特許事務所紹介

吉川国際特許事務所

弁理士紹介

吉川俊雄大手エンジニアリング企業での研究開発を経て、弁理士となり、1988年に吉川国際特許事務所を設立。事務所設立後は、主に、専門分野である高分子、合成、触媒化学といった有機化学を中心とする他、医薬品、生化学、無機化学(ガラス、セメント、金属等の材料系)、繊維等の非常に幅広い分野での経験を有し、国内大手製薬会社や繊維メーカーの案件も数多く手がけた。
市川寛奈専門分野はバイオ・生物であるが、バイオ、生物、有機化学、無機化学、高分子、生活用品、食品ほか非常に幅広い分野に対応することが可能。
石井秀樹専門分野は機械、建築、土木分野であるが、機械、検査装置、電化製品、基板、樹脂積層板、変圧器、コンクリート製品、樹脂製品、衣類関係、家具関係、玩具、日用品、防災用品など非常に幅広い分野に対応することが可能。
町田昌弘電気、電子、通信、自動制御、電子材料、コンピュータ(ハードウェア/ソフトウェア)、計測・測定、機械・器具、医療機器など幅広い分野における特許の出願明細書及び図面作成、拒絶応答などの中間処理、各種審判、各種審判の取消訴訟、また明細書等の翻訳業務を担当。
福田亮介電気・電子工学技術の特許出願の出願明細書及び図面作成、拒絶応答などの中間処理等を担当。
岩住ひろ美物理工学、機器関連分野を中心に拒絶応答等の中間処理を担当。
安田有沙専門分野である生物分野の知識を生かし、拒絶応答などの中間処理業務等を担当。