

判決文

         主    文
     原判決を破棄する。
     特許庁が昭和六一年審判第一一二二二号事件について平成三年七月二五
日にした審決を取り消す。
     訴訟の総費用は被上告人の負担とする。
         理    由
 上告代理人坂井尚美、同坂井慶の上告理由第二について
 一 原審の適法に確定した事実関係及び本件訴訟の経緯の概要は、次のとおりで
ある。
 1 上告人は、名称を「大径角形鋼管の製造方法」とする特許第一二九三一二八
号発明(以下「本件発明」という。)の特許権者である。被上告人は、昭和六一年
五月二六日、特許庁に対し、本件発明に係る特許(以下「本件特許」という。)を
無効にすることについて審判を請求し、昭和六一年審判第一一二二二号事件として
審理された結果、平成三年七月二五日、本件特許を無効にすべき旨の審決(以下「
本件無効審決」という。)がされた。上告人は、同年九月二四日、本件無効審決の
取消しを求める本件訴訟を提起した。上告人は、同年一二月一七日、本件発明に係
る特許出願の願書に添付された明細書(以下「本件明細書」という。)の特許請求
の範囲の記載等を訂正することについて審判を請求し、平成三年審判第二四一九五
号事件として審理された結果、本件訴訟の原審口頭弁論終結の前である平成五年一
〇月二八日、右訂正をすべき旨の審決(以下「本件訂正審決」という。)がされ確
定した。
 2 本件明細書の特許請求の範囲の記載は、「大径角形鋼管を製造する方法にお
いて、一枚板鋼板を長さ方向に移送して両側の開先加工を行った後、プレスにて角
形鋼管の四隅に当たる部分を一箇所宛順次曲げ加工して開先間の隙間がそこから金
型が抜出せる最小限の寸法になる角形鋼管近似の形状に成形し、ついで複数段の成
形ロールで角形鋼管形状に成形しつつ移送して順次仮付溶接し、つぎに開先部内外
面を自動溶接によって溶接した後歪取りロールを通過させることによって歪取りを
行うことを特徴とする大径角形鋼管の製造方法。」というものである。
 3 本件無効審決は、本件無効審決に引用された技術から当業者が本件発明に想
到することは容易であるとの理由によるものである。
 4 本件訂正審決により、本件明細書の特許請求の範囲の記載は、「大径角形鋼
管を製造する方法において、一枚厚肉鋼板を長さ方向に移送して両側の開先加工を
行った後、プレスにて角形鋼管の四隅に当たる部分を一箇所宛順次曲げ加工して開
先間の隙間がそこから金型が抜出せる最小限の寸法になる角形鋼管近似の形状に成
形し、ついで前記角形近似鋼管を複数段の成形ロールを通して角形鋼管形状に成形
し、かつ移送して開先突合せ面を順次仮付溶接し、つぎに開先部内外面を自動溶接
によって溶接した後、歪取りロールを通過させることによって歪取りを行うことを
特徴とする大径角形鋼管の製造方法。」と訂正された。
 二 本件は、上告人が本件無効審決の取消しを請求するものであるところ、原審
は、右事実関係の下において、次のとおり判断して、上告人の請求を棄却した。
 1 本件訂正審決が確定したことにより、本件明細書の記載が訂正され、出願時
にさかのぼって訂正後の本件明細書により出願、特許査定等がされたものとみなさ
れるから、右訂正前の本件明細書に基づいて本件発明の内容を認定した本件無効審
決には、右認定に誤りがあることになる。
 2 審決に対する訴え(以下「審決取消訴訟」という。)において当該審決が違
法とされるためには、審決における認定判断の誤りが審決の結論に影響を及ぼすも
のであることを要するところ、特許を無効にすべき旨の審決(以下「無効審決」と
いう。)の取消しを求める訴訟の係属中に当該特許権について明細書の記載を訂正
すべき旨の審決(以下「訂正審決」という。)が確定しても、訂正後の明細書に基
づく発明を右無効審決において引用された技術と対比して、右無効審決と同旨の理
由により同一の結論に達するときは、無効審決における右認定の誤りはその結論に
影響を及ぼさないから、無効審決を違法として取り消すことはできない。
 3 本件無効審決において引用された周知の技術から訂正後の本件明細書に基づ
く発明の構成を得ることは当業者にとって容易であって、右発明は特許を受けるべ
きものではなく、本件無効審決における発明内容の認定の誤りが本件無効審決の結
論に影響を及ぼさないから、本件無効審決は取り消されるべきではない。
 三 しかしながら、原審の右判断中の2及び3の点は、是認することができない。
その理由は、次のとおりである。
 1 審決取消訴訟において、審判の手続において審理判断されなかった公知事実
との対比における無効原因は審決を違法とし、又はこれを適法とする理由として主
張することができないことは、当審の判例とするところである(最高裁昭和四二年
(行ツ)第二八号同五一年三月一〇日大法廷判決・民集三〇巻二号七九頁)。明細
書の特許請求の範囲が訂正審決により減縮された場合には、減縮後の特許請求の範
囲に新たな要件が付加されているから、通常の場合、訂正前の明細書に基づく発明
について対比された公知事実のみならず、その他の公知事実との対比を行わなけれ
ば、右発明が特許を受けることができるかどうかの判断をすることができない。そ
して、このような審理判断を、特許庁における審判の手続を経ることなく、審決取
消訴訟の係属する裁判所において第一次的に行うことはできないと解すべきである
から、訂正後の明細書に基づく発明が特許を受けることができるかどうかは、当該
特許権についてされた無効審決を取り消した上、改めてまず特許庁における審判の
手続によってこれを審理判断すべきものである。
 もっとも、訂正後の明細書に基づく発明が無効審決において対比されたのと同一
の公知事実により無効とされるべき場合があり得ないではなく、原判決は本件がこ
のような場合であることを理由とするものであるが、本件において訂正審決がされ
るためには、平成五年法律第二六号による改正前の特許法(以下「旧法」という。)
一二六条三項により、訂正後における特許請求の範囲に記載されている事項により
構成される発明が特許出願の際独立して特許を受けることができるものでなければ
ならないから、訂正後の明細書に基づく発明が無効審決において対比された公知事
実により同様に無効とされるべきであるならば、訂正審決は右規定に反しているこ
ととなり、そのような場合には、旧法は、訂正の無効の審判(一二九条)により訂
正を無効とし、当該特許権について既にされた無効審決についてはその効力を維持
することを予定しているということができる(現行法においては、一二三条一項八
号において、一二六条四項に違反して訂正審決がされたことが特許の無効原因とな
る旨を規定するから、右のような場合には、これを理由として改めて特許の無効の
審判によりこれを無効とすることが予定されている。)。
 2 したがって、無効審決の取消しを求める訴訟の係属中に当該特許権について
特許請求の範囲の減縮を目的とする訂正審決が確定した場合には当該無効審决を取
り消さなければならないものと解するのが相当である。
 これを本件について見ると、本件訂正審決による本件明細書の特許請求の範囲の
前記訂正のうち「一枚板鋼板」を「一枚厚肉鋼板」に訂正する点は特許請求の範囲
の減縮に当たるものであるから、本件無効審決はこれを取り消すべきものである。
 四 以上のとおりであるから、これと異なる判断の下に本件請求を棄却した原判
決には、法令の解釈を誤った違法があり、その違法は原判決の結論に影響を及ぼす
ことが明らかである。論旨は理由があり、その余の上告理由につき判断するまでも
なく、原判決は破棄を免れない。そして、原審の確定した事実によれば、本件の審
決取消請求はこれを認容すべきものである。
 よって、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり判決する。
     最高裁判所第三小法廷
         裁判長裁判官    元   原   利   文
            裁判官    園   部   逸   夫
            裁判官    千   種   秀   夫
            裁判官    尾   崎   行   信
            裁判官    金   谷   利   廣

最新の判決一覧に戻る

法域

特許裁判例 実用新案裁判例
意匠裁判例 商標裁判例
不正競争裁判例 著作権裁判例

最高裁判例

特許判例 実用新案判例
意匠判例 商標判例
不正競争判例 著作権判例

特許事務所の求人知財の求人一覧

特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所

岐阜県 岐阜市 求人 特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所 弁理士・特許技術者・意匠商標補助者・事務担当者 募集中

今週の知財セミナー (9月25日~10月1日)

来週の知財セミナー (10月2日~10月8日)

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

加藤特許事務所

福岡市博多区博多駅前3丁目25番21号  博多駅前ビジネスセンター411号 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

福井特許事務所

〒166-0003 東京都杉並区高円寺南2-50-2 YSビル3F 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

あみ知的財産事務所

大阪市北区豊崎3-20-9 三栄ビル7階 特許・実用新案 意匠 商標 訴訟 鑑定 コンサルティング