特表2018-538766(P2018-538766A)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2022.1.31 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ クゥアルコム・インコーポレイテッドの特許一覧
特表2018-538766狭帯域アップリンクシングルトーン送信のためのシステムおよび方法
<>
  • 特表2018538766-狭帯域アップリンクシングルトーン送信のためのシステムおよび方法 図000004
  • 特表2018538766-狭帯域アップリンクシングルトーン送信のためのシステムおよび方法 図000005
  • 特表2018538766-狭帯域アップリンクシングルトーン送信のためのシステムおよび方法 図000006
  • 特表2018538766-狭帯域アップリンクシングルトーン送信のためのシステムおよび方法 図000007
  • 特表2018538766-狭帯域アップリンクシングルトーン送信のためのシステムおよび方法 図000008
  • 特表2018538766-狭帯域アップリンクシングルトーン送信のためのシステムおよび方法 図000009
  • 特表2018538766-狭帯域アップリンクシングルトーン送信のためのシステムおよび方法 図000010
  • 特表2018538766-狭帯域アップリンクシングルトーン送信のためのシステムおよび方法 図000011
  • 特表2018538766-狭帯域アップリンクシングルトーン送信のためのシステムおよび方法 図000012
  • 特表2018538766-狭帯域アップリンクシングルトーン送信のためのシステムおよび方法 図000013
  • 特表2018538766-狭帯域アップリンクシングルトーン送信のためのシステムおよび方法 図000014
  • 特表2018538766-狭帯域アップリンクシングルトーン送信のためのシステムおよび方法 図000015
  • 特表2018538766-狭帯域アップリンクシングルトーン送信のためのシステムおよび方法 図000016
  • 特表2018538766-狭帯域アップリンクシングルトーン送信のためのシステムおよび方法 図000017
  • 特表2018538766-狭帯域アップリンクシングルトーン送信のためのシステムおよび方法 図000018
  • 特表2018538766-狭帯域アップリンクシングルトーン送信のためのシステムおよび方法 図000019
  • 特表2018538766-狭帯域アップリンクシングルトーン送信のためのシステムおよび方法 図000020
  • 特表2018538766-狭帯域アップリンクシングルトーン送信のためのシステムおよび方法 図000021
  • 特表2018538766-狭帯域アップリンクシングルトーン送信のためのシステムおよび方法 図000022
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公表特許公報(A)
(11)【公表番号】特表2018-538766(P2018-538766A)
(43)【公表日】2018年12月27日
(54)【発明の名称】狭帯域アップリンクシングルトーン送信のためのシステムおよび方法
(51)【国際特許分類】
   H04L 27/26 20060101AFI20181130BHJP
   H04W 72/04 20090101ALI20181130BHJP
【FI】
   H04L27/26 113
   H04L27/26 114
   H04W72/04 133
   H04W72/04 136
【審査請求】未請求
【予備審査請求】未請求
【全頁数】42
(21)【出願番号】特願2018-542123(P2018-542123)
(86)(22)【出願日】2016年9月2日
(85)【翻訳文提出日】2018年6月29日
(86)【国際出願番号】US2016050132
(87)【国際公開番号】WO2017078841
(87)【国際公開日】20170511
(31)【優先権主張番号】62/251,626
(32)【優先日】2015年11月5日
(33)【優先権主張国】US
(31)【優先権主張番号】62/252,358
(32)【優先日】2015年11月6日
(33)【優先権主張国】US
(31)【優先権主張番号】15/255,069
(32)【優先日】2016年9月1日
(33)【優先権主張国】US
(81)【指定国】 AP(BW,GH,GM,KE,LR,LS,MW,MZ,NA,RW,SD,SL,ST,SZ,TZ,UG,ZM,ZW),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,RU,TJ,TM),EP(AL,AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MK,MT,NL,NO,PL,PT,RO,RS,SE,SI,SK,SM,TR),OA(BF,BJ,CF,CG,CI,CM,GA,GN,GQ,GW,KM,ML,MR,NE,SN,TD,TG),AE,AG,AL,AM,AO,AT,AU,AZ,BA,BB,BG,BH,BN,BR,BW,BY,BZ,CA,CH,CL,CN,CO,CR,CU,CZ,DE,DK,DM,DO,DZ,EC,EE,EG,ES,FI,GB,GD,GE,GH,GM,GT,HN,HR,HU,ID,IL,IN,IR,IS,JP,KE,KG,KN,KP,KR,KZ,LA,LC,LK,LR,LS,LU,LY,MA,MD,ME,MG,MK,MN,MW,MX,MY,MZ,NA,NG,NI,NO,NZ,OM,PA,PE,PG,PH,PL,PT,QA,RO,RS,RU,RW,SA,SC,SD,SE,SG,SK,SL,SM,ST,SV,SY,TH,TJ,TM,TN,TR,TT,TZ,UA,UG,US
(71)【出願人】
【識別番号】595020643
【氏名又は名称】クゥアルコム・インコーポレイテッド
【氏名又は名称原語表記】QUALCOMM INCORPORATED
(74)【代理人】
【識別番号】100108855
【弁理士】
【氏名又は名称】蔵田 昌俊
(74)【代理人】
【識別番号】100109830
【弁理士】
【氏名又は名称】福原 淑弘
(74)【代理人】
【識別番号】100158805
【弁理士】
【氏名又は名称】井関 守三
(74)【代理人】
【識別番号】100112807
【弁理士】
【氏名又は名称】岡田 貴志
(74)【代理人】
【識別番号】100184332
【弁理士】
【氏名又は名称】中丸 慶洋
(72)【発明者】
【氏名】ワン、レンチウ
(72)【発明者】
【氏名】シュ、ハオ
(72)【発明者】
【氏名】ワン、シャオ・フェン
(72)【発明者】
【氏名】チェン、ワンシ
(72)【発明者】
【氏名】ウェイ、ヨンビン
(72)【発明者】
【氏名】ファクーリアン、サイード・アリ・アクバル
(72)【発明者】
【氏名】リコ・アルバリーニョ、アルベルト
(72)【発明者】
【氏名】バジャペヤム、マダバン・スリニバサン
(72)【発明者】
【氏名】レイ、ジン
【テーマコード(参考)】
5K067
【Fターム(参考)】
5K067AA21
5K067BB21
5K067CC02
5K067DD02
5K067DD34
5K067EE02
5K067EE10
(57)【要約】
装置は、異なるトーンインデックスを示すシグナリングを基地局から受信しうる。装置はさらに、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信しうる。ある態様では、複数のシンボル中のシンボルのグループは、受信されたシグナリングによって示されたシングルトーンアップリンク送信の異なるトーンインデックスを使用して送信される。第2の装置は、少なくとも1つのユーザ機器(UE)に、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するにあたって使用するための異なるトーンインデックスに関連付けられた情報をシグナリングしうる。第2の装置はさらに、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを受信しうる。ある態様では、複数のシンボル中のシンボルのペアは、シングルトーンアップリンク送信の異なるトーンインデックス中で受信される。
【選択図】図1
【特許請求の範囲】
【請求項1】
ユーザ機器(UE)のワイヤレス通信の方法であって、
異なるトーンインデックスを示すシグナリングを基地局から受信することと、
シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信することと
を備え、前記複数のシンボル中のシンボルのグループは、前記受信されたシグナリングによって示された前記異なるトーンインデックスを使用して前記シングルトーンアップリンク送信中で送信される、
方法。
【請求項2】
前記異なるトーンインデックスの各トーンインデックスは、異なる周波数に関連付けられる、
請求項1に記載の方法。
【請求項3】
前記複数のシンボルは、データシンボルまたは基準信号(RS)シンボルのうちの少なくとも1つを備える、
請求項1に記載の方法。
【請求項4】
前記シングルトーンアップリンク送信中で前記複数のシンボルを前記送信することは、
第1のトーンインデックスを使用して第1のシンボルペアの第1のシンボルを送信することと、
前記第1のトーンインデックスとの固定周波数差である第2のトーンインデックスを使用して前記第1のシンボルペアの第2のシンボルを送信することと
を備える、請求項1に記載の方法。
【請求項5】
前記シングルトーンアップリンク送信中で前記複数のシンボルを前記送信することは、
前記第1のトーンインデックスを使用して第2のシンボルペアの第3のシンボルを送信することと、
前記第1のトーンインデックスとの前記固定周波数差である前記第2のトーンインデックスを使用して前記第2のシンボルペアの第4のシンボルを送信することと
をさらに備える、請求項4に記載の方法。
【請求項6】
前記シングルトーンアップリンク送信中で前記複数のシンボルを前記送信することは、
前記第2のトーンインデックスに対して非固定周波数差である第3のトーンインデックスを使用して第2のシンボルペアの第3のシンボルを送信することと、
前記第3のトーンインデックスとの固定周波数差である第4のトーンインデックスを使用して前記第2のシンボルペアの第4のシンボルを送信することと
をさらに備える、請求項4に記載の方法。
【請求項7】
前記受信されたシグナリングの前記異なるトーンインデックスは、周波数ホッピングパターンを示す、
請求項1に記載の方法。
【請求項8】
前記シングルトーンアップリンク送信中で前記複数のシンボルを前記送信することは、
前記異なるトーンインデックスを使用してサブフレーム中でデータシンボルの少なくとも1つのペアを送信することと、
前記異なるトーンインデックスを使用して前記サブフレーム中で基準信号(RS)シンボルの少なくとも1つのペアを送信することと
を備える、請求項1に記載の方法。
【請求項9】
前記シングルトーンアップリンク送信が物理アップリンク共有チャネル(PUSCH)中で送信される場合、前記複数のシンボルは、第1の数の基準信号(RS)シンボルを含み、
前記シングルトーンアップリンク送信が確認応答(ACK)を含む場合、前記複数のシンボルは、第2の数の基準信号(RS)シンボルを含み、
前記シングルトーンアップリンク送信がチャネル品質情報(CQI)を含む場合、前記複数のシンボルは、第3の数の基準信号(RS)シンボルを含み、
前記第1の数のRSシンボル、第2の数のRSシンボル、および第3の数のRSシンボルは、同じであるか、または、
前記第1の数のRSシンボル、第2の数のRSシンボル、および第3の数のRSシンボルのうちの少なくとも1つは、異なる、
請求項1に記載の方法。
【請求項10】
前記シングルトーンアップリンク送信が物理ランダムアクセスチャネル(PRACH)中で送信される場合、前記方法は、
トーン間隔を低減すること、または、
各サブフレーム中で前記複数のシンボルの数を低減すること
のうちの少なくとも1つをさらに備える、請求項1に記載の方法。
【請求項11】
前記シングルトーンアップリンク送信中で前記複数のシンボルを送信するにあたって使用するためのフォーマットを示すシグナリングを基地局から受信することをさらに備え、
前記フォーマットは、サブフレーム持続時間、シンボル持続時間、または前記複数のシンボルに関連付けられたサイクリックプレフィックス(CP)長のうちの少なくとも1つを含む、
請求項1に記載の方法。
【請求項12】
前記フォーマットは、ペイロードを伴わないプリアンブルベース、またはペイロードを伴うメッセージベースのいずれかである、
請求項11に記載の方法。
【請求項13】
前記シングルトーンアップリンク送信が物理ランダムアクセスチャネル(PRACH)中で送信される場合、前記方法は、
アップリンクパイロットタイムスロット(UpPTS)中で前記シングルトーンアップリンク送信を送信すること、または、
前記UpPTSおよび少なくとも1つの後続のアップリンクサブフレーム中で前記シングルトーンアップリンク送信を送信すること
のうちの少なくとも1つをさらに備える、請求項1に記載の方法。
【請求項14】
前記シングルトーンアップリンク送信のコーディングスキームは、テイルバイティング畳み込みコード(TBCC)またはデュアルリードマラーコードのうちの少なくとも1つに基づく、
請求項1に記載の方法。
【請求項15】
基地局のワイヤレス通信の方法であって、
少なくとも1つのユーザ機器(UE)に、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するにあたって使用するための異なるトーンインデックスを示す情報をシグナリングすることと、
前記シングルトーンアップリンク送信中で前記複数のシンボルを受信することと
を備え、前記複数のシンボル中のシンボルのペアは、前記シングルトーンアップリンク送信の前記異なるトーンインデックス中において前記シングルトーンアップリンク送信中で受信される、
方法。
【請求項16】
前記異なるトーンインデックスの各トーンインデックスは、異なる周波数に関連付けられる、
請求項15に記載の方法。
【請求項17】
前記複数のシンボルは、第1のユーザ機器(UE)からのシンボルの第1のセットと第2のUEからのシンボルの第2のセットとを備え、
前記複数のシンボルは、データシンボルまたは基準信号(RS)シンボルのうちの少なくとも1つを備える、
請求項15に記載の方法。
【請求項18】
前記シングルトーンアップリンク送信中で前記複数のシンボルを前記受信することは、
第1のトーンインデックス中で第1のシンボルペアの第1のシンボルを受信することと、
前記第1のトーンインデックスとの固定周波数差である第2のトーンインデックス中で前記第1のシンボルペアの第2のシンボルを受信することと
を備える、請求項15に記載の方法。
【請求項19】
前記シングルトーンアップリンク送信中で前記複数のシンボルを前記受信することは、
前記第1のトーンインデックス中で第2のシンボルペアの第3のシンボルを受信することと、
前記第1のトーンインデックスとの前記固定周波数差である前記第2のトーンインデックス中で前記第2のシンボルペアの第4のシンボルを受信することと
をさらに備える、請求項18に記載の方法。
【請求項20】
前記シングルトーンアップリンク送信中で前記複数のシンボルを前記受信することは、
前記第2のトーンインデックスに対して非固定周波数差である第3のトーンインデックス中で第2のシンボルペアの第3のシンボルを受信することと、
前記第3のトーンインデックスに対して固定周波数差である第4のトーンインデックス中で前記第2のシンボルペアの第4のシンボルを受信することと
をさらに備える、請求項18に記載の方法。
【請求項21】
前記異なるトーンインデックスに関連付けられた前記情報は、周波数ホッピングパターンを示す、
請求項15に記載の方法。
【請求項22】
前記シングルトーンアップリンク送信中で前記複数のシンボルを前記受信することは、
前記異なるトーンインデックス中においてサブフレーム中でデータシンボルの少なくとも1つのペアを受信することと、
前記異なるトーンインデックス中において前記サブフレーム中で基準信号(RS)シンボルの少なくとも1つのペアを受信することと
を備える、請求項15に記載の方法。
【請求項23】
前記シングルトーンアップリンク送信が物理アップリンク共有チャネル(PUSCH)中で受信される場合、前記複数のシンボルは、第1の数の基準信号(RS)シンボルを含み、
前記シングルトーンアップリンク送信が確認応答(ACK)を含む場合、前記複数のシンボルは、第2の数の基準信号(RS)シンボルを含み、
前記シングルトーンアップリンク送信がチャネル品質情報(CQI)を含む場合、前記複数のシンボルは、第3の数の基準信号(RS)シンボルを含み、
前記第1の数のRSシンボル、第2の数のRSシンボル、および第3の数のRSシンボルは、同じであるか、または、
前記第1の数のRSシンボル、第2の数のRSシンボル、および第3の数のRSシンボルのうちの少なくとも1つは、異なる、
請求項15に記載の方法。
【請求項24】
前記シングルトーンアップリンク送信が物理ランダムアクセスチャネル(PRACH)中で受信される場合、前記シングルトーンアップリンク送信は、低減されたトーン間隔または各サブフレーム中の低減された数の前記複数のシンボルのうちの少なくとも1つを含む、
請求項15に記載の方法。
【請求項25】
シンボルの前記ペア間での位相差に基づいてタイミング推定値を決定することをさらに備える、
請求項15に記載の方法。
【請求項26】
前記シングルトーンアップリンク送信の巡回冗長検査(CRC)がパスする前に、前記複数のシンボル中の基準信号(RS)シンボルの位相差に基づいて、前記少なくとも1つのUEに関連付けられたタイミングオフセットを決定すること、または、
前記データシンボルを再符号化および再変調することによって前記シングルトーンアップリンク送信の前記CRCがパスした後で、前記データシンボルと前記RSシンボルとに基づいて、前記少なくとも1つのUEの前記タイミングオフセットを決定すること
をさらに備える、請求項15に記載の方法。
【請求項27】
前記少なくとも1つのUEに、前記シングルトーンアップリンク送信中で前記複数のシンボルを送信するにあたって使用するためのフォーマットに関連付けられた情報をシグナリングすることをさらに備え
前記フォーマットは、サブフレーム持続時間、シンボル持続時間、または前記複数のシンボルに関連付けられたサイクリックプレフィックス(CP)長のうちの少なくとも1つを含む、
請求項15に記載の方法。
【請求項28】
前記フォーマットは、ペイロードを伴わないプリアンブルベース、またはペイロードを伴うメッセージベースのいずれかである、請求項27に記載の方法。
【請求項29】
前記シングルトーンアップリンク送信が物理ランダムアクセスチャネル(PRACH)中で受信される場合、前記方法は、
アップリンクパイロットタイムスロット(UpPTS)中で前記シングルトーンアップリンク送信を受信すること、または、
前記UpPTSおよび少なくとも1つの後続のアップリンクサブフレーム中で前記シングルトーンアップリンク送信を受信すること
のうちの少なくとも1つをさらに備える、請求項15に記載の方法。
【請求項30】
シングルトーンアップリンク送信のコーディングスキームは、テイルバイティング畳み込みコード(TBCC)またはデュアルリードマラーコードのうちの少なくとも1つに基づく、請求項15に記載の方法。
【発明の詳細な説明】
【関連出願の相互参照】
【0001】
[0001]本願は、2015年11月5日に出願され、「NARROWBAND UPLINK SINGLE TONE TRANSMISSIONS」と題された米国仮特許出願第62/251,626号と、2015年11月6日に出願され、「NARROWBAND UPLINK SINGLE TONE TRANSMISSION」と題された米国仮特許出願第62/252,358号との両方、および2016年9月1日に出願され、「SYSTEM AND METHOD FOR NARROWBAND UPLINK SINGLE TONE TRANSMISSIONS」と題された米国非仮特許出願第15/255,069号の利益を主張し、それらの開示は、その全体がここに参照によって明確に組み込まれる。
【技術分野】
【0002】
[0002]本開示は概して、通信システムに関し、より具体的には、狭帯域シングルトーンアップリンク送信に関する。
【背景技術】
【0003】
[0003]ワイヤレス通信システムは、電話通信、映像、データ、メッセージング、およびブロードキャストのような様々な電気通信サービスを提供するために広く展開されている。典型的なワイヤレス通信システムは、利用可能なシステムリソースを共有することによって複数のユーザとの通信をサポートすることが可能な多元接続技術を用いうる。そのような多元接続技術の例は、符号分割多元接続(CDMA)システム、時分割多元接続(TDMA)システム、周波数分割多元接続(FDMA)システム、直交周波数分割多元接続(OFDMA)システム、シングルキャリア周波数分割多元接続(SC−FDMA)システム、および時分割同期符号分割多元接続(TD−SCDMA)システムを含む。
【0004】
[0004]これらの多元接続技術は、異なるワイヤレスデバイスが、都市、国家、地域、さらには地球規模で通信することを可能にする共通プロトコルを提供するために、様々な電気通信規格において採用されてきた。実例的な電気通信規格は、ロングタームエボリューション(LTE(登録商標))である。LTEは、第3世代パートナーシッププロジェクト(3GPP(登録商標))によって公表されたユニバーサルモバイル電気通信システム(UMTS)のモバイル規格の拡張セットである。LTEは、改善されたスペクトル効率と、下げられたコストと、ダウンリンク上ではOFDMAを、アップリンク上ではSC−FDMAを、そして多入力多出力(MIMO)アンテナ技術を使用する改善されたサービスとを通じてモバイルブロードバンドアクセスをサポートするように設計されている。しかしながら、モバイルブロードバンドアクセスに対する需要が増大し続けるにつれて、LTE技術におけるさらなる改善の必要性が存在する。これらの改善はまた、他の多元接続技術およびこれらの技術を用いる電気通信規格に適用可能でありうる。
【発明の概要】
【0005】
[0005]以下は、1つまたは複数の態様の基本的な理解を提供するために、そのような態様の簡略化された概要を提示する。この概要は、全ての企図された態様の広範な概観ではなく、全ての態様の基幹的要素または重要な要素を識別することも、任意の態様または全ての態様の範囲を叙述することも意図されない。その唯一の目的は、後に提示されるより詳細な説明への前置きとして、簡略化された形式で1つまたは複数の態様のいくつかの概念を提示することである。
【0006】
[0006]単一のリソースブロック(RB)帯域幅は、狭帯域ロングタームエボリューション(NB−LTE)通信において使用するために企図されてきた。しかしながら、いくつかのネットワーク構造を使用するアップリンクデータ送信において使用するための単一のRB帯域幅は、アップリンクユーザデータ送信の多重化について制限された寸法を有しうる。この特性は、シングルトーンアップリンク送信について特に当てはまりうる。このことから、本開示は、NB−LTEを使用するシングルトーンアップリンク送信を可能にするために、周波数ホッピングスキームを提供することによってこの特性に対処することを提供する。
【0007】
[0007]ワイヤレス通信のための方法、装置、およびコンピュータ可読媒体が提供される。装置は、異なるトーンインデックスを示すシグナリングを基地局から受信しうる。装置はさらに、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信しうる。ある態様では、複数のシンボル中のシンボルのグループは、受信されたシグナリングによって示されたシングルトーンアップリンク送信の異なるトーンインデックスを使用して送信される。
【0008】
[0008]ワイヤレス通信のための第2の方法、第2の装置、および第2のコンピュータ可読媒体もまた提供される。第2の装置は、少なくとも1つのユーザ機器(UE)に、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するにあたって使用するための異なるトーンインデックスに関連付けられた情報をシグナリングしうる。第2の装置はさらに、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを受信しうる。ある態様では、複数のシンボル中のシンボルのペアは、シングルトーンアップリンク送信の異なるトーンインデックス中で受信される。
【0009】
[0009]前述の目的および関連する目的の達成のために、1つまたは複数の態様は、以下において十分に説明され、特許請求の範囲中で特に指摘される特徴を備える。以下の説明および付属の図面は、1つまたは複数の態様のある特定の例示的な特徴を詳細に記載する。これらの特徴は、しかしながら、様々な態様の原理が用いられうる様々な方法のうちのほんの一部を示しているに過ぎず、この説明は、全てのそのような態様およびそれらの同等物を含むことを意図される。
【図面の簡単な説明】
【0010】
図1】ワイヤレス通信システムおよびアクセスネットワークの例を例示する図である。
図2A】DLフレーム構造のLTE例を例示する図である。
図2B】DLフレーム構造内のDLチャネルのLTE例を例示する図である。
図2C】ULフレーム構造のLTE例を例示する図である。
図2D】ULフレーム構造内のULチャネルのLTE例を例示する図である。
図3】アクセスネットワーク中の発展型ノードB(eNB)とユーザ機器(UE)との例を例示する図である。
図4】ワイヤレス通信システムの態様の図である。
図5】ワイヤレス通信システム中のシンボルの態様の図である。
図6】ワイヤレス通信システム中のシンボルの態様の図である。
図7】ワイヤレス通信システム中のシンボルの態様の図である。
図8】ワイヤレス通信システム中で使用されるフォーマットの態様の図である。
図9】ワイヤレス通信システム中で使用されるフォーマットの態様の図である。
図10】ワイヤレス通信システム中のタイミング推定正確性の図である。
図11】ワイヤレス通信の方法の第1のフローチャートである。
図12】ワイヤレス通信の方法の第2のフローチャートである。
図13】例証的な装置中の異なる手段/コンポーネント間でのデータフローを例示する概念的なデータフロー図である。
図14】処理システムを用いる装置のためのハードウェアインプリメンテーションの例を例示する図である。
図15】例証的な装置中の異なる手段/コンポーネント間でのデータフローを例示する概念的なデータフロー図である。
図16】処理システムを用いる装置のためのハードウェアインプリメンテーションの例を例示する図である。
【詳細な説明】
【0011】
[0026]添付された図面に関連して以下に記載される詳細な説明は、様々な構成の説明として意図され、ここに説明される概念が実施されうる唯一の構成を表すことを意図されてはいない。詳細な説明は、様々な概念の完全な理解を提供することを目的とした特定の詳細を含む。しかしながら、これらの概念がこれらの特定の詳細なしに実施されうることは当業者にとって明らかであろう。いくつかの事例では、よく知られている構造およびコンポーネントは、そのような概念を曖昧にすることを避けるためにブロック図形式で示される。
【0012】
[0027]ここで、電気通信システムのいくつかの態様が、様々な装置および方法を参照して提示されることになる。これらの装置および方法は、以下の詳細な説明中で説明され、様々なブロック、コンポーネント、回路、プロセス、アルゴリズム、等(一括して「要素」と呼ばれる)によって添付の図面中で例示されることになる。これらの要素は、電子ハードウェア、コンピュータソフトウェア、またはそれらの任意の組み合わせを使用してインプリメントされうる。そのような要素がハードウェアとしてインプリメントされるか、またはソフトウェアとしてインプリメントされるかは、特定のアプリケーションとシステム全体上に課せられる設計制約とに依存する。
【0013】
[0028]例として、要素、または要素の任意の一部分、あるいは要素の任意の組み合わせは、1つまたは複数のプロセッサを含む「処理システム」としてインプリメントされうる。プロセッサの例は、マイクロプロセッサ、マイクロコントローラ、グラフィックス処理ユニット(GPU)、中央処理ユニット(CPU)、アプリケーションプロセッサ、デジタルシグナルプロセッサ(DSP)、縮小命令セットコンピューティング(RISC)プロセッサ、システムオンチップ(SoC)、ベースバンドプロセッサ、フィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)、プログラマブルロジックデバイス(PLD)、ステートマシン、ゲートロジック、ディスクリートハードウェア回路、およびこの開示全体を通じて説明される様々な機能を遂行するように構成された他の適したハードウェアを含む。処理システム中の1つまたは複数のプロセッサは、ソフトウェアを実行しうる。ソフトウェアは、ソフトウェアと呼ばれるか、ファームウェアと呼ばれるか、ミドルウェアと呼ばれるか、マイクロコードと呼ばれるか、ハードウェア記述言語と呼ばれるか、またはその他の名称で呼ばれるかにかかわらず、命令、命令セット、コード、コードセグメント、プログラムコード、プログラム、サブプログラム、ソフトウェアコンポーネント、アプリケーション、ソフトウェアアプリケーション、ソフトウェアパッケージ、ルーチン、サブルーチン、オブジェクト、実行ファイル、実行スレッド、プロシージャ、関数、等を意味するように広く解釈されるべきである。
【0014】
[0029]それ故に、1つまたは複数の実例的な態様では、説明される機能は、ハードウェア、ソフトウェア、またはそれらの任意の組み合わせにおいてインプリメントされうる。ソフトウェアにおいてインプリメントされる場合、機能は、コンピュータ可読媒体上で1つまたは複数の命令あるいはコードとして記憶もしくは符号化されうる。コンピュータ可読媒体は、コンピュータ記憶媒体を含む。記憶媒体は、コンピュータによってアクセスされることができる任意の利用可能な媒体でありうる。限定ではなく例として、そのようなコンピュータ可読媒体は、ランダムアクセスメモリ(RAM)、読取専用メモリ(ROM)、電気的消去可能プログラマブルROM(EEPROM(登録商標))、光ディスク記憶装置、磁気ディスク記憶装置、他の磁気記憶デバイス、前述されたタイプのコンピュータ可読媒体の組み合わせ、またはコンピュータによってアクセスされることができるデータ構造あるいは命令の形式でコンピュータ実行可能コードを記憶するために使用されることができる任意の他の媒体を備えることができる。
【0015】
[0030]図1は、ワイヤレス通信システムおよびアクセスネットワーク100の例を例示する図である。(ワイヤレスワイドエリアネットワーク(WWAN)とも呼ばれる)ワイヤレス通信システムは、基地局102、UE104、および発展型パケットコア(EPC)160を含む。基地局102は、マクロセル(高電力セルラ基地局)および/またはスモールセル(低電力セルラ基地局)を含みうる。マクロセルは、eNBを含む。スモールセルは、フェムトセル、ピコセル、およびマイクロセルを含む。
【0016】
[0031](一括して発展型ユニバーサルモバイル電気通信システム(UMTS)地上無線アクセスネットワーク(E−UTRAN)と呼ばれる)基地局102は、バックホールリンク132(例えば、S1インターフェース)を通じてEPC160とインターフェースする。他の機能に加えて、基地局102は、以下の機能:ユーザデータの転送、無線チャネル暗号化および暗号解読、完全性保護、ヘッダ圧縮、モビリティ制御機能(例えば、ハンドオーバ、デュアルコネクティビティ)、セル間干渉協調、接続セットアップおよび解放、負荷バランシング、非アクセス層(NAS)メッセージについての分配、NASノード選択、同期、無線アクセスネットワーク(RAN)共有、マルチメディアブロードキャストマルチキャストサービス(MBMS)、加入者および機器トレース、RAN情報管理(RIM)、ページング、測位、および警告メッセージの配信のうちの1つまたは複数を遂行しうる。基地局102は、バックホールリンク134(例えば、X2インターフェース)を通して互いと直接的にまたは(例えば、EPC160を通じて)間接的に通信しうる。バックホールリンク134は、ワイヤードまたはワイヤレスでありうる。
【0017】
[0032]基地局102は、UE104とワイヤレスで通信しうる。基地局102の各々は、それぞれの地理的カバレッジエリア110に対して通信カバレッジを提供しうる。重複している地理的カバレッジエリア110が存在しうる。例えば、スモールセル102’は、1つまたは複数のマクロ基地局102のカバレッジエリア110と重複するカバレッジエリア110’を有しうる。スモールセルとマクロセルとの両方を含むネットワークは、異種ネットワークとして知られうる。異種ネットワークはまた、ホーム発展型ノードB(eNB)(HeNB)を含みえ、それは、クローズド加入者グループ(CSG)として知られる制限されたグループにサービスを提供しうる。基地局102とUE104との間の通信リンク120は、UE104から基地局102への(逆方向リンクとも呼ばれる)アップリンク(UL)送信および/または基地局102からUE104への(順方向リンクとも呼ばれる)ダウンリンク(DL)送信を含みうる。通信リンク120は、空間多重化、ビームフォーミング、および/または送信ダイバーシティを含むMIMOアンテナ技術を使用しうる。通信リンクは、1つまたは複数のキャリアを通りうる。基地局102/UE104は、各方向での送信のために使用される最大で合計Yx MHz(x個のコンポーネントキャリア)のキャリアアグリゲーションにおいて割り振られるキャリアあたり最大Y MHz(例えば、5、10、15、20MHz)帯域幅のスペクトルを使用しうる。キャリアは、互いに隣接していることがありうるか、またはしていないことがありうる。キャリアの割り振りは、DLおよびULに対して非対称でありうる(例えば、ULに対してよりも多くのまたは少ないキャリアがDLに対して割り振られうる)。コンポーネントキャリアは、1つのプライマリコンポーネントキャリアと1つまたは複数のセカンダリコンポーネントキャリアとを含みうる。プライマリコンポーネントキャリアは、プライマリセル(PCell)と呼ばれ、セカンダリコンポーネントキャリアは、セカンダリセル(SCell)と呼ばれうる。
【0018】
[0033]ワイヤレス通信システムはさらに、5GHzの無認可周波数スペクトル中で通信リンク154を介してWi−Fi局(STA)152と通信中のWi−Fiアクセスポイント(AP)150を含みうる。無認可周波数スペクトル中で通信するとき、STA152/AP150は、チャネルが利用可能かどうかを決定するために、通信するより前にクリアチャネル評価(CCA)を遂行しうる。
【0019】
[0034]スモールセル102’は、認可済および/または無認可周波数スペクトル中で動作しうる。無認可周波数スペクトル中で動作するとき、スモールセル102’は、LTEを用い、Wi−Fi AP150によって使用されたのと同じ5GHzの無認可周波数スペクトルを使用しうる。無認可周波数スペクトル中でLTEを用いるスモールセル102’は、アクセスネットワークに対するカバレッジを強化および/またはアクセスネットワークの容量を増大させうる。無認可スペクトル中のLTEは、LTE−unlicensed(LTE−U)、認可済支援アクセス(LAA:licensed assisted access)、またはMuLTEfireと呼ばれうる。
【0020】
[0035]EPC160は、モビリティ管理エンティティ(MME)162、他のMME164、サービングゲートウェイ166、マルチメディアブロードキャストマルチキャストサービス(MBMS)ゲートウェイ168、ブロードキャストマルチキャストサービスセンター(BM−SC)170、およびパケットデータネットワーク(PDN)ゲートウェイ172を含みうる。MME162は、ホーム加入者サーバ(HSS)174と通信中でありうる。MME162は、UE104とEPC160との間でのシグナリングを処理する制御ノードである。概して、MME162は、ベアラおよび接続管理を提供する。全てのユーザインターネットプロトコル(IP)パケットは、サービングゲートウェイ166を通じて転送され、それ自体は、PDNゲートウェイ172に接続される。PDNゲートウェイ172は、UE IPアドレス割り振り、ならびに他の機能を提供する。PDNゲートウェイ172およびBM−SC170は、IPサービス176に接続される。IPサービス176は、インターネット、イントラネット、IPマルチメディアサブシステム(IMS)、PSストリーミングサービス(PSS)、および/または他のIPサービスを含みうる。BM−SC170は、MBMSユーザサービスプロビジョニングおよび配信のための機能を提供しうる。BM−SC170は、コンテンツプロバイダMBMS送信のためのエントリポイントとしての役割を果たし、公衆陸上モバイルネットワーク(PLMN:public land mobile network)内のMBMSベアラサービスを認可および開始するために使用され、MBMS送信をスケジュールするために使用されうる。MBMSゲートウェイ168は、特定のサービスをブロードキャストするマルチキャストブロードキャスト単一周波数ネットワーク(MBSFN)エリアに属する基地局102にMBMSトラフィックを分配するために使用され、セッション管理(開始/停止)およびeMBMSに関連する課金情報(charging information)を収集することを担いうる。
【0021】
[0036]基地局はまた、ノードB、発展型ノードB(eNB)、アクセスポイント、ベーストランシーバ局、無線基地局、無線トランシーバ、トランシーバ機能、基本サービスセット(BSS)、拡張サービスセット(ESS)、または何らかの他の適した専門用語で呼ばれうる。基地局102は、UE104に対してEPC160へのアクセスポイントを提供する。UE104の例は、セルラ電話、スマートフォン、セッション開始プロトコル(SIP)電話、ラップトップ、携帯情報端末(PDA)、衛星ラジオ、全地球測位システム、マルチメディアデバイス、ビデオデバイス、デジタルオーディオプレーヤ(例えば、MP3プレーヤ)、カメラ、ゲーム機器、タブレット、スマートデバイス、ウェアラブルデバイス、または任意の他の同様の機能的なデバイスを含む。UE104はまた、局、モバイル局、加入者局、モバイルユニット、加入者ユニット、ワイヤレスユニット、リモートユニット、モバイルデバイス、ワイヤレスデバイス、ワイヤレス通信デバイス、リモートデバイス、モバイル加入者局、アクセス端末、モバイル端末、ワイヤレス端末、リモート端末、ハンドセット、ユーザエージェント、モバイルクライアント、クライアント、または何らかの他の適した専門用語で呼ばれうる。
【0022】
[0037]図1を再び参照すると、ある特定の態様では、eNB102は、UE104に、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するにあたって使用するための異なるトーンインデックスに関連付けられた情報をシグナリングしうる。UE104は、この情報を受信しうる。UE104は、シングルトーンアップリンク送信198を送信しえ、それは、複数のシンボルを含む。ある態様では、複数のシンボル中のシンボルのグループは、eNB102からの情報によって示された異なるトーンインデックスを使用してシングルトーンアップリンク送信198中で送信される。それ故に、eNB102は、複数のシンボルを有するシングルトーンアップリンク送信198を受信しえ、複数のシンボル中のシンボルのペアは、シングルトーンアップリンク送信198の異なるトーンインデックス中で受信される。
【0023】
[0038]図2Aは、LTEにおけるDLフレーム構造の例を例示する図200である。図2Bは、LTEにおけるDLフレーム構造内のチャネルの例を例示する図230である。図2Cは、LTEにおけるULフレーム構造の例を例示する図250である。図2Dは、LTEにおけるULフレーム構造内のチャネルの例を例示する図280である。他のワイヤレス通信技術は、異なるフレーム構造および/または異なるチャネルを有しうる。LTEでは、フレーム(10ms)は、10個の等しいサイズのサブフレームに分割されうる。各サブフレームは、2つの連続したタイムスロットを含みうる。2つのタイムスロットを表すためにリソースグリッドが使用されえ、各タイムスロットは、1つまたは複数の時間同時並行(time concurrent)のリソースブロック(RB)(物理RB(PRB)とも呼ばれる)を含む。リソースグリッドは、複数のリソース要素(RE)に分割される。LTEでは、通常のサイクリックプレフィックスの場合、RBは、周波数ドメイン中に12個の連続したサブキャリアを、時間ドメイン中に7つの連続したシンボルを(DLの場合、OFDMシンボルを;ULの場合、SC−FDMAシンボルを)包含し、合計で84個のREとなる。拡張されたサイクリックプレフィックスの場合、RBは、周波数ドメイン中に12個の連続したサブキャリアを、時間ドメイン中に6つの連続したシンボルを包含し、合計で72個のREとなる。各REによって搬送されるビットの数は、変調スキームに依存する。
【0024】
[0039]図2A中に例示されているように、REのうちのいくつかは、UEにおけるチャネル推定のためのDL基準(パイロット)信号(DL−RS)を搬送する。DL−RSは、(共通RSと呼ばれることもある)セル固有基準信号(CRS)、UE固有基準信号(UE−RS)、およびチャネル状態情報基準信号(CSI−RS)を含みうる。図2Aは、(それぞれ、R0、R1、R2、およびR3と示されている)アンテナポート0、1、2、および3に対するCRS、(R5と示されている)アンテナポート5に対するUE−RS、および(Rと示されている)アンテナポート15に対するCSI−RSを例示している。図2Bは、フレームのDLサブフレーム内の様々なチャネルの例を例示している。物理制御フォーマットインジケータチャネル(PCFICH)は、スロット0のシンボル0内にあり、物理ダウンリンク制御チャネル(PDCCH)が1つのシンボルを占有するか、2つのシンボルを占有するか、または3つのシンボルを占有するかを示す制御フォーマットインジケータ(CFI)を搬送する(図2Bは、3つのシンボルを占有するPDCCHを例示している)。PDCCHは、1つまたは複数の制御チャネル要素(CCE)内のダウンリンク制御情報(DCI)を搬送し、各CCEは、9つのREグループ(REG)を含み、各REGは、OFDMシンボル中に4つの連続したREを含む。UEは、これもまたDCIを搬送するUE固有拡張PDCCH(ePDCCH)で構成されうる。ePDCCHは、2、4、または8つのRBペアを有しうる(図2Bは、2つのRBペアを示しており、各サブセットは、1つのRBペアを含む)。物理ハイブリッド自動再送要求(ARQ)(HARQ)インジケータチャネル(PHICH)もまた、スロット0のシンボル0内にあり、物理アップリンク共有チャネル(PUSCH)に基づいてHARQ確認応答(ACK)/否定ACK(NACK)フィードバックを示すHARQインジケータ(HI)を搬送する。プライマリ同期チャネル(PSCH)は、フレームのサブフレーム0および5内のスロット0のシンボル6内にあり、サブフレームタイミングおよび物理レイヤアイデンティティを決定するためにUEによって使用されるプライマリ同期信号(PSS)を搬送する。セカンダリ同期チャネル(SSCH)は、フレームのサブフレーム0および5内のスロット0のシンボル5内にあり、物理レイヤセルアイデンティティグループ番号を決定するためにUEによって使用されるセカンダリ同期信号(SSS)を搬送する。物理レイヤアイデンティティおよび物理レイヤセルアイデンティティグループ番号に基づいて、UEは、物理セル識別子(PCI)を決定することができる。PCIに基づいて、UEは、前述されたDL−RSのロケーションを決定することができる。物理ブロードキャストチャネル(PBCH)は、フレームのサブフレーム0のスロット1のシンボル0、1、2、3内にあり、マスタ情報ブロック(MIB)を搬送する。MIBは、DLシステム帯域幅中のRBの数、PHICH構成、およびシステムフレーム番号(SFN)を提供する。物理ダウンリンク共有チャネル(PDSCH)は、ページングメッセージ、システム情報ブロック(SIB)のようなPBCHを通じて送信されないブロードキャストシステム情報、およびユーザデータを搬送する。
【0025】
[0040]図2C中に例示されているように、REのうちのいくつかは、eNBにおけるチャネル推定のための復調基準信号(DM−RS)を搬送する。UEは加えて、サブフレームの最後のシンボル中でサウンディング基準信号(SRS)を送信しうる。SRSは、コーム構造(comb structure)を有し、UEは、コームのうちの1つ上でSRSを送信しうる。SRSは、UL上での周波数依存スケジューリングを可能にするために、チャネル品質推定のためにeNBによって使用されうる。図2Dは、フレームのULサブフレーム内の様々なチャネルの例を例示している。物理ランダムアクセスチャネル(PRACH)は、PRACH構成に基づいてフレーム内の1つまたは複数のサブフレーム内にありうる。PRACHは、サブフレーム内に6つの連続したRBペアを含みうる。PRACHは、UEが初期システムアクセスを遂行し、UL同期を達成することを可能にする。物理アップリンク制御チャネル(PUCCH)は、ULシステム帯域幅の両端上にロケートされうる。PUCCHは、HARQ ACK/NACKフィードバック、ランクインジケータ(RI)、プリコーディング行列インジケータ(PMI)、チャネル品質インジケータ(CQI)、およびスケジューリング要求のようなアップリンク制御情報(UCI)を搬送する。PUSCHは、データを搬送し、加えて、バッファ状態レポート(BSR)、電力ヘッドルームレポート(PHR)、および/またはUCIを搬送するために使用されうる。
【0026】
[0041]図3は、アクセスネットワーク中でUE350と通信中のeNB310のブロック図である。DLでは、EPC160からのIPパケットは、コントローラ/プロセッサ375に提供されうる。コントローラ/プロセッサ375は、レイヤ3およびレイヤ2の機能をインプリメントする。レイヤ3は、無線リソース制御(RRC)レイヤを含み、レイヤ2は、パケットデータコンバージェンスプロトコル(PDCP)レイヤ、無線リンク制御(RLC)レイヤ、および媒体アクセス制御(MAC)レイヤを含む。コントローラ/プロセッサ375は、システム情報(例えば、MIB、SIB)のブロードキャスティング、RRC接続制御(例えば、RRC接続ページング、RRC接続確立、RRC接続修正、およびRRC接続解放)、無線アクセス技術(RAT)間モビリティ、およびUE測定レポーティングのための測定構成に関連付けられたRRCレイヤの機能と、ヘッダ圧縮/解凍、セキュリティ(暗号化、暗号解読、完全性保護、完全性検証)、およびハンドオーバサポート機能に関連付けられたPDCPレイヤの機能と、上位レイヤパケットデータユニット(PDU)の転送、ARQを通じた誤り訂正、RLCサービスデータユニット(SDU)の連結、セグメント化、およびリアセンブリ、RLCデータPDUの再セグメント化、およびRLCデータPDUの再順序付けに関連付けられたRLCレイヤの機能と、論理チャネルとトランスポートチャネルとの間でのマッピング、トランスポートブロック(TB)上へのMAC SDUの多重化、TBからのMAC SDUの逆多重化、スケジューリング情報レポーティング、HARQを通じた誤り訂正、優先度処理(priority handling)、および論理チャネル優先順位付けに関連付けられたMACレイヤの機能とを提供する。
【0027】
[0042]送信(TX)プロセッサ316および受信(RX)プロセッサ370は、様々な信号処理機能に関連付けられたレイヤ1の機能をインプリメントする。物理(PHY)レイヤを含むレイヤ1は、トランスポートチャネル上での誤り検出、トランスポートチャネルの前方誤り訂正(FEC)コーディング/復号、インタリービング、レートマッチング、物理チャネル上へのマッピング、物理チャネルの変調/復調、およびMIMOアンテナ処理を含みうる。TXプロセッサ316は、様々な変調スキーム(例えば、2位相偏移変調(BPSK)、4位相偏移変調(QPSK)、M位相偏移変調(M−PSK)、M値直交振幅変調(M−QAM))に基づいて信号コンステレーションにマッピングすることを処理する。コーディングおよび変調されたシンボルはその後、並列ストリームに分けられうる。各ストリームはその後、時間ドメインOFDMシンボルストリームを搬送する物理チャネルを生成するために、OFDMサブキャリアにマッピングされ、時間および/または周波数ドメイン中で基準信号(例えば、パイロット)と多重化され、その後、逆高速フーリエ変換(IFFT)を使用してともに組み合わされうる。OFDMストリームは、複数の空間ストリームを生成するために空間的にプリコーディングされる。チャネル推定器374からのチャネル推定値は、コーディングおよび変調スキームを決定するために、ならびに空間処理のために使用されうる。チャネル推定値は、UE350によって送信されたチャネル条件フィードバックおよび/または基準信号から導出されうる。各空間ストリームはその後、別個の送信機318TXを介して異なるアンテナ320に提供されうる。各送信機318TXは、送信のためのそれぞれの空間ストリームを用いてRFキャリアを変調しうる。
【0028】
[0043]UE350において、各受信機354RXは、そのそれぞれのアンテナ352を通じて信号を受信する。各受信機354RXは、RFキャリア上に変調された情報を復元し、受信(RX)プロセッサ356にその情報を提供する。TXプロセッサ368およびRXプロセッサ356は、様々な信号処理機能に関連付けられたレイヤ1の機能をインプリメントする。RXプロセッサ356は、UE350に宛てられた任意の空間ストリームを復元するために、情報に対して空間処理を遂行しうる。複数の空間ストリームがUE350に宛てられる場合、それらは、RXプロセッサ356によって単一のOFDMシンボルストリームへと組み合わされうる。RXプロセッサ356はその後、高速フーリエ変換(FFT)を使用して、時間ドメインから周波数ドメインにOFDMシンボルストリームを変換する。周波数ドメイン信号は、OFDM信号のサブキャリアごとに別個のOFDMシンボルストリームを備える。各サブキャリア上のシンボル、および基準信号は、eNB310によって送信された最も可能性の高い信号コンステレーションポイントを決定することによって復元および復調される。これらの軟判定は、チャネル推定器358によって計算されたチャネル推定値に基づきうる。軟判定はその後、物理チャネル上でeNB310によって当初送信されたデータおよび制御信号を復元するために復号およびデインターリーブされる。データおよび制御信号はその後、コントローラ/プロセッサ359に提供され、それは、レイヤ3およびレイヤ2の機能をインプリメントする。
【0029】
[0044]コントローラ/プロセッサ359は、プログラムコードおよびデータを記憶するメモリ360に関連付けられることができる。メモリ360は、コンピュータ可読媒体と呼ばれうる。ULでは、コントローラ/プロセッサ359は、EPC160からのIPパケットを復元するために、トランスポートチャネルと論理チャネルとの間での逆多重化、パケットのリアセンブリ、暗号解読、ヘッダ解凍、および制御信号処理を提供する。コントローラ/プロセッサ359はまた、HARQ動作をサポートするために、ACKおよび/またはNACKプロトコルを使用する誤り検出を担う。
【0030】
[0045]eNB310によるDL送信に関連して説明された機能と同様に、コントローラ/プロセッサ359は、システム情報(例えば、MIB、SIB)獲得、RRC接続、および測定レポーティングに関連付けられたRRCレイヤの機能と、ヘッダ圧縮/解凍、およびセキュリティ(暗号化、暗号解読、完全性保護、完全性検証)に関連付けられたPDCPレイヤの機能と、上位レイヤPDUの転送、ARQを通じた誤り訂正、RLC SDUの連結、セグメント化、およびリアセンブリ、RLCデータPDUの再セグメント化、およびRLCデータPDUの再順序付けに関連付けられたRLCレイヤの機能と、論理チャネルとトランスポートチャネルとの間でのマッピング、TB上へのMAC SDUの多重化、TBからのMAC SDUの逆多重化、スケジューリング情報レポーティング、HARQを通じた誤り訂正、優先度処理、および論理チャネル優先順位付けに関連付けられたMACレイヤの機能とを提供する。
【0031】
[0046]eNB310によって送信されたフィードバックまたは基準信号からチャネル推定器358によって導出されたチャネル推定値は、適切なコーディングおよび変調スキームを選択することと、空間処理を容易にすることとを行うために、TXプロセッサ368によって使用されうる。TXプロセッサ368によって生成された空間ストリームは、別個の送信機354TXを介して異なるアンテナ352に提供されうる。各送信機354TXは、送信のためのそれぞれの空間ストリームを用いてRFキャリアを変調しうる。
【0032】
[0047]UL送信は、UE350における受信機機能に関連して説明されたのと同様の方法でeNB310において処理される。各受信機318RXは、そのそれぞれのアンテナ320を通じて信号を受信する。各受信機318RXは、RFキャリア上に変調された情報を復元し、RXプロセッサ370にその情報を提供する。
【0033】
[0048]コントローラ/プロセッサ375は、プログラムコードおよびデータを記憶するメモリ376に関連付けられることができる。メモリ376は、コンピュータ可読媒体と呼ばれうる。ULでは、コントローラ/プロセッサ375は、UE350からのIPパケットを復元するために、トランスポートチャネルと論理チャネルとの間での逆多重化、パケットのリアセンブリ、暗号解読、ヘッダ解凍、制御信号処理を提供する。コントローラ/プロセッサ375からのIPパケットは、EPC160に提供されうる。コントローラ/プロセッサ375はまた、HARQ動作をサポートするために、ACKおよび/またはNACKプロトコルを使用する誤り検出を担う。
【0034】
[0049]セルラモノのインターネット(CIoT)は、「モノ」を相互接続し、それらとセルラネットワークとの間でデータを交換する。「モノ」は、UE、機械、機械の一部、スマートメータ、家電機器、センサ、または小売商品あるいは衣服のような日用品でさえありうる。CIoTは、多数のデバイスをサポートするために、セルラネットワークとの接続性に関して異なる要件を有しうる。
【0035】
[0050]狭帯域LTE(NB−LTE)は、その低インプリメンテーションコスト、使いやすさ、および電力効率によりCIoTによく適していることがありうる、広く展開されているLTE技術の最適化された変形である。加えて、NB−LTEは、改善された屋内カバレッジ、大量の低スループットUEをサポートする能力、低遅延感度(low-delay sensitivity)、超低デバイスコスト、より低いデバイス電力消費、および最適化されたネットワークアーキテクチャを提供しうる。例えば、NB−LTEは、LTEキャリア内のリソースブロック(RB)を利用しておよび/またはLTEキャリアのガードバンド内の使用されていないRB中で展開されうる。
【0036】
[0051]サブフレーム帯域幅あたり単一のRBが、セルラネットワークとのCIoT通信をさらに改善することに役立てるために、NB−LTE通信において使用するために企図されてきた。しかしながら、概してサブフレームあたり2つのRBを有する既存のネットワーク構造を使用するアップリンクデータ送信において使用するための単一のRB帯域幅は、アップリンクユーザデータ送信の多重化について制限された寸法を有する。これは、シングルトーンアップリンク送信について特に当てはまりえ、それは、12個から1つにRBあたりのトーンの数を低減する。このことから、本開示は、NB−LTEを使用するシングルトーンアップリンク送信を可能にするために、周波数ホッピングスキームを提供することによってこの問題に対するソリューションを提供する。
【0037】
[0052]例えば、本開示は、例えば、
【0038】
【数1】
【0039】
だけ増大されるトーンあたりの信号対雑音比(SNR)を増大しうる複数のユーザのためにシングルトーンアップリンク送信の周波数分割多重化を可能にする。SNRにおけるこの増大は、セルエネルギーが12個のトーンから単一のトーンに集中されることによって引き起こされ、クロスサブフレームコーディングを可能にしうる。加えて、本開示は、大きなカバレッジ拡張を提供しうる長いバンドリング、ペイロードサイズにおける低下、およびPUSCHとPUCCHとのサブフレーム内の基準信号(RS)シンボルのロケーションと数とに関連する再設計されたフレーム構造を提供する。その上、本開示は、PRACH中でのシングルトーンアップリンク送信を可能にするために、PRACHに関連付けられた大きなセルサイズとサイクリックプレフィックス(CP)長によって引き起こされる制限に対するソリューションを提供する。
【0040】
[0053]図4は、NB−LTEを使用して1つまたは複数のUE406a、406bと基地局404との間でのシングルトーンアップリンク送信を可能にするワイヤレス通信システム400の図である。図4中に例示されているように、サービングセル402は、基地局404によってサービングされる領域である。基地局404は、NB−LTEを使用してシングルトーンアップリンク送信を可能にするために、UE406a、406bの各々についての周波数ホッピングパターンを決定しうる420。基地局404によって決定された各周波数ホッピングパターンは、それぞれのUE406a、406bにシグナリングされうる410、416。ある態様では、UE406a、406bのうちの1つまたは複数は、それぞれの周波数ホッピングパターンに基づいて基地局404にシングルトーンアップリンク送信412、418を送信しうる。シングルトーンアップリンク送信412、418は、データシンボルおよび/またはRSシンボルのうちの1つまたは複数を含みうる。ある態様では、RSシンボルロケーションは、誤り性能(error performance)によって最適化されうる。例えば、RSシンボルの数は、小さなペイロード送信またはSNRに益するように、サブフレームあたり2つからサブフレームあたり4つに増大されうる。ある態様では、シングルトーンアップリンク送信コーディングスキームは、テイルバイティング畳み込みコード(TBCC:a tail-biting convolutional code)またはデュアルリードマラーコード(a dual Reed-Muller code)のうちの少なくとも1つに基づきうる。
【0041】
[0054]ある態様では、周波数ホッピングパターンは、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するにあたってUE406a、406bによって使用するための異なるトーンインデックスを含みうる。周波数ホッピングパターンは、異なるシンボルがシングルトーンアップリンク送信の異なるトーンインデックスを使用して送信されることを示しうる。例えば、各トーンインデックスは、図5〜7中に例示されているように、異なる周波数に関連付けられうる。
【0042】
[0055]図5は、シンボルのグループが固定距離だけ離される、異なるトーンインデックスを使用して単一のUEによって送信される周波数ホッピングパターン500の態様を例示している。ある態様では、固定距離は、トーンインデックス(i)とトーンインデックス(i+1)との間の周波数差でありうる。複数のシンボルは、単一のサブフレーム502中で送信され、複数のデータシンボル504と基準信号シンボル506とを含みうる。図5中に例示されているように、全ての他の(every other)シンボルは、トーンインデックス(i)またはトーンインデックス(i+1)のいずれかを使用して送信される。すなわち、全ての他のシンボルは、異なるトーンインデックスに「ホッピング」する。
【0043】
[0056]図6は、2つのUEによって送信されたシンボルのグループが固定距離だけ離されている異なるトーンインデックスを使用して多重化される周波数ホッピングパターン600の態様を例示している。ある態様では、固定距離は、トーンインデックス(i)とトーンインデックス(i+1)との間の周波数差でありうる。2つのUEからの送信は、単一のサブフレーム602中で多重化されうる。例えば、複数のシンボルは、UE1からのデータシンボル604、UE1からのRSシンボル606、UE2からのデータシンボル608、およびUE2からのRSシンボル610を含みうる。図6中に例示されているように、全ての他のシンボルは、トーンインデックス(i)またはトーンインデックス(i+1)のいずれかを使用して送信される。すなわち、全ての他のシンボルは、異なるトーンインデックスに「ホッピング」する。
【0044】
[0057]ここで図4を参照すると、UE406a(例えば、UE1)は、第1のトーンインデックス(例えば、図5および6中のトーンインデックス(i))を使用して第1のシンボルペアの第1のシンボルを送信することと、第1のトーンインデックスとの固定周波数差である第2のトーンインデックス(例えば、図5および6中のトーンインデックス(i+1))を使用して第1のシンボルペアの第2のシンボルを送信することとによって、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信しうる。加えて、UE406aは、第1のトーンインデックス(例えば、図5および6中のトーンインデックス(i))を使用して第2のシンボルペアの第3のシンボルを送信することと、第2のトーンインデックス(例えば、図5および6中のトーンインデックス(i+1))を使用して第2のシンボルペアの第4のシンボルを送信することとによって、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信しうる。
【0045】
[0058]加えて、UE406b(例えば、UE2)は、第2のトーンインデックス(例えば、図6中のトーンインデックス(i+1))を使用して第1のシンボルペアの第1のシンボルを送信することと、第1のトーンインデックス(例えば、図6中のトーンインデックス(i))を使用して第1のシンボルペアの第2のシンボルを送信することとによって、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信しうる。加えて、UE406bは、第2のトーンインデックス(例えば、図5および6中のトーンインデックス(i+1))を使用して第2のシンボルペアの第3のシンボルを送信することと、第1のトーンインデックス(例えば、図6中のトーンインデックス(i))を使用して第2のシンボルペアの第4のシンボルを送信することとによって、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信しうる。第2のインデックスは、図5および6中に図示されている例証的な態様中に例示されているように、第1のトーンインデックスとの固定周波数差でありうる。
【0046】
[0059]図7は、2つのUEによって送信されたシンボルペアが非固定距離だけ離される、異なるトーンインデックスを使用して多重化される周波数ホッピングパターン700の態様を例示している。ある態様では、非固定距離は、非固定周波数差でありうる。2つのUEからの送信は、単一のサブフレーム702中で多重化されうる。例えば、複数のシンボルは、UE1からのデータシンボル704、UE1からのRSシンボル706、UE2からのデータシンボル708、およびUE2からのRSシンボル710を含みうる。図7中に例示されているように、シンボルペア中の各シンボルは、固定周波数差(例えば、トーンインデックス(1))だけ離されうる。しかしながら、異なるシンボルペアは、他のシンボルペアの固定周波数差とは異なる、または等しい非固定トーンインデックスに「ホッピング」しうる。図7中にもまた例示されているように、同じUEによって送信されるデータシンボルのペアと同じトーンインデックスを占有する、各UEから送信されるRSシンボルの少なくとも1つのペアが存在しうる。
【0047】
[0060]例えば、図7中に例示されているように、UE406a(例えば、UE1)からの第1のシンボルペア中の第1のシンボルは、(i)のトーンインデックスを有し、UE406aからの第1のシンボルペアの第2のシンボルは、(i+1)のトーンインデックスを有する。しかしながら、図5および6中に例示されている例証的な態様とは対照的に、UE406aからの第2のシンボルペアの第1のシンボルは、トーンインデックス(i+2)に「ホッピング」し、UE406aからの第2のシンボルペアの第2のシンボルは、トーンインデックス(i+3)にトーンインデックス(1)の固定距離を「ホッピング」する。しかしながら、図7中のシンボルペア間の周波数差が非固定である(例えば、トーンインデックス(1)以上である)ことから、例えば、406aからの第2のシンボルペアの第1のシンボルは、トーンインデックス(i+2)に「ホッピング」することに制限されず、代わりにトーンインデックス(i+3)に「ホッピング」することができる。
【0048】
[0061]加えて、UE406b(例えば、UE2)からの第1のシンボルペア中の第1のシンボルは、(i+1)のトーンインデックスを有し、UE406bからの第1のシンボルペアの第2のシンボルは、(i)のトーンインデックスを有する。図7中に例示されているように、UE406bからの第2のシンボルペアの第1のシンボルは、トーンインデックス(i+1)に「ホッピング」し、UE406aからの第2のシンボルペアの第2のシンボルは、トーンインデックス(i)にトーンインデックス(1)の固定距離を「ホッピング」する。しかしながら、図7中の異なるシンボルペア間の周波数差が非固定である(例えば、トーンインデックス(1)以上である)ことから、例えば、406bからの第2のシンボルペアの第1のシンボルは、トーンインデックス(i+1)に「ホッピング」することに制限されず、トーンインデックス(i+2)またはトーンインデックス(i+3)に「ホッピング」することができる。異なるシンボルペア間で非固定周波数距離を有することによって、セル間干渉は、ランダム化され、周波数ダイバーシティもまた提供しうる。
【0049】
[0062]図4を再び参照すると、基地局404は、UE406a、406bとの通信において使用するためのタイミング推定値を決定することが可能でありうる420。タイミング推定値は、シングルトーンアップリンク送信412、418中で受信されるペア化されたシンボル間のそれぞれの位相差に基づきうる。ある態様では、周波数オフセットが小さいとき(例えば、50Hz)、位相オフセットによって引き起こされる位相差は、シンボル長が小さい場合には基地局404によって無視されうる。そうでない場合、基地局404は、周波数オフセットを推定する必要がありうる。加えて、基地局404は、シングルトーンデータ送信のCRCがパスする前に、RSシンボルの位相差に基づいて、UE406a、406bに関連付けられたタイミングオフセットを決定しうる。代替として、基地局404は、データシンボルを再符号化および再変調することによりシングルトーンデータ送信のCRCがパスした後で、データシンボルとRSシンボルとに基づいて、UE406a、406bのタイミングオフセットを決定しうる。タイミング推定値は、UE406a、406bにおいてタイミングを更新するにあたって使用するためにUE406a、406bにシグナリングされうる47、416。
【0050】
[0063]引き続き図4を参照すると、シングルトーンアップリンク送信412、418は、PUSCH、PUCCH、またはPRACH上で送信されうる。例えば、シングルトーンアップリンク送信がPUSCH中で送信される場合、複数のシンボルは、第1の数のRSシンボルを含みうる。ある態様では、シングルトーンアップリンク送信がPUCCH上で送信され、確認応答(ACK)を含む場合、複数のシンボルは、第2の数のRSシンボルを含みうる。さらに、シングルトーンアップリンク送信がPUCCH上で送信され、チャネル品質情報(CQI)を含む場合、複数のシンボルは、第3の数の基準信号(RS)シンボルを含みうる。第1の例証的な態様では、第1の数のRSシンボル、第2の数のRSシンボル、および第3の数のRSシンボルは、同じでありうる。第2の例証的な態様では、第1の数のRSシンボル、第2の数のRSシンボル、または第3の数のRSシンボルのうちの少なくとも1つは、異なりうる。
【0051】
[0064]その上、シングルトーンアップリンク送信412、418がPRACH中で送信される場合、UE406a、406bは、トーン間隔を、または各サブフレーム中で複数のシンボルの数を低減しうる408、414。加えて、シングルトーンアップリンク送信412、418がPRACH中で送信される場合、UE406a、406bは、アップリンクパイロットタイムスロット(UpPTS)中、またはUpPTSおよび少なくとも1つの後続のアップリンクサブフレーム中でシングルトーンアップリンク送信412、418を送信しうる。ある態様では、サービングセル402の半径が大きい場合、UE406a、406bと基地局404との通信の間でラウンドトリップ遅延が存在しうる。
【0052】
[0065]例として、サービングセル402の半径が7kmである場合、ラウンドトリップ遅延は、64μsであり、半径が35kmである場合、ラウンドトリップ遅延は、233μsでありうる。CP長は、ラウンドトリップ遅延より大きい必要がありうる。このことから、UE406a、406bは、PRACH中で送信するときにシングルトーンアップリンク送信のCP長を増大させる必要がありうる408、414。
【0053】
[0066]CP長を増大させるための第1のシナリオは、サブフレームあたりのシンボルの数を低減しつつも、シンボル長は同じに保つことを含みうる。例えば、15KHzのトーン間隔を想定すると、サブフレームあたりのシンボルの数は、4つに低減されえ、CP長は、70μ秒に増大される。CP長を増大させるための第2のシナリオは、トーン間隔を低減しつつも、CP長ならびにシンボル長を拡大することを含みうる。例えば、トーン間隔は、6の因数(a factor of 6)だけ低減されえ、CP長は、28μ秒に設定される。しかしながら、第1および第2のシナリオの両方は、組み合わせる必要がありうる。ここでは、UE406a、406bは、3の因数だけトーン間隔を低減し、サブフレームあたりのシンボルの数を4つに低減し、3msのサブフレーム中でCP長を300μsに増大させうる。
【0054】
[0067]ある態様では、基地局404は、UE406a、406bに、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するにあたって使用するためのフォーマットに関連付けられた情報をシグナリングしうる。例えば、フォーマットは、サブフレーム持続時間、シンボル持続時間、または複数のシンボルに関連付けられたCP長のうちの少なくとも1つを含む。加えて、フォーマットは、ペイロードを伴わないプリアンブルベース、またはペイロードを伴うメッセージベースのいずれかでありうる。
【0055】
[0068]図8は、PRACH中でのシングルトーンアップリンク送信の送信のために使用されるプリアンブルベースのフォーマット800を例示している。例えば、サブフレーム(n)802は、CP806を各々含む2つのシンボル808を含み、第2のシンボルは、ガード時間(GT)810を含む。サブフレーム(n)802内のトーンホッピングは、固定でありうる。しかしながら、サブフレーム(n)802とサブフレーム(n+m)804との間でのトーンホーピング(the tone hoping)は、ランダム(例えば、非固定)でありうる。サブフレーム(n+m)804内では、第1のシンボルから第2のシンボルへのトーンホッピングもまた、固定でありうる。
【0056】
[0069]図9は、PRACH中でのシングルトーンアップリンク送信の送信において使用するためのメッセージベースのフォーマット900を例示している。例えば、サブフレーム(n)902は、複数のデータシンボル906とRSシンボル908とを含みうる。サブフレーム(n)902内のトーンホッピングは、固定でありうる。しかしながら、サブフレーム(n)902からサブフレーム(n+m)904へのトーンホッピングは、ランダム(例えば、非固定)でありうる。ここで再び、サブフレーム(n+m)904内のトーンホーピング(tone hoping)は、固定でありうる。
【0057】
[0070]図10は、シングルトーンアップリンク送信を使用して決定されるタイミング推定正確性のグラフィカルな図示を例示している。ここでは、正確性は、増大された数のシンボルペアおよびサブフレームの数が使用されるときに増大するものとして例示されている。
【0058】
[0071]図11は、ワイヤレス通信の方法のフローチャート1100である。方法は、図4中に例示されているUE406a、406bのうちの1つのようなUEによって遂行されうる。破線で示されている動作が本開示の様々な態様のためのオプションの動作を表していることは理解されるべきである。
【0059】
[0072]ブロック1102において、UEは、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するにあたって使用するための異なるトーンインデックスを示すシグナリングを受信しうる。ある態様では、異なるトーンインデックスは、周波数ホッピングパターンを示しうる。図4のコンテキストでは、それぞれのUE406a、406bは、基地局404からそれぞれのシグナリング410、416を受信し、各それぞれのシグナリング410、416は、それぞれのUE406a、406bに、シングルトーンアップリンク送信において使用するための異なるトーンインデックスを示しうる。一例にしたがって、基地局404は、NB−LTEを使用してシングルトーンアップリンク送信を可能にするために、UE406a、406bの各々についての周波数ホッピングパターンを決定しうる420。基地局404によって決定された各周波数ホッピングパターンは、それぞれのUE406a、406bにシグナリングされうる410、416。
【0060】
[0073]ブロック1104において、UEは、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するにあたって使用するためのフォーマットを示すシグナリングを受信しうる。ある態様では、フォーマットは、サブフレーム持続時間、シンボル持続時間、または複数のシンボルに関連付けられたCP長のうちの少なくとも1つを含みうる。別の態様では、フォーマットは、ペイロードを伴わないプリアンブルベース、またはペイロードを伴うメッセージベースのいずれかである。例えば、図4を参照すると、基地局404は、UE406a、406bに、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するにあたって使用するためのフォーマットに関連付けられた情報をシグナリングしうる。例証的な態様では、ブロック1102および1104において受信されるシグナリングは、同時に受信されうる。
【0061】
[0074]一態様では、フォーマットは、図8において例示されているように、PRACH中でのシングルトーンアップリンク送信の送信のために使用されるプリアンブルベースのフォーマット800にしたがいうる。別の態様では、フォーマットは、図9において例示されているように、PRACH中でのシングルトーンアップリンク送信の送信において使用するためのメッセージベースのフォーマット900にしたがいうる。
【0062】
[0075]ブロック1106において、UEは、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信しうる。ある態様では、複数のシンボル中のシンボルのペアは、シングルトーンアップリンク送信の異なるトーンインデックスを使用して送信されうる。ある態様では、異なるトーンインデックスの各トーンインデックスは、異なる周波数に関連付けられる。ある態様では、複数のシンボルは、データシンボルまたはRSシンボルのうちの少なくとも1つを備える。UEは、異なるトーンインデックスを示す基地局からのシグナリングに基づいて、異なるトーンインデックスを決定しうる。
【0063】
[0076]例証的な態様では、UEは、第1のトーンインデックスを使用して第1のシンボルペアの第1のシンボルを送信することと、第1のトーンインデックスとの固定周波数差である第2のトーンインデックスを使用して第1のシンボルペアの第2のシンボルを送信することとによって、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信しうる。例えば、図4〜6を参照すると、UE406a(例えば、UE1)は、第1のトーンインデックス(例えば、図5および6中のトーンインデックス(i))を使用して第1のシンボルペアの第1のシンボルを送信することと、第1のトーンインデックスとの固定周波数差である第2のトーンインデックス(例えば、図5および6中のトーンインデックス(i+1))を使用して第1のシンボルペアの第2のシンボルを送信することとによって、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信しうる。
【0064】
[0077]別の例証的な態様では、UEは、第1のトーンインデックスを使用して第2のシンボルペアの第3のシンボルを送信することと、第1のトーンインデックスとの固定周波数差である第2のトーンインデックスを使用して第2のシンボルペアの第4のシンボルを送信することとによって、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信しうる。例えば、図4〜6を参照すると、UE406aは、第1のトーンインデックス(例えば、図5および6中のトーンインデックス(i))を使用して第2のシンボルペアの第3のシンボルを送信することと、第2のトーンインデックス(例えば、図5および6中のトーンインデックス(i+1))を使用して第2のシンボルペアの第4のシンボルを送信することとによって、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信しうる。
【0065】
[0078]別の例証的な態様では、UEは、第2のトーンインデックスに対して非固定周波数差である第3のトーンインデックスを使用して第2のシンボルペアの第3のシンボルを送信することと、第3のトーンインデックスとの固定周波数差である第4のトーンインデックスを使用して第2のシンボルペアの第4のシンボルを送信することとによって、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信しうる。例えば、図7を参照すると、UE406aからの第2のシンボルペアの第1のシンボルは、トーンインデックス(i+2)に「ホッピング」し、UE406aからの第2のシンボルペアの第2のシンボルは、トーンインデックス(i+3)にトーンインデックス(1)の固定距離を「ホッピング」する。しかしながら、図7中のシンボルペア間の周波数差が非固定である(例えば、トーンインデックス(1)以上である)ことから、例えば、406aからの第2のシンボルペアの第1のシンボルは、トーンインデックス(i+2)に「ホッピング」することに制限されず、代わりにトーンインデックス(i+3)に「ホッピング」することができる。
【0066】
[0079]別の態様では、UEは、異なるトーンインデックスを使用してサブフレーム中でデータシンボルの少なくとも1つのペアを送信することと、異なるトーンインデックスを使用してサブフレーム中でRSシンボルの少なくとも1つのペアを送信することとによって、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信しうる。
【0067】
[0080]ある態様では、シングルトーンアップリンク送信がPUSCH中で送信される場合、複数のシンボルは、第1の数のRSシンボルを含みうる。別の態様では、シングルトーンアップリンク送信がACKを含む場合、複数のシンボルは、第2の数の基準信号RSシンボルを含みうる。さらなる態様では、シングルトーンアップリンク送信がチャネル品質情報CQIを含む場合、複数のシンボルは、第3の数のRSシンボルを含む。またさらなる態様では、第1の数のRSシンボル、第2の数のRSシンボル、および第3の数のRSシンボルは、同じでありうる。その上、第1の数のRSシンボル、第2の数のRSシンボル、および第3の数のRSシンボルのうちの少なくとも1つは、異なりうる。
【0068】
[0081]一態様では、シングルトーンアップリンク送信がPRACH中で送信される場合、UEは、トーン間隔を低減しうる、および/または各サブフレーム中で複数のシンボルの数を低減しうる。
【0069】
[0082]加えて、シングルトーンアップリンク送信がPRACH中で送信される場合、UEは、UpPTS中でシングルトーンアップリンク送信を送信しうる、および/またはUpPTSおよび少なくとも1つの後続のアップリンクサブフレーム中でシングルトーンアップリンク送信を送信しうる。
【0070】
[0083]別の態様では、シングルトーンアップリンク送信コーディングスキームは、テイルバイティング畳み込みコード(TBCC)またはデュアルリードマラーコードのうちの少なくとも1つに基づきうる。
【0071】
[0084]図12は、ワイヤレス通信の方法のフローチャート1200である。方法は、図4中に例示されている基地局404のような基地局によって遂行されうる。破線で示されている動作が本開示の様々な態様のためのオプションの動作を表していることは理解されるべきである。
【0072】
[0085]ブロック1202において、基地局は、少なくとも1つのUEに、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するにあたって使用するための異なるトーンインデックスに関連付けられた情報をシグナリングしうる。ある態様では、基地局は、異なるトーンインデックスに関連付けられた情報を決定しうる。ある態様では、異なるトーンインデックスは、周波数ホッピングパターンを示しうる。それ故に、基地局は、少なくとも1つのUEに対して使用されるべき周波数ホッピングパターンを決定しうる。
【0073】
[0086]図4のコンテキストでは、基地局404は、NB−LTEを使用してシングルトーンアップリンク送信を可能にするために、UE406a、406bの各々についての周波数ホッピングパターンを決定しうる420。基地局404によって決定された各周波数ホッピングパターンは、それぞれのUE406a、406bにシグナリングされうる410、416。
【0074】
[0087]ブロック1204において、基地局は、少なくとも1つのUEに、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するにあたって使用するためのフォーマットに関連付けられた情報をシグナリングしうる。ある態様では、基地局は、少なくとも1つのUEについて、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するにあたって使用するためのフォーマットに関連付けられた情報を決定しうる。ある態様では、フォーマットは、サブフレーム持続時間、シンボル持続時間、または複数のシンボルに関連付けられたCP長のうちの少なくとも1つを含みうる。ある態様では、フォーマットは、ペイロードを伴わないプリアンブルベース、またはペイロードを伴うメッセージベースのいずれかである。
【0075】
[0088]図4を参照すると、基地局404は、UE406a、406bに、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するにあたって使用するためのフォーマットに関連付けられた情報をシグナリングしうる。例証的な態様では、ブロック1202および1204において受信されるシグナリングは、同時にシグナリングされうる。ある態様では、基地局404は、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するにあたって使用するためのフォーマットを決定しうる。ある態様では、基地局404は、第1のUE406aについては第1のフォーマットを、第2のUE406bについては異なるフォーマットを決定しうる。
【0076】
[0089]一態様では、フォーマットは、図8において例示されているように、PRACH中でのシングルトーンアップリンク送信の送信のために使用されるプリアンブルベースのフォーマット800にしたがいうる。別の態様では、フォーマットは、図9において例示されているように、PRACH中でのシングルトーンアップリンク送信の送信において使用するためのメッセージベースのフォーマット900にしたがいうる。
【0077】
[0090]ブロック1206において、基地局は、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを受信しうる。ある態様では、複数のシンボル中の異なるシンボルは、シングルトーンアップリンク送信の異なるトーンインデックス中で受信されうる。ある態様では、異なるトーンインデックスの各トーンインデックスは、異なる周波数に関連付けられる。ある態様では、複数のシンボルは、UEからのシンボルの第1のセットと第2のUEからのシンボルの第2のセットとを備え、複数のシンボルは、データシンボルまたはRSシンボルのうちの少なくとも1つを備える。ある態様では、シングルトーンアップリンク送信コーディングスキームは、TBCCまたはデュアルリードマラーコードのうちの少なくとも1つに基づく。図4を参照すると、基地局404は、第1のUE406aから、複数のシンボルを含むシングルトーンアップリンク送信412を受信しうる。ある態様では、複数のシンボル中のシンボルのペアは、第1のUE406aへのシグナリング410中の情報中に示されている異なるトーンインデックス中においてシングルトーンアップリンク送信412中で受信される。
【0078】
[0091]1つの例証的な態様では、基地局は、第1のトーンインデックス中で第1のシンボルペアの第1のシンボルを受信することと、第1のトーンインデックスとの固定周波数差である第2のトーンインデックス中で第1のシンボルペアの第2のシンボルを受信することとによって、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを受信しうる。例えば、図4〜6を参照すると、基地局404は、第1のトーンインデックス(例えば、図5および6中のトーンインデックス(i))を使用して第1のシンボルペアの第1のシンボルを受信することと、第1のトーンインデックスとの固定周波数差である第2のトーンインデックス(例えば、図5および6中のトーンインデックス(i+1))を使用して第1のシンボルペアの第2のシンボルを受信することとによって、第1のUE406a(例えば、UE1)から、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを受信しうる。
【0079】
[0092]別の例証的な態様では、基地局は、第1のトーンインデックス中で第2のシンボルペアの第3のシンボルを受信することと、第1のトーンインデックスとの固定周波数差である第2のトーンインデックス中で第2のシンボルペアの第4のシンボルを受信することとによって、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを受信しうる。例えば、図4〜6を参照すると、基地局404は、第1のトーンインデックス(例えば、図5および6中のトーンインデックス(i))を使用して第2のシンボルペアの第3のシンボルを受信することと、第2のトーンインデックス(例えば、図5および6中のトーンインデックス(i+1))を使用して第2のシンボルペアの第4のシンボルを受信することとによって、第1のUE406aから、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを受信しうる。
【0080】
[0093]さらなる別の例証的な態様では、基地局は、第2のトーンインデックスに対して非固定周波数差である第3のトーンインデックス中で第2のシンボルペアの第3のシンボルを受信することと、第3のトーンインデックスに対して固定周波数差である第4のトーンインデックス中で第2のシンボルペアの第4のシンボルを受信することとによって、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを受信しうる。例えば、図7を参照すると、UE406aからの第2のシンボルペアの第1のシンボルは、トーンインデックス(i+2)に「ホッピング」し、UE406aからの第2のシンボルペアの第2のシンボルは、トーンインデックス(i+3)にトーンインデックス(1)の固定距離を「ホッピング」する。しかしながら、図7中の異なるシンボルペア間の周波数差が非固定である(例えば、トーンインデックス(1)以上である)ことから、例えば、406aからの第2のシンボルペアの第1のシンボルは、トーンインデックス(i+2)に「ホッピング」することに制限されず、代わりにトーンインデックス(i+3)に「ホッピング」することができる。
【0081】
[0094]ある態様では、基地局は、異なるトーンインデックス中においてサブフレーム中でデータシンボルの少なくとも1つのペアを受信することと、異なるトーンインデックス中においてサブフレーム中でRSシンボルの少なくとも1つのペアを受信することとによって、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを受信しうる。
【0082】
[0095]ある態様では、シングルトーンアップリンク送信がPUSCH中で受信される場合、複数のシンボルは、第1の数のRSシンボルを含む。さらなる態様では、シングルトーンアップリンク送信がACKを含む場合、複数のシンボルは、第2の数のRSシンボルを含む。さらなる別の態様では、シングルトーンアップリンク送信がCQIを含む場合、複数のシンボルは、第3の数のRSシンボルを含む。加えて、第1の数のRSシンボル、第2の数のRSシンボル、および第3の数のRSシンボルは、同じでありうるか、または第1の数のRSシンボル、第2の数のRSシンボル、および第3の数のRSシンボルのうちの少なくとも1つは、異なる。
【0083】
[0096]その上、シングルトーンアップリンク送信がPRACH中で受信される場合、基地局は、UpPTS中でシングルトーンアップリンク送信を受信しうるか、またはUpPTSおよび少なくとも1つの後続のアップリンクサブフレーム中でシングルトーンアップリンク送信を受信しうる。
【0084】
[0097]加えて、シングルトーンアップリンク送信がPRACH中で受信される場合、シングルトーンアップリンク送信は、低減されたトーン間隔または各サブフレーム中の低減された数の複数のシンボルのうちの少なくとも1つを含む。
【0085】
[0098]ブロック1208において、基地局は、異なるシンボル間での位相差に基づいてタイミング推定値を決定しうる。例えば、図4を再び参照すると、基地局404は、UE406a、406bとの通信において使用するためのタイミング推定値を決定することが可能でありうる420。それぞれのタイミング推定値は、それぞれのシングルトーンアップリンク送信412、418中で受信された固定トーン距離を有するシンボルペア間でのそれぞれの位相差に基づきうる。ある態様では、周波数オフセットが小さいとき(例えば、50Hz)、位相オフセットによって引き起こされる位相差は、シンボル長が小さい場合には基地局404によって無視されうる。そうでない場合、基地局404は、周波数オフセットを推定しうる。
【0086】
[0099]ブロック1210において、基地局は、UEに関連付けられたタイミングオフセットを決定しうる。ある態様では、基地局は、シングルトーンデータ送信のCRCがパスする前に、複数のシンボル中のRSシンボルの位相差に基づいて、タイミングオフセットを決定しうる。別の態様では、基地局は、データシンボルを再符号化および再変調することによりシングルトーンデータ送信のCRCがパスした後で、データシンボルとRSシンボルとに基づいて、タイミングオフセットを決定しうる。図4を参照すると、基地局404は、例えば、それぞれのシングルトーンデータ送信412、418のCRCがパスする前に、複数のシンボル中のRSシンボルの位相差に基づいて、それぞれのUE406a、406bに関連付けられたそれぞれのタイミングオフセットを決定しうる。
【0087】
[00100]図13は、例証的な装置1302中の異なる手段/コンポーネント間でのデータフローを例示する概念的なデータフロー図1300である。装置1302は、UEでありうる。装置は、基地局1350から信号を受信するように構成された受信コンポーネント1304を含む。装置はさらに、基地局1350に信号を送信するように構成された送信コンポーネント1310を含みうる。
【0088】
[00101]ある態様では、装置1302は、基地局1350に送信されるべきアップリンクシグナリングを決定(例えば、生成)するように構成されたアップリンクシグナリングコンポーネント1312を含みうる。例えば、アップリンクシグナリングコンポーネント1312は、CIoT通信に関連付けられたデータのような、基地局1350に送信されるべきアップリンクデータおよび/またはRSを決定するように構成されうる。アップリンクシグナリングコンポーネント1312は、送信コンポーネント1310にこのアップリンクシグナリング(例えば、データおよび/またはRS)を提供しうる。
【0089】
[00102]ある態様では、装置1302はさらに、トーンインデクシングコンポーネント1306を含みうる。ある態様では、トーンインデクシングコンポーネント1306は、受信コンポーネント1304を通じて、異なるトーンインデックスを示すシグナリングを基地局1350から受信するように構成されうる。トーンインデクシングコンポーネント1306は、受信されたシグナリングによって示された異なるトーンインデックスを決定するように構成されうる。例えば、トーンインデクシングコンポーネント1306は、基地局1350からのシグナリングに基づいて周波数ホッピングパターンを決定するように構成されうる。
【0090】
[00103]ある態様では、トーンインデクシングコンポーネント1306は、シングルトーンアップリンク送信中でのアップリンクシグナリングの送信のための複数のシンボルを決定するように構成されうる。ある態様では、トーンインデクシングコンポーネント1306は、異なるトーンインデックスを使用して複数のシンボル中のシンボルのグループを決定するように構成されうる。ある態様では、異なるトーンインデックスの各トーンインデックスは、異なる周波数に関連付けられる。
【0091】
[00104]ある態様では、トーンインデクシングコンポーネント1306は、例えば、基地局1350から受信されたシグナリングに基づいてトーンインデクシングコンポーネント1306によって決定された周波数ホッピングパターンにしたがって、第1のトーンインデックスを使用して第1のシンボルペアの第1のシンボルを決定することと、さらに、第1のトーンインデックスからの固定周波数である第2のトーンインデックスを使用して第1のシンボルペアの第2のシンボルを決定することとを行うように構成されうる。
【0092】
[00105]ある態様では、トーンインデクシングコンポーネント1306は、例えば、基地局1350から受信されたシグナリングに基づいてトーンインデクシングコンポーネント1306によって決定された周波数ホッピングパターンにしたがって、第1のトーンインデックスを使用して第2のシンボルペアの第3のシンボルを決定することと、さらに、第1のトーンインデックスからの固定周波数である第2のトーンインデックスを使用して第2のシンボルペアの第4のシンボルを決定することとを行うように構成されうる。
【0093】
[00106]別の態様では、トーンインデクシングコンポーネント1306は、第2のトーンインデックスに対して非固定周波数差である第3のトーンインデックスを使用して第2のシンボルペアの第3のシンボルを決定するように構成されうる。トーンインデクシングコンポーネント1306はさらに、例えば、基地局1350から受信されたシグナリングに基づいてトーンインデクシングコンポーネント1306によって決定された周波数ホッピングパターンにしたがって、第3のトーンインデックスからの固定周波数である第4のトーンインデックスを使用して第2のシンボルペアの第4のシンボルを決定するように構成されうる。
【0094】
[00107]ある態様では、トーンインデクシングコンポーネント1306は、異なるトーンインデックスを使用して、サブフレームについてデータシンボルの少なくとも1つのペアを決定するように構成されうる。さらに、トーンインデクシングコンポーネント1306は、異なるトーンインデックスを使用して、そのサブフレーム中でRSシンボルの少なくとも1つのペアを決定するように構成されうる。
【0095】
[00108]ある態様では、トーンインデクシングコンポーネント1306は、アップリンクシグナリングコンポーネント1312からのアップリンクシグナリングがPUSCH中で送信されるべきである場合に、第1の数のRSシンボルを決定するように構成されうる。ある態様では、トーンインデクシングコンポーネント1306は、アップリンクシグナリングコンポーネント1312からのアップリンクシグナリングがACKを含むべきである場合に、第2の数のRSシンボルを決定するように構成されうる。ある態様では、トーンインデクシングコンポーネント1306は、アップリンクシグナリングコンポーネント1312からのアップリンクシグナリングがCQIを含むべきである場合に、第3の数のRSシンボルを決定するように構成されうる。ある態様では、第1、第2、および第3の数のRSシンボルは、同じである。別の態様では、第1、第2、または第3の数のRSシンボルのうちの少なくとも1つは、異なりうる。
【0096】
[00109]ある態様では、トーンインデクシングコンポーネント1306は、アップリンクシグナリングコンポーネント1312からのアップリンクシグナリングがPRACH中で送信されるべきである場合に、アップリンクシグナリングのトーン間隔を低減するように構成されうる。別の態様では、トーンインデクシングコンポーネント1306は、アップリンクシグナリングコンポーネント1312からのアップリンクシグナリングがPRACH中で送信されるべきである場合に、アップリンクシグナリングについて各サブフレーム中で複数のシンボルの数を低減するように構成されうる。
【0097】
[00110]ある態様では、トーンインデクシングコンポーネント1306は、アップリンクシグナリングコンポーネント1312からのアップリンクシグナリングがPRACH中で送信されるべきである場合に、アップリンクシグナリングについてUpPTSを決定するように構成されうる。別の態様では、トーンインデクシングコンポーネント1306は、アップリンクシグナリングコンポーネント1312からのアップリンクシグナリングがPRACH中で送信されるべきである場合に、アップリンクシグナリングについてUpPTSおよび少なくとも1つの後続のアップリンクサブフレームを決定するように構成されうる。
【0098】
[00111]ある態様では、トーンインデクシングコンポーネント1306は、アップリンクシグナリングコンポーネント1312からのアップリンクシグナリングにコーディングスキームを適用するように構成されうる。ある態様では、コーディングスキームは、テイルバイティング畳み込みコード(TBCC)またはデュアルリードマラーコードのうちの少なくとも1つに基づきうる。
【0099】
[00112]ある態様では、トーンインデクシングコンポーネント1306は、送信コンポーネント1310に複数のシンボルを有するシングルトーンアップリンク送信を提供するように構成されうる。
【0100】
[00113]装置1302はさらに、フォーマットコンポーネント1308を含みうる。ある態様では、フォーマットコンポーネント1308は、受信コンポーネント1304を通じて、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するにあたって使用するためのフォーマットのインジケーションを受信するように構成されうる。ある態様では、フォーマットコンポーネント1308は、例えば、基地局1350から受信されるシグナリングに基づいて、サブフレーム持続時間、シンボル持続時間、または複数のシンボルに関連付けられたCP長のうちの少なくとも1つを含むフォーマットを決定するように構成されうる。ある態様では、フォーマットは、ペイロードを伴わないプリアンブルベース、またはペイロードを伴うメッセージベースのいずれかでありうる。フォーマットコンポーネント1308は、送信コンポーネント1310にこのフォーマットを提供しうる。
【0101】
[00114]送信コンポーネント1310は、トーンインデクシングコンポーネント1306からのシングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するように構成されうる。トーンインデクシングコンポーネント1306によって提供されるシングルトーンアップリンク送信にしたがって、複数のシンボル中のシンボルのグループは、トーンインデクシングコンポーネント1306によって決定される異なるトーンインデックスを使用してシングルトーンアップリンク送信中で送信されうる。シングルトーンアップリンク送信の送信では、送信コンポーネント1310は、フォーマットコンポーネント1308によって提供されるフォーマットを使用するように構成されうる。
【0102】
[00115]装置1302は、図11の前述されたフローチャート中のアルゴリズムのブロックの各々を遂行する追加のコンポーネントを含みうる。そのため、図11の前述されたフローチャート中の各ブロックは、コンポーネントによって遂行され、装置は、それらのコンポーネントのうちの1つまたは複数を含みうる。コンポーネントは、記載されたプロセス/アルゴリズムを行うように特に構成された1つまたは複数のハードウェアコンポーネントでありうるか、記載されたプロセス/アルゴリズムを遂行するように構成されたプロセッサによってインプリメントされうるか、プロセッサによるインプリメンテーションのためにコンピュータ可読媒体内に記憶されうるか、またはそれらの何らかの組み合わせでありうる。
【0103】
[00116]図14は、処理システム1414を用いる装置1302’のためのハードウェアインプリメンテーションの例を例示する図1400である。処理システム1414は、概してバス1424によって表される、バスアーキテクチャを用いてインプリメントされうる。バス1424は、処理システム1414の特定のアプリケーションおよび全体的な設計制約に依存して、任意の数の相互接続バスおよびブリッジを含みうる。バス1424は、プロセッサ1404、コンポーネント1304、1306、1308、1310、1312、およびコンピュータ可読媒体/メモリ1406によって表される、1つまたは複数のプロセッサおよび/またはハードウェアコンポーネントを含む様々な回路をともにリンクする。バス1424はまた、タイミングソース、周辺機器、電圧レギュレータ、および電力管理回路のような様々な他の回路をリンクしうるが、それらは、当該技術において良く知られており、したがって、これ以上は説明されない。
【0104】
[00117]処理システム1414は、トランシーバ1410に結合されうる。トランシーバ1410は、1つまたは複数のアンテナ1420に結合される。トランシーバ1410は、送信媒体を通して様々な他の装置と通信するための手段を提供する。トランシーバ1410は、1つまたは複数のアンテナ1420から信号を受信し、受信された信号から情報を抽出し、抽出された情報を処理システム1414、具体的には受信コンポーネント1304に提供する。加えて、トランシーバ1410は、処理システム1414、具体的には送信コンポーネント1310から情報を受信し、受信された情報に基づいて、1つまたは複数のアンテナ1420に適用されることになる信号を生成する。処理システム1414は、コンピュータ可読媒体/メモリ1406に結合されたプロセッサ1404を含む。プロセッサ1404は、コンピュータ可読媒体/メモリ1406上に記憶されたソフトウェアの実行を含む一般の処理を担う。ソフトウェアは、プロセッサ1404によって実行されたとき、処理システム1414に、任意の特定の装置に関して上記に説明された様々な機能を遂行させる。コンピュータ可読媒体/メモリ1406はまた、ソフトウェアを実行するときにプロセッサ1404によって操作されるデータを記憶するために使用されうる。処理システム1414はさらに、コンポーネント1304、1306、1308、1310、1312のうちの少なくとも1つを含む。コンポーネントは、プロセッサ1404中で作動中であり、コンピュータ可読媒体/メモリ1406中に存在する/記憶されたソフトウェアコンポーネント、プロセッサ1404に結合された1つまたは複数のハードウェアコンポーネント、またはそれらの何らかの組み合わせでありうる。処理システム1414は、UE350のコンポーネントであり、メモリ360および/またはTXプロセッサ368、RXプロセッサ356、およびコントローラ/プロセッサ359のうちの少なくとも1つを含みうる。
【0105】
[00118]一構成では、ワイヤレス通信のための装置1302/1302’は、異なるトーンインデックスを示すシグナリングを基地局から受信するための手段を含む。装置1302/1302’はさらに、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するための手段を含みうる。ある態様では、複数のシンボル中のシンボルのグループは、受信されたシグナリングによって示された異なるトーンインデックスを使用してシングルトーンアップリンク送信中で送信される。ある態様では、異なるトーンインデックスの各トーンインデックスは、異なる周波数に関連付けられる。ある態様では、複数のシンボルは、データシンボルまたはRSシンボルのうちの少なくとも1つを備える。
【0106】
[00119]ある態様では、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するための手段は、第1のトーンインデックスを使用して第1のシンボルペアの第1のシンボルを送信することと、第1のトーンインデックスとの固定周波数差である第2のトーンインデックスを使用して第1のシンボルペアの第2のシンボルを送信することとを行うように構成される。
【0107】
[00120]ある態様では、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するための手段は、第1のトーンインデックスを使用して第2のシンボルペアの第3のシンボルを送信することと、第1のトーンインデックスとの固定周波数差である第2のトーンインデックスを使用して第2のシンボルペアの第4のシンボルを送信することとを行うように構成される。ある態様では、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するための手段は、第2のトーンインデックスに対して非固定周波数差である第3のトーンインデックスを使用して第2のシンボルペアの第3のシンボルを送信することと、第3のトーンインデックスとの固定周波数差である第4のトーンインデックスを使用して第2のシンボルペアの第4のシンボルを送信することとを行うように構成される。ある態様では、受信されるシグナリングの異なるトーンインデックスは、周波数ホッピングパターンを示す。
【0108】
[00121]ある態様では、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するための手段は、異なるトーンインデックスを使用してサブフレーム中でデータシンボルの少なくとも1つのペアを送信することと、異なるトーンインデックスを使用してサブフレーム中でRSシンボルの少なくとも1つのペアを送信することとを行うように構成される。
【0109】
[00122]ある態様では、シングルトーンアップリンク送信がPUSCH中で送信される場合、複数のシンボルは、第1の数の基準信号(RS)シンボルを含む。ある態様では、シングルトーンアップリンク送信がACKを含む場合、複数のシンボルは、第2の数のRSシンボルを含む。ある態様では、シングルトーンアップリンク送信がCQIを含む場合、複数のシンボルは、第3の数のRSシンボルを含む。ある態様では、第1の数のRSシンボル、第2の数のRSシンボル、および第3の数のRSシンボルは、同じであるか、または第1の数のRSシンボル、第2の数のRSシンボル、および第3の数のRSシンボルのうちの少なくとも1つは、異なる。
【0110】
[00123]ある態様では、シングルトーンアップリンク送信がPRACH中で送信される場合、装置1302/1302’はさらに、トーン間隔を低減するための手段または各サブフレーム中で複数のシンボルの数を低減するための手段のうちの少なくとも1つを含む。
【0111】
[00124]ある態様では、装置1302/1302’はさらに、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するにあたって使用するためのフォーマットを示すシグナリングを基地局から受信するための手段を含む。ある態様では、フォーマットは、サブフレーム持続時間、シンボル持続時間、または複数のシンボルに関連付けられたCP長のうちの少なくとも1つを含む。ある態様では、フォーマットは、ペイロードを伴わないプリアンブルベース、またはペイロードを伴うメッセージベースのいずれかである。
【0112】
[00125]ある態様では、シングルトーンアップリンク送信がPRACH中で送信される場合、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するための手段は、UpPTS中でシングルトーンアップリンク送信を送信するか、またはUpPTSおよび少なくとも1つの後続のアップリンクサブフレーム中でシングルトーンアップリンク送信を送信するように構成される。ある態様では、シングルトーンアップリンク送信のコーディングスキームは、テイルバイティング畳み込みコード(TBCC)またはデュアルリードマラーコードのうちの少なくとも1つに基づく。
【0113】
[00126]前述された手段は、前述された手段によって記載された機能を遂行するように構成された装置1302’の処理システム1414および/または装置1302の前述されたコンポーネントのうちの1つまたは複数でありうる。上記に説明されたように、処理システム1414は、TXプロセッサ368、RXプロセッサ356、およびコントローラ/プロセッサ359を含みうる。そのため、一構成では、前述された手段は、前述された手段によって記載された機能を遂行するように構成されたTXプロセッサ368、RXプロセッサ356、およびコントローラ/プロセッサ359でありうる。
【0114】
[00127]図15は、例証的な装置1502中の異なる手段/コンポーネント間でのデータフローを例示する概念的なデータフロー図1500である。装置1502は、基地局(例えば、eNB)でありうる。装置1502は、UE1550に信号を送るように構成された受信コンポーネント1504を含む。装置1502はさらに、UE1550に信号を送るように構成された送信コンポーネント1510を含む。
【0115】
[00128]ある態様では、装置1502は、トーンインデクシングコンポーネント1506を含む。ある態様では、トーンインデクシングコンポーネント1506は、シングルトーンアップリンク送信中で複数の信号中を送信するにあたって使用するための異なるインデックスを示す情報を決定するように構成される。ある態様では、異なるトーンインデックスに関連付けられた情報は、周波数ホッピングパターンを示す。ある態様では、トーンインデクシングコンポーネント1506は、UE1550への送信のために、送信コンポーネント1510にこの情報を提供しうる。
【0116】
[00129]装置1502はさらに、フォーマットコンポーネント1508を含みうる。ある態様では、フォーマットコンポーネント1508は、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するにあたって使用するためのフォーマットを決定するように構成されうる。ある態様では、フォーマットコンポーネント1508は、サブフレーム持続時間、シンボル持続時間、または複数のシンボルに関連付けられたCP長のうちの少なくとも1つを含むフォーマットを決定するように構成されうる。ある態様では、フォーマットコンポーネント1508は、フォーマットがペイロードを伴わないプリアンブルベース、またはペイロードを伴うメッセージベースのいずれかであると決定しうる。フォーマットコンポーネント1508は、送信コンポーネント1510にこのフォーマットを提供しうる。送信コンポーネント1510は、UE1550にこのフォーマットのインジケーションを送信しうる。
【0117】
[00130]受信コンポーネント1504は、例えば、異なるトーンインデックスに関連付けられた情報および/またはフォーマットのインジケーションに基づいて、UE1550からシングルトーンアップリンク送信を受信するように構成されうる。ある態様では、シングルトーンアップリンク送信は、複数のシンボルを含みえ、複数のシンボル中のシンボルのペアは、シングルトーンアップリンク送信の異なるトーンインデックス中で受信されうる。ある態様では、受信コンポーネント1504は、タイミングコンポーネント1512にこのシングルトーンアップリンク送信を提供しうる。
【0118】
[00131]タイミングコンポーネント1512は、シンボルのペアのインデックスのような、シンボルのペアに関連付けられた情報を決定するように構成されうる。ある態様では、タイミングコンポーネント1512は、複数のシンボルがUE1550からのシンボルの第1のセットと別のUEからのシンボルの第2のセットとを含むと決定しうる。タイミングコンポーネント1512は、複数のシンボルがデータシンボルまたはRSシンボルのうちの少なくとも1つを含むと決定しうる。
【0119】
[00132]ある態様では、タイミングコンポーネント1512は、シングルトーンアップリンク送信中の複数のシンボルが第1のトーンインデックス中の第1のシンボルペアの第1のシンボルと、第1のトーンインデックスとの固定周波数差である第2のトーンインデックス中の第1のシンボルペアの第2のシンボルとを含むと決定しうる。
【0120】
[00133]ある態様では、タイミングコンポーネント1512は、シングルトーンアップリンク送信中の複数のシンボルが第1のトーンインデックス中の第2のシンボルペアの第3のシンボルと、第1のトーンインデックスとの固定周波数差である第2のトーンインデックス中の第2のシンボルペアの第4のシンボルとを含むと決定しうる。
【0121】
[00134]別の態様では、タイミングコンポーネント1512は、シングルトーンアップリンク送信中の複数のシンボルが第2のトーンインデックスに対して非固定周波数差である第3のトーンインデックス中で第2のシンボルペアの第3のシンボルを含むと決定しうる。タイミングコンポーネント1512はさらに、シングルトーンアップリンク送信中の複数のシンボルが第3のトーンインデックスに対して固定周波数差である第4のトーンインデックス中で第2のシンボルペアの第4のシンボルを含むと決定しうる。
【0122】
[00135]ある態様では、タイミングコンポーネント1512は、シングルトーンアップリンク送信中の複数のシンボルが異なるトーンインデックス中においてサブフレーム中でデータシンボルの少なくとも1つのペアを含むと決定しうる。タイミングコンポーネント1512はさらに、シングルトーンアップリンク送信中の複数のシンボルが異なるトーンインデックス中においてサブフレーム中でRSシンボルの少なくとも1つのペアを含むと決定しうる。
【0123】
[00136]ある態様では、タイミングコンポーネント1512は、複数のシンボルが、シングルトーンアップリンク送信がPUSCH中で受信されるときに第1の数のRSシンボルを含むと決定しうる。ある態様では、タイミングコンポーネント1512は、複数のシンボルが、シングルトーンアップリンク送信がACKを含むときに第2の数のRSシンボルを含むと決定しうる。ある態様では、タイミングコンポーネント1512は、複数のシンボルが、シングルトーンアップリンク送信がCQIを含む場合に第3の数のRSシンボルを含むと決定しうる。ある態様では、第1、第2、および第3の数のRSシンボルは、同じでありうる。別の態様では、第1、第2、または第3の数のRSシンボルのうちの少なくとも1つは、異なる。
【0124】
[00137]ある態様では、タイミングコンポーネント1512は、シングルトーンアップリンク送信が、シングルトーンアップリンク送信がPRACH中で受信されるときに、低減されたトーン間隔または各サブフレーム中の低減された数の複数のシンボルのうちの少なくとも1つを含むと決定するように構成されうる。
【0125】
[00138]ある態様では、タイミングコンポーネント1512は、シングルトーンアップリンク送信が、シングルトーンアップリンク送信がPRACH中で受信されるときにUpPTSおよび/または少なくとも1つの後続のアップリンクサブフレーム中で受信されると決定するように構成されうる。
【0126】
[00139]ある態様では、タイミングコンポーネント1512は、シングルトーンアップリンク送信のシンボルを復号するように構成されうる。例えば、タイミングコンポーネント1512は、TBCCまたはデュアルリードマラーコードのうちの少なくとも1つに基づいてシングルトーンアップリンク送信のシンボルを復号するように構成されうる。
【0127】
[00140]ある態様では、タイミングコンポーネント1512は、シングルトーンアップリンク送信の複数のシンボル中のシンボルのペア間で異なる位相に基づいてタイミング推定値を決定するように構成されうる。タイミングコンポーネント1512は、UE1550との通信のために、送信コンポーネント1510にこのタイミング推定値を提供しうる。
【0128】
[00141]ある態様では、タイミングコンポーネント1512は、シングルトーンアップリンク送信のCRCがパスする前に、複数のシンボル中のRSシンボルの位相差に基づいて、UE1550に関連付けられたタイミングオフセットを決定するように構成されうる。
【0129】
[00142]別の態様では、タイミングコンポーネント1512は、シングルトーンアップリンク送信のCRCがパスした後で、データシンボルとRSシンボルとに基づいて、UE1550に関連付けられたタイミングオフセットを決定するように構成されうる。例えば、タイミングコンポーネント1512は、シングルトーンアップリンク送信のシンボル(例えば、データシンボル)を再符号化および/または再モジュール(re-module)しうる。タイミングコンポーネント1512は、再符号化および/または再変調されたシンボルに基づいてUE1550に関連付けられたタイミングオフセットを決定しうる。
【0130】
[00143]装置は、図12の前述されたフローチャート中のアルゴリズムのブロックの各々を遂行する追加のコンポーネントを含みうる。そのため、図12の前述されたフローチャート中の各ブロックは、コンポーネントによって遂行され、装置は、それらのコンポーネントのうちの1つまたは複数を含みうる。コンポーネントは、記載されたプロセス/アルゴリズムを行うように特に構成された1つまたは複数のハードウェアコンポーネントでありうるか、記載されたプロセス/アルゴリズムを遂行するように構成されたプロセッサによってインプリメントされうるか、プロセッサによるインプリメンテーションのためにコンピュータ可読媒体内に記憶されうるか、またはそれらの何らかの組み合わせでありうる。
【0131】
[00144]図16は、処理システム1614を用いる装置1502’のためのハードウェアインプリメンテーションの例を例示する図1600である。処理システム1614は、概してバス1624によって表される、バスアーキテクチャを用いてインプリメントされうる。バス1624は、処理システム1614の特定のアプリケーションおよび全体的な設計制約に依存して、任意の数の相互接続バスおよびブリッジを含みうる。バス1624は、プロセッサ1604、コンポーネント1504、1506、1508、1510、1512、およびコンピュータ可読媒体/メモリ1606によって表される、1つまたは複数のプロセッサおよび/またはハードウェアコンポーネントを含む様々な回路をともにリンクする。バス1624はまた、タイミングソース、周辺機器、電圧レギュレータ、および電力管理回路のような様々な他の回路をリンクしうるが、それらは、当該技術において良く知られており、したがって、これ以上は説明されない。
【0132】
[00145]処理システム1614は、トランシーバ1610に結合されうる。トランシーバ1610は、1つまたは複数のアンテナ1620に結合される。トランシーバ1610は、送信媒体を通して様々な他の装置と通信するための手段を提供する。トランシーバ1610は、1つまたは複数のアンテナ1620から信号を受信し、受信された信号から情報を抽出し、抽出された情報を処理システム1614、具体的には受信コンポーネント1504に提供する。加えて、トランシーバ1610は、処理システム1614、具体的には送信コンポーネント1510から情報を受信し、受信された情報に基づいて、1つまたは複数のアンテナ1620に適用されることになる信号を生成する。処理システム1614は、コンピュータ可読媒体/メモリ1606に結合されたプロセッサ1604を含む。プロセッサ1604は、コンピュータ可読媒体/メモリ1606上に記憶されたソフトウェアの実行を含む一般の処理を担う。ソフトウェアは、プロセッサ1604によって実行されたとき、処理システム1614に、任意の特定の装置に関して上記に説明された様々な機能を遂行させる。コンピュータ可読媒体/メモリ1606はまた、ソフトウェアを実行するときにプロセッサ1604によって操作されるデータを記憶するために使用されうる。処理システム1614はさらに、コンポーネント1504、1506、1508、1510、1512のうちの少なくとも1つを含む。コンポーネントは、プロセッサ1604中で作動中であり、コンピュータ可読媒体/メモリ1606中に存在する/記憶されたソフトウェアコンポーネント、プロセッサ1604に結合された1つまたは複数のハードウェアコンポーネント、またはそれらの何らかの組み合わせでありうる。処理システム1614は、eNB310のコンポーネントであり、メモリ376および/またはTXプロセッサ316、RXプロセッサ370、およびコントローラ/プロセッサ375のうちの少なくとも1つを含みうる。
【0133】
[00146]一構成では、ワイヤレス通信のための装置1502/1502’は、少なくとも1つのUEに、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するにあたって使用するための異なるトーンインデックスを示す情報をシグナリングするための手段を含む。装置1502/1502’はさらに、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを受信するための手段を含みうる。ある態様では、複数のシンボル中のシンボルのペアは、シングルトーンアップリンク送信の異なるトーンインデックス中においてシングルトーンアップリンク送信中で受信される。ある態様では、異なるトーンインデックスの各トーンインデックスは、異なる周波数に関連付けられる。ある態様では、複数のシンボルは、第1のUEからのシンボルの第1のセットと第2のUEからのシンボルの第2のセットとを含み、複数のシンボルは、データシンボルまたはRSシンボルのうちの少なくとも1つを備える。
【0134】
[00147]ある態様では、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを受信するための手段は、第1のトーンインデックス中で第1のシンボルペアの第1のシンボルを受信することと、第1のトーンインデックスとの固定周波数差である第2のトーンインデックス中で第1のシンボルペアの第2のシンボルを受信することとを行うように構成される。ある態様では、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを受信するための手段は、第1のトーンインデックス中で第2のシンボルペアの第3のシンボルを受信することと、第1のトーンインデックスとの固定周波数差である第2のトーンインデックス中で第2のシンボルペアの第4のシンボルを受信することとを行うように構成される。ある態様では、ある態様では、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを受信するための手段は、第2のトーンインデックスに対して非固定周波数差である第3のトーンインデックス中で第2のシンボルペアの第3のシンボルを受信することと、第3のトーンインデックスに対して固定周波数差である第4のトーンインデックス中で第2のシンボルペアの第4のシンボルを送信することとを行うように構成される。
【0135】
[00148]ある態様では、異なるトーンインデックスに関連付けられた情報は、周波数ホッピングパターンを示す。ある態様では、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを受信するための手段は、異なるトーンインデックス中においてサブフレーム中でデータシンボルの少なくとも1つのペアを受信することと、異なるトーンインデックス中においてサブフレーム中でRSシンボルの少なくとも1つのペアを受信することとを行うように構成される。
【0136】
[00149]ある態様では、シングルトーンアップリンク送信がPUSCH中で受信される場合、複数のシンボルは、第1の数のRSシンボルを含む。ある態様では、シングルトーンアップリンク送信がACKを含む場合、複数のシンボルは、第2の数のRSシンボルを含む。ある態様では、シングルトーンアップリンク送信がCQIを含む場合、複数のシンボルは、第3の数の基準信号(RS)シンボルを含む。ある態様では、第1の数のRSシンボル、第2の数のRSシンボル、および第3の数のRSシンボルは、同じであるか、または第1の数のRSシンボル、第2の数のRSシンボル、および第3の数のRSシンボルのうちの少なくとも1つは、異なる。ある態様では、シングルトーンアップリンク送信がPRACH中で受信される場合、シングルトーンアップリンク送信は、低減されたトーン間隔または各サブフレーム中の低減された数の複数のシンボルのうちの少なくとも1つを含む。
【0137】
[00150]ある態様では、装置1502/1502’はさらに、シンボルのペア間での位相差に基づいてタイミング推定値を決定するための手段を含みうる。ある態様では、装置1502/1502’はさらに、シングルトーンアップリンク送信の巡回冗長検査(CRC)がパスする前に、複数のシンボル中のRSシンボルの位相差に基づいて、少なくとも1つのUEに関連付けられたタイミングオフセットを決定するための手段を含みうる。ある態様では、装置1502/1502’はさらに、データシンボルを再符号化および再変調することによってシングルトーンアップリンク送信のCRCがパスした後で、データシンボルとRSシンボルとに基づいて、少なくとも1つのUEのタイミングオフセットを決定するための手段を含みうる。
【0138】
[00151]ある態様では、装置1502/1502’はさらに、少なくとも1つのUEに、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを送信するにあたって使用するためのフォーマットに関連付けられた情報をシグナリングするための手段を含みうる。ある態様では、フォーマットは、サブフレーム持続時間、シンボル持続時間、または複数のシンボルに関連付けられたCP長のうちの少なくとも1つを含む。ある態様では、フォーマットは、ペイロードを伴わないプリアンブルベース、またはペイロードを伴うメッセージベースのいずれかである。
【0139】
[00152]ある態様では、シングルトーンアップリンク送信がPRACH中で受信される場合、シングルトーンアップリンク送信中で複数のシンボルを受信するための手段は、UpPTS中でシングルトーンアップリンク送信を受信するように構成されうる、および/またはUpPTSおよび少なくとも1つの後続のアップリンクサブフレーム中でシングルトーンアップリンク送信を受信するように構成されうる。ある態様では、シングルトーンアップリンク送信のコーディングスキームは、テイルバイティング畳み込みコード(TBCC)またはデュアルリードマラーコードのうちの少なくとも1つに基づく。
【0140】
[00153]前述された手段は、前述された手段によって記載された機能を遂行するように構成された装置1502’の処理システム1614および/または装置1502の前述されたコンポーネントのうちの1つまたは複数でありうる。上記に説明されたように、処理システム1614は、TXプロセッサ316、RXプロセッサ370、およびコントローラ/プロセッサ375を含みうる。そのため、一構成では、前述された手段は、前述された手段によって記載された機能を遂行するように構成されたTXプロセッサ316、RXプロセッサ370、およびコントローラ/プロセッサ375でありうる。
【0141】
[00154]開示されたプロセス/フローチャート中のブロックの特定の順序または階層は例証的なアプローチの例示であるということが理解される。設計の選好に基づいて、プロセス/フローチャート中のブロックの特定の順序または階層は再配列されうるということが理解される。さらに、いくつかのブロックは、組み合わされうるか、または省略されうる。添付の方法の請求項は、サンプルの順序で様々なブロックの要素を提示しており、提示された特定の順序または階層に限定されることを意図されてはいない。
【0142】
[00155]先の説明は、いかなる当業者であっても、ここに説明された様々な態様を実施することを可能にするために提供される。これらの態様への様々な修正は、当業者にとって容易に明らかとなり、ここに定義された包括的な原理は、他の態様に適用されうる。このことから、特許請求の範囲は、ここに示された態様に限定されることを意図されてはいないが、特許請求の範囲の文言と一致する全範囲を付与されるべきであり、ここにおいて、単数形での要素への言及は、そうであると具体的に記載されない限り、「1つおよび1つのみ」を意味することを意図されてはおらず、むしろ「1つまたは複数」を意味する。「例証的(exemplary)」という用語は、ここでは、「例、事例、または例示としての役割を果たすこと」を意味するように使用される。「例証的」であるとしてここに説明されたいずれの態様も、他の態様より好ましいまたは有利であるとして必ずしも解釈されるべきではない。そうでないと具体的に記載されない限り、「何らかの/いくつかの/いくらかの(some)」という用語は、1つまたは複数を指す。「A、B、またはCのうちの少なくとも1つ」、「A、B、またはCのうちの1つまたは複数」、「A、B、およびCのうちの少なくとも1つ」、「A、B、およびCのうちの1つまたは複数」および「A、B、C、またはそれらの任意の組み合わせ」のような組み合わせは、A、B、および/またはCの任意の組み合わせを含み、複数のA、複数のB、または複数のCを含みうる。具体的には、「A、B、またはCのうちの少なくとも1つ」、「A、B、またはCのうちの1つまたは複数」、「A、B、およびCのうちの少なくとも1つ」、「A、B、およびCのうちの1つまたは複数」および「A、B、C、またはそれらの任意の組み合わせ」のような組み合わせは、Aのみ、Bのみ、Cのみ、AとB、AとC、BとC、またはAとBとCでありえ、ここで、任意のそのような組み合わせは、A、B、またはCの1つまた複数のメンバを包含しうる。当業者に知られているか、または後に知られることとなる、この開示全体を通じて説明された様々な態様の要素と構造的および機能的に同等な物は全て、参照によってここに明確に組み込まれ、特許請求の範囲によって包含されることを意図される。その上、ここに開示されたものはいずれも、そのような開示が特許請求の範囲中に明示的に記載されているかどうかにかかわらず、公に献呈されることを意図されてはいない。「モジュール」、「メカニズム」、「要素」、「デバイス」、等の用語は、「手段」という用語の代用ではないことがありうる。そのため、要素が「〜のための手段」というフレーズを使用して明確に記載されていない限り、どの請求項の要素もミーンズプラスファンクションとして解釈されるべきではない。
図1
図2A
図2B
図2C
図2D
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
図11
図12
図13
図14
図15
図16
【国際調査報告】