特開2021-238(P2021-238A)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ ユニ・チャーム株式会社の特許一覧
<>
  • 特開2021000238-吸収性物品 図000003
  • 特開2021000238-吸収性物品 図000004
  • 特開2021000238-吸収性物品 図000005
  • 特開2021000238-吸収性物品 図000006
  • 特開2021000238-吸収性物品 図000007
  • 特開2021000238-吸収性物品 図000008
  • 特開2021000238-吸収性物品 図000009
  • 特開2021000238-吸収性物品 図000010
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2021-238(P2021-238A)
(43)【公開日】2021年1月7日
(54)【発明の名称】吸収性物品
(51)【国際特許分類】
   A61F 13/49 20060101AFI20201204BHJP
   A61F 13/494 20060101ALI20201204BHJP
【FI】
   A61F13/49 315A
   A61F13/49 311Z
   A61F13/494 111
   A61F13/49 413
【審査請求】未請求
【請求項の数】7
【出願形態】OL
【全頁数】18
(21)【出願番号】特願2019-115033(P2019-115033)
(22)【出願日】2019年6月20日
(71)【出願人】
【識別番号】000115108
【氏名又は名称】ユニ・チャーム株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】110003247
【氏名又は名称】小澤特許業務法人
(72)【発明者】
【氏名】工藤 悦子
(72)【発明者】
【氏名】橋野 夕貴
【テーマコード(参考)】
3B200
【Fターム(参考)】
3B200BA12
3B200CA03
3B200CA05
3B200CA09
3B200DA02
(57)【要約】
【課題】股下域において少なくとも吸収コアよりも幅方向の外側に起立端縁が配置されており、かつ吸収性物品の平面視において、前後接合部が吸収コアと重ならない位置に配置されている吸収性物品であって、防漏カフを超えて排泄物が漏れ出てくることを抑制できる吸収性物品を提供する。
【解決手段】
股下域S3において、起立端縁73は、吸収コア50よりも幅方向Wの外側に配置されている。吸収性物品1の平面視において、前後接合部71は、吸収コア50と重ならない位置に配置されている。吸収性物品1は、股下域S3において起立端縁73よりも幅方向Wの外側に配置されているレッグ弾性部材85の収縮によって前後方向Lに収縮する収縮部85Rを有する。
【選択図】図7
【特許請求の範囲】
【請求項1】
前後方向、前記前後方向に直交する幅方向、及び厚さ方向と、
第1胴回り域と、第2胴回り域と、前記第1胴回り域及び前記第2胴回り域とに前記前後方向で挟まれている股下域と、
吸収コアと、
前記吸収コアを有する吸収性本体と、
前記吸収性本体の両側部において前記前後方向に延びる一対の防漏カフと、を有し、
前記防漏カフは、
少なくとも前記股下域において前記前後方向に伸縮性を有する第1弾性部材の収縮によって起立可能である起立部と、
前記起立部の起立支点となる起立端縁と、
前記第1胴回り域と前記第2胴回り域とにおいて前記起立部よりも前記前後方向の外側に配置されており、かつ前記吸収性本体の肌面側に接合されて形成される前後接合部と、を有し、
前記起立端縁は、前記股下域において少なくとも前記吸収コアよりも前記幅方向の外側に配置されており、
前記吸収性物品の平面視において、少なくとも前記前後接合部の一方は、前記吸収コアと重ならない位置に配置されている吸収性物品であって、
前記股下域において、前記起立端縁よりも前記幅方向の外側に配置されている第2弾性部材の収縮によって前記前後方向に収縮する収縮部を有する、吸収性物品。
【請求項2】
前記第1胴回り域において、前記吸収性本体よりも非肌面側に配置された外装体を有し、
前記外装体は、前記幅方向に伸縮性を有するウエスト弾性部材を有し、
前記吸収性物品の平面視において、前記前後接合部の少なくとも一部が前記ウエスト弾性部材と重なっている請求項1に記載の吸収性物品。
【請求項3】
前記ウエスト弾性部材は、前記第1胴回り域において、少なくとも前記一対の防漏カフの一方から他方まで連続的に延びている請求項2に記載の吸収性物品。
【請求項4】
前記第1胴回り域において、前記吸収性本体よりも非肌面側に配置された外装体を有し、
前記外装体は、前記幅方向に伸縮性を有するウエスト弾性部材を有し、
前記吸収性物品の平面視において、前記ウエスト弾性部材は、前記前後接合部と重ならない位置に配置されている請求項1に記載の吸収性物品。
【請求項5】
前記第1胴回り域において、前記吸収性本体よりも非肌面側に配置された外装体を有し、
前記外装体は、前記幅方向に伸縮性を有するウエスト弾性部材を有し、
前記吸収性本体と前記外装体とが接合されていない非接合領域が設けられており、
前記吸収性物品の平面視において、前記前後接合部は、前記非接合領域に配置されている請求項1から4のいずれか1項に記載の吸収性物品。
【請求項6】
前記第2弾性部材は、伸縮性が発現される有効部分を有し、
前記前後方向において、前記有効部分の前記前後方向の外端縁は、前記前後接合部よりも内側に配置されている請求項1から5のいずれか1項に記載の吸収性物品。
【請求項7】
前記第1胴回り域において、前記吸収性本体よりも非肌面側に配置された外装体を有し、
前記外装体は、前記幅方向に伸縮性を有するウエスト弾性部材を有し、
前記吸収性物品の平面視において、前記起立部の前記前後方向の外端部は、前記外装体と重なっている請求項1から6のいずれか1項に記載の吸収性物品。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、吸収性物品に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、吸収コアを有する吸収性本体の両側部において前後方向に延びる一対の防漏カフを有する吸収性物品が広く知られている。防漏カフは、少なくとも股下域において前後方向に伸縮性を有する弾性部材によって起立可能である起立部と、起立部の起立支点となる起立端縁と、前胴回り域と後胴回り域とにおいて起立部よりも前後方向の外側に配置されており、かつ記吸収性本体の肌面側に接合されて形成される前後接合部と、を有する。
【0003】
特許文献1では、起立端縁が、股下域において、吸収コアよりも幅方向の外側に配置されている吸収性物品が開示されている。このような吸収性物品は、起立端縁が吸収コア上に配置されているものより排泄物の収容空間を広げることができる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
【特許文献1】特開2015−173871号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
一般的に、吸収コアは、剛性が高いため、着用者に違和感を与え易く、吸収性物品の着け心地が悪化することがある。排泄物の吸収性を維持しつつも、吸収性物品の着け心地を良くするために、股下域から離れた胴回り域(前胴回り域及び/又は後胴回り域)側に配置される吸収コアの量を減らすことが考えられる。ここで、吸収コアの量を減らすことによって、吸収性物品の平面視において、前後接合部が吸収コアと重ならなくなることがある。この場合、防漏カフを超えて排泄物が漏れ出てくることがあった。特に、寝姿勢において、防漏カフを超えて排泄物が漏れ出易いという問題があった。
【0006】
そこで、股下域において、少なくとも吸収コアよりも幅方向の外側に起立端縁が配置されており、かつ吸収性物品の平面視において、前後接合部が吸収コアと重ならない位置に配置されている吸収性物品において、防漏カフを超えて排泄物が漏れ出てくることを抑制できる吸収性物品が望まれている。
【0007】
一態様に係る吸収性物品は、前後方向、前記前後方向に直交する幅方向、及び厚さ方向と、第1胴回り域と、第2胴回り域と、前記第1胴回り域及び前記第2胴回り域とに前記前後方向で挟まれている股下域と、吸収コアと、前記吸収コアを有する吸収性本体と、前記吸収性本体の両側部において前記前後方向に延びる前記一対の防漏カフと、を有している。前記防漏カフは、少なくとも前記股下域において前記前後方向に伸縮性を有する第1弾性部材の収縮によって起立可能である起立部と、前記起立部の起立支点となる起立端縁と、前記第1胴回り域と前記第2胴回り域とにおいて前記起立部よりも前記前後方向の外側に配置されており、かつ前記吸収性本体の肌面側に接合されて形成される前後接合部と、を有する。前記起立端縁は、前記股下域において少なくとも前記吸収コアよりも前記幅方向の外側に配置されている。前記吸収性物品の平面視において、少なくとも前記前後接合部の一方は、前記吸収コアと重ならない位置に配置されている。前記吸収性物品は、前記股下域において、前記起立端縁よりも前記幅方向の外側に配置されている第2弾性部材の収縮によって前記前後方向に収縮する収縮部を有する。
【図面の簡単な説明】
【0008】
図1図1は、本実施形態に係る吸収性物品の模式正面図である。
【0009】
図2図2は、本実施形態に係る吸収性物品の模式平面図である。
【0010】
図3図3は、図2に示すF3−F3断面に沿った模式断面図である。
【0011】
図4図4Aは、図2に示すF4A−F4A断面に沿った模式断面図であり、図4Bは、F4B−F4B断面に沿った模式断面図である。
【0012】
図5図5は、本実施形態に係る吸収性物品の模式平面図である。
【0013】
図6図6は、防漏カフを説明するための図である。
【0014】
図7図7は、防漏カフを説明するための模式断面図である。
【0015】
図8図8は、変更例に係る吸収性物品の模式平面図である。
【0016】
(1)実施形態の概要
本明細書及び添付図面の記載により、少なくとも以下の事項が明らかとなる。
【0017】
一態様に係る吸収性物品は、前後方向、前記前後方向に直交する幅方向、及び厚さ方向と、第1胴回り域と、第2胴回り域と、前記第1胴回り域及び前記第2胴回り域とに前記前後方向で挟まれている股下域と、吸収コアと、前記吸収コアを有する吸収性本体と、前記吸収性本体の両側部において前記前後方向に延びる前記一対の防漏カフと、を有している。前記防漏カフは、少なくとも前記股下域において前記前後方向に伸縮性を有する第1弾性部材の収縮によって起立可能である起立部と、前記起立部の起立支点となる起立端縁と、前記第1胴回り域と前記第2胴回り域とにおいて前記起立部よりも前記前後方向の外側に配置されており、かつ前記吸収性本体の肌面側に接合されて形成される前後接合部と、を有する。前記起立端縁は、前記股下域において少なくとも前記吸収コアよりも前記幅方向の外側に配置されている。前記吸収性物品の平面視において、少なくとも前記前後接合部の一方は、前記吸収コアと重ならない位置に配置されている。前記吸収性物品は、前記股下域において、前記起立端縁よりも前記幅方向の外側に配置されている第2弾性部材の収縮によって前記前後方向に収縮する収縮部を有する。
【0018】
前後接合部が剛性の高い吸収コアと重なっていない場合、起立部が安定的に支持されない。従って、排泄物を吸収することによって膨張した吸収コアが、起立部を幅方向の外側へ押しやって、起立部が幅方向の外側へ倒れ易くなることが分かった。
【0019】
特に寝姿勢では、着用者の下側に配置されていない前後接合部(例えば、仰向け状態での前側の前後接合部)が、吸収コアと重なっていない場合、当該前後接合部が吸収コアによって厚さ方向の動きが制限され難く、前後接合部の位置が不安定であった。これにより、前後接合部が安定して起立部を支持できず、起立部が幅方向の外側へ特に倒れ易くなることがわかった。
【0020】
発明者が、鋭意検討を行った結果、吸収性物品が第2弾性部材の収縮によって前後方向に収縮する収縮部を有する場合、起立部が幅方向の外側へ倒れ難くなることを見出した。具体的には、収縮部が前後方向に収縮することによって、当該収縮部が肌面側へ持ち上がる。収縮部よりも幅方向の内側の起立端縁が、収縮部と共に持ち上げられることで、起立部が高さを維持することができる。加えて、起立端縁よりも幅方向Wの外側の部分が、起立端縁よりも肌面側へより持ち上げられるため、起立部が幅方向の外側へ倒れ難くなる。その結果、防漏カフを超えて排泄物が漏れ出てくることを抑制できる。
【0021】
好ましい一態様によれば、前記吸収性物品は、前記第1胴回り域において、前記吸収性本体よりも非肌面側に配置された外装体を有してよい。前記外装体は、前記幅方向に伸縮性を有するウエスト弾性部材を有してよい。前記吸収性物品の平面視において、前記前後接合部の少なくとも一部が前記ウエスト弾性部材と重なってよい。
【0022】
ウエスト弾性部材の伸縮によって前後接合部が着用者の身体に密着するため、前後接合部の厚さ方向の位置が安定する。これにより、前後接合部が安定して起立部を支持できるため、起立部が幅方向の外側へ倒れることを抑制できる。
【0023】
好ましい一態様によれば、前記ウエスト弾性部材は、前記第1胴回り域において、少なくとも前記一対の防漏カフの一方から他方まで連続的に延びてよい。
【0024】
ウエスト弾性部材の伸縮によって、一対の防漏カフの間で外装体が身体に密着する。従って、一対の防漏カフの間で前後方向の外側へ拡散する排泄物が、ウエスト弾性部材よりも前後方向の外側へまで拡散し難くなり、排泄物の漏れを抑制できる。
【0025】
好ましい一態様によれば、前記吸収性物品は、前記第1胴回り域において、前記吸収性本体よりも非肌面側に配置された外装体を有してよい。前記外装体は、前記幅方向に伸縮性を有するウエスト弾性部材を有してよい。前記吸収性物品の平面視において、前記ウエスト弾性部材は、前記前後接合部と重ならない位置に配置されてよい。
【0026】
ウエスト弾性部材が、前後接合部と重ならない位置に配置されることで、ウエスト弾性部材の幅方向の収縮力が前後接合部に働き難くなる。これにより、前後接合部と共に起立端縁が吸収コアに近づき難くなり、膨張した吸収コアに起立部が幅方向の外側へ倒され難くすることができる。
【0027】
好ましい一態様によれば、前記吸収性物品は、前記第1胴回り域において、前記吸収性本体よりも非肌面側に配置された外装体を有してよい。前記外装体は、前記幅方向に伸縮性を有するウエスト弾性部材を有してよい。前記吸収性本体と前記外装体とが接合されていない非接合領域が設けられてよい。前記吸収性物品の平面視において、前記前後接合部は、前記非接合領域に配置されてよい。
【0028】
これにより、ウエスト弾性部材の収縮によって外装体が幅方向に収縮しても、吸収性本体の非接合領域は、ウエスト弾性部材の収縮の影響を受け難い。従って、ウエスト弾性部材の幅方向の収縮力が前後接合部に働き難くなる。これにより、前後接合部と共に起立支点が吸収コアに近づき難くなり、膨張した吸収コアに起立部が幅方向の外側へ倒され難くすることができる。
【0029】
好ましい一態様によれば、前記第2弾性部材は、伸縮性が発現される有効部分を有してよい。前記前後方向において、前記有効部分の前記前後方向の外端縁は、前記前後接合部よりも内側に配置されてよい。
【0030】
有効部分の外端縁が、前後接合部よりも内側に配置されることで、前後接合部が第2弾性部材の収縮の影響を受け難くなる。これにより、前後接合部が前後方向の内側へ引っ張られ難くなり、前後接合部の位置を維持し易くなる。このため、起立部において第1弾性部材の収縮力を維持でき、起立部の起立性を維持できる。その結果、防漏カフを超えて排泄物が漏れ出てくることを抑制できる。
【0031】
好ましい一態様によれば、前記吸収性物品は、前記第1胴回り域において、前記吸収性本体よりも非肌面側に配置された外装体を有してよい。前記外装体は、前記幅方向に伸縮性を有するウエスト弾性部材を有してよい。前記吸収性物品の平面視において、前記起立部の前記前後方向の外端部は、前記外装体と重なってよい。
【0032】
吸収性物品を装着する際に、ウエスト弾性部材により収縮した外装体を幅方向に伸長させてから、着用者が吸収性物品を装着する。このため、起立部の前後方向の外端部が外装体と重なっている場合、外装体の伸長によって起立部が幅方向の外側へ適切に配置された状態で、着用者が吸収性物品を装着できる。これにより、起立部が幅方向の内側へ配置されている場合と比較して、膨張した吸収コアに起立部が幅方向の外側へ倒され難くすることができる。
【0033】
(2)吸収性物品の全体概略構成
以下、図面を参照して、実施形態に係る吸収性物品について説明する。なお、以下の図面の記載において、同一又は類似の部分には、同一又は類似の符号を付している。ただし、図面は模式的なものであり、各寸法の比率等は現実のものとは異なることに留意すべきである。したがって、具体的な寸法等は、以下の説明を参酌して判断すべきである。また、図面相互間においても互いの寸法の関係や比率が異なる部分が含まれ得る。
【0034】
吸収性物品は、例えば、パンツ型の使い捨ておむつ、テープ型の使い捨ておむつ、又はショーツ型の生理用ナプキンなどである。実施形態の吸収性物品は、パンツ型の使い捨ておむつである。
【0035】
図1は、本実施形態に係る吸収性物品1の模式正面図である。図2は、本実施形態に係る吸収性物品1の模式平面図である。図2に示す模式平面図は、後述するサイド接合部18を展開した状態において吸収性物品1を皺が形成されない状態まで伸長させた伸長状態を示している。図3は、図2に示すF3−F3断面に沿った模式断面図である。図4は、本実施形態に係る吸収性物品の模式断面図である。図4Aは、前側の胴回り域における吸収性物品の模式断面図であり、図2に示すF4A−F4A断面に沿った模式断面図である。図4Bは、後側の胴回り域における吸収性物品の模式断面図であり、図2に示すF4B−F4B断面に沿った模式断面図である。図5は、本実施形態に係る吸収性物品の模式平面図である。図6は、防漏カフを説明するための図である。図6は、図5に示すF6−F6断面において防漏カフが起立した状態を示す図である。図7は、防漏カフを説明するための模式断面図である。図7は、図5に示すF6−F6断面において防漏カフが起立した状態を示す図である。図7Aは、従来の防漏カフを説明するための図である。図7Bは、実施形態に係る防漏カフを説明するための図である。なお、図7では、説明の便宜上、後述するセンターシートを省略している。また、後述する複合伸縮シート及び、複合伸縮シートよりも肌面側に配置されている部材を簡略化して記載している。
【0036】
なお、断面図において、説明の便宜上、各部材が厚さ方向において離間していたとしても、実際の製品では厚さ方向に接していることに留意すべきである。
【0037】
吸収性物品1は、互いに直交する前後方向L及び幅方向Wを有する。前後方向Lは、身体前側と身体後側とに延びる方向によって規定される。言い換えると、前後方向Lは、展開された吸収性物品1において前後に延びる方向である。また、吸収性物品1は、前後方向Lと幅方向Wの両方の直交する厚さ方向Tを有する。厚さ方向Tは、着用者側に向かう肌面側T1と、肌面側と反対側の非肌面側T2と、に延びる。
【0038】
吸収性物品1は、前胴回り域S1と、後胴回り域S2と、股下域S3と、を有する。前胴回り域S1は、着用者の前胴回り(腹部)に対向する領域である。後胴回り域S2は、着用者の後胴回り(背部)に対向する領域であり、装着時に身体(臀部)が載せられる領域を含む。股下域S3は、着用者の股下に位置し、前胴回り域S1と後胴回り域S2との間に挟まれた領域である。
【0039】
なお、請求の範囲に記載の「第1胴回り域」が前胴回り域S1であり、請求の範囲に記載の「第2胴回り域」が後胴回り域S2であってよいし、その逆であってもよい。
【0040】
図1に示すように、幅方向Wにおける前胴回り域S1の端部と、幅方向Wにおける後胴回り域S2の端部と、を接合したサイド接合部18が設けられていてよい。サイド接合部18は、前胴回り域S1の外側部と、後胴回り域S2の外側部とを互いに係止した部分によって規定される。図1に示すように、サイド接合部18が形成された状態で、吸収性物品1には、着用者の胴が通されるウエスト開口部16と、着用者の脚がそれぞれ挿入される一対の脚回り開口部17と、が形成される。ウエスト開口部16は、前胴回り域S1の前端縁S1Fと、後胴回り域S2の後端縁S2Rとによって規定されていてよい。
【0041】
ここで、図2は、サイド接合部18における接合を解除し、吸収性物品1を展開した状態を示している。サイド接合部18は、前側外装体20及び後側外装体30のそれぞれにおいて、前後方向Lに沿って延びていてよい。パンツ型の吸収性物品においては、前胴回り域S1と股下域S3との境界は、前側外装体20に設けられたサイド接合部18の後端縁によって規定されていてよい。同様に、後胴回り域S2と股下域S3との境界は、後側外装体30に設けられたサイド接合部18の前端縁によって規定されていてよい。なお、股下域S3は、脚回り開口部17が設けられた領域であってもよい。
【0042】
なお、本発明における外側部とは、幅方向Wにおける外縁を含む幅方向Wに一定の範囲を占める部分であり、外側縁とは、幅方向Wにおける外縁である。本発明における内側部とは、幅方向Wにおける内縁を含む幅方向Wに一定の範囲を占める部分であり、内側縁とは、幅方向Wにおける内縁である。また、本発明における前端部及び後端部は、前後方向Lにおける縁を含む前後方向Lに一定の範囲を占める部分であり、前端縁及び後端縁は、前後方向Lにおける縁である。外端部は、前端部及び後端部を含んでおり、外端縁は、前端縁及び後端縁を含んでいる。
【0043】
本実施形態では、吸収性物品1は、外装体15と、本体部40と、を有していてよい。外装体15は、本体部40と厚さ方向Tに重なっている。外装体15は、前胴回り域S1に配置された前側外装体20と、後胴回り域S2に配置された後側外装体30と、を有してよい。前側外装体20は、前胴回り域S1において本体部40よりも非肌面側T2に配置されている外装体である。後側外装体30は、前側外装体20と前後方向Lに離間し、かつ後胴回り域S2において本体部40よりも非肌面側T2に配置されている外装体である。
【0044】
図3に示すように、外装体15は、本体部40の肌面側T1に配置されたカバーシートを有してよい。カバーシートは、前胴回り域S1の本体部40の肌面側T1に設けられた前側カバーシート27と、後胴回り域S2の本体部40の肌面側T1に設けられた後側カバーシート37と、を有してよい。前側カバーシート27及び後側カバーシート37は、例えば不織布のようなシートから構成されていてよい。前側カバーシート27は、前側外装体20を構成するシートが肌面側T1に折り返された部分によって構成されてもよいし、前側外装体20を構成するシートとは別体のシートによって構成されてもよい。同様に、後側カバーシート37は、後側外装体30を構成するシートが肌面側T1に折り返された部分によって構成されてもよいし、後側外装体30を構成するシートとは別体のシートによって構成されてもよい。
【0045】
前側外装体20及び後側外装体30は、例えば不織布のようなシートから構成されていてよい。前側外装体20は、第1前側シート25と、第1前側シート25の非肌面側T2に位置する第2前側シート26と、を有してよい。前側外装体20は、第1前側シート25、第2前側シート26以外のシートを更に備えていてよい。また、後側外装体30は、複数のシートを有してよい。前側外装体20は、第1後側シート35と、第1後側シート35の非肌面側T2に位置する第2後側シート36と、を有してよい。後側外装体30は、第1後側シート35、第2後側シート36以外のシートを更に備えていてよい。
【0046】
外装体15は、幅方向Wに伸縮性を有するウエスト弾性部材WEを有してよい。具体的には、前胴回り域S1には、幅方向Wに伸縮性を有するウエスト弾性部材WEである前ウエスト弾性部材22が配置されてよい。後胴回り域S2には、幅方向Wに伸縮性を有するウエスト弾性部材である後ウエスト弾性部材32が配置されてよい。前ウエスト弾性部材22は、第1前側シート25と第2前側シート26の間に配置されてよく、後ウエスト弾性部材32は、第1後側シート35と第2後側シート36の間に配置されてよい。ウエスト弾性部材WEは、例えば、幅方向Wに伸縮可能な糸ゴム、又は幅方向Wに伸縮可能な弾性シートによって構成されていてよい。ウエスト弾性部材WEは、例えば伸縮可能なシートにより構成された外装体15自体によって構成されていてもよい。本実施の形態のウエスト弾性部材WEは、糸ゴムによって構成されている。
【0047】
前ウエスト弾性部材22は、前側外装体20の一方の側端部から他方の側端部まで連続的に延びている第1前ウエスト弾性部材221と、前側外装体20の側端部から幅方向Wの内側に延びておりかつ吸収性物品1の幅方向Wの中心Cまでは延びていない第2前ウエスト弾性部材222と、を有してよい。また、後ウエスト弾性部材32は、後側外装体30の一方の側端部から他方の側端部まで連続的に延びている第1後ウエスト弾性部材321と、後側外装体30の側端部から幅方向Wの内側に延びておりかつ吸収性物品1の幅方向Wの中心Cまでは延びていない第2後ウエスト弾性部材322と、を有してよい。第1前ウエスト弾性部材221及び第1後ウエスト弾性部材321は、少なくとも一対の防漏カフ70の一方から他方まで連続的に延びてよい。
【0048】
本体部40は、少なくとも股下域S3に配置されている。本体部40は、前胴回り域S1、後胴回り域S2及び股下域S3にわたって配置されてよい。本体部40は、前側外装体20及び後側外装体30とは別体として構成され、前胴回り域S1及び後胴回り域S2において、それぞれ前側外装体20及び後側外装体30と接合されていてよい。
【0049】
本体部40は、吸収性本体41と、吸収性本体41よりも肌面側T1に配置される一対の複合伸縮シート60と、を有してよい。
【0050】
吸収性本体41は、少なくとも吸収コア50を有する。吸収コア50は、吸収材料を含む。吸収コア50は、例えば粉砕パルプもしくは高吸収性ポリマー(SAP)、又はこれらの混合物を含んでいてよい。吸収コア50は、少なくとも股下域S3に配置されている。吸収コア50は、前胴回り域S1に配置されてよく、後胴回り域S2に配置されてよい。吸収コア50は、前後方向Lにおいて、前胴回り域S1から後胴回り域S2にわたって延びていてよい。吸収コア50は、コアラップによって覆われていてよい。
【0051】
図3に示すように、吸収性本体41は、吸収コア50の肌面側T1に位置するセンターシート43と、吸収コア50の非肌面側T2に位置する液不透過シート46と、液不透過シート46よりも非肌面側T2に配置された非肌面シート47と、を有してよい。本実施の形態の吸収性本体41は、吸収コア50よりも前側の領域において、肌面側T1から非肌面側T2に向かって、センターシート43、液不透過シート46、非肌面シート47の順で配置されている。また、吸収コア50と重なった領域では、肌面側T1から非肌面側T2に向かって、センターシート43、吸収コア50、液不透過シート46、非肌面シート47の順で配置されている。センターシート43と液不透過シート46は、厚さ方向Tにおいて吸収コア50を挟んで配置されてよい。
【0052】
センターシート43は、液透過性を有していればよく、例えば不織布によって構成されていてよい。センターシート43は、吸収コア50の幅方向Wの中央を覆う。センターシート43は、後述するサイドシート62と肌面シートを構成してよい。液不透過シート46は、液不透過性を有していればよく、例えば、フィルムによって構成されてよい。図4に示すように、液不透過シート46は、サイドシート62よりも非肌面側T2に配置されてよい。非肌面シート47は、例えば不織布によって構成されていてよい。
【0053】
図4に示すように、吸収性本体41は、吸収コア50よりも幅方向Wの外側に配置される非肌側サイドシート48を有してよい。非肌側サイドシート48は、サイドシート62よりも非肌面側T2に配置されてよい。非肌側サイドシート48は、例えば不織布によって構成されてよい。なお、吸収性本体41は、非肌側サイドシート48を有さなくてもよい。
【0054】
図3に示すように、吸収性本体41は、本体接合部MBを介して外装体15と接合されている。実施形態では、吸収性本体41は、前本体接合部28を介して前側外装体20と接合されており、後本体接合部38を介して後側外装体30と接合されている。一方で、図3及び図5に示すように、吸収性物品1には、吸収性本体41と外装体15とが接合されていない非接合領域NBRが設けられてよい。
【0055】
図2及び図4に示すように、後側の股下域S3の吸収性本体41の幅方向Wの長さは、前側の股下域S3の吸収性本体41の幅方向Wの長さよりも長くてよい。吸収性本体41の外側縁は、複合伸縮シート60に沿って前後方向Lに延びてよい。
【0056】
一対の複合伸縮シート60は、吸収性本体41の両側部において前後方向Lに延びており、吸収性本体41と接合されている。複合伸縮シート60は、前後方向Lに伸縮性を有する。複合伸縮シート60は、後述するように、一対のシート層62pを有する。
【0057】
一対の複合伸縮シート60は、一対のサイドシート62、起立弾性部材75、レッグ弾性部材85を有してよい。
【0058】
サイドシート62は、吸収性物品1の幅方向Wの中心Cよりも幅方向Wの外側に配置されている。サイドシート62は、センターシート43よりも肌面側T1においてセンターシート43の外側部を覆っている。サイドシート62は、1のシートにより構成されている。
【0059】
吸収性物品1の平面視において、サイドシート62は、少なくとも吸収性物品1の前後方向Lの中心Lcよりも後側において、幅方向Wの外側へ向かうように湾曲しながら後方へ延びている部分を有してよい。後側の股下域S3における一対のサイドシート62間の最大幅は、前側の股下域S3における一対のサイドシート62間の最大幅よりも大きい。
【0060】
サイドシート62は、湾曲しながら前後方向Lに延びている。従って、前側の股下域S3では、サイドシート62は、センターシート43と非肌側サイドシート48とに接合されてよい。後側の股下域S3では、サイドシート62は、非肌側サイドシート48と非肌面シート47と接合されてよい。
【0061】
サイドシート62は、サイドシート62を前後方向Lに延びる1つの折り目である第1折り目FL1を基点に折り返されている。サイドシート62は、第1折り目FL1が後述する防漏カフ70に配置されるように、折り返されてよい。従って、第1折り目FL1は、サイドシート62の幅方向Wの内側に配置されている。一方で、サイドシート62の幅方向Wにおける端縁62Eは、サイドシート62の幅方向Wの外側、すなわち、脚回り開口部17側に配置されている。サイドシート62の端縁62Eは、サイドシート62自体の端縁(切断面を有するエッジ)である。
【0062】
サイドシート62を、第1折り目FL1を基点に折り返すことによって互いに対向する一対のシート層62pが形成されている。一対のシート層62pは、第1シート層621と第2シート層622とを有する。第1シート層621は、少なくとも幅方向Wの外側で肌面側T1に配置されており、第2シート層622は、少なくとも幅方向Wの外側で非肌面側T2に配置されている。第1折り目FL1は、第1シート層621と第2シート層622との境界を規定してよい。
【0063】
なお、図4に示されるように、サイドシート62の幅方向Wの内側において、前後方向Lに延びる折り目である第2折り目FL2を基点に一対のシート層62p自体がさらに折り返されていてもよい。一対のシート層62pの折り返されている部分では、第1シート層621が非肌面側T2に配置され、第2シート層622が肌面側T1に配置されてよい。
【0064】
一対のシート層62pのそれぞれ、すなわち、第1シート層621と第2シート層622とは、1のサイドシート62の端縁62Eを有してよい。実施形態では、第1シート層621が有する端縁62Eと第2シート層622が有する端縁62Eとが厚さ方向Tに重なっている。
【0065】
図4に示すように、サイドシート62の端縁62Eは、吸収性本体41の幅方向Wにおける側端縁よりも、幅方向Wの内側に配置されてよい。これにより、サイドシート62の端縁62Eが着用者の肌に当たり難くなり、肌触りの悪化を抑制することができる。
【0066】
起立弾性部材75は、前後方向Lに伸縮性を有する弾性部材である。起立弾性部材75の収縮によって、防漏カフ70が肌面側T1に起立可能である。起立弾性部材75は、例えば、糸ゴム又は弾性シートによって構成されていてよい。
【0067】
起立弾性部材75は、1以上の弾性部材によって構成される。起立弾性部材75の数が2以上である場合、起立弾性部材75は、幅方向Wに間隔を空けて配置されてよい。本実施形態では、起立弾性部材75は、第1起立弾性部材751と第2起立弾性部材752によって構成されている。図6に示すように、第1起立弾性部材751は、防漏カフ70の起立時に最も肌面側T1に位置する。従って、第1起立弾性部材751は、防漏カフ70の頂点Apに最も近い位置に配置されている。一方、第2起立弾性部材752は、防漏カフ70の起立時に最も非肌面側T2に位置する。従って、第2起立弾性部材752は、サイドシート62に沿った方向において防漏カフ70の頂点Ap(第1折り目FL1)から最も遠い位置に配置されている。
【0068】
なお、本実施形態では、サイドシート62(一対のシート層62p)は、第2折り目FL2を基点にさらに折り返されているため、図4では、第1起立弾性部材751は、第2起立弾性部材752よりも幅方向Wの外側に配置されている。
【0069】
図4に示すように、吸収性物品1は、第2起立弾性部材752(防漏カフ70の起立時に最も非肌面側T2に位置する弾性部材)と後述する起立端縁73との間において、接着剤により一対のシート層62pどうしを接合する接合部(シート内接合部)63を有してよい。シート内接合部63は、例えば、HMA(ホットメルト接着剤)であってよい。
【0070】
レッグ弾性部材85は、前後方向Lに伸縮性を有する弾性部材である。レッグ弾性部材85は、起立端縁73よりも幅方向Wの外側に配置されている。レッグ弾性部材85は、例えば、糸ゴム又は弾性シートによって構成されていてよい。
【0071】
レッグ弾性部材85は、伸縮性が発現される有効部分を有している。本明細書の図面では、レッグ弾性部材85の伸縮性が発現される有効部分のみを示している。従って、本実施形態では、図5に示すように、レッグ弾性部材85の前端縁85FE及び後端縁85REが、レッグ弾性部材85の有効部分の前後方向Lの外端縁である。前後方向Lにおいて、レッグ弾性部材85の前端縁85FE及び後端縁85REは、前後接合部711よりも内側に配置されてよい。レッグ弾性部材85の前端縁85FEは、前接合部711Fよりも前後方向Lの後側に配置されてよく、レッグ弾性部材85の後端縁85REは、後接合部711Rよりも前後方向Lの前側に配置されてよい。
【0072】
なお、有効部分は、レッグ弾性部材85の伸縮と共にサイドシート62を伸縮させる部分である。有効部分でない無効部分は、レッグ弾性部材85のみが伸縮し、サイドシート62を伸縮させない部分である。
【0073】
レッグ弾性部材85は、1以上の弾性部材によって構成される。レッグ弾性部材85の数が2以上である場合、レッグ弾性部材85は、幅方向Wに間隔を空けて配置されてよい。また、レッグ弾性部材85の数及び起立弾性部材75の数が2以上である場合、幅方向Wにおいて、レッグ弾性部材85どうしの間隔は、起立弾性部材75どうしの間隔よりも狭くてよい。また、レッグ弾性部材85の数は、起立弾性部材75の数よりも多くてよい。
【0074】
本実施形態では、レッグ弾性部材85は、第1レッグ弾性部材851、第2レッグ弾性部材852、第3レッグ弾性部材853、第4レッグ弾性部材854によって構成されている。1以上のレッグ弾性部材85のうち、第1レッグ弾性部材851は、幅方向Wにおいて最も内側に配置されており、第4レッグ弾性部材854は、幅方向Wにおいて最も外側に配置されている。レッグ弾性部材85の収縮によって前後方向Lに収縮する収縮部85Rが設けられる。収縮部85Rの幅は、幅方向Wにおいて、少なくとも、最も内側のレッグ弾性部材85(すなわち、第1レッグ弾性部材851)から最も外側のレッグ弾性部材85(すなわち、第4レッグ弾性部材854)までの長さである。図4に示すように、収縮部85Rの長さは、最も内側のレッグ弾性部材85から最も外側のレッグ弾性部材85までの長さよりも長くてよい。
【0075】
本実施形態では、起立弾性部材75とレッグ弾性部材85とは、一対のシート層62pに挟まれている。これにより、起立弾性部材75とレッグ弾性部材85とは、シート層62pに接している。
【0076】
幅方向Wにおいて最も外側に配置されている第4レッグ弾性部材854よりも幅方向Wの外側の領域は、一対のシート層62pどうしが接合されていない非接合領域であってよい。
【0077】
吸収性物品1は、吸収性本体41の両側部において前後方向Lに延びる一対の防漏カフ70を有する。防漏カフ70は、肌面側T1に起立可能である。防漏カフ70は、複合伸縮シート60により構成されてよい。防漏カフ70は、防漏接合部71、起立部72、起立端縁73を有してよい。
【0078】
防漏接合部71は、サイドシート62(複合伸縮シート60)を吸収性本体41と接合する部分である。防漏接合部71は、接着剤により構成されてよい。股下域S3において、防漏接合部71の幅方向Wの内側縁は、吸収コア50よりも幅方向Wの外側に配置されている。
【0079】
図4及び図5に示すように、防漏接合部71は、起立端縁73よりも前後方向Lの外側に配置される前後接合部711と、起立端縁73よりも幅方向Wの外側に配置される幅接合部712と、を有してよい。前後接合部711は、前胴回り域S1に配置される前接合部711Fと、後胴回り域S2に配置される後接合部711Rと、を有してよい。
【0080】
図5に示すように、少なくとも前後接合部711の一方は、吸収コア50と重ならない位置に配置されている。具体的には、前接合部711Fは、吸収コア50の前端縁よりも前側に配置されている。後接合部711Rは、吸収コア50の側端縁よりも幅方向Wの外側に配置されている。
【0081】
吸収性物品1の平面視において、前後接合部711の少なくとも一部は、ウエスト弾性部材と重なってよい。具体的には、前接合部711Fの少なくとも一部は、前ウエスト弾性部材22と重なってよい。実施形態では、前側外装体20の一方の側端部から他方の側端部まで幅方向Wに連続的に延びている前ウエスト弾性部材22は、前接合部711Fの一方の外側縁から他方の外側縁まで連続的に重なっている。前接合部711Fの一部が、前ウエスト弾性部材22と重なるように、前ウエスト弾性部材22の端部が、前側外装体20の一方の側端部から他方の側端部までの間に存在してもよい。後接合部711Rについても前接合部711Fと同様である。なお、実施形態では、後ウエスト弾性部材32は、後接合部711Rの一方の外側縁から他方の外側縁まで連続的に重なっている。
【0082】
また、図5に示すように、吸収性物品1の平面視において、前後接合部711は、非接合領域NBRに配置されてよい。従って、前接合部711Fは、前本体接合部28と厚さ方向Tに重ならずに配置されてよい。後接合部711Rは、後本体接合部38と厚さ方向Tに重ならずに配置されてよい。
【0083】
起立部72は、1以上の起立弾性部材75によって起立可能である。起立部72は、起立弾性部材75の収縮によって起立する。
【0084】
吸収性物品1の平面視において、起立部72の前後方向Lの外端部は、外装体15と重なってよい。図5に示すように、起立部72の前端部72Fは、前側外装体20と重なっている。起立部72の後端部72Rは、後側外装体30と重なっている。
【0085】
起立端縁73は、起立部72の起立支点となる。起立端縁73は、前後接合部711の内端縁(前接合部711Fの後端縁及び後接合部711Rの前端縁)及び幅接合部712の内側縁により構成される。
【0086】
吸収性物品1は、一対のレッグギャザー80を有してよい。レッグギャザー80は、複合伸縮シート60により構成されてよい。レッグギャザー80は、起立端縁73よりも幅方向Wの外側に配置されている。
【0087】
レッグギャザー80は、収縮部85Rを有している。収縮部85Rは、股下域S3において、起立端縁73よりも幅方向Wの外側に配置されているレッグ弾性部材85の収縮によって前後方向Lに収縮する。
【0088】
防漏カフ70とレッグギャザー80とは、一対のシート層62pによって構成されている。図6に示すように、一対のシート層62pは、防漏カフ70の起立時に最も肌面側に位置する第1起立弾性部材751と接する位置P1から、幅方向Wにおいて最も外側に配置されている第4レッグ弾性部材854と接する位置P2まで、連続的に延びている。従って、一対のシート層62pの両方が、全てのレッグ弾性部材85と厚さ方向Tに重なっている。
【0089】
本実施形態では、第1折り目FL1が防漏カフ70に配置されているため、一対のシート層62pは、第1起立弾性部材751を超えて、第1折り目FL1、すなわち、防漏カフ70の頂点Apまで連続的に延びている。また、一対のシート層62pは、第4レッグ弾性部材854を超えて幅方向Wの外側まで延びている。
【0090】
また、図4及び図6に示すように、サイドシート62よりも非肌面側T2に配置され、かつサイドシート62と直接的又は間接的に接合される構成部材は、起立端縁73よりも幅方向Wの外側へ延びてよい。構成部材は、厚さ方向Tにおいて、1以上のレッグ弾性部材85と重なってよく、全てのレッグ弾性部材85と重なっていることが好ましい。
【0091】
なお、本実施形態では、構成部材は、センターシート43、液不透過シート46、非肌面シート47、非肌側サイドシート48の少なくともいずれかである。図4A及び図4Bに示すように、センターシート43及び非肌側サイドシート48は、サイドシート62と直接的に接合されている。液不透過シート46は、非肌側サイドシート48を介してサイドシート62と間接的に接合されている。非肌面シート47は、サイドシート62と直接的に接合されており(図4A参照)、液不透過シート46及び/又は非肌側サイドシート48を介してサイドシート62と間接的に接合されている。
【0092】
本実施形態の吸収性物品1では、防漏カフ70の起立時に最も肌面側T1に位置する第1起立弾性部材751から、幅方向Wにおいて最も外側に配置されている第4レッグ弾性部材854までの間に、起立端縁73が存在するため、起立端縁73付近において一対のシート層62pが存在する。従って、図6に示すように、吸収性物品1の表面を流れて幅方向Wの外側へ移動する排泄物Eが、第2シート層622から幅方向Wの外側へ染み出しとしても、第1シート層621によって幅方向Wの外側へ染み出すことを抑制できる。これにより、防漏カフの幅方向Wの外側へ滲み出すことで発生する排泄物の漏れを抑制できる。
なお、第2起立弾性部材752と起立端縁73との間において、シート内接合部63が設けられている場合、排泄物が、シート内接合部63によって幅方向Wの外側の第1シート層621へ到達し難くなる(図6参照)。これにより、排泄物が、防漏カフ70の幅方向Wの外側へ染み出すことで発生する排泄物の漏れを抑制できる。
【0093】
ここで、前後接合部711が剛性の高い吸収コア50と重なっていない場合、起立部72が安定的に支持されない。従って、図7Aで示すように、排泄物を吸収することによって膨張した吸収コア50が、起立部72を幅方向Wの外側へ押しやって、起立部72が幅方向Wの外側へ倒れ易くなることが分かった。
【0094】
特に寝姿勢では、着用者の下側に配置されていない前後接合部711(例えば、仰向け状態での前接合部711F)が、吸収コア50と重なっていない場合、前後接合部711が吸収コア50によって厚さ方向Tの動きが制限され難く、前後接合部711の位置が不安定であった。これにより、前後接合部711が安定して起立部72を支持できず、起立部72が幅方向Wの外側へ特に倒れ易くなることがわかった。
【0095】
発明者が、鋭意検討を行った結果、レッグ弾性部材85の収縮によって前後方向Lに収縮する収縮部85Rを吸収性物品1が有する場合、起立部72が幅方向Wの外側へ倒れ難くなることを見出した。具体的には、収縮部85Rが前後方向Lに収縮することによって、図7に示すように、収縮部85Rが肌面側T1へ持ち上がる。収縮部85Rと共に起立端縁73が持ち上げられることで、起立部72が高さを維持することができる。加えて、防漏接合部71の幅方向Wの外側の方が、防漏接合部71の幅方向Wの内側よりも肌面側T1へより持ち上げられるため、防漏接合部71よりも幅方向Wの内側に位置する起立部72が幅方向Wの外側へ倒れ難くなる。その結果、防漏カフ70を超えて排泄物Eが漏れ出てくることを抑制できる。
【0096】
なお、前後接合部711が吸収コア50に重ならない位置に配置されている場合であっても、股下域S3において、起立端縁73が吸収コア50と重なっている場合、吸収コア50の膨張によって、吸収コア50外表面と共に起立端縁73(すなわち、起立部72)も肌面側T1へ移動する。従って、膨張した吸収コア50が、起立部72を幅方向の外側へ倒すという課題が発生しない。
【0097】
また、幅方向Wにおいて起立端縁73付近において一対のシート層62pが連続的に延びているため、例えば、単一のシート層が延びている場合と比べて、起立端縁73付近の剛性が高くなる。このため、起立部72を安定的に支持することができる。
【0098】
また、前後接合部711の少なくとも一部が、ウエスト弾性部材WEと厚さ方向Tに重なっているため、ウエスト弾性部材WEの伸縮によって前後接合部711が着用者の身体に密着する。これにより、前後接合部711の厚さ方向Tの位置が安定し、前後接合部711が安定して起立部72を支持できる。従って、起立部72が幅方向Wの外側へ倒れることを抑制できる。
【0099】
また、前後接合部711と重なっているウエスト弾性部材WEは、少なくとも一対の防漏カフ70の一方から他方まで連続的に延びている。ウエスト弾性部材WEの伸縮によって、一対の防漏カフ70の間で外装体15が身体に密着する。従って、一対の防漏カフ70の間で前後方向Lの外側へ拡散する排泄物が、ウエスト弾性部材WEよりも前後方向Lの外側へまで拡散し難くなり、排泄物の漏れを抑制できる。
【0100】
また、吸収性物品1の平面視において、前後接合部711は、非接合領域NBRに配置されている。ウエスト弾性部材WEの収縮によって外装体15が幅方向Wに収縮しても、吸収性本体41の非接合領域NBRは、ウエスト弾性部材WEの収縮の影響を受け難い。従って、ウエスト弾性部材WEの幅方向Wの収縮力が前後接合部711に働き難くなる。これにより、前後接合部711と共に起立端縁73が吸収コア50に近づき難くなり、膨張した吸収コア50に起立部72が幅方向Wの外側へ倒され難くすることができる。
【0101】
また、前後方向Lにおいて、レッグ弾性部材85の有効部分の外端縁である前端縁85FE及び後端縁85REが前後接合部711よりも内側に配置されることで、前後接合部711が、レッグ弾性部材85の収縮の影響を受け難くなる。これにより、前後接合部711が前後方向Lの内側へ引っ張られ難くなり、前後接合部711の位置を維持し易くなる。このため、起立弾性部材75の収縮力を維持でき、起立部72の起立性を維持できる。その結果、防漏カフ70を超えて排泄物が漏れ出てくることを抑制できる。
【0102】
また、一般的に、吸収性物品1を装着する際に、ウエスト弾性部材WEにより収縮した外装体15を幅方向Wに伸長させてから、着用者が吸収性物品1を装着する。このため、起立部72の前後方向Lの外端部である前端部72F及び後端部72Rが外装体15と重なっている場合、外装体15の伸長によって起立部72が幅方向Wの外側へ適切に配置された状態で、着用者が吸収性物品を装着できる。これにより、起立部72が幅方向Wの内側へ配置されている場合と比較して、膨張した吸収コア50に起立部72が幅方向Wの外側へ倒され難くすることができる。
また、レッグ弾性部材85の数を、起立弾性部材75の数よりも多くすることで、収縮部85Rが肌面側T1へ持ち上げられ易くなり、起立端縁73を安定的に持ち上げることができる。また、加えて、収縮部85Rが着用者に面で当たるため、レッグギャザー80の剛性を高くすることができ、レッグギャザー80の平面性を維持し易くなる。これにより、レッグギャザーが着用者の肌に面でフィットし易くなり、着用者の脚回りを局所的に圧迫することを抑制できる。
【0103】
(4)変更例
次に、変更例について、図8を用いて説明する。図8は、変更例に係る吸収性物品の模式平面図である。なお、実施形態と同様の説明は省略する。
【0104】
図8に示すように、吸収性物品1の平面視において、ウエスト弾性部材WEは、前後接合部711と重ならない位置に配置されてよい。これにより、ウエスト弾性部材WEの幅方向Wの収縮力が前後接合部711に働き難くなる。従って、前後接合部711と共に起立部72の起立支点となる起立端縁73が吸収コアに近づき難くなり、膨張した吸収コア50に起立部72が幅方向Wの外側へ倒され難くすることができる。
【0105】
変更例1に係る吸収性物品1では、前胴回り域S1において、ウエスト弾性部材WEとして、第2前ウエスト弾性部材222のみが配置されている。また、後胴回り域S2において、後側外装体30の一方の側端部から他方の側端部まで連続的に延びている第1後ウエスト弾性部材321の全ては、前後接合部711よりも後側に配置されている。
【0106】
(4)その他実施形態
以上、上述の実施形態を用いて本発明について詳細に説明したが、当業者にとっては、本発明が本明細書中に説明した実施形態に限定されるものではないということは明らかである。本発明は、特許請求の範囲の記載により定まる本発明の趣旨及び範囲を逸脱することなく修正及び変更態様として実施することができる。したがって、本明細書の記載は、例示説明を目的とするものであり、本発明に対して何ら制限的な意味を有するものではない。
【0107】
上述において、防漏カフ70とレッグギャザー80とは、1枚のサイドシート62により形成されていたが、これに限られない。防漏カフ70とレッグギャザー80とは別々のシートにより形成されていてよい。
【0108】
上述では、吸収性物品1の平面視において、前接合部711Fと後接合部711Rとの両方が、吸収コア50と重ならない位置に配置されていたが、これに限られない。前接合部711Fと後接合部711Rとの一方が、吸収コア50と重ならない位置に配置されて、他方が吸収コア50と重ならない位置に配置されていてもよい。
【0109】
上述の実施形態、各変更例及びその他実施形態に係る吸収性物品1に係る構成は、適宜組み合わせることが可能である。
【符号の説明】
【0110】
1 :吸収性物品
15 :外装体
16 :ウエスト開口部
17 :脚回り開口部
18 :サイド接合部
20 :前側外装体
30 :後側外装体
40 :本体部
41 :吸収性本体
43 :センターシート
46 :液不透過シート
47 :非肌面シート
48 :非肌側サイドシート
50 :吸収コア
60 :複合伸縮シート
62 :サイドシート
62p :シート層
63 :シート内接合部
70 :防漏カフ
71 :接合部
72 :起立部
73 :起立端縁
75 :起立弾性部材
80 :レッグギャザー
85 :レッグ弾性部材
621 :第1シート層
622 :第2シート層
S1 :前胴回り域
S2 :後胴回り域
S3 :股下域
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8