特許第6856942号(P6856942)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 株式会社ニューギンの特許一覧
<>
  • 特許6856942-遊技機 図000002
  • 特許6856942-遊技機 図000003
  • 特許6856942-遊技機 図000004
  • 特許6856942-遊技機 図000005
  • 特許6856942-遊技機 図000006
  • 特許6856942-遊技機 図000007
  • 特許6856942-遊技機 図000008
  • 特許6856942-遊技機 図000009
  • 特許6856942-遊技機 図000010
  • 特許6856942-遊技機 図000011
  • 特許6856942-遊技機 図000012
  • 特許6856942-遊技機 図000013
  • 特許6856942-遊技機 図000014
  • 特許6856942-遊技機 図000015
  • 特許6856942-遊技機 図000016
  • 特許6856942-遊技機 図000017
  • 特許6856942-遊技機 図000018
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B2)
(11)【特許番号】6856942
(24)【登録日】2021年3月23日
(45)【発行日】2021年4月14日
(54)【発明の名称】遊技機
(51)【国際特許分類】
   A63F 7/02 20060101AFI20210405BHJP
【FI】
   A63F7/02 320
   A63F7/02 315A
   A63F7/02 333Z
【請求項の数】5
【全頁数】52
(21)【出願番号】特願2018-138845(P2018-138845)
(22)【出願日】2018年7月24日
(65)【公開番号】特開2020-14619(P2020-14619A)
(43)【公開日】2020年1月30日
【審査請求日】2019年8月8日
(73)【特許権者】
【識別番号】000135210
【氏名又は名称】株式会社ニューギン
(74)【代理人】
【識別番号】100137589
【弁理士】
【氏名又は名称】右田 俊介
(72)【発明者】
【氏名】松田 鉄平
(72)【発明者】
【氏名】上前 良太
(72)【発明者】
【氏名】小谷野 淳
(72)【発明者】
【氏名】美和 良亮
【審査官】 廣瀬 貴理
(56)【参考文献】
【文献】 特開2017−104296(JP,A)
【文献】 特許第6227180(JP,B1)
【文献】 特開2019−217202(JP,A)
【文献】 特開2000−070484(JP,A)
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
A63F 7/02
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
遊技状態を制御する遊技状態制御手段と、
演出手段と、
前記演出手段を制御する演出制御手段と、を備え、
始動口への遊技球の入賞に基づいて図柄変動を実行可能であり、図柄変動ごとに大当りに当選するか否かの当否判定を実行し、複数段階の設定値から一の設定値を設定し、設定されている前記設定値によって前記大当りに当選する確率が定まる遊技機であって、
前記遊技状態制御手段は、
図柄変動を実行可能な遊技状態として、第一の遊技状態と、前記第一の遊技状態とは有利度が異なる第二の遊技状態と、を設定することが可能であって、
前記第二の遊技状態の次の遊技状態として前記第一の遊技状態を設定可能であり、
前記演出制御手段は、
設定されている前記設定値を示唆する設定示唆演出を実行させることが可能であり、
前記設定示唆演出として、所定の設定示唆演出を実行可能であって、
前記第二の遊技状態から前記第一の遊技状態に跨って前記所定の設定示唆演出を実行させることが可能であり、
前記第二の遊技状態は、前記始動口への遊技球の入賞のし易さが異なることによって前記第一の遊技状態とは有利度が異なる遊技状態であり、
前記所定の設定示唆演出は、前記第二の遊技状態から前記第一の遊技状態に跨って実行される際に、前記第二の遊技状態と前記第一の遊技状態との境界時においても実行されていることを特徴とする遊技機。
【請求項2】
請求項1に記載の遊技機であって、
前記所定の設定示唆演出は、開始されてから、前記第二の遊技状態から前記第一の遊技状態に跨って実行され、終了するまでの間、開始時に決定された演出態様で継続的又は断続的に実行されることを特徴とする遊技機。
【請求項3】
請求項1に記載の遊技機であって、
記演出制御手段は、
前記所定の設定示唆演出として、背景画像の態様により設定値を示唆する演出を実行可能であり、
前記第二の遊技状態から前記第一の遊技状態に跨って前記所定の設定示唆演出を開始させてからから終了させるまでの間に、前記背景画像の態様を、設定されている前記設定値の示唆確度が高まるように切り替える場合があることを特徴とする遊技機。
【請求項4】
請求項1乃至3のいずれか一項に記載の遊技機であって、
前記始動口に遊技球が入賞した場合であっても、変動開始条件が充足されるまで図柄変動の開始を保留し、
前記大当りに当選した場合には、該大当りに当選した図柄変動の終了後に大当り遊技を開始させ、
前記第二の遊技状態は、前記第一の遊技状態よりも有利度が高い遊技状態であり、
前記演出制御手段は、
前記第二の遊技状態の次の遊技状態が前記第一の遊技状態とされる場合における、該第二の遊技状態において保留されている該第一の遊技状態の図柄変動に対する事前判定の結果が大当りの当選を示す場合に、第二の遊技状態から第一の遊技状態に跨って前記所定の設定示唆演出を実行させることが可能であることを特徴とする遊技機。
【請求項5】
請求項1乃至3のいずれか一項に記載の遊技機であって、
前記始動口に遊技球が入賞した場合であっても、変動開始条件が充足されるまで図柄変動の開始を保留し、
前記当否判定では、小当りに当選するか否かも判定され、
前記小当りに当選した場合には、該小当りに当選した図柄変動の終了後に小当り遊技を開始させ、
前記第二の遊技状態は、前記第一の遊技状態よりも有利度が高い遊技状態であり、
前記演出制御手段は、
前記第二の遊技状態の次の遊技状態が前記第一の遊技状態とされる場合における、該第二の遊技状態において保留されている該第一の遊技状態の図柄変動に対する事前判定の結果が小当りの当選を示す場合に、第二の遊技状態から第一の遊技状態に跨って前記所定の設定示唆演出を実行させることが可能であることを特徴とする遊技機。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、遊技機に関し、特にパチンコ機に関する。
【背景技術】
【0002】
パチンコ機に代表される遊技機には、発射された遊技球が入賞口に入球することで該入賞口に対応する数の賞球を付与するものがある。例えば、特許文献1。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
【特許文献1】特開2016−97166号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
このようなパチンコ機では、昨今、複数段階の設定値のうちの一の設定値が設定され、設定されている設定値に応じて賞球の付与に関する有利度が異なるパチンコ機の開発が求められている。
そして、このような設定値を有するパチンコ機は、今後普及が期待されるパチンコ機であり、依然として遊技の興趣を高める観点において改良の余地がある。
【0005】
よって、本発明は、上記の課題に鑑みてなされたものであり、設定値を有するパチンコ機において遊技の興趣を高めることができる遊技機を提供するものである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明によれば、遊技状態を制御する遊技状態制御手段と、演出手段と、前記演出手段を制御する演出制御手段と、を備え、始動口への遊技球の入賞に基づいて図柄変動を実行可能であり、図柄変動ごとに大当りに当選するか否かの当否判定を実行し、複数段階の設定値から一の設定値を設定し、設定されている前記設定値によって前記大当りに当選する確率が定まる遊技機であって、前記遊技状態制御手段は、図柄変動を実行可能な遊技状態として、第一の遊技状態と、前記第一の遊技状態とは有利度が異なる第二の遊技状態と、を設定することが可能であって、前記第二の遊技状態の次の遊技状態として前記第一の遊技状態を設定可能であり、前記演出制御手段は、設定されている前記設定値を示唆する設定示唆演出を実行させることが可能であり、前記設定示唆演出として、所定の設定示唆演出を実行可能であって、前記第二の遊技状態から前記第一の遊技状態に跨って前記所定の設定示唆演出を実行させることが可能であり、前記第二の遊技状態は、前記始動口への遊技球の入賞のし易さが異なることによって前記第一の遊技状態とは有利度が異なる遊技状態であり、前記所定の設定示唆演出は、前記第二の遊技状態から前記第一の遊技状態に跨って実行される際に、前記第二の遊技状態と前記第一の遊技状態との境界時においても実行されていることを特徴とする遊技機が提供される。

【発明の効果】
【0007】
本発明によれば、設定値を有するパチンコ機において遊技の興趣を高めることができる遊技機が提供される。
【図面の簡単な説明】
【0008】
図1】遊技機の正面図である。
図2図1に示す領域IIに配設される図柄表示装置を示す図である。
図3図1に示す領域IIIに配設される操作ボタン群及びその周辺を示す鳥瞰図である。
図4】遊技機内に設置される遊技盤を示す図である。
図5】遊技機の背面図である。
図6】遊技機が備える制御構成を示すブロック図である。
図7】遊技機が備える機能構成を示すブロック図である。
図8】主制御基板における抽選で用いられる抽選テーブルを模式的に示す図である。
図9】特図変動パターン導出状態の遷移を示す状態遷移図である。
図10】設定変更処理のフローを示す図である。
図11】設定確認処理のフローを示す図である。
図12】状態別の主制御基板モニタの表示態様を示す図である。
図13】設定キースイッチの態様とRAMクリアスイッチの態様との組み合わせのパターンを示す図である。
図14】復電時に異常がなく、かつ直前の電断時の状態が遊技可能状態である場合の復電時の遊技機の状態を整理した表である。
図15】特定背景画像演出の態様を示す図である。
図16】背景画像態様抽選テーブルを模式的に示す図である。
図17】特定背景画像演出における背景画像態様切替え抽選テーブルを模式的に示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、本発明の実施形態について、図面を用いて説明する。なお、すべての図面において、同様の構成要素には同一の符号を付し、適宜に説明を省略する。また、以下の説明では、「前」「後」「左」「右」「上」「下」とは、特に断りのない限り、図1に示すように遊技機10を正面側(遊技者側)から見た状態で指称するものとする。
なお、以降の説明における「有利(有利度)」とは、遊技者に対して有利であることを指し、更に、特に断りがない限り、いわゆるプレミア画像等の演出面を除き、賞球の獲得量(遊技球の払い出し)に関して有利であることを指す。
また、以降の説明における「特典」とは、後述する大当り(大当り遊技)等、賞球の獲得に関して有利となる種々の状態を指し、いわゆるプレミア画像等の演出は含まれない。
【0010】
<概要>
本実施形態に係る遊技機10の詳細を説明する前に、本実施形態の特徴の概要を説明する。
本実施形態に係る遊技機10は、始動口への遊技球の入賞に基づいて図柄変動を実行可能であり、図柄変動ごとに大当りに当選するか否かの当否判定を実行し、複数段階の設定値から一の設定値を設定し、設定されている設定値によって大当りに当選する確率が定まる遊技機、いわゆる設定値を有するパチンコ遊技機であり、少なくとも、遊技状態を制御する遊技状態制御手段と、演出手段と、この演出手段を制御する演出制御手段とを備えている。
【0011】
遊技状態制御手段は、図柄変動を実行可能な遊技状態として、第一の遊技状態と、この第一の遊技状態とは有利度が異なる第二の遊技状態と、を設定することが可能であり、かつ、第二の遊技状態の次の遊技状態として第一の遊技状態を設定可能である。更に、第二の遊技状態は、始動口への遊技球の入賞のし易さが異なることによって第一の遊技状態とは有利度が異なる。後述の遊技状態制御手段155は、この遊技状態制御手段の一具体例である。
ここで、「図柄変動を実行可能な遊技状態」とは、後述する主制御基板100で管理される状態であり、かつ、大当り遊技及び小当り遊技の状態を除いた状態である。このような遊技状態は、例えば、本実施形態のように、後述する特図抽選状態及び普図抽選状態の組合せで特定可能である。このように、当該遊技状態は、独自に特定し得る情報により管理されなくてもよいし、独自に特定し得る情報により管理されてもよい。
【0012】
また、遊技状態の有利度は、始動口への遊技球の入賞のし易さに対応し、比較する遊技状態における普図抽選状態によって定義され得る。
ここで、普図抽選状態に関し、普図高確状態は、普図低確状態よりも始動口へ遊技球が入賞し易くなるため、普図低確状態よりも賞球数として有利なる(有利度が高くなる)のが一般的である。しかしながら、逆に、普図高確状態が普図低確状態よりも賞球数として不利になり得る形態もある。当該形態とは、例えば、始動口(例えば、入賞時の賞球数が1)及び普通電動役物の下に特別電動役物及び大入賞口(例えば、入賞時の賞球数が15で、入賞時の賞球数が当該始動口よりも多い)が配置された構造を前提として、普図高確状態では、小当りによる特別電動役物の開放時における大入賞口への入賞が普通電動役物(始動口への入賞)によって阻害され易くなる一方、普図低確状態では、小当りによる特別電動役物の開放時における大入賞口への入賞が普通電動役物(始動口への入賞)によって阻害され難くなる態様が挙げられる。
【0013】
演出手段は、各種演出を実現する手段であり、後述のメイン表示部81、サブ表示部82、演出遮蔽体83等が演出手段の一具体例である。
演出制御手段は、演出手段を制御し、設定されている設定値を示唆する設定示唆演出を実行させることが可能であり、当該設定示唆演出として、第二の遊技状態から前記第一の遊技状態に跨って所定の設定示唆演出を実行させることが可能である。
ここで「設定示唆演出」は、設定されている設定値を示唆する演出であればよく、その演出態様は何ら制限されない。設定示唆演出は、例えば、後述のメイン表示部81又はサブ表示部82等を用いた表示で実現されてもよいし、後述のスピーカ33から出力される音声で実現されてもよいし、後述の演出ランプ35の点灯又は消灯などで実現されてもよいし、それらの組合せで実現されてもよい。後述の設定示唆演出制御手段228が演出制御手段の一具体例である。
また、「設定示唆演出」は、表示や音声、ランプの点灯のように、その出力態様によって現在の設定値を示唆するものに限らず、その実行確率によって現在の設定値を示唆するものも存在し、これらの演出を合わせて設定示唆演出と称することとする。そして、「設定示唆演出」の態様又は実行有無を決定する処理では、現在の設定値が参照される。そのため、「設定示唆演出」は、現在の設定値を参照して態様又は実行有無が決定される演出であるということもできる。
更に、「設定示唆演出」は、大当りに当選する確率が高い設定値を示唆するもののみに制限されず、偶数設定値や奇数設定値を示唆する等、複数段階の設定値のうちの一部の設定値であることを示唆するものであればよく、一部の設定値を確定的に示す(特定可能な)ものであってもよい。
【0014】
後述する本実施形態では、第二の遊技状態(特図高確かつ普図高確の状態)における図柄変動から第一の遊技状態(特図低確かつ普図低確の状態)における図柄変動に続く連続する複数の図柄変動に跨って、所定の設定示唆演出(特定背景画像演出)が実行される例が示されている。但し、変形例で詳述するように、所定の設定示唆演出は、一の図柄変動内において第二の遊技状態から第一の遊技状態に跨って実行されてもよい。
第二の遊技状態と第一の遊技状態との間には、大当り遊技又は小当り遊技の状態が介在してもよいが、設定示唆演出を遊技者に認識させ易くするという観点では、大当り遊技又は小当り遊技の状態は介在しないことが好ましい。また、後述する本実施形態のように、普図高確の状態の図柄変動で大当り当選した場合、大当り遊技の開始時に普図低確とされるため、第二の遊技状態(普図高確)から第一の遊技状態(普図低確)への遷移が生じるが、当該所定の設定示唆演出は、大当り遊技の開始時における遊技状態を跨いで実行され、かつその大当り遊技の終了までに終了されるような演出でないことが好ましい。
【0015】
また、所定の設定示唆演出は、開始されてから終了するまで絶え間なく継続して実行される演出である必要はなく、開始から終了までの期間の一部で非実行期間を有する演出であってもよい。このため、この非実行期間が第二の遊技状態と第一の遊技状態との境界時を含んでもよいが、設定示唆演出を遊技者に認識させ易くするという観点では、当該所定の設定示唆演出は、それら遊技状態の境界時に実行されていることが好ましい。即ち、演出制御手段は、第二の遊技状態から第一の遊技状態に遷移するタイミングを含む第二の遊技状態から前記第一の遊技状態に跨った期間において、所定の設定示唆演出を実行させることが好ましい。
【0016】
また、当該所定の設定示唆演出は、第二の遊技状態から第一の遊技状態に跨って同一の態様で実行されなくてもよい。例えば、当該所定の設定示唆演出は、表示で実現される場合に、第二の遊技状態から前記第一の遊技状態に遷移される間において表示位置が変わってもよいし、大きさ等が変わってもよい。
【0017】
このように本実施形態では、設定されている設定値を示唆する所定の設定示唆演出が、始動口への遊技球の入賞のし易さが異なることによって有利度が異なる遊技状態に跨って実行され得る。
これにより、当該所定の設定示唆演出を遊技者に認識させ易くすることができ、ひいては、遊技の興趣を高めることができる。
【0018】
但し、上述した通り、演出制御手段は、第二の遊技状態から第一の遊技状態に跨る所定の設定示唆演出に加えて、当該所定の設定示唆演出以外の他の設定示唆演出、即ち遊技状態を跨がない設定示唆演出を実行させることが可能であってもよい。この場合、第二の遊技状態から第一の遊技状態に跨る当該所定の設定示唆演出は、特定の設定値を確定的に特定可能な態様を含み、遊技状態を跨がない当該他の設定示唆演出は、特定の設定値を確定的に特定可能な態様を含まないようにしてもよい。更に言えば、当該所定の設定示唆演出が複数設けられており、当該他の設定示唆演出が複数設けられている場合には、当該所定の設定示唆演出は全て、特定の設定値を確定的に特定可能な態様を含み、当該他の設定示唆演出の少なくとも一つが特定の設定値を確定的に特定可能な態様を含まないようにしてもよい。
ここで「特定の設定値」として、設定値1、設定値3、設定値5を総称して奇数設定値と、設定値2、設定値4、設定値6を総称して偶数設定値と、設定値1、設定値2、設定値3を総称して低設定値と、設定値4、設定値5、設定値6を総称して高設定値と称する場合がある。また、設定値の段階は、複数段階あればよく、6段階に限らない。そして、本実施形態とは異なる数の段階となる場合における高設定値とは、上位半分の設定値(段階の数が奇数の場合には、真ん中の設定値を含む上位の設定値)を指す。
【0019】
以下、このような特徴を有する遊技機10についてより具体的に説明する。
【0020】
<遊技機10の構造について>
まず、図1から図5を用いて、遊技機10の構造について説明する。
図1は、遊技機10の正面図であり、図2は、図1に示す領域IIに配設される図柄表示装置90を示す図であり、図3は、図1に示す領域IIIに配設される操作ボタン群及びその周辺を示す鳥瞰図であり、図4は、遊技機10内に設置される遊技盤50を示す図であり、図5は、遊技機10の背面図である。
なお、図1から図5に図示される各構成は、本実施形態の遊技機10を説明する上で必要なものを挙げたに過ぎず、ここに図示しない構成及び機能を遊技機10に追加してもよい。また、遊技機10はここに図示する構成の全部を必ずしも備えなくてもよく、本発明の効果を阻害しない範囲で一部の構成又は機能が省かれても良い。
【0021】
本実施形態の遊技機10は、いわゆるパチンコ機であり、多数の遊技釘(図示省略)が立設された遊技盤50の前面領域(以下、「遊技領域50a」と称す)に遊技球を発射し、遊技球が入賞口(例えば、大入賞口55等)に入球すると賞球が得られる遊技を行うものである。なお、以下の説明では、入賞口に遊技球が入球することを、単に「(入賞口に)入賞する」と表現する場合がある。
【0022】
遊技機10は、前後に開口する矩形枠状の外枠15と、外枠15の開口前面側に遊技盤50を着脱可能に保持する中枠17と、遊技盤50の前面側を覆うよう構成された前枠20と、を備える。
【0023】
中枠17は、ヒンジ機構21と同一側にあるヒンジ機構(図示省略)により左端側を中心に回動自在に支持され、外枠15の前側に開閉可能となっている。なお、中枠17は、シリンダ錠23により、施錠及び解錠(シリンダ錠23に扉キーを差し込み、扉キーを前枠20の解錠方向とは逆の方向(本実施形態では、右)に回す)が可能となっている。
【0024】
前枠20は、ヒンジ機構21により左端側を中心に回動自在に支持され、中枠17に対して開閉可能となっている。なお、前枠20は、シリンダ錠23により施錠及び解錠(シリンダ錠23に扉キーを差し込み、扉キーを中枠17の解錠方向とは逆の方向(本実施形態では、左)に回す)が可能となっている。
また、前枠20は、遊技領域50aを覆うように配置された透明部材25を備え、透明部材25によって遊技領域50a及び遊技盤50を透視保護している。
また、前枠20は、遊技球を貯留する上球受け皿27及び下球受け皿29を備え、上球受け皿27と下球受け皿29は上下に離間して前枠20と一体的に設けられている。
また、前枠20は、下球受け皿29の右側方に操作ハンドル31を備え、操作ハンドル31の回動操作によって、上球受け皿27に貯留された遊技球が遊技領域50aに向けて発射されるようになっている。
【0025】
図3に示すように、上球受け皿27の上面には、遊技者に操作される操作ボタン群が配置されている。この操作ボタン群には、後述する主制御基板100に電気的に接続されているメイン操作部39として、玉貸ボタン39a、及びプリペイドカードの返却操作を受け付ける返却ボタン39bが設けられ、後述する第1副制御基板200に電気的に接続されている操作部として、遊技中に発生する演出を切り替える又は遊技機10に関わる種々の情報を得るために行う遊技者の操作を受け付けることができる演出ボタン37、及びそれぞれ上、下、左、右への操作を指示するためのカーソルボタン38(38a、38b、38c、38d)等が含まれる。なお、各操作部には、操作を検知するためのセンサが設けられており、接続対象の制御基板は、当該センサの検知状態の変化によって各操作部の操作を検知している。演出ボタン37等は、遊技機10が備える操作手段の一具体例である。
また、上球受け皿27の側方には、図示しないモータ等のアクチュエータにより動作する可動装飾体22が設けられている。
【0026】
下球受け皿29の下部には、下球受け皿29に貯留された遊技球を下方へ排出する球抜き機構36が設けられている。この球抜き機構36を操作することにより、下球受け皿29の底面に形成された底面口(図示省略)が開口して、当該底面口から遊技球が自然落下して排出される。
なお、図示は省略するが、上球受け皿27には、球抜き機構36と同様に、操作することで貯留している球を下球受け皿29へ移動させる機構が設けられ、この機構と球抜き機構36の双方を操作することで、貯留している球を排出することが可能となる。
【0027】
図1に示すように、前枠20の上枠部32の左側と右側にそれぞれ一対のスピーカ33(33a、33b)が配設されている。また、前枠20の上枠部32と左右側枠部34a、34bは光透過性のカバーにより形成されており、その内部にはそれぞれ演出ランプ35(35a、35b、35c)が配設されている。スピーカ33や演出ランプ35は、遊技中に発生する演出やエラー演出等と連動して音声出力又は点灯若しくは消灯することができる。
【0028】
演出表示装置80は、遊技盤50の略中央に配設されているメイン表示部81と、メイン表示部81の周囲に配設されているサブ表示部82で構成されている。サブ表示部82は、更に、メイン表示部81の上方に配設されている上サブ表示部82aと、メイン表示部81の左側に配設されている左サブ表示部82bと、メイン表示部81の右側に配設されている右サブ表示部82cと、を含んでいる。
ここで、メイン表示部81は、固定式の液晶表示装置であり、上サブ表示部82a、左サブ表示部82b、右サブ表示部82cは、図示しないモータ等のアクチュエータにより動作する可動式の液晶表示装置である。
【0029】
メイン表示部81は、後述する第1特別図柄表示装置91又は第2特別図柄表示装置92における変動表示に連動して行われる装飾図柄の変動表示を表示することができ、更に他の各種の演出も表示することができる。
メイン表示部81に表示される装飾図柄の変動表示において、表示される装飾図柄は、3つの図柄列をなす。各図柄列における装飾図柄の変動表示の方向は特に制限されず、例えば、上下方向、左右方向、奥行き方向、又はこれらの組合せ(斜め方向)のいずれであってもよい。
ここで、奥行き方向とは、実際にはメイン表示部81の表示画面上の平面的な変動表示であるにも関わらず、メイン表示部81の奧方から手前方向又はその逆方向に装飾図柄が変動表示しているかのように認識させる手法(例えば、遠近法)を用いた表示態様において、遊技者が認識する仮想的な方向をいう。
【0030】
サブ表示部82のそれぞれは、主として演出に関連する演出画像を表示するために設けられるだけでなく、移動可能に構成されている。
なお、それぞれの初期位置は、上サブ表示部82aはメイン表示部81を基準として上側であり、左サブ表示部82bはメイン表示部81を基準として左側であり、右サブ表示部82cはメイン表示部81を基準として右側であり、サブ表示部82のそれぞれは、これらの初期位置からメイン表示部81における装飾図柄の表示領域に重なる位置まで移動可能に構成されている。
【0031】
なお、本実施形態における演出表示装置80(メイン表示部81、上サブ表示部82a、左サブ表示部82b、右サブ表示部82c)には、いずれも液晶表示装置が採用されているが、本発明の実施はこれに限るものではない。例えば、ドラム式やドットマトリックス式等、多様な方式の表示装置を演出表示装置80として採用することができる。
【0032】
メイン表示部81とサブ表示部82の間には、演出遮蔽体83が配設されている。更に、演出遮蔽体83は、左上演出遮蔽体83a、右上演出遮蔽体83b、左下演出遮蔽体83c、及び右下演出遮蔽体83dで構成されており、これらは、互いに連動してメイン表示部81を遮蔽する方向に移動可能に構成されている。
【0033】
メイン表示部81の右下側には、複数の発光ダイオード(light emitting diode、以下、「LED」と略称する)が配設されており、これらのLEDによって図柄表示装置90の表示領域が構成されており、図柄表示装置90には、特別図柄及び普通図柄が表示される。
また、図柄表示装置90は、メイン表示部81よりも遊技者が視認しにくい位置に配設され、図柄表示装置90の表示領域は、メイン表示部81の表示領域よりも小さい面積になっている。
なお、本実施形態における図柄表示装置90に係るLEDの配置や数は図2に示すとおりであるが、これは一例であって、図柄表示装置90に係るLEDの配置や数はこの例に制限されるものではない。
【0034】
特別図柄は、特別電動役物(例えば、特別電動役物65)を作動させるか否かを決定する図柄変動の結果として停止表示される図柄である。本実施形態における特別図柄には、第1特別図柄表示装置91に表示される第1特別図柄と第2特別図柄表示装置92に表示される第2特別図柄とが含まれる。
なお、特別図柄は「特図」、第1特別図柄は「特図1」、第2特別図柄は「特図2」と略称される場合がある。
【0035】
普通図柄は、普通電動役物(例えば、普通電動役物61)を作動させるか否かを決定する図柄変動の結果として停止表示される図柄である。本実施形態における普通図柄は、普通図柄表示装置93に表示される。
なお、普通図柄は、「普図」と略称される場合があり、普通電動役物は「電チュー」と称される場合がある。
【0036】
また、図柄表示装置90には、上述の表示装置以外に、第1特別図柄保留ランプ94、第2特別図柄保留ランプ95、普通図柄保留ランプ96が設けられている。
第1特別図柄保留ランプ94は、保留されている特図1の図柄変動の数を特定可能とし、第2特別図柄保留ランプ95は、保留されている特図2の図柄変動の数を特定可能とし、普通図柄保留ランプ96は、保留されている普図の図柄変動の数を特定可能とし、いずれも、2つのLEDの点灯態様(本実施形態では、右常時点灯のみ=1、左右常時点灯=2、右側点滅+左側常時点灯=3、左右点滅=4)によって対応する図柄変動の数を特定可能とするものである。
【0037】
以下の説明では、第1特別図柄表示装置91又は第2特別図柄表示装置92で特図を変動表示させた後に特図を停止表示させる図柄変動を「特図の図柄変動」と称し、以下の説明では、普通図柄表示装置93を変動表示させた後に普図を停止表示させる図柄変動を「普図の図柄変動」と称する場合がある。
また、以下の説明では、上述のメイン表示部81に表示される装飾図柄の変動表示は、「特図の図柄変動」や「普図の図柄変動」と区別して「装飾図柄の図柄変動」と称する場合がある。
なお、以下の説明では、単に「図柄変動」と称した場合には、特に断りがない限り特図の図柄変動を意味する。
【0038】
遊技盤50の前面には、図4に示すように、多数の遊技釘(図示省略)や風車52、装飾部材といった障害物が配置されていることにより、打ち出された遊技球が転動するように遊技領域50aが画成されている。
また、遊技領域50aの左側及び上側には、操作ハンドル31の回転操作により発射された遊技球を遊技領域50aの上部に案内するために設けられた湾曲形状の外レール51及び内レール53が配置されている。なお、外レール51は、遊技領域50a中央を基準として内レール53より外側に位置している。ここで、風車52とは、遊技球の落下の方向に変化を与えるための機構であって、くぎ状のものをいう。
【0039】
遊技機10は操作ハンドル31の回転操作量(例えば回転角度)の大小によって遊技球の打ち出しの強弱をつけることが可能になっており、より弱く打ち出された遊技球が転動する第1流路X(いわゆる左打ち)、より強く打ち出された遊技球が転動する第2流路Y(いわゆる右打ち)、のいずれか一方を遊技球が転動するように各種障害物が遊技領域50aに配置されている。
【0040】
図4には、主要な入賞口として、大入賞口55、第1始動口57、第2始動口59、ゲート63、一般入賞口67を図示しているが、図示されている入賞口は一例であり、その数や配置は適宜変更しても構わない。
【0041】
大入賞口55は遊技領域50aの右下部に配置されている。大入賞口55には大入賞口センサ72が付設されており、大入賞口センサ72の検知結果によって大入賞口55への入賞が判定されて、大入賞口55に対応付けられた数(本実施形態では、15)の賞球が付与される。
なお、本実施形態において、第1流路Xから転動する場合と比較して、第2流路Yから転動する場合に多くの遊技球が大入賞口55に向けて転動するように各障害物が配置されている。
【0042】
大入賞口55の上方には特別電動役物65が配設されている。特別電動役物65は、大入賞口55への入賞が容易である開放状態又は入球が困難である閉鎖状態に可換に遷移する部材であり、特別電動役物ソレノイド66により開放状態又は閉鎖状態のいずれかに遷移する。
より具体的には、特別電動役物65は、後述する特図当否判定によって大当りが導出されたことに起因して設定される大当り遊技の少なくとも一部において開放状態になり、これに伴って大入賞口55への入賞が許容される。このように、特別電動役物65が開放状態である場合には、大入賞口55への入賞が容易となるため、賞球を獲得できる機会が大幅に増大する大当り遊技は、有利な遊技状態であると言える。
大当り遊技では、特別電動役物65の開放状態と閉鎖状態が交互に設定され、1回の開放状態(「ラウンド」と称する場合があり、1回の大当りで発生するラウンドの総数を「ラウンド数」と称する場合がある)は、あらかじめ定められた数(本実施形態では、10)の遊技球が大入賞口55に入賞したことに基づいて終了し、特別電動役物65が閉鎖状態となる。
なお、1回の開放状態は、あらかじめ定められた数の遊技球が大入賞口55に入賞するのに十分な時間(本実施形態では、30秒)が経過したことに基づいても終了する。
ここで、1回のラウンドにおいて、10球の遊技球が入賞したことに基づいて特別電動役物65が開放状態から閉鎖状態に設定される場合に、すぐに閉鎖状態となることはできない。そのため、1回のラウンドにおいて、10球を超える遊技球が大入賞口55に入賞する場合が発生し、当該入賞をオーバー入賞と称する場合がある。
【0043】
また、特図当否判定によって小当りが導出されたことに起因する小当り遊技の少なくとも一部においても特別電動役物65が開放状態となるが、上記の大当り遊技と比較して当該開放状態となる時間が短い。そのため、小当り遊技は、大当り遊技よりも不利な遊技状態と言える。
【0044】
第1始動口57は、遊技領域50aの中央下部に配置されている。第1始動口57には第1始動口センサ70が付設されており、第1始動口センサ70の検知結果によって第1始動口57への入賞が判定されて、第1始動口57に対応付けられた数(本実施形態では、4)の賞球が付与される。第1始動口57に係る入賞が判定された場合の少なくとも一部において、特図1の図柄変動が行われることとなる。
なお、本実施形態に係る遊技領域50aは、第2流路Yから転動した場合に比べて、第1流路Xから転動した場合に多くの遊技球が第1始動口57に向けて転動するように、遊技釘等の障害物が配置されているものとする。
【0045】
第2始動口59は、遊技領域50aの右下部に配置されている。第2始動口59には第2始動口センサ71が付設されており、第2始動口センサ71の検知結果によって第2始動口59への入賞が判定されて、第2始動口59に対応付けられた数(本実施形態では、1)の賞球が付与される。
第2始動口59に係る入賞が判定された場合の少なくとも一部において、特図2の図柄変動が行われることとなる。
なお、本実施形態に係る遊技領域50aは、第1流路Xから転動した場合に比べて、第2流路Yから転動した場合に多くの遊技球が第2始動口59に向けて転動するように、遊技釘等の障害物が配置されているものとする。
【0046】
第2始動口59に繋がる流路には普通電動役物61が配設されている。普通電動役物61は、第2始動口59に遊技球への入球が容易である開放状態又は入球が困難である閉鎖状態に可換に遷移する部材であり、普通電動役物ソレノイド62により開放状態又は閉鎖状態のいずれかに遷移する。
より具体的には、普通電動役物61は、普図の図柄変動で当選して行われる普図当り遊技の少なくとも一部において開放状態になり、これに伴って第2始動口59への入賞が許容される。このように、普通電動役物61が開放状態である場合には、第2始動口59への入賞が容易となるため、賞球により遊技球の減少を抑えつつ、特図2の図柄変動が実行される機会を大幅に増大しうる。
【0047】
ゲート63は、遊技領域50aの右中央部に配置されている。ゲート63には、ゲートセンサ74が付設されており、ゲートセンサ74の検知結果によってゲート63への入賞が判定される。ゲート63に係る入賞が判定された場合の少なくとも一部において、普図の図柄変動が行われることとなる。
なお、本実施形態において、第1流路Xから転動する場合と比較して、第2流路Yから転動する場合に多くの遊技球がゲート63に向けて転動するように各障害物が配置されている。
【0048】
一般入賞口67は、遊技領域50aの左下部に配置されている。一般入賞口67には、一般入賞口センサ73が付設されており、一般入賞口センサ73の検知結果によって一般入賞口67への入賞が判定されて、一般入賞口67に対応付けられた数(本実施形態では、4)の賞球が付与される。
なお、本実施形態において、第2流路Yから転動する場合と比較して、第1流路Xから転動する場合に多くの遊技球が一般入賞口67に向けて転動するように各障害物が配置されているが、第2流路Yから転動する場合に多くの遊技球が一般入賞口67に向けて転動するように各障害物が配置されるようにしてもよい。また、一般入賞口67を複数個設けるようにしてもよい。
【0049】
アウト口69は、遊技領域50aの最下部に配置されている。遊技領域50aに打ち込まれ、上述した各入賞口に入球しなかった遊技球はアウト口69に落入し、アウト球として処理される。
【0050】
このように、遊技機10は、遊技球を発射し、発射された遊技球が入賞口に入球することで該入賞口に対応する数の賞球を付与すると換言できる。
【0051】
なお、本実施形態では、上記入賞口及びアウト口に入球した遊技球(以下、「アウト球」と称する)を検出するためのアウト球センサ75(図示省略)を備えており、当該センサの検出結果を用いて計数されたアウト球数は、ベース値を導出するために用いられる。
ここで、ベース値とは、最も不利な状態(後述する、特図低確、かつ普図低確の状態)におけるセーフ球数(賞球数)÷アウト球数×100で導出される値であり当該値は、後述する主制御基板モニタ97に表示される。
より具体的には、初回電源投入(RAM103のベース値に係る領域がクリアされた場合を含む)からアウト球数の60000区切りの区間でベース値を導出し、導出したベース値を次の区間に表示(例えば、アウト球数が60001〜120000の区間で導出したベース値を120001〜180000の区間で表示)する。そして、表示される値は、導出したベース値の整数部分(小数点第一位を四捨五入)である。
【0052】
遊技盤50の背面には、図5に示すように、主制御基板100が格納された主制御基板ケース109、第1副制御基板200が格納された第1副制御基板ケース209、第2副制御基板300が格納された第2副制御基板ケース309、電源制御基板500が格納された電源制御基板ケース509、払出制御基板400が格納された払出制御基板ケース409、及び設定基板41が装着され、第1副制御基板ケース209及び第2副制御基板ケース309の背面に加え、主制御基板ケース109の背面の一部を覆う開閉カバー45が着脱自在に装着されている。
なお、各基板を覆う基板ケース及びカバーは、透明性を有する部材によって構成されており、各ケース及びカバーを通して対応する基板が視認可能となっている。
【0053】
主制御基板100には、設定値、ベース値、及び遊技停止状態の種別(詳細は後述)を表示する主制御基板モニタ97が設けられ、当該モニタは、遊技盤50の背面から視認可能となっている。また、当該モニタの表示は、主制御基板100により制御される。
【0054】
ここで、設定値とは、後述する特図当否判定の有利度(大当りが導出される確率)に影響を与える値である。本実施形態における設定値は、設定値1、設定値2、設定値3、設定値4、設定値5及び設定値6の計6段階が設けられており、設定されている設定値(以下、「現在の設定値」と称する場合がある)の値が大きくなるに従って特図当否判定の有利度が高くなるように構成されている。但し、設定値の段階は、複数段階であれば、6段階に限られない。なお、設定値に応じた特図当否判定の詳細は、後述する。
また、設定値は、後述する設定変更手段177による設定変更処理によって変更可能であり、現在の設定値は、後述する設定確認手段178による設定確認処理において確認可能であり、設定変更処理及び設定確認処理の詳細は、後述する。
【0055】
また、本実施形態では、設定されている設定値、ベース値、及び遊技停止状態の種別を同一の表示装置(主制御基板モニタ97)で表示しているが、これらの一部又は全部を別の表示装置に表示するようにしてもよい。
【0056】
電源制御基板には、遊技島の電源設備から供給される一次電源を遊技機10に供給するために操作される電源スイッチ40が設けられている。
【0057】
設定基板41には、後述する復電時(電源投入時)の復帰状態を決定するための操作部として、設定キースイッチ42及びRAMクリアスイッチ43が設けられている。更に、設定基板41には、設定キースイッチ42及びRAMクリアスイッチ43を覆う透明性を有する設定基板カバー44がヒンジ機構21と同一側にあるヒンジ機構(図示省略)により開閉可能に設けられている。
なお、設定基板カバー44は、設定キースイッチ42を操作するために用いられる設定キー600が挿入されている状態では、閉鎖状態にならないように構成されている。
また、設定基板カバー44は、ヒンジ機構によって開閉可能に構成されているが、上下にスライドするスライド式のカバーであってもよい。
【0058】
このように、遊技島に設置された状態では、中枠17を開放状態としなければ、遊技盤50の背面側に設けられた各操作部(電源スイッチ40、設定キースイッチ42、RAMクリアスイッチ43)の操作が困難となる。
【0059】
また、遊技盤50の背面には、開閉カバー45の上部に、遊技島の球供給設備から供給される遊技球が貯留される遊技球タンク46が配置されている。遊技球タンク46は、更に、タンクレール47及び払出ユニット48を介して、上球受け皿27に繋がる払出通路49と接続されており、払出ユニット48によって払い出された球は、払出通路49を通って上球受け皿27に払い出される。
【0060】
ここまで、本実施形態における遊技機10の構造について説明してきたが、これらは一具体例であって、別の構成によって本発明を実施することもできる。
【0061】
<遊技機10の制御構成について>
次に、図6を用いて、本実施形態に係る遊技機10が備える制御構成を説明する。図6は、遊技機10が備える制御構成を示すブロック図である。なお、図6に示す制御構成は、本実施形態の遊技機10を説明する上で必要となるものであり、遊技機10は、図6で図示しない制御構成を備えていてもよい。
【0062】
主制御基板100は、遊技に関する各種の演算処理を行うCPU101と、制御プログラムや各種データ等を記憶したROM102と、一時記憶領域となるワークエリアやバッファメモリとして機能するRAM103と、周辺基板や各デバイスとの間の信号を入出力するI/Oポート104と、CPU101によるプログラム処理とは別系統で動作して乱数(ハード乱数)を生成する乱数回路105と、を備えており、これらが内部バスを介して相互に接続されている。
【0063】
CPU101は、ROM102に格納された各種の制御プログラムを読み出して演算処理を行うことで、遊技の主制御に係る各種処理を実行する。
RAM103は、後述するバックアップ電源回路502において生成されるバックアップ電源によってバックアップがなされる。具体的には、RAM103に格納される情報のうち、電断が生じた後の復電時にそのデータを用いて電断直前の状態で遊技機10が復帰できるような各種情報がバックアップされるように構成されている。例えば、電断が生じた際に保持されていたスタックポインタや各レジスタ等のデータに加え、そのときの遊技機10の状態(遊技停止状態、設定変更状態、設定確認状態、又は遊技可能状態)、設定中の設定値、現在の特図抽選状態、現在の普図抽選状態などといった遊技に係る情報がバックアップ対象とされる。
【0064】
本実施形態では、少なくとも、そのような遊技に係る情報が格納される領域(RAM103の遊技に係る領域と表記される場合がある)に加えて、ベース値が格納される領域(RAM103のベース値に係る領域)と、RAM103の遊技に係る領域に関するチェックサムの補数及びバックアップフラグが格納される領域(RAM103の遊技に係るバックアップ情報領域と表記される場合がある)と、RAM103のベース値に係る領域に関するチェックサムの補数及びバックアップフラグが格納される領域(RAM103のベース値に係るバックアップ情報領域と表記される場合がある)とがバックアップされる。
そして、遊技機10は、復電時に、そのバックアップされた、RAM103の遊技に係る領域と、RAM103のベース値に係る領域と、RAM103の遊技に係るバックアップ情報領域と、RAM103のベース値に係るバックアップ情報領域とに格納される各種情報を用いて復帰する。
【0065】
本実施形態におけるバックアップの具体的手法については何ら制限されない。例えば、RAM103のうちバックアップ対象とされる領域は、電断状態においても不揮発的にデータを保持可能な構成で実現されてもよい。他の例としては、RAM103の中でも、電断状態においても不揮発的にデータを保持可能に構成される第一メモリと、遊技機10が動作時に参照される第二メモリとで異なるハードウェアが設けられていてもよく、その場合には、遊技機10は、電断時に第二メモリから第一メモリにバックアップ対象となる情報を退避し、その退避された情報を復電時に第一メモリから第二メモリへリカバリすればよい。
【0066】
また、主制御基板100は、第1始動口センサ70、第2始動口センサ71、大入賞口センサ72、一般入賞口センサ73、ゲートセンサ74、アウト球センサ75、中枠開扉センサ76等と電気的に接続されており、I/Oポート104を介して、これらのセンサからの検出信号をCPU101に入力可能に構成されている。
【0067】
また、主制御基板100は、第1特別図柄表示装置91、第2特別図柄表示装置92、普通図柄表示装置93、第1特別図柄保留ランプ94、第2特別図柄保留ランプ95、普通図柄保留ランプ96、主制御基板モニタ97、普通電動役物ソレノイド62及び特別電動役物ソレノイド66に電気的に接続されており、I/Oポート104を介してこれらを制御可能に構成されている。
同様に、主制御基板100は、メイン操作部39に電気的に接続されており、メイン操作部39の操作を検知可能に構成されている。更に、主制御基板100は、設定基板41と電気的に接続されており、設定キースイッチ42、及びRAMクリアスイッチ43の操作を検知可能に構成されている。
【0068】
主制御基板100と第1副制御基板200との間は、8本のパラレル信号線及び1本のストローブ線で接続されており、主制御基板100から第1副制御基板200へと向かう単一方向のみで通信可能に接続され、主制御基板100から第1副制御基板200へ各種の演出制御コマンドが送信される。
なお、第1副制御基板200から主制御基板100へデータを送信することはできず、また、第1副制御基板200は、主制御基板100に対してデータの送信を要求することはできないように構成されている。
また、本実施形態では、主制御基板100から第1副制御基板200へのデータ送信にパラレル伝送方式を採用しているが、シリアル伝送方式を採用してもよい。
【0069】
第1副制御基板200は、主制御基板100からの演出制御コマンドに基づき遊技演出に関する各種の演算処理を行うCPU201、演出制御プログラムや各種データ等を記憶したROM202、一時記憶領域となるワークエリアやバッファメモリとして機能するRAM203と、周辺基板や各デバイスとの間の信号を入出力するI/Oポート204と、を備え、これらが内部バスを介して相互に接続され、CPU201がROM202に記憶された制御プログラムに従って遊技演出に係る主要な制御を実行するように構成されている。
なお、第1副制御基板200は、演出ボタン37及びカーソルボタン38に電気的に接続されており、当該操作部の操作を検知可能に構成されている。
【0070】
また、第1副制御基板200は、主制御基板100からの演出制御コマンドに基づく演出制御処理にて、第2副制御基板300へ画像及び音響を指示する画像制御コマンド、演出ランプ35の点灯を制御するためのランプ制御データ、可動装飾体22及びサブ表示部82の可動を制御するための可動制御データ等を生成する。
ここで、第1副制御基板200は、第2副制御基板300と双方向通信が可能に接続されており、画像及び音響に関する画像制御コマンドが第1副制御基板200から第2副制御基板300へ送信される一方、その応答として、当該制御コマンドを正常に受信できた旨を示す応答コマンド(ACKコマンド)が第2副制御基板300から第1副制御基板200へ送信される。
【0071】
また、第1副制御基板200は、演出ランプ35と電気接続されており、I/Oポート204を介して、ランプ制御データを送信する。そして、演出ランプ35は、第1副制御基板200から送信されるランプ制御データによって点灯が制御されるように構成されている。
【0072】
また、第1副制御基板200は、可動装飾体22、サブ表示部82、及び演出遮蔽体83と電気接続されており、I/Oポート204を介して、可動制御データを送信する。
そして、可動装飾体22、サブ表示部82、演出遮蔽体83は、第1副制御基板200から送信される可動制御データによって可動が制御されるように構成されている。
【0073】
第2副制御基板300は、第1副制御基板200からの画像制御コマンドに基づき画像演出に関する各種の演算処理を行うCPU301と、画像制御プログラムや各種データ等を記憶したROM302と、一時記憶領域となるワークエリアやバッファメモリとして機能するRAM303と、周辺基板や各デバイスとの間の信号を入出力するI/Oポート304とを備えており、CPU301がROM302に記憶された制御プログラムに従って画像演出に係る主要な制御を実行するように構成されている。
その他、第2副制御基板300には、図示省略するが、CPU301から受信した制御信号に基づき演出内容に沿った画像データを生成するVDPと、CPU301から受信した制御信号に基づき演出内容に沿った音響データを生成する音源ICとを搭載している。VDPは、いわゆる画像プロセッサであり、CPU301からの指示に応じて画像ROMに記憶された画像データを読み込み、これを画像処理して生成した画像データを演出表示装置80へ送信する。このVDPには、画像ROMから読み出された画像データの展開・加工に使用される高速のVRAMが接続されている。音源ICは、CPU301からの指示に応じて音声ROMに記憶された音響データを読み込み、読み込んだ音響データを合成処理して生成した最終的な音響データを増幅器を介してスピーカ33に出力する。
【0074】
払出制御基板400は、CPU401、ROM402及びRAM403(いずれも図示省略)を主体として構成されている。
また、払出制御基板400は、主制御基板100と双方向通信可能に接続されており、主制御基板100からの払出制御コマンドに基づいて払出ユニット48を駆動させて遊技球を払い出すための制御を実行するとともに、操作ハンドル31の操作量に基づき球送り機構と発射機構とを同期的に駆動させて遊技球の発射を制御する。
【0075】
電源制御基板500は、遊技島の電源設備から供給される一次電源を基に、上述の制御基板等の電子部品や電気部品に供給する通常電源を生成する通常電源回路501、バックアップ電源を生成するバックアップ電源回路502、及び電断(通常電源による供給電圧が所定の電圧低下となること)を検出する電断検出回路503で構成されている。
また、電源制御基板500には、電源スイッチ40が接続されており、遊技島の電源設備から1次電源が供給されていることを前提として、電源スイッチ40がONになると、電源制御基板500の通常電源回路501で通常電源が生成され、上述の制御基板(主制御基板100、第1副制御基板200、第2副制御基板300、及び払出制御基板400)を含む電子部品や電気部品に電源が供給される。
また、電源制御基板500は、電断検出回路503によって電断が検出された場合には、電断信号(NMI信号)を主制御基板100、第1副制御基板200、払出制御基板400のそれぞれに送信する。
また、バックアップ電源回路502は、遊技島の電源設備から遊技機10に電源が供給されているときに充電される仕組みとなっている。
なお、バックアップ電源回路502を払出制御基板400上に設けるようにしてもよく、電断検出回路503を電源制御基板500に設けず、主制御基板100、第1副制御基板200、及び払出制御基板400のそれぞれに設けるようにしてもよい。
【0076】
<遊技機10の機能構成について>
次に、図7を用いて、本実施形態に係る遊技機10が備える機能構成を説明する。図7は、遊技機10が備える機能構成を示すブロック図である。なお、図7に示す機能構成は、本実施形態の遊技機10を説明する上で必要となるものであり、遊技機10は、図7で図示しない機能構成を備えていてもよい。また、必要に応じて、機能構成を説明する際に、図8も参照することとする。
【0077】
主制御基板100は、図7に示すように、入球判定手段110、メイン乱数発生手段115、メイン保留制御手段120、事前判定手段125、特図抽選手段130、普図抽選手段135、大当り遊技制御手段140、図柄表示制御手段145、電動役物制御手段150、遊技状態制御手段155、メイン情報記憶手段160、メインエラー制御手段165、メインコマンド管理手段170、復電処理実行手段175、及び電断処理実行手段180を備えており、これらの手段は、図6を用いて説明した主制御基板100上の各制御構成によって実現されるものを機能的に表したものである。
【0078】
なお、メイン情報記憶手段160は、主制御基板100が備える手段によって読み出されたデータや、当該手段における演算によって導出されたデータ等を各々に対応する格納領域に一時的に記憶する手段である。特に、メイン情報記憶手段160の送信コマンド格納領域に記憶されたデータ(演出制御コマンド)は、記憶された後にコマンド送信手段によって後述する第1副制御基板200のサブコマンド管理手段270に向けて送信される。
【0079】
入球判定手段110は、各入賞口に設けられたセンサの検知結果に基づいて各入賞口への入賞を判定する。
【0080】
メイン乱数発生手段115は、乱数回路105によって更新範囲が異なる複数種類の乱数を生成可能であり、入賞口への入賞が判定されたタイミングで乱数回路105から当該入賞口に対応する一又は複数の乱数を取得(ラッチ)する。
より具体的には、メイン乱数発生手段115は、第1始動口57又は第2始動口59への入賞が判定された場合には、後述する、特図当否判定用の乱数、特図停止図柄抽選用の乱数、及び特図変動パターン抽選用の乱数を取得する。ゲート63への入賞が判定された場合には、後述する普図当否判定用の乱数、普図図柄抽選用の乱数、及び普図変動パターン抽選用の乱数をメイン情報記憶手段160の対応する格納領域に格納する。
【0081】
メイン保留制御手段120は、特図の図柄変動の保留、及び普図の図柄変動の保留に関する制御を行う。特図1に関しては、第1始動口57への入賞を契機として取得された、特図当否判定用の乱数、特図停止図柄抽選用の乱数、及び特図変動パターン抽選用の乱数を、特図1の作動保留情報として保留する(記憶させる)。
より具体的には、メイン保留制御手段120は、特図1の作動保留情報が保留されるごとに1加算され、特図1の作動保留情報が使用される(特図抽選手段130の抽選で用いられる)ごとに1減算される保留カウンタ(以下、「特図1保留カウンタ」と称する)を備え、特図1保留カウンタの値が上限値(本実施形態では、4)となるまで、当該作動保留情報をメイン情報記憶手段160の現在の特図1保留カウンタに対応する格納領域に記憶させ、作動保留情報が使用されるごとに、使用された作動保留情報をクリアし、残りの作動保留情報を、特図1保留カウンタの小さいものから順に、現在の格納領域から現在の特図1保留カウンタよりも1少ない特図1保留カウンタに対応する格納領域に移動(シフト)させる制御を行う。
また、メイン保留制御手段120は、特図2及び普図に関しても、特図1とは別に上述の制御と同様の制御を行い、特図2の保留カウンタを特図2保留カウンタと称する。
また、以降の説明では、「作動保留情報の保留」を「図柄変動の保留」と表現する場合がある。
【0082】
また、メイン保留制御手段120は、特図1又は特図2の作動保留情報(保留カウンタ)を更新(加算又は減算)した際に、特図1保留カウンタ及び特図2保留カウンタを含む演出制御コマンド(保留コマンド)を生成し、当該コマンドをメイン情報記憶手段160の送信コマンド格納領域に記憶させる。
なお、本実施形態では、特図1に対応する作動保留情報及び特図2に対応する作動保留情報の双方が保留されている場合には、特図2に対応する作動保留情報が優先的に使用される優先変動が行われる。
また、大当り遊技中に保留されている特図の作動保留情報であって、当該大当り遊技の終了後に使用される特図の作動保留情報(本実施形態のように優先変動を採用している場合には、特図2の保留に限る)を使用した場合の特図当否判定の結果が大当り(後述する確変大当りであることが好ましい)となることを、「保留連」と称する場合がある。
【0083】
事前判定手段125は、所定の事前判定のタイミングにおいて特図の作動保留情報が保留された場合に、当該作動保留情報を対象とした先読み演出のための事前判定を実行する。
より具体的には、事前判定手段125は、今回保留した作動保留情報の各乱数を読み出し、後述する、特図当否判定、特図停止図柄抽選、及び特図変動パターン抽選のそれぞれに対する事前判定を実行する。各事前判定では、各事前判定に対応する抽選に用いられる抽選テーブルと同一又は同等の抽選テーブル(図示省略)が用いられる。そのため、これらの事前判定は、後に実行される抽選の結果と同一の結果が導出される。
また、事前判定手段125は、導出された事前判定の結果を含む演出制御コマンド(事前判定コマンド)を生成し、当該コマンドをメイン情報記憶手段160の送信コマンド格納領域に記憶させる。
なお、上述の通り、事前判定コマンドは、所定の事前判定のタイミングにおいて特図の作動保留情報が保留された場合の少なくとも一部で送信される(生成され、メイン情報記憶手段160の送信コマンド格納領域に記憶される)ものであるため、上述の保留コマンドに続いて送信されることとなる。ここで、所定の事前判定のタイミングとは、大当り遊技中ではないことを指し、更に、本実施形態では、普図高確中の特図1の作動保留情報が保留された場合には、事前判定コマンドの送信を規制している。
【0084】
特図抽選手段130は、特図当否判定手段131、特図停止図柄抽選手段132、及び特図変動パターン導出手段133を備え、特図当否判定手段131、特図停止図柄抽選手段132、特図変動パターン導出手段133の順に各手段による処理を実行する。特図抽選手段130は、特図の変動開始条件が充足された際に、メイン情報記憶手段160に保留されている作動保留情報のうちの最先の作動保留情報を読み出す。
なお、「特図の変動開始条件が充足される」とは、その一例として、大当り中ではないこと、特図1及び特図2のいずれも図柄変動中でないこと、特図1及び特図2のうちの少なくともいずれか一方に作動保留情報が存在することのすべての条件が充足されたことである。
【0085】
ここで、図8は、主制御基板100における抽選で用いられる抽選テーブルを模式的に示す図であり、以下の説明において必要に応じて参照する。
なお、図8で示す抽選テーブル以外の抽選テーブルを含め、以下の抽選テーブルを用いた抽選では、読み出した乱数に対して抽選テーブルに記憶された抽選値をあらかじめ定められた順序に従って順次加算され、キャリー(桁あふれ)が発生した抽選値に対応する結果が当該抽選の結果として導出される。同様に、以降の抽選テーブルに関する説明では、説明の便宜上、抽選テーブルに名前を付しているが、名前に対応する抽選テーブルに含まれる抽選値等のデータが各ROMに識別可能に記憶されていればよく、これらの名前は、当該データが記憶される領域を特定するものではない。同様に、以降で図示される抽選テーブルには、説明の便宜上記載された項目や、抽選値として「−」又は「0」が記載されている場合があるが、これらは必ずしも各ROMに記憶されたデータを示すものではない。同様に、抽選に使用される乱数範囲の最大値に1を加えた抽選値が抽選テーブルに記載されている場合には、当該結果が100%導出されるため、必ずしも抽選を行う必要はない。
【0086】
特図当否判定手段131は、図柄変動ごとに、特図当否判定用の乱数を読み出し、読み出した乱数と現在の設定値に対応する特図当否判定用の抽選テーブルを用いて大当り、小当たり、ハズレのいずれに該当(当選)するかを抽選によって判定する特図当否判定を実行する。
図8(a)は、特図1及び特図2で共通して用いられる特図当否判定用の抽選テーブルを模式的に示した図であり、当該判定で用いられる乱数の範囲は、0〜65535である。そのため、特図抽選状態が低確率の場合(以下、「特図低確」と略称する場合がある)において、現在の設定値が設定値1である場合には205/65536(約1/319.6)、現在の設定値が設定値2である場合には210/65536(約1/312.0)、現在の設定値が設定値3である場合には215/65536(約1/304.8)、現在の設定値が設定値4である場合には220/65536(約1/297.8)、現在の設定値が設定値5である場合には225/65536(約1/291.2)、現在の設定値が設定値6である場合には230/65536(約1/284.9)の確率で大当りが導出される。
同様に、特図抽選状態が高確率の場合(以下、「特図高確」と略称する場合がある)において、現在の設定値が設定値1である場合には445/65536(約1/147.2)、現在の設定値が設定値2である場合には455/65536(約1/144.0)、現在の設定値が設定値3である場合には466/65536(約1/140.6)、現在にお設定値が設定値4である場合には477/65536(約1/137.3)、現在の設定値が設定値5である場合には488/65536(約1/134.2)、現在の設定値が設定値6である場合には499/65536(約1/131.3)の確率で大当りが導出される。
なお、図8(a)に示す通り、小当りは、特図低確及び特図高確のいずれの場合にも、550/65536(約1/119.1)の確率で導出され、当該確率は設定値に依存しない。
【0087】
また、上述の遊技盤50の説明では省略したが、遊技盤50の前面には、特図低確における大当り確率及び特図高確における大当り確率の設定値ごとの設計値(いずれも分子を1とした場合の確率であることが好ましい)が、前枠20が閉鎖している状態で前面側から視認可能な位置に記載されている。そのため、遊技者は、これらの確率の設計値を認識することができる。
なお、これらの確率は、設定値ごとの大当り確率をすべて記載する必要はなく、例えば、特図低確における大当り確率を「1/284.9〜1/319.6」や、特図高確における大当り確率を「1/147.2〜1/131.3」のように、設定値2〜設定値5の大当り確率を記載しないようにしてもよい。即ち、最も高い確率と最も低い確率のみを記載するようにしてもよい。このようにすることで、確率の記載スペースを有効利用することができる。
特に、特図高確における大当り確率を記載せずに特図低確における大当り確率(特図低確における大当り確率のみ)を記載するようにしてもよく、この場合には、設定値ごとの特図低確における大当り確率をすべて記載してもよいし、一部(最も高い確率と最も低い確率)を記載するようにしてもよい。いずれの場合であっても、特図高確における大当り確率よりも遊技者が関心を持つ特図低確における大当り確率を記載しつつも、特図高確に確率の記載スペースをより有効利用することができる。また、これらの確率の記載は、メイン表示部81の表示に置き換えてもよい。
【0088】
特図停止図柄抽選手段132は、特図当否判定の結果が大当りとなった場合に、特図停止図柄抽選用の乱数を読み出し、読み出した乱数と特図停止図柄抽選用の抽選テーブルを用いて特図の停止図柄を抽選によって決定する。
図8(b)は、特図1停止図柄抽選用の抽選テーブルを模式的に示した図であり、当該抽選で用いられる乱数の範囲は、0〜99である。そのため、特図1で大当りが導出された場合には、50/100(1/2)の確率で図柄A、40/100(1/2.5)の確率で図柄B、10/100(1/10)の確率で図柄Cが停止図柄として決定され、これらの確率は設定値に依存しない。
ここで、図柄Aは、ラウンド数が8、かつ大当り遊技終了後に特図低確、後述する普図高確となる図柄(以下、「通常図柄」と称する場合があり、当該図柄に係る大当りを「通常大当り」と称する場合がある)である。一方、図柄Bは、ラウンド数が9、かつ大当り遊技終了後に特図高確、普図高確となる図柄(以下、「確変図柄」と称する場合があり、当該図柄に係る大当りを「確変大当り」と称する場合がある)である。さらに、図柄Cは、ラウンド数が16、かつ大当り遊技終了後に特図高確、普図高確となる確変図柄である。よって、図柄Cは、ラウンド数において図柄Bよりも有利な図柄であり、図柄Bおよび図柄Cは、ラウンド数およびその後の特図抽選状態の双方において図柄Aよりも有利な図柄であると言える。
【0089】
図8(c)は、特図2停止図柄抽選用の抽選テーブルを模式的に示した図であり、当該抽選で用いられる乱数の範囲は、特図1停止図柄抽選と同様に、0〜99である。そのため、特図2で大当りが導出された場合には、65/100(約1/1.53)の確率(すべての設定値で同一)で図柄a、35/100(約1/2.85)の確率(すべての設定値で同一)で図柄bとなる。
ここで、図柄aは、ラウンド数が16であり、かつ大当り遊技終了後に特図高確、普図高確となる確変図柄であり、図柄bは、ラウンド数が4であり、大当り遊技終了後に特図低確、普図高確となる通常図柄である。よって、図柄aは、ラウンド数及びその後の特図抽選状態の双方において図柄bよりも有利な図柄であると言える。
【0090】
このように、本実施形態では、特図1及び特図2のいずれにおいても、各停止図柄が導出される確率は、設定される設定値に関わらず一定であり、特図停止図柄抽選の有利度は、設定される設定値によって変化しない。
【0091】
また、本実施形態は、特図1による大当り遊技終了後の特図高確となる割合(50/100)と、特図2による大当り遊技終了後の特図高確となる割合(65/100)とが異なっている(特図1の図柄変動よりも特図2の図柄変動が有利になっている)。詳細は省略するが、この違いは、大当り遊技中に遊技球が大入賞口55内に設けられたV入賞領域を通過した場合(V入賞領域に設けられたセンサが遊技球を検知した場合)に大当り遊技終了後に特図高確とする機能を備え、V入賞領域の通過が容易となるラウンド(本実施形態では、9ラウンド目)を設けるか否かを特図の停止図柄によって変えることで実現している。
【0092】
また、特図停止図柄抽選手段132は、特図当否判定の結果が大当りとならなかった場合には、特図1の小当り時は図柄D、特図1のハズレ時は図柄E、特図2のハズレ時は図柄cを停止図柄として一律に決定する。
【0093】
特図変動パターン導出手段133は、特図変動パターンを決定する際に参照する特図変動パターン抽選テーブルを複数種類備え、現在の特図変動パターン導出状態と今回の特図当否判定の結果とに基づいて、今回の特図変動パターンを決定するための一つの特図変動パターン抽選テーブルを選択し、選択した特図変動パターン抽選テーブルと特図変動パターン抽選用の乱数とを用いて一つの特図変動パターンを決定する。そして、この決定された特図変動パターンによって変動時間が決定される。
なお、特図変動パターン導出手段133は、特図当否判定の結果が大当りとなった場合の変動時間の平均時間が、特図当否判定の結果が大当りとならなかった場合(特図当否判定の結果が小当りやハズレとなった場合)の変動時間の平均時間よりも長くなるように特図変動パターンを決定する。
なお、本実施形態では、上述の特図停止図柄抽選と同様に、特図変動パターン導出状態及び特図当否判定の結果が同一であれば、各特図変動パターンが導出される確率は、設定される設定値に関わらず一定となる。
また、特図変動パターン導出手段133は、図柄変動開始時に、決定された特図変動パターンを含む演出制御コマンド(変動開始コマンド)を生成し、当該コマンドをメイン情報記憶手段160の送信コマンド格納領域に記憶させる。
【0094】
普図抽選手段135は、特図抽選手段130と同様に、普図の図柄変動中でない場合に、メイン情報記憶手段160に保留されている作動保留情報のうちの最先の作動保留情報を読み出し、読み出した乱数を用いて、普図の当否を判定する普図当否判定を実行し、当該普図当否判定によって普通電動役物61が開放状態に制御されることとなる普図当りに当選した場合に普図の停止図柄を抽選により決定する普図停止図柄抽選、及び普図の変動パターン(変動時間)を抽選により決定する普図変動パターン抽選を実行する。
より具体的には、普図当否判定では、普図抽選状態が高確率の状態(「普図高確」と略称する場合がある)と、普図抽選状態が低確率の状態(「普図低確」と略称する場合がある)とがあり、抽選テーブルの図示は省略するが、本実施形態では、普図高確では、65535/65536の確率で普図当りとなり、残りの1/65536の確率でハズレとなる一方、普図低確では、1/65536の確率で普図当りとなり、残りの65535/65536の確率でハズレとなる。なお、普図低確では、普図当りとならない(65536/65536でハズレとなる)ようにしてもよい。
【0095】
普図停止図柄抽選では、特図停止図柄抽選と同様に、普通電動役物61の開放状態となるパターンが異なる複数種類の停止図柄から、普図停止図柄抽選用の抽選テーブル(図示省略)を用いた抽選によって一つの停止図柄が決定される。なお、普図当否判定でハズレとなった場合には、特図1、2と同様に、停止図柄が一律に決定される。
【0096】
また、普図変動パターン抽選では、特図変動パターン抽選と同様に、複数種類の普図変動パターンから、普図変動パターン抽選用の抽選テーブル(図示省略)を用いた抽選によって一つの普図変動パターンが決定される。
【0097】
このように、普図高確は、普図低確よりも普図当りが導出される確率が高く、普図低確よりも有利度が高い状態であると言える。
なお、後述するRAMクリア処理が実行された場合には、普図低確が設定されることとなる。
また、本実施形態では、普図に関する抽選(普図当否判定、普図停止図柄抽選、及び普図変動パターン抽選)のいずれにおいても各抽選結果が導出される確率は、設定値に関わらず一定であり、普図に関する抽選の有利度は、設定される設定値によって変化しない。
【0098】
なお、本実施形態は、上述の通り、設定される設定値に基づいて特図当否判定で大当りに当選する確率が定まり、設定される設定値が大きくなるほど特図当否判定で大当りに当選する確率が高くなることで、設定される設定値が大きくなるほど有利度が高くなるように構成されているが、特図当否判定で小当りに当選する確率について設定値に基づく当選確率の差(以下、「設定差」と称する場合がある)を設けてもよい。また、特図当否判定に加え、特図停止図柄抽選、普図当否判定、及び普図停止図柄抽選のうちの少なくとも一つの抽選(又は判定)において有利な結果が導出される確率に設定差を設けるようにしてもよい。また、特図当否判定を含まず、特図停止図柄抽選、普図当否判定、及び普図停止図柄抽選のうちの少なくとも一つの抽選(又は判定)において有利な結果が導出される確率に設定差を設けることで、設定される設定値が大きくなるほど有利が高くなる(設定される設定値に応じて有利度が異なる)ようにしてもよい。すなわち、設定される設定値に応じて賞球の付与に関する有利度が異なるように構成されていればよい。
このため、遊技機10は、複数段階の設定値(設定値1から設定値6)から一の設定値を設定し、設定されている設定値によって大当りに当選する確率が定まるということができる。
【0099】
大当り遊技制御手段140は、特図当否抽選の結果が大当りである場合、決定された大当り図柄に応じて、大当り開始デモに係るデモ時間、及び大当り終了デモに係るデモ時間を決定する。
また、大当り遊技制御手段140は、大当り開始時には、大当り開始デモに係るデモ時間を含む演出制御コマンド(大当り開始コマンド)を生成し、メイン情報記憶手段160の送信コマンド格納領域に記憶させ、大当り終了時には、大当り終了デモに係るデモ時間を含む演出制御コマンド(大当り終了コマンド)を生成し、メイン情報記憶手段160の送信コマンド格納領域に記憶させる。
また、大当り遊技制御手段140は、特図当否抽選の結果が小当りの場合も同様に、小当り開始デモに係る時間、及び小当り終了デモに係るデモ時間を決定し、小当り開始時には、小当り開始デモに係るデモ時間を含む演出制御コマンド(小当り開始コマンド)を生成し、メイン情報記憶手段160の送信コマンド格納領域に記憶させ、小当り終了時には、小当り終了デモに係るデモ時間を含む演出制御コマンド(小当り終了コマンド)を生成し、メイン情報記憶手段160の送信コマンド格納領域に記憶させる。
【0100】
図柄表示制御手段145は、特図1の特図変動パターンに基づく変動時間に従って、特図1を第1特別図柄表示装置91に変動表示させるとともに、変動時間の経過後に特図停止図柄抽選によって決定された停止図柄で特図1を停止表示させる。同様に、第2特別図柄の特図変動パターンに基づく変動時間に従って、特図2を第2特別図柄表示装置92に変動表示させるとともに、変動時間の経過後に特図停止図柄抽選によって決定された停止図柄で特図2を停止表示させる。
なお、図柄表示制御手段145は、特図1及び特図2の表示に係る時間(変動時間、停止表示時間)を管理するための特図遊技タイマを有し、特図を停止表示させる際に(特図遊技タイマの値が「0」となるタイミングで)、装飾図柄の確定停止(確定表示)を要求するための演出制御コマンド(変動停止コマンド)を生成し、当該コマンドをメイン情報記憶手段160の送信コマンド格納領域に格納する。
【0101】
また、図柄表示制御手段145は、普図の普図変動パターンに基づく変動時間に従って、普図を普通図柄表示装置93に変動表示させるとともに、変動時間の経過後に普図を普図停止図柄抽選によって決定された停止図柄で停止表示させる。
なお、図柄表示制御手段145は、普図の表示に係る時間(変動時間、停止表示時間)を管理するための普図遊技タイマを有する。
【0102】
電動役物制御手段150は、特図当否抽選の結果が大当りとなった場合、特図の停止表示後に、特別電動役物ソレノイド66に制御信号を出力し、特別電動役物65を特図の停止図柄に対応する開放パターンに従って開放させる。大当り遊技は、特別電動役物65の1回の開閉動作を1回のラウンド遊技とし、当該ラウンド遊技を規定ラウンド数(本例では、16R、9R、8R、4R)だけ連続して実行する遊技状態である。
【0103】
また、電動役物制御手段150は、特図当否抽選の結果が小当りとなった場合、特図の停止表示後に、特別電動役物ソレノイド66に制御信号を出力し、特別電動役物65を短期間(0.05秒)だけ開放させる。
【0104】
また、電動役物制御手段150は、普図当否抽選に当選した場合、普通電動役物ソレノイド62に制御信号を出力して、普通電動役物61を普図の停止図柄に対応する開放パターンに従って開放させる。
【0105】
遊技状態制御手段155は、特図抽選状態を制御する。具体的には、遊技状態制御手段155は、上述の通り、大当り遊技の開始時に、大当りに係る図柄に関わらず、特図低確とし、通常大当りに係る大当り遊技の終了時には、特図低確を維持し、確変大当りに係る大当り遊技の終了時には、規定回数(本実施形態では100回)の図柄変動が終了するまで特図高確とする。
但し、確変大当りに係る大当り遊技の終了後の特図高確から特図低確に遷移する条件は、本実施形態のような図柄変動の回数に制限されることはなく、通常大当りの当選や転落当否抽選の結果や予め定められた他の条件とされてもよい。
また、確変大当りに係る大当り遊技終了時に特図高確とする条件は、特図の停止図柄の種別のみに制限されることはなく、V入賞を条件とされてもよい。
【0106】
また、遊技状態制御手段155は、普図抽選状態を制御する。具体的には、遊技状態制御手段155は、大当り開始時に、大当りに係る図柄に関わらず、普図低確とし、通常大当りに係る大当り遊技の終了時に規定回数(本実施形態では100回)の図柄変動が行われるまで普図高確とし、その規定回数の図柄変動(本実施形態では100回目の図柄変動)の終了時に普図低確とし、確変大当りに係る大当り遊技の終了時に規定回数(本実施形態では100回)の図柄変動が行われるまで普図高確とし、その規定回数の図柄変動(本実施形態では100回目の図柄変動)の終了時に普図低確とする。
【0107】
更に、遊技状態制御手段155は、上述の特図変動パターン導出状態を制御する。具体的には、特図変動パターン導出状態を大別すると、特図低確かつ普図低確に対応する特図変動パターン導出状態A、特図低確かつ普図高確に対応する特図変動パターン導出状態B、及び特図高確かつ普図高確に対応する特図変動パターン導出状態Cがあり、大当り遊技中を除いて特図抽選状態及び普図抽選状態に応じた特図変動パターン導出状態が設定される。
図9は、特図変動パターン導出状態の遷移を示す状態遷移図である。
遊技状態制御手段155は、図9に示される遷移条件(i)、(ii)及び(iii)に従って、特図変動パターン導出状態を遷移させる。
遷移条件(i)は確変大当りに係る大当り遊技の終了、遷移条件(ii)は通常大当りに係る大当り遊技の終了、遷移条件(iii)は100回目の図柄変動の終了となる。なお、特図変動パターン導出状態Bにおいて通常大当りに係る大当り遊技が開始された場合には(遷移条件(ii))、その通常大当り遊技の終了後に再度特図変動パターン導出状態Bが設定される(遷移条件(iii)における図柄変動のカウントが0から開始される)こととなる。同様に、特図変動パターン導出状態Cにおいて確変大当りに係る大当り遊技が開始された場合には(遷移条件(i))、その確変大当り遊技の終了後に再度特図変動パターン導出状態Cが設定される(遷移条件(iii)における図柄変動のカウントが0から開始される)こととなる。
【0108】
また、遊技状態制御手段155は、特図抽選状態、普図抽選状態、及び特図変動パターン導出状態の更新が発生した場合に、更新後の各状態を含む演出制御コマンド(遊技状態指定コマンド)を生成し、当該コマンドをメイン情報記憶手段160の送信コマンド格納領域に記憶させる。
【0109】
メイン情報記憶手段160は、上述の通り、各手段によって読み出されたデータや、各手段による演算等によって導出されたデータ等を各々に対応する格納領域に一時的に記憶する手段である。
【0110】
メインエラー制御手段165は、I/Oポート104の入力情報を監視し、遊技機10がエラー状態であるか否かを判定する。エラー状態であると判定された場合には、当該エラー情報を含む演出制御コマンド(エラーコマンド)をメイン情報記憶手段160の送信コマンド格納領域に格納する。
なお、メインエラー制御手段165は、例えば、磁気センサ(図示省略)の検知によるエラー状態等、重要度の高いエラー状態となった場合には、払出制御基板400に遊技球の発射を規制させる等、エラーコマンドをメイン情報記憶手段160の送信コマンド格納領域に格納する以外の処理を実行するようにしてもよい。
【0111】
メインコマンド管理手段170は、メイン情報記憶手段160の送信コマンド格納領域に演出制御コマンドが記憶されている場合に、当該演出制御コマンドを第1副制御基板200に向けて送信する。
なお、各演出制御コマンドは、原則として、メイン情報記憶手段160の送信コマンド格納領域に記憶された順番に従って送信される。
【0112】
復電処理実行手段175は、復帰状態設定手段176、設定変更手段177、設定確認手段178、及び遊技可能状態移行手段179を備える。
【0113】
復帰状態設定手段176は、当該RAM103に異常があるか否か、当該復電の直前の電断時の状態、復電時の設定キースイッチ42の態様と復電時のRAMクリアスイッチ43の態様の組合せ、及び復電時の中枠開扉センサ76の状態に基づいて、復帰状態設定処理を実行する。当該処理によって設定される復電時の復帰状態には、遊技停止状態、設定変更状態、設定確認状態、及び遊技可能状態(RAMクリア処理を伴う場合と、RAMクリア処理を伴わない場合とがある)がある。RAMクリア処理が実行された場合には、特図低確および普図低確が設定されることとなる。
なお、復帰状態設定手段176による復帰状態設定処理の詳細フローの説明は省略するが、当該復帰条件に対応する復電時の復帰状態を含む復電時の遊技機10の状態の詳細は後述する。
【0114】
ここで、遊技停止状態とは、各入賞口に設けられたセンサの検知結果に応じた処理を実行しない(当該センサの検知結果自体を見なくてもよい)ことで、遊技の進行が不可能となる復帰状態であり、遊技可能状態とは、各入賞口に設けられたセンサの検知結果に応じた処理を実行することで、遊技の進行が可能となる復帰状態である。なお、設定変更状態および設定確認状態の詳細は後述する。
また、RAM103に異常があるか否かとは、復帰状態設定処理の先頭で行われるRAM異常チェック(具体的には、対象となる領域に係るバックアップ情報領域にバックアップフラグが記憶されているか否か(バックアップフラグがONであるか否か)を判定し、当該バックアップフラグが記憶されている場合(当該バックアップフラグがONである場合)には、対象となる領域と当該領域に係るバックアップ情報領域に記憶されている補数のチェックサムを導出し、当該演算結果が0である場合には、対象となる領域が正常であると判断し、それ以外は、対象となる領域が異常であると判断する処理)をRAM103の遊技に係る領域に対して実行して判断される。
なお、本実施形態におけるRAM異常チェックでは、ベース値に係る領域に対しても異常があるか否かが判断されるが、本実施形態における説明では、特段の説明がない限り、RAM103に異常があるとは、RAM103の遊技に係る領域に異常があることを指す。
また、復帰状態設定処理では、RAM103の遊技に係る領域に異常があり、かつRAM103のベース値に係る領域に異常がある場合に、RAM103のベース値に係る領域がクリアされるが、RAM103のベース値に係る領域に異常があれば(RAM103の遊技に係る領域に異常があるか否かに関わらず)、RAM103のベース値に係る領域をクリアするようにしてもよい。
【0115】
設定変更手段177は、設定変更状態が設定された場合に、設定値の変更を可能とする設定変更処理を実行する。なお、当該処理の詳細は、後述する。
【0116】
設定確認手段178は、設定確認状態が設定された場合に、設定値の確認を可能とする設定確認処理を実行する。なお、当該処理の詳細は、後述する。
【0117】
遊技可能状態移行手段179は、遊技可能状態が設定された場合に、遊技可能状態へ移行させる遊技可能状態移行処理を実行する。
具体的に説明すると、遊技可能状態移行処理では、セキュリティ信号の出力がONになっている場合には、セキュリティ信号の出力をOFFにする処理、ベース値を主制御基板モニタ97に表示させる処理(ベース値の表示態様については、後述)、及びデバイスの初期設定が実行される。
ここで、セキュリティ信号とは、遊技機外の機器(データ表示機やホールコンピュータ)に向けて遊技機10に設けられた外部端子盤(図示省略)から出力される信号の一種である。以降の説明を含め、セキュリティ信号をONにするとは、セキュリティ信号の出力を開始することを指し、セキュリティ信号をOFFにするとは、セキュリティ信号の出力を終了することを指す。
また、本実施形態において、セキュリティ信号をOFFにする処理では、セキュリティ信号をONにしてからの経過時間を考慮していないが、当該経過時間を考慮、すなわち、セキュリティ信号をONにしてから一定時間経過するまでセキュリティ信号をOFFにしないようにしてもよい。
また、デバイスの初期設定では、払出制御基板400に遊技球の発射を許可するための発射許可コマンドの送信や、各入賞口への入球が有効となる状態の設定や、乱数回路105を起動させるためのデータの設定等の処理が実行される。
【0118】
復帰状態設定手段176及び設定変更手段177は、RAMクリア条件に応じて、RAMクリア処理を実行する。
RAMクリア処理では、具体的には、RAM103の遊技に係る領域(ベース値に係る領域とは異なる領域)のうち、設定値に係る領域を除く領域に格納されるデータをクリアする。ここで、RAMクリア処理におけるデータのクリアは、例えば、各種データを初期化する(初期値に戻す)ことを含む。但し、RAM103のベース値に係る領域が異常である場合等、当該領域をクリアする条件が充足された場合には、当該領域がクリアされてもよい。
【0119】
電断処理実行手段180は、電源制御基板500からの電断信号を受信したことに基づいて電断処理を実行する。
具体的には、RAM103のうちの遊技に係る領域(ベース値に係る領域とは異なる領域)に対しては、当該領域のチェックサムを導出し、当該チェックサムの補数をRAM103の遊技に係るバックアップ情報領域に記憶させる処理、及び当該領域に対する電断処理が実行されたことを示すバックアップフラグをONにする(RAM103の遊技に係るバックアップ情報領域にバックアップフラグを記憶させる)処理を実行する。また、RAM103のベース値に係る領域に対しても、RAM103のうちの遊技に係る領域と同様に、RAM103のベース値に係る領域のチェックサムを導出し、当該チェックサムの補数をRAM103のベース値に係るバックアップ情報領域記憶させる処理、及びRAM103のベース値に係る領域に対する電断処理が実行されたことを示すバックアップフラグをONにする(RAM103のベース値に係るバックアップ情報領域にバックアップフラグを記憶させる)処理を実行する。
【0120】
第1副制御基板200は、図7に示すように、サブ乱数発生手段210、通常演出制御手段220、サブエラー制御手段230、ランプ制御手段240、可動役物制御手段250、サブ情報記憶手段260、及びサブコマンド管理手段270を備えており、これらの手段は、図5を用いて説明した第1副制御基板200上の各制御構成によって実現されるものを機能的に表したものである。
なお、サブ情報記憶手段260は、第1副制御基板200が備える手段によって読み出されたデータや、当該手段における演算によって導出されたデータ等を各々に対応する格納領域に一時的に記憶する手段である。また、メインコマンド管理手段170から送信された演出制御コマンドは、サブコマンド管理手段270によってサブ情報記憶手段260の受信コマンド格納領域に記憶される。
【0121】
サブ乱数発生手段210は、CPU201によってプログラム処理で更新される乱数(ソフトウェア乱数)を生成可能であり、通常演出制御手段220による各抽選(詳細は後述)が実行されるタイミングで乱数を取得する。
【0122】
通常演出制御手段220は、演出モード制御手段221、演出ルート決定手段222、サブ保留制御手段223、先読み演出制御手段224、演出内容決定手段225、装飾図柄制御手段226、大当り演出制御手段227、及び設定示唆演出制御手段228を備える。
【0123】
演出モード制御手段221は、遊技状態指定コマンドが送信された場合に、主制御基板100側で管理された特図変動パターン導出状態との整合性をとるかたちで、演出モードの遷移を制御する。
本実施形態における演出モードは、通常モード、チャンスタイムモード、及び確変モードに大別され、特図変動パターン導出状態Aには通常モード、特図変動パターン導出状態Bにはチャンスタイムモード、特図変動パターン導出状態Cには確変モードが対応付けられる。
このため、演出モード制御手段221は、通常大当りに係る大当り遊技の終了後に、途中で大当りが導出されないことを条件に、チャンスタイムモード、通常モードと遷移させる。また、小当り遊技の終了後も同様に、チャンスタイムモード、通常モードと遷移させてもよい。
【0124】
演出ルート決定手段222は、変動開始コマンドが送信された場合に、当該コマンドに含まれる情報(例えば、特図変動パターン)や上述の演出モード等に基づいて、今回の図柄変動に対応する演出ルートを決定(設定)する。また、演出ルート決定手段222は、事前判定コマンドが送信された場合に、当該コマンドに含まれる情報(例えば、特図変動パターン)に基づいて、今回保留された図柄変動に対応する演出ルートを決定(設定)することもできる。
演出ルートとは、図柄変動の開始から終了までの演出であって、当該図柄変動における特図当否判定の結果を報知する演出の過程を規定するものであり、当該図柄変動で実行される演出の内容は、当該図柄変動に対応する演出ルートに従って決定されることとなる。
【0125】
サブ保留制御手段223は、保留コマンドの受信があった場合に、当該コマンドに含まれる特図1保留カウンタと特図2保留カウンタの情報に基づいて、メイン表示部81の保留表示領域(図示省略)に、特図1保留カウンタに対応する数の保留画像と、特図2保留カウンタに対応する数の保留画像とを表示させるための演出データを設定する。
なお、保留画像とは、大当り遊技の期待度等の有利度を示唆する種々の態様に変化する保留先読み演出の対象となる画像である。
【0126】
先読み演出制御手段224は、事前判定コマンドが送信された場合に、当該コマンドに含まれる事前判定の結果に基づいて先読み演出の内容を決定する。
先読み演出とは、先読み対象の図柄変動が開始される前の一又は複数回の図柄変動に亘って、先読み対象の図柄変動における特図当否判定の結果に対する期待度や、先読み対象の図柄変動において実行される演出の内容を示唆する演出である。
例えば、先読み演出制御手段224は、保留画像を変化させる保留変化演出や、先読みゾーン演出などの先読み演出に関して実行の要否やタイミング、演出内容などを決定する。
【0127】
演出内容決定手段225は、変動開始コマンドが送信された場合に、演出ルート決定手段222によって決定された演出ルートに従って今回の図柄変動において実行する演出の内容を決定する。
より具体的には、演出ルート決定手段222は、決定された演出ルートの各段階において、実行する演出の内容(演出パターン)を、当該演出ルートに対応する演出パターン抽選テーブルを用いた抽選等によって決定する。このようにすることで、決定された演出ルートに係る(に従って実行される)演出の内容を変えることができるとともに、一つの図柄変動における演出に繋がりを持たせることができる。また、同一の演出ルートが決定された場合であっても、実行される演出を多彩にすることもできる。
例えば、演出内容決定手段225は、演出ステージの移行、説明テロップ演出、演出遮蔽体83を閉鎖する演出など各種演出の内容を決定する。但し、決定される演出内容自体は制限されない。
【0128】
装飾図柄制御手段226は、図柄変動ごとに装飾図柄の各図柄列を変動表示させ、決定された装飾図柄の最終的な停止図柄の組み合わせ(左図柄・中図柄・右図柄)で、変動表示させた図柄列を確定表示(確定停止)させる。装飾図柄制御手段226は、変動開始コマンドが送信された場合に、演出内容決定手段225によって決定された演出内容等に基づいて、装飾図柄の最終的な停止図柄の組み合わせ(左図柄・中図柄・右図柄)を決定することができる。なお、以下の説明では、特に断りがない限り、装飾図柄の確定停止を、単に、装飾図柄の停止と表現する場合がある。
本実施形態における装飾図柄には、数字の「1」を模した「1図柄」、数字の「2」を模した「2図柄」、数字の「3」を模した「3図柄」、数字の「4」を模した「4図柄」、数字の「5」を模した「5図柄」、数字の「6」を模した「6図柄」、及び数字の「7」を模した「7図柄」があり、以降の説明では、「1図柄」、「3図柄」、「5図柄」、「7図柄」を総称して「奇数図柄」と称し、「2図柄」、「4図柄」、「6図柄」を総称して「偶数図柄」と称する場合がある。
【0129】
また、装飾図柄制御手段226は、停止させる装飾図柄の組合せを特図の停止図柄に対応させて決定している。具体的には、図柄Bと図柄Cと図柄aには、奇数図柄揃い(例えば、「1図柄」−「1図柄」−「1図柄」)を対応させ、図柄Aと図柄bには、偶数図柄揃い(例えば、「2図柄」−「2図柄」−「2図柄」)を対応させ、図柄Dと図柄Eと図柄cにはバラケ目(いずれの図柄揃いもない図柄の組合せ)を対応させている。
なお、停止させる装飾図柄の組合せを特図の停止図柄に対応させるにあたっては、必ずしも上述の対応関係とする必要はなく、例えば、図柄aに偶数図柄揃いを対応させる等、上述の対応関係に対して停止させる装飾図柄の組合せの期待度が高くならない組合せであれば、一部の場合(上述の対応関係となる割合よりも低い割合)で上述の対応関係とは異なる装飾図柄の組合せを採用してもよく、このような場合であっても、停止させる装飾図柄の組合せが特図の停止図柄と対応していると言える。
本明細書において、一の図柄列(例えば、中央の図柄列)において装飾図柄が変動表示されており、かつこの図柄列を除いた各図柄列に同一の装飾図柄が停止している状態をリーチ状態と表記する。
この「リーチ状態」の定義における「同一の装飾図柄」とは、模した数字が同一である装飾図柄を意味し、「同一の装飾図柄」の間で図柄態様が完全に一致するものであってもよいし、異なる態様のものであってもよい。
【0130】
大当り演出制御手段227は、大当り開始コマンドが送信された場合に、当該コマンドに含まれる情報等に基づいて、大当り演出の内容を決定する。なお、大当り演出には、大当り遊技の開始を報知する大当り開始デモ演出、ラウンド遊技中であることを報知する大当りラウンド演出、及び大当り遊技の終了を報知する大当り終了デモ演出が存在する。
同様に、大当り演出制御手段227は、小当り開始コマンドが送信された場合に、小当り演出の内容を決定する。なお、小当り演出には、小当り遊技の開始を報知する小当り開始デモ演出、小当り遊技中であることを報知する小当り中演出、及び小当り遊技の終了を報知する小当り終了デモ演出が存在する。
【0131】
設定示唆演出制御手段228は、現在の設定値を示唆する設定示唆演出に関する制御を行う。具体的には、設定示唆演出制御手段228は、設定示唆演出を実行するか否かを所定のタイミングで判定し、実行が決定された場合には、現在の設定値に基づいて設定示唆演出の内容を決定する。
本実施形態では、設定示唆演出制御手段228により制御される設定示唆演出の一具体例として、メイン表示部81に表示される背景画像の態様で現在の設定値を示唆する特定背景画像演出が例示される。
【0132】
本実施形態における特定背景画像演出は、特図高確かつ普図高確の状態における所定回目(本実施形態では98回目)の図柄変動時に開始され、当該状態から遷移した特図低確かつ普図低確の状態において残保留の図柄変動が終了するまでの間、実行される。
ここでの「残保留の図柄変動」とは、特図高確かつ普図高確の状態における100回目の図柄変動の終了時に保留されている図柄変動を指し示すものとする。
設定示唆演出制御手段228は、特図高確かつ普図高確の状態における100回目の図柄変動の終了時に保留されている図柄変動の数について、保留コマンドに含まれる情報などに基づいて把握することができる。
なお、本実施形態では、特図高確かつ普図高確の状態時に大当りに当選した場合には、特定背景画像演出は、その大当りに係る大当り遊技が開始されるまでに終了されるが、大当り遊技中も継続して実行されてもよい。
また、特定背景画像演出の開始タイミングについても、本実施形態の例に限定されない。特定背景画像演出は、特図高確かつ普図高確の状態における98回目より前に開始されてもよいし、99回目又は100回目に開始されてもよい。また、特定背景画像演出は、特図低確かつ普図高確の状態における所定回数目(例えば98回目)の図柄変動時に開始され、その状態から遷移した特図低確かつ普図低確の状態における残保留の図柄変動が終了するまでの間、実行されてもよい。ここでの「残保留の図柄変動」とは、特図低確かつ普図高確の状態における100回目の図柄変動の終了時に保留されている図柄変動を意味する。
なお、特定背景画像演出の詳細及び設定示唆演出制御手段228による特定背景画像演出の決定処理の詳細については後述する。
【0133】
このため、第二の遊技状態(普図高確状態)は、第一の遊技状態(普図低確状態)よりも始動口への遊技球の入賞のし易さが異なることによって有利度の高い遊技状態であり、設定示唆演出制御手段228は、第二の遊技状態(普図高確状態)から第一の遊技状態(普図低確状態)に跨って、所定の設定示唆演出(特定背景画像演出)を実行させることが可能であると換言できる。
ここでの「遊技状態の有利度」については上述したとおりである。
更に具体的には、本実施形態では、設定示唆演出制御手段228は、第二の遊技状態(普図高確状態)における図柄変動から第一の遊技状態(普図低確状態)における図柄変動に続く連続する複数の図柄変動に跨って、所定の設定示唆演出(特定背景画像演出)を実行させることが可能であると換言することもできる。
【0134】
本実施形態とは異なるが、特定背景画像演出は、特図低確かつ普図高確の状態(第二の遊技状態)から特図低確かつ普図低確の状態(第一の遊技状態)に跨って実行されてもよい。特図低確かつ普図高確の状態(第二の遊技状態)の次に特図低確かつ普図低確の状態(第一の遊技状態)とされるのは、特図低確かつ普図高確の状態で大当りに当選せず100回の図柄変動が終了する際と、特図低確かつ普図高確の状態で大当りに当選した場合におけるその大当りに当選した図柄変動時であるが、後者の際には、特定背景画像演出(所定の設定示唆演出)は実行されないことが好ましい。
【0135】
このように、遊技者が注目する遊技状態の遷移を跨いで設定示唆演出を実行することで、遊技者に設定示唆演出を把握させ易くすることができる。更に言えば、第二の遊技状態(普図高確状態)からそれよりも始動口への遊技球の入賞のし易さが異なることによって有利度の低い第一の遊技状態(普図低確状態)に跨って当該所定の設定示唆演出を実行することで、不利な遊技状態への移行による遊技者の興趣減退を抑えることができる。
更に言えば、第二の遊技状態からそれよりも有利度の低い第一の遊技状態へ転落する図柄変動の到来を予期する演出を実行可能な遊技機においては、遊技者の興趣減退を抑える効果がより高まることが考えられる。この場合の演出としては、例えば、本実施形態のような図柄変動の回数を条件に特図高確かつ普図高確から特図低確かつ普図低確へ遷移する遊技機においては、遷移するまでの残り図柄変動回数又は特図高確かつ普図高確の状態で実行された図柄変動回数を表示する演出がある。図柄変動の回数ではなく、通常大当りの当選、転落抽選の当選等により特図高確かつ普図高確から特図低確かつ普図低確へ遷移し得る遊技機においては、遷移が発生する図柄変動前の保留時に発生し易い演出(例えば先読み演出)が該当し得る。
【0136】
通常演出制御手段220は、第1副制御基板200が備える上述の手段によって決定された演出の内容(演出パターン)に従って、各演出の実行タイミングで当該演出に対応する各デバイスの演出データを読み出す。なお、通常演出制御手段220等によって読み出された演出データに画像及び音響に係る演出データがある場合には、当該演出データに基づいて画像及び音響に関する画像制御コマンドが生成され、当該コマンドがサブ情報記憶手段260の送信コマンド格納領域に格納される。
【0137】
また、通常演出制御手段220は、復電時の復帰状態が設定変更状態となった場合(後述する設定変更コマンドが送信された場合)に、演出表示装置80を用いて設定変更中であることを報知させるための演出データを読み出し、当該演出データによって開始された報知は、当該設定変更状態が終了して遊技可能状態となる場合(設定変更終了コマンドが送信された場合)に終了する。同様に、通常演出制御手段220は、復電時の復帰状態が設定確認状態となった場合(後述する設定確認コマンドが送信された場合)に、演出表示装置80を用いて設定確認中であることを報知させるための演出データを読み出し、当該演出データによって開始された報知は、当該設定変更状態が終了して遊技可能状態となる場合(設定確認終了コマンドが送信された場合)に終了する。なお、これらの報知の詳細は省略するが、当該報知は現在の設定値を特定不可能な(特定可能な態様ではない)報知であり、当該報知を実行する演出デバイスは問わない。このようにすることで、設定値の変更や設定値の確認に対する作業効率及びセキュリティを高めることができる。
また、通常演出制御手段220は、復電時の復帰状態が遊技可能状態となった場合(RAMクリア処理を伴う場合)には、RAMクリア処理を伴って遊技可能状態となったことを報知させるための演出データを読み出し、復電時の復帰状態が遊技可能状態となった場合(RAMクリア処理を伴わない場合)には、RAMクリア処理を伴わずに遊技可能状態となったことを報知させるための演出データを読み出す。
なお、これらの報知の詳細は省略するが、実行が開始されてから一定時間(例えば、30s)継続して実行されることが好ましく、当該報知を実行する演出デバイスは問わない。
【0138】
サブエラー制御手段230は、エラーコマンドが送信された場合に、エラー演出パターンを決定し、当該エラー演出パターンに従ってエラー演出を実行するための演出データを読み出す。
なお、サブエラー制御手段230は、独自に(メインエラー制御手段165と独立して)遊技機10がエラー状態であるか否かを判定し、エラー状態であると判定した場合にエラー演出を実行する演出データを読み出すようにしてもよく、当該エラー状態としては、例えば、普図低確時におけるゲート63の入賞回数に基づいて判定される右打ちエラー状態がある。
【0139】
ランプ制御手段240は、演出ランプ35の点灯を制御するためのランプ制御データを保持しており、通常演出制御手段220によって読み出された演出データに演出ランプ35に対応する演出データがある場合には、当該演出データに基づいてランプ制御データを読み出し、読み出したランプ制御データを演出ランプ35へ送信する。
【0140】
可動役物制御手段250は、可動装飾体22及びサブ表示部82の可動を制御するための可動制御データを保持しており、通常演出制御手段220によって読み出された演出データに可動役物に対応する演出データがある場合には、当該演出データに基づいて可動制御データを読み出し、読み出した可動制御データを可動装飾体22及びサブ表示部82へ送信する。
【0141】
サブ情報記憶手段260は、上述の通り、第1副制御基板200が備える手段によって読み出されたデータや、当該手段における演算によって導出されたデータ等を各々に対応する格納領域に一時的に記憶する手段である。
【0142】
サブコマンド管理手段270は、主制御基板100から送信された演出制御コマンドを受信し、受信した演出コマンドをサブ情報記憶手段260の受信コマンド格納領域に記憶させ、サブ情報記憶手段260の送信コマンド格納領域に画像制御コマンドが記憶されている場合には、当該画像制御コマンドを第2副制御基板300に向けて送信する。なお、各画像制御コマンドは、原則として、サブ情報記憶手段260の送信コマンド格納領域に記憶された順番に従って送信される。
【0143】
<設定変更処理について>
次に、図10を用いて、復電時の復帰状態が設定変更状態となった場合に設定変更手段177によって実行される設定変更処理の詳細を説明する。なお、図10は、設定変更処理のフローを示す図である。
【0144】
最初のステップS101では、設定値が正常範囲(設定値1〜設定値6)であるか否かを判定し、当該条件が充足された場合にはステップS105に進み、当該条件が充足されなかった場合にはステップS103に進む。
【0145】
ステップS103では、設定値に1を設定する。
なお、本実施形態では、RAM103に異常がある場合であっても、設定値が正常範囲であれば、当該処理が実行されないが、RAM103に異常がある場合に当該処理を実行するようにしてもよい。
【0146】
ステップS105では、セキュリティ信号をONにする。
【0147】
ステップS107では、設定変更開始コマンドを第1副制御基板200に向けて送信する(当該コマンドを、メイン情報記憶手段160の第1副制御基板200への送信用の送信コマンド格納領域に格納する)。
なお、当該コマンドは、メイン表示部81やスピーカ33を用いて設定変更中であることを報知させるためのコマンドである。
【0148】
ステップS109では、現在の設定値を主制御基板モニタ97に表示させる。
【0149】
ステップS111では、RAMクリアスイッチ43がOFFからONになったか否かを判定し、当該条件が充足された場合にはステップS113に進み、当該条件が充足されなかった場合にはステップS115に進む。
なお、当該判定において、設定キースイッチ42がONであるか否かの判定を加え、双方の条件が充足された場合にステップS113に進むようにしてもよい。
【0150】
ステップS113では、設定値を更新する。具体的には、現在の設定値に1を加算し、設定値が3を超える場合には、設定値に1を設定する。
なお、設定値が更新(加算)された場合には、主制御基板モニタ97に表示されている設定値も更新される。
【0151】
ステップS115では、設定キースイッチ42がONからOFFになったか否かを判定し、当該条件が充足された場合にはステップS117に進み、当該条件が充足されなかった場合にはステップS111に戻る。
【0152】
ステップS117では、表示していた設定値を非表示にし、現在の設定値を設定値として確定する。
【0153】
ステップS119では、RAM103の遊技に係る領域の一部(設定値に係る領域を除く領域)をクリアする。
【0154】
ステップS121では、設定変更終了コマンドを第1副制御基板200および払出制御基板400に向けて送信する(当該コマンドを、メイン情報記憶手段160の第1副制御基板200への送信用の送信コマンド格納領域に格納する)。
なお、当該コマンドは、設定変更状態の終了および確定された設定値を第1副制御基板200に知らせるためのコマンドである。
【0155】
ステップS123では、遊技可能状態を設定し、その後、設定変更処理を終了する。なお、遊技可能状態が設定された場合には、上述の遊技可能状態移行処理が実行された後に遊技可能状態へ移行する。
【0156】
<設定確認処理について>
次に、図11を用いて、復電時の復帰状態が設定確認状態となった場合に設定確認手段178によって実行される設定確認処理の詳細を説明する。なお、図11は、設定確認処理のフローを示す図である。
【0157】
最初のステップS201では、セキュリティ信号をONにする。
【0158】
ステップS203では、設定確認開始コマンドを第1副制御基板200に向けて送信する(当該コマンドを、メイン情報記憶手段160の第1副制御基板200への送信用の送信コマンド格納領域に格納する)。
なお、当該コマンドは、メイン表示部81やスピーカ33を用いて設定確認中であることを第1副制御基板200に報知させるためのコマンドである。
【0159】
ステップS205では、現在の設定値を主制御基板モニタ97に表示させる。
【0160】
ステップS207では、設定キースイッチ42がONからOFFに変化したか否かを判定し、当該条件が充足された場合にはステップS209に進み、当該条件が充足されなかった場合には再びステップS207の判定を実行する。
【0161】
ステップS209では、設定値を非表示にする。
【0162】
ステップS211では、設定確認終了コマンドを第1副制御基板200に向けて送信する(当該コマンドを、メイン情報記憶手段160の第1副制御基板200への送信用の送信コマンド格納領域に格納する)。
なお、当該コマンドは、設定確認状態が終了したことを第1副制御基板200に知らせるためのコマンドである。
【0163】
ステップS213では、遊技可能状態を設定し、その後、設定確認処理を終了する。なお、遊技可能状態が設定された場合には、上述の遊技可能状態移行処理が実行された後に遊技可能状態へ移行する。
【0164】
<主制御基板モニタ97の表示態様について>
次に、図12を用いて、主制御基板モニタ97の表示態様について説明する。なお、図12は、状態別の主制御基板モニタ97の表示態様を示す図である。
図12に示す通り、主制御基板モニタ97は、横方向に連続的に配置された4つの7セグメントディスプレイ(以下、「7セグ」と略称する場合がある)で構成されるとともに、各7セグの右下には、ドット状のLEDが設けられている。なお、各情報を表示する際には、各情報は右詰めで表示される。
【0165】
より具体的には、現在の設定値は、右端の7セグを用いて表示され、遊技停止状態の種別は、右端の7セグおよび右から2番目の7セグを用いて表示される。また、ベース値の表示については、ベース値の表示であることを示す「bL.」を、左端の7セグ、左から2番目の7セグ、および左から2番目の7セグの右下のドット状のLEDを用いて表示し、導出したベース値を、右端の7セグおよび右から2番目の7セグを用いて表示する。なお、ベース値が100を超える場合には、「bL.99.」と表示する。
また、特段の説明がない限り、本実施形態における「ベース値の表示」とは、ベース値の表示であることを示す表示(「bL.」の表示)およびベース値自体の表示を合わせて表示することを指す。
【0166】
ここで、現在の設定値を特定可能な表示、および遊技停止状態の種別を特定可能な表示は、互いに異なる態様であれば、本実施形態における態様に限らず、種々の態様を採用してもよい。
また、上述の通り、設定変更状態および設定確認状態では、主制御基板モニタ97に設定値が表示され、遊技停止状態では、主制御基板モニタ97に遊技停止状態の種別(「E1」または「E2」)が表示され、各表示が表示される期間は、対応する復帰状態が設定されている期間と一致しているが、対応する復帰状態が設定されている期間の一部で表示されるようにしてもよい。
【0167】
また、上述のベース値に関する説明において説明を省略したが、初回電源投入(RAM103のベース値に係る領域がクリアされた場合を含む)からアウト球数が300となるまで(アウト球数が0〜299の範囲)では、主制御基板モニタ97に「bL.−−」を表示し(ベース値自体を表示せず)、アウト球数が300〜60000の範囲では、主制御基板モニタ97にリアルタイムのベース値を表示し、いずれの範囲においても「bL.」を点滅させる。一方、アウト球数が60001以降の範囲では、上述の通り、手前の区間で導出されたベース値を表示し、当該範囲では、「bL.」を常時点灯させる(点滅させない)。そのため、ベース値の表示が常時点灯しているか否(点滅しているか)か、またはベース値の表示の有無によって、RAM103のベース値に係る領域がクリアされたか否かを認識させることができる。
なお、「bL.」を点滅させる場合には、ベース値の整数部分を示す7セグについても点滅させるようにしてもよいが、当該7セグについては常時点灯させることが好ましい。
また、本実施形態では、点滅の有無で識別可能としているが、例えば、点灯色を変える等、点滅の有無を含む点灯態様の差異で識別可能にする方法であれば、いずれの方法を採用してもよい。
【0168】
また、初回電源投入からの「bL.−−」を表示させる期間を規定するアウト球数の閾値は、300に限らず、ベース値を導出する一区間を規定するアウト球数(本実施形態では、60000)の10%未満の値であれば、いずれの値を採用してもよい。
ベース値を導出する一区間を規定するアウト球数についても、60000に限らず、60000(1分間に100程度の打ち出しスピードで営業日あたりに打ち出される球数(100×60(分)×10(時間)))に近しい値であれば、いずれの値を採用してもよい。
【0169】
また、本実施形態では、設定変更状態および設定確認状態において表示されていた設定値が非表示になった直後に(遊技者が認識できない程度の時間を挟んで)ベース値を表示しているが、設定値を非表示にした後に遊技者が認識できる程度の時間を空けてベース値の表示を開始するようにしてもよい。なお、一度表示されたベース値は、電断が発生するまで表示され続けることとなる。
【0170】
<設定キースイッチ42の態様、及びRAMクリアスイッチ43の態様について>
次に、復電時の復帰状態を含む復電時の遊技機10の状態の詳細を説明するのに先立ち、図13(a)〜図13(d)を用いて、設定キースイッチ42の態様とRAMクリアスイッチ43の態様の組み合わせについて説明する。なお、図13(a)〜図13(d)は、設定キースイッチ42の態様とRAMクリアスイッチ43の態様との組み合わせのパターンを示す図である。
【0171】
まず、設定キースイッチ42およびRAMクリアスイッチ43のそれぞれは、一方の位置から他方の位置に変位する変位部(図示省略)と、当該変位部をいずれかの位置で検知するセンサ(図示省略)を備えており、主制御基板100のCPU101は、当該センサの検知結果によって各スイッチの態様を把握することができる。
【0172】
設定キースイッチ42を操作する際には、図13(a)〜図13(d)に示す通り、設定キースイッチ42に設定キー600を挿入する必要がある。より具体的には、設定キースイッチ42は、図13(a)および図13(b)に示す設定キー600を挿入した状態(以下、「設定キースイッチ42がOFF」と表現する場合があり、当該状態は設定キー600の挿入の有無とは無関係)で、図13(c)および図13(d)に示すように、挿入面に向かって右回りに90度回転させることで、設定キースイッチ42が操作された状態(以下、「設定キースイッチ42がON」と表現する場合がある)となる。
なお、設定キースイッチ42は、OFFの状態となる位置、およびONの状態となる位置のそれぞれにおいて、外力を要することなく、変位部を保持することができる。
また、設定キー600は、設定キースイッチ42がONの状態で抜去することができない。
【0173】
また、RAMクリアスイッチ43は、当該スイッチの上面を押下することで操作可能となる。より具体的には、図13(a)および図13(c)に示す状態(以下、「RAMクリアスイッチ43がOFF」と表現する場合がある)で、図13(b)および図13(d)に示すように、当該スイッチの上面を押下することで、RAMクリアスイッチ43が操作された状態(以下、「RAMクリアスイッチ43がON」と表現する場合がある)となる。
なお、RAMクリアスイッチ43は、変位部をOFFの状態となる位置に付勢して保持している。そのため、RAMクリアスイッチ43は、OFFの状態となる位置では、外力を要することなく変位部を保持することができる一方、ONの状態となる位置では、外力を要することなく変位部を保持できないようになっている。
【0174】
このように、復電時の設定キースイッチ42の態様とRAMクリアスイッチ43の態様の組み合わせとしては、図13(a)に示す、設定キースイッチ42がOFFであり、かつRAMクリアスイッチ43がOFFの状態となる組合せ、図13(b)に示す、設定キースイッチ42がOFFであり、かつRAMクリアスイッチ43がONの状態となる組合せ、図13(c)に示す、設定キースイッチ42がONであり、かつRAMクリアスイッチ43がOFFの状態となる組合せ、および図13(d)に示す、設定キースイッチ42がONであり、かつRAMクリアスイッチ43がONの状態となる組合せが存在する。
【0175】
<復帰状態を含む復電時の遊技機10の状態について>
続いて、図14に示す表を用いて、直前の電断時の状態が遊技可能状態である場合における復電時の復帰状態を含む復電時の遊技機10の状態の詳細を説明する。なお、上述の通り、本実施形態における復帰状態を含む復電時の遊技機10の状態は、RAM103に異常があるか否か、直前の電断時の状態、復電時の設定キースイッチ42の態様と復電時のRAMクリアスイッチ43の態様との組み合わせ、および復電時の中枠開扉センサ76の状態によって決定される。
ここで、図14(a)および図14(b)は、復電時に異常(RAM103の遊技に係る領域に異常がある場合、設定値が正常でない場合、直前の電断時の状態が遊技停止状態である場合)がなく、かつ直前の電断時の状態が遊技可能状態である場合の復電時の遊技機の状態を整理した表であり、図14(a)は復電時に中枠17が開放状態である場合、図14(b)は復電時に中枠17が閉鎖状態である場合の復電時の遊技機の状態を整理した表である。なお、復帰状態を含む復電時の遊技機10の状態を決定する処理フロー(図示省略)においては、RAMクリアスイッチ43の態様、中枠開扉センサ76の状態、および設定キースイッチ42の態様を参照する順序は問わず、後述する表に示す関係性を満たせば、当該順序に限らず、いずれの順序を採用してもよい。なお、本実施形態では、RAM103の遊技に係る領域に異常がある場合に、復電時に異常があるとしているが、RAM103のベース値に係る領域に異常がある場合を、RAM103の遊技に係る領域に異常がある、すなわち、復電時に異常があると取り扱ってもよい。
【0176】
図14(a)には、復電時に異常がなく、直前の電断時の状態が遊技可能状態であり、かつ復電時の中枠開扉センサ76がON(中枠17が開放状態)である場合(以下、「場合1」と称する)における復電時の遊技機10の状態が示されている。
場合1において、設定キースイッチ42がOFFであり、かつRAMクリアスイッチ43がOFFである場合(図14(a)の左上のパターン)には、RAMクリア処理が実行されず、復電時の復帰状態として遊技可能状態が設定され、かつ主制御基板モニタ97にベース値が表示される。
また、場合1において、設定キースイッチ42がOFFであり、かつRAMクリアスイッチ43がONである場合(図14(a)の右上のパターン)には、RAMクリア処理が実行され、復電時の復帰状態として遊技可能状態が設定され、かつ主制御基板モニタ97にベース値が表示される。
また、場合1において、設定キースイッチ42がONであり、かつRAMクリアスイッチ43がOFFである場合(図14(a)の左下のパターン)には、RAMクリア処理が実行されず、復電時の復帰状態として設定確認状態が設定され、かつ主制御基板モニタ97に現在の設定値が表示される。
また、場合1において、設定キースイッチ42がONであり、かつRAMクリアスイッチ43がONである場合(図14(a)の右下のパターン)には、RAMクリア処理が実行され、復電時の復帰状態として設定変更状態が設定され、かつ主制御基板モニタ97に現在の設定値が表示される。なお、この場合に、RAM103のベース値に係る領域に異常があれば、当該領域もクリアされる。
このようにすることで、復電時の操作手段の態様に応じて復電時の復帰状態を選択可能にし、当該選択をスムーズにすることができる。
【0177】
また、場合1を含めたすべての場合において、復電時の設定キースイッチ42の態様と復電時のRAMクリアスイッチ43の態様の組合せに対応する復帰状態は、本実施形態の対応関係に限定されないが、本実施形態のように、RAMクリアスイッチ43がONであることを少なくとも含む組合せに対して、RAMクリア処理が実行される復帰状態を対応させることで、誤ったRAMクリア処理の発生を抑えることができる。
同様に、本実施形態のように、設定キースイッチ42がONであることを少なくとも含む組合せに対して、設定確認処理を対応させるようにしてもよい。
【0178】
図14(b)には、復電時に異常がなく、直前の電断時の状態が遊技可能状態であり、かつ復電時の中枠開扉センサ76がOFF(中枠17が閉鎖状態)である場合(以下、「場合2」と称する)における復電時の遊技機10の状態が示されている。
場合2において、設定キースイッチ42がOFFであり、かつRAMクリアスイッチ43がOFFである場合(図14(b)の左上のパターン)には、RAMクリア処理が実行されず、復電時の復帰状態として遊技可能状態が設定され、かつ主制御基板モニタ97にベース値が表示される。
また、場合2において、設定キースイッチ42がOFFであり、かつRAMクリアスイッチ43がONである場合(図14(b)の右上のパターン)には、RAMクリア処理が実行され、復電時の復帰状態として遊技可能状態が設定され、かつ主制御基板モニタ97にベース値が表示される。
また、場合2において、設定キースイッチ42がONであり、かつRAMクリアスイッチ43がOFFである場合(図14(b)の左下のパターン)には、RAMクリア処理が実行されず、復電時の復帰状態として遊技可能状態が設定され、かつ主制御基板モニタ97にベース値が表示される。
また、場合2において、設定キースイッチ42がONであり、かつRAMクリアスイッチ43がONである場合(図14(b)の右下のパターン)には、RAMクリア処理が実行され、復電時の復帰状態として遊技可能状態が設定され、かつ主制御基板モニタ97にベース値が表示される。
【0179】
このように、本実施形態では、復電時に異常がなく、かつ直前の電断時の状態が遊技可能状態である場合には、中枠開扉センサ76の状態(中枠17の開閉状態)に応じて設定される復帰状態が異なる。
特に、場合2において、設定キースイッチ42がONであり、かつRAMクリアスイッチ43がONである場合において、中枠開扉センサ76がON(中枠17が開放状態)である場合には、設定変更状態を設定する一方、設定キースイッチ42がONであり、かつRAMクリアスイッチ43がONである場合において、中枠開扉センサ76がOFF(中枠17が閉鎖状態)である場合には、遊技可能状態を設定する。さらに、場合2において、設定キースイッチ42がOFFであり、かつRAMクリアスイッチ43がONである場合には、中枠開扉センサ76の状態(中枠17の開閉状態)に関わらず、遊技可能状態を設定する。
このようにすることで、適切でない設定変更状態の設定を禁止する一方、適切でないRAMクリア処理は許容することで、不正な設定変更を防ぎつつも、RAMクリア処理の操作性を高めることができる。
【0180】
また、場合2において、設定キースイッチ42がONであり、かつRAMクリアスイッチ43がONである場合において、中枠開扉センサ76がOFF(中枠17が閉鎖状態)である場合には、RAMクリア処理が実行される。
このようにすることで、不正な設定変更が試みられた虞がある場合に有利な状態を維持しないようにすることができる。
【0181】
また、上述の説明では省略したが、復電時に異常がある場合、直前の電断状態が遊技停止状態である場合、および直前の電断状態が設定変更状態である場合のいずれかの場合では、設定キースイッチ42がONであり、かつRAMクリアスイッチ43がONである場合において、中枠開扉センサ76がON(中枠17が開放状態)である場合にのみ、設定変更状態を経由して遊技可能状態に復帰させることができ、当該場合以外では、遊技停止状態となり、主制御基板モニタ97には遊技停止状態の種別(「E1」または「E2」)が表示される。なお、復電時に異常がなく、直前の電断時の状態が設定確認状態である場合には、上述の復電時に異常がなく、直前の電断時の状態が遊技可能状態である場合と同様の挙動となる。
【0182】
本実施形態において、設定変更状態および設定確認状態は、復電時にのみ設定される可能があり、いずれも復電時以外に設定されることはない。そのため、遊技制御の安定化を図ることができる。
【0183】
以上説明した通り、本実施形態に係る遊技機10は、賞球の付与に関する有利度が異なる設定値を任意に設定可能に構成されており、このような設定値を有するパチンコ機における遊技の興趣を高めて稼働を向上させるために有効な手段の一つとして、設定値を示唆する機能が挙げられる。これに対し、本実施形態では、設定示唆演出として上述した特定背景画像演出を実行する。以下、本実施形態における特定背景画像演出に関して詳細に説明する。
【0184】
<特定背景画像演出で表示される背景画像の態様について>
図15は、特定背景画像演出の態様を示す図である。
特定背景画像演出は、メイン表示部81に表示される背景画像の態様により現在の設定値を示唆する。この背景画像は、図15に示されるように、3つの図柄列PL、PM及びPRで変動表示される装飾図柄の背景としてメイン表示部81に表示される画像であり、静止画像であってもよいし、動画像であってもよい。
更に、特定背景画像演出で表示される背景画像には、図15に示されるように、5つの態様が設けられている。以降、それら5種の背景画像を背景画像BP1、BP2、BP3、BP4及びBP5と表記する。
【0185】
図15(a)には、背景画像BP1が示されている。背景画像BP1には、花びら画像FPが2つ含まれている。花びら画像FPは、背景画像BP1内で動いていてもよいし、静止していてもよい。
図15(b)には、背景画像BP2が示されている。背景画像BP2には、花びら画像FPが背景画像BP1よりも多い数の7つ含まれている。
図15(c)には、背景画像BP3が示されている。背景画像BP3には、花びら画像FPが背景画像BP2と同数の7つ含まれているのに加えて、5つの花びらの集合である花冠を表す花冠画像PPが1つ含まれている。
図15(d)には、背景画像BP4が示されている。背景画像BP4には、背景画像BP3に、2つの花冠画像PPが追加されている。
図15(e)には、背景画像BP5が示されている。背景画像BP5には、背景画像BP4に、2つの花冠画像PPが更に追加され、かつ、花冠画像PPよりも大きい花冠を表す大花冠画像BPが3つ追加されている。
このように、本実施形態における特定背景画像演出で表示され得る5種の背景画像は、花びらの数、花冠の数、及び花冠の大きさにより、見た目の華やかさでグレード付けされている。背景画像BP5が一番華やかであり、背景画像BP4、背景画像BP3、背景画像BP2と続き、背景画像BP1が最も華やかさが低い。
本実施形態における特定背景画像演出は、このような背景画像の見た目の華やかさのグレードにより、現在の設定値の高さや示唆の確度を示す。
但し、本実施形態における設定示唆演出は、このような特定背景画像演出に限定されることはなく、現在の設定値を示唆する演出であればどのような演出であってもよい。
【0186】
<特定背景画像演出の決定処理について>
次に、図16を用いて、設定示唆演出制御手段228による特定背景画像演出の決定処理について説明する。
図16は、背景画像態様抽選テーブルを模式的に示す図である。抽選によって決定された態様の背景画像が設定示唆演出としての特定背景画像演出において表示される。
設定示唆演出制御手段228は、特図高確かつ普図高確の状態における所定回目(本実施形態では98回目)の図柄変動の開始時に、図16に示される背景画像態様抽選テーブルを用いて、特定背景画像演出を実行するか否か及び表示する背景画像の態様を抽選により決定する。
【0187】
図16で示される背景画像態様抽選テーブルは、背景画像BP1、BP2、BP3、BP4、及びBP5のそれぞれに対して、設定値1から設定値6までの設定値ごとの抽選値が対応付けられている。
具体的には、当該抽選に用いられる乱数の範囲は0〜99であるため、現在の設定値が設定値1、2又は3である場合には、40/100の確率で背景画像BP1が選択され(当選し)、10/100の確率で背景画像BP2が選択され(当選し)、背景画像BP3、BP4及びBP5が選択されることはない。
現在の設定値が設定値4である場合には、17/100の確率で背景画像BP1が選択され、30/100の確率で背景画像BP2が選択され、3/100の確率で背景画像BP3が選択され、BP4及びBP5が選択されることはない。
現在の設定値が設定値5である場合には、14/100の確率で背景画像BP1が選択され、27/100の確率で背景画像BP2が選択され、7/100の確率で背景画像BP3が選択され、2/100の確率で背景画像BP4が選択され、BP5が選択されることはない。
現在の設定値が設定値6である場合には、14/100の確率で背景画像BP1が選択され、26/100の確率で背景画像BP2が選択され、6/100の確率で背景画像BP3が選択され、3/100の確率で背景画像BP4が選択され、1/100の確率で背景画像BP5が選択される。
当該抽選によりハズレとなる場合には、設定示唆演出制御手段228は、特定背景画像演出を実行しないことを決定する。図16の例では、現在の設定値がいずれの設定値である場合にも、50/100の確率でハズレとなり、特定背景画像演出は実行されない。この場合、例えば、元の背景画像がそのまま維持されてもよいし、背景画像BP1からBP5とは全く異なる態様の背景画像が表示されてもよい。
【0188】
図16に示される背景画像態様抽選テーブルによれば、特定背景画像演出が実行される場合、現在の設定値が設定値1、2又は3である場合には、背景画像BP1が表示される可能性が高く、現在の設定値が設定値4、5又は6である場合には、背景画像BP2が表示される可能性が高くなる。このため、背景画像の態様によって遊技者に現在の設定値を推測させることができる。
特に、背景画像BP3は、現在の設定値が設定値4、5又は6である場合にのみ当選する可能性があり、背景画像BP4は、現在の設定値が設定値5又は6である場合にのみ当選する可能性があり、背景画像BP5は、現在の設定値が設定値6である場合にのみ当選する可能性がある。このため、背景画像BP3が表示された場合には、現在の設定値が設定値4、5又は6であることを遊技者に認識させることができ、背景画像BP4が表示された場合には、現在の設定値が設定値5又は6であることを遊技者に認識させることができ、背景画像BP5が表示された場合には、現在の設定値が設定値6であることを遊技者に認識させることができる。
【0189】
また、本実施形態では、上述したとおり、特図高確かつ普図高確の状態における98回目の図柄変動時に、抽選結果に基づいて特定背景画像演出が開始されたが、特図低確かつ普図低確の状態では特定背景画像演出を開始させるための抽選等は行われない。
このため、演出制御手段(設定示唆演出制御手段228)は、第二の遊技状態(特図高確かつ普図高確)が設定されている図柄変動において、第一の遊技状態(特図低確かつ普図低確)が設定されている図柄変動よりも高い割合で所定の設定示唆演出(特定背景画像演出)を開始させることが可能であると換言することができる。
【0190】
また、本実施形態では、特図低確かつ普図低確の状態では特定背景画像演出を開始させるための抽選等は行われず、特図低確かつ普図低確の状態から特図高確かつ普図高確の状態に跨って所定の設定示唆演出(特定背景画像演出)が実行されることはない。このため、遊技状態制御手段(遊技状態制御手段155)は、第一の遊技状態(普図低確)の次の遊技状態として第二の遊技状態(普図高確)を設定可能であり、演出制御手段(設定示唆演出制御手段228)は、第一の遊技状態(普図低確)から第二の遊技状態(普図高確)に跨る場合よりも高い割合で、第二の遊技状態から第一の遊技状態に跨って所定の設定示唆演出(特定背景画像演出)を実行させることが可能であると換言することができる。
【0191】
但し、本実施形態では、特図低確かつ普図低確の状態では当該所定の設定示唆演出としての特定背景画像演出は開始されないが、特図低確かつ普図低確の状態においても特定背景画像演出が開始され、特図低確かつ普図低確の状態から特図高確かつ普図高確の状態又は特図低確かつ普図高確の状態に跨って実行されるように変形することもできる。この場合には、特図高確かつ特図高確の状態における上述の抽選では、50/100の確率で特定背景画像演出が開始されるため、特図低確かつ普図低確の状態では、それよりも低い確率(例えば20/100程度)で特定背景画像演出が開始されるようにすればよい。
【0192】
上述したとおり、本実施形態では、特図低確かつ普図低確の状態から特図高確かつ普図高確の状態又は特図低確かつ普図高確の状態に跨って所定の設定示唆演出(特定背景画像演出)が実行されることはない。このため、演出制御手段(設定示唆演出制御手段228)は、第一の遊技状態(普図低確状態)から第二の遊技状態(普図高確状態)に跨って当該所定の設定示唆演出(特定背景画像演出)を実行させないと換言することもできる。
例えば、設定示唆演出制御手段228は、特図低確かつ普図低確の状態において特定背景画像演出を開始させた場合であっても、その特定背景画像演出の実行中に通常大当り又は確変大当りに当選した場合には、その大当り遊技開始時に特定背景画像演出を終了させてもよい。
【0193】
これにより、所定の設定示唆演出に伴う注目度を有利な遊技状態への移行時よりも不利な遊技状態への移行時のほうを高めることで、不利な遊技状態への移行に伴う興趣の減退を抑えることができる。更に言えば、不利な遊技状態への移行時の設定示唆演出の精度(設定推測のしやすさ)を高めることができるため、遊技の興趣を高めることができる。
【0194】
また、上述の図16に示される背景画像態様抽選テーブルを用いる例では、一回の抽選により、特定背景画像演出を実行するか否か及び表示する背景画像の態様が決定されたが、特定背景画像演出を実行するか否かの抽選と表示する背景画像の態様を決める抽選との2段階の抽選が行われてもよい。この場合には、設定値ごとに特定背景画像演出を実行するか否かに対応する抽選値が設定された抽選テーブルと、設定値ごとに背景画像の態様に対応する抽選値が設定された抽選テーブルとが用いられ、特定背景画像演出を実行するか否かの抽選に当選した場合にのみ、背景画像の態様を決める抽選が実行されればよい。
この場合には、上述の所定の設定示唆演出(特定背景画像演出)の開始又は実行の割合は、それら2段階の抽選の結果、事象として現れる割合とされればよい。
【0195】
<特定背景画像演出の内容について>
特定背景画像演出は、特図高確かつ普図高確の状態における所定回目(本実施形態では98回目)の図柄変動の開始時の抽選により実行されることが決定された場合、当該所定回目の図柄変動時に開始され、当該状態の残保留の図柄変動が終了するまでの間、実行される。
特定背景画像演出が開始されてから終了されるまでの間、演出開始時に抽選により選択されたいずれか一つの態様の背景画像が継続的に又は断続的に表示されていてもよいし、次に説明するように、複数の態様の背景画像に切り替えられてもよい。
【0196】
以下、特定背景画像演出において背景画像の態様が切り替えられる形態について、図17を用いて説明する。
図17は、特定背景画像演出における背景画像態様切替え抽選テーブルを模式的に示す図である。
本実施形態では、設定示唆演出制御手段228は、現在の設定値が設定値4、5又は6のいずれかである場合に、特定背景画像演出を開始してから終了するまでの間、図17に示される背景画像態様切替え抽選テーブルを用いて、図柄変動ごとに背景画像態様の切替え抽選を行い、この抽選により選択された(当選した)背景画像に切り替える。
【0197】
図17で示される背景画像態様切替え抽選テーブルは、設定値4、5及び6のそれぞれについて設けられており、現在の背景画像の態様のそれぞれに対して、切替え得る背景画像ごとの抽選値が対応付けられている。当該抽選に用いられる乱数の範囲は0〜99である。
図17(a)は、現在の設定値が設定値4である場合に用いられる背景画像態様切替え抽選テーブルを模式的に示す図である。
現在の設定値が設定値4である場合には、上述したとおり、背景画像BP1、BP2又はBP3のいずれかが選択されるはずである。このため、現在の設定値が設定値4である場合で、現在、背景画像BP1が選択されている場合には、切替え後の背景画像として、78/100の確率で背景画像BP1が選択され(当選し)、20/100の確率で背景画像BP2が選択され(当選し)、2/100の確率で背景画像BP3が選択され、背景画像BP4及びBP5が選択されることはない。
また、現在の設定値が設定値4である場合で、現在、背景画像BP2が選択されている場合には、切替え後の背景画像として、92/100の確率で背景画像BP2が選択され、8/100の確率で背景画像BP3が選択され、背景画像BP1、BP4及びBP5が選択されることはない。
なお、現在の設定値が設定値4である場合で、現在、背景画像BP3が選択されている場合には、背景画像態様の切替え抽選は行われなくてもよいし、100/100の確率で背景画像BP3が選択されるような抽選が行われてもよい。
【0198】
図17(b)は、現在の設定値が設定値5である場合に用いられる背景画像態様切替え抽選テーブルを模式的に示す図である。
現在の設定値が設定値5である場合には、上述したとおり、背景画像BP1、BP2、BP3又はBP4のいずれかが選択されるはずである。このため、現在の設定値が設定値5である場合で、現在、背景画像BP1が選択されている場合には、切替え後の背景画像として、74/100の確率で背景画像BP1が選択され、16/100の確率で背景画像BP2が選択され、8/100の確率で背景画像BP3が選択され、2/100の確率で背景画像BP4が選択され、背景画像BP5が選択されることはない。
また、現在の設定値が設定値5である場合で、現在、背景画像BP2が選択されている場合には、切替え後の背景画像として、76/100の確率で背景画像BP2が選択され、18/100の確率で背景画像BP3が選択され、6/100の確率で背景画像BP4が選択され、背景画像BP1及びBP5が選択されることはない。
また、現在の設定値が設定値5である場合で、現在、背景画像BP3が選択されている場合には、切替え後の背景画像として、92/100の確率で背景画像BP3が選択され、8/100の確率で背景画像BP4が選択され、背景画像BP1、BP2及びBP5が選択されることはない。
なお、現在の設定値が設定値5である場合で、現在、背景画像BP4が選択されている場合には、背景画像態様の切替え抽選は行われなくてもよいし、100/100の確率で背景画像BP4が選択されるような抽選が行われてもよい。
【0199】
図17(c)は、現在の設定値が設定値6である場合に用いられる背景画像態様切替え抽選テーブルを模式的に示す図である。
現在の設定値が設定値6である場合には、上述したとおり、背景画像BP1、BP2、BP3、BP4又はBP5のいずれかが選択されるはずである。このため、現在の設定値が設定値6である場合で、現在、背景画像BP1が選択されている場合には、切替え後の背景画像として、60/100の確率で背景画像BP1が選択され、21/100の確率で背景画像BP2が選択され、12/100の確率で背景画像BP3が選択され、6/100の確率で背景画像BP4が選択され、1/100の確率で背景画像BP5が選択される。
また、現在の設定値が設定値6である場合で、現在、背景画像BP2が選択されている場合には、切替え後の背景画像として、66/100の確率で背景画像BP2が選択され、22/100の確率で背景画像BP3が選択され、8/100の確率で背景画像BP4が選択され、4/100の確率で背景画像BP5が選択され、背景画像BP1が選択されることはない。
また、現在の設定値が設定値6である場合で、現在、背景画像BP3が選択されている場合には、切替え後の背景画像として、76/100の確率で背景画像BP3が選択され、16/100の確率で背景画像BP4が選択され、8/100の確率で背景画像BP5が選択され、背景画像BP1及びBP2が選択されることはない。
また、現在の設定値が設定値6である場合で、現在、背景画像BP4が選択されている場合には、切替え後の背景画像として、94/100の確率で背景画像BP4が選択され、6/100の確率で背景画像BP5が選択され、背景画像BP1、BP2及びBP3が選択されることはない。
なお、現在の設定値が設定値6である場合で、現在、背景画像BP5が選択されている場合には、背景画像態様の切替え抽選は行われなくてもよいし、100/100の確率で背景画像BP5が選択されるような抽選が行われてもよい。
【0200】
上述の背景画像態様の切替え抽選において、現在選択されている背景画像の態様と切替え後の背景画像として選択された(当選した)背景画像の態様とが同一である場合には、背景画像の態様の切替えは行われない。即ち、図17に示される背景画像態様切替え抽選テーブルによれば、いずれの状態においても、60/100以上の確率で背景画像の態様の切替えが行われないことになる。
また、図17に示される背景画像態様切替え抽選テーブルによれば、背景画像の態様の切替えが行われる場合、特定背景画像演出における設定示唆の確度が高まるように、切替え後の背景画像の態様が決定される。
例えば、現在の設定値が設定値4でありかつ現在の背景画像の態様が背景画像BP2である場合には、切替えなし(背景画像BP2が当選)又は背景画像BP3への切り替えのいずれか一方のみが選択される。上述したとおり、背景画像BP2は、現在の設定値が設定値4、5又は6である場合に選択される確率が高いものの、現在の設定値が設定値1、2又は3である場合にも選択され得る一方、背景画像BP3は、現在の設定値が設定値4、5又は6である場合にのみ当選する態様である。このため、現在の設定値が設定値4である場合に、背景画像BP2から背景画像PB3への切り替えは、現在の設定値が設定値4である可能性の確度を高めるものといえる。
同様に、現在の設定値が設定値6でありかつ特定背景画像演出の開始時に背景画像BP1が選択された場合には、背景画像BP1から背景画像BP2への切り替え、背景画像BP2から背景画像BP3への切り替え、背景画像PB3から背景画像PB4への切り替え、背景画像PB4から背景画像PB5への切り替えと順次に行われる可能性もある。この場合には、現在の設定値が設定値6である場合に、背景画像BP1の表示では遊技者に現在の設定値が設定値6であることを把握させ難いところ、背景画像BP3の表示で現在の設定値が設定値4、5又は6であることを認識させ、背景画像BP4の表示で現在の設定値が設定値5又は6であることを認識させ、最終的には、背景画像BP5の表示で現在の設定値が設定値6であることを認識させることができる。もちろん、この例のように示唆の確度が順次高まるように背景画像の態様が切り替えられず、背景画像BP1から一気に背景画像BP5へと切替えられる可能性もある。
このように、設定示唆の確度が高まるように、特定背景画像演出において背景画像の態様が切り替えられることにより、設定示唆演出としての特定背景画像演出への遊技者の注目度を高めることができ、設定示唆演出を認識させ易くすることができる。
【0201】
また、上述の図17に示される背景画像態様切替え抽選テーブルを用いる例では、一回の抽選により、背景画像の態様を切り替えるか否か及び切替え後の背景画像の態様が決定されたが、背景画像の態様を切り替えるか否かの抽選と切替え後の背景画像の態様を決める抽選との2段階の抽選が行われてもよい。この場合には、設定値ごとに現在の背景画像の態様からの切替えに対応する抽選値が設定された抽選テーブルと、設定値ごとに現在の背景画像の態様から切替え後の背景画像の態様に対応する抽選値が設定された抽選テーブルとが用いられ、現在の背景画像の態様からの切替えを実行するか否かの抽選に当選した場合にのみ、切替え後の背景画像の態様を決める抽選が実行されればよい。
【0202】
<他の変形例>
以上の説明で記載されていない変形例について、以下に列挙する。
上述の説明では、復電時のRAMクリアスイッチ43の態様を参照して復電時の復帰状態を決定しているが、復電時からのRAMクリアスイッチ43の連続操作時間が規定時間(例えば、3s)を超えるか否かを参照するようにしもよい。このようにすれば、誤ったRAMクリア処理の発生をより抑えることができる。
【0203】
また、上述の説明では、復電時の復帰状態を決定するにあたり、中枠開扉センサ76の状態(中枠17の開閉状態)を参照していたが、当該状態を参照せずに復帰状態を設定するようにしてもよい。この場合には、一律に、中枠開扉センサ76がON(中枠17が開放状態)の場合に従って復電時の復帰状態を設定すればよい。
【0204】
また、主制御基板モニタ97に表示する遊技機の性能に関する表示としては、上述のベース値に限らず、いわゆる「役物比率」や「役物連続比率」等の遊技機の性能(設計値)を評価するための指標であれば、いずれの指標を採用してもよい。
【0205】
また、上述の実施形態では、普図高確から普図低確への遷移の条件が図柄変動の回数(100回)とされたが、転落抽選に当選することを条件に普図高確から普図低確へ遷移されてもよい。この場合、例えば、特定背景画像演出は、普図高確の状態(第二の遊技状態)における図柄変動から、転落抽選に当選することで遷移した普図低確の状態(第一の遊技状態)における当該転落抽選に当選した図柄変動を含む複数の連続する図柄変動に跨って、実行される。
このとき、特定背景画像演出は、転落抽選に当選した図柄変動内における普図低確へ遷移した後に終了されてもよいし、転落抽選に当選した図柄変動から続く後の図柄変動において終了されてもよい。また、特定背景画像演出の開始判定は、事前判定コマンドが送信された場合に、この事前判定コマンドに含まれる事前判定の結果が転落抽選への当選を示す場合に実行されてもよい。
また、普図高確から普図低確への遷移の条件は、転落抽選に当選することに加えて、確変大当り後の図柄変動の所定回数(例えば100回)経過とされてもよい。
【0206】
また、上述の説明では、特図高確かつ普図高確の状態における98回目の図柄変動時に、抽選結果に基づいて特定背景画像演出が開始されたが、他の条件で特定背景画像演出の開始判定が行われてもよい。例えば、特図高確かつ普図高確の状態において、残保留の図柄変動(本実施形態では101回目から104回目の図柄変動のいずれか)に対する事前判定の結果が大当り又は小当りの当選を示すことを条件に、特定背景画像演出の開始判定(抽選)が行われてもよい。
この場合、始動口に遊技球が入賞した場合であっても、変動開始条件が充足されるまで図柄変動の開始を保留し、大当りに当選した場合には、その大当りに当選した図柄変動の終了後に大当り遊技を開始させ、演出制御手段(設定示唆演出制御手段228)は、大当り遊技が開始される場合に、第二の遊技状態(普図高確)から第一の遊技状態(普図低確)に跨って所定の設定示唆演出(特定背景画像演出)を実行させることが可能であると換言できる。また、始動口に遊技球が入賞した場合であっても、変動開始条件が充足されるまで図柄変動の開始を保留し、小当りに当選した場合には、その小当りに当選した図柄変動の終了後に小当り遊技を開始させ、当否判定では、小当りに当選するか否かも判定され、演出制御手段(設定示唆演出制御手段228)は、小当り遊技が開始される場合に、第二の遊技状態(普図高確)から第一の遊技状態(普図低確)に跨って所定の設定示唆演出(特定背景画像演出)を実行させることが可能であると換言できる。
【0207】
また、転落抽選に当選することを条件に第二の遊技状態(普図高確)から第一の遊技状態(普図低確)へ遷移される場合には、転落抽選に当選する図柄変動に対する事前判定の結果又は転落抽選に当選する図柄変動より後に保留された図柄変動に対する事前判定の結果が大当り又は小当りを示すことを条件に、特定背景画像演出の開始判定(抽選)が行われてもよい。
このように当該変動における当否判定の結果又は保留されている図柄変動に対する事前判定の結果が大当り又は小当りを示すことを特定背景画像演出の開始判定の条件とする場合には、それらがハズレを示す場合には、特定背景画像演出の開始判定は行われないようにしてもよい。即ち、演出制御手段(設定示唆演出制御手段228)は、大当り遊技又は小当り遊技が開始されない場合には、第二の遊技状態(普図高確)から第一の遊技状態(普図低確)に跨る所定の設定示唆演出(特定背景画像演出)を実行させないとしてもよい。
これによれば、大当り遊技又は小当り遊技が開始される場合に、所定の設定示唆演出が行われるため、遊技者に設定示唆演出をより認識させ易くすることができる。
【0208】
また、上述した実施形態に係る遊技機10は、設定されている設定値を変更可能であるため、設定示唆演出制御手段228は、設定されている設定値が変更されたことを示唆する変更示唆演出を実行してもよい。
この場合、例えば、上述の背景画像の態様に加えて、変更示唆演出用の態様の背景画像BP6を更に設け、設定値が変更された場合に、設定値が変更されていない場合に比べて、背景画像BP6が高い割合で表示されるように、背景画像態様抽選テーブルが設けられれば良い。具体的には、設定値が変更された場合に用いられる第一背景画像態様抽選テーブルと設定値が変更されていない場合に用いられる第二背景画像態様抽選テーブルとを設け、第一背景画像態様抽選テーブルにおける背景画像BP6の抽選値が第二背景画像態様抽選テーブルにおける背景画像BP6の抽選値よりも高く設定されるようにすればよい。
このようにすれば、上述の特定背景画像演出は、設定示唆演出の側面も持ちながら、変更示唆演出の側面も持つことになる。
【0209】
この場合、設定示唆演出制御手段228は、設定変更手段177による設定変更処理(図10参照)にて主制御基板100から送信される設定変更終了コマンドに基づいて、設定値の変更を把握することができる。設定示唆演出制御手段228は、直前の電断後にこの設定変更終了コマンドが送信されたか否かを判断し、その設定変更終了コマンドで設定値の変更を把握した場合に、上述の第一背景画像態様抽選テーブルを用いるようにすればよい。但し、設定示唆演出制御手段228は、電断時間が所定時間(例えば、3時間)以下等のように設定変更有無の判断タイミングとして適切でない場合には、設定変更の有無を判断しないようにしてもよい。
【0210】
設定示唆演出制御手段228は、このような特定背景画像演出(変更示唆演出)を、第二の遊技状態から第一の遊技状態に跨って実行させるようにすればよい。これにより、設定されている設定値が変更されたことを示唆する変更示唆演出を遊技者に把握させ易くすることができ、遊技の興趣を高めることができる。
【0211】
また、演出制御手段(設定示唆演出制御手段228)は、第一の遊技状態よりも有利度の高い第二の遊技状態からその第一の遊技状態に跨って所定の変更示唆演出を実行させることが可能としてもよい。ここでの遊技状態の有利度は、上述したとおりである。
また、遊技状態制御手段155は、第一の遊技状態の次の遊技状態として第二の遊技状態を設定可能であり、演出制御手段(設定示唆演出制御手段228)は、第一の遊技状態から第二の遊技状態に跨る場合よりも高い割合で、第二の遊技状態から第一の遊技状態に跨って当該所定の変更示唆演出を実行させることが可能としてもよい。この場合、演出制御手段(設定示唆演出制御手段228)は、第一の遊技状態から第二の遊技状態に跨って所定の変更示唆演出を実行させなくしてもよいし、第二の遊技状態での変更示唆演出の抽選の当選割合を第一の遊技状態でのその当選割合よりも高くすることで実現してもよい。
【0212】
この変更示唆演出についても、特定背景画像演出と同様に、特図高確かつ普図高確の状態における98回目の図柄変動時に、抽選結果に基づいて開始判定されてもよいし、他の条件で演出の開始判定が行われてもよい。
例えば、特図高確かつ普図高確の状態において、残保留の図柄変動(本実施形態では101回目から104回目の図柄変動のいずれか)に対する事前判定の結果が大当り又は小当りの当選を示すことを条件に、変更示唆演出の開始判定(抽選)が行われてもよい。このため、演出制御手段(設定示唆演出制御手段228)は、大当り遊技又は小当り遊技が開始される場合に、第二の遊技状態(普図高確)から第一の遊技状態(普図低確)に跨って所定の変更示唆演出を実行させることが可能であると換言できる。
また、転落抽選に当選することを条件に第二の遊技状態(普図高確)から第一の遊技状態(普図低確)へ遷移される場合には、転落抽選に当選する図柄変動に対する事前判定の結果又は転落抽選に当選する図柄変動より後に保留された図柄変動に対する事前判定の結果が大当り又は小当りを示すことを条件に、当該所定の変更示唆演出の開始判定(抽選)が行われてもよい。
【0213】
以上で説明した本発明は、上述の説明に限定されるものではなく、本発明の目的が達成される限りにおける種々の変形、改良等の態様も含む。
【0214】
<付記>
本実施形態は、次のような技術思想を包含する。
(1) 遊技状態を制御する遊技状態制御手段と、
演出手段と、
前記演出手段を制御する演出制御手段と、を備え、
始動口への遊技球の入賞に基づいて図柄変動を実行可能であり、図柄変動ごとに大当りに当選するか否かの当否判定を実行し、複数段階の設定値から一の設定値を設定し、設定されている前記設定値によって前記大当りに当選する確率が定まる遊技機であって、
前記遊技状態制御手段は、
図柄変動を実行可能な遊技状態として、第一の遊技状態と、前記第一の遊技状態とは有利度が異なる第二の遊技状態と、を設定することが可能であって、
前記第二の遊技状態の次の遊技状態として前記第一の遊技状態を設定可能であり、
前記演出制御手段は、
設定されている前記設定値を示唆する設定示唆演出を実行させることが可能であり、
前記設定示唆演出として、所定の設定示唆演出を実行可能であって、
前記第二の遊技状態から前記第一の遊技状態に跨って前記所定の設定示唆演出を実行させることが可能であり、
前記第二の遊技状態は、前記始動口への遊技球の入賞のし易さが異なることによって前記第一の遊技状態とは有利度が異なる遊技状態であることを特徴とする遊技機。
(2) (1)に記載の遊技機であって、
前記第二の遊技状態は、前記第一の遊技状態よりも有利度が高い遊技状態であることを特徴とする遊技機。
(3) (2)に記載の遊技機であって、
前記遊技状態制御手段は、前記第一の遊技状態の次の遊技状態として前記第二の遊技状態を設定可能なものであり、
前記演出制御手段は、
前記第一の遊技状態から前記第二の遊技状態に跨る場合よりも高い割合で、前記第二の遊技状態から前記第一の遊技状態に跨って前記所定の設定示唆演出を実行させることが可能なものであることを特徴とする遊技機。
(4) (3)に記載の遊技機であって、
前記演出制御手段は、前記第一の遊技状態から前記第二の遊技状態に跨って前記所定の設定示唆演出を実行しないものであることを特徴とする遊技機。
(5) (1)乃至(4)のいずれか一つに記載の遊技機であって、
前記始動口に遊技球が入賞した場合であっても、変動開始条件が充足されるまで図柄変動の開始を保留し、
前記大当りに当選した場合には、該大当りに当選した図柄変動の終了後に大当り遊技を開始させ、
前記演出制御手段は、
前記大当り遊技が開始される場合に、前記第二の遊技状態から前記第一の遊技状態に跨って前記所定の設定示唆演出を実行させることが可能であることを特徴とする遊技機。
(6) (1)乃至(4)のいずれか一つに記載の遊技機であって、
前記始動口に遊技球が入賞した場合であっても、変動開始条件が充足されるまで図柄変動の開始を保留し、
前記当否判定では、小当りに当選するか否かも判定され、
前記小当りに当選した場合には、該小当りに当選した図柄変動の終了後に小当り遊技を開始させ、
前記演出制御手段は、
前記小当り遊技が開始される場合に、前記第二の遊技状態から前記第一の遊技状態に跨って前記所定の設定示唆演出を実行させることが可能であることを特徴とする遊技機。
(a) 遊技状態を制御する遊技状態制御手段と、
演出手段と、
前記演出手段を制御する演出制御手段と、を備え、
始動口への遊技球の入賞に基づいて図柄変動を実行可能であり、図柄変動ごとに大当りに当選するか否かの当否判定を実行し、複数段階の設定値から一の設定値を設定し、設定されている前記設定値によって前記大当りに当選する確率が定まり、設定されている前記設定値を変更可能な遊技機であって、
前記遊技状態制御手段は、
図柄変動を実行可能な遊技状態として、第一の遊技状態と、前記第一の遊技状態とは有利度が異なる第二の遊技状態と、を設定することが可能なものであって、
前記第二の遊技状態の次の遊技状態として前記第一の遊技状態を設定可能なものであり、
前記演出制御手段は、
設定されている前記設定値が変更されたことを示唆する変更示唆演出を実行させることが可能であり、
前記変更示唆演出として、所定の変更示唆演出を実行させることが可能なものであって、
前記第二の遊技状態から前記第一の遊技状態に跨って前記所定の変更示唆演出を実行させることが可能なものであることを特徴とする遊技機。
前記第二の遊技状態は、前記始動口への遊技球の入賞のし易さが異なることによって前記第一の遊技状態とは有利度が異なる遊技状態であることを特徴とする遊技機。
(b) (1)から(6)のいずれか一つ、又は、(a)に記載の遊技機であって、
前記演出制御手段は、前記第二の遊技状態から前記第一の遊技状態に遷移するタイミングを含む前記第二の遊技状態から前記第一の遊技状態に跨った期間において、前記所定の設定示唆演出を実行させるものであることを特徴とする遊技機。
【符号の説明】
【0215】
10 遊技機
15 外枠
17 中枠
20 前枠
21 ヒンジ機構
22 可動装飾体
23 シリンダ錠
25 透明部材
27 上球受け皿
29 下球受け皿
31 操作ハンドル
32 上枠部
33(33a、33b) スピーカ
34a、34b 左右側枠部
35(35a、35b、35c) 演出ランプ
36 球抜き機構
37 演出ボタン
38(38a、38b、38c、38d) カーソルボタン
39 メイン操作部
39a 玉貸ボタン
39b 返却ボタン
40 電源スイッチ
41 設定基板
42 設定キースイッチ
43 RAMクリアスイッチ
44 設定基板カバー
45 開閉カバー
46 遊技球タンク
47 タンクレール
48 払出ユニット
49 払出通路
50 遊技盤
50a 遊技領域
51 外レール
52 風車
53 内レール
55 大入賞口
57 第1始動口
59 第2始動口
61 普通電動役物
62 普通電動役物ソレノイド
63 ゲート
65 特別電動役物
66 特別電動役物ソレノイド
67 一般入賞口
69 アウト口
70 第1始動口センサ
71 第2始動口センサ
72 大入賞口センサ
73 一般入賞口センサ
74 ゲートセンサ
75 アウト球センサ
76 中枠開扉センサ
80 演出表示装置
81 メイン表示部
82 サブ表示部
82a 上サブ表示部
82b 左サブ表示部
82c 右サブ表示部
83 演出遮蔽体
83a 左上演出遮蔽体
83b 右上演出遮蔽体
83c 左下演出遮蔽体
83d 右下演出遮蔽体
90 図柄表示装置
91 第1特別図柄表示装置
92 第2特別図柄表示装置
93 普通図柄表示装置
94 第1特別図柄保留ランプ
95 第2特別図柄保留ランプ
96 普通図柄保留ランプ
97 主制御基板モニタ
100 主制御基板
101 CPU
102 ROM
103 RAM
104 I/Oポート
105 乱数回路
109 主制御基板ケース
110 入球判定手段
115 メイン乱数発生手段
120 メイン保留制御手段
125 事前判定手段
130 特図抽選手段
131 特図当否判定手段
132 特図停止図柄抽選手段
133 特図変動パターン導出手段
135 普図抽選手段
140 大当り遊技制御手段
145 図柄表示制御手段
150 電動役物制御手段
155 遊技状態制御手段
160 メイン情報記憶手段
165 メインエラー制御手段
170 メインコマンド管理手段
175 復電処理実行手段
176 復帰状態設定手段
177 設定変更手段
178 設定確認手段
179 遊技可能状態移行手段
180 電断処理実行手段
200 第1副制御基板
201 CPU
202 ROM
203 RAM
204 I/Oポート
209 第1副制御基板ケース
210 サブ乱数発生手段
220 通常演出制御手段
221 演出モード制御手段
222 演出ルート決定手段
223 サブ保留制御手段
224 先読み演出制御手段
225 演出内容決定手段
226 装飾図柄制御手段
227 大当り演出制御手段
228 設定示唆演出制御手段
230 サブエラー制御手段
240 ランプ制御手段
250 可動役物制御手段
260 サブ情報記憶手段
270 サブコマンド管理手段
300 第2副制御基板
301 CPU
302 ROM
303 RAM
304 I/Oポート
309 第2副制御基板ケース
400 払出制御基板
401 CPU
402 ROM
403 RAM
409 払出制御基板ケース
500 電源制御基板
501 通常電源回路
502 バックアップ電源回路
503 電断検出回路
509 電源制御基板ケース
600 設定キー
X 第1流路
Y 第2流路
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
図11
図12
図13
図14
図15
図16
図17