知財判決速報/裁判例集知的財産に関する判決速報,判決データベース

ホーム > 知財判決速報/裁判例集 > 平成28(行ケ)10106 審決取消請求事件

この記事をはてなブックマークに追加

平成28(行ケ)10106審決取消請求事件

判決文PDF

▶ 最新の判決一覧に戻る

裁判所 請求棄却 知的財産高等裁判所
裁判年月日 平成29年4月25日
事件種別 民事
当事者 被告特許庁長官内藤真徳
原告フィリップ・モーリス・プロ
対象物 タバコベースのニコチンエーロゾル発生システム
法令 特許権
特許法29条2項1回
キーワード 実施29回
審決15回
進歩性3回
分割2回
優先権1回
主文 1 原告の請求を棄却する。
2 訴訟費用は原告の負担とする。
3 この判決に対する上告及び上告受理申立てのための付加期間を30日と定める。
事件の概要 1 特許庁等における手続の経緯 (1) デューク大学は,平成22年3月9日(優先権主張:平成21年3月17日, 米国)に発明の名称を「タバコベースのニコチンエーロゾル発生システム」とする 国際特許出願(特願2012-500827号)をした。原告は,デューク大学か ら,上記特許を受ける権利を承継し,その後,国内移行手続をしたが,平成26年 1月28日付けで拒絶査定を受けた(甲8,16,18,19)。 (2) 原告は,平成26年6月3日,これに対する不服の審判を請求した(甲10)。 (3) 特許庁は,これを,不服2014-10285号事件として審理し,平成2 7年12月14日,「本件審判の請求は,成り立たない。」との別紙審決書(写し) 記載の審決(以下「本件審決」という。)をし,平成28年1月4日,その謄本が 原告に送達された。なお,出訴期間として90日が附加された。 (4) 原告は,平成28年5月2日,本件審決の取消しを求める本件訴訟を提起し た。 2 特許請求の範囲の記載 特許請求の範囲請求項1の記載は,次のとおりである(ただし,平成27年10

▶ 前の判決 ▶ 次の判決 ▶ 特許権に関する裁判例

本サービスは判決文を自動処理して掲載しており、完全な正確性を保証するものではありません。正式な情報は裁判所公表の判決文(本ページ右上の[判決文PDF])を必ずご確認ください。

判決文

最新の判決一覧に戻る

法域

特許裁判例 実用新案裁判例
意匠裁判例 商標裁判例
不正競争裁判例 著作権裁判例

最高裁判例

特許判例 実用新案判例
意匠判例 商標判例
不正競争判例 著作権判例

特許事務所の求人知財の求人一覧

特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所

岐阜県 岐阜市 求人 特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所 弁理士・特許技術者・意匠商標補助者・事務担当者 募集中

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

康信国際特許事務所(北京康信知識産権代理有限責任公司)

Floor 16, Tower A, InDo Building, A48 Zhichun Road, Haidian District, Beijing 100098, P.R. China 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所

〒500-8368 岐阜県 岐阜市 宇佐3丁目4番3号 4-3,Usa 3-Chome, Gifu-City, 500-8368 JAPAN 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

IVY(アイビー)国際特許事務所

愛知県名古屋市天白区中平三丁目2702番地 グランドールS 203号 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング