特開2015-229067(P2015-229067A)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 株式会社三共の特許一覧
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2015-229067(P2015-229067A)
(43)【公開日】2015年12月21日
(54)【発明の名称】遊技機
(51)【国際特許分類】
   A63F 7/02 20060101AFI20151124BHJP
【FI】
   A63F7/02 320
   A63F7/02 315Z
【審査請求】未請求
【請求項の数】1
【出願形態】OL
【全頁数】71
(21)【出願番号】特願2014-117842(P2014-117842)
(22)【出願日】2014年6月6日
(71)【出願人】
【識別番号】000144153
【氏名又は名称】株式会社三共
(74)【代理人】
【識別番号】110001195
【氏名又は名称】特許業務法人深見特許事務所
(72)【発明者】
【氏名】小倉 敏男
【テーマコード(参考)】
2C088
2C333
【Fターム(参考)】
2C088AA36
2C088AA42
2C088BC22
2C088EA10
2C088EB55
2C333AA11
2C333CA48
2C333CA49
2C333CA50
2C333CA55
2C333EA04
2C333EA10
(57)【要約】
【課題】保留表示の表示態様を変化させる演出に多様性を持たせ、遊技の興趣を向上させることができる遊技機を提供する。
【解決手段】保留記憶にもとづく可変表示の表示結果が特定表示結果となるか否かを判定する特定判定手段と、特定判定手段の判定結果に応じて、異なる割合で特定判定手段の判定対象となった保留記憶に対応する保留表示を第1特別態様または第2特別態様で表示する保留予告演出を実行可能な演出実行手段を備え、演出実行手段は、複数のタイミングで保留表示を第1特別態様または第2特別態様に変化させて表示することが可能であり、保留表示が特殊態様で表示されたときは、該保留表示に対応する保留記憶にもとづく可変表示が開始されるまでに該保留表示を該特殊態様から第1特別態様または第2特別態様に変化させて表示する。
【選択図】図29
【特許請求の範囲】
【請求項1】
開始条件が成立したことに基づいて各々を識別可能な複数種類の識別情報の変動表示を行ない、変動表示の表示結果として予め定められた特定表示結果が導出表示されたときに遊技者にとって有利な特定遊技状態に制御する遊技機であって、
未だ前記開始条件が成立していない変動表示について、保留記憶として記憶可能な保留記憶手段と、
前記保留記憶手段に記憶されている前記保留記憶を保留表示として表示する保留表示手段と、
前記開始条件が成立したことに基づいて、変動表示の表示結果を前記特定表示結果とするか否かを決定する事前決定手段と、
前記事前決定手段の決定前に、前記保留記憶手段に記憶されている前記保留記憶に基づく変動表示の表示結果が前記特定表示結果となるか否かを判定する特定判定手段と、
識別情報の変動表示が開始されてから表示結果が導出表示されるまでに、特殊識別情報を仮停止してから変動表示を再開させる再変動表示を所定回繰返し実行することにより、前記特定遊技状態となるか否かを示唆する特定演出を実行する特定演出実行手段とを備え、
保留表示の表示態様は、通常態様と、該通常態様とは異なる態様である特殊態様と、該通常態様および該特殊態様とは異なる態様である特別態様とを含み、
前記特定判定手段の判定結果に応じて、異なる割合で該特定判定手段の判定対象となった前記保留記憶に対応する保留表示を前記特別態様で表示する保留予告演出を実行可能な保留予告演出実行手段とをさらに備え、
前記保留予告演出実行手段は、
複数のタイミングで保留表示を前記特別態様に変化させて表示することが可能であり、
保留表示が前記特殊態様で表示されたときは、該保留表示に対応する前記保留記憶に基づく変動表示が開始されるまでに該保留表示を該特殊態様から前記特別態様に変化させて表示し、
前記特定演出実行手段は、仮停止する特殊識別情報に再変動表示の回数を特定可能な特定情報を付与可能である、遊技機。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、パチンコ遊技機等の遊技機に関し、特に、開始条件が成立したことに基づいて各々を識別可能な複数種類の識別情報の変動表示を行ない、変動表示の表示結果として予め定められた特定表示結果が導出表示されたときに遊技者にとって有利な特定遊技状態に制御する遊技機に関する。
【背景技術】
【0002】
この種の遊技機として一般的に知られているものとしては、開始条件が成立したことに基づいて各々を識別可能な複数種類の識別情報(図柄)の変動表示(「可変表示」ともいう)を行ない、変動表示の表示結果として予め定められた特定表示結果(大当り表示結果)が導出表示されたときに遊技者にとって有利な特定遊技状態(大当り遊技状態)に制御するものがあった。
【0003】
そのような遊技機において、始動領域(始動入賞口)に遊技球が入賞したことに基づく可変表示を開始する前に、乱数値を先読みして表示結果が特定表示結果となるか否かを判定し、判定結果に基づいて予告演出を実行するように構成されたものがある(たとえば、特許文献1参照)。特許文献1には、始動領域を遊技球が通過したにもかかわらず未だ開始条件が成立していない可変表示について、保留記憶として記憶するとともに保留表示として表示し、所定の場合に、特定の保留表示を指差すキャラクタ画像を表示する演出を行ない、この演出が行なわれているときに遊技者が所定の操作を行なうと、特定の保留表示の表示態様を通常態様から特別態様に変化させる演出を行なうことが記載されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
【特許文献1】特開2004−357878号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
上記特許文献1に記載された遊技機は、遊技者の操作に基づいて保留表示の表示態様を通常態様から特別態様に変化させる演出を行ない、操作有効期間内に操作が行なわれなかった場合には変化させない。上記特許文献1には操作有効期間内に操作が行なわれなかった場合にも変化させてもよいとも記載されているが、いずれにしても保留表示の表示態様が変化するタイミングは固定されている。具体的には、遊技者による操作時または操作有効期間終了時に保留表示の表示態様を変化させる演出が行なわれる。したがって、上記特許文献1に記載された遊技機では、保留表示の表示態様を変化させる演出が行なわれるものの、変化させるタイミングが固定されているため、十分に遊技興趣を向上させることができない。
【0006】
そこで、本発明は、保留表示の表示態様を変化させる演出に多様性を持たせ、遊技の興趣を向上させることができる遊技機を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
(1) 開始条件(保留記憶数が0でない場合であって、第1特別図柄および第2特別図柄の変動表示が実行されていない状態であり、かつ、大当り遊技が実行されていない状態)が成立したことに基づいて各々を識別可能な複数種類の識別情報の変動表示(第1特別図柄や第2特別図柄、演出図柄の変動表示)を行ない、変動表示の表示結果として予め定められた特定表示結果(大当り図柄)が導出表示されたときに遊技者にとって有利な特定遊技状態(大当り遊技状態)に制御する遊技機(パチンコ遊技機1)であって、
未だ前記開始条件が成立していない変動表示について、保留記憶(第1保留記憶や第2保留記憶)として記憶可能な保留記憶手段(第1保留記憶バッファや第2保留記憶バッファ)と、
前記保留記憶手段に記憶されている前記保留記憶を保留表示として表示する保留表示手段(合算保留記憶表示部18c)と、
前記開始条件が成立したことに基づいて、変動表示の表示結果を前記特定表示結果とするか否かを決定する事前決定手段(遊技制御用マイクロコンピュータ560がS61,S62,S73を実行する部分)と、
前記事前決定手段の決定前に、前記保留記憶手段に記憶されている前記保留記憶に基づく変動表示の表示結果が前記特定表示結果となるか否かを判定する特定判定手段(遊技制御用マイクロコンピュータ560がS1217,S1228を実行する部分)と、
識別情報の変動表示が開始されてから表示結果が導出表示されるまでに、特殊識別情報(第1擬似連図柄94a、第2擬似連図柄94c)を仮停止してから変動表示を再開させる再変動表示を所定回繰返し実行することにより、前記特定遊技状態となるか否かを示唆する特定演出(擬似連演出)を実行する特定演出実行手段(演出制御用マイクロコンピュータ100が擬似連の変動パターンを実行するために、S801,S802を実行する部分)とを備え、
保留表示の表示態様は、通常態様(本例では「○」:図28(A)参照)と、該通常態様とは異なる態様である特殊態様(本例では「○」の外側に6本の線が描かれている:図29(B)参照)と、該通常態様および該特殊態様とは異なる態様である特別態様(本例では「○」内に「×」が含まれる:図28(B1)、「○」内に「×」が2つ含まれる:図28(B2)参照)とを含み、
前記特定判定手段の判定結果に応じて、異なる割合で該特定判定手段の判定対象となった前記保留記憶に対応する保留表示を前記特別態様で表示する保留予告演出(先読み演出)を実行可能な保留予告演出実行手段(演出制御用マイクロコンピュータ100がS67106,S67114,S964,S965等を実行する部分。図22(B)参照)とをさらに備え、
前記保留予告演出実行手段は、
複数のタイミング(始動入賞のタイミングや、任意のシフトタイミング、他の任意のタイミングなど)で保留表示を前記特別態様に変化させて表示することが可能であり、
保留表示が前記特殊態様で表示されたとき(演出制御用マイクロコンピュータ100がS67107で先読み演出を第2先読み演出パターンで実行すると決定し、S67112を実行したとき)は、該保留表示に対応する前記保留記憶に基づく変動表示が開始されるまでに該保留表示を該特殊態様から前記特別態様に変化させて表示し(演出制御用マイクロコンピュータ100がS954,S962,S964等を実行する部分。図23図24図29図30参照)、
前記特定演出実行手段は、仮停止する特殊識別情報に再変動表示の回数を特定可能な特定情報(第1擬似連回数情報94b、第2擬似連回数情報94d)を付与可能である(S903,S904)。
【0008】
このような構成によれば、保留表示の表示態様を変化させる演出に多様性を持たせ、遊技の興趣を向上させることができる。
【0009】
(2) 前記(1)の遊技機において、
特殊識別情報は、複数種類設けられ(第1擬似連図柄94aと第2擬似連図柄94c、図31)、
前記特定演出実行手段は、複数種類の特殊識別情報のうちいずれを仮停止させた場合にも共通の特定情報を付与する(図31(c)の第1擬似連図柄94aと、図31(h)の第2擬似連図柄94cとで、共通の第1擬似連回数情報94bが付与される。)。
【0010】
このような構成によれば、仮停止させた特殊識別情報の種類が異なっても再変動表示の回数が認識しやすくすることができる。
【0011】
(3) 前記(1)または(2)の遊技機において、
特定情報は、複数種類設けられ(第1擬似連回数情報94bと第2擬似連回数情報94d、図31)、
前記特定演出実行手段は、変動表示の表示結果が前記特定表示結果となるか否かにより、複数種類の特定情報のうち付与する特定情報を異ならせる(図33に示すように、大当り表示結果となるときには、はずれ表示結果となるときと比べて、第1,第2擬似連回数情報のうち、第2擬似連回数情報(連,MAX)を表示する割合が高い。)。
【0012】
このような構成によれば、特定表示結果となる期待度を特定情報の種類により示唆することができ、特定演出の興趣をより一層高めることができる。
【0013】
(4) 前記(1)から(3)のいずれかの遊技機において、
前記特定演出実行手段は、特殊識別情報が仮停止するときに前記特定情報を付与する(図31(c),(d),(e),(f))。
【0014】
このような構成によれば、特定情報を付与することが特定演出の継続を示唆することにもなり、演出を多様化させることができる。
【0015】
(5) 前記(1)から(4)のいずれかの遊技機において、
再変動表示の回数には、最終段階(4回目の仮停止段階)が設けられ、
前記特定演出実行手段は、仮停止する特殊識別情報が再変動表示の途中段階(1回目〜3回目の仮停止段階)であるか最終段階(4回目の仮停止段階)であるかにより、付与する特定情報を異ならせる(図32(B)に示すように1回目〜3回目の仮停止時には「NEXT1回〜3回」が擬似連回数情報として付与され、4回目の仮停止時には「MAX」が擬似連回数情報として付与される。)。
【0016】
このような構成によれば、付与する特定情報を異ならせることにより特定演出が最終段階であることを報知することができる。
【0017】
(6) 前記(1)から(5)のいずれかの遊技機において、
演出実行手段は、所定条件が成立したとき(演出制御用マイクロコンピュータ100が、S67107で先読み演出を第2先読み演出パターンで実行すると決定し、S67112を実行したとき(始動入賞のタイミング)や、始動入賞後からその始動入賞にもとづく変動表示が開始されるまでの任意のシフトタイミングまたはその他の任意のタイミングで通常態様から特殊態様に変化させると決定し、そのタイミングに至ったとき)に保留表示を特殊態様で表示し、該保留表示に対応する保留記憶にもとづく可変表示が開始されるまでの第1タイミング(始動入賞後に1回目の保留表示のシフトが行われるタイミングや、任意のタイミング)または該第1タイミングとは異なる第2タイミング(始動入賞後に2回目の保留表示のシフトが行われるタイミングや、任意のタイミング)で該保留表示を該特殊態様から第1特別態様または第2特別態様に変化させて表示することが可能であり(演出制御用マイクロコンピュータ100がS954,S962,S964,S965等を実行する部分。図24図29図30参照)、特定判定手段が特定表示結果となると判定したときと該特定判定手段が該特定表示結果とならないと判定したときとで、異なる割合で第1タイミングまたは第2タイミングで保留表示を特殊態様から第1特別態様または第2特別態様に変化させて表示する(演出制御用マイクロコンピュータ100がステップS67108等を実行する部分。図24参照)ように構成されていてもよい。
【0018】
このような構成によれば、保留表示が特殊態様で表示されたときに、どのタイミングで表示態様が変化するかに注目させることができ、遊技興趣を向上させることができる。
【0019】
(7) 前記(1)から(6)のいずれかの遊技機において、保留表示が特殊態様で表示されているときには新たに保留表示を特殊態様で表示することを制限する制限手段(演出制御用マイクロコンピュータ100がS67101,S67111等を実行する部分)を備えるように構成されていてもよい。
【0020】
このような構成によれば、複数の保留表示が特殊態様で表示されたときに、どの保留表示に注目すればよいか遊技者を混乱させてしまうことを防止することができる。
【0021】
(8) 前記(1)から(7)のいずれかの遊技機において、演出実行手段は、特定判定手段が特定表示結果となると判定したときには、該特定判定手段が該特定表示結果とならないと判定したときに比べて高い割合で該特定判定手段の判定対象となった保留記憶に対応する保留表示を第2特別態様で表示する保留予告演出を実行し(演出制御用マイクロコンピュータ100がS67106,S67114,S964等を実行する部分。図22(B)参照)、保留表示を特殊態様から第1特別態様または第2特別態様に変化させて表示する保留予告演出パターン(第2先読み演出パターン)で保留予告演出を行うときに、第1演出(黒い矢が飛んできて保留表示に刺さる示唆演出(成功パターン))を行い該保留表示を該特殊態様から該第1特別態様または該第2特別態様に変化させて表示するときと、該第1演出とは異なる第2演出(白い矢が飛んできて保留表示に刺さる示唆演出(成功パターン))を行い該保留表示を該特殊態様から該第1特別態様または該第2特別態様に変化させて表示するときとがあり、該第1演出が行われるときと該第2演出が行われるときとで異なる割合で該保留表示を該特殊態様から該第1特別態様または該第2特別態様に変化させて表示する(演出制御用マイクロコンピュータ100がS67106,S67110,S964等を実行する部分。図22(B),図25参照)ように構成されていてもよい。
【0022】
このような構成によれば、保留表示が特殊態様で表示されたときに、第1演出と第2演出とのいずれが行われるかに注目させることができ、遊技興趣を向上させることができる。
【図面の簡単な説明】
【0023】
図1】パチンコ遊技機を正面からみた正面図である。
図2】主基板(遊技制御基板)における回路構成の一例を示すブロック図である。
図3】タイマ割込処理を示すフローチャートである。
図4】演出図柄の変動パターンを示す説明図である。
図5】各乱数を示す説明図である。
図6】大当り判定テーブル、小当り判定テーブルおよび大当り種別判定テーブルを示す説明図である。
図7】変動パターン判定テーブルを示す説明図である。
図8】演出制御コマンドの内容の一例を示す説明図である。
図9】演出制御コマンドの内容の一例を示す説明図である。
図10】入賞時判定結果指定コマンドの内容の一例を示す説明図である。
図11】特別図柄プロセス処理を示すフローチャートである。
図12】始動口スイッチ通過処理を示すフローチャートである。
図13】保留バッファの構成例を示す説明図である。
図14】入賞時演出処理を示すフローチャートである。
図15】特別図柄通常処理を示すフローチャートである。
図16】特別図柄通常処理を示すフローチャートである。
図17】演出制御メイン処理を示すフローチャートである。
図18】コマンド受信バッファの構成例を示す説明図である。
図19】コマンド解析処理を示すフローチャートである。
図20】コマンド解析処理を示すフローチャートである。
図21】先読み演出決定処理を示すフローチャートである。
図22】先読み演出実行決定テーブルおよび最終表示態様決定テーブルを示す説明図である。
図23】先読み演出パターン決定テーブルを示す説明図である。
図24】先読み演出変化タイミング決定テーブルを示す説明図である。
図25】示唆演出態様決定テーブルを示す説明図である。
図26】演出制御プロセス処理を示すフローチャートである。
図27】演出図柄変動開始処理を示すフローチャートである。
図28】第1先読み演出パターンに基づく先読み演出の具体例を示す説明図である。
図29】第2先読み演出パターンに基づく先読み演出の具体例を示す説明図である。
図30】第2先読み演出パターンに基づく先読み演出の具体例を示す説明図である。
図31】擬似連の演出例を示す演出表示装置の表示画面図である。
図32】擬似連図柄および擬似連回数情報の表示に関する演出パターンを示す図である。
図33】擬似連演出テーブルを示す図である。
図34】擬似連演出処理を示すフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0024】
以下、本発明の実施の形態を、図面を参照して説明する。なお、遊技機の一例としてパチンコ遊技機を示すが、本発明はパチンコ遊技機に限られず、コイン遊技機等のその他の遊技機であってもよく、開始条件が成立したことに基づいて各々を識別可能な複数種類の識別情報の変動表示を行ない、変動表示の表示結果として予め定められた特定表示結果が導出表示されたときに遊技者にとって有利な特定遊技状態に制御する遊技機であれば、どのような遊技機であってもよい。
【0025】
〔第1実施形態〕
まず、遊技機の一例であるパチンコ遊技機1の全体の構成について説明する。図1はパチンコ遊技機1を正面からみた正面図である。
【0026】
パチンコ遊技機1は、遊技媒体としての遊技球を遊技領域7に打込んで遊技が行なわれる遊技機であり、縦長の方形状に形成された外枠(図示せず)と、外枠の内側に開閉可能に取付けられた遊技枠とで構成される。また、パチンコ遊技機1は、遊技枠に開閉可能に設けられている額縁状に形成されたガラス扉枠2を有する。遊技枠は、外枠に対して開閉自在に設置される前面枠(図示せず)と、機構部品等が取付けられる機構板(図示せず)と、それらに取付けられる種々の部品(後述する遊技盤6を除く)とを含む構造体である。
【0027】
ガラス扉枠2の下部表面には打球供給皿(上皿)3がある。打球供給皿3の下部には、打球供給皿3に収容しきれない遊技球(遊技媒体)を貯留する余剰球受皿4、および、打球を発射する打球操作ハンドル(操作ノブ)5等が設けられている。また、ガラス扉枠2の背面には、遊技盤6が着脱可能に取付けられている。遊技盤6は、それを構成する板状体と、その板状体に取付けられた種々の部品とを含む構造体である。また、遊技盤6の前面には、打込まれた遊技球が流下可能な遊技領域7が形成されている。
【0028】
余剰球受皿(下皿)4を形成する部材には、たとえば下皿本体の上面における手前側の所定位置(たとえば下皿の中央部分)等に、スティック形状(棒形状)に構成され、遊技者が把持して複数方向(前後左右)に傾倒する操作が可能なスティックコントローラ122が取付けられている。スティックコントローラ122には、遊技者がスティックコントローラ122の操作桿を操作手(たとえば左手等)で把持した状態において、所定の操作指(たとえば人差し指等)で押引操作すること等により所定の指示操作が可能なトリガボタン125(図2参照)が設けられ、スティックコントローラ122の操作桿の内部には、トリガボタン125に対する押引操作等による所定の指示操作を検出するトリガセンサ121(図2参照)が内蔵されている。また、スティックコントローラ122の下部における下皿の本体内部等には、操作桿に対する傾倒操作を検出する傾倒方向センサユニット123(図2参照)が設けられている。また、スティックコントローラ122には、スティックコントローラ122を振動動作させるためのバイブレータ用モータ126(図2参照)が内蔵されている。
【0029】
打球供給皿(上皿)3を形成する部材には、たとえば上皿本体の上面における手前側の所定位置(たとえばスティックコントローラ122の上方)等に、遊技者が押下操作等により所定の指示操作を可能なプッシュボタン120が設けられている。プッシュボタン120は、遊技者からの押下操作等による所定の指示操作を、機械的、電気的、あるいは、電磁的に、検出できるように構成されていればよい。プッシュボタン120の設置位置における上皿の本体内部等には、プッシュボタン120に対してなされた遊技者の操作行為を検出するプッシュセンサ124(図2参照)が設けられていればよい。図1に示す構成例では、プッシュボタン120とスティックコントローラ122の取付位置が、上皿および下皿の中央部分において上下の位置関係にある。これに対して、上下の位置関係を保ったまま、プッシュボタン120およびスティックコントローラ122の取付位置を、上皿および下皿において左右のいずれかに寄せた位置としてもよい。あるいは、プッシュボタン120とスティックコントローラ122の取付位置が上下の位置関係にはなく、たとえば左右の位置関係にあるものとしてもよい。
【0030】
遊技領域7の中央付近には、各々を識別可能な複数種類の識別情報としての演出図柄を変動表示(可変表示ともいう)可能な演出表示装置9が設けられている。演出表示装置9の表示画面上では、0〜9の数字からなる演出図柄が特別図柄の変動表示と同期して縦方向にスクロールすることにより変動表示される。遊技領域7における演出表示装置9の右側方には、各々を識別可能な複数種類の識別情報としての第1特別図柄を変動表示する第1特別図柄表示器8aと、各々を識別可能な複数種類の識別情報としての第2特別図柄を変動表示する第2特別図柄表示器8bとが設けられている。
【0031】
第1特別図柄表示器8aおよび第2特別図柄表示器8bのそれぞれは、数字および文字を変動表示可能な簡易で小型の表示器(たとえば7セグメントLED)で構成されている。演出表示装置9は、液晶表示装置(LCD)で構成されており、表示画面において、第1特別図柄または第2特別図柄の変動表示に同期した演出図柄の変動表示等の各種画像を表示する表示領域が設けられる。この表示領域には、たとえば「左」、「中」、「右」の3つの装飾用(演出用)の演出図柄を変動表示する図柄表示領域(演出図柄表示エリア)が形成される。
【0032】
第1特別図柄表示器8aおよび第2特別図柄表示器8bのそれぞれは、主基板(遊技制御基板)に搭載されている遊技制御用マイクロコンピュータによって制御される。演出表示装置9は、演出制御基板に搭載されている演出制御用マイクロコンピュータによって制御される。第1特別図柄表示器8aで第1特別図柄の変動表示が実行されているときに、その変動表示に伴なって演出表示装置9で演出表示が実行され、第2特別図柄表示器8bで第2特別図柄の変動表示が実行されているときに、その変動表示に伴なって演出表示装置9で演出表示が実行されるので、遊技の進行状況を把握しやすくできる。
【0033】
第1特別図柄表示器8aに特定表示結果としての大当り表示結果(大当り図柄)が導出表示されたとき、または、第2特別図柄表示器8bに特定表示結果としての大当り表示結果(大当り図柄)が導出表示されたときには、演出表示装置9においても、特定表示結果としての大当り表示結果(大当り図柄の組合せ)が導出表示される。このように変動表示の表示結果として特定表示結果が表示されたときには、遊技者にとって有利な価値(有利価値)が付与される有利状態としての特定遊技状態(大当り遊技状態)に制御される。
【0034】
また、演出表示装置9において、最終停止図柄(たとえば左右中図柄のうち中図柄)となる図柄以外の図柄が、所定時間継続して、大当り図柄(たとえば左中右の図柄が同じ図柄で揃った図柄の組合せ)と一致している状態で停止、揺動、拡大縮小もしくは変形している状態、または、複数の図柄が同一図柄で同期して変動したり、表示図柄の位置が入替わっていたりして、最終結果が表示される前で大当り発生の可能性が継続している状態(以下、これら状態をリーチ状態という。)で行なわれる演出をリーチ演出という。
【0035】
リーチ状態は、演出表示装置9の表示領域において停止表示された演出図柄が大当り組合せの一部を構成しているときに未だ停止表示されていない演出図柄の変動が継続している表示状態、または、全部もしくは一部の演出図柄が大当り組合せの全部または一部を構成しながら同期して変動している表示状態である。言い換えると、リーチとは、複数の変動表示領域において識別情報が特定表示結果を構成しているが少なくとも一部の変動領域が変動表示中である状態をいう。この実施形態において、リーチ状態は、たとえば、左,右の図柄表示領域で同じ図柄が停止し、中の図柄表示領域で図柄が停止していない状態で形成される。リーチ状態が形成されるときの左,右の図柄表示領域で停止された図柄は、リーチ形成図柄、または、リーチ図柄と呼ばれる。
【0036】
そして、リーチ状態における表示演出が、リーチ演出表示(リーチ演出)である。また、リーチの際に、通常と異なる演出がランプや音で行なわれることがある。この演出をリーチ演出という。また、リーチの際に、キャラクタ(人物等を模した演出表示であり、図柄(演出図柄等)とは異なるもの)を表示させたり、演出表示装置9の背景画像の表示態様(たとえば、色等)を変化させたりすることがある。このキャラクタの表示や背景の表示態様の変化をリーチ演出表示という。また、リーチの中には、それが出現すると、通常のリーチ(ノーマルリーチ)に比べて、大当りが発生しやすいように設定されたものがある。この特別のリーチをスーパーリーチという。また、リーチの中には、特別なスーパーリーチ以外のリーチとして、基本的なリーチであるノーマルリーチが含まれている。ノーマルリーチは、スーパーリーチよりも大当りが発生しにくいように設定されたものである。
【0037】
スーパーリーチにおいては、リーチ図柄が形成された後、所定の動画(たとえば、所定のキャラクタ動画等の動画)を表示した後、表示結果導出表示前の最終的な演出表示において、変動中の中演出図柄をスクロールさせる演出等の遊技者の期待感を向上させるような複雑な演出表示が実行される。また、ノーマルリーチにおいては、リーチ図柄が形成された後、前述の動画を表示せずに背景画像(図柄の背景を構成する画像)の種類をリーチ状態となる前に表示されていた画像とは異ならせるような比較的簡素な演出表示が実行される。このノーマルリーチでは、たとえば、中図柄の最終停止図柄の停止表示前のスクロール状態において、たとえば、3図柄前等の任意の図柄数(図柄配列数)前の図柄から変動表示速度を減速する演出が行なわれることにより、表示結果導出表示前の最終的な演出表示が行なわれる。なお、ノーマルリーチでは、その他の演出表示が行なわれる場合もある。
【0038】
演出表示装置9の右方には、各々を識別可能な識別情報としての第1特別図柄を変動表示する第1特別図柄表示器(第1変動表示部)8aが設けられている。第1特別図柄表示器8aは、0〜9の数字等の特別図柄を変動表示可能な簡易で小型の表示器(たとえば7セグメントLED)で実現されている。また、演出表示装置9の右方(第1特別図柄表示器8aの右隣)には、各々を識別可能な識別情報としての第2特別図柄を変動表示する第2特別図柄表示器(第2変動表示部)8bが設けられている。第2特別図柄表示器8bは、0〜9の数字等の特別図柄を変動表示可能な簡易で小型の表示器(たとえば7セグメントLED)で実現されている。
【0039】
以下、第1特別図柄と第2特別図柄とを特別図柄と総称することがあり、第1特別図柄表示器8aと第2特別図柄表示器8bとを特別図柄表示器(変動表示部)と総称することがある。なお、2つの特別図柄表示器8a,8bを備える場合を示しているが、遊技機は、特別図柄表示器を1つのみ備えるものであってもよい。
【0040】
第1特別図柄または第2特別図柄の変動表示は、変動表示の実行条件である第1始動条件(第1実行条件)または第2始動条件(第2実行条件)が成立(たとえば、遊技球が始動入賞領域としての第1始動入賞口13または第2始動入賞口14を通過(入賞を含む)したこと)した後、変動表示の開始条件(たとえば、保留記憶数が0でない場合であって、第1特別図柄および第2特別図柄の変動表示が実行されていない状態であり、かつ、大当り遊技が実行されていない状態)が成立したことに基づいて開始され、変動表示時間(変動時間)が経過すると表示結果(停止図柄)を導出表示する。遊技球が通過するとは、入賞口やゲート等の予め入賞領域として定められている領域を遊技球が通過したことであり、入賞口に遊技球が入った(入賞した)ことを含む概念である。また、表示結果を導出表示するとは、図柄(識別情報の例)を最終的に停止表示させることである。また、第1始動入賞口13および第2始動入賞口14のような始動領域に遊技球が進入したにもかかわらず未だ開始条件が成立していない変動表示について、所定の上限数の範囲内で情報を記憶することが保留記憶と呼ばれる。また、この保留記憶という用語は、保留記憶された情報を示す(特定する)場合にも用いられる。
【0041】
演出表示装置9の下方には、第1始動入賞口13を有する入賞装置が設けられている。第1始動入賞口13に入賞した遊技球は、遊技盤6の背面に導かれ、第1始動口スイッチ13aによって検出される。
【0042】
また、第1始動入賞口(第1始動口)13を有する入賞装置の下方には、遊技球が入賞可能な第2始動入賞口14を有する可変入賞球装置15が設けられている。第2始動入賞口(第2始動口)14に入賞した遊技球は、遊技盤6の背面に導かれ、第2始動口スイッチ14aによって検出される。可変入賞球装置15は、ソレノイド16によって開状態とされる。可変入賞球装置15が開状態になることによって、遊技球が第2始動入賞口14に入賞可能になり(始動入賞し易くなり)、遊技者にとって有利な状態になる。可変入賞球装置15が開状態になっている状態では、第1始動入賞口13よりも、第2始動入賞口14に遊技球が入賞しやすい。また、可変入賞球装置15が閉状態になっている状態では、遊技球は第2始動入賞口14に入賞しない。したがって、可変入賞球装置15が閉状態になっている状態では、第2始動入賞口14よりも、第1始動入賞口13に遊技球が入賞しやすい。なお、可変入賞球装置15が閉状態になっている状態において、入賞はしづらいものの、入賞することは可能である(遊技球が入賞しにくい)ように構成されていてもよい。以下、第1始動入賞口13と第2始動入賞口14とを総称して始動入賞口または始動口ということがある。
【0043】
第2特別図柄表示器8bの上方には、第2始動入賞口14に入った有効入賞球数すなわち第2保留記憶数を表示する4つの表示器からなる第2特別図柄保留記憶表示器18bが設けられている。第2特別図柄保留記憶表示器18bは、有効始動入賞がある毎に、点灯する表示器の数を1増やす。そして、第2特別図柄表示器8bでの変動表示が開始される毎に、点灯する表示器の数を1減らす。
【0044】
また、第2特別図柄保留記憶表示器18bのさらに上方には、第1始動入賞口13に入った有効入賞球数すなわち第1保留記憶数(保留記憶を、始動記憶または始動入賞記憶ともいう。)を表示する4つの表示器からなる第1特別図柄保留記憶表示器18aが設けられている。第1特別図柄保留記憶表示器18aは、有効始動入賞がある毎に、点灯する表示器の数を1増やす。そして、第1特別図柄表示器8aでの変動表示が開始される毎に、点灯する表示器の数を1減らす。
【0045】
遊技機には、遊技者が打球操作ハンドル5を操作することに応じて駆動モータを駆動し、駆動モータの回転力を利用して遊技球を遊技領域7に発射する打球発射装置(図示せず)が設けられている。打球発射装置から発射された遊技球は、遊技領域7を囲むように円形状に形成された打球レールを通って遊技領域7に入り、その後、遊技領域7を下りてくる。遊技球が第1始動入賞口13に入り第1始動口スイッチ13aで検出されると、第1特別図柄の変動表示を開始できる状態であれば(たとえば、特別図柄の変動表示が終了し、第1特別図柄の変動表示が開始可能となる第1の開始条件が成立したこと)、第1特別図柄表示器8aにおいて第1特別図柄の変動表示(変動)が開始されるとともに、演出表示装置9において演出図柄の変動表示が開始される。すなわち、第1特別図柄および演出図柄の変動表示は、第1始動入賞口13への入賞に対応する。第1特別図柄の変動表示を開始できる状態でなければ、第1保留記憶数が上限値に達していないことを条件として、第1保留記憶数を1増やす。
【0046】
遊技球が第2始動入賞口14に入り第2始動口スイッチ14aで検出されると、第2特別図柄の変動表示を開始できる状態であれば(たとえば、特別図柄の変動表示が終了し、第2特別図柄の変動表示が開始可能となる第2の開始条件が成立したこと)、第2特別図柄表示器8bにおいて第2特別図柄の変動表示(変動)が開始されるとともに、演出表示装置9において演出図柄の変動表示が開始される。すなわち、第2特別図柄および演出図柄の変動表示は、第2始動入賞口14への入賞に対応する。第2特別図柄の変動表示を開始できる状態でなければ、第2保留記憶数が上限値に達していないことを条件として、第2保留記憶数を1増やす。
【0047】
演出表示装置9は、第1特別図柄表示器8aによる第1特別図柄の変動表示時間中、および第2特別図柄表示器8bによる第2特別図柄の変動表示時間中に、装飾用(演出用)の図柄としての演出図柄の変動表示を行なう。第1特別図柄表示器8aにおける第1特別図柄の変動表示と、演出表示装置9における演出図柄の変動表示とは同期している。また、第2特別図柄表示器8bにおける第2特別図柄の変動表示と、演出表示装置9における演出図柄の変動表示とは同期している。また、第1特別図柄表示器8aにおいて大当り図柄が停止表示されるときと、第2特別図柄表示器8bにおいて大当り図柄が停止表示されるときには、演出表示装置9において大当り表示結果として大当りを想起させるような演出図柄の組合せが停止表示される。
【0048】
また、演出表示装置9の表示画面の下部には、第1保留記憶数と第2保留記憶数との合計である合計数(合算保留記憶数)を表示する領域(合算保留記憶表示部)18cが設けられている。このように、合計数を表示する合算保留記憶表示部18cが設けられているようにすれば、変動表示の開始条件が成立していない実行条件の成立数の合計を把握しやすくできる。
【0049】
また、図1に示すように、可変入賞球装置15の下方には、特別可変入賞球装置20が設けられている。特別可変入賞球装置20は開閉板を備え、第1特別図柄表示器8aに特定表示結果(大当り図柄)が導出表示されたときと、第2特別図柄表示器8bに特定表示結果(大当り図柄)が導出表示されたときに生起する特定遊技状態(大当り遊技状態)においてソレノイド21によって開閉板が開放状態に制御されることによって、入賞領域となる大入賞口が開放状態になる。大入賞口に入賞した遊技球はカウントスイッチ23で検出される。
【0050】
大当り遊技状態においては、特別可変入賞球装置20が開放状態と閉鎖状態とを繰返す繰返し継続制御が行なわれる。繰返し継続制御において、特別可変入賞球装置20が開放されている状態が、ラウンドと呼ばれる。これにより、繰返し継続制御は、ラウンド制御とも呼ばれる。大当りの種別が複数設けられており、大当りとすることが決定されたときには、いずれかの大当り種別が選択される。
【0051】
演出表示装置9の左方には、各々を識別可能な普通図柄を変動表示する普通図柄表示器10が設けられている。普通図柄表示器10は、0〜9の数字を変動表示可能な簡易で小型の表示器(たとえば7セグメントLED)で実現されている。すなわち、普通図柄表示器10は、0〜9の数字(または、記号)を変動表示するように構成されている。また、小型の表示器は、たとえば方形状に形成されている。
【0052】
遊技球がゲート32を通過しゲートスイッチ32aで検出されると、普通図柄表示器10の表示の変動表示が開始される。そして、普通図柄表示器10における停止図柄が所定の図柄(当り図柄。たとえば、図柄「7」。)である場合に、可変入賞球装置15が所定回数、所定時間だけ遊技者にとって不利な閉状態から遊技者にとって有利な開状態に変化する。普通図柄表示器10の近傍には、ゲート32を通過した入賞球数を表示する4つのLEDによる表示部を有する普通図柄保留記憶表示器41が設けられている。ゲート32への遊技球の通過がある毎に、すなわちゲートスイッチ32aによって遊技球が検出される毎に、普通図柄保留記憶表示器41は点灯するLEDを1増やす。そして、普通図柄表示器10の変動表示が開始される毎に、点灯するLEDを1減らす。
【0053】
さらに、通常状態に比べて大当りとすることに決定される確率が高い状態である確変状態では、普通図柄表示器10における停止図柄が当り図柄になる確率が高められるとともに、可変入賞球装置15の開放時間が長くなり、かつ、開放回数が増加される。すなわち、遊技球が始動入賞しやすくなる(つまり、特別図柄表示器8a,8bや演出表示装置9における変動表示の実行条件が成立しやすくなる)ように制御された遊技状態である高ベース状態に移行する。また、時短状態(特別図柄の変動表示時間が短縮される遊技状態)においても、可変入賞球装置15の開放時間が長くなり、かつ、開放回数が増加される。なお、ベースとは、発射球数に対する入賞に応じて賞球として払出される遊技球数の割合であり、高ベース状態は、特定遊技状態とは異なる遊技者にとって有利な特別遊技状態の1つである。
【0054】
遊技盤6の下部には、入賞しなかった打球が取込まれるアウト口26がある。また、遊技領域7の外側の左右上部および左右下部には、所定の音声出力として効果音や音声を発声する4つのスピーカ27が設けられている。遊技領域7の外周には、前面枠に設けられた枠LED28が設けられている。
【0055】
また、プリペイドカードが挿入されることによって球貸しを可能にするプリペイドカードユニット(以下、単に「カードユニット」ともいう。)が、パチンコ遊技機1に隣接して設置される(図示せず)。
【0056】
図2は、主基板(遊技制御基板)31における回路構成の一例を示すブロック図である。図2は、払出制御基板37および演出制御基板80等も示されている。主基板31には、プログラムにしたがってパチンコ遊技機1を制御する遊技制御用マイクロコンピュータ(遊技制御手段に相当)560が搭載されている。遊技制御用マイクロコンピュータ560は、ゲーム制御(遊技進行制御)用のプログラム等を記憶するROM54、ワークメモリとして使用される記憶手段としてのRAM55、プログラムにしたがって制御動作を行なうCPU56およびI/Oポート部57を含む。遊技制御用マイクロコンピュータ560は、ROM54およびRAM55が内蔵された1チップマイクロコンピュータである。遊技制御用マイクロコンピュータ560には、さらに、ハードウェア乱数(ハードウェア回路が発生する乱数)を発生する乱数回路503が内蔵されている。
【0057】
また、RAM55は、その一部または全部が電源基板(図示せず)において作成されるバックアップ電源によってバックアップされている不揮発性記憶手段としてのバックアップRAMである。すなわち、遊技機に対する電力供給が停止しても、所定期間(バックアップ電源としてのコンデンサが放電してバックアップ電源が電力供給不能になるまで)は、RAM55の一部または全部の内容は保存される。特に、少なくとも、遊技状態すなわち遊技制御手段の制御状態に応じたデータ(特別図柄プロセスフラグ等)と未払出賞球数を示すデータは、バックアップRAMに保存される。
【0058】
遊技制御用マイクロコンピュータ560においてCPU56がROM54に格納されているプログラムにしたがって制御を実行するので、以下、遊技制御用マイクロコンピュータ560(またはCPU56)が実行する(または処理を行なう)ということは、具体的には、CPU56がプログラムにしたがって制御を実行することである。このことは、主基板31以外の他の基板に搭載されているマイクロコンピュータについても同様である。
【0059】
乱数回路503は、特別図柄の変動表示の表示結果により大当りとするか否か判定するための判定用の乱数を発生するために用いられるハードウェア回路である。乱数回路503は、初期値(たとえば、0)と上限値(たとえば、65535)とが設定された数値範囲内で、数値データを設定された更新規則にしたがって更新し、ランダムなタイミングで発生する始動入賞時が数値データの読出(抽出)時であることに基づいて、読出される数値データが乱数値となる乱数発生機能を有する。また、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、乱数回路503が更新する数値データの初期値を設定する機能を有している。
【0060】
また、ゲートスイッチ32a、第1始動口スイッチ13a、第2始動口スイッチ14a、カウントスイッチ23からの検出信号を遊技制御用マイクロコンピュータ560に与える入力ドライバ回路58も主基板31に搭載されている。また、可変入賞球装置15を開閉するソレノイド16、および大入賞口を形成する特別可変入賞球装置20を開閉するソレノイド21を遊技制御用マイクロコンピュータ560からの指令にしたがって駆動する出力回路59も主基板31に搭載されている。
【0061】
また、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、特別図柄を変動表示する第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8b、普通図柄を変動表示する普通図柄表示器10、第1特別図柄保留記憶表示器18a、第2特別図柄保留記憶表示器18bおよび普通図柄保留記憶表示器41の表示制御を行なう。
【0062】
演出制御基板80は、演出制御用マイクロコンピュータ100、ROM102、RAM103、VDP109、および、I/Oポート部105等を搭載している。ROM102は、表示制御等の演出制御用のプログラムおよびデータ等を記憶する。RAM103は、ワークメモリとして使用される。ROM102およびRAM103は、演出制御用マイクロコンピュータ100に内蔵されてもよい。VDP109は、演出制御用マイクロコンピュータ100と共動して演出表示装置9の表示制御を行なう。
【0063】
演出制御用マイクロコンピュータ100は、主基板31から演出制御基板80の方向への一方向にのみ信号を通過させる中継基板77を介して、遊技制御用マイクロコンピュータ560から演出内容を指示する演出制御コマンドを受信し、演出表示装置9の変動表示制御を行なう他、ランプドライバ基板35を介して、枠側に設けられている枠LED28の表示制御を行なうとともに、音声出力基板70を介してスピーカ27からの音出力の制御を行なう等、各種の演出制御を行なう。
【0064】
また、スティックコントローラ122のトリガボタン125に対する遊技者の操作行為を検出したことを示す情報信号としての操作検出信号を、トリガセンサ121から、入力ポートを介して入力する。また、プッシュボタン120に対する遊技者の操作行為を検出したことを示す情報信号としての操作検出信号を、プッシュセンサ124から、入力ポートを介して入力する。また、スティックコントローラ122の操作桿に対する遊技者の操作行為を検出したことを示す情報信号としての操作検出信号を、傾倒方向センサユニット123から、入力ポートを介して入力する。また、出力ポートを介してバイブレータ用モータ126に駆動信号を出力することにより、スティックコントローラ122を振動動作させる。
【0065】
次に、パチンコ遊技機1の動作について説明する。パチンコ遊技機1においては、主基板31における遊技制御用マイクロコンピュータ560が予め定められたメイン処理を実行すると、所定時間(たとえば2ms)毎に定期的にタイマ割込がかかりタイマ割込処理が実行されることにより、各種の遊技制御が実行可能となる。
【0066】
メイン処理においては、たとえば、必要な初期設定処理、通常時の初期化処理、通常時以外の遊技状態復旧処理、乱数回路設定処理(乱数回路503を初期設定)、表示用乱数更新処理(変動パターンの種別決定、変動パターン決定等の各種乱数の更新処理)、および、初期値用乱数更新処理(普通図柄当り判定用乱数発生カウンタのカウント値の初期値の更新処理)等が実行される。
【0067】
図3は、タイマ割込処理を示すフローチャートである。タイマ割込処理においてCPU56は以下のような処理をする。タイマ割込が発生すると、図3に示すステップS(以下、単に「S」と示す)20〜S34のタイマ割込処理を実行する。タイマ割込処理において、まず、電源断信号が出力されたか否か(オン状態になったか否か)を検出する電源断検出処理を実行する(S20)。次いで、入力ドライバ回路58を介して、ゲートスイッチ32a、第1始動口スイッチ13a、第2始動口スイッチ14aおよびカウントスイッチ23の検出信号を入力し、それらの状態判定を行なう(スイッチ処理:S21)。
【0068】
次に、第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8b、普通図柄表示器10、第1特別図柄保留記憶表示器18a、第2特別図柄保留記憶表示器18b、普通図柄保留記憶表示器41の表示制御を行なう表示制御処理を実行する(S22)。第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8bおよび普通図柄表示器10については、S32,S33で設定される出力バッファの内容に応じて各表示器に対して駆動信号を出力する制御を実行する。
【0069】
また、遊技制御に用いられる普通図柄当り判定用乱数および大当り種別判定用乱数等の各判定用乱数を生成するための各カウンタのカウント値を更新する処理を行なう(判定用乱数更新処理:S23)。さらに、初期値用乱数および表示用乱数を生成するためのカウンタのカウント値を更新する処理を行なう(初期値用乱数更新処理,表示用乱数更新処理:S24,S25)。
【0070】
さらに、特別図柄プロセス処理を行なう(S26)。特別図柄プロセス処理では、第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8bおよび大入賞口を所定の順序で制御するための特別図柄プロセスフラグにしたがって該当する処理を実行し、特別図柄プロセスフラグの値を、遊技状態に応じて更新する。
【0071】
次いで、普通図柄プロセス処理を行なう(S27)。普通図柄プロセス処理では、普通図柄表示器10の表示状態を所定の順序で制御するための普通図柄プロセスフラグにしたがって該当する処理を実行し、普通図柄プロセスフラグの値を、遊技状態に応じて更新する。
【0072】
また、演出制御用マイクロコンピュータ100に演出制御コマンドを送出する処理を行なう(演出制御コマンド制御処理:S28)。さらに、たとえばホール管理用コンピュータに供給される大当り情報、始動情報、確率変動情報等のデータを出力する情報出力処理を行なう(S29)。
【0073】
また、第1始動口スイッチ13a、第2始動口スイッチ14aおよびカウントスイッチ23の検出信号に基づく賞球個数の設定等を行なう賞球処理を実行する(S30)。
【0074】
出力ポートの出力状態に対応したRAM領域(出力ポートバッファ)が設けられているのであるが、出力ポートの出力状態に対応したRAM領域におけるソレノイドのオン/オフに関する内容を出力ポートに出力する(S31:出力処理)。
【0075】
また、特別図柄プロセスフラグの値に応じて特別図柄の演出表示を行なうための特別図柄表示制御データを特別図柄表示制御データ設定用の出力バッファに設定する特別図柄表示制御処理を行なう(S32)。
【0076】
さらに、普通図柄プロセスフラグの値に応じて普通図柄の演出表示を行なうための普通図柄表示制御データを普通図柄表示制御データ設定用の出力バッファに設定する普通図柄表示制御処理を行なう(S33)。また、出力バッファに設定された表示制御データに応じて、S22において駆動信号を出力することによって、普通図柄表示器10における普通図柄の演出表示を実行する。その後、割込許可状態に設定し(S34)、処理を終了する。以上の制御によって、遊技制御処理は所定時間毎に起動されることになる。
【0077】
図4は、演出図柄の変動パターンを示す説明図である。図4に示すように、変動表示結果が「はずれ」であり演出図柄の変動表示態様がリーチ状態を伴わない場合に対応した変動パターンとして、短縮非リーチはずれおよび非リーチはずれが用意されている。また、変動表示結果が「はずれ」であり演出図柄の変動表示態様がリーチ状態を伴う場合に対応した変動パターンとして、ノーマルはずれ、擬似連1ノーマルはずれ、スーパーはずれ、擬似連2スーパーはずれおよび擬似連3スーパーはずれが用意されている。図4に示すように、擬似連の演出を伴う変動パターンのうち、擬似連1ノーマルはずれを用いる場合には、再変動が1回行なわれる。また、擬似連の演出を伴う変動パターンのうち、擬似連2スーパーはずれを用いる場合には、再変動が2回行なわれる。さらに、擬似連の演出を伴う変動パターンのうち、擬似連3スーパーはずれを用いる場合には、再変動が3回行なわれる。再変動とは、演出図柄の変動表示が開始されてから表示結果が導出表示されるまでに一旦はずれとなる演出図柄を仮停止させた後に演出図柄の変動表示を再度実行することである。擬似連の演出では、演出図柄の変動表示が開始されてから表示結果が導出表示されるまでに、演出図柄を仮停止してから変動表示を再開させる再変動表示を所定回繰返し実行することにより、大当り遊技状態となるか否かを示唆することが可能である。擬似連の演出において仮停止される仮停止図柄の組合せは、擬似連チャンス目と呼ばれる。擬似連チャンス目としては、通常的な変動表示に用いられる演出図柄の配列に含まれる通常の演出図柄を仮停止させてもよく、通常的な変動表示に用いられる演出図柄の配列に含まれず、擬似連時にのみ出現する擬似連専用図柄を仮停止させてもよい。図4に示す変動パターンのうち、短縮非リーチはずれは、非リーチはずれに対応して設けられた、非リーチはずれよりも変動時間が短い短縮用の変動パターンである。
【0078】
図4に示すように、特別図柄の変動表示結果が通常大当りまたは確変大当りになる場合に対応した変動パターンとして、ノーマル当り、擬似連1当り、スーパー当り、擬似連2スーパー当り、擬似連3スーパー当りおよび擬似連4スーパー当りが用意されている。また、図4に示すように、擬似連の演出を伴う変動パターンのうち、擬似連1ノーマル当りを用いる場合には、再変動が1回行なわれる。また、擬似連の演出を伴う変動パターンのうち、擬似連2スーパー当りを用いる場合には、再変動が2回行なわれる。また、擬似連の演出を伴う変動パターンのうち、擬似連3スーパー当りを用いる場合には、再変動が3回行なわれる。さらに、擬似連の演出を伴う変動パターンのうち、擬似連4スーパー当りを用いる場合には、再変動が4回行なわれる。
【0079】
図4に示すように、特別図柄の可変表示結果が突然確変大当りまたは小当りになる場合に対応した変動パターンとして、特殊当りが用意されている。
【0080】
小当りとは、大当りと比較して大入賞口の開放回数が少ない回数(0.1秒間の開放を2回)まで許容される当りである。小当り遊技が終了した場合、遊技状態は変化しない。すなわち、確変状態から通常状態に移行したり通常状態から確変状態に移行したりすることはない。また、突然確変大当りとは、大当り遊技状態において大入賞口の開放回数が少ない回数(0.1秒間の開放を2回)まで許容されるが大入賞口の開放時間が極めて短い大当りであり、かつ、大当り遊技後の遊技状態を確変状態に移行させるような大当りである(そのようにすることにより、遊技者に対して突然に確変状態となったかのように見せるものである)。つまり、突然確変大当りと小当りとは、大入賞口の開放パターンが同じである。そのように制御することによって、大入賞口の0.1秒間の開放が2回行なわれると、突然確変大当りであるか小当りであるかまでは認識できないので、遊技者に対して高確率状態(確変状態)を期待させることができ、遊技の興趣を向上させることができる。
【0081】
図5は、各乱数を示す説明図である。各乱数は、以下のように使用される。(1)ランダム1(MR1):大当りの種類(後述する通常大当り、確変大当り、突然確変大当り)を決定する(大当り種別判定用)(2)ランダム3(MR3):変動パターン(変動時間)を決定する(変動パターン判定用)(3)ランダム4(MR4):普通図柄に基づく当りを発生させるか否か決定する(普通図柄当り判定用)(4)ランダム5(MR5):ランダム4の初期値を決定する(ランダム4初期値決定用)。
【0082】
変動パターンは、変動パターン判定用乱数(ランダム3)を用いて、変動パターン判定テーブルに含まれるいずれかの変動パターンに決定する。
【0083】
図3に示されたタイマ割込処理におけるS23では、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、(1)の大当り種別判定用乱数、および(4)の普通図柄当り判定用乱数を生成するためのカウンタのカウントアップ(1加算)を行なう。すなわち、それらが判定用乱数であり、それら以外の乱数が表示用乱数(ランダム3)または初期値用乱数(ランダム5)である。
【0084】
図6(A)は、大当り判定テーブルを示す説明図である。大当り判定テーブルとは、ROM54に記憶されているデータの集まりであって、ランダムRと比較される大当り判定値が設定されているテーブルである。大当り判定テーブルには、通常状態(確変状態でない遊技状態)において用いられる通常時大当り判定テーブルと、確変状態において用いられる確変時大当り判定テーブルとがある。通常時大当り判定テーブルには、図6(A)の左欄に記載されている各数値が設定され、確変時大当り判定テーブルには、図6(A)の右欄に記載されている各数値が設定されている。図6(A)に記載されている数値が大当り判定値である。
【0085】
図6(B),(C)は、小当り判定テーブルを示す説明図である。小当り判定テーブルとは、ROM54に記憶されているデータの集まりであって、ランダムRと比較される小当り判定値が設定されているテーブルである。小当り判定テーブルには、第1特別図柄の変動表示を行なうときに用いられる小当り判定テーブル(第1特別図柄用)と、第2特別図柄の変動表示を行なうときに用いられる小当り判定テーブル(第2特別図柄用)とがある。小当り判定テーブル(第1特別図柄用)には、図6(B)に記載されている各数値が設定され、小当り判定テーブル(第2特別図柄用)には、図6(C)に記載されている各数値が設定されている。また、図6(B),(C)に記載されている数値が小当り判定値である。
【0086】
所定の時期に、乱数回路503のカウント値を抽出して抽出値を大当り判定用乱数(ランダムR)の値とするのであるが、大当り判定用乱数値が図6(A)に示すいずれかの大当り判定値に一致すると、特別図柄に関して大当り(後述する通常大当り、確変大当り、突然確変大当り)にすることに決定する。また、大当り判定用乱数値が図6(B),(C)に示すいずれかの小当り判定値に一致すると、特別図柄に関して小当りにすることに決定する。図6(A)に示す「確率」は、大当りになる確率(割合)を示す。また、図6(B),(C)に示す「確率」は、小当りになる確率(割合)を示す。また、大当りにするか否か決定するということは、大当り遊技状態に移行させるか否か決定するということであるが、第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bにおける停止図柄を大当り図柄にするか否か決定するということでもある。また、小当りにするか否か決定するということは、小当り遊技状態に移行させるか否か決定するということであるが、第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bにおける停止図柄を小当り図柄にするか否か決定するということでもある。
【0087】
図6(B),(C)に示すように、小当り判定テーブル(第1特別図柄用)を用いる場合には300分の1の割合で小当りと決定されるのに対して、小当り判定テーブル(第2特別図柄)を用いる場合には3000分の1の割合で小当りと決定される場合を説明する。従って、第1始動入賞口13に始動入賞して第1特別図柄の変動表示が実行される場合には、第2始動入賞口14に始動入賞して第2特別図柄の変動表示が実行される場合と比較して、「小当り」と決定される割合が高い。
【0088】
図6(D),(E)は、ROM54に記憶されている大当り種別判定テーブル131a,131bを示す説明図である。このうち、図6(D)は、遊技球が第1始動入賞口13に入賞したことに基づく保留記憶を用いて(第1特別図柄の変動表示が行なわれるとき)大当り種別を決定する場合の大当り種別判定テーブル(第1特別図柄用)131aである。また、図6(E)は、遊技球が第2始動入賞口14に入賞したことに基づく保留記憶を用いて(第2特別図柄の変動表示が行なわれるとき)大当り種別を決定する場合の大当り種別判定テーブル(第2特別図柄用)131bである。
【0089】
大当り種別判定テーブル131a,131bは、変動表示結果を大当り図柄にする旨の判定がなされたときに、大当り種別判定用の乱数(ランダム1)に基づいて、大当りの種別を「通常大当り」、「確変大当り」、「突然確変大当り」のうちのいずれかに決定するために参照されるテーブルである。図6(D),(E)に示すように、大当り種別判定テーブル131aには「突然確変大当り」に対して10個の判定値が割り当てられているのに対して、大当り種別判定テーブル131bには「突然確変大当り」に対して4個の判定値が割り当てられている場合を説明する。従って、第1始動入賞口13に始動入賞して第1特別図柄の変動表示が実行される場合には、第2始動入賞口14に始動入賞して第2特別図柄の変動表示が実行される場合と比較して、「突然確変大当り」と決定される割合が高い。
【0090】
「確変大当り」とは、15ラウンドの大当り遊技状態に制御し、その大当り遊技状態の終了後に確変状態に移行させる大当りである(確変状態に移行されるとともに時短状態にも移行される。)。そして、確変状態に移行した後、次の大当りが発生するまで確変状態が維持される。
【0091】
また、「通常大当り」とは、15ラウンドの大当り遊技状態に制御し、その大当り遊技状態の終了後に確変状態に移行されず、時短状態にのみ移行される大当りである。そして、時短状態に移行した後、特別図柄および演出図柄の変動表示の実行を所定回数(たとえば、100回)終了するまで時短状態が維持される。時短状態に移行した後、所定回数の変動表示の実行を終了する前に大当りが発生した場合にも、時短状態が終了する。
【0092】
また、「突然確変大当り」とは、「確変大当り」や「通常大当り」と比較して大入賞口の開放回数が少ない回数(0.1秒間の開放を2回)まで許容される大当りである。すなわち、「突然確変大当り」となった場合には、2ラウンドの大当り遊技状態に制御される。そして、その2ラウンドの大当り遊技状態の終了後に確変状態に移行される(確変状態に移行されるとともに時短状態にも移行される。)。そして、確変状態に移行した後、次の大当りが発生するまで確変状態が維持される。
【0093】
前述したように、「小当り」となった場合にも、大入賞口の開放が0.1秒間ずつ2回行なわれ、「突然確変大当り」による大当り遊技状態と同様の制御が行なわれる。そして、「小当り」となった場合には、大入賞口の2回の開放が終了した後、遊技状態は変化せず、「小当り」となる前の遊技状態が維持される。これにより、「突然確変大当り」であるか「小当り」であるかを認識できないようにし、遊技の興趣を向上させている。
【0094】
大当り種別判定テーブル131a,131bには、ランダム1の値と比較される数値であって、「通常大当り」、「確変大当り」、「突然確変大当り」のそれぞれに対応した判定値(大当り種別判定値)が設定されている。ランダム1の値が大当り種別判定値のいずれかに一致した場合に、大当りの種別を、一致した大当り種別判定値に対応する種別に決定する。
【0095】
図7は、ROM54に記憶されている変動パターン判定テーブルを示す説明図である。変動パターン判定テーブルは、大当り種別や遊技状態などに応じて、変動パターン判定用の乱数(ランダム3)に基づいて、変動パターンを複数種類のうちのいずれかに決定するために参照される。抽出したランダム3の(1〜997)の値が変動パターンごとに割り当てられたデータ(判定値)と一致した場合に、変動パターンを、一致した変動パターンの判定値に対応するパターンに決定する。図7に示す例では、変動パターンごとに割り当てられる判定値の割合が示されている。たとえば、通常遊技状態において変動表示結果を「はずれ」にする旨の判定がなされている場合(図7の「はずれ」フィールド)においては、ランダム3の値(1〜997)に対応する判定値のうちの50%が、変動パターン「非リーチはずれ」に設定されている。つまり、図7に示す例では、変動パターン判定テーブルに設定された各値は、変動表示結果が「はずれ」、「はずれ(時短時)」、「通常大当り/確変大当り」または「突然確変大当り/小当り時」である場合に、対応付けられた変動パターンに決定される割合を示している。
【0096】
図7に示すように、通常遊技状態において変動表示結果を「はずれ」にする旨の判定がなされている場合(図7の「はずれ」フィールド)においては、複数種類の変動パターンのうち「非リーチはずれ」と判定される割合が最も高く、「擬似連3スーパーはずれ」と判定される割合が最も低い。また、時短状態において変動表示結果を「はずれ」にする旨の判定がなされている場合(図7の「はずれ(時短時)」フィールド)においては、「はずれ」フィールドとは異なり、「非リーチはずれ」と判定されることがなく、「短縮非リーチはずれ」と判定される割合が高くなるように判定値が割り当てられている。このような設定により、時短状態においては変動時間が短い変動パターンが選択されやすくなる。
【0097】
また、変動表示結果を「通常大当り」または「確変大当り」にする旨の判定がなされている場合(図7の「通常大当り/確変大当り」フィールド)においては、擬似連演出を伴う変動パターンのうち「擬似連4スーパー当り」と判定される割合が最も高く、「擬似連1ノーマル当り」と判定される割合が最も低くなるように判定値が割り当てられている。すなわち、「通常大当り/確変大当り」フィールドにおいては、擬似連演出を伴う変動パターンのうち擬似連回数が多い方の変動パターンが選択されやすい。したがって、擬似連演出は、擬似連回数が多い方が、変動表示結果が大当りとなる期待度が高い。また、図7に示す例では、ノーマルリーチを伴う変動パターン(ノーマルはずれ、擬似連1ノーマルはずれ、ノーマル当りおよび擬似連1ノーマル当り)は、スーパーリーチを伴う変動パターン(スーパーはずれ、擬似連2スーパーはずれ、擬似連3スーパーはずれ、スーパー当り、擬似連2スーパー当り、擬似連3スーパー当りおよび擬似連4スーパー当り)よりも、変動表示結果が「はずれ」のときに選択されやすい。逆に、スーパーリーチを伴う変動パターン(スーパーはずれ、擬似連2スーパーはずれ、擬似連3スーパーはずれ、スーパー当り、擬似連2スーパー当り、擬似連3スーパー当りおよび擬似連4スーパー当り)は、ノーマルリーチを伴う変動パターン(ノーマルはずれ、擬似連1ノーマルはずれ、ノーマル当りおよび擬似連1ノーマル当り)よりも、変動表示結果が「通常大当り」または「確変大当り」のときに選択されやすい。したがって、ノーマルリーチを伴う変動パターンよりもスーパーリーチを伴う変動パターンの方が、変動表示結果が大当りとなる期待度が高い。
【0098】
また、図7に示す例では、変動表示結果を「突然確変大当り」または「小当り」にする旨の判定がなされている場合(図7の「突然確変大当り/小当り」フィールド)においては、変動パターンは「特殊当り」と判定される。
【0099】
図8および図9は、遊技制御用マイクロコンピュータ560が送信する演出制御コマンドの内容の一例を示す説明図である。図8および図9においては、演出制御コマンドについて具体的なコマンドデータと、コマンドの名称およびコマンドの指定内容との関係が示されている。演出制御コマンドの遊技制御用マイクロコンピュータ560においては、図8および図9に示すように、遊技制御状態に応じて、各種の演出制御コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100へ送信する。
図8および図9のうち、主なコマンドを説明する。コマンド80XX(H)は、特別図柄の変動表示に対応して演出表示装置9において変動表示される演出図柄の変動パターンを指定する演出制御コマンド(変動パターンコマンド)である(それぞれ変動パターンXXに対応)。つまり、図4に示された使用されうる変動パターンのそれぞれに対して一意な番号を付した場合に、その番号で特定される変動パターンのそれぞれに対応する変動パターンコマンドがある。「(H)」は16進数であることを示す。また、変動パターンを指定する演出制御コマンドは、変動開始を指定するためのコマンドでもある。従って、演出制御用マイクロコンピュータ100は、コマンド80XX(H)を受信すると、演出表示装置9において演出図柄の変動表示を開始するように制御する。
【0100】
コマンド8C01(H)〜8C05(H)は、大当りとするか否か、小当りとするか否か、および大当り種別を示す演出制御コマンドである。演出制御用マイクロコンピュータ100は、コマンド8C01(H)〜8C05(H)の受信に応じて演出図柄の表示結果を決定するので、コマンド8C01(H)〜8C05(H)を表示結果指定コマンドという。
【0101】
コマンド8D01(H)は、第1特別図柄の変動表示(変動)を開始することを示す演出制御コマンド(第1図柄変動指定コマンド)である。コマンド8D02(H)は、第2特別図柄の変動表示(変動)を開始することを示す演出制御コマンド(第2図柄変動指定コマンド)である。第1図柄変動指定コマンドと第2図柄変動指定コマンドとを特別図柄特定コマンド(または図柄変動指定コマンド)と総称することがある。
【0102】
コマンド8F00(H)は、演出図柄の変動表示(変動)を終了して表示結果(停止図柄)を導出表示することを示す演出制御コマンド(図柄確定指定コマンド)である。演出制御用マイクロコンピュータ100は、図柄確定指定コマンドを受信すると、演出図柄の変動表示(変動)を終了して表示結果を導出表示する。
【0103】
コマンド95XX(H)は、入賞時判定結果の内容を示す演出制御コマンド(入賞時判定結果指定コマンド)である。後述する入賞時演出処理(図14参照)において、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、始動入賞時にいずれの変動パターンとなるかを判定する。そして、入賞時判定結果指定結果コマンドのEXTデータに判定結果としての変動パターンを指定する値を設定し、演出制御用マイクロコンピュータ100に対して送信する制御を行なう。
【0104】
図10は、入賞時判定結果指定コマンドの内容の一例を示す説明図である。図10に示すように、始動入賞時にいずれの変動パターンになると判定したとかに応じて、EXTデータに値が設定され、入賞時判定結果指定コマンドが送信される。たとえば、第1始動入賞口13または第2始動入賞口14への始動入賞時に変動パターンが「短縮非リーチはずれ」となると判定した場合には、EXTデータに「01(H)」を設定した入賞時判定結果指定コマンドが送信される。また、第1始動入賞口13または第2始動入賞口14への始動入賞時に変動パターンが「特殊当り」となると判定した場合には、EXTデータに「14(H)」を設定した入賞時判定結果指定コマンドが送信される。
【0105】
コマンドB000(H)は、遊技状態が通常状態であることを指定する演出制御コマンド(通常状態指定コマンド)である。コマンドB001(H)は、遊技状態が時短状態(確変状態を含まない)であることを指定する演出制御コマンド(時短状態指定コマンド)である。コマンドB002(H)は、遊技状態が確変状態であることを指定する演出制御コマンド(確変状態指定コマンド)である。
【0106】
コマンドC0XX(H)は、第1保留記憶数を指定する演出制御コマンド(第1保留記憶数指定コマンド)である。コマンドC0XX(H)における「XX」が、第1保留記憶数を示す。コマンドC1XX(H)は、第2保留記憶数を指定する演出制御コマンド(第2保留記憶数指定コマンド)である。コマンドC1XX(H)における「XX」が、第2保留記憶数を示す。
【0107】
演出制御基板80に搭載されている演出制御用マイクロコンピュータ100(具体的には、演出制御用CPU101)は、主基板31に搭載されている遊技制御用マイクロコンピュータ560から上述した演出制御コマンドを受信すると、図8および図9に示された内容に応じて演出表示装置9の表示状態を変更したり、ランプの表示状態を変更したり、音声出力基板70に対して音番号データを出力したりする。
【0108】
たとえば、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、始動入賞があり第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bにおいて特別図柄の変動表示が開始される度に、演出図柄の変動パターンを指定する変動パターンコマンドおよび表示結果指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する。
【0109】
図11は、主基板31に搭載される遊技制御用マイクロコンピュータ560(具体的には、CPU56)が実行する特別図柄プロセス処理(S26)のプログラムの一例を示すフローチャートである。上述したように、特別図柄プロセス処理では第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bおよび大入賞口を制御するための処理が実行される。特別図柄プロセス処理において、CPU56は、以下のような処理を行なう。まず、始動口スイッチ通過処理を実行する(S311)。そして、S300〜S310のうちのいずれかの処理を行なう。
【0110】
S300〜S310の処理は、以下のような処理である。特別図柄通常処理(S300):特別図柄プロセスフラグの値が0であるときに実行される。遊技制御用マイクロコンピュータ560は、特別図柄の変動表示が開始できる状態になると、保留記憶数バッファに記憶される数値データの記憶数(合算保留記憶数)を確認する。保留記憶数バッファに記憶される数値データの記憶数は合算保留記憶数カウンタのカウント値により確認できる。また、合算保留記憶数カウンタのカウント値が0でなければ、第1特別図柄または第2特別図柄の変動表示の表示結果を大当りとするか否かを決定する。大当りとする場合には大当りフラグをセットする。そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS301に応じた値(この例では1)に更新する。大当りフラグは、大当り遊技が終了するときにリセットされる。
【0111】
変動パターン設定処理(S301):特別図柄プロセスフラグの値が1であるときに実行される。変動パターン判定用の乱数(ランダム3)を抽出し、図8に示された変動パターン判定テーブルを用い、大当り種別や遊技状態等に応じて、抽出した変動パターン判定用の乱数(ランダム3)に基づいて、変動パターンを複数種類のうちのいずれかに決定する。また、変動パターンを決定し、その変動パターンにおける変動時間(変動表示時間:変動表示を開始してから表示結果を導出表示(停止表示)するまでの時間)を特別図柄の変動表示の変動時間とすることに決定する。また、特別図柄の変動時間を計測する変動時間タイマをスタートさせる。そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS302に対応した値(この例では2)に更新する。
【0112】
表示結果指定コマンド送信処理(S302):特別図柄プロセスフラグの値が2であるときに実行される。実行される特別図柄の変動表示について、大当りフラグ、小当りフラグ、および、大当り種別バッファに設定されたデータ等の各種データを確認することにより、当りであるか否か、小当りであるか否か、および、大当りであるときの大当りの種別等の表示結果を判定し、判定した変動表示結果に対応する表示結果指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行なう。そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS303に対応した値(この例では3)に更新する。
【0113】
特別図柄変動中処理(S303):特別図柄プロセスフラグの値が3であるときに実行される。変動パターン設定処理で選択された変動パターンを実行し、当該変動パターンの変動時間が経過(S301でセットされる変動時間タイマがタイムアウトすなわち変動時間タイマの値が0になる)すると、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS304に対応した値(この例では4)に更新する。
【0114】
特別図柄停止処理(S304):特別図柄プロセスフラグの値が4であるときに実行される。第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bにおける変動表示を停止して停止図柄を導出表示させる。また、演出制御用マイクロコンピュータ100に、図柄確定指定コマンドを送信する制御を行なう。そして、大当りフラグがセットされている場合には、大当り開始1指定コマンド等の大当りの種別に対応した大当り開始指定コマンドの送信、通常状態指定コマンドの送信、大当り表示時間タイマの設定、および、開放回数カウンタへの大当りの種別に対応した開放回数のセットをし、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS305に対応した値(この例では5)に更新する。また、大当りフラグがセットされていない場合には、確変フラグがリセット状態でかつ時短フラグがセット状態のときに時短回数カウンタ(時短状態での特別図柄の変動回数を計数するカウンタ)を−1減算更新し、時短回数カウンタが0になると時短フラグをリセット状態にして通常状態指定コマンドを送信する。また、小当りフラグがセットされている場合には、小当り/突然確変大当り開始指定コマンドの送信、小当り表示時間タイマの設定、および、開放回数カウンタへの小当りの開放回数のセットをし、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS308に対応した値(この例では8)に更新する。大当りフラグおよび小当りフラグのいずれもセットされていない場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS300に対応した値(この例では0)に更新する。そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS300に対応した値(この例では0)に更新する。演出制御用マイクロコンピュータ100は、遊技制御用マイクロコンピュータ560が送信する図柄確定指定コマンドを受信すると演出表示装置9において演出図柄が停止されるように制御する。
【0115】
大入賞口開放前処理(S305):特別図柄プロセスフラグの値が5であるときに実行される。大入賞口開放前処理では、大入賞口を開放する制御を行なう。具体的には、カウンタ(たとえば、大入賞口に入った遊技球数をカウントするカウンタ)などを初期化するとともに、ソレノイド21を駆動して大入賞口を開放状態にする。また、タイマによって大入賞口開放中処理の実行時間を設定し、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS306に対応した値(この例では6)に更新する。大入賞口開放前処理は各ラウンド毎に実行されるが、第1ラウンドを開始する場合には、大入賞口開放前処理は大当り遊技を開始する処理でもある。
【0116】
大入賞口開放中処理(S306):特別図柄プロセスフラグの値が6であるときに実行される。大当り遊技状態中のラウンド表示の演出制御コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御や大入賞口の閉成条件の成立を確認する処理等を行なう。大入賞口の閉成条件が成立し、かつ、まだ残りラウンドがある場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS305に対応した値(この例では5)に更新する。また、全てのラウンドを終えた場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS307に対応した値(この例では7)に更新する。
【0117】
大当り終了処理(S307):特別図柄プロセスフラグの値が7であるときに実行される。大当り遊技状態が終了したことを遊技者に報知する表示制御を演出制御用マイクロコンピュータ100に行なわせるための制御を行なう。具体的には、大当りフラグをリセットして、大当りの種別に応じた大当り終了指定コマンドを送信した後、大当り終了表示結果を所定期間実行する。そして、通常大当りであったときは、時短フラグのセット、時短回数カウンタのセット(100回の変動回数)、および、時短状態指定コマンドの送信をした後、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS300に対応した値(この例では0)に更新する。また、確変大当りまたは突然確変大当りであったときは、確変フラグのセット、時短フラグのセット、および、確変状態指定コマンドの送信をした後、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS300に対応した値(この例では0)に更新する。
【0118】
小当り開放前処理(S308):特別図柄プロセスフラグの値が8であるときに実行される。小当り開放前処理では、大入賞口を開放する制御を行なう。具体的には、カウンタ(たとえば、大入賞口に入った遊技球数をカウントするカウンタ)などを初期化するとともに、ソレノイド21を駆動して大入賞口を開放状態にする。また、タイマによって大入賞口開放中処理の実行時間を設定し、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS309に対応した値(この例では9)に更新する。小当り開放前処理は各ラウンド毎に実行されるが、第1ラウンドを開始する場合には、小当り開放前処理は小当り遊技を開始する処理でもある。
【0119】
小当り開放中処理(S309):特別図柄プロセスフラグの値が9であるときに実行される。大入賞口の閉成条件の成立を確認する処理等を行なう。大入賞口の閉成条件が成立し、かつ、まだ残りラウンドがある場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS308に対応した値(この例では8)に更新する。また、全てのラウンドを終えた場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS310に対応した値(この例では10(10進数))に更新する。
【0120】
小当り終了処理(S310):特別図柄プロセスフラグの値が10であるときに実行される。小当り遊技状態が終了したことを遊技者に報知する表示制御を演出制御用マイクロコンピュータ100に行なわせるための制御を行なう。そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をS300に対応した値(この例では0)に更新する。
【0121】
図12は、S311の始動口スイッチ通過処理を示すフローチャートである。始動口スイッチ通過処理において、CPU56は、以下のような処理をする。まず、第1始動口スイッチ13aがオン状態であるか否かを確認する(S1211)。第1始動口スイッチ13aがオン状態でなければ、S1222に移行する。第1始動口スイッチ13aがオン状態であれば、第1保留記憶数が上限値に達しているか否か(具体的には、第1保留記憶数をカウントするための第1保留記憶数カウンタの値が4であるか否か)を確認する(S1212)。第1保留記憶数が上限値に達していれば、S1222に移行する。
【0122】
第1保留記憶数が上限値に達していなければ、第1保留記憶数カウンタの値を1増やす(S1213)とともに、合算保留記憶数をカウントするための合算保留記憶数カウンタの値を1増やす(S1214)。また、第1始動入賞口13および第2始動入賞口14への入賞順を記憶するための保留記憶特定情報記憶領域(保留特定領域)において、合算保留記憶数カウンタの値に対応した領域に、「第1」を示すデータをセットする(S1215)。
【0123】
第1始動口スイッチ13aがオン状態となった場合(第1始動入賞口13に遊技球が始動入賞した場合)には「第1」を示すデータをセットし、第2始動口スイッチ14aがオン状態となった場合(第2始動入賞口14に遊技球が始動入賞した場合)には「第2」を示すデータをセットする。たとえば、保留特定領域において、第1始動口スイッチ13aがオン状態となった場合には「第1」を示すデータとして01(H)をセットし、第2始動口スイッチ14aがオン状態となった場合には「第2」を示すデータとして02(H)をセットする。この場合、対応する保留記憶がない場合には、保留特定領域には、00(H)がセットされている。
【0124】
図13は、遊技制御用マイクロコンピュータ560における保留記憶バッファの構成例を示す説明図である。図13(A)は、保留記憶特定情報記憶領域(保留特定領域)の構成例を示す説明図である。図13(A)に示すように、保留特定領域には、合算保留記憶数カウンタの値の最大値(この例では8)に対応した領域が確保されている。図13(A)には、合算保留記憶数カウンタの値が5である場合の例が示されている。図13(A)に示すように、保留特定領域には、合算保留記憶数カウンタの値の最大値(この例では8)に対応した領域が確保されており、第1始動入賞口13または第2始動入賞口14への入賞に基づき入賞順に「第1」または「第2」であることを示すデータがセットされる。従って、保留特定領域には、第1始動入賞口13および第2始動入賞口14への入賞順が記憶される。保留特定領域は、RAM55に形成されている。
【0125】
次いで、乱数回路503やソフトウェア乱数を生成するためのカウンタから値を抽出し、それらを、第1保留記憶バッファ(図13(B)参照)における保存領域に格納する処理を実行する(S1216)。S1216の処理では、ハードウェア乱数であるランダムR(大当り判定用乱数)や、ソフトウェア乱数である大当り種別判定用乱数(ランダム1および変動パターン判定用乱数(ランダム3)が抽出され、保存領域に格納される。
【0126】
図13(B)は、保留記憶に対応する乱数等を保存する領域(保留バッファ)の構成例を示す説明図である。図13(B)に示すように、第1保留記憶バッファには、第1保留記憶数の上限値(この例では4)に対応した保存領域が確保されている。また、第2保留記憶バッファには、第2保留記憶数の上限値(この例では4)に対応した保存領域が確保されている。第1保留記憶バッファおよび第2保留記憶バッファには、ハードウェア乱数であるランダムR(大当り判定用乱数)や、ソフトウェア乱数である大当り種別判定用乱数(ランダム1)および変動パターン判定用乱数(ランダム3)が記憶される。第1保留記憶バッファおよび第2保留記憶バッファは、RAM55に形成されている。
【0127】
次いで、検出した始動入賞に基づく変動がその後実行されたときの変動表示結果や変動パターンを始動入賞時に予め判定する入賞時演出処理を実行する(S1217)。そして、第1保留記憶数カウンタの値に基づいて第1保留記憶数指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行ない、その後、入賞時演出処理の判定結果に基づいて入賞時判定結果指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行なう(S1218)。
【0128】
S1218の処理を実行することによって、遊技状態(高確率状態や高ベース状態であるか否か、大当り遊技状態であるか否か)にかかわらず、第1始動入賞口13に始動入賞するごとに、必ず第1保留記憶数指定コマンドおよび入賞時判定結果指定コマンドの両方を演出制御用マイクロコンピュータ100に対して送信する。
【0129】
なお、第1始動入賞口13と第2始動入賞口14とに遊技球が入賞した始動入賞順に従って、第1特別図柄の変動表示または第2特別図柄の変動表示が実行されるが、第1特別図柄と第2特別図柄とのいずれか一方の変動表示を優先して実行してもよい。たとえば、高ベース状態に移行された場合には可変入賞球装置15が設けられた第2始動入賞口14に始動入賞しやすくなり第2保留記憶が溜まりやすくなるのであるから、第2特別図柄の変動表示を優先して実行してもよい。
【0130】
次いで、第2始動口スイッチ14aがオン状態であるか否かを確認する(S1222)。第2始動口スイッチ14aがオン状態でなければ、そのまま処理を終了する。第2始動口スイッチ14aがオン状態であれば、第2保留記憶数が上限値に達しているか否か(具体的には、第2保留記憶数をカウントするための第2保留記憶数カウンタの値が4であるか否か)を確認する(S1223)。第2保留記憶数が上限値に達していれば、そのまま処理を終了する。
【0131】
第2保留記憶数が上限値に達していなければ、第2保留記憶数カウンタの値を1増やす(S1224)とともに、合算保留記憶数をカウントするための合算保留記憶数カウンタの値を1増やす(S1225)。また、保留記憶特定情報記憶領域(保留特定領域)において、合算保留記憶数カウンタの値に対応した領域に、「第2」を示すデータをセットする(S1226)。
【0132】
次いで、乱数回路503やソフトウェア乱数を生成するためのカウンタから値を抽出し、それらを、第2保留記憶バッファ(図13(B)参照)における保存領域に格納する処理を実行する(S1227)。S1227の処理では、ハードウェア乱数であるランダムR(大当り判定用乱数)や、ソフトウェア乱数である大当り種別判定用乱数(ランダム1)および変動パターン判定用乱数(ランダム3)が抽出され、保存領域に格納される。
【0133】
次いで、入賞時演出処理を実行する(S1228)。そして、第2保留記憶数カウンタの値に基づいて第2保留記憶数指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行ない、その後、入賞時演出処理の判定結果に基づいて入賞時判定結果指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行なう(S1229)。
【0134】
S1229の処理を実行することによって、遊技状態(高確率状態や高ベース状態であるか否か、大当り遊技状態であるか否か)にかかわらず、第2始動入賞口14に始動入賞するごとに、必ず第2保留記憶数指定コマンドおよび入賞時判定結果指定コマンドの両方を演出制御用マイクロコンピュータ100に対して送信する。
【0135】
図14は、S1217,S1228の入賞時演出処理を示すフローチャートである。CPU56は、入賞時演出処理において以下のような処理をする。まず、S1216,S1227で抽出した大当り判定用乱数(ランダムR)と図6(A)の左欄に示す通常時の大当り判定値とを比較し、それらが一致するか否かを確認する(S220)。特別図柄および演出図柄の変動を開始するタイミングで、後述する特別図柄通常処理において大当りや小当りとするか否か、大当り種別を決定したり、変動パターン設定処理において変動パターンを決定したりするのであるが、それとは別に、遊技球が第1始動入賞口13や第2始動入賞口14に始動入賞したタイミングで、その始動入賞に基づく変動表示が開始される前に、入賞時演出処理を実行することによって、予めいずれの変動パターンとなるか否かを確認する。そのようにすることによって、演出図柄の変動表示が実行されるより前に予め変動パターンを予測し、入賞時の判定結果に基づいて、演出制御用マイクロコンピュータ100によって大当りやスーパーリーチとなることを予告する先読み演出を実行する。
【0136】
大当り判定用乱数(ランダムR)が通常時の大当り判定値と一致しなければ(S220のN)遊技状態が確変状態であることを示す確変フラグがセットされているか否かを確認する(S221)。確変フラグがセットされていれば、S1216,S1227で抽出した大当り判定用乱数(ランダムR)と図6(A)の右欄に示す確変時の大当り判定値とを比較し、それらが一致するか否かを確認する(S222)。始動入賞時にS221で確変状態であるか否かを確認してから、実際にその始動入賞に基づく変動表示が開始されるまでの間には、複数の変動表示が実行される可能性がある。そのため、始動入賞時にS221で確変状態であるか否かを確認してから、実際にその始動入賞に基づく変動表示が開始されるまでの間に遊技状態が変化している(たとえば、変動開始前に確変大当りが発生した場合には通常状態から確変状態に変化している。)場合がある。そのため、始動入賞時にS221で判定する遊技状態と変動開始時に判定する遊技状態とは、必ずしも一致するとは限らない。
【0137】
大当り判定用乱数(ランダムR)が確変時の大当り判定値とも一致しなければ(S222のN)、S1216,S1227で抽出した大当り判定用乱数(ランダムR)と図6(B),(C)に示す小当り判定値とを比較し、それらが一致するか否かを確認する(S223)。この場合、第1始動入賞口13への始動入賞があった場合(図12に示す始動口スイッチ通過処理で入賞時演出処理(S1217参照)を実行する場合)には、図6(B)に示す小当り判定テーブル(第1特別図柄用)に設定されている小当り判定値と一致するか否かを判定する。また、第2始動入賞口14への始動入賞があった場合(図12に示す始動口スイッチ通過処理で入賞時演出処理(S1228参照)を実行する場合)には、図6(C)に示す小当り判定テーブル(第2特別図柄用)に設定されている小当り判定値と一致するか否かを判定する。
【0138】
大当り判定用乱数(ランダムR)が小当り判定値とも一致しなければ(S223のN)、現在の遊技状態を判定する処理を行なう(S224)。S224において、遊技状態が確変状態または時短状態であるか否か(具体的には、時短フラグがセットされているか否か)を判定する。始動入賞時にS224で確変状態や時短状態であるか否かを確認してから、実際にその始動入賞に基づく変動表示が開始されるまでの間には、複数の変動表示が実行される可能性がある。そのため、始動入賞時にS224で確変状態や時短状態であるか否かを確認してから、実際にその始動入賞に基づく変動表示が開始されるまでの間に遊技状態が変化している(たとえば、変動開始前に確変大当りが発生した場合には通常状態から確変状態に変化している。)場合がある。そのため、始動入賞時にS224で判定する遊技状態と変動開始時に判定する遊技状態とは、必ずしも一致するとは限らない。
【0139】
そして、S224の判定結果に応じて、変動パターン判定テーブルのフィールドを選択する(S225)。具体的には、遊技状態が確変状態もしくは時短状態であると判定した場合には、図7に示す変動パターン判定テーブルの「はずれ(時短時)」フィールドを選択する。また、遊技状態が通常状態であると判定した場合には、図7に示す変動パターン判定テーブルの「はずれ」フィールドを選択する。
【0140】
大当り判定用乱数(ランダムR)が小当り判定値と一致した場合には(S223のY)、図7に示す変動パターン判定テーブルの「突然確変大当り/小当り」フィールドを選択する。(S226)。
【0141】
S220またはS222で大当り判定用乱数(ランダムR)が大当り判定値と一致した場合には、S1216,S1227で抽出した大当り種別判定用乱数(ランダム1)に基づいて大当りの種別を判定する(S227)。この場合、第1始動入賞口13への始動入賞があった場合(図12に示す始動口スイッチ通過処理で入賞時演出処理(S1217参照)を実行する場合)には、図6(D)に示す大当り種別判定テーブル(第1特別図柄用)131aを用いて大当り種別が「通常大当り」、「確変大当り」または「突然確変大当り」のいずれとなるかを判定する。また、第2始動入賞口14への始動入賞があった場合(図12に示す始動口スイッチ通過処理で入賞時演出処理(S1228参照)を実行する場合)には、図6(E)に示す大当り種別判定テーブル(第2特別図柄用)131bを用いて大当り種別が「通常大当り」、「確変大当り」または「突然確変大当り」のいずれとなるかを判定する。
【0142】
そして、S227で判定した大当り種別に応じて、変動パターン判定テーブルのフィールドを選択する。(S228)。具体的には、「通常大当り」または「確変大当り」と判定した場合には、変動パターン判定テーブルの「通常大当り/確変大当り」フィールドを選択する。また、「突然確変大当り」と判定した場合には、変動パターン判定テーブルの「突然確変大当り/小当り」フィールドを選択する。
【0143】
次いで、S225,S226,S228で設定した変動パターン判定テーブルのフィールドと、S1216,S1227で抽出した変動パターン判定用乱数(ランダム3)とを用いて、変動パターンを判定する(S229)。
【0144】
そして、判定した変動パターンを入賞時判定結果指定コマンドに設定する処理を行なう(S230)。具体的には、S229でいずれの変動パターンになると判定したかに応じて、図10に示すような「01(H)」〜「14(H)」のいずれかの値を入賞時判定結果指定コマンドのEXTデータに設定する処理を行なう。
【0145】
たとえば、第1始動入賞口13への始動入賞があった場合(図12に示す始動口スイッチ通過処理で入賞時演出処理(S1217参照)を実行する場合)には、S229で「非リーチはずれ」の変動パターンになると判定した場合には、MODEデータ「95(H)」で構成される入賞時判定結果指定コマンドのEXTデータに「02(H)」を設定する処理を行なう。また、S229で「擬似連3スーパー当り」の変動パターン種別になると判定した場合には、MODEデータ「95(H)」で構成される入賞時判定結果指定コマンドのEXTデータに「12(H)」を設定する処理を行なう。
【0146】
図15および図16は、特別図柄プロセス処理における特別図柄通常処理(S300)を示すフローチャートである。CPU56は、特別図柄通常処理において、以下の処理をする。まず、合算保留記憶数の値を確認する(S51)。具体的には、合算保留記憶数カウンタのカウント値を確認する。合算保留記憶数が0であれば処理を終了する。
【0147】
合算保留記憶数が0でなければ、保留特定領域(図13(A)参照)に設定されているデータのうち1番目のデータが「第1」を示すデータであるか否か確認する(S52)。保留特定領域に設定されている1番目のデータが「第1」を示すデータでない(「第2」を示すデータである)場合(S52のN)、特別図柄ポインタ(第1特別図柄について特別図柄プロセス処理を行っているのか第2特別図柄について特別図柄プロセス処理を行っているのかを示すフラグ)に「第2」を示すデータを設定する(S54)。保留特定領域に設定されている1番目のデータが「第1」を示すデータである場合(S52のY)、特別図柄ポインタに「第1」を示すデータを設定する(S53)。
【0148】
S52〜S54の処理が実行されることによって、第1始動入賞口13と第2始動入賞口14とに遊技球が入賞した始動入賞順に従って、第1特別図柄の変動表示または第2特別図柄の変動表示が実行される。
【0149】
次いで、RAM55において、特別図柄ポインタが示す方の保留記憶数=1に対応する保存領域に格納されている各乱数値を読み出してRAM55の乱数バッファ領域に格納する(S55)。具体的には、特別図柄ポインタが「第1」を示している場合には、第1保留記憶数バッファにおける第1保留記憶数=1に対応する保存領域に格納されている各乱数値を読み出してRAM55の乱数バッファ領域に格納する。また、特別図柄ポインタが「第2」を示している場合には、第2保留記憶数バッファにおける第2保留記憶数=1に対応する保存領域に格納されている各乱数値を読み出してRAM55の乱数バッファ領域に格納する。
【0150】
そして、特別図柄ポインタが示す方の保留記憶数カウンタのカウント値を1減算し、かつ、各保存領域の内容をシフトする(S56)。具体的には、特別図柄ポインタが「第1」を示している場合には、第1保留記憶数カウンタのカウント値を1減算し、かつ、保留特定領域および第1保留記憶バッファにおける各保存領域の内容をシフトする。また、特別図柄ポインタが「第2」を示している場合に、第2保留記憶数カウンタのカウント値を1減算し、かつ、保留特定領域および第2保留記憶バッファにおける各保存領域の内容をシフトする。
【0151】
すなわち、特別図柄ポインタが「第1」を示している場合に、RAM55の第1保留記憶バッファにおいて第1保留記憶数=n(n=2,3,4)に対応する保存領域に格納されている各乱数値を、第1保留記憶数=n−1に対応する保存領域に格納する。また、特別図柄ポインタが「第2」を示す場合に、RAM55の第2保留記憶バッファにおいて第2保留記憶数=n(n=2,3,4)に対応する保存領域に格納されている各乱数値を、第2保留記憶数=n−1に対応する保存領域に格納する。また、保留特定領域において合算保留記憶数=m(m=2〜8)に対応する保存領域に格納されている値(「第1」または「第2」を示す値)を、合算保留記憶数=m−1に対応する保存領域に格納する。
【0152】
よって、各第1保留記憶数(または、各第2保留記憶数)に対応するそれぞれの保存領域に格納されている各乱数値が抽出された順番は、常に、第1保留記憶数(または、第2保留記憶数)=1,2,3,4の順番と一致するようになっている。また、各合算保留記憶数に対応するそれぞれの保存領域に格納されている各値が抽出された順番は、常に、合算保留記憶数=1〜8の順番と一致するようになっている。
【0153】
S56において、特別図柄ポインタが示す方の保留記憶数カウンタのカウント値を1減算すると、減算された保留記憶数カウンタのカウント値に基づいて第1特別図柄保留記憶表示器18aまたは第2特別図柄保留記憶表示器18bの表示を変更する制御も行なう。
【0154】
そして、合算保留記憶数カウンタのカウント値をRAM55の所定の領域に保存した後(S57)、合算保留記憶数の値を1減らす。すなわち、合算保留記憶数カウンタのカウント値を1減算する(S58)。カウント値が1減算される前の合算保留記憶数カウンタの値をRAM55の所定の領域に保存する。
【0155】
また、減算後の特別図柄ポインタが示す方の保留記憶数カウンタの値に基づいて、特別図柄ポインタが示す方の保留記憶数指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行なう(S59)。この場合、特別図柄ポインタに「第1」を示す値が設定されている場合には、第1保留記憶数指定コマンドを送信する制御を行なう。また、特別図柄ポインタに「第2」を示す値が設定されている場合には、第2保留記憶数指定コマンドを送信する制御を行なう。
【0156】
特別図柄通常処理では、最初に、第1始動入賞口13を対象として処理を実行することを示す「第1」を示すデータすなわち第1特別図柄を対象として処理を実行することを示す「第1」を示すデータ、または第2始動入賞口14を対象として処理を実行することを示す「第2」を示すデータすなわち第2特別図柄を対象として処理を実行することを示す「第2」を示すデータが、特別図柄ポインタに設定される。そして、特別図柄プロセス処理における以降の処理では、特別図柄ポインタに設定されているデータに応じた処理が実行される。よって、S300〜S310の処理を、第1特別図柄を対象とする場合と第2特別図柄を対象とする場合とで共通化できる。
【0157】
次いで、乱数バッファ領域からランダムR(大当り判定用乱数)を読み出し、大当り判定モジュールを実行する。この場合、第1始動口スイッチ通過処理のS1216や第2始動口スイッチ通過処理のS1226で抽出し第1保留記憶バッファや第2保留記憶バッファに予め格納した大当り判定用乱数を読み出し、大当り判定を行なう。大当り判定モジュールは、予め決められている大当り判定値や小当り判定値(図6参照)と大当り判定用乱数とを比較し、それらが一致したら大当りや小当りとすることに決定する処理を実行するプログラムである。すなわち、大当り判定や小当り判定の処理を実行するプログラムである。
【0158】
大当り判定の処理では、遊技状態が確変状態(高確率状態)の場合は、遊技状態が非確変状態(通常遊技状態および時短状態)の場合よりも、大当りとなる確率が高くなるように構成されている。具体的には、予め大当り判定値の数が多く設定されている確変時大当り判定テーブル(ROM54における図6(A)の右側の数値が設定されているテーブル)と、大当り判定値の数が確変大当り判定テーブルよりも少なく設定されている通常時大当り判定テーブル(ROM54における図6(A)の左側の数値が設定されているテーブル)とが設けられている。そして、遊技状態が確変状態であるか否かを確認し、遊技状態が確変状態であるときは、確変時大当り判定テーブルを使用して大当りの判定の処理を行ない、遊技状態が通常遊技状態や時短状態であるときは、通常時大当り判定テーブルを使用して大当りの判定の処理を行なう。すなわち、大当り判定用乱数(ランダムR)の値が図6(A)に示すいずれかの大当り判定値に一致すると、特別図柄に関して大当りとすることに決定する。大当りとすることに決定した場合には(S61のY)、S71に移行する。大当りとするか否か決定するということは、大当り遊技状態に移行させるか否か決定するということであるが、特別図柄表示器における停止図柄を大当り図柄とするか否か決定するということでもある。
【0159】
現在の遊技状態が確変状態であるか否かの確認は、確変フラグがセットされているか否かにより行なわれる。確変フラグは、遊技状態を確変状態に移行するときにセットされ、確変状態を終了するときにリセットされる。具体的には、確変大当りまたは突然確変大当りとすることに決定され、大当り遊技を終了する処理においてセットされ、大当りと決定されたときに特別図柄の変動表示を終了して停止図柄を停止表示するタイミングでリセットされる。
【0160】
大当り判定用乱数(ランダムR)の値がいずれの大当り判定値にも一致しなければ(S61のN)、小当り判定テーブル(図6(B),(C)参照)を使用して小当りの判定の処理を行なう。すなわち、大当り判定用乱数(ランダムR)の値が図6(B),(C)に示すいずれかの小当り判定値に一致すると、特別図柄に関して小当りとすることに決定する。この場合、特別図柄ポインタが示すデータを確認し、特別図柄ポインタが示すデータが「第1」である場合には、図6(B)に示す小当り判定テーブル(第1特別図柄用)を用いて小当りとするか否かを決定する。また、特別図柄ポインタが示すデータが「第2」である場合には、図6(C)に示す小当り判定テーブル(第2特別図柄用)を用いて小当りとするか否かを決定する。そして、小当りとすることに決定した場合には(S62)、小当りであることを示す小当りフラグをセットし(S63)、S75に移行する。
【0161】
ランダムRの値が大当り判定値および小当り判定値のいずれにも一致しない場合には(S62のN)、すなわち、はずれである場合には、そのままS75に移行する。
【0162】
S71では、大当りであることを示す大当りフラグをセットする。そして、大当り種別を複数種類のうちのいずれかに決定するために使用するテーブルとして、特別図柄ポインタが示す方の大当り種別判定テーブルを選択する(S72)。具体的には、特別図柄ポインタが「第1」を示している場合は、図6(D)に示す第1特別図柄用の大当り種別判定テーブル131aを選択する。また、特別図柄ポインタが「第2」を示している場合は、図6(E)に示す第2特別図柄用の大当り種別判定テーブル131bを選択する。
【0163】
次いで、選択した大当り種別判定テーブルを用いて、乱数バッファ領域に格納された大当り種別判定用の乱数(ランダム1)の値と一致する値に対応した種別(「通常大当り」、「確変大当り」または「突然確変大当り」)を大当りの種別に決定する(S73)。この場合、第1始動口スイッチ通過処理のS1216や第2始動口スイッチ通過処理のS1226で抽出し第1保留記憶バッファや第2保留記憶バッファに予め格納した大当り種別判定用乱数を読み出し、大当り種別の決定を行なう。また、この場合に、図6(D),(E)に示すように、第1特別図柄の変動表示が実行される場合には、第2特別図柄の変動表示が実行される場合と比較して、突然確変大当りが選択される割合が高い。
【0164】
また、決定した大当りの種別を示すデータをRAM55における大当り種別バッファに設定する(S74)。たとえば、大当り種別が「通常大当り」の場合には大当り種別を示すデータとして「01」が設定され、大当り種別が「確変大当り」の場合には大当り種別を示すデータとして「02」が設定され、大当り種別が「突然確変大当り」の場合には大当り種別を示すデータとして「03」が設定される。
【0165】
次いで、特別図柄の停止図柄を決定する(S75)。具体的には、大当りフラグおよび小当りフラグのいずれもセットされていない場合には、はずれ図柄となる「−」を特別図柄の停止図柄に決定する。大当りフラグがセットされている場合には、大当り種別の決定結果に応じて、大当り図柄となる「1」、「3」、「7」のいずれかを特別図柄の停止図柄に決定する。すなわち、大当り種別を「突然確変大当り」に決定した場合には「1」を特別図柄の停止図柄に決定し、「通常大当り」に決定した場合には「3」を特別図柄の停止図柄に決定し、「確変大当り」に決定した場合には「7」を特別図柄の停止図柄に決定する。また、小当りフラグがセットされている場合には、小当り図柄となる「5」を特別図柄の停止図柄に決定する。そして、特別図柄プロセスフラグの値を変動パターン設定処理(S301)に対応した値に更新する(S76)。
【0166】
次に、演出制御手段の動作を説明する。図17は、演出制御基板80に搭載されている演出制御手段としての演出制御用マイクロコンピュータ100(具体的には、演出制御用CPU101)が実行するメイン処理を示すフローチャートである。演出制御用CPU101は、以下のような処理をする。電源が投入されると、メイン処理の実行を開始する。メイン処理では、まず、RAM領域のクリアや各種初期値の設定、また演出制御の起動間隔(たとえば、2ms)を決めるためのタイマの初期設定等を行なうための初期化処理を行なう(S701)。その後、タイマ割込フラグの監視(S702)を行なうループ処理に移行する。タイマ割込が発生すると、タイマ割込処理においてタイマ割込フラグをセットする。メイン処理において、タイマ割込フラグがセットされていたら、そのフラグをクリアし(S703)、以下の演出制御処理を実行する。
【0167】
演出制御処理において、まず、受信した演出制御コマンドを解析し、受信した演出制御コマンドに応じたフラグをセットする処理等を行なう(コマンド解析処理:S704)。次いで、演出制御プロセス処理を行なう(S705)。演出制御プロセス処理では、制御状態に応じた各プロセスのうち、現在の制御状態(演出制御プロセスフラグ)に対応した処理を選択して演出表示装置9の表示制御を実行する。次いで、大当り図柄決定用乱数などの乱数を生成するためのカウンタのカウント値を更新する乱数更新処理を実行する(S706)。その後、S702に移行する。
【0168】
図18は、主基板31の遊技制御用マイクロコンピュータ560から受信した演出制御コマンドを格納するためのコマンド受信バッファの一構成例を示す説明図である。この例では、2バイト構成の演出制御コマンドを6個格納可能なリングバッファ形式のコマンド受信バッファが用いられる。
【0169】
遊技制御用マイクロコンピュータ560から送信された演出制御コマンドは、演出制御INT信号に基づく割込処理で受信され、RAMに形成されているバッファ領域に保存されている。コマンド解析処理では、バッファ領域に保存されている演出制御コマンドがどのコマンド(図8および図9参照)であるのか解析する。
【0170】
図19図20は、コマンド解析処理(S704)の具体例を示すフローチャートである。主基板31から受信された演出制御コマンドは受信コマンドバッファに格納されるが、コマンド解析処理では、コマンド受信バッファに格納されているコマンドの内容を確認する。コマンド解析処理において、演出制御用CPU101は、以下のような処理をする。
【0171】
コマンド解析処理において、まず、コマンド受信バッファに受信コマンドが格納されているか否か確認する(S611)。格納されているか否かは、コマンド受信個数カウンタの値と読出ポインタとを比較することによって判定される。両者が一致している場合が、受信コマンドが格納されていない場合である。コマンド受信バッファに受信コマンドが格納されている場合には、コマンド受信バッファから受信コマンドを読み出す(S612)。読み出したら読出ポインタの値を+2しておく(S613)。+2するのは2バイト(1コマンド)ずつ読み出すからである。
【0172】
受信した演出制御コマンドが変動パターンコマンドであれば(S621)、その変動パターンコマンドを、RAMに形成されている変動パターンコマンド格納領域に格納する(S622)。そして、変動パターンコマンド受信フラグをセットする(S623)。
【0173】
受信した演出制御コマンドが表示結果指定コマンドであれば(S625)、受信した表示結果指定コマンド(表示結果1指定コマンド〜表示結果5指定コマンド)を、RAMに形成されている表示結果指定コマンド格納領域に格納する(S626)。
【0174】
受信した演出制御コマンドが図柄確定指定コマンドであれば(S627)、確定コマンド受信フラグをセットする(S628)。
【0175】
受信した演出制御コマンドが第1保留記憶数指定コマンドであれば(S651)、その第1保留記憶数指定コマンドの2バイト目のデータ(EXTデータ)を第1保留記憶数として第1保留記憶数保存領域に格納する(S652)。
【0176】
受信した演出制御コマンドが第2保留記憶数指定コマンドであれば(S654)、その第2保留記憶数指定コマンドの2バイト目のデータ(EXTデータ)を第2保留記憶数として第2保留記憶数保存領域に格納する(S655)。
【0177】
次いで、受信した演出制御コマンドがいずれかの入賞時判定結果指定コマンドであれば(S664)、受信した入賞時判定結果指定コマンドに応じた入賞時判定結果を入賞時判定結果記憶バッファにおいて合算保留記憶数に対応付けられた領域に保存し(S665)、先読み演出決定処理を行なう(S671)。
【0178】
合算保留記憶数は、第1保留記憶数保存領域に格納されている第1保留記憶数と、第2保留記憶数保存領域に格納されている第2保留記憶数とを合算することで求められる。第1保留記憶数は、第1保留記憶数指定コマンドを受信した後に、S652において更新され、第2保留記憶数は、第2保留記憶数指定コマンドを受信した後に、S655において更新されるため、合算保留記憶数も同じタイミングで更新される。また、入賞時判定結果指定コマンドは、始動口スイッチ通過処理のS1218においては、第1保留記憶数指定コマンドを送信した後に送信され、S1228においては、第2保留記憶数指定コマンドを送信した後に送信される。そのため、演出制御用マイクロコンピュータ100は、合算保留記憶数を更新した後に、入賞時判定結果指定コマンドを受信する。S665の処理で、たとえば、入賞時判定結果指定コマンドの2バイト目のデータを入賞時判定結果バッファにおいて合算保留記憶数に対応付けられた保存領域にセットする。入賞時判定結果指定コマンドの2バイト目のデータ(EXTデータ)で、入賞時判定結果が特定されるからである(図10参照)。また、入賞時判定結果バッファにセットされたデータは、後述する演出図柄変動開始処理において、先にセットされたものから順に削除される。
【0179】
図20(A)は、入賞時判定結果を保存する領域(入賞時判定結果記憶バッファ)の構成例を示す説明図である。図20(A)に示すように、入賞時判定結果記憶バッファにおいて合算保留記憶数に対応付けられた8個の保存領域が確保されている入賞時判定結果記憶バッファは、演出制御用マイクロコンピュータ100が備えるRAMに形成されている。
【0180】
また、受信した演出制御コマンドがその他のコマンドであれば、受信した演出制御コマンドに応じたフラグをセットする(S683)。そして、S611に移行する。
【0181】
次に、先読み演出について説明する。先読み演出とは、演出の対象となる変動表示が開始されるよりも前に実行され、演出の対象となる変動表示が大当りとなることや特定の変動(たとえば、リーチ演出を含むなど)となることを予告する予告演出のことである。先読み演出では、合算保留記憶表示部18cにおいて、予告対象となる変動表示(保留記憶)に対応する保留表示が、通常の表示態様(以下、通常態様)とは異なる表示態様(後述する特殊態様または第1特別態様もしくは第2特別態様)で表示される演出が行なわれる。
【0182】
図21は、先読み演出決定処理を示すフローチャートである。先読み演出決定処理において、先読み演出の実行が制限されていることを示す先読み演出制限フラグがセットされているか否かを確認する(S67101)。先読み演出制限フラグは、後述するS67111においてセットされる。先読み演出制限フラグがセットされていれば、合算保留記憶表示部18cにおいて、最新の保留記憶に対応する新たな保留表示を通常態様で表示する(S67116)。たとえば、合算保留記憶表示部18cの1つ目〜5つ目の保留表示が表示されていた場合には、6つ目の保留表示を通常態様で表示するように制御する。
【0183】
先読み演出制限フラグがセットされていなければ、入賞時判定結果記憶バッファが記憶する過去の入賞時判定結果(今回受信した入賞時判定結果指定コマンドに示される入賞時判定結果を除く)を全て抽出する(S67102)。
【0184】
次いで、抽出した入賞時判定結果が全て「非リーチ」を示す判定結果であるか否かを確認する(S67103)。S67103において、抽出した入賞時判定結果が、全て変動パターンが「短縮非リーチはずれ」または「非リーチはずれ」になることを示す値(具体的には、「01(H)」または「02(H)」。図10参照)であるか否かを判定する(リーチを伴わないはずれ変動となるか否かを確認する)。
【0185】
S67103において抽出した入賞時判定結果が全て「非リーチ」を示す判定結果である場合には、S67104に移行する。一方、抽出した入賞時判定結果が全て「非リーチ」を示す判定結果でない場合には、合算保留記憶表示部18cにおいて、最新の保留記憶に対応する新たな保留表示を通常態様で表示する(S67116)。すなわち、リーチ演出を伴う変動表示が行なわれる保留記憶がある場合には、新たに受信した入賞時判定結果指定コマンドに基づいて先読み演出を実行しないように構成されている。なお、図21に示す例に限らず、リーチ演出を伴う変動表示が行なわれる保留記憶がある場合であっても、新たに受信した入賞時判定結果指定コマンドに基づいて先読み演出を実行してもよい。
【0186】
S67104では、入賞時判定結果記憶バッファが記憶する最新の入賞時判定結果(今回受信した入賞時判定結果指定コマンドに示される入賞時判定結果)を抽出し、抽出した入賞時判定結果に基づいて、先読み演出を実行するか否かを決定する(S67104)。S67104では、図22(A)に示す先読み演出実行決定テーブルを用いて、先読み演出を実行するか否かを決定する。
【0187】
図22(A)は、先読み演出実行決定テーブルを示す説明図である。先読み演出実行決定テーブルには、入賞時判定結果ごとに決定事項(「先読み演出を実行する」または「先読み演出を実行しない」)に対応する判定値が割り当てられているが、説明を簡略化するために、割り当てられた判定値の割合が示されている。たとえば、先読み演出を実行するか否かを決定するための乱数を抽出し、抽出した乱数に一致する判定値が割り当てられている決定事項(「先読み演出を実行する」または「先読み演出を実行しない」)に決定する。したがって、各入賞時判定結果における「先読み演出を実行する」と「先読み演出を実行しない」とに対応する数値は、決定事項として「先読み演出を実行する」または「先読み演出を実行しない」が選択される割合(%)を示している。
【0188】
図22(A)に示す先読み演出実行決定テーブルの他に、図22(B)に示す最終表示態様決定テーブル、図23に示す先読み演出パターン決定テーブル、図24に示す先読み演出変化タイミング決定テーブルおよび図25に示す示唆演出態様決定テーブルについても、実際には判定値が割り当てられているが、説明を簡略化するために割り当てられた判定値の割合が示されている。また、それらのテーブルが用いられる後述するS67106、S67107、S67108、S67110、S67115においても、S67104と同様に、たとえば、最終表示態様、先読み演出パターン、変化タイミング(シフト回数)または示唆演出の演出態様を決定するための乱数を抽出し、抽出した乱数に一致する判定値が割り当てられている事項に決定する。
【0189】
S67104では、抽出した最新の入賞時判定結果に基づいて、図22(A)に示す先読み演出実行決定テーブルにおいて入賞時判定結果ごとに定められた割合で、先読み演出を実行するか否かを決定する。たとえば、入賞時判定結果で「短縮非リーチはずれ」であることが示されているときには、100%の割合で先読み演出を実行しないと決定する。また、入賞時判定結果で「擬似連3スーパー当り」であることが示されているときには、99%の割合で先読み演出を実行すると決定する。
【0190】
図22(A)に示す先読み演出実行決定テーブルにおいて特徴的なことは、表示結果が「はずれ」である場合(入賞時判定結果1指定〜入賞時判定結果7指定に相当)に比べて、表示結果が「通常大当り」または「確変大当り」である場合(入賞時判定結果8指定〜入賞時判定結果13指定に相当)の方が、先読み演出が実行される割合が高くなるように判定値が設定されていることである。また、図22(A)に示す先読み演出実行決定テーブルにおいて特徴的なことは、同じ表示結果であっても、期待度が高いリーチ演出が行なわれる方が(たとえばノーマルリーチよりもスーパーリーチが行なわれる方が)、先読み演出が実行される割合が高くなるように判定値が設定されていることである。これにより、先読み演出が実行されたときには、先読み演出が実行されないときに比べて、予告対象の変動表示において大当りが発生する割合を高くすることや、大当りとなる期待度が高いリーチ演出が行なわれる割合を高くできる。したがって、先読み演出が実行されることに対して遊技者に期待感を持たせることができる。
【0191】
なお、入賞時判定結果で「非リーチはずれ」である場合にも1%の割合で先読み演出を実行すると決定されるが、「非リーチ」(「短縮非リーチはずれ」または「非リーチはずれ」)の場合には、先読み演出を実行すると決定されないようにしてもよい。また入賞時判定結果で示される変動パターンごとに先読み演出を実行するか否かを決定するための判定値(割合)が設定されているが、表示結果ごと(「はずれ」、「通常大当り」もしくは「確変大当り」または「突然確変大当り」もしくは「小当り」)に先読み演出を実行するか否かを決定するための判定値(割合)が設定されていてもよい。
【0192】
次いで、先読み演出を実行すると決定した場合には(S67105のY)、S67105aに移行する。一方、先読み演出を実行しないと決定した場合には(S67105のN)、合算保留記憶表示部18cにおいて、最新の保留記憶に対応する新たな保留表示を通常態様で表示する(S67116)。
【0193】
S67105aでは、先読み演出の対象となる保留表示を特定するための演出用合算保留記憶数カウンタに、合計保留記憶数をセットする(S67105a)。演出用合算保留記憶数カウンタの値は、演出図柄変動開始処理のS952において1減算され、S962において、先読み演出の対象となる保留表示を特定するために用いられる。たとえば、演出用合算保留記憶数カウンタの値が4である場合には、合算保留記憶表示部18cの4つ目の保留表示の表示態様を変化させる先読み演出が実行される。合算保留記憶数は、第1保留記憶数保存領域に格納されている第1保留記憶数と、第2保留記憶数保存領域に格納されている第2保留記憶数とを合算することで求められる。第1保留記憶数は、第1保留記憶数指定コマンドを受信した後に、S652において更新され、第2保留記憶数は、第2保留記憶数指定コマンドを受信した後に、S655において更新されるため、合算保留記憶数も同じタイミングで更新される。また、入賞時判定結果指定コマンドは、始動口スイッチ通過処理のS1218においては、第1保留記憶数指定コマンドを送信した後に送信され、S1228においては、第2保留記憶数指定コマンドを送信した後に送信される。そのため、演出制御用マイクロコンピュータ100は、合算保留記憶数を更新した後に、入賞時判定結果指定コマンドを受信する。
【0194】
次いで、先読み演出において、予告対象となる変動表示(保留情報)に対応する保留表示を、最終的にどの表示態様で表示するかを決定する(S67106)。保留表示の表示態様として、通常態様の他に、特殊態様、第1特別態様および第2特別態様が設けられている。ただし、後述するように、特殊態様で表示された保留表示は、その保留表示に対応する保留情報に基づく変動表示が開始されるまでに、特殊態様から第1特別態様または第2特別態様に変化して表示される。したがって、S67106では、最終的な表示態様は第1特別態様または第2特別態様のいずれかに決定される。以下、第1特別態様と第2特別態様とを特別態様と総称することがある。
【0195】
図22(B)は、最終表示態様決定テーブルを示す説明図である。S67106において、図22(B)に示す最終表示態様決定テーブルを用いて、最終的にどの表示態様で表示するか(以下、最終表示態様ともいう)を決定する。具体的には、抽出した最新の入賞時判定結果に基づいて、最終表示態様決定テーブルにおいて入賞時判定結果(変動表示の表示結果)ごとに定められた割合で、最終表示態様を決定する。たとえば、入賞時判定結果で変動表示の表示結果が「はずれ」であることが示されている場合(入賞時判定結果1指定〜入賞時判定結果7指定に相当)には、80%の割合で最終表示態様を第1特別態様に決定する。また、たとえば、入賞時判定結果で変動表示の表示結果が「通常大当り」または「確変大当り」であることが示されている場合(入賞時判定結果8指定〜入賞時判定結果13指定に相当)には、80%の割合で最終表示態様を第2特別態様に決定する。
【0196】
図22(B)に示す最終表示態様決定テーブルにおいて特徴的なことは、表示結果が「はずれ」である場合(入賞時判定結果1指定〜入賞時判定結果7指定に相当)に比べて、表示結果が「通常大当り」または「確変大当り」である場合(入賞時判定結果8指定〜入賞時判定結果13指定に相当)の方が、第2特別態様に決定される割合が高くなるように判定値が設定されていることである。これにより、保留表示が第2特別態様で表示されたときには、第1特別態様で表示されたときに比べて、予告対象の変動表示において大当りが発生する割合を高くできる。したがって、第1特別態様よりも第2特別態様で表示された方が大当りとなる期待度を高くすることができ、先読み演出が実行されたときに、保留表示がどの表示態様で表示されるかについて着目させることができる。
【0197】
なお、図22(B)に示す例では、入賞時判定結果で示される表示結果ごと(「はずれ」、「通常大当り」もしくは「確変大当り」または「突然確変大当り」もしくは「小当り」)に最終表示態様を決定するための判定値(割合)が設定されているが、図22(A)の先読み演出実行決定テーブルと同様に、入賞時判定結果で示される変動パターンごとに最終表示態様を決定するための判定値(割合)が設定されていてもよい。これにより、保留表示が第2特別態様で表示されたときに、予告対象の変動表示において大当りが発生する割合を高くすることの他に、期待度が高いリーチ演出が行なわれる割合も高くできる。
【0198】
また、最終表示態様として第1特別態様と第2特別態様との2種類の表示態様が設けられているが、これに限らず、3種類以上の表示態様を設け、それぞれ期待度が異なる(表示結果に応じて選択される割合が異なる)ようにしてもよい。
【0199】
次いで、先読み演出の演出パターン(以下、先読み演出パターンともいう)を決定する(S67107)。先読み演出パターンとして、第1先読み演出パターンと第2先読み演出パターンとが設けられている。第1先読み演出パターンでは、予告対象の変動表示(保留情報)に対応する保留表示が、一旦特殊態様で表示されることなく、第1特別態様または第2特別態様で表示される。第1先読み演出パターンは、始動入賞のタイミングで予告対象の変動表示(保留情報)に対応する保留表示が第1特別態様または第2特別態様で表示されるものと、予告対象の変動表示(保留情報)が開始されるまでの任意のシフトタイミングで予告対象の変動表示(保留情報)に対応する保留表示が通常態様から第1特別態様または第2特別態様に変化して表示されるものとを含む。一方、第2先読み演出パターンでは、予告対象の変動表示に対応する保留表示が、始動入賞のタイミングで特殊態様で表示され、その予告対象の変動表示が開始されるまでの任意のシフトタイミングで、特殊態様から第1特別態様または第2特別態様に変化して表示される。
【0200】
保留表示のシフトタイミングとは、後述する演出図柄変動開始処理において、合算保留記憶表示部18cにおける1つ目の保留表示を消去し、残りの保留表示を1つずつシフトして、合算保留記憶表示部18cにおける合算保留記憶数表示を更新するタイミングである。たとえば、合算保留記憶表示部18cの1つ目〜5つ目の保留表示が表示されていた場合に、シフトタイミングで1つ目の保留表示が消去されるとともに、2つ目に表示されていた保留表示が1つ目の表示領域にシフトされ、3つ目に表示されていた保留表示が2つ目の表示領域にシフトされ、4つ目に表示されていた保留表示が3つ目の表示領域にシフトされ、5つ目に表示されていた保留表示が4つ目の表示領域にシフトされる。
【0201】
図23は、先読み演出パターン決定テーブルを示す説明図である。S67107において、先読み演出パターン決定テーブルと合計保留記憶数とに基づいて、先読み演出パターンを決定する。具体的には、抽出した最新の入賞時判定結果によって示される変動表示の表示結果が当り(たとえば、「通常大当り」、「確変大当り」、「突然確変大当り」または「小当り」)である場合(入賞時判定結果8指定〜入賞時判定結果14指定の場合)、図23(A)に示す当り時先読み演出パターン決定テーブルを用いる。そして、図23(A)において合計保留記憶数ごとに定められた割合で、先読み演出パターンを第1先読み演出パターンと第2先読み演出パターンとのいずれかに決定する。
【0202】
また、抽出した最新の入賞時判定結果によって示される変動表示の表示結果が「はずれ」である場合(入賞時判定結果1指定〜入賞時判定結果7指定の場合)、図23(B)に示す当り時先読み演出パターン決定テーブルを用いる。そして、図23(B)において合計保留記憶数ごとに定められた割合で、先読み演出パターンを第1先読み演出パターンと第2先読み演出パターンとのいずれかに決定する。
【0203】
たとえば、入賞時判定結果によって示される変動表示の表示結果が当り(「通常大当り」、「確変大当り」、「突然確変大当り」または「小当り」)であり、合計保留記憶数が2である場合には、先読み演出パターンを、35%の割合で第1先読み演出パターンに、65%の割合で第2先読み演出パターンに決定する。また、入賞時判定結果によって示される変動表示の表示結果が「はずれ」であり、合計保留記憶数が2である場合には、先読み演出パターンを、65%の割合で第1先読み演出パターンに、35%の割合で第2先読み演出パターンに決定する。
【0204】
図23に示す先読み演出パターン決定テーブルにおいて特徴的なことは、変動表示の表示結果が「はずれ」である場合に比べて、変動表示の表示結果が当り(「通常大当り」、「確変大当り」、「突然確変大当り」または「小当り」)である場合の方が、第2先読み演出パターンに決定される割合が高くなるように判定値が設定されていることである。これにより、第2先読み演出パターンで先読み演出が行なわれたとき(始動入賞時に保留表示が特殊態様で表示され、その後、特別態様に変化して表示されるとき)には、第1先読み演出パターンで先読み演出が行なわれたとき(保留表示が一旦特殊態様で表示されることなく特別態様で表示されたとき)に比べて、予告対象の変動表示において当りが発生する割合を高くできる。また、変動表示の表示結果が「通常大当り」または「確変大当り」の場合には、最終表示態様が第2特別態様に決定される割合が高いため、第2先読み演出パターンで先読み演出が行なわれたとき(始動入賞時に保留表示が特殊態様で表示され、その後、特別態様に変化して表示されるとき)には、特殊態様で表示された保留表示が、第1特別態様よりも大当りとなる期待度が高い第2特別態様に変化する割合が高くなる。したがって、先読み演出がどの先読み演出パターンで実行されるかについて着目させることができる。また、第2先読み演出パターンで先読み演出が行なわれたとき(始動入賞時に保留表示が特殊態様で表示されたとき)には、特殊態様で表示された保留表示が第1特別態様よりも期待度が高い第2特別態様に変化しやすいため、期待感を高めることができ、遊技興趣を向上させることができる。また、特殊態様で表示された保留表示は、その保留表示(保留情報)に対応する変動表示が開始されるまでに、第1特別態様または第2特別態様に変化して表示されるため、保留表示が特殊態様で表示されてから特別態様に変化するまで、期待感を持続させることができる。
【0205】
また、図23に示す先読み演出パターン決定テーブルにおいて特徴的なことは、合算保留記憶数が1の場合には、第2先読み演出パターンに決定されないように判定値が設定されていることである。第2先読み演出パターンにおいて、始動入賞時に特殊態様で表示された保留表示を、特殊態様から第1特別態様または第2特別態様に変化して表示させるタイミングは、予告対象の変動表示が開始されるまでの任意のシフトタイミングである。しかし、合算保留記憶数が1の場合(予告対象の変動表示に対応する保留表示のみが表示される場合)には、保留表示のシフトが1回行なわれると、予告対象の変動表示に対応する保留表示は消去されてしまう。そのため、合算保留記憶数が1の場合には、シフトタイミングで予告対象の変動表示に対応する保留表示の表示態様を変化させることができない。したがって、合算保留記憶数が1の場合には、第2先読み演出パターンに決定されないように判定値が設定されている。
【0206】
なお、説明を簡略化するために、第1先読み演出パターンにおいて、保留表示が通常態様から第1特別態様または第2特別態様に変化して表示されるタイミングと、第2先読み演出パターンにおいて、保留表示が特殊態様から第1特別態様または第2特別態様に変化して表示されるタイミングとを、予告対象の変動表示が開始されるまでの任意のシフトタイミングとしているが、他のタイミングであってもよい。たとえば、予告対象の変動表示が開始されるまでに実行される変動表示中(1つの変動表示または複数の変動表示にまたがった期間)の任意のタイミングで表示態様を変化させてもよい。この場合は、合計保留記憶数が1の場合にも、第2先読み演出パターンに決定可能とし、始動入賞時に保留表示を特殊態様で表示し、その保留表示(保留情報)に対応する変動表示が開始されるまでに特殊態様から第1特別態様または第2特別態様に変化して表示させてもよい。
【0207】
なお、図23に示す例では、入賞時判定結果で示される表示結果が当りの場合(たとえば、「通常大当り」、「確変大当り」、「突然確変大当り」または「小当り」)と「はずれ」の場合とに対応する先読み演出パターン決定テーブルがそれぞれ設けられているが、表示結果が当りであっても、「通常大当り」または「確変大当り」の場合と、「突然確変大当り」または「小当り」の場合とで、異なる割合でいずれかの先読み演出パターンに決定する先読み演出パターン決定テーブルを設けてもよい。また、図22(A)の先読み演出実行決定テーブルと同様に、入賞時判定結果で示される変動パターンごとに、異なる割合でいずれかの先読み演出パターンに決定する先読み演出パターン決定テーブルを設けてもよい。これにより、先読み演出が第1先読み演出パターンで実行されたときに、予告対象の変動表示において大当りが発生する割合を高くすることの他に、期待度が高いリーチ演出が行なわれる割合も高くできる。
【0208】
先読み演出パターンを決定すると、予告対象の変動表示(保留情報)に対応する保留表示の表示態様を変化させる変化タイミング(本例では、保留表示のシフト回数)を決定し、決定した変化タイミング(シフト回数)を、変化タイミング(シフト回数)を特定するためのシフト回数カウンタにセットする(S67108)。予告対象の変動表示(保留情報)に対応する保留表示の表示態様が変化するタイミングは、任意の保留表示のシフトタイミングである。したがって、変化タイミング(シフト回数)を決定することによって、予告対象の変動表示に対応する保留表示に対して何回目のシフトが行なわれるタイミングで表示態様を変化させるかが決定される。たとえば、変化タイミング(シフト回数)を2と決定すると、予告対象の変動表示に対応する保留表示に対して2回目のシフトが行なわれるタイミングで、その保留表示の表示態様を変化させる。
【0209】
図24は、変化タイミング決定テーブルを示す説明図である。S67108において、変化タイミング決定テーブルと合計保留記憶数とに基づいて、予告対象の変動表示に対応する保留表示の変化タイミング(シフト回数)を決定する。具体的には、抽出した最新の入賞時判定結果によって示される変動表示の表示結果が当り(「通常大当り」、「確変大当り」、「突然確変大当り」または「小当り」)であり(入賞時判定結果8指定〜入賞時判定結果14指定の場合)、S67107で決定した先読み演出パターンが第1先読み演出パターンである場合に、図24(A)に示す当り時第1先読み演出変化タイミング決定テーブルを用いる。そして、図24(A)において合計保留記憶数ごとに定められた割合で、予告対象の変動表示に対応する保留表示の変化タイミング(シフト回数)を0(入賞時)〜7のいずれかに決定する。
【0210】
図24に示す例において、変化タイミング(シフト回数)が0であるということは、始動入賞のタイミングで保留表示が第1特別態様または第2特別態様で表示されることである。始動入賞のタイミングで第1特別態様または第2特別態様で保留表示を表示させる場合には、たとえば、新たな保留表示を最初から第1特別態様または第2特別態様で表示することによって実現してもよいし、新たな保留表示を一旦通常態様で表示し、直後に第1特別態様または第2特別態様に変化させて表示することによって実現してもよい。
【0211】
また、抽出した最新の入賞時判定結果によって示される変動表示の表示結果が「はずれ」であり(入賞時判定結果1指定〜入賞時判定結果7指定の場合)、S67107で決定した先読み演出パターンが第1先読み演出パターンである場合に、図24(B)に示すはずれ時第1先読み演出変化タイミング決定テーブルを用いる。そして、図24(B)に示すはずれ時第1先読み演出変化タイミング決定テーブルにおいて合計保留記憶数ごとに定められた割合で、予告対象の変動表示に対応する保留表示の変化タイミング(シフト回数)を0(入賞時)〜7のいずれかに決定する。
【0212】
また、抽出した最新の入賞時判定結果によって示される変動表示の表示結果が当り(たとえば、「通常大当り」、「確変大当り」、「突然確変大当り」または「小当り」)であり(入賞時判定結果8指定〜入賞時判定結果14指定の場合)、S67107で決定した先読み演出パターンが第2先読み演出パターンである場合に、図24(C)に示す当り時第2先読み演出変化タイミング決定テーブルを用いる。そして、図24(C)に示す当り時第2先読み演出変化タイミング決定テーブルにおいて合計保留記憶数ごとに定められた割合で、予告対象の変動表示に対応する保留表示の変化タイミング(シフト回数)を0(入賞時)〜7のいずれかに決定する。
【0213】
また、抽出した最新の入賞時判定結果によって示される変動表示の表示結果が「はずれ」であり(入賞時判定結果1指定〜入賞時判定結果7指定の場合)、S67107で決定した先読み演出パターンが第2先読み演出パターンである場合に、図24(D)に示すはずれ時第2先読み演出変化タイミング決定テーブルを用いる。そして、図24(D)に示すはずれ時第2先読み演出変化タイミング決定テーブルにおいて合計保留記憶数ごとに定められた割合で、予告対象の変動表示に対応する保留表示の変化タイミング(シフト回数)を0(入賞時)〜7のいずれかに決定する。
【0214】
たとえば、当り時第1先読み演出変化タイミング決定テーブルを用いるときに、合計保留記憶数が3である場合には、50%の割合で変化タイミング(シフト回数)を0(入賞時)と決定し、30%の割合で変化タイミング(シフト回数)を1と決定し、20%の割合で変化タイミング(シフト回数)を2と決定する。また、はずれ時第1先読み演出変化タイミング決定テーブルを用いるときに、合計保留記憶数が3である場合には、20%の割合で変化タイミング(シフト回数)を0(入賞時)と決定し、30%の割合で変化タイミング(シフト回数)を1と決定し、50%の割合で変化タイミング(シフト回数)を2と決定する。
【0215】
また、当り時第2先読み演出変化タイミング決定テーブルを用いるときに、合計保留記憶数が3である場合には、30%の割合で変化タイミング(シフト回数)を1と決定し、70%の割合で変化タイミング(シフト回数)を2と決定する。また、はずれ時第2先読み演出変化タイミング決定テーブルを用いるときに、合計保留記憶数が3である場合には、70%の割合で変化タイミング(シフト回数)を1と決定し、30%の割合で変化タイミング(シフト回数)を2と決定する。
【0216】
図24に示す先読み演出変化タイミング決定テーブルにおいて特徴的なことは、第1先読み演出パターンの場合には、変動表示の表示結果が「はずれ」である場合に比べて、変動表示の表示結果が当り(「通常大当り」、「確変大当り」、「突然確変大当り」または「小当り」)である場合の方が、シフト回数が少ない変化タイミングに決定する割合が高くなるように判定値が設定されていることである。これにより、第1先読み演出パターンで先読み演出が行なわれるとき(保留表示が一旦特殊態様で表示されることなく特別態様で表示されるとき)には、保留表示がより少ないシフト回数で通常態様から特別態様に変化した方が、予告対象の変動表示において当りが発生する割合を高くすることができ、さらに始動入賞時(シフト回数0)に特別態様で表示された方が、より当りが発生する割合を高くできる。したがって、保留表示が変化するタイミングに関心を持たせることができ、遊技興趣を高めることができる。
【0217】
図24に示す先読み演出変化タイミング決定テーブルにおいて特徴的なことは、第2先読み演出パターンの場合には、変動表示の表示結果が「はずれ」である場合に比べて、変動表示の表示結果が当り(「通常大当り」、「確変大当り」、「突然確変大当り」または「小当り」)である場合の方が、シフト回数が多い変化タイミングに決定する割合が高くなるように判定値が設定されていることである。これにより、第2先読み演出パターンで先読み演出が行なわれるとき(すなわち始動入賞時に保留表示が特殊態様で表示され、その後、特別態様に変化されるとき)には、特殊態様の保留表示がより多くのシフト回数で(つまり多くのシフトが行なわれた後に)特別態様に変化した方が、予告対象の変動表示において当りが発生する割合を高くできる。すなわち、保留表示が特殊態様で表示されてから特別態様に変化するまでの期間が長くなるほど(つまり変化のタイミングが遅くなるほど)、予告対象の変動表示において当りが発生する割合を高くできる。したがって、保留表示を複数のタイミングで変化させることができるとともに、特殊態様で表示された保留表示が変化するタイミングに注目させることができ、遊技興趣を高めることができる。
【0218】
なお、説明を簡略化するために、保留表示の表示態様を変化させるタイミングを、予告対象の変動表示が開始されるまでの任意のシフトタイミングとしているが、予告対象の変動表示が開始されるまでの任意のタイミングで表示態様を変化可能とする場合には、たとえば、変化させるタイミング(特定のシフトタイミングや特定の変動表示中など)を特定可能な複数種類の変化タイミングパターンを設け、入賞時判定結果に応じていずれかを選択してもよい。
【0219】
また、図24に示す例では、第1先読み演出パターンの場合にはシフト回数が少ない方(つまり変化のタイミングが早いほど)が有利になり、第2先読み演出パターンの場合にはシフト回数が多い方(つまり変化のタイミングが遅いほど)が有利になるように設定されているが、遊技者にわかりやすくするため、第1先読み演出パターンの場合にもシフト回数が多い方(つまり変化のタイミングが遅いほど)が有利になるように設定してもよい。また、第2先読み演出パターンの場合にもシフト回数が少ない方(つまり変化のタイミングが早いほど)が有利になるように設定してもよい。
【0220】
また、図24に示す例では、入賞時判定結果で示される表示結果が当りの場合(「通常大当り」、「確変大当り」、「突然確変大当り」または「小当り」)と「はずれ」の場合とに対応する先読み演出パターン決定テーブルがそれぞれ設けられているが、表示結果が当りであっても、「通常大当り」または「確変大当り」の場合と、「突然確変大当り」または「小当り」の場合とで、異なる割合でいずれかの変化タイミング(シフト回数)に決定する変化タイミング決定テーブルを設けてもよい。また、図22(A)の先読み演出実行決定テーブルと同様に、入賞時判定結果で示される変動パターンごとに、異なる割合でいずれかのいずれかの変化タイミング(シフト回数)に決定する変化タイミング決定テーブルを設けてもよい。これにより、予告対象の変動表示に対応する保留表示の変化タイミングに応じて、予告対象の変動表示において大当りが発生する割合を異ならせるとともに、期待度が高いリーチ演出が行なわれる割合も異ならせることができる。
【0221】
なお、第2先読み演出パターンでは、始動入賞のタイミングで新たな保留表示が特殊態様で表示されるが、始動入賞のタイミングでは保留表示を通常態様で表示し、その後の任意のタイミングで通常態様から特殊態様に変化させ、さらに後の任意のタイミングで特殊態様から特別態様に変化させてもよい。
【0222】
変化タイミング(シフト回数)を決定すると、S67107において決定した先読み演出パターンが、第2先読み演出パターンである場合には(S67109のY)、保留表示の変化タイミングで行なう示唆演出の演出態様を決定する(S67110)。保留表示の表示態様が変化することを示唆する示唆演出がシフトタイミングで実行可能である。また、示唆演出は、第1演出態様または第2演出態様で実行される。S67110では、保留表示の変化タイミングで実行される示唆演出の演出態様が、第1演出態様または第2演出態様のいずれかに決定される。
【0223】
示唆演出の演出態様に応じて、異なる割合で保留表示が第1特別態様または第2特別態様に変化する。具体的には、示唆演出が第1演出態様で実行される場合には、保留表示が第1特別態様に変化する割合が高く、示唆演出が第2演出態様で実行される場合には、保留表示が第2特別態様に変化する割合が高い。したがって、示唆演出が実行されることによって、保留表示の表示態様が変化することが示唆され、示唆演出がいずれの演出態様で実行されるかに応じて、いずれの特別態様に変化しやすいかが示唆される。詳細については後述するが、示唆演出は、保留表示の変化タイミング以外のシフトタイミングでも実行される。そのため、これらを区別するために、保留表示の変化タイミングで実行される示唆演出を示唆演出(成功パターン)ともいい、保留表示の変化タイミング以外のシフトタイミングで実行される示唆演出を示唆演出(通過パターン)ともいう。示唆演出(成功パターン)と示唆演出(通過パターン)とのいずれについても、第1演出態様または第2演出態様で実行される。そのため、示唆演出の演出態様に応じて、保留表示の表示態様が変化する割合が異なるようにしてもよい。たとえば、示唆演出が第1演出態様(この実施の形態の第1演出態様および第2演出態様とは異なる第1演出態様Aとしてもよい)で実行される場合には、保留表示が変化する割合が低く、示唆演出が第2演出態様(この実施の形態の第1演出態様、第2演出態様および第1演出態様Aとは異なる第1演出態様Bとしてもよい)で実行される場合には、保留表示が変化する割合が高くなるようにしてもよい。すなわち、示唆演出が第1演出態様(第1演出態様A)で実行される場合には、示唆演出(成功パターン)である割合が高く、示唆演出が第2演出態様(第1演出態様B)で実行される場合には、示唆演出(通過パターン)である割合が高くなるようにしてもよい。
【0224】
図25は、示唆演出態様決定テーブルを示す説明図である。S67110において、図25に示す示唆演出態様決定テーブルを用いて、保留表示の変化タイミングで行なう示唆演出の演出態様を決定する。具体的には、抽出した最新の入賞時判定結果に基づいて、最終表示態様決定テーブルにおいて入賞時判定結果(変動表示の表示結果)ごとに定められた割合で、演出態様を第1演出態様または第2演出態様のいずれかに決定する。たとえば、入賞時判定結果で変動表示の表示結果が「はずれ」であることが示されている場合(入賞時判定結果1指定〜入賞時判定結果7指定に相当)には、80%の割合で演出態様を第1演出態様に決定し、20%の割合で演出態様を第2演出態様に決定する。入賞時判定結果で変動表示の表示結果が「通常大当り」または「確変大当り」であることが示されている場合(入賞時判定結果8指定〜入賞時判定結果13指定に相当)には、20%の割合で演出態様を第1演出態様に決定し、80%の割合で演出態様を第2演出態様に決定する。また、入賞時判定結果で変動表示の表示結果が「突然確変大当り」または「小当り」であることが示されている場合(入賞時判定結果14指定に相当)には、50%の割合で演出態様を第1演出態様に決定し、50%の割合で演出態様を第2演出態様に決定する。
【0225】
図25に示す示唆演出態様決定テーブルにおいて特徴的なことは、表示結果が「はずれ」である場合(入賞時判定結果1指定〜入賞時判定結果7指定に相当)に比べて、表示結果が「通常大当り」または「確変大当り」である場合(入賞時判定結果8指定〜入賞時判定結果13指定に相当)の方が、第2演出態様に決定される割合が高くなるように設定されていることである。これにより、示唆演出が第2演出態様で実行されたときには、第1演出態様で表示されたときに比べて、予告対象の変動表示において大当りが発生する割合を高くできる。また、変動表示の表示結果が「通常大当り」または「確変大当り」の場合には、保留表示の最終表示態様が第2特別態様になる割合が高いため、示唆演出が第2演出態様で実行されたときには、保留表示の表示態様が第1特別態様よりも期待度が高い第2特別態様に変化する割合が高くなる。したがって、示唆演出に多様性を持たせることができるとともに、いずれの演出態様の示唆演出が実行されるかに着目させることができ、遊技興趣を向上させることができる。
【0226】
なお、図25に示す例では、入賞時判定結果で示される表示結果ごと(「はずれ」、「通常大当り」もしくは「確変大当り」または「突然確変大当り」もしくは「小当り」)に示唆演出の演出態様を決定するための割合が定められているが、図22(A)の先読み演出実行決定テーブルと同様に、入賞時判定結果で示される変動パターンごとに示唆演出の演出態様を決定するための判定値(割合)を設定してもよい。これにより、示唆演出が第2演出態様で実行されたときに、予告対象の変動表示において大当りが発生する割合を高くすることの他に、期待度が高いリーチ演出が行なわれる割合も高くできる。
【0227】
なお、保留表示の表示態様が変化するシフトタイミングで、示唆演出が必ず実行されるが、示唆演出が実行されないことがあってもよい。この場合には、示唆演出によって示唆されることなく、保留表示の表示態様を突然変化させることができるため、意外感を高めることができる。また、示唆演出の演出態様として第1演出態様と第2演出態様との2種類の演出態様が設けられているが、これに限らず3種類以上の演出態様を設け、それぞれ期待度が異なる(表示結果に応じて選択される割合が異なる)ようにしてもよい。
【0228】
示唆演出の演出態様を決定すると、先読み演出の実行が制限されていることを示す先読み演出制限フラグをセットする(S67111)。先読み演出制限フラグがセットされると、S67101の処理によって、先読み演出を重ねて実行しないように制御される。すなわち、いずれかの保留表示が特殊態様で表示されている場合には、新たに先読み演出を実行しないように制御される。そのため、複数の保留表示が特殊態様で表示されることが制限される。したがって、複数の保留表示が特殊態様で表示されることで、どの保留表示に注目すればよいか遊技者を混乱させてしまうことを防止できる。
【0229】
なお、いずれかの保留表示が特殊態様で表示されている場合には、先読み演出を重ねて実行しないように制御されるが、これに限らず、先読み演出を重ねて実行することを一定の割合で許容してもよいし、完全に許容してもよい。すなわち、S67111の処理を一定の割合または完全に省略することで、複数の保留表示が特殊態様で表示されることを一定の割合または完全に許容してもよい。また、いずれかの保留表示が、特殊態様に限らず、第1特別態様または第2特別態様で表示されている場合にも、先読み演出を重ねて実行しないように制御してもよい。たとえば、S67114の処理を実行するときや、S67115の処理を実行するとき、または後述する演出図柄変動開始処理で保留表示を通常態様から特別態様に変化させるタイミングであると判断したとき(たとえば、S954など)に先読み演出制限フラグをセットすることによって実現できる。また、この場合には、特別態様で表示された保留表示が消去されたときに先読み演出制限フラグをリセットしてもよい(保留表示が特別態様で表示されている間は先読み演出の実行が制限される)。これにより、いずれかの保留表示が通常態様以外の表示態様で表示されているときには、新たな先読み演出によって他の保留表示が通常態様以外の表示態様で表示されることが制限されるため、どの保留表示に注目すればよいか遊技者が分かりやすくなる。
【0230】
また、いずれかの保留表示が特殊態様や第1特別態様または第2特別態様で表示されている場合には、新たな先読み演出が実行されやすくしてもよい。すなわち先読み演出が重ねて実行されやすくしてもよい。また、特定の遊技状態(たとえば、確変状態や時短状態)の場合には、先読み演出が重ねて実行されやすくしてもよい。たとえば、先読み演出を重ねて実行することを一定の割合で許容する構成において、特定の遊技状態である場合には、許容する割合を高くすることによって実現できる。
【0231】
次いで、合算保留記憶表示部18cにおいて、新たな保留表示を特殊態様で表示させるように制御する(S67112)。S67112では、新たな保留表示を特殊態様で表示させるように制御するとともに、S67106で決定した最終表示態様を示す情報と、S67110で決定した示唆演出の演出態様を示す情報とを、RAMに形成された保存領域に格納する。これらの情報を記憶させることで、後述する演出図柄変動開始処理において、いずれの最終表示態様と示唆演出の演出態様とに決定されているかを特定できる。
【0232】
また、S67107において決定した先読み演出パターンが、第2先読み演出パターンでない場合(S67109のN)、すなわち第1先読み演出パターンに決定した場合には、S67108で決定した変化タイミングが始動入賞時であるか否かを確認する(S67113)。具体的には、シフト回数カウンタの値が0であるか否かを確認する。そして、変化タイミングが始動入賞時であれば(S67113のY)、合算保留記憶表示部18cにおいて、新たな保留表示をS67107で決定した最終表示態様で表示させるように制御する(S67114)。
【0233】
また、S67113において変化タイミングが入賞時でなければ(S67113のN)、上述のS67110と同様に、保留表示の変化タイミングで行なう示唆演出の演出態様を決定する(S67115)。次いで、合算保留記憶表示部18cにおいて、新たな保留表示を通常態様で表示させるように制御する(S67116)。S67116においても(たとえば、S67115から移行した場合のみ)、S67112と同様に、新たな保留表示を表示させるように制御するとともに、S67106で決定した最終表示態様を示す情報と、S67115で決定した示唆演出の演出態様を示す情報とを、RAMに形成された保存領域に格納する。これらの情報を記憶させておくことで、後述する演出図柄変動開始処理において、いずれの最終表示態様と示唆演出の演出態様とに決定されているかを特定できる。
【0234】
以上のように、入賞時判定結果指定コマンドを受信すると、先読み演出決定処理において、新たな保留表示を通常態様、特殊態様、第1特別態様または第2特別態様のいずれかで表示する処理が行なわれる。
【0235】
第1特別図柄と第2特別図柄とのいずれかの入賞順に変動表示が実行されるが、第1特別図柄と第2特別図柄とのいずれか一方の変動表示を優先して実行する場合には、(1)第1特別図柄の変動表示のみを対象として先読み演出を行なうことと、(2)第2特別図柄の変動表示のみを対象として先読み演出を行なうことと、(3)第1特別図柄および第2特別図柄の変動表示を対象として先読み演出を行なうこととの3種類の構成が考えられる。
【0236】
第2特別図柄の変動表示を優先して実行する構成に、上記(1)の構成を加えた場合には、第1保留記憶数の上限値(本例では4)に応じて、シフト回数カウンタには最大4がセットされる。ただし、上記(1)の構成で、第1特別図柄の変動表示に対応する保留表示の表示態様を変化させる先読み演出を実行しても、第2始動入賞口14への入賞が発生すると、第2特別図柄の変動表示が割り込んで(入賞順ではなく優先して)実行されるため、第2特別図柄の変動表示が行なわれる場合には、シフトタイミングであっても、後述する演出図柄変動開始処理のS953でシフト回数カウンタの値を減算しないことが望ましい。また、上記(3)の構成で、第1特別図柄の変動表示に対応する保留表示の表示態様を変化させる先読み演出を実行した場合も同様に、第2特別図柄の変動表示が行なわれる場合には、後述する演出図柄変動開始処理のS953でシフト回数カウンタの値を減算しないことが望ましい。
【0237】
また、第2特別図柄の変動表示を優先して実行する構成に、上記(2)の構成を加えた場合には、第2保留記憶数の上限値(本例では4)に応じて、シフト回数カウンタには最大4がセットされる。この場合には、上記(1)の構成とは異なり、第1特別図柄または第2特別図柄のいずれの変動表示が行なわれるときでも、シフトタイミングになればシフト回数カウンタの値を減算する。また、上記(3)の構成で、第2特別図柄の変動表示に対応する保留表示の表示態様を変化させる先読み演出を実行した場合も同様に、第1特別図柄または第2特別図柄のいずれの変動表示が行なわれるときでも、シフトタイミングになればシフト回数カウンタの値を減算する。
【0238】
なお、第2特別図柄の変動表示を優先して実行する場合には、高ベース中には、第1特別図柄の変動表示を対象として先読み演出をしなくてもよい。また、第2特別図柄の変動表示を優先して実行する場合には、大当り遊技中の第1始動入賞口13への入賞に基づく先読み演出をしなくてもよい。このような構成は、高ベース中や大当り遊技中には、遊技制御用マイクロコンピュータ560において、第1始動入賞口13への入賞が発生しても、S1217の入賞時演出処理を実行しないようにしたり、演出制御用マイクロコンピュータ100において受信した入賞時判定結果指定コマンドを破棄したり、先読み演出を実行することに決定されても、実行しないように制御することで実現できる。また、第2特別図柄の変動表示を優先して実行する構成に上記(3)の構成を加える場合に、高ベース中または大当り遊技中には、第1始動入賞口13への入賞に基づく先読み演出を行なわないが、第2始動入賞口14への入賞に基づく先読み演出は行なうようにしてもよい。このような構成は、高ベース中や大当り遊技中には、遊技制御用マイクロコンピュータ560において、第1始動入賞口13への入賞が発生しても、S1217の入賞時演出処理を実行しないようにしたり、演出制御用マイクロコンピュータ100において受信した第1始動入賞口13への入賞に基づく入賞時判定結果指定コマンドを破棄したり、先読み演出を実行することに決定されても、実行しないように制御することで実現できる。
【0239】
なお、第2特別図柄の変動表示を優先して実行する構成に、上記(1)の構成を加える場合には、第2始動入賞口14への入賞に基づく保留記憶が存在している状態で、第1始動入賞口13への入賞が発生したときには、その第1始動入賞口13への入賞に基づく保留記憶を対象とした先読み演出を実行しないようにしてもよい。また、第2特別図柄の変動表示を優先して実行する構成に、上記(1)の構成を加える場合には、第1始動入賞口13への入賞に基づく保留記憶を対象とした先読み演出の実行を決定している状態で、第2始動入賞口14への入賞が発生したときには、すでに決定していた先読み演出の実行をキャンセルしてもよい。
【0240】
なお、第1特別図柄と第2特別図柄とのいずれか入賞順に変動表示が実行されるが、第1特別図柄の変動表示のみを対象として先読み演出を行なう構成(上記(1))、または第2特別図柄の変動表示のみを対象として先読み演出を行なう構成(上記(2))を加えるようにしてもよい。また、第1特別図柄と第2特別図柄とのいずれか入賞順に変動表示が実行されるが、高ベース中または大当り遊技中には、第1始動入賞口13への入賞に基づく先読み演出を行なわないようにしてもよい。
【0241】
図26は、図17に示されたメイン処理における演出制御プロセス処理(S705)を示すフローチャートである。演出制御プロセス処理では、演出制御プロセスフラグの値に応じてS800〜S806のうちのいずれかの処理を行なう。各処理において、以下のような処理を実行する。演出制御プロセス処理では、演出表示装置9の表示状態が制御され、演出図柄の変動表示が実現されるが、第1特別図柄の変動に同期した演出図柄の変動表示に関する制御も、第2特別図柄の変動に同期した演出図柄の変動表示に関する制御も、一つの演出制御プロセス処理において実行される。
【0242】
変動パターンコマンド受信待ち処理(S800):遊技制御用マイクロコンピュータ560から変動パターンコマンドを受信しているか否か確認する。具体的には、コマンド解析処理でセットされる変動パターンコマンド受信フラグがセットされているか否か確認する。変動パターンコマンドを受信していれば、演出制御プロセスフラグの値を演出図柄変動開始処理(S801)に対応した値に変更する。
【0243】
演出図柄変動開始処理(S801):演出図柄の変動が開始されるように制御する。そして、演出制御プロセスフラグの値を演出図柄変動中処理(S802)に対応した値に更新する。
【0244】
演出図柄変動中処理(S802):プロセスタイマ(プロセスの実行時間を計時するタイマ)に基づいて変動パターンを構成する各変動状態(変動速度)の切替タイミング等を制御するとともに、変動時間タイマ(変動時間を計時するタイマ)に基づいて変動時間の終了を監視する。そして、変動時間が終了するか、または、図柄確定指定コマンドを受信したら、演出制御プロセスフラグの値を演出図柄変動停止処理(S803)に対応した値に更新する。
【0245】
演出図柄変動停止処理(S803):全図柄停止を指示する演出制御コマンド(図柄確定指定コマンド)を受信したことに基づいて、演出図柄の変動を停止し表示結果(停止図柄)を導出表示する制御を行なう。そして、演出制御プロセスフラグの値を大当り表示処理(S804)または変動パターンコマンド受信待ち処理(S800)に対応した値に更新する。
【0246】
大当り表示処理(S804):変動時間の終了後、演出表示装置9に大当りの発生を報知するための画面を表示する制御を行なう。そして、演出制御プロセスフラグの値を大当り遊技中処理(S805)に対応した値に更新する。
【0247】
大当り遊技中処理(S805):大当り遊技中の制御を行なう。たとえば、大入賞口開放中指定コマンドや大入賞口開放後指定コマンドを受信したら、演出表示装置9におけるラウンド数の表示制御等を行なう。そして、演出制御プロセスフラグの値を大当り終了演出処理(S806)に対応した値に更新する。
【0248】
大当り終了演出処理(S806):演出表示装置9において、大当り遊技状態が終了したことを遊技者に報知する表示制御を行なう。具体的には、大当り終了画面(大当り遊技の終了を報知する画面)を表示する演出を所定期間実行した後、先読み演出制限フラグをリセットする。そして、演出制御プロセスフラグの値を変動パターンコマンド受信待ち処理(S800)に対応した値に更新する。
【0249】
演出制御プロセス処理では、上記した各処理により、演出表示装置9の表示状態が制御され、演出図柄の変動表示が開始され、演出図柄の停止図柄が導出表示される。たとえば、受信した変動パターンコマンド、および、表示結果指定コマンドに基づいて、実行される変動表示について、指定された変動パターン、および、表示結果を認識し、次のようにこの演出図柄の停止図柄を決定する。演出図柄変動開始処理(S801)においては、表示結果に応じて、演出図柄の停止図柄決定用の乱数値SR1−1〜SR1−3のうちから各種表示結果を決定するために必要な種類の乱数値を抽出し、これらと、演出図柄を示すデータと数値とが対応付けられている停止図柄決定テーブルとを用いて、演出図柄の停止図柄を決定する。演出制御基板80の側において、左演出図柄(左図柄)決定用の乱数値SR1−1、中演出図柄(中図柄)決定用の乱数値SR1−2、右演出図柄(右図柄)決定用の乱数値SR1−3、および、後述する擬似連演出決定用の乱数値SR2等のそれぞれを示す数値データがカウント可能に制御される。なお、演出効果を高めるために、これら以外の乱数値が用いられてもよい。
【0250】
このような乱数値SR1−1〜SR1−3,SR2等のそれぞれは、演出制御用マイクロコンピュータ100においてソフトウェアによりカウント値を更新するランダムカウンタのカウントにより生成されるものであり、それぞれについて設定された所定の数値範囲内でそれぞれ巡回更新され、それぞれについて定められたタイミングで抽出されることにより乱数として用いられる。すなわち、抽出した乱数値と同じ数値に対応する演出図柄の組合せを示すデータを選択することによって停止図柄を決定する。そして、演出図柄の変動表示を停止するときに、このように決定された停止図柄で演出図柄を停止させる。演出図柄についても、大当りを想起させるような停止図柄を大当り図柄という。そして、はずれを想起させるような停止図柄をはずれ図柄という。
【0251】
具体的に、演出図柄の停止図柄は、たとえば、次のように決定する。以下の説明において、リーチ状態となった後にはずれ表示結果となることを「リーチはずれ」といい、リーチ状態とならずにはずれ表示結果となることを「非リーチはずれ」というものとする。
【0252】
非リーチはずれの図柄の組合せを決定する場合においては、所定のタイミングでSR1−1〜SR1−3のそれぞれから数値データ(乱数)を抽出し、ROM102に記憶されたはずれ図柄決定用データテーブル(乱数値とはずれ図柄になる左,中,右の演出図柄との関係を示すデータテーブル)を用い、抽出した乱数に対応する図柄がそれぞれ左,中,右の演出図柄の変動表示結果となる停止図柄の組合せとして決定される。また、このように非リーチはずれの図柄の組合せを決定する場合において、抽出された乱数に対応する停止図柄が偶然大当り図柄の組合せと一致する場合には、はずれ図柄の組合せとなるように補正(たとえば、右図柄を1図柄ずらす補正)して各停止図柄が決定される。また、抽出された乱数に対応する停止図柄が偶然リーチ図柄となってしまう場合には、非リーチはずれ図柄の組合せとなるように補正(たとえば、右図柄を1図柄ずらす補正)して各停止図柄が決定される。このように決定された非リーチはずれ図柄の組合せが、変動表示結果である最終停止図柄として用いられる。
【0253】
また、リーチはずれの図柄の組合せを決定する場合においては、所定のタイミングでSR1−1〜SR1−3のそれぞれから数値データ(乱数)を抽出し、ROM102に記憶されたはずれ図柄決定用データテーブルを用い、SR1−1から抽出された乱数に対応する図柄が、リーチ状態を形成する各演出図柄(左,右演出図柄)の停止図柄として決定され、SR1−2から抽出された乱数に対応する図柄が、最後に停止する演出図柄(中演出図柄)の停止図柄として決定される。このように決定されたリーチはずれ図柄の組合せが、変動表示結果である最終停止図柄として用いられる。
【0254】
また、大当りの図柄の組合せを決定する場合においては、大当りの種別に応じて大当り図柄の組合せを決定する。たとえば、確変大当りとなるときには、確変大当りを想起させるような確変大当り図柄の組合せ(たとえば、左,中,右演出図柄が「7,7,7」というようないずれかの奇数図柄が揃った図柄の組合せ)を選択決定する。また、通常大当りとなるときには、通常大当りを想起させるような通常大当り図柄の組合せ(たとえば、左,中,右演出図柄が「2,2,2」というようないずれかの偶数図柄が揃った図柄の組合せ)を選択決定する。また、突確大当りまたは小当りとなるときは、チャンス目図柄の組合せ(たとえば、左,中,右が「1,2,3」というような特定のはずれ図柄の組合せ)を選択決定する。
【0255】
確変大当りにすることに決定されているときには、ROM102に記憶された確変大当り図柄決定用テーブル(乱数値と確変大当り図柄になる左,中,右の演出図柄との関係を示すデータテーブル)を用いて、左,中,右演出図柄がいずれかの奇数図柄で揃った組合せを選択決定する。確変大当り図柄決定用テーブルは、予め定められた複数種類の奇数図柄のそれぞれに、SR1−1のそれぞれの数値データが対応付けられている。確変大当り図柄の組合せを決定するときには、所定のタイミングでSR1−1から数値データ(乱数)を抽出し、確変大当り図柄決定用テーブルを用い、抽出した乱数に対応する図柄が、確変大当り図柄の組合せを構成する左,中,右演出図柄の停止図柄の組合せとして決定される。このように決定された確変大当り図柄の組合せが、変動表示結果である最終停止図柄として用いられる。
【0256】
また、通常大当りにすることに決定されているときには、ROM102に記憶された通常大当り図柄決定用テーブル(乱数値と通常大当り図柄になる左,中,右の演出図柄との関係を示すデータテーブル)を用いて、左,中,右演出図柄がいずれかの偶数図柄で揃った組合せを選択決定する。通常大当り図柄決定用テーブルは、予め定められた複数種類の偶数図柄のそれぞれに、SR1−1のそれぞれの数値データが対応付けられている。通常大当り図柄の組合せを決定するときには、所定のタイミングでSR1−1から数値データ(乱数)を抽出し、通常大当り図柄決定用テーブルを用い、抽出した乱数に対応する図柄が、通常大当り図柄の組合せを構成する左,中,右演出図柄の停止図柄の組合せとして決定される。このように決定された通常大当り図柄の組合せが変動表示結果である最終停止図柄として用いられる。
【0257】
また、突確大当りまたは小当りにすることに決定されているときには、ROM102に記憶されたチャンス目図柄決定用テーブル(乱数値とチャンス目になる左,中,右の演出図柄との関係を示すデータテーブル)を用いて、チャンス目図柄の組合せを選択決定する。チャンス目図柄決定用テーブルは、複数種類のチャンス目図柄の組合せのそれぞれに、SR1−1のそれぞれの数値データが対応付けられている。チャンス目図柄の組合せを決定するときには、所定のタイミングでSR1−1から数値データ(乱数)を抽出し、チャンス目図柄決定用テーブルを用い、抽出した乱数に対応する図柄が、チャンス目図柄の組合せを構成する左,中,右演出図柄の停止図柄の組合せとして決定される。このように決定された突確大当り図柄または小当り図柄の組合せが変動表示結果である最終停止図柄として用いられる。
【0258】
また、変動パターンコマンドにおいてノーマルリーチが指定されたときには、各ノーマルリーチの種類に対応したリーチ演出が行なわれる。さらに、変動パターンコマンドにおいてスーパーリーチが指定されたときには、各スーパーリーチの種類に対応したリーチ演出が行なわれる。
【0259】
そして、演出制御用マイクロコンピュータ100においては、確変状態指定コマンドに基づいて確変状態であることを認識でき、時短状態指定コマンドに基づいて時短状態であることを認識できるので、演出表示装置9等の演出装置により、確変状態および時短状態に応じて特有の演出を行なうことができる。
【0260】
たとえば、演出制御用マイクロコンピュータ100においては、遊技制御用マイクロコンピュータ560から送信されてくる通常状態指定コマンド、時短状態指定コマンド、確変状態指定コマンド等に基づいて、遊技状態がどのような状態にあるかを特定するデータを記憶し、その記憶データに基づいて、遊技状態を常に認識する。そして、このように認識している遊技状態と、遊技制御用マイクロコンピュータ560から送信されてくる変動パターンコマンドとに基づいて、演出制御用マイクロコンピュータ100は、現在の遊技状態に応じた演出態様で演出図柄の変動表示を実行させることが可能である。
【0261】
図27は、図26に示された演出制御プロセス処理における演出図柄変動開始処理(S801)を示すフローチャートである。演出制御用CPU101は、演出図柄変動開始処理において、以下の処理をする。まず、変動パターンコマンドに基づいて擬似連の変動パターンが選択されたときの擬似連の演出に関する設定等の処理をする擬似連演出処理を実行する(S900)。次いで、入賞時判定結果記憶バッファが記憶する1つ目の入賞時判定結果(最も古い判定結果)を削除し、入賞時判定結果記憶バッファの内容をシフトするとともに、合算保留記憶表示部18cにおける1つ目の保留表示を消去し、残りの保留表示を1つずつシフトして、合算保留記憶表示部18cにおける合算保留記憶数表示を更新する(S950)。たとえば、合算保留記憶表示部18cの1つ目〜5つ目の保留表示が表示されていた場合に、シフトタイミングで1つ目の保留表示が消去されるとともに、2つ目に表示されていた保留表示が1つ目の表示領域にシフトされ、3つ目に表示されていた保留表示が2つ目の表示領域にシフトされ、4つ目に表示されていた保留表示が3つ目の表示領域にシフトされ、5つ目に表示されていた保留表示が4つ目の表示領域にシフトされる。第1特別図柄と第2特別図柄とのいずれか一方の変動表示を優先して実行する場合には、第1特別図柄の変動表示に同期して演出図柄の変動表示を実行するとき(具体的には、第1図柄変動指定コマンド受信フラグがセットされている場合)には、第1入賞時判定結果記憶バッファが記憶する1つ目の入賞時判定結果を削除し、第1入賞時判定結果記憶バッファの内容をシフトする。また、第2特別図柄の変動表示に同期して演出図柄の変動表示を実行するとき(具体的には、第2図柄変動指定コマンド受信フラグがセットされている場合)には、第2入賞時判定結果記憶バッファが記憶する1つ目の入賞時判定結果を削除し、第2入賞時判定結果記憶バッファの内容をシフトする。
【0262】
次いで、変化タイミング(シフト回数)を特定するためのシフト回数カウンタの値が0より大きいか否かを確認する(S951)。シフト回数カウンタの値が0より大きいということは、合算保留記憶表示部18cに表示されている保留表示のうちのいずれかについて、表示態様を変化させる先読み演出を実行することが決定されていることを示している。したがって、S951では、先読み演出を実行すること(保留表示の表示態様を変化させること)が決定されているか否かが確認されている。
【0263】
シフト回数カウンタの値が0より大きくない場合(S951のN)、すなわち、シフト回数カウンタの値が0であって、先読み演出を実行すること(保留表示の表示態様を変化させること)が決定されていない場合には、処理をS955に移行する。
【0264】
一方、シフト回数カウンタの値が0より大きい場合(S951のY)、すなわち、先読み演出を実行すること(保留表示の表示態様を変化させること)が決定されている場合には、演出用合算保留記憶数カウンタの値を1減算する(S952)。また、シフト回数カウンタの値を1減算する(S953)。次いで、シフト回数カウンタの値が0であるか否かを確認する(S954)。S953でシフト回数カウンタの値を1減算した結果、シフト回数カウンタの値が0になったということは、合算保留記憶表示部18cに表示されている保留表示のうちのいずれかの表示態様を変化させる先読み演出を実行するタイミングであることを示している。したがって、S954では、保留表示の表示態様を変化させる先読み演出の変化タイミングであるか否かが確認されている。
【0265】
S954において、シフト回数カウンタの値が0ではない場合、すなわち、保留表示の表示態様を変化させる先読み演出の変化タイミングではない場合には、処理をS955に移行する。一方、シフト回数カウンタの値が0である場合、すなわち、保留表示の表示態様を変化させる先読み演出の変化タイミングである場合には、処理をS959に移行する。
【0266】
S955では、変動パターンコマンド格納領域から変動パターンコマンドを読み出す(S955)。次いで、S955で読み出した変動パターンコマンド、および表示結果指定コマンド格納領域に格納されているデータ(受信した表示結果指定コマンド)に応じて、演出図柄の表示結果(停止図柄)を決定する(S956)。すなわち、演出制御用CPU101によってS956の処理が実行されることによって、変動表示パターン決定手段が決定した変動表示パターン(変動パターン)に応じて、識別情報の変動表示の表示結果(演出図柄の停止図柄)を決定する表示結果決定手段が実現される。決定した演出図柄の停止図柄を示すデータを演出図柄表示結果格納領域に格納する。
【0267】
次いで、保留表示の表示態様が変化することを示唆する示唆演出の演出態様を決定する(S957)。ここで、S957の処理は、先読み演出によって保留表示の表示態様が変化するタイミングで実行されるものではない。したがって、S957では、保留表示の表示態様が変化することを示唆するものの、結果的には表示態様が変化しないときに実行される示唆演出の演出態様を決定する。保留表示の表示態様が変化するときに実行される示唆演出(成功パターン)と区別するために、表示態様が変化しないときに実行される示唆演出を示唆演出(通過パターン)ともいう。
【0268】
S957では、先読み演出制限フラグがセットされていないとき、すなわち合算保留記憶表示部18cにおいていずれの保留表示も特殊態様で表示されていないときには、図27(A)に示す示唆演出(通過パターン)決定テーブルの割合で、示唆演出(通過パターン)を実行しない、または第1演出態様もしくは第2演出態様で実行すると決定する。また、先読み演出制限フラグがセットされているとき、すなわち合算保留記憶表示部18cにおいていずれかの保留表示が特殊態様で表示されているときには、図27(B)に示す示唆演出(通過パターン)決定テーブルの割合で、示唆演出(通過パターン)を実行しない、または第1演出態様もしくは第2演出態様で実行すると決定する。示唆演出(通過パターン)決定テーブルには、決定事項(「演出なし」、「第1演出態様」または「第2演出態様」)に対応する判定値が割り当てられているが、図27(A)、(B)に示す例では、説明を簡略化するために、割り当てられた判定値の割合が示されている。たとえば、示唆演出(通過パターン)の演出態様を決定するための乱数を抽出し、抽出した乱数に一致する判定値が割り当てられている決定事項(「演出なし」、「第1演出態様」または「第2演出態様」)に決定する。
【0269】
たとえば、先読み演出制限フラグがセットされていないとき、すなわち合算保留記憶表示部18cにおいていずれの保留表示も特殊態様で表示されていないときには、60%の割合で示唆演出(通過パターン)を実行しないと決定され、30%の割合で示唆演出を第1演出態様で実行すると決定され、10%の割合で示唆演出を第2演出態様で実行すると決定される。また、先読み演出制限フラグがセットされているとき、すなわち合算保留記憶表示部18cにおいていずれかの保留表示が特殊態様で表示されているときには、0%の割合で示唆演出(通過パターン)を実行しないと決定され、60%の割合で示唆演出を第1演出態様で実行すると決定され、40%の割合で示唆演出を第2演出態様で実行すると決定される。
【0270】
図27(A)、(B)に示すように、先読み演出制限フラグがセットされている場合、すなわち合算保留記憶表示部18cにおいていずれかの保留表示が特殊態様で表示されている場合には、そうでない場合に比べて高い割合で示唆演出が実行される。したがって、保留表示が特殊態様で表示されているときの期待感を高めることができ、遊技興趣を高めることができる。なお、保留表示の表示態様が変化するタイミングでも示唆演出が実行されるため、保留表示が特殊態様で表示されているときには、常に示唆演出が実行されるが、保留表示が特殊態様で表示されているときであっても、示唆演出が実行されないことがあってもよい。ただし、この場合にも、保留表示が特殊態様で表示されていないときに比べて高い割合で示唆演出が実行されることが望ましい。
【0271】
また、先読み演出制限フラグがセットされている場合、すなわち合算保留記憶表示部18cにおいていずれかの保留表示が特殊態様で表示されている場合には、その保留表示の最終表示態様が第1表示態様または第2表示態様のいずれであるかに応じて、異なる割合で示唆演出の演出態様を第1演出態様または第2演出態様に決定してもよい。たとえば、最終表示態様が第1表示態様よりも期待度が高い第2表示態様に決定されている場合には、示唆演出の演出態様が第1演出態様よりも期待度が高い第2演出態様に決定される割合を高くしてもよい。また、後述するように、保留表示の表示態様が変化することを示唆する示唆演出として、演出表示装置9において、表示領域の右側から矢が飛んでくる表示制御が行なわれ、保留表示の表示態様が変化する場合(示唆演出(成功パターン)の場合)には、飛んできた矢が予告対象となる保留情報に対応する保留表示に突き刺さる表示制御が行なわれる。また、保留表示の表示態様が変化しない場合(示唆演出(通過パターン)の場合)には、飛んできた矢がそのまま表示領域を通過する表示制御が行なわれる。したがって、S957では、後述するS962のように、演出用合算保留記憶数カウンタを用いて予告対象となる保留情報に対応する保留表示を特定する必要はない。なお、保留表示の表示態様を変化させるタイミングであるときと、そのタイミングではないときとの両方で、保留表示の表示態様が変化することを示唆する示唆演出として、演出表示装置9において、表示領域の右側から矢が飛んできた矢が予告対象となる保留情報に対応する保留表示に突き刺さる表示制御を行ない、保留表示の表示態様を変化させるタイミングであるときには、矢が突き刺さった保留表示の表示態様が変化させ(示唆演出(成功パターン)に相当)、保留表示の表示態様を変化させるタイミングではないときには、矢が突き刺さった保留表示の表示態様が変化させない(本例の示唆演出(通過パターン)に相当)ようにしてもよい。この場合には、S957において、後述するS962のように、演出用合算保留記憶数カウンタを用いて予告対象となる保留情報に対応する保留表示を特定し、S958において特定した保留表示に対する示唆演出を実行するためのプロセステーブルを選択してもよいし、表示されている保留表示の中から矢が突き刺さる保留表示をランダムに決定し、決定した保留表示に対する示唆演出を実行するためのプロセステーブルを選択してもよい。
【0272】
次いで、決定した示唆演出(通過パターン)の演出態様と変動パターンとに応じたプロセステーブルを選択する(S958)。そして、選択したプロセステーブルのプロセスデータ1におけるプロセスタイマをスタートさせる(S963)。
【0273】
プロセステーブルとは、演出制御用CPU101が演出装置の制御を実行する際に参照するプロセスデータが設定されたテーブルである。すなわち、プロセステーブルに設定されているプロセスデータに従って演出表示装置9等の演出装置(演出用部品)の制御を行なう。プロセステーブルは、演出制御基板80におけるROMに格納されている。また、プロセステーブルは、各変動パターンに応じて用意されている。プロセステーブルは、プロセスタイマ設定値と表示制御実行データ、ランプ制御実行データおよび音番号データの組み合わせが複数集まったデータで構成されている。表示制御実行データには、演出図柄の変動表示の変動表示時間(変動時間)中の変動態様を構成する各変動の態様や、合算保留記憶表示部18cにおける先読み演出の態様を示すデータ、示唆演出の態様を示すデータ等が記載されている。具体的には、演出表示装置9の表示画面の変更に関わるデータが記載されている。また、プロセスタイマ設定値には、その変動の態様での変動時間が設定されている。プロセステーブルを参照し、プロセスタイマ設定値に設定されている時間だけ表示制御実行データに設定されている変動の態様で演出図柄を表示させる制御を行なう。
【0274】
プロセステーブルは、演出制御基板80におけるROMに格納されている。また、プロセステーブルは、各変動パターンに応じて用意されている。リーチ演出を伴う変動パターンについて演出制御を実行する場合に用いられるプロセステーブルには、変動開始から所定時間が経過したときに左図柄を停止表示させ、さらに所定時間が経過すると右図柄を停止表示させることを示すプロセスデータが設定されている。
【0275】
また、プロセスデータ1の内容(表示制御実行データ1、ランプ制御実行データ1、音番号データ1)に従って演出装置(演出用部品としての演出表示装置9、演出用部品としての各種ランプおよび演出用部品としてのスピーカ27R,27L)の制御を実行する。たとえば、演出表示装置9において変動パターンに応じた画像を表示させるために、VDP109に指令を出力する。また、各種ランプを点灯/消灯制御を行なわせるために、ランプドライバ基板35に対して制御信号(ランプ制御実行データ)を出力する。また、スピーカ27R,27Lからの音声出力を行なわせるために、音声出力基板70に対して制御信号(音番号データ)を出力する。
【0276】
次いで、変動時間タイマに、変動パターンコマンドで特定される変動時間に相当する値を設定し(S965)、演出制御プロセスフラグの値を演出図柄変動中処理(S802)に対応した値にする(S966)。
【0277】
S954でシフト回数カウンタの値が0であると判断した場合、すなわち、保留表示の表示態様を変化させる先読み演出の変化タイミングである場合には、先読み演出制限フラグがセットされていれば、それをリセットする(S959)。このような処理が実行されることによって、保留表示が特殊態様で表示されている期間は新たに先読み演出を実行することを制限することができ、複数の保留表示が特殊態様で表示されることを制限できる。
【0278】
次いで、変動パターンコマンド格納領域から変動パターンコマンドを読み出す(S960)。次いで、S960で読み出した変動パターンコマンド、および表示結果指定コマンド格納領域に格納されているデータ(受信した表示結果指定コマンド)に応じて、演出図柄の表示結果(停止図柄)を決定する(S961)。次いで、示唆演出の演出態様と、演出用合算保留記憶数カウンタによって特定される保留表示の最終表示態様と、変動パターンとに応じた表示態様変化時用のプロセステーブルを選択する(S962)。そして、S963に移行する。
【0279】
表示態様変化時用のプロセステーブルとは、演出図柄の変動表示とともに、演出図柄の変動開始時に、示唆演出(成功パターン)を実行し、特定の保留表示の表示態様を変化させる先読み演出を実行する制御を行なうためのプロセスデータが設定されたテーブルである。実行する示唆演出(成功パターン)や先読み演出の態様に応じて複数種類の表示態様変化時用のプロセステーブルが設けられている。また、先読み演出決定処理において決定され(S67110またはS67115)、記憶されている示唆演出(成功パターン)の演出態様(本例では、第1演出態様または第2演出態様)と、演出用合算保留記憶数カウンタによって特定される演出対象の保留表示(たとえば、演出用合算保留記憶数カウンタの値が2のときには、合算保留記憶表示部18cにおける2つ目の保留表示)と、先読み演出決定処理において決定され(S67106)、記憶されている最終表示態様(本例では、第1表示態様または第2表示態様)とに基づいて、どのような態様で示唆演出(成功パターン)を実行し、どの保留表示をどのような表示態様に変化させる先読み演出を実行するかを特定できる。したがって、示唆演出(成功パターン)の演出態様と、演出用合算保留記憶数カウンタによって特定される保留表示の最終表示態様と、変動パターンとに応じて、複数種類の表示態様変化時用のプロセステーブルのいずれかを選択し、選択した表示態様変化時用のプロセステーブルのプロセスデータ1の内容に従って演出装置の制御を実行することによって、先読み演出決定処理で決定された演出態様で示唆演出(成功パターン)を実行し、予告対象の変動表示に対応する保留表示を決定された表示態様に変化させる先読み演出を実行できる。
【0280】
次に、先読み演出の具体例について説明する。図28は、第1先読み演出パターンに基づく先読み演出の具体例を示す説明図である。図28(A)に示されるように、演出表示装置9において、演出図柄の変動表示中であって、合算保留記憶表示部18cに2つの保留表示が通常態様(本例では「○」)で表示されているときに始動入賞が行なわれると、先読み演出の態様(先読み演出パターン、最終表示態様、変化タイミング)および示唆演出の態様が決定され、決定結果に応じて新たな保留表示が表示される。図28に示す例では、先読み演出パターンを第1先読み演出パターンと決定し、最終表示態様を第1特別態様または第2特別態様と決定し、変化タイミングを始動入賞時(シフト回数0)またはシフト回数1と決定する。また、示唆演出(成功パターン)の演出態様を、第1演出態様または第2演出態様と決定する。
【0281】
第1先読み演出パターンに基づく先読み演出では、予告対象となる変動表示(保留情報)に対応する保留表示が、一旦特殊態様で表示されることなく、最終表示態様の第1特別態様または第2特別態様で表示される。また、保留表示が第1特別態様または第2特別態様で表示されるタイミングは、始動入賞のタイミングまたは任意のシフトタイミングである。そこで、変化タイミングが始動入賞時(シフト回数0)に決定され、最終表示態様が第1特別態様に決定された場合には、図28(B1)に示すように、始動入賞のタイミングで、合算保留記憶表示部18cに3つ目の保留表示が第1特別態様(本例では「○」内に「×」が含まれる)で表示される。また、変化タイミングが始動入賞時(シフト回数0)に決定され、最終表示態様が第2特別態様に決定された場合には、図28(B2)に示すように、始動入賞のタイミングで、合算保留記憶表示部18cに3つ目の保留表示が第2特別態様(本例では「○」内に「×」が2つ含まれる)で表示される。
【0282】
また、最終表示態様が第1特別態様または第2特別態様であっても、変化タイミングが始動入賞のタイミング(シフト回数0)ではなく、任意のシフトタイミング(ここでは、シフト回数1)に決定された場合には、図28(B3)に示すように、始動入賞のタイミングでは、合算保留記憶表示部18cに3つ目の保留表示が通常態様(本例では「○」)で表示される。そして、演出図柄の変動表示が停止し(図28(C))、1つ目の保留表示に対応する保留情報に基づく変動表示が開始されると、1つ目の保留表示が消去され、2つ目と3つ目の保留表示がそれぞれシフトされる。
【0283】
このとき、変化タイミングがシフト回数1に決定され、示唆演出(成功パターン)の演出態様が第1演出態様に決定されている場合には、保留表示の表示態様が変化することを示唆する示唆演出として、演出表示装置9において、表示領域の右側から黒い矢が飛んでくる表示制御がおこなわれる(図28(D1))。
【0284】
そして、最終表示態様が第1特別態様に決定されている場合には、図28(E1)に示すように、シフトのタイミングで、合算保留記憶表示部18cの2つ目の保留表示(図28(B3)で新たに表示された保留表示に相当)に黒い矢が刺さる演出(第1演出態様の示唆演出(成功パターン))が行なわれるとともに、黒い矢が刺さった保留表示が第1特別態様(本例では「○」内に「×」が含まれる)に変化して表示される。また、最終表示態様が第2特別態様に決定されている場合には、図28(E2)に示すように、シフトのタイミングで、合算保留記憶表示部18cの2つ目の保留表示(図28(B3)で新たに表示された保留表示に相当)に黒い矢が刺さる演出(第1演出態様の示唆演出(成功パターン))が行なわれるとともに、黒い矢が刺さった保留表示が第2特別態様(本例では「○」内に「×」が2つ含まれる)に変化して表示される。
【0285】
また、変化タイミングがシフト回数1に決定され、示唆演出(成功パターン)の演出態様が第2演出態様に決定されている場合には、保留表示の表示態様が変化することを示唆する示唆演出として、演出表示装置9において、表示領域の右側から白い矢が飛んでくる表示制御がおこなわれる(図28(D2))。
【0286】
そして、最終表示態様が第1特別態様に決定されている場合には、図28(E3)に示すように、シフトのタイミングで、合算保留記憶表示部18cの2つ目の保留表示(図28(B3)で新たに表示された保留表示に相当)に白い矢が刺さる演出(第2演出態様の示唆演出(成功パターン))が行なわれるとともに、白い矢が刺さった保留表示が第1特別態様(本例では「○」内に「×」が含まれる)に変化して表示される。また、最終表示態様が第2特別態様に決定されている場合には、図28(E4)に示すように、シフトのタイミングで、合算保留記憶表示部18cの2つ目の保留表示(図28(B3)で新たに表示された保留表示に相当)に白い矢が刺さる演出(第2演出態様の示唆演出(成功パターン))が行なわれるとともに、白い矢が刺さった保留表示が第2特別態様(本例では「○」内に「×」が2つ含まれる)に変化して表示される。
【0287】
既に説明しているように、示唆演出(成功パターン)の演出態様が第2演出態様であるときには、第1演出態様であるときに比べて、保留表示の表示態様が第1特別態様よりも大当りとなる期待度が高い第2特別態様になる割合が高くなる。したがって、示唆演出(成功パターン)の演出態様が第1演出態様であるとき、すなわち黒い矢が飛んできて保留表示に刺さったときには、保留表示が期待度の低い第1特別態様に変化する割合が高い。つまり図28(D1)から図28(E1)に移行する割合が高い。一方、示唆演出(成功パターン)の演出態様が第2演出態様であるとき、すなわち白い矢が飛んできて保留表示に刺さったときには、保留表示が期待度の高い第2特別態様に変化する割合が高い。つまり図28(D2)から図28(E4)に移行する割合が高い。これにより、矢が飛んできて保留表示に刺さる示唆演出(成功パターン)であっても、第2演出態様で行なわれて欲しいと感じさせるとともに、示唆演出が第1演出態様で行なわれたとき、すなわち黒い矢が飛んできたときには、保留表示に刺さらずに通過して欲しい(示唆演出(通過パターン)であってほしい)と感じさせることができる。
【0288】
図29図30は、第2先読み演出パターンに基づく先読み演出の具体例を示す説明図である。図29(A)に示されるように、演出表示装置9において、演出図柄の変動表示中であって、合算保留記憶表示部18cに2つの保留表示が通常態様(本例では「○」)で表示されているときに始動入賞が行なわれると、先読み演出(先読み演出パターン、最終表示態様、変化タイミング)および示唆演出の態様が決定され、決定結果に応じて新たな保留表示が表示される。図29図30に示す例では、先読み演出パターンを第2先読み演出パターンと決定し、最終表示態様を第1特別態様または第2特別態様と決定し、変化タイミングをシフト回数1またはシフト回数2と決定する。また、示唆演出の演出態様を、第1演出態様または第2演出態様と決定する。
【0289】
第2先読み演出パターンに基づく先読み演出では、予告対象となる変動表示(保留情報)に対応する保留表示が、始動入賞のタイミングで特殊態様で表示され、任意のシフトタイミングで、最終表示態様の第1特別態様または第2特別態様に変化して表示される。そのため、先読み演出パターンが第2先読み演出パターンと決定されると、図29(B)に示すように、始動入賞のタイミングで、合算保留記憶表示部18cに3つ目の保留表示が特殊態様(本例では「○」の外側に6本の線が描かれている)で表示される。
【0290】
そして、演出図柄の変動表示が停止し(図29(C))、1つ目の保留表示に対応する保留情報に基づく変動表示が開始されると、1つ目の保留表示が消去され、2つ目と3つ目の保留表示がそれぞれシフトされる。このとき、示唆演出の演出態様が第2演出態様に決定されていると、保留表示が変化することを示唆する示唆演出として、演出表示装置9において、表示領域の右側から白い矢が飛んでくる(第2演出態様)表示制御がおこなわれる(図29(D))。
【0291】
ここで、変化タイミングがシフト回数1に決定され、最終表示態様が第1特別態様に決定されている場合には、図29(E1)に示すように、シフトのタイミングで、合算保留記憶表示部18cの2つ目の保留表示(図29(B)で新たに表示された特殊態様の保留表示に相当)に白い矢が刺さる演出(第2演出態様の示唆演出(成功パターン))が行なわれるとともに、白い矢が刺さった保留表示が特殊態様から第1特別態様(本例では「○」内に「×」が含まれる)に変化して表示される。また、変化タイミングがシフト回数1に決定され、最終表示態様が第2特別態様に決定されている場合には、図29(E2)に示すように、シフトのタイミングで、合算保留記憶表示部18cの2つ目の保留表示(図29(B)で新たに表示された特殊態様の保留表示に相当)に白い矢が刺さる演出(第2演出態様の示唆演出(成功パターン))が行なわれるとともに、白い矢が刺さった保留表示が特殊態様から第2特別態様(本例では「○」内に「×」が2つ含まれる)に変化して表示される。
【0292】
また、変化タイミングがシフト回数2に決定されているときには、図29(E3)に示すように、シフトのタイミングで、白い矢がいずれの保留表示にも刺さらず通過する示唆演出(第2演出態様の示唆演出(通過パターン))が行なわれる。なお、図29(E3)に示す示唆演出は、演出図柄変動開始処理において示唆演出(通過パターン)を第2演出態様で実行すると決定されたときに行なわれる。このように、示唆演出として、演出表示装置9において、表示領域の右側から黒い矢(第1演出態様)または白い矢(第2演出態様)が飛んでくる表示制御を行なうことで、保留表示の表示態様が変化することを示唆し、矢が保留表示に刺さると(示唆演出(成功パターン)が行なわれると)表示態様が変化し、矢がいずれの保留表示にも刺さらず通過すると(示唆演出(通過パターン)が行なわれると)表示態様が変化しない。
【0293】
その後、演出図柄の変動表示が停止し(図30(F))、1つ目の保留表示に対応する保留情報に基づく変動表示が開始されると、1つ目の保留表示が消去され、2つ目の保留表示がシフトされる。このとき、保留表示が変化することを示唆する示唆演出として、演出表示装置9において、表示領域の右側から黒い矢が飛んでくる(第1演出態様)表示制御がおこなわれる(図30(G))。
【0294】
そして、変化タイミングがシフト回数2に決定され、最終表示態様が第1特別態様に決定されている場合には、図30(H1)に示すように、シフトのタイミングで、合算保留記憶表示部18cの1つ目の保留表示(図29(B)で新たに表示された特殊態様の保留表示に相当)に黒い矢が刺さる演出(第1演出態様の示唆演出(成功パターン))が行なわれるとともに、黒い矢が刺さった保留表示が特殊態様から第1特別態様(本例では「○」内に「×」が含まれる)に変化して表示される。また、変化タイミングがシフト回数2に決定され、最終表示態様が第2特別態様に決定されている場合には、図30(H2)に示すように、シフトのタイミングで、合算保留記憶表示部18cの1つ目の保留表示(図29(B)で新たに表示された特殊態様の保留表示に相当)に黒い矢が刺さる演出(第2演出態様の示唆演出(成功パターン))が行なわれるとともに、黒い矢が刺さった保留表示が特殊態様から第2特別態様(本例では「○」内に「×」が2つ含まれる)に変化して表示される。
【0295】
図28に示すように、第1先読み演出パターンに基づく先読み演出では、予告対象となる変動表示(保留情報)に対応する保留表示が、一旦特殊態様で表示されることなく、最終表示態様の第1特別態様または第2特別態様で表示される。このとき、最終表示態様に表示されるタイミングは、始動入賞のタイミングの他に、任意のシフトタイミングを含む。また、図29および図30に示すように、第2先読み演出パターンに基づく先読み演出では、予告対象となる変動表示(保留情報)に対応する保留表示が、始動入賞のタイミングで特殊態様で表示され、任意のシフトタイミングで最終表示態様の第1特別態様または第2特別態様で表示される。このように、複数のタイミングで保留表示を第1特別態様または第2特別態様に変化させて表示することが可能であるため、保留表示の表示態様を変化させるタイミングに多様性を持たせることができるとともに、保留表示が特殊態様で表示されたときには、保留表示に対応する保留記憶に基づく変動表示が開始されるまでに、保留表示を特殊態様から第1特別態様または第2特別態様に変化させて表示するため、遊技興趣を向上させることができる。
【0296】
次に、前述した擬似連の変動表示の演出の一例として、特殊識別情報を仮停止図柄として仮停止し、その特殊識別情報に再変動表示の回数を特定可能な特定情報を付与可能である例を説明する。
【0297】
前述したような擬似連の演出においては、擬似連チャンス目を構成する仮停止図柄として、通常的な変動表示に用いられる通常の演出図柄(たとえば、数字図柄)以外の特殊識別情報として擬似連図柄が仮停止する場合がある。擬似連図柄は、前述したような数字図柄により構成される通常の演出図柄とは異なる円形等の特定形状の擬似連専用図柄よりなる。この実施の形態では、擬似連図柄(擬似連専用図柄)は、形状に基づいて、通常の演出図柄とは区別される。そして、擬似連図柄には、たとえば、「NEXT 1回」というような、擬似連の再変動回数を特定可能な文字および数字等の特定情報として、擬似連回数情報が付与可能である。
【0298】
図31は、擬似連回数情報94b(または94d)が付与された擬似連図柄94a(または94c)が用いられる擬似連の演出例を示す演出表示装置9の表示画面図である。図31では、(a)〜(g)において、再変動が4回実行される擬似連の演出の一例が示されている。図31では、(h)〜(i)において、擬似連図柄のその他の例が示されている。
【0299】
特別図柄の変動表示の開始条件が成立すると、図31(a)に示すように、演出表示装置9における「左」,「中」,「右」の各図柄表示エリア91,92,93のぞれぞれで「0」〜「9」の9つの数字図柄よりなる演出図柄の変動表示が開始される。図31(b),(c)に示すように、「左」,「中」,「右」の各図柄表示エリア91,92,93は、基本的に、「左」,「右」,「中」図柄表示エリア91,93,92の順番により演出図柄が停止される。
【0300】
擬似連となる変動表示を実行するときに、図31(b)に示すように、「左」図柄表示エリア91および「右」図柄表示エリア93において演出図柄がリーチ状態を形成しない態様(非リーチ状態)で、一旦仮停止した後、「中」図柄表示エリア92において、図31(c)の擬似連図柄94aのような、予め定められた擬似連図柄が仮停止することにより、擬似連の演出が行なわれる変動表示であることが示唆(報知)される。図31(c)のように、「左」,「中」,「右」の図柄表示エリア91,92,93において、擬似連図柄を含む擬似連仮停止図柄の組合せ(擬似連チャンス目)が仮停止した後には、擬似連の再変動表示が実行され得る。
【0301】
図31(c)に示すように、擬似連図柄94aは、通常の変動表示に用いられる数字図柄(0〜9)とは異なる円形(〇形)の擬似連専用図柄である。擬似連図柄94aは、擬似連演出においてのみ用いられる図柄であり、通常の変動表示には用いられず、擬似連演出の仮停止時において、停止される数字図柄と差替えられる態様で出現する態様で表示される。
【0302】
図31(c)〜(e),(f)に示すように、擬似連図柄94aには、「NEXT 1回」〜「NEXT 3回」,「MAX」というような擬似連の再変動回数を特定可能な擬似連回数情報94bが付与可能である。「NEXT」は再変動を示す文字であり、「1回〜3回」および「MAX」は何回目の仮停止および再変動であるかを示す数字および文字である。
【0303】
具体的に、擬似連の演出において、1回目の仮停止時には図31(c)のように「NEXT 1回」という擬似連回数情報94bにより、1回目の仮停止であり1回目の再変動が実行されることが示唆される。擬似連の演出において、2回目の仮停止時には図31(d)のように「NEXT 2回」という擬似連回数情報94bにより、2回目の仮停止であり2回目の再変動が実行されることが示唆される。擬似連の演出において、3回目の仮停止時には図31(e)のように「NEXT 3回」という擬似連回数情報94bにより、3回目の仮停止であり3回目の再変動が実行されることが示唆される。最大擬似連回数である4回目の仮停止時には図31(f)のように「MAX」という擬似連回数情報94bにより、最終(最大)となる4回目の仮停止であり最終(最大)となる4回目の再変動が実行されることが示唆される。
【0304】
たとえば、再変動が4回実行される擬似連の演出では、4回目の再変動が実行されるときに、図31(g)のように、「左」図柄表示エリア91および「右」図柄表示エリア93において演出図柄がリーチ状態(同一図柄)となった後、「左」,「中」,「右」の図柄表示エリア91,92,93において全図柄の表示結果が導出表示される。再変動が1回実行される擬似連の演出では1回目の再変動が実行されるときにリーチ状態となる。再変動が2回実行される擬似連の演出では2回目の再変動が実行されるときにリーチ状態となる。再変動が3回実行される擬似連の演出では3回目の再変動が実行されるときにリーチ状態となる。再変動が4回実行される擬似連の演出では4回目の再変動が実行されるときにリーチ状態となる。
【0305】
図31(h),(i)に示すように、擬似連図柄としては、擬似連図柄94aとは異なる三角形の形状の擬似連図柄94cも用いられる。擬似連図柄94cにも前述したような擬似連回数情報94bが付与される。三角形(▽形)の擬似連図柄94cは、円形の擬似連図柄94aと比べて、表示されたときに大当りとなる期待度が高い擬似連図柄として用いられる。
【0306】
図31(h)に示すように、図31(c)の擬似連図柄94aと異なる擬似連図柄94cを用いる場合でも、擬似連回数情報としては、図31(c)の擬似連図柄94aと共通の擬似連回数情報94bが用いられる場合がある。
【0307】
図31(i)に示すように、擬似連回数情報としては、擬似連回数情報94bとは異なる文字により構成される擬似連回数情報94dも用いられる。擬似連回数情報94dには、「連 1回」〜「連 3回」,「MAX」というような擬似連の再変動回数を特定可能な情報が示される。「連」は前述の「NEXT」の代わりに用いられる再変動を示す文字であり、「1回〜3回」および「MAX」は前述した擬似連回数情報94bで用いられる情報と同じことを示す数字および文字である。「連」を含む擬似連回数情報94dは、「NEXT」を含む擬似連回数情報94bと比べて、表示されたときに大当りとなる期待度が擬似連回数情報として用いられる。
【0308】
図31(c)〜(i)に示すように、擬似連の演出において、仮停止する擬似連図柄に、再変動の回数を特定可能な擬似連回数情報が付与可能であることにより、仮停止時に再変動の回数が認識可能となるので、擬似連の演出の興趣を高めることができる。
【0309】
図31(c)に示すような擬似連図柄94aは第1擬似連図柄と呼ばれ、図31(h),(i)に示すような擬似連図柄94cは第2擬似連図柄と呼ばれる。図31(c),(h)に示すような擬似連回数情報94bは第1擬似連回数情報と呼ばれ、図31(i)に示すような擬似連回数情報94dは第2擬似連回数情報と呼ばれる。
【0310】
また、図31(c)に示すような第1擬似連図柄94aおよび第1擬似連回数情報94bを用いる擬似連演出は、第1擬似連演出と呼ばれる。図31(h)に示すような第2擬似連図柄94cおよび第1擬似連回数情報94bを用いる擬似連演出は、第2擬似連演出と呼ばれる。図31(i)に示すような第2擬似連図柄94cおよび第2擬似連回数情報94dを用いる擬似連演出は、第3擬似連演出と呼ばれる。
【0311】
図32は、擬似連の演出において、擬似連図柄および擬似連回数情報の表示に関する演出パターンを示す図である。図32においては、(A)に擬似連図柄の仮停止タイミングが示され、(B)に擬似連回数情報の表示パターンが示される。
【0312】
図32(A)には、再変動を4回実行する擬似連の変動表示における仮停止タイミングが時間tに経過にしたがって示され、「NEXT」を含む擬似連回数情報94bが擬似連図柄に付与される例が示されている。図32(A)に示すように、擬似連の変動パターンでの初回の変動表示(擬似連の変動パターン中における1回目の変動)が実行された後、時刻t1において1回目の仮停止がされ、仮停止された擬似連図柄に「NEXT 1回」の擬似連回数情報が付与される。次に、1回目の再変動(擬似連2回目の変動)が実行された後、時刻t2において2回目の仮停止がされ、仮停止された擬似連図柄に「NEXT 2回」の擬似連回数情報が付与される。次に、2回目の再変動(擬似連3回目の変動)が実行された後、時刻t3において3回目の仮停止がされ、仮停止された擬似連図柄に「NEXT 3回」の擬似連回数情報が付与される。次に、3回目の再変動(擬似連4回目の変動)が実行された後、時刻t4において4回目の仮停止がされ、仮停止された擬似連図柄に「NEXT MAX」の擬似連回数情報が付与される。その後、t5でリーチ演出が開始される。
【0313】
図32(B)には、擬似連回数(初回変動および再変動を含む合計変動回数)と、擬似連回数情報表示パターンとの関係が示されている。擬似連回数が1回(仮停止1回)のときには仮停止時に「NEXT 1回」という擬似連回数情報が付与される。擬似連回数が2回(仮停止2回)のときには、1回目の仮停止時に「NEXT 1回」、2回目の仮停止時に「NEXT 2回」という表示パターンで擬似連回数情報が付与される。擬似連回数が3回(仮停止3回)のときには、1回目の仮停止時に「NEXT 1回」、2回目の仮停止時に「NEXT 2回」、3回目の仮停止時に「NEXT 3回」という表示パターンで擬似連回数情報が付与される。擬似連回数が4回(仮停止4回)のときには、1回目の仮停止時に「NEXT 1回」、2回目の仮停止時に「NEXT 2回」、3回目の仮停止時に「NEXT 3回」、4回目の仮停止時に「MAX」という表示パターンで擬似連回数情報が付与される。これにより、仮停止する擬似連図柄が再変動表示の途中段階であるか最終段階であるかにより付与する擬似連回数情報が異なるので、擬似連回数情報の種類により、擬似連の演出が最終段階であることを報知することができる。このような擬似連回数と、擬似連回数情報表示パターンとの関係を示すデータは、演出制御用マイクロコンピュータ100のROMに記憶されており、擬似連の演出を実行するときに、擬似連回数情報表示パターンを決定するときに用いられる。
【0314】
図33は、擬似連演出における擬似連図柄および擬似連回数情報を選択決定する擬似連演出テーブルを示す図である。図33において、(A)には大当り決定時に用いる大当り用擬似連演出テーブルが示され、(A)にははずれ決定時に用いるはずれ用擬似連演出テーブルが示されている。このような擬似連演出テーブルは、演出制御用マイクロコンピュータ100のROMに記憶されており、擬似連演出の演出内容を決定するときに用いられる。
【0315】
図33の大当り用擬似連演出テーブルおよびはずれ用擬似連演出テーブルでは、演出制御用マイクロコンピュータ100により更新される乱数の1つとしての演出種類決定用の乱数SR2(0〜99の数値範囲)の値が、図31(c)に示す第1擬似連演出、図31(h)に示す第2擬似連演出、および、図31(i)に示す第3擬似連演出のそれぞれに割振られている。SR2については、説明を明確化するために、割振られた乱数値の個数が示されている。
【0316】
図33に示すように、第1擬似連演出は、前述した第1擬似連図柄94a(〇形の図柄)および第1擬似連回数情報94b(NEXT,MAX)を用いる演出である。第2擬似連演出は、前述した第2擬似連図柄94c(▽形の図柄)および第1擬似連回数情報94b(NEXT,MAX)を用いる演出である。第3擬似連演出は、前述した第2擬似連図柄94c(▽形の図柄)および第2擬似連回数情報94d(連,MAX)を用いる演出である。
【0317】
変動表示結果が大当り表示結果となるときに用いられる図33(a)の大当り用擬似連演出決定テーブルは、変動表示結果がはずれ表示結果となるときに用いられる図33(b)のはずれ用擬似連演出決定テーブルと比べて、第2擬似連図柄94c(▽形の図柄)が表示される第2擬似連演出および第3擬似連演出が選択される割合が高く設定されている。したがって、第2擬似連演出または第3擬似連演出が選択されて第2擬似連図柄94cが表示されるときには、第1擬似連演出が選択されて第1擬似連図柄94aが表示されるときと比べて、大当りとなる期待度が高くなる。これにより、擬似連演出において、第2擬似連図柄94cが表示されたときには、第1擬似連図柄94aが表示されたときと比べて、遊技者の大当りに対する期待感を向上させることができる。
【0318】
さらに、変動表示結果が大当り表示結果となるときに用いられる図33(a)の大当り用擬似連演出決定テーブルは、変動表示結果がはずれ表示結果となるときに用いられる図33(b)のはずれ用擬似連演出決定テーブルと比べて、第2擬似連回数情報94d(連,MAX)が表示される第3擬似連演出が選択される割合が高く設定されている。したがって、第3擬似連演出が選択されて第2擬似連回数情報94dが表示されるときには、第1擬似連演出または第2擬似連演出が選択されて第1擬似連回数情報94bが表示されるときと比べて、大当りとなる期待度が高くなる。これにより、擬似連演出において、第2擬似連回数情報94dが表示されたときには、第1擬似連回数情報94bが表示されたときと比べて、遊技者の大当りに対する期待感を向上させることができる。
【0319】
また、変動表示結果が大当り表示結果となるときに用いられる図33(a)の大当り用擬似連演出決定テーブルは、変動表示結果がはずれ表示結果となるときに用いられる図33(b)のはずれ用擬似連演出決定テーブルと比べて、同じ第2擬似連図柄94c(▽形の図柄)が表示される大当りとなる期待度が高い第2擬似連演出および第3擬似連演出の中から第2擬似連回数情報94d(連,MAX)が表示される第3擬似連演出が選択される割合が高く設定されている。したがって、同じ第2擬似連図柄94cが表示されるときであっても、第3擬似連演出が選択されて第2擬似連回数情報94dが表示されるときには、第2擬似連演出が選択されて第1擬似連回数情報94bが表示されるときと比べて、大当りとなる期待度が高くなる。これにより、擬似連演出において、同じ第2擬似連図柄94cが表示されたときであっても、第2擬似連回数情報94dが表示されたときには、第1擬似連回数情報94bが表示されたときと比べて、遊技者の大当りに対する期待感をより一層向上させることができる。
【0320】
次に、第1擬似連演出、第2擬似連演出、および、第3擬似連演出を実行するときにおける図27の擬似連演出処理の処理内容を説明する。図34は、擬似連図柄を用いた擬似連演出をするときの擬似連演出処理を示すフローチャートである。図34においては、擬似連演出処理の一例として、図31図33で説明したような擬似連図柄を用いた擬似連演出をするときに用いる擬似連演出処理を示すフローチャートである。
【0321】
図34の擬似連演出処理においては、今回の変動表示は、擬似連演出が実行される変動パターンであるか否かを変動パターンコマンド格納領域に格納されたコマンドに基づいて判定する(S901)。S901で擬似連演出が実行される変動パターンでないときは、処理を終了する。一方、S901で擬似連演出が実行される変動パターンであるときは、今回の変動表示が大当り表示結果となる変動表示であるか否かを表示結果指定コマンド格納領域に格納されたコマンドに基づいて判定する(S902)。
【0322】
S902で今回の変動表示が大当り表示結果となる変動表示であるときは、演出種類決定用の乱数SR2を抽出し、図33(a)の大当り用擬似連演出決定テーブルを用い、SR2に基づいて、第1擬似連演出、第2擬似連演出、および、第3擬似連演出のうちから、擬似連演出を選択決定することにより、今回の変動表示の擬似連演出に用いる擬似連図柄および擬似連回数情報(図32(b)のような擬似連回数情報表示パターンも含む)を選択する等、擬似連演出の内容を選択し、処理を終了する。一方、S902で今回の変動表示が大当り表示結果とならない変動表示であるときは、演出種類決定用の乱数SR2を抽出し、図33(b)のはずれ用擬似連演出決定テーブルを用い、SR2に基づいて、第1擬似連演出、第2擬似連演出、および、第3擬似連演出のうちから、擬似連演出を選択決定することにより、今回の変動表示の擬似連演出に用いる擬似連図柄および擬似連回数情報(図32(b)のような擬似連回数情報表示パターンも含む)を選択する等、擬似連演出の内容を選択し、処理を終了する。
【0323】
このように、擬似連演出処理により擬似連演出の内容が決定されたときは、その決定に基づいて、たとえば、図27の演出図柄変動開始処理のS958またはS962におけるプロセステーブルを選択するときにおける変動パターンの情報として用いられる。これにより、変動表示において、擬似連演出処理により決定された擬似連演出が実行可能となる。
【0324】
なお、特殊識別情報としての擬似連図柄は、通常の変動表示で用いられる演出図柄と形状が異なるものを一例として説明したが、これに限らず、形状、大きさ、色彩、模様、および、輝度等の図柄を構成する要素のうち少なくともいずれか1つが通常の変動表示で用いられる演出図柄と異なるようなものであれば、どのような種類の図柄を用いてもよい。
【0325】
また、再変動表示の回数を特定可能な特定情報としての擬似連回数情報は、「NEXT 1回」というような、文字と数字との組合せによる組合せ情報であってもよく、数字のみの情報であってもよい。また、再変動表示の回数を特定可能な特定情報としては、所定の画像(たとえば、アイコン画像等)の表示数により回数を特定可能(たとえば、アイコン画像が1個表示されると1回、アイコン画像が2個表示されると2回等)であってもよく、擬似連図柄に付随して表示するキャラクタの種類により回数を特定可能(たとえば、第1キャラクタが表示されると1回、第2キャラクタが表示されると2回等)であってもよく、擬似連図柄に表示する所定の画像(たとえば、NEXTという文字等)の色により回数を特定可能(たとえば、白色であると1回、赤色であると2回等)であってもよい等、回数を特定可能な情報であればどのような情報を用いてもよい。
【0326】
また、擬似連図柄としては、擬似連回数情報が付与されたもののみを用いる例を示したが、これに限らず、擬似連回数情報が付与されていない図柄も含めて用いてもよい。その場合には、同じ擬似連図柄であっても擬似連回数情報が付与されている図柄の方が擬似連回数情報が付与されていない図柄よりも大当りの期待度が高くなるように選択割合を設定してもよい。また、擬似連図柄としては、擬似連回数情報が予め付与された状態で表示が開始されるものを示したが、これに限らず、擬似連回数情報が付与されていない状態で表示が開始された後、所定時間の経過等の所定の付与条件が成立したときに擬似連回数情報が付与される演出がされるようにしてもよい。このように、特定情報としての擬似連回数情報は、特殊識別情報としての擬似連図柄において付与可能となるものであればよい。
【0327】
次に、前述した実施の形態により得られる主な効果を説明する。
(1) 遊技制御用マイクロコンピュータ560は、入賞時演出処理等を実行することによって実現される、始動入賞時に変動表示の表示結果および変動パターンを判定する判定手段を備えている。また、演出制御用マイクロコンピュータ100は、先読み演出決定処理や演出図柄変動開始処理等を実行することによって実現される、判定手段による判定結果に基づいて保留記憶に対応する保留表示(合算保留記憶表示部18cにおける保留記憶)を第1特別態様または第2特別態様で表示させる先読み演出を実行する演出実行手段を備えている。そして、演出実行手段は、複数のタイミング(始動入賞のタイミングやシフトタイミングなど)で保留表示を第1特別態様または第2特別態様に変化させて表示することが可能であり、保留表示が特殊態様で表示されたときは、保留表示に対応する保留記憶に基づく変動表示が開始されるまでに、その保留表示を特殊態様から第1特別態様または第2特別態様に変化させて表示するように制御する。これにより、複数のタイミングで保留表示を第1特別態様または第2特別態様に変化させて表示することが可能であるため、保留表示の表示態様を変化させるタイミングに多様性を持たせることができるとともに、保留表示が特殊態様で表示されたときには、保留表示を特殊態様から第1特別態様または第2特別態様に変化させて表示するため、遊技興趣を向上させることができる。また、図31に示すように、擬似連の演出において、仮停止する擬似連図柄に、再変動の回数を特定可能な擬似連回数情報が付与可能であることにより、仮停止時に再変動の回数が認識可能となるので、擬似連の演出の興趣を高めることができる。
【0328】
(2) 図31(c)の第1擬似連図柄94aと、図31(h)の第2擬似連図柄94cとで、共通の第1擬似連回数情報94bが付与されるように、異なる種類の擬似連図柄を仮停止させたときでも、共通の擬似連回数情報が表示されるので、仮停止させた擬似連図柄の種類が異なっても再変動表示の回数が認識しやすくすることができる。
【0329】
(3) 図33に示すように、大当り表示結果となるときには、はずれ表示結果となるときと比べて、第1,第2擬似連回数情報のうち、第2擬似連回数情報(連,MAX)を表示する割合が高い。このように、大当りに対する期待度を擬似連回数情報の種類により示唆することができ、擬似連の演出の興趣をより一層高めることができる。
【0330】
(4) 図31(c),(d),(e),(f)に示すように、擬似連図柄が仮停止するときに擬似連回数情報が付与されるので、擬似連回数情報を付与することが擬似連の継続を示唆することににもなり、演出を多様化させることができる。
【0331】
(5) 図32(B)に示すように1回目〜3回目の仮停止時には「NEXT1回〜3回」が擬似連回数情報として付与され、4回目の仮停止時には「MAX」が擬似連回数情報として付与される。これにより、仮停止する擬似連図柄が再変動表示の途中段階であるか最終段階であるかにより付与する擬似連回数情報が異なるので、擬似連回数情報の種類により、擬似連の演出が最終段階であることを報知することができる。
【0332】
(6) 演出制御用マイクロコンピュータ100は、先読み演出決定処理や演出図柄変動開始処理等を実行することによって実現される、保留表示の表示態様が変化するか否かを示唆する示唆演出(示唆演出(成功パターン)および示唆演出(通過パターン))を実行する示唆演出実行手段を備えている。そして、示唆演出実行手段は、保留表示が特殊態様で表示されているときには、保留表示が特殊態様で表示されていないときに比べて高い頻度で示唆演出を実行する。これにより、保留表示が特殊態様で表示されたときには、高い頻度で示唆演出が実行されるため、期待感を高めることでき、遊技興趣を向上させることができる。
【0333】
(7) 演出実行手段は、判定手段によって表示結果が大当りとなると判定されたときには、大当りとならないと判定したときに比べて高い割合で判定対象となった保留記憶に対応する保留表示を第2特別態様で表示する。また、演出実行手段は、保留表示を特殊態様から第1特別態様または第2特別態様に変化させて表示する第2先読み演出パターンで先読み演出を行なうときには、保留表示を特殊態様で表示することなく第1特別態様または第2特別態様で表示する第1先読み演出パターンで先読み演出を行なうときに比べて高い割合で保留表示を第2特別態様で表示する。これにより、保留表示が特殊態様で表示されたときには、大当りとなる期待度が高い第2特別態様で表示される割合が高くなるため、期待感を高めることができ、遊技興趣を向上させることができる。
【0334】
(8) 演出実行手段は、所定条件が成立したとき(たとえば、第2先読み演出パターンで先読み演出を実行すると決定し、変化タイミングを入賞時(変動回数0)と決定したときの始動入賞のタイミング)に保留表示を特殊態様で表示し、保留表示に対応する保留記憶に基づく変動表示が開始されるまでの第1タイミング(たとえば、始動入賞後に1回目の保留表示のシフトが行なわれたタイミング)または第1タイミングとは異なる第2タイミング(たとえば、始動入賞後に2回目の保留表示のシフトが行なわれたタイミング)で保留表示を特殊態様から第1特別態様または第2特別態様に変化させて表示することが可能である。そして、演出実行手段は、判定手段によって判定結果が大当りとなると判定されたときと、大当りとならないと判定したときとで、異なる割合で第1タイミングまたは第2タイミングで保留表示を特殊態様から第1特別態様または第2特別態様に変化させて表示する。これにより、保留表示が特殊態様で表示されたときに、どのタイミングで表示態様が変化するかに注目させることができ、遊技興趣を向上させることができる。
【0335】
(9) 演出制御用マイクロコンピュータ100は、先読み演出制限フラグをセットする処理を実行することによって実現される、保留表示が特殊態様で表示されているときには新たに保留表示を特殊態様で表示することを制限する制限手段を備える。これにより、複数の保留表示が特殊態様で表示されたときに、どの保留表示に注目すればよいか遊技者を混乱させてしまうことを防止できる。
【0336】
(10) 演出実行手段は、判定手段によって表示結果が大当りとなると判定されたときには、大当りとならないと判定されたときに比べて、高い割合で判定対象となった保留記憶に対応する保留表示を第2特別態様で表示する。また、演出実行手段は、保留表示を特殊態様から第1特別態様または第2特別態様に変化させて表示する第1先読み演出パターンで先読み演出を行なうときに、第1演出(たとえば、黒い矢が飛んできて保留表示に刺さる第1演出態様の示唆演出(成功パターン))を行ない、保留表示を特殊態様から第1特別態様または第2特別態様に変化させて表示するときと、第1演出とは異なる第2演出(たとえば、白い矢が飛んできて保留表示に刺さる第2演出態様の示唆演出(成功パターン))を行ない、保留表示を特殊態様から第1特別態様または第2特別態様に変化させて表示するときとがある。そして、演出実行手段は、第1演出が行なわれるときと第2演出が行なわれるときとで、異なる割合で保留表示を第1特別態様または第2特別態様に変化させて表示する。これにより、保留表示が特殊態様で表示されたときに、第1演出と第2演出とのいずれが行なわれるかに注目させることができ、遊技興趣を向上させることができる。
【0337】
次に、以上に説明した実施の形態の変形例や特徴点等を以下に列挙する。
(1) 前述した実施の形態では、第1先読み演出パターンにおいて、保留表示が特別態様で表示されるタイミングは、始動入賞のタイミングと、通常態様から第1特別態様または第2特別態様に変化して表示されるシフトタイミングとのいずれかであったが、これに限らず、他のタイミングを含めてもよい。たとえば、予告対象の変動表示が開始されるまでの任意のタイミング(具体的には、予告対象の変動表示が開始されるまでに実行される1つの変動表示中または複数の変動表示にまたがった期間)で保留表示を特別態様で表示してもよい。
【0338】
(2) 前述した実施の形態では、第2先読み演出パターンにおいて、保留表示が特殊態様で表示されるタイミングは、始動入賞のタイミングのみであったが、これに限らず、始動入賞のタイミングでは通常態様で表示し、任意のシフトタイミングで特殊態様に変化して表示してもよいし、予告対象の変動表示が開始されるまでの任意のタイミング(具体的には、予告対象の変動表示が開始されるまでに実行される1つの変動表示中または複数の変動表示にまたがった期間)で保留表示を特殊態様で表示してもよい。また、第2先読み演出パターンにおいて、特殊態様で表示された保留表示が特別態様に変化するタイミングについても、シフトタイミングに限らず、保留表示が特殊態様で表示されてから、予告対象の変動表示が開始されるまでの任意のタイミング(具体的には、予告対象の変動表示が開始されるまでに実行される1つの変動表示中または複数の変動表示にまたがった期間)であってもよい。
【0339】
(3) 前述した実施の形態では、先読み演出の演出パターンとして、予告対象となる変動表示(保留情報)に対応する保留表示が、一旦特殊態様で表示されることなく、最終表示態様の第1特別態様または第2特別態様で表示される第1先読み演出パターンと、始動入賞のタイミングで予告対象となる変動表示(保留情報)に対応する保留表示が特殊態様で表示され、任意のシフトタイミングで最終表示態様の第1特別態様または第2特別態様で表示される第2先読み演出パターンとを含むが、第2先読み演出パターンのみ含めてもよい。この場合であっても、先読み演出が行なわれると、予告対象となる変動表示(保留情報)に対応する保留表示が、一旦特殊態様で表示されるが、特殊態様から特別態様には複数のタイミング(シフトタイミング等の任意のタイミング)で変化されるため、保留表示の表示態様を変化させる演出に多様性を持たせ、遊技興趣を向上させることができる。
【0340】
(4) 前述した実施の形態では、保留表示が特殊態様で表示されたときには、保留表示は、必ず特殊態様から第1特別態様または第2特別態様に変化させて表示されるが、たとえば、特殊態様のまま変化させなくてもよい。この場合には、保留表示が特殊態様から特別態様に変化されることなく、その保留表示(保留情報)に対応する変動表示が開始されたときには、特殊態様から特別態様に変化されたときに比べて大当りとなる割合が低くなることが望ましい。これにより、保留表示の表示態様が特殊態様から特別態様に変化することに対して、より関心を持たせることができる。また、この場合には、保留表示が特殊態様で表示されている状態の方が、通常状態で表示されている状態に比べて、特別態様に変化して表示される割合が高くなることが望ましい。このようにすることで、保留表示の表示態様が通常態様から特殊態様に変化することに対して関心を持たせることができ、さらに特殊態様で表示されているときの期待感を高めることもできる。
【0341】
(5) 前述した実施の形態では、示唆演出として、演出表示装置9において所定の表示制御が行なわれているが、これとともに(またはこれに代えて)、スピーカから音声を出力する演出や、ランプを点灯させる演出などを行なってもよい。また、示唆演出は、保留表示の変化に作用する演出(矢が突き刺さる(または通過する))であり、演出結果に応じて保留表示が変化するが(矢が突き刺さると保留表示が変化する)、必ずしも保留表示の変化に作用する演出としなくてもよい。たとえば、保留表示の表示態様を変化させる場合と変化させない場合とのいずれであっても、示唆演出として、特定の保留表示に矢が突き刺さる演出を行なう。そして、保留表示を変化させる場合には、示唆演出によって矢が突き刺さった保留表示を変化させ、変化させない場合には、示唆演出によって矢が突き刺さった保留表示を変化させなくてもよい。すなわち、保留表示が変化するときと変化しないときとで、示唆演出の態様(飛んできた矢が特定の保留表示に突き刺さる)は同じであるが、結果(矢が突き刺さった保留表示の表示態様が変化するか否か)が異なるような保留変化演出を行なってもよい。
【0342】
(6) 前述した実施の形態では、図33(B)に示すような擬似連回数を特定する擬似連回数情報は、回数情報ではなく色情報であってもよい。たとえば、擬似連図柄に表示される色が、青色<緑色<赤色<金色の順で擬似連の回数が増加していることを示してもよい。この場合に、色とともに擬似連回数情報を付与してもよい。
【0343】
(7) 前述した実施の形態では、図33(B)に示すような擬似連回数を特定する擬似連回数情報は、回数情報ではなく付与されるキャラクタの違いによる情報であってもよい。たとえば、擬似連図柄に付与されるキャラクタが、キャラクタA<キャラクタB<キャラクタC<キャラクタDの順で擬似連の回数が増加していることを示してもよい。この場合に、キャラクタとともに擬似連図柄回数情報を付与してもよい。
【0344】
(8) 前述した実施の形態では、図31に示すような擬似連回数情報は、演出制御のステージ(演出表示モード)が複数段階で移行する場合において、演出のステージに基づいて変化するものでもよい。たとえば、ステージAでは、擬似連回数情報が「NEXT1回」と表示され、ステージBでは、擬似連回数情報が「連1回」と表示されるようにしてもよい。また、擬似連回数情報とともに擬似連図柄を変更してもよい。
【0345】
(9) 前述した実施の形態では、擬似連回数情報は、図33(A)に示すような擬似連の仮停止時に付与されるのではなく、変動の開始時から付与されていてもよい。このようにすれば、擬似連の変動開始時から擬似連の回数情報を知ることができる。
【0346】
(10) 前述した実施の形態では、擬似連の変動表示中に擬似連回数情報が付与されるタイミングの違いにより、大当り表示結果となる期待度が異なるようにしてもよい。
【0347】
(11) 前述した実施の形態では、擬似連4回の変動パターンをはずれの変動パターンに設けてもよい。この場合にも、擬似連回数情報を付与するようにしてもよい。
【0348】
(12) 前述した実施の形態では、擬似連回数情報は、予め擬似連の最終段階までが示されている情報であってもよい。たとえば、擬似連回数情報を☆マークと★マークで示す場合、★☆☆☆<★★☆☆<★★★☆<★★★★の順で擬似連の回数が増加していることを示してもよい。なお、擬似連の回数は大当り表示結果となる期待度も示しているので、★の数が増加することにより、擬似連の回数とともに大当りに対する期待度を示すこともできる。
【0349】
(13) 前述した実施の形態では、擬似連図柄に付す擬似連回数情報は、次に実行される再変動回数を示すのではなく、擬似連の変動パターン全体中における変動回数(初回変動、および、再変動を含む合計の変動回数)を示すものでもよい。たとえば、最初の仮停止の際に表示される「NEXT1回」という表示が、擬似連の変動パターン全体中における1回目の変動であり、次に1回目の再変動(擬似連の変動パターン全体中における2回目の変動)が実行されることを特定するものでもよい。
【0350】
(14) 前述した実施の形態では、擬似連の途中で擬似連回数情報が付与されるものでもよい。たとえば、擬似連の仮停止が3回実行される場合に、擬似連の1回目の仮停止では、回数情報を付与せず、2回目の仮停止以降で回数情報を付与してもよい。このような場合には、擬似連の回数情報が付与されることにより、擬似連の継続が確定するようにしてもよい。
【0351】
(15) 前述した実施の形態では、擬似連図柄の形状が擬似連中の変動回数とともに変化することで、擬似連回数情報を示すようにしてもよい。このような擬似連図柄の変化とともに擬似連回数情報を付与するようにしてもよい。
【0352】
(16) 前述した実施の形態では、擬似連図柄に付与する情報として、キャラクタや記号を付与する場合に、擬似連の仮停止ごとにキャラクタや記号を回転させることで、擬似連の回数を示すようにしてもよい。たとえば、擬似連1回目で擬似連図柄にキャラクタや記号を付与し、擬似連2回目で付与されたキャラクタや記号を90度回転させ、さらに擬似連3回目で付与されたキャラクタや記号を180度回転させるようにしてもよい。
【0353】
(17) 前述した実施の形態では、図33に示すように大当りか否かに基づいて擬似連図柄および擬似連回数情報を決めるのではなく、擬似連回数に基づいて、擬似連図柄および擬似連回数情報を決定するようにしてもよい。たとえば、擬似連回数が3回の変動パターンでは、擬似連回数が1回の変動パターンよりも、第3擬似連演出(▽+連)が選択されやすいようにしてもよい。
【0354】
(18) 前述した実施の形態において、「割合が異なる」とは、A:B=70%:30%やA:B=40%:60%のような関係で割合が異なるものだけにかぎらず、A:B=100%:0%のような関係で割合が異なるもの(一方が100%の割り振りで他方が0%の割り振りとなるようなもの)も含む概念である。
【0355】
(19) 前述した実施の形態においては、変動時間およびリーチ演出の種類や擬似連の有無等の変動態様を示す変動パターンを演出制御用マイクロコンピュータ100に通知するために、変動を開始するときに1つの変動パターンコマンドを送信する例を示したが、2つ乃至それ以上のコマンドにより変動パターンを演出制御用マイクロコンピュータ100に通知する様にしてもよい。具体的には、2つのコマンドにより通知する場合、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、1つ目のコマンドでは擬似連の有無、滑り演出の有無等、リーチとなる以前(リーチとならない場合には所謂第2停止の前)の変動時間や変動態様を示すコマンドを送信し、2つ目のコマンドではリーチの種類や再抽選演出の有無等、リーチとなった以降(リーチとならない場合には所謂第2停止の後)の変動時間や変動態様を示すコマンドを送信する様にしてもよい。この場合、演出制御用マイクロコンピュータは2つのコマンドの組み合わせから導かれる変動時間に基づいて変動表示における演出制御を行なうようにすればよい。尚、遊技制御用マイクロコンピュータ560の方では2つのコマンドのそれぞれにより変動時間を通知し、それぞれのタイミングで実行される具体的な変動態様については演出制御用マイクロコンピュータ100の方で選択を行なう様にしてもよい。2つのコマンドを送る場合、同一のタイマ割込内で2つのコマンドを送信する様にしてもよく、1つ目のコマンドを送信した後、所定期間が経過してから(たとえば次のタイマ割込において)2つ目のコマンドを送信する様にしてもよい。尚、それぞれのコマンドで示される変動態様はこの例に限定されるわけではなく、送信する順序についても適宜変更可能である。このように2つ乃至それ以上のコマンドにより変動パターンを通知する様にすることで、変動パターンコマンドとして記憶しておかなければならないデータ量を削減できる。
【0356】
(20) 前述した実施の形態で示した構成は、パチンコ遊技機にかぎらず、様々な形態の遊技機に適用できる。たとえば、上記の各実施の形態で示した構成を封入循環式のパチンコ機に適用してもよい。封入循環式のパチンコ機は、そのパチンコ機で用いられる所定数(たとえば、50個)の遊技玉が封入領域内(たとえば、パチンコ機内)に封入されており、このパチンコ機に設けられた遊技領域に遊技球を発射させ、遊技領域を経由した遊技球を回収部(たとえば、各入賞口、アウト口、ファール玉戻り口)を介して回収し、回収した遊技玉を再び遊技領域に発射させるために封入領域内において循環させる。また、そのような封入循環式のパチンコ機では、各入賞口への入賞があった場合に、賞球に代えて、カードユニットに挿入されたカードに賞球数に相当するポイントなどを加算する処理が行なわれる。
【0357】
(21) 前述した実施の形態では、遊技機としてパチンコ機を例にしたが、本発明を、メダルが投入されて所定の賭け数が設定され、遊技者による操作レバーの操作に応じて複数種類の図柄を回転させ、遊技者によるストップボタンの操作に応じて図柄を停止させたときに停止図柄の組み合わせが特定の図柄の組み合わせになると、所定数のメダルが遊技者に払い出されるスロット機に適用することも可能である。
【0358】
(22) 前述した実施の形態では、入賞の発生に応じて遊技媒体を遊技者の手元に払い出す遊技機を説明したが、遊技媒体が封入され、入賞の発生に応じて遊技媒体を遊技者の手元に払い出すことなく遊技点(得点)を加算する封入式の遊技機を採用してもよい。封入式の遊技機には、遊技媒体の一例となる複数の玉を遊技機内で循環させる循環経路が形成されているとともに、遊技点を記憶する記憶部が設けられており、玉貸操作に応じて遊技点が記憶部に加算され、玉の発射操作に応じて遊技点が記憶部から減算され、入賞の発生に応じて遊技点が記憶部に加算される。また、遊技機は、発射装置および玉払出装置を備えた遊技枠に遊技球が打ち込まれる遊技領域を形成する遊技盤を取付けた構成としたが、これに限らず、発射装置は玉払出装置などの基本的な機能を共通化し、遊技の特長的構成である遊技盤のみを流通させてもよい。この場合、遊技の特長的構成であるところの遊技盤を遊技機と称する。
【0359】
(23) 前述した実施の形態では、パチンコ遊技機1の動作をシミュレーションするゲーム機などの装置にも適用できる。前述した実施の形態を実現するためのプログラムおよびデータは、コンピュータ装置等に対して、着脱自在の記録媒体により配布・提供される形態に限定されるものではなく、予めコンピュータ装置等の有する記憶装置にプリインストールしておくことで配布される形態を採っても構わない。さらに、本発明を実現するためのプログラムおよびデータは、通信処理部を設けておくことにより、通信回線等を介して接続されたネットワーク上の、他の機器からダウンロードすることによって配布する形態を採っても構わない。そして、ゲームの実施形態も、着脱自在の記録媒体を装着することにより実行するものだけではなく、通信回線等を介してダウンロードしたプログラムおよびデータを、内部メモリ等に一旦格納することにより実行可能とする形態、通信回線等を介して接続されたネットワーク上における、他の機器側のハードウェア資源を用いて直接実行する形態としてもよい。さらには、他のコンピュータ装置等とネットワークを介してデータの交換を行なうことによりゲームを実行するような形態とすることもできる。
【0360】
(24) 前述した実施の形態では、変動表示の表示結果を確変大当りとすることが決定されたときの変動表示結果が導出表示された後、大当り遊技状態の終了後に、無条件で確変状態に制御される確変状態制御例を示した。しかし、これに限らず、特別可変入賞球装置20における大入賞口内に設けられた特定領域を遊技球が通過したことが検出手段により検出されたときに、確変状態に制御される、確変判定装置タイプの確変状態制御が実行されてもよい。
【0361】
(25) なお、今回開示された実施の形態はすべての点で例示であって制限的なものではないと考えられるべきである。本発明の範囲は上記した説明ではなく特許請求の範囲によって示され、特許請求の範囲と均等の意味および範囲内でのすべての変更が含まれることが意図される。
【符号の説明】
【0362】
1 パチンコ遊技機、8a 第1特別図柄表示器、8b 第2特別図柄表示器、9 演出表示装置、13 第1始動入賞口、14 第2始動入賞口、560 遊技制御用マイクロコンピュータ、100 演出制御用マイクロコンピュータ。
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
図11
図12
図13
図14
図15
図16
図17
図18
図19
図20
図21
図22
図23
図24
図25
図26
図27
図28
図29
図30
図31
図32
図33
図34