知財求人情報 特許事務所, 企業知財部, TLOなど知的財産に関する求人情報

ホーム > 特許事務所の求人,企業知財部の求人など 知財求人 > 国立大学法人神戸大学

国立大学法人神戸大学

募集要項

仕事の内容
化学、機械、電子・電気、情報等の工学及び知財の知識・経験に基づき、知的財産部門の知的財産マネージャーとして、主に以下の業務を実施する役割を有する。
①発明創出支援(ハイバリュー知財創出のための研究支援、アーリーステージの研究の知財支援、社会活用の強化のための研究戦略の支援等)
②発明保護(発明の本質の把握、特許性・産業利用性の判断、出願・中間応答、知財管理、維持要否判断等)
③契約審査(共同研究契約・受託研究契約・MTA・実施許諾契約等の起案又は審査)
④活用(企業とのネットワーキング、ライセンス等のアウトカム実現、交渉等)
⑤国産産学連携(海外の大学との連携、外国特許の活用、外国企業との共同研究推進等)
対象となる方
産学官連携に係わる高い志と熱意を持ち,産学官連携業務の経験があるか,またはその産学官連携業務の高い潜在的能力を有すること。
企業での研究開発・事業企画・知的財産等に係わる指導的業務の経験を有すること。
知的財産に係わる実務力(経験)を有するとともに、知的財産の業務集団を指導した経験を有すること。
大学教員・国自治体・企業・地域等との高い情報交信力に基づく,産学官連携に係わる企画力とその推進・課題解決のための優れた指導力発揮の実績,またはその高い潜在的能力を有すること。
技術バックグラウンドを有していない技術分野における対象技術を学習し理解する柔軟性を有すること。産学官連携の経験は必須ではない。
勤務地
兵庫県神戸市灘区六甲台町1-1

【着任時期】
2017年4月1日(但し、相談可)

週24時間勤務(週3日)
平時8時30分~17時15分(休憩60分)

※但し、業務の増加により就業時間が増加する場合がある。
休日・休暇
日曜、祝日、土曜日他:規則による
給与
時間給(経験による)
*上限400万円程度(週3日の場合)
待遇・福利厚生
健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
通勤手当(上限55000円)

※兼務等雇用形態については相談可

待遇については、国立大学法人神戸大学非常勤職員就業規則(http://www.office.kobe-u.ac.jp/plan-rules/act/frame/frame110000243.htm)をご参照ください (別ウィンドウで開く)。
応募方法
【応募方法(書類送付先も含む)】
①履歴書 ※写真貼付,住所,連絡先(E-MAILアドレス含む),学歴,職歴,受賞歴,所属学会等
②業績リスト ※産学官連携の実績(ない場合は目標),人材育成の実績,特許出願リスト,学術論文(査読付)リスト
③抱負(A4用紙1枚程度) ※産学官連携の志と本学で実現したい知財の創出支援,保護,活用に係る姿とその方策

【募集期間】
2017年1月31日必着


【書類送付先】
神戸大学研究推進部連携推進課産学官連携グループ
  〒657-8501  神戸市灘区六甲台町1-1

書類送付の際には必ず封筒の表に朱書きにて「知財マネージャー公募応募書類在中(知的財産部門)」と記載してください。

※応募書類の取扱いについて
応募書類により取得する個人情報は、採用者の選考に必要な手続きを行う目的で利用するものであり、この目的以外で利用または他に提供することはありません。
応募書類は返却しません。採用者以外の個人情報は、責任を持って破棄します。

【選考内容、結果通知方法】
①書類審査による一次選考の後、必要に応じ面接による二次選考を行う。
一次選考通過者のみ二次選考案内を(2月上旬までに)連絡する。(一次選考を通過しなかった場合の通知はありません。また採否結果は応募者全員に通知します。)

②二次選考日:2017年2月中旬以降
(面接場所、時間等の詳細は二次選考の案内の際に通知する。面接に伴う交通費等の経費は自己負担とする。)
応募を検討されている方への
メッセージ
学術・産業イノベーション創造本部は、神戸大学と社会のインターフェイスとなって、大学の第3の使命である社会貢献の実現を目標としている。この目標達成のために、競争的資金導入支援・企業等との共同研究の推進・大型プロジェクトの企画支援・知財の保護活用・起業支援・利益相反管理を実施し、産学官連携によるイノベーション創出の実現に貢献することがミッションである。本業務は研究業務ではなく、産学官連携推進を目的とすることを理解した上で応募願います。

男女共同参画社会基本法の趣旨に則り、女性の積極的な応募を歓迎します。

特許事務所・企業情報

事業内容
産学官連携
ホームページ
http://www.innov.kobe-u.ac.jp/ (別ウィンドウで開く)

2017年2月12日

応募に際して IP Force への連絡等は不要です。上記の応募方法に従ってご応募ください。