特開2016-131596(P2016-131596A)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ タイヨーエレック株式会社の特許一覧
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2016-131596(P2016-131596A)
(43)【公開日】2016年7月25日
(54)【発明の名称】遊技機
(51)【国際特許分類】
   A63F 7/02 20060101AFI20160627BHJP
【FI】
   A63F7/02 320
【審査請求】有
【請求項の数】1
【出願形態】OL
【全頁数】68
(21)【出願番号】特願2015-6375(P2015-6375)
(22)【出願日】2015年1月16日
(71)【出願人】
【識別番号】000204262
【氏名又は名称】タイヨーエレック株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】100105315
【弁理士】
【氏名又は名称】伊藤 温
(72)【発明者】
【氏名】海原 慎也
(72)【発明者】
【氏名】竹内 尊浩
【テーマコード(参考)】
2C333
【Fターム(参考)】
2C333AA11
2C333CA42
2C333CA77
2C333EA04
2C333EA10
(57)【要約】
【課題】保留図柄等の記憶表示の表示に係る遊技興趣を高めることができる。
【解決手段】特定の変動モードにて取得情報が記憶されている場合は、記憶表示を用いた複数の変動モード共通の事前演出だけでなく、付加表示を用いた特定の変動モード専用の事前演出を行うことが可能である。こうすると、複数の変動モード共通の事前演出だけを行う場合と比較して、事前判定の結果に基づいた演出を多様にすることができる。この結果、特定の変動モードにおける記憶表示の表示に係る遊技興趣を高めることが可能となる。
【選択図】図34
【特許請求の範囲】
【請求項1】
所定の取得条件の成立に基づき取得される取得情報の判定を行い、該判定の結果に基づき変動表示される識別情報が特定態様で表示された場合に、所定の利益を遊技者に付与可能な特定遊技が実行可能となる遊技機であって、
前記取得情報を記憶可能な取得情報記憶手段と、
前記取得情報が記憶されていることを示す記憶表示を表示する記憶表示手段と、
前記記憶表示手段により表示される記憶表示に対応する付加表示を表示する付加表示手段と、
前記識別情報が変動表示する際の変動モードを設定する変動モード設定手段と、
前記識別情報の変動表示開始前に、前記取得情報が所定の情報であるか否かを事前判定する事前判定手段と、
前記事前判定の結果に基づいて所定の事前演出を行う演出実行手段と、
を備え、
前記変動モードとして複数の変動モードが設けられ、
前記変動モードのうち特定の変動モードにて前記付加表示が表示可能となり、
前記演出実行手段は、
前記事前判定の結果に基づく演出として、少なくとも、前記複数の変動モード共通であって前記記憶表示を用いた演出と、前記特定の変動モード専用であって前記付加表示を用いた演出とを実行可能である
ことを特徴とする遊技機。
【請求項2】
請求項1に記載の遊技機において、
前記付加表示を用いて前記事前演出を行う場合の前記付加表示の表示態様の種類は、前記記憶表示を用いて前記事前演出を行う場合の前記記憶表示の表示態様の種類よりも、多く設けられている
ことを特徴とする遊技機。
【請求項3】
請求項1または請求項2に記載の遊技機において、
前記付加表示手段は、前記特定の変動モードでは、前記取得情報が記憶される毎に前記付加表示を表示する
ことを特徴とする遊技機。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、遊技領域が形成された遊技盤に遊技球を発射することによって遊技を行う遊技機(パチンコ機)に関する。
【背景技術】
【0002】
遊技盤面上(遊技領域)を流下する遊技球を始動口等の所定の始動領域で検知することに基づいて、大当り判定乱数等の取得情報を記憶する遊技機が知られている。このような遊技機では、取得情報が記憶されると、該取得情報が記憶されていることを示す保留図柄等の記憶表示を表示する。また、記憶した取得情報に基づいて識別情報の変動表示を行い、その結果、該識別情報が特定態様で表示されると、所定の利益を遊技者に付与可能な特定遊技が実行可能となる。
【0003】
近年では、このような遊技機として、取得情報に基づく識別情報の変動表示開始前に、該取得情報が所定の情報であるか否かの事前判定を行うものが一般的になりつつある。例えば、取得情報について事前判定を行い、該事前判定の結果に基づく態様で保留図柄(記憶表示)を表示する遊技機が存在する(特許文献1)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
【特許文献1】特開2011−036343号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、上述した従来技術は、単に記憶表示を事前判定の結果に基づく態様で表示しているに過ぎないため、種々の遊技機間で記憶表示の態様が画一的になり易く、遊技興趣を十分に高めることができないという問題があった。
【0006】
本発明は、上述した課題を解決するためになされたものであり、保留図柄等の記憶表示の表示に係る遊技興趣を高めることができる遊技機を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上述した課題の少なくとも一部を解決するために、本発明の遊技機は次の構成を採用した。すなわち、
所定の取得条件の成立に基づき取得される取得情報の判定を行い、該判定の結果に基づき変動表示される識別情報が特定態様で表示された場合に、所定の利益を遊技者に付与可能な特定遊技が実行可能となる遊技機であって、
前記取得情報を記憶可能な取得情報記憶手段と、
前記取得情報が記憶されていることを示す記憶表示を表示する記憶表示手段と、
前記記憶表示手段により表示される記憶表示に対応する付加表示を表示する付加表示手段と、
前記識別情報が変動表示する際の変動モードを設定する変動モード設定手段と、
前記識別情報の変動表示開始前に、前記取得情報が所定の情報であるか否かを事前判定する事前判定手段と、
前記事前判定の結果に基づいて所定の事前演出を行う演出実行手段と、
を備え、
前記変動モードとして複数の変動モードが設けられ、
前記変動モードのうち特定の変動モードにて前記付加表示が表示可能となり、
前記演出実行手段は、
前記事前判定の結果に基づく演出として、少なくとも、前記複数の変動モード共通であって前記記憶表示を用いた演出と、前記特定の変動モード専用であって前記付加表示を用いた演出とを実行可能である
ことを特徴とする。
【0008】
このような遊技機では、特定の変動モードにて取得情報が記憶されている場合は、記憶表示を用いた複数の変動モード共通の事前演出だけでなく、付加表示を用いた特定の変動モード専用の事前演出を行うことが可能である。こうすると、複数の変動モード共通の事前演出だけを行う場合と比較して、事前判定の結果に基づいた演出を多様にすることができる。この結果、特定の変動モードにおける記憶表示の表示に係る遊技興趣を高めることが可能となる。
【0009】
また、本発明の遊技機は、
前記付加表示を用いて前記事前演出を行う場合の前記付加表示の表示態様の種類は、前記記憶表示を用いて前記事前演出を行う場合の前記記憶表示の表示態様の種類よりも、多く設けられている
こととしてもよい。
【0010】
このような遊技機よれば、記憶表示を用いた複数の変動モード共通の事前演出よりも、付加表示を用いた特定の変動モード専用の事前演出を多様にすることができる。従って、特定の変動モードにおける遊技者の注目を付加表示に引き付けることができる。この結果、特定の変動モードにおける記憶表示の表示に係る遊技興趣を更に高めることが可能となる。
【0011】
また、本発明の遊技機は、
前記付加表示手段は、前記特定の変動モードでは、前記取得情報が記憶される毎に前記付加表示を表示する
こととしてもよい。
【0012】
このような遊技機によれば、特定の変動モードでは、取得情報が記憶される毎に付加表示が表示される。このため、特定の変動モードでは、取得情報が記憶されるたびに付加表示の表示態様(すなわち特定の変動モード専用の事前演出)に遊技者を注目させることができる。この結果、特定の変動モードにおける遊技興趣を更に高めることが可能となる。
【発明の効果】
【0013】
本発明によれば、記憶表示の表示に係る遊技興趣を高めることができる。
【図面の簡単な説明】
【0014】
図1】本実施例のパチンコ機の正面図である。
図2】本実施例の遊技盤の盤面構成を示す説明図である。
図3】本実施例の主情報表示部の構成を示す説明図である。
図4】本実施例の演出表示装置の画面構成を示す説明図である。
図5】本実施例のパチンコ機における制御回路の構成を示したブロック図である。
図6】本実施例の演出表示装置で行われる演出の一態様を例示した説明図である。
図7】本実施例の主制御基板のCPUよって実行される遊技制御処理を示すフローチャートである。
図8】本実施例の特図保留関連処理を示すフローチャートである。
図9】本実施例の特別図柄遊技処理を示すフローチャートである。
図10】本実施例の特別図柄遊技処理を示すフローチャートである。
図11】本実施例の特図変動開始処理を示すフローチャートである。
図12】本実施例の特図変動開始処理を示すフローチャートである。
図13】本実施例の大当り判定テーブルを概念的に示す説明図である。
図14】本実施例の変動モードA用の変動パターン決定テーブルを概念的に示す説明図である。
図15】本実施例の変動モードB用の変動パターン決定テーブルを概念的に示す説明図である。
図16】本実施例の変動モードC用の変動パターン決定テーブルを概念的に示す説明図である。
図17】本実施例の変動モードD用の変動パターン決定テーブルを概念的に示す説明図である。
図18】本実施例のループ期間開始処理を示すフローチャートである。
図19】本実施例のループ期間進行処理を示すフローチャートである。
図20】本実施例のループ期間進行処理を示すフローチャートである。
図21】本実施例の変動モードスキップ処理を示すフローチャートである。
図22】本実施例のループ期間終了処理を示すフローチャートである。
図23】本実施例の電力遮断時の処理を示す説明図である。
図24】本実施例のサブ制御基板のCPUによって実行されるループ期間演出処理を示すフローチャートである。
図25】本実施例の図柄変動演出処理を示すフローチャートである。
図26】ループ期間を発生させることによる効果を説明するための説明図である。
図27】本実施例の通常保留図柄に対応して特殊保留図柄が表示される様子を例示する説明図である。
図28】本実施例の変動モードD残数計数処理を示すフローチャートである。
図29】本実施例の保留記憶時用の保留表示更新処理を示すフローチャートである。
図30】本実施例の保留記憶時用の保留表示更新処理を示すフローチャートである。
図31】本実施例の当該変動記憶領域、第1保留記憶領域、第2保留記憶領域を概念的に示す説明図である。
図32】本実施例の通常保留決定テーブルを概念的に示す説明図である。
図33】本実施例の特殊保留決定テーブルを概念的に示す説明図である。
図34】本実施例の特図保留記憶時に保留図柄の表示が更新される様子を示す説明図である。
図35】本実施例の変動開始時用の保留表示更新処理を示すフローチャートである。
図36】本実施例の図柄変動遊技開始時に特図保留情報がシフトされる様子を示す説明図である。
図37】本実施例の図柄変動遊技開始時に保留図柄の表示が更新される様子を示す説明図である。
【発明を実施するための形態】
【0015】
上述した本発明の内容を明確にするために、本発明を「セブン機」や「デジパチ」と呼ばれるタイプのパチンコ機(遊技機)に適用した実施例について説明する。
【0016】
A.パチンコ機の装置構成 :
A−1.装置前面側の構成 :
図1は、本実施例のパチンコ機1の正面図である。図1に示すように、パチンコ機1の前面部は、大きくは、前面枠4、上皿部5、下皿部6、遊技盤10などから構成されている。なお、図1では遊技盤10の詳細な図示を省略している。前面枠4は、図示しない中枠3に取り付けられており、中枠3は図示しない本体枠2に取り付けられている。中枠3はプラスチック材料で成形されており、本体枠2の内側に取り付けられている。本体枠2は、木製の板状部材を組み立てて構成された略長方形の枠体であり、パチンコ機1の外枠を形成している。前面枠4の一端は中枠3に対して回動可能に軸支されており、中枠3の一端は本体枠2に対して回動可能に軸支されている。遊技盤10は中枠3の前面側に着脱可能に取り付けられており、その前面側が前面枠4で覆われている。
【0017】
前面枠4は、プラスチック材料で成形されており、略中央部には窓部4aが形成されている。この窓部4aにはガラス板等の透明板が嵌め込まれており、奥側に配置される遊技盤10の盤面が視認可能となっている。また、前面枠4における窓部4aの上方には、遊技効果を高めるための各種ランプ類4b〜4fが設けられている。
【0018】
さらに、前面枠4の下部には上皿部5が設けられており、上皿部5の下方には下皿部6が設けられている。また、前面枠4の右部には施錠装置9が設けられており、前面枠4の左方にはプリペイドカード式の球貸装置13(CRユニット)が設けられている。
【0019】
上皿部5には、皿状の凹部と、凹部を取り巻くように形成された皿外縁部5aとが設けられている。遊技球は、上皿部5に形成された凹部に投入されて、発射装置ユニット12(図5参照)に供給される。また、皿外縁部5aには、遊技球の球貸スイッチ5b、返却スイッチ5c、投入した遊技球を排出するための排出ボタンなど、各種のボタン類が設けられている。上皿部5の左部にはスピーカー5yが設けられている。また、上皿5の前面側には演出ボタンBTが設けられており、遊技者によって演出ボタンBTが操作されると、その操作に応じた遊技演出が行われる。
【0020】
下皿部6には、パチンコ機1の内部から遊技球を排出するための排出口6aが設けられており、排出された遊技球は下皿部6内に貯留される。下皿部6の右端には発射ハンドル8が設けられている。発射ハンドル8には、遊技者がハンドルに触れていることを検知するタッチスイッチ8aが設けられている。発射ハンドル8の回転軸は、下皿部6の奥側に搭載された図示しない発射装置ユニット12に接続されており、遊技者が発射ハンドル8を回転させると、その動きが発射装置ユニット12に伝達され、ユニットに内蔵された図示しない発射モーターが回転して、回転角度に応じた強さで遊技球が発射される。発射ハンドル8の左側面には、遊技者が操作して遊技球の発射を一時的に停止する発射停止スイッチ8bが配置されている。
【0021】
A−2.遊技盤の構成 :
図2は、遊技盤10の盤面構成を示す説明図である。前述したように、遊技盤10は中枠3の前面側に着脱可能に取り付けられている。図2に示すように、遊技盤10の中央には、外レール14と内レール15とによって囲まれた略円形状の遊技領域11が形成されている。上述した発射装置ユニット12から発射された遊技球は、外レール14と内レール15との間を通って遊技領域11に放出され、遊技領域11の上方から下方に向かって流下する。
【0022】
遊技領域11の略中央には中央装置26が設けられており、中央装置26のほぼ中央には、演出表示装置27が設けられている。演出表示装置27は液晶表示器によって構成されており、その表示画面上では、識別図柄や背景画像などの種々の演出図柄を変動表示した後に停止表示することが可能となっている。演出表示装置27の表示画面上で表示される各種の演出図柄については後述する。
【0023】
遊技領域11の左端および右端には、普通図柄左作動ゲート36と普通図柄右作動ゲート37とが設けられており、これらのゲートの内部には、遊技球の通過を検知する作動ゲートスイッチ36s,37sがそれぞれ設けられている(図5参照)。また、左右の普通図柄作動ゲート36,37と中央装置26との間には、ランプ風車24,25が設けられている。更に、これら各遊技装置の間および周辺には、多数の障害釘23が設けられている。
【0024】
また、中央装置26の下方には、始動口ユニット17が設けられている。始動口ユニット17は、2つの始動口が上下に組み合わせて構成されており、上側に設けられた第1始動口17aは、遊技球が入球する開口部の大きさが不変(一定)で遊技球が常時入球可能な入球口となっている。一方、下側に設けられた第2始動口17bは、左右に開閉可能な一対の翼片部17wや、翼片部17wを動作させる始動口ソレノイド17m(図5参照)などを備えており、翼片部17wの開閉によって遊技球の入球可能性が変化する入球口となっている。第1始動口17aあるいは第2始動口17bに入球した遊技球は、それぞれの内部に設けられた通路を通って遊技盤10の裏面側に導かれる。第1始動口17aの内部の通路には第1始動口スイッチ17sが設けられており、第1始動口17aに入球した遊技球を検知可能である。また、第2始動口17bの内部の通路には第2始動口スイッチ17tが設けられており、第2始動口17bに入球した遊技球を検知可能である。
【0025】
始動口ユニット17の下方には、大入賞装置31が設けられている。この大入賞装置31は、略長方形状に大きく開放する大入賞口31dや、大入賞口31dを開閉させる開閉部材31e、開閉部材31eを動作させる大入賞口ソレノイド31m(図5参照)などから構成されている。後述する所定の条件が成立することにより、大入賞口ソレノイド31mが作動して開閉部材31eが開動作され、大入賞口31dが開放状態となる。この結果、遊技球が高い確率で大入賞口31dに入球する遊技者にとって有利な大当り遊技、または、大当り遊技よりも遊技球が大入賞口31dに入球する確率の低い小当り遊技が開始される。また、大入賞口31dの内部には大入賞口スイッチ31s(図5参照)が設けられており、大入賞口31dに入球した遊技球を検知することが可能である。大入賞装置31の下方にはアウト口48が設けられ、そのアウト口48の下方にはバック球防止部材58が設けられている。バック球防止部材58は、遊技領域11に到達せず戻ってきた遊技球が再び発射位置に戻ることを防止する機能を有している。
【0026】
遊技盤10の表面(盤面)の左下部であって、外レール14の外側(遊技領域11の外側)には、主情報表示部7が設けられている。この主情報表示部7は、前面枠4の窓部4a(ガラス板等の透明板)を通じて外部(遊技者側)から視認可能となっている。本実施例の主情報表示部7には、図3に示すように、第1図柄表示装置28および第2図柄表示装置32が設けられている。これらのうち、第1図柄表示装置28では普通図柄や第1特別図柄(識別情報)を変動表示することが可能となっており、第2図柄表示装置32では第2特別図柄(識別情報)を変動表示することが可能となっている。尚、以下では、第1特別図柄を単に「第1特図」と略記し、第2特別図柄を単に「第2特図」と略記することがあるものとする。
【0027】
第1図柄表示装置28は、略矩形の領域内に16個の小さな発光ダイオード(LED)が組み込まれて構成されている。これら16個のLEDのうち、5個のLEDが普通図柄表示部29を構成しており、残りの11個のLEDは第1特別図柄表示部30を構成している。更に、普通図柄表示部29は、普通図柄を表示するための1個のLED(普通図柄LED29a)と、普通図柄の保留数を表示するための4個のLED(普図保留表示LED29b)とから構成されている。また、第1特別図柄表示部30は、第1特図を表示するための7個のLED(第1特別図柄LED30a)と、第1特図の保留数を表示するための4個のLED(第1特図保留表示LED30b)とから構成されている。尚、以下では、第1特図の保留を「第1特図保留」とも称し、第1特図の保留数を「第1特図保留数」とも称する。
【0028】
また、第2図柄表示装置32は、上述した第1図柄表示装置28に対して普通図柄表示部29を取り除いた構成となっている。すなわち、第2図柄表示装置32には、11個のLEDから構成される第2特別図柄表示部33が設けられており、そのほぼ中央に設けられた7個のLEDは、第2特図を表示するためのLED(第2特別図柄LED33a)であり、残りの4個のLEDは、第2特図の保留数を表示するためのLED(第2特図保留表示LED33b)である。尚、以下では、第2特図の保留を「第2特図保留」とも称し、第2特図の保留数を「第2特図保留数」とも称する。また、特に区別する必要がない場合は「第1特図保留」と「第2特図保留」とを、まとめて単に「特図保留」とも称する。
【0029】
図4は、本実施例のパチンコ機1に搭載された演出表示装置27の画面構成を示す説明図である。前述したように、演出表示装置27は液晶表示器を用いて構成されており、その表示画面上には、3つの識別図柄27a,27b,27c(識別情報)と、その背景の背景画像27dが表示されている。3つの識別図柄27a,27b,27cは、第1特別図柄表示部30および第2特別図柄表示部33における特別図柄(識別情報)の変動表示の開始タイミングと同期して変動表示を開始し、その後、特別図柄の変動時間が経過するまで種々の態様で変動表示を行う。そして、特別図柄の変動表示の終了タイミング(特別図柄の停止表示)と同期して3つの識別図柄27a,27b,27cの変動表示が終了する。
【0030】
また、演出表示装置27の表示画面上の下部には、第1特図保留数を示すための第1保留表示領域27eと、第2特図保留数を示すための第2保留表示領域27fとが設定されている。本実施例のパチンコ機1では、第1保留表示領域27eに第1特図保留数と同数の「保留図柄(図中、小さい円形の図柄)」を表示することで第1特図保留数を示し、第2保留表示領域27fに第2特図保留数と同数の「保留図柄」を表示することで第2特図保留数を示す。従って、図4に示す例では、第1特図保留数および第2特図保留数が共に4個であることが示されている。尚、当然ながら、演出表示装置27の表示画面上に表示された保留図柄によって示される保留数と、第1特図保留表示LED30bおよび第2特図保留表示LED33bによって示される保留数とは一致する。
【0031】
さらに、演出表示装置27の表示画面には、第1保留表示領域27eおよび第2保留表示領域27fの並びに当該変動対応領域27gが設定されている。詳しくは後述するが、当該変動対応領域27gには、実行中の識別図柄27a,27b,27cの変動表示(実行中の第1特図または第2特図の変動表示)に対応する「当該変動対応図柄(図中、大きい円形の図柄)」が表示される。
【0032】
A−3.制御回路の構成 :
次に、本実施例のパチンコ機1における制御回路の構成について説明する。図5は、本実施例のパチンコ機1における制御回路の構成を示したブロック図である。図示されているようにパチンコ機1の制御回路は、多くの制御基板や、各種基板、中継端子板などから構成されているが、その機能に着目すると、遊技の基本的な進行や賞球に関わる当否についての制御を司る主制御基板200と、演出図柄やランプ,効果音を用いた遊技の演出の制御を司るサブ制御基板220と、サブ制御基板220の制御の下で画像の表示や音声の出力を行う画像音声制御基板230と、サブ制御基板220の制御の下で各種LED,ランプ4b〜4fを駆動する装飾駆動基板226と、貸球や賞球を払い出す動作の制御を司る払出制御基板240と、遊技球の発射に関する制御を司る発射制御基板260などから構成されている。これら制御基板は、各種論理演算および算出演算を実行するCPUや、CPUで実行される各種プログラムやデータが記憶されているROM、プログラムの実行に際してCPUが一時的なデータを記憶するRAMなど、種々の周辺LSIがバスで相互に接続されて構成されている。
【0033】
主制御基板200は、第1始動口スイッチ17sや、第2始動口スイッチ17t、大入賞口スイッチ31s、ゲートスイッチ36s,37sなどから遊技球の検知信号の入力があると、その検知信号の入力のあったスイッチに応じて定められる各種動作を指令するコマンドを、サブ制御基板220や、払出制御基板240、発射制御基板260などに向かって送信する。また、主制御基板200には、第2始動口17bに設けられた一対の翼片部17wを開閉させるための始動口ソレノイド17mや、大入賞口31dを開閉させるための大入賞口ソレノイド31m、更には、主情報表示部7(第1図柄表示装置28、第2図柄表示装置32)などが中継端子板(図示略)を介して接続されており、これら各種ソレノイド17m,31m、主情報表示部7に向かって駆動信号を送信することにより、これらの動作の制御も行う。
【0034】
サブ制御基板220には、画像音声制御基板230や、装飾駆動基板226、演出ボタン基板228が接続されている。サブ制御基板220は、主制御基板200からの各種コマンドを受信すると、コマンドの内容を解析して、その結果に応じた遊技演出を行う。すなわち、画像音声制御基板230に対して表示内容および音声内容を指定するコマンドを送信したり、装飾駆動基板226に各種LED、ランプ4b〜4fの駆動信号を送信したりすることにより、遊技演出を行う。また、サブ制御基板220は、演出ボタン基板228を介して演出ボタンBTに対する遊技者の操作を検知すると、該操作に対応する遊技演出を行う。
【0035】
画像音声制御基板230は、CPU231、ROM232、RAM233に加えて、VDP234、画像ROM235、音声ROM236を備えている。画像音声制御基板230のCPU231は、サブ制御基板220からコマンドを受信すると、そのコマンドに対応する画像の表示をVDP234に指示する。VDP234は、指示された画像の表示に利用するデータ(例えば、演出図柄やキャラクター画像を表示するためのスプライトデータや動画データなど)を画像ROM235から読み出して画像を生成して、演出表示装置27の表示画面に出力する。また、CPU231は、サブ制御基板220からコマンドを受信すると、そのコマンドに対応する音声データを音声ROM236から読み出して、該音声データに基づく音声を、アンプ基板224を介してスピーカー5yから出力する。
【0036】
払出制御基板240は、いわゆる貸球や賞球の払い出しに関する各種の制御を司っている。例えば、遊技者が前述した上皿部5に設けられた球貸スイッチ5bや返却スイッチ5cを操作すると、この信号は、球貸表示基板242から中継端子板(図示略)を介して、球貸装置13に伝達される。球貸装置13は、払出制御基板240とデータを通信しながら、貸球の払い出しを行う。また、主制御基板200が賞球の払い出しを指示する払出コマンドを送信すると、このコマンドを払出制御基板240が受信して、払出モーター109mに駆動信号を出力することによって賞球の払い出しが行われる。
【0037】
B.遊技の概要 :
本実施例のパチンコ機1では、次のようにして遊技が行われる。まず、遊技者が上皿部5の凹部に遊技球を投入して発射ハンドル8を回転させると、上皿部5に投入された遊技球が、1球ずつ発射装置ユニット12に供給されて、図2を用いて前述した遊技領域11に発射される。遊技球を打ち出す強さは、発射ハンドル8の回転角度によって調整することが可能となっており、遊技者は発射ハンドル8の回転角度を変化させることによって、遊技球の狙いを付けることができる。
【0038】
そして、遊技領域11に打ち出された遊技球が第1始動口17aに入球し、その入球した遊技球が第1始動口スイッチ17sにより検知されると、第1特図を後述する大当り図柄、小当り図柄、外れ図柄の何れで停止表示させるか(後述の図柄変動遊技の結果が大当り、小当り、外れの何れであるか)を判定する大当り判定が行われ、第1図柄表示装置28の第1特別図柄表示部30で第1特図の変動表示が開始される。
【0039】
また、打ち出された遊技球が普通図柄右作動ゲート36または普通図柄左作動ゲート37を通過すると、第1図柄表示装置28の普通図柄表示部29において普通図柄の変動表示が開始される。図3を用いて前述したように、普通図柄表示部29には、普通図柄LED29aおよび普図保留表示LED29bが搭載されており、このうち、普通図柄LED29aを用いて普通図柄の変動表示を行う(点灯、消灯を繰り返す)。そして、普通図柄が当り図柄で停止表示すると第2始動口17bを開放状態とする普図当り遊技が開始される。そして、開放状態となった第2始動口17bに遊技球が入球し、その入球した遊技球が第2始動口スイッチ17tにより検知されると、第2特図を大当り図柄、小当り図柄、外れ図柄の何れで停止表示させるか(後述の図柄変動遊技の結果が大当り、小当り、外れの何れであるか)を判定する大当り判定が行われ、第2図柄表示装置32の第2特別図柄表示部33で第2特図の変動表示が開始される。尚、第1始動口17aおよび第1始動口スイッチ17sは、第1特図の変動表示を開始させるための始動領域(第1始動領域)として遊技盤10に設けられるもので、第2始動口17bおよび第2始動口スイッチ17tは、第2特図の変動表示を開始させるための始動領域(第2始動領域)として遊技盤10に設けられるものである。
【0040】
図3を用いて前述したように、第1特別図柄表示部30および第2特別図柄表示部33は、何れも同様な構成をしているので、第1特図も第2特図も同様の態様で変動表示を行う。すなわち、第1特別図柄表示部30および第2特別図柄表示部33では、それぞれ7個のLED(第1特別図柄LED30aおよび第2特別図柄LED33a)を所定の変動時間にわたって点滅させることによって特別図柄の変動表示を行う。そして、その変動時間が経過すると、所定の組合せのLEDを点灯させることで、大当り判定の結果に対応する図柄(大当り図柄、小当り図柄、外れ図柄の何れか)を停止表示する。続いて、停止表示された図柄を確定させるべく、特別図柄が停止表示された状態を所定の時間が経過するまで維持する表示(以下「確定表示」ともいう)を行う。
【0041】
第1特図または第2特図が、変動表示を経て所定の大当り図柄(特定態様)で停止表示されると、大入賞口31dが開放状態となる大当り遊技(特定遊技)が開始される。大当り遊技中は、大入賞口31dに遊技球が入球することに基づいて所定数の遊技球(賞球)が払い出される。また、第1特図または第2特図が、変動表示を経て所定の小当り図柄で停止表示されると、大入賞口31dが開放状態となる小当り遊技が開始される。小当り遊技中も、大入賞口31dに遊技球が入球することに基づいて所定数の遊技球(賞球)が払い出される。もっとも、小当り遊技中は、大当り遊技中と比較して大入賞口31dが極めて短時間(例えば、0.2秒×2回)しか開放状態とならないので、大入賞口31dに遊技球が入球することは希である。
【0042】
以下では、特別図柄(識別情報)が変動表示を開始してから、所定の変動時間の経過により当該変動表示が終了して、特別図柄が大当り図柄、小当り図柄、外れ図柄(非特定態様)の何れかで確定表示されるまでの遊技、すなわち1回の変動表示の結果が得られるまでの遊技を「図柄変動遊技」とも表現する。
【0043】
第1始動口17aへの遊技球の入球は、該入球を契機とする第1特図の変動表示が開始されるまで、第1特図の保留(第1特図保留)としてRAM203に記憶される。第1特図保留は最大4個まで記憶可能となっており、第1特図保留の個数(第1特図保留数)については、第1特図保留表示LED30b、および、演出表示装置27の表示画面上の第1保留表示領域27eに表示される。
【0044】
これに対して、第2始動口17bへの遊技球の入球は、該入球を契機とする第2特図の変動表示が開始されるまで、第2特図の保留(第2特図保留)としてRAM203に記憶される。第2特図保留も最大4個まで記憶可能となっており、第2特図保留の個数(第2特図保留数)については、第2特図保留表示LED33b、および演出表示装置27の表示画面上の第2保留表示領域27fに表示される。
【0045】
第1特図あるいは第2特図の図柄変動遊技に合わせて、演出表示装置27では演出図柄(識別図柄27a,27b,27cなど)を用いた各種の演出(以下「図柄変動演出」ともいう)が行われる。図6は、演出表示装置27で行われる図柄変動演出の一態様を例示した説明図である。演出表示装置27を構成する液晶表示器の表示画面には、左識別図柄27aが表示される左図柄表示領域と、中識別図柄27bが表示される中図柄表示領域と、右識別図柄27cが表示される右図柄表示領域とが形成され、これらの表示領域を用いて3つの識別図柄27a,27b,27cが表示される。第1図柄表示装置28あるいは第2図柄表示装置32で特別図柄の変動表示が開始されると、演出表示装置27においても3つの識別図柄27a,27b,27cが一斉に変動表示を開始する。本実施例のパチンコ機1では、識別図柄として「1」〜「9」までの9つの数字を意匠化した図柄が用意されている。
【0046】
図6(a)には、3つの識別図柄27a,27b,27cが一斉に変動表示している様子が概念的に示されている。変動表示が開始された後、所定時間が経過すると、初めに左識別図柄27aが「1」〜「9」のいずれかの図柄で停止表示され、次に、右識別図柄27cが停止表示され、最後に中識別図柄27bが停止表示される。これら演出表示装置27で停止表示される3つの識別図柄27a,27b,27cの組合せは、前述した第1図柄表示装置28あるいは第2図柄表示装置32で停止表示される特別図柄(第1特図あるいは第2特図)の停止表示態様と連動するように構成されている。例えば、第1特図または第2特図が「大当り図柄」で停止表示される場合は、演出表示装置27の3つの識別図柄27a,27b,27cが同じ図柄となる図柄組合せ(ゾロ目)で停止表示される。また、第1特図または第2特図が「外れ図柄」で停止表示される場合は、3つの識別図柄27a,27b,27cは同じ図柄で揃わない図柄組合せ(バラケ目)で停止表示される。また、第1特図または第2特図が「小当り図柄」で停止表示される場合は、「特殊な識別図柄」が表示される。例えば、「1」〜「9」とは異なるキャラクターを示す識別図柄が表示されたり、特別図柄が「外れ図柄」で停止表示される場合には停止表示されない特殊なバラケ目(「1」−「2」−「3」の図柄組合せ等)が停止表示されたりする。尚、停止表示された識別図柄27a、27b、27cは、特別図柄の確定表示時間が経過するまで停止表示された状態となる(確定表示される)。
【0047】
このように、第1図柄表示装置28あるいは第2図柄表示装置32で表示される特別図柄と、演出表示装置27で表示される3つの識別図柄27a,27b,27cとは、表示内容が互いに対応しており、変動表示中の第1特別図柄あるいは第2特別図柄が停止表示する際には、3つの識別図柄27a,27b,27cも停止表示するようになっている。しかも、図2に示すように、演出表示装置27は、第1図柄表示装置28や第2図柄表示装置32よりも目に付き易い位置に設けられており、表示画面も大きく、表示内容も分かり易いので、遊技者は演出表示装置27の画面を見ながら図柄変動遊技を行わせることが通常である。従って、図6(b)に示すように、演出表示装置27の表示画面上で初めに停止表示される左識別図柄27aと、続いて停止表示される右識別図柄27cとが同じ図柄であった場合には、最後に停止表示される中識別図柄27bも同じ図柄で停止して、「大当り遊技が開始されるのではないか」と、遊技者は識別図柄の変動表示(図柄変動演出)を注視することになる。このように、2つの識別図柄を同じ図柄(ゾロ目となり得る態様)で停止させて最後の識別図柄を変動表示させた状態で行われる演出は「リーチ演出」と呼ばれており、このリーチ演出を発生させることで遊技興趣を高めることが可能である。
【0048】
C.遊技制御処理 :
図7は、主制御基板200に搭載されたCPU201(遊技制御手段)が、遊技の進行に係る制御として行う遊技制御処理の大まかな流れを示したフローチャートである。
【0049】
図7に示すように、遊技制御処理では、「賞球関連処理」「普通図柄遊技処理」「普図当り遊技処理」「特図保留関連処理」「特別図柄遊技処理」「小当り遊技処理」「大当り遊技処理」などの各処理が繰り返し実行されている。主制御基板200のCPU201は、所定周期毎(例えば4msec毎)に発生するタイマ割り込みに基づき遊技制御処理を行う。そして、遊技制御処理中に、サブ制御基板220を初めとする各種制御基板に向けて、主制御基板200から各種コマンドを送信する。こうすることにより、遊技が進行するとともに、サブ制御基板220では、遊技の進行に合わせた演出の制御が行われることになる。以下、フローチャートに従って、主制御基板200に搭載されたCPU201が行う遊技制御処理について説明する。
【0050】
主制御基板200のCPU201は、遊技制御処理を開始すると、遊技球を賞球として払い出すための処理(賞球関連処理)を行う(S50)。この処理では、主制御基板200に接続された各種スイッチのうち、遊技球の入賞に関わるスイッチ(第1始動口スイッチ17sや、第1始動口スイッチ17t、大入賞口スイッチ31s等)について、遊技球を検知したか否かを判断する。そして、遊技球の入賞に関わるスイッチが遊技球を検知した場合には、払い出すべき賞球数を算出した後、払出制御基板240に向かって該賞球数の払い出しを指示する払出コマンドを送信する。払出制御基板240は、主制御基板200から送信された払出コマンドを受信するとコマンドの内容を解釈し、その結果に従って、払出装置(図示せず)に搭載された払出モーター109mに駆動信号を送信することにより、実際に賞球を払い出す処理を行う。
【0051】
主制御基板200のCPU201は、賞球関連処理(S50)に続いて、普通図柄遊技処理(S100)を行う。普通図柄遊技処理(S100)では、主に次のような処理を行う。先ず、後述する普図当り遊技の実行中であるか否かを判断する。そして、普図当り遊技の実行中でなければ、普通図柄の変動表示中であるか否かを判断する。その結果、普通図柄の変動表示中でなければ、普通図柄の保留(普図保留)が存在するか否か(「0」であるか否か)を判定し、普図保留が存在する場合には普通図柄の当り判定を行う。ここで、普図保留とは、遊技球が普通図柄左作動ゲート36または普通図柄右作動ゲート37を通過することにより取得される普図当り判定乱数の値を示す情報であり、本実施例では、その記憶数(保留数)の上限値を「4」としている。そして、普通図柄の当り判定の結果に基づき、普通図柄を当り図柄で停止表示させるか、外れ図柄で停止表示させるかを決定する。また、普通図柄の変動時間も決定する。そして、決定した変動時間に亘って普通図柄を変動表示させた後、決定した図柄で停止表示させる普通図柄遊技を行う。普通図柄遊技の結果、当り図柄が停止表示されると、普図当り遊技が行われる。
【0052】
普図当り遊技処理(S200)では、第2始動口17bを開放状態にした後に閉鎖状態にする普図当り遊技を進行させる処理が行われる。具体的には、始動口開放条件が成立したら、すなわち、普通図柄が当り図柄で停止表示された直後や、第2始動口17bを複数回開放状態にする普図当り遊技中において第2始動口17bが閉鎖状態となってから所定時間が経過した場合は、第2始動口ソレノイド17mを作動させて、第2始動口17bに設けられた翼片17wを外側に回動させることにより、第2始動口17bを開放状態とする。また、始動口閉鎖条件が成立したら、すなわち、第2始動口17bの開放時間が経過した場合や、第2始動口17bに規定数の遊技球が入球した場合は、第2始動口ソレノイド17mを作動させて、第2始動口17bに設けられた翼片17wを内側に回動させることにより、第2始動口17bを閉鎖状態とする。尚、普図当り遊技中でない場合は、当然ながら、第2始動口17bを開放状態あるいは閉鎖状態にする処理は行われない。
【0053】
ここで、本実施例のパチンコ機1の遊技状態は、大別すると、大当り判定で大当りと判定される確率(大当り確率)の設定状況と、第2始動口17bが開放状態になる際の開放時間の設定状況とに基づき決定される。このうち、第2始動口17bの開放時間の設定状況に基づく遊技状態として「電サポ状態」と「非電サポ状態」とがある。「電サポ状態」は「非電サポ状態」に比べ、前述の普通図柄の当り判定の結果が「当り」となる確率(普図当り確率)が高く、普通図柄の変動時間(普図変動時間)が短く、普図当り遊技における第2始動口17bの開放時間が長く設定される。従って、「電サポ状態」は「非電サポ状態」と比較して、第2始動口17b(可変始動口)が高頻度で開放状態になるとともに該開放状態にある期間が長くなるので、第2始動口17b(可変始動口)への遊技球の入球頻度が高くなる(高頻度状態)。このような構成を実現するために、本実施例のパチンコ機1では、遊技状態が「電サポ状態」に設定されている場合は「変動短縮フラグ」および「開放延長フラグ」がONに設定され、遊技状態が「非電サポ状態」に設定されている場合はこれらのフラグがOFFに設定される。そして、主制御基板200のCPU201は、「変動短縮フラグ」がONに設定されていることに基づき、普図当り確率を高確率(例えば「99/100」)に、普図変動時間を短時間(例えば「1秒」)にそれぞれ設定し、「開放延長フラグ」がONに設定されていることに基づき、第2始動口17bの開放時間を長時間(例えば「1.5秒×3回開放=4.5秒」)に設定する。一方、主制御基板200のCPU201は、変動短縮フラグがOFFに設定されていることに基づき、普図当り確率を低確率(例えば「2/100」)に、普図変動時間を長時間(例えば「20秒」)にそれぞれ設定し、開放延長フラグがOFFに設定されていることに基づき、第2始動口17bの開放時間を短時間(例えば「0.1秒×3回開放=0.3秒」)に設定する。こうして普図当り遊技処理(S200)を行ったら、特図保留を記憶するための特図保留関連処理(S250)を行う。
【0054】
C−1.特図保留関連処理 :
図8は、特図保留関連処理を示すフローチャートである。特図保留関連処理(S250)では、先ず初めに、第1始動口17aに遊技球が入球したか否かを判断する(S252)。その結果、第1始動口17aに遊技球が入球した場合は(S252:yes)、第1特図の保留数(第1特図保留数)が上限値(本実施例では「4」)に達しているか否かを判断する(S254)。そして、第1特図保留数が上限値に達していなければ(S254:no)、取得条件が成立したと判断して判定乱数(取得情報)を取得する(S256)。ここで、判定乱数(取得情報)としては、図柄変動遊技の内容を決定するための乱数、すなわち、大当り判定を行うために用いられる大当り判定乱数や、第1図柄表示装置28(第2始動口17bに遊技球が入球した場合は第2図柄表示装置32)で停止表示する図柄を決定するために用いられる図柄決定乱数、図柄が停止表示するまでの変動パターンを決定するために用いられる変動パターン決定乱数などの乱数を取得する。続いて、取得した判定乱数の値を示す情報(取得情報)を、主制御基板200に搭載されたRAM203(取得情報記憶手段)に第1特図保留として記憶する(S258)。こうして第1特図保留を記憶したら(S258)、第1特図保留数に「1」を加算する(S260)。続いて、今回記憶した第1特図保留に基づく特別図柄の変動表示(図柄変動遊技)が行われる場合の内容(大当り判定の結果や図柄変動演出の種類など)を判定する(S262)。この判定は、今回記憶した第1特図保留に基づく特別図柄の変動表示を開始するための条件(変動開始条件)が成立する前に行われることから、事前判定と称される。尚、このような第1特図保留の事前判定については、後に詳しく説明する。
【0055】
こうして、今回記憶した第1特図保留について事前判定を行ったら(S262)、第1保留記憶コマンドを主制御基板200からサブ制御基板220に向かって送信する(S264)。第1保留記憶コマンドには、第1特図保留が記憶されたことを示す情報、今回記憶した第1特図保留を含む現在の第1特図保留数を示す情報に加えて、今回記憶した第1特図保留についての事前判定の結果を示す情報が含まれている。
【0056】
尚、第1保留記憶コマンドに含まれる各種情報を、それぞれ別のコマンドで送信するようにしてもよい。また、第1始動口17aに遊技球が入球していない場合や(S252:no)、第1特図保留数が上限値(ここでは「4」)に達していた場合は(S254:yes)、S256〜S264の処理は省略する。
【0057】
以上のようにして、第1特図保留に関する処理を終了したら、続いて第2特図保留に関する処理を開始する。第2特図保留に関する処理は、第1始動口17aに対して行った上述の第1特図保留に関する処理を、第2始動口17bに対して行う処理である。以下、簡単に説明すると、先ず初めに、第2始動口17bに遊技球が入球したか否かを判断し(S272)、第2始動口17bに遊技球が入球していれば(S272:yes)、第2特図保留数が上限値(本実施例では「4」)に達しているか否かを判断する(S274)。その結果、第2特図保留数が上限値に達していなければ(S274:no)、取得条件が成立したと判断して、取得情報としての判定乱数(大当り判定乱数、図柄決定乱数、変動パターン決定乱数など)を取得して(S276)、取得した判定乱数の値を示す情報を、主制御基板200に搭載されたRAM203(取得情報記憶手段)に第2特図保留として記憶する(S278)。そして、第2特図保留数に「1」を加算する(S280)。続いて、今回記憶した第2特図保留(取得情報)に基づく特別図柄の変動表示(図柄変動遊技)が行われる場合の内容(大当り判定の結果や図柄変動演出の種類など)を判定する(S282)。この判定も、今回記憶した第2特図保留に基づく特別図柄の変動表示を開始するための条件(変動開始条件)が成立する前に行われることから、事前判定と称される。尚、このような第2特図保留の事前判定についても、第1特図保留の事前判定の内容とまとめて後に詳しく説明する。
【0058】
こうして、今回記憶した第2特図保留について事前判定を行ったら(S282)、第2保留記憶コマンドを主制御基板200からサブ制御基板220に向かって送信する(S284)。第2保留記憶コマンドには、第2特図保留が記憶されたことを示す情報、今回記憶した第2特図保留を含む現在の第2特図保留数を示す情報に加えて、今回記憶した第2特図保留についての事前判定の結果を示す情報が含まれている。
【0059】
尚、第2保留記憶コマンドに含まれる各情報を、それぞれ別のコマンドで送信するようにしてもよい。また、第2始動口17bに遊技球が入球していない場合や(S272:no)、第2特図保留数が上限値(ここでは「4」)に達していた場合は(S274:yes)、S276〜S284の処理は省略する。
【0060】
以上のようにして、第1特図保留および第2特図保留に関する処理を終了したら、図8に示した特図保留関連処理を終了して、図7に示す遊技制御処理に復帰する。そして、特図保留関連処理から復帰すると、遊技制御処理では、以下に説明する特別図柄遊技処理(S300)を開始する。
【0061】
C−2.特別図柄遊技処理 :
図9および図10は、本実施例の特別図柄遊技処理を示したフローチャートである。主制御基板200のCPU201は、特別図柄遊技処理を開始すると先ず、大当りフラグがONに設定されているか否かを判断する(S302)。大当りフラグとは、大当り遊技が実行されている(大当り遊技中である)ことを示すフラグであり、主制御基板200に搭載されたRAM203の所定のアドレスが大当りフラグの記憶領域として確保されている。主制御基板200のCPU201は、大当りフラグの設定状態に応じて、大当り遊技中であるか否かを判断する。
【0062】
その結果、大当りフラグがONに設定されている場合、すなわち、大当り遊技中である場合は(S302:yes)、そのまま特別図柄遊技処理を終了して、図7に示す遊技制御処理に復帰する。これに対して、大当り遊技中ではなかった場合は(S302:no)、続いて、小当りフラグがONに設定されているか否かを判断する(S304)。小当りフラグとは、小当り遊技が実行されている(小当り遊技中である)ことを示すフラグであり、主制御基板200に搭載されたRAM203の所定のアドレスが小当りフラグの記憶領域として確保されている。主制御基板200のCPU201は、小当りフラグの設定状態に応じて、小当り遊技中であるか否かを判断する。
【0063】
その結果、小当りフラグがONに設定されている場合、すなわち、小当り遊技中である場合も(S304:yes)、そのまま特別図柄遊技処理を終了して、図7に示す遊技制御処理に復帰する。
【0064】
一方、大当り遊技中および小当り遊技中の何れでもない場合は(S302:no、S304:no)、第1特図または第2特図が変動表示中であるか否かを判断する(S306)。そして、第1特図および第2特図の何れも変動表示中でない場合は(S306:no)、第1特図または第2特図が確定表示中であるか否かを判断する(S308)。前述したように、第1特図および第2特図の何れであっても、変動表示が終了してから所定の時間が経過するまでは、変動表示の終了に伴い停止表示された特別図柄を確定させるべく、特別図柄が停止表示された状態を維持する表示(確定表示)を行う。S308の処理では、この「確定表示」の実行中であるか否かが判断される。その結果、第1特図および第2特図が変動表示中および確定表示中の何れでもない場合は(S306:no、S308:no)、変動開始条件が成立したと判断して、次回の特別図柄の変動表示を開始するための処理(特図変動開始処理)を開始する(S310)。
【0065】
図11および図12は特図変動開始処理を示すフローチャートである。主制御基板200のCPU201は、特図変動開始処理を開始すると先ず、第2特図保留数が「0」であるか否かを判断する(S400)。その結果、第2特図保留数が「0」でなければ(第2特図保留数≧1)(S400:no)、記憶されている第2特図保留の中から最も古くに記憶された第2特図保留を読み出す(S402)。このS402の処理では、第2特図保留として記憶されている各種の判定乱数を読み出す。
【0066】
これに対して、第2特図保留数が「0」である場合は(S400:yes)、第1特図保留数が「0」であるか否かを判断する(S404)。その結果、第1特図保留数が「0」でなければ(第1特図保留数≧1)(S404:no)、記憶されている第1特図保留の中から最も古くに記憶された第1特図保留を読み出す(S406)。このS406の処理では、第1特図保留として記憶されている各種の判定乱数を読み出す。これに対して、第1特図保留数が「0」である場合は(S404:yes)、既に第2特図保留数も「0」と判断されていることから、第1特図保留および第2特図保留の何れも記憶されていないと判断されるので、後述の大当り判定や第1特図あるいは第2特図の変動表示を開始する必要はない。そこで、図11および図12の特図変動開始処理を終了して、図9および図10に示す特別図柄遊技処理に復帰する。
【0067】
尚、上述したように特図変動開始処理では、先ず初めに第2特図保留が記憶されているか否かを判断し(S400)、第2特図保留が記憶されてない場合にだけ(S400:yes)、第1特図保留が記憶されているか否かを判断している(S404)。従って、第1特図保留と第2特図保留とが両方とも記憶されている場合には、常に第2特図保留が第1特図保留に優先して読み出されることとなり(第2特図保留を優先消化することとなり)、第1特図保留が読み出されるのは、第2特図保留が記憶されていない場合に限られる。
【0068】
以上のようにして、第1特図保留または第2特図保留の何れかを読み出したら(S402またはS406)、高確フラグがONに設定されているか否かを判断する(S408)。ここで、本実施例のパチンコ機1の遊技状態は、前述した「電サポ状態」あるいは「非電サポ状態」の何れかに設定されると共に、大当り確率(大当り判定で大当りと判定される確率)の高い「高確率状態」あるいは大当り確率が高確率状態より低い「低確率状態」の何れかに設定される。高確フラグとは、高確率状態(確変機能が作動した状態)を設定するときにONに設定されるフラグであり、主制御基板200に搭載されたRAM203にその記憶領域が確保されている。尚、詳しくは後述するが、本実施例のパチンコ機1では、何れの大当り図柄が停止表示されて大当り遊技が開始された場合も、該大当り遊技終了後の遊技状態は「高確率状態かつ電サポ状態」である「高確率・電サポ状態」に設定される。そして、大当り遊技終了後、大当りが発生することなく80回の図柄変動遊技が実行されると、遊技状態は「低確率状態かつ非電サポ状態」である「低確率・非電サポ状態」に設定される。つまり、本実施例のパチンコ機1において設定され得る遊技状態は「低確率・非電サポ状態(通常状態)」と「高確率・電サポ状態」の2種類となっている。
【0069】
S408の判断処理では、高確フラグの設定状況に基づき現在の遊技状態が高確率状態か否かを判断する。その結果、高確フラグがONに設定されていれば、すなわち、遊技状態が高確率状態に設定されていれば(S408:yes)、高確率用の大当り判定テーブルを選択する(S410)。これに対して、高確フラグがONに設定されていなければ、すなわち、遊技状態が低確率状態に設定されていれば(S408:no)、低確率用の大当り判定テーブルを選択する(S412)。大当り判定テーブルとは、大当り判定乱数の値に対応付けて「大当り」「小当り」「外れ」の大当り判定結果が設定されているテーブルであり、主制御基板200のROM202に予め記憶されている。
【0070】
図13は、本実施例の大当り判定テーブルを例示する説明図である。図13(a)には低確率用の大当り判定テーブルが示されており、図13(b)には高確率用の大当り判定テーブルが示されている。図13(a)に示すように、低確率用の大当り判定テーブルでは、65536個の乱数(0〜65535)のうち219個の乱数(0〜218)に「大当り」が設定されている。従って、低確率状態における大当り判定では、約299.251分の1の確率で「大当り」と判定される。また、図13(b)に示すように、高確率用の大当り判定テーブルでは、65536個(0〜65535)の乱数のうち1310個の乱数(0〜1309)に「大当り」が設定されている。従って、高確率状態における大当り判定では、約50.027分の1の確率で「大当り」と判定される。すなわち、図13(b)の高確率用の大当り判定テーブルを用いて大当り判定を行った場合は、図13(a)の低確率用の大当り判定テーブルを用いて大当り判定を行った場合よりも、高確率で「大当り」の判定結果が得られることになる。
【0071】
また、図13(a)および図13(b)に示すように、低確率用の大当り判定テーブルおよび高確率用の大当り判定テーブルでは、65536個の乱数(0〜65535)のうち1638個の乱数に「小当り」が設定されている。従って、低確率状態および高確率状態の何れであっても、大当り判定では約40.001分の1の確率で「小当り」と判定される。すなわち、低確率状態または高確率状態の何れであっても、大当り判定では、「小当り」の判定結果が「大当り」の判定結果よりも高確率で得られる。換言すると、特別図柄(識別情報)が小当り図柄で停止表示される確率は大当り図柄で停止表示される確率よりも高い。
【0072】
S410またはS412の処理で大当り判定テーブルを選択したら、CPU201は、該大当り判定テーブルを参照して、大当り判定を行う(S414)。すなわち、第1特図保留または第2特図保留として読み出した大当り判定乱数の値が「大当り」に対応する値(大当り値)なのか、「小当り」に対応する値(小当り値)なのか、「外れ」に対応する値(外れ値)なのかを判定する。
【0073】
こうして、大当り判定を行ったら(S414)、該大当り判定の結果が「大当り」であるか否かを判断する(図12のS420)。その結果、大当り判定の結果が「大当り」である場合には(S420:yes)、今回の図柄変動遊技で停止表示する大当り図柄(特定態様)を選択するための処理(大当り図柄選択処理)を行う(S422)。ここで、本実施例のパチンコ機1では、100種類の大当り図柄1〜100と、25種類の小当り図柄101〜125と、1種類の外れ図柄126とが予めROM202の所定アドレスに記憶されている。S422の大当り図柄選択処理では、100種類の大当り図柄1〜100の中から、大当り図柄選択テーブル(図示省略)を参照して、1つの大当り図柄を選択する。すなわち、大当り図柄選択テーブルには、図柄決定乱数として「0〜99」の100個の値が設定され、この図柄決定乱数の各値に対して大当り図柄1〜100が設定されている。そして、第1特図保留または第2特図保留として読み出した判定乱数(取得情報)のうち図柄決定乱数に対応する大当り図柄を選択する。こうして大当り図柄を選択したら(S422)、その選択した大当り図柄を停止表示する図柄(停止図柄)としてRAM203の記憶領域(停止図柄記憶領域)に記憶する(S424)。尚、大当り図柄選択テーブルは、ROM202に予め記憶されている。
【0074】
続いて、大当り図柄(特定態様)で停止表示する際の変動パターン(大当り変動パターン)を選択するための大当り変動パターン選択処理を行う(S426)。ここで、変動パターンとは、第1図柄表示装置28または第2図柄表示装置32で特別図柄(第1特図または第2特図)が変動表示を開始してから停止表示するまでの時間(変動時間)であって、各変動パターンには他の変動パターンと識別するための情報が付されている。大当り変動パターン選択処理では、変動パターン決定乱数に対応させて複数の大当り変動パターンが設定された大当り変動パターン決定テーブルを参照して、特図保留として取得した変動パターン決定乱数(取得情報)に対応する変動パターンを選択(決定)する。尚、大当り変動パターン決定テーブルは、ROM202に予め記憶されている。
【0075】
以上は、大当り判定結果が「大当り」である場合の処理について説明した。これに対して、大当り判定の結果が「大当り」でない場合は、「小当り」であるか否かを判断する(S430)。その結果、大当り判定の結果が「小当り」であると判断された場合には(S430:yes)、今回の図柄変動遊技で停止表示する小当り図柄を選択するための処理(小当り図柄選択処理)を行う(S432)。この処理では、25種類の小当り図柄101〜125の中から、小当り図柄決定テーブル(図示省略)を参照して、1つの小当り図柄を選択する。すなわち、小当り図柄決定テーブルでは、25種類の小当り図柄101〜125の1つずつに対応して4つの図柄決定乱数(合計で「0〜99」の100個の乱数)が設定されている。そして、第1特図保留または第2特図保留として読み出した判定乱数のうち図柄決定乱数に対応する小当り図柄を選択する。こうして小当り図柄を選択したら(S432)、その選択した小当り図柄を停止図柄としてRAM203の記憶領域(停止図柄記憶領域)に記憶する(S434)。尚、小当り図柄決定テーブルも、ROM202に予め記憶されている。
【0076】
続いて、小当り図柄で停止表示する際の変動パターン(小当り変動パターン)を選択する小当り変動パターン選択処理を行う(S436)。この処理では、変動パターン決定乱数に対応させて複数の小当り変動パターンが設定された小当り変動パターン決定テーブルを参照して、特図保留として取得した変動パターン決定乱数に対応する変動パターンを選択する。尚、小当り変動パターン決定テーブルも、ROM202に予め記憶されている。
【0077】
以上は、大当り判定結果が「小当り」である場合の処理について説明した。これに対して、大当り判定の結果が「小当り」でもなかった場合、すなわち、「外れ」である場合は(S430:no)、先ず、外れ図柄(非特定態様)を停止図柄としてRAM203の記憶領域(停止図柄記憶領域)に記憶する(S440)。すなわち、外れ図柄は1種類(外れ図柄126)しか設定されていないので、その外れ図柄を停止図柄記憶領域に記憶する。続いて、外れ図柄(非特定態様)で停止表示する際の変動パターン(外れ変動パターン)を選択する外れ変動パターン選択処理を行う(S442)。この処理では、変動パターン決定乱数に対応させて複数の外れ変動パターンが設定された外れ変動パターン決定テーブルを参照して、第1特図保留または第2特図保留として取得した変動パターン決定乱数に対応する変動パターンを選択(決定)する。尚、外れ変動パターン決定テーブルも、ROM202に予め記憶されている。
【0078】
ここで、本実施例のパチンコ機1は、大当り判定結果だけでなく遊技状態にも対応させて、複数の変動パターン決定テーブルを記憶している。そして、変動パターンを選択するに際しては(S426、S436、S442)、遊技状態に対応する変動パターン決定テーブル(大当り変動パターン決定テーブル、小当り変動パターン決定テーブル、外れ変動パターン決定テーブル)を参照する。例えば、遊技状態が「高確率・電サポ状態」である場合は「高確率・電サポ状態」に対応する変動パターン決定テーブルを参照し、遊技状態が「低確率・非電サポ状態」である場合は「低確率・非電サポ状態」に対応する変動パターン決定テーブルを参照する。
【0079】
さらに、本実施例のパチンコ機1では、「低確率・非電サポ状態」において、「ループ期間」を発生させる場合がある。ループ期間とは、特別図柄が変動表示する際の変動モードを、複数の変動モード間で順次変更する期間である。このようなループ期間において順次変更される複数の変動モードとしては、「変動モードA〜D」を有している。そして、ループ期間中は、図柄変動遊技の実行回数に基づいて「変動モードA→変動モードB→変動モードC→変動モードD」の順で変動モードを変更するとともに、変動モードDまで到達すると、再度、変動モードAに戻り、以後、同様の順序で変動モードを変更するものとなっている。この変動モードの変更は、参照する変動パターン決定テーブルを切り換えることによって行われる。従って、「低確率・非電サポ状態」において参照される変動パターン決定テーブルとしては、少なくとも変動モードA〜Dに対応させて、複数の変動パターン決定テーブルが記憶されている。
【0080】
図14図17には、ループ期間中、すなわち、変動モードA〜Dの何れかが設定されているときに参照される変動パターン決定テーブルの一部が概念的に示されている。図14図17に示すように、各変動パターン決定テーブルには、複数の変動パターンが設定されており、各変動パターンには変動時間が設定されている。また、これらの変動パターンに対して変動パターン決定乱数を割り振ることによって、各変動パターンが選択される確率が設定されている。
【0081】
なかでも、図14(a)には、変動モードAにて「大当り」の大当り判定結果が得られた場合に参照される「変動モードA用の大当り変動パターン決定テーブル」が示されている。
【0082】
図14(a)に示すように、「変動モードA用の大当り変動パターン決定テーブル」には、大当り変動パターンAHP11〜14を含む複数の大当り変動パターンが設定されている。そして、大当り変動パターンAHP11〜14には、図14(a)に示す割合で変動パターン決定乱数が割り振られているので、変動モードAが設定されているときに「大当り」の大当り判定結果が得られると、「50%」の確率で大当り変動パターンAHP11が選択され、「4%」の確率で大当り変動パターンAHP12〜14がそれぞれ選択される。すなわち、変動モードAが設定されているときに「大当り」の大当り判定結果が得られた場合は、大当り変動パターンAHP12〜14よりも、大当り変動パターンAHP11の方が高い確率で選択されることとなる。
【0083】
ここで、主制御基板200のCPU201は、変動パターン決定テーブルを参照して変動パターンを選択したら、該変動パターンを示すコマンド(後述の変動パターン指定コマンド)をサブ制御基板220に向けて送信する。サブ制御基板220のCPU221は、変動パターン指定コマンドを受信すると、該コマンドが指定する変動パターンに対応する図柄変動演出を実行する。本実施例のパチンコ機1では、このような図柄変動演出の一環として4つの特殊演出、すなわち、「擬似連演出」「バトル演出」「発展演出」「ラビリンス演出」を実行することが可能である。以下では、これら4つの特殊演出について説明する。
【0084】
「擬似連演出」とは、次のような演出である。図柄変動演出では、演出表示装置27において、識別図柄27a,27b,27cを縦方向に変動表示させた状態から、遊技者が識別図柄27a,27b,27cの種類を識別可能な状態とすべく、識別図柄27a,27b,27cの縦方向への変動表示を停止させるとともに、識別図柄27a,27b,27cを揺動させた状態での表示、すなわち、仮停止表示が行われる。そして、識別図柄27a,27b,27cを揺動させた状態(仮停止表示が行われた状態)で所定の時間が経過した後、この揺動を停止(確定表示)させることで図柄変動演出を終了する。「擬似連演出」が行われない図柄変動演出では、図柄変動演出を終了するときのみ仮停止表示が行われる。つまり、1回の図柄変動演出において変動表示とこれに続く仮停止表示が1回行われ、この後、確定表示が行われる。これに対して、「擬似連演出」では、1回の図柄変動演出において変動表示とこれに続く仮停止表示が複数回行われ、この後、確定表示が行われる。
【0085】
また、「バトル演出」とは、演出表示装置27において、味方のキャラクターが敵のキャラクターと戦う様子が表示される演出である。例えば、識別図柄27a,27b,27cをゾロ目で停止表示(確定表示)させる場合は(大当りとなる場合は)味方のキャラクターが勝利する様子を表示する「バトル演出」を行い、識別図柄27a,27b,27cをバラケ目で停止表示(確定表示)させる場合は(外れとなる場合は)味方のキャラクターが敗北する様子を表示する「バトル演出」を行う。
【0086】
また、「発展演出」とは、演出表示装置27において、キャラクターが複数の任務を遂行していく様子が表示される演出である。例えば、キャラクターが遂行する任務として第1〜第3の任務を設定し、識別図柄27a,27b,27cをゾロ目で停止表示(確定表示)させる場合は(大当りとなる場合は)キャラクターが第1の任務、第2の任務、第3の任務の順で任務の遂行に成功する様子を表示する「発展演出」を行う。これに対して、識別図柄27a,27b,27cをバラケ目で停止表示(確定表示)させる場合は(外れとなる場合は)キャラクターが第1の任務、第2の任務、第3の任務の順で任務を遂行する過程で何れかの任務の遂行に失敗する様子を表示する「発展演出」を行う。
【0087】
また、「ラビリンス演出」とは、演出表示装置27において、キャラクターが迷路内を進んでいく様子が表示される演出である。例えば、識別図柄27a,27b,27cをゾロ目で停止表示(確定表示)させる場合は(大当りとなる場合は)、キャラクターが迷路内を進んで行った結果、宝物を発見する様子を表示する「ラビリンス演出」を行う。これに対して、識別図柄27a,27b,27cをバラケ目で停止表示(確定表示)させる場合は(外れとなる場合は)、キャラクターが迷路内を進んで行った結果、ガラクタを発見する様子を表示する「ラビリンス演出」を行う。
【0088】
サブ制御基板220のCPU221は、図14(a)に示すように、大当り変動パターンAHP11に対応する図柄変動演出では「擬似連演出」を実行し、大当り変動パターンAHP12に対応する図柄変動演出では「バトル演出」を実行し、大当り変動パターンAHP13に対応する図柄変動演出では「発展演出」を実行し、大当り変動パターンAHP14に対応する図柄変動演出では「ラビリンス演出」を実行し、それぞれの特殊演出の後に、識別図柄27a,27b,27cをゾロ目で停止表示させる演出を実行する。
【0089】
本実施例のパチンコ機1では、上述したように、変動モードAが設定されているときに「大当り」の大当り判定結果が得られた場合は、大当り変動パターンAHP12〜14よりも、大当り変動パターンAHP11の方が高い確率で選択される。従って、変動モードAが設定されているときに「大当り」の大当り判定結果が得られた場合、すなわち、変動モードAが設定されているときに識別図柄27a,27b,27cをゾロ目で停止表示させる場合は、「バトル演出」「発展演出」「ラビリンス演出」よりも、「擬似連演出」の方が高い確率で実行されることとなる。
【0090】
図14(b)には、変動モードAにて「外れ」の大当り判定結果が得られた場合に参照される「変動モードA用の外れ変動パターン決定テーブル」が示されている。図14(b)に示すように、「変動モードA用の外れ変動パターン決定テーブル」には、外れ変動パターンHHP11〜14を含む複数の外れ変動パターンが設定されている。そして、外れ変動パターンHHP11〜14には、図14(b)に示す割合で変動パターン決定乱数が割り振られているので、変動モードAが設定されているときに「外れ」の大当り判定結果が得られると、「2%」の確率で外れ変動パターンHHP11が選択され、「4%」の確率で外れ変動パターンHHP12〜14がそれぞれ選択される。すなわち、変動モードAが設定されているときに「外れ」の大当り判定結果が得られた場合は、外れ変動パターンHHP11よりも、外れ変動パターンHHP12〜14の方が高い確率で選択されることとなる。そして、サブ制御基板220のCPU221は、図14(b)に示すように、外れ変動パターンHHP11に対応する図柄変動演出では「擬似連演出」を実行し、外れ変動パターンHHP12に対応する図柄変動演出では「バトル演出」を実行し、外れ変動パターンHHP13に対応する図柄変動演出では「発展演出」を実行し、外れ変動パターンHHP14に対応する図柄変動演出では「ラビリンス演出」を実行し、それぞれの特殊演出の後に、識別図柄27a,27b,27cをバラケ目で停止表示させる演出を実行する。従って、変動モードAが設定されているときに「外れ」の大当り判定結果が得られた場合、すなわち、変動モードAが設定されているときに識別図柄27a,27b,27cをバラケ目で停止表示させる場合は、「擬似連演出」よりも、「バトル演出」「発展演出」「ラビリンス演出」の方が高い確率で実行されることとなる。
【0091】
以上のように、本実施例のパチンコ機1では、変動モードAが設定されているときに「大当り」の大当り判定結果が得られた場合は、「バトル演出」「発展演出」「ラビリンス演出」よりも、「擬似連演出」の方が高い確率で実行される。これに対して、変動モードAが設定されているときに「外れ」の大当り判定結果が得られた場合は、「擬似連演出」よりも、「バトル演出」「発展演出」「ラビリンス演出」の方が高い確率で実行される。従って、変動モードAが設定されているときは、「バトル演出」「発展演出」「ラビリンス演出」が実行される場合よりも、「擬似連演出」が実行される場合の方が、大当り判定の結果が「大当り」である確率が高い。この結果、変動モードAでは、「バトル演出」「発展演出」「ラビリンス演出」よりも「擬似連演出」が実行されることを遊技者に期待させることができる。尚、以上のことから、「擬似連演出」を変動モードAにおける「高信頼度演出」と称することができ、「バトル演出」「発展演出」「ラビリンス演出」を変動モードAにおける「低信頼度演出」と称することができる。
【0092】
図15(a)には、変動モードBにて「大当り」の大当り判定結果が得られた場合に参照される「変動モードB用の大当り変動パターン決定テーブル」が示されている。図15(a)に示すように、「変動モードB用の大当り変動パターン決定テーブル」には、大当り変動パターンAHP21〜24を含む複数の大当り変動パターンが設定されている。そして、大当り変動パターンAHP21〜24には、図15(a)に示す割合で変動パターン決定乱数が割り振られているので、変動モードBが設定されているときに「大当り」の大当り判定結果が得られると、「50%」の確率で大当り変動パターンAHP21が選択され、「4%」の確率で大当り変動パターンAHP22〜24がそれぞれ選択される。すなわち、変動モードBが設定されているときに「大当り」の大当り判定結果が得られた場合は、大当り変動パターンAHP22〜24よりも、大当り変動パターンAHP21の方が高い確率で選択されることとなる。そして、サブ制御基板220のCPU221は、図15(a)に示すように、大当り変動パターンAHP21に対応する図柄変動演出では「バトル演出」を実行し、大当り変動パターンAHP22に対応する図柄変動演出では「擬似連演出」を実行し、大当り変動パターンAHP23に対応する図柄変動演出では「発展演出」を実行し、大当り変動パターンAHP24に対応する図柄変動演出では「ラビリンス演出」を実行し、それぞれの特殊演出の後に、識別図柄27a,27b,27cをゾロ目で停止表示させる演出を実行する。従って、変動モードBが設定されているときに「大当り」の大当り判定結果が得られた場合、すなわち、変動モードBが設定されているときに識別図柄27a,27b,27cをゾロ目で停止表示させる場合は、「擬似連演出」「発展演出」「ラビリンス演出」よりも、「バトル演出」の方が高い確率で実行されることとなる。
【0093】
図15(b)には、変動モードBにて「外れ」の大当り判定結果が得られた場合に参照される「変動モードB用の外れ変動パターン決定テーブル」が示されている。図15(b)に示すように、「変動モードB用の外れ変動パターン決定テーブル」には、外れ変動パターンHHP21〜24を含む複数の外れ変動パターンが設定されている。そして、外れ変動パターンHHP21〜24には、図15(b)に示す割合で変動パターン決定乱数が割り振られているので、変動モードBが設定されているときに「外れ」の大当り判定結果が得られると、「2%」の確率で外れ変動パターンHHP21が選択され、「4%」の確率で外れ変動パターンHHP22〜24がそれぞれ選択される。すなわち、変動モードBが設定されているときに「外れ」の大当り判定結果が得られた場合は、外れ変動パターンHHP21よりも、外れ変動パターンHHP22〜24の方が高い確率で選択されることとなる。そして、サブ制御基板220のCPU221は、図15(b)に示すように、外れ変動パターンHHP21に対応する図柄変動演出では「バトル演出」を実行し、外れ変動パターンHHP22に対応する図柄変動演出では「擬似連演出」を実行し、外れ変動パターンHHP23に対応する図柄変動演出では「発展演出」を実行し、外れ変動パターンHHP24に対応する図柄変動演出では「ラビリンス演出」を実行し、それぞれの特殊演出の後に、識別図柄27a,27b,27cをバラケ目で停止表示させる演出を実行する。従って、変動モードBが設定されているときに「外れ」の大当り判定結果が得られた場合、すなわち、変動モードBが設定されているときに識別図柄27a,27b,27cをバラケ目で停止表示させる場合は、「バトル演出」よりも、「擬似連演出」「発展演出」「ラビリンス演出」の方が高い確率で実行されることとなる。
【0094】
以上のように、本実施例のパチンコ機1では、変動モードBが設定されているときに「大当り」の大当り判定結果が得られた場合は、「擬似連演出」「発展演出」「ラビリンス演出」よりも、「バトル演出」の方が高い確率で実行される。これに対して、変動モードBが設定されているときに「外れ」の大当り判定結果が得られた場合は、「バトル演出」よりも、「擬似連演出」「発展演出」「ラビリンス演出」の方が高い確率で実行される。従って、変動モードBが設定されているときは、「擬似連演出」「発展演出」「ラビリンス演出」が実行される場合よりも、「バトル演出」が実行される場合の方が、大当り判定の結果が「大当り」である確率が高い。この結果、変動モードBでは、「擬似連演出」「発展演出」「ラビリンス演出」よりも「バトル演出」が実行されることを遊技者に期待させることができる。尚、以上のことから、「バトル演出」を変動モードBにおける「高信頼度演出」と称することができ、「擬似連演出」「発展演出」「ラビリンス演出」を変動モードBにおける「低信頼度演出」と称することができる。
【0095】
図16(a)には、変動モードCにて「大当り」の大当り判定結果が得られた場合に参照される「変動モードC用の大当り変動パターン決定テーブル」が示されている。図16(a)に示すように、「変動モードC用の大当り変動パターン決定テーブル」には、大当り変動パターンAHP31〜34を含む複数の大当り変動パターンが設定されている。そして、大当り変動パターンAHP31〜34には、図16(a)に示す割合で変動パターン決定乱数が割り振られているので、変動モードCが設定されているときに「大当り」の大当り判定結果が得られると、「50%」の確率で大当り変動パターンAHP31が選択され、「4%」の確率で大当り変動パターンAHP32〜34がそれぞれ選択される。すなわち、変動モードCが設定されているときに「大当り」の大当り判定結果が得られた場合は、大当り変動パターンAHP32〜34よりも、大当り変動パターンAHP31の方が高い確率で選択されることとなる。そして、サブ制御基板220のCPU221は、図16(a)に示すように、大当り変動パターンAHP31に対応する図柄変動演出では「発展演出」を実行し、大当り変動パターンAHP32に対応する図柄変動演出では「擬似連演出」を実行し、大当り変動パターンAHP33に対応する図柄変動演出では「バトル演出」を実行し、大当り変動パターンAHP34に対応する図柄変動演出では「ラビリンス演出」を実行し、それぞれの特殊演出の後に、識別図柄27a,27b,27cをゾロ目で停止表示させる演出を実行する。従って、変動モードCが設定されているときに「大当り」の大当り判定結果が得られた場合、すなわち、変動モードCが設定されているときに識別図柄27a,27b,27cをゾロ目で停止表示させる場合は、「擬似連演出」「バトル演出」「ラビリンス演出」よりも、「発展演出」の方が高い確率で実行されることとなる。
【0096】
図16(b)には、変動モードCにて「外れ」の大当り判定結果が得られた場合に参照される「変動モードC用の外れ変動パターン決定テーブル」が示されている。図16(b)に示すように、「変動モードC用の外れ変動パターン決定テーブル」には、外れ変動パターンHHP31〜34を含む複数の外れ変動パターンが設定されている。そして、外れ変動パターンHHP31〜34には、図16(b)に示す割合で変動パターン決定乱数が割り振られているので、変動モードCが設定されているときに「外れ」の大当り判定結果が得られると、「2%」の確率で外れ変動パターンHHP31が選択され、「4%」の確率で外れ変動パターンHHP32〜34がそれぞれ選択される。すなわち、変動モードCが設定されているときに「外れ」の大当り判定結果が得られた場合は、外れ変動パターンHHP31よりも、外れ変動パターンHHP32〜34の方が高い確率で選択されることとなる。そして、サブ制御基板220のCPU221は、図16(b)に示すように、外れ変動パターンHHP31に対応する図柄変動演出では「発展演出」を実行し、外れ変動パターンHHP32に対応する図柄変動演出では「擬似連演出」を実行し、外れ変動パターンHHP33に対応する図柄変動演出では「バトル演出」を実行し、外れ変動パターンHHP34に対応する図柄変動演出では「ラビリンス演出」を実行し、それぞれの特殊演出の後に、識別図柄27a,27b,27cをバラケ目で停止表示させる演出を実行する。従って、変動モードCが設定されているときに「外れ」の大当り判定結果が得られた場合、すなわち、変動モードCが設定されているときに識別図柄27a,27b,27cをバラケ目で停止表示させる場合は、「発展演出」よりも、「擬似連演出」「バトル演出」「ラビリンス演出」の方が高い確率で実行されることとなる。
【0097】
以上のように、本実施例のパチンコ機1では、変動モードCが設定されているときに「大当り」の大当り判定結果が得られた場合は、「擬似連演出」「バトル演出」「ラビリンス演出」よりも、「発展演出」の方が高い確率で実行される。これに対して、変動モードCが設定されているときに「外れ」の大当り判定結果が得られた場合は、「発展演出」よりも、「擬似連演出」「バトル演出」「ラビリンス演出」の方が高い確率で実行される。従って、変動モードCが設定されているときは、「擬似連演出」「バトル演出」「ラビリンス演出」が実行される場合よりも、「発展演出」が実行される場合の方が、大当り判定の結果が「大当り」である確率が高い。この結果、変動モードCでは、「擬似連演出」「バトル演出」「ラビリンス演出」よりも「発展演出」が実行されることを遊技者に期待させることができる。尚、以上のことから、「発展演出」を変動モードCにおける「高信頼度演出」と称することができ、「擬似連演出」「バトル演出」「ラビリンス演出」を変動モードCにおける「低信頼度演出」と称することができる。
【0098】
図17(a)には、変動モードDにて「大当り」の大当り判定結果が得られた場合に参照される「変動モードD用の大当り変動パターン決定テーブル」が示されている。図17(a)に示すように、「変動モードD用の大当り変動パターン決定テーブル」には、大当り変動パターンAHP41〜44を含む複数の大当り変動パターンが設定されている。そして、大当り変動パターンAHP41〜44には、図17(a)に示す割合で変動パターン決定乱数が割り振られているので、変動モードDが設定されているときに「大当り」の大当り判定結果が得られると、「50%」の確率で大当り変動パターンAHP41が選択され、「4%」の確率で大当り変動パターンAHP42〜44がそれぞれ選択される。すなわち、変動モードDが設定されているときに「大当り」の大当り判定結果が得られた場合は、大当り変動パターンAHP42〜44よりも、大当り変動パターンAHP41の方が高い確率で選択されることとなる。そして、サブ制御基板220のCPU221は、図17(a)に示すように、大当り変動パターンAHP41に対応する図柄変動演出では「ラビリンス演出」を実行し、大当り変動パターンAHP42に対応する図柄変動演出では「擬似連演出」を実行し、大当り変動パターンAHP43に対応する図柄変動演出では「バトル演出」を実行し、大当り変動パターンAHP44に対応する図柄変動演出では「発展演出」を実行し、それぞれの特殊演出の後に、識別図柄27a,27b,27cをゾロ目で停止表示させる演出を実行する。従って、変動モードDが設定されているときに「大当り」の大当り判定結果が得られた場合、すなわち、変動モードDが設定されているときに識別図柄27a,27b,27cをゾロ目で停止表示させる場合は、「擬似連演出」「バトル演出」「発展演出」よりも、「ラビリンス演出」の方が高い確率で実行されることとなる。
【0099】
図17(b)には、変動モードDにて「外れ」の大当り判定結果が得られた場合に参照される「変動モードD用の外れ変動パターン決定テーブル」が示されている。図17(b)に示すように、「変動モードD用の外れ変動パターン決定テーブル」には、外れ変動パターンHHP41〜44を含む複数の外れ変動パターンが設定されている。そして、外れ変動パターンHHP41〜44には、図17(b)に示す割合で変動パターン決定乱数が割り振られているので、変動モードDが設定されているときに「外れ」の大当り判定結果が得られると、「2%」の確率で外れ変動パターンHHP41が選択され、「4%」の確率で外れ変動パターンHHP42〜44がそれぞれ選択される。すなわち、変動モードDが設定されているときに「外れ」の大当り判定結果が得られた場合は、外れ変動パターンHHP41よりも、外れ変動パターンHHP42〜44の方が高い確率で選択されることとなる。そして、サブ制御基板220のCPU221は、図17(b)に示すように、外れ変動パターンHHP41に対応する図柄変動演出では「ラビリンス演出」を実行し、外れ変動パターンHHP42に対応する図柄変動演出では「擬似連演出」を実行し、外れ変動パターンHHP43に対応する図柄変動演出では「バトル演出」を実行し、外れ変動パターンHHP44に対応する図柄変動演出では「発展演出」を実行し、それぞれの特殊演出の後に、識別図柄27a,27b,27cをバラケ目で停止表示させる演出を実行する。従って、変動モードDが設定されているときに「外れ」の大当り判定結果が得られた場合、すなわち、変動モードDが設定されているときに識別図柄27a,27b,27cをバラケ目で停止表示させる場合は、「ラビリンス演出」よりも、「擬似連演出」「バトル演出」「発展演出」の方が高い確率で実行されることとなる。
【0100】
以上のように、本実施例のパチンコ機1では、変動モードDが設定されているときに「大当り」の大当り判定結果が得られた場合は、「擬似連演出」「バトル演出」「発展演出」よりも、「ラビリンス演出」の方が高い確率で実行される。これに対して、変動モードDが設定されているときに「外れ」の大当り判定結果が得られた場合は、「ラビリンス演出」よりも、「擬似連演出」「バトル演出」「発展演出」の方が高い確率で実行される。従って、変動モードDが設定されているときは、「擬似連演出」「バトル演出」「発展演出」が実行される場合よりも、「ラビリンス演出」が実行される場合の方が、大当り判定の結果が「大当り」である確率が高い。この結果、変動モードDでは、「擬似連演出」「バトル演出」「発展演出」よりも「ラビリンス演出」が実行されることを遊技者に期待させることができる。尚、以上のことから、「ラビリンス演出」を変動モードDにおける「高信頼度演出」と称することができ、「擬似連演出」「バトル演出」「発展演出」を変動モードDにおける「低信頼度演出」と称することができる。
【0101】
図14図17を用いて上述したように、ループ期間中は、設定されている変動モードによって大当り判定の結果が「大当り」である確率の高い特殊演出(すなわち高信頼度演出)の種類が異なっており、ひいては、実行されることを遊技者に期待させる特殊演出の種類も異なっている。尚、変動モードA〜Dは、上述したように互いに高信頼度演出の異なるモード(互いに演出態様が異なるモード)であることから、変動モードA〜Dを「演出モードA〜D」と表現することもできる。
【0102】
ここで、本実施例のパチンコ機1では、図柄変動遊技を開始するための変動開始条件が成立すると(図9のS308:no)、上述したように大当り判定や変動パターンの選択を行うところ、特図保留が記憶されたタイミングでも、図8を用いて前述した事前判定(図8のS262,S282)として同様の処理を行う。すなわち、特図保留(第1特図保留または第2特図保留)が記憶されると、変動開始条件が成立する前であっても、該特図保留について上述の大当り判定(図11のS414)と同様に、該特図保留に基づく図柄変動遊技の結果として大当りが発生するか否か(大当りの特図保留であるか、外れの特図保留であるか)を事前に判定する。また、今回記憶された特図保留が外れの特図保留である場合は、該特図保留について上述の外れ変動パターン選択処理(図12のS432)と同様の処理を行うことによって、該特図保留に基づく図柄変動遊技で何れの外れ変動パターンが選択されるかを判定する。そして、該外れ変動パターンに基づいて、該特図保留に基づく図柄変動遊技にて、上述した「高信頼度演出」「低信頼度演出」「その他の演出」の何れが行われるかを判定する。尚、「その他の演出」とは、「高信頼度演出」および「低信頼度演出」の何れとも異なる演出である。本実施例のパチンコ機1では、以上のように事前判定を行うので、特図保留が記憶されると、該特図保留について変動開始条件が成立する前であっても、該特図保留が「大当りの特図保留」であるか否か、外れの特図保留である場合は該特図保留に基づく図柄変動遊技にて「高信頼度演出」「低信頼度演出」「その他の演出」の何れが行われるか(高信頼度外れの特図保留であるか、低信頼度外れの特図保留であるか、その他外れの特図保留であるか)を判定することができる。以上のことをまとめると、本実施例のパチンコ機1では、特図保留が記憶されると、該特図保留が「大当りの特図保留」「高信頼度外れの特図保留」「低信頼度外れの特図保留」「その他外れの特図保留」の何れであるかを事前判定する。図8のS264,S284の処理でサブ制御基板220に向けて送信される第1保留記憶コマンドおよび第2保留記憶コマンドには、このような事前判定の結果を示す情報が含まれる。このような事前判定を行う主制御基板200のCPU201は「事前判定手段」として機能するものである。
【0103】
尚、ループ期間中は、上述したように変動モードが変動モードA〜D間で順次変更されるところ、所定の特図保留について事前判定が行われた後であって該特図保留に基づく図柄変動遊技が開始される前に、変動モードが変更される場合がある。すなわち、特図保留について事前判定が行われた時点の変動モードと、該特図保留に基づく図柄変動遊技が開始される時点の変動モードとが互いに異なる場合がある。この場合は、事前判定にて特図保留が「高信頼度外れの特図保留」や「低信頼度外れの特図保留」であると判定されても、該特図保留に基づく図柄変動遊技では「高信頼度演出」や「低信頼度演出」が行われない事象が発生することも考えられる。仮にこのような事象が発生すると、事前判定の結果に基づいた演出(例えば後述する保留図柄の表示など)を行ったとしても、該演出の信頼性が損なわれることとなる。この点、本実施例のパチンコ機1は、図14(b),図15(b),図16(b),図17(b)を互いに比較すれば明らかなように、事前判定にて「高信頼度外れの特図保留」と判定される変動パターン決定乱数の乱数範囲(0〜1)、すなわち、大当り判定の結果が外れである場合に「高信頼度演出」が行われる変動パターン決定乱数の乱数範囲(0〜1)は、変動モードA〜D間において共通であり、事前判定にて「低信頼度外れの特図保留」と判定される変動パターン決定乱数の乱数範囲(2〜13)、すなわち、大当り判定の結果が外れである場合に「低信頼度演出」が行われる変動パターン決定乱数の乱数範囲(2〜13)も、変動モードA〜D間において共通である。このため、変動モードA〜Dのうち、一の変動モードにて特図保留が記憶され、該特図保留が「高信頼度外れの特図保留」であると事前判定された後であって該特図保留に基づく図柄変動遊技が開始される前に、他の変動モードに変更されたとしても、該特図保留に基づく図柄変動遊技では「他の変動モードにおける高信頼度演出」を実行することとなる。同様に、変動モードA〜Dのうち、一の変動モードにて特図保留が記憶され、該特図保留が「低信頼度外れの特図保留」であると事前判定された後であって該特図保留に基づく図柄変動遊技が開始される前に、他の変動モードに変更されたとしても、該特図保留に基づく図柄変動遊技では「他の変動モードにおける低信頼度演出」を実行することとなる。例えば、変動モードAにて特図保留が記憶され、該特図保留が「高信頼度外れの特図保留」であると判定された後であって該特図保留に基づく図柄変動遊技が開始される前に、変動モードBに変更されたとしても、該特図保留に基づく図柄変動遊技では「変動モードBにおける高信頼度演出」である「バトル演出」が実行される。従って、変動モードA〜D間での変動モードの変更を実現しつつも、事前判定の結果に基づいた演出(後述する保留図柄の表示など)の信頼性を担保することができる。
【0104】
説明を図11および図12に示す特図変動開始処理に戻す。前述したように、停止図柄を停止図柄記憶領域に記憶すると共に(図12のS424、S434、S440)変動パターンを選択したら(S426、S436、S442)、先に行われた大当り判定が第1特図保留に基づいて行われたものであるか否かを判断する(S450)。その結果、第1特図保留に基づいて行われたものであった場合は(S450:yes)、CPU201は、選択した変動パターンに従って、第1図柄表示装置28で第1特図(識別情報)の変動表示(図柄変動遊技)を開始した後(S452)、第1特図保留数から「1」を減算する(S454)。一方、大当り判定が第1特図保留に基づいて行われたものではなかった場合、すなわち、第2特図保留に基づいて行われたものである場合は(S450:no)、第2図柄表示装置32で第2特図(識別情報)の変動表示(図柄変動遊技)を開始した後(S456)、第2特図保留数から「1」を減算する(S458)。
【0105】
こうして、第1特図保留数または第2特図保留数から「1」を減算したら(S454、S458)、変動表示を今回開始した第1特図または第2特図の変動パターンの種類を指定する(変動パターン識別情報を含む)変動パターン指定コマンドや、変動表示を経て停止表示される特別図柄の停止図柄を指定する停止図柄指定コマンドなどを、変動開始時コマンドとしてサブ制御基板220に向けて送信する(S460)。
【0106】
こうして変動開始時コマンドを、サブ制御基板220に向かって送信したら(S460)、図11および図12に示す特図変動開始処理を終了して、図9および図10の特別図柄遊技処理に復帰する。
【0107】
以上では、特別図柄遊技処理の実行に際して、大当り遊技中および小当り遊技中の何れでもなく(図9のS302:no、S304:no)、第1特図および第2特図の何れの変動表示中でもない(S306:no)と判断された場合の処理について説明した。これに対して、大当り遊技中および小当り遊技中の何れでもないものの(S302:no、S304:no)、第1特図または第2特図の何れかが変動表示中である場合は(S306:yes)、既に、第1特図または第2特図の変動パターンと停止図柄とが決定されて、第1特図または第2特図の変動表示が開始されている場合に該当する。そこで、変動表示中の特別図柄の変動時間が経過したか否かを判断する(S312)。第1特図または第2特図の変動時間は変動パターンに応じて予め定められているので、第1特図または第2特図の変動を開始すると同時に所定のタイマ(変動時間計測タイマ)に変動時間を設定することにより、所定の変動時間が経過したかを判断することができる。その結果、未だ変動時間が経過していない場合は(S312:no)、そのまま特別図柄遊技処理を終了して、図7に示す遊技制御処理に復帰する。
【0108】
これに対して、変動時間が経過したと判断された場合は(S312:yes)、変動表示中の特別図柄を予め設定しておいた図柄(図12のS424、S434、S440)で停止表示させることで確定表示を行い(S314)、変動表示中の特別図柄を停止表示させたことを示すコマンド(図柄停止コマンド)をサブ制御基板220に向けて送信する(S316)。そして、確定表示時間を設定した後(S318)、設定した確定表示時間が経過したか否かを判断する(S320)。その結果、確定表示時間が経過していない場合は(S320:no)、そのまま特別図柄遊技処理を終了して図7に示す遊技制御処理に復帰する。
【0109】
こうして第1特図あるいは第2特図が確定表示された状態で、図7に示す遊技制御処理に復帰した後、再び図9および図10の特別図柄遊技処理が開始されると、第1特図および第2特図が変動表示中ではないと判断され(S304:no)、続いて、特別図柄の確定表示中であるか否かの判断では、確定表示中と判断されるので(S306:yes)、再び確定表示時間が経過したか否かを判断する(S320)。
【0110】
このような判断を繰り返しているうちに確定表示時間が経過したと判断されると(S320:yes)、図10に移り、今回停止表示(確定表示)された特別図柄(第1特図あるいは第2特図)が「大当り図柄」であるか否かを判断する(図10のS322)。その結果、停止表示された特別図柄が大当り図柄であった場合は(S322:yes)、大当り遊技を開始するための処理を行う。具体的には先ず、大入賞口31dの開放パターン(開放回数、開放時間、閉鎖時間など)を設定する(S324)。すなわち、大当り図柄が停止表示されたことに対応して大当り遊技を開始することから、該大当り遊技における大入賞口31dの開放パターンを設定する。本実施例のパチンコ機1では、大入賞口31dが所定時間(例えば30秒)に亘って開放状態となるラウンド遊技が16回行われる開放パターンが設定される。すなわち、大当り遊技中は、大入賞口31dが所定時間(例えば30秒)に亘って開放状態となるラウンド遊技が16回行われる開放パターン(第1態様)で大入賞装置31(可変入球装置)を作動させる。
【0111】
こうして、大入賞口31dの開放パターンを設定したら(S324)、大当り遊技を開始すべく大当りフラグをONに設定する(S326)。続いて、大当り遊技を開始するにあたって、「高確率・電サポ状態」を終了させる処理を行う。すなわち、大当り遊技の開始に際して遊技状態が「高確率・電サポ状態」に設定されていれば、該「高確率・電サポ状態」を終了させる処理を行う。具体的には先ず、高確フラグがONに設定されているか否か、すなわち、遊技状態が高確率状態に設定されているか否かを判断する(S328)。その結果、高確フラグがONに設定されていれば(S328:yes)、高確フラグをOFFに設定する(S330)。続いて、高確カウンタの値に「0」を設定する(S332)。高確カウンタとは、高確率状態を終了するまでの図柄変動遊技回数(以下「高確回数」ともいう)が設定されるカウンタであって、RAM203の所定アドレスにその記憶領域が確保されている。S332の処理では、高確率状態の終了に伴って高確回数を「0回」とすべく、高確カウンタの値に「0」を設定する。もちろん、大当り遊技の開始に際して高確率状態でなかった場合は(S328:no)、S330およびS332の処理は省略する。
【0112】
続いて、変動短縮フラグがONに設定されているか否か、すなわち、遊技状態が電サポ状態に設定されているか否かを判断する(S334)。その結果、変動短縮フラグがONに設定されていれば(S334:yes)、変動短縮フラグとともに開放延長フラグもONに設定されているので、変動短縮フラグおよび開放延長フラグをOFFに設定する(S336)。続いて、電サポカウンタの値に「0」を設定する(S338)。電サポカウンタとは、電サポ状態を終了するまでの図柄変動遊技回数(以下「電サポ回数」ともいう)が設定されるカウンタであって、RAM203の所定アドレスにその記憶領域が確保されている。S338の処理では、電サポ状態の終了に伴って電サポ回数を「0回」とすべく、電サポカウンタの値に「0」を設定する。もちろん、大当り遊技の開始に際して電サポ状態でなかった場合は(S334:no)、S336およびS338の処理は省略する。尚、本実施例のパチンコ機1では前述したように、高確率状態と電サポ状態は同時に設定される。
【0113】
こうして、大当り遊技の開始に際してのフラグやカウンタの設定処理を行ったら(S326〜S338)、大当り遊技の開始を示す大当り開始コマンドをサブ制御基板220に向けて送信する(S340)。サブ制御基板220のCPU221は、大当り開始コマンドを受信すると、大当り遊技中であることを示す大当り遊技演出を実行する。大当り開始コマンドを送信したら(S340)、ループ期間終了処理を行う(S350)。前述したように、本実施例のパチンコ機1では、特別図柄が変動表示する際の変動モードを変動モードA〜D間で順次変更するループ期間を発生させる場合がある。ループ期間終了処理(S350)では、大当り遊技の開始に伴ってループ期間を終了させる処理が行われる。尚、ループ期間終了処理(S350)を含むループ期間の設定に係る処理は、後にまとめて説明する。ループ期間終了処理を行ったら(S350)、図9および図10に示す特別図柄遊技処理を終了して、図7に示す遊技制御処理に復帰する。
【0114】
以上は、第1図柄表示装置28あるいは第2図柄表示装置32で停止表示された特別図柄(すなわち第1特図あるいは第2特図)が大当り図柄であった場合(S322:yes)の処理について説明した。これに対して、停止表示された特別図柄が大当り図柄でなかった場合は(S322:no)、今度は、停止表示された特別図柄が「小当り図柄」であったか否かを判断する(S352)。その結果、特別図柄が小当り図柄で停止表示された場合は(S352:yes)、大入賞口31dの開放パターン(開放回数、開放時間、閉鎖時間など)を設定する(S354)。すなわち、小当り図柄が停止表示されたことに対応して小当り遊技を開始することから、該小当り遊技における大入賞口31dの開放パターンを設定する。本実施例のパチンコ機1では、大入賞口31dが所定時間(例えば0.2秒)に亘って2回だけ開放状態となる開放パターンが設定される。すなわち、小当り遊技中は、大当り遊技の開放パターン(第1態様)に比べて遊技球受入可能性が低くなる開放パターン(第2態様)で大入賞装置31(可変入球装置)を作動させる。
【0115】
続いて、小当り遊技を開始すべく小当りフラグをONに設定する(S356)。そして、小当り遊技を開始することを示すコマンド(小当り遊技開始コマンド)をサブ制御基板220に向けて送信する(S358)。サブ制御基板220のCPU221は、小当り遊技開始コマンドを受信すると、小当り遊技に対応する演出を実行する。小当り開始コマンドを送信したら(S358)、ループ期間開始処理を行う(S360)。本実施例のパチンコ機1では、小当り遊技が行われることを契機として、ループ期間を開始させることが可能となっている。ループ期間開始処理(S360)では、小当り遊技が行われることに対応して、ループ期間を開始させる処理が行われる。尚、ループ期間開始処理(S360)も、ループ期間の設定に係る処理の1つであるので、後にまとめて説明する。
【0116】
ループ期間開始処理を行ったら(S360)、変動モードスキップ処理を行う(S370)。本実施例のパチンコ機1では、ループ期間中は、特別図柄が変動表示する際の変動モードを変動モードA〜D間で順次変更するところ、ループ期間中に小当り遊技が行われた場合には、小当り遊技終了後の変動モードを、小当り遊技開始時(開始直前)より2つ後の変動モードとするように構成している。すなわち、次の変動モードを省略して更に次の変動モードを設定する(以下「変動モードをスキップして設定する」ともいう)構成となっている。例えば、「変動モードA」のときに小当り遊技が行われた場合には、この小当り遊技の終了後の変動モードとして「変動モードC」を設定する。このように、変動モードスキップ処理(S370)では、ループ期間中に小当り遊技が行われることに対応して、変動モードをスキップして設定する処理が行われる。尚、変動モードスキップ処理(S370)も、ループ期間の設定に係る処理の1つであるので、後にまとめて説明する。こうして変動モードスキップ処理を行ったら(S370)、「高確率・電サポ状態」の期間を進行させる処理を行う。つまり、小当り遊技の開始に際して遊技状態が「高確率・電サポ状態」に設定されている場合は、該「高確率・電サポ状態」を終了させることなく、今回、図柄変動遊技が行われたことに対応して、高確回数および電サポ回数を減算する。
【0117】
具体的には先ず、高確フラグがONに設定されているか否か、すなわち、高確率状態中であるか否かを判断する(S382)。その結果、高確率状態中であれば(S382:yes)、高確回数を1回減算すべく、高確カウンタの値を「1」減算する(S384)。そして、高確カウンタの値を「1」減算した結果、高確カウンタの値が「0」になったか否か、すなわち、高確回数が「0回」になったか否かを判断する(S386)。その結果、高確回数が「0回」になった場合は、高確率状態を終了すべく(低確率状態とすべく)、高確フラグをOFFに設定する(S388)。尚、S382の処理で、高確率状態中でないと判断された場合は(S382:no)、当然ながら、高確率状態の期間を進行させる処理(S384〜S388)は省略する。また、S386の処理で、高確回数が未だ「0回」になっていないと判断された場合は(S386:no)、高確率状態を継続させる(S388の処理を省略する)。
【0118】
続いて、変動短縮フラグがONに設定されているか否か、すなわち、電サポ状態中であるか否かを判断する(S390)。その結果、電サポ状態中であれば(S390:yes)、電サポ回数を1回減算すべく、電サポカウンタの値を「1」減算する(S392)。そして、電サポカウンタの値を「1」減算した結果、電サポカウンタの値が「0」になったか否か、すなわち、電サポ回数が「0回」になったか否かを判断する(S394)。その結果、電サポ回数が「0回」になった場合は、電サポ状態を終了すべく(非電サポ状態とすべく)、変動短縮フラグおよび開放延長フラグをOFFに設定する(S396)。尚、S390の処理で、電サポ状態中でないと判断された場合は(S390:no)、当然ながら、電サポ状態の期間を進行させる処理(S392〜S396)は省略する。また、S394の処理で、電サポ回数が未だ「0回」になっていないと判断された場合は(S394:no)、電サポ状態を継続させる(S396の処理を省略する)。
【0119】
続いて、現在設定されている遊技状態を示す遊技状態指定コマンドをサブ制御基板220に向けて送信する(S398)。こうして、遊技状態指定コマンドを送信したら(S398)、図9および図10に示す特別図柄遊技処理を終了して、図7に示す遊技制御処理に復帰する。
【0120】
以上は、第1図柄表示装置28あるいは第2図柄表示装置32で停止表示された特別図柄(すなわち第1特図あるいは第2特図)が小当り図柄であった場合(S352:yes)の処理について説明した。これに対して、停止表示された特別図柄が小当り図柄でもなかった場合、すなわち、外れ図柄であった場合(S352:no)は先ず、ループ期間進行処理を行う(S380)。本実施例のパチンコ機1では、特別図柄が外れ図柄で停止表示される図柄変動遊技が行われるたびにループ期間を進行させる。ループ期間進行処理(S380)では、特別図柄が外れ図柄で停止表示されることに対応して、ループ期間を進行させる処理が行われる。尚、ループ期間進行処理(S380)も、ループ期間の設定に係る処理の1つであるので、後にまとめて説明する。
【0121】
ループ期間進行処理を行ったら(S380)、小当り図柄が停止表示された場合と同様に、遊技状態が「高確率・電サポ状態」に設定されていれば(S382:yes、S390:yes)、該「高確率・電サポ状態」の期間を進行させる処理(S384〜S388、S392〜S396)を行う。当然ながら、遊技状態が「高確率・電サポ状態」に設定されていなければ(S382:no、S390:no)、「高確率・電サポ状態」の期間を進行させる処理(S384〜S388、S392〜S396)は省略する。続いて、サブ制御基板220に向けて遊技状態指定コマンドを送信したら(S398)、図9および図10に示す特別図柄遊技処理を終了して、図7に示す遊技制御処理に復帰する。
【0122】
こうして、図7に示す遊技制御処理に復帰したら、小当りフラグがONに設定されているか否か、すなわち、小当り遊技中であるか否かを判断する(S500)。その結果、小当り遊技中であれば(S500:yes)、小当り遊技を進行させるための小当り遊技処理を行う(S510)。具体的には、大入賞口ソレノイド31mを制御することによって、小当り遊技を開始するに際して設定された開放パターン(図10のS354)で大入賞口31dが開放状態となるように(例えば0.2秒×2回開放状態となるように)、開閉部材31eを動作させる。また、小当り遊技処理では、小当り遊技の終了条件が成立したか否か、例えば、大入賞口31dが0.2秒だけ開放状態となることが2回行われたか否かを判断する。その結果、小当り遊技の終了条件が未だ成立していないのであれば、そのままS510の小当り遊技処理を終了する。これに対して、小当り遊技の終了条件が成立した場合は、小当り遊技を終了すべく、小当りフラグをOFFに設定すると共に、小当り遊技が終了することを示す小当り終了コマンドをサブ制御基板220に向けて送信する。
【0123】
続いて、大当りフラグがONに設定されているか否か、すなわち、大当り遊技中であるか否かを判断する(S520)。その結果、大当り遊技中であれば(S520:yes)、大当り遊技を進行させるための大当り遊技処理を行う(S530)。具体的には、大入賞口ソレノイド31mを制御することによって、大当り遊技を開始するに際して設定された開放パターン(図10のS324)で大入賞口31dが開放状態となるように(16回のラウンド遊技が行われるように)、開閉部材31eを動作させる。また、大当り遊技処理では、大当り遊技の終了条件が成立したか否か、すなわち、16回のラウンド遊技が行われたか否かを判断する。その結果、16回のラウンド遊技が未だ行われていないのであれば、そのままS530の大当り遊技処理を終了する。これに対して、16回のラウンド遊技が行われた場合は、大当り遊技を終了すべく、大当りフラグをOFFに設定すると共に、大当り遊技が終了することを示す大当り終了コマンドをサブ制御基板220に向けて送信する。続いて、大当り遊技終了後の遊技状態を設定する。具体的には、高確フラグをONに設定すると共に高確カウンタの値に「80」を設定する。また、変動短縮フラグおよび開放延長フラグをONに設定すると共に電サポカウンタの値に「80」を設定する。このように、本実施例のパチンコ機1では、大当り遊技終了後の遊技状態が高確回数80回の高確率状態および電サポ回数80回の電サポ状態に設定される。
【0124】
C−3.ループ期間の設定に係る処理 :
次に、ループ期間の設定に係る処理、すなわち、図10を用いて前述した「ループ期間開始処理(S360)」「ループ期間進行処理(S380)」「変動モードスキップ処理(S370)」「ループ期間終了処理(S350)」について詳しく説明する。尚、前述したように、ループ期間は、特別図柄が変動表示する際の変動モードを変動モードA〜D間で順次変更する期間である。
【0125】
C−3−1.ループ期間開始処理 :
図18は、本実施例のループ期間開始処理を示すフローチャートである。ループ期間開始処理は、図10を用いて前述したように、小当り図柄が停止表示されて小当り遊技が行われる際に実行される処理(図10のS360)であり、この処理では、小当り遊技が行われることに対応して、ループ期間を開始させる処理が行われる。ループ期間開始処理を開始すると、主制御基板200のCPU201は先ず、高確フラグがONに設定されているか否か、すなわち、遊技状態が高確率状態に設定されているか否かを判断する(S600)。本実施例のパチンコ機1では高確率状態は電サポ状態と同時に設定されることから、S600の判断処理では結局のところ、遊技状態が「高確率・電サポ状態」に設定されているか否かが判断される。その結果、遊技状態が「高確率・電サポ状態」に設定されていない場合(S600:no)、現在の遊技状態は「低確率・非電サポ状態」ということになり、この場合には、ループフラグがONに設定されているか否かを判断する(S602)。ループフラグは、ループ期間中であることを示すフラグであって、RAM203の所定アドレスにその記憶領域が確保されている。従って、S602の判断処理では、ループ期間中であるか否かが判断される。
【0126】
S602の判断処理の結果、ループ期間中でない(非ループ期間中である)と判断された場合は(S602:no)、ループ期間を開始すべくループフラグをONに設定する(S604)。このように、本実施例のパチンコ機1では、「低確率・非電サポ状態」における非ループ期間中に小当り遊技が行われると、ループ期間を開始する。
【0127】
ループ期間を開始する場合は続いて、変動モードAを開始すべくフラグAをONに設定する(S606)。上述したように、ループ期間は、特別図柄が変動表示する際の変動モードを変動モードA〜D間で変動モードAから順次変更する期間であるところ、フラグAは変動モードAが設定されていることを示すフラグである。図14を用いて前述したように、変動モードAが設定されている間は、「バトル演出」「発展演出」「ラビリンス演出」が実行される場合よりも、「擬似連演出」が実行される場合の方が、大当り判定の結果が「大当り」である確率が高い(「擬似連演出」が高信頼度演出である)。従って、変動モードAは、「バトル演出」「発展演出」「ラビリンス演出」よりも「擬似連演出」が実行されることを遊技者に期待させる変動モードである。尚、フラグAはRAM203の所定アドレスにその記憶領域が確保されている。
【0128】
こうして変動モードAを開始すべくフラグAをONに設定したら(S606)、モードカウンタの値に「40」を設定する(S608)。モードカウンタは、変動モードの設定期間(継続期間)を定めるためのカウンタであり、本実施例では、設定中の変動モードにて実行可能な図柄変動遊技の回数(以下「残り回数」ともいう)をモードカウンタに設定するものとしている。このモードカウンタは、RAM203の所定アドレスにその記憶領域が確保されている。S608の処理では、今回設定する変動モードAを図柄変動遊技が40回行われるまで継続させるべく(残り回数を40回とすべく)、モードカウンタの値に「40」を設定する。
【0129】
以上のように、本実施例のパチンコ機1では、ループ期間の開始に伴って、図柄変動遊技が40回行われるまで継続する変動モードAが設定される。こうして、ループ期間を開始すると共に変動モードAを設定するための処理を行ったら、ループ期間が開始されると共に変動モードAが設定されたことを示すループ期間開始コマンドをサブ制御基板220に向けて送信する(S609)。そして、図18に示すループ期間開始処理を終了して、図10に示す特別図柄遊技処理に復帰する。尚、遊技状態が「高確率・電サポ状態」に設定されている場合や(S600:yes)、遊技状態が「低確率・非電サポ状態」に設定されていても既にループ期間が開始されている場合は(S602:yes)、ループ期間の開始に係る処理(S604〜S609)は省略する。
【0130】
C−3−2.ループ期間進行処理 :
図19および図20は、本実施例のループ期間進行処理を示すフローチャートである。ループ期間進行処理は、図10を用いて前述したように、特別図柄が外れ図柄で停止表示される際に実行される処理(図10のS380)であり、この処理では、特別図柄が外れ図柄で停止表示されることに対応して、ループ期間を進行させる処理が行われる。ループ期間進行処理を開始すると、主制御基板200のCPU201は先ず、ループフラグがONに設定されているか否か、すなわち、ループ期間中であるか否かを判断する(S700)。その結果、ループ期間中でない場合は(S700:no)、ループ期間を進行させる処理を行う必要がないので、そのまま図19および図20に示すループ進行処理を終了して、図10に示す特別図柄遊技処理に復帰する。
【0131】
これに対して、ループ期間中である場合は(S700:yes)、フラグAがONに設定されているか否か、すなわち、変動モードAの設定中であるか否かを判断する(S702)。その結果、変動モードAの設定中である場合は(S702:yes)、図柄変動遊技が今回行われたことに対応して、変動モードAの終了までの残り回数を1回減らすべくモードカウンタの値を「1」減算する(S704)。続いて、モードカウンタの値を「1」減算した結果、モードカウンタの値が「0」になったか否か、すなわち、変動モードAの残り回数が0回になったか否かを判断する(S706)。その結果、変動モードAの残り回数が未だ0回になっていない場合は(S706:no)、そのまま図19および図20に示すループ進行処理を終了して、図10に示す特別図柄遊技処理に復帰する。これに対して、変動モードAの残り回数が0回になった場合は(S706:yes)、変動モードAを終了すべくフラグAをOFFに設定すると共に(S708)、変動モードBを開始すべくフラグBをONに設定する(S710)。フラグBは、変動モードBが設定されていることを示すフラグであって、RAM203の所定アドレスにその記憶領域が確保されている。続いて、今回設定する変動モードBを図柄変動遊技が20回行われるまで継続させるべく(残り回数を20回とすべく)、モードカウンタの値に「20」を設定する(S712)。そして、変動モードBが設定されたことを示す変動モードB設定コマンドをサブ制御基板220に向けて送信する(S713)。
【0132】
以上のように、本実施例のパチンコ機1では、変動モードAにて図柄変動遊技が40回行われると、変動モードAから変動モードBへのモード変更が行われ、その後、図柄変動遊技が20回行われるまで変動モードBが継続して設定される。図15を用いて前述したように、変動モードBが設定されている間は、「疑似連演出」「発展演出」「ラビリンス演出」が実行される場合よりも、「バトル演出」が実行される場合の方が、大当り判定の結果が「大当り」である確率が高い(「バトル演出」が高信頼度演出である)。従って、変動モードBは、「疑似連演出」「発展演出」「ラビリンス演出」よりも「バトル演出」が実行されることを遊技者に期待させる変動モードである。こうして、変動モードAの次に変動モードBを設定するための処理を行ったら、図19および図20に示すループ進行処理を終了して、図10に示す特別図柄遊技処理に復帰する。
【0133】
以上は、ループ期間において変動モードAが設定されている場合の処理(S702:yes)について説明した。これに対して、変動モードAが設定されていない場合は(S702:no)、フラグBがONに設定されているか否か、すなわち、変動モードBが設定されているか否かを判断する(S714)。その結果、変動モードBの設定中である場合は(S714:yes)、図柄変動遊技が今回行われたことに対応して、変動モードBの終了までの残り回数を1回減らすべくモードカウンタの値を「1」減算する(S716)。続いて、モードカウンタの値を「1」減算した結果、モードカウンタの値が「0」になったか否か、すなわち、変動モードBの残り回数が0回になったか否かを判断する(S718)。その結果、変動モードBの残り回数が未だ0回になっていない場合は(S718:no)、そのまま図19および図20に示すループ進行処理を終了して、図10に示す特別図柄遊技処理に復帰する。これに対して、変動モードBの残り回数が0回になった場合は(S718:yes)、変動モードBを終了すべくフラグBをOFFに設定すると共に(S720)、変動モードCを開始すべくフラグCをONに設定する(S722)。フラグCは、変動モードCが設定されていることを示すフラグであって、RAM203の所定アドレスにその記憶領域が確保されている。続いて、今回設定する変動モードCを図柄変動遊技が40回行われるまで継続させるべく(残り回数を40回とすべく)、モードカウンタの値に「40」を設定する(S724)。そして、変動モードCが設定されたことを示す変動モードC設定コマンドをサブ制御基板220に向けて送信する(S725)。
【0134】
以上のように、本実施例のパチンコ機1では、変動モードBにて図柄変動遊技が20回行われると、変動モードBから変動モードCへのモード変更が行われ、その後、図柄変動遊技が40回行われるまで変動モードCが継続して設定される。図16を用いて前述したように、変動モードCが設定されている間は、「疑似連演出」「バトル演出」「ラビリンス演出」が実行される場合よりも、「発展演出」が実行される場合の方が、大当り判定の結果が「大当り」である確率が高い(「発展演出」が高信頼度演出である)。従って、変動モードCは、「疑似連演出」「バトル演出」「ラビリンス演出」よりも「発展演出」が実行されることを遊技者に期待させる変動モードである。こうして、変動モードBの次に変動モードCを設定するための処理を行ったら、図19および図20に示すループ進行処理を終了して、図10に示す特別図柄遊技処理に復帰する。
【0135】
以上は、ループ期間において変動モードBが設定されている場合の処理(S714:yes)について説明した。これに対して、変動モードBが設定されていない場合は(S714:no)、図20に移り、フラグCがONに設定されているか否か、すなわち、変動モードCが設定されているか否かを判断する(S726)。その結果、変動モードCの設定中である場合は(S726:yes)、図柄変動遊技が今回行われたことに対応して、変動モードCの終了までの残り回数を1回減らすべくモードカウンタの値を「1」減算する(S728)。続いて、モードカウンタの値を「1」減算した結果、モードカウンタの値が「0」になったか否か、すなわち、変動モードCの残り回数が0回になったか否かを判断する(S730)。その結果、変動モードCの残り回数が未だ0回になっていない場合は(S730:no)、そのまま図19および図20に示すループ進行処理を終了して、図10に示す特別図柄遊技処理に復帰する。これに対して、変動モードCの残り回数が0回になった場合は(S730:yes)、変動モードCを終了すべくフラグCをOFFに設定すると共に(S732)、変動モードDを開始すべくフラグDをONに設定する(S734)。フラグDは、変動モードDが設定されていることを示すフラグであって、RAM203の所定アドレスにその記憶領域が確保されている。続いて、今回設定する変動モードDを図柄変動遊技が20回行われるまで継続させるべく(残り回数を20回とすべく)、モードカウンタの値に「20」を設定する(S736)。そして、変動モードDが設定されたことを示す変動モードD設定コマンドをサブ制御基板220に向けて送信する(S737)。尚、上述したように変動モードD(特定の期間、特定の変動モード)を設定可能な主制御基板200のCPU201は「期間設定手段」「変動モード設定手段」として機能するものである。
【0136】
以上のように、本実施例のパチンコ機1では、変動モードCにて図柄変動遊技が40回行われると、変動モードCから変動モードDへのモード変更が行われ、その後、図柄変動遊技が20回行われるまで変動モードDが継続して設定される。図17を用いて前述したように、変動モードDが設定されている間は、「疑似連演出」「バトル演出」「発展演出」が実行される場合よりも、「ラビリンス演出」が実行される場合の方が、大当り判定の結果が「大当り」である確率が高い。従って、変動モードDは、「疑似連演出」「バトル演出」「発展演出」よりも「ラビリンス演出」が実行されることを遊技者に期待させる変動モードである(「ラビリンス演出」が高信頼度演出である)。こうして、変動モードCの次に変動モードDを設定するための処理を行ったら、図19および図20に示すループ進行処理を終了して、図10に示す特別図柄遊技処理に復帰する。
【0137】
以上は、ループ期間において変動モードCが設定されている場合の処理(S726:yes)について説明した。これに対して、S726の判断処理で変動モードCが設定されていないと判断された場合は(S726:no)、既に変動モードA、Bも設定されていないと判断されていることから(S702:no、S714:no)、変動モードDが設定されていることとなる。この場合は、図柄変動遊技が今回行われたことに対応して、変動モードDの終了までの残り回数を1回減らすべくモードカウンタの値を「1」減算する(S738)。続いて、モードカウンタの値を「1」減算した結果、モードカウンタの値が「0」になったか否か、すなわち、変動モードDの残り回数が0回になったか否かを判断する(S740)。その結果、変動モードDの残り回数が未だ0回になっていない場合は(S740:no)、そのまま図19および図20に示すループ進行処理を終了して、図10に示す特別図柄遊技処理に復帰する。これに対して、変動モードDの残り回数が0回になった場合は(S740:yes)、変動モードDを終了すべくフラグDをOFFに設定すると共に(S742)、変動モードAを開始すべくフラグAをONに設定する(S744)。続いて、今回設定する変動モードAを図柄変動遊技が40回行われるまで継続させるべく(残り回数を40回とすべく)、モードカウンタの値に「40」を設定する(S746)。そして、変動モードAが設定されたことを示す変動モードA設定コマンドをサブ制御基板220に向けて送信する(S747)。
【0138】
以上のように、本実施例のパチンコ機1では、変動モードDの次に、図柄変動遊技が40回行われるまで継続する変動モードAが再度設定される。すなわち、ループ期間中は、変動モードA→変動モードB→変動モードC→変動モードDの順に変動モードを設定(変更)し、変動モードDが設定された後は、再び、変動モードA→変動モードB→変動モードC→変動モードDの順に変動モードを設定(変更)することを繰り返す。こうして、変動モードDの次に変動モードAを設定するための処理を行ったら、図19および図20に示すループ進行処理を終了して、図10に示す特別図柄遊技処理に復帰する。
【0139】
C−3−3.変動モードスキップ処理 :
図21は、本実施例の変動モードスキップ処理を示すフローチャートである。変動モードスキップ処理は、図10を用いて前述したように、小当り図柄が停止表示されて小当り遊技が行われる際に実行される処理(図10のS370)であり、ループ期間中に小当り遊技が行われることに対応して、変動モードをスキップして設定する処理が行われる。変動モードスキップ処理を開始すると、主制御基板200のCPU201は先ず、ループフラグがONに設定されているか否か、すなわち、ループ期間中であるか否かを判断する(S802)。その結果、ループ期間中でない場合は(S802:no)、何れの変動モードも設定されていないことから、変動モードをスキップして設定する必要はないので、そのまま図21に示す変動モードスキップ処理を終了して、図10に示す特別図柄遊技処理に復帰する。
【0140】
これに対して、ループ期間中である場合は(S802:yes)、フラグAがONに設定されているか否か、すなわち、変動モードAの設定中であるか否かを判断する(S804)。その結果、変動モードAの設定中である場合は(S804:yes)、先ず、該変動モードAを終了すべくフラグAをOFFに設定する(S806)。続いて、変動モードCを開始すべくフラグCをONに設定すると共に(S808)、今回設定する変動モードCを図柄変動遊技が40回行われるまで継続させるべく(残り回数を40回とすべく)、モードカウンタの値に「40」を設定する(S810)。そして、変動モードCが設定されたことを示す変動モードC設定コマンドをサブ制御基板220に向けて送信する(S811)。以上のように、本実施例のパチンコ機1では、変動モードAが設定されているときに小当り遊技が行われると、次の変動モードBは省略されて、更に次の変動モードCが設定される(変動モードがスキップして設定される)。こうして、変動モードCを設定するための処理を行ったら、図21に示す変動モードスキップ処理を終了して、図10に示す特別図柄遊技処理に復帰する。
【0141】
以上は、ループ期間において変動モードAが設定されている場合の処理(S804:yes)について説明した。これに対して、変動モードAが設定されていない場合は(S804:no)、フラグBがONに設定されているか否か、すなわち、変動モードBが設定されているか否かを判断する(S812)。その結果、変動モードBの設定中である場合は(S812:yes)、先ず、該変動モードBを終了すべくフラグBをOFFに設定する(S814)。続いて、変動モードDを開始すべくフラグDをONに設定すると共に(S816)、今回設定する変動モードDを図柄変動遊技が20回行われるまで継続させるべく(残り回数を20回とすべく)、モードカウンタの値に「20」を設定する(S818)。そして、変動モードDが設定されたことを示す変動モードD設定コマンドをサブ制御基板220に向けて送信する(S819)。以上のように、本実施例のパチンコ機1では、変動モードBが設定されているときに小当り遊技が行われると、次の変動モードCは省略されて、更に次の変動モードDが設定される(変動モードがスキップして設定される)。こうして、変動モードDを設定するための処理を行ったら、図21に示す変動モードスキップ処理を終了して、図10に示す特別図柄遊技処理に復帰する。
【0142】
以上は、ループ期間において変動モードBが設定されている場合の処理(S812:yes)について説明した。これに対して、変動モードBが設定されていない場合は(S812:no)、フラグCがONに設定されているか否か、すなわち、変動モードCが設定されているか否かを判断する(S820)。その結果、変動モードCの設定中である場合は(S820:yes)、先ず、該変動モードCを終了すべくフラグCをOFFに設定する(S822)。続いて、変動モードAを開始すべくフラグAをONに設定すると共に(S824)、今回設定する変動モードAを図柄変動遊技が40回行われるまで継続させるべく(残り回数を40回とすべく)、モードカウンタの値に「40」を設定する(S826)。そして、変動モードAが設定されたことを示す変動モードA設定コマンドをサブ制御基板220に向けて送信する(S827)。以上のように、本実施例のパチンコ機1では、変動モードCが設定されているときに小当り遊技が行われると、次の変動モードDは省略されて、更に次の(先頭の)変動モードAが設定される(変動モードがスキップして設定される)。こうして、変動モードAを設定するための処理を行ったら、図21に示す変動モードスキップ処理を終了して、図10に示す特別図柄遊技処理に復帰する。
【0143】
以上は、ループ期間において変動モードCが設定されている場合の処理(S820:yes)について説明した。これに対して、変動モードCが設定されていない場合は、既に変動モードA、Bも設定されていないと判断されていることから、変動モードDが設定されていることとなる。この場合は(S820:no)、先ず、該変動モードDを終了すべくフラグDをOFFに設定する(S828)。続いて、変動モードBを開始すべくフラグBをONに設定すると共に(S830)、今回設定する変動モードBを図柄変動遊技が20回行われるまで継続させるべく(残り回数を20回とすべく)、モードカウンタの値に「20」を設定する(S832)。そして、変動モードBが設定されたことを示す変動モードB設定コマンドをサブ制御基板220に向けて送信する(S833)。以上のように、本実施例のパチンコ機1では、変動モードDが設定されているときに小当り遊技が行われると、次の(先頭の)変動モードAは省略されて、更に次の変動モードBが設定される(変動モードがスキップして設定される)。こうして、変動モードBを設定するための処理を行ったら、図21に示す変動モードスキップ処理を終了して、図10に示す特別図柄遊技処理に復帰する。
【0144】
以上のように、本実施例のパチンコ機1では、ループ期間中に小当り遊技が行われると、図柄変動遊技の実行回数に基づいて変動モードを順次変更する場合とは異なり、変動モードがスキップして設定される。すなわち、ループ期間中に小当り遊技が行われると、変動モードAが設定されていれば該変動モードAに代えて変動モードCが設定され、変動モードBが設定されていれば該変動モードBに代えて変動モードDが設定され、変動モードCが設定されていれば該変動モードCに代えて変動モードAが設定され、変動モードDが設定されていれば該変動モードDに代えて変動モードBが設定される。
【0145】
C−3−4.ループ期間終了処理 :
図22は、本実施例のループ期間終了処理を示すフローチャートである。ループ期間終了処理は、図10を用いて前述したように、大当り遊技が開始される際に実行される処理(図10のS350)であり、大当り遊技の開始に伴ってループ期間を終了させる処理が行われる。ループ期間終了処理を開始すると、主制御基板200のCPU201は先ず、ループフラグがONに設定されているか否か、すなわち、ループ期間中であるか否かを判断する(S900)。その結果、ループ期間中でない場合は(S900:no)、ループ期間を終了する必要はないので、そのまま図22に示す変動モードスキップ処理を終了して、図10に示す特別図柄遊技処理に復帰する。
【0146】
これに対して、ループ期間中である場合は(S900:yes)、大当り遊技の開始に伴ってループ期間を終了すべく、ループフラグをOFFに設定する(S902)。続いて、フラグAがONに設定されているか否か、すなわち、変動モードAの設定中であるか否かを判断する(S902)。その結果、変動モードAの設定中である場合は(S902:yes)、ループ期間の終了に伴って該変動モードAを終了すべく、フラグAをOFFに設定すると共に(S906)、モードカウンタの値に「0」を設定する(S908)。その後、図22に示すループ期間終了処理を終了して、図10に示す特別図柄遊技処理に復帰する。
【0147】
これに対して、変動モードAが設定されていない場合は(S904:no)、フラグBがONに設定されているか否か、すなわち、変動モードBが設定されているか否かを判断する(S910)。その結果、変動モードBの設定中である場合は(S910:yes)、ループ期間の終了に伴って該変動モードBを終了すべく、フラグBをOFFに設定すると共に(S912)、モードカウンタの値に「0」を設定する(S914)。その後、図22に示すループ期間終了処理を終了して、図10に示す特別図柄遊技処理に復帰する。
【0148】
これに対して、変動モードBが設定されていない場合は(S910:no)、フラグCがONに設定されているか否か、すなわち、変動モードCが設定されているか否かを判断する(S916)。その結果、変動モードCの設定中である場合は(S916:yes)、ループ期間の終了に伴って該変動モードCを終了すべく、フラグCをOFFに設定すると共に(S918)、モードカウンタの値に「0」を設定する(S920)。その後、図22に示すループ期間終了処理を終了して、図10に示す特別図柄遊技処理に復帰する。
【0149】
これに対して、変動モードCが設定されていない場合は、既に変動モードA、Bも設定されていないと判断されていることから、変動モードDが設定されていることとなる。この場合は(S916:no)、ループ期間の終了に伴って該変動モードDを終了すべく、フラグDをOFFに設定すると共に(S922)、モードカウンタの値に「0」を設定する(S924)。続いて、ループ期間を終了することを示すループ期間終了コマンドをサブ制御基板220に向けて送信した後(S925)、図22に示すループ期間終了処理を終了して、図10に示す特別図柄遊技処理に復帰する。
【0150】
以上のように、本実施例のパチンコ機1は、大当り遊技が開始されるとループ期間を終了する。また、ループ期間の終了に伴って設定中の変動モードを終了すべく、該変動モードに対応するフラグA〜DをOFFに設定すると共にモードカウンタの値に「0」を設定する。
【0151】
C−4.電力遮断に関する処理 :
次に、本実施例のパチンコ機1に供給される電力が遮断された際の処理について、図23を用いて説明する。図23に示すように、本実施例のパチンコ機1は、電力の供給が遮断されても、電力の供給が遮断される前の遊技の進行状況(遊技の進行制御に必要な情報)を、図示しないフラッシュメモリ等の不揮発性記憶部(退避領域)に記憶しておく(保持する)こと(所謂「バックアップ」)が可能である。例えば、供給されている電力の電圧降下を検知すると、遊技の進行状況を示す各種フラグの設定状態やカウンタの値を不揮発性記憶部に退避させて記憶したり、遊技の進行状況が変化する毎または所定の時間毎に、遊技の進行状況を示す各種フラグの設定状態やカウンタの値等を不揮発性記憶部に記憶したりすることによって、電力の供給が遮断される前の遊技の進行状況を記憶しておくことが可能である。従って、ホール係員等によって主電源スイッチがOFFにされることで電源の供給が遮断される場合だけでなく、送電障害などによって突然(ホール係員等の意に反して)電力の供給が遮断された場合にも、電力の供給が遮断される前の遊技の進行状況を記憶しておくことが可能である。
【0152】
そして、ホール係員等によって主電源スイッチがONにされたり、送電障害が解消されたりして、電力の供給が開始(再開)されたら、遊技の進行状況を示す各種フラグの設定状態やカウンタの値等を不揮発性記憶部からRAM203の所定アドレスに読み出して(反映させて)、図7に示す遊技制御処理を行う。従って、図23に示すように、電力の供給が遮断される前の遊技の進行状況を再現することが可能である。本実施例のパチンコ機1では、電力の供給が遮断される前の遊技の進行状況として、ループ期間の進行状況や変動モードの設定状態、すなわち、ループフラグやフラグA〜Dの設定状態、モードカウンタの値も記憶しておく。従って、電力の供給が開始(再開)されたら、ループ期間の進行状況や変動モードの設定状態も再現することが可能である。
【0153】
これに対して、図示しないRAMクリアスイッチ等の初期化用操作部が操作された状態で、主電源スイッチがONにされると、図23に示すように、初期化処理が行われる。すなわち、この場合は、電力の供給が開始(再開)されても、電力の供給が遮断される前の遊技の進行状況は遊技制御処理に反映されず(再現されず)、遊技の進行状況が初期化される。例えば、不揮発性記憶部(退避領域)に記憶された遊技の進行状況(各種フラグの設定状態やカウンタの値等)は読み出さず、ROM202に初期状態として予め記憶されている遊技の進行状況(各種フラグの設定状態やカウンタの値等)を読み出して、図7に示す遊技制御処理を行う。
【0154】
このように初期化処理が行われる場合は、電力の供給が遮断される前の遊技の進行状況として記憶されたループ期間の進行状況や変動モードの設定状態、すなわち、ループフラグやフラグA〜Dの設定状態やモードカウンタの値は遊技制御処理には反映されず、初期化される。例えば、不揮発性記憶部(退避領域)に記憶されたループ期間の進行状況や変動モードの設定状態(ループフラグやフラグA〜Dの設定状態、モードカウンタの値)は読み出さず、ROM202に初期状態として予め記憶されている各種フラグの設定状態(ループフラグやフラグA〜Dの設定状態、モードカウンタの値)を読み出して、図7に示す遊技制御処理を行う。本実施例のパチンコ機1では、初期状態として、ループフラグおよびフラグA〜DがすべてOFFに設定された状態、モードカウンタに「0」が設定された状態が記憶されている。従って、ループ期間中に電力の供給が遮断された場合であっても、その後の電力の供給開始(再開)に伴って初期化処理が行われると、非ループ期間が開始される。そして、この非ループ期間中に小当り遊技が行われると、図18を用いて前述したようにループ期間が開始される。
【0155】
以上のように、本実施例のパチンコ機1では、初期化処理が行われる場合は、電力の供給が遮断される前の遊技の進行状況として記憶されたループ期間の進行状況や変動モードの設定状態、すなわち、ループフラグやフラグA〜Dの設定状態やモードカウンタの値は遊技制御処理には反映されず、初期化される。こうすると、ループ期間中であっても、初期化処理を行うことで非ループ期間とすることができるので、例えば、ホールの閉店時等には強制的に非ループ期間とすることができる。この結果、遊技者にとってのループ期間の価値が過度に低下してしまうことを抑制することができる。
【0156】
D.遊技演出を実行するための処理 :
次に、上述した遊技の進行に合わせて遊技演出を実行するための処理について説明する。遊技演出は、各種LED・ランプ4b〜4f、スピーカー5y、演出表示装置27等の演出装置を利用して行われる。具体的には、サブ制御基板220のCPU221は、遊技の進行に対応させて、装飾駆動基板226を介して各種LED・ランプ4b〜4fに駆動信号を送信する。これによって、各種LED・ランプ4b〜4fを各種演出に対応する発光パターンで発光させる。また、サブ制御基板220のCPU221は、遊技の進行に対応させて、画像音声制御基板230に向けてコマンド(演出コマンド)を送信する。画像音声制御基板230のCPU231は、サブ制御基板220からの演出コマンドを受信すると、その演出コマンドに対応する画像データの種類や、画像データの表示位置、画像データの拡大縮小率等(描画リスト)を決定して、その決定した描画リストをVDP234に送信する。VDP234は描画リストを受信すると、受信した描画リストに基づいて、画像ROM235から画像データを読み出し、その読み出した画像データを描画リストに基づく位置や表示方法で演出表示装置27に出力する。また、画像音声制御基板230のCPU231は、サブ制御基板220から演出コマンドを受信すると、その演出コマンドに対応する音声データ(楽曲データ等)を決定して、その決定した音声データを音声ROM236から読み出す。そして、読み出した音声データに基づく音声(楽曲等)を、アンプ基板224を介してスピーカー5yから出力する。このように、本実施例の画像音声制御基板230は、サブ制御基板220から各種演出に対応するコマンド(演出コマンド)を受信した後、サブ制御基板220とは独立して、演出コマンドに対応する画像および音声の出力を実行することが可能である。
【0157】
以上のように、本実施例では、「サブ制御基板220のCPU221(演出制御手段)」が主体となって「画像音声制御基板230のCPU231,VDP234」や「装飾駆動基板226」と協働して遊技演出を行うものとなっている。以下では、遊技演出の実行主体である「サブ制御基板220のCPU221」を基準に遊技演出を実行するための処理について説明する。
【0158】
D−1.ループ期間演出処理 :
図24は、サブ制御基板220のCPU221によって実行されるループ期間演出処理を示すフローチャートである。ループ期間演出処理では、ループ期間に係る演出を実行する処理が行われる。尚、ループ期間演出処理は、タイマ割り込みとして、例えば4msec毎に実行される。
【0159】
ループ期間演出処理を開始すると、サブ制御基板220のCPU221は先ず、ループ期間開始コマンドを受信しているか否かを判断する(S1000)。ループ期間開始コマンドは、図18を用いて前述したように、ループ期間が開始される際に、主制御基板200から送信されるコマンドである。従って、S1000の判断処理では、ループ期間が開始されたか否かが判断される。その結果、ループ期間が開始された場合は(S1000:yes)、ループ期間中であることを示すループ期間開始演出(例えば、背景画像27dとしてループ期間用の画像を表示する演出や、「ループ期間」の文字を表示する演出など)を実行する(S1002)。また、ループ期間の開始に伴って変動モードAが設定されることから、変動モードAが設定されていることを示す変動モードA中演出(例えば、背景画像27dとして変動モードA用の画像を表示する演出や、「変動モードA」の文字を表示する演出、高信頼度演出は「擬似連演出」であることを示す画像を表示する演出など)を開始する(S1004)。
【0160】
続いて、変動モードB設定コマンドを受信しているか否かを判断する(S1006)。変動モードB設定コマンドは、図19および図21を用いて前述したように、変動モードBが設定される際に、主制御基板200から送信されるコマンドである。従って、S1006の判断処理では、変動モードBが設定されたか否かが判断される。その結果、変動モードBが設定された場合は(S1006:yes)、変動モードBが設定されていることを示す変動モードB中演出(例えば、背景画像27dとして変動モードB用の画像を表示する演出や、「変動モードB」の文字を表示する演出、高信頼度演出は「バトル演出」であることを示す画像を表示する演出など)を開始する(S1008)。
【0161】
続いて、変動モードC設定コマンドを受信しているか否かを判断する(S1010)。変動モードC設定コマンドは、図19および図21を用いて前述したように、変動モードCが設定される際に、主制御基板200から送信されるコマンドである。従って、S1010の判断処理では、変動モードCが設定されたか否かが判断される。その結果、変動モードCが設定された場合は(S1010:yes)、変動モードCが設定されていることを示す変動モードC中演出(例えば、背景画像27dとして変動モードC用の画像を表示する演出や、「変動モードC」の文字を表示する演出、高信頼度演出は「発展演出」であることを示す画像を表示する演出など)を開始する(S1012)。
【0162】
続いて、変動モードD設定コマンドを受信しているか否かを判断する(S1014)。変動モードD設定コマンドは、図20および図21を用いて前述したように、変動モードDが設定される際に、主制御基板200から送信されるコマンドである。従って、S1014の判断処理では、変動モードDが設定されたか否かが判断される。その結果、変動モードDが設定された場合は(S1014:yes)、変動モードDが設定されていることを示す変動モードD中演出(例えば、背景画像27dとして変動モードD用の画像を表示する演出や、「変動モードD」の文字を表示する演出、高信頼度演出は「ラビリンス演出」であることを示す画像を表示する演出など)を開始する(S1016)。
【0163】
続いて、変動モードA設定コマンドを受信しているか否かを判断する(S1018)。変動モードA設定コマンドは、図20および図21を用いて前述したように、変動モードAが設定される際に、主制御基板200から送信されるコマンドである。従って、S1018の判断処理では、変動モードAが設定されたか否かが判断される。その結果、変動モードAが設定された場合は(S1018:yes)、上述した変動モードA中演出を開始する(S1020)。
【0164】
続いて、ループ期間終了コマンドを受信しているか否かを判断する(S1022)。ループ期間終了コマンドは、図22を用いて前述したように、ループ期間が終了される際に、主制御基板200から送信されるコマンドである。従って、S1022の判断処理では、ループ期間が終了されたか否かが判断される。その結果、ループ期間が終了された場合は(S1022:yes)、ループ期間に係る演出(変動モードA〜D中演出のうち実行中の演出)を終了する(S1024)。
【0165】
以上のように本実施例のパチンコ機1では、ループ期間中は、設定されている変動モードに対応する演出(変動モードA〜D中演出)を実行する。
【0166】
D−2.図柄変動演出処理 :
図25は、サブ制御基板220のCPU221よって実行される図柄変動演出処理を示すフローチャートである。図柄変動演出処理は、図柄変動遊技に合わせて図柄変動演出を実行するための処理である。この図柄変動演出処理は、タイマ割り込み処理として、例えば4msec毎に実行される。尚、ループ期間中は、上述した変動モードA〜D中演出に重ねて図柄変動演出が実行される。
【0167】
図柄変動演出処理を開始すると、サブ制御基板220のCPU221は先ず、変動開始時コマンドを受信しているか否か、すなわち、図柄変動遊技が開始されるか否かを判断する(S1100)。その結果、図柄変動遊技が開始される場合は(S1100:yes)、受信した変動開始時コマンドに含まれる変動パターン指定コマンドに基づいて、今回開始される図柄変動遊技の変動パターンを認識し、該変動パターンに対応する演出パターン(図柄変動演出の演出パターン)を、ROM222に記憶されている図柄変動演出パターン選択テーブル(図示せず)を用いて選択する(S1102)。これにより、今回の図柄変動遊技(特別図柄の変動表示)に対応する図柄変動演出の演出パターン(演出図柄を用いた演出の実行パターン)が決定される。そして、選択(決定)された演出パターンに基づく図柄変動演出を開始する(S1104)。これにより、演出表示装置27の表示画面上で識別図柄27a,27b,27cの変動表示を開始し、当該表示画面上で演出パターンに応じた演出表示が行われる(図6参照)。例えば、S1100で受信した変動パターン指定コマンドを解析することで認識される変動パターンがAHP11、22、32、42、HHP11、22、32、42(図14図17参照)である場合は、当該変動パターンに対応する図柄変動演出の演出パターンとして「擬似連演出」を含む演出パターンを選択して当該演出パターンに基づく図柄変動演出を開始し、変動パターンがAHP12、21、33、43、HHP12、21、33、43(図14図17参照)である場合は、当該変動パターンに対応する図柄変動演出の演出パターンとして「バトル演出」を含む演出パターンを選択して当該演出パターンに基づく図柄変動演出を開始し、変動パターンがAHP13、23、31、44、HHP13、23、31、44(図14図17参照)である場合は、当該変動パターンに対応する図柄変動演出の演出パターンとして「発展演出」を含む演出パターンを選択して当該演出パターンに基づく図柄変動演出を開始し、変動パターンがAHP14、24、34、41、HHP14、24、34、41(図14図17参照)である場合は、当該変動パターンに対応する図柄変動演出の演出パターンとして「ラビリンス演出」を含む演出パターンを選択して当該演出パターンに基づく図柄変動演出を開始する。S1100の判断処理で、変動開始時コマンドを受信していないと判断された場合は(S1100:no)、S1102およびS1104の処理を省略する。
【0168】
また、サブ制御基板220のCPU221は、図柄停止コマンドを受信しているか否かを判断する(S1106)。図9を用いて前述したように、図柄停止コマンドは、図柄変動遊技が終了される際に主制御基板200から送信されるコマンドである。図柄停止コマンドを受信していない場合は(S1106:no)、そのまま図25に示す図柄変動演出処理を終了する。これに対して、図柄停止コマンドを受信している場合は(S1106:yes)、識別図柄27a,27b,27cを停止表示させることで図柄変動演出を終了する(S1108)。例えば、図柄変動演出の開始時に受信した変動パターンが大当り変動パターンである場合は識別図柄27a,27b,27cをゾロ目で停止表示させ、受信した変動パターンが外れ変動パターンである場合は識別図柄27a,27b,27cをバラケ目で停止表示させる。
【0169】
以下では、上述したようなループ期間を発生させることによる効果について説明する。図26に示すように、本実施例のパチンコ機1は、「低確率・非電サポ状態」において非ループ期間中に小当り遊技が行われると、ループ期間を開始する。このとき、フラグAをONに設定すると共にモードカウンタに「40」を設定することによって、図柄変動遊技が40回行われるまで継続する変動モードAを設定する。また、変動モードAが設定されることに伴って変動モードA中演出が開始される。変動モードAは、「バトル演出」「発展演出」「ラビリンス演出」が実行される場合よりも、「擬似連演出」が実行される場合の方が、大当り判定の結果が「大当り」である確率が高いモード(「擬似連演出」が高信頼度演出であるモード)である。このような変動モードAにて図柄変動遊技が40回行われると、フラグAに代えてフラグBをONに設定すると共にモードカウンタに「20」を設定することによって、図柄変動遊技が20回行われるまで継続する変動モードBを設定する。また、変動モードBが設定されることに伴って変動モードB中演出が開始される。変動モードBは、「擬似連演出」「発展演出」「ラビリンス演出」が実行される場合よりも、「バトル演出」が実行される場合の方が、大当り判定の結果が「大当り」である確率が高いモード(「バトル演出」が高信頼度演出であるモード)である。このような変動モードBにて図柄変動遊技が20回行われると、フラグBに代えてフラグCをONに設定すると共にモードカウンタに「40」を設定することによって、図柄変動遊技が40回行われるまで継続する変動モードCを設定する。また、変動モードCが設定されることに伴って変動モードC中演出が開始される。変動モードCは、「擬似連演出」「バトル演出」「ラビリンス演出」が実行される場合よりも、「発展演出」が実行される場合の方が、大当り判定の結果が「大当り」である確率が高いモード(「発展演出」が高信頼度演出であるモード)である。このような変動モードCにて図柄変動遊技が40回行われると、フラグCに代えてフラグDをONに設定すると共にモードカウンタに「20」を設定することによって、図柄変動遊技が20回行われるまで継続する変動モードDを設定する。また、変動モードDが設定されることに伴って変動モードD中演出が開始される。変動モードDは、「擬似連演出」「バトル演出」「発展演出」が実行される場合よりも、「ラビリンス演出」が実行される場合の方が、大当り判定の結果が「大当り」である確率が高いモード(「ラビリンス演出」が高信頼度演出であるモード)である。
【0170】
そして、変動モードDにて図柄変動遊技が20回行われると、再び、フラグAをONに設定すると共にモードカウンタに「40」を設定することによって、図柄変動遊技が40回行われるまで継続する変動モードAを設定する。以後、上述したフラグの設定およびモードカウンタの設定を繰り返すことによって、変動モードA〜Dを順次設定することを繰り返す。このようなループ期間は、大当り遊技が開始されると終了される。
【0171】
上述したように本実施例のパチンコ機1では、非ループ期間において小当り遊技が行われると、変動モードが変動モードA〜D間で変更されるループ期間が開始される。従って、変動モードA〜D間で変動モードが変更することを所望する遊技者に対して、非ループ期間において小当り遊技が行われることを期待させることができ、遊技興趣を高めることができる。
【0172】
ここで、小当り遊技中は大入賞口31dに遊技球が入球することは希である。従って、本実施例のように小当り遊技の実行頻度を大当り遊技より高めても、遊技者が過度に有利になる可能性が低い。そして、このような実行頻度の高い(実行頻度を高くしても不具合が生じ難い)小当り遊技の実行をループ期間の発生契機としているので、ループ期間の発生頻度を高めることができる。この結果、変動モードが変動モードA〜D間で変更されるループ期間を遊技者に体感させる機会を増やすことができ、遊技興趣を高めることができる。
【0173】
また、本実施例のパチンコ機1では、ループ期間において図柄変動遊技が所定回数(40回または20回)行われるだけで変動モードが変更されるので、遊技者に容易に変動モードの変更を体感させることができ、遊技興趣を高めることができる。
【0174】
また、本実施例のパチンコ機1では、ループ期間中は、設定されている変動モードによって大当り判定の結果が「大当り」である確率の高い特殊演出(すなわち高信頼度演出)が異なる。この結果、ループ期間中は、変動モード間の演出の相違をより確実に遊技者に体感させることができると共に、設定されている変動モードによって遊技者に期待させる特殊演出の種類(演出パターンの種類)を異ならせることができるので、遊技興趣を高めることができる。
【0175】
また、本実施例のパチンコ機1では、遊技状態が「低確率・非電サポ状態」に設定されている場合にループ期間を発生させる。ここで、「高確率・電サポ状態」は、第2始動口17bへの遊技球の入球頻度が高くなり、大当り判定結果が「大当り」となる確率も高くなることから、遊技興趣が低下しにくいものの、「低確率・非電サポ状態」は、大当り遊技が行われない期間が長引くと遊技興趣が低下してしまう虞がある。この点、本発明は、「低確率・非電サポ状態」においてループ期間を発生させるので、「低確率・非電サポ状態」において大当り遊技が行われない期間が長引くことによって遊技興趣が低下してしまうことを抑制することができる。
【0176】
また、本実施例のパチンコ機1では、ループ期間の開始に際して、フラグAをONに設定すると共にモードカウンタに「40」を設定することによって、ループ期間における最初の変動モードである変動モードAと該変動モードAの期間を設定する。そして、以後、ループ期間にて変動モードを変更する毎にフラグA〜Dの設定およびモードカウンタの値の設定を行うことによって、変更後の変動モードと該変動モードの期間を設定する。従って、ループ期間の開始に際して、ループ期間中における変動モードの変更時期(変更スケジュール)を事前にすべて設定する必要がないので、複数の変動モードを所定の順序で変更して循環させる構成(変動モードのループ)に係る制御プログラムの簡素化を図ることができ、ループ期間を構成する変動モードの数(種類)を増やすことも容易となる。これにより「変動モードのループ」を用いた遊技仕様の向上を図ることができ、延いてはパチンコ機の興趣向上に貢献することができる。
【0177】
また、図26に示すように、本実施例のパチンコ機1では、ループ期間中に小当り遊技が行われると、変動モードをスキップして設定する。すなわち、ループ期間中は、図柄変動遊技の実行回数に基づいて「変動モードA→変動モードB→変動モードC→変動モードD」の順で変動モードが変更されるとともに、変動モードDの後は再度、変動モードAに変更され、以後、同様に「変動モードA→変動モードB→変動モードC→変動モードD」の順で変動モードの変更が行われることで、変動モードA〜Dが循環するのが基本となっている。このループ期間中に小当り遊技が行われると、変動モードAが設定されていれば、フラグAに代えてフラグCをONに設定すると共にモードカウンタに「40」を設定することによって、図柄変動遊技が40回行われるまで継続する変動モードCを設定する。また、変動モードBが設定されていれば、フラグBに代えてフラグDをONに設定すると共にモードカウンタに「20」を設定することによって、図柄変動遊技が20回行われるまで継続する変動モードDを設定する。また、変動モードCが設定されていれば、フラグCに代えてフラグAをONに設定すると共にモードカウンタに「40」を設定することによって、図柄変動遊技が40回行われるまで継続する変動モードAを設定する。また、変動モードDが設定されていれば、フラグDに代えてフラグBをONに設定すると共にモードカウンタに「20」を設定することによって、図柄変動遊技が20回行われるまで継続する変動モードBを設定する。
【0178】
このように変動モードをスキップして設定すると、予定されていた変動モードの設定順序が変更されることとなる。すなわち、小当り遊技が行われると、該小当り遊技が行われた際に設定されていた変動モードの前に設定されていた変動モードでもなく、該小当り遊技が行われた際に設定されていた変動モードの次に設定予定の変動モードでもない2つ後の変動モードを設定することとなる。従って、設定頻度が低くなりがちな変動モード(例えば、設定順序が後の変動モードD)の設定頻度を高めることができる。この結果、変動モードの設定頻度に偏りが生じてしまうことを抑制することができ、遊技者に複数の変動モードを偏りなく体感させることが可能となる。
【0179】
また、非ループ期間中に小当り遊技が行われるとループ期間が開始され、ループ期間にて小当り遊技が行われると変動モードがスキップして設定される。すなわち、非ループ期間またはループ期間の何れで小当り遊技が行われたかによって、その後の遊技の進行態様を異ならせることができる。この結果、非ループ期間またはループ期間の何れで小当り遊技が行われるかに遊技者を注目させることができ、遊技興趣を高めることができる。
【0180】
D−3.変動モードD残数計数処理 :
ここで、本実施例のパチンコ機1では、図4を用いて前述したように円形の保留図柄を演出表示装置27にて表示するところ、変動モードDの設定中は、図27に示すように、円形の保留図柄に追加して、トランプや宝箱を模した保留図柄を表示する。尚、円形の保留図柄は変動モードA〜Dの何れが設定されている場合であっても表示されることから、以下では、この保留図柄を「通常保留図柄」とも称し、トランプや宝箱を模した保留図柄は変動モードDの設定中のみに表示されることから、以下では、この保留図柄を「特殊保留図柄」とも称する。本実施例では「通常保留図柄」が本発明における「記憶表示」に対応し、「特殊保留図柄」が本発明における「付加表示」に対応する。以下では、このような「通常保留図柄」および「特殊保留図柄」の表示に係る処理について説明する。
【0181】
本実施例のパチンコ機1では、上述したように変動モードDの設定中は特殊保留図柄を表示するところ、変動モードDにて実行可能な図柄変動遊技の回数(変動モードD終了までの残り回数)に基づいた種類の特殊保留図柄(後述する「扉」の特殊保留図柄)を表示する場合がある。このため、サブ制御基板220側においても、変動モードD終了までの残り回数を検出可能にしておく必要がある。そこで、サブ制御基板220のCPU221は、図28に示す変動モードD残数計数処理を実行する。変動モードD残数計数処理は、変動モードD終了までの残り回数を計数するための処理である。
【0182】
変動モードD残数計数処理を開始すると、サブ制御基板220のCPU221は先ず、変動モードD設定コマンドを受信しているか否かを判断する(S1200)。変動モードD設定コマンドは、図20および図21を用いて前述したように、変動モードDが設定される際に、主制御基板200から送信されるコマンドである。従って、S1200の判断処理では、変動モードDが設定されたか否かが判断される。その結果、変動モードDが設定された場合は(S1200:yes)、変動モードD残数カウンタの値に「20」を設定する(S1202)。変動モードD残数カウンタは、変動モード終了までの残り回数を計数するためのカウンタであって、サブ制御基板220のRAM223にその記憶領域が確保されている。図20および図21を用いて前述したように、主制御基板200側では変動モードDが設定されることに伴って変動モードD終了までの残り回数が20回に設定されるので、これに対応して、サブ制御基板220側でもS1202の処理で変動モードD終了までの残り回数を20回に設定する。
【0183】
また、サブ制御基板220のCPU221は、変動開始時コマンドを受信しているか否か、すなわち、図柄変動遊技が開始されるか否かを判断する(S1204)。その結果、図柄変動遊技が開始される場合は(S1204:yes)、変動モードD中演出の実行中であるか否か、すなわち、変動モードDの設定中であるか否かを判断する(S1206)。その結果、変動モードDの設定中である場合は(S1206:yes)、変動モードDの設定中に図柄変動遊技が行われたこととなるので、変動モードD終了までの残り回数を1回減算すべく、変動モードD残数カウンタの値を1減算する(S1208)。尚、変動モードD残数カウンタの値は、変動モードD以外の変動モードが設定される場合や、ループ期間が終了する場合に、「0」に設定される。以上のように、本実施例のパチンコ機1では、サブ制御基板220側(サブ制御基板220のCPU221)においても、変動モードD終了までの残り回数を検出可能にしている。
【0184】
D−4.保留記憶時用の保留表示更新処理 :
図29および図30は、サブ制御基板220のCPU221よって実行される保留記憶時用の保留表示更新処理を示すフローチャートである。保留記憶時用の保留表示更新処理は、第1特図保留または第2特図保留が記憶されたときに、通常保留図柄および特殊保留図柄(図27参照)の表示を更新するための処理である。尚、この処理は、タイマ割り込み処理として、例えば4msec毎に実行される。
【0185】
保留記憶時用の保留表示更新処理を開始すると、サブ制御基板220のCPU221は先ず、保留記憶コマンド(第1保留記憶コマンドあるいは第2保留記憶コマンド)を受信しているか否かを判断する(S1300)。保留記憶コマンドは、図8を用いて前述したように、第1特図保留または第2特図保留が主制御基板200のRAM203に記憶された際に、主制御基板200から送信されるコマンドである。そして、該コマンドには、第1保留記憶コマンドであれば、第1特図保留が記憶したことを示す情報、今回記憶した第1特図保留を含む現在の第1特図保留数を示す情報に加えて、今回記憶した第1特図保留についての事前判定の結果、すなわち、今回記憶された第1特図保留が「大当りの特図保留」「高信頼度外れの特図保留」「低信頼度外れの特図保留」「その他外れの特図保留」の何れであるかを示す情報が含まれている。また、第2保留記憶コマンドであれば、第2特図保留が記憶したことを示す情報、今回記憶した第2特図保留を含む現在の第2特図保留数を示す情報に加えて、今回記憶した第2特図保留についての事前判定の結果、すなわち、今回記憶された第2特図保留が「大当りの特図保留」「高信頼度外れの特図保留」「低信頼度外れの特図保留」「その他外れの特図保留」の何れであるかを示す情報が含まれている。このような保留記憶コマンドを受信したら(S1300:yes)、該保留記憶コマンドに基づいて、今回記憶した特図保留についての事前判定の結果(以下「特図保留の事前判定結果」ともいう)を記憶する(S1302)。
【0186】
図31には、サブ制御基板220のRAM203に設定された「当該変動記憶領域」、「第1保留記憶領域」、「第2保留記憶領域」が概念的に示されている。これらのうち、「当該変動記憶領域」には、実行中の図柄変動遊技(当該変動)に係る情報である「当該変動情報」が記憶され、該「当該変動情報」としては、実行中の図柄変動遊技(当該変動)の契機となった特図保留の事前判定結果が記憶される。図31に示す例では、当該変動情報として「その他外れの特図保留(図中、「他」)」が記憶されている。これは、実行中の図柄変動遊技(当該変動)の契機となった特図保留の事前判定結果が「その他外れの特図保留」であったことを表している。
【0187】
また、「第1保留記憶領域」は、第1特図保留に係る情報(以下「第1特図保留情報」ともいう)を記憶する領域であり、主制御基板200のRAM203に記憶可能な第1特図保留数(限度数)に対応させて4つの領域に区画されている。そして、これら4つの領域には、主制御基板200のRAM203に第1特図保留が記憶された順序で、該第1特図保留の事前判定結果が(第1特図保留情報として)記憶される。すなわち、第1特図保留が主制御基板200側のRAM203に記憶されると、該第1特図保留が記憶された順序で、第1保留記憶領域の[1]の領域、[2]の領域、[3]の領域、[4]の領域に第1特図保留の事前判定結果が(第1特図保留情報として)記憶される。また、「第2保留記憶領域」は、第2特図保留に係る情報(以下「第2特図保留情報」ともいう)を記憶する領域であり、主制御基板200のRAM203に記憶可能な第2特図保留数(限度数)に対応させて4つの領域に区画されている。そして、これら4つの領域には、主制御基板200のRAM203に第2特図保留が記憶された順序で、該第2特図保留の事前判定結果が(第2特図保留情報として)記憶される。すなわち、第2特図保留が主制御基板200側のRAM203に記憶されると、該第2特図保留が記憶された順序で、第2保留記憶領域の[1]の領域、[2]の領域、[3]の領域、[4]の領域に第2特図保留の事前判定結果が(第2特図保留情報として)記憶される。図31に示す例では、第2特図保留情報(すなわち主制御基板200のRAM203においては第2特図保留)は1つも記憶されておらず、第1特図保留情報(すなわち主制御基板200のRAM203においては第1特図保留)が3つ記憶されている。そして、1番目に主制御基板200のRAM203に記憶された第1特図保留の事前判定結果である「高信頼度外れの特図保留(図中、「高」)」が(第1特図保留情報として)[1]の領域に記憶され、2番目に主制御基板200のRAM203に記憶された第1特図保留の事前判定結果である「低信頼度外れの特図保留(図中、「低」)」が(第1特図保留情報として)[2]の領域に記憶され、3番目に主制御基板200のRAM203に記憶された第1特図保留の事前判定結果である「大当りの特図保留(図中、「当」)」が(第1特図保留情報として)[3]の領域に記憶されている。
【0188】
ここで、図6を用いて前述したように、演出表示装置27の表示画面上の当該変動対応領域27gには、実行中の識別図柄27a,27b,27cの変動表示(実行中の図柄変動遊技)に対応する「当該変動対応図柄」が表示される。本実施例のパチンコ機1では、この「当該変動対応図柄」を所定の色彩で表示することによって、実行中の図柄変動遊技の結果や図柄変動演出の内容を示唆する。そこで、「当該変動記憶領域」には、当該変動情報として当該変動対応図柄の色彩を記憶する領域も確保されている。図31に示す例では、当該変動対応図柄の色彩として「白」が記憶されている。
【0189】
また、図27を用いて前述したように、演出表示装置27の表示画面上の第1保留表示領域27eおよび第2保留表示領域27fには、通常保留図柄が表示される。本実施例のパチンコ機1では、この通常保留図柄を所定の色彩で表示することによって、各通常保留図柄に対応する特図保留に基づく図柄変動遊技の結果や図柄変動演出の内容を示唆する。そこで、「第1保留記憶領域」の4つに区画された領域や、「第2保留記憶領域」の4つに区画された領域には、第1特図保留情報または第2特図保留情報として通常保留図柄の色彩を記憶する領域もそれぞれ確保されている。図31に示す例では、1番目に主制御基板200のRAM203に記憶された第1特図保留の通常保留図柄の色彩として「白」が記憶され、2番目に主制御基板200のRAM203に記憶された第1特図保留の通常保留図柄の色彩として「白」が記憶され、3番目に主制御基板200のRAM203に記憶された第1特図保留の通常保留図柄の色彩として「赤」が記憶されている。
【0190】
また、図27を用いて前述したように、変動モードDの設定中は、通常保留図柄に加えて(対応させて)、特殊保留図柄を表示する。本実施例のパチンコ機1では、変動モードDの設定中は、通常保留図柄を所定の色彩で表示することによってだけでなく、特殊保留図柄の種類によっても、各特殊保留図柄に対応する(すなわち各特殊保留図柄が付加された通常保留図柄に対応する)特図保留に基づく図柄変動遊技の結果や図柄変動演出の内容を示唆する。そこで、「第1保留記憶領域」の4つに区画された領域や、「第2保留記憶領域」の4つに区画された領域には、第1特図保留情報または第2特図保留情報として特殊保留図柄の種類を記憶する領域もそれぞれ確保されている。図31に示す例では、1番目に主制御基板200のRAM203に記憶された第1特図保留の特殊保留図柄の種類として「ハートのトランプ」が記憶され、2番目に主制御基板200のRAM203に記憶された第1特図保留の特殊保留図柄の種類として「スペードのトランプ」が記憶され、3番目に主制御基板200のRAM203に記憶された第1特図保留の特殊保留図柄の種類として「宝箱A」が記憶されている。尚、変動モードDの設定中でない場合は、特殊保留図柄は表示されないので、「第1保留記憶領域」および「第2記憶保留領域」には、特殊保留図柄の種類は記憶されない。
【0191】
図29のS1302の処理では、今回記憶された特図保留の事前判定結果を、図31を用いて上述した第1保留記憶領域あるいは第2保留記憶領域に記憶する。すなわち、第1特図保留記憶コマンドを受信したのであれば、該コマンドに基づき特定される第1特図保留数に対応する第1保留記憶領域に(第1特図保留数が3であれば「3」の領域に)、該コマンドに基づき検出される第1特図保留の事前判定結果を記憶する。これに対して、第2特図保留記憶コマンドを受信したのであれば、該コマンドに基づき特定される第2特図保留数に対応する第2保留記憶領域に(第2特図保留数が1であれば「1」の領域に)、該コマンドに基づき検出される第2特図保留の事前判定結果を記憶する。
【0192】
続いて、今回記憶された特図保留に対応する通常保留図柄の色彩を決定するための処理を行う。この処理では先ず、周期的に更新されている通常保留決定乱数を取得する(S1304)。次に、今回記憶された特図保留の事前判定結果に対応する通常保留決定テーブルを選択する(S1306)。
【0193】
図32には、本実施例の通常保留決定テーブルが概念的に示されている。図32に示すように、本実施例のパチンコ機1では、特図保留の事前判定結果に対応して4種類の通常保留決定テーブルが予め記憶されている。具体的には、特図保留の事前判定結果が「大当りの特図保留」である場合は、図32(a)に示す大当り用通常保留決定テーブルが選択される。また、特図保留の事前判定結果が「高信頼度外れの特図保留」である場合は、図32(b)に示す高信頼度外れ用通常保留決定テーブルが選択される。また、特図保留の事前判定結果が「低信頼度外れの特図保留」である場合は、図32(c)に示す低信頼度外れ用通常保留決定テーブルが選択される。また、特図保留の事前判定結果が「その他外れの特図保留」である場合は、図32(d)に示すその他外れ用通常保留決定テーブルが選択される。それぞれの通常保留決定テーブルには、通常保留決定乱数の範囲に対応させて、通常保留図柄の色彩が設定されている。
【0194】
図29のS1306の処理において、図32に示す通常保留決定テーブルの中から、今回記憶された特図保留に対応する通常保留決定テーブルを選択したら、選択した通常保留決定テーブルを参照して、通常保留決定抽選を実行する(S1308)。すなわち、選択した通常保留決定テーブルを参照して、S1304で取得した通常保留決定乱数に対応する通常保留図柄の色彩を、今回記憶された特図保留に対応する通常保留図柄の色彩として決定する。
【0195】
図32に示す通常保留決定テーブルを互いに比較すると明らかなように、通常保留図柄の色彩が「白」以外の色彩(虹、赤、緑、黄、青)に決定される確率は、その他外れ用通常保留決定テーブル→低信頼度外れ用通常保留決定テーブル→高信頼度外れ用通常保留決定テーブル→大当り用通常保留決定テーブルの順に高くなる。すなわち、通常保留図柄の色彩が「白」以外の色彩に決定される確率は、今回記憶された特図保留が「その他外れの特図保留」→「低信頼度外れの特図保留」→「高信頼度外れの特図保留」→「大当りの特図保留」の順に高くなる。従って、今回記憶された特図保留に対応する通常保留図柄の色彩が「白」に決定される場合よりも、「白」以外の色彩の決定される場合の方が、今回記憶された特図保留に基づく図柄変動遊技にて大当りや高信頼度演出が発生する確率が高くなる。この結果、今回記憶された特図保留に対応する通常保留図柄の色彩が「白」以外の色彩に決定されることを遊技者に期待させることができる。
【0196】
また、図32に示す通常保留決定テーブルを互いに比較すると明らかなように、大当り用通常保留決定テーブルでは「虹」に対応する乱数値が設定されているものの、その他の通常保留決定テーブルでは「虹」に対応する乱数値が設定されていない。従って、今回記憶された特図保留が「大当りの特図保留」である場合は通常保留図柄の色彩が「虹」に決定されることがあるものの、「大当りの特図保留」でない特図保留である場合は、「虹」に決定されることがないこととなる。すなわち、通常保留図柄が「虹」に決定される場合は、該通常保留図柄に対応する図柄変動遊技にて必ず大当りが発生することとなり、ひいては、虹色で通常保留図柄を表示する演出はいわゆるプレミア演出となっている。この結果、今回記憶された特図保留に対応する通常保留図柄の色彩が「虹」に決定されることを遊技者に期待させることができる。
【0197】
さらに、図32に示す通常保留決定テーブルを互いに比較すると明らかなように、選択される通常保留決定テーブルが、その他外れ用通常保留決定テーブル→低信頼度外れ用通常保留決定テーブル→高信頼度外れ用通常保留決定テーブル→大当り用通常保留決定テーブルとなるにつれて、「青」→「黄」→「緑」→「赤」の順に決定される確率が高くなる。すなわち、今回記憶された特図保留が「その他外れの特図保留」→「低信頼度外れの特図保留」→「高信頼度外れの特図保留」→「大当りの特図保留」となるにつれて、「青」→「黄」→「緑」→「赤」の順に決定される確率が高くなる。従って、今回記憶された特図保留に対応する通常保留図柄の色彩が「青」→「黄」→「緑」→「赤」となるにつれて、今回記憶された特図保留に基づく図柄変動遊技にて大当りや高信頼度演出が発生する確率が高くなる。この結果、遊技者に対して、通常保留図柄の色彩が上述の「虹」に決定されることに最も期待させ、続いて「赤」→「緑」→「黄」→「青」の順に期待させることができる。
【0198】
こうして、通常保留決定抽選を実行したら(図29のS1308)、該通常保留決定抽選で決定された通常保留図柄の色彩を、図31に示す第1保留記憶領域あるいは第2保留記憶領域のうち今回記憶された特図保留に対応する領域に記憶する(S1310)。
【0199】
続いて、変動モードD中演出の実行中であるか否か、すなわち、変動モードDの設定中であるか否かを判断する(S1312)。その結果、変動モードDの設定中でない場合は(S1312:no)、第1保留記憶領域および第2保留記憶領域の記憶内容に基づいて、第1保留表示領域27eおよび第2保留表示領域27f(図27参照)に通常保留図柄および特殊保留図柄を表示する(S1314)。つまり、通常保留図柄の色彩が記憶されている特図保留については該色彩で通常保留図柄を表示し、通常保留図柄の色彩および特殊保留図柄の種類の両方が記憶されている特図保留については該色彩で通常保留図柄を表示すると共に該種類の特殊保留図柄を表示する。
【0200】
一方、S1312の判断処理で、変動モードDの設定中であると判断された場合は(S1312:yes)、先ず、第1保留記憶領域または第2保留記憶領域に、特殊保留図柄の種類として「扉」が記憶されているか否かを判断する(S1320)。ここで、本実施例のパチンコ機1では、変動モードDの設定中に特図保留が記憶されたら上述した通常保留図柄に加えて(対応させて)特殊保留図柄を表示するところ、該特図保留に基づく図柄変動遊技が「変動モードDにおける最後の図柄変動遊技」である場合は、該特図保留に対応する特殊保留図柄として「扉」の特殊保留図柄(扉を模した特殊保留図柄)を表示する。換言すると、「扉(期間終了報知態様、モード終了報知態様)」の特殊保留図柄に対応する特図保留に基づく図柄変動遊技が行われたら変動モードDを終了させる。また、変動モードDの設定中に「扉」の特殊保留図柄が表示された後は、該変動モードDの設定中に特図保留が記憶されても、該特図保留に対応する特殊保留図柄は新たに表示しないこととしている。S1320の判断処理では、第1保留記憶領域または第2保留記憶領域に「扉」が既に記憶されているか否かを判断することによって、「扉」の特殊保留図柄が既に表示されているか否かが判断される。そして、S1320の判断処理の結果、「扉」の特殊保留図柄が既に表示されている場合は(S1320:yes)、変動モードDの設定中であっても後述する特殊保留図柄の種類を決定する処理は行わずに、第1保留記憶領域および第2保留記憶領域の記憶内容に基づいて、第1保留表示領域27eおよび第2保留表示領域27f(図27参照)に通常保留図柄および特殊保留図柄を表示する(S1332)。つまり、通常保留図柄の色彩が記憶されている特図保留については該色彩で通常保留図柄を表示し、通常保留図柄の色彩および特殊保留図柄の種類の両方が記憶されている特図保留については該色彩で通常保留図柄を表示すると共に該種類の特殊保留図柄を表示する。
【0201】
これに対して、「扉」の特殊保留図柄が未だ表示されていない場合は(S1320:no)、今回記憶された特図保留に対応する特殊保留図柄の種類を決定する処理を行う。この処理では先ず、「今回記憶された特図保留に基づく図柄変動遊技」は「変動モードDにおける最後の図柄変動遊技」となるか否かを判断する(S1322)。この判断処理は次のように行う。変動モードDの設定中は、図28を用いて前述したように変動モードD終了までの残り回数を計数している。そこで、この変動モードD終了までの残り回数と「今回記憶された特図保留に基づく図柄変動遊技」の実行順序とを比較して、これらが一致すれば「変動モードDにおける最後の図柄変動遊技」であると判断する。例えば、今回第1特図保留が記憶されたことにより第1特図保留数が3個、第2特図保留数が0個となった場合は、「今回記憶された特図保留に基づく図柄変動遊技」の実行順序は3番目である。このような場合において、変動モードD終了までの残り回数が「3」回である場合は、変動モードD終了までの残り回数(3回)と「今回記憶された特図保留に基づく図柄変動遊技」の実行順序(3番目)が一致するので、「今回記憶された特図保留に基づく図柄変動遊技」は「変動モードDにおける最後の図柄変動遊技」と判断する。
【0202】
そして、「今回記憶された特図保留に基づく図柄変動遊技」が「変動モードDにおける最後の図柄変動遊技」である場合は(S1322:yes)、図31に示す第1保留記憶領域あるいは第2保留記憶領域のうち今回記憶された特図保留に対応する領域に、特殊保留図柄の種類として「扉」を記憶する(S1334)。そして、第1保留記憶領域および第2保留記憶領域の記憶内容に基づいて、第1保留表示領域27eおよび第2保留表示領域27f(図27参照)に通常保留図柄および特殊保留図柄を表示する(S1332)。つまり、通常保留図柄の色彩が記憶されている特図保留については該色彩で通常保留図柄を表示し、通常保留図柄の色彩および特殊保留図柄の種類の両方が記憶されている特図保留については該色彩で通常保留図柄を表示すると共に該種類の特殊保留図柄を表示する。当然ながら、特殊保留図柄の種類として「扉」が記憶された場合は、今回記憶された特図保留に対応して、通常保留図柄および「扉」の特殊保留図柄が表示される。
【0203】
ここで、本実施例のパチンコ機1では、第2特図保留が優先消化されることから、第1特図保留に対応する特殊保留図柄として「扉」の特殊保留図柄が表示されているときに(特殊保留図柄の種類として「扉」が記憶されているときに)、第2特図保留が記憶されると、該第1特図保留に基づく図柄変動遊技の前に該第2特図保留に基づく図柄変動遊技が(割り込んで)行われることとなり、その結果、該第1特図保留に基づく図柄変動遊技は「変動モードDにおける最後の図柄変動遊技」ではなくなってしまう。そこで、第1特図保留に対応する特殊保留図柄として「扉」の特殊保留図柄が表示されているときは、第2特図保留が記憶されるたびに、「変動モードDにおける最後の図柄変動遊技」の契機となる特図保留を検出し、該特図保留に対応する特殊保留図柄として「扉」の特殊保留図柄を表示する。具体的には、第2特図保留が記憶されるたびに、表示中の「扉」の特殊保留図柄は消去し、それまで「扉」の特殊保留図柄が表示されていた特図保留よりも1回前に消化される特図保留に対応させて「扉」の特殊保留図柄を表示する。こうすると、第2特図保留が記憶されるたびに、「扉」の特殊保留図柄が所定の特図保留から該特図保留の1回前に消化される特図保留にシフトされて表示されることとなる。この結果、第2特図保留が優先消化されるパチンコ機1において、第1特図保留に対応する特殊保留図柄として「扉」の特殊保留図柄が表示されているときに第2特図保留が記憶された場合であっても、「変動モードDにおける最後の図柄変動遊技」の契機となる特図保留に対応させて「扉」の特殊保留図柄を表示することができる。尚、本実施例は、第2特図保留を優先消化しないパチンコ機、すなわち、第1特図保留であるか第2特図保留であるかに拘わらず特図保留を記憶した順序で消化するパチンコ機にも適用することができるが、このようなパチンコ機においては、当然ながら、「扉」の特殊保留図柄をシフトさせて表示させる必要はない。
【0204】
また、本実施例のパチンコ機1では、図26を用いて前述したように、変動モードDの設定中に小当り遊技が行われると、変動モードD終了までの残り回数が0になる前であっても、変動モードBがスキップして設定される。このため、「扉」の特殊保留図柄に対応する特図保留に基づく図柄変動遊技が行われる前であっても、小当り遊技が行われると、変動モードDが終了することとなる。そこで、「扉」の特殊保留図柄が表示されているときに、「小当り遊技が行われる図柄変動遊技の契機となる特図保留(以下「小当りの特図保留」ともいう)」が記憶されたら、表示中の「扉」の特殊保留図柄は消去し、該「小当りの特図保留」に対応する特殊保留図柄として「扉」の特殊保留図柄を表示する。こうすると、変動モードをスキップして設定することを実現しつつも、「変動モードDにおける最後の図柄変動遊技」の契機となる特図保留に対応させて「扉」の特殊保留図柄を表示することができる。
【0205】
S1322の判断処理で、「今回記憶された特図保留に基づく図柄変動遊技」が「変動モードDにおける最後の図柄変動遊技」でないと判断された場合は(S1322:no)、周期的に更新されている特殊保留決定乱数を取得する(S1324)。そして、今回記憶された特図保留の事前判定結果に対応する特殊保留決定テーブルを選択する(S1326)。
【0206】
図33には、本実施例の特殊保留決定テーブルが概念的に示されている。図33に示すように、本実施例のパチンコ機1では、特図保留の事前判定結果に対応して4種類の特殊保留決定テーブルが予め記憶されている。具体的には、特図保留の事前判定結果が「大当りの特図保留」である場合は、図33(a)に示す大当り用特殊保留決定テーブルが選択される。また、特図保留の事前判定結果が「高信頼度外れの特図保留」である場合は、図33(b)に示す高信頼度外れ用特殊保留決定テーブルが選択される。また、特図保留の事前判定結果が「低信頼度外れの特図保留」である場合は、図33(c)に示す低信頼度外れ用特殊保留決定テーブルが選択される。また、特図保留の事前判定結果が「その他外れの特図保留」である場合は、図33(d)に示すその他外れ用特殊保留決定テーブルが選択される。それぞれの特殊保留決定テーブルには、特殊保留決定乱数の範囲に対応させて、特殊保留図柄の種類が設定されている。
【0207】
図30のS1326の処理において、図33に示す特殊保留決定テーブルの中から、今回記憶された特図保留に対応する特殊保留決定テーブルを選択したら、選択した特殊保留決定テーブルを参照して、特殊保留決定抽選を実行する(S1328)。すなわち、選択した特殊保留決定テーブルを参照して、S1324で取得した特殊保留決定乱数に対応する特殊保留図柄の種類を、今回記憶された特図保留に対応する特殊保留図柄の種類として決定する。
【0208】
図33に示す特殊保留決定テーブルを互いに比較すると明らかなように、選択される特殊保留決定テーブルが、その他外れ用特殊保留決定テーブル→低信頼度外れ用特殊保留決定テーブル→高信頼度外れ用特殊保留決定テーブル→大当り用特殊保留決定テーブルとなるにつれて、「ハートのトランプ」→「ダイヤのトランプ」→「スペードのトランプ」→「エースのトランプ」→「宝箱D」→「宝箱C」→「宝箱B」→「宝箱A」の順に決定される確率が高くなる。すなわち、今回記憶された特図保留が「その他外れの特図保留」→「低信頼度外れの特図保留」→「高信頼度外れの特図保留」→「大当りの特図保留」となるにつれて、「ハートのトランプ」→「ダイヤのトランプ」→「スペードのトランプ」→「エースのトランプ」→「宝箱D」→「宝箱C」→「宝箱B」→「宝箱A」の順に決定される確率が高くなる。従って、今回記憶された特図保留に対応する特殊保留図柄の種類が「ハートのトランプ」→「ダイヤのトランプ」→「スペードのトランプ」→「エースのトランプ」→「宝箱D」→「宝箱C」→「宝箱B」→「宝箱A」となるにつれて、今回記憶された特図保留に基づく図柄変動遊技にて大当りや高信頼度演出が発生する確率が高くなる。この結果、遊技者に対して、特殊保留図柄の種類が「宝箱A」に決定されることに最も期待させ、続いて、「宝箱B」→「宝箱C」→「宝箱D」→「エースのトランプ」→「スペードのトランプ」→「ダイヤのトランプ」→「ハートのトランプ」の順に期待させることができる。
【0209】
こうして、特殊保留決定抽選を実行したら(図30のS1328)、該特殊保留決定抽選で決定された特殊保留図柄の種類を、図31に示す第1保留記憶領域あるいは第2保留記憶領域のうち今回記憶された特図保留に対応する領域に記憶する(S1330)。そして、第1保留記憶領域および第2保留記憶領域の記憶内容に基づいて、第1保留表示領域27eおよび第2保留表示領域27f(図27参照)に通常保留図柄および特殊保留図柄を表示する(S1332)。つまり、通常保留図柄の色彩が記憶されている特図保留については該色彩で通常保留図柄を表示し、通常保留図柄の色彩および特殊保留図柄の種類の両方が記憶されている特図保留については該色彩で通常保留図柄を表示すると共に該種類の特殊保留図柄を表示する。
【0210】
ここで、変動モードDの設定中でない場合における通常保留図柄の表示例と、変動モードDの設定中である場合における通常保留図柄および特殊保留図柄の表示例とについて、説明する。図34(a)は、変動モードDの設定中でない場合において、第1特図保留が記憶されたときに第1保留表示領域27eに通常保留図柄が表示される様子を示す説明図である。図34(a)に示す例では、2つの第1特図保留が記憶されている状態で、3番目の第1特図保留が記憶された場合を示している。そして、3番目の第1特図保留に対応する通常保留図柄の色彩が「赤」に決定された結果、「赤」の通常保留図柄が新たに表示されている。
【0211】
これに対して、図34(b)は、変動モードDの設定中である場合において、第1特図保留が記憶されたときに第1保留表示領域27eに通常保留図柄および特殊保留図柄が表示される様子を示す説明図である。図34(b)に示す例では、2つの第1特図保留が記憶されている状態で、3番目の第1特図保留が記憶された場合を示している。そして、3番目の第1特図保留に対応する通常保留図柄の色彩が「赤」に決定されると共に該第1特図保留に対応する特殊保留図柄の種類が「宝箱A」に決定された結果、「赤」の通常保留図柄および「宝箱A」が新たに表示されている。
【0212】
尚、上述したように特図保留(取得情報)が記憶されていることを示す通常保留図柄(記憶表示)を所定の色彩で表示すると共に、該通常保留図柄に対応する特殊保留図柄(付加表示)を所定の種類で表示することによって、事前判定結果に基づく演出(事前演出)を行うサブ制御基板220のCPU221は、「記憶表示手段」「付加表示手段」「演出実行手段」として機能するものである。
【0213】
D−5.変動開始時用の保留表示更新処理 :
本実施例のパチンコ機1では、既に表示されている通常保留図柄の色彩を、図柄変動遊技の開始に際して変更(更新)することがある。このように表示中の通常保留図柄の色彩を変更する処理は、変動開始時用の保留表示更新処理にて行われる。
【0214】
図35は、サブ制御基板220のCPU221によって実行される変動開始時用の保留表示更新処理を示すフローチャートである。この処理は、タイマ割り込み処理として、例えば、4msec毎に実行される。変動開始時用の保留表示更新処理を開始すると、サブ制御基板220のCPU221は先ず、変動開始時コマンドを受信しているか否か、すなわち、図柄変動遊技が開始されるか否かを判断する(S1400)。その結果、図柄変動遊技が開始されない場合は(S1400:no)、図35に示す変動開始時用の保留表示更新処理をそのまま終了する。これに対して、図柄変動遊技が開始される場合は(S1400:yes)、第1保留記憶領域または第2保留記憶領域に記憶されている特図保留情報(第1特図保留情報または第2特図保留情報)をシフトする(S1402)。具体的には、図36に示すように先ず、第1保留記憶領域および第2保留記憶領域に記憶されている特図保留情報(第1特図保留情報および第2特図保留情報)のうち、今回開始する図柄変動遊技に対応する特図保留情報(特殊保留図柄の種類は除く)を当該変動記憶領域に移動させて、当該変動情報とする。すなわち、本実施例のパチンコ機1は第2特図保留を優先消化するので、第2特図保留情報が記憶されていれば該第2特図保留情報のうち最先に記憶された第2特図保留情報を当該変動記憶領域に移動させ、第2特図保留が記憶されていなければ第1特図保留情報のうち最先に記憶された第1特図保留情報を当該変動記憶領域に移動させる。
【0215】
図36には第2特図保留情報が記憶されていない例が示されているので、第1保留記憶領域に記憶されている第1特図保留情報のうち最先に([1]の領域に)記憶された第1特図保留情報(特殊保留図柄の種類を除く、事前判定の結果「高」、通常保留図柄の色彩「白」)を当該変動記憶領域に移動させて当該変動情報とする。尚、特図保留情報を当該変動記憶領域に移動させるに際して、該特図保留情報を変化させる構成としてもよいが、この構成については本明細書の最後に変形例として説明する。
【0216】
当該変動記憶領域に最先の特図保留情報が移動されることで、それまで最先の特図保留情報が記憶されていた領域が空くので、該最先の特図保留情報の記憶領域側に残りの特図保留情報を1つずつ移動させる。図36に示す例では、[2]の領域に記憶されている第1特図保留(事前判定結果「低」、通常保留図柄の色彩「白」、特殊保留図柄の種類「スペードのトランプ」)を[1]の領域に移動し、[3]の領域に記憶されている第1特図保留(事前判定結果「当」、通常保留図柄の色彩「赤」、特殊保留図柄の種類「宝箱A」)を[2]の領域に移動する。
【0217】
こうして、第1保留記憶領域または第2保留記憶領域に記憶されている特図保留情報をシフトしたら(S1402)、第1保留記憶領域または第2保留記憶領域に記憶されている特図保留情報のうち1つを選択する(S1404)。ここで、本実施例のパチンコ機1は、上述したように特図保留が記憶された場合は該特図保留について通常保留決定抽選を行うところ、図柄変動遊技が開始される場合は(図柄変動遊技が開始される毎に)、同様の通常保留決定抽選を、既に記憶されている全ての特図保留について行う。そこで、先ずは、S1404の処理にて、第1保留記憶領域または第2保留記憶領域に記憶されている特図保留情報のうち1つを通常保留決定抽選の対象として選択する。
【0218】
こうして通常保留決定抽選の対象となる特図保留情報を選択したら、適宜更新されている通常保留決定乱数を取得する(S1406)。そして、通常保留決定抽選の対象として今回選択した特図保留情報の事前判定結果に対応する通常保留決定テーブルを選択する(S1408)。すなわち、今回選択した特図保留情報の事前判定結果が「大当りの特図保留」であれば、図32(a)に示す大当り用通常保留決定テーブルを選択し、「高信頼度外れの特図保留」であれば、図32(b)に示す高信頼度外れ用通常保留決定テーブルを選択し、「低信頼度外れの特図保留」であれば、図32(c)に示す低信頼度外れ用通常保留決定テーブルを選択し、「その他外れの特図保留」であれば、図32(d)に示すその他外れ用通常保留決定テーブルを選択する。
【0219】
こうして、通常保留決定抽選の対象として今回選択した特図保留情報に対応する通常保留決定テーブルを選択したら(S1408)、選択した通常保留決定テーブルを参照して、通常保留決定抽選を実行する(S1410)。すなわち、選択した通常保留決定テーブルを参照して、S1406で取得した通常保留決定乱数に対応する通常保留図柄の色彩を、通常保留決定抽選の結果として決定する。
【0220】
こうして通常保留決定抽選を行ったら、該通常保留決定抽選にて決定された通常保留図柄の色彩と、今回通常保留決定抽選の対象となった特図保留情報の通常保留図柄の色彩(すなわち、既に表示されている通常保留図柄の色彩)とを比較し、通常保留決定抽選にて決定された通常保留図柄の色彩の方が上位の色彩であるか否かを判断する(S1412)。ここで、上位の色彩とは、大当りや高信頼度演出の発生に対する遊技者の期待度がより高くなる色彩であって、「虹」が最も上位の色彩であり、続いて「赤」→「緑」→「黄」→「青」の順に下位の色彩となる。そして、通常保留決定抽選にて決定された通常保留図柄の色彩の方が上位の色彩である場合は(S1412:yes)、今回通常保留決定抽選の対象となった特図保留情報の通常保留図柄の色彩を通常保留決定抽選にて決定された通常保留図柄の色彩に書き換える(S1414)。これに対して、通常保留決定抽選にて決定された通常保留図柄の色彩の方が上位でない場合は(S1412:no)、通常保留図柄の色彩は書き換えない(S1414の処理を省略する)。
【0221】
例えば、図36の下段に示すシフトされた後の特図保留情報のうち、[1]の記憶領域に記憶された第1特図保留情報の通常保留図柄の色彩は「白」よりも上位の色彩「青」,「黄」,「緑」,「赤」に書き換えられる可能性があり(「虹」は上位の色彩であるものの事前判定結果が「大当りの特図保留」でないので可能性なし)、[2]の記憶領域に記憶された第1特図保留情報の通常保留図柄の色彩は「赤」よりも上位の色彩「虹」に書き換えられる可能性がある。
【0222】
こうして第1保留記憶領域および第2保留記憶領域に記憶されている特図保留情報のうち1つの特図保留情報について、通常保留決定抽選を行ったら、第1保留記憶領域および第2保留記憶領域に記憶されている全ての特図保留情報について、通常保留決定抽選を行ったか否かを判断する(S1416)。その結果、全ての特図保留情報について通常保留決定抽選を行っていない場合(S1416:no)、すなわち、通常保留決定抽選を行っていない特図保留情報が残っている場合は、該特図保留情報についても、上述したS1404〜S1414の処理を行うことによって、通常保留決定抽選を行い、表示中の色彩より上位の色彩に決定されたら、通常保留図柄の色彩を該上位の色彩に書き換える。そして、全ての特図保留情報について通常保留決定抽選を行ったら(S1416:yes)、第1保留記憶領域および第2保留記憶領域の記憶内容に基づいて、第1保留表示領域27eおよび第2保留表示領域27f(図27参照)に通常保留図柄および特殊保留図柄を表示する(S1418)。つまり、通常保留図柄の色彩が記憶されている特図保留については該色彩で通常保留図柄を表示し、通常保留図柄の色彩および特殊保留図柄の種類の両方が記憶されている特図保留については該色彩で通常保留図柄を表示すると共に該種類の特殊保留図柄を表示する。この際、S1414の処理で通常保留図柄の色彩が書き換えられた特図保留については、通常保留図柄の色彩が変更されて表示される。また、当該変動記憶領域の記憶内容に基づいて(記憶されている当該変動対応図柄の色彩で)、当該変動対応領域(図27参照)に当該変動対応図柄を表示する(S1418)。
【0223】
図37には、変動モードDの設定中に図柄変動遊技が開始される際の保留図柄の表示例を示す説明図である。図37に示すように、第1保留記憶領域に記憶されている第1特図保留情報がシフトされた場合は、図37(a)に示すように、第1保留表示領域27eに表示されている通常保留図柄および特殊保留図柄が左側(当該変動対応領域27f側)にシフトされて表示される。そして、第1特図保留情報の通常保留図柄の色彩が上位の色彩に書き換えられた場合は、図37(b)に示すように、「白」の通常保留図柄が「白」より上位の色彩(ここでは「青」)に変更されて表示され、「赤」の通常保留図柄が「赤」より上位の色彩(ここでは「虹」)に変更されて表示される。
【0224】
尚、通常保留図柄および特殊保留図柄を所定の色彩で表示する演出は、これらの保留図柄に対応する図柄変動遊技の内容を予告する演出と捉えることもできる。従って、通常保留図柄および特殊保留図柄を所定の色彩で表示する演出を「予告演出」と表現することもでき、これらの保留図柄の色彩を変更する演出を「保留変化予告演出」と表現することもできる。
【0225】
E.本実施例のパチンコ機1による効果 :
以上のように本実施例のパチンコ機1では、特図保留が記憶されると、変動モードDの設定中でない場合は(変動モードDの非設定中は)通常保留図柄および特殊保留図柄のうち通常保留図柄のみが表示される。このとき、通常保留図柄は事前判定結果に基づいた色彩で表示される(図34(a)参照)。これに対して、変動モードDの設定中は、通常保留図柄および特殊保留図柄の両方が表示される。このとき、通常保留図柄は事前判定結果に基づいた色彩で表示され、特殊保留図柄は事前判定結果に基づいた種類が表示される(図34(b)参照)。従って、変動モードDの設定中は、通常保留図柄のみが表示される変動モードDの非設定中と比較して、事前判定結果に対する遊技者の注目度を高めることができる。この結果、変動モードDの設定中における保留図柄の表示に係る遊技興趣を高めることが可能となる。
【0226】
また、通常保留図柄および特殊保留図柄は何れも事前判定結果に基づいた態様(色彩、種類)で表示されるので、これらの保留図柄が表示される変動モードDの設定中は、事前判定結果の内容を遊技者に推測し易くすることができる。例えば、変動モードDの設定中にて、通常保留図柄および特殊保留図柄が何れも高信頼度演出または大当りの発生への期待度の高い態様(例えば「赤」の通常保留図柄、「宝箱A」の特殊保留図柄など)で表示された場合は、変動モードDの非設定中にて、通常保留図柄が高信頼度演出または大当りの発生への期待度の高い態様(例えば「赤」の通常保留図柄など)で表示された場合と比較して、高信頼度演出または大当りの発生への遊技者の期待を大きくさせることができる。
【0227】
また、図32図33とを比較すると明らかなように、通常保留図柄の色彩としては6つの色彩から1つが選択されるのに対して、特殊保留図柄の種類としては8つの種類から1つが選択される。すなわち、表示可能な通常保留図柄の色彩よりも、表示可能な特殊保留図柄の種類の方が多いので、特殊保留図柄の表示態様を多様にすることができる。従って、変動モードDの設定中は遊技者の注目を特殊保留図柄に引き付けることができ、ひいては、変動モードDの非設定中と比較して、事前判定結果に対する遊技者の注目度を更に高めることができる。この結果、変動モードDの設定中における保留図柄の表示に係る遊技興趣を更に高めることが可能となる。また、通常保留図柄を表示する場合はその色彩に遊技者を注目させることができ、特殊保留図柄を表示する場合はその形状に遊技者を注目させることができる。すなわち、変動モードDの設定中は、遊技者の注目ポイントの互い異なる保留図柄を用いて、事前判定結果に基づく演出を行うことができる。この結果、事前判定結果に基づく演出の態様を多彩にすることができ、変動モードDの設定中における保留図柄の表示に係る遊技興趣を更に高めることが可能となる。
【0228】
また、変動モードDの設定中は(「扉」の特殊保留図柄が表示されるまでは)特図保留が記憶されると必ず該特図保留に対応する特殊保留図柄が表示される。従って、変動モードDの設定中は、特図保留が記憶されるたびに何れの種類の特殊保留図柄が表示されるかに遊技者を注目させることができる。この結果、変動モードDの設定中における保留図柄の表示に係る遊技興趣を更に高めることが可能となる。
【0229】
また、変動モードDの設定中は、特図保留を記憶すると、該特図保留に基づく図柄変動遊技が「変動モードDにおける最後の図柄変動遊技」である場合は、該特図保留に対応する特殊保留図柄として「扉」の特殊保留図柄を表示する。換言すると、「扉」の特殊保留図柄に対応する特図保留に基づく図柄変動遊技が行われたら変動モードDを終了させる。従って、変動モードDの終了時期を遊技者に認識させることができ、ひいては、少なくとも現在記憶されている特図保留に基づく図柄変動遊技が行われるまでの間は、変動モードDが終了しないことを認識させることができる。このため、「扉」の特殊保留図柄が表示されるまでは、遊技者に変動モードDの終了を特に意識させることなく変動モードDにおける遊技を楽しませることができる。この結果、変動モードDの設定中における保留図柄の表示に係る遊技興趣を更に高めることが可能となる。
【0230】
また、「扉」の特殊保留図柄が表示された後は、特殊保留図柄を新たに表示することはないので、「扉」の特殊保留図柄に対応する特図保留に基づく図柄変動遊技が実行されたら変動モードDが終了することを遊技者に認識させ易くすることができる。
【0231】
また、通常保留図柄については、特図保留が記憶されたタイミングで通常保留決定抽選が行われ、該抽選にて選択された色彩で表示された後、図柄変動遊技が開始されるタイミングで更に通常保留決定抽選が行われ、該抽選にて上位の色彩に決定されると該色彩で表示される(通常保留図柄の色彩が上位の色彩に変更される)。すなわち、少なくとも特図保留が記憶されたタイミングおよび図柄変動遊技が開始されるタイミングで、通常保留図柄の色彩に遊技者を注目させる。これに対して、特殊保留図柄については、特図保留が記憶されたタイミングで特殊保留決定抽選が行われ、該抽選にて決定された種類で表示される。その後は、特殊保留図柄の種類が変更されることがない。すなわち、少なくとも特図保留が記憶されたタイミングで、特殊保留図柄の種類に遊技者を注目させる。この結果、通常保留図柄の色彩と特殊保留図柄の種類とで互いに遊技者に注目させるタイミングを異ならせることができるので、変動モードDの設定中における保留図柄の表示に係る遊技興趣を更に高めることが可能となる。
【0232】
また、図柄変動遊技が開始されるタイミングで通常保留図柄の色彩が変更される際は、上位の色彩にしか変更されないので、該タイミングでは通常保留図柄の色彩に遊技者を特に強く注目させることができ、この結果、変動モードDの設定中における保留図柄の表示に係る遊技興趣を更に高めることが可能となる。
【0233】
F.変形例 :
上述した実施例では、図柄変動遊技の開始に伴って、第1保留記憶領域または第2保留記憶領域に最先に記憶された通常保留図柄の色彩を当該変動記憶領域にシフトし、該色彩で当該変動対応図柄を表示する構成とした。これに限らず、次のように当該変動対応図柄を表示する構成としてもよい。
【0234】
例えば、図柄変動遊技の開始に伴って、第1保留記憶領域または第2保留記憶領域に最先に記憶された通常保留図柄の色彩を当該変動記憶領域にシフトした後、通常保留決定抽選と同様の抽選を実行し、シフトされた色彩より上位の色彩に決定されたら該上位の色彩で当該変動対応図柄を表示する構成としてもよい。こうすると、図柄変動遊技の開始に際して、当該変動対応図柄に遊技者を注目させることができ、遊技興趣を高めることが可能となる。
【0235】
また、変動モードDの設定中であれば、図柄変動遊技の開始に伴って、第1保留記憶領域または第2保留記憶領域に最先に記憶された特殊保留図柄の種類も、通常保留図柄の色彩に加えて当該変動記憶領域にシフトする構成としてもよい。そして、シフトされた特殊保留図柄の種類に基づく態様、または、シフトされた特殊保留図柄の種類および通常保留図柄の色彩の両方に基づく態様で当該変動対応図柄を表示する構成としてもよい。例えば、シフトされた特殊保留図柄の種類と同様の図柄を表示することで、当該変動対応図柄を表示する構成としてもよいし、シフトされた特殊保留図柄の種類と同様の図柄をシフトされた通常保留図柄の色彩と同様の色彩で表示することで、当該変動対応図柄を表示する構成としてもよい。こうした場合も、図柄変動遊技の開始に際して、当該変動対応図柄に遊技者を注目させることができ、遊技興趣を高めることが可能となる。
【0236】
また、図柄変動遊技の開始に伴って、次のような表示を行ってもよい。すなわち、第1保留表示領域27eおよびは第2保留表示領域27fに表示される通常保留図柄および特殊保留図柄のうち、最先に記憶された特図保留に対応する保留図柄を、当該変動対応領域27gに移動させる表示(いわゆるアニメーション表示)を行ってもよい。尚、最先に記憶された特図保留に対応する保留図柄として、通常保留図柄および特殊保留図柄が表示されている場合は、通常保留図柄および特殊保留図柄の何れか一方だけを当該変動対応領域27gに移動させる表示であってもよいし、通常保留図柄および特殊保留図柄の両方を当該変動対応領域27gに移動させる表示であってもよい。例えば、通常保留図柄のみが当該変動対応領域27gに移動する場合よりも、通常保留図柄および特殊保留図柄の両方が移動する場合の方が、当該変動にて高信頼度演出または大当りが発生する確率が高い構成としてもよいし、通常保留図柄および特殊保留図柄のうち高信頼度演出または大当りの発生に対する期待度の高い保留図柄が当該変動対応領域27gに移動する場合の方が、該期待度の低い保留図柄が移動する場合よりも、当該変動にて高信頼度演出または大当りが発生する確率が高い構成としてもよい。こうすると、図柄変動遊技の開始に際して、通常保留図柄および特殊保留図柄が当該変動対応領域27gに移動する様子に遊技者を注目させることができ、遊技興趣を高めることが可能となる。
【0237】
以上、本発明の実施例および変形例について説明したが、本発明はこれらに限定されるものではなく、各請求項に記載した範囲を逸脱しない限り、各請求項の記載文言に限定されず、当業者がそれらから容易に置き換えられる範囲にも及び、かつ、当業者が通常有する知識に基づく改良を適宜付加することができる。
【0238】
上述した実施例では、ループ期間に小当り遊技が行われると、2つ後の変動モードを設定する構成としたが、ループ期間に小当り遊技が行われると、3以上後の変動モードを設定する構成としてもよい。
【0239】
また、ループ期間に小当り遊技が行われた場合、該小当り遊技が行われる際に停止表示された小当り図柄の種類に対応する変動モードを設定する構成としてもよい。例えば、小当り図柄101〜105が停止表示された場合は設定中の変動モードをそのまま設定し、小当り図柄106〜110が停止表示された場合は変動モードAを設定し、小当り図柄111〜115が停止表示された場合は変動モードBを設定し、小当り図柄116〜120が停止表示された場合は変動モードCを設定し、小当り図柄121〜125が停止表示された場合は変動モードDを設定する構成としてもよい。このような構成とした場合は、変動モードの設定頻度に偏りが生じてしまうことを抑制しつつ、小当り図柄の種類に遊技者を注目させることができる。
【0240】
また、ループ期間に小当り遊技が行われると、該小当り遊技が行われる際に停止表示された小当り図柄に対応する数だけ後の変動モードを設定する構成としてもよい。例えば、小当り図柄101〜110が停止表示された場合は設定中の変動モードをそのまま設定し、小当り図柄111〜115が停止表示された場合は1つ後の変動モードを設定し、小当り図柄116〜120が停止表示された場合は2つ後の変動モードを設定し、小当り図柄121〜125が停止表示された場合は3つ後の変動モードを設定する構成としてもよい。このような構成とした場合も、変動モードの設定頻度に偏りが生じてしまうことを抑制しつつ、小当り図柄の種類に遊技者を注目させることができる。
【0241】
また、上述した実施例では、ループ期間中は、変動モードA〜Dの4つの変動モード間で変動モードを変更する構成としたが、ループ期間を構成する変動モードの数は4つに限定されるものではなく、2つ以上であれば、その数は問わない。
【0242】
また、上述した実施例では、大当り遊技終了に伴って遊技状態を「高確率・電サポ状態」に設定した後、大当り遊技が行われることなく80回の図柄変動遊技が実行されると、遊技状態を「低確率・非電サポ状態」に設定する構成とした。これに限らず、大当り遊技終了に伴って遊技状態を「高確率・電サポ状態」に設定すると、次に大当り遊技が行われるまで遊技状態を「高確率・電サポ状態」に設定したままとする構成としてもよい。また、大当り遊技終了に伴って遊技状態を「高確率・電サポ状態」に設定した後、所定の回数の図柄変動遊技が実行されると、遊技状態を「高確率状態および非電サポ状態」または「低確率状態および電サポ状態」に設定する構成としてもよい。
【0243】
また、上述した実施例では、ループ期間中に大当り遊技が開始されるとループ期間が終了し、大当り遊技終了後の「低確率・非電サポ状態」にて小当り遊技が実行されるまではループ期間が開始されない構成とした。これに限らず、ループ期間中に大当り遊技が開始されても、大当り遊技終了に伴って遊技状態が「低確率・非電サポ状態」に設定されたらループ期間を継続する構成としてもよい。尚、ループ期間を継続する構成としては、大当り遊技が開始される際に設定されていた変動モードに拘わらず、予め定められた変動モード(変動モードA〜Dの何れか)を大当り遊技終了後に設定する構成や、大当り遊技が開始される際に設定されていた変動モードを大当り遊技終了後に設定する構成や、大当り遊技が開始される際に設定されていた変動モードおよび該変動モードの残り回数を大当り遊技終了後に設定する構成などを挙げることができる。こうすると、大当り遊技終了に伴って遊技状態が「低確率・非電サポ状態」に設定されたとしても、ループ期間が継続されるので、遊技興趣の低下を抑制することができる。また、ループ期間中に大当り遊技が開始されたら、大当り遊技の開始契機となった大当り図柄が第1の特定図柄(例えば大当り図柄1〜50)であれば大当り遊技終了後もループ期間を継続し、大当り遊技の開始契機となった大当り図柄が第2の特定図柄(例えば大当り図柄51〜100)であれば大当り遊技終了後はループ期間を継続しない構成としてもよい。こうすると、第1の特定図柄または第2の特定図柄の何れが停止表示された場合も大当り遊技終了後の遊技状態が「低確率・非電サポ状態」に設定される構成であっても、第1の特定図柄または第2の特定図柄の何れが停止表示されるか、ひいては、ループ期間が継続されるか否かに遊技者を注目させることができ、遊技興趣を高めることができる。
【0244】
また、上述した実施例では、特図保留が記憶されたタイミングで通常保留決定抽選を行い、該抽選にて決定された色彩で通常保留図柄を表示する構成としたが、特図保留が記憶されたタイミングでは通常保留決定抽選を行わず、予め定められた色彩(例えば「白」など)で通常保留図柄を表示する構成としてもよい。
【0245】
また、上述した実施例では、図柄変動遊技が開始されたタイミング通常保留決定抽選を行うことで通常保留図柄の色彩を変化させる構成としたが、これに限らず、種々のタイミングで通常保留図柄の色彩を変化させる構成としてもよい。例えば、図柄変動遊技の途中(リーチ演出が開始されるタイミングや、擬似連演出の途中であれば仮停止表示や変動表示が行われるタイミングなど)で通常保留図柄の色彩を変化させる構成としてもよい。
【0246】
また、上述した実施例では、特殊保留図柄が表示された後は該特殊保留図柄の種類は変更しない構成としたが、特殊保留図柄が表示された後に該特殊保留図柄の種類を変更可能な構成としてもよい。例えば、特図保留が記憶されたタイミングで「所定回数後の図柄変動遊技にて変更されることを示す特殊保留図柄(例えば、数字が描かれた時限爆弾を模した特殊保留図柄)」を表示し、所定回数の図柄変動遊技が行われた後に特殊保留図柄の種類を変更する構成としてもよい。こうすると、表示中の特殊保留図柄の中でも「所定回数後の図柄変動遊技にて変更されることを示す特殊保留図柄」については、何れの種類の特殊保留図柄に変更されるかに遊技者を注目させることができる。
【0247】
また、上述した実施例では、演出表示装置27に通常保留図柄および特殊保留図柄を表示する構成としたが、通常保留図柄および特殊保留図柄の何れか一方または両方を演出表示装置27とは異なる表示器(例えば、ドットマトリックス方式の表示器や小型の液晶表示器など)に表示することとしてもよい。
【0248】
また、上述した実施例では、通常保留図柄としては円形の図柄を表示し、特殊保留図柄としてはトランプまたは宝箱を模した図柄(特定の形状の図柄)を表示する構成としたが、これに限らず、種々の態様の図柄を表示することができる。例えば、これらの図柄としては、所定の形状の図柄や、所定の模様の図柄、文字を模した図柄、記号を模した図柄、数字を模した図柄、種々の大きさの図柄などを表示する構成としてもよい。この場合、通常保留図柄の態様と特殊保留図柄の態様とを異ならせる構成とすると、変動モードDの設定中は、遊技者の注目ポイントの互い異なる保留図柄を用いて、事前判定結果に基づく演出を行うことができる。この結果、事前判定結果に基づく演出の態様を多彩にすることができ、変動モードDの設定中における保留図柄の表示に係る遊技興趣を更に高めることが可能となる。
【0249】
また、上述した実施例では、変動モードDの設定中に特殊保留図柄を表示する構成としたが、これに限らず、種々の期間や遊技状態において特殊保留図柄を表示する構成としてもよい。例えば、ループ期間や、大当り遊技が終了してから所定回数の図柄変動遊技が行われるまでの期間、「低確率・非電サポ状態」、「高確率・電サポ状態」等において特殊保留図柄を表示する構成としてもよい。
【0250】
また、上述した実施例では、「扉」の特殊保留図柄を表示した後は、特図保留が記憶されても新たな特殊保留図柄は表示しない構成としたが、「扉」の特殊保留図柄を表示した後であっても、変動モードDの設定中である限りは新たな特殊保留図柄を表示する構成としてもよい。また、「扉」の特殊保留図柄を表示せずに、変動モードDの設定中は特図保留が記憶された場合の全てにおいて特殊保留図柄を表示する構成としてもよい。
【0251】
また、上述した実施例では、ループ期間が発生するパチンコ機1において特殊保留図柄を表示する構成としたが、ループ期間が発生しないパチンコ機において特殊保留図柄を表示する構成としてもよい。
【0252】
また、上述した実施例では、遊技ホールの島設備から供給される遊技球を「貸球」や「賞球」として利用し、遊技盤に設けられた各種入賞口(第1始動口17a、第2始動口17b、大入賞口31d等)への遊技球の入球に応じて所定数の賞球を払い出すことによって、遊技の結果としての利益(遊技価値)を遊技者に付与するパチンコ機1に本発明を適用した例を説明したが、「賞球の払い出し」とは異なる形態で遊技上の利益を付与するタイプの遊技機にも、本発明を適用することができる。例えば、各種入賞口への遊技球の入球が発生することで、その入球に対応する利益の量(遊技価値の大きさ)を示すデータを主制御部あるいは払出制御部のRAMに記憶することによって、遊技上の利益(遊技価値)を遊技者に付与するタイプのパチンコ機にも本発明を適用することができ、この場合にも、上述した実施例と同様の効果を得ることができる。なお、遊技上の利益(遊技価値)をデータ化して遊技者に付与するタイプのパチンコ機としては、パチンコ機に内蔵された複数個の遊技球を循環させて使用する遊技機、具体的には、各種入賞口あるいはアウト口を経て遊技盤の裏面に排出された遊技球を、再度、発射位置に戻して発射するように構成されたパチンコ機(いわゆる封入式遊技機)を例示できる。
【産業上の利用可能性】
【0253】
本発明は、遊技ホールで用いられる遊技機に利用することができる。
【符号の説明】
【0254】
1…パチンコ機(遊技機)、17a…第1始動口、17b…第2始動口、28…第1図柄表示装置、32…第2図柄表示装置、31d…大入賞口、200…主制御基板、201…CPU(事前判定手段、期間設定手段、変動モード設定手段)、202…ROM、203…RAM(取得情報記憶手段)、220…サブ制御基板、221…CPU(記憶表示手段、付加表示手段、演出実行手段)、222…ROM。
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
図11
図12
図13
図14
図15
図16
図17
図18
図19
図20
図21
図22
図23
図24
図25
図26
図27
図28
図29
図30
図31
図32
図33
図34
図35
図36
図37
【手続補正書】
【提出日】2016年5月26日
【手続補正1】
【補正対象書類名】特許請求の範囲
【補正対象項目名】全文
【補正方法】変更
【補正の内容】
【特許請求の範囲】
【請求項1】
所定の取得条件の成立に基づき取得される取得情報の判定を行い、該判定の結果に基づき変動表示される識別情報が特定態様で表示された場合に、所定の利益を遊技者に付与可能な特定遊技が実行可能となる遊技機であって、
前記取得情報を記憶可能な取得情報記憶手段と、
前記取得情報が記憶されていることを示す記憶表示を表示する記憶表示手段と、
前記記憶表示手段により表示される記憶表示に対応する付加表示を表示する付加表示手段と、
前記識別情報が変動表示する際の変動パターンを決定する際に依存する変動モードを設定する変動モード設定手段と、
前記識別情報の変動表示開始前に、前記取得情報が所定の情報であるか否かを事前判定する事前判定手段と、
前記事前判定の結果に基づいて所定の事前演出を行う演出実行手段と、
を備え、
前記変動モードとして複数の変動モードが設けられ、
前記変動モードのうち特定の変動モードにて前記付加表示が表示可能となり、
前記演出実行手段は、
前記事前判定の結果に基づく演出として、少なくとも、前記複数の変動モード共通であって前記記憶表示を用いた演出と、前記特定の変動モード専用であって前記付加表示を用いた演出とを実行可能である
ことを特徴とする遊技機。
【手続補正2】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0007
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0007】
上述した課題の少なくとも一部を解決するために、本発明の遊技機は次の構成を採用した。すなわち、
所定の取得条件の成立に基づき取得される取得情報の判定を行い、該判定の結果に基づき変動表示される識別情報が特定態様で表示された場合に、所定の利益を遊技者に付与可能な特定遊技が実行可能となる遊技機であって、
前記取得情報を記憶可能な取得情報記憶手段と、
前記取得情報が記憶されていることを示す記憶表示を表示する記憶表示手段と、
前記記憶表示手段により表示される記憶表示に対応する付加表示を表示する付加表示手段と、
前記識別情報が変動表示する際の変動パターンを決定する際に依存する変動モードを設定する変動モード設定手段と、
前記識別情報の変動表示開始前に、前記取得情報が所定の情報であるか否かを事前判定する事前判定手段と、
前記事前判定の結果に基づいて所定の事前演出を行う演出実行手段と、
を備え、
前記変動モードとして複数の変動モードが設けられ、
前記変動モードのうち特定の変動モードにて前記付加表示が表示可能となり、
前記演出実行手段は、
前記事前判定の結果に基づく演出として、少なくとも、前記複数の変動モード共通であって前記記憶表示を用いた演出と、前記特定の変動モード専用であって前記付加表示を用いた演出とを実行可能である
ことを特徴とする。
【手続補正3】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0008
【補正方法】削除
【補正の内容】
【手続補正4】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0009
【補正方法】削除
【補正の内容】
【手続補正5】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0010
【補正方法】削除
【補正の内容】
【手続補正6】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0011
【補正方法】削除
【補正の内容】
【手続補正7】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0012
【補正方法】削除
【補正の内容】