特開2018-203296(P2018-203296A)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 株式会社吉野工業所の特許一覧
<>
  • 特開2018203296-合成樹脂製容器 図000003
  • 特開2018203296-合成樹脂製容器 図000004
  • 特開2018203296-合成樹脂製容器 図000005
  • 特開2018203296-合成樹脂製容器 図000006
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2018-203296(P2018-203296A)
(43)【公開日】2018年12月27日
(54)【発明の名称】合成樹脂製容器
(51)【国際特許分類】
   B65D 1/02 20060101AFI20181130BHJP
   B65D 1/32 20060101ALI20181130BHJP
【FI】
   B65D1/02 221
   B65D1/32
【審査請求】未請求
【請求項の数】5
【出願形態】OL
【全頁数】7
(21)【出願番号】特願2017-108187(P2017-108187)
(22)【出願日】2017年5月31日
(71)【出願人】
【識別番号】000006909
【氏名又は名称】株式会社吉野工業所
(74)【代理人】
【識別番号】100147485
【弁理士】
【氏名又は名称】杉村 憲司
(74)【代理人】
【識別番号】230118913
【弁護士】
【氏名又は名称】杉村 光嗣
(74)【代理人】
【識別番号】100154003
【弁理士】
【氏名又は名称】片岡 憲一郎
(72)【発明者】
【氏名】津田 直毅
【テーマコード(参考)】
3E033
【Fターム(参考)】
3E033AA01
3E033BA14
3E033BA16
3E033BB08
3E033CA20
3E033DA03
3E033DB03
3E033DC10
3E033FA03
3E033GA02
(57)【要約】
【課題】扁平形状の容器の胴部を押し潰した際に、容器の内部に隙間が形成され難い形状とすることで、内容物の残量を低減することができる合成樹脂製容器を提供する。
【解決手段】口部10と胴部11とを備え、胴部11を押し潰して内容物を吐出する合成樹脂製容器1であって、胴部11は、厚さよりも幅が大きい扁平形状となっており、胴部11の中心軸線Cに沿う軸線方向の一方側の端部11bは、口部10に連なっており、他方側の端部11cは閉塞するとともに、軸線方向の他方側に膨出する湾曲形状となっており、胴部11における両側の幅方向端部にはそれぞれ、軸線方向に平行に延びる屈曲部14が設けられており、胴部11を厚さ方向に押し潰して内容物を吐出する際に、屈曲部14が、胴部11の厚さ方向に対向する正面壁12及び背面壁13のうちの一方が他方に向けて反転変形する際の起点となるよう構成されている。
【選択図】図1
【特許請求の範囲】
【請求項1】
筒状の口部と、前記口部に連なり内容物の収容空間を形成する胴部とを備え、前記胴部を押し潰して内容物を吐出する合成樹脂製容器であって、
前記胴部は、厚さよりも幅が大きい扁平形状となっており、
前記胴部の中心軸線に沿う軸線方向の一方側の端部は、前記口部に連なっており、
前記胴部における前記軸線方向の他方側の端部は閉塞するとともに、該軸線方向の他方側に膨出する湾曲形状となっており、
前記胴部における両側の幅方向端部にはそれぞれ、前記軸線方向に平行に延びる屈曲部が設けられており、
前記胴部を厚さ方向に押し潰して内容物を吐出する際に、前記屈曲部が、前記胴部の厚さ方向に対向する正面壁及び背面壁のうちの一方が他方に向けて反転変形する際の起点となるよう構成されている、合成樹脂製容器。
【請求項2】
前記軸線方向から見た平面視において、
前記屈曲部の頂点を基点とした前記正面壁に対する接線と、該頂点を基点とした前記背面壁に対する接線とのなす角度が140°以下である、請求項1に記載の合成樹脂製容器。
【請求項3】
前記胴部の扁平度が、1.2以上、且つ、1.8以下である、請求項1または2に記載の合成樹脂製容器。
【請求項4】
前記胴部の長軸の延在方向から見た側面視において、
前記軸線方向の他方側の端部の輪郭線が、前記中心軸線上に位置する該他方側の端部の中心点を通り前記胴部の最大厚さを直径とする半円状の仮想円弧よりも内側に位置する、請求項1〜3の何れか一項に記載の合成樹脂製容器。
【請求項5】
前記胴部の短軸の延在方向から見た正面視において、
前記軸線方向の他方側の端部の輪郭線が、前記胴部の最大幅を直径とする略半円状となっている、請求項1〜4の何れか一項に記載の合成樹脂製容器。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、筒状の口部と、当該口部に連なる扁平形状の胴部とを備え、該胴部を押し潰すことにより内容物を吐出する合成樹脂製容器に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、食品や化粧料等の様々な内容物を収容するための容器として、筒状の口部と、該口部に連なり内容物の収容空間を形成する胴部と、を備えた合成樹脂製の容器が知られている(例えば特許文献1参照)。
【0003】
また、例えば、比較的粘度の高い内容物に使用する合成樹脂製容器として、可撓性を有する胴部を押し潰すことにより、内部に収容された内容物を押し出して吐出する形態のものがある。また、容器の押し潰し操作を容易に行うため、図4(a)に示すように、容器の胴部21を、断面が楕円形となるような扁平形状とした容器が知られている。具体的に胴部21は、中心軸線Cを挟んで厚さ方向(短軸方向)に対向する正面壁22及び背面壁23を備え、図4(a)に矢印で示すように、胴部21を厚さ方向の両側から挟み込んで押し潰すことができる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
【特許文献1】特許第4137523号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、上記のような容器において、胴部21を押し潰すことにより正面壁22が背面壁23に向かって反転変形した場合、図4(b)に示すように、胴部21の幅方向端部24には、隙間Gが形成されることとなる。このため、当該隙間Gに内容物が残留し易く、最後まで内容物を使い切ることが難しいという問題がある。
【0006】
本発明は、前記の課題を解決するために開発されたものであり、扁平形状の容器の胴部を押し潰した際に、容器の内部に隙間が形成され難い形状とすることで、内容物の残量を低減することができる合成樹脂製容器を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明の合成樹脂製容器は、筒状の口部と、前記口部に連なり内容物の収容空間を形成する胴部とを備え、前記胴部を押し潰して内容物を吐出する合成樹脂製容器であって、
前記胴部は、厚さよりも幅が大きい扁平形状となっており、
前記胴部の中心軸線に沿う軸線方向の一方側の端部は、前記口部に連なっており、
前記胴部における前記軸線方向の他方側の端部は閉塞するとともに、該軸線方向の他方側に膨出する湾曲形状となっており、
前記胴部における両側の幅方向端部にはそれぞれ、前記軸線方向に平行に延びる屈曲部が設けられており、
前記胴部を厚さ方向に押し潰して内容物を吐出する際に、前記屈曲部が、前記胴部の厚さ方向に対向する正面壁及び背面壁のうちの一方が他方に向けて反転変形する際の起点となるよう構成されていることを特徴とする。
【0008】
なお、本発明の合成樹脂製容器にあっては、前記軸線方向から見た平面視において、
前記屈曲部の頂点を基点とした前記正面壁に対する接線と、該頂点を基点とした前記背面壁に対する接線とのなす角度が140°以下であることが好ましい。
【0009】
また、本発明の合成樹脂製容器にあっては、前記胴部の扁平度が、1.2以上、且つ、1.8以下であることが好ましい。
【0010】
また、本発明の合成樹脂製容器にあっては、前記胴部の長軸の延在方向から見た側面視において、
前記軸線方向の他方側の端部の輪郭線が、前記中心軸線上に位置する該他方側の端部の中心点を通り前記胴部の最大厚さを直径とする半円状の仮想円弧よりも内側に位置することが好ましい。
【0011】
また、本発明の合成樹脂製容器にあっては、前記胴部の短軸の延在方向から見た正面視において、
前記軸線方向の他方側の端部の輪郭線が、前記胴部の最大幅を直径とする略半円状となっていることが好ましい。
【発明の効果】
【0012】
本発明によれば、扁平形状の容器の胴部を押し潰した際に、容器の内部に隙間が形成され難い形状とすることで、内容物の残量を低減することができる合成樹脂製容器を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
図1】本発明の一実施形態に係る合成樹脂製容器の正面図である。
図2図1の合成樹脂製容器の側面図である。
図3】(a)は、図1の合成樹脂製容器の平面図であり、(b)は、図1に示すA−A断面を、胴部を押し潰した状態で示す断面図である。
図4】(a)は、比較例としての扁平形状の容器における胴部の断面図であり、(b)は、図4(a)の容器の胴部を押し潰した状態を示す断面図である。
【発明を実施するための形態】
【0014】
以下、図面を参照して、本発明をより具体的に例示説明する。
【0015】
図1〜3に示す本実施形態の合成樹脂製容器1(以下、「容器1」とも称する)は、筒状の口部10と、口部10に連なり、内容物の収容空間Sを形成する胴部11とを備える。本実施形態において口部10は円筒状に形成され、その外周面にはキャップ等を装着可能な雄ねじ10aが設けられている。また、口部10の先端開口10bは、内容物の吐出口となる。
【0016】
胴部11は、厚さTよりも幅Wが大きい扁平形状となっている。胴部11は可撓性を有し、内容物を吐出する際に、厚さ方向(短軸方向)に押し潰すことができるよう構成されている。胴部11は、断面形状が一定となる筒状の中央部11aを有する。また、胴部11の中心軸線Cに沿う軸線方向の一方側の端部11bは、中央部11aへの連結部から徐々に縮径しつつ口部10に連なっている。また、胴部11の軸線方向における他方側の端部(閉塞端部)11cは、先端に向けて徐々に縮径し、先端で閉塞しており、閉塞端部11c全体が下方側に膨出する湾曲形状となっている。このように、本実施形態の容器1では、閉塞端部11c全体が下方側に膨出する湾曲形状となっているため、胴部の下端部が中心軸線に垂直な底壁で閉塞された容器と比較して、胴部11を厚さ方向に押し潰し易くなっている。
【0017】
胴部11は、中心軸線Cを挟んで厚さ方向に対向する正面壁12と背面壁13とを有する。また、胴部11における両側の幅方向端部、すなわち、正面壁12と背面壁13との境界部分にはそれぞれ、胴部11の軸線方向に平行に延びる屈曲部14が設けられている。屈曲部14は、胴部11を厚さ方向に押し潰し、正面壁12及び背面壁13のうちの一方が他方に向けて反転変形する際の起点となるよう構成されている。
【0018】
本例において屈曲部14は、金型のパーティングラインPLに沿って直線状に延在している。なお、図2に示す容器1の側面図において、金型の分割面により形成される容器1のパーティングラインPLは、中心軸線Cに重なって示されている。
【0019】
容器1の収容空間Sに収容された内容物を口部10の先端開口10bから吐出する際には、胴部11における正面壁12と背面壁13を挟み込んで厚さ方向に押し潰していく。容器1の胴部11を厚さ方向に押し潰していくと、図3(b)に示すように、正面壁12及び背面壁13の何れか一方(図示例では正面壁12)が他方(図示例では背面壁13)に向けて反転変形する。そして、当該反転変形の際に、幅方向両側に位置する屈曲部14が起点となって、胴部11の幅方向両側の端部を鋭角に折り畳むことができる。その結果、図4(b)に示す隙間Gのような空間が形成され難くなり、収容空間S内に残留する内容物の量を低減することができる。特に、収容する内容物の粘度が高い程、容器の内部に留まり易く最後まで内容物を使い切ることが難しくなるため、本実施形態の容器1は、粘度の高い内容物に使用する場合により効果的である。
【0020】
ここで、本実施形態の容器1は、図1に示すように、胴部11における短軸の延在方向(厚さ方向)から見た正面視において、胴部11の閉塞端部11cの輪郭線が、胴部11の最大幅Wを直径とする略半円状となっている。このような構成により、閉塞端部11cを厚さ方向に押し潰した際によりスムーズに反転変形させることができ、また、反転変形した形状を維持し易くなる。その結果、収容空間S内に残留する内容物の量を低減する本発明の効果を高めることができる。
【0021】
図2に示すように、胴部11における長軸の延在方向から見た側面視において、胴部11の閉塞端部11cの輪郭線が、仮想円弧Vよりも内側に位置している。仮想円弧Vは、中心軸線C上に位置する閉塞端部11cの中心点11d(閉塞端部11cの下端)を通り、胴部11の最大厚さTを直径とする半円状の円弧であり、仮想円弧Vの曲率中心Pは、胴部11の中心軸線C上に位置している。このように、閉塞端部11cの輪郭線が仮想円弧Vよりも内側に位置する構成としたことにより、閉塞端部11cを厚さ方向に押し潰した際によりスムーズに反転変形させることができ、また、反転変形した形状を維持し易くなる。その結果、収容空間S内に残留する内容物の量を低減する本発明の効果を高めることができる。
【0022】
図3(a)に示すように、容器1の軸線方向から見た平面視において、屈曲部14の頂点14aを基点とした正面壁12に対する接線L1と、同様に屈曲部14の頂点14aを基点とした背面壁13に対する接線L2とのなす角度θが、140°以下であることが好ましい。このような構成により、胴部11をよりスムーズに押し潰して反転変形させることができ、また、反転変形した形状を維持し易くなる。その結果、収容空間S内に残留する内容物の量を低減する本発明の効果を高めることができる。
【0023】
また、胴部11の扁平度は、1.2以上、且つ、1.8以下であることが好ましい。このような構成とすることにより、胴部11をよりスムーズに押し潰して反転変形させることができ、また、反転変形した形状を維持し易くなる。さらに、内容物の収容空間Sの容積が極端に小さくなることを防止して、内容物の適切な収容量を確保することができる。ここで、胴部11の扁平度とは、胴部11の最大厚さTに対する胴部11の最大幅Wの割合で示される値であり、すなわち扁平度=W/Tで求められる値である。なお、本例において、胴部11の最大厚さTは47mm、胴部11の最大幅Wは71mmであり、扁平度は1.51となっている。
【0024】
また、本例において胴部11は、正面壁12と背面壁13とが、中心軸線C及び胴部11の長軸を通る平面に対して対称の形状となっている。すなわち、本例において胴部11は、厚さ方向(前後方向)に対称の形状となっている。これにより、胴部11の正面壁12と背面壁13の何れか一方が他方に向けて反転変形した際に、正面壁12と背面壁13の間に形成される隙間がより小さくなる。したがって、収容空間S内に残留する内容物の量をさらに低減することができる。
【0025】
また、本例において胴部11は、中心軸線C及び胴部11の短軸を通る平面に対して対称となっている。すなわち、本例において胴部11は、幅方向(左右方向)に対称の形状となっている。これにより、胴部11の左右のバランスが均等になるため、胴部11が左右方向に不均一に押し潰されるといった不具合を抑制することができ、胴部11全体の押し潰し操作がさらに容易となる。なお、胴部11は、前後方向および左右方向に非対称の形状であってもよい。
【0026】
容器1は、例えば、PP、PE(LDPE)等のオレフィン系の合成樹脂で形成された筒状のパリソンを用いた押出ブロー成形によって得ることができる。本例においては、ブロー成形の割り金型の食い切りによって形成されるピンチオフ部15が、閉塞端部11cに設けられている。なお、容器1の製造方法はこれに限定されず、種々の方法を採用可能である。
【0027】
前述したところは本発明の一実施形態を示したにすぎず、特許請求の範囲において、種々の変更を加えることができる。例えば、先の実施形態において胴部11は、屈曲部14を除いて略楕円形となるような、滑らかに湾曲する形状としているが、正面壁12及び背面壁13に屈曲部を設けたり、凹凸を設けたりしてもよい。また、容器1は、容器の外郭を形成する外層体と、外層体の内側に設けられた内層体を備えた二重容器としてもよい。この場合、外層体の口部又は胴部には、外層体と内層体の間に外気を導入するための外気導入孔が形成される。また、二重容器とした場合には、外層体を形成する合成樹脂と、外層体に対して相溶性が低い内層体の合成樹脂を積層して形成した筒状のパリソンを用いた押出ブロー成形によって当該容器を形成することができる。その場合、例えば、外層体をポリプロピレン樹脂(PP)とし、内層体をエチレンビニルアルコール共重合樹脂(EVOH)とした層構成とすることができる。なお、上記の層構成は一例であり、外層体に対して内層体が剥離可能であれば、外層体、内層体の材料は特に限定されるものではなく、それぞれ単層構造としてもよいし、例えば、内層体を「EVOH/接着/オレフィン」や「ナイロン/接着/オレフィン」等の複数層からなる多層構造としてもよい。
【符号の説明】
【0028】
1:合成樹脂製容器
10:口部
11:胴部
11a:胴部の中央部
11b:胴部の軸線方向一方側の端部
11c:胴部の軸線方向他方側の端部(閉塞端部)
12:正面壁
13:背面壁
14:屈曲部
C:中心軸線
S:収容空間
図1
図2
図3
図4