知財判決速報/裁判例集知的財産に関する判決速報,判決データベース

ホーム > 知財判決速報/裁判例集 > 昭和44(あ)2117 商標法違反

この記事をはてなブックマークに追加

昭和44(あ)2117商標法違反

判決文PDF

▶ 最新の判決一覧に戻る

裁判所 最高裁判所第三小法廷
裁判年月日 昭和46年7月20日
事件種別 民事
法令 商標権
キーワード 商標権1回
主文 本件各上告を棄却する。
判示事項 一 指定商品の包装に登録商標を付けたものを販売する目的で所持する場合その中味が商標権者自身の製品でかつ新品であることと商標法三七条二号七八条の罪の成否 二 特段の美観要素がなくもつぱら運搬用商品保護用である商品収容容器としての段ボール箱と商標法三七条二号にいう「商品の包装」 三 商標法三七条二号の行為が業としてなされることの要否
事件の概要 一 正当な権限がないのに指定商品の包装に登録商標を付したものを販売する目的で処理する場合、その中身が商標権者自身の製品でしかも新品であることは、商標法三七条二号、七八条の罪の成立になんら影響を及ぼさない。 二 特段の美観要素がなく、もつぱら運搬用商品保護用であるとしても、商品を収容している容器としての段ボール箱は、商標法三七条二号にいう「商品の包装」にあたる。 三 商標法三七条二号の行為は、必ずしも業としてなされることを必要としない。

▶ 前の判決 ▶ 次の判決 ▶ 商標権に関する裁判例

本サービスは判決文を自動処理して掲載しており、完全な正確性を保証するものではありません。正式な情報は裁判所公表の判決文(本ページ右上の[判決文PDF])を必ずご確認ください。

判決文

         主    文
     本件各上告を棄却する。
         理    由
 弁護人笈川義雄の上告趣意のうち、憲法三一条違反をいう点の実質は、すべて事
実誤認または単なる法令違反の主張であり、判例違反をいう点は、引用の判例は事
案を異にして本件に適切でなく、その余の論旨は、事実誤認、単なる法令違反、量
刑不当の主張であつて、いずれも適法な上告理由にあたらない(正当な権限がない
のに指定商品の包装に登録商標を付したものを販売する目的で所持する場合、その
中身が商標権者自身の製品でしかも新品であることは商標法三七条二号、七八条の
罪の成立になんら影響を及ぼさないものであり、次に、特段の美観要素がなく、も
つぱら、運搬用商品保護用であるとしても、商品を収容している容器としての段ボ
ール箱は同法三七条二号にいう「商品の包装」にあたり、また、同条号の行為は必
ずしも業としてなされることを必要としないものというべきである。したがつて、
これと同趣旨の原判断は、いずれも正当である。)。
 よつて、刑訴法四一四条、三八六条一項三号により、裁判官全員一致の意見で、
主文のとおり決定する。
  昭和四六年七月二〇日
     最高裁判所第三小法廷
         裁判長裁判官    関   根   小   郷
            裁判官    下   村   三   郎
            裁判官    松   本   正   雄
            裁判官    天   野   武   一

最新の判決一覧に戻る

法域

特許裁判例 実用新案裁判例
意匠裁判例 商標裁判例
不正競争裁判例 著作権裁判例

最高裁判例

特許判例 実用新案判例
意匠判例 商標判例
不正競争判例 著作権判例

特許事務所の求人知財の求人一覧

特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所

岐阜県 岐阜市 求人 特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所 弁理士・特許技術者・意匠商標補助者・事務担当者 募集中

今週の知財セミナー (9月25日~10月1日)

来週の知財セミナー (10月2日~10月8日)

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

荒井特許事務所

横浜市中区本町1-7 東ビル4階 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

福井特許事務所

〒166-0003 東京都杉並区高円寺南2-50-2 YSビル3F 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

特許業務法人 浅村特許事務所 (東京都品川区)

〒140-0002 東京都品川区東品川2丁目2番24号 天王洲セントラルタワー21F・22F 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング