特許事務所紹介

辰己国際特許事務所 (TATSUMI International IP Firm)

辰己国際特許事務所 (TATSUMI International IP Firm)

ご挨拶

 (お知らせ)新型コロナウイルス感染拡散の防止の観点から、弊所ではこれからも積極的にWeb会議を活用することといたしました。遠方のお客様からの初めてのご相談でもご要望に応じてWeb会議を設定させていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。

 当事務所からのお知らせは、適宜Facebookページ「辰己国際特許事務所」(https://www.facebook.com/tatsumiip/)に掲載しておりますので、こちらもよろしければご覧ください。

 当HPへアクセスいただきありがとうございます。

 当事務所は、スタッフの縁で2019年8月から太田商工会議所に特別会員として加入させていただいております。

 当事務所は、特許等の出願手続きの代理業務だけでなく、知的財産権を取得した後の契約業務でもお客様のお役に立てます。

 当事務所は、スピンドルモータの分野で世界シェア2位の大手メーカ様(現在は事業自体が消滅)の筆頭代理人を務めさせていただいた経験を経て培ったスキルで、ものづくり中小企業様、ベンチャー企業様が知的財産権を取得する際のお手伝いをさせていただいております。特に機械、電気・電子の技術分野に強みを持つ特許事務所です。

 また、関連会社として科学・技術英語、特許翻訳に特化した翻訳会社もございます。さらに、代表者の辰己は、国の研究所にて知的財産契約業務にも従事しております。

 代表者の辰己は、両親への経済的負担を避けるため、成績に応じて学費が免除となる制度を利用してアメリカの大学を卒業しました。はじめのうちは言葉に苦労し、学費免除のための所定の成績を維持し続けることにも苦労し、さらには大学があるエリアは右の写真のような冬季の環境が非常に厳しいエリア(もっとも寒くてマイナス30℃近くなります)だったので環境への適応にも苦労しました。

 それらの体験から貴重な行動規範を得ましたが、特に「できないと考える前に、できるようにするにはどうすればいいか考える」という行動規範を得られたのは幸運でした。「それでは特許を取るのが難しいです」の一言で終わらせず、どうすれば特許を取得できるのか、お客様に真摯に向き合ってご要望に応じて様々なアドバイスをご提案させていただくことが当事務所のモットーです。

 代表者の辰己が大学時代に過ごした環境よりも、現在の物作り環境は様々な点ではるかに厳しい環境だと思います。そのような環境においても、周囲より一生懸命に働き、周囲とは違う考え方をする、周囲から浮くことを恐れず、失敗しても、それは目標をかなえるための通過点と受け止める、そんなエンジニアの方や企業様が知的財産に関して行き詰まった際の支えになれるよう、スタッフ一同、日々精進しております。


To: Our International Colleagues,

This web site is dedicated for introducing our basic information. Please feel free to contact us for more information.

辰己国際特許事務所 (TATSUMI International IP Firm)

事務所概要

名称辰己国際特許事務所
代表者弁理士 辰己 雄一(登録番号:17731)
所在地〒340-0051 埼玉県草加市長栄2-12-12
TEL/FAX電話:048-948-8580
ファクシミリ:048-948-8582
(代表者の辰己が国立研究開発法人において知財契約業務に従事しているときは電話応対が行えません。ご了承ください。)
email: y.tatsumi*g-infovend.biz(代表者弁理士直通)

迷惑メール防止のため、「*」を「@」に変更してください。
ホームページhttps://www.facebook.com/tatsumiip/ (新しいウィンドウで開く)

取扱業務

特許・実用新案  商標  外国特許  外国商標  コンサルティング