特表-16104753IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ ユニ・チャーム株式会社の特許一覧
<>
  • 再表WO2016104753-使い捨ておむつ 図000003
  • 再表WO2016104753-使い捨ておむつ 図000004
  • 再表WO2016104753-使い捨ておむつ 図000005
  • 再表WO2016104753-使い捨ておむつ 図000006
  • 再表WO2016104753-使い捨ておむつ 図000007
  • 再表WO2016104753-使い捨ておむつ 図000008
  • 再表WO2016104753-使い捨ておむつ 図000009
  • 再表WO2016104753-使い捨ておむつ 図000010
  • 再表WO2016104753-使い捨ておむつ 図000011
  • 再表WO2016104753-使い捨ておむつ 図000012
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
【公報種別】再公表特許(A1)
(11)【国際公開番号】WO/0
(43)【国際公開日】2016年6月30日
【発行日】2017年10月12日
(54)【発明の名称】使い捨ておむつ
(51)【国際特許分類】
   A61F 13/496 20060101AFI20170919BHJP
   A61F 13/49 20060101ALI20170919BHJP
【FI】
   A61F13/496 100
   A61F13/49 313A
   A61F13/49 315A
【審査請求】有
【予備審査請求】未請求
【全頁数】19
【出願番号】特願2016-566547(P2016-566547)
(21)【国際出願番号】PCT/0/0
(22)【国際出願日】2015年12月25日
(31)【優先権主張番号】特願2014-266711(P2014-266711)
(32)【優先日】2014年12月26日
(33)【優先権主張国】JP
(81)【指定国】 AP(BW,GH,GM,KE,LR,LS,MW,MZ,NA,RW,SD,SL,ST,SZ,TZ,UG,ZM,ZW),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,RU,TJ,TM),EP(AL,AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MK,MT,NL,NO,PL,PT,RO,RS,SE,SI,SK,SM,TR),OA(BF,BJ,CF,CG,CI,CM,GA,GN,GQ,GW,KM,ML,MR,NE,SN,TD,TG),AE,AG,AL,AM,AO,AT,AU,AZ,BA,BB,BG,BH,BN,BR,BW,BY,BZ,CA,CH,CL,CN,CO,CR,CU,CZ,DE,DK,DM,DO,DZ,EC,EE,EG,ES,FI,GB,GD,GE,GH,GM,GT,HN,HR,HU,ID,IL,IN,IR,IS,JP,KE,KG,KN,KP,KR,KZ,LA,LC,LK,LR,LS,LU,LY,MA,MD,ME,MG,MK,MN,MW,MX,MY,MZ,NA,NG,NI,NO,NZ,OM,PA,PE,PG,PH,PL,PT,QA,RO,RS,RU,RW,SA,SC,SD,SE,SG,SK,SL,SM,ST,SV,SY,TH,TJ,TM,TN,TR,TT,TZ,UA,UG,US
(71)【出願人】
【識別番号】000115108
【氏名又は名称】ユニ・チャーム株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】100066267
【弁理士】
【氏名又は名称】白浜 吉治
(74)【代理人】
【識別番号】100134072
【弁理士】
【氏名又は名称】白浜 秀二
(72)【発明者】
【氏名】衛藤 友美
(72)【発明者】
【氏名】中嶋 海陽
(72)【発明者】
【氏名】田中 嘉則
【テーマコード(参考)】
3B200
【Fターム(参考)】
3B200BA13
3B200CA04
3B200CA05
(57)【要約】
ウエストベルトとの接合強度を高めることができ、かつ肌触りのよいサイドフラップを備えた使い捨ておむつの提供。
おむつ本体(16)と、前後ウエスト域(11),(12)を連結するための一対のウエストベルト(17)とを備える使い捨ておむつ(10)において、前記一対のウエストベルト(17)は、レッグ開口(15)側からウエスト開口(14)側に向かって縦中心線(P)に近づく接合ライン(18A),(18B)を介して前記おむつ本体(16)に接合されており、前記おむつ本体(16)は、吸収体(23)の両側縁部の横方向(X)の外側において縦方向(Y)へ延びるサイドフラップ(40)を有し、前記サイドフラップ(40)は、前記レッグ開口(15)に沿って延びる縁部において他の領域に比して高い剛性を有する高剛性域(41)を有しており、前記高剛性域(41)の両端部(41A),(41B)は、前記接合ライン(18A),(18B)上に位置する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
縦方向及び横方向と、前記横方向の寸法を2等分する縦中心線とを有し、前後ウエスト域と、前記前後ウエスト域間に位置するクロッチ域と、吸収体を有するおむつ本体と、前記前後ウエスト域を連結するための一対のウエストベルトと、ウエスト開口と一対のレッグ開口とを備える使い捨ておむつにおいて、
前記一対のウエストベルトは、前記前後ウエスト域において、前記レッグ開口側から前記ウエスト開口側に向かって互いに間隔が小さくなる接合ラインを介して前記おむつ本体に接合されており、
前記おむつ本体は、前記吸収体の両側縁部の前記横方向の外側において前記縦方向へ延びるサイドフラップを有し、前記サイドフラップは、前記レッグ開口に沿って延びる縁部において他の領域に比して高い剛性を有する高剛性域を有しており、前記高剛性域の両端部は、前記接合ライン上に位置することを特徴とする前記おむつ。
【請求項2】
前記おむつ本体は、透液性の内層シートと、不透液性の外層シートと、前記内外層シートの間に位置する前記吸収体と、前記吸収体の両側部に配置される一対のサイドシートとを含み、前記サイドシートに別体の弾性シートを配置することによって前記高剛性域が形成される請求項1に記載のおむつ。
【請求項3】
前記サイドシートは、前記肌対向面側に位置する第1シートと前記非肌対向面側に位置する第2シートとを有し、前記弾性シートは、前記第1及び第2シート間に位置する請求項1又は2に記載のおむつ。
【請求項4】
前記弾性シートは、前記サイドシートの肌対向面側及び非肌対向面側のうちの少なくとも一方に配置される請求項1又は2に記載のおむつ。
【請求項5】
前記高剛性域には、前記縦方向へ延びる複数条のレッグ弾性体が配置される請求項1〜4のいずれかに記載のおむつ。
【請求項6】
前記レッグ弾性体は、前記高剛性域において積層されるシート部材の間に配置されており、前記ウエストベルトには、複数条のウエスト弾性体が配置されており、前記レッグ弾性体と前記ウエスト弾性体とが、シート部材の厚さ方向において互いに重なっていない請求項5に記載のおむつ。
【請求項7】
前記高剛性域の幅寸法は、3〜30mmである請求項1〜6のいずれかに記載のおむつ。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
この発明は、使い捨ておむつに関する。
【背景技術】
【0002】
従来、前後ウエスト域と、前後ウエスト域間に位置するクロッチ域とを有し、吸収体を有するおむつ本体と、前後ウエスト域を連結するための一対のウエストベルトと、ウエスト開口と一対のレッグ開口とを備える使い捨ておむつは公知である。例えば、特許文献1に開示された使い捨ておむつでは、一対のウエストベルトが、レッグ開口側からウエスト開口側に向かって縦中心線に近づく接合ラインを介しておむつ本体に接合されており、おむつ本体において、吸収体の横方向外側には一対のサイドフラップが形成されている。このサイドフラップは、積層された複数枚のシート部材からなり、全体がほぼ均一な剛性を有している。サイドフラップは、接合ラインを介してウエストベルトと接合され、ウエストベルトとともにレッグ開口を形成している。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
【特許文献1】特開平9−10261号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1に記載のおむつは、前後ウエスト域が環状のウエストベルトによって形成されるおむつや、前後ウエスト域とクロッチ域とを一体のシート部材によって形成するおむつに比して、着用者に下着らしい印象を与えることができる。
【0005】
しかし、特許文献1に記載のおむつでは、ウエストベルトを掴んでおむつを引き上げる際に、ウエストベルトとサイドフラップとの接合部における接合強度が比較的に低い場合には、接合ラインのレッグ開口側の端部の近傍において、サイドフラップに破れが生じやすくなる。一方、接合強度を高めるために、サイドフラップ全体の剛性を高くすると、サイドフラップの柔軟性が損なわれ、肌触りが低下してしまう。
【0006】
本発明の目的は、従来の技術の改良であって、ウエストベルトとの接合強度を高めることができ、かつ肌触りのよいサイドフラップを備えた使い捨ておむつの提供にある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明は、縦方向及び横方向と、前記横方向の寸法を2等分する縦中心線とを有し、前後ウエスト域と、前記前後ウエスト域間に位置するクロッチ域と、吸収体を有するおむつ本体と、前記前後ウエスト域を連結するための一対のウエストベルトと、ウエスト開口と一対のレッグ開口とを備える使い捨ておむつである。
【0008】
本発明は、上記おむつにおいて、前記一対のウエストベルトは、前記前後ウエスト域において、前記レッグ開口側から前記ウエスト開口側に向かって互いに間隔が小さくなる接合ラインを介して前記おむつ本体に接合されており、前記おむつ本体は、前記吸収体の両側縁部の前記横方向の外側において前記縦方向へ延びるサイドフラップを有し、前記サイドフラップは、前記レッグ開口に沿って延びる縁部において他の領域に比して高い剛性を有する高剛性域を有しており、前記高剛性域の両端部は、前記接合ライン上に位置することを特徴とする。
【0009】
前記おむつ本体は、透液性の内層シートと、不透液性の外層シートと、前記内外層シートの間に位置する前記吸収体と、前記吸収体の両側部に配置される一対のサイドシートとを含み、前記サイドシートに別体の弾性シートを配置することによって前記高剛性域が形成されるので、レッグ開口縁部において隙間なく身体へ面状にフィットされて、排泄物の横漏れを防止しうる。
【0010】
前記サイドシートは、前記肌対向面側に位置する第1シートと前記非肌対向面側に位置する第2シートとを有し、前記弾性シートは、前記第1及び第2シート間に位置することから、弾性シートの両側縁部が外部に露出して剥離したり、肌に触れて違和感を与えることはない。
【0011】
前記弾性シートは、前記サイドシートの肌対向面側及び非肌対向面側のうちの少なくとも一方に配置されることから、非弾性のサイドシートに弾性を付与することができる。
【0012】
前記高剛性域には、前記縦方向へ延びる複数条のレッグ弾性体が配置されることから、弾性シートとともにレッグ開口縁部におけるフィット性を向上させることができる。
【0013】
前記レッグ弾性体は、前記高剛性域において積層されるシート部材の間に配置されており、前記ウエストベルトには、複数条のウエスト弾性体が配置されており、前記レッグ弾性体と前記ウエスト弾性体とが、シート部材の厚さ方向において互いに重なっていないことから、それらが重なることによる応力の集中を避けて、レッグ開口縁部を面状にフィットさせることができる。
【0014】
前記高剛性域の幅寸法は、3〜30mmであるから、レッグ開口縁部を着用者の大腿部に面状にフィットさせることができる。
【発明の効果】
【0015】
本発明に係る使い捨ておむつの一つ以上の実施形態によれば、サイドフラップは、レッグ開口に沿って延びる縁部において他の領域に比して高い剛性を有する高剛性域を有しており、高剛性域の両端部は、接合ライン上に位置しているため、接合ラインのレッグ開口側の端部において、ウエストベルトとサイドフラップとの接合強度が高くなり、サイドフラップに破れが生じるのを防止することができる。さらに、サイドフラップにおいて、高剛性域は、レッグ開口を形成するサイドフラップの縁部に位置しており、他の領域は比較的に剛性が低くなっているため、サイドフラップの柔軟性を維持し、肌触りをよくすることができる。
【図面の簡単な説明】
【0016】
図1】本発明の第1実施形態における使い捨ておむつの一例として示す、おむつの斜視図。
図2】おむつの縦方向及び横方向に伸長させて、ウエストベルトの内面とおむつ本体の内面とを当接させた状態における平面図。
図3】おむつの前後ウエスト域における接合ラインの接合を解き、おむつ本体とウエストベルトとを縦方向と横方向とに伸長した状態における展開平面図。
図4図2のIV−IV線に沿う断面図。
図5図4のV線で囲んだ領域の拡大図。
図6】(a)図3のV(a)線で囲んだ領域の一部拡大図。(b)図3のV(b)線で囲んだ領域の一部拡大図。
図7】前ウエスト域の内面と後ウエスト域の内面とが互いに当接させた態様における、収縮した状態のおむつの正面図。
図8】着用するときの様子を示す、おむつの正面図。
図9】着用状態におけるおむつの側面図。
図10】変形例の一例における、おむつ10の図5と同様の断面図。
【発明を実施するための形態】
【0017】
下記の各実施の形態は、本発明の一例である図1図10に示す使い捨ておむつに関し、発明の不可欠な構成ばかりではなく、選択的及び好ましい構成を含む。図2図4において、後述する各弾性体は、その収縮力に抗して、横方向X及び縦方向Yへの収縮力により、各弾性体が取り付けられた部材に生じたギャザーが自然な視覚によって実質的に無くなっているように見える程度にまで伸長された状態にある。
【0018】
図1図3を参照すると、本発明に係る使い捨ておむつの一例であるおむつ10は、縦方向Y及びそれに直交する横方向Xと、肌対向面及びその反対側の非肌対向面と、横方向Xの長さ寸法を2等分する縦中心線Pと、縦方向Yの長さ寸法を2等分する横中心線Qとを有し、前ウエスト域11と、後ウエスト域12と、前ウエスト域11および後ウエスト域12の間に位置するクロッチ域13とを含む。おむつ10は縦中心線Pに関してほぼ対称であって、ウエスト開口14と一対のレッグ開口15とを有する。
【0019】
おむつ10は、吸収体23を有し縦方向Yに延びるおむつ本体16と、前後ウエスト域11,12を連結するための一対のウエストベルト17とを含む。一対のウエストベルト17は、縦中心線Pに関してほぼ対称に配置されており、レッグ開口15側からウエスト開口14側へ向かって縦中心線Pに近づく、複数の独立したシール部から形成された接合ライン(シールライン)18A,18Bを介しておむつ本体16に接合される。シール部は、公知の接合手段、例えば、熱エンボス加工、ソニック加工等の各種の熱溶着手段によって施されている。ウエストベルト17は、接合ライン18A,18Bにおいて、その肌対向面とおむつ本体16の肌対向面が互いに固定されている。かかる接合態様を有することによって、接合ライン18A,18Bが着用者の身体に触れて違和感や刺激を与えることはない。後記の本実施形態の効果を奏する限りにおいて、接合ライン18A,18Bには、熱溶着手段のほかに、ホットメルト接着剤などの公知の接合手段を用いることもできる。ウエストベルト17は、一対の弾性パネルによって形成されているが、後記の製造方法によって、おむつ本体16と同一のシート材料から形成することができる。
【0020】
<おむつ本体>
図3図5を参照すると、おむつ本体16は、縦方向Yにおいて離間対向する前端縁16a及び後端縁16bと、横方向Xにおいて離間対向する両側縁16c,16dとによって画定されており、前端縁16a間に位置する前端部20Aと、後端縁16b間に位置する後端部20Bと、前後端部20A,20Bの間に位置する中間部20Cとを有する。前後端縁16a,16bは、それぞれ、縦中心線Pに関してほぼ対称であって、縦方向Yの外側へ向かって凸状に延びている。前後端部20A,20Bは、それぞれ、おむつ10の前後ウエスト域11,12に位置し、中間部20Cはクロッチ域13に位置する。
【0021】
おむつ本体16は、肌対向面に位置する透液性の内層シート21と、非肌対向面に位置する不透液性の外層シート22と、内外層シート21,22の間に位置する吸収体23と、吸収体23と外層シート22との間に位置する難透液性又は不透液性の防漏シート24とを含む。内外層シート21,22の両側には、それらに介在された状態で、横方向Xに互いに離間し縦方向Yへ延びる一対のサイドシート25が配置されている。また、おむつ本体16は、サイドシート25のうちの内外層シート21,22及び防漏シート24の両側縁から横方向Xの外側へ延出している部分(すなわち、吸収体23の横方向の外側において、内外層シート21,22及び防漏シート24を含まない領域)からなるサイドフラップ40を有する。
【0022】
内層シート21は、略八角形状をなし、質量が約15〜35g/m、好ましくは約18〜24g/mの親水処理した疎水性のエアスルー繊維不織布、スパンボンド繊維不織布、ポイントボンド繊維不織布等から形成されていることが好ましい。外層シート22は、内層シート21とほぼ同形同大であって、質量が約15〜30g/m、好ましくは約18〜24g/mの疎水性のスパンボンド・メルトブローン・スパンボンド(以下SMSとする)繊維不織布またはスパンボンド繊維不織布から形成されていることが好ましい。
【0023】
吸収体23は、縦方向Yの外側へ凸曲した前後端縁23a,23bと、前後端縁間に縦方向Yへ延びる両側縁23cとを有し、所要の形状に賦型された吸液性コアと、吸液性コアを覆うティッシュペーパ等の液拡散性のコアカバーシートとを含む。吸液性コアとしては、木材フラッフパルプ、高吸収性ポリマー粒子、またはこれらの混合物を用いることができる。吸液性コアとコアカバーシートとは、ホットメルト接着剤等の公知の接合手段を用いて互いに接合することができる。
【0024】
防漏シート24は、少なくとも吸収体23の非肌対向面(底面)の全体を覆うように配置されており、吸収体23と外層シート22との間において、ホットメルト接着剤等の公知の接合手段によって接合することができる。防漏シート24としては、例えば、難透液性、好ましくは、不透液性かつ通気性のプラスチックフィルムを用いることができ、防漏シート24が吸収体23の非肌対向面の全体を覆うことによって、吸収体23で吸収された体液がおむつ10の外側に漏れるのを防止することができる。図示していないが、防漏シート24に絵柄や色彩等の装飾要素を有するシートを用いて、所要の光線透過率を有する外層シート22から装飾要素を透過させることもできる。
【0025】
図4及び5を参照すると、一対のサイドシート25は、吸収体23の横方向Xの両側に配置されており、防漏シート24と内層シート21との間において、ホットメルト接着剤等の公知の接合手段によって接合されている。サイドシート25は、吸収体23側に位置する第1シート25Aと外層シート22側に位置する第2シート25Bとから形成され、両シート25A,25Bはホットメルト接着剤等の公知の手段によって接合されている。サイドシート25としては、例えば、質量が約10〜30g/mの疎水性のSMS繊維不織布またはスパンボンド繊維不織布を用いることができる。
【0026】
第1シート25Aの外側縁部と第2シート25Bの外側縁部との間には、縦方向へ延びる複数条のレッグ弾性体26と、レッグ弾性体26の肌対向面側に位置するレッグ弾性シート27とが配置される。サイドフラップ40は、レッグ弾性シート27が配置された高剛性域41と、その横方向Xの内側に位置する、サイドシート25のみから形成された低剛性域42とを有する。高剛性域41は、低剛性域42に比べて、積層されたシート数が多いことから、低剛性域42に比べて剛性が高くなっている。なお、このように、レッグ開口縁部に沿って低剛性域42に比べて剛性が高い領域を形成するために、レッグ弾性シート27の代わりに、又は、それとともに、サイドシート25を折曲した部分が位置したり、非弾性の補助シートを配置してもよい。
【0027】
レッグ弾性体26は、おむつ本体16の前端縁16aから後端縁16bまでの間において縦方向Yへ伸長状態で収縮可能に取り付けられた複数条のストリング状またはストランド状の弾性材料から形成される。レッグ弾性シート27は、おむつ本体16の前端縁16aから後端縁16bまでの間において縦方向Yへ伸縮可能に取り付けられた帯状の弾性部材であって、平ゴムや弾性繊維から形成された弾性伸縮性の繊維不織布から形成される。おむつ本体16の両側部にレッグ弾性体26とレッグ弾性シート27とが配置されることによって、吸収体23の両側縁23cの横方向Xの外側部分には、レッグ弾性域(高剛性域41と同じ領域)が形成される。図3を参照すると、レッグ弾性シート27がおむつ本体16の前端縁16aから後端縁16bまで延びていることから、高剛性域41の両端部、すなわち、縦方向Yにおける両端部41A,41Bは、接合ライン18A、18B上に位置している。本実施形態において、サイドシート25は2つのシート25A,25Bから形成されているが、一枚の繊維不織布を折り曲げて固定することによって形成してもよいし、外層シート22の延出部分から形成してもよい。レッグ弾性シート27は、サイドシート25の肌対向面側又は非肌対向面側に配置してもよいが、本実施形態のように、第1シート25Aと第2シート25Bとの間に配置することによって、側縁部が外部に露出してそこから剥離されるのを防止することができるとともに、側縁部が肌に直接触れることによる違和感を低減することができる。
【0028】
<ウエストベルト>
図2及び3を参照すると、ウエストベルト17は、接合ライン18A,18Bを介しておむつ本体16に接合された両端縁(前後端縁)17a,17bと、おむつ本体16の両側縁16c,16dとともにレッグ開口15を形成する下側縁17cと、ウエスト開口縁を形成する上側縁17dとを有する。ウエストベルト17は、ウエスト開口側(第1側縁側)に位置する上方部分51と、レッグ開口側(第2側縁側)に位置する下方部分52とに区分される。上方部分と下方部分との幅方向の寸法は、それぞれ、ウエストベルト17の幅寸法W1の約30〜70%であって、好ましくは、50%の大きさを有する。したがって、例えば、通常の成人用のおむつのMサイズの場合には、ウエストベルト17の幅寸法W1が、約70mmであって、上下方部分51,52の幅寸法は約35mmである。
【0029】
ウエストベルト17は、繊維不織布製のウエストシート30から形成された内外層31,32を有する。内外層31,32の間には、ストリング状又はストランド状の弾性材料から形成された複数条のウエスト弾性体33,34が伸長状態で収縮可能に取り付けられている。ウエスト弾性体33,34は、上方部分51に配置された上方ウエスト弾性体33と、下方部分52に配置された下方ウエスト弾性体34とを有する。
【0030】
ウエストシート30の下側縁17c側には、弾性繊維不織布から形成されたウエスト弾性シート35が配置されている。ウエスト弾性シート35は、その一部が、最下に位置する下方ウエスト弾性体34と重なるように配置されている。また、ウエストシート30は、上側縁17d側において、その一部が内側へ折り曲げられた状態で固定されている。かかる折曲部分36には、複数の上方ウエスト弾性体33が配置されている。また、折曲部分36に配置された上方ウエスト弾性体33と、ウエストシート30のうちの折曲部分36以外の主体部に配置された上方ウエスト弾性体33とは、それぞれ厚さ方向においてずれていることが好ましい。これにより、上方ウエスト弾性体33が厚さ方向において重なり合うことによる伸長応力の集中を避け、広い範囲で身体へのフィット性を実現することができる。さらに、ウエスト開口縁部に折曲部分36が位置することによって、光線透過率が局所的に低くなり、よりショーツのような下着らしい外観を呈する。
【0031】
本実施形態においては、ウエストベルト17の上方部分51に10本の上方ウエスト弾性体33が配置されている。ウエスト開口側に配置された6本の上方ウエスト弾性体33(折曲部分36に配置された弾性体を含む)は、太さ450〜500dtexであって、3.0〜3.5倍に伸長された状態で固定されている。また、上方ウエスト弾性体33のうちのレッグ開口側に配置された4本の弾性体は、太さ600〜650dtexであって、2.5〜3.0倍に伸長された状態で固定されている。下方部分52には7本の下方ウエスト弾性体34が配置されており、下方ウエスト弾性体34は、太さ600〜650dtexであって、2.5〜3.0倍に伸長された状態で固定されている。上方ウエスト弾性体33と下方ウエスト弾性体34とにおける各弾性体間のピッチ(離間寸法)は等間隔であって、5.0〜6.0mmである。
【0032】
ウエストベルト17においては、下方部分52に下方ウエスト弾性体34とレッグ弾性シート27とが配置されていることによって、上方部分51の単位面積当たりの横方向Xにおける伸長応力よりも下方部分52の単位面積当たりの横方向Xにおける伸長応力が高くなっている。このように、上方部分51の伸長応力を相対的に低くすることによって、着用するときに、ウエスト開口を拡げ易くなる。一方、下方部分52の伸長応力が相対的に高いことから、レッグ回りにおいて着用者の身体に安定的にフィットされて、所要の保持力を発揮することができる。特に、おむつ10は、股上の浅い、いわゆるローライズタイプのものであって、ウエストベルト17の幅寸法がおむつ本体の幅寸法よりも小さく、着用中の着用者の動きによってずれ易くなるところ、下方部分52で安定的に身体にフィットされることによって、かかる位置ずれを抑制することができる。
【0033】
<伸長応力の測定方法>
上方部分51と下方部分52との伸長応力は、インストロン ジャパン カンパニーリミテッド社製の引張試験機を用いて、以下の方法で測定した。まず、おむつ10から吸収体23を取り除き、ウエスト回り方向へ延びる、前後ウエスト域11,12を形成する領域を切り出して環状の弾性パネルを得て、弾性パネルのうちの幅寸法の中央部分(縦方向Yの中央部分)においてウエスト回り方向へ延びるカットラインでカットすることによって、前後ウエスト域11,12の上方部分11Aに相当する環状の試料1と、前後ウエスト域の11,12の下方部分11Bに相当する環状の試料2とを得て、試料1及び2の収縮状態における寸法をそれぞれ測定(K1,K2)する。
【0034】
まず、試料1の伸長応力を測定する場合には、引張試験機の上下フック間の離間距離を試料1の収縮状態における長さ寸法K1となるように調整して、上フック(固定具)に試料1の一方端(図7に示す、ウエストベルト17の長手方向の中央部分17fに相当する部分)、下フック(可動具)に試料1の他方端(図7に示す、ウエストベルト17の長手方向の中央部分17eに相当する部分)を取付ける。なお、伸長する前に、伸長応力が0.1Nになるようにフック間の距離を微調整する。その後、引張試験機をサイクルモードに設定し、300mm/minの引張スピードで上フックを移動させる。例えば、試料1(上方部分)については、収縮時の寸法K1が244mmであるところ、試料1をさらに235mm伸長した後に原点まで戻すことを2度繰り返し、2回目の56mm伸長した時点の行きの応力と、2回目の181mm伸長した時点の戻りの応力とを測定して、試料1の伸長応力とした。一方、試料2の伸長応力についても、試料1と同様の測定方法によって求めた。
【0035】
上記測定方法による測定結果によれば、試料1の行きの応力が1.082N、試料2の行きの応力が1.083Nで、ともにほぼ同じ大きさだった。したがって、前後ウエスト域11,12において、ウエスト回り方向へ伸長したときの伸長応力はほぼ同じ大きさであって、着用するときに、比較的に小さい力で前後ウエスト域11、12全体を拡げることができる。一方、試料1の戻りの応力が、3.476N、試料2の戻りの応力が4.557Nであった。したがって、着用状態において、前後ウエスト域11,12のレッグ開口側がウエスト開口側に比べてより身体にフィットするといえる。
【0036】
下方部分52に配置される下方ウエスト弾性体34は、上方部分51に配置される上方ウエスト弾性体33よりも低い伸長倍率で取り付けられている。具体的には、下方ウエスト弾性体34の伸長倍率と上方ウエスト弾性体33の伸長倍率との差が0.5倍以下である。具体的には、上方ウエスト弾性体33の伸長倍率が3.2〜3.7倍、下方ウエスト弾性体34の伸長倍率が2.7〜3.2倍である。このように、下方ウエスト弾性体34の伸長倍率を相対的に低く設定することによって、下方部分52の縮み量が上方部分51のそれよりも減少し、収縮状態において伸長状態に比べてレッグ開口が極端に小さくなることはなく、レッグ開口に脚を挿通しやすくなるので、着用するときにレッグ開口に足先が引っ掛ることなく、スムーズに着用することができる。また、上方ウエスト弾性体33と下方ウエスト弾性体34とのピッチや本数を調整するのではなく、下方部分52にレッグ弾性シート27を配置することによって、レッグ開口縁部の収縮状態における寸法がレッグ弾性シート27が配置されていない状態に比べて大きくなり、レッグ開口をより大きくすることができるとともに、さらに、上下方部分51,52に伸長応力の差が生じるように設定することによって、下方部分52が比較的に高い伸長応力を有する場合であっても、面状にフィットして、肌への食い込みが抑制される。
【0037】
また、下方ウエスト弾性体34の太さが、上方ウエスト弾性体33のそれよりも大きいことが好ましい。このように、下方ウエスト弾性体34の太さを相対的に大きく設定することによって、低倍率で比較的に大きな伸長応力を発揮することができ、レッグ開口縁部のフィット性を実現することができる。
【0038】
図2,3を参照すると、接合ライン18Aを剥離しておむつ10を展開させた伸長状態において、ウエストベルト17は、上側縁17dの長さ寸法L3が下側縁17cの長さ寸法L4よりも大きく、台形状をなしている。具体的には、例えば、通常のMサイズのおむつにおいて、ウエストベルト17における上側縁17dの長さ寸法(上方部分51の長さ寸法)L5は、550〜600mm、下側縁17cの長さ寸法(下方部分52の長さ寸法)L6は300〜350mmであって、幅方向の寸法W1は60〜95mmである。また、ウエストベルト17が収縮した状態においても、下方部分52の長さ寸法L6は、上方部分51の長さ寸法L5よりも小さくなっている。ウエストベルト17が伸長された状態及び収縮された状態において、下方部分52の長さ寸法L6は、上方部分51の長さ寸法L5の50〜80%の大きさを有する。
【0039】
図6(a),(b)を参照すると、ウエストベルト17は、第1側縁17c側がレッグ開口縁側、第2側縁17d側がウエスト開口縁側となるように接合ライン18A,18Bを介しておむつ本体16の前後端部20A,20Bに伸長状態で収縮可能に接合される。本実施形態において、接合ライン18Aの内側縁を形成するウエストベルト17とおむつ本体16との境界ライン60とウエスト開口縁との交点61におけるウエスト開口縁と直交する(縦中心線Pと並行に延びる)仮想線62と境界ラインとの交角である交角θ1は、接合ライン18Bの内側縁を形成する境界ラインとウエスト開口縁との交点63におけるウエスト開口縁と直交する仮想線64と境界ラインとの交角θ2と同じである。ただし、必要に応じで、それらの交角θ1,θ2が互いに異なる大きさであってもよく、その場合には、着用時においておむつ10の前側(腹側)と後側(背側)とを容易に識別することができる。
【0040】
おむつ10を着用する際に、着用者又は着用補助者が、ウエストベルト17を把持して引き上げようとする力とウエスト弾性体33,34の収縮作用によってウエスト回り方向へ引っ張ろうとする力が集中し、ウエスト開口と接合ライン18Aとの交点61,63に応力が集中して破れが生じやすくなる。接合ライン18Aでは、ホットメルト接着剤ではなく、熱溶着手段によって複数のシートが接合されて一体化されているので、比較的に剛性が高くなっており、かかる力が集中した場合であってもおむつ10が破れるのを抑制することができる。また、交点61,63からの破れを防止するために、接合ライン18A,18Bの全体又は交点61,63側の部分の接合面積を他の部分に比して大きくして局所的に接合強度を高くしてもよいし、該部分を含む領域に補強シートを取り付けてシート強度を高くしてもよい。
【0041】
図3を参照すると、吸収体23の縦方向Yの寸法L2は、おむつ10(おむつ本体16)の縦方向Yの寸法L1の約65〜95%の大きさを有する。通常、おむつの縦方向の寸法に対して吸収体の縦方向の寸法は約60%の大きさであって、おむつの吸収体から縦方向の外側に位置するシート部材のみから形成された部分の面積が比較的に大きくなっている。本実施形態においては、吸収体23が所要の吸収性能を発揮しうるのに十分な長さ寸法を有する一方、それよりも縦方向Yの外側に位置するシート部材のみからなる部分の面積を比較的に小さくすることによって、より少ない資材で製造することができ、製造コストを抑えることができる。また、吸収体23の前後端縁23a,23bとおむつ本体16の前後端縁16a,16bとが、通常のおむつに比べて近接しているために、着用状態においてウエスト開口が臍部よりも下に位置するようなローライズですっきりとした着用態様となる。
【0042】
図7を参照すると、おむつ10は、ウエスト開口が全体として下方へ凸となるように湾曲した形状をなしている。すなわち、前後ウエスト域11,12の横方向の中央部の位置がその両側部よりも下方に位置していることから、上下側区域の長さ寸法が同じ場合や上側区域の長さ寸法が下側区域の長さ寸法よりも大きな従来のおむつに比べて、すっきりとした印象を与えることができ、意匠性に優れる。
【0043】
図8を参照すると、おむつ10を着用する際にウエストベルト17を引っ張り上げると、接合ライン18A,18Bでは応力が集中する。特に、接合ライン18A,18Bにおけるレッグ開口15側の端部45では、ウエストベルト17の第2側縁17bが、未着用状態の位置(図5において仮想線で示す第2側縁17bの位置)よりも上方へ引き上げられた状態となって引張応力が大きくなり、破れが生じやすくなる。本実施形態のおむつ10では、高剛性域41の両端部41A,41Bが接合ライン18A,18Bの端部45まで延びているため、該端部45では、低剛性域42に比して積層されているシートの数が多くなり(図6を参照)、シール部における接合強度が高くなる。これにより、接合ライン18A,18Bの端部45に応力が集中した場合であっても、端部45及びその近傍においてサイドフラップ40に破れが生じるのを効果的に防止することができる。また、サイドフラップ40において、高剛性域41の内側には柔軟性のある低剛性域42が位置しているため、肌触りをよくすることができる。
【0044】
再び、図5を参照すると、高剛性域41によるフィット性と低剛性域42による肌触り性とのバランスを考慮して、高剛性域41の幅寸法W2は、約3〜30mmの範囲であることが好ましく、約5〜15mmの範囲であることがより好ましい。また、レッグ弾性体26と下方ウエスト弾性体34とは、厚さ方向Zにおいて互いに重ならないように配置されている。それによって、接合ライン18A,18B上において各弾性体26,34による引張力が一点に集中することが抑制され(図8における拡大図参照)、より破れ難くすることができる。さらに、図2に示す平面視において、レッグ弾性体26の一部が下方ウエスト弾性体34よりも横方向Xの外側に位置することにより、レッグ開口縁部からの排泄物の横漏れを効果的に防止し得る。
【0045】
既述のとおり、おむつ10はウエスト開口14側の縁部に折曲部分36が位置することによって、レッグ開口15と同様に、折曲部分36が位置する部分がウエストベルト17における他の部分よりも剛性の高い、ウエスト高剛性域が形成されている。そのために、おむつ10を着用する際に、かかるウエスト高剛性域とそれに隣接する比較的に剛性の低い領域との境界部に指をかけておむつ10を引き上げることができる。この境界部は、剛性差によって折れ曲がり易くなっているとともに、ウエスト高剛性域は、隣接する部分に比して凸状になっているため、該凸状部分に指が引っ掛りやすくなり、引き上げ操作が容易になる。さらに、ウエスト高剛性域は前後ウエスト域11,12の接合ライン18A,18Bまで延びているため、接合ライン18A,18Bのウエスト開口14側の端部では、積層されているシートの数が多くなるので接合強度が高くなり、該端部からの破れの発生を防止できる。
【0046】
本実施形態のおむつ10は、前後ウエスト域が環状のウエストベルトによって形成されるおむつに比して下着らしい印象を与えることができ、成人の軽失禁用として好まれる、比較的に股上の浅いローウエストタイプ(ローライズタイプ)のおむつとして好適である。おむつ10を軽失禁用として用いる場合には、吸収体23の厚さ寸法が比較的に小さくなっており、吸収体23の肌対向面側において着用者へ向って起き上がる防漏フラップが形成されていないことが好ましい。また、下着らしい印象を与え、且つ、柔軟性を高くするために、低剛性域42において積層されるシート部材の数は、2枚以下であることが好ましく、1枚であることがより好ましい。一方、高剛性域41では2枚以上(好ましくは2〜3枚)のシート部材が積層されており、さらに、弾性材料(例えば、レッグ弾性体)が配置されていることが好ましい。
【0047】
図9を参照すると、ウエスト弾性シート35は、レッグ開口15の上方部分51において、接合ライン18A,18B側に位置する両端部35A,35Bからウエスト回り方向における中央部分35Cに向かって次第に幅狭となっており、中央部分(最幅狭部分)35Cにおいて最も幅狭となっている。また、レッグ弾性シート27も同様に、接合ライン18A,18B側に位置する両端部27A,27Bからウエスト回り方向の中央部分(最幅狭部分)27Cに向かって次第に幅狭となっており、中央部分27Cにおいて最も幅狭になっている。ウエスト弾性シート35とレッグ弾性シート27とが、このような形状を有することによって、接合ライン18A,18B側に位置する両シートの両端部27A,27B,35A,35Bにおいて着用者の身体のうちで最もおむつ10との間に隙間ができ易い大腿部の付根に安定的にフィットされるとともに、中央部分27C,35Cを身体のうちで最も動きの少ない腰骨近傍と大腿部の外側部分に当接することによって、各弾性シート全体を同一の幅寸法で形成する場合に比して材料コストを抑えながら、身体に対する適度なフィット性を実現することができる。なお、ウエスト弾性シート35の最幅狭部分35C及びレッグ弾性シート27の最幅狭部分27Cをそれぞれの長さ寸法の中央部分よりも僅かに前側に変位することによって、臀部側に幅の広い領域を位置させることができるので、レッグ開口の前方部分が後方部分よりも大きくなって、より下着のレッグ開口のラインに近くなり、下着とともに身体にフィットしやすくなる。
【0048】
<変形例>
図10は、変形例の一例における、おむつ10の図5と同様の断面図である。本変形例においては、高剛性域41において、弾性又は非弾性を有する繊維不織布製の補助シート70がサイドシート25(又は第1サイドシー25A)の肌対向面側に接着剤によって固定されている。このように、高剛性域41に、補助シート70を配置することによって、積層枚数が低剛性域42よりもさらに多くなり、両域41,42の剛性差が明確となる。補助シート70は、サイドシート25の肌対向面側ではなく、非肌対向面側に固定されていてもよいし、1枚ではなく、複数のシートから形成されていてもよい。
【0049】
本発明のおむつ10を構成する各構成部材には、明細書に記載されている材料のほかに、この種の物品において通常用いられている各種公知の材料を制限なく用いることができる。また、明細書及び特許請求の範囲において、「第1」及び「第2」の用語は、同様の要素、位置等を単に区別するために用いられる。
【符号の説明】
【0050】
10 おむつ
11 前ウエスト域
12 後ウエスト域
13 クロッチ域
14 ウエスト開口
15 レッグ開口
16 おむつ本体
17 ウエストベルト
18A,18B 接合ライン
21 内層シート
22 外層シート
23 吸収体
25 サイドシート
26 レッグ弾性体
30 弾性シート
33 ウエスト弾性体
40 サイドフラップ
41 高剛性域
42 低剛性域
70 弾性シート
P 縦中心線
X 横方向
Y 縦方向
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
【国際調査報告】