特開2016-214741(P2016-214741A)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 株式会社平和の特許一覧
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2016-214741(P2016-214741A)
(43)【公開日】2016年12月22日
(54)【発明の名称】遊技機
(51)【国際特許分類】
   A63F 7/02 20060101AFI20161125BHJP
【FI】
   A63F7/02 304D
   A63F7/02 320
【審査請求】未請求
【請求項の数】3
【出願形態】OL
【全頁数】26
(21)【出願番号】特願2015-105622(P2015-105622)
(22)【出願日】2015年5月25日
(71)【出願人】
【識別番号】000154679
【氏名又は名称】株式会社平和
(74)【代理人】
【識別番号】100080296
【弁理士】
【氏名又は名称】宮園 純一
(74)【代理人】
【識別番号】100141243
【弁理士】
【氏名又は名称】宮園 靖夫
(72)【発明者】
【氏名】高橋 義康
(72)【発明者】
【氏名】岸 正明
(72)【発明者】
【氏名】佐藤 慎太朗
【テーマコード(参考)】
2C088
2C333
【Fターム(参考)】
2C088DA07
2C088EB78
2C333AA05
2C333AA11
(57)【要約】
【課題】表示装置を移動させるだけでなく、表示装置の移動と可動体とを組み合わせた意外性に富んだ演出を可能とした遊技機を提供する。
【解決手段】遊技盤30の盤面30Fの前方から表示画面が目視可能に配置された複数の表示装置と、当該表示装置の後方に配置された可動体(中央役物装置300)とを備え、互いに隣り合うように配置された一方の表示装置(上の演出表示装置101)と他方の表示装置(下の演出表示装置101)とが互いに離れる方向に移動可能に構成され、離れた方向に移動した前記一方の表示装置と前記他方の表示装置との間の間隙100Yを介して前記遊技盤の盤面の前方から前記可動体が目視可能となるように当該可動体が配置された。
【選択図】図23
【特許請求の範囲】
【請求項1】
遊技盤の盤面の前方から表示画面が目視可能に配置された複数の表示装置と、当該表示装置の後方に配置された可動体とを備え、
互いに隣り合うように配置された一方の表示装置と他方の表示装置とが互いに離れる方向に移動可能に構成され、離れた方向に移動した前記一方の表示装置と前記他方の表示装置との間の間隙を介して前記遊技盤の盤面の前方から前記可動体が目視可能となるように当該可動体が配置されたことを特徴とする遊技機。
【請求項2】
前記可動体は、前記間隙を介して前記各表示画面の前方に移動するように構成されたことを特徴とする請求項1に記載の遊技機。
【請求項3】
前記一方の表示装置及び前記他方の表示装置は、前記遊技盤の盤面の後方において上下に互いに隣り合うように配置された上側の表示装置及び下側の表示装置であり、
前記上側の表示装置の下端と前記下側の表示装置の上端とが互いに離れる方向に移動するように構成されたことを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の遊技機。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、遊技盤の盤面の前方から表示画面が目視可能に配置された複数の表示装置と、当該表示装置の後方に配置された可動体とを備えた遊技機に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、複数の表示装置を備えた遊技機として、互いに並べて配置した2つの液晶表示装置の前方で動く可動体を備えた遊技機(特許文献1参照)、互いに平行に並べて配置した2つの液晶表示装置が互いに離れる方向に移動する構成の遊技機(特許文献2参照)、複数の液晶表示装置を備え、一の液晶表示装置が他の液晶表示装置の前方で他の液晶表示装置の表示画面に沿って平行に移動する構成の遊技機(特許文献3参照)等が知られている。
【0003】
特許文献1の遊技機においては、2つの液晶表示装置が固定されている。
特許文献2の遊技機においては、2つの液晶表示装置が移動するように構成されている。
特許文献3の遊技機においては、後方に配置された後側表示装置の前方で前側表示装置が移動するように構成されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
【特許文献1】特開2008−35950号公報
【特許文献2】特開2006−249号公報
【特許文献3】特開2012−50737号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
従来の複数の表示装置を備えた遊技機では、表示装置を移動させるだけであり、表示画面に表示される演出と表示装置を移動させる演出とが組み合わされた演出だけでは意外性に欠けるといった課題があった。
【0006】
本発明は上記課題を解決すべく、表示装置を移動させるだけでなく、表示装置の移動と可動体とを組み合わせた意外性に富んだ演出を可能とした遊技機を提供する。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記課題を解決するための本発明に係る遊技機は、遊技盤の盤面の前方から表示画面が目視可能に配置された複数の表示装置と、当該表示装置の後方に配置された可動体とを備え、互いに隣り合うように配置された一方の表示装置と他方の表示装置とが互いに離れる方向に移動可能に構成され、離れた方向に移動した前記一方の表示装置と前記他方の表示装置との間の間隙を介して前記遊技盤の盤面の前方から前記可動体が目視可能となるように当該可動体が配置されたことを特徴とする。
また、前記可動体は、前記間隙を介して前記各表示画面の前方に移動するように構成されたことを特徴とする。
また、前記一方の表示装置及び前記他方の表示装置は、前記遊技盤の盤面の後方において上下に互いに隣り合うように配置された上側の表示装置及び下側の表示装置であり、前記上側の表示装置の下端と前記下側の表示装置の上端とが互いに離れる方向に移動するように構成されたことを特徴とする。
なお、上記発明の概要は、本発明の必要な特徴の全てを列挙したものではなく、特徴群を構成する個々の構成もまた発明となり得る。
【発明の効果】
【0008】
上記各構成に係る遊技機によれば、表示装置の移動と可動体とを組み合わせた意外性に富んだ演出が可能となり、遊技性に富んだ遊技機を提供できる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
図1】パチンコ機の概略斜視図。
図2】遊技盤の正面図。
図3】遊技盤の斜視図。
図4】遊技盤を構成する複数の部品を示す分解斜視図。
図5】遊技盤を構成する複数の部品を示す分解斜視図。
図6】上の可動演出表示装置を分解した状態を前側から見た分解斜視図。
図7】上の可動演出表示装置を分解した状態を後側から見た分解斜視図。
図8】上の可動演出表示装置の上下スライド機構装置における伝達機構を示す図。
図9】上の可動演出表示装置の動作説明図。
図10】左の役物装置を分解した状態を前側から見た分解斜視図。
図11】左の役物装置を分解した状態を後側から見た分解斜視図。
図12】(a)は左の役物装置の非動作状態を前側から見た図、(b)は左の役物装置の非動作状態を後側から見た図。
図13】(a)は左の役物装置の動作状態を前側から見た図、(b)は左の役物装置の動作状態を後側から見た図。
図14】中央役物装置の斜視図。
図15】中央役物装置を分解した状態を前側から見た分解斜視図。
図16】中央役物装置を分解した状態を後側から見た分解斜視図。
図17】中央役物装置の複合遊技部品が後側に位置された状態を示す図であって、(a)は平面図、(b)は後面図。
図18】中央役物装置の複合遊技部品が前側に位置された状態を示す図であって、(a)は平面図、(b)は後面図。
図19】(a)は中央役物装置の開閉体の閉状態を後側から見た図、(b)は中央役物装置の開閉体の開状態を後側から見た図。
図20】上下の可動演出表示装置による動演出を示す図であって、(a)は正面図、(b)は斜視図。
図21】上下の可動演出表示装置による動演出を示す図であって、(a)は正面図、(b)は斜視図。
図22】上下の可動演出表示装置と中央役物装置とによる複合演出の一例を示す図であって、(a)は正面図、(b)は斜視図。
図23】(a)は上下の可動演出表示装置の各演出表示画面が遊技盤の盤面と平行に位置された状態を示す断面図、(b)は上下の可動演出表示装置が上下方向に互いに離れてかつ各演出表示画面が遊技盤の盤面に対して傾斜した状態となった場合に中央役物装置の可動体が各演出表示画面の前方に移動した状態を示す断面図。
図24】パチンコ機の制御ブロック図。
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下、実施形態を通じて本発明を詳説するが、以下の実施形態は特許請求の範囲に係る発明を限定するものではなく、また実施形態の中で説明される特徴の組み合わせの全てが発明の解決手段に必須であるとは限らない。
【0011】
図1に示すように、遊技機の一例としてのパチンコ機1は遊技場の島設備に設置される縦長方形状の機枠2と、この機枠2の一側部においてヒンジ機構により開閉自在に取付けられた本体枠3と、当該本体枠3内に収容された遊技盤30(図2乃至図5参照)と、本体枠3の前方において開閉可能に軸着され、中央部に配設されたガラス窓4A及びガラス窓4Aの下方に設けられた受皿6を有するパネル枠4と、パネル枠4の下部一側部より前方に突設されたハンドルユニット7、及びパネル枠4の上部両側部に配設されたスピーカユニット8を主たる構成として備える。パネル枠4が本体枠3側に閉じられた状態において、パチンコ機1の前方に着座する遊技者からは、パネル枠4に配設されたガラス窓4Aを介して本体枠3内に収容された遊技盤30の遊技領域30A(図2図3参照)を視認することが可能である。
【0012】
受皿6の中央部には、遊技者の任意によって操作可能な操作手段としての操作機構9が配設される。操作機構9は、遊技者による押下操作が可能な円形のプッシュボタン9Aと、当該プッシュボタン9Aの周囲において遊技者による回動操作が可能なダイアル9Bとにより構成される。操作機構9は、後述する演出制御回路270と接続されており、プッシュボタン9A、及びダイアル9Bから出力される信号は、演出制御回路270側に入力する。受皿6には、この他、球貸ボタンや返却ボタン等が配設されており、これらのボタン操作によって図外のCRユニットに投入されたICカード等の記録媒体に記録された貸し球可能数に対応する遊技球の貸し出し動作、或いは記録媒体の返却動作が実行される。
【0013】
[遊技盤の構成について]
本体枠3内に収容される遊技盤30は、図4,5に示すように、前面が遊技盤30の盤面30Fを形成する盤面構成体31Aと、盤面構成体31Aの盤面30F(盤面構成体31Aの前面)に取付けられて当該盤面30Fよりも前方に突出する前側遊技部品31B、盤面構成体31Aの後側に配置された後側遊技部品31Cと、後側遊技部品31Cが収容状態に固定される固定部と盤面構成体31Aが固定される固定部とを備えた遊技部品設置固定部材31Dとを備える。
【0014】
盤面構成体31Aの中央部には、遊技者が後側遊技部品31Cを盤面構成体31Aの前方から目視可能とするための表示孔31Hが形成されている。盤面構成体31Aは、表示孔31Hの開口の面積と盤面30Fの面積との比が例えば1:1程度となるように形成されている。
【0015】
後側遊技部品31Cは、前方遊技部品群31Xと後方遊技部品群31Yとを備える。
前方遊技部品群31Xは、上,下の可動演出表示装置(表示装置)100,100と、左,右の役物装置(可動体)200,200とを備える。
後方遊技部品群31Yは、中央役物装置300と、上飾り部品400と、下飾り部品500とを備える。
【0016】
実施形態においては、図4に示すように、可動体として機能する中央役物装置300の前方において上の可動演出表示装置100の下端100uと下の可動演出表示装置100の上端100tとが接触した状態となることで、遊技盤30の盤面30Fの前方から中央役物装置300が目視されない。
そして、図5に示すように、中央役物装置300の前方において上の可動演出表示装置100の下端100uと下の可動演出表示装置100の上端100tとが上下方向に互いに離れるように移動するとともに、上の可動演出表示装置100の下端100uと下の可動演出表示装置100の上端100tとが遊技盤30の盤面30Fから離れる方向に移動して、可動演出表示装置100,100の各演出表示画面105,105が遊技盤30の盤面30Fに対して傾斜した状態となった場合、各演出表示画面105,105の前方に中央役物装置300の可動体(後述する回転部材312及び開閉部材313)を動かせる可動体演出空間100X(図23参照)を形成できるようになる。
従って、上の可動演出表示装置100の下端100uと下の可動演出表示装置100の上端100tとの間の間隙100Y(図23参照)を介して中央役物装置300の可動体を可動演出表示装置100,100の後方から各演出表示画面105,105の前方に移動させて可動体演出空間100Xで動かせるようになり、可動演出表示装置100と中央役物装置300の可動体との動きによる複合動演出が可能となる。
【0017】
尚、盤面構成体31Aの盤面30F側における表示孔31Hの周囲には、前側遊技部品31Bにより形成される遊技球誘導壁部35が前方に向けて突設されている。遊技球誘導壁部35は、盤面構成体31Aの盤面30F側における表示孔31Hの上側開口縁、及び左右両側の開口縁を略円形状に取り囲むように延在する壁部である。上述のガラス窓4Aが閉じられた場合において、遊技球誘導壁部35の前端部とガラス窓4Aとは、遊技球の直径未満で接近し、遊技球誘導壁部35で囲まれた内側に遊技球が進入することは不可能とされる。
また、表示孔31Hの上側開口縁の下に位置されるように、表示孔31Hの上側開口縁を取り囲む遊技球誘導壁部35には光飾装置70(図2図3参照)が取付けられている。
【0018】
遊技盤30には、遊技盤30の盤面30Fと、遊技球誘導壁部35と、外ガイド部27及び内ガイド部28とによって区画された遊技領域30Aが形成される。遊技領域30Aは、遊技盤30の盤面30Fとガラス窓4Aの後面との間に形成された遊技球の流下可能な空間である。また、遊技盤30の盤面30Fには、多数の釘24や風車25が稙設されており、遊技者のハンドルユニット7の操作に応じて駆動する図外の発射機構により発射され、遊技領域30A内に到達した遊技球は、多数の釘24や風車25によって不規則に誘導されつつ遊技領域30A内を流下する。
【0019】
また、本実施形態において遊技領域30Aは、図2に示すように、概ね左打ち領域ELと右打ち領域ERとに区分けされている。左打ち領域ELは、遊技盤30の左右中心線CLよりも左側の領域であり、当該左打ち領域ELに到達した遊技球は遊技領域30A内を流下する。
一方、右打ち領域ERは、遊技領域30Aの左右中心線CLよりも右側の領域であり、当該右打ち領域ERに到達した遊技球は、遊技球の直径よりも僅かに広く、2個以上の遊技球が流下不能な右打ち通路36を通って遊技領域30A内を1個ずつ流下する。
【0020】
遊技盤30の遊技領域30A内には、前側遊技部品31Bを構成する、第1始動部品50、第2始動部品52、大入賞装置60、一般入賞部品66等が配設されており、これらの入賞部品や入賞装置に遊技球が入球すると、各入賞部品等に対応した所定数の賞球が受皿6に払出される。
また、遊技球が第1始動部品50、又は第2始動部品52に入球すると、上記賞球の払出しの他、大入賞装置60を開放動作させ、遊技者にとって有利な状態を醸成する特別遊技の可否に関する抽選(特図当否抽選)や、当該特別遊技の態様を決定する抽選を始めとする各種の抽選が主制御回路240により実行される。即ち、第1始動部品50、又は第2始動部品52への遊技球の入球は、上記各種の抽選を受ける契機となるものである。
【0021】
以下、各入賞装置の構成について説明する。
第1始動部品50は、遊技領域30Aの左右方向略中央において、上記表示孔31Hの下側開口縁に沿って設けられたステージ47の下方に配設される。第1始動部品50は、遊技盤30の盤面30Fより前方に突出し、上方が開口した入賞部50Aと、第1始動口検出スイッチSW1(図24参照)とを備え、入賞部50Aの上方開口(第1始動口)より内部に取り込まれた遊技球は、内部に配設された第1始動口検出スイッチSW1によって検出される。
【0022】
図24に示すように、第1始動口検出スイッチSW1は、主制御回路240と接続されており、主制御回路240は第1始動口検出スイッチSW1からの検出信号に基づいて前述した各種の抽選処理や、賞球を例えば3個払い出す賞球払出処理を実行する。なお、本例において第1始動部品50の位置は、上述の左打ち領域ELを流下する遊技球のみが入球し得る位置に設定されている。
【0023】
第2始動部品52は、右打ち領域ER内において前述の第1始動部品50、大入賞装置60よりも上方に配設される。第2始動部品52は、遊技盤30の盤面30Fより前方に突出し、側部が開口した矩形状の入賞部52Aと、第2始動口検出スイッチSW2(図24参照)と、入賞部52Aの側部において開閉動作可能に設けられた開閉体53とを備える。図2に示すように、矩形状の入賞部52Aは例えば透明なケーシングにより形成されており、遊技者は入賞部52Aの側部開口(第2始動口)への遊技球の入球有無を視認可能である。入賞部52A内に入球した遊技球は、内部に配設された第2始動口検出スイッチSW2により検出される。
図24に示すように、第2始動口検出スイッチSW2は主制御回路240と接続されており、主制御回路240は第2始動口検出スイッチSW2からの検出信号に基づいて前述した各種の抽選処理や、賞球を例えば3個払い出す賞球払出処理を実行する。
【0024】
開閉体53は、盤面構成体31Aの後面側に配設されたソレノイドSOL1(図24参照)の駆動によって閉鎖状態と開放状態とを取り得る羽根状部材である。図2に示すように、開閉体53が直立した閉鎖状態においては、開閉体53の自由端部が、遊技盤30の盤面30Fより前方に突出し、上下方向に延在する流下阻止壁57aの下端部と遊技球の直径未満の間隔で接近することから、遊技球は第2始動部品52の入賞部52Aに入球することはできない。一方、開閉体53が左右方向に倒伏した開放状態においては、開閉体53の自由端部が流下阻止壁57aの下端部と遊技球の直径以上の間隔を有して離間することから、遊技球は第2始動部品52の入賞部52Aに入球可能となる。なお、第2始動部品52の位置は、上述の右打ち領域ERに打ち出された遊技球のみが入球し得る位置に設定されており、遊技球が右打ち領域ERを流下し、かつ、開閉体53が開放動作中である場合に限って入球が可能となる。
【0025】
第2始動部品52の上方には、通過ゲート58が配設される。通過ゲート58は、上下が開放した門型の遊技部品であって、その内部にはゲート検出スイッチSW3(図24参照)が格納されている。通過ゲート58を通過した遊技球は、ゲート検出スイッチSW3によって検出される。主制御回路240は、ゲート検出スイッチSW3からの検出信号の入力を契機として前述の開閉体53の開放の可否に関する各種の抽選を実行する。
【0026】
次に、大入賞装置60について概説する。図2に示すように、大入賞装置60は、右打ち領域ERにおいて、第2始動部品52の下方に配設される入賞装置である。同図の破線に示すように、大入賞装置60は、上方開放の入球口として形成された大入賞口60Aと、当該大入賞口60Aを閉鎖状態又は開放状態とする開閉体65とを備える。開閉体65は、ソレノイドSOL2の駆動によって遊技盤30の前後方向に開閉動作する部材である。開閉体65が前方に突出して大入賞口60Aを閉鎖した状態において、遊技球は大入賞口60A内に入球することなく遊技領域30Aの下流に流下する。一方、後述の特別遊技が実行され、開閉体65が後方に没入して大入賞口60Aを開放した状態において、遊技球は大入賞口60A内に入球し、内部に配設された大入賞口検出スイッチSW4(図24参照)によって検出された後、機外に排出される。大入賞口検出スイッチSW4は、主制御回路240と接続されており、主制御回路240側では、当該大入賞口検出スイッチSW4からの検出信号の入力に基づいて賞球を例えば15個払い出す賞球払出処理を実行する。上記構成からなる大入賞装置60の位置は、右打ち領域ERに打ち出された遊技球のみが入球し得る位置とされており、遊技球が右打ち領域ERを流下し、かつ、特別遊技中において開閉体65が開放動作中である場合に限って大入賞口60Aへの入球が可能となる。
【0027】
一般入賞部品66は、遊技盤30の左下側部に配設された部材であって、上方開口の複数の一般入賞口66aと、一般入賞口検出スイッチSW5(図24参照)とを備えており一般入賞口66aから入球した遊技球は、内部に収容された一般入賞口検出スイッチSW5により検出される。当該一般入賞口検出スイッチSW5は主制御回路240と接続されており、主制御回路240は一般入賞口検出スイッチSW5からの検出信号に応じて賞球を例えば3個払い出す賞球払出処理を実行する。また、上述した各入賞装置のいずれにも入球しなかった遊技球は、遊技領域の複数箇所に開設された複数のアウト口69に入球し、当該アウト口69と連通する図外の排出通路を介して機外に排出される。
【0028】
[上,下の可動演出表示装置100,100について]
次に、図6乃至図9、及び、図23を参照し、上,下の可動演出表示装置100,100について説明する。
同じ機能を備えた上,下の可動演出表示装置100,100は、遊技盤30の盤面30Fと直交する面、即ち、遊技盤30が島設備に設置された状態において略水平な面を対象面として、上下面対称となるように配置される。
上,下の可動演出表示装置100,100は、同じ機能を備えた構成であるため、以下、上の可動演出表示装置100を例にして説明する。
【0029】
可動演出表示装置100は、表示装置としての演出表示装置101と、演出表示装置駆動手段102とを備える。
【0030】
演出表示装置101は、例えば液晶表示画面等の演出表示画面105を備え、当該演出表示画面105に1〜8までの数字、及び特定のキャラクター等からなる演出図柄を変動表示可能な液晶表示装置である。
演出表示装置101の演出表示画面105には、演出図柄の他、演出図柄の変動表示に伴って予告演出やリーチ演出とも呼ばれる画像や動画によって表現される多様な変動演出が表示され、遊技者は一般に、演出表示画面105上に表示される変動表示、及び変動演出を視認しながら遊技を楽しむこととなる。
【0031】
演出表示装置駆動手段102は、演出表示装置101の左右両側を支持した状態で当該演出表示装置101を上下方向に移動させる上下移動装置110と、演出表示装置101の演出表示画面105が遊技盤30の盤面30Fに対して傾斜するように当該演出表示装置101の姿勢を維持する傾姿勢維持手段111とを備える。即ち、傾姿勢維持手段111を備えることで、演出表示画面105が遊技盤30の盤面30Fに対して平行な状態から遊技盤30の盤面30Fに対して傾斜するように構成されている。
【0032】
上下移動装置110は、演出表示装置101を遊技盤30の盤面30Fに沿って上下方向に移動させる装置であって、演出表示装置101の左右両側にそれぞれ配置された左,右の上下スライド機構装置112,112と、左,右の上下スライド機構装置112,112と演出表示装置101とを連結する連結手段113とを備えて構成される。
【0033】
上下スライド機構装置112は、基体115と、駆動源としてのモータ116と、棒ねじ117と、モータ116の回転力を棒ねじ117に伝達する伝達機構118と、棒ねじ117に螺着されて棒ねじ117が棒ねじ117の中心軸を回転中心として回転することで棒ねじ117の中心軸に沿って移動するように設けられたスライダ119とを備える。
【0034】
基体115は、取付基体120と、取付基体120の前面に取付けられる前面カバー121とを備えて構成される。
取付基体120は、モータ116、棒ねじ117、伝達機構118等が取付けられる部材取付基体120Aと、移動ガイド孔形成部材120Bとを備える。
部材取付基体120Aは、棒ねじ117の上下端側が貫通して当該棒ねじ117を回転可能に支持する上下の軸受部122,122と、スライダ119が棒ねじ117の中心軸を回転中心として回転しないように当該スライダ119を移動させるためのスライダ移動路123とを備える。
移動ガイド孔形成部材120Bは、部材取付基体120Aの側面に図外の止ねじ等で連結されており、スライダ移動路123の延長方向に延長するように形成された移動ガイド孔124を備える。
前面カバー121は、スライダ119の前面の前方に配置されて部材取付基体120Aの前面に図外の止ねじ等で連結されており、後述する左,右の役物装置200を取り付けるための取付基体として機能する。
【0035】
図8に示すように、伝達機構118は、部材取付基体120Aに固定されたモータ116のモータ軸116aに固定されてモータ116の回転力で回転する駆動歯車125と、駆動歯車125と噛み合って回転可能なように部材取付基体120Aに取付けられた第1従動歯車126と、棒ねじ117の一端側に固定されて第1従動歯車126と噛み合う第2従動歯車127とを備えて構成される。
【0036】
従って、モータ116を回転させることによって、モータ116の回転力が伝達機構118を介して棒ねじ117に伝達されて当該棒ねじ117が回転し、スライダ119が棒ねじ117の中心軸に沿って上下方向に移動する。
即ち、上下スライド機構装置112は、棒ねじ117とスライダ119とのねじ対偶により、棒ねじ117を回転させてスライダ119を棒ねじ117の中心軸に沿って上下方向に移動させる構成を備える。
【0037】
連結手段113は、演出表示装置101とスライダ119とを連結するスライダ連結部材130と、演出表示装置101と移動ガイド孔124とを連結する移動ガイド孔連結部材131とを備える。
【0038】
スライダ連結部材130は、演出表示装置101の後面上部の左右間に跨って演出表示装置101の左右の側縁よりも突出するスライダと119,119の左右の連結部132,132を備えた左右延長部133と、演出表示装置101の後面の左右側において当該左右延長部133を演出表示装置101に対して回動自在に連結する左右のヒンジ部134,134とを備えた構成である。
スライダ連結部材130の連結部132とスライダ119とが連結されていることで、スライダ119の上下方向の移動に伴って演出表示装置101も上下方向に移動する。
【0039】
ヒンジ部134は、スライダ連結部材130の回転中心軸となる回転中心軸135(図7参照)を介して回動可能となるように構成されている。
ヒンジ部134は、具体的には、前記回転中心軸135が演出表示装置101の後面より突出するように設けられた軸受部136の軸受孔137を貫通するように設けられ、回転中心軸135と演出表示装置101の後面と間に配置された前側部材138と左右延長部133とが回転中心軸135を挟み込むように互いに図外の止ねじ等で連結されたことにより構成される(図7参照)。
以上により、スライダ連結部材130が回転中心軸135を回転中心として回動可能なように構成され、演出表示画面105を遊技盤30の盤面30F及び当該盤面30Fと直交する面(遊技盤30が島設備に設置された状態において略水平な面)に対して傾いた傾斜表示面とすることが可能なように構成される。
【0040】
尚、左右のヒンジ部134,134のうちの一方のヒンジ部134は、ねじりコイルばね(トーションばね)140(図7参照)を有している。
即ち、ねじりコイルばね140のコイル部の貫通孔に回転中心軸135を貫通させ、ねじりコイルばね140の一端側の直線部141を左右延長部133の前面に接触させるとともに、ねじりコイルばね140の他端側の直線部142を演出表示装置101の後面に接触させるように構成することで、通常状態においては、当該ねじりコイルばね140の付勢力によって演出表示装置101の後面と左右延長部133の前面とが互いに離れる方向に付勢されて演出表示画面105を遊技盤30の盤面30Fと平行な状態に維持し、演出表示装置101の演出表示画面105が傾く際には当該ねじりコイルばね140の付勢力に抗して演出表示装置101の後面と左右延長部133の前面とが互いに近づく方向に移動可能なように構成されている。
つまり、ねじりコイルばね140は、演出表示装置101の演出表示画面105が傾いた状態から遊技盤30の盤面30Fと平行な状態に戻る際の復元動作を支援する付勢ばねとして機能する。
【0041】
尚、上の可動演出表示装置100における左,右の上下スライド機構装置112,112の各移動ガイド孔形成部材120B,120Bに形成された各移動ガイド孔124,124は、上端部以外は上下方向に直線状に延長する直線状長孔部145に形成されて、上端部が直線状長孔部145の上端から上後方に延長して直線状長孔部に対して傾斜する傾斜状長孔部146に形成されている。
同様に、下の可動演出表示装置100における左,右の上下スライド機構装置の各移動ガイド孔形成部材に形成された各移動ガイド孔は、下端部以外は上下方向に直線状に延長する直線状長孔部に形成されて、下端部が直線状長孔部の下端から下後方に延長して直線状長孔部に対して傾斜する傾斜状長孔部に形成されている。
【0042】
また、図7に示すように、上の可動演出表示装置100における傾姿勢維持手段111は、左,右の上下スライド機構装置112,112の各移動ガイド孔124,124の各上端部である各傾斜状長孔部146,146と、演出表示装置101の左右の側縁の中央上寄りの後面にそれぞれ取付けられた各移動ガイド孔連結部材131,131に設けられて各移動ガイド孔124,124内を移動する左右の移動ガイド孔連結軸部153,153と、左,右の上下スライド機構装置112,112の各移動ガイド孔形成部材120B,120Bの上端部にそれぞれ設けられた各移動規制部147,147と、演出表示装置101の左右の側縁の上側後面にそれぞれ取付けられた各内歯車部材148,148と、スライダ連結部材130における左右延長部133の左,右側にそれぞれ設けられて内歯車部材148の内歯車149と噛み合う歯車部150及び移動規制部147に衝突する衝突部151を有した回動部材152,152とを備えた構成である。
同様に、下の可動演出表示装置100における傾姿勢維持手段は、左,右の上下スライド機構装置の各移動ガイド孔の各下端部である各傾斜状長孔部と、演出表示装置101の左右の側縁の中央下寄りの後面にそれぞれ取付けられた各移動ガイド孔連結部材に設けられて各各移動ガイド孔内を移動する左右の移動ガイド孔連結軸部と、左,右の上下スライド機構装置の各移動ガイド孔形成部材の下端部にそれぞれ設けられた各移動規制部と、演出表示装置101の左右の側縁の下側後面にそれぞれ取付けられた各内歯車部材と、スライダ連結部材における左右延長部の左,右側にそれぞれ設けられて内歯車部材の内歯車と噛み合う歯車部及び移動規制部に衝突する衝突部を有した回動部材とを備えた構成である。
【0043】
尚、左,右の移動ガイド孔連結部材131,131は、演出表示装置101の左右の側縁側の後面に固定されて後方に延長し、左右の移動ガイド孔124,124の延長方向に移動可能なように左右の移動ガイド孔124,124に連結される左,右の移動ガイド孔連結軸部153,153を備えた構成である。
【0044】
従って、上の可動演出表示装置100においては、左,右の上下スライド機構装置112,112の各モータ116,116を回転させて左右の棒ねじ117,117を棒ねじ117の中心軸を回転中心として一方方向に回転させることで、左右のスライダ119,119を上方向に移動させる。これにより、図9(a)に示すように、左右の移動ガイド孔連結軸部153,153が左右の移動ガイド孔124,124の直線状長孔部145,145を移動することで演出表示画面105が移動ガイド孔124の直線状長孔部145と平行な状態を維持して、スライダ119に連結された演出表示装置101が上方向に移動する。そして、図9(b)に示すように、移動ガイド孔連結軸部153,153が移動ガイド孔124,124の傾斜状長孔部146,146の入口に到達するとともに左右の回動部材152,152の衝突部151,151が移動規制部147,147に衝突する。これにより、図9(c)に示すように、回動部材152,152が回転して歯車部150,150の回転が内歯車部材148,148に伝達されて移動ガイド孔連結軸部153,153が移動ガイド孔124,124の傾斜状長孔部146,146に入り込み、演出表示画面105の下端側が後方に移動するとともに、演出表示画面105の上端側が前方に移動するように動作するため、演出表示画面105が遊技盤30の盤面30F及び当該盤面30Fと直交する面に対して傾斜した状態となる。即ち、演出表示装置101が当該盤面30Fと平行でかつ水平方向に延長する回転中心軸を回転中心として回転することにより、演出表示画面105が遊技盤30の盤面30F及び当該盤面30Fと直交する面に対して傾斜した状態となる。
【0045】
同様に、下の可動演出表示装置100においては、上の可動演出表示装置100においては、左,右の上下スライド機構装置の各モータを回転させて左右の棒ねじを棒ねじの中心軸を回転中心として一方方向に回転させることで、左右のスライダを下方向に移動させる。これにより、左右の移動ガイド孔連結部が左右の移動ガイド孔の直線状長孔部を移動することで演出表示画面105が移動ガイド孔の直線状長孔部と平行な状態を維持して、スライダに連結された演出表示装置101が上方向に移動する。そして、移動ガイド孔連結軸部が移動ガイド孔の傾斜状長孔の入口に到達するとともに左右の回動部材の衝突部が移動規制部に衝突する。これにより、回動部材が回転して歯車部の回転が内歯車部材に伝達されて移動ガイド孔連結部が移動ガイド孔の傾斜状長孔部に入り込み、演出表示画面105の上端側が後方に移動するとともに、演出表示画面105の下端側が前方に移動するように動作するため、演出表示画面105が遊技盤30の盤面30F及び当該盤面30Fと直交する面に対して傾斜した状態となる。
【0046】
従って、上下の可動演出表示装置100,100は、図23(a)に示すように、各演出表示画面105,150が遊技盤30の盤面30Fと平行な状態から、図23(b)に示すように、上の可動演出表示装置100が上方に移動して演出表示画面105が遊技盤30の盤面30Fに対して傾斜した状態に維持されるとともに、下の可動演出表示装置100が下方に移動して演出表示画面105が遊技盤30の盤面30Fに対して傾斜した状態に維持され、遊技盤30の盤面構成体31Aの後方において、盤面構成体31Aの後面と各演出表示画面105,105との間で断面略V字状(くの字状)の可動体演出空間100Xが形成されることになる。即ち、盤面構成体31Aの後面と各演出表示画面105,105との間の空間が大きくなり、上の演出表示画面105の下端と下の演出表示画面105の上端との間の間隙100Yを介して目視される中央役物装置300の可動体が当該間隙100Yを介して前方に移動し、盤面構成体31Aの後面と各演出表示画面105,105との間の可動体演出空間100Xで動くことができるようになり、可動演出表示装置100と中央役物装置300の可動体との動きによる複合動演出が可能となる。
【0047】
尚、上,下の可動演出表示装置100,100は、同じ機能を備えるため、上,下の可動演出表示装置100,100は、それぞれ単独で上下動、及び、傾動させることが可能であり、このため、上,下の可動演出表示装置100,100を上下対称に作動させたり、上,下の可動演出表示装置100,100を上下非対称に作動させることができる。
例えば、図2図3に示すように、上の演出表示装置101の下端と下の演出表示装置101の上端とを接触させた状態でこれら上下の演出表示装置101,101を一緒に上方又は下方に移動させたり、図20図21に示すように、上,下の演出表示装置101,101のうちの一方を傾かせて他方を盤面30Fと平行な状態に維持することで、上の演出表示装置101の下端側と下の演出表示装置101の上端側とが前後で重なるような状態とし、また、これら上下の演出表示装置101,101を一緒に上方又は下方に移動させたり、あるいは、図22に示すように、可動演出表示装置100と中央役物装置300の可動体との動きによる複合動演出が可能となる。このように、当該上,下の可動演出表示装置100,100の動きによって様々なバリエーションの演出が可能となる。
【0048】
[左,右の役物装置200,200について]
次に、図10乃至図13を参照し、左,右の役物装置200,200について説明する。
同じ機能を備えた左,右の役物装置200,200は、遊技盤30が島設備に設置された状態において遊技盤30の盤面30Fと直交して上下前後に延長する垂直面を対象面として左右面対称となるように配置される。
左,右の役物装置200,200は、同じ機能を備えた構成であるため、以下、左の役物装置200を例にして説明する。
【0049】
役物装置200は、設置基体201と、設置基体201の前方に位置されるように設置基体201に固定された前側固定光飾部材202と、設置基体201の前面に移動可能に設けられた可動部材203と、可動部材駆動手段204とを備えている。
【0050】
前側固定光飾部材202は、上下の端部側に取付部205,205を備えている。
そして、前側固定光飾部材202は、取付部205と設置基体201の前面より前方に延長する支持支柱206の前端とを一致させた状態で、図外の止ねじが取付部205に形成された貫通孔208を介して支持支柱206の前端面から後方に向けて形成されたねじ孔209に締結されていることにより、設置基体201との間に支持支柱206の長さ分の空間を隔てて設置基体201に連結されている。
【0051】
可動部材203は、設置基体201の前面と前側固定光飾部材202の後面との間の空間に配置される。
設置基体201において、可動部材203の上下の中間位置に対応する部分には、設置基体201を貫通して左右方向に延長する横長孔210が形成されている。
また、設置基体201の前面には横長孔210の延長方向と同方向に延長するスライドガイド231が設けられ、可動部材203の裏面にはスライドガイド231に案内されるスライダ232が設けられている。従って、可動部材203は、スライドガイド231に案内されて横長孔210の延長方向と同方向に移動可能となっている。
【0052】
可動部材駆動手段204は、駆動源としてのモータ211と、モータ211の回転力を可動部材203に伝達する伝達機構212及びリンク機構213とを備えて、可動部材203を左右方向に移動させるように構成されている。
モータ211は設置基体201の前面に固定されている。
伝達機構212は、設置基体201に形成された貫通孔を通して設置基体201の後方に突出したモータ軸215に連結された駆動歯車216と、駆動歯車216と噛み合って回転可能なように設置基体201に取付けられた第1従動歯車217と、第1従動歯車217と噛み合って回転可能なように設置基体201に取付けられた第2従動歯車218を有した歯車部材219とを備えて構成される。
歯車部材219は、第2従動歯車218と、第2従動歯車218の周面の一部より径方向に突出した突出部の後面より後方に突出した連結軸220とを備えている。
リンク機構213は、歯車部材219の連結軸220とリンク221と横長孔210とが連結された構成である。
リンク221は、上下方向に延長する板状棒材により構成されており、当該板状棒材は、長手方向の中間位置より若干上方側の部分に貫通孔222を備えるとともに、上端側及び下端側には板状棒材の延長方向に長い長孔223,224を備えている(図10図11参照)。
そして、設置基体201の後面より後方に突出するように設けられた回転中心円柱体225が板状棒材の貫通孔222を貫通して図外の止ねじが回転中心円柱体225の後端面から前方に延長するように形成されたねじ孔227に締結されたことにより、当該板状棒材が回転中心円柱体225を回転中心として回転可能なように設置基体201の後面に取付けられている。
そして、第2従動歯車218を備えた歯車部材219の連結軸220が板状棒材の上端側の長孔223を貫通して当該長孔223内を長軸方向に移動可能なように止輪等の連結手段で当該長孔223に連結され、かつ、可動部材203の裏面から後方に突出するように設けられた連結軸228が設置基体201の横長孔210及び板状棒材の下端側の長孔224を貫通して当該横長孔210内及び長孔224内を長軸方向に移動可能なように止輪等の連結手段で当該長孔224に連結されていることにより、リンク機構213が構成される。
【0053】
従って、図12に示すように、可動部材203が遊技盤30の中央側から前側固定光飾部材202の後方側に位置された状態からモータ211を駆動して駆動歯車216を一方方向に回転させることで、図13に示すように、可動部材203が前側固定光飾部材202の後方側から遊技盤30の中央側に移動する。そして、図13に示すように、可動部材203が前側固定光飾部材202の後方側から遊技盤30の中央側に移動した状態からモータ211を駆動させて駆動歯車216を他方方向に回転させることで、図12に示すように、可動部材203が遊技盤30の中央側から前側固定光飾部材202の後方側に移動するように動作する。
【0054】
[中央役物装置300について]
次に、図14乃至図19を参照し、中央役物装置300について説明する。
中央役物装置300は、複合遊技部品301と、複合遊技部品301を遊技盤30の前後方向に移動させるための複合遊技部品301の前後駆動手段302と、当該前後駆動手段302が取付けられた第1設置基体303とを備えた構成である。
【0055】
図15に示すように、複合遊技部品301は、前側固定光飾部材311と、回転部材312と、開閉部材313と、回転部材312を回転させるための回転駆動手段314と、開閉部材313を開閉させるための開閉駆動手段315と、回転駆動手段314及び開閉駆動手段315が取り付けられた第2設置基体316とを備えた構成である。
【0056】
前側固定光飾部材311は、左右の端部側の後面から後方に延長するように設けられた支持支柱321,321を備えている。
そして、前側固定光飾部材311は、左右の支持支柱321,321の後端部側が第2設置基体316の左右の端部側の設けられた支柱連結部322,322に嵌め込まれた状態で、図外の止ねじが第2設置基体316に形成された図外の貫通孔を介して支持支柱321の後端面から前方に向けて形成された図外のねじ孔に締結されていることにより、第2設置基体316との間に支持支柱321の長さ分の空間を隔てて第2設置基体316に連結されている。
尚、前側固定光飾部材311は、前面が光装飾部323に形成され、後面には光装飾部323に光を照射する図外のLED等の発光体57を備えた基板を備えている。
【0057】
開閉駆動手段315は、第2設置基体316の後面に固定されてモータ軸324が第2設置基体316を貫通して第2設置基体316の前面よりも突出するように設けられた駆動源としてのモータ325と、モータ325の回転力を開閉部材313に伝達する伝達機構326(図19参照)とを備えて構成される。
【0058】
伝達機構326は、第2設置基体316の前面よりも突出するモータ軸324に取付けられた駆動歯車327と、駆動歯車327と噛み合う第1従動歯車328を備えた第1歯車部材329と、第1従動歯車328と噛み合う第2従動歯車330を備えた第2歯車部材331と、第3従動歯車332を備えた第3歯車部材333と、第3従動歯車332と噛み合う第4従動歯車334を備えた第4歯車部材335と、第2設置基体316の前面に取付けられて第2従動歯車330の回転力を第3従動歯車332に伝達する中間伝達歯車リンク機構336と、第1従動歯車328、第2従動歯車330、第3従動歯車332、第4従動歯車334が回転可能に取付けられた開閉体設置基体337とを備えて構成される(図15図19参照)。
【0059】
中間伝達歯車リンク機構336は、第2従動歯車330と噛み合うように第2設置基体316の前面に回転可能に取付けられた従動ピニオン(従動歯車)338と、当該従動ピニオン338と噛み合う第1ラック339と第3従動歯車332と噛み合う第2ラック340とを有してこれらラックの歯の延在方向に移動可能なように第2設置基体316の前面に取付けられたラック部材341とを備えた構成である。
尚、ラック部材341は、左右方向に延長する長孔341aを備え、第2設置基体316の前面に固定された連結軸341bが当該長孔341aを貫通して長孔341aから抜けないように取り付けられている。従って、ラック部材341は、従動ピニオン338の回転を受けて長孔341aの左右延長方向に沿って移動可能に設けられている。
【0060】
開閉体設置基体337は、左右の両端側に連結孔部342,342を備える。
当該開閉体設置基体337は、第2設置基体316の前面の左右より前方に突出するように設けられた支持支柱343,343の前端部側が連結孔部342,342に嵌め込まれた状態で、図外の止ねじが連結孔部342の貫通孔344を介して支持支柱343の前端面から後方に向けて形成されたねじ孔345に締結されていることにより、第2設置基体316との間に支持支柱343分の長さの空間を隔てて第2設置基体316に連結されている。
【0061】
開閉部材313は、4つの開閉体346,346…により構成される。
第1〜第4従動歯車328,330,332,334は、それぞれ、開閉体346の根本部347を連結するための連結部を備えており、当該連結部に開閉体346の根本部347が連結されることで、4つの開閉体346,346…が開閉体設置基体337に開閉可能に連結されているものである。
【0062】
従って、図19(a)に示すように、第1の開閉体346と第2の開閉体346とが接触するとともに第3の開閉体346と第4の開閉体346とが接触してこれら開閉体が水平方向に延長した状態から、モータ325を駆動させて駆動歯車327を一方方向に回転させることによって、図19(b)に示すように、互いに噛み合う第1従動歯車328と第2従動歯車330とが回転して第1の開閉体346と第2の開閉体346とが互いに離れる方向に移動するとともに、第2従動歯車330の回転が中間伝達歯車リンク機構336を介して第3従動歯車に伝達され、互いに噛み合う第3従動歯車と第4従動歯車とが回転して第3の開閉部材と第4の開閉部材とが互いに離れる方向に移動する開閉部材開動作状態となる。
また、開閉部材開動作における最大開状態から、モータを駆動させて駆動歯車を他方方向に回転させることによって、互いに噛み合う第1従動歯車と第2従動歯車とが回転して第1開閉部材と第2開閉部材とが互いに近づく方向に移動するとともに、互いに噛み合う第3従動歯車と第4従動歯車とが回転して第3開閉部材と第4開閉部材とが互いに近づく方向に移動する開閉部材閉動作状態となる。
【0063】
回転部材312は、例えば、長方形状の板材の前面に例えば意匠絵柄が描かれるとともに、長方形状の板材の長手方向の中央部に連結部351を備えた構成である。
回転駆動手段314は、第2設置基体316の後面に固定されてモータ軸352が第2設置基体316を貫通して第2設置基体316の前面よりも突出するように設けられた駆動源としてのモータ353と、モータ353の回転力を回転部材に伝達する伝達機構とを備えて構成される。
当該伝達機構は、図15に示すように、第2設置基体316の前面よりも突出するモータ軸352に取付けられた駆動歯車355と、駆動歯車355と噛み合う従動歯車356を備えた歯車部材357とを備える。
歯車部材357は、後端側の外周面が従動歯車356に形成されてかつ前側が開閉体設置基体337の中央に形成された貫通孔358を貫通する円筒部359に形成された有底円筒体により構成され、開閉体設置基体337の貫通孔358を貫通する円筒部359の前端面に、回転部材312の連結部351の位置決め孔360に位置決めされる位置決め軸361と回転部材312の連結部351のねじ通し孔362に対応するねじ孔363とを備えた構成である。
即ち、開閉体設置基体337の貫通孔358を貫通させた歯車部材357の位置決め軸361を回転部材312の連結部351の位置決め孔360に挿入するとともに、図外の止ねじを回転部材312の前方からねじ通し孔362に通してねじ孔363に締結することで、回転部材312と歯車部材357とが連結され、駆動歯車355及び従動歯車356を介して回転部材312にモータ353の回転力が伝達されることによって、回転部材312が盤面と平行な面内で回転する構成となっている。
【0064】
前後駆動手段302は、複合遊技部品301の左側を前後方向に移動させる左側の前後駆動手段304と、複合遊技部品301の右側を前後方向に移動させる右側の前後駆動手段304とを備える。
【0065】
各前後駆動手段304,304は、それぞれ、可動脚305と、当該可動脚305を倒伏状態及び起立状態に駆動させる駆動手段306とを備える。
駆動手段306は、第1設置基体303に固定された駆動源としてのモータ307と、モータ307の回転力を可動脚305の起倒動作動力に変換して可動脚305に伝達する動力伝達機構308とを備える(図17参照)。
動力伝達機構308は、モータ307のモータ軸307aに取り付けられた駆動歯車371と、駆動歯車371と噛み合うように第1設置基体303に回転可能に固定された従動歯車372と、従動歯車372に設けられた伝達軸373と、第1設置基体303に固定されたガイド軸374,374と、伝達軸373が挿入される長穴375とガイド軸374,374が挿入される長穴376,376とを有したスライダ377とを備えた構成である(図16図17図18参照)。
【0066】
可動脚305は、一端(後端)がスライダ377に回転可能に連結されて他端(前端)が複合遊技部品301の第2設置基体316に回転可能に連結される。
可動脚305は、他端が第2設置基体316の上側部に回動可能に取付けられた上脚381の一端側とが第2設置基体316の下側部に回動可能に取付けられた下脚381の一端側とが連結片382で連結されて補強され、上脚381及び下脚381が互いに平行に配置された構成となっている。
また、上脚381及び下脚381は、一端と他端との中央側に互いに離れる方向に延長するガイド軸部383,383を備え、当該ガイド軸部383,383が第1設置基体303の前面より突出するように設けられた壁体384,384に形成されたガイド孔385,385に挿入され、上脚381及び下脚381の倒伏動作時と起立動作時において当該ガイド軸部383,383がガイド孔385,385に案内される。
尚、左右の可動脚305,305のガイド軸部383,383を案内する左右のガイド孔385,385は、第1設置基体303の前面から前方に向けて互いに近付くように湾曲する弧状の長孔により形成される。
また、上脚381及び下脚381の一端側には、スライダ377の上下に設けられた軸受凹部386,386に挿入される回転中心軸387,387を備え、当該回転中心軸387の後側が軸受凹部386に挿入された状態で当該回転中心軸387の前側が挿入される凹部388を有した取付カバー389が図外の止ねじでスライダ377に固定されることによって、上脚381及び下脚381の一端側がスライダ377に回転可能に連結されている。
そして、第1設置基体303の前面には、第1設置基体303の前面の周縁側及び左右のモータ307,307を覆うカバー390が取付られている(図14参照。尚、図15図16ではカバー390の図示を省略している。)。
【0067】
従って、図17に示すように、複合遊技部品301が最後方位置(初期状態)に位置される場合は、各前後駆動手段304,304の各スライダ377,377が互いに離れるように位置されて左右の可動脚305,305が倒伏した状態となっている。
左右の可動脚305,305が倒伏状態から起立する際の起立動作時においては、図18に示すように、左右のスライダ377,377が互いに近づく方向に移動するとともに、ガイド軸部383,383がガイド孔385,385の前方に移動するのに伴って、左右の可動脚305,305の一端及び他端が回動して他端が前方に移動することで、複合遊技部品301が前方に移動する。
また、複合遊技部品301が最前方位置(作動状態)に位置される場合は、各前後駆動手段304,304のスライダ377,377が互いに近づくように位置されて左右の可動脚305,305が前方に起立した状態となっている。
左右の可動脚305,305が起立状態から倒伏する際の倒伏動作時においては、左右のスライダ377,377が互いに離れる方向に移動するとともに、ガイド軸部383,383がガイド孔385,385の後方に移動するのに伴って、左右の可動脚305,305の一端及び他端が回動して他端が後方に移動することで、複合遊技部品301が後方に移動する。
以上により、複合遊技部品301を遊技盤30の前後方向に移動させることができる。
【0068】
従って、中央役物装置300は、複合遊技部品301が前後方向に移動可能に構成され、かつ、複合遊技部品310の開閉体346,346…が遊技盤30の盤面30Fと平行な面内において開閉動作を行うとともに、回転部材312が前後方向に延長する回転中心軸を回転中心として回転動作を行うことが可能なように構成されている。
【0069】
[上飾り部品400について]
上飾り部品400は、前側に光装飾部401を備え、後側には光装飾部401に光を照射する図外のLED等の発光体57を備えた基板を備えている。
【0070】
[下飾り部品500について]
下飾り部品500は、前側に光装飾部501を備え、後側には光装飾部501に光を照射する図外のLED等の発光体57を備えた基板を備えている。
【0071】
[パチンコ機の内部構成について]
図24は、パチンコ機1の制御を担う制御手段の構成を示すブロック図である。同図に示すように、パチンコ機1は、主として遊技全般に係る基本動作を制御する主制御回路240と、主として賞球の払出動作を制御する払出制御回路250と、主として遊技球の発射を制御する発射制御回路260と、上下の可動演出表示装置100,100、左右の役物装置200,200、中央役物装置300、スピーカユニット8、LED等の発光体57を制御する演出制御回路270とを備える。
【0072】
主制御回路240は、(メイン)CPU240a、(メイン)ROM240b、及び(メイン)RAM240cを備えてなり、CPU240aが、各検出スイッチやタイマからの入力に対応してROM240bに予め格納されたプログラムを読み出して、当該プログラムに従った演算処理を行い、主制御回路240に接続された上述の各ソレノイドSOL1〜SOL2や、遊技盤30の遊技領域30Aの外方に配設された第1特別図柄表示装置35A、第2特別図柄表示装置35B、第1特別図柄保留表示装置36A、第2特別図柄保留表示装置36B、普通図柄表示装置37、及び普通図柄保留表示装置38といった各表示装置を直接的に制御したり、他の制御回路に多様なコマンドを送信する。また、このときRAM240cは、CPU240aの演算処理時におけるワークエリアとして機能し、演算に必要な各種のデータや、コマンドを一時的に保持する。
【0073】
主制御回路240には、払出制御回路250、及び演出制御回路270が接続されている。払出制御回路250は、主制御回路240と同様に不図示のCPU、ROM、RAMを備えたマイクロコンピュータであって、主制御回路240と一方向通信可能に接続されている。当該払出制御回路250には、外部情報出力端子板251が接続されている。外部情報出力端子板251は、主制御回路240(CPU240a)及び払出制御回路250(払出CPU)から出力された遊技の進行に関する種々の情報をパチンコ機1の設置店等に設けられたホストコンピュータ側に送信する。
【0074】
また、払出制御回路250には、遊技者に対して賞球を払い出すための払出モータ252、及び賞球数計数スイッチ253が接続されている。払出制御回路250は、主制御回路240から送信される払出コマンドに含まれる賞球数情報に基づいて所定の賞球数が払い出されるように払出モータ252を制御する。当該払出モータ252の駆動により払い出された賞球は、賞球数計数スイッチ253により検出され、払出制御回路250側において、適正な賞球数が払い出されたかが把握される。なお、払出制御回路250には、この他、受皿6に許容数以上の遊技球が貯留されていることを検知する皿満タン検出スイッチや、本体枠3の扉が開放していることを検知する扉開放検出スイッチ等の各種のスイッチが接続される。
【0075】
発射制御回路260には、ハンドルユニット7内に搭載されたタッチセンサ261、発射ボリューム262、図外の発射機構内に受皿6に貯留された遊技球を送り込む球送りモータ263、及び発射機構内に格納された球発射モータ264が接続されており、発射制御回路260は、払出制御回路250からの発射許可およびタッチセンサ261からの入力を条件として、遊技者によるハンドルユニット7の操作量に応じて変化する発射ボリューム262からの入力信号に基づいて球発射モータ264を制御し、受皿6に貯留された遊技球を所定の発射力により遊技領域30A内に打ち出す。
【0076】
演出制御回路270は、遊技進行中や待機中における各種の演出を制御する。
演出制御回路270は、(サブ)CPU270a、(サブ)ROM270b、(サブ)RAM270cを備えてなり、主制御回路240に対して、主制御回路240から演出制御回路270に対してのみ通信(一方向通信)が可能なように接続されている。当該演出制御回路270は、主制御回路240から送信される演出に関する各種のコマンドや内部タイマからの入力信号に基づいて、ROM270bに予め格納されたプログラムを読み出して、当該プログラムに従った演算処理を行い、演出制御回路270に接続された上下の可動演出表示装置100,100の演出表示装置駆動手段102の駆動制御、上下の可動演出表示装置100,100の演出表示画面105の画像制御、左右の役物装置200,200の可動部材駆動手段204の駆動制御、中央役物装置300の前後駆動手段302の駆動制御、中央役物装置300の回転駆動手段314の駆動制御、中央役物装置300の開閉駆動手段315の駆動制御、遊技進行中における楽曲や効果音などの音声をスピーカユニット8から出力させる音声出力制御や、左右の役物装置200,200の前側固定光飾部材202、中央役物装置300の前側固定光飾部材311、上飾り部品400の光装飾部401、下飾り部品500の光装飾部501、光飾装置70、遊技盤30及びパネル枠4等の各所に配設されたLED等の発光体57を多様なパターンにより発行させる発光制御を実行する。このときRAM270cは、CPU270aの演算処理時におけるワークエリアとして機能し、演算に必要な各種のデータや、コマンド等を一時的に保持する。
【0077】
また、演出制御回路270は、CPU270aと接続され、当該CPU270aより送信される画像表示に係る各種のコマンドを受信して演出表示画面105に多様な画像を表示するためのVDP、及び上記画像表示処理中に必要な各種のデータ等を一時的に保存するVRAM、音声制御のための音声合成LSI等、各種制御に必要なハードウェアを備えている。また、演出制御回路270には、遊技者の任意に操作可能な前述の操作機構9が接続されており、例えば当該操作機構9の操作タイミングに合せて前述の各制御を実行し、操作機構9の操作タイミングに従った所定の演出を表現することが可能である。
【0078】
以下、上記構成からなるパチンコ機1の遊技の流れについて概説する。
遊技者のハンドルユニット7の操作により遊技領域30A内を流下する遊技球が前述の第1始動部品50又は第2始動部品52に入球すると、主制御回路240では特別遊技(所謂大当り遊技)の実行可否に関する抽選、特別図柄の種類を決定する抽選、特別図柄の変動パターンを決定する抽選等の種々の抽選を実行する。
そして、上記抽選のうち、特図当否抽選の結果が「当り」である場合には、前述の大入賞装置60を開放動作させ、遊技球の入球を容易とする特別遊技が実行される。
【0079】
実施形態1においては、演出制御回路270が上,下の可動演出表示装置100,100における駆動源としてのモータ116を制御することで、各可動演出表示装置100,100の各演出表示画面105,105を遊技盤30の盤面30Fに対して平行を維持した状態で上下方向に移動するとともに、各演出表示画面105,105が遊技盤30の盤面30Fに対して傾斜するように構成されているため、上下の演出表示装置101,101の動きによる多種多様な演出が可能となり、遊技性に富んだパチンコ機1を提供できる。
【0080】
また、上,下の可動演出表示装置100,100の後方に可動体(前後移動する可動体としての複合遊技部品301、可動体としての回転部材312や開閉部材313)が設けられており、上の演出表示装置101の下端100uと下の演出表示装置101の上端100tとが上下方向に互いに離れるように構成されて、上下方向に互いに離れた上の演出表示装置101と下の演出表示装置101との間の間隙を介して遊技盤30の盤面30Fの前方から複合遊技部品301が目視可能となるように当該複合遊技部品301が配置されているため、一体のように目視されていた上,下の可動演出表示装置100,100が上下に割れて、間隙を介して複合遊技部品301が出現する演出が可能となり、インパクトの強い演出を行えるパチンコ機1を提供できる。この場合、複合遊技部品301の可動体としての回転部材312や開閉部材313を駆動することで、間隙100Yを介して遊技者から目視されるように出現した複合遊技部品301が動く可動体演出が可能となり、演出表示装置101の移動と可動体とを組み合わせた意外性に富んだ演出が可能となり、よりインパクトの強い演出を行えるパチンコ機1を提供できる。
さらに、中央役物装置300は、複合遊技部品301を前後に移動させる機構を備えているため、間隙を介して複合遊技部品301が後方から前方に移動してくる可動体演出を行うことが可能となり、遊技者からみて複合遊技部品301が迫ってくるような迫力感のある演出を行えるパチンコ機1を提供できる。
【0081】
さらに、上の演出表示装置101の下端100uと下の演出表示装置101の上端100tとが遊技盤30の盤面30Fから離れる方向に移動して各演出表示画面105,105が遊技盤30の盤面30F及び当該盤面30Fと直交する面に対して状態において、上の演出表示装置101の下端100uと下の演出表示装置101の上端100tとの間の間隙100Yを介して中央役物装置300の可動体を演出表示装置101の後方から各演出表示画面105,105の前方に移動させるインパクトが大きい可動体前方移動演出が可能となるため、より迫力感のある演出を行えるパチンコ機1となる。
この場合、盤面構成体31Aの後面と各演出表示画面105,105との間で断面略V字状(くの字状)の大きい可動体演出空間100Xを形成することが可能となるため、遊技盤30の前後幅寸法を抑えた上で、各演出表示画面105,105の前側で複合遊技部品301の回転部材312や開閉部材313を動かす可動体演出が可能となる。すなわち、遊技盤30の限られた前後スペース内で各演出表示画面105,105の前側に可動体を動かす可動体演出を行うための比較的大きな可動体演出空間100Xを形成することが可能となり、演出表示装置101,101の移動と可動体とを組み合わせたダイナミックな可動体演出が可能な遊技性に富んだパチンコ機1を提供できる。
つまり、上の演出表示装置101の下端100uと下の演出表示装置101の上端100tとが上下方向に互いに離れるように移動させるだけでは、盤面構成体31Aの後面と各演出表示画面105,105との間の空間は変化しないため、各演出表示画面105,105の前側で中央役物装置300の可動体を動かす可動体演出を行うための広いスペースが得られないのに対して、実施形態では、上の演出表示装置101の下端100uと下の演出表示装置101の上端100tとが遊技盤30の盤面30Fから離れる方向に移動させることで、盤面構成体31Aの後面と各演出表示画面105,105との間の空間が大きくなり、各演出表示画面105,105の前側で中央役物装置300の可動体を動かす可動体演出を行うための広いスペース、すなわち、可動体演出空間100Xが形成され、当該広い可動体演出空間100X内でダイナミックな可動体演出が可能となる。
【0082】
尚、実施形態1では、複数の可動演出表示装置として上,下の可動演出表示装置100,100を備えた例を示したが、可動演出表示装置として左,右の可動演出表示装置を備えた構成としてもよい。当該左,右の可動演出表示装置は、上述した上,下の可動演出表示装置100,100を遊技盤30内の左右に配置することで実現できる。
また、複数の可動演出表示装置として、遊技者から見て左斜め上に配置された可動演出表示装置及び右斜め下に配置された可動演出表示装置を用いても良いし、また、遊技者からみ見て右斜め上に配置された可動演出表示装置及び左斜め下に配置された可動演出表示装置を用いても良い。
即ち、実施形態のパチンコ機1としては、互いに隣り合うように配置された一方の演出表示装置と他方の演出表示装置とが互いに離れる方向に移動可能に構成され、離れた方向に移動した一方の表示装置と他方の表示装置との間の間隙を介して遊技盤30の盤面30Fの前方から複合遊技部品301(可動体)が目視可能となるように当該複合遊技部品301が配置された構成であればよい。
また、実施形態のパチンコ機1としては、互いに隣り合うように配置された一方の演出表示装置と他方の演出表示装置とが互いに離れる方向に移動するとともに、一方の演出表示装置及び他方の演出表示装置の互いに近い側の端部同士が遊技盤30の盤面30Fから離れる方向に移動して一方の演出表示装置及び他方の演出表示装置の各演出表示画面が遊技盤30の盤面30Fに対して傾斜するように構成され、複合遊技部品301(可動体)が、一方の演出表示装置及び他方の演出表示装置の互いに近い側の端部間の間隙を介して一方の演出表示装置及び他方の演出表示装置の各演出表示画面よりも前方に移動して、当該各演出表示画面の前側で動くように構成されていればよい。
【0083】
以上、本発明を実施の形態に基づいて説明したが、本発明の技術的範囲は上記実施形態に何ら限定されることはなく、実施形態を組み合わせて多様な変更、改良を行い得ることが当業者において明らかである。また、そのような多様な変更、改良を加えた形態も本発明の技術的範囲に含まれ得ることが特許請求の範囲の記載から明らかである。
【符号の説明】
【0084】
1 パチンコ機(遊技機)、30 遊技盤、30F 盤面、
100X 可動体演出空間、100Y 間隙、101 演出表示装置(表示装置)、
300 中央役物装置(可動体)、301 複合遊技部品(可動体)、
312 中央役物装置の開閉部材(可動体)、
313 中央役物装置の回転部材(可動体)。
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
図11
図12
図13
図14
図15
図16
図17
図18
図19
図20
図21
図22
図23
図24