知財判決速報/裁判例集知的財産に関する判決速報,判決データベース

ホーム > 知財判決速報/裁判例集 > 平成29(ネ)10050 損害賠償請求控訴事件

この記事をはてなブックマークに追加

平成29(ネ)10050損害賠償請求控訴事件

判決文PDF

▶ 最新の判決一覧に戻る

裁判所 控訴棄却 知的財産高等裁判所 東京地方裁判所
裁判年月日 平成29年6月27日
事件種別 民事
当事者 控訴人
被控訴人株式会社リコー
対象物 カツター装置付きテープホルダー
法令 実用新案権
キーワード 侵害17回
実用新案権5回
損害賠償5回
主文 本件控訴を棄却する。控訴費用は控訴人の負担とする。
事件の概要 本件は,考案の名称を「カツター装置付きテープホルダー」とする考案に係る本 件実用新案権を有していた控訴人が,原判決別紙1の別紙共通目録記載の「侵害対 象物A」,「侵害対象物B」及び「侵害対象物C」は,実用新案登録請求の範囲の考 案の技術的範囲に属し,被控訴人がこれらの侵害対象物を製造販売する行為(「侵 害対象物A」につき,昭和50年10月1日から昭和56年6月13日までの間に おける,当初の122台の製造販売の行為。「侵害対象物B」につき,上記期間に おける,当初の10台の製造販売の行為。「侵害対象物C」につき,上記期間にお ける,当初の15台の製造販売の行為。)は,控訴人の本件実用新案権を侵害する と主張して,被控訴人に対し,不法行為に基づく損害賠償金合計1094万880 0円及びこれに対する不法行為の後である昭和56年6月14日から支払済みまで 民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。

▶ 前の判決 ▶ 次の判決 ▶ 実用新案権に関する裁判例

本サービスは判決文を自動処理して掲載しており、完全な正確性を保証するものではありません。正式な情報は裁判所公表の判決文(本ページ右上の[判決文PDF])を必ずご確認ください。

判決文

平成29年6月27日判決言渡 同日原本領収 裁判所書記官
平成29年(ネ)第10050号 損害賠償請求控訴事件
(原審・東京地方裁判所平成29年(ワ)第8057号)
判 決

控 訴 人 X

被 控 訴 人 株 式 会 社 リ コ ー

主 文
本件控訴を棄却する。
控訴費用は控訴人の負担とする。
事実及び理由
第1 控訴の趣旨
1 原判決を取り消す。
2 被控訴人は,控訴人に対し,1094万8800円及びこれに対する昭和5
6年6月14日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。
3 訴訟費用は,第1,2審とも被控訴人の負担とする。
4 仮執行宣言
第2 事案の概要(略称は,原判決に従う。)
本件は,考案の名称を「カツター装置付きテープホルダー」とする考案に係る本
件実用新案権を有していた控訴人が,原判決別紙1の別紙共通目録記載の「侵害対
象物A」「侵害対象物B」及び「侵害対象物C」は,実用新案登録請求の範囲の考

案の技術的範囲に属し,被控訴人がこれらの侵害対象物を製造販売する行為(「侵
害対象物A」につき,昭和50年10月1日から昭和56年6月13日までの間に
おける,当初の122台の製造販売の行為。「侵害対象物B」につき,上記期間に

おける,当初の10台の製造販売の行為。「侵害対象物C」につき,上記期間にお
ける,当初の15台の製造販売の行為。)は,控訴人の本件実用新案権を侵害する
と主張して,被控訴人に対し,不法行為に基づく損害賠償金合計1094万880
0円及びこれに対する不法行為の後である昭和56年6月14日から支払済みまで
民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
原審は,控訴人の本件訴えは,不適法でその不備を補正することができないもの
であるとして,却下したため,控訴人が,原判決を不服として,本件控訴を提起し
た。
第3 当裁判所の判断
当裁判所も,控訴人の本件訴えは,不適法でその不備を補正することができない
ものであるから,却下すべきものと判断する。
その理由は以下のとおりである。
1 前提となる事実
前提となる事実は,原判決2頁3行目「一件記録」から25行目のとおりである
から,これを引用する。
2 判断
⑴ 控訴人は,平成13年訴訟において,被控訴人は,原判決別紙2の別紙イ号
製品目録記載の「イ号製品」,別紙ロ号製品目録記載の「ロ号製品」及び別紙ハ号
製品目録記載の「ハ号製品」を製造販売し,本件実用新案権を侵害したとして,被
控訴人に対し,不法行為に基づく損害賠償金の支払を求めたが,かかる訴えは,訴
権の濫用に当たる不適法なものとして却下されたものである。一方,控訴人は,本
件訴えにおいて,被控訴人は,原判決別紙1の別紙共通目録記載の「侵害対象物
A」「侵害対象物B」及び「侵害対象物C」を製造販売し,本件実用新案権を侵害

したとして,被控訴人に対し,不法行為に基づく損害賠償金の支払を求めている。
そして,被控訴人が製造販売したと控訴人が主張する物品を比較すると,「侵害対
象物A」「侵害対象物B」及び「侵害対象物C」は,それぞれ「イ号製品」「ロ号
, ,

製品」及び「ハ号製品」と実質的に同一の製品であると認められる。
また,控訴人は,被控訴人が製造販売した複写機の部品により,本件実用新案権
を侵害されたとして,多数回にわたる損害賠償請求訴訟又は不当利得返還請求訴訟
を提起し,その全てが,請求棄却判決又は訴え却下判決で終了している。
そうすると,本件訴えは,平成13年訴訟等において認められなかった請求及び
主張を蒸し返すものであるから,信義則に反し訴権の濫用に当たる不適法なもので
あって,その不備を補正することができないものというべきである。
⑵ これに対し,控訴人は,本件訴えにおいて,被控訴人が製造販売したと主張
する物品は「ロール紙を切断するカッター装置を施した本体」であり,平成13年
訴訟における当該物品は「複写機」であるから,実質的に同一の製品ではない旨主
張するものと解される。しかし,平成13年訴訟において,被控訴人が製造販売し
たと主張していた物品は,前者に相当する物品であると認められるから,控訴人の
上記主張は採用できない。控訴人は,その他るる主張するが,いずれも上記判断を
左右しない。
3 結論
よって,本件訴えを却下した原判決は相当であるから,口頭弁論を経ないで本件
控訴を棄却することとし,主文のとおり判決する。
知的財産高等裁判所第4部

裁判長裁判官 髙 部 眞 規 子


裁判官 山 門 優


裁判官 片 瀬 亮

最新の判決一覧に戻る

法域

特許裁判例 実用新案裁判例
意匠裁判例 商標裁判例
不正競争裁判例 著作権裁判例

最高裁判例

特許判例 実用新案判例
意匠判例 商標判例
不正競争判例 著作権判例

特許事務所の求人知財の求人一覧

特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所

岐阜県 岐阜市 求人 特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所 弁理士・特許技術者・意匠商標補助者・事務担当者 募集中

今週の知財セミナー (10月16日~10月22日)

10月19日(木) - 大阪 大阪市

事業提携関係の解消

10月19日(木) - 大阪 大阪市

米国特許実務(手続編)

10月20日(金) - 大阪 大阪市

JP-NETの実践的活用法

10月20日(金) - 東京 豊島区

初心者のための商標ライセンス契約入門

来週の知財セミナー (10月23日~10月29日)

10月24日(火) - 東京 港区

研究開発に必要な特許の基本

10月24日(火) - 東京 品川区

多角的な他社特許対策と戦略

10月25日(水) - 東京 港区

製品開発と他社特許対策

10月26日(木) - 東京 千代田区

製品のデザイン保護と事業の独占化戦略

10月27日(金) - 東京 千代田区

INPIT主催タイムスタンプセミナー(東京会場)

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

将星国際特許事務所

〒248-0011 神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9 鎌工会館ビル202号 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

海嶺知財経営コンサルタント事務所

〒973-8403 福島県いわき市内郷綴町榎下16-3 内郷商工会別棟事務所2階 特許・実用新案 意匠 商標 コンサルティング 

IVY(アイビー)国際特許事務所

愛知県名古屋市天白区中平三丁目2702番地 グランドールS 203号 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング