特許第5824127号(P5824127)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ シャープ株式会社の特許一覧
特許5824127ユーザ機器、ユーザ機器の通信方法、基地局装置、基地局装置の通信方法
<>
  • 特許5824127-ユーザ機器、ユーザ機器の通信方法、基地局装置、基地局装置の通信方法 図000002
  • 特許5824127-ユーザ機器、ユーザ機器の通信方法、基地局装置、基地局装置の通信方法 図000003
  • 特許5824127-ユーザ機器、ユーザ機器の通信方法、基地局装置、基地局装置の通信方法 図000004
  • 特許5824127-ユーザ機器、ユーザ機器の通信方法、基地局装置、基地局装置の通信方法 図000005
  • 特許5824127-ユーザ機器、ユーザ機器の通信方法、基地局装置、基地局装置の通信方法 図000006
  • 特許5824127-ユーザ機器、ユーザ機器の通信方法、基地局装置、基地局装置の通信方法 図000007
  • 特許5824127-ユーザ機器、ユーザ機器の通信方法、基地局装置、基地局装置の通信方法 図000008
  • 特許5824127-ユーザ機器、ユーザ機器の通信方法、基地局装置、基地局装置の通信方法 図000009
  • 特許5824127-ユーザ機器、ユーザ機器の通信方法、基地局装置、基地局装置の通信方法 図000010
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B2)
(11)【特許番号】5824127
(24)【登録日】2015年10月16日
(45)【発行日】2015年11月25日
(54)【発明の名称】ユーザ機器、ユーザ機器の通信方法、基地局装置、基地局装置の通信方法
(51)【国際特許分類】
   H04W 72/12 20090101AFI20151105BHJP
   H04W 72/04 20090101ALI20151105BHJP
【FI】
   H04W72/12 150
   H04W72/04 136
【請求項の数】6
【全頁数】44
(21)【出願番号】特願2014-180987(P2014-180987)
(22)【出願日】2014年9月5日
(62)【分割の表示】特願2012-204999(P2012-204999)の分割
【原出願日】2010年12月22日
(65)【公開番号】特開2015-6003(P2015-6003A)
(43)【公開日】2015年1月8日
【審査請求日】2014年9月5日
(31)【優先権主張番号】特願2010-3393(P2010-3393)
(32)【優先日】2010年1月8日
(33)【優先権主張国】JP
(73)【特許権者】
【識別番号】000005049
【氏名又は名称】シャープ株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】110000338
【氏名又は名称】特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
(72)【発明者】
【氏名】相羽 立志
(72)【発明者】
【氏名】黄 磊
(72)【発明者】
【氏名】鈴木 翔一
(72)【発明者】
【氏名】大内 渉
【審査官】 東 昌秋
(56)【参考文献】
【文献】 国際公開第2011/034400(WO,A2)
【文献】 国際公開第2010/107880(WO,A2)
【文献】 Samsung,SRS Transmission Issues in LTE-A,3GPP TSG RAN WG1 #57, R1-091879,2009年 5月,pp. 1-3,URL,http://www.3gpp.org/ftp/tsg_ran/wg1_rl1/TSGR1_57/Docs/R1-091879.zip
【文献】 Evolved Universal Terrestrial Radio Access (E-UTRA); Physical layer procedures(Release 9),3GPP TS 36.213 V9.0.1,2009年12月,pp. 57-59,URL,http://www.3gpp.org/ftp/Specs/archive/36_series/36.213/36213-901.zip
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
H04W 4/00−99/00
H04B 7/24− 7/26
3GPP TSG RAN WG1−4
SA WG1−2
CT WG1
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
基地局装置と通信するユーザ機器であって、
第1のサウンディング参照信号の送信に対する第1のパラメータを受信し、
第2のサウンディング参照信号の送信に対する周期およびサブフレームオフセットを設定するための第2のパラメータを受信し、
前記第2のサウンディング参照信号の送信を要求する情報が含まれ、且つ、物理上りリンク共用チャネルのスケジューリングに用いられる下りリンク制御情報を受信する受信部と
前記第1のパラメータに基づいて、前記第1のサウンディング参照信号を周期的に送信し、
サブフレームnにおいて前記第2のサウンディング参照信号の送信を要求する情報を検出した場合に、n’≧n+4を満たす、最初のサブフレームn’において、前記第2のサウンディング参照信号を送信する送信部と、を備え
前記最初のサブフレームn’は、前記周期およびサブフレームオフセットに基づく、
ユーザ機器。
【請求項2】
ユーザ機器と通信する基地局装置であって、
第1のサウンディング参照信号の送信に対する第1のパラメータを送信し、
第2のサウンディング参照信号の送信に対する周期およびサブフレームオフセットを設定するための第2のパラメータを送信し、
前記第2のサウンディング参照信号の送信を要求する情報が含まれ、且つ、物理上りリンク共用チャネルのスケジューリングに用いられる下りリンク制御情報を送信する送信部と
前記第1のパラメータに基づいて、前記第1のサウンディング参照信号を周期的に受信し、
サブフレームnにおいて前記第2のサウンディング参照信号の送信を要求する情報を送信した場合に、n’≧n+4を満たす、最初のサブフレームn’において、前記第2のサウンディング参照信号を受信する受信部と、を備え
前記最初のサブフレームn’は、前記周期およびサブフレームオフセットに基づく、
基地局装置。
【請求項3】
基地局装置と通信するユーザ機器の通信方法であって、
第1のサウンディング参照信号の送信に対する第1のパラメータを受信し、
第2のサウンディング参照信号の送信に対する周期およびサブフレームオフセットを設定するための第2のパラメータを受信し、
前記第2のサウンディング参照信号の送信を要求する情報が含まれ、且つ、物理上りリンク共用チャネルのスケジューリングに用いられる下りリンク制御情報を受信し、
前記第1のパラメータに基づいて、前記第1のサウンディング参照信号を周期的に送信し、
サブフレームnにおいて前記第2のサウンディング参照信号の送信を要求する情報を検出した場合に、n’≧n+4を満たす、最初のサブフレームn’において、前記第2のサウンディング参照信号を送信し、
前記最初のサブフレームn’は、前記周期およびサブフレームオフセットに基づく、
通信方法。
【請求項4】
ユーザ機器と通信する基地局装置の通信方法であって、
第1のサウンディング参照信号の送信に対する第1のパラメータを送信し、
第2のサウンディング参照信号の送信に対する周期およびサブフレームオフセットを設定するための第2のパラメータを送信し、
前記第2のサウンディング参照信号の送信を要求する情報が含まれ、且つ、物理上りリンク共用チャネルのスケジューリングに用いられる下りリンク制御情報を送信し、
サブフレームnにおいて前記第2のサウンディング参照信号の送信を要求する情報を送信した場合に、n’≧n+4を満たす、最初のサブフレームn’において、前記第2のサウンディング参照信号を受信し、
前記最初のサブフレームn’は、前記周期およびサブフレームオフセットに基づく、
通信方法。
【請求項5】
基地局装置と通信するユーザ機器に搭載される集積回路であって、
第1のサウンディング参照信号の送信に対する第1のパラメータを受信し、
第2のサウンディング参照信号の送信に対する周期およびサブフレームオフセットを設定するための第2のパラメータを受信し
前記第2のサウンディング参照信号の送信を要求する情報が含まれ、且つ、物理上りリンク共用チャネルのスケジューリングに用いられる下りリンク制御情報を受信する機能と、
前記第1のパラメータに基づいて、前記第1のサウンディング参照信号を周期的に送信し、
サブフレームnにおいて前記第2のサウンディング参照信号の送信を要求する情報を検出した場合に、n’≧n+4を満たす、最初のサブフレームn’において、前記第2のサウンディング参照信号を送信する機能と、を前記ユーザ機器に実行させ、
前記最初のサブフレームn’は、前記周期およびサブフレームオフセットに基づく、
集積回路。
【請求項6】
ユーザ機器と通信する基地局装置に搭載される集積回路であって、
第1のサウンディング参照信号の送信に対する第1のパラメータを送信し、
第2のサウンディング参照信号の送信に対する周期およびサブフレームオフセットを設定するための第2のパラメータを送信し
前記第2のサウンディング参照信号の送信を要求する情報が含まれ、且つ、物理上りリンク共用チャネルのスケジューリングに用いられる下りリンク制御情報を送信する機能と、
前記第1のパラメータに基づいて、前記第1のサウンディング参照信号を周期的に受信し、
サブフレームnにおいて前記第2のサウンディング参照信号の送信を要求する情報を送信した場合に、n’≧n+4を満たす、最初のサブフレームn’において、前記第2のサウンディング参照信号を受信する機能と、を前記基地局装置に実行させ、
前記最初のサブフレームn’は、前記周期およびサブフレームオフセットに基づく、
集積回路。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は通信技術に関するものである。特に、サウンディング参照信号の送信に対する移動体通信方法およびシステム、および基地局、ユーザ機器、およびこれらに搭載されて用いられる集積回路に関するものである。
【背景技術】
【0002】
3GPP(第3世代パートナーシッププロジェクト;The 3rd Generation Partnership Project)標準化組織は、LTE(Long Term Evolution)と命名された次世代の無線通信標準(wireless communication standard)を策定している。当該新しい標準は、物理層のインターフェースにOFDM(直交周波数分割多重;Orthogonal Frequency Division Multiplexing)技術を採用しており、これは、従来のCDMA(符号分割多重アクセス;Code Division Multiple Access)技術とは異なる。LTEにおいて、OFDMA(直交周波数分割多重アクセス;Orthogonal Frequency Division Multiple Access)はダウンリンク(downlink;DL)で用いられ、SCFDMA(単一キャリア周波数分割多重アクセス;Single Carrier Frequency Division Multiple Access)はアップリンク(uplink;UL)で用いられる。従来の時間領域の同等化の複雑度を下げる、周波数領域の同等化を採用したことにより、当該新しい標準で用いられる技術は多重伝搬(multi-path propagation)に対して効果的であり、高速データ通信により適している。
【0003】
LTEシステムにおいては、UE(ユーザ機器;User Equipment)は、eNB(発展ノードB;evolved NodeB)のスケジューリングにしたがって、アップリンクでSRS(サウンディング参照信号;Sounding Reference Signal)を送信する。SRSは、ULの出力制御や時間追跡などの他の目的と同様に、ULの周波数選択的なスケジューリングを容易にするための広帯域サウンディング信号として設計される。また、TDD(時分割二重;Time Division Duplexing)では、チャネル相互関係(channel reciprocity)の利用によって、ダウンリンクスケジューリングにも使われる。現行のLTE標準(下記の非特許文献1を参照)によれば、SRSを送信するための主な手順には以下が含まれる。すなわち、eNB(または基地局)は、ユーザ機器(または移動局)に対して、必要に応じて、指定されたセルにおいて共通するセル固有のSRS設定パラメータをブロードキャスト(broadcast)する;また、eNBは、指定されたUEに対して専用のSRSパラメータを設定するために、UE固有のRRCシグナリング(無線リソース制御シグナリング;Radio Resource Control signaling)をUEに送信する;さらに、UEは、パラメータにしたがって、設定された帯域幅およびサブフレームにおいて、周期的にSRSを送信する。例えば、eNBは{2,5,10,20,40,80,160,320}msを周期(SRSの送信インターバル)としてUEに設定する。以下では、この周期的なSRSの送信を「ピリオディック(periodic)SRS(ピリオディックSRSの送信)」と称する。加えて、LTEでは、eNBは、UE固有のRRCシグナリングを使って、1回限りのピリオディックSRSの送信をユーザ機器に設定する。ここで、eNBは、準静的に(semi-statically)RRSシグナリングを(例えば100msごとに)送信してもよい。
【0004】
3GPPは、LTEアドバンスド(Advanced-LTE)も策定しており、LTEアドバンスドは、LTEに対して主要な機能強化となる見込みである。LTEアドバンスドは、LTEリリース9の修正および改良フェーズの後に、リリース10で導入される見通しである。LTEアドバンスドは、ITU(国際電気通信連合;International Telecommunication Union)が定めた要求仕様を満たさなければならない。LTEアドバンスドにおいては、SRSは、上記のLTEの目的に加え、チャネルの相互関係を利用した複数のセルにおけるCSI(チャネル状態情報;Channel State Information)の推定に使われる。SRSの設計は、複数の送信アンテナ、CoMP(協調的多地点送受信;Coordinated Multipoint Transmission/Reception)、異機種環境ネットワークのサポートなどの、LTEアドバンスドの特徴を考慮する必要がある。
【0005】
LTEアドバンスドにおけるSRSの送信に関して、ワンスケジュールド(非周期的な/1回限りの)SRSスキームが提案されている(下記の非特許文献2を参照)。このスキームでは、スケジュールドSRS(scheduled SRS)に対するSRSのパラメータは、上位層の信号を通して設定される。ここで、スケジュールドSRSは、ULグラント(UL送信許可信号;UL transmission permission signal)に含まれるSRSインディケータ(SRS-indicator)を用いてトリガされ、eNBは動的にULグラントを送信する(例えば、1msごとに)ことができる。さらに、新しいPDCCH(物理ダウンリンク制御チャネル;Physical Downlink Control Channel)のフォーマットを定義することが提案されている。このフォーマットは、PUSCH(物理アップリンク共有チャネル;Physical Uplink Shared Channel)をスケジューリングする必要なく、多くのUEに対して同時にスケジュールドSRSをトリガするためのものである。ここで、スケジュールドSRSは、本質的には「1回限りの(one-shot)」割り当て/送信といった種類のものである。
【0006】
さらに、LTEアドバンスドでは、より広域の送信帯域幅をサポートするために、キャリアアグリゲーション(carrier aggregation)がサポートされる(下記の非特許文献3を参照)。LTEアドバンスドは、LTEリリース8よりも広域の帯域幅(最大100MHz)をサポートすることが決定されている。一般的に、連続的な周波数域が用いられるが、妥当なUEの複雑性を検討しつつ、非連続的な周波数域も同様にサポートされる。すなわち、ITUが定めた要求仕様を満たすための明らかな方法は、キャリアアグリゲーションを利用することである。また、複数のコンポーネントキャリアは、所望のLTEアドバンスドシステムの帯域幅として集約される。原理的には、コンポーネントキャリアは、周波数において連続的または非連続的のいずれであってもよい。基地局(base station;BS)およびユーザ機器は、より広域の送信帯域幅において、集約された複数のコンポーネントキャリアで通信することができる。例えば、基地局およびユーザ機器は、5つの20MHzのコンポーネントキャリア(5×20MHz=100MHz)によって集約された100MHzの帯域幅で通信してもよい。コンポーネントキャリアは、より広域の送信帯域幅を構成する各周波数帯域幅(または各キャリア周波数)である。より詳しくは、基地局およびユーザ機器は、集約された複数のDLCCs(ダウンリンクコンポーネントキャリア;Downlink Component Carrier(s))および集約された複数のUL CCs(アップリンクコンポーネントキャリア;Uplink Component Carrier(s))を用いることによって通信することができる。ここで、DL CCsの数およびUL CCsの数は同じであってもよい(すなわち、対称キャリアアグリゲーション(Symmetric carrier aggregation)。または、DL CCsの数およびUL CCsの数は異なってもよい(すなわち、非対称キャリアアグリゲーション(Asymmetric carrier aggregation)。
【0007】
また、キャリアアグリゲーションを十分にサポートするために、クロスキャリアスケジューリング(cross-carrier scheduling、コンポーネントキャリアを超えたスケジューリング)および関連する制御信号(control signaling)が、広く議論されている。PDSCH(物理ダウンリンク共有チャネル;Physical Downlink Shared Channel)およびPUSCHに対するリソース割り当ての制御信号に関して、次の方法がサポートされる(下記の非特許文献4を参照)。すなわち、あるコンポーネントキャリアにおける(DLまたはULのための)PDCCHは、同一のコンポーネントキャリアにおけるPDSCHのリソース、および、単一のリンクされたアップリンクコンポーネントキャリア(ULCC)におけるPUSCHのリソースを割り当てるために使用される。ここで、符号化やCCE(制御チャネルエレメント;Control Channel Element)ベースのリソースマッピングなどを含むLTE(リリース8)のPDCCHの構造は、各コンポーネントキャリアにおいて利用される。LTE(リリース8)のPDCCHと同一のフォーマット(DCI(ダウンリンク制御情報;Downlink Control Information)フォーマット)が、各コンポーネントキャリアにおいて利用される。さらに、あるコンポーネントキャリアにおけるPDCCHは、キャリアインディケータ(carrier indicator;CI)フィールドを用いることによって、複数のコンポーネントキャリアのうちの1つのコンポーネントキャリアにおけるPDSCHリソース、または、PUSCHリソースを割り当てるために使用される。例えば、DCIフォーマットは、固定された3ビットのCIフィールドによって拡張される。eNBは、スケジュールされるコンポーネントキャリアを示すCIフィールドをPDCCHで送信することによって、PDSCHリソースまたはPUSCHリソースを、UEに割り当てることができる。
【先行技術文献】
【非特許文献】
【0008】
【非特許文献1】“3GPP TSG RAN E-UTRA Physical layer procedure (Release 8)”,3GPP TS 36.213 V8.8.0, 2009-09
【非特許文献2】“Channel sounding enhancements for LTE-Advanced”,3GPP TSG RAN WG1 Meeting #59, R1-094653, Nov, 2009
【非特許文献3】“Carrier aggregation in LTE-Advanced”,3GPP TSG RAN WG1 Meeting #53bis, R1-082468, June, 2008
【非特許文献4】“TP for TR36.814 on downlink control signaling for carrier aggregation”,3GPP TSG RAN WG1 Meeting #59, R1-094959, Nov, 2009
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0009】
しかし、上記の従来技術においては、スケジュールドSRSを送信するためにeNBとUEとの間でどのような種類のやり取りが行われるかについて、具体的な記述が存在しなかった。すなわち、スケジュールドSRSのためのSRSパラメータが上位層の信号を通して設定されることが記載されているに過ぎず、スケジュールドSRSを送信するために、eNBがどのようにUEを設定するのか、および、UEがeNBへスケジュールドSRSをどのように送信するのかについての、具体的な記載が存在しなかった。
【0010】
LTEアドバンスドにおけるSRSの送信に関して、eNBによる効率的なスケジューリングを行うために、より短い期間、および/または、より広域の帯域幅でSRSを送信することが必要となる。すなわち、SRSの送信は、相応に多くのSRSリソースを消費することになる。SRSの送信の性能は、eNBによる効率的なスケジューリングを制限するボトルネックになる。加えて、eNBは、UEからSRSが送信されることによってセル内で生じる干渉を考慮すべきである。例えば、UEがPUSCHを用いてアップリンクデータ(UL−SCH(UL-Shared Channel)に対するトランスポートブロック)を送信する際に、他のUEが同じサブフレームでSRSを送信すると、セル内で干渉が生じてしまう。これは、PUSCHリソースとSRSリソースとが重複する(衝突する)からである。
【0011】
本発明は、上記の状況に鑑みてなされたものであり、その目的は、移動体通信方法およびシステム、および基地局、ユーザ機器、およびこれらに搭載されて用いられる集積回路を提供することである。これらは、スケジュールドSRSを送信するための柔軟な送信制御を可能にし、eNBとユーザ機器との間のより効率的な送信制御(スケジューリング)を可能にする。
【課題を解決するための手段】
【0012】
(1)上記の目的を達成するために、本発明は、以下のような手段を講じた。すなわち本発明のユーザー機器においては、基地局装置と通信するユーザ機器であって、サウンディング参照信号の送信に対する周期およびサブフレームオフセットを設定し、前記サウンディング参照信号の送信を要求する情報が含まれ、且つ、物理上りリンク共用チャネルのスケジューリングに用いられる下りリンク制御情報を受信し、サブフレームnにおいて前記情報を検出した場合に、n’≧n+4を満たす、最初のサブフレームn’において、前記サウンディング参照信号を送信し、前記最初のサブフレームn’は、前記周期およびサブフレームオフセットに基づく、ことを特徴とする。
【0013】
(2)また本発明の基地局装置においては、ユーザ機器と通信する基地局装置であって、サウンディング参照信号の送信に対する周期およびサブフレームオフセットを設定し、前記サウンディング参照信号の送信を要求する情報が含まれ、且つ、物理上りリンク共用チャネルのスケジューリングに用いられる下りリンク制御情報を送信し、サブフレームnにおいて前記情報を送信した場合に、n’≧n+4を満たす、最初のサブフレームn’において、前記サウンディング参照信号を受信し、前記最初のサブフレームn’は、前記周期およびサブフレームオフセットに基づく、ことを特徴とする。
【0014】
(3)また本発明の通信方法においては、基地局装置と通信するユーザ機器の通信方法であって、サウンディング参照信号の送信に対する周期およびサブフレームオフセットを設定し、前記サウンディング参照信号の送信を要求する情報が含まれ、且つ、物理上りリンク共用チャネルのスケジューリングに用いられる下りリンク制御情報を受信し、サブフレームnにおいて前記情報を検出した場合に、n’≧n+4を満たす、最初のサブフレームn’において、前記サウンディング参照信号を送信し、前記最初のサブフレームn’は、前記周期およびサブフレームオフセットに基づく、ことを特徴とする。
【0015】
(4)また本発明の通信方法においては、ユーザ機器と通信する基地局装置の通信方法であって、サウンディング参照信号の送信に対する周期およびサブフレームオフセットを設定し、前記サウンディング参照信号の送信を要求する情報が含まれ、且つ、物理上りリンク共用チャネルのスケジューリングに用いられる下りリンク制御情報を送信し、サブフレームnにおいて前記情報を送信した場合に、n’≧n+4を満たす、最初のサブフレームn’において、前記サウンディング参照信号を受信し、前記最初のサブフレームn’は、前記周期およびサブフレームオフセットに基づく、ことを登頂とする。
【0016】
(5)また本発明の集積回路においては、基地局装置と通信するユーザ機器に搭載される集積回路であって、サウンディング参照信号の送信に対する周期およびサブフレームオフセットを設定する機能と、前記サウンディング参照信号の送信を要求する情報が含まれ、且つ、物理上りリンク共用チャネルのスケジューリングに用いられる下りリンク制御情報を受信する機能と、サブフレームnにおいて前記情報を検出した場合に、n’≧n+4を満たす、最初のサブフレームn’において、前記サウンディング参照信号を送信する機能と、を前記ユーザ機器に実行させ、前記最初のサブフレームn’は、前記周期およびサブフレームオフセットに基づく、ことを特徴とする。
【0017】
(6)ユーザ機器と通信する基地局装置に搭載される集積回路であって、サウンディング参照信号の送信に対する周期およびサブフレームオフセットを設定する機能と、前記サウンディング参照信号の送信を要求する情報が含まれ、且つ、物理上りリンク共用チャネルのスケジューリングに用いられる下りリンク制御情報を送信する機能と、サブフレームnにおいて前記情報を送信した場合に、n’≧n+4を満たす、最初のサブフレームn’において、前記サウンディング参照信号を受信する機能と、を前記基地局装置に実行させ、前記最初のサブフレームn’は、前記周期およびサブフレームオフセットに基づく、ことを特徴とする。
【発明の効果】
【0018】
本発明によれば、基地局は、SRSを送信するための送信制御を柔軟に行うことができる。これにより、基地局とユーザ機器との間で、より効率的な送信制御(スケジューリング)が可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0019】
図1】本発明における信号の通信フローの一例を示す概略図である。
図2】本発明における信号の通信フローの他の一例を示す概略図である。
図3】本発明の第1の実施形態に係るスケジュールドSRSを送信するための方法を説明する概略図である。
図4】本発明の第2の実施形態に係るスケジュールドSRSを送信するための方法を示す概略図である。
図5】本発明の第3の実施形態に係るスケジュールドSRSを送信するための方法を示す概略図である。
図6】本発明の第4の実施形態に係るスケジュールドSRSを送信するための方法を示す概略図である。
図7】本発明の第5の実施形態に係るスケジュールドSRSを送信するための方法を示す概略図である。
図8】本発明に係る基地局の構成例を概略的に示す機能ブロック図である。
図9】本発明に係るユーザ機器の構成例を概略的に示す機能ブロック図である。
【発明を実施するための形態】
【0020】
本願発明の実施形態は、上記の図面を参照することにより最もよく理解されるだろう。ここで、同種の部分は同様の符号で示される。上記に一覧される図面は、詳細な説明の一部として明示的に包含される。
【0021】
本願発明の構成は、当該図面で一般的に表現され、図示されるものとして、幅広い種類の異なる構成として変形および設計され得る。したがって、本願発明に係る方法およびシステムの実施形態についての詳細な記載は、本発明の技術的範囲を制限することを意図するものではなく、本発明の現在望ましい実施形態を表現するものに過ぎない。
【0022】
本願発明によれば、無線通信システムにおいてサウンディング参照信号(SRS)を送信するための通信方法は、主にスケジュールドSRSの送信(上記の非特許文献2で言及されている)を目的としている。
【0023】
本願発明に係る通信方法は以下の基本的なステップを含む。すなわち、(1)基地局(base station;BS)は、SRS(サウンディング参照信号;sounding reference signal)を送信するためのパラメータをユーザ機器(user equipment;UE)に設定する、(2)また、BSは、SRSの送信を指示する情報を含んだアップリンク送信許可信号(uplink transmission permission signal)を送信する、そして(3)UEは、SRSの送信を指示する情報を受信した後、受信したSRSのパラメータにしたがって、スケジュールドSRSの情報を送信する。
【0024】
図1は、本発明のSRSの送信における信号の通信フローの一例を示す概略図(schematic diagram)である。
【0025】
図1に示されるように、本発明のSRSの送信における信号の通信フローは、以下のステップを含む。すなわち、基地局(BS)100は、例えば、ブロードキャストチャネルを用いて、SRSを送信するためのパラメータをユーザ機器200にセル固有(cell-specifically)に設定する(ステップ301)。例えば、BSは、DL−SCH(ダウンリンク共有チャネル;downlink shared channel)にマップされたシステム情報ブロック(System Information Block;SIB)を通して、UEにパラメータを割り当てる。本発明において、セル固有に設定されるパラメータには、SRS帯域幅、SRSサブフレーム(例えば、位置)、およびSRSを送信するためのアンテナ、またはSRSに関する任意の他の情報が含まれる。このようなセル固有のパラメータは、基地局によって制御されるユーザ機器が、SRSを送信することが可能な時間−周波数リソース(SRS帯域幅およびSRSサブフレームなど)を指定するために使用される。ここで、セル固有のパラメータは、ピリオディック、および/または、スケジュールドSRSの情報に対するパラメータを含んでいてもよい。
【0026】
さらに、基地局は、例えば、RRCシグナリング(無線リソース制御シグナリング;Radio Resource Control signaling)を用いて、スケジュールドSRSを送信するためのパラメータを、UE固有(UE-specifically)に設定する(ステップ302)。本発明において、UE固有に設定されるパラメータには、送信コーム(transmission comb、SRSの周波数領域における開始位置を計算するための周波数オフセット)、SRSサブフレームオフセット、SRS帯域幅、サイクリックシフト(cyclic shift、SRSシーケンス生成のための3ビット)などが含まれる。ユーザ機器は、これらのセル固有およびUE固有のパラメータを受信した後、スケジュールドSRSを送信するために必要となるパラメータを設定する(ステップ303)。代替例においては、ユーザ機器が、RRCシグナリングによって割り当てられたリソースを用いて、スケジュールドSRSを基地局に送信できるように、RRCシグナリングを用いてスケジュールドSRSを送信するためのリソースを、基地局がユーザ機器にさらに割り当てる。
【0027】
ステップ304において、基地局は、SRS送信(スケジュールドSRSの送信)を指示するためのアップリンク送信許可信号(UL_grant)をユーザ機器に送信する。例えば、基地局は、アップリンク送信許可信号にDCI(ダウンリンク制御情報;Downlink Control Information、これはダウンリンク制御情報フォーマットによって送信される)として含まれるインディケータ(以下、「SRSリクエスト」と称する)を用いて、SRSの送信をユーザ機器に指示する。ここで、DCIには、アップリンクデータを送信するためのPUSCHに対するリソース割り当てが含まれる。言い換えれば、基地局は、スケジュールドSRSの送信を指示する情報(以下では、「イネーブルド(enabled)SRSリクエスト」と称する)を含むアップリンク送信許可信号をユーザ機器に送信する。例えば、基地局は、スケジュールドSRSの送信をトリガする(指示する)ために、アップリンク送信許可信号を動的に(例えば1msごとに)ユーザ機器に送信する。
【0028】
ユーザ機器は、アップリンク送信許可信号を受信した後、特にスケジュールドSRSの送信を指示する情報を受信した後(ステップ305)に、セル固有に、および/または、ユーザ機器固有に設定されたパラメータにしたがって、スケジュールドSRSを基地局に送信する(ステップ306)。代替例においては、ユーザ機器は、RRCシグナリングを通して基地局によって割り当てられたリソースを用いて、スケジュールドSRSを基地局に送信する。基地局は、指定したリソースでスケジュールドSRSを受信した後、ユーザ機器のアップリンクチャネルの状態を推定し、無線リソースをスケジューリングする(例えば、PUSCHのリソースを割り当てる、変調(modulation)する、符号化(coding)する)(ステップ307)。
【0029】
図1は、基地局とユーザ機器とが信号を通信する際の手順の一例を示すに過ぎないことに注意されたい。代替例においては、基地局は、ピリオディック(periodic)SRSのパラメータ、および/または、スケジュールドSRSのパラメータを、ユーザ機器にセル固有に設定してもよい。または、基地局は、ピリオディックSRSのパラメータ、および/または、スケジュールドSRSのパラメータを、ユーザ機器にユーザ機器固有に設定してもよい。したがって、本発明によるSRSの送信方法では、スケジュールドSRSのパラメータ設定は、異なる通信環境に対して、ステップ301(またはステップ302)のみ、または、ステップ301およびステップ302の両方を採用するものである。
【0030】
図2は、本発明のSRSの送信における信号の通信フローの他の一例を示す概略図である。
【0031】
図2に示されるように、基地局は、ブロードキャストチャネル(例えばSIB)を用いて、SRSを送信するためのパラメータを、ユーザ機器に対してセル固有に設定する(ステップ401)。ここで、SRSを送信するためのパラメータは、ピリオディックSRSの送信、および/または、スケジュールドSRSの送信のためのパラメータを含んでいてもよい。図1の説明と同様に、基地局は、SRS帯域幅、SRSサブフレーム、およびSRS送信のためのアンテナを含むパラメータを、ユーザ機器に対してセル固有に設定してよい。
【0032】
基地局は、RRCシグナリングを用いて、スケジュールドSRSを送信するためのパラメータを、ユーザ機器に対してUE固有に設定する(ステップ402)。ここで、図2において、ステップ402は点線で示されている。これは、ステップ401において、基地局が、パラメータをユーザ機器にセル固有に設定している場合、ステップ402は省略されてもよいからである。ステップ402において、UE固有に設定されるパラメータには、例えば、送信コーム(transmission comb、SRSの周波数領域における開始位置を計算するための周波数オフセット)、SRSサブフレームオフセット、SRS帯域幅、循環シフト(cyclic shift、SRSシーケンス生成のための3ビット)が含まれる。上記の例においては、基地局によって送信されるRRCシグナリングは、パラメータ設定のための補充(complement)として動作することに注意されたい。図2で示す例において、基地局は、RRCシグナリングを用いて、スケジュールドSRSを送信するための初期のパラメータをユーザ機器に対してUE固有に設定する。例えば、基地局は、初期の設定としてスケジュールドSRSを送信するためのパラメータを含むRRCをユーザ機器に送信する。
【0033】
さらに、基地局は、イネーブルドSRSリクエストを含むアップリンク送信許可信号を、ユーザ機器に送信する(ステップ403)。図2において、アップリンク送信許可信号に含まれるDCIはスケジュールドSRSを送信するための情報であり、基地局は、アップリンク送信許可信号を用いて、スケジュールドSRSを送信するためのパラメータを、ユーザ機器に対してUE固有に設定する。言い換えれば、基地局は、アップリンク送信許可信号を用いて、ステップ402でRRCシグナリングによって設定されたユーザ機器固有のパラメータを、ユーザ機器に再設定することができる。同様に、基地局は、アップリンク送信許可信号を用いて、スケジュールドSRSを送信するためのリソースを、ユーザ機器にさらに割り当ててもよい。
【0034】
代替例においては、基地局は、あらかじめRRCシグナリングによってSRSパラメータを設定することなしに、アップリンク送信許可信号を用いて、ユーザ機器固有のパラメータをユーザ機器に設定するのみでもよいことに注意されたい。
【0035】
ユーザ機器は、アップリンク送信許可信号を受信した後、基地局から再設定されたSRSパラメータにしたがって、スケジュールドSRSの送信に必要となるパラメータを設定する(ステップ404)。
【0036】
ユーザ機器は、アップリンク送信許可信号を用いて(再)設定されたパラメータにしたがって、スケジュールドSRSを基地局に送信する(ステップ405)。図2の例においては、例えば、ユーザ機器は、アップリンク送信許可信号によって割り当てられたリソースを用いて、スケジュールドSRSを基地局に送信する。基地局は、指定したリソースでスケジュールドSRSを受信した後、ユーザ機器のアップリンクチャネルの状態を推定し、無線リソースをスケジューリングする(例えば、PUSCHのリソースを割り当てる、変調(modulation)する、符号化(coding)する)(ステップ406)。
【0037】
図2の代替となる実施例においては、基地局は、UE固有のパラメータを複数回再設定してよく、ユーザ機器は再設定されたパラメータのうち最新のものを、SRSを送信するために用いることができる。さらに、基地局は、ピリオディックSRSのパラメータ、および/または、スケジュールドSRSのパラメータを、ユーザ機器に対してセル固有に設定してよい。または、基地局は、ピリオディックSRSのパラメータ、および/または、スケジュールドSRSのパラメータを、ユーザ機器に対してUE固有に設定してよい。
【0038】
以下の実施形態は、図1または図2におけるシグナリングの手順に基づいて説明する。しかし、以下の例は、上記のSRSのシグナリングの手順の任意の1つ、およびSRSの送信を実施するための変形例にも適用可能であることが理解されるだろう。
【0039】
〔第1の実施形態〕
図3は、本発明の第1の実施形態に係る、集約された複数のコンポーネントキャリア(aggregated multiple component carriers)を用いる移動体通信システムにおけるSRSの通信方法を説明する概略図(schematic diagram)である。
【0040】
図3に示されるように、サブフレームnにおいて、基地局は、2つのダウンリンクコンポーネントキャリア(DLCC1、DL CC2)と、2つのアップリンクコンポーネントキャリア(ULCC1、UL CC2)とを、通信のためにユーザ機器に設定する。本実施形態では、基地局は、RRCシグナリングを用いて、DLにおいてダウンリンクコンポーネントキャリアの数をユーザ機器に設定する。同様に、基地局は、RRCシグナリングを用いて、ULにおいてアップリンクコンポーネントキャリアをユーザ機器に設定する。したがって、図3に示されるように、基地局とユーザ機器とは、これら2つの集約されたDLCCs/UL CCsによって構成される周波数帯域幅において通信する。そして、基地局は、スケジュールドSRSのためのパラメータをユーザ機器に設定する(例えば、図1のステップ301およびステップ302を参照)。
【0041】
ユーザ機器は、SRSのパラメータを受信した後、パラメータを設定する(例えば、図1におけるステップ303を参照)。
【0042】
基地局は、スケジュールされたPDSCHまたはスケジュールされたPUSCHを示すCIを含むDCIをPDCCHでユーザ機器に送信する。より詳しくは、基地局は、ダウンリンクにおいて、PDCCHで送信されるDCIに含まれるCIにしたがって、各コンポーネントキャリアにおけるPDSCHリソースをユーザ機器に割り当てる。また、基地局は、アップリンクにおいて、PDCCHで送信されるDCIに含まれるCIにしたがって、各コンポーネントキャリアにおけるPUSCHリソースを、アップリンク送信許可信号としてユーザ機器に割り当てる。
【0043】
図3の例に示されるように、基地局は、サブフレームnにおいて、ULCC1(斜線のブロックで示されている)のPUSCHリソースを示す第1のアップリンク送信許可信号として、ユーザ機器にPDCCHでDCIを送信する。また、同一のサブフレームnにおいて、基地局は、ULCC2(水平線のブロックで示されている)のPUSCHリソースを示す第2のアップリンク送信許可信号として、ユーザ機器にPDCCHでDCIを送信する(例えば、図1におけるステップ304を参照)。
【0044】
ユーザ機器は、第1および第2のアップリンク送信許可信号を受信した後(例えば、図1におけるステップ305を参照)、各アップリンク送信許可信号によって割り当てられた各コンポーネントキャリアにおけるPUSCHリソースを用いて、アップリンクデータ(UL−SCH(UL共有チャネル;UL-Shared Channel)に対するトランスポートブロック)を基地局に送信する。
【0045】
本実施形態において、ユーザ機器は、サブフレーム#n+tにおいて、第1のアップリンク送信許可信号によって割り当てられたULCC1におけるPUSCHリソース(斜線のブロックで示されている)を用いて、アップリンクデータを基地局に送信する。また、同一のサブフレーム#n+tにおいて、ユーザ機器は、第2のアップリンク送信許可信号によって割り当てられたULCC2におけるPUSCHリソース(水平線のブロックで示されている)を用いて、アップリンクデータを基地局に送信する。
【0046】
本実施形態において、基地局は、スケジュールドSRSの送信を可能にするイネーブルドSRSリクエスト(すなわち、SRSリクエスト=1)を含む、第1のアップリンク送信許可信号を、ユーザ機器に送信する。すなわち、ユーザ機器は、第1のアップリンク送信許可信号に含まれるCIにしたがって、ULCC1においてスケジュールドSRSを基地局に送信する。言い換えれば、ユーザ機器は、第1のアップリンク送信許可信号によってPUSCHが割り当てられたULCC1と同一のUL CC(UL CC1)において、スケジュールドSRSを基地局に送信する。同様に、基地局は、イネーブルドSRSリクエストを伴う第2のアップリンク送信許可信号を用いて、ULCC2におけるPUSCHリソースをユーザ機器に割り当て、ユーザ機器は、第2のアップリンク送信許可信号に含まれるCIにしたがって、ULCC2においてスケジュールドSRSを基地局に送信する(例えば、図1におけるステップ306を参照)。最後に、基地局は、アップリンクデータおよびスケジュールドSRSを受信する(例えば、図1におけるステップ307を参照)。本実施形態においては、基地局は、クロスキャリアスケジューリング(cross-carrier scheduling,コンポーネントキャリアを超えたスケジューリング)を実行する。
【0047】
本実施形態の一例においては、基地局は、RRCシグナリングを用いて、スケジュールドSRSを送信するためのリソースをユーザ機器に割り当てる。そのような場合において、ユーザ機器は、アップリンク送信許可信号によって割り当てられたPUSCHリソースを用いて、アップリンクデータを基地局に送信するとともに、RRCシグナリングによって割り当てられたリソースを用いて、スケジュールドSRSを基地局に送信する。
【0048】
上記の例において、ユーザ機器は、同一のサブフレームにおいて、SRSの情報を基地局に送信する。代替例においては、SRSを送信するためにスケジュールされたリソース(scheduled resource)が、アップリンクデータを送信するためにスケジュールされたリソースの後に割り当てられた場合、ユーザ機器は、アップリンクデータを送信した後に、スケジュールドSRSを送信することに注意されたい。言い換えれば、リソース割り当てにしたがって、ユーザ機器は、第1のサブフレームにおいてアップリンクデータを送信し、第2のサブフレームにおいてスケジュールドSRSを送信する。そして、第2のサブフレームは、第1のサブフレームの後のサブフレームである。
【0049】
図3に示される実施形態においては、基地局は、CIが含まれるアップリンク送信許可信号を用いて、PUSCHリソースをユーザ機器に割り当てる。ユーザ機器は、イネーブルドSRSリクエスト(SRSリクエスト=1)がアップリンク送信許可信号に含まれる場合、アップリンク送信許可信号によってPUSCHが割り当てられたULCCと同一のUL CCにおいて、スケジュールドSRSを基地局に送信する。言い換えれば、基地局は、アップリンク送信許可信号によって、PUSCHが割り当てられるアップリンクコンポーネントキャリアを示すCIを含むアップリンク送信許可信号をユーザ機器に送信する。そして、ユーザ機器は、基地局からのアップリンク送信許可信号によるPUSCHの割り当てにしたがって、スケジュールドSRSを基地局に送信する。したがって、スケジュールドSRSを送信するためのULCCを示す付加的な情報を追加する必要がなくなる。これにより、基地局は、より効率的なスケジューリングを実現することができる。例えば、基地局は、アップリンク送信許可信号に、スケジュールドSRSの送信に対するアップリンクコンポーネントキャリアを示す、いかなる付加的な情報を導入することなく、スケジュールドSRSを送信するように、ユーザ機器に指示することができる。ユーザ機器は、指示に基づいて、集約されたアップリンクコンポーネントキャリアによって構成される、より広域の帯域幅において、スケジュールドSRSを基地局に送信することができる。
【0050】
代替例においては、コンポーネントキャリアにおけるスケジューリングにしたがって、より多くのアップリンク送信許可信号が使用されることに注意されたい。
【0051】
すでに述べたように、本発明の第1の実施形態によれば、基地局は、SRSリクエストを含むアップリンク送信許可信号をユーザ機器に送信する。ユーザ機器は、イネーブルドSRSリクエストがアップリンク送信許可信号に含まれる場合、スケジュールドSRSを基地局に送信する。ユーザ機器は、スケジュールドSRSを送信する際に、基地局からのPUSCHの割り当てにしたがって、スケジュールドSRSを基地局に送信する。これによって、基地局は、スケジュールドSRSの送信をユーザ機器に柔軟に指示することができる。基地局は、アップリンク送信許可信号を用いて、ユーザ機器に対してスケジュールドSRSの送信を指示するために、スケジュールドSRSの送信を、動的かつ即時に指示することができる。一方で、ユーザ機器は、PUSCHの割り当てにしたがってスケジュールドSRSを基地局に送信するために、より広域の送信帯域幅で効率的にスケジュールドSRSを基地局に送信することができる。さらに、基地局は、アップリンク送信許可信号によって、PUSCHが割り当てられるULCCと同一のUL CCにおいて、ユーザ機器にスケジュールドSRSの送信を指示するために、より広域の送信帯域幅を考慮したより効率的な指示を実現することができる。
【0052】
〔第2の実施形態〕
図4は、本発明の第2の実施形態に係る、スケジュールドSRSを送信するための方法を示す概略図(schematic diagram)である。
【0053】
本実施形態は、上述の図1および図2に示すSRSのシグナリングの手順の任意の1つ、およびSRSの送信を実施するための変形例に適用可能である。
【0054】
本発明の本実施形態において、基地局は、イネーブルドSRSリクエストを含むアップリンク送信許可信号をユーザ機器に送信する。ユーザ機器は、イネーブルドSRSリクエストがアップリンク送信許可信号に含まれている場合、アップリンク送信許可信号よって割り当てられたPUSCHを用いてアップリンクデータを、同一サブフレームにおいて、スケジュールドSRSを基地局に送信する。
【0055】
本実施形態において、基地局は、ブロードキャストチャネル(例えばSIB)を用いて、SRSサブフレームをユーザ機器にセル固有に設定する。図4に示されるように、基地局は、サブフレーム#n−2,#n,#n+2,#n+4,#n+6,#n+8,#n+10,#n+12,および#n+14(例えば、サブフレームの位置)を、SRSサブフレームとしてユーザ機器に設定する。これらの割り当てられたサブフレームは、ピリオディックSRS、および/または、スケジュールドSRSを送信するために使用される。ここで、代わりに、基地局は、RRCシグナリングを用いてピリオディックSRSを送信するためのリソースを、ユーザ機器に対してUE固有に割り当ててもよい。
【0056】
図4において、ユーザ機器は、サブフレーム#n−2,#n,#n+2,#n+4,#n+6,#n+8,#n+10,#n+12,および#n+14において、ピリオディックSRS(縦線で示される)を基地局に送信する。すなわち、ユーザ機器は、基地局によってセル固有に設定されたSRSサブフレームの中のサブフレームにおいて、ピリオディックSRSを基地局に送信する。
【0057】
図1に示されるシグナリングの手順によれば、基地局は、サブフレーム#nにおいて、イネーブルドSRSリクエストを含むアップリンク送信許可信号をユーザ機器に送信する。ユーザ機器は、アップリンク送信許可信号を受信した後、アップリンクデータ(格子ブロックで示されている)およびスケジュールドSRS(水平線のブロックで示されている)を、同一サブフレームで基地局に送信する。
【0058】
図4では、ユーザ機器が、サブフレーム#n+4において、アップリンクデータおよびスケジュールドSRSを基地局に送信することが示されている。ここで、実際のシステムにおける要求仕様によれば、ユーザ機器は、DCI(アップリンク送信許可信号)を復号(および検出)するために、いくらかの時間を必要とする。結果として、アップリンクデータの送信に対して遅延が生じる(例えば、4サブフレーム)。これは、制御信号を受信した後、ユーザ機器のアクションに必要な最小限の時間である。本実施形態において、アップリンクデータおよびスケジュールドSRSは、専用のサブフレーム#n+Kで送信されてもよい。ここで、例えば、FDD(周波数分割二重;Frequency Division Duplexing)システムにおいては、Kは4に設定される。
【0059】
すなわち、図4において、ユーザ機器は、ダウンリンク制御情報フォーマットをサブフレームnで検出した後、PUSCHリソースを用いて、アップリンクデータをサブフレーム#n+4で基地局に送信する。ユーザ機器は、同じタイミングで、スケジュールドSRSを基地局に送信する。ここで、アップリンクデータを送信するためのPUSCHリソースは、アップリンク送信許可信号を使用して、基地局によって割り当てられる。また、スケジュールドSRSを送信するためのリソースは、RRCシグナリングを用いて、基地局によって割り当てられる。ここで、基地局は、ブロードキャストチャネル(例えばSIB)を用いてセル固有に設定されたSRSリソースから、ユーザ機器にリソースを割り当てる。
【0060】
図4の実施形態において、基地局は、ピリオディックSRSを送信するためのSRSサブフレームを、ユーザ機器に対してセル固有に設定してもよい。基地局は、ピリオディックSRS、および/または、スケジュールドSRSを送信するためのSRSリソースを、ユーザ機器に対してセル固有に割り当ててよい。基地局は、SRSリソースから、ピリオディックSRSのためのリソースを、ユーザ機器に対してUE固有に割り当ててもよい。基地局は、SRSリソースから、スケジュールドSRSのためのリソースを、ユーザ機器に対してユーザ機器固有に割り当ててもよい。ユーザ機器は、ピリオディックSRSを送信するためのリソースにしたがって、ピリオディックSRSを基地局に送信してもよい。ユーザ機器は、スケジュールドSRSの送信のためのリソース、および、イネーブルドSRSリクエストを含むアップリンク送信許可信号にしたがって、スケジュールドSRSを基地局に送信してよい。ピリオディックSRSおよびスケジュールドSRSを送信するためのパラメータは、ブロードキャストチャネル(例えばSIB)、および/または、RRCシグナリングを用いて、セル固有に、および/または、UE固有に設定されてもよい。
【0061】
〔第3の実施形態〕
図5は、本発明の第3の実施形態に係る、スケジュールドSRSを送信するための方法を示す概略図(schematic diagram)である。
【0062】
本発明の本実施の形態においては、基地局は、イネーブルドSRSリクエストを含むアップリンク送信許可信号をユーザ機器に送信する。ユーザ機器は、イネーブルドSRSリクエストがアップリンク送信許可信号に含まれている場合、第1のサブフレーム(サブフレーム#n+4)において、アップリンク送信許可信号によって割り当てられたPUSCHを用いてアップリンクデータを基地局に送信し、第2の(後の)サブフレーム(サブフレーム#n+5)において、スケジュールドSRSを基地局に送信する。ここで、スケジュールドSRSを送信するためのリソースは、例えば、RRCシグナリングを通して、基地局によって割り当てられる。本実施形態において、基地局は、SRSサブフレームとして、サブフレームの位置をユーザ機器にセル固有に設定する。
【0063】
図4における第2の実施形態と同様に、基地局は、ブロードキャストチャネル(例えばSIB)を用いて、SRSサブフレームをユーザ機器にセル固有に設定してよい。図5において、基地局は、サブフレーム#n−1,#n+1,#n+3,#n+5,#n+7,#n+9,#n+11,および#n+13を、SRSサブフレームとしてユーザ機器に設定している。さらに、基地局は、RRCシグナリングを用いて、ピリオディックSRSを送信するためのリソースを、ユーザ機器に対してUE固有に割り当てる。図5において、ユーザ機器は、サブフレーム#n−1,#n+3,#n+7,および#n+11において、ピリオディックSRS(縦線のブロックで示される)を基地局に送信する。
【0064】
図5に示されるように、基地局は、サブフレーム#nで、イネーブルドSRSリクエストを含むアップリンク送信許可信号をユーザ機器に送信する。ユーザ機器は、アップリンク送信許可信号を受信した後、アップリンク送信許可信号によって割り当てられたPUSCHリソースを用いて、サブフレーム#n+4で、アップリンクデータ(格子ブロックで示されている)を基地局に送信する。これは、ユーザ機器が、レスポンスのためにいくらかの時間を必要とするからである。本実施形態において、ユーザ機器は、サブフレーム#n+Kで、アップリンクデータを基地局に送信してよい。ここで、Kは整数であり、FDDシステムにおいては、Kは4に設定される。
【0065】
ユーザ機器は、後のサブフレーム#n+5において、基地局によってRRCシグナリングを使用して割り当てられたリソースを用いて、スケジュールドSRS(水平線のブロックで示されている)を基地局に送信する。本実施形態において、サブフレーム#n+5は、ブロードキャストチャネル(例えばSIB)を用いて、基地局によってセル固有に設定されたSRSサブフレームの1つである。
【0066】
本実施形態において、ユーザ機器は、PUSCHでの送信(アップリンクデータの送信)のためのサブフレームの後の、セル固有に設定された最初のSRSサブフレームであるサブフレームにおいて、スケジュールドSRSを基地局に送信する。結果として、ユーザ機器は、サブフレーム#n+K’(または、n’)において、スケジュールドSRSを基地局に送信する。ここで、K’≧K(K’およびKは整数)であり、FDDシステムにおいては、Kは4に設定される。言い換えれば、本実施形態において、ユーザ機器は、次に利用可能なセル固有に設定されたSRSの送信のためのSRSサブフレームへ、スケジュールドSRSの送信を延期する。次に利用可能なセル固有に設定されたSRSサブフレームは、PUSCHでの送信の後の、サウンディング参照信号を送信するための隣接するサブフレームである。
【0067】
なお、本実施形態において、PUSCHでの送信が行われるサブフレームの後の、サウンディング参照信号を送信するための隣接するサブフレーム(#n+5)は、PUSCHでの送信が行われるサブフレーム(#n+4)の直後のサブフレームであることが記載されている。しかしながら、異なる通信環境において、後のサブフレーム(#n+6)が、PUSCHでの送信が行われるサブフレーム(#n+4)の後の、SRSを送信するための隣接するサブフレームである場合には、ユーザ機器は、後のサブフレーム(#n+6)で、スケジュールドSRSを基地局に送信する。
【0068】
第2の実施形態と同様に、図5において、ピリオディックSRSおよびスケジュールドSRSを送信するためのパラメータは、ブロードキャストチャネル(例えばSIB)、および/または、RRCシグナリングを用いて、基地局によって、セル固有に、および/または、ユーザ機器固有に設定されてもよい。変更された実施形態のように、ユーザ機器は、次に利用可能なユーザ機器固有に設定されたSRSを送信するためのSRSサブフレームに、スケジュールドSRSの送信を延期してもよい。
【0069】
〔第4の実施形態〕
図6は、本発明の第4の実施形態に係る、スケジュールドSRSを送信するための方法を示す概略図(schematic diagram)である。
【0070】
基地局は、イネーブルドSRSリクエストを含むアップリンク送信許可信号を、ユーザ機器に送信する。ユーザ機器は、イネーブルドSRSリクエストがアップリンク送信許可信号に含まれる場合、第1のサブフレーム(サブフレーム#n+4)において、アップリンク送信許可信号によって割り当てられたPUSCHでアップリンクデータを基地局に送信し、第2の(後の)サブフレーム(サブフレーム#n+9)において、スケジュールドSRSを基地局に送信する。ここで、スケジュールドSRSを送信するためのリソースは、RRCシグナリングを用いて、基地局によって割り当てられる。詳細には、基地局は、スケジュールドSRSのサブフレームとして、第2のサブフレームにおける位置を、ユーザ機器に対してUE固有に設定する。スケジュールドSRSのサブフレームは、ブロードキャストチャネル(例えばSIB)を通して、基地局によってセル固有に設定されたSRSサブフレームから選択される。
【0071】
本実施形態において、基地局は、ブロードキャストチャネル(例えばSIB)を用いて、SRSサブフレームをユーザ機器にセル固有に設定する。図6に示されるように、基地局は、サブフレーム#n−1,#n+1,#n+3,#n+5,#n+7,#n+9,#n+11,および#n+13を、SRSサブフレーム(ピリオディックSRSのサブフレームおよびスケジュールドSRSのサブフレームが含まれる)として、ユーザ機器に設定する。さらに、基地局は、RRCシグナリングを用いて、ピリオディックSRSの送信のためのリソースを、ユーザ機器に対してUE固有に割り当ててよい。図6において、ユーザ機器は、SRSのパラメータを設定した後、サブフレーム#n−1,#n+3,#n+7,および#n+11において、ピリオディックSRS(縦線のブロックで示されている)を基地局に送信する。
【0072】
本実施形態において、基地局は、さらに、RRCシグナリングを用いて、スケジュールドSRSのサブフレームを、ユーザ機器に対してUE固有に設定する。図6において、基地局は、サブフレーム#n+1および#n+9をスケジュールドSRSのサブフレームとして、ユーザ機器に設定する。本実施形態において、基地局は、ブロードキャストチャネル(例えばSIB)を用いてセル固有に設定されたSRSサブフレームから、スケジュールドSRSのサブフレームをユーザ機器に設定する。代替例においては、基地局は、RRCシグナリングを用いて、スケジュールドSRSを送信するために割り当てた上記リソースとは異なる他のリソースを、ユーザ機器に対してUE固有に割り当ててよい。
【0073】
図6において、基地局は、サブフレーム#nにおいて、イネーブルドSRSリクエストを含むアップリンク送信許可信号をユーザ機器に送信する。ユーザ機器は、アップリンク送信許可信号を受信した後、アップリンク送信許可信号によって割り当てられたPUSCHリソースを用いて、サブフレーム#n+4において、アップリンクデータ(網掛けのブロックで示されている)を基地局に送信する。そして、ユーザ機器は、RRCシグナリングによって割り当てられたリソースを用いて、後のサブフレーム#n+9において、スケジュールドSRS(水平線のブロックで示されている)を基地局に送信する。ここで、後のサブフレーム#n+9は、RRCシグナリングを用いて、基地局によってUE固有に設定されたスケジュールドSRSのサブフレームの1つである。すなわち、ユーザ機器は、サブフレーム#n+Kにおいて、アップリンクデータを基地局に送信する。ここで、Kは整数であり、FDDシステムにおいては、Kは4に設定される。また、ユーザ機器は、PUSCHでの送信のためのサブフレームの後の、UE固有に設定された最初のスケジュールドSRSのサブフレームにおいて、スケジュールドSRSを基地局に送信する。ここで、UE固有に設定された最初のスケジュールドSRSのサブフレームは、PUSCHでの送信のサブフレームの後の、スケジュールドSRSを送信するための隣接するサブフレームである。
【0074】
本実施形態において、ユーザ機器は、サブフレーム#n+K’(または、n’)において、スケジュールドSRSを基地局に送信する。ここで、K’≧K(K’およびKは整数)であり、FDDシステムにおいては、Kは4に設定される。ユーザ機器は、スケジュールドSRSのための、次に利用可能なUE固有に設定されたSRSサブフレームへ、スケジュールドSRSの送信を延期する。ここで、このサブフレームは、アップリンクデータを送信するためのサブフレームの後のサブフレームである。ここで、第2および第3の実施形態と同様に、図6に示される実施形態において、ピリオディックSRSおよびスケジュールドSRSを送信するためのパラメータは、ブロードキャストチャネル(例えばSIB)、および/または、RRCシグナリングを用いて、基地局によって、セル固有に、および/または、UE固有に設定されてもよい。
【0075】
〔第5の実施形態〕
図7は、本発明の第5の実施形態に係る、スケジュールドSRSを送信するための方法を示す概略図(schematic diagram)である。
【0076】
本発明の本実施形態において、基地局は、コンポーネントキャリアごとに、スケジュールドSRSを送信するサブフレームのそれぞれの位置をユーザ機器に設定する。したがって、ユーザ機器は、基地局によって設定されたサブフレームのそれぞれの位置にしたがって、各ULコンポーネントキャリアにおいて、スケジュールドSRSを基地局に送信する。
【0077】
上記、第2、第3、および第4の実施形態は、単一のULCCの状況だけでなく、複数のUL CCの状況にも適用でき、また一方で、第1の実施形態は、図4図6に示される状況に簡単に拡張できることに注意されたい。本実施形態は、図3および図5の組み合わせを考慮した一般的な状況について説明する。本実施形態によれば、当業者は、図3の構造を、図4および図6へ簡単に適用することもできる。
【0078】
本実施形態において、SRSサブフレームおよびスケジュールドSRSのサブフレームを含む、サブフレームのためのSRSパラメータと、各コンポーネントキャリアに対するSRSパラメータとは、図3および図5において言及したそれらと同様に設定される。
【0079】
図7に示されるように、基地局は、サブフレーム#nにおいて、ULCC2(CI=CC2)のための、イネーブルドSRSリクエストを含む第1のアップリンク送信許可信号をユーザ機器に送信し、サブフレーム#n+1において、ULCC1(CI=CC1)のための、イネーブルドSRSリクエストを含む第2のアップリンク送信許可信号をユーザ機器に送信する。
【0080】
ユーザ機器は、第1および第2のアップリンク送信許可信号を受信した後、ULCC2におけるPUSCHリソースを用いて、サブフレーム#n+4において、アップリンクデータを基地局に送信する。そして、ユーザ機器は、ULCC2において割り当てられたSRSリソースを用いて、PUSCHでの送信のためのサブフレーム(#n+4)の後の、最初のSRSサブフレームであるサブフレーム#n+6において、スケジュールドSRS(水平線のブロックで示されている)を送信する。また、ユーザ機器は、ULCC1におけるPUSCHリソースを用いて、サブフレーム#n+5において、アップリンクデータを基地局に送信する。さらに、ユーザ機器は、ULCC1において割り当てられたSRSリソースを用いて、PUSCHでの送信のためのサブフレーム(#n+5)の後の、最初のSRSサブフレームであるサブフレーム#n+10において、スケジュールドSRS(水平線のブロックで示されている)を送信する。
【0081】
図3の説明によれば、ユーザ機器は、アップリンク送信許可信号によってPUSCHが割り当てられたULCCと同一のUL CCにおいて、スケジュールドSRSを基地局に送信する。詳細には、ユーザ機器は、それぞれのアップリンク送信許可信号によって割り当てられたPUSCHにしたがって、それぞれのULコンポーネントキャリアにおいて、スケジュールドSRSを基地局に送信する。
【0082】
本実施形態において、基地局は、2つのアップリンク送信許可信号をユーザ機器に送信しているが、変更例において、基地局は、SRSのパラメータの設定および通信システムの要求仕様にしたがって、より多くのアップリンク送信許可信号を、ユーザ機器に送信してもよいことに注意されたい。
【0083】
上述したように、本発明の第2〜第5の実施形態の任意の1つにしたがって、基地局は、スケジュールドSRSを送信するためのサブフレーム(例えば、位置)をユーザ機器に設定することができ、ユーザ機器は、設定されたSRSサブフレームにおいて、スケジュールドSRSを基地局に送信することができる。基地局は、スケジュールドSRSを送信するためのサブフレームをユーザ機器に設定できるために、セル内において、ユーザ機器同士の干渉を回避することができる。
【0084】
本発明によれば、基地局は、PUSCHを送信するためのサブフレームおよびスケジュールドSRSを送信するためのサブフレームを、各ユーザ機器に設定することができる。したがって、PUSCHでの送信とスケジュールドSRSの送信との間の衝突を回避することができ、セル内における干渉を減らすことができる。また、基地局は、セル内において干渉を引き起こすことのないように、より効率的な送信制御(スケジューリング)を行うことができる。
【0085】
〔移動体通信システム〕
以下の記載では、本発明に係る移動体通信システムについて説明する。移動体通信システムは、基地局とユーザ機器とを含み、基地局およびユーザ機器は、上記した任意の実施形態およびこれらの変形例におけるSRSの送信(特に、スケジュールドSRSの送信)のための方法にしたがって、互いに通信する。
【0086】
図8は、本発明に係る基地局の構成例を概略的に示す機能ブロック図である。
【0087】
図8に示されるように、基地局100は、データ制御ユニット1、変調符号化ユニット2、マッピングユニット3、逆高速フーリエ変換(IFFT)ユニット4、無線伝送ユニット5、無線受信ユニット6、高速フーリエ変換(FFT)ユニット7、復調復号化ユニット8、データ抽出ユニット9、伝送情報制御ユニット10、およびアンテナ11から構成される。伝送情報制御ユニット10は、スケジューラユニット21、変調および符号化制御ユニット22、および周波数選択的スケジューラユニット23から構成される。
【0088】
基地局100においては、各ユーザ機器に送信される送信データおよび制御データはデータ制御ユニット1から入力され、当該データは、伝送情報制御ユニット10からの命令にしたがって、ユーザ機器へ順番に送信される。変調符号化ユニット2は、変調方式および伝送情報制御ユニット10(変調および符号化制御ユニット22)で定められた符号化率に基づいて、データ制御ユニット1から出力された信号に、変調処理または誤り訂正符号化処理を行い、そのデータをマッピングユニット3へ出力する。マッピングユニット3は、伝送情報制御ユニット10(周波数選択的スケジューラユニット23)から出力される周波数選択的スケジューリング情報に基づいて、変調符号化ユニット2から出力されたデータを各サブキャリアにマッピングし、そのデータを逆高速フーリエ変換ユニット4に出力する。
【0089】
逆高速フーリエ変換ユニット4は、マッピングユニット3から出力されたデータに対して、逆高速フーリエ変換の処理を実行し、当該データを時系列のベースバンドデジタル信号の変換し、当該信号を無線伝送ユニット5に出力する。無線伝送ユニット5は、逆高速フーリエ変換ユニット4からの出力信号に対して、デジタル/アナログ変換を行い、当該信号を送信に適した周波数へアップコンバートし、アンテナ11を通して各ユーザ機器へ当該信号を送信する。
【0090】
スケジューラユニット21は、各ユーザ機器が使用可能なリソース領域、断続的な送信受信サイクル、送信データチャネルのフォーマット、およびバッファ状態などの制御情報に基づいて、ダウンリンクおよびアップリンクをスケジュールする。変調及び符号化制御ユニット22は、ユーザ機器から送信されるサウンディング参照信号に基づいて、変調方式および各データに適用される符号化率を決定する。周波数選択的スケジューラユニット23は、ユーザ機器から送信されたサウンディング参照信号に基づいて、各データに適用される周波数選択的なスケジューリングの処理を実行する。データ抽出ユニット9は、復調され、復号されたデータを、ユーザに受信されるデータと制御データとに分離し、当該データを上流処理ユニットへ送信し、データを伝送情報制御ユニット27へ出力する。
【0091】
図8に示されるように、基地局のさまざまなコンポーネントは、連結されていてもよいし、分離したユニットとして実装されていてもよい。
【0092】
図9は、本発明に係るユーザ機器の構成例を概略的に示す機能ブロック図である。
【0093】
図9に示されるように、ユーザ機器200は、データ制御ユニット41、変調符号化ユニット42、マッピングユニット43、逆高速フーリエ変換(IFFT)ユニット44、無線伝送ユニット45、アンテナ46、サウンディング参照信号制御ユニット47、無線受信ユニット48、高速フーリエ変換(FFT)ユニット49、復調復号化ユニット50、およびデータ抽出ユニット51から構成される。サウンディング参照信号制御ユニット47は、サウンディング参照信号生成ユニット61、およびサウンディング参照信号パラメータ設定ユニット62から構成される。
【0094】
無線受信ユニット48、FFTユニット49、復調復号化ユニット50、データ抽出ユニット51、およびサウンディング参照信号制御ユニット47は、全体として受信ユニット80を構成する。また、データ制御ユニット41、変調符号化ユニット42、マッピングユニット43、逆高速フーリエ変換(IFFT)ユニット44、および無線伝送ユニット45は、全体として伝送ユニット90を構成する。
【0095】
図9に示されるユーザ機器200において、基地局100に送信される送信データおよび制御データは、データ制御ユニット41に入力され、当該データは基地局100に順番に送信される。変調符号化ユニット42は、データ制御ユニット41から出力された信号に、変調処理または誤り訂正符号化処理を行い、そのデータをマッピングユニット43へ出力する。マッピングユニット43は、変調符号化ユニット42から出力されたデータを各サブキャリアにマッピングし、そのデータを逆高速フーリエ変換ユニット44に出力する。
【0096】
逆高速フーリエ変換ユニット44は、マッピングユニット43から出力されたシンボル系列に対して逆高速フーリエ変換の処理を実行し、当該シンボル系列を時系列のベースバンドデジタル信号に変換し、当該信号を無線伝送ユニット45に出力する。無線伝送ユニット45は、逆高速フーリエ変換ユニット44からの出力信号に対してデジタル/アナログ変換を行い、当該信号を送信に適した周波数へアップコンバートし、アンテナ46を通して基地局100へ当該信号を送信する。
【0097】
サウンディング参照信号パラメータ設定ユニット62は、基地局100から受信した設定信号(SRSパラメータ)にしたがって、サウンディング参照信号のパラメータを設定する。サウンディング参照信号生成ユニット61は、サウンディング参照信号パラメータ設定ユニット62によって設定されるパラメータに基づいて、基地局100へ送信されるサウンディング参照信号を生成する。
【0098】
図8に示される基地局、および図9に示されるユーザ機器によれば、本発明のサウンディング参照信号(特にスケジュールドSRSの送信)のための通信方法は、例えば、以下のように実現できる。
【0099】
以下の記載は、図1のシグナリングの手順に基づく。しかし、図2のシグナリングの手順または変形例も、本発明の移動体通信システムによって実現可能であることに注意されたい。
【0100】
基地局のスケジューラ21は、データ制御ユニット1、変調符号化ユニット2、マッピングユニット3、逆高速フーリエ変換(IFFT)ユニット4、無線伝送ユニット5、およびアンテナ11を用いて、SRSを送信するためのパラメータを、ユーザ機器200に対してセル固有に設定し、さらにスケジュールドSRSを送信するためのパラメータを、ユーザ機器に対してUE固有に設定する(ステップ301およびステップ302)。ユーザ機器の受信ユニット60は、基地局からパラメータを受信し、サウンディング参照信号パラメータ設定ユニット62は、スケジュールドSRSの送信に必要なパラメータを設定する(ステップ303)。基地局の伝送情報制御ユニット27は、SRSの送信(スケジュールドSRSの送信)を指示するアップリンク送信許可信号を、ユーザ機器に送信する。アンテナ66を通してアップリンク送信許可信号を受信した後(ステップ305)、ユーザ機器のサウンディング参照信号生成ユニット61はサウンディング参照信号を生成し、セル固有に、かつ/または、UE固有に設定されたパラメータにしたがって、スケジュールドSRSを基地局に送信する(ステップ306)。指定されたリソースで当該スケジュールドSRSを受信した後、基地局のスケジューラ21は、ユーザ機器のアップリンクチャネルの状態を推定し、無線リソースをスケジュールする。信号処理の上記構造は本発明に係る一例に過ぎず、異なるモジュールまたはそれらの組み合わせも、スケジュールドSRSを送信する通信方法を実現可能であることに注意されたい。
【0101】
本発明の移動体通信システムの一例において、スケジュールドサウンディング参照信号の送信に対するユーザ機器は、前記スケジュールドサウンディング参照信号の送信を指示する情報を含むアップリンク送信許可信号を受信する手段と、前記指示情報を受信した後、前記スケジュールドサウンディング参照信号を生成する手段と、アップリンクデータと前記スケジュールドサウンディング参照信号とを同一のサブフレームで送信するか、または、第1のサブフレームで前記アップリンクデータを、後のサブフレームで前記スケジュールドサウンディング参照信号を送信する手段を備えたことを特徴とする。また、スケジュールドサウンディング参照信号の送信に対する基地局は、スケジュールドサウンディング参照信号の送信を指示する情報を含むアップリンク送信許可信号を送信する手段と、アップリンクデータと前記スケジュールドサウンディング参照信号とをユーザ機器から受信する手段とを備え、前記ユーザ機器は、アップリンクデータと前記スケジュールドサウンディング参照信号とを同一のサブフレームで送信するか、または、第1のサブフレームで前記アップリンクデータを、後のサブフレームで前記スケジュールドサウンディング参照信号を送信することを特徴とする。
【0102】
図8の基地局および図9のユーザ機器の他の代わりの一例において、装置(BSまたはUE)は、プロセッサとメモリとを含むように実装されてよい。
【0103】
メモリは、命令とデータとをプロセッサに供給する。ここで、当該メモリには、ROM(Read Only Memory)とRAM(Random Access Memory)との両方が含まれる。メモリの一部は、不揮発性のRAM(non-volatile random access memory;NVRAM)であってもよい。メモリには、電子情報を記憶可能な任意の電子部品が含まれ、ROM、RAM、磁気ディスク記憶装置メディア、光学式記憶メディア、フラッシュメモリ、プロセッサを含むオンボードメモリ、EPROMメモリ、EEPROMメモリ、レジスタ、ハードディスク、リムーバブルディスク、CD−ROMなどで実現される。プログラム命令やその他の種類のデータは、当該メモリに記憶される。当該プログラム命令は、SRSの送信を実現するために、ここで開示された一部または全部の方法を実施するために、プロセッサで実行される。
【0104】
情報および信号は、異なる技術(technologies)および技法(techniques)の任意の変形を用いて表現されてもよい。例えば、上記記載を通して参照されるデータ、命令、コマンド、情報、信号、およびこれらに類似するものは、電圧、電流、電磁波、磁界、磁性粒子、光場、光場粒子、またはこれらの任意の組み合わせでも表現できる。
【0105】
ここで開示される実施形態に関連して述べられる、さまざまな実例としての論理ブロック/論理素子、モジュール、および回路は、多目的プロセッサ、デジタルシグナルプロセッサ(digital signal processor;DSP)、特定用途向け集積回路(application specific integrated circuit;ASIC)、フィールドプログラマブルゲートアレイ(field programmable gate array;FPGA)信号あるいはその他のプログラム可能な論理素子、離散ゲートあるいはトランジスタ論理回路、離散ハードウェアコンポーネント、またはここで述べられた機能を有するように設計されたこれらの任意の組み合わせにより、実施され、または実行されてよい。多目的プロセッサはマイクロプロセッサでよいが、これの代わりとして、いかなる従来のプロセッサ、コントローラ、マイクロコントローラ、または状態機械(state machine)であってもよい。プロセッサは、例えば、DSPやマイクロプロセッサの組み合わせ、複数のマイクロプロセッサ、DSPコアと連動する1つまたは複数のマイクロプロセッサ、またはその他の任意の設定など、計算装置の組み合わせで実装されてもよい。代替の実施形態においては、実行されたときに基地局、および/または、ユーザ機器における方法を実現するプログラムを記憶するために、論理回路は適用されてよい。また、論理回路は、基地局およびユーザ機器に、それぞれ搭載されてよい。
【0106】
ここで開示された実施形態に関連して述べられた方法またはアルゴリズムの各ステップは、ハードウェア、プロセッサによって実行されるソフトウェアモジュール、またはこれらの組み合わせによって直接実現されてもよい。ソフトウェアモジュールは、従来知られているいかなる形態の記憶装置に置かれてもよい。使用可能な記憶装置のいくつかの例には、RAMメモリ、フラッシュメモリ、ROMメモリ、EPROMメモリ、EEPROMメモリ、レジスタ、ハードディスク、リムーバブルディスク、CD−ROMなどが含まれる。ソフトウェアモジュールは1つまたは多数の命令を含み、複数の異なるコードセグメント、異なるプログラム、複数の記憶装置として配布され得る。記憶装置の例としては、プロセッサが記憶装置へ情報の読み書きが可能であるように、当該プロセッサと連動する記憶装置であってよい。他の実施形態として、記憶媒体はプロセッサに集積されてもよい。
【0107】
本発明の通信方法によれば、ユーザ機器は、アップリンク送信許可信号によって割り当てられた物理アップリンク共有チャネルを通してアップリンクデータを送信し、アップリンク送信許可信号によって物理アップリンク共有チャネルが割り当てられたアップリンクコンポーネントキャリアと、同一のアップリンクコンポーネントキャリアにおいて、スケジュールドサウンディング参照信号を送信する。
【0108】
したがって、スケジュールドSRSを送信するためのULCCを示す付加的情報を追加する必要がなく、基地局は、より効率的なスケジューリングを行うことができる。
【0109】
本発明の通信方法によれば、ユーザ機器は、アップリンク送信許可信号によって割り当てられた物理アップリンク共有チャネルを通してアップリンクデータを、同一のサブフレームにおいて、スケジュールドサウンディング参照信号を送信する。
【0110】
したがって、ユーザ機器は、設定されたSRSサブフレームにおいて、基地局へスケジュールドSRSを送信することができ、基地局は、動的かつ即時に、スケジュールドSRSの送信を指示することができる。
【0111】
本発明の通信方法によれば、基地局は、サウンディング参照信号を送信するためのサブフレームの位置をユーザ機器に設定する。
【0112】
したがって、基地局はスケジュールドSRSの送信を柔軟に指示することができる。
【0113】
本発明の通信方法によれば、基地局は、スケジュールドサウンディング参照信号を送信するためのサブフレームの位置をユーザ機器に設定し、スケジュールドサウンディング参照信号を送信するサブフレームは、サウンディング参照信号を送信するためのサブフレームから選択される。
【0114】
したがって、セル内における複数のUEの干渉を回避できる。
【0115】
本発明の通信方法によれば、基地局は、スケジュールドサウンディング参照信号を送信するためのサブフレームの位置を、ユーザ機器に対してセル固有に設定するか、または、基地局は、スケジュールドサウンディング参照信号を送信するためのサブフレームの位置を、ユーザ機器に対してユーザ機器固有に設定する。したがって、基地局は、スケジュールドSRSの送信を柔軟に指示できる。
【0116】
本発明の通信方法によれば、後のサブフレームは、第1のサブフレームの後の、サウンディング参照信号を送信するための隣接するサブフレームであるか、あるいは、後のサブフレームは、第1のサブフレームの後の、スケジュールドサウンディング参照信号を送信するための隣接するサブフレームである。
【0117】
また、基地局の設定にしたがって、基地局が、スケジュールドSRSの送信を動的に指示し、セル内においてユーザ機器の干渉を回避することが可能である。
【0118】
本発明の通信方法によれば、基地局は、スケジュールドサウンディング参照信号を送信するためのサブフレームの位置を、ユーザ機器に設定する。
【0119】
本発明の通信方法によれば、基地局は、各アップリンクコンポーネントキャリアにおけるスケジュールドサウンディング参照信号を送信するためのそれぞれのサブフレームをユーザ機器に設定し、および/または、基地局は、各アップリンクコンポーネントキャリアにおけるサウンディング参照信号を送信するためのそれぞれのサブフレームを、ユーザ機器に設定する。
【0120】
したがって、PUSCHでの送信とスケジュールドSRSの送信との間での衝突を回避できるように、基地局はスケジューリングを行うことができ、セル内の干渉を減少させることができる。
【0121】
本発明の通信方法によれば、基地局は、ブロードキャストチャネルまたは無線リソース制御信号を用いて、スケジュールドサウンディング参照信号のためのリソースを、ユーザ機器に割り当てる。
【0122】
本発明の移動体通信システムは、以下のようにも表現できる。
【0123】
(1)移動局装置が、アップリンク送信許可信号によって割り当てられた物理アップリンク共有チャネルを用いてアップリンクデータを基地局装置に送信する、集約された複数のコンポーネントキャリアで構成される移動体通信システムであって、前記基地局装置は、サウンディング参照信号の送信を指示する第1の情報を含む前記アップリンク送信許可信号を前記移動局装置に送信し、前記第1の情報が前記アップリンク送信許可信号に含まれる場合、前記移動局装置は、前記アップリンク送信許可信号によって、前記物理アップリンク共有チャネルが割り当てられたアップリンクコンポーネントキャリアと同一のアップリンクコンポーネントキャリアにおいて、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする移動体通信システム。
【0124】
前記移動体通信システムにおいては、前記基地局装置は、前記アップリンク送信許可信号によって、前記物理アップリンク共有チャネルが割り当てられた前記アップリンクコンポーネントキャリアを示す第2の情報を含む前記アップリンク送信許可信号を前記移動局装置に送信する。
【0125】
(2)移動局装置が、アップリンク送信許可信号によって割り当てられた物理アップリンク共有チャネルを用いて、アップリンクデータを基地局装置に送信する移動体通信システムであって、前記基地局装置は、サウンディング参照信号の送信を指示する情報を含む前記アップリンク送信許可信号を前記移動局装置に送信し、前記情報が前記アップリンク送信許可信号に含まれる場合、前記移動局装置は、前記アップリンク送信許可信号によって割り当てられた前記物理アップリンク共有チャネルを用いて前記アップリンクデータを、同一のサブフレームにおいて、前記サウンディング参照信号を基地局装置に送信することを特徴とする移動体通信システム。
【0126】
(3)移動局装置が、アップリンク送信許可信号によって割り当てられた物理アップリンク共有チャネルを用いて、アップリンクデータを基地局装置に送信する移動体通信システムであって、前記基地局装置は、サウンディング参照信号の送信を指示する情報を含む前記アップリンク送信許可信号を前記移動局装置に送信し、前記情報が前記アップリンク送信許可信号に含まれる場合、前記移動局装置は、前記アップリンク送信許可信号によって割り当てられた前記物理アップリンク共有チャネルを用いて第1のサブフレームにおいて前記アップリンクデータを前記基地局に送信し、第2のサブフレームにおいて前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする移動体通信システム。
【0127】
前記移動体通信システムにおいては、前記基地局装置は、前記第2のサブフレームの位置を前記移動局装置に対してセル固有に設定する。
【0128】
前記移動体通信システムにおいては、前記基地局装置は、前記第2のサブフレームの位置を前記移動局装置に対してUE固有に設定する。
【0129】
前記移動体通信システムにおいては、ユーザ機器固有に設定された前記第2のサブフレームの位置は、セル固有に設定されたサブフレームに含まれる。
【0130】
前記移動体通信システムにおいては、前記基地局装置は、前記第2のサブフレームのそれぞれの位置を、コンポーネントキャリアごとに、前記移動局装置に設定する。
【0131】
前記移動体通信システムにおいては、前記基地局装置は、無線リソース制御信号を用いて、前記サウンディング参照信号を送信するためのリソースを移動局装置に割り当てる。
【0132】
(4)移動局装置が、アップリンク送信許可信号によって割り当てられた物理アップリンク共有チャネルを用いて、アップリンクデータを基地局装置に送信する移動体通信システムであって、前記基地局装置は、前記移動局装置がサウンディング参照信号を送信するためのサブフレームの位置を、移動局装置に対してセル固有に設定し、サウンディング参照信号の送信を指示する情報を含む前記アップリンク送信許可信号を前記移動局装置に送信し、前記移動局装置は、前記情報が前記アップリンク送信許可信号に含まれる場合、前記サブフレームにおいて、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする移動体通信システム。
【0133】
(5)移動局装置が、アップリンク送信許可信号によって割り当てられた物理アップリンク共有チャネルを用いて、アップリンクデータを基地局装置に送信する、集約された複数のコンポーネントキャリアで構成される移動体通信システムの移動局装置であって、サウンディング参照信号の送信を指示する第1の情報を含む前記アップリンク送信許可信号を前記基地局装置から受信する手段と、前記第1の情報が前記アップリンク送信許可信号に含まれる場合、前記物理アップリンク共有チャネル割り当てられた前記アップリンクコンポーネントキャリアと同一のアップリンクコンポーネントキャリアにおいて、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信する手段とを備えることを特徴とする移動局装置。
【0134】
前記移動局装置は、前記アップリンク送信許可信号によって、前記物理アップリンク共有チャネルが割り当てられた前記アップリンクコンポーネントキャリアを示す前記第2の情報を含む、前記アップリンク送信許可信号を前記基地局装置から受信する手段を備えている。
【0135】
(6)移動局装置が、アップリンク送信許可信号によって割り当てられた物理アップリンク共有チャネルを用いて、アップリンクデータを基地局装置に送信する移動体通信システムの移動局装置であって、サウンディング参照信号の送信を指示する情報を含む前記アップリンク送信許可信号を前記基地局装置から受信する手段と、前記情報が前記アップリンク送信許可信号に含まれる場合、前記アップリンク送信許可信号よって割り当てられた前記物理アップリンク共有チャネルを用いて前記アップリンクデータを、同一のサブフレームにおいて、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信する手段とを備えることを特徴とする移動局装置。
【0136】
(7)移動局装置が、アップリンク送信許可信号によって割り当てられた物理アップリンク共有チャネルを用いて、アップリンクデータを基地局装置に送信する移動体通信システムの移動局装置であって、サウンディング参照信号の送信を指示する情報を含む前記アップリンク送信許可信号を前記基地局装置から受信する手段と、前記情報が前記アップリンク送信許可信号に含まれる場合、前記アップリンク送信許可信号によって割り当てられた前記物理アップリンク共有チャネルを用いて第1のサブフレームにおいて前記アップリンクデータを前記基地局装置へ送信する手段と、第2のサブフレームにおいて前記サウンディング参照信号を前記基地局装置へ送信する手段とを備えることを特徴とする移動局装置。
【0137】
前記基地局装置は、前記第2のサブフレームの位置を前記移動局装置に対してセル固有に設定する。
【0138】
前記基地局装置は、前記第2のサブフレームの位置を前記移動局装置に対してユーザ機器固有に設定する。
【0139】
ユーザ機器固有に設定された前記第2のサブフレームの位置は、セル固有に設定されたサブフレームに含まれる。
【0140】
前記基地局装置は、前記第2のサブフレームのそれぞれの位置を、コンポーネントキャリアごとに、前記移動局装置に対して設定する。
【0141】
前記移動局装置は、前記サウンディング参照信号を送信するためのリソースを割り当てる無線リソース制御信号を、前記基地局装置から受信する手段を備えている。
【0142】
(8)移動局装置が、アップリンク送信許可信号によって割り当てられた物理アップリンク共有チャネルを用いて、アップリンクデータを基地局装置に送信する、集約された複数のコンポーネントキャリアで構成された移動体通信システムの移動局装置であって、サウンディング参照信号を送信するためのサブフレームの位置を前記基地局装置からセル固有に設定される手段と、サウンディング参照信号の送信を指示する情報を含む前記アップリンク送信許可信号を前記基地局装置から受信する手段と、前記情報が前記アップリンク送信許可信号に含まれる場合、前記サブフレームにおいて、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信する手段とを備えることを特徴とする移動局装置。
【0143】
本発明のいくつかの実施形態は、サウンディング参照信号を送信するための通信方法を開示する。当該方法は、基地局からスケジュールドサウンディング参照信号の送信を指示する情報を含むアップリンク送信許可信号を受信した後、ユーザ機器によって、アップリンクデータと前記スケジュールドサウンディング参照信号とを、同一のサブフレームにおいて送信し、または、前記アップリンクデータを第1のサブフレームにおいて、前記スケジュールドサウンディング参照信号を後のサブフレームにおいて送信する。
【0144】
本発明のいくつかの実施形態は通信方法を開示する。ここで、当該通信方法は、前記ユーザ機器が、前記アップリンク送信許可信号によって割り当てられた物理アップリンク共有チャネルを通して前記アップリンクデータを送信し、前記アップリンク送信許可信号によって、前記物理アップリンク共有チャネルが割り当てられたアップリンクコンポーネントキャリアと同一のアップリンクコンポーネントキャリアにおいて、前記スケジュールドサウンディング参照信号を送信する。
【0145】
本発明のいくつかの実施形態は通信方法を開示する。ここで、当該通信方法は、前記ユーザ機器が、前記アップリンク送信許可信号によって割り当てられた物理アップリンク共有チャネルを通して前記アップリンクデータを、同一のサブフレームにおいて、前記スケジュールドサウンディング参照信号を送信する。
【0146】
本発明のいくつかの実施形態は通信方法を開示する。ここで、当該通信方法は、前記基地局が、サウンディング参照信号を送信するためのサブフレームの位置を前記ユーザ機器に設定する。
【0147】
本発明のいくつかの実施形態は通信方法を開示する。ここで、当該通信方法は、前記基地局が、前記スケジュールドサウンディング参照信号を送信するためのサブフレームの位置を前記ユーザ機器に設定する。
【0148】
本発明のいくつかの実施形態は通信方法を開示する。ここで、当該通信方法は、前記スケジュールドサウンディング参照信号を送信するためのサブフレームは、前記サウンディング参照信号を送信するためのサブフレームから選択される。
【0149】
本発明のいくつかの実施形態は通信方法を開示する。ここで、当該通信方法は、前記基地局が、前記スケジュールドサウンディング参照信号を送信するためのサブフレームの位置を、前記ユーザ機器に対してセル固有に設定する。
【0150】
本発明のいくつかの実施形態は通信方法を開示する。ここで、当該通信方法は、前記基地局が、前記スケジュールドサウンディング参照信号を送信するためのサブフレームの位置を、前記ユーザ機器に対して当該ユーザ機器固有に設定する。
【0151】
本発明のいくつかの実施形態は通信方法を開示する。ここで、当該通信方法は、後のサブフレームは、前記第1のサブフレームの後の、前記サウンディング参照信号を送信するための隣接するサブフレームである。
【0152】
本発明のいくつかの実施形態は通信方法を開示する。ここで、当該通信方法は、後のサブフレームは、前記第1のサブフレームの後の、前記スケジュールドサウンディング参照信号を送信するための隣接するサブフレームである。
【0153】
本発明のいくつかの実施形態は通信方法を開示する。ここで、当該通信方法は、前記基地局が、前記スケジュールドサウンディング参照信号を送信するためのサブフレームの位置を前記ユーザ機器に設定する。
【0154】
本発明のいくつかの実施形態は通信方法を開示する。ここで、当該通信方法は、前記基地局が、各アップリンクコンポーネントキャリアにおいてスケジュールドサウンディング参照信号を送信するためのそれぞれのサブフレームを前記ユーザ機器に設定する。
【0155】
本発明のいくつかの実施形態は通信方法を開示する。ここで、当該通信方法は、前記基地局が、各アップリンクコンポーネントキャリアにおいてサウンディング参照信号を送信するためのそれぞれのサブフレームを前記ユーザ機器に設定する。
【0156】
本発明のいくつかの実施形態は通信方法を開示する。ここで、当該通信方法は、前記基地局が、ブロードキャストチャネルまたは無線リソース制御信号を用いて、前記スケジュールドサウンディング参照信号のためのリソースをユーザ機器に割り当てる。
【0157】
本発明のいくつかの実施形態は、サウンディング参照信号の送信に対するユーザ機器を開示する。当該ユーザ機器は、スケジュールドサウンディング参照信号の送信を指示する情報を含むアップリンク送信許可信号を受信する手段と、スケジュールドサウンディング参照信号の送信を指示する前記情報を受信した後、前記スケジュールドサウンディング参照信号を生成する手段と、同一のサブフレームにおいて、アップリンクデータと前記スケジュールドサウンディング参照信号とを送信するか、または、前記アップリンクデータを第1のサブフレームにおいて送信し、前記スケジュールドサウンディング参照信号を後のサブフレームにおいて送信する手段とを備えている。
【0158】
本発明のいくつかの実施形態は、サウンディング参照信号の送信に対する基地局を開示する。当該基地局は、スケジュールドサウンディング参照信号の送信を指示する情報を含むアップリンク送信許可信号を送信する手段と、アップリンクデータと前記スケジュールドサウンディング参照信号とをユーザ機器から受信する手段とを備え、前記ユーザ機器は、同一のサブフレームにおいて、前記アップリンクデータと前記スケジュールドサウンディング参照信号とを送信するか、または、前記アップリンクデータを第1のサブフレームにおいて送信し、前記スケジュールドサウンディング参照信号を後のサブフレームにおいて送信する。
【0159】
本発明のいくつかの実施形態は、サウンディング参照信号の送信に対する移動体通信システムを開示する。当該システムは、スケジュールドサウンディング参照信号の送信を指示する情報を含むアップリンク送信許可信号を送信する基地局と、同一のフレームにおいて、アップリンクデータと前記スケジュールドサウンディング参照信号とを送信するか、または、前記アップリンクデータを第1のサブフレームにおいて送信し、前記スケジュールドサウンディング参照信号を後のサブフレームにおいて送信するユーザ機器とを含む。
【0160】
本発明のいくつかの実施形態は、サウンディング参照信号の送信に対するユーザ機器に搭載される集積回路を開示する。当該集積回路は、スケジュールドサウンディング参照信号の送信を指示する情報を含むアップリンク送信許可信号を受信する論理素子と、スケジュールドサウンディング参照信号の送信を指示する前記情報を受信した後、前記スケジュールドサウンディング参照信号を生成する論理素子と、同一のサブフレームにおいて、アップリンクデータと前記スケジュールドサウンディング参照信号とを送信するか、または、前記アップリンクデータを第1のサブフレームにおいて送信し、前記スケジュールドサウンディング参照信号を後のサブフレームにおいて送信する論理素子とを備えている。
【0161】
本発明のいくつかの実施形態は、サウンディング参照信号の送信に対する基地局に搭載される集積回路を開示する。当該集積回路は、スケジュールドサウンディング参照信号の送信を指示する情報を含むアップリンク送信許可信号を送信する論理素子と、アップリンクデータと前記スケジュールドサウンディング参照信号とをユーザ機器から受信する論理素子とを備え、前記ユーザ機器は、同一のサブフレームにおいて、前記アップリンクデータと前記スケジュールドサウンディング参照信号とを送信するか、または、前記アップリンクデータを第1のサブフレームにおいて送信し、前記スケジュールドサウンディング参照信号を後のサブフレームにおいて送信する。
【0162】
ここで開示された各方法は、以上で述べた方法を達成するための1つまたは複数のステップまたはアクションからなる。当該方法のステップかつ/またはアクションは、本願クレームの技術的範囲から外れることなく、他の1つに置換可能である。言い換えれば、ステップまたはアクションの特定の順序は、これまで述べてきた実施形態の適切な動作に必要であるが、特定のステップかつ/またはアクションの当該順序および/または使用は、当該クレームの技術的範囲から外れることなく変形可能である。
【0163】
本発明の特定の実施形態および適用先を示し、説明してきたが、本願発明は、ここで述べた厳密な当該構成および要素に限定されないことが理解される。当業者にとって明らかな種々の改変、変更、および変形は、配置、動作、およびここで開示される本発明の方法およびシステムの詳細において、本発明の思想および範囲から外れることなく行われてもよい。
〔まとめ〕
本発明の一態様に係るユーザ機器は、
(1)物理アップリンク共有チャネルが、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて基地局装置によってスケジューリングされるユーザ機器であって、
(2)前記ダウンリンク制御情報フォーマットに含まれるサウンディング参照信号の送信に関するサブフレームの位置を設定するための第1の情報と、前記サウンディング参照信号の送信に関するサイクリックシフトを設定するための第2の情報とを含む無線リソース制御シグナリングを、前記基地局装置から受信し、
(3)サブフレームnにおいて、前記サウンディング参照信号の送信を要求することを指示する第3の情報を、前記基地局装置から受信した場合、前記第1の情報に基づいて設定され、且つn’≧n+4を満たす最初のサブフレームn’において、前記第2の情報に基づいて設定された前記サウンディング参照信号を、前記基地局装置に送信する。
【0164】
本発明の一態様に係るユーザ機器では、
(1)前記第2の情報は、前記サウンディング参照信号のシーケンスの生成に使用されてよい。
【0165】
本発明の一態様に係る基地局装置は、
(1)物理アップリンク共有チャネルを、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いてユーザ機器にスケジューリングする基地局装置であって、
(2)前記ダウンリンク制御情報フォーマットに含まれるサウンディング参照信号の送信に関するサブフレームの位置を設定するための第1の情報と、前記サウンディング参照信号の送信に関するサイクリックシフトを設定するための第2の情報とを含む無線リソース制御シグナリングを、前記ユーザ機器に送信し、
(3)サブフレームnにおいて、前記サウンディング参照信号の送信を要求することを指示する第3の情報が前記ユーザ機器によって受信された場合、前記第1の情報に基づいて設定され、且つn’≧n+4を満たす最初のサブフレームn’において、前記第2の情報に基づいて設定された前記サウンディング参照信号を、前記ユーザ機器から受信する。
【0166】
本発明の一態様に係る基地局装置では、
(1)前記第2の情報は、前記サウンディング参照信号のシーケンスの生成に使用されてよい。
【0167】
本発明の一態様に係るユーザ機器の通信方法は、
(1)物理アップリンク共有チャネルが、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて基地局装置によってスケジューリングされるユーザ機器の通信方法であって、
(2)前記ダウンリンク制御情報フォーマットに含まれるサウンディング参照信号の送信に関するサブフレームの位置を設定するための第1の情報と、前記サウンディング参照信号の送信に関するサイクリックシフトを設定するための第2の情報とを含む無線リソース制御シグナリングを、前記基地局装置から受信し、
(3)サブフレームnにおいて、前記サウンディング参照信号の送信を要求することを指示する第3の情報を、前記基地局装置から受信した場合、前記第1の情報に基づいて設定され、且つn’≧n+4を満たす最初のサブフレームn’において、前記第2の情報に基づいて設定された前記サウンディング参照信号を、前記基地局装置に送信する。
【0168】
本発明の一態様に係るユーザ機器の通信方法では、
(1)前記第2の情報は、前記サウンディング参照信号のシーケンスの生成に使用されてよい。
【0169】
本発明の一態様に係る基地局装置の通信方法は、
(1)物理アップリンク共有チャネルを、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いてユーザ機器にスケジューリングする基地局装置の通信方法であって、
(2)前記ダウンリンク制御情報フォーマットに含まれるサウンディング参照信号の送信に関するサブフレームの位置を設定するための第1の情報と、前記サウンディング参照信号の送信に関するサイクリックシフトを設定するための第2の情報とを含む無線リソース制御シグナリングを、前記ユーザ機器に送信し、
(3)サブフレームnにおいて、前記サウンディング参照信号の送信を要求することを指示する第3の情報が前記ユーザ機器によって受信された場合、前記第1の情報に基づいて設定され、且つn’≧n+4を満たす最初のサブフレームn’において、前記第2の情報に基づいて設定された前記サウンディング参照信号を、前記ユーザ機器から受信する。
【0170】
本発明の一態様に係る基地局装置の通信方法は、
(1)前記第2の情報は、前記サウンディング参照信号のシーケンスの生成に使用されてよい。
【0171】
〔付記事項1〕
本発明の第1の態様によれば、基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおけるユーザ機器の通信方法が開示される。当該通信方法は、サウンディング参照信号の送信を指示する第1の情報と、前記ダウンリンク制御情報フォーマットによって、前記物理アップリンク共有チャネルがスケジューリングされる前記アップリンクコンポーネントキャリアを示す第2の情報とを含む、前記ダウンリンク制御情報フォーマットを前記基地局装置から受信し、前記第1の情報を検出した場合、前記第2の情報によって示される前記アップリンクコンポーネントキャリアにおいて前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする。
【0172】
また、本発明の第2の態様によれば、基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおけるユーザ機器の通信方法が開示される。当該通信方法は、サウンディング参照信号の送信を指示する第1の情報と、前記ダウンリンク制御情報フォーマットによって、前記物理アップリンク共有チャネルがスケジューリングされる前記アップリンクコンポーネントキャリアを示す第2の情報とを含む、前記ダウンリンク制御情報フォーマットを前記基地局装置から受信し、前記第2の情報によって示される前記アップリンクコンポーネントキャリアにおいて前記物理アップリンク共有チャネルでアップリンクデータを、前記第1の情報を検出した場合、前記第2の情報によって示される前記アップリンクコンポーネントキャリアにおいて前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする。
【0173】
また、本発明の第3の態様によれば、基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおけるユーザ機器の通信方法が開示される。当該通信方法は、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定する第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、前記基地局装置から受信し、サウンディング参照信号の送信を指示する第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記基地局装置から受信し、前記第2の情報を検出した後の前記第1のユーザ機器固有に設定されたサブフレームにおいて、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする。
【0174】
また、本発明の第4の態様によれば、基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおけるユーザ機器の通信方法が開示される。当該通信方法は、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定する第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、前記基地局装置から受信し、サウンディング参照信号の送信を指示する第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記基地局装置から受信し、前記第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットによってスケジューリングされた前記物理アップリンク共有チャネルでアップリンクデータを前記基地局装置に送信し、前記第2の情報を検出した後の前記第1のユーザ機器固有に設定されたサブフレームにおいて、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする。
【0175】
また、本発明の第5の態様によれば、基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおけるユーザ機器の通信方法が開示される。当該通信方法は、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定する第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、前記基地局装置から受信し、サウンディング参照信号の送信を指示する第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記基地局装置から受信し、サブフレームnにおいて前記第2の情報を検出した後の前記第1のユーザ機器固有に設定された、n’≧n+4を満たすサブフレームn’において、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする。
【0176】
また、本発明の第6の態様によれば、基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおけるユーザ機器の通信方法が開示される。当該通信方法は、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定する第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、前記基地局装置から受信し、サウンディング参照信号の送信を指示する第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記基地局装置から受信し、サブフレームnにおいて前記ダウンリンク制御情報フォーマットを検出した後のサブフレームn+4において、前記第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットによってスケジューリングされた前記物理アップリンク共有チャネルでアップリンクデータを前記基地局装置に送信し、サブフレームnにおいて前記第2の情報を検出した後の前記第1のユーザ機器固有に設定された、n’≧n+4を満たすサブフレームn’において、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする。
【0177】
また、本発明の第7の態様によれば、基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおける前記基地局装置の通信方法が開示される。当該通信方法は、サウンディング参照信号の送信を指示する第1の情報と、前記ダウンリンク制御情報フォーマットによって、前記物理アップリンク共有チャネルがスケジューリングされる前記アップリンクコンポーネントキャリアを示す第2の情報とを含む、前記ダウンリンク制御情報フォーマットをユーザ機器に送信し、前記第1の情報が前記ユーザ機器によって検出された場合、前記第2の情報によって示される前記アップリンクコンポーネントキャリアにおいて前記サウンディング参照信号を前記ユーザ機器から受信することを特徴とする。
【0178】
また、本発明の第8の態様によれば、基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおける前記基地局装置の通信方法が開示される。当該通信方法は、サウンディング参照信号の送信を指示する第1の情報と、前記ダウンリンク制御情報フォーマットによって、前記物理アップリンク共有チャネルがスケジューリングされる前記アップリンクコンポーネントキャリアを示す第2の情報とを含む、前記ダウンリンク制御情報フォーマットをユーザ機器に送信し、前記第2の情報によって示される前記アップリンクコンポーネントキャリアにおいて前記物理アップリンク共有チャネルでアップリンクデータを、前記第1の情報が前記ユーザ機器によって検出された場合、前記第2の情報によって示される前記アップリンクコンポーネントキャリアにおいて前記サウンディング参照信号を前記ユーザ機器から受信することを特徴とする。
【0179】
また、本発明の第9の態様によれば、基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおける前記基地局装置の通信方法が開示される。当該通信方法は、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定する第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、ユーザ機器に送信し、サウンディング参照信号の送信を指示する第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記ユーザ機器に送信し、前記第2の情報が前記ユーザ機器によって検出された後の前記第1のユーザ機器固有に設定されたサブフレームにおいて、前記サウンディング参照信号を前記ユーザ機器から受信することを特徴とする。
【0180】
また、本発明の第10の態様によれば、基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおける前記基地局装置の通信方法が開示される。当該通信方法は、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定する第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、ユーザ機器に送信し、サウンディング参照信号の送信を指示する第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記ユーザ機器に送信し、前記第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットによってスケジューリングされた前記物理アップリンク共有チャネルでアップリンクデータを前記ユーザ機器から受信し、前記第2の情報が前記ユーザ機器によって検出された後の前記第1のユーザ機器固有に設定されたサブフレームにおいて、前記サウンディング参照信号を前記ユーザ機器から受信することを特徴とする。
【0181】
また、本発明の第11の態様によれば、基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおける前記基地局装置の通信方法が開示される。当該通信方法は、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定する第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、ユーザ機器に送信し、サウンディング参照信号の送信を指示する第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記ユーザ機器に送信し、サブフレームnにおいて前記第2の情報が前記ユーザ機器によって検出された後の前記第1のユーザ機器固有に設定された、n’≧n+4を満たすサブフレームn’において、前記サウンディング参照信号を前記ユーザ機器から受信することを特徴とする。
【0182】
また、本発明の第12の態様によれば、基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおける前記基地局装置の通信方法が開示される。当該通信方法は、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定する第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、ユーザ機器に送信し、サウンディング参照信号の送信を指示する第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記ユーザ機器に送信し、サブフレームnにおいて前記ダウンリンク制御情報フォーマットが前記ユーザ機器によって検出された後のサブフレームn+4において、前記第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットによってスケジューリングされる前記物理アップリンク共有チャネルでアップリンクデータを前記ユーザ機器から受信し、サブフレームnにおいて前記第2の情報が前記ユーザ機器によって検出された後の前記第1のユーザ機器固有に設定された、n’≧n+4を満たすサブフレームn’において、前記サウンディング参照信号を前記ユーザ機器から受信することを特徴とする。
【0183】
また、本発明の第13の態様によれば、基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおけるユーザ機器に搭載される集積回路が開示される。当該集積回路は、サウンディング参照信号の送信を指示する第1の情報と、前記ダウンリンク制御情報フォーマットによって、前記物理アップリンク共有チャネルがスケジューリングされる前記アップリンクコンポーネントキャリアを示す第2の情報とを含む、前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記基地局装置から受信する論理素子と、前記第1の情報を検出した場合、前記第2の情報によって示される前記アップリンクコンポーネントキャリアにおいて前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信する論理素子と、を備えることを特徴とする。
【0184】
また、本発明の第14の態様によれば、基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおけるユーザ機器に搭載される集積回路が開示される。当該集積回路は、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定する第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、前記基地局装置から受信する論理素子と、サウンディング参照信号の送信を指示する第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記基地局装置から受信する論理素子と、前記第2の情報を検出した後の前記第1のユーザ機器固有に設定されたサブフレームにおいて、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信する論理素子と、を備えることを特徴とする。
【0185】
また、本発明の第15の態様によれば、基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおけるユーザ機器に搭載される集積回路が開示される。当該集積回路は、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定する第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、前記基地局装置から受信する論理素子と、サウンディング参照信号の送信を指示する第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記基地局装置から受信する論理素子と、サブフレームnにおいて前記第2の情報を検出した後の前記第1のユーザ機器固有に設定された、n’≧n+4を満たすサブフレームn’において、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信する論理素子と、を備えることを特徴とする。
【0186】
また、本発明の第16の態様によれば、基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおける前記基地局装置に搭載される集積回路が開示される。当該集積回路は、サウンディング参照信号の送信を指示する第1の情報と、前記ダウンリンク制御情報フォーマットによって、前記物理アップリンク共有チャネルがスケジューリングされる前記アップリンクコンポーネントキャリアを示す第2の情報とを含む、前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、ユーザ機器に送信する論理素子と、前記第1の情報が前記ユーザ機器によって検出された場合、前記第2の情報によって示される前記アップリンクコンポーネントキャリアにおいて前記サウンディング参照信号を前記ユーザ機器から受信する論理素子と、を備えることを特徴とする。
【0187】
また、本発明の第17の態様によれば、基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおける前記基地局装置に搭載される集積回路が開示される。当該集積回路は、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定する第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、ユーザ機器に送信する論理素子と、サウンディング参照信号の送信を指示する第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記ユーザ機器に送信する論理素子と、前記第2の情報が前記ユーザ機器によって検出された後の前記第1のユーザ機器固有に設定されたサブフレームにおいて、前記サウンディング参照信号を前記ユーザ機器から受信する論理素子と、を備えることを特徴とする。
【0188】
また、本発明の第18の態様によれば、基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおける前記基地局装置に搭載される集積回路が開示される。当該集積回路は、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定する第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、ユーザ機器に送信する論理素子と、サウンディング参照信号の送信を指示する第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記ユーザ機器に送信する論理素子と、サブフレームnにおいて前記第2の情報が前記ユーザ機器によって検出された後の前記第1のユーザ機器固有に設定された、n’≧n+4を満たすサブフレームn’において、前記サウンディング参照信号を前記ユーザ機器から受信する論理素子と、を備えることを特徴とする。
【0189】
また、本発明の第19の態様によれば、基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムが開示される。当該移動体通信システムにおいて、前記基地局装置は、サウンディング参照信号の送信を指示する第1の情報と、前記ダウンリンク制御情報フォーマットによって、前記物理アップリンク共有チャネルがスケジューリングされる前記アップリンクコンポーネントキャリアを示す第2の情報とを含む、前記ダウンリンク制御情報フォーマットをユーザ機器に送信し、前記ユーザ機器は、前記第1の情報を検出した場合、前記第2の情報によって示される前記アップリンクコンポーネントキャリアにおいて前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする。
【0190】
また、本発明の第20の態様によれば、基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムが開示される。当該移動体通信システムにおいて、前記基地局装置は、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定する第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、ユーザ機器に送信し、サウンディング参照信号の送信を指示する第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記ユーザ機器に送信し、前記ユーザ機器は、前記第2の情報を検出した後の前記第1のユーザ機器固有に設定されたサブフレームにおいて、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする。
【0191】
また、本発明の第21の態様によれば、基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムが開示される。当該移動体通信システムにおいて、前記基地局装置は、サウンディング参照信号に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定する第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、ユーザ機器に送信し、サウンディング参照信号の送信を指示する第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記ユーザ機器に送信し、前記ユーザ機器は、サブフレームnにおいて前記第2の情報を検出した後の前記第1のユーザ機器固有に設定された、n’≧n+4を満たすサブフレームn’において、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする。
【0192】
〔付記事項2〕
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおけるユーザ機器の通信方法であって、サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第1の情報と、前記ダウンリンク制御情報フォーマットによって、前記物理アップリンク共有チャネルがスケジューリングされる前記アップリンクコンポーネントキャリアを示すために使用される第2の情報とを含む、前記ダウンリンク制御情報フォーマットを前記基地局装置から受信し、前記第1の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示された場合、前記第2の情報によって示される前記アップリンクコンポーネントキャリアにおいて前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする通信方法。
【0193】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおけるユーザ機器の通信方法であって、サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第1の情報と、前記ダウンリンク制御情報フォーマットによって、前記物理アップリンク共有チャネルがスケジューリングされる前記アップリンクコンポーネントキャリアを示すために使用される第2の情報とを含む、前記ダウンリンク制御情報フォーマットを前記基地局装置から受信し、前記第2の情報によって示される前記アップリンクコンポーネントキャリアにおいて前記物理アップリンク共有チャネルでアップリンクデータを前記基地局装置に送信し、前記第1の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示された場合、前記第2の情報によって示される前記アップリンクコンポーネントキャリアにおいて前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする通信方法。
【0194】
前記ダウンリンク制御情報フォーマットに含まれる前記第1の情報の検出に基づいて、前記サウンディング参照信号を送信することに加え、前記基地局装置によって無線リソース制御シグナリングを用いて設定されたパラメータに従って、サウンディング参照信号を前記基地局装置に周期的に送信することを特徴とする通信方法。
【0195】
前記周期的なサウンディング参照信号の送信と前記ダウンリンク制御情報フォーマットに含まれる前記第1の情報の検出に基づく前記サウンディング参照信号の送信とのそれぞれに対して、前記基地局装置によって独立して設定されるパラメータに従って、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする通信方法。
【0196】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおけるユーザ機器の通信方法であって、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定するために使用される第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、前記基地局装置から受信し、前記サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記基地局装置から受信し、前記第2の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示された後の、ユーザ機器固有に設定されたサブフレームにおいて、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする通信方法。
【0197】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおけるユーザ機器の通信方法であって、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定するために使用される第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、前記基地局装置から受信し、前記サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記基地局装置から受信し、前記第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットによってスケジューリングされた前記物理アップリンク共有チャネルでアップリンクデータを前記基地局装置に送信し、前記第2の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示された後の、ユーザ機器固有に設定されたサブフレームにおいて、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする通信方法。
【0198】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおけるユーザ機器の通信方法であって、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定するために使用される第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、前記基地局装置から受信し、前記サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記基地局装置から受信し、サブフレームnにおいて前記第2の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示された後の、ユーザ機器固有に設定され、且つn’≧n+4を満たす最初のサブフレームn’において、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする通信方法。
【0199】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおけるユーザ機器の通信方法であって、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定するために使用される第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、前記基地局装置から受信し、前記サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記基地局装置から受信し、サブフレームnにおいて前記ダウンリンク制御情報フォーマットを検出した後のサブフレームn+4において、前記第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットによってスケジューリングされた前記物理アップリンク共有チャネルでアップリンクデータを前記基地局装置に送信し、サブフレームnにおいて前記第2の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示された後の、ユーザ機器固有に設定され、且つn’≧n+4を満たす最初のサブフレームn’において、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする通信方法。
【0200】
前記サウンディング参照信号の送信に対する前記サブフレームの位置は、前記基地局装置によってセル固有に設定されたサブフレームの位置のサブセットであることを特徴とする通信方法。
【0201】
前記サウンディング参照信号の送信に対する前記サブフレームの位置は、アップリンクコンポーネントキャリアのそれぞれにおいて設定されることを特徴とする通信方法。
【0202】
前記第2の情報を含む最新の前記ダウンリンク制御情報フォーマットによって示される送信コームを用いて、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする通信方法。
【0203】
前記第2の情報を含む最新の前記ダウンリンク制御情報フォーマットによって示されるサイクリックシフトを用いて、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする通信方法。
【0204】
前記ダウンリンク制御情報フォーマットに含まれる前記第2の情報の検出に基づいて、前記サウンディング参照信号を送信することに加え、前記基地局装置によって前記無線リソース制御シグナリングを用いて設定されたパラメータに従って、サウンディング参照信号を前記基地局装置に周期的に送信することを特徴とする通信方法。
【0205】
前記周期的なサウンディング参照信号の送信と前記ダウンリンク制御情報フォーマットに含まれる前記第2の情報の検出に基づく前記サウンディング参照信号の送信とのそれぞれに対して、前記基地局装置によって独立して設定されるパラメータに従って、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする通信方法。
【0206】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおける前記基地局装置の通信方法であって、サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第1の情報と、前記ダウンリンク制御情報フォーマットによって、前記物理アップリンク共有チャネルがスケジューリングされる前記アップリンクコンポーネントキャリアを示すために使用される第2の情報とを含む、前記ダウンリンク制御情報フォーマットをユーザ機器に送信し、前記第1の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示された場合、前記第2の情報によって示される前記アップリンクコンポーネントキャリアにおいて前記サウンディング参照信号を前記ユーザ機器から受信することを特徴とする通信方法。
【0207】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおける前記基地局装置の通信方法であって、サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第1の情報と、前記ダウンリンク制御情報フォーマットによって、前記物理アップリンク共有チャネルがスケジューリングされる前記アップリンクコンポーネントキャリアを示すために使用される第2の情報とを含む、前記ダウンリンク制御情報フォーマットをユーザ機器に送信し、前記第2の情報によって示される前記アップリンクコンポーネントキャリアにおいて前記物理アップリンク共有チャネルでアップリンクデータを前記ユーザ機器から受信し、前記第1の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示された場合、前記第2の情報によって示される前記アップリンクコンポーネントキャリアにおいて前記サウンディング参照信号を前記ユーザ機器から受信することを特徴とする通信方法。
【0208】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおける前記基地局装置の通信方法であって、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定するために使用される第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、ユーザ機器に送信し、前記サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記ユーザ機器に送信し、前記第2の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示されたことを前記ユーザ機器によって検出された後の、ユーザ機器固有に設定したサブフレームにおいて、前記サウンディング参照信号を前記ユーザ機器から受信することを特徴とする通信方法。
【0209】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおける前記基地局装置の通信方法であって、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定するために使用される第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、ユーザ機器に送信し、前記サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記ユーザ機器に送信し、前記第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットによってスケジューリングされた前記物理アップリンク共有チャネルでアップリンクデータを前記ユーザ機器から受信し、前記第2の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示されたことを前記ユーザ機器によって検出された後の、ユーザ機器固有に設定したサブフレームにおいて、前記サウンディング参照信号を前記ユーザ機器から受信することを特徴とする通信方法。
【0210】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおける前記基地局装置の通信方法であって、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定するために使用される第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、ユーザ機器に送信し、前記サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記ユーザ機器に送信し、前記第2の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示されたことを、サブフレームnにおいて前記ユーザ機器によって検出された後の、ユーザ機器固有に設定し、且つn’≧n+4を満たす最初のサブフレームn’において、前記サウンディング参照信号を前記ユーザ機器から受信することを特徴とする通信方法。
【0211】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおける前記基地局装置の通信方法であって、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定するために使用される第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、ユーザ機器に送信し、前記サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記ユーザ機器に送信し、サブフレームnにおいて前記ダウンリンク制御情報フォーマットが前記ユーザ機器によって検出された後のサブフレームn+4において、前記第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットによってスケジューリングされる前記物理アップリンク共有チャネルでアップリンクデータを前記ユーザ機器から受信し、前記第2の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示されたことを、サブフレームnにおいて前記ユーザ機器によって検出された後の、ユーザ機器固有に設定し、且つn’≧n+4を満たす最初のサブフレームn’において、前記サウンディング参照信号を前記ユーザ機器から受信することを特徴とする通信方法。
【0212】
前記サウンディング参照信号の送信に対する前記サブフレームの位置は、前記ユーザ機器にセル固有に設定されたサブフレームの位置のサブセットとして、前記ユーザ機器固有に設定されることを特徴とする通信方法。
【0213】
前記サウンディング参照信号の送信に対する前記サブフレームの位置は、アップリンクコンポーネントキャリアのそれぞれにおいて、ユーザ機器固有に設定されることを特徴とする通信方法。
【0214】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおけるユーザ機器に搭載される集積回路であって、サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第1の情報と、前記ダウンリンク制御情報フォーマットによって、前記物理アップリンク共有チャネルがスケジューリングされる前記アップリンクコンポーネントキャリアを示すために使用される第2の情報とを含む、前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記基地局装置から受信する論理素子と、前記第1の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示された場合、前記第2の情報によって示される前記アップリンクコンポーネントキャリアにおいて前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信する論理素子と、を備えることを特徴とする集積回路。
【0215】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおけるユーザ機器に搭載される集積回路であって、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定するために使用される第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、前記基地局装置から受信する論理素子と、前記サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記基地局装置から受信する論理素子と、前記第2の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示された後の、ユーザ機器固有に設定されたサブフレームにおいて、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信する論理素子と、を備えることを特徴とする集積回路。
【0216】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおけるユーザ機器に搭載される集積回路であって、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定するために使用される第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、前記基地局装置から受信する論理素子と、前記サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記基地局装置から受信する論理素子と、サブフレームnにおいて前記第2の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示された後の、ユーザ機器固有に設定され、且つn’≧n+4を満たす最初のサブフレームn’において、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信する論理素子と、を備えることを特徴とする集積回路。
【0217】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおける前記基地局装置に搭載される集積回路であって、サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第1の情報と、前記ダウンリンク制御情報フォーマットによって、前記物理アップリンク共有チャネルがスケジューリングされる前記アップリンクコンポーネントキャリアを示すために使用される第2の情報とを含む、前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、ユーザ機器に送信する論理素子と、前記第1の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示された場合、前記第2の情報によって示される前記アップリンクコンポーネントキャリアにおいて前記サウンディング参照信号を前記ユーザ機器から受信する論理素子と、を備えることを特徴とする集積回路。
【0218】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおける前記基地局装置に搭載される集積回路であって、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定するために使用される第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、ユーザ機器に送信する論理素子と、前記サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記ユーザ機器に送信する論理素子と、前記第2の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示されたことを前記ユーザ機器によって検出された後の、ユーザ機器固有に設定したサブフレームにおいて、前記サウンディング参照信号を前記ユーザ機器から受信する論理素子と、を備えることを特徴とする集積回路。
【0219】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおける前記基地局装置に搭載される集積回路であって、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定するために使用される第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、ユーザ機器に送信する論理素子と、前記サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記ユーザ機器に送信する論理素子と、前記第2の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示されたことを、サブフレームnにおいて前記ユーザ機器によって検出された後の、ユーザ機器固有に設定し、且つn’≧n+4を満たす最初のサブフレームn’において、前記サウンディング参照信号を前記ユーザ機器から受信する論理素子と、を備えることを特徴とする集積回路。
【0220】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムであって、前記基地局装置は、サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第1の情報と、前記ダウンリンク制御情報フォーマットによって、前記物理アップリンク共有チャネルがスケジューリングされる前記アップリンクコンポーネントキャリアを示すために使用される第2の情報とを含む、前記ダウンリンク制御情報フォーマットをユーザ機器に送信し、前記ユーザ機器は、前記第1の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示された場合、前記第2の情報によって示される前記アップリンクコンポーネントキャリアにおいて前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする移動体通信システム。
【0221】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムであって、前記基地局装置は、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定するために使用される第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、ユーザ機器に送信し、前記サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記ユーザ機器に送信し、前記ユーザ機器は、前記第2の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示された後の、ユーザ機器固有に設定されたサブフレームにおいて、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする移動体通信システム。
【0222】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムであって、前記基地局装置は、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定するために使用される第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、ユーザ機器に送信し、前記サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記ユーザ機器に送信し、前記ユーザ機器は、サブフレームnにおいて前記第2の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示された後の、ユーザ機器固有に設定され、且つn’≧n+4を満たす最初のサブフレームn’において、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とする移動体通信システム。
【0223】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおけるユーザ機器であって、サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第1の情報と、前記ダウンリンク制御情報フォーマットによって、前記物理アップリンク共有チャネルがスケジューリングされる前記アップリンクコンポーネントキャリアを示すために使用される第2の情報とを含む、前記ダウンリンク制御情報フォーマットを前記基地局装置から受信し、前記第1の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示された場合、前記第2の情報によって示される前記アップリンクコンポーネントキャリアにおいて前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とするユーザ機器。
【0224】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおけるユーザ機器であって、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定するために使用される第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、前記基地局装置から受信し、前記サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記基地局装置から受信し、サブフレームnにおいて前記第2の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示された後の、ユーザ機器固有に設定され、且つn’≧n+4を満たす最初のサブフレームn’において、前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とするユーザ機器。
【0225】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおける前記基地局装置であって、サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第1の情報と、前記ダウンリンク制御情報フォーマットによって、前記物理アップリンク共有チャネルがスケジューリングされる前記アップリンクコンポーネントキャリアを示すために使用される第2の情報とを含む、前記ダウンリンク制御情報フォーマットをユーザ機器に送信し、前記第1の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示された場合、前記第2の情報によって示される前記アップリンクコンポーネントキャリアにおいて前記サウンディング参照信号を前記ユーザ機器から受信することを特徴とする基地局装置。
【0226】
基地局装置が、ダウンリンク制御情報フォーマットを用いて、アップリンクコンポーネントキャリアにおける物理アップリンク共有チャネルをスケジューリングする移動体通信システムにおける前記基地局装置であって、サウンディング参照信号の送信に対するサブフレームの位置を、ユーザ機器固有に設定するために使用される第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、ユーザ機器に送信し、前記サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第2の情報を含む前記ダウンリンク制御情報フォーマットを、前記ユーザ機器に送信し、前記第2の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示されたことを、サブフレームnにおいて前記ユーザ機器によって検出された後の、ユーザ機器固有に設定し、且つn’≧n+4を満たす最初のサブフレームn’において、前記サウンディング参照信号を前記ユーザ機器から受信することを特徴とする基地局装置。
【0227】
複数のアップリンクコンポーネントキャリアを用いて基地局装置と通信を行うユーザ機器であって、サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第1の情報と、物理アップリンク共用チャネルがスケジュールされたアップリンクコンポーネントキャリアを示すために使用される第2の情報とを含むダウンリンク制御情報フォーマットを前記基地局装置から受信し、前記第1の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示された場合、前記第2の情報によって示される前記アップリンクコンポーネントキャリアにおいて前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とするユーザ機器。
【0228】
基地局装置と通信を行うユーザ機器であって、サウンディング参照信号を送信することが可能なサブフレームの位置をユーザ機器固有に設定するために使用される第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、前記基地局装置から受信し、前記サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第2の情報を含むダウンリンク制御情報フォーマットを、前記基地局装置から受信し、サブフレームnにおいて前記第2の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示された場合、前記第1の情報を使用して設定されたサブフレームであり、n’≧n+4を満たす最初のサブフレームn’において前記サウンディング参照信号を前記基地局装置に送信することを特徴とするユーザ機器。
【0229】
複数のアップリンクコンポーネントキャリアを用いてユーザ機器と通信を行う基地局装置であって、サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第1の情報と、物理アップリンク共用チャネルがスケジュールされたアップリンクコンポーネントキャリアを示すために使用される第2の情報とを含むダウンリンク制御情報フォーマットを前記ユーザ機器に送信し、前記第1の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示された場合、前記第2の情報によって示される前記アップリンクコンポーネントキャリアにおいて前記サウンディング参照信号を前記ユーザ機器から受信することを特徴とする基地局装置。
【0230】
ユーザ機器と通信を行う基地局装置であって、サウンディング参照信号を送信することが可能なサブフレームの位置をユーザ機器固有に設定するために使用される第1の情報を含む無線リソース制御シグナリングを、前記ユーザ機器に送信し、前記サウンディング参照信号の送信を要求するか否かを指示するために使用される第2の情報を含むダウンリンク制御情報フォーマットを、前記ユーザ機器に送信し、前記第2の情報によって前記サウンディング参照信号の送信を要求することが指示されたことを、サブフレームnにおいて前記ユーザ機器によって検出された場合、前記第1の情報を使用して設定したサブフレームであり、n’≧n+4を満たす最初のサブフレームn’において前記サウンディング参照信号を前記ユーザ機器から受信することを特徴とする基地局装置。
【産業上の利用可能性】
【0231】
本発明は、第3世代(3G)、スーパー第3世代(S3G)、第4世代(4G)の携帯電話通信や、デジタルテレビ、無線ローカルエリアネットワーク(WLAN)、自己組織化ネットワーク(メッシュ、アドホック、センサーネットワーク;Mesh、Ad Hoc、Censor Network)、エレクトロニックホーム(e-home;electronic home)ネットワーク、無線広域エリアネットワーク(WWAN)などの、いかなるシステムにも適用可能である。
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9