特許第6834259号(P6834259)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 株式会社リコーの特許一覧
特許6834259画像投影システム、情報処理装置、画像投影方法及びプログラム
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B2)
(11)【特許番号】6834259
(24)【登録日】2021年2月8日
(45)【発行日】2021年2月24日
(54)【発明の名称】画像投影システム、情報処理装置、画像投影方法及びプログラム
(51)【国際特許分類】
   G09G 5/00 20060101AFI20210215BHJP
   G09G 5/36 20060101ALI20210215BHJP
   H04N 5/74 20060101ALI20210215BHJP
【FI】
   G09G5/00 510V
   G09G5/36 520P
   G09G5/00 510B
   G09G5/00 550B
   G09G5/00 555D
   H04N5/74 Z
【請求項の数】5
【全頁数】38
(21)【出願番号】特願2016-169183(P2016-169183)
(22)【出願日】2016年8月31日
(65)【公開番号】特開2018-36481(P2018-36481A)
(43)【公開日】2018年3月8日
【審査請求日】2019年7月3日
(73)【特許権者】
【識別番号】000006747
【氏名又は名称】株式会社リコー
(74)【代理人】
【識別番号】100107766
【弁理士】
【氏名又は名称】伊東 忠重
(74)【代理人】
【識別番号】100070150
【弁理士】
【氏名又は名称】伊東 忠彦
(72)【発明者】
【氏名】有賀 涼
(72)【発明者】
【氏名】中村 円亮
【審査官】 塚本 丈二
(56)【参考文献】
【文献】 特開2010−097491(JP,A)
【文献】 特開平09−116706(JP,A)
【文献】 特開2016−015551(JP,A)
【文献】 特開2016−090894(JP,A)
【文献】 特開2013−089105(JP,A)
【文献】 特開2000−098986(JP,A)
【文献】 特開2002−149102(JP,A)
【文献】 特開2013−076866(JP,A)
【文献】 特開2000−347576(JP,A)
【文献】 特開2008−090080(JP,A)
【文献】 特表2006−516333(JP,A)
【文献】 米国特許出願公開第2006/0248768(US,A1)
【文献】 韓国公開特許第2003−0022515(KR,A)
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
G09G 5/00−5/42
H04N 5/74
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
所定領域に含まれる複数の面の位置及び大きさに応じて、1の画像を分割することで、複数の分割画像を生成する分割手段と、
前記複数の面それぞれに対応する投影装置を介して、前記複数の分割画像を、前記複数の面に対応する投影面それぞれに投影するよう制御する制御手段と、を有し、
前記分割手段は、更に、
前記画像の属性情報と、前記複数の面のレイアウト情報とを用いて、前記複数の分割画像の生成に要する時間を算出する算出手段を有し、
前記制御手段は、更に、
予め設定された時間帯に、前記複数の分割画像を、複数の前記投影装置に送信する送信手段を有し、
前記算出手段は、
現在時刻に、前記複数の分割画像の生成に要する時間を加算することで、前記複数の分割画像の生成が完了する生成完了時刻を算出し、算出した該生成完了時刻と、前記予め設定された時間帯とに基づいて、前記送信手段による前記複数の分割画像の前記複数の投影装置への送信が完了する送信完了時刻を更に算出し、
前記予め設定された時間帯は、前記投影装置により投影が行われる時間帯を除く時間帯である、画像投影システム。
【請求項2】
前記複数の面のレイアウト情報には、前記面の数及び大きさが含まれることを特徴とする請求項1に記載の画像投影システム。
【請求項3】
所定領域に含まれる複数の面の位置及び大きさに応じて、1の画像を分割することで、複数の分割画像を生成する分割手段と、
前記複数の面それぞれに対応する投影装置を介して、前記複数の分割画像を、前記複数の面に対応する投影面それぞれに投影するよう制御する制御手段と、を有し、
前記分割手段は、更に、
前記画像の属性情報と、前記複数の面のレイアウト情報とを用いて、前記複数の分割画像の生成に要する時間を算出する算出手段を有し、
前記制御手段は、更に、
予め設定された時間帯に、前記複数の分割画像を、複数の前記投影装置に送信する送信手段を有し、
前記算出手段は、
現在時刻に、前記複数の分割画像の生成に要する時間を加算することで、前記複数の分割画像の生成が完了する生成完了時刻を算出し、算出した該生成完了時刻と、前記予め設定された時間帯とに基づいて、前記送信手段による前記複数の分割画像の前記複数の投影装置への送信が完了する送信完了時刻を更に算出し、
前記予め設定された時間帯は、前記投影装置により投影が行われる時間帯を除く時間帯である、
情報処理装置。
【請求項4】
所定領域に含まれる複数の面の位置及び大きさに応じて、1の画像を分割することで、複数の分割画像を生成する分割工程と、
前記複数の面それぞれに対応する投影装置を介して、前記複数の分割画像を、前記複数の面に対応する投影面それぞれに投影するよう制御する制御工程と、を有し、
前記分割工程は、更に、
前記画像の属性情報と、前記複数の面のレイアウト情報とを用いて、前記複数の分割画像の生成に要する時間を算出する算出工程を有し、
前記制御工程は、更に、
予め設定された時間帯に、前記複数の分割画像を、複数の前記投影装置に送信する送信工程を有し、
前記算出工程は、
現在時刻に、前記複数の分割画像の生成に要する時間を加算することで、前記複数の分割画像の生成が完了する生成完了時刻を算出し、算出した該生成完了時刻と、前記予め設定された時間帯とに基づいて、前記送信工程による前記複数の分割画像の前記複数の投影装置への送信が完了する送信完了時刻を更に算出し、
前記予め設定された時間帯は、前記投影装置により投影が行われる時間帯を除く時間帯である、
画像投影方法。
【請求項5】
所定領域に含まれる複数の面の位置及び大きさに応じて、1の画像を分割することで、複数の分割画像を生成する分割工程と、
前記複数の面それぞれに対応する投影装置を介して、前記複数の分割画像を、前記複数の面に対応する投影面それぞれに投影するよう制御する制御工程と、をコンピュータに実行させるためのプログラムであって、
前記分割工程は、更に、
前記画像の属性情報と、前記複数の面のレイアウト情報とを用いて、前記複数の分割画像の生成に要する時間を算出する算出工程を有し、
前記制御工程は、更に、
予め設定された時間帯に、前記複数の分割画像を、複数の前記投影装置に送信する送信工程を有し、
前記算出工程は、
現在時刻に、前記複数の分割画像の生成に要する時間を加算することで、前記複数の分割画像の生成が完了する生成完了時刻を算出し、算出した該生成完了時刻と、前記予め設定された時間帯とに基づいて、前記送信工程による前記複数の分割画像の前記複数の投影装置への送信が完了する送信完了時刻を更に算出し、
前記予め設定された時間帯は、前記投影装置により投影が行われる時間帯を除く時間帯である、
プログラム。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、画像投影システム、情報処理装置、画像投影方法及びプログラムに関する。
【背景技術】
【0002】
近年、プロジェクタなどの画像投影装置に動画像等のコンテンツを配信し、屋外や店頭、公共空間等に設置された大画面に、当該コンテンツを投影するデジタルサイネージが広く利用されている。デジタルサイネージの場合、時間や場所に適したコンテンツをリアルタイムに投影できるため、広告主にとっては高い広告効果が期待できる。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、上記のような画像投影装置を用いた大規模なデジタルサイネージの場合、投影対象として一定程度の大きさの平坦面が必要となる。このため、適用可能な場所に限りがあるといった問題がある。これに対して、例えば、建物の窓ガラス(光透過面)のような、所定領域に含まれる複数の面を組み合わせて利用することで、1つのデジタルサイネージを実現することができれば、デジタルサイネージの適用範囲を広げることができる。特に、窓ガラス数の多い中高層の建物に適用できれば、従来よりも大規模なデジタルサイネージが実現できる。
【0004】
ここで、複数の窓ガラスを利用してデジタルサイネージを実現する場合、各窓ガラスに対応して配置された画像投影装置に、それぞれの位置に応じた投影用動画像を投影する必要がある。このため、生成すべき投影用動画像の数は膨大となり、広告主からの依頼を受けてからデジタルサイネージが実際に開始可能となるまでには一定程度の期間を要する。
【0005】
一方で、広告効果を高めるためには、デジタルサイネージを適切なタイミングで開始させることが重要であり、そのためには開始可能な時期を精度よく算出することが求められる。
【0006】
本発明は、上記課題に鑑みてなされたものであり、複数の面を組み合わせたデジタルサイネージにおいて、投影用の画像の生成に要する時間を精度よく算出することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明の各実施形態に係る画像投影システムは、以下のような構成を有する。即ち、
所定領域に含まれる複数の面の位置及び大きさに応じて、1の画像を分割することで、複数の分割画像を生成する分割手段と、
前記複数の面それぞれに対応する投影装置を介して、前記複数の分割画像を、前記複数の面に対応する投影面それぞれに投影するよう制御する制御手段と、を有し、
前記分割手段は、更に、
前記画像の属性情報と、前記複数の面のレイアウト情報とを用いて、前記複数の分割画像の生成に要する時間を算出する算出手段を有することを特徴とする。
【発明の効果】
【0008】
本発明の各実施形態によれば、複数の面を組み合わせたデジタルサイネージにおいて、投影用の画像の生成に要する時間を精度よく算出することができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
図1】画像投影システムの適用例を示す図である。
図2】建物の各窓ガラスに対応する位置に配置された各サイネージ装置の動作を説明するための図である。
図3】画像投影システムのシステム構成の一例を示す図である。
図4】情報処理装置のハードウェア構成の一例を示す図である。
図5】サイネージ対象情報の一例を示す図である。
図6】画像情報の一例を示す図である。
図7】スケジュール情報の一例を示す図である。
図8】サイネージ処理の流れを示すフローチャートである。
図9】情報処理装置の校正部の機能構成を示す図である。
図10】第1の校正処理のシーケンス図である。
図11】第1の校正処理時に表示される情報処理装置の選択画面の一例を示す図である。
図12】第1の校正処理時に投影される校正パターン画像の一例を示す図である。
図13】第1の校正処理時に投影される校正パターン画像の他の一例を示す図である。
図14】第2の校正処理のシーケンス図である。
図15】第2の校正処理時に投影される白画像の一例を示す図である。
図16】情報処理装置の画像処理部の機能構成を示す図である。
図17】画像処理の具体例を示す図である。
図18】画像処理の流れを示す第1のフローチャートである。
図19】画像処理の流れを示す第2のフローチャートである。
図20】生成時間算出処理の流れを示す第1のフローチャートである。
図21】第1分割処理の流れを示すフローチャートである。
図22】第1分割処理の一例を示す図である。
図23】送信処理の流れを示すフローチャートである。
図24】情報処理装置のサイネージ制御部の機能構成を示す図である。
図25】サイネージ制御処理の流れを示すフローチャートである。
図26】生成時間算出処理の流れを示す第2のフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下、各実施形態の詳細について添付の図面を参照しながら説明する。なお、各実施形態に係る明細書及び図面の記載に際して、実質的に同一の機能構成を有する構成要素については、同一の符号を付することにより重複した説明を省く。
【0011】
[第1の実施形態]
<1.画像投影システムの適用例>
はじめに、第1の実施形態に係る画像投影システムの適用例について説明する。図1は、画像投影システムの適用例を示す図である。図1の例は、中層のビルである建物110の外面に取り付けられた複数の窓ガラス(光透過面)を組み合わせて利用することで、大規模なデジタルサイネージを実現した様子を示している。
【0012】
図1に示すように、建物110の道路側の外面には、複数の窓ガラス(窓ガラス群120)が取り付けられている(図1の例では、30枚の窓ガラス)。第1の実施形態に係る画像投影システムでは、建物110の外面に取り付けられた複数の窓ガラス(窓ガラス群120)それぞれに対して、内側から投影用動画像群130に含まれる各投影用動画像を投影する。
【0013】
これにより、第1の実施形態に係る画像投影システムによれば、窓ガラス30枚分の領域からなる、大規模なデジタルサイネージ(図1の例は、巨大なツリーが表示されたシーンを示している)を実現することができる。また、道路側の外面等のように比較的目立つ場所において、デジタルサイネージを実現することができる。つまり、広告効果の高いデジタルサイネージを実現することができる。
【0014】
また、第1の実施形態に係る画像投影システムによれば、従来のように、予め設置されている大画面や、窓ガラスのない建物の側壁面等を利用するデジタルサイネージと比較して、デジタルサイネージの適用可能な範囲を広げることができる。
【0015】
<2.サイネージ装置の動作>
次に、第1の実施形態に係る画像投影システムを構成する各サイネージ装置(本実施形態では、プロジェクタ(投影装置)、電動スクリーン(投影面)、電飾装置を指すものとする)の動作について説明する。
【0016】
図2は、建物の各窓ガラスに対応する位置に配置された各サイネージ装置の動作を説明するための図である。図2(A)の(a)〜(d)は、建物110の各窓ガラスの内側に配置された各サイネージ装置のうち、プロジェクタ及び電動スクリーンの動作を示している。
【0017】
図2(A)の(a)に示すように、建物110の各窓ガラスの内側には、プロジェクタが上下に配置されており、1枚の窓ガラスに対して、2台のプロジェクタ(上側プロジェクタ及び下側プロジェクタ)を用いて投影用動画像が投影される。これにより、窓ガラスのサイズが大きい場合でも適切な投影用動画像を投影することができる。
【0018】
また、図2(A)の(b)に示すように、建物110の各窓ガラスの内側には、電動スクリーンが配置されている。プロジェクタを用いて投影用動画像を投影するにあたっては、電動スクリーンをON状態にすることで光透過度を変化させ、各窓ガラスを半透明の状態にする。なお、電動スクリーン(投影面)は、窓ガラス(投影対象)とともに光透過面を形成する。
【0019】
図2(A)の(c)は、電動スクリーンをON状態にした後に、上側プロジェクタ及び下側プロジェクタのランプをON状態にした様子を示している。上側プロジェクタは、窓ガラスの上側を投影範囲とし、下側プロジェクタは、窓ガラスの下側を投影範囲としている。なお、上側プロジェクタ及び下側プロジェクタは、それぞれ、投影範囲の一部が重複するように調整されている。つまり、本実施形態では、2台のプロジェクタにより、窓ガラスの大きさに応じた投影範囲への投影用動画像の投影を実現している。
【0020】
図2(A)の(d)は、上側プロジェクタ及び下側プロジェクタにより、投影用動画像が投影された様子を示している。本実施形態に係る画像投影システムでは、窓ガラス群120に含まれる各窓ガラスそれぞれに対応する各電動スクリーンそれぞれに投影用動画像が投影されることで、全体として、1つのデジタルサイネージを実現する。このため、各窓ガラスに対応する各電動スクリーンに対しては、元の動画像(広告主が提供する動画像)の一部の領域の動画像に基づいて生成された投影用動画像が上下に分割されて、2台のプロジェクタにより投影されることになる。
【0021】
なお、図2(B)に示すように、第1の実施形態に係る画像投影システムでは、投影用動画像群130の投影が終了した場合に、電飾装置群140(電飾装置140_1〜140_6)がON状態になり、かつ電動スクリーンがOFF状態になるように制御する。
【0022】
このように、第1の実施形態に係る画像投影システムでは、上側プロジェクタ、下側プロジェクタ、電動スクリーン及び電飾装置群140が互いに連動して動作する。
【0023】
<3.画像投影システムのシステム構成>
次に、第1の実施形態に係る画像投影システムのシステム構成について説明する。図3は、画像投影システムのシステム構成の一例を示す図である。図3に示すように、画像投影システム300は、プロジェクタ310_1a〜310_30b、外部メモリ320_1a〜320_30b、電動スクリーン330_1〜330_30、制御装置340、電飾装置140_1〜140_6を有する。また、画像投影システム300は、時刻サーバ360、情報処理装置370、撮像装置381、色彩輝度計382を有する。
【0024】
なお、プロジェクタ310_1a〜310_30b、制御装置340及び時刻サーバ360と、情報処理装置370とは、ネットワーク390を介して通信可能に接続されている。
【0025】
プロジェクタ310_1a〜310_30bは、建物110の外面の所定領域に含まれる窓ガラス群120それぞれの内側において、上下に配置される。上述したとおり、建物110の外面の所定領域には、30枚の窓ガラスが取り付けられているため、本実施形態では、60台のプロジェクタが配置される。
【0026】
プロジェクタ310_1a〜310_30bは、それぞれ、投影対象となる窓ガラスの大きさに応じた投影範囲に、投影用動画像が歪みなく投影されるよう、校正パターン画像を用いて第1の校正処理を実行する。また、プロジェクタ310_1a〜310_30bは、それぞれ、投影対象となる窓ガラスに対して、所定の色味で投影用動画像が投影されるよう、白画像を用いて第2の校正処理を実行する。
【0027】
また、プロジェクタ310_1a〜310_30bは、情報処理装置370からの投影開始指示に基づいて、外部メモリ320_1a〜320_30bにそれぞれ格納された投影用動画像の中から、指定された投影用動画像を読み出す。更に、プロジェクタ310_1a〜310_30bは、それぞれが読み出した投影用動画像を投影対象となる窓ガラスに対応する電動スクリーンに投影する。
【0028】
外部メモリ320_1a〜320_30bは、プロジェクタ310_1a〜310_30bそれぞれに接続される。外部メモリ320_1a〜320_30bは、プロジェクタ310_1a〜310_30bそれぞれにより投影される投影用動画像を格納する。なお、ここでいう外部メモリ320_1a〜320_30bには、例えば、USB(Universal Serial Bus)メモリ等が含まれる。
【0029】
電動スクリーン330_1〜330_30は、建物110の外面の所定領域に含まれる窓ガラス群120それぞれの内側に配置される。上述したとおり、建物110の外面の所定領域には、30枚の窓ガラスが取り付けられているため、本実施形態では30台の電動スクリーンが配置される。
【0030】
電動スクリーン330_1〜330_30は、電源ケーブルを介して制御装置340と接続され、制御装置340により、個別にON状態とOFF状態とが制御される。電動スクリーン330_1〜330_30が、制御装置340によりON状態に制御されると、光透過面は光透過度が下がり、半透明の状態になる。一方、電動スクリーン330_1〜330_30が、制御装置340によりOFF状態に制御されると、光透過面は光透過度が上がり、透明の状態になる。
【0031】
制御装置340は、情報処理装置370からのスクリーンON指示に基づいて、電動スクリーン330_1〜330_30をON状態に制御する。また、制御装置340は、情報処理装置370からのスクリーンOFF指示に基づいて、電動スクリーン330_1〜330_30をOFF状態に制御する。
【0032】
更に、制御装置340は、情報処理装置370からの電飾ON指示に基づいて、電飾装置140_1〜140_6をON状態に制御する。また、制御装置340は、情報処理装置370からの電飾OFF指示に基づいて、電飾装置140_1〜140_6をOFF状態に制御する。
【0033】
電飾装置140_1〜140_6は、電源ケーブルを介して制御装置340と接続され、制御装置340により、ON状態とOFF状態とが制御される。
【0034】
時刻サーバ360は、プロジェクタ310_1a〜310_30bと、情報処理装置370との間で、時刻を同期させるために、情報処理装置370に時刻情報を提供する。
【0035】
情報処理装置370は、画像投影システム300におけるサイネージ処理を制御するための装置である。情報処理装置370には、校正プログラム、画像処理プログラム、サイネージ制御プログラムがインストールされている。情報処理装置370は、これらのプログラムを実行することで、校正部371、画像処理部372、サイネージ制御部373として機能する。
【0036】
校正部371は、プロジェクタ310_1a〜310_30bとともに、第1の校正処理及び第2の校正処理を実行する。また、校正部371は、第1の校正処理を実行することで、プロジェクタ310_1a〜310_30bによりそれぞれ投影される投影用動画像の生成の際に用いられる補正パラメータを算出する。
【0037】
更に、校正部371は、プロジェクタ310_1a〜310_30bとともに、第2の校正処理を実行することで、プロジェクタ310_1a〜310_30bに設定されるRGBレベルを算出する。
【0038】
画像処理部372は、分割手段の一例である。画像処理部372は、サイネージ対象情報管理部375に格納されたサイネージ対象情報と、画像情報管理部376に格納された画像情報とを用いて、広告主から提供された元の動画像から投影用動画像群を生成する。サイネージ対象とは、画像投影システム300により大規模なデジタルサイネージが実現される建物110を指す。また、サイネージ対象情報は、建物110の外面の所定領域に含まれる窓ガラス群120の各窓ガラスの位置、大きさ等の情報を含む。更に、画像情報は、投影用動画像の生成の際に用いられる各種画像や補正パラメータ等を管理するための情報を含む。
【0039】
画像処理部372は、投影用動画像群の生成に際して、元の動画像の属性情報と、サイネージ対象情報とを用いて、投影用動画像群の生成に要する時間を算出する。これにより、画像処理部372では、投影用動画像群の生成に要する時間を広告主に対して明示することが可能となる。この結果、広告主は、デジタルサイネージの開始時期として、より広告効果の高い開始時期を詳細に検討することができる。
【0040】
また、画像処理部372は、投影用動画像を生成する過程で生成した、分割静止画像(詳細は後述)を画像情報管理部376に格納する。更に、画像処理部372は、生成した投影用動画像群の各投影用動画像を、プロジェクタ310_1a〜310_30bそれぞれに送信する。これにより、プロジェクタ310_1a〜310_30bは、外部メモリ320_1a〜320_30bそれぞれに各投影用動画像を格納する。
【0041】
サイネージ制御部373は、制御手段の一例である。サイネージ制御部373は、スケジュール情報管理部377に格納されたスケジュール情報に基づいて、サイネージ制御処理を行う。例えば、サイネージ制御部373は、スケジュール情報に基づいて識別される投影開始時刻または投影終了時刻に応じて、プロジェクタ310_1a〜310_30bそれぞれに、投影開始指示または投影終了指示を送信する。また、サイネージ制御部373は、スケジュール情報に基づいて識別される投影開始時刻または投影終了時刻に応じて、電動スクリーン330_1〜330_30にスクリーンON指示またはスクリーンOFF指示を送信する。更に、サイネージ制御部373は、スケジュール情報に基づいて識別される投影開始時刻または投影終了時刻に応じて、電飾装置140_1〜140_6に電飾OFF指示または電飾ON指示を送信する。
【0042】
撮像装置381は、プロジェクタ310_1a〜310_30bそれぞれが第1の校正処理を実行する際に、プロジェクタ310_1a〜310_30bそれぞれが投影した校正パターン画像を撮影し、情報処理装置370に送信する。なお、撮像装置381と、情報処理装置370とは、例えば、USBケーブルを介して接続される。
【0043】
色彩輝度計382は、プロジェクタ310_1a〜310_30bそれぞれが第2の校正処理を実行する際に、プロジェクタ310_1a〜310_30bそれぞれが投影した白画像について、色温度を測定し、測定結果を情報処理装置370に送信する。なお、色彩輝度計382と、情報処理装置370とは、例えば、USBケーブルを介して接続される。
【0044】
<4.情報処理装置のハードウェア構成>
次に、情報処理装置370のハードウェア構成について説明する。図4は、情報処理装置のハードウェア構成の一例を示す図である。
【0045】
図4に示すように、情報処理装置370は、CPU(Central Processing Unit)401、ROM(Read Only Memory)402、RAM(Random Access Memory)403を備える。CPU401、ROM402、RAM403は、いわゆるコンピュータを形成する。更に、情報処理装置370は、補助記憶部404、表示部405、入力部406、ネットワークI/F(Interface)部407、USBI/F部408を備える。なお、情報処理装置370の各ハードウェアは、バス409を介して相互に接続されている。
【0046】
CPU401は、補助記憶部404に格納された各種プログラム(例えば、校正プログラム、画像処理プログラム、サイネージ制御プログラム等)を実行するデバイスである。
【0047】
ROM402は不揮発性の主記憶デバイスである。ROM402は、補助記憶部404に格納された各種プログラムを、CPU401が実行するために必要な各種プログラム、データ等を格納する。具体的には、BIOS(Basic Input/Output System)やEFI(Extensible Firmware Interface)等のブートプログラムなどを格納する。
【0048】
RAM403は、DRAM(Dynamic Random Access Memory)やSRAM(Static Random Access Memory)等の揮発性の主記憶デバイスである。RAM403は、補助記憶部404に格納された各種プログラムがCPU401によって実行される際に展開される、作業領域を提供する。
【0049】
補助記憶部404は、CPU401により実行される各種プログラムや各種プログラムが実行される際に用いられる各種情報を格納する補助記憶デバイスである。補助記憶部404に格納される各種情報には、サイネージ対象情報、画像情報、スケジュール情報及び画像情報により管理される各種画像、補正パラメータ等が含まれる。なお、サイネージ対象情報管理部375、画像情報管理部376、スケジュール情報管理部377は、補助記憶部404により実現される。
【0050】
表示部405は、各種画面を表示する表示デバイスである。入力部406は、情報処理装置370に各種情報を入力するための入力デバイスである。ネットワークI/F部407は、ネットワーク390と接続するためのインタフェースデバイスである。情報処理装置370は、プロジェクタ310_1a〜310_30b、制御装置340、時刻サーバ360との間の通信を、ネットワークI/F部407を介して行う。
【0051】
USBI/F部408は、USBケーブルを接続するためのインタフェースデバイスである。情報処理装置370は、撮像装置381、色彩輝度計382との間のデータの送受信を、USBI/F部408を介して行う。
【0052】
<5.各管理部に格納される情報>
次に、情報処理装置370の各管理部(サイネージ対象情報管理部375、画像情報管理部376、スケジュール情報管理部377)に格納される各種情報(サイネージ対象情報、画像情報、スケジュール情報)について説明する。
【0053】
(1)サイネージ対象情報
はじめに、サイネージ対象情報管理部375に格納されるサイネージ対象情報について説明する。図5は、サイネージ対象情報の一例を示す図である。図5(a)に示すように、サイネージ対象情報500は、サイネージ対象ごとに生成される。本実施形態では、建物110のサイネージ対象IDを、"S001"としている。
【0054】
また、図5(a)に示すように、サイネージ対象情報500には、情報の項目として、"フロア"、"窓ID"、"窓情報"、"プロジェクタID"、"電動スクリーンID"、"電飾装置ID"が含まれる。
【0055】
"フロア"には、建物110の外面の所定領域に含まれる窓ガラス群120が取り付けられているフロアのフロア番号が格納される。
【0056】
"窓ID"には、建物110の外面の所定領域に含まれる窓ガラス群120の各窓ガラスを識別するための識別子が格納される。
【0057】
"窓情報"には、更に、"位置"、"横サイズ"、"縦サイズ"が含まれる。ここで、図5(b)を参照しながら、"窓情報"に含まれる各窓ガラスの"位置"、"横サイズ"、"縦サイズ"について説明する。
【0058】
図5(b)に示すように、画像投影システム300は、建物110の外面の所定領域510を利用して、大規模なデジタルサイネージを実現する。このとき、画像投影システム300では、所定領域510に含まれる各窓ガラスの座標を特定する際に基準となる点(原点)と、基準となる軸(x軸、y軸)とを規定する。
【0059】
図5(b)において、点520は、所定領域510における原点を示している。また、軸530は、所定領域510において点520を原点とした場合のx軸を示しており、軸540は、所定領域510において点520を原点とした場合のy軸を示している。
【0060】
図5(b)に示すように、所定領域510、原点520、x軸530、y軸540を規定することで、各窓ガラスの位置、横サイズ、縦サイズを一意に特定することができる。
【0061】
図5(a)の説明に戻る。"位置"には、建物110の外面の所定領域510において、各窓ガラスの左下の角の位置を示す座標が格納される。図5(a)の場合、窓ID="W201"の窓ガラスの左下の角の位置の座標は、原点(0,0)である。
【0062】
"横サイズ"には、各窓ガラスの横方向の長さ(幅)が格納される。例えば、窓ID="W201"の窓ガラスの場合、左下の角の位置の座標が(0,0)であり、右下の角の位置の座標が(x12,0)である。したがって、横サイズ="x12"となる。また、窓ID="W202"の窓ガラスの場合、左下の角の位置の座標が(x21,0)であり、右下の角の位置の座標が(x22,0)である。したがって、横サイズ="x22−x21"となる。
【0063】
"縦サイズ"には、各窓ガラスの縦方向の長さ(高さ)が格納される。例えば、窓ID="W201"の窓ガラスの場合、左下の角の位置の座標が(0,0)であり、左上の角の位置の座標が(0,y12)である。したがって、縦サイズ="y12"となる。また、窓ID="W301"の窓ガラスの場合、左下の角の位置の座標が(0,y21)であり、左上の角の位置の座標が(0,y22)である。したがって、縦サイズ="y22−y21"となる。
【0064】
"プロジェクタID"には、各窓ガラスに対応する位置に配置されたプロジェクタを識別するための識別子が格納される。図5(a)の例は、窓ID="W201"により識別される窓ガラスに対応する位置には、プロジェクタID="PJ201A"、"PJ201B"により識別されるプロジェクタがそれぞれ配置されていることを示している。
【0065】
"電動スクリーンID"には、各窓ガラスに対応する位置に配置された電動スクリーンを識別するための識別子が格納される。図5(a)の例は、窓ID="W201"により識別される窓ガラスに対応する位置には、電動スクリーンID="SC201"により識別される電動スクリーンが配置されていることを示している。
【0066】
"電飾装置ID"には、各フロアのいずれかの窓ガラスに対応する位置に配置された電飾装置を識別するための識別子が格納される。図5(a)の例は、フロア="2F"により識別されるフロアには、電飾装置ID="E200"により識別される電飾装置が配置されていることを示している。
【0067】
(2)画像情報
次に、画像情報管理部376に格納される画像情報について説明する。図6は、画像情報の一例を示す図である。図6に示すように、画像情報600には、情報の項目として、"動画像ID"、"サイネージ対象ID"、"窓ID"、"プロジェクタID"が含まれる。また、画像情報600には、情報の項目として、"補正パラメータID"、"算出日時"、"分割静止画像群ID"、"投影用動画像ID"、"生成日時"が含まれる。
【0068】
"動画像ID"には、広告主から提供される元の動画像を識別するための識別子が格納される。図6の例は、動画像IDとして"C100"により識別される動画像が、画像情報管理部376に格納されていることを示している。
【0069】
"サイネージ対象ID"には、広告主から提供される元の動画像に基づいてデジタルサイネージを実現する建物110を識別するための識別子が格納される。図6の例は、動画像ID="C100"により識別される動画像に基づいて、サイネージ対象ID="S001"により識別される建物110において、デジタルサイネージが実現されることを示している。
【0070】
"窓ID"には、サイネージ対象ID="S001"により識別される建物110の外面の所定領域510に含まれる窓ガラス群120の各窓ガラスを識別するための識別子が格納される。
【0071】
"プロジェクタID"には、窓IDにより識別される各窓ガラスに対応する位置に配置されたプロジェクタを識別するための識別子が格納される。
【0072】
"補正パラメータID"には、校正部371により算出された補正パラメータを識別するための識別子が格納される。上述したとおり、第1の校正処理が実行されることで、校正部371では、窓ガラスごとに補正パラメータを算出するため、補正パラメータIDは、窓IDと対応付けて格納される。"算出日時"には、補正パラメータが算出された日時が格納される。
【0073】
"分割静止画像群ID"には、動画像ID="C100"により識別される動画像に基づいて、投影用動画像群を生成する過程で生成された、分割静止画像群を識別するための識別子が格納される。
【0074】
"投影用動画像ID"には、動画像ID="C100"により識別される動画像に基づいて生成された、投影用動画像群に含まれる各投影用動画像を識別するための識別子が格納される。
【0075】
"生成日時"には、投影用動画像IDにより識別される各投影用動画像が生成された日時が格納される。
【0076】
図6の例は、動画像ID="C100"の動画像から、投影用動画像ID="M201A"、"M201B"、・・・が生成されたことを示している。
【0077】
また、図6の例によれば、投影用動画像ID="M201A"の投影用動画像は、窓ID="W201"の窓ガラスに対応する位置に配置されたプロジェクタID="PJ201A"のプロジェクタにより投影される。
【0078】
また、図6の例によれば、投影用動画像ID="M201A"の投影用動画像の生成に際しては、"2016年5月25日"に補正パラメータ(補正パラメータID="P201")が算出されている。
【0079】
また、図6の例によれば、当該補正パラメータ(補正パラメータID="P201")により、分割静止画像群ID="C201"の分割静止画像群が補正されている。更に、図6の例によれば、補正された分割静止画像群ID="C201"の分割静止画像群に基づいて、"2016年6月10日"に、投影用動画像ID="M201A"及び"M201B"の投影用動画像がそれぞれ生成されている。
【0080】
なお、以下では、動画像ID="C100"の動画像に基づいて生成された、投影用動画像ID="M201A"〜"M705B"の投影用動画像群を、"コンテンツ100"と称す。
【0081】
なお、図6の例では、動画像ID="C100"の画像情報600について示したが、画像情報管理部376には、他の動画像IDにより識別される動画像に基づいて生成された投影用動画像群についても同様に格納されているものとする。例えば、画像情報管理部376には、動画像ID="C101"の動画像に基づいて生成された投影用動画像群("コンテンツ101")が格納されているものとする。また、画像情報管理部376には、動画像ID="C102"の動画像に基づいて生成された投影用動画像群("コンテンツ102")が格納されているものとする。更に、画像情報管理部376には、それぞれの動画像ID="C101"、"C102"の画像情報が格納されているものとする。
【0082】
(3)スケジュール情報
次に、スケジュール情報管理部377に格納されるスケジュール情報について説明する。図7は、スケジュール情報の一例を示す図である。図7(a)〜(c)に示すように、スケジュール情報710〜730は、サイネージ対象ごと、曜日ごとに生成される。なお、図7(a)〜(c)は、それぞれ、サイネージ対象ID="S001"の建物110についての"金曜日"〜"日曜日"のスケジュール情報を示している。図7(a)〜(c)に示すように、スケジュール情報710〜730には、情報の項目として、"時刻"、"サイネージ装置"が含まれる。
【0083】
"時刻"には、サイネージ対象ID="S001"により識別される建物110の窓ガラス群120を、デジタルサイネージとして利用することができる時間帯が記載される。図7(a)〜(c)の例によれば、建物110の場合、10時00分から22時00分までの間の時間帯において、窓ガラス群120を、デジタルサイネージとして利用することが可能である。
【0084】
"サイネージ装置"には、更に、"プロジェクタ"、"電動スクリーン"、"電飾装置"が含まれる。"プロジェクタ"には、プロジェクタ310_a〜310_30bにより各投影用動画像が投影される時間帯が記載される。
【0085】
図7(a)の例によれば、18時00分から19時00分の間に、動画像ID="C100"により識別される動画像に基づいて生成された投影用動画像群("コンテンツ100")が投影される。
【0086】
図7(b)の例によれば、18時00分から19時00分の間に、動画像ID="C100"により識別される動画像に基づいて生成された投影用動画像群("コンテンツ100")が投影される。また、20時30分から21時30分の間に、動画像ID="C101"により識別される動画像に基づいて生成された投影用動画像群("コンテンツ101")が投影される。
【0087】
図7(c)の例によれば、18時00分から19時00分の間に、動画像ID="C100"により識別される動画像に基づいて生成された投影用動画像群("コンテンツ100")が投影される。また、20時00分から21時00分の間に、動画像ID="C102"により識別される動画像に基づいて生成された投影用動画像群("コンテンツ102")が投影される。
【0088】
"電動スクリーン"には、電動スクリーン330_1〜330_30がON状態になる時間帯が記載される。電動スクリーン330_1〜330_30がON状態になる時間帯は、プロジェクタ310_1a〜310_30bにより投影用動画像群が投影される時間帯と同じ時間帯である。したがって、図7(a)の例では、18時00分〜19時00分の間、ON状態になる。また、図7(b)の例では、18時00分〜19時00分の間及び20時30分〜21時30分の間、図7(c)の例では、18時00分〜19時00分の間及び20時00分〜21時00の間、ON状態になる。
【0089】
"電飾装置"には、電飾装置140_1〜140_6がON状態になる時間帯が記載される。本実施形態において、電飾装置140_1〜140_6は、夕方以降(図7(a)〜(c)の例では、17時00分以降)の時間帯においてON状態になる。ただし、プロジェクタ310_1a〜310_30bにより各投影用動画像が投影される時間帯は除かれる。
【0090】
このように、スケジュール情報710〜730には、プロジェクタの投影予定に関するスケジュールと、電動スクリーンの動作予定に関するスケジュールと、電飾装置の動作予定に関するスケジュールとが含まれる。以下では、プロジェクタの投影予定に関するスケジュールを「投影スケジュール」、電動スクリーンの動作予定に関するスケジュールを「スクリーンスケジュール」、電飾装置の動作予定に関するスケジュールを「電飾スケジュール」と称する。
【0091】
<6.画像投影システムにおけるサイネージ処理の流れ>
次に、画像投影システム300におけるサイネージ処理の流れについて説明する。図8は、サイネージ処理の流れを示すフローチャートである。建物110において、画像投影システム300の設置が完了することで、画像投影システム300では、図8に示すサイネージ処理を実行する。
【0092】
具体的には、ステップS801において、画像投影システム300は、プロジェクタ310_1a〜310_30bを用いて校正処理(第1の校正処理及び第2の校正処理等)を行う。
【0093】
ステップS802において、画像投影システム300は、画像処理を行う。具体的には、画像投影システム300は、複数の投影用動画像群("コンテンツ100"〜"コンテンツ102")の生成及び各プロジェクタ310_1a〜310_30bへの各投影用動画像の送信等を行う。
【0094】
ステップS803において、画像投影システム300は、サイネージ制御処理を行う。具体的には、画像投影システム300は、スケジュール情報710〜730に基づいて、プロジェクタ310_1a〜310_30bによる各投影用動画像の投影開始/終了制御を行う。更に、画像投影システム300は、スケジュール情報710〜730に基づいて、電動スクリーン330_1〜330_30のON/OFF制御、電飾装置140_1〜140_6のON/OFF制御を行う。
【0095】
<7.校正処理の詳細>
次に、画像投影システム300における校正処理(ステップS801)の詳細について説明する。
【0096】
(1)校正部の機能構成
はじめに、校正処理を実行する、情報処理装置370の校正部371の機能構成について説明する。図9は、情報処理装置の校正部の機能構成を示す図である。
【0097】
図9に示すように校正部371は、第1校正部911及び第2校正部912を有する。第1校正部911は、第1の校正処理時に起動し、各種処理を実行する。具体的には、第1校正部911は、画像処理部372が投影用動画像を生成する際に用いる補正パラメータを算出する。また、第1校正部911は、算出した補正パラメータを画像情報管理部376に格納するとともに、算出した補正パラメータを示す補正パラメータID及び算出日時を、窓IDと対応付けて画像情報600に格納する。これにより、画像処理部372では、投影された際に歪みのない投影用動画像を生成することができる。
【0098】
第2校正部912は、第2の校正処理時に起動し、各種処理を実行する。具体的には、第2校正部912は、投影用動画像が所定の色味で投影されるよう、RGBレベルを算出し、算出したRGBレベルをプロジェクタ310_1a〜310_30bに設定する。
【0099】
(2)第1の校正処理の流れ
次に、第1の校正処理の詳細について、図11図13を逐次参照しながら、図10のシーケンス図に基づいて説明する。図10は、第1の校正処理のシーケンス図である。
【0100】
図10に示すように、ステップS1001において、操作者1000は、情報処理装置370に対して、第1校正部911を起動させるための起動指示を入力する。
【0101】
操作者1000により起動指示が入力されたことに応じて、ステップS1002では、第1校正部911が起動し、情報処理装置370の表示部405には、第1の校正処理を実行する対象(プロジェクタ)を操作者1000が選択するための選択画面が表示される。
【0102】
ステップS1003において、操作者1000は、表示部405に表示された選択画面の中から、第1の校正処理を実行する対象(プロジェクタ)が配置されている窓ガラスを選択する。
【0103】
操作者1000により窓ガラスが選択されたことに応じて、第1校正部911は、選択された窓ガラスに対応する位置に配置されているプロジェクタを識別する。そして、ステップS1004及びS1005において、第1校正部911は、識別したプロジェクタそれぞれに対して、ランプON指示を送信する。
【0104】
図11は、第1の校正処理時に表示される情報処理装置の選択画面の一例を示す図である。第1校正部911が起動すると、情報処理装置370の表示部405には、選択画面1100が表示される。図11に示すように、選択画面1100には、建物110の窓ガラス群120のレイアウト1110が含まれる。
【0105】
操作者1000は、レイアウト1110内の窓ガラスを示す矩形ボタンを押圧し、完了ボタン1120を押圧することで、第1の校正処理を実行する対象が配置されている窓ガラスを選択する。図11の例は、矩形ボタン1111が押圧され、完了ボタン1120が押圧された様子を示している。
【0106】
矩形ボタン1111により特定される窓ガラスは、窓ID="W703"の窓ガラス1128である。図11の下側に示すとおり、窓ガラス1128に対応する位置には、プロジェクタ310_28a(プロジェクタID="PJ703A")とプロジェクタ310_28b(プロジェクタID="PJ703B")とが配置されている。
【0107】
したがって、ステップS1004において、第1校正部911は、プロジェクタ310_28aにランプON指示を送信する。また、ステップS1005において、第1校正部911は、プロジェクタ310_28bにランプON指示を送信する。なお、この時点で、窓ガラス1128の電動スクリーン330_28(電動スクリーンID="SC703")はON状態になっているものとする。
【0108】
続いて、ステップS1006において、第1校正部911は、校正パターン画像を生成する。第1校正部911は、校正パターン画像として、2つの異なる校正パターン画像を生成する。
【0109】
ステップS1007において、第1校正部911は、プロジェクタ310_28aに対して、第1の校正パターン画像を送信する。また、ステップS1008において、第1校正部911は、プロジェクタ310_28bに対して、第2の校正パターン画像を送信する。
【0110】
ステップS1009において、プロジェクタ310_28aは、第1校正部911より送信された第1の校正パターン画像を投影する。また、ステップS1010において、プロジェクタ310_28bは、第1校正部911より送信された第2の校正パターン画像を投影する。
【0111】
ステップS1011において、操作者1000は、投影された第1及び第2の校正パターン画像を撮像装置381を用いて撮影するために、撮像装置381に撮影指示を入力する。
【0112】
ステップS1012において、撮像装置381は、投影された第1及び第2の校正パターン画像について撮影処理を実行し、ステップS1013において、撮像装置381は、撮影結果を情報処理装置370に送信する。
【0113】
図12は、第1の校正処理時に投影される校正パターン画像の一例を示す図である。図12に示すように、プロジェクタ310_28aは、第1の校正パターン画像を投影し、プロジェクタ310_28bは、第2の校正パターン画像を投影する。操作者1000は、投影された第1及び第2の校正パターン画像を撮像装置381を用いて撮影することで、撮影結果を情報処理装置370に送信する。
【0114】
図10の説明に戻る。ステップS1014において、操作者1000は、第1の校正パターン画像と第2の校正パターン画像を入れ替えるための入れ替え指示を入力する。
【0115】
ステップS1015において、第1校正部911は、入れ替え指示に応じて、プロジェクタ310_28aに第2の校正パターン画像を送信する。また、ステップS1016において、第1校正部911は、プロジェクタ310_28bに第1の校正パターン画像を送信する。
【0116】
ステップS1017において、プロジェクタ310_28aは、第1校正部911より送信された第2の校正パターン画像を投影する。また、ステップS1018において、プロジェクタ310_28bは、第1校正部911より送信された第1の校正パターン画像を投影する。
【0117】
ステップS1019において、操作者1000は、投影された第2及び第1の校正パターン画像を撮像装置381を用いて撮影するために、撮像装置381に撮影指示を入力する。
【0118】
ステップS1020において、撮像装置381は、投影された第2及び第1の校正パターン画像について撮影処理を実行し、ステップS1021において、撮像装置381は、撮影結果を情報処理装置370に送信する。
【0119】
図13は、第1の校正処理時に投影される校正パターン画像の他の一例を示す図である。図13に示すように、プロジェクタ310_28aは、第2の校正パターン画像を投影し、プロジェクタ310_28bは、第1の校正パターン画像を投影する。操作者1000は、投影された第2及び第1の校正パターン画像を撮像装置381を用いて撮影することで、撮影結果を情報処理装置370に送信する。
【0120】
再び、図10の説明に戻る。ステップS1022において、操作者1000は、第1校正部911に対して、補正パラメータの算出に用いる撮影結果を指定するための入力を行う。ステップS1023において、第1校正部911は、操作者1000により指定された撮影結果を読み出す。
【0121】
ステップS1024において、操作者1000は、補正パラメータの算出を指示するための入力を行う。ステップS1025において、第1校正部911は、読み出した撮影結果に基づいて、補正パラメータを算出する。
【0122】
なお、第1校正部911において算出される補正パラメータには、第1及び第2の校正パターン画像に対して位置合わせ補正、スケール合わせ補正、歪み補正等の各種幾何学的な補正を行うための幾何学パラメータが含まれる。この幾何学パラメータは、例えば、電動スクリーンや投影装置の設置位置、投影装置の光学機器の個体差等の種々の要因によって変動する。このため、幾何学パラメータは、窓ガラス(電動スクリーンと投影装置との組み合わせ)ごとに異なる場合が多い。後述する画像処理部372では、窓ガラスごとに適切な幾何学パラメータを用いて補正を行うことで、図1のように投影した投影用動画像群130のうちの一部の投影用動画像が歪んで表示される、といった不具合が発生するのを回避する。
【0123】
第1校正部911は、算出した補正パラメータを画像情報管理部376に格納する。また、第1校正部911は、補正パラメータID(例えば、"P703")及び、算出日時(例えば、"2016.5.25")を、窓ID(例えば、"W703")と対応付けて画像情報600に格納する。
【0124】
(3)第2の校正処理の流れ
次に、第2の校正処理の詳細について、図15を参照しながら、図14のシーケンス図に基づいて説明する。図14は、第2の校正処理のシーケンス図である。
【0125】
図14に示すように、ステップS1401において、操作者1000は、情報処理装置370に対して、第2校正部912を起動させるための起動指示を入力する。
【0126】
操作者1000により起動指示が入力されたことに応じて、ステップS1402では、第2校正部912が起動し、情報処理装置370の表示部405には、第2の校正処理を実行する対象(プロジェクタ)を操作者1000が選択するための選択画面が表示される。
【0127】
ステップS1403において、操作者1000は、表示部405に表示された選択画面の中から、第2の校正処理を実行する対象(プロジェクタ)が配置されている窓ガラスを選択する。
【0128】
操作者1000により窓ガラスが選択されたことに応じて、第2校正部912は、選択された窓ガラスに対応する位置に配置されている電動スクリーンを識別する。そして、ステップS1404において第2校正部912は、識別した電動スクリーンに対して、スクリーンOFF指示を送信する。
【0129】
なお、図14の例は、第1の校正処理同様、窓ID="W703"の窓ガラス1128が選択され、対応する電動スクリーン330_28に対して、スクリーンOFF指示が送信された場合を示している。
【0130】
第2校正部912よりスクリーンOFF指示が送信されたことに応じて、ステップS1405では、電動スクリーン330_28がOFF状態になる。
【0131】
ステップS1406において、第2校正部912は、窓ID="W703"の窓ガラス1128に対応する位置に配置されたプロジェクタ310_28a(プロジェクタID="PJ703A")に対して、ランプON指示を送信する。これにより、プロジェクタ310_28aのランプがON状態になる。
【0132】
ステップS1407において、操作者1000は、情報処理装置370に対して、プロジェクタ310_28aに白画像を投影するための投影指示を入力する。
【0133】
ステップS1408において、第2校正部912は、操作者1000による白画像投影指示に応じて、プロジェクタ310_28aに対して、白画像投影指示を送信する。
【0134】
ステップS1409において、プロジェクタ310_28aは、第2校正部912より送信された白画像投影指示に応じて、全白投影を行う。
【0135】
ステップS1410において、操作者1000は、プロジェクタ310_28aにより全白投影された窓ガラスの色温度を測定するための測定指示を、色彩輝度計382に対して入力する。
【0136】
ステップS1411において、色彩輝度計382は、全白投影された窓ガラス1128の色温度を測定する。ステップS1412において、操作者1000は、測定した色温度を測定結果として情報処理装置370に入力する。
【0137】
ステップS1413において、第2校正部912は、操作者1000により入力された色温度を、RGBレベルに変換する変換処理を行う。
【0138】
ステップS1414において、第2校正部912は、変換処理を行うことで算出したRGBレベルを、プロジェクタ310_28aに送信する。
【0139】
ステップS1415において、プロジェクタ310_28aは、第2校正部912より送信されたRGBレベルを設定する。
【0140】
図15は、第2の校正処理時に投影される白画像の一例を示す図である。図15に示すように、電動スクリーン330_28がOFF状態において、プロジェクタ310_28aは、白画像を窓ガラス1128に投影する。また、操作者1000は、色彩輝度計382を用いて窓ガラス1128の色温度を測定し、測定結果を情報処理装置370に入力する。これにより、情報処理装置370では、RGBレベルが算出され、プロジェクタ310_28aには、測定結果に応じたRGBレベルが設定される。
【0141】
図14の説明に戻る。ステップS1416において、操作者1000は、情報処理装置370に対して、第2の校正処理の終了指示を入力する。操作者1000により終了指示が入力されたことに応じて第2校正部912は、ステップS1417において、電動スクリーン330_28に対して、スクリーンON指示を送信する。
【0142】
第2校正部912よりスクリーンON指示が送信されたことに応じて、ステップS1418では、電動スクリーン330_28がON状態になる。
【0143】
<8.画像処理の詳細>
次に、画像投影システム300における画像処理(ステップS802)の詳細について説明する。
【0144】
(1)画像処理部の機能構成
はじめに、画像処理を実行する、情報処理装置370の画像処理部372の機能構成について説明する。図16は、情報処理装置の画像処理部の機能構成を示す図である。
【0145】
図16に示すように画像処理部372は、対象情報取得部1611、画像情報取得部1612、生成時間算出部1613、反転部1614、デコード部1615を有する。また、画像処理部372は、第1分割部1616、補正部1617、第2分割部1618、エンコード部1619、送信部1620を有する。
【0146】
対象情報取得部1611は、サイネージ対象情報管理部375より、サイネージ対象情報500を読み出し、生成時間算出部1613及び第1分割部1616に通知する。
【0147】
画像情報取得部1612は、広告主から提供され、画像情報管理部376に格納された動画像のヘッダ部分より属性情報を読み出し、生成時間算出部1613に通知する。また、画像情報取得部1612は、広告主から提供され、画像情報管理部376に格納された動画像を読み出し、反転部1614に通知する。
【0148】
生成時間算出部1613は、算出手段の一例である。生成時間算出部1613は、画像情報取得部1612より通知された動画像の属性情報と、対象情報取得部1611より通知されたサイネージ対象情報500とを用いて、投影用動画像群の生成に要する時間を算出し、表示部405に表示する。
【0149】
反転部1614は、画像情報取得部1612より通知された動画像の左右を反転させる。画像投影システム300では、透明または半透明の光透過面(窓ガラス及び電動スクリーン)に対して内側から投影し、投影結果が、外側から視認される。このため、予め左右を反転しておく必要がある。このように、反転部1614が反転処理を行うことで、広告主が意図した動画像とは左右が反転した動画像が視認される、といった事態を回避することができる。反転部1614は、反転後の動画像をデコード部1615に通知する。
【0150】
デコード部1615は、左右が判定された動画像をデコード処理し、フレーム単位に分解することで、静止画像群を抽出する。デコード部1615は、抽出した静止画像群に含まれる各静止画像を、順次、第1分割部1616に通知する。
【0151】
第1分割部1616は、デコード部1615から順次通知される各静止画像について、対象情報取得部1611から通知されたサイネージ対象情報500に基づいて、複数の静止画像に分割する第1分割処理を行う。これにより、第1分割部1616は、窓ガラスの位置及び窓ガラスのサイズに応じた分割静止画像(分割画像)を生成することができる。
【0152】
また、第1分割部1616は、静止画像群に含まれる全ての静止画像に対して第1分割処理を行うことで取得した複数の分割静止画像について、同じ窓ガラスの分割静止画像ごとに分けることで、窓ガラスの数分の複数の分割静止画像群を生成する。第1分割部1616は、生成した複数の分割静止画像群を、画像情報管理部376に格納する。
【0153】
また、第1分割部1616は、生成した複数の分割静止画像群それぞれに、分割静止画像群IDを付し、窓IDと対応付けて画像情報600に格納する。
【0154】
さらに、第1分割部1616は、生成した複数の分割静止画像群それぞれを、窓IDと対応付けて補正部1617に通知する。
【0155】
補正部1617は、第1分割部1616より通知された複数の分割静止画像群それぞれを、窓IDに応じた補正パラメータを用いて補正する。また、補正部1617は、補正後の複数の分割静止画像群を第2分割部1618に通知する。
【0156】
第2分割部1618は、補正部1617より通知された、補正後の複数の分割静止画像群それぞれを、プロジェクタ単位に分割する。補正部1617により通知された、補正後の複数の分割静止画像群は、それぞれ窓ガラス単位で生成されているため、第2分割部1618では、プロジェクタ単位に分割する。
【0157】
エンコード部1619は、プロジェクタ単位に分割された補正後の複数の分割静止画像群を、プロジェクタ単位でエンコード処理し、プロジェクタの数分の複数の投影用動画像を生成する。エンコード部1619は、生成した複数の投影用動画像を識別するための投影用動画像IDと生成日時とを、プロジェクタIDと対応付けて画像情報600に格納する。
【0158】
送信部1620は、送信手段の一例であり、エンコード部1619により生成された複数の投影用動画像を、対応するプロジェクタにそれぞれ送信する。なお、送信部1620が各投影用動画像を、対応する各プロジェクタに事前に送信しておくことで、サイネージ制御部373では、投影開始時に、各プロジェクタに対して投影開始指示を送信すれば足りることになる。これにより、各プロジェクタに対して投影開始時に各投影用動画像を送信する構成と比較して、投影用動画像の投影に際して遅延が生じる可能性を低減させることができる。
【0159】
なお、送信部1620は、各投影用動画像を各プロジェクタに送信するにあたり、送信可能な時間帯であるか否かを判定する。投影用動画像を送信可能な時間帯は、各プロジェクタにより他の投影用動画像の投影が行われている時間帯を除く時間帯であり、当該時間帯は、スケジュール情報710〜730を参照することにより、操作者1000によって予め設定されているものとする。
【0160】
送信部1620は、投影用動画像を送信可能な時間帯であると判定した場合に、各投影用動画像を各プロジェクタに送信する。一方、投影用動画像を送信可能な時間帯でないと判定した場合には、投影用動画像を送信可能な時間帯になるまで待機した後に、各投影用動画像を各プロジェクタに送信する。各プロジェクタが他の投影用動画像を投影している時間帯において、各プロジェクタは、外部メモリから他の投影用動画像を読み込む処理やデコード処理等の処理を行う。このため、仮に送信部1620により投影用動画像の送信が行われたとすると、各プロジェクタの負荷が上がる。この結果、各プロジェクタにおいて、外部メモリから他の投影用動画像を読み込む処理や、デコード処理等に遅延が発生し、他の投影用動画像の投影において、フレームの欠落や画面の乱れ等の不具合が発生することになる。そこで、送信部1620では、他の投影用動画像の投影が行われていない時間帯を"投影用動画像を送信可能な時間帯"として、各投影用動画像の送信を行う。
【0161】
(2)画像処理の具体例
次に、画像処理部372による画像処理(ステップS802)の具体例について説明する。図17は、画像処理の具体例を示す図である。ここでは、"コンテンツ100"を生成するための画像処理について説明する。
【0162】
図17において、動画像1710は、広告主から提供された動画像ID="C100"の動画像であり、MPEG4形式で画像情報管理部376に格納されている。画像情報取得部1612が、動画像1710を読み出し、反転部1614に通知すると、反転部1614は、動画像1710の左右を反転させ、反転後の動画像1711を生成する。
【0163】
反転後の動画像1711は、デコード部1615によりデコード処理され、複数の静止画像からなる静止画像群として抽出される。更に、抽出された静止画像群に対しては、第1分割部1616が、サイネージ対象情報500に基づく第1分割処理を行い、複数の分割静止画像群を生成する。
【0164】
なお、複数の分割静止画像群(分割静止画像群1720_1、1720_2、・・・1720_30)には、それぞれ、分割静止画像群ID(C201、C202、・・・C705)が付される。また、分割静止画像群IDが付された複数の分割静止画像群は、画像情報管理部376に格納される。更に、分割静止画像群IDは、窓IDと対応付けて画像情報600に格納される。
【0165】
また、複数の分割静止画像群1720_1、1720_2、・・・1720_30に対しては、補正部1617が、それぞれ、対応する補正パラメータを用いて補正を行う。例えば、補正部1617は、分割静止画像群1720_1を、補正パラメータ1730_1(補正パラメータID="P201")を用いて補正する。また、補正部1617は、分割静止画像群1720_2を、補正パラメータ1730_2(補正パラメータID="P202")を用いて補正する。更に、補正部1617は、分割静止画像群1720_30を、補正パラメータ1730_30(補正パラメータID="P705")を用いて補正する。
【0166】
補正パラメータにより補正された補正後の分割静止画像群1720_1、1720_2、・・・1720_30は、それぞれ、第2分割部1618により、プロジェクタ単位に分割される。例えば、補正後の分割静止画像群1720_1は、プロジェクタ310_1a用の分割静止画像群1740_1aと、プロジェクタ310_1b用の分割静止画像群1740_1bとに分割される。
【0167】
同様に、補正後の分割静止画像群1720_30は、プロジェクタ310_30a用の分割静止画像群1740_30aと、プロジェクタ310_30b用の分割静止画像群1740_30bとに分割される。
【0168】
第2分割部1618によりプロジェクタ単位に分割された補正後の分割静止画像群1740_1a〜1740_30bに対しては、エンコード部1619がエンコード処理を行う。これにより、エンコード部1619は、MPEG4形式の投影用動画像を生成する。
【0169】
例えば、エンコード部1619は、プロジェクタ310_1a用の分割静止画像群1740_1aをエンコード処理することで、投影用動画像1750_1aを生成する。また、エンコード部1619は、プロジェクタ310_1b用の分割静止画像群1740_1bをエンコード処理することで、投影用動画像1750_1bを生成する。更に、エンコード部1619は、プロジェクタ310_30a用の分割静止画像群1740_30a、プロジェクタ310_30b用の分割静止画像群1740_30bをエンコード処理することで、投影用動画像1750_30a、1750_30bを生成する。これにより、"コンテンツ100"が生成される。
【0170】
エンコード部1619は、生成した複数の投影用動画像1750_1a〜1750_30bを識別するための投影用動画像ID(M201A、M201B、・・・M705A、M705B)及び生成日時を、プロジェクタIDと対応付けて画像情報600に格納する。
【0171】
また、送信部1620は、生成された複数の投影用動画像1750_1a〜1750_30bを、対応するプロジェクタに送信する。例えば、送信部1620は、投影用動画像1750_1aを、プロジェクタ310_1aに送信する。また、投影用動画像1750_1bを、プロジェクタ310_1bに送信する。更に、送信部1620は、投影用動画像1750_30aを、プロジェクタ310_30aに、投影用動画像1750_30bを、プロジェクタ310_30bにそれぞれ送信する。
【0172】
(3)画像処理の流れ
次に、画像処理(ステップS802)の流れについて、図18及び図19のフローチャートを用いて説明する。図18及び図19は、画像処理の流れを示す第1及び第2のフローチャートである。
【0173】
ステップS1801において、画像情報取得部1612は、画像情報管理部376より動画像を取得する。
【0174】
ステップS1802において、対象情報取得部1611は、サイネージ対象情報管理部375より、サイネージ対象情報500を取得する。
【0175】
ステップS1803において、生成時間算出部1613は、動画像の属性情報とサイネージ対象情報とを用いて、投影用動画像群の生成に要する時間を算出し、表示部405に表示する、生成時間算出処理を行う。なお、生成時間算出処理(ステップS1803)のフローチャートの詳細は、後述する。
【0176】
ステップS1804において、反転部1614は、ステップS1801において取得した動画像に対して、左右反転処理を行う。
【0177】
ステップS1805において、デコード部1615は、反転後の動画像をデコード処理することで、静止画像群を抽出する。
【0178】
ステップS1806において、第1分割部1616は、静止画像カウンタnに1を代入する。
【0179】
ステップS1807において、第1分割部1616は、n番目の静止画像に対して、第1分割処理を行う。なお、第1分割処理(ステップS1807)のフローチャートの詳細は、後述する。
【0180】
ステップS1808において、第1分割部1616は、全ての静止画像について第1分割処理を行ったか否かを判定する。ステップS1808において、第1分割処理を行っていない静止画像があると判定した場合には(ステップS1808においてNoの場合には)、ステップS1809に進む。ステップS1809において、第1分割部1616は、静止画像カウンタnをインクリメントした後、ステップS1807に戻る。
【0181】
一方、ステップS1808において、全ての静止画像について第1分割処理を行ったと判定した場合には、ステップS1810に進む。
【0182】
ステップS1810において、第1分割部1616は、各静止画像について生成した複数の分割静止画像を、同じ窓ガラスに対応する分割静止画像ごとに分けることで、窓ガラス数分の分割静止画像群を生成し、画像情報管理部376に格納する。また、第1分割部1616は、生成した分割静止画像群ごとに分割静止画像群IDを付し、窓IDと対応付けて画像情報600に格納する。
【0183】
図19のステップS1901において、補正部1617は、分割静止画像群カウンタmに1を代入する。
【0184】
ステップS1902において、補正部1617は、ステップS1810において生成された分割静止画像群のうち、m番目の分割静止画像群を、対応する補正パラメータを用いて補正する。
【0185】
ステップS1903において、第2分割部1618は、補正後のm番目の分割静止画像群について、第2分割処理を行う。
【0186】
ステップS1904において、第2分割部1618は、ステップS1810において生成された全ての分割静止画像群について、補正処理及び第2分割処理を行ったか否かを判定する。
【0187】
ステップS1904において、補正処理及び第2分割処理を行っていない分割静止画像群があると判定した場合には(ステップS1904においてNoの場合には)、ステップS1905に進む。
【0188】
ステップS1905において、補正部1617は、分割静止画像群カウンタmをインクリメントし、ステップS1902に戻る。
【0189】
一方、ステップS1904において、全ての分割静止画像群について、補正処理及び第2分割処理を行ったと判定した場合には(ステップS1904においてYesの場合には)、ステップS1906に進む。
【0190】
ステップS1906において、エンコード部1619は、第2分割処理された分割静止画像群を、プロジェクタ単位でエンコード処理することで、プロジェクタの数分の投影用動画像群(コンテンツ)を生成する。また、エンコード部1619は、生成した投影用動画像群(コンテンツ)に含まれる各投影用動画像について、生成日時を画像情報600に格納する。
【0191】
ステップS1907において、送信部1620は、生成された投影用動画像群に含まれる各投影用動画像を、対応する各プロジェクタに送信する。なお、送信処理(ステップS1907)のフローチャートの詳細は後述する。
【0192】
(4)生成時間算出処理(ステップS1803)の詳細
次に、生成時間算出処理(ステップS1803)の詳細について図20を用いて説明する。図20は、生成時間算出処理の流れを示すフローチャートである。
【0193】
ステップS2001において、生成時間算出部1613は、画像情報取得部1612から通知された動画像の属性情報を取得する。生成時間算出部1613は、動画像の属性情報として、フレームレート、解像度、画像の種別、長さを取得する。
【0194】
ステップS2002において、生成時間算出部1613は、対象情報取得部1611から通知されたサイネージ対象情報500を取得し、レイアウト情報として、窓情報の横サイズ、縦サイズを抽出する。
【0195】
ステップS2003において、生成時間算出部1613は、予め設定されている見積もり係数を読み出す。
【0196】
ステップS2004において、生成時間算出部1613は、動画像の属性情報と、窓情報と、見積もり係数とを用いて、1窓ガラスあたりの投影用動画像の生成時間を算出する。
【0197】
ステップS2005において、生成時間算出部1613は、対象情報取得部1611から通知されたサイネージ対象情報500に含まれる窓情報に基づいて、レイアウト情報として、窓ガラス数を識別する。
【0198】
ステップS2006において、生成時間算出部1613は、1窓ガラスあたりの投影用動画像の生成時間に、窓ガラス数をかけあわせることで、投影用動画像群(コンテンツ)の生成時間を算出する。つまり、生成時間算出部1613は、動画像の属性情報(フレームレート、解像度、画像の種別、長さ)と、レイアウト情報(窓ガラスの数、横サイズ、縦サイズ)とを用いて、投影用動画像群(コンテンツ)の生成時間を算出する。
【0199】
ステップS2007において、生成時間算出部1613は、算出した投影用動画像群の生成時間を表示部405に表示する。また、生成時間算出部1613は、算出した投影用動画像群の生成時間を、現在時刻に加算することで、投影用動画像群の生成が完了する生成完了時刻を算出し、表示部405に表示する。
【0200】
(5)第1分割処理(ステップS1806)の詳細
次に、第1分割処理(ステップS1806)の詳細について図21及び図22を用いて説明する。図21は、第1分割処理の流れを示すフローチャートである。また、図22は、第1分割処理の一例を示す図である。
【0201】
ステップS2101において、第1分割部1616は、n番目の静止画像を読み出す。図22において、静止画像2200は、第1分割部1616により読み出されたn番目の静止画像であるとする。
【0202】
ステップS2102において、第1分割部1616は、フロアカウンタfに"2"を代入する。
【0203】
ステップS2103において、第1分割部1616は、1フロアあたりの窓ガラス数をカウントする窓カウンタgに"1"を代入する。
【0204】
ステップS2104において、第1分割部1616は、サイネージ対象情報500より、窓ID="Wf0g"の"位置"、"横サイズ"、"縦サイズ"を読み出す。ここでは、fに"2"が代入され、gに"1"が代入されているため、窓ID="W201"の位置((0,0))、横サイズ(x12)、縦サイズ(y12)が読み出される。
【0205】
ステップS2105において、第1分割部1616は、ステップS2104において読み出した位置、横サイズ、縦サイズを、静止画像2200と所定領域510との対比に応じて、静止画像2200上の画素に変換する。
【0206】
図22に示すように、本実施形態において、静止画像2200は、横4000画素、縦8000画素で構成されているものとする。この場合、位置="(0,0)"に対応する静止画像2200上の画素は、位置="(0,0)"の画素となる。
【0207】
また、横サイズ(x12)に対応する静止画像2200上の画素は、(x12/x52)×4000により算出される画素となる。更に、縦サイズ(y12)に対応する静止画像2200上の画素は、(y12/y62)×8000により算出される画素となる。
【0208】
ステップS2106において、第1分割部1616は、ステップS2105において算出された画素に基づいて特定される矩形領域2201を、静止画像2200より切り出し、分割静止画像を生成する。
【0209】
ステップS2107において、第1分割部1616は、fフロアの全ての窓ガラスについて、第1分割処理を行ったか否かを判定する。ステップS2107において、第1分割処理を行っていない窓ガラスがあると判定した場合には(ステップS2107においてNoの場合には)、ステップS2108に進む。
【0210】
ステップS2108において、第1分割部1616は、窓カウンタgをインクリメントした後、ステップS2104に戻る。これにより、gには"2"が代入されることになる。
【0211】
ステップS2104において、第1分割部1616は、サイネージ対象情報500より、窓ID="W202"の位置((x21,0))、横サイズ(x22−x21)、縦サイズ(y12)を読み出す。
【0212】
ステップS2105において、第1分割部1616は、ステップS2104において読み出した位置、横サイズ、縦サイズを静止画像2200上の画素に変換する。
【0213】
図22に示すように、位置((x21,0))に対応する静止画像2200上の画素は、(x21/x52)×4000により算出される画素となる。また、横サイズ(x22−x21)に対応する静止画像2200上の画素は、(x22/x52)×4000により算出される画素となる。更に、縦サイズ(y12)に対応する静止画像2200上の画素は、(y12/y62)×8000により算出される画素となる。
【0214】
ステップS2106において、第1分割部1616は、ステップS2105において算出された画素に基づいて特定される矩形領域2202を、静止画像2200より切り出し、分割静止画像を生成する。
【0215】
ステップS2107において、第1分割部1616は、fフロアの全ての窓ガラスについて、第1分割処理を行ったか否かを判定する。ステップS2107において、第1分割処理を行っていない窓ガラスがあると判定した場合には(ステップS2107においてNoの場合には)、ステップS2108に進む。以降、ステップS2106において、矩形領域2205が切り出されるまで、ステップS2104〜S2106の処理が繰り返される。
【0216】
ステップS2107において、fフロアの全ての窓ガラスについて第1分割処理を行ったと判定した場合には(ステップS2107においてYesの場合には)、ステップS2109に進む。
【0217】
ステップS2109において、第1分割部1616は、全てのフロアについて第1分割処理を行ったか否かを判定する。ステップS2109において、第1分割処理を行っていないフロアがあると判定した場合には(ステップS2109においてNoの場合には)、ステップS2110に進む。
【0218】
ステップS2110において、第1分割部1616は、フロアカウンタfをインクリメントした後、ステップS2103に戻る。以降、フロアカウンタf=7において、矩形領域2230が切り出されるまで、ステップS2103〜S2107の処理が繰り返される。
【0219】
ステップS2109において、全てのフロアについて第1分割処理を行ったと判定した場合には(ステップS2109においてYesの場合には)、図18のステップS1807に戻る。
【0220】
(6)送信処理(ステップS1907)の詳細
次に、送信処理(ステップS1907)の詳細について図23を用いて説明する。図23は、送信処理の流れを示すフローチャートである。
【0221】
図23(a)に示すように、ステップS2301において、送信部1620は、現在時刻を取得する。
【0222】
ステップS2302において、送信部1620は、投影用動画像をプロジェクタに送信可能な時間帯を取得する。図23(b)は、投影用動画像を送信可能な時間帯として、予め設定された時間帯の一例を示す図である。図23(b)の例は、図7のスケジュール情報710〜730に基づいて設定されている。図7のスケジュール情報710〜730によれば、18時00から19時00分の間、"コンテンツ100"の投影用動画像群の投影が行われる。また、20時00分から21時30分の間、"コンテンツ101"または"コンテンツ102"の投影用動画像群の投影が行われる。このため、操作者1000は、17時00から22時00分の間をデジタルサイネージの実行時間と判定し、投影用動画像を送信可能な時間帯を、デジタルサイネージの実行時間外である6時00分から15時00分までの時間帯に設定している。
【0223】
ステップS2303において、送信部1620は、現在時刻が、送信可能な時間帯か否かを判定する。現在時刻が、6時00分から15時00分までの時間帯でない場合、送信可能な時間帯でないと判定する(ステップS2303においてNo)。この場合、現在時刻が、送信可能な時間帯になるまで待機する。
【0224】
一方、ステップS2303において、現在時刻が送信可能な時間帯であると判定した場合には(ステップS2303においてYesの場合には)、ステップS2304に進む。ステップS2304において、送信部1620は、各投影用動画像を各プロジェクタに送信する。送信部1620により送信された各投影用動画像を受信した各プロジェクタでは、受信した投影用動画像を、外部メモリに格納する。また、外部メモリへの格納が完了すると、各プロジェクタは、送信部1620に対して、格納完了通知を送信する。
【0225】
ステップS2305において、送信部1620は、各プロジェクタより、格納完了通知を受信したか否かを判定する。ステップS2305において、格納完了通知を受信していないプロジェクタがあると判定した場合には(ステップS2305においてNoの場合には)、格納完了通知を受信するまで待機する。
【0226】
一方、ステップS2305において、格納完了通知を受信したと判定した場合には(ステップS2305においてYesの場合には)、ステップS2306に進む。ステップS2306において、送信部1620は、表示部405に、投影用動画像の格納が完了したことを示すメッセージを表示する。
【0227】
<9.サイネージ制御処理の詳細>
次に、画像投影システム300におけるサイネージ制御処理(ステップS803)の詳細について説明する。
【0228】
(1)サイネージ制御部の機能構成
はじめに、サイネージ制御処理を実行する、情報処理装置370のサイネージ制御部373の機能構成について説明する。図24は、情報処理装置のサイネージ制御部の機能構成を示す図である。
【0229】
図24に示すようにサイネージ制御部373は、同期部2401、開始制御部2402、終了制御部2403を有する。
【0230】
同期部2401は、時刻情報を出力する。また、同期部2401は、プロジェクタ310_1a〜310_30bと、情報処理装置370との間の時刻を同期させる。具体的には、時刻サーバ360より時刻情報を受信し、出力する時刻情報を修正したうえで、プロジェクタ310_1a〜310_30bに対して、修正した時刻情報を送信する。プロジェクタ310_1a〜310_30bは、同期部2401より時刻情報を受信すると、内部で管理している時刻情報を修正する。これにより、同期部2401は、プロジェクタ310_1a〜310_30bの時刻と、情報処理装置370の時刻とを、正確な時刻情報に基づいて同期させることができる。
【0231】
開始制御部2402は、スケジュール情報管理部377に格納されたスケジュール情報を読み出し、投影開始時刻を識別する。また、開始制御部2402は、識別した投影開始時刻に基づいて、各サイネージ装置に対して、投影開始時の動作に関する指示を送信する。
【0232】
終了制御部2403は、スケジュール情報管理部377に格納されたスケジュール情報を読み出し、投影終了時刻を識別する。また、終了制御部2403は、識別した投影終了時刻に基づいて、各サイネージ装置に対して、投影終了時の動作に関する指示を送信する。
【0233】
(2)サイネージ制御処理の流れ
次に、サイネージ制御部373によるサイネージ制御処理(ステップS803)の流れについて説明する。図25は、サイネージ制御処理の流れを示すフローチャートである。画像処理部372による画像処理(ステップS802)が完了することで、図25に示すサイネージ制御処理が実行可能となる。なお、サイネージ制御処理の開始に際して、スケジュール情報管理部377には、既にスケジュール情報710〜730が格納されているものとする。
【0234】
ステップS2501において、開始制御部2402は、スケジュール情報管理部377に格納された1のスケジュール情報(例えば、スケジュール情報710)を読み出し、投影開始時刻を識別する。
【0235】
ステップS2502において、開始制御部2402は、識別した投影開始時刻に応じたタイミングで、プロジェクタ310_1a〜310_30bに対して、ランプON指示を送信する。これにより、プロジェクタ310_1a〜310_30bそれぞれのランプがON状態となる。
【0236】
ステップS2503において、同期部2401は、時刻サーバ360より時刻情報を受信し、情報処理装置370内で管理している時刻情報を修正するとともに、プロジェクタ310_1a〜310_30bに対して、修正した時刻情報を送信する。
【0237】
ステップS2504において、開始制御部2402は、識別した投影開始時刻に応じたタイミングで、プロジェクタ310_1a〜310_30bに対して、投影開始指示を送信する。これにより、プロジェクタ310_1a〜310_30bでは、各投影用動画像の投影を開始するための処理が行われる。
【0238】
ステップS2505において、開始制御部2402は、識別した投影開始時刻に応じたタイミングで、電飾装置140_1〜140_6に対して、電飾OFF指示を送信する。これにより、電飾装置140_1〜140_6がOFF状態となる。
【0239】
ステップS2506において、開始制御部2402は、識別した投影開始時刻に応じたタイミングで、電動スクリーン330_1〜330_30に対して、スクリーンON指示を送信する。これにより、電動スクリーン330_1〜330_30それぞれがON状態となり、光透過面が半透明の状態になる。以上の処理により、1のスケジュール情報に応じたデジタルサイネージが開始される。
【0240】
デジタルサイネージが開始されると、ステップS2507において、終了制御部2403は、スケジュール情報管理部377に格納された1のスケジュール情報(例えば、スケジュール情報710)を読み出す。また、終了制御部2403は、読み出したスケジュール情報に基づいて投影終了時刻を識別し、現在時刻が投影終了時刻に近づいたか否かを判定する。
【0241】
ステップS2507において、投影終了時刻に近づいていないと判定した場合には(ステップS2507においてNoの場合には)、投影終了時刻に近づいたと判定するまで待機する。
【0242】
一方、ステップS2507において、投影終了時刻に近づいたと判定した場合には(ステップS2507においてYesの場合には)、ステップS2508に進む。
【0243】
ステップS2508において、終了制御部2403は、識別した投影終了時刻に応じたタイミングで、プロジェクタ310_1a〜310_30bに対して、投影終了指示を送信する。これにより、プロジェクタ310_1a〜310_30bでは、各投影用動画像の投影を終了する。
【0244】
ステップS2509において、終了制御部2403は、識別した投影終了時刻に応じたタイミングで、電動スクリーン330_1〜330_30に対して、スクリーンOFF指示を送信する。これにより、電動スクリーン330_1〜330_30それぞれがOFF状態となり、光透過面が透明の状態になる。
【0245】
ステップS2510において、終了制御部2403は、識別した投影終了時刻に応じたタイミングで、電飾装置140_1〜140_6に対して、電飾ON指示を送信する。これにより、電飾装置140_1〜140_6がON状態となる。
【0246】
ステップS2511において、終了制御部2403は、識別した投影終了時刻に応じたタイミングで、プロジェクタ310_1a〜310_30bに対して、ランプOFF指示を送信する。これにより、プロジェクタ310_1a〜310_30bそれぞれのランプがOFF状態となる。以上の処理により、1のスケジュール情報に応じたデジタルサイネージが終了する。
【0247】
ステップS2512において、開始制御部2402は、スケジュール情報管理部377に格納されている全てのスケジュール情報について、ステップS2501からステップS2511の処理を実行したか否かを判定する。ステップS2512において、ステップS2501からステップS2511の処理を実行していないスケジュール情報があると判定した場合には(ステップS2512においてNoの場合には)、ステップS2501に戻る。
【0248】
一方、ステップS2512において全てのスケジュール情報について、ステップS2501からステップS2511の処理を実行したと判定した場合には(ステップS2512においてYesの場合には)、サイネージ制御処理を終了する。
【0249】
<10.まとめ>
以上の説明から明らかなように、本実施形態に係る画像投影システム300では、
・広告主より提供される動画像を反転処理する。また、建物の外面の所定領域に含まれる複数の窓ガラスの位置及び大きさに基づいて、該反転処理した動画像より抽出される各フレームの静止画像を分割し、それぞれの静止画像から複数の分割静止画像を生成する。
・同じ窓ガラスに対応する各フレームの分割静止画像を用いて、窓ガラス数分の分割静止画像群を生成し、画像情報管理部に格納する。
・建物の外面の所定領域に含まれる複数の窓ガラスそれぞれに対応する位置に配置されたプロジェクタを用いて校正処理を行い、校正処理の結果に基づいて生成した補正パラメータを用いて、分割静止画像群を補正する。
・補正した分割静止画像群を、更に、1つの窓ガラスに対応する位置に配置されたプロジェクタの数に応じて分割し、エンコード処理することで、プロジェクタ単位の投影用動画像群を生成する。
・生成した投影用動画像群に含まれる各投影用動画像を、対応するプロジェクタを介して、スケジュール情報に応じたタイミングで複数の窓ガラスに対応する電動スクリーンそれぞれに投影する。
【0250】
これにより、複数の光透過面を組み合わせたデジタルサイネージを実現することが可能になる。
【0251】
また、本実施形態に係る画像投影システム300では、
・投影用動画像群の生成に際して、広告主より提供される動画像の属性情報と、複数の窓ガラスのレイアウト情報とを用いて、投影用動画像群の生成に要する時間を算出し、表示する。
【0252】
これにより、複数の光透過面を組み合わせたデジタルサイネージにおいて、投影用動画像群の生成に要する時間を精度よく算出することができる。
【0253】
この結果、広告主は、デジタルサイネージの開始時期として、より広告効果の高い開始時期を詳細に検討することができる。
【0254】
[第2の実施形態]
上記第1の実施形態では、生成時間算出部1613が、投影用動画像群の生成に要する時間及び生成完了時刻を算出する構成とした。しかしながら、生成時間算出部1613が算出した生成完了時刻が、投影用動画像を送信可能な時間帯でなかった場合、送信部1620では、送信可能な時間帯になるまで待機する。この場合、デジタルサイネージが実際に開始可能となる時期は、生成完了時刻よりも更に後にずれることになる。
【0255】
そこで、本実施形態における生成時間算出部1613では、生成完了時刻に加えて、更に、各投影用動画像の送信が完了する送信完了時刻を算出して、表示部405に表示する。
【0256】
図26は、生成時間算出処理の流れを示す第2のフローチャートである。図20の第1のフローチャートとの相違点は、ステップS2601〜S2603である。
【0257】
ステップS2601において、生成時間算出部1613は、算出した生成完了時刻が、投影用動画像を送信可能な時間帯であるか否かを判定する。ステップS2601において、送信可能な時間帯であると判定した場合には(ステップS2601においてYesの場合には)、ステップS2602に進む。
【0258】
ステップS2602において、生成時間算出部1613は、算出した生成完了時刻に、送信に要する時間を加算して、送信完了時刻として表示部405に表示する。
【0259】
一方、ステップS2601において、送信可能な時間帯でないと判定した場合には(ステップS2601においてNoの場合には)、ステップS2603に進む。
【0260】
ステップS2603において、生成時間算出部1613は、投影用動画像を送信可能な時間帯のうち、算出した生成完了時刻から最も近い時間帯を識別し、識別した時間帯において投影用動画像を送信した場合の送信完了時刻を算出する。また、生成時間算出部1613は、算出した送信完了時刻を表示部405に表示する。
【0261】
このように、投影用動画像を送信可能な時間帯を加味した送信完了時刻を算出して表示することで、本実施形態によれば、デジタルサイネージが実際に開始可能となる時期を、精度よく算出することができる。
【0262】
[その他の実施形態]
上記第1の実施形態では、投影用動画像群の生成に要する時間及び生成完了時刻を算出して表示する構成とした。しかしながら、生成時間算出部1613の機能はこれに限定されず、更に、算出した生成時間または生成完了時刻に基づいて、警告を出力する機能を付加してもよい。
【0263】
また、上記第1の実施形態では、スケジュール情報710〜730に基づいて、投影用動画像を送信可能な時間帯として1の時間帯を設定する構成とした。しかしながら、投影用動画像を送信可能な時間帯は、1の時間帯に限定されず、スケジュール情報710〜730に基づいて、曜日ごとにそれぞれ設定する構成としてもよい。
【0264】
また、上記第1の実施形態では、スケジュール情報710〜730に基づいて、操作者1000が、投影用動画像を送信可能な時間帯を設定する構成とした。しかしながら、投影用動画像を送信可能な時間帯は、操作者1000が設定する構成に限定されず、スケジュール情報710〜730に基づいて、送信部1620が自動設定する構成であってもよい。
【0265】
また、上記第1の実施形態では、情報処理装置370が、校正部371、画像処理部372、サイネージ制御部373を有するものとして説明したが、これらの機能の一部は、他のサイネージ装置において実現してもよい。
【0266】
また、上記第1の実施形態では、建物110の外面の所定領域に含まれる窓ガラスを投影対象として説明したが、投影対象は、窓ガラスに限定されず、他の光透過面であってもよい。また、光透過面は、建物110の外面の所定領域に含まれるものに限定されず、建物110内部の所定領域に含まれる光透過面であってもよいし、また、建物以外の物に取り付けられた光透過面であってもよい。
【0267】
また、上記第1の実施形態では、サイネージ装置が、プロジェクタ(投影装置)、電動スクリーン、電飾装置を指すものとして説明したが、サイネージ装置はこれに限定されない。例えば、建物110の内部の照明装置や、建物110の外部から建物110の壁面や看板等を照らす照明装置、建物110に設置されたオブジェ、看板等の、既に建物110に設置されている装置が、サイネージ装置に含まれていてもよい。
【0268】
なお、上記実施形態に挙げた構成等に、その他の要素との組み合わせなど、ここで示した構成に本発明が限定されるものではない。これらの点に関しては、本発明の趣旨を逸脱しない範囲で変更することが可能であり、その応用形態に応じて適切に定めることができる。
【符号の説明】
【0269】
110 :建物
120 :窓ガラス群
130 :投影用動画像群
310_1a〜310_30b :プロジェクタ
320_1a〜320_30b :外部メモリ
330_1〜330_30 :電動スクリーン
340 :制御装置
360 :時刻サーバ
370 :情報処理装置
371 :校正部
372 :画像処理部
373 :サイネージ制御部
375 :サイネージ対象情報管理部
376 :画像情報管理部
377 :スケジュール情報管理部
500 :サイネージ対象情報
510 :所定領域
600 :画像情報
710〜730 :スケジュール情報
1611 :対象情報取得部
1612 :画像情報取得部
1613 :生成時間算出部
1614 :反転部
1615 :デコード部
1616 :第1分割部
1617 :補正部
1618 :第2分割部
1619 :エンコード部
1620 :送信部
【先行技術文献】
【特許文献】
【0270】
【特許文献1】特開2015−26992号公報
【特許文献2】特開2016−85435号公報
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
図11
図12
図13
図14
図15
図16
図17
図18
図19
図20
図21
図22
図23
図24
図25
図26