知財判決速報/裁判例集知的財産に関する判決速報,判決データベース

ホーム > 知財判決速報/裁判例集 > 平成2(行ツ)181 行政訴訟 特許権

この記事をはてなブックマークに追加

平成2(行ツ)181行政訴訟 特許権

判決文PDF

▶ 最新の判決一覧に戻る

裁判所 最高裁判所第二小法廷
裁判年月日 平成4年7月17日
事件種別 民事
法令 特許権
キーワード 審決9回
無効6回
無効審判3回
主文 本件上告を棄却する。上告費用は上告人の負担とする。理 由上告代理人水田耕一、同萼優美、同萼経夫、同成田敬一、同中村寿夫の上告理由について原審の適法に確定した事実関係によれば、本件無効審判請求につき前にされた審決の取消訴訟における判決は、右訴訟の係属中に特許請求の範囲の減縮をも目的とした訂正審決が確定したことにより、訂正前の本件明細書の特許請求の範囲第一項に記載された発明を対象とした右審決は結果的に審判の対象を誤った違法があることになるとし、更に進んで、訂正後の本件明細書の特許請求の範囲第一項に記載された発明につき無効原因はないとの判断も加えて、審決を取り消したというのであり、そうであるならば、右取消判決の拘束力の生じるのである。本件無効審判請求につ範囲は、審決が審判の対象を誤ったとした部分にとどまるき更にされた本件審決は、右取消判決の拘束力に従い訂正後の本件明細書の特許請求の範囲第一項に記載された発明を審判の対象とした上で、右発明につき無効原因はないと判断しているが、右判断は右取消判決の拘束力に従ってされたものではないというべきであり、これが右取消判決の拘束力に従ってされたものであることを前提とする原判決の説示部分には、審決取消判決の拘束力に関する法令の解釈適用を誤った違法があるといわなければならない。しかしながら、原判決は、訂正後の本件明細書の記載は特許法三六条四項及び五項(昭和六〇年法律第四一号による改正前のもの)の要件を満たしている旨の認定判断、すなわち、訂正後の本件明細書の特許請求の範囲第一項に記載された発明につき無効原因はないとした本件審決の判断が是認できる旨の認定判断をもしており、右認定判断は、原判決挙示の証拠関係に照らし、正当として是認することができるから、原判決の前記説示部分の違法はその結論に影響しないものというべきである。以上によれば、特許無効審判事件についての審決取消判決には拘束力はないとして原判決の前記説示を論難する所論は、結局、理由がないことに帰する。論旨は、採用することができない。よって、行政事件訴訟法七条、民訴法四〇一条、九五条、八九条に従い、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり判決する。最高裁判所第二小法廷裁判長裁判官 木 崎 良 平裁判官 藤 島 昭裁判官 中 島 敏 次 郎裁判官 大 西 勝 也
事件の概要

▶ 前の判決 ▶ 次の判決 ▶ 特許権に関する裁判例

本サービスは判決文を自動処理して掲載しており、完全な正確性を保証するものではありません。正式な情報は裁判所公表の判決文(本ページ右上の[判決文PDF])を必ずご確認ください。

判決文

主 文
本件上告を棄却する。
上告費用は上告人の負担とする。
理 由
上告代理人水田耕一、同萼優美、同萼経夫、同成田敬一、同中村寿夫の上告理由について
原審の適法に確定した事実関係によれば、本件無効審判請求につき前にされた審決の取消
訴訟における判決は、右訴訟の係属中に特許請求の範囲の減縮をも目的とした訂正審決が確
定したことにより、訂正前の本件明細書の特許請求の範囲第一項に記載された発明を対象と
した右審決は結果的に審判の対象を誤った違法があることになるとし、更に進んで、訂正後
の本件明細書の特許請求の範囲第一項に記載された発明につき無効原因はないとの判断も加
えて、審決を取り消したというのであり、そうであるならば、右取消判決の拘束力の生じる
範囲は、審決が審判の対象を誤ったとした部分にとどまるのである。本件無効審判請求につ
き更にされた本件審決は、右取消判決の拘束力に従い訂正後の本件明細書の特許請求の範囲
第一項に記載された発明を審判の対象とした上で、右発明につき無効原因はないと判断して
いるが、右判断は右取消判決の拘束力に従ってされたものではないというべきであり、これ
が右取消判決の拘束力に従ってされたものであることを前提とする原判決の説示部分には、
審決取消判決の拘束力に関する法令の解釈適用を誤った違法があるといわなければならない。
しかしながら、原判決は、訂正後の本件明細書の記載は特許法三六条四項及び五項(昭和
六〇年法律第四一号による改正前のもの)の要件を満たしている旨の認定判断、すなわち、
訂正後の本件明細書の特許請求の範囲第一項に記載された発明につき無効原因はないとした
本件審決の判断が是認できる旨の認定判断をもしており、右認定判断は、原判決挙示の証拠
関係に照らし、正当として是認することができるから、原判決の前記説示部分の違法はその
結論に影響しないものというべきである。
以上によれば、特許無効審判事件についての審決取消判決には拘束力はないとして原判決
の前記説示を論難する所論は、結局、理由がないことに帰する。論旨は、採用することがで
きない。
よって、行政事件訴訟法七条、民訴法四〇一条、九五条、八九条に従い、裁判官全員一致
の意見で、主文のとおり判決する。
最高裁判所第二小法廷
裁判長裁判官 木 崎 良 平
裁判官 藤 島 昭
裁判官 中 島 敏 次 郎
裁判官 大 西 勝 也

最新の判決一覧に戻る

法域

特許裁判例 実用新案裁判例
意匠裁判例 商標裁判例
不正競争裁判例 著作権裁判例

最高裁判例

特許判例 実用新案判例
意匠判例 商標判例
不正競争判例 著作権判例

特許事務所の求人知財の求人一覧

特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所

岐阜県 岐阜市 求人 特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所 弁理士・特許技術者・意匠商標補助者・事務担当者 募集中

今週の知財セミナー (9月25日~10月1日)

来週の知財セミナー (10月2日~10月8日)

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

豊栄特許事務所            HOEI PATENT OFFICE

東京都江東区亀戸一丁目8番8号三井生命亀戸ビル6階 6TH FLOOR, MITSUI SEIMEI KAMEIDO BLDG., 8-8, KAMEIDO 1-CHOME, KOTO-KU, TOKYO 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

IPアシスト特許事務所

〒060-0002 札幌市中央区北2条西3丁目1番地 太陽生命札幌ビル7階 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 訴訟 鑑定 コンサルティング 

羽鳥国際特許商標事務所

群馬県前橋市北代田町645-5 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング