知財判決速報/裁判例集知的財産に関する判決速報,判決データベース

ホーム > 知財判決速報/裁判例集 > 平成6(オ)2311 民事訴訟 特許権

この記事をはてなブックマークに追加

平成6(オ)2311民事訴訟 特許権

判決文PDF

▶ 最新の判決一覧に戻る

裁判所 最高裁判所第三小法廷
裁判年月日 平成9年10月28日
事件種別 民事
法令 特許権
キーワード 特許権7回
実施3回
侵害2回
許諾1回
損害賠償1回
主文 本件上告を棄却する。 上告費用は上告人の負担とする。
事件の概要

▶ 前の判決 ▶ 次の判決 ▶ 特許権に関する裁判例

本サービスは判決文を自動処理して掲載しており、完全な正確性を保証するものではありません。正式な情報は裁判所公表の判決文(本ページ右上の[判決文PDF])を必ずご確認ください。

判決文

主 文
本件上告を棄却する。
上告費用は上告人の負担とする。
理 由
上告代理人鈴木宏明の上告理由について
一 原審の適法に確定した事実関係の概要は、次のとおりである。
1 上告人は、発明の名称を「鋳造金型」とする特許権(特許番号一三九九六二五号)を
Aと共有している(以下、右特許権を「本件特許権」といい、その発明を「本件特許発明」
という 。 。

2 Aは、自己が代表取締役を務めるB株式会社に対し、上告人の同意の下に本件特許権
について通常実施権を許諾した。
3 Bは、ダイカスト製品の鋳造加工を事業目的とする会社である被上告人に対して第一
審判決添付物 件目録記載 の鋳造金型( 以下「本件 金型」という 。)を貸 与した上、被 上告人を
して電気機械 に使用する 部品であるナ ット(以下 「本件製品」 という 。)を鋳造させ 、被上告
人の鋳造した本件製品につき、その全部の納入を受けて、代金を支払っていた。
二 本件訴訟において、上告人は、本件金型が本件特許発明の技術的範囲に属すると主張
し、被上告人が本件金型を使用して本件製品を鋳造した行為は本件特許権を侵害するもので
あるとして、本件特許権に基づき被上告人に対して損害賠償を請求している。
しかし、前記事実関係によれば、被上告人はBとの契約に基づき、本件金型を使用して本
件製品を鋳造し、その全部をBに納入していたのであるから、被上告人が本件金型を使用し
て本件製品を鋳造した行為は、専らBの事業のためにされたものというべきであり、仮に本
件金型が本件特許発明の技術的範囲に属するとしても、本件特許権の通常実施権者であるB
の実施権の行使としてされたものと解するのが相当である。したがって、被上告人が本件特
許権を侵害したということはできない。
右と同旨の原審の判断は、正当として是認することができる。論旨は、独自の見解に立っ
て原判決を論難するものであって、採用することができない。
よって、民訴法四〇一条、九五条、八九条に従い、裁判官全員一致の意見で、主文のとお
り判決する。
最高裁判所第三小法廷
裁判長裁判官 山 口 繁
裁判官 園 部 逸 夫
裁判官 千 種 秀 夫
裁判官 尾 崎 行 信

最新の判決一覧に戻る

法域

特許裁判例 実用新案裁判例
意匠裁判例 商標裁判例
不正競争裁判例 著作権裁判例

最高裁判例

特許判例 実用新案判例
意匠判例 商標判例
不正競争判例 著作権判例

特許事務所の求人知財の求人一覧

特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所

岐阜県 岐阜市 求人 特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所 弁理士・特許技術者・意匠商標補助者・事務担当者 募集中

今週の知財セミナー (9月25日~10月1日)

来週の知財セミナー (10月2日~10月8日)

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

羽鳥国際特許商標事務所

群馬県前橋市北代田町645-5 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

IPアシスト特許事務所

〒060-0002 札幌市中央区北2条西3丁目1番地 太陽生命札幌ビル7階 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 訴訟 鑑定 コンサルティング 

アサ国際特許事務所

〒108-0014 東京都港区芝5丁目26番20号建築会館4階 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング