知財判決速報/裁判例集知的財産に関する判決速報,判決データベース

ホーム > 知財判決速報/裁判例集 > 平成12(受)798 民事訴訟 著作権

この記事をはてなブックマークに追加

平成12(受)798民事訴訟 著作権

判決文PDF

▶ 最新の判決一覧に戻る

裁判所 最高裁判所第一小法廷
裁判年月日 平成3年10月25日
事件種別 民事
法令 著作権
キーワード 差止2回
抵触1回
主文 本件上告を棄却する。上告費用は上告人の負担とする。理 由上告代理人西村國彦,同奈良次郎,同松村昌人,同上田直樹,同望月賢司及び上告代理人花岡巖,同唐澤貴夫,同本橋光一郎,同小川昌宏,同下田俊夫の各上告受理申立て理由について原審の適法に確定したところによれば,本件連載漫画は,被上告人が各回ごとの具体的なストーリーを創作し,これを400字詰め原稿用紙30枚から50枚程度の小説形式の原稿にし,上告人において,漫画化に当たって使用できないと思われる部分を除き,おおむねその原稿に依拠して漫画を作成するという手順を繰り返すことにより制作されたというのである 【要旨1】この事実関係によれば,本件連載漫画は被上告人作成の原稿を原著作物とする。二次的著作物であるということができるから,被上告人は,本件連載漫画について原著作者の権利を有するものというべきである。そして,二次的著作物である本件連載漫画の利用に関し,原著作物の著作者である被上告人は本件連載漫画の著作者である上告人が有するものと同一の種類の権利を専有し,上告人の権利と被上告人の権利とが併存することになるのであるから,上告人の権利は上告人と被上告人の合意によらなければ行使することができないと解される 【要旨2】したがって,被上告人は,上告人が本件連載漫画の主人公キャンディ。を描いた本件原画を合意によることなく作成し,複製し,又は配布することの差止めを求めることができるというべきである。以上によれば,被上告人が本件連載漫画の一部である本件コマ絵及び本件連載漫画の主人公キャンディの絵の複製である本件表紙絵につき原著作者の権利を有することの確認と,本件原画を作成し,複製し,又は配布することの差止めを求める被上告人の請求を認容すべきものとした原審の判断は,正当として是認することができる。上記判断は,所論引用の判例に抵触するものではない。原判決に所論の違法はなく,論旨は採用することができない。よって,裁判官全員一致の意見で,主文のとおり判決する。(裁判長裁判官 井嶋一友 裁判官 藤井正雄 裁判官 町田 顯 裁判官 深澤武久)
事件の概要

▶ 前の判決 ▶ 次の判決 ▶ 著作権に関する裁判例

本サービスは判決文を自動処理して掲載しており、完全な正確性を保証するものではありません。正式な情報は裁判所公表の判決文(本ページ右上の[判決文PDF])を必ずご確認ください。

判決文

主 文
本件上告を棄却する。
上告費用は上告人の負担とする。
理 由
上告代理人西村國彦,同奈良次郎,同松村昌人,同上田直樹,同望月賢司及び上告代理人
花岡巖,同唐澤貴夫,同本橋光一郎,同小川昌宏,同下田俊夫の各上告受理申立て理由につ
いて
原審の適法に確定したところによれば,本件連載漫画は,被上告人が各回ごとの具体的な
ストーリーを創作し,これを400字詰め原稿用紙30枚から50枚程度の小説形式の原稿
にし,上告人において,漫画化に当たって使用できないと思われる部分を除き,おおむねそ
の原稿に依拠して漫画を作成するという手順を繰り返すことにより制作されたというのであ
る。【要旨 1】この事 実関係によれ ば,本件連 載漫画は被上 告人作成の 原稿を原著作 物とする
二次的著作物であるということができるから,被上告人は,本件連載漫画について原著作者
の権利を有するものというべきである。そして,二次的著作物である本件連載漫画の利用に
関し,原著作物の著作者である被上告人は本件連載漫画の著作者である上告人が有するもの
と同一の種類の権利を専有し,上告人の権利と被上告人の権利とが併存することになるので
あるから,上告人の権利は上告人と被上告人の合意によらなければ行使することができない
と解される 。【要旨2 】したがって ,被上告人 は,上告人が 本件連載漫 画の主人公キ ャンディ
を描いた本件原画を合意によることなく作成し,複製し,又は配布することの差止めを求め
ることができるというべきである。
以上によれば,被上告人が本件連載漫画の一部である本件コマ絵及び本件連載漫画の主人
公キャンディの絵の複製である本件表紙絵につき原著作者の権利を有することの確認と,本
件原画を作成し,複製し,又は配布することの差止めを求める被上告人の請求を認容すべき
ものとした原審の判断は,正当として是認することができる。上記判断は,所論引用の判例
に抵触するものではない。原判決に所論の違法はなく,論旨は採用することができない。
よって,裁判官全員一致の意見で,主文のとおり判決する。
(裁判長裁判官 井嶋一友 裁判官 藤井正雄 裁判官 町田 顯 裁判官 深澤武久)

最新の判決一覧に戻る

法域

特許裁判例 実用新案裁判例
意匠裁判例 商標裁判例
不正競争裁判例 著作権裁判例

最高裁判例

特許判例 実用新案判例
意匠判例 商標判例
不正競争判例 著作権判例

特許事務所の求人知財の求人一覧

特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所

岐阜県 岐阜市 求人 特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所 弁理士・特許技術者・意匠商標補助者・事務担当者 募集中

今週の知財セミナー (9月25日~10月1日)

来週の知財セミナー (10月2日~10月8日)

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

和(なごみ)特許事務所

〒550-0005 大阪市西区西本町1-8-11 カクタスビル6F 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

あいぎ特許事務所【名古屋・岐阜】

名古屋本部オフィス 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3-13-24 第一はせ川ビル6F http://aigipat.com/ 岐阜オフィス 〒509-0124 岐阜県各務原市鵜沼山崎町3丁目146番地1 PACビル2階(旧横山ビル) http://gifu.aigipat.com/ 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

IPボランチ国際特許事務所

東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目35-14-202 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 鑑定 コンサルティング