特開2015-229579(P2015-229579A)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ ブラザー工業株式会社の特許一覧
<>
  • 特開2015229579-画像記録装置 図000003
  • 特開2015229579-画像記録装置 図000004
  • 特開2015229579-画像記録装置 図000005
  • 特開2015229579-画像記録装置 図000006
  • 特開2015229579-画像記録装置 図000007
  • 特開2015229579-画像記録装置 図000008
  • 特開2015229579-画像記録装置 図000009
  • 特開2015229579-画像記録装置 図000010
  • 特開2015229579-画像記録装置 図000011
  • 特開2015229579-画像記録装置 図000012
  • 特開2015229579-画像記録装置 図000013
  • 特開2015229579-画像記録装置 図000014
  • 特開2015229579-画像記録装置 図000015
  • 特開2015229579-画像記録装置 図000016
  • 特開2015229579-画像記録装置 図000017
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2015-229579(P2015-229579A)
(43)【公開日】2015年12月21日
(54)【発明の名称】画像記録装置
(51)【国際特許分類】
   B65H 3/06 20060101AFI20151124BHJP
【FI】
   B65H3/06 350A
   B65H3/06 340E
【審査請求】未請求
【請求項の数】4
【出願形態】OL
【全頁数】30
(21)【出願番号】特願2014-117537(P2014-117537)
(22)【出願日】2014年6月6日
(71)【出願人】
【識別番号】000005267
【氏名又は名称】ブラザー工業株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】100117101
【弁理士】
【氏名又は名称】西木 信夫
(74)【代理人】
【識別番号】100120318
【弁理士】
【氏名又は名称】松田 朋浩
(74)【代理人】
【識別番号】100142561
【弁理士】
【氏名又は名称】田中 大介
(72)【発明者】
【氏名】内野 雄太
(72)【発明者】
【氏名】青木 宏隆
【テーマコード(参考)】
3F343
【Fターム(参考)】
3F343FA02
3F343FB04
3F343FC01
3F343GA01
3F343GB01
3F343GC01
3F343GD01
3F343JA01
3F343KB05
3F343LA04
3F343LC11
3F343LC22
3F343LD10
3F343LD24
(57)【要約】
【課題】回動部材と給送ローラとが連動して駆動される給送装置において、シートの重送が生じ難い画像記録装置を提供する。
【解決手段】当該装置は、モータから正転の回転駆動力が付与されると記録用紙を給送する回転向きに回転し、モータから逆転の回転駆動力が付与されると回転向きと逆向きに回転する給送ローラと、モータから正転の回転駆動力が付与されると第1位置から第2位置へ向かう向きに回動し、モータから逆転の回転駆動力が付与されると第2位置から第1位置へ向かう向きに回動する回動部材とを備え、給送ローラを駆動して支持部に支持された記録用紙を給送する(S15)前に、モータを正転して給送ローラをシートに当接させた(S13)後、モータを逆転して給送ローラを回転向きと逆向きに回転させる給送前動作を実行する(S14)。
【選択図】図15
【特許請求の範囲】
【請求項1】
シートを支持する支持部と、
上記支持部に支持されたシートを給送する給送ローラと、
一方の端部において上記給送ローラを回転可能に支持し、他方の端部を回動軸として回動可能なアームと、
上記給送ローラによって給送されたシートに画像を記録する記録部と、
正転及び逆転する駆動源と、
上記駆動源の回転駆動力を上記給送ローラへ伝達する駆動伝達部と、
上記給送ローラまたは上記アームと連結しており、上記駆動伝達部から回転駆動力が付与されて回動する回動部材と、
上記回動部材に当接して、上記回動部材の回動を、上記給送ローラよりも上記支持部側に突出した第1位置で規制する第1規制部と、
上記回動部材に当接して、上記回動部材の回動を、上記支持部に対して上記給送ローラよりも退避した第2位置で規制する第2規制部と、
上記駆動源及び上記記録部の動作を制御する制御部と、を備え、
上記給送ローラは、上記駆動源から正転の回転駆動力が付与されるとシートを給送する回転向きに回転し、上記駆動源から逆転の回転駆動力が付与されると上記回転向きと逆向きに回転し、
上記回動部材は、上記駆動源から正転の回転駆動力が付与されると上記第1位置から上記第2位置へ向かう向きに回動し、上記駆動源から逆転の回転駆動力が付与されると上記第2位置から上記第1位置へ向かう向きに回動し、
上記制御部は、上記給送ローラを駆動して上記支持部に支持されたシートを給送する前に、上記駆動源を正転して上記回動部材を上記第2位置へ向かう向きに回動させたることにより上記給送ローラをシートに当接させた後、上記駆動源を逆転して上記給送ローラを上記回転向きと逆向きに回転させる給送前動作を実行する画像記録装置。
【請求項2】
上記給送前動作において、上記第1位置にある上記回動部材を上記第2位置へ向かう向きに回動させるために上記制御部が上記駆動源を正転させる第1回転量は、シートに当接している上記給送ローラを上記回転向きと逆向きに回転させるさせるために上記制御部が上記駆動源を逆転させる第2回転量よりも多い請求項1に記載の画像記録装置。
【請求項3】
上記制御部は、上記支持部に支持されたシートが第1シート又は第2シートのいずれであるかを示す旨の入力を受信する受信部を更に具備しており、
上記制御部は、上記受信部が上記支持部に上記第1シートが支持されている旨の入力を受信したことに応じて上記給送前動作を実行させ、上記受信部が上記支持部に上記第2シートが支持されている旨の入力を受信したことに応じて上記給送前動作を実行しない請求項1又は2に記載の画像記録装置。
【請求項4】
上記制御部は、上記給送前動作を実行する前に、上記駆動源を逆転して上記回動部材を上記第1位置まで回動させる請求項1から3のいずれかに記載の画像記録装置。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、支持部に支持されたシートを給送する画像記録装置に関する。
【背景技術】
【0002】
従来より、シートを支持する支持部を有し、支持部に支持されたシートを給送して画像記録を行う画像記録装置が知られている。画像記録装置には、複数枚が積層された状態のシートを支持する支持部を備えるものがある。この場合、給送ローラが支持部に支持されたシートのうち最上位置のシートと当接して、この最上位置のシートを目的地に向かって給送するのである(特許文献1)。
【0003】
前述された画像記録装置において、給送ローラとシートとが常に当接していると、給送ローラに使用されているゴムに含まれる油分などの異物がシートに付着してしまう。このような問題を防止するために、本願出願人は、給送ローラを回転させるための駆動力を利用して給送ローラをシートに対して接離させる接離機構(回動部材)を案出している。
【0004】
この接離機構は、給送ローラがシートを給送する向きへ回転したときに、給送ローラをシートと当接する位置へと移動させる。一方、接離機構は、給送ローラが給送する向きと逆向きに回転したときに、給送ローラをシートから離間する位置へ移動させる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
【特許文献1】特開平10−139197号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
接離機構の駆動と給送ローラの駆動とが連動していると、接離機構によってシートから離間されている給送ローラがシートに当接する位置へ移動されるときに給送ローラが回転している。回転している状態の給送ローラが最上位置のシートに当接すると、最上位置のシートに給送ローラが食い込む虞がある。その結果、積載されているシート間の摩擦力が増大し、最上位置の下方に積載されているシートが、最上位置のシートと共に給送ローラが回転する向きへ移動して、シートの重送が生じやすくなる虞がある。
【0007】
本発明は、前述された事情に鑑みてなされたものであり、その目的は、給送ローラをシートから離間させている接離機構(回動部材)の回動によって、回転している給送ローラがシートに当接しても、シートの重送が生じ難い手段を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0008】
(1) 本発明に係る画像記録装置は、シートを支持する支持部と、上記支持部に支持されたシートを給送する給送ローラと、一方の端部において上記給送ローラを回転可能に支持し、他方の端部を回動軸として回動可能なアームと、上記給送ローラによって給送されたシートに画像を記録する記録部と、正転及び逆転する駆動源と、上記駆動源の回転駆動力を上記給送ローラへ伝達する駆動伝達部と、上記給送ローラまたは上記アームと連結しており、上記駆動伝達部から回転駆動力が付与されて回動する回動部材と、上記回動部材に当接して、上記回動部材の回動を、上記給送ローラよりも上記支持部側に突出した第1位置で規制する第1規制部と、上記回動部材に当接して、上記回動部材の回動を、上記支持部に対して上記給送ローラよりも退避した第2位置で規制する第2規制部と、上記駆動源及び上記記録部の動作を制御する制御部とを備える。上記給送ローラは、上記駆動源から正転の回転駆動力が付与されるとシートを給送する回転向きに回転し、上記駆動源から逆転の回転駆動力が付与されると上記回転向きと逆向きに回転する。上記回動部材は、上記駆動源から正転の回転駆動力が付与されると上記第1位置から上記第2位置へ向かう向きに回動し、上記駆動源から逆転の回転駆動力が付与されると上記第2位置から上記第1位置へ向かう向きに回動する。そして、上記制御部は、上記給送ローラを駆動して上記支持部に支持されたシートを給送する前に、上記駆動源を正転して上記回動部材を上記第2位置へ向かう向きに回動させたることにより上記給送ローラをシートに当接させた後、上記駆動源を逆転して上記給送ローラを上記回転向きと逆向きに回転させる給送前動作を実行する。
【0009】
支持部に支持されたシートが給送される際、給送ローラ及び回動部材には正転の回転駆動力が付与される。これにより、回動部材は第2位置に回動するため、給送ローラはシートと当接する。そして、給送ローラは、シートを給送する。一方、シートの給送が行われない場合、給送ローラ及び回動部材には逆転の回転駆動力が付与される。これにより、回動部材は第1位置に回動する。当該回動の過程において、アーム及び給送ローラは、回動部材によって持ち上げられる。その結果、給送ローラは、支持部に支持されたシートから離間する。
【0010】
給送前動作では、制御部は、駆動源を正転して回動部材を第2位置へ向かう向きに回動させた後、駆動源を逆転して回動部材を第1位置へ向かう向きに回動させる。回動部材が第1位置から第2位置へ回動する過程において、給送向きへ回転する給送ローラが支持部に支持されているシートと当接する。その後、回動部材が第2位置から第1位置へ向かって回動されることにより、シートと当接している給送ローラが給送向きと反対向きへ回転する。これにより、給送ローラが当接することによって給送向きに移動したシートが、給送前に反対向きへ戻される。
【0011】
(2) 好ましくは、上記給送前動作において、上記第1位置にある上記回動部材を上記第2位置へ向かう向きに回動させるために上記制御部が上記駆動源を正転させる第1回転量は、シートに当接している上記給送ローラを上記回転向きと逆向きに回転させるさせるために上記制御部が上記駆動源を逆転させる第2回転量よりも多い。
【0012】
これにより、給送前動作において、回動部材が給送ローラをシートから大きく離間させるまで回動することがない。
【0013】
(3) 好ましくは、上記制御部は、上記支持部に支持されたシートが第1シート又は第2シートのいずれであるかを示す旨の入力を受信する受信部を更に具備しており、上記制御部は、上記受信部が上記支持部に上記第1シートが支持されている旨の入力を受信したことに応じて上記給送前動作を実行させ、上記受信部が上記支持部に上記第2シートが支持されている旨の入力を受信したことに応じて上記給送前動作を実行しない。
【0014】
これにより、重送が生じやすい第1シートに対して給送前動作を実行して重送を低減し、他方、重送が生じにくい第2シートに対しては給送前動作を実行せずに、給送のために回動部材が回動されてからシートが給送されるまでの時間を短縮することができる。
【0015】
(4) 好ましくは、上記制御部は、上記給送前動作を実行する前に、上記駆動源を逆転して上記回動部材を上記第1位置まで回動させる。
【0016】
これにより、給送前に回動部材を確実に第1位置に位置させることができる。
【発明の効果】
【0017】
本発明によれば、給送ローラをシートから離間させている回動部材の回動によって、回転している給送ローラがシートに当接しても、シートの重送が生じ難い。
【図面の簡単な説明】
【0018】
図1図1は、可動部186が起立位置の複合機10の外観斜視図である。
図2図2は、プリンタ部11の内部構造を示す縦断面図である。
図3図3は、プリンタ部の内部構造を模式的に示す縦断面図である。
図4図4は、可動部186が倒伏位置のバイパストレイ71を示す斜視図である。
図5図5は、可動部186が除かれた状態の複合機10の後面側の外観斜視図である。
図6図6は、給送装置70の正面図である。
図7図7は、図6のVII−VII断面図である。
図8図8は、給送装置70の斜視図である。
図9図9は、給送アーム76周辺部の斜視図である。
図10図10(A)は、回動部材30及びローラギヤ49の斜視図であり、図10(B)は、図10(A)の分解斜視図である。
図11図11は、図6のXI−XI断面図のうち下側ガイド部材97の周辺部を示す図であり、(A)には移動部材64の当接部材117が退避位置の状態が示されており、(B)には移動部材64の当接部材117が突出位置の状態が示されている。
図12図12は、図6のXII−XII断面図であり、(A)には回動部材30が第1位置且つ移動部材64の当接部材117が突出位置の状態が示されており、(B)には回動部材30が第1位置且つ移動部材64の当接部材117が退避位置の状態が示されており、(C)には回動部材30が第2位置且つ移動部材64の当接部材117が退避位置の状態が示されている。
図13図13は、バイパストレイ71と給送アーム76と回動部材30とを模式的に示す右側面図であり、(A)には回動部材30が第1位置の状態が示されており、(B)には回動部材30が第2位置の状態が示されている。
図14図14は、制御部130の構成を示すブロック図である。
図15図15は、画像記録処理のフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0019】
以下、本発明の実施形態に係る複合機10について説明する。なお、以下に説明される実施形態は本発明の一例にすぎず、本発明の要旨を変更しない範囲で、実施形態を適宜変更できることは言うまでもない。また、以下の説明では、矢印の起点から終点に向かう進みが向きと表現され、矢印の起点と終点とを結ぶ線上の往来が方向と表現される。また、以下の説明においては、複合機10が使用可能に設置された状態(図1の状態)を基準として上下方向7が定義され、開口13が設けられている側を手前側(前面)として前後方向8が定義され、複合機10を手前側(前面)から視て左右方向9が定義される。
【0020】
[複合機10の全体構成]
図1に示されるように、複合機10は、概ね直方体に形成されており、インクジェット記録方式で記録用紙Sなどのシートに画像を記録するプリンタ部11を備えている。複合機10は、ファクシミリ機能及びプリント機能などの各種の機能を有している。
【0021】
[プリンタ部11]
プリンタ部11は、前面に開口13が形成された筐体14を有している。また、各種サイズの記録用紙Sを収容可能な給送トレイ20及び排出トレイ21が、開口13から前後方向8に挿抜可能である。筐体14の底面が、複合機10が設置される載置面に当接する。図2に示されるように、プリンタ部11は、給送トレイ20から記録用紙Sを給送する給送部15、記録用紙Sに画像を記録する記録部24、第1搬送ローラ対59、及び第2搬送ローラ対180などを備えている。プリンタ部11は画像記録装置の一例である。
【0022】
図1に示されるように、プリンタ部11の上方には、スキャナ部12が設けられている。スキャナ部12の筐体16の前後方向8及び左右方向9の寸法は、プリンタ部11の筐体14と同じである。したがって、プリンタ部11の筐体14及びスキャナ部12の筐体16が一体となって、複合機10の概ね直方体形状の外形を形成している。スキャナ部12は、フラットベッドスキャナである。なお、フラットベッドスキャナの構造は公知であるので、ここでは詳細な説明が省略される。また、スキャナ部12には、複数枚の原稿を1枚ずつ分離して搬送する自動原稿搬送装置(ADF)が設けられていてもよい。
【0023】
筐体16の前面には、タッチパネル90を備えた液晶パネル88と電源キー89とが配置されている。液晶パネル88には複合機10に関する情報が表示される。タッチパネル90は、液晶パネル88に表示されたキーに対してユーザが触れたり、押圧したりすることによって、当該キーに対応づけられた複合機10の動作の指示をユーザから取得する。また、ユーザが電源キー89を押圧することによって、複合機10の電源のオン及びオフが切り替えられる。
【0024】
[給送トレイ20]
図1及び図2に示される給送トレイ20は、前後方向8及び左右方向9の長さが上下方向7の長さよりも長い外形であって、上面が開放された箱型の形状を有している。給送トレイ20の上面前側には、排出トレイ21が設けられている。給送トレイ20は、例えば日本工業規格によるA4サイズから写真記録に用いられるL版などの大小様々なサイズの記録用紙Sを支持面で支持することにより記録用紙Sを収容可能である。給送トレイ20は、筐体14の開口13に通ずる内部空間に着脱自在に装着される。この給送トレイ20は、開口13を通じて筐体14に対して前後方向8に沿って進退可能である。
【0025】
[給送部15]
図2に示されるように、給送部15は、給送ローラ25、給送アーム26、駆動伝達機構27及び分離パッド181を備えている。給送部15は、給送トレイ20の上方であって記録部24の下方に設けられている。給送ローラ25は、給送アーム26の先端部に回転可能に軸支されている。給送アーム26は、基端部に設けられた回動軸28を中心として、矢印29の方向に回動する。これにより、給送ローラ25は、給送トレイ20の支持面に対して当接及び離間、すなわち接離が可能である。したがって、記録用紙Sを収容して給送トレイ20が筐体14内に装着されたとき、給送ローラ25は、給送トレイ20に収容された記録用紙Sに当接可能である。記録用紙Sを収容していない給送トレイ20が筐体14内に装着されたとき、給送ローラ25が給送トレイ20の支持面に当接する位置には分離パッド181が設けられている。分離パッド181は、記録用紙Sに対して、給送トレイ20の支持面の摩擦係数より大きな摩擦係数を有する材料で形成されている。
【0026】
給送ローラ25には、後述するモータ78(図3参照)の駆動力が駆動伝達機構27を通じて伝達される。駆動伝達機構27は、回動軸28とは異なる駆動軸に伝達された回転を無端ベルトにより給送ローラ25の軸へ伝達する。給送ローラ25が、給送トレイ20の支持面上に支持された記録用紙Sのうち一番上側の記録用紙Sに当接された状態で回転することにより、当該記録用紙Sが搬送経路65へ向けて給送される。記録用紙Sが搬送経路65へ向けて給送されるとき、記録用紙Sの先端が、給送トレイ20の前後方向8の後側に設けられた分離部材197と当接する。その結果、一番上側の記録用紙Sのみが下側の記録用紙Sから分離されて搬送される。そして、一番上側の記録用紙Sよりも下側の記録用紙Sは、一番上側の記録用紙Sに引き摺られることなく給送トレイ20内に収容されたままで保持される。なお、給送ローラ25は、モータ78とは別に設けられたモータから駆動伝達されてもよい。
【0027】
[搬送経路65]
図2及び図3に示されるように、筐体14の内部空間に設けられた搬送経路65は、給送トレイ20の後側から上方へUターンするように湾曲して延び、さらにプリンタ部11の後ろ側から前側へ曲がった後、更に前側へ向かってほぼ真っ直ぐに延びて排出トレイ21に至っている。搬送経路65は、Uターンする湾曲路65Aと、真っ直ぐな直線路65Bとに大別される。
【0028】
湾曲路65Aは、記録用紙Sが通過可能な空間を隔てて対向する外側ガイド部材18、内側ガイド部材19、及びガイド部材31などによって規定されている。直線路65Bは、記録用紙Sが通過可能な空間を隔てて対向する記録部24及びプラテン42、並びにガイド部材34及びガイド部材33などによって規定されている。給送トレイ20の給送ローラ25によって搬送経路65に沿って給送された記録用紙Sは、湾曲路65Aに沿って下方から上方へ向かって搬送向き17が反転され、直線路65Bに沿って搬送向き17が反転することなく後方から前方へ向かって搬送される。
【0029】
外側ガイド部材18は、湾曲路65Aに沿って記録用紙Sが搬送されるとき、外側の案内面を構成する部材である。内側ガイド部材19は、湾曲路65Aに沿って記録用紙Sが搬送されるとき、内側の案内面を構成する部材である。なお、各案内面は、1つの面で構成されていてもよいし、複数のリブの先端面の群として構成されていてもよい。
【0030】
ガイド部材31は、第1搬送ローラ対59の直上流(後ろ側)において内側ガイド部材19の上方に配置されている。外側ガイド部材18及びガイド部材31は、後述されるバイパス経路182を規定する部材でもある。
【0031】
[後面カバー22]
図2に示されるように、後面カバー22は、外側ガイド部材18を支持して筐体14の後面の一部を構成する部材である。後面カバー22は、下側の左右両端において筐体14に対して回動可能に軸支されている。後面カバー22が、下側の左右方向9に沿った回動軸周りに、上側が後ろ向きへ倒伏するように回動することにより、後述されるバイパス経路182の一部が筐体14の外方に開放(露出)される。
【0032】
外側ガイド部材18も、後面カバー22と同様に、下側の左右両端において筐体14に対して回動可能に軸支されている。後面カバー22が後ろ向きへ倒伏するように回動された状態において、外側ガイド部材18も、下側の左右方向9に沿った回動軸周りに、上側が後ろ向きへ倒伏するようにして回動可能である。外側ガイド部材18が後ろ向きへ倒伏するように回動することにより、湾曲路65Aの少なくとも一部が開放(露出)される。図2に示されるように、後面カバー22が起立状態となるように閉じられると、外側ガイド部材18は、後面カバー22に後方から支持されて起立状態に維持され、内側ガイド部材19と対向して湾曲路65Aの一部を規定する。
【0033】
[第1搬送ローラ対59及び第2搬送ローラ対180]
図2に示されるように、搬送経路65に沿った記録用紙Sの搬送向き17における記録部24の上流側には、第1搬送ローラ対59が設けられている。第1搬送ローラ対59は、第1搬送ローラ60とピンチローラ61とを有する。同様に、搬送向き17における記録部24の下流側には、第2搬送ローラ対180が設けられている。第2搬送ローラ対180は、第2搬送ローラ62と拍車ローラ63とを有する。第1搬送ローラ60及び第2搬送ローラ62は、後述するモータ78(図3参照)の回転が伝達されて回転する。第1搬送ローラ対59及び第2搬送ローラ対180は、それぞれを構成する各ローラの間に記録用紙Sを挟持した状態において、第1搬送ローラ60及び第2搬送ローラ62が回転することによって、記録用紙Sを搬送経路65に沿って搬送向き17に搬送する。なお、第1搬送ローラ60及び第2搬送ローラ62は、モータ78とは別に設けられたモータから駆動伝達されてもよい。
【0034】
[記録部24]
図2及び図3に示されるように、第1搬送ローラ対59と第2搬送ローラ対180との間に記録部24が設けられている。記録部24は、キャリッジ40と記録ヘッド39とを備えている。キャリッジ40は、プラテン42の後側及び前側に設けられたガイドレール43,44によって左右方向9に往復動可能に支持されている。ガイドレール44には、公知のベルト機構が設けられている。キャリッジ40は、ベルト機構の無端ベルトと連結されており、無端ベルトの回動によってガイドレール43,44に沿って左右方向9に往復動する。キャリッジ40と記録ヘッド39とが、プラテン42と空間を隔てて対向しているとき、キャリッジ40、記録ヘッド39、及びプラテン42は、直線路65Bの一部を規定する。
【0035】
記録ヘッド39は、キャリッジ40に搭載されている。記録ヘッド39の下面には、複数のノズル38が形成されている。記録ヘッド39には、インクカートリッジ(不図示)からインクが供給される。記録ヘッド39は、複数のノズル38からインクを微小なインク滴として選択的に吐出する。キャリッジ40が左右方向9へ移動しているときに、ノズル38からプラテン42に支持されている記録用紙Sに対してインク滴が吐出される。吐出されたインク滴がプラテン42上の記録用紙Sに付着することにより、記録用紙Sに画像が記録される。
【0036】
[バイパス経路182]
図2に示されるように、筐体14の後面において後面カバー22の上方に開口184が設けられている。筐体14の内部には、開口184から第1搬送ローラ対59へと延びるバイパス経路182が形成されている。バイパス経路182は、筐体14の内部において前後方向8の後方から前方へ斜め下方に向かって延びる経路である。バイパス経路182は、ガイド部材31、外側ガイド部材18及び後面カバー22などによって規定されている。ガイド部材31は、バイパス経路182に沿って記録用紙Sが搬送されるとき、上側の案内面を構成する部材である。外側ガイド部材18及び後面カバー22は、バイパス経路182に沿って記録用紙Sが搬送されるとき、下側の案内面を構成する部材である。搬送経路65の湾曲路65A及び直線路65Bは、いずれもバイパス経路182より下方に配置されている。外側ガイド部材18及び後面カバー22が、上側が後ろ向きへ倒伏するように回動することによって、搬送経路65の一部と共にバイパス経路182の一部が筐体14の外方に開放(露出)される。
【0037】
後述されるバイパストレイ71に収容された記録用紙Sは、バイパス経路182に沿って斜め下方へ案内される。その記録用紙Sは、搬送経路65の直線路65Bに沿って案内され、第1搬送ローラ対59により搬送される。その記録用紙Sは、更に記録部24によって画像記録が行われて、排出トレイ21へ排出される。このように、バイパストレイ71に収容された記録用紙Sは、ほぼ直線形状の経路(記録用紙Sの表面と裏面とが上下方向7において反転することのない経路)に沿って搬送される。
【0038】
[給送装置70]
図3に示されるように、プリンタ部11は、給送装置70を備えている。給送装置70は、バイパストレイ71(本発明の支持部の一例)と、給送部72とから構成されている。給送部72は、図3に示されるように、給送ローラ75(本発明の給送ローラの一例)と、給送アーム76(本発明のアームの一例)と、モータ78(本発明の駆動源の一例)と、駆動伝達機構79(本発明の駆動伝達部の一例)と、回動部材30とを備えている。なお、本実施形態において、本発明の接離機構は、回動部材30と、第1規制部107(図13参照)と、第2規制部108(図13参照)と、トルクリミッタ32(図10参照)とで構成されている。
【0039】
[バイパストレイ71]
図1及び図5に示されるように、バイパストレイ71は、複合機10の後面側に設けられている。バイパストレイ71は、給送トレイ20とは独立して記録用紙Sを収容する。バイパストレイ71は、積層された複数の記録用紙Sを支持可能である。
【0040】
図1及び図4に示されるように、スキャナ部12の筐体16の後壁23(図5参照)には、開口184(図2参照)を覆うようにして下方へ延びる固定部185が設けられている。固定部185は、バイパストレイ71の搬送向き17の下流側の一部を構成している。図4に示されるように、固定部185の上側には、可動部186が固定部185に対して矢印80、82の方向に回動可能に設けられている。固定部185及び可動部186によって、バイパストレイ71が構成されている。
【0041】
図5に示されるように、固定部185の上面には、左右方向9に沿って延びるスリット形状の開口187が形成されている。バイパストレイ71には、この開口187からバイパス経路182(図2参照)へと至る通路が形成されている。図4に示されるように、固定部185には、支持面188を有する支持部材189が設けられている。支持面188は、バイパス経路182(図2参照)まで斜め下方へ延びている。支持部材189の下端は、バイパス経路182に沿って搬送される記録用紙Sを案内するガイド面の一部を形成している。
【0042】
支持部材189の上端側であって支持面188の上方には、図4に示されるように、給送アーム76の回動軸66(図7参照)を回転可能に支持する補強部材183が設けられている。回動軸66は、駆動伝達機構79の一部を構成しており、モータ78(図3参照)から回転駆動力が伝達されることにより回転する。駆動伝達機構79は、後に詳細に説明される。
【0043】
図7に示されるように、回動軸66には、給送アーム76が回動可能に支持されている。すなわち、給送アーム76は、回動軸66の周りに回動自在である。この給送アーム76の一方の端部に給送ローラ75が回転可能に支持されている。給送アーム76は、回動軸66から支持部材189の支持面188へ向かって下方へ延出されている。給送アーム76は、固定部185における左右方向9の中央に配置されている。給送アーム76の構成は、後に詳細に説明される。
【0044】
給送ローラ75は、回動軸66と複数のギヤ48C、48D、48E、49(図7参照)によって連結されている。回動軸66の回転が複数のギヤ48C、48D、48E、49によって給送ローラ75に伝達され、給送ローラ75が回転する。給送ローラ75が、バイパストレイ71の支持面188に支持された記録用紙Sのうち一番上側の記録用紙Sに当接された状態で回転することにより、この一番上側の記録用紙Sがバイパス経路182(図2参照)に沿って給送向き87(図3図7参照)に給送される。この一番上側の記録用紙Sより下側の記録用紙Sは、後述する下側ガイド部材97の分離部材132によって捌かれて、一番上側の記録用紙Sに引き摺られることなくバイパストレイ71に保持される。その結果、一番上側の記録用紙Sだけが他の記録用紙Sから分離され、バイパス経路182に沿って給送向き87に給送される。このように、給送ローラ75、回動軸66、及び給送アーム76などから構成される給送部72が、筐体14の外側であって支持面188の上方の空間に配置されている。給送ローラ75の構成は、後に詳細に説明される。
【0045】
図4及び図7に示されるように、可動部186は、固定部185の上側に固定部185に対して回動可能に設けられている。ここで、上述したように、固定部185は、スキャナ部12の筐体16の後壁23に設けられている。つまり、バイパストレイ71は、後壁23に対して回動可能に設けられている。可動部186は、図1に示されるように上下方向7に沿って起立した起立位置と、図4及び図7に示されるように上下方向7に対して傾斜した倒伏位置との間で回動可能である。
【0046】
起立位置とは、筐体14の後面側における可動部186のためのスペースを小さくするための状態であり、バイパストレイ71の不使用状態である。起立位置である可動部186の後面は、筐体14の後面と略平行となっている。起立位置の可動部186は、回動先端が回動基端よりも上方に位置している。倒伏位置とは、可動部186を筐体14の外側へ向かって斜め上方へ傾斜させることにより、傾斜した支持面188,193を実質的に1つの平面とした状態であり、バイパストレイ71の使用可能状態である。倒伏位置の可動部186は、回動先端が回動基端よりも筐体14の後面から離間している。可動部186を起立位置とするか倒伏位置とするかは、ユーザが任意に操作することにより選択可能である。
【0047】
図4に示されるように、可動部186の左右方向9の両側には、側壁190,191が設けられている。側壁190,191は、固定部185の左右方向9の両側の一部を覆っている。固定部185の左右方向9の右側に設けられた駆動伝達機構79は、可動部186の側壁190によって覆われている。
【0048】
図4に示されるように、可動部186は、支持部材192を備えている。支持部材192は、側壁190,191の間に渡って設けられている。倒伏位置において、支持部材192の上面に設けられた支持面193は、支持面188と実質的に同一の平面をなす。つまり、可動部186が倒伏位置にあるバイパストレイ71において、支持部材189の支持面188及び支持部材192の支持面193によって形成される平面45が記録用紙Sを支持する。また、可動部186が起立位置にあるとき、支持面193は、複合機10の載置面に対して直交する、つまり上下方向7及び左右方向9に沿った状態となる。なお、本実施形態において複合機10が載置される載置面は、左右方向9と前後方向8とに沿って拡がる面である。ここで、「実質的に1つの平面(同一の平面)」とは、2つの面の間に僅かに段差があったとしても、支持された記録用紙Sが撓んだり湾曲したりしない平面のこと、すなわち、後述する分離部材132により安定した分離性能が発揮されるように記録用紙Sを支持する平面のことをいう。
【0049】
図4に示されるように、支持部材192には、一対のサイドガイド194が設けられている。一対のサイドガイド194は、左右方向9に離間されて設けられており、支持面193より上方へ突出されている。サイドガイド194は、バイパストレイ71の給送向き87に沿って延出されたガイド面195を有している。支持面193上の記録用紙Sが搬送されるとき、記録用紙Sにおける給送向き87に沿った端縁は、ガイド面195によって案内される。
【0050】
サイドガイド194は、支持部材192の支持面193に沿った支持面196を有する。つまり、サイドガイド194は、ガイド面195と支持面196とが直交する略L字形状をなしている。支持面196は、支持面193とは僅かに段差があるものの、実質的に同一の平面をなしており、支持面188,193とともに記録用紙Sを支持する。一対のサイドガイド194が左右方向9に沿って離間する距離は可変である。これにより、支持面193,196に支持された様々なサイズの記録用紙Sの端縁をサイドガイド194のガイド面195によって案内することができる。
【0051】
[給送ローラ75及び給送アーム76]
図7に示されるように、給送ローラ75は、固定部185の支持面188と対向して配置されている。図8に示されるように、給送ローラ75の回転軸83は左右方向9に延びている。給送ローラ75は、左右方向9に間隔を空けて2個設けられている。つまり、給送装置70は、一対の給送ローラ75を備えている。そして、一対の給送ローラ75は、共通の回転軸である回転軸83の軸方向、つまり左右方向9において互いに間隔を空けて配置されている。
【0052】
図9に示されるように、給送アーム76は、一方の端部から給送向き87(図3図7参照)の上流側に向かい且つ平面45から離間した向きに延びた一対の側板111と、一対の側板111を繋いでいる接続板112とを備えている。
【0053】
一対の給送ローラ75のうち右側の給送ローラ75は、右側の側板111の一方の端部において回転可能に支持されている。一対の給送ローラ75のうち左側の給送ローラ75は、左側の側板111の一方の端部において回転可能に支持されている。
【0054】
図8に示されるように、一対の側板111の給送向き87の上流端部、つまり給送アーム76の他方の端部は、第2駆動伝達部36に設けられた回動軸66に回動可能に支持されている。これにより、給送アーム76は、回動軸66を中心に回動可能である。換言すると、給送アーム76は、他方の端部を回動軸として回動可能である。その結果、給送ローラ75は、平面45または当該平面45に支持された記録用紙Sに対して、当接及び離間、すなわち接離が可能である。
【0055】
給送アーム76と回動軸66とは、トーションばね(不図示)によって連結されている。これにより、給送アーム76は、図7に示されるように、トーションばねによって矢印67の向き、つまりバイパストレイ71の平面45側に付勢される。なお、給送アーム76を矢印67の向きに付勢する構成は、トーションばねを備えた構成に限らない。例えば、一端を給送アーム76に接続され且つ他端をプリンタ部11のフレームに接続されたコイルばねが給送アーム76の前側に配置されていてもよい。この構成であっても、給送アーム76は、コイルばねによって矢印67の向きに付勢される。
【0056】
[下側ガイド部材97]
図4及び図7に示されるように、下側ガイド部材97が、バイパストレイ71の支持部材189の支持面188よりも給送向き87下流側に設けられている。下側ガイド部材97の上面69は、支持面188(平面45)に対して傾斜している。下側ガイド部材97の上面69は、上下方向7において開口184(図2参照)とほぼ同等の高さに位置されている。
【0057】
給送ローラ75によって記録用紙Sの給送向き87への給送が開始されると、下側ガイド部材97は、当接した記録用紙Sの先端を、上面69に沿って案内する。下側ガイド部材97の上面69の左右方向9の中央部に、上面69から上方へ突出され且つ前後方向8に沿って並んだ複数の歯を有する分離部材132(図7図8参照)が設けられている。これらの歯によって、バイパストレイ71に支持される複数枚の記録用紙Sの先端が捌かれる。また、給送ローラ75によって複数枚の記録用紙Sの先端が上面69に沿って案内された場合であっても、分離部材132は、複数枚の記録用紙Sのうち給送ローラ75と当接している最上位置の記録用紙Sを、他の記録用紙Sから分離する。その結果、給送ローラ75は最上位置の記録用紙Sだけをバイパス経路182へ向けて給送することになる。
【0058】
図8に示されるように、下側ガイド部材97の上面69に、前後方向8に沿って延びた一対の凹部86が設けられている。凹部86は、左右方向9において、分離部材132の右方及び左方にそれぞれ設けられている。すなわち、分離部材132は、一対の凹部86の左右方向9におけるほぼ中央に配置されている。後述する移動部材64が、凹部86に配置される。図11に示されるように、凹部86は、底面84、第1側面122、及び第2側面123によって規定されている。
【0059】
[駆動伝達機構79]
プリンタ部11には、正転及び逆転するモータ78(図3参照)が設けられている。また、図3図8に示されるように、複数のギヤが噛合されてなる駆動伝達機構79が、プリンタ部11に設けられている。モータ78が正転及び逆転することによって発生する回転駆動力は、駆動伝達機構79を介して給送ローラ75、回動部材30、及び移動部材64に伝達される。図3図8に示されるように、駆動伝達機構79は、第1駆動伝達部35と、第2駆動伝達部36と、第3駆動伝達部37と、中間ギヤ46とを備えている。
【0060】
図8に示されるように、第2駆動伝達部36は、5個のギヤ48A〜48Eとローラギヤ49と回動軸66とを備えている。ギヤ48A、48Bは、互いに噛合している。回動軸66は、バイパストレイ71及び下側ガイド部材97よりも右方から、バイパストレイ71及び下側ガイド部材97の左右方向9におけるほぼ中央部まで、左右方向9に沿って延設されている。ギヤ48Aは、中間ギヤ46と噛合している。ギヤ48Bは、回動軸66の右端部と連結されており、回動軸66と一体に回転可能であり且つ回動軸66とは独立して回転可能である。なお、ギヤ48Bと回動軸66との連結は、後述される。
【0061】
ギヤ47D、47Eは、上記ギヤ列の他端に配置されている。ギヤ47D、47Eは、スラスト方向に並んで配置され且つ同じ回転軸を中心に一体に回転する。ギヤ47Dは、ギヤ47Cと噛合している。ギヤ47Eは、中間ギヤ46と噛合している。以上より、第1駆動伝達部35は、モータ78から中間ギヤ46へ回転駆動力を伝達する。
【0062】
図8に示されるように、第2駆動伝達部36は、5個のギヤ48A〜48Eとローラギヤ49と回動軸66とを備えている。ギヤ48A、48Bは、互いに噛合している。回動軸66は、バイパストレイ71及び下側ガイド部材97よりも右方から、バイパストレイ71及び下側ガイド部材97の左右方向9におけるほぼ中央部まで、左右方向9に沿って延設されている。ギヤ48Aは、中間ギヤ46と噛合している。ギヤ48Bは、回動軸66の右端部と連結されており、回動軸66と一体に回転可能であり且つ回動軸66とは独立して回転可能である。なお、ギヤ48Bと回動軸66との連結は、後述される。
【0063】
ギヤ48C〜48Eは、互いに噛合したギヤ列を構成している。当該ギヤ列の一端に配置されたギヤ48Cは、回動軸66の左端部に取り付けられており、回動軸66と一体に回転する。当該ギヤ列の他端に配置されたギヤ48Eは、ローラギヤ49と噛合している。ギヤ48D、48Eは、給送アーム76に回転可能に支持されている。つまり、第2駆動伝達部36は、給送アーム76に支持され互いに噛合したギヤ列を備えている。ローラギヤ49は、一対の給送ローラ75の間において給送ローラ75の回転軸83に取り付けられおり、回転軸83を中心に回転軸83と一体に回転可能である。
【0064】
以上より、第2駆動伝達部36は、中間ギヤ46から給送ローラ75へ回転駆動力を伝達する。第2駆動伝達部36を介してモータ78から正転の回転駆動力を伝達された給送ローラ75は、バイパストレイ71の平面45に支持された記録用紙Sを給送向き87に給送する回転向き(図7の矢印125の向き)に回転する。一方、第2駆動伝達部36を介してモータ78から逆転の回転駆動力を伝達された給送ローラ75は、記録用紙Sを給送向き87に給送する回転向きと逆向き(図7の矢印126の向き)に回転する。
【0065】
図10に示されるように、ローラギヤ49は、当該ローラギヤ49の軸線方向である左右方向9に沿って延びた凹部54を備えている。凹部54は、ローラギヤ49の内側面55及び底面110によって規定されている。後述する圧縮コイルばね114が、凹部54内に配置される。ローラギヤ49における底面110と対向する面に、開口56が形成されている。また、ローラギヤ49の底面110に、開口56よりも小径の開口57が形成されている。給送ローラ75の回転軸83が、開口56、57を通じてローラギヤ49を貫通することになる。
【0066】
図8に示されるように、回動軸66の右端部に、回動軸66の径方向に突出したキー73が設けられている。また、ギヤ48Bの中心部には、回動軸66が挿通可能な貫通孔が設けられている。そして、当該貫通孔におけるキー73に対応する位置に、キー73と嵌合可能な略扇形形状のキー溝74が設けられている。ギヤ48Bの周方向において、キー溝74の円弧の長さはキー73の周方向の長さよりも長く設計されている。これにより、ギヤ48Bの回転時にキー溝74がキー73に当接していなければ、ギヤ48Bは回動軸66に対して空回りするため、キー溝74がキー73に当接するまで回動軸66は回転しない。換言すれば、回動軸66の回転時にキー73がキー溝74に当接していなければ、回動軸66はギヤ48Bに対して空回りするため、キー73がキー溝74に当接するまでギヤ48Bは回転しない。一方、ギヤ48Bの回転時にキー溝74がキー73に当接しており、且つキー溝74がキー73を押していれば、回動軸66はギヤ48Bと一体に回転する。換言すれば、回動軸66の回転時にキー73がキー溝74に当接しており、且つキー73がキー溝74を押していれば、ギヤ48Bは回動軸66と一体に回転する。以上より、第2駆動伝達部36は、キー73及びキー溝74においてギヤ48Bの周方向のいわゆる遊びを有する。
【0067】
なお、上記とは逆に、回動軸66にキー溝74が設けられ、ギヤ48Bにキー73が設けられていてもよい。また、キー73及びキー溝74は、駆動伝達機構79における回動軸66及びギヤ48B以外の箇所に設けられていてもよい。例えば、ギヤ48Dの軸85にキー73が設けられ、ギヤ48Dにキー溝74が設けられていてもよいし、ギヤ47Cの軸41にキー73が設けられ、ギヤ47Cにキー溝74が設けられていてもよい。これらの場合にも各軸にキー溝74が設けられ、各ギヤにキー73が設けられていてもよい。
【0068】
図8に示されるように、第3駆動伝達部37は、2個のギヤ77A、77Bと、突起51と、当該突起51の回動軸50とを備えている。回動軸50は、バイパストレイ71及び下側ガイド部材97よりも右方から、バイパストレイ71及び下側ガイド部材97の左右方向9におけるほぼ中央部まで、左右方向9に沿って延設されている。
【0069】
ギヤ77A、77Bは、互いに噛合したギヤ列を構成している。当該ギヤ列の一端に配置されたギヤ77Aは、中間ギヤ46と噛合している。当該ギヤ列の他端に配置されたギヤ77Bは、後述するトルクリミッタ127を介して回動軸50の右端部に連結されている。これにより、ギヤ77Bは、回動軸50と一体に回転可能であり且つ回動軸50とは独立して回転可能である。図8及び図11に示されるように、突起51は、移動部材64へ向けて突出している。後述するように、移動部材64のスライド部材116は、突起51に押されることによって移動する。以上より、第3駆動伝達部37は、中間ギヤ46から移動部材64へ回転駆動力を伝達する。
【0070】
なお、駆動伝達機構79のギヤの個数は、図3図8に示される個数に限らない。また、駆動伝達機構79の少なくとも一部が、ギヤ以外によって構成されていてもよい。例えば、2つの軸の間に無端ベルトを掛け渡し、一方の軸の回転を他方の軸に伝達するように構成されていてもよい。
【0071】
[回動部材30]
図7に示されるように、回動部材30は、矢印105、106の方向に回動することによって給送アーム76を矢印67、68の方向に回動させ、その結果、給送ローラ75をバイパストレイ71の平面45または当該平面45に支持された記録用紙Sに対して接離させるための部材である。図8及び図9に示されるように、回動部材30は、給送アーム76の一方の端部に設けられている。図10に示されるように、回動部材30は、回動体91と、コロ92と、挟持部材93と、を備えている。
【0072】
回動体91は、一対の側板94と、この一対の側板94の一部同士を繋いでいる接続板95と、この接続板95から突出する突出部96とを備えている。回動体91の材質は、POM(ポリアセタールまたはポリオキシメチレン)などの樹脂である。
【0073】
図9に示されるように、右側の側板94は、給送アーム76の右側の側板111とローラギヤ49との間に配置されている。左側の側板94は、給送アーム76の左側の側板111とローラギヤ49との間に配置されている。ここで、右側の側板111の右方及び左側の側板111の左方に、給送ローラ75がそれぞれ配置されている。つまり、左右方向における左側の側板94は、ローラギヤ49と左側の給送ローラ75との間に配置され、左右方向9における右側の側板94は、ローラギヤ49と右側の給送ローラ75との間に配置されている。また、左右方向9における左側の側板111は、左側の側板94と左側の給送ローラ75との間に配置され、左右方向9における右側の側板111は、右側の側板94と右側の給送ローラ75との間に配置されている。
【0074】
図10(B)に示されるように、一対の側板94の中心部に、開口100がそれぞれ設けられている。給送ローラ75の回転軸83が、各開口100に挿通される。この構成により、一対の側板94、接続板95、及び突出部96よりなる回動体91は、給送ローラ75の回転軸83を中心に回動可能となる。
【0075】
図10(B)に示されるように、突出部96は、ローラギヤ49の外周面から離間する向きに、接続板95から突出している。換言すると、突出部96は、ローラギヤ49の径方向外側に向かって接続板95から突出している。
【0076】
図10(A)に示されるように、コロ92は、突出部96、つまり回動部材30の回動先端に設けられている。コロ92は、回転軸92A(図10(B)参照)を回転の中心として、突出部96に回転可能に支持されている。回転軸92Aは、給送ローラ75の回転軸83と同じ方向(左右方向9)に延びている。コロ92が突出部96に支持された状態において、コロ92の周面の一部が、突出部96よりもローラギヤ49の径方向外側に向かって突出している。
【0077】
図10(B)に示されるように、挟持部材93は、一対の側板101と、この一対の側板101同士を繋いでいる接続板102とを備えている。挟持部材93の材質は、SECC(電気亜鉛メッキ鋼板)などの金属である。
【0078】
図9に示されるように、右側の側板101は、回動体91の右側の側板94と給送アーム76の右側の側板111との間に配置されている。図9では隠れた位置にあるために見えないが、左側の側板101は、回動体91の左側の側板94と給送アーム76の左側の側板111との間に配置されている。つまり、挟持部材93の一対の側板101は、左右方向9において、回動体91の一対の側板94の外側に配置されている。すなわち、挟持部材93は、回動体91の一対の側板94を挟持している。
【0079】
図10(B)に示されるように、左側の側板101の中心部に、開口103Aが設けられ、右側の側板101の中心部に、開口103Bが設けられている。給送ローラ75の回転軸83が、開口103A、103Bにそれぞれ挿通される。ここで、左側の側板101の開口103Aは円形状を有しているが、右側の側板101の開口103Bの一部の半径は、当該一部以外の半径よりも大きい。つまり、開口103Bは、異なる長さの半径を持つ2つの円形状の開口の一部ずつが、その中心を同一にして組み合わせられた形状を有している。そして、この開口103Bにおける半径が大きい開口部分に、回動体91の右側の側板94に設けられたリブ104が嵌合する(図10(A)参照)。この構成により、一対の側板101は、給送ローラ75の回転軸83を中心に、回動体91と一体に回動可能である。従って、回動体91と挟持部材93とは、給送ローラ75の回転軸83を中心に一体に回動する。つまり、回動部材30は、給送ローラ75の回転軸83を中心に回動する。
【0080】
回動部材30の回動体91は、後述するトルクリミッタ32を介してローラギヤ49と連結している。ここで、上述したように、給送ローラ75の回転軸83が、ローラギヤ49を挿通しており、ローラギヤ49と給送ローラ75とは、回転軸83を回転の中心として一体に回転可能である。つまり、回動部材30は、トルクリミッタ32及びローラギヤ49を介して給送ローラ75と連結している。また、回動部材30は、第2駆動伝達部36のローラギヤ49からトルクリミッタ32を介してモータ78の回転駆動力を付与される。これにより、回動部材30は、矢印105、106(図7参照)の方向に回動する。
【0081】
図10(B)に示されるように、回動体91の一対の側板94の周面に、給送ローラ75の径方向外側に向かって突出した突起109が設けられている。一方、図13に示されるように、給送アーム76の一対の側板111には、第1規制部107及び第2規制部108が設けられている。第1規制部107及び第2規制部108は、突起109に当接することによって回動体91の回動を規制するものである。本実施形態において、第1規制部107及び第2規制部108は、一対の側板111の一方から他方へ向けて突出したリブである。なお、第1規制部107及び第2規制部108は、回動体91に当接することによって回動体91の回動を規制することができるものであるならば、リブに限らない。
【0082】
図13(A)に示されるように、突起109は、矢印106の向きの上流側から第1規制部107に当接される。突起109と第1規制部107とが当接した状態において、回動部材30の突出部96及びコロ92は、給送ローラ75よりもバイパストレイ71の平面45側に突出している。図13(A)に示される状態のときの回動部材30の位置は、以下、第1位置と記される。つまり、第1規制部107は、回動部材30の回動を第1位置で規制する。
【0083】
上述したように、給送アーム76は、トーションばねによってバイパストレイ71の平面45側に付勢されている。よって、回動部材30が第1位置のとき、コロ92は、バイパストレイ71の平面45、または、当該平面45に支持された記録用紙Sに当接している。一方で、給送ローラ75は、回動部材30に持ち上げられることによって、バイパストレイ71の平面45、または、当該平面45に支持された記録用紙Sから離間している。
【0084】
図13(B)に示されるように、突起109は、矢印105の向きの上流側から第2規制部108に当接される。突起109と第2規制部108とが当接した状態において、回動部材30の突出部96及びコロ92は、バイパストレイ71の平面45に対して給送ローラ75よりも退避している。図13(B)に示される状態のときの回動部材30の位置は、以下、第2位置と記される。つまり、第2規制部108は、回動部材30の回動を第2位置で規制する。
【0085】
回動部材30が第2位置のとき、コロ92は、バイパストレイ71の平面45から離間している。一方で、給送ローラ75は、給送アーム76がトーションばねによってバイパストレイ71の平面45側に付勢されているため、バイパストレイ71の平面45、または、当該平面45に支持された記録用紙Sに当接している。
【0086】
以上より、回動部材30は、第1規制部107及び第2規制部108によって回動を規制されることによって、第1位置及び第2位置の間の範囲においてのみ回動可能である。
【0087】
[トルクリミッタ32]
トルクリミッタ32は、第2駆動伝達部36から回動部材30へ回動駆動力を伝達するものである。また、トルクリミッタ32は、第1規制部107または第2規制部108によって回動部材30の回動が規制された場合に、第2駆動伝達部36から回動部材30への回転駆動力の伝達を切断するものである。図10(B)に示されるように、トルクリミッタ32は、摩擦部材113と、圧縮コイルばね114とを備えている。
【0088】
摩擦部材113は、厚みが薄い円柱形状の部材である。なお、摩擦部材113の形状は任意である。摩擦部材113は、ローラギヤ49と回動体91の右側の側板94との間に配置されている。つまり、摩擦部材113を備えるトルクリミッタ32は、ローラギヤ49を備える第2駆動伝達部36及び回動部材30の間に設けられている。図10(A)、図10(B)に示されるように、摩擦部材113の一方の面は、ローラギヤ49の底面110に当接している。摩擦部材113の一方の面の裏側の面は、右側の側板94に当接している。摩擦部材113は、ローラギヤ49及び側板94よりも高い摩擦係数を持つ材料、例えばフェルト生地で構成されている。以上より、摩擦部材113は、ローラギヤ49から側板94へ、つまり第2駆動伝達部36から回動部材30へ回転駆動力を伝達する。
【0089】
図10(B)に示されるように、摩擦部材113の中心部に、開口115が設けられている。給送ローラ75の回転軸83が、開口115に挿通される。
【0090】
なお、摩擦部材113は、ローラギヤ49と左側の側板94との間に配置されていてもよい。また、摩擦部材113は2つ設けられており、一方の摩擦部材113がローラギヤ49と右側の側板94との間に配置され、他方の摩擦部材113がローラギヤ49と左側の側板94との間に配置されていてもよい。
【0091】
圧縮コイルばね114は、ローラギヤ49の凹部54内に配置されている。圧縮コイルばね114の一端は、ローラギヤ49の底面110(凹部54内の内側面)に当接している。圧縮コイルばね114の他端は、回動体91における左側の側板94に当接している。給送ローラ75の回転軸83が、圧縮コイルばね114の中心部に挿通される。
【0092】
なお、ローラギヤ49の配置は左右逆であってもよい。この場合、底面110がローラギヤ49の左側に位置する。そのため、圧縮コイルばね114の一端が回動体91における右側の側板94に当接し、圧縮コイルばね114の他端が底面110(凹部54内の内側面)に当接する。以上より、圧縮コイルばね114は、一方の側板94とローラギヤ49との間に配置されている。
【0093】
ローラギヤ49の凹部54内に配置された圧縮コイルばね114は、自然長に戻ろうとして、左右方向9における右向き及び左向きに力を作用させる。そして、当該右向きに作用された力により、ローラギヤ49の底面110が摩擦部材113に圧接される。つまり、圧縮コイルばね114は、ローラギヤ49を摩擦部材113側へ付勢する。
【0094】
図12(A)及び図13(A)に示される状態において、モータ78から第1駆動伝達部35及び第2駆動伝達部36を介して正転の回転駆動力を付与されることによって、給送ローラ75が矢印125の向き(図7参照)に回転すると、当該回転駆動力は、トルクリミッタ32を介して回動部材30に伝達される。これにより、回動部材30は、第1位置(図12(A)及び図13(A)に示される状態のときの回動部材30の位置)から第2位置(図12(B)及び図13(B)に示される状態のときの回動部材30の位置)へ向けて矢印105の向きに回動する。つまり、回動部材30は、回転する給送ローラ75と一体に回動する。
【0095】
回動部材30の突起109が第2規制部108に当接すると、すなわち、回動部材30が第2位置に到達すると(図12(B)及び図13(B)参照)、回動部材30の回動は停止される。これにより、給送ローラ75及び回動部材30のうち給送ローラ75のみが、摩擦部材113による摩擦力に抗って矢印125の向きへの回転を継続する。つまり、回動部材30への回動駆動力の伝達がトルクリミッタ32によって切断される。
【0096】
一方、図12(B)及び図13(B)に示されるように、モータ78から第1駆動伝達部35及び第2駆動伝達部36を介して逆転の回転駆動力を付与されることによって、給送ローラ75が矢印126の向き(図7参照)に回転すると、当該回転駆動力は、トルクリミッタ32の摩擦部材113を介して回動部材30に伝達される。これにより、回動部材30は、第2位置から第1位置へ向けて矢印106の向きに回動する。つまり、回動部材30は、回転する給送ローラ75と一体に回動する。
【0097】
回動部材30の突起109が第1規制部107に当接すると、すなわち、回動部材30が第1位置に到達すると(図12(A)及び図13(A)参照)、回動部材30の回動は停止される。これにより、給送ローラ75及び回動部材30のうち給送ローラ75のみが、摩擦部材113による摩擦力に抗って矢印126の向きへの回転を継続する。つまり、回動部材30への回動駆動力の伝達がトルクリミッタ32によって切断される。
【0098】
[リブ133]
回動部材30は、図13に示されるように、一対の側板94から突出したリブ133を備えている。また、図13(A)に示されるように、回動部材30が第1位置のとき、リブ133の給送向き87における最上流側の部位を部位134とする。回動部材30が第1位置のとき、リブ133は、部位134から給送ローラ75とバイパストレイ71の支持面188とが当接する位置135へ向けて延びている。また、回動部材30が第1位置のとき、部位134は、リブ133の他の部位(部位134から給送向き87へ延びている部位)に比して支持面188から最も離間した位置にある。これにより、図13(A)に示される状態のとき、給送向き87の上流側(図13(A)における紙面右側)から位置135へ向けて挿入される記録用紙Sの挿入先端は、給送ローラ75とは当接せずにリブ133に当接する。そして、当該記録用紙Sの挿入先端は、リブ133に沿って案内されて位置135に向かって導かれる。
【0099】
一方、図13(B)に示されるように、回動部材30が第2位置のとき、リブ133は、給送ローラ75よりも給送向き87の下流側へ突出している。なお、回動部材30は、リブ133を備えていなくてもよい。
【0100】
[移動部材64]
図8に示されるように、移動部材64は、下側ガイド部材97の上面69に設けられた凹部86に配置されている。つまり、移動部材64は、下側ガイド部材97に設けられている。
【0101】
図11に示されるように、移動部材64は、スライド部材116と、当接部材117と、を備えている。スライド部材116は、凹部86の底面84に支持されている。当接部材117はスライド部材116に支持されており、バイパストレイ71に支持された記録用紙Sの先端に当接可能である。
【0102】
スライド部材116は、凹部86の底面84に沿って前後方向8に移動可能である。スライド部材116の面120、すなわち、凹部86の底面84と接するスライド部材116の面と反対側の面120に、第1凹部118及び第2凹部119が設けられている。第1凹部118に、第3駆動伝達部37の突起51が挿入される。第2凹部119に、後述する当接部材117の突起58が挿入可能である。
【0103】
当接部材117は、スライド部材116の面120に当接している。当接部材117は、スライド部材116側へ突出した突起58を備えている。当接部材117は、スライド部材116の移動に連動して、下側ガイド部材97の上面69から突出した突出位置(図11(B)に示される状態のときの当接部材117の位置)と、上面69から退避した退避位置(図11(A)に示される状態のときの当接部材117の位置)に移動可能である。
【0104】
以下に詳述する。図11(A)に示されるように、スライド部材116が下側ガイド部材97の凹部86の第1側面122に当接している状態において、当接部材117の突起58は、スライド部材116の第2凹部119に挿入されている。この状態において、当接部材117は、上面69から凹部86内へ退避しており、退避位置である。
【0105】
この状態において、第3駆動伝達部37のギヤ77Bが矢印124の向きに回転すると、スライド部材116は、回転するギヤ77Bと一体に回動した突起51に押されて、凹部86の第2側面123に向けて移動する。これにより、第2凹部119に挿入されていた突起58は、第2凹部119から脱出して、図11(B)に示されるように、面120に支持される。すなわち、スライド部材116の面120はカム面を構成している。その結果、当接部材117の面121は、下側ガイド部材97の上面69から突出する。つまり、当接部材117は、突出位置となる。
【0106】
なお、スライド部材116は、第2側面123に当接するまで移動可能である。つまり、第2側面123は、移動部材64のスライド部材116に当接してスライド部材116の移動を規制することにより、移動部材64の当接部材117の移動を突出位置で規制する。
【0107】
図11(B)に示されるように、スライド部材116が第2側面123に当接し、且つ当接部材117が突出位置である状態において、ギヤ77Bが矢印124と逆向きに回転すると、スライド部材116は、突起51に押されて、凹部86の第1側面122に向けて移動する。これにより、突起58は、面120に当接しながら移動し、図11(A)に示されるように、第2凹部119へ挿入される。その結果、当接部材117の面121は、下側ガイド部材97の上面69から凹部86内へ退避する。つまり、当接部材117は、退避位置となる。
【0108】
なお、スライド部材116は、第1側面122に当接するまで移動可能である。つまり、第1側面122は、移動部材64のスライド部材116に当接してスライド部材116の移動を規制することにより、移動部材64の当接部材117の移動を退避位置で規制する。
【0109】
なお、第3駆動伝達部37を介してモータ78から正転の回転駆動力を付与された移動部材64は、突出位置から退避位置へ移動する(換言すれば、スライド部材116が第2側面123から第1側面122へ向けて移動する)。一方、第3駆動伝達部37を介してモータ78から逆転の回転駆動力を付与された移動部材64は、退避位置から突出位置へ向けて移動する(換言すれば、スライド部材116が第1側面122から第2側面123へ向けて移動する)。
【0110】
第3駆動伝達部37のギヤ77Bと回動軸50との間に、トルクリミッタ127(図6及び図8参照)が設けられている。トルクリミッタ127は、第3駆動伝達部37における回転駆動力の伝達の有無を切り替えるものである。
【0111】
トルクリミッタ127は、フランジ部128(図8参照)と、摩擦部材(不図示)と、圧縮コイルばね129(図6参照)と、を備えている。フランジ部128は、回動軸50の周面から突出している。摩擦部材(不図示)は、フランジ部128とギヤ77Bとの間に配置されている。圧縮コイルばね129は、ギヤ77Bに対して摩擦部材の反対側に配置されておりギヤ77Bを摩擦部材側に付勢する。ギヤ77Bは、圧縮コイルばね129に付勢されることによって、摩擦部材を介してフランジ部128に押しつけられている。なお、トルクリミッタ127の構成は、上述した構成に限定されず、任意のトルクリミッタの構成を採用可能である。
【0112】
上述した移動部材64の動作において、スライド部材116が移動可能な状態である場合、トルクリミッタ127は、ギヤ77Bから摩擦部材を介してフランジ部128に回転駆動力を伝達する。つまり、ギヤ77Bとフランジ部128が設けられた回動軸50とは、トルクリミッタ127を介して一体に回転する。
【0113】
一方、上述した移動部材64の動作において、第1側面122に向けて移動するスライド部材116が第1側面122に当接した場合、または、第2側面123に向けて移動するスライド部材116が第2側面123に当接した場合、トルクリミッタ127は、ギヤ77Bから回動軸50への回転駆動力の伝達を切断する。つまり、回動軸50の回転がスライド部材116の第1側面122または第2側面123に対する当接によって規制されるため、回動軸50の回転は停止し、ギヤ77Bは回動軸50に対して空回りする。すなわち、ギヤ77Bは、回動軸50とは独立して回転する。以上より、トルクリミッタ127は、第1側面122または第2側面123によって移動部材64の移動が規制されると、第3駆動伝達部37における回転駆動力の伝達を切断する。
【0114】
なお、トルクリミッタ127が設けられる位置は、ギヤ77Bと回動軸50との間に限らない。例えば、トルクリミッタ127は、ギヤ77Bと当該ギヤ77Bの回転軸との間に設けられていてもよい。
【0115】
当接部材117が突出位置のとき、給送向き87に給送された記録用紙Sは、当接部材117の面121(図11参照)に当接可能である。図11に示されるように、面121は、左右方向9(図2の紙面に対して鉛直方向)に延びた溝が一定間隔で形成されていることによって、右方または左方から見た側面視で鋸刃形状となっている。これにより、面121に当接した記録用紙Sの先端、すなわち、給送向き87における記録用紙Sの下流端は、上記溝に嵌り込む。その結果、記録用紙Sの移動は、面121によって制止される。なお、面121は、当接した記録用紙Sを制止可能であるならば、鋸刃形状でなくてもよい。例えば、面121は、摩擦係数が高いコルクなどが貼り付けられることによって、当接した記録用紙Sの移動を制止するものであってもよい。
【0116】
[シートセンサ150]
図3に示されるように、シートセンサ150が、バイパストレイ71に設けられている。シートセンサ150は、バイパストレイ71の平面45上の記録用紙Sの有無を検知するためのセンサである。本実施形態において、シートセンサ150は、平面45に形成された凹部151に回動可能に設けられた検出子152と、発光素子及び当該発光素子から発光された光を受光する受光素子を有する光学センサ153とを備えている。
【0117】
バイパストレイ71の平面45上に記録用紙Sが支持されていない状態において、検出子152の一部分は、凹部151から平面45上に突出している。このとき、検出子152の他の部分は光学センサ153の発光素子から受光素子に至る光路に進入して、当該光路を通る光を遮断している。検出子152の他の部分が光路を通る光を遮断しているとき、光学センサ153から後述する制御部130(図14参照)にローレベルの信号が出力される。一方、記録用紙Sが平面45上に支持されると、検出子152の一部分が記録用紙Sの裏面(平面45側の面)に押されて回動し、凹部151の内部への埋没する。これにより、検出子152の他の部分は上記光路から外れて、上記光路に光が通る。光路を光が通るとき、光学センサ153から制御部130にハイレベルの信号(シート検知信号)が出力される。
【0118】
なお、シートセンサ150は、バイパストレイ71による記録用紙Sの支持の有無を検知可能なものであるならば、上述した構成に限らない。
【0119】
[回動センサ156]
複合機10は、可動部186の回動位置を検知する回動センサ156(図14参照)を備えている。本実施形態において、回動センサ156は、筐体16の後壁23の左右両端部154(図5参照)に設けられた凹部(不図示)に配置された回動可能な検出子(不図示)と、発光素子及び当該発光素子から発光された光を受光する受光素子を有する光学センサ157(図14参照)とを備えている。
【0120】
可動部186が倒伏位置の状態において、検出子の一端は、上記凹部から筐体16の外に向かって突出している。検出子の他端は光学センサ157の発光素子から受光素子に至る光路に進入して、当該光路を通る光を遮断している。光路の光を遮断しているとき、光学センサ157から後述する制御部130(図14参照)にローレベルの信号が出力される。可動部186が倒伏位置から起立位置に回動すると、検出子の一端が可動部186の側壁190、191の前面155(図4参照)に押されて回動し、上記凹部内へと埋没する。これにより、検出子の他端は上記光路から外れて、上記光路に光が通る。光路を光が通るとき、光学センサ157から制御部130にハイレベルの信号が出力される。
【0121】
なお、回動センサは、可動部186の回動位置を検知するものであるならば、上述した構成に限らない。
【0122】
[制御部130]
図14に示されるように、制御部130は、複合機10の動作を制御するものである。制御部130は、CPU141、ROM142、RAM143、EEPROM144、及びASIC145を備えている。これらは内部バス147によって接続されている。
【0123】
ROM142には、CPU141が各種動作を制御するためのプログラムなどが格納されている。RAM143は、CPU141が上記プログラムを実行する際に用いるデータや信号等を一時的に記録する記憶領域、或いはデータ処理の作業領域として使用される。EEPROM144には、電源オフ後も保持すべき設定やフラグ等が格納される。
【0124】
ASIC145は、モータ78と接続されている。モータ78を駆動させるための駆動信号がCPU141からモータ78に出力されると、モータ78が正転または逆転する。つまり、制御部130は、モータ78の動作を制御する。モータ78の回転により、各ローラ25、60、62、75が回転し、移動部材64が移動し、回動部材30が回動可能である。
【0125】
ASIC145は、記録部24(記録ヘッド39及びキャリッジ駆動用モータ146)と接続されている。CPU141からキャリッジ駆動用モータ146に駆動信号が出力されると、キャリッジ駆動用モータ146が当該駆動信号に応じて回転してキャリッジ40が左右方向9に往復動する。また、CPU141から記録ヘッド39に制御信号が出力されると、記録ヘッド39から当該制御信号に応じたインク滴が吐出される。つまり、制御部130は、記録部24の動作を制御する。
【0126】
ASIC145は、表示パネル88、タッチパネル90、及び通信部148と接続されている。ASIC145は、表示パネル88の表示を制御し、タッチパネル90が取得したユーザからの指示を取得し、通信部を通じて外部装置と通信する。また、ASIC145は、光学センサ153、157と接続されている。光学センサ153、157からASIC145へハイレベルまたはローレベルの信号が出力される。さらに、ASIC145は、時間をカウントするカウンタ回路を備える。なお、時間のカウントは、カウンタ回路ではなく、ソフトウェアによって実現されてもよい。
【0127】
[画像記録処理]
次に、図15を参照して、複合機10によって実行される画像記録処理が説明される。図15に示される画像記録処理は、例えば、複合機10が記録指示を取得したことに応じて開始される。記録指示は、例えば、バイパストレイ71に支持された記録用紙Sに記録すべき画像を示す画像データと、当該画像を記録する記録用紙Sの種類(例えば、普通紙、インクジェット記録専用紙、光沢紙等)を示す用紙種情報とを含む。記録指示の取得方法は特に限定されないが、例えば、タッチパネル90(本発明の受信部の一例)を通じてユーザから取得してもよいし、通信部148(本発明の受信部の他の例)を通じて外部装置から受信してもよい。
【0128】
制御部130は、画像記録処理が終了した時点で、回動部材30を第1位置に移動させるようにモータ78を制御(すなわち、モータ78を逆転)する。これは、上述された通り、給送ローラ75の油分等の異物が記録用紙Sに転写されないように、次の画像記録処理の記録指示が取得されるまでの間、給送ローラ75を記録用紙Sから離間させておくためである。また、制御部130は、画像記録処理が実行されていない期間内における所定の時間間隔毎に回動部材30を第1位置に移動させるようにモータ78を制御する。これは、複合機10の置かれている環境等に配慮したものである。具体的には、複合機10が現在の載置位置から移動されることによって、或いは複合機10に加わる振動等によって、回動部材30が第1位置から第2位置へ向けて意図せず移動してしまう可能性に配慮したものである。
【0129】
上述のように、制御部130によってモータ78が制御されることにより、給送ローラ75と記録用紙Sとが長時間にわたって接触するのを防止できる。その結果、給送ローラ75の油分等の異物が記録用紙Sに転写されないのである。しかしながら、複合機10の置かれている環境(例えば、複合機10が頻繁に移動されたり、振動が加えられたりする環境)等によっては、複合機10が記録指示を取得した時点において、回動部材30が必ずしも第1位置に配置されているとは限らないのである。
【0130】
そこで、制御部130は、記録指示に含まれる用紙種情報が光沢紙或いはインクジェット記録専用紙であることに応じて(S11:Yes)、モータ78を逆転させる(S12)。ステップS11におけるモータ78の回転量は、例えば、第2位置にある回動部材30が第1位置に至るまで回動するのに必要な回転量以上であればよい。制御部130がモータ78を逆転させる前に回動部材30がどの位置にあろうとも、回動部材30は必ず第1位置に配置されるからである。これにより、図12(A)に示されるように、回動部材30が必ず第1位置に到達し、給送ローラ75が記録用紙Sから離間する。また、移動部材64は突出位置に到達する。
【0131】
次に、制御部130は、モータ78を第1回転量だけ正転させる(S13)。第1回転量は、図12(A)の位置の給送ローラ75が記録用紙Sに当接するのに必要な回転量以上であればよい。換言すれば、第1回転量は、第1位置の回動部材30が記録用紙Sから離間するのに必要な回転量以上であればよい。これにより、図7の矢印125の向きに回転した状態の給送ローラ75が記録用紙Sに当接する。また、キー73及びキー溝74による遊びを設けたことにより、移動部材64は、給送ローラ75が記録用紙Sに当接する前に退避位置に到達する。一方、ステップS13において第2位置へ向かう向きに回動された回動部材30は、図12(B)に示されるように第2位置に到達している必要は必ずしもなく、図12(C)に示されるように記録用紙Sから離間していればよい。
【0132】
次に、制御部130は、モータ78を第2回転量だけ逆転させる(S14)。第2回転量は、ステップS13において記録用紙Sから離間された回動部材30が記録用紙Sに当接するのに必要な回転量未満であればよい。すなわち、第1回転量は、第2回転量よりも多い。これにより、第1位置へ向かう向きに回動された回動部材30は、例えば図12(C)の位置より第1位置側へ回動し、且つ記録用紙Sから離間した位置に配置される。一方、ステップS14における給送ローラ75は、記録用紙Sから当接した状態で図7の矢印126の向きに回転する。
【0133】
次に、制御部130は、バイパストレイ71に支持された記録用紙Sが第1搬送ローラ対59に到達するまで、モータ78を正転させる(S15)。制御部130は、例えばステップS15において、第1搬送ローラ対59より搬送向き17の上流側の搬送経路65に設けられたレジストセンサ(不図示)が記録用紙Sを検知するまでモータ78を正転させ、当該レジストセンサが記録用紙Sを検知してからさらに所定の回転量だけモータ78を正転させる。これにより、バイパストレイ71に支持された記録用紙Sは、バイパス経路182及び搬送経路65を通って第1搬送ローラ対59の挟持位置に到達する。
【0134】
次に、制御部130は、記録処理を実行する(S16)。記録処理は、モータ78、記録ヘッド39、及びキャリッジ駆動用モータ146を制御することによって、記録指示に含まれる画像情報に基づく画像を、給送装置70によって給送された記録用紙Sに記録する処理である。制御部130は、例えばステップS16において、第1搬送ローラ対59及び第2搬送ローラ対180に搬送向き17の所定の改行幅だけ記録用紙Sを搬送させる搬送処理と、キャリッジ40を左右方向9に移動させる過程で記録ヘッド39にインクを吐出させる吐出処理とを交互に実行する。そして、制御部130は、モータ78を制御することによって、画像が記録された記録用紙Sが排出トレイ21に排出されるまで第2搬送ローラ対180に当該記録用紙Sを搬送させる。
【0135】
次に、制御部130は、次の記録用紙Sに記録すべき画像が画像データに含まれていることに応じて(S17:Yes)、ステップS12以降の処理を再び実行する。そして、制御部130は、画像データに含まれる全ての画像を記録用紙Sに記録したことに応じて(S17:No)、画像記録処理を終了する。すなわち、制御部130は、ステップS12〜S17の処理を、画像データに含まれる画像の枚数分だけ繰り返し実行する。
【0136】
一方、制御部130は、記録指示に含まれる用紙種情報が普通紙であることに応じて(S11:No)、ステップS12と同様に、モータ78を逆転させる(S18)。次に、制御部130は、バイパストレイ71に支持された記録用紙Sが第1搬送ローラ対59に到達するまで、ステップS15と同様に、モータ78を正転させる(S19)。次に、制御部130は、ステップS16と同様に、記録処理を実行する(S20)。次に、制御部130は、次の記録用紙Sに記録すべき画像が画像データに含まれていることに応じて(S21:Yes)、ステップS19以降の処理を再び実行する。そして、制御部130は、画像データに含まれる全ての画像を記録用紙Sに記録したことに応じて(S21:No)、画像記録処理を終了する。すなわち、制御部130は、ステップS19〜S21の処理を、画像データに含まれる画像の枚数分だけ繰り返し実行する。
【0137】
なお、上述された通り、ステップS18〜S21の処理内容は、上述されたステップS12、S15〜S17と共通する。但し、ステップS19は給送ローラ75が記録用紙Sから離間した状態で実行されるのに対して、ステップS15は給送ローラ75が記録用紙Sに当接した状態で実行される。そのため、ステップS19におけるモータ78の正転量は、給送ローラ75を記録用紙Sに当接させるのに必要な正転量だけ、ステップS15におけるモータ78の正転量より多くなる。
【0138】
[本実施形態の作用効果]
上記の実施形態における回動部材30は、ステップS12の終了後に第1位置にあり、ステップS13において第1位置から第2位置へ向かう向きに回動された後、ステップS14において第1位置へ向かう向きに再び回動される。また、給送ローラ75は、ステップS13において図7の矢印125の向きに回転した状態で記録用紙Sに当接し、ステップS14において記録用紙Sに当接した状態で図7の矢印126の向きに回転する。
【0139】
ここで、給送アーム76には、ステップS13において、図7の矢印125の向きに回動した状態で記録用紙Sに当接した給送ローラ75によって、当該給送アーム76を図3の矢印67の向きにさらに回動させようとする力が付与される。その結果、給送アーム76が記録用紙Sに食い込んでしまう。そこで、ステップS14において給送ローラ76を図7の矢印126の向きに回転させることにより、記録用紙Sに対する給送ローラ75の食い込みが緩和され、給送向き87に移動した記録用紙Sが当該給送向きと反対向きに戻される。その結果、バイパストレイ71上に積層された複数の記録用紙Sが重送されにくくなる。
【0140】
特に、本実施形態における移動部材64は、ステップS13において給送ローラ75が記録用紙Sに当接するより前に退避位置に到達する。そのため、図7の矢印125の向きに回転した状態の給送ローラ75に当接された記録用紙Sは、給送向きに87に移動しやすい。そこで、ステップS13、S15の間でステップS14を実行することにより、バイパストレイ71上に積層された複数の記録用紙Sの重送を効果的に抑制できる。
【0141】
また、ステップS14における第2回転量をステップS13における第1回転量より少なくしたので、ステップS14の実行後において、給送ローラ75が記録用紙Sに当接した状態を維持することができる。その結果、ステップS15の実行時に給送ローラ75が記録用紙Sに再び食い込むことが抑制される。
【0142】
また、バイパストレイ71に支持された記録用紙Sの重送は、例えば、当該記録用紙Sが光沢紙又はインクジェット記録専用紙(本発明の第1シートの一例)である場合に、普通紙(本発明の第2シートの一例)より発生しやすい。そこで、上記の実施形態のように、バイパストレイ71に支持された記録用紙Sが重送されにくい普通紙である場合にステップS14をスキップすることにより、画像記録処理のスループットが向上する。なお、記録用紙Sの種別の特定方法は上記の例に限定されず、バイパストレイ71に支持される記録用紙Sの種別としてユーザによって予め複合機10に設定された情報を用いて、ステップS11を判断してもよい。
【0143】
ここで、光沢紙やインクジェット記録専用紙は、積層状態で載置されているとき、各用紙間の摩擦係数、即ち用紙間摩擦係数が比較的大きい。一方、普通紙は、積層状態で載置されているとき、用紙間摩擦係数が光沢紙やインクジェット記録専用紙と比較して小さい。そして、回転しながら記録用紙Sに当接した給送ローラ75の当該記録用紙Sへの食い込み量は、用紙間摩擦係数の大きいほど多くなる傾向がある。そのため、この状態で給送ローラ75を回転させると、給送ローラ75が当接している記録用紙Sの下の記録用紙Sまでもが給送ローラ75によって給送されることになり、重送が発生しやすくなる。一方、用紙間摩擦係数が比較的小さい普通紙の場合、給送ローラ75が回転しながら記録用紙Sに当接したとしても、当該記録用紙Sに対する給送ローラ75の食い込み量は、光沢紙やインクジェット記録専用紙等と比較して少ない。そのため、この状態で給送ローラ75を回転させても、給送ローラ75が当接している記録用紙Sの下の記録用紙Sまで給送ローラ75によって給送される可能性は低く、重送が発生しにくい。
【0144】
また、バイパストレイ71から記録ヘッド39に対面する位置に至る経路は、記録用紙Sが反転されずに搬送される経路(所謂、ストレートパス)である。そして、ストレートパスを搬送される記録用紙Sにおいて、記録ヘッド39による画像記録が行われる記録面と給送ローラ75が当接する当接面とは、同一面である。そのため、ストレートパスを搬送される記録用紙Sは、給送ローラ75の食い込みによって記録面が傷つきやすい。
【0145】
一般に、ユーザが光沢紙やインクジェット記録専用紙を用いて画像を記録するとき、画質を重視する記録であることが多い。このため、記録用紙Sの記録面に傷が生じるということは、完成した画像の画質の低下を招来することになる。このため、記録用紙S毎に食い込みを解除したいのである。すなわち、図15に示される画像記録処理において、各記録用紙Sに対してステップS12〜S14を実行するのが望ましい。一方、ユーザが普通紙を用いて画像を記録するとき、一般にテキストを中心とした記録や試し印字であることが多い。このため、仮に記録用紙Sの記録面に傷が生じたとしても大きな問題にはならない。また、上述した通り、普通紙の場合、給送ローラ75の食い込み量はそれほど多くないので、記録用紙Sの記録面に傷が生じにくいことはいうまでもない。従って、1JOBの最初の1枚だけ回動部材30を第1位置へとリセットするだけでよい。すなわち、図15に示される画像記録処理において、ステップS18を最初の1回だけ実行すればよい。ステップS18を最初の1回だけ実行するということは、1JOB全体の画像記録時間を短縮する効果もある。
【0146】
なお、ステップS11における分岐条件は、光沢紙又はインクジェット記録専用紙であるか、普通紙であるかに限定されない。すなわち、重送されやすい記録用紙S(すなわち、第1シート)がバイパストレイ71に支持されている場合にステップS12〜S17の処理が実行され、第1シートより重送されにくい記録用紙S(すなわち、第2シート)がバイパストレイ71に支持されている場合にステップS18〜S21の処理が実行されればよい。また、記録用紙Sの種別に拘わらず、ステップS13〜S14を常に実行してもよい。
【0147】
また、図15の各処理は、ROM142に記憶されているプログラムをCPU141が読み出して実行することによって実現されてもよいし、制御部130に搭載されたハードウェア回路によって実現されてもよい。
【0148】
さらに、上記の実施形態では、画像記録装置の一例としてインクジェット方式のプリンタ部11の例を説明した。しかしながら、画像記録装置の具体例はこれに限定されず、電子写真方式等であってもよい。
【符号の説明】
【0149】
10・・・複合機
11・・・プリンタ部
24・・・記録部
30・・・回動部材
32・・・トルクリミッタ
71・・・バイパストレイ
75・・・給送ローラ
76・・・給送アーム
78・・・モータ
79・・・駆動伝達機構
107・・・第1規制部
108・・・第2規制部
130・・・制御部
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
図11
図12
図13
図14
図15