特開2016-222288(P2016-222288A)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 株式会社吉野工業所の特許一覧
<>
  • 特開2016222288-二重容器 図000003
  • 特開2016222288-二重容器 図000004
  • 特開2016222288-二重容器 図000005
  • 特開2016222288-二重容器 図000006
  • 特開2016222288-二重容器 図000007
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2016-222288(P2016-222288A)
(43)【公開日】2016年12月28日
(54)【発明の名称】二重容器
(51)【国際特許分類】
   B65D 77/04 20060101AFI20161205BHJP
   B65D 8/06 20060101ALI20161205BHJP
   A45D 40/00 20060101ALI20161205BHJP
【FI】
   B65D77/04 A
   B65D8/06 ABRG
   A45D40/00 M
【審査請求】未請求
【請求項の数】4
【出願形態】OL
【全頁数】9
(21)【出願番号】特願2015-110282(P2015-110282)
(22)【出願日】2015年5月29日
(71)【出願人】
【識別番号】000006909
【氏名又は名称】株式会社吉野工業所
(74)【代理人】
【識別番号】100147485
【弁理士】
【氏名又は名称】杉村 憲司
(74)【代理人】
【識別番号】100154003
【弁理士】
【氏名又は名称】片岡 憲一郎
(72)【発明者】
【氏名】神村 千秋
【テーマコード(参考)】
3E061
3E067
【Fターム(参考)】
3E061AA16
3E061AA26
3E061BB03
3E061BB06
3E061BB08
3E061DA02
3E061DB11
3E067AA04
3E067AB81
3E067AC01
3E067BA02B
3E067BA02C
3E067BB14B
3E067BB14C
3E067BC07B
3E067BC07C
3E067EA32
3E067EB17
3E067EB27
3E067EC12
3E067EC26
3E067FA04
3E067FC01
3E067GD10
(57)【要約】
【課題】内容器の交換を容易化すると共に容器の外観設計の自由度を向上することができる二重容器を提供する。
【解決手段】有底筒状の内容物収容部11を備えるレフィル用の内容器10と、有底筒状の内容器収納部21を備える外容器20と、内容器収納部21の上端部に中心軸線Oの周りで回動可能に取付けられた回動部材30とを備え、内容器20は、内容器収納部21の中心軸線Oの周りで回動不能に内容器収納部21に収納され、回動部材30は、外容器20の側壁部23の内側に配置される筒状壁31を有し、筒状壁31の内周面に、内容器10の周壁部13の外周面に設けられた雄ねじ部17に対応する雌ねじ部34が設けられ、内容器10の交換に際し、外容器20に対して回動部材30を一方側へ回動させることにより、雄ねじ部17と雌ねじ部34が係合して内容器10が上方へ移動することを特徴とする。
【選択図】図1
【特許請求の範囲】
【請求項1】
有底筒状の内容物収容部を備えるレフィル用の内容器と、有底筒状の内容器収納部を備える外容器と、前記内容器収納部の上端部に該内容器収納部の中心軸線の周りで回動可能に取付けられた回動部材とを備え、
前記内容器は、前記内容器収納部の中心軸線の周りで回動不能に前記内容器収納部に収納され、
前記回動部材は、前記外容器の側壁部の内側に配置される筒状壁を有し、該筒状壁の内周面に、前記内容器の周壁部の外周面に設けられた雄ねじ部に対応する雌ねじ部が設けられ、
前記内容器の交換に際し、前記外容器に対して前記回動部材を一方側へ回動させることにより、前記雄ねじ部と前記雌ねじ部が係合して前記内容器が上方へ移動することを特徴とする二重容器。
【請求項2】
前記回動部材と前記内容器との間には、前記内容器を前記回動部材の内側に挿入した際に互いに乗り越え嵌合することで前記内容器の抜け出しを妨げる嵌合部が設けられている、請求項1に記載の二重容器。
【請求項3】
前記雄ねじ部と前記雌ねじ部が、多条ねじである、請求項1又は2に記載の二重容器。
【請求項4】
前記外容器の側壁部の内周面に、前記内容器の周壁部の外周面に設けられた凸部が嵌り込むことで、前記外容器に対する前記内容器の回動を防止する凹部が設けられている、請求項1〜3の何れか一項に記載の二重容器。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、レフィル(詰め替え)用の内容器と外容器とを備える二重容器に関し、特には、内容器の交換を容易化すると共に容器の外観設計の自由度を向上しようとするものである。
【背景技術】
【0002】
従来、クリーム等の内容物を収容する容器として、内容物のレフィル用の内容器と外容器とを備える二重容器が知られている。このような二重容器では、内容器の交換に際し、内容器を外容器から取外す必要があるが、その取外しの要領としては、例えば、内容器を摘み引き上げる、外容器本体底部に内容器を押し上げるための貫通孔を設ける、コイン等を用い抉じ開ける、といったものが考えられる。また、例えば特許文献1では、内容器に押圧操作により回動可能な押圧部を設け、外容器には、該押圧部を露出させる切欠き部を設けると共に該押圧部が係止可能な被係止部を設けている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
【特許文献1】特開2010−195484号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、前記したような内容器の取外し要領を採用する場合には、内容器を取外すのに比較的大きな力が必要となったり、貫通孔や切欠き部を設けるために容器の外観設計上の制約を生じたりするといった問題がある。また交換の要領を分かり易く、特に高齢者にとって使い易いものとすることも望まれている。
【0005】
それゆえ、本発明は、内容器の交換を容易化すると共に容器の外観設計の自由度を向上することができる二重容器を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明は上記課題を解決するためになされものであり、本発明の二重容器は、有底筒状の内容物収容部を備えるレフィル用の内容器と、有底筒状の内容器収納部を備える外容器と、前記内容器収納部の上端部に該内容器収納部の中心軸線の周りで回動可能に取付けられた回動部材とを備え、
前記内容器は、前記内容器収納部の中心軸線の周りで回動不能に前記内容器収納部に収納され、
前記回動部材は、前記外容器の側壁部の内側に配置される筒状壁を有し、該筒状壁の内周面に、前記内容器の周壁部の外周面に設けられた雄ねじ部に対応する雌ねじ部が設けられ、
前記内容器の交換に際し、前記外容器に対して前記回動部材を一方側へ回動させることにより、前記雄ねじ部と前記雌ねじ部が係合して前記内容器が上方へ移動することを特徴とする。
【0007】
なお、本発明の二重容器にあっては、前記回動部材と前記内容器との間には、前記内容器を前記回動部材の内側に挿入した際に互いに乗り越え嵌合することで前記内容器の抜け出しを妨げる嵌合部が設けられていることが好ましい。
【0008】
また、本発明の二重容器にあっては、前記雄ねじ部と前記雌ねじ部が、多条ねじであることが好ましい。
【0009】
なお、本発明の二重容器にあっては、前記外容器の側壁部の内周面に、前記内容器の周壁部の外周面に設けられた凸部が嵌り込むことで、前記外容器に対する前記内容器の回動を防止する凹部が設けられていることが好ましい。
【発明の効果】
【0010】
本発明によれば、内容器の交換に際し、外容器に設けられた回動部材を回動させるだけで、内容器が上方へ移動するため、比較的小さな力で内容器を容易に取外すことができる。また、内容器を取外すために、内容器を押圧するための貫通孔や切欠き部を外容器に設ける必要もない。
【0011】
したがって、本発明によれば、内容器の交換を容易化すると共に容器の外観設計の自由度を向上することができる二重容器を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
図1】本発明の一実施形態に係る二重容器の一部断面側面図及び部分拡大図であり、内容物を使い切った状態を示す。
図2】(a)は、図1の二重容器のための新たな内容器の一例を示す一部断面側面図であり、(b)は新たな内容器の他の例を示す一部断面側面図である。
図3】(a)は、図1の二重容器における外容器キャップを取外した状態を示す平面図であり、(b)は図1の二重容器における内容器の交換要領を説明するための、外容器キャップを取外した状態を示す一部断面側面図である。
図4】(a)は図3(b)の状態から内容器を引き上げた状態を示す一部断面側面図であり、(b)はさらに内容器を取外した状態を示す一部断面側面図である。
図5図1の二重容器における内容器の交換要領を説明するための一部断面側面図であり、(a)は図4(b)の状態からさらに図2の新たな内容器を外容器内に挿入した状態を示し、(b)は新たな内容器の挿入が完了した状態を示す。
【発明を実施するための形態】
【0013】
以下、図1図5を参照して、本発明の一実施形態に係る二重容器1について詳細に例示説明する。なお、本明細書において、上下方向とは、内容器10及び外容器20の中心軸線Oに沿う方向を意味し、上方とは内容器10の内容物収容部11の開口部12が位置する側(例えば、図1における上方)、下方とは内容物収容部11の底壁部14が位置する側(例えば、図1における下方)を意味するものとする。
【0014】
図1に示すように、本実施形態に係る二重容器1は、レフィル用の内容器10と、外容器20と、回動部材30と、外容器キャップ40とを備えている。
【0015】
内容器10は、軸線Oを中心とする有底筒状の内容物収容部11を備えている。すなわち、内容物収容部11は、その上部に開口部12を形成すると共に、周壁部13及び底壁部14とを有する。周壁部13の外周面上部には、環状の外向き凸部15(嵌合部)が設けられている。また、周壁部13の上端部には、径方向外側に延びる円環状のフランジ部16が設けられている。さらに周壁部13の外周面には、雄ねじ部17が設けられており、雄ねじ部17の下方には上下方向に延びる縦リブ18(凸部)が突設されている。本実施形態において縦リブ18は、周壁部13の周方向に間隔をあけて4箇所に均等配置されているが、これに限られるものではない。
【0016】
また、内容器10は、未使用の状態では、図2(a)に示すように、内容器キャップ50が装着されることで内容物収容部11の開口部12が閉塞され、クリーム等の内容物Cの品質が維持されるようになっている。内容器キャップ50は、円板状の天壁部51と、天壁部51の外縁部から垂下する円筒状の外壁部52とを備えている。また、内容器キャップ50は、外壁部52の内側で天壁部51の下面から垂下して周壁部13の内周面に当接する封止筒53を備えている。外壁部52の内周面には、内容器10のフランジ部16に嵌合する環状凸部54が設けられている。また、外壁部52の下端部には、外側に延びるフランジ55が設けられている。なお、内容器キャップ50の構成は、特に限定されるものではなく、開口部12を塞いでクリーム等の内容物Cの品質が維持されるようになっていれば任意の構造のキャップを用いることができ、図2(b)に示すように、周壁部13の上面にシール部材56を剥離可能に貼着した構成とすることも可能である。
【0017】
外容器20は、図1に示すように、内容器10を収納可能な軸線Oを中心とする有底筒状の内容器収納部21を備えている。すなわち、内容器収納部21は、その上部に開口部22を形成すると共に、側壁部23及び底壁部24とを有する。側壁部23の上端部には、外周面に雄ねじ25を設けた口部26が設けられている。口部26は、その外径が口部26の下方の側壁部23よりも小さく、その内径は大きくなるよう形成されている。口部26の上方には、さらに外径が小さい上端筒部27が設けられ、上端筒部27の外周面には、外向き凸部28(嵌合保持部)が設けられている。側壁部23の内周面には、縦リブ18(凸部)が嵌り込むことで外容器20に対する内容器10の回動を防止する縦溝29(凹部)が設けられている。すなわち、内容器10は、外容器20に対して中心軸線Oの周りで回動不能に取付けられる構成とされている。
【0018】
回動部材30は、内容器収納部21における側壁部23の上端部に、中心軸線Oの周りで回動可能に取付けられている。回動部材30は環状(リング状)に形成され、口部26及び上端筒部27の内側に配置される円筒状の筒状壁31と、筒状壁31の上端部から径方向外側に延びる円環状のフランジ部32と、フランジ部32の外周縁から垂下する外周壁33とを有する。筒状壁31の内周面には、内容器10の雄ねじ部17に係合する雌ねじ部34が設けられている。なお、雄ねじ部17及び雌ねじ部34は多条ねじとすることが好ましいが、これに限定されず、一条ねじ等とすることも可能である。雌ねじ部34の上方には、外向き凸部15(嵌合部)と嵌合して、内容器10の抜け出しを妨げる内向き凸部35(嵌合部)が設けられている。また、外周壁33の内周面には、外向き凸部28(嵌合保持部)に嵌合する内向き凸部36(嵌合保持部)が設けられており、外容器20からの回動部材30の抜け出しを防止している。また、フランジ部32の下面には、回動部材30を回動させた際に上端筒部27の上面27aに摺接する第1突起部32aが設けられている。さらに、外周壁33の下面には、回動部材30を回動させた際に口部26の上面26aに摺接する第2突起部33aが設けられている。なお、本実施形態においては、第1突起部32aが上端筒部27の上面27aに当接し、また、第2突起部33aが口部26の上面26aに当接することで回動部材30が外容器20に下方から支持される構成としているが、これに限られるものではなく、少なくとも筒状壁31、フランジ部32、外周壁33の何れかの下面が外容器20によって下方から支持されていればよい。
【0019】
ここで、図3(a)は、図1に示す状態の二重容器1から外容器キャップ40を取外した状態を表す平面図であり、図3(b)は、一部断面側面図である。外周壁33の外周面33bは、図3(a)に示すように、平面視で正20角形となるように形成されており、単純な円筒状の外周面に比べて、回動部材30を回動させる際に把持し易く、滑り難くなっている。なお、外周壁33の外周面33bの形状は特に限定されるものではないが、上記の理由から平面視で多角形状とすることが好ましい。
【0020】
外容器キャップ40は、図1に示すように、円筒状の外壁部41と、外壁部41の上端部を閉塞するドーム状の天壁部42とを備えている。外壁部41の内周面には、前述した雄ねじ25と螺合する雌ねじ43が設けられている。天壁部42の下面には、円板状のパッキン44が貼着されており、内容器10のフランジ部16の上面に形成された円環状のシール突起16aとパッキン44とが密接することで、内容物収容部11が密封されるようになっている。なお、天壁部42はドーム状に限らず、平面状又は凹面状など、任意の形状であってもよい。また、本実施例ではパッキン44を貼着にて組付けているが、これに限られるものではなく、外容器キャップ40の外壁部41内周面に凸部を設け、乗越えることで組付けるなど、パッキン44が脱落しない程度に組付けられていればよく、その組付け方法は適宜選択可能である。
【0021】
かかる構成になる二重容器1によれば、内容物Cを使い切った際などに、以下の要領で内容器10を新たな内容器10と交換することができる。すなわち、まず、図1に示す状態から外容器キャップ40を取外し、次いで図3(b)に示すように、回動部材30を外容器20に対して中心軸線Oの周りで一方側に回動させる。内容器10は外容器20に対して回動不能とされているため、回動部材30のみが回動し、内容器10の雄ねじ部17と回動部材30の雌ねじ部34が係合することにより、内容器10と回動部材30との間には、上下方向に相互に離間する方向の力が作用する。回動部材30は外容器20に支持されて下方への移動を規制されているため、内容器10が上方に移動する。この時、外向き凸部15と内向き凸部35との嵌合が解除されるため、あとは図4(a)に示すように、上方へ移動した内容器10をさらに引き出すだけで、内容器10を外容器20から取り出し、そのままの状態で破棄することができる。図4(b)は、内容器10を取外した状態を示している。このようにして内容器10を取り出した後は、図2(a)、(b)に示したような新たな内容器10から、内容器キャップ50またはシール部材56を取外し、図5(a)に示すように、新たな内容器10を外容器20の内容器収納部21に挿入していく。新たな内容器10を押し込んでいくと、内容器10の雄ねじ部17と回動部材30の雌ねじ部34が係合し、内容器10を取外す場合と逆側(他方側)に回動部材30が外容器20に対して回動する。図5(b)に示す状態まで内容器10を押し込むことで、内容器10の交換が完了する。この時、外向き凸部15と内向き凸部35とが互いに乗り越え嵌合することで内容器10の抜け出しを妨げることができる。なお、新たな内容器10を取り付ける方法としては、内容器10を押し込まずに、回動部材30の回動操作によって内容器10を下方移動させてもよい。すなわち、内容器収納部21に新たな内容器10を置いた状態で、回動部材30を外容器20に対して他方側に回動させることにより、雄ねじ部17と雌ねじ部34を係合させて内容器10を下方に移動させ、内容器10を図5(b)に示す状態まで挿入することも可能である。
【0022】
以上説明したように、本実施形態に係る二重容器1は、外容器20の内容器収納部21の上端部に設けた回動部材30を一方側に回動させると、回動部材30の雌ねじ部34が内容器10の雄ねじ部17と係合して、内容器10を上方へ移動させる構成となっている。したがって、内容器10の交換に際し、比較的小さな力で内容器10を容易に取外すことができる。また、使用済みの内容器10を取外した後は、新たな内容器10を外容器20の内容器収納部21に押し込む操作、あるいは回動部材30の回動操作のみで内容器10の取付けが完了するため、容易に新たな内容器10を取付けることができる。
【0023】
また、内容器10を取外すために、内容器10を押圧するための貫通孔や切欠き部を外容器20に設ける必要もない。したがって、本実施形態によれば、内容器10の交換を容易化すると共に容器の外観設計の自由度を向上することができる。
【0024】
また、本実施形態に係る二重容器1では、内容器10に設けた外向き凸部15と回動部材30に設けた内向き凸部35とが、内容器10を回動部材30の内側に挿入した際に互いに乗り越え嵌合して、内容器10の抜け出しを妨げる構成により、外容器キャップ40を外した状態(図3(b)の状態)において内容器10が脱落することを防止することができる。
【0025】
また、本実施形態に係る二重容器1では、雄ねじ部17と雌ねじ部34を多条ねじとしたことにより、一条ねじとした場合に比べて、内容器10を上方に移動させる際の回動部材30の回動距離を小さくすることができる。すなわち、回動部材30を少し回動させるだけで、内容器10を取外すことが可能となるため、内容器10の取外しがさらに容易となる。また、雄ねじ部17と雌ねじ部34を多条ねじとしたことにより、新たな内容器10を取付ける際の回動部材30の回動距離が小さくなるため、内容器10の取付けも容易となる。
【0026】
また、本実施形態の二重容器1では、フランジ部32の下面に設けた第1突起部32aの先端が上端筒部27の上面27aに当接し、外周壁33の第2突起部33aの先端が口部26の上面26aに当接することで、回動部材30が外容器20に下方から支持される構成としている。これにより、回動部材30を回転させた際の摺動抵抗が低減されるため、内容器10の取外し及び取付けがさらに容易となる。
【0027】
前述したところは、本発明の一実施形態を示したにすぎず、特許請求の範囲において、種々の変更を加えることができる。例えば、先の実施形態では外容器20と外容器キャップ40とがねじ係合する構成としたが、これに限定されず、着脱可能にアンダーカット係合する構成とすることも可能である。
【符号の説明】
【0028】
1 二重容器
10 内容器
11 内容物収容部
12 開口部
13 周壁部
14 底壁部
15 外向き凸部(嵌合部)
16 フランジ部
16a シール突起
17 雄ねじ部
18 縦リブ(凸部)
20 外容器
21 内容器収納部
22 開口部
23 側壁部
24 底壁部
25 雄ねじ
26 口部
26a 口部の上面
27 上端筒部
27a 上端筒部の上面
28 外向き凸部(嵌合保持部)
29 凹部
30 回動部材
31 筒状壁
32 フランジ部
32a 第1突起部
33 外周壁
33a 第2突起部
33b 外周面
34 雌ねじ部
35 内向き凸部(嵌合部)
36 内向き凸部(嵌合保持部)
40 外容器キャップ
41 外壁部
42 天壁部
43 雌ねじ
44 パッキン
50 内容器キャップ
51 天壁部
52 外壁部
53 封止筒
54 環状凸部
55 フランジ
56 シール部材
O 軸線
C 内容物
図1
図2
図3
図4
図5