特開2017-178066(P2017-178066A)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 豊田合成株式会社の特許一覧
<>
  • 特開2017178066-助手席用エアバッグ装置 図000003
  • 特開2017178066-助手席用エアバッグ装置 図000004
  • 特開2017178066-助手席用エアバッグ装置 図000005
  • 特開2017178066-助手席用エアバッグ装置 図000006
  • 特開2017178066-助手席用エアバッグ装置 図000007
  • 特開2017178066-助手席用エアバッグ装置 図000008
  • 特開2017178066-助手席用エアバッグ装置 図000009
  • 特開2017178066-助手席用エアバッグ装置 図000010
  • 特開2017178066-助手席用エアバッグ装置 図000011
  • 特開2017178066-助手席用エアバッグ装置 図000012
  • 特開2017178066-助手席用エアバッグ装置 図000013
  • 特開2017178066-助手席用エアバッグ装置 図000014
  • 特開2017178066-助手席用エアバッグ装置 図000015
  • 特開2017178066-助手席用エアバッグ装置 図000016
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2017-178066(P2017-178066A)
(43)【公開日】2017年10月5日
(54)【発明の名称】助手席用エアバッグ装置
(51)【国際特許分類】
   B60R 21/205 20110101AFI20170908BHJP
   B60R 21/2338 20110101ALI20170908BHJP
【FI】
   B60R21/205
   B60R21/2338
【審査請求】未請求
【請求項の数】8
【出願形態】OL
【全頁数】24
(21)【出願番号】特願2016-68881(P2016-68881)
(22)【出願日】2016年3月30日
(71)【出願人】
【識別番号】000241463
【氏名又は名称】豊田合成株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】100076473
【弁理士】
【氏名又は名称】飯田 昭夫
(72)【発明者】
【氏名】林 丈樹
(72)【発明者】
【氏名】古野 剛士
(72)【発明者】
【氏名】浅沼 準一
【テーマコード(参考)】
3D054
【Fターム(参考)】
3D054AA03
3D054AA07
3D054AA14
3D054BB16
3D054CC04
3D054CC11
3D054CC15
3D054CC34
3D054CC42
3D054DD11
3D054EE19
3D054EE25
(57)【要約】
【課題】容積の増大を抑制できて、かつ、簡便な構成とし、センターバッグ部によって乗員を受け止める場合にも、安定して乗員を受け止め可能な助手席用エアバッグ装置を提供すること。
【解決手段】エアバッグ15が、メインバッグ部17と、メインバッグ部の車内側面から部分的に中央側に向かって突出するセンターバッグ部32と、を備える。センターバッグ部が、前側壁部33と後側壁部34とを備える。メインバッグ部が、車内側面の領域を構成する内側壁部用基材70を、前側部位71と後側部位80とに、前後方向側で分割させて構成される。前側壁部が、前側部位の後縁側から後方に突出する後縁側延設部76から構成される。後側壁部が、後側部位の前縁側から前方に突出して外形形状を後縁側延設部と略一致される前縁側延設部85から構成される。センターバッグ部が、後縁側延設部と前縁側延設部との外周縁相互を結合させて構成される。
【選択図】図6
【特許請求の範囲】
【請求項1】
車両の助手席前方に配置されるインストルメントパネルに設けられた収納部位に折り畳まれて収納されるエアバッグを、備える構成の助手席用エアバッグ装置であって、
前記エアバッグが、膨張完了時に前記助手席の前方に配置されるメインバッグ部と、膨張完了時に該メインバッグ部における車内側面から部分的に前記車両の中央側に向かって突出するように配置されるセンターバッグ部と、を備える構成とされ、
該センターバッグ部が、膨張完了時に前側に配置される前側壁部と、後側に配置される後側壁部と、を備える構成とされて、
前記メインバッグ部が、少なくとも前記車内側面の領域を構成する内側壁部用基材を、前側部位と後側部位とに、前後方向側で分割させて構成され、
前記前側壁部が、平らに展開した状態の前記前側部位における後縁側から後方に突出する後縁側延設部から、構成され、
前記後側壁部が、平らに展開した状態の前記後側部位における前縁側から前方に突出するとともに外形形状を前記後縁側延設部と略一致させて構成される前縁側延設部から、構成されて、
前記センターバッグ部が、前記後縁側延設部と前記前縁側延設部との外周縁相互を結合させることにより、構成されることを特徴とする助手席用エアバッグ装置。
【請求項2】
前記前側部位が、後縁側において、前記後縁側延設部の上側及び下側に、上下方向に略沿って配置される後上縁及び後下縁を、配設させるとともに、前記後側延設部の外周縁と、前記各後上縁及び前記後下縁と、の間に、前記後側延設部の外周縁と前記各後上縁及び前記後下縁とをなだらかに連ならせるように湾曲する後上側湾曲部及び後下側湾曲部を、配設させて構成され、
前記後側部位が、前縁側において、前記前縁側延設部の上側及び下側に、前記後上縁及び前記後下縁に対応して、前上縁及び前下縁を、配設させるとともに、前記前側延設部の外周縁と、前記前上縁及び前記前下縁と、の間に、前記後上側湾曲部及び前記後下側湾曲部に対応して、湾曲形状を前記後上側湾曲部及び前記後下側湾曲部と略一致させて構成される前上側湾曲部及び前下側湾曲部を、配設させて構成され、
前記メインバッグ部における車内側面の領域と、前記センターバッグ部と、が、前記後上縁及び前記前上縁相互、前記後上側湾曲部及び前記前上側湾曲部相互、前記前側延設部及び前記後側延設部の外周縁相互、前記後下側湾曲部及び前記前下側湾曲部相互、及び、前記後下縁及び前記前下縁相互、を、それぞれ結合させることにより、構成されていることを特徴とする請求項1に記載の助手席用エアバッグ装置。
【請求項3】
前記エアバッグの内部に、前記センターバッグ部における膨張完了時の先端側と、前記メインバッグ部において前記収納部位に取り付けられる取付部位と、を連結して、前記センターバッグ部の膨張完了時の前記車両の中央側への突出を規制するテザーが、配設されていることを特徴とする請求項1または2に記載の助手席用エアバッグ装置。
【請求項4】
前記エアバッグの内部に、前記センターバッグ部における前記メインバッグ部との連通部位付近の前後方向側の離隔距離を規制する規制テザーが、配設されていることを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項に記載の助手席用エアバッグ装置。
【請求項5】
車両の助手席前方に配置されるインストルメントパネルに設けられた収納部位に折り畳まれて収納されるエアバッグを、備える構成の助手席用エアバッグ装置であって、
前記エアバッグが、膨張完了時に前記助手席の前方に配置されるメインバッグ部と、膨張完了時に該メインバッグ部における車内側面から部分的に前記車両の中央側に向かって突出するように配置されるセンターバッグ部と、を備える構成とされ、
前記エアバッグの内部に、前記センターバッグ部における前記メインバッグ部との連通部位付近の前後方向側の離隔距離を規制する規制テザーが、配設され、
該規制テザーが、前縁側を、前記連通部位周縁における前側の領域に結合させ、後縁側を、前記連通部位周縁における後側の領域に結合させるように、構成されていることを特徴とする助手席用エアバッグ装置。
【請求項6】
前記メインバッグ部が、少なくとも前記車内側面の領域を構成する内側壁部用基材を、前側部位と後側部位とに、前後方向側で分割させて構成されていることを特徴とする請求項5に記載の助手席用エアバッグ装置。
【請求項7】
前記前側部位が、平らに展開した状態の後縁側から後方に突出する後縁側延設部を、備える構成とされ、
前記後側部位が、平らに展開した状態の前縁側から前方に突出するとともに外形形状を前記後縁側延設部と略一致させて構成される前縁側延設部を、備える構成とされ、
前記センターバッグ部が、前記後縁側延設部と前記前縁側延設部との外周縁相互を結合させることにより、構成されることを特徴とする請求項6に記載の助手席用エアバッグ装置。
【請求項8】
車両の運転席前方に設けられた収納部位に折り畳まれて収納されるエアバッグを、備える構成の運転席用エアバッグ装置であって、
前記エアバッグが、膨張完了時に、前記運転席の前方に配置されるメインバッグ部と、膨張完了時に該メインバッグ部の左右の一方から部分的に左右の外方に向かって突出するように配置されるサブバッグ部と、を備える構成とされ、
前記エアバッグの内部に、前記サブバッグ部における前記メインバッグ部との連通部位付近の前後方向側の離隔距離を規制する規制テザーが、配設されていることを特徴とする運転席用エアバッグ装置。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、車両の助手席前方に配置されるインストルメントパネルに設けられた収納部位に折り畳まれて収納されるエアバッグを、備える構成の助手席用エアバッグ装置に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、助手席用エアバッグ装置としては、センター席を有した車両に搭載されて、助手席の前方に折り畳まれて収納されるエアバッグが、助手席に着座している助手席搭載者の前方から、センター席に着座しているセンター乗員の前方にかけてを、覆うように、運転席側に向かって大きく張り出すように、膨張する構成のものがあった(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
しかしながら、このエアバッグは、助手席搭載者とセンター乗員とを、ともに保護可能に、単に、膨張完了時の左右方向の幅寸法を大きくした1つの袋状とされていることから、容積が大きく、出力の大きなインフレーターが必要となり、また、装置自体も嵩張ることから、製造コストの低減や、コンパクト化、軽量化等に、改善の余地があった。
【0004】
また、助手席用エアバッグ装置として、エアバッグが、膨張完了時に助手席の前方に配置されるメインバッグ部と、メインバッグ部の運転席側の側面において部分的に運転席側に突出するように膨張する突出部と、を備える構成とされるものもあった(例えば、特許文献2参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
【特許文献1】特開平6−72276号公報
【特許文献2】米国特許公開第2015/0258958号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
上記特許文献2に記載の助手席用エアバッグ装置では、突出部は、メインバッグ部から部分的に突出するように形成される構成であるものの、メインバッグ部と別体の袋状として、メインバッグ部と連通される連通孔の周囲のみで、メインバッグ部に連結される構成であることから、構成が簡便ではなく、また、膨張完了時において乗員を受け止めた際に、メインバッグ部に円滑に支持され難く、乗員を円滑に受け止めるためには、容積を増大させる必要があった。
【0007】
本発明は、上述の課題を解決するものであり、容積の増大を抑制できて、かつ、簡便な構成とし、センターバッグ部によって乗員を受け止める場合にも、安定して乗員を受け止め可能な助手席用エアバッグ装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明に係る助手席用エアバッグ装置は、車両の助手席前方に配置されるインストルメントパネルに設けられた収納部位に折り畳まれて収納されるエアバッグを、備える構成の助手席用エアバッグ装置であって、
エアバッグが、膨張完了時に助手席の前方に配置されるメインバッグ部と、膨張完了時にメインバッグ部における車内側面から部分的に車両の中央側に向かって突出するように配置されるセンターバッグ部と、を備える構成とされ、
センターバッグ部が、膨張完了時に前側に配置される前側壁部と、後側に配置される後側壁部と、を備える構成とされて、
メインバッグ部が、少なくとも車内側面の領域を構成する内側壁部用基材を、前側部位と後側部位とに、前後方向側で分割させて構成され、
前側壁部が、平らに展開した状態の前記前側部位における後縁側から後方に突出する後縁側延設部から、構成され、
後側壁部が、平らに展開した状態の後側部位における前縁側から前方に突出するとともに外形形状を後縁側延設部と略一致させて構成される前縁側延設部から、構成されて、
センターバッグ部が、後縁側延設部と前縁側延設部との外周縁相互を結合させることにより、構成されることを特徴とする。
【0009】
本発明の助手席用エアバッグ装置では、センターバッグ部は、エアバッグの膨張完了時に、メインバッグ部から部分的に突出して配置される構成とされ、また、このセンターバッグ部は、メインバッグ部において、センターバッグ部の周囲の部位(車内側面の領域)を構成する車内側壁部用基材を前後方向側で分断させた前側部位と後側部位と、に、それぞれ、形成される後縁側延設部と前縁側延設部との外周縁相互を結合させることにより、構成されている。そのため、構成が簡便であり、製造工数及びコストが増大することを、抑制できる。また、本発明の助手席用エアバッグ装置では、換言すれば、膨張完了時におけるメインバッグ部から部分的に突出して配設されるセンターバッグ部は、膨張完了時に前後で対向するように配置される前側壁部と後側壁部とを、それぞれ、メインバッグ部における車内側壁部から連ならせる構成とされることとなる。そのため、エアバッグの膨張完了時に、膨張用ガスにより内圧を高められたセンターバッグ部は、メインバッグ部に連なって配置される前側壁部と後側壁部との外表面側に、大きな張力を発揮させることができることから、形状保持性を確保でき、小さな容積であっても、乗員を受け止める場合に、前方へ倒れる挙動を抑制できて、乗員を、円滑に受け止めることができる。
【0010】
したがって、本発明の助手席用エアバッグ装置では、容積の増大を抑制できて、かつ、簡便な構成とし、センターバッグ部によって乗員を受け止める場合にも、安定して乗員を受け止めることができる。
【0011】
また、本発明の助手席用エアバッグ装置において、前側部位の後縁側において、後縁側延設部の上側及び下側に、上下方向に略沿って配置される後上縁及び後下縁を、配設させるとともに、後側延設部の外周縁と、各後上縁及び後下縁と、の間に、後側延設部の外周縁と各後上縁及び後下縁とをなだらかに連ならせるように湾曲する後上側湾曲部及び後下側湾曲部を、配設させて構成され、
後側部位の前縁側において、前縁側延設部の上側及び下側に、後上縁及び後下縁に対応して、前上縁及び前下縁を、配設させるとともに、前側延設部の外周縁と、各前上縁及び前下縁と、の間に、後上側湾曲部及び後下側湾曲部に対応して、湾曲形状を後上側湾曲部及び後下側湾曲部と略一致させて構成される前上側湾曲部及び前下側湾曲部を、配設させて構成し、
メインバッグ部における車内側面の領域と、センターバッグ部と、を、後上縁及び前上縁相互、後上側湾曲部及び前上側湾曲部相互、前側延設部及び後側延設部の外周縁相互、後下側湾曲部及び前下側湾曲部相互、及び、後下縁及び前下縁相互、を、それぞれ結合させることにより、構成することが、好ましい。
【0012】
助手席用エアバッグ装置を上記構成とすれば、エアバッグの膨張完了時において、センターバッグ部が、メインバッグ部と連通される元部側の領域を略円錐台状として、メインバッグ部からなだらかに連なるように配設されることとなる。すなわち、上記構成の助手席用エアバッグ装置では、エアバッグの膨張完了時に、膨張用ガスにより内圧を高められたセンターバッグ部が、メインバッグ部との間に部分的に凹むような領域を生じさせずに、膨張する構成であることから、センターバッグ部によって乗員を受け止める際に、センターバッグ部が、元部側の部位でメインバッグ部に対して屈曲されることを抑制できて、前方側への倒れ込みを一層抑制できて、乗員を一層的確に受け止めることができる。
【0013】
さらに、上記構成の助手席用エアバッグ装置において、エアバッグの内部に、センターバッグ部における膨張完了時の先端側と、メインバッグ部において収納部位に取り付けられる取付部位と、を連結して、センターバッグ部の膨張完了時の車両の中央側への突出を規制するテザーを、配設させる構成とすれば、エアバッグの膨張初期において、センターバッグ部が、車両の中央側へ大きく突出するように展開することを抑制でき、メインバッグ部とセンターバッグ部とを、展開膨張時の大きな揺動を抑制して、迅速に膨張させることが可能となって、好ましい。
【0014】
さらにまた、上記構成の助手席用エアバッグ装置において、エアバッグの内部に、センターバッグ部におけるメインバッグ部との連通部位付近の前後方向側の離隔距離を規制する規制テザーを、配設させる構成とすれば、エアバッグの展開膨張時において、センターバッグ部におけるメインバッグ部との連通部位付近が、前後方向側で大きく離隔するように膨張することを抑制でき、センターバッグ部だけでなく、メインバッグ部を含めてエアバッグ全体の膨張完了形状を迅速に安定させることが可能となって、好ましい。
【0015】
ちなみに、上記のような規制テザーによって、センターバッグ部におけるメインバッグ部との連通部位付近の離隔距離を抑制して、連通部位周縁の部位の膨張形状を安定させることにより、センターバッグ部を安定して迅速に膨張させることができる点に着目すれば、助手席用エアバッグ装置として、エアバッグを、膨張完了時に助手席の前方に配置されるメインバッグ部と、膨張完了時にメインバッグ部における車内側面から部分的に車両の中央側に向かって突出するように配置されるセンターバッグ部と、を備える構成とし、
エアバッグの内部に、センターバッグ部におけるメインバッグ部との連通部位付近の前後方向側の離隔距離を規制する規制テザーを、配設させ、
規制テザーの前縁側を、連通部位周縁における前側の領域に結合させ、後縁側を、連通部位周縁における後側の領域に結合させるように、構成してもよい。
【0016】
助手席用エアバッグ装置をこのような構成とする場合、メインバッグ部において、少なくとも車内側面の領域を構成する内側壁部用基材を、前側部位と後側部位とに、前後方向側で分割させた構成とすることもでき、このような構成とする場合、前側部位若しくは後側部位の一方に、センターバッグ部の外周壁を構成する基材を一体的に配設させることもできる。
【0017】
さらに、助手席用エアバッグ装置を上記構成とする場合、前側部位に、平らに展開した状態の後縁側から後方に突出する後縁側延設部を、配設させ、
後側部位に、平らに展開した状態の前縁側から前方に突出するとともに外形形状を後縁側延設部と略一致させて構成される前縁側延設部を、配設させる構成として、
センターバッグ部を、後縁側延設部と前縁側延設部との外周縁相互を結合させることにより、構成することもできる。
【0018】
このような構成とすれば、メインバッグ部における車内側壁部を形成する際に、後縁側延設部と前縁側延設部との外周縁相互を結合させれば、センターバッグ部を形成できることから、センターバッグ部を簡便に製造することができる。また、膨張完了時におけるメインバッグ部から部分的に突出して配設されるセンターバッグ部は、膨張完了時に前後で対向するように配置される前側壁部と後側壁部とを備える構成とし、この前側壁部と後側壁部とを、それぞれ、メインバッグ部における車内側壁部から連ならせる構成とされることとなる。そのため、エアバッグの膨張完了時に、センターバッグ部は、メインバッグ部に連なって配置される前側壁部と後側壁部との外表面側に、大きな張力を発揮させることができることから、形状保持性を確保でき、小さな容積であっても、乗員を受け止める場合に、前方へ倒れる挙動を抑制できて、乗員を、円滑に受け止めることが可能となる。
【0019】
さらに、自動運転可能な車両等における運転席に搭載させて、運転者を保護する点に着目すれば、車両の運転席前方のステアリングホイール等に設けられた収納部位に折り畳まれて収納されるエアバッグを、備える構成の運転席用エアバッグ装置として、
エアバッグを、膨張完了時に、運転席の前方に配置されるメインバッグ部と、膨張完了時にメインバッグ部の左右の一方から部分的に左右の外方に向かって突出するように配置されるサブバッグ部と、を備える構成とし、
エアバッグの内部に、サブバッグ部におけるメインバッグ部との連通部位付近の前後方向側の離隔距離を規制する規制テザーを、配設させる構成としてもよい。
【図面の簡単な説明】
【0020】
図1】本発明の一実施形態である助手席用エアバッグ装置を搭載させる車両の概略部分拡大平面図である。
図2】実施形態の助手席用エアバッグ装置を車両に搭載させた状態を示す概略縦断面図である。
図3】実施形態の助手席用エアバッグ装置で使用されるエアバッグを単体で膨張させた状態を示す前左上方から見た状態の斜視図である。
図4図3のエアバッグを単体で膨張させた状態を示す後左上方から見た状態の斜視図である。
図5図3のエアバッグを単体で膨張させた状態を示す左側面図である。
図6図3のエアバッグを単体で膨張させた状態を示す平面図である。
図7図3のエアバッグの概略縦断面図である。
図8図7のVIII−VIII部位を示す断面図である。
図9図3のエアバッグの概略横断面図である。
図10図9のX−X部位を示す断面図である。
図11】実施形態のエアバッグを構成する基布を示す平面図である。
図12】実施形態のエアバッグにおいて、左パネル部と規制テザーとを構成する基布を示す平面図である。
図13】実施形態の助手席用エアバッグ装置において、エアバッグが膨張完了させた状態を示す正面図である。
図14】実施形態の助手席用エアバッグ装置において、エアバッグが膨張完了させた状態を示す左側面図である。
【発明を実施するための形態】
【0021】
以下、本発明の一実施形態を図面に基づいて説明する。実施形態の助手席用エアバッグ装置Mは、図1,13に示すように、運転席DSを左側に配設させるとともに、助手席PSと運転席DSとの間に、乗員(センター乗員)P2が着座可能なセンター席CSを、設けて構成される左ハンドルの車両Vに搭載されるもので、この車両Vにおける助手席PSの前方となる位置に、搭載されている。また、実施形態の助手席用エアバッグ装置Mは、インストルメントパネル(以下「インパネ」と省略する)1の上面2の内部に配置されるトップマウントタイプとされている。なお、実施形態において、前後・上下・左右の方向は、特に断らない限り、車両Vの前後・上下・左右の方向と一致するものである。
【0022】
実施形態の助手席用エアバッグ装置Mは、図2に示すように、折り畳まれたエアバッグ15と、エアバッグ15に膨張用ガスを供給するインフレーター8と、エアバッグ15及びインフレーター8を収納保持する収納部位としてのケース12と、エアバッグ15及びインフレーター8をケース12に取り付けるためのリテーナ9と、折り畳まれたエアバッグ15を覆うエアバッグカバー6と、を備えて構成されている。
【0023】
エアバッグカバー6は、合成樹脂製のインパネ1と一体的に形成されて、エアバッグ15の展開膨張時に、前後二枚の扉部6a,6bを、エアバッグ15に押されて開くように、構成されている。また、エアバッグカバー6における扉部6a,6bの周囲には、ケース12に連結される連結壁部6cが、形成されている。
【0024】
インフレーター8は、図2に示すように、多数のガス吐出口8bを放射状に配設させた略円柱状の本体部8aと、インフレーター8をケース12に取り付けるためのフランジ部8cと、を備えて構成されている。このインフレーター8は、実施形態では、車両Vの前面衝突の際に、作動するように構成されている。
【0025】
収納部位としてのケース12は、上面側に長方形状の開口を有した板金製の略直方体形状に形成され、図2に示すように、インフレーター8を下方から挿入させて取り付ける略長方形板状の底壁部12aと、底壁部12aの外周縁から上方に延びてエアバッグカバー6の連結壁部6cを係止する周壁部12bと、を備えて構成されている。実施形態の場合、エアバッグ15とインフレーター8とは、エアバッグ15内に配置させたリテーナ9の各ボルト9aを取付手段として、エアバッグ15におけるガス流入口21の周縁部位22、ケース12の底壁部12a、及び、インフレーター8のフランジ部8cを、貫通させて、ナット10止めすることにより、ケース12の底壁部12aに取り付けられている。また、ケース12の底壁部12aには、車両Vのボディ側に連結される図示しないブラケットが、配設されている。
【0026】
エアバッグ15は、実施形態の場合、図3〜9に示すように、内部に膨張用ガスを流入させて膨張するバッグ本体16と、バッグ本体16内に流入する膨張用ガスの流れの向きを規制する整流布38と、バッグ本体16内に配置されてバッグ本体16の膨張完了形状を規制するテザー45,50,52,56,60と、を備える構成とされている。
【0027】
バッグ本体16は、可撓性を有したシート体から形成される袋状とされるもので、図3〜6に示すように、メインバッグ部17と、膨張完了時にメインバッグ部17の車内側面(実施形態の場合、左側面17a)から部分的に車両中央側(左側)に突出するセンターバッグ部32と、を備える構成とされている。
【0028】
メインバッグ部17は、膨張完了時に、助手席PSの前方において、図2の二点鎖線及び図14に示すように、インパネ1の上面2とインパネ1上方のウィンドシールド4との間を塞ぐように配置可能な構成とされている。具体的には、メインバッグ部17は、膨張完了形状を、前端側を頂部とした略四角錐形状とされるもので、膨張完了時に助手席搭載者P1側である後面側に配置される後側壁部27と、後側壁部27の外周縁から前方に延びて前端側にかけて収束される周壁部18と、を備える構成とされている。
【0029】
周壁部18は、エアバッグ15の膨張完了時に、主に、インパネ1の上面2とインパネ1上方のウィンドシールド4との間を塞ぐように配置される部位であり、上下両側で左右方向に略沿って配置される上壁部18a,下壁部18bと、左右両側で前後方向に略沿って配置される左壁部18c,右壁部18dと、を備えている。メインバッグ部17の膨張完了時の前端側となる周壁部18における下壁部18bの前端近傍には、内部に膨張用ガスを流入可能なガス流入口21が、インフレーター8の本体部8aを挿入可能に、略円形に開口して形成されている。このガス流入口21は、下壁部18bにおける左右の略中央となる位置に形成されるもので、下壁部18bにおけるガス流入口21の周縁部位22には、リテーナ9のボルト9aを挿通させて、ガス流入口21の周縁部位22をケース12の底壁部12aに取り付けるための複数(実施形態の場合、4個)の取付孔23が、形成されている。実施形態のエアバッグ15では、このガス流入口21の周縁部位22が、収納部位としてのケース12に取り付けられる取付部位を構成している。また、周壁部18における右壁部18dには、バッグ本体16内に流入した余剰の膨張用ガスを排気するためのベントホール25が、略円形に開口して形成されている(図11参照)。さらに、周壁部18における左壁部18cは、後述する前側部位71と後側部位80との縁部相互を縫着させて形成される縫合部位96を、前後の中間となる位置に、上下の略全域にわたって、上下方向に略沿って、配設させている(図5,6参照)。この縫合部位96は、図3〜6に示すように、センターバッグ部32にかけて連なって形成されるもので、センターバッグ部32より上側の領域に配置される上側部位96aと、センターバッグ部32より下側の領域に配置される下側部位96bと、センターバッグ部32の部位に配置されるセンターバッグ側部位96cと、を有するとともに、上側部位96aとセンターバッグ側部位96cとの間、及び、下側部位96bとセンターバッグ側部位96cとの間に、それぞれ、上側湾曲部96d,下側湾曲部96eを、配置させて(図11参照)、後述する左パネル部70の配置領域内、換言すれば、上壁部18aの左半分程度の領域と、下壁部18bの左半分程度の領域と、に延びるように、配置されている。この縫合部位96は、後述するごとく、左パネル部70における前側部位71と後側部位80とを、後上縁73Uと前上縁82U、後上側湾曲部74Uと前上側湾曲部83U、外周縁77,86相互、後下側湾曲部74Dと前下側湾曲部83D、及び、後下縁73Dと前下縁82Dを、それぞれ、縫合糸を用いて縫着させることにより、形成される。
【0030】
後側壁部27は、バッグ本体16の膨張完了時に、図1の二点鎖線及び図13に示すように、助手席PSに着座した助手席搭載者P1と対向するように、助手席搭載者P1側となるメインバッグ部17の後端側において上下方向に略沿うように配設される。詳細には、後側壁部27は、バッグ本体16の膨張完了時に、上端27a側を前側に位置させ、下端27b側を後側に位置させるように、上下方向に対して僅かに傾斜して配置される構成である(図14参照)。実施形態の場合、後側壁部27は、バッグ本体16の膨張完了時において、左右方向の中央となる位置に、前方側に凹ませるような凹部28を、上下方向に略沿って配設させた構成とされている(図4,6,7,9参照)。この凹部28は、実施形態の場合、後側壁部27の上下の略全域にわたって、配設されている。そして、後側壁部27における凹部28の左右両側には、相対的に後方に突出する突出部29L,29Rが、配設されている。すなわち、実施形態のメインバッグ部17の後側壁部27には、バッグ本体16の膨張完了時に、左右方向の中央で凹む凹部28と、凹部28の左右両側に配置される突出部29L,29Rと、が、上下方向に沿って連続的に配設されている(図4,6,7,9参照)。この左右の突出部29L,29Rの隆起した状態と凹部28の凹んだ状態とは、後側壁部27の上下の略全域にわたって、略同一として、周壁部18における上壁部18a,下壁部18bの領域内において、前方にかけて凹凸を収束させるような形状とされている。そして、実施形態のバッグ本体16では、凹部28における凹みの先端は、後側壁部27を構成する後述する後左パネル93,後右パネル94の内周縁93b,94b相互を縫着(結合)させて形成される縫合部位から、構成される。突出部29Lにおける突出頂部は、後述する左パネル部70における後側部位80の後縁80bと、後左パネル93の外周縁93aと、を縫着させて形成される縫合部位から構成され、突出部29Rにおける突出頂部は、後述する右パネル部90の後縁90eと後右パネル94の外周縁94aとを縫着させて形成される縫合部位から、構成される。
【0031】
センターバッグ部32は、バッグ本体16の膨張完了時に、メインバッグ部17の車内側面(左側面17a)を構成している左壁部18cから、部分的に、車両中央側となる運転席DS側、実施形態の場合、左方に向かって突出するように配設されるもので、外形形状を、図3〜6に示すように、厚肉の略長方形板状(扁平な略楕円柱状)として構成されている。このセンターバッグ部32は、膨張完了時に、図1の二点鎖線に示すように、センター席CSの前方に配置されるもので、実施形態の場合、センター席CSに着座したセンター乗員P2を保護可能に、構成されている。このセンターバッグ部32は、バッグ本体16の膨張完了時の運転席DS側への突出量(左右方向側の幅寸法)を、メインバッグ部17の膨張完了時の左右方向側の幅寸法の3/4程度として、運転席DSの前方において膨張を完了させているステアリングホイール用エアバッグ104との間に隙間を有するように、設定されている(図1の二点鎖線及び図13参照)。詳細には、センターバッグ部32は、膨張完了時に、バッグ本体16を単体で膨張させた状態では、左壁部18cの前後上下の略中央となる位置において、左方に突出するように配設されるもので、車両搭載状態においては、左方側から見て、インパネ1の後方においてインパネ1に近接した位置において、上端32a側を前方に位置させ、下端32b側を後方に位置させるように、上下方向に対して傾斜して、配置される(図14参照)。実施形態の場合、センターバッグ部32は、膨張完了時に、図14に示すように、左方側から見て、メインバッグ部17の後側壁部27に略沿うように、配置される構成である。また、センターバッグ部32は、エアバッグ15(バッグ本体16)の展開膨張時に、メインバッグ部17の左壁部18cから水平方向に略沿って突出するように、構成されるもので、換言すれば、膨張完了時に、左右方向側からみて、先端32d(左端)側の領域の位置を、元部32c(右端)側の領域と略一致させ、後方側若しくは上方側から見て、上縁(上端32a)や下縁(下端32b)を、左右方向に略沿わせるように、配置される構成である(図5,6参照)。実施形態の場合、センターバッグ部32は、エアバッグ15の膨張完了時において、前進移動するセンター乗員P2を当接させて、センター乗員P2に押圧されて前方移動した場合には、前面側(前側壁部33側)を、インパネ1に支持されるようにして、センター乗員P2を拘束することとなる(図14参照)。
【0032】
センターバッグ部32は、膨張完了時に前側に配置される前側壁部33と、後側に配置される後側壁部34と、を有する構成とされて、膨張完了時の右端側(元部32c側)に、メインバッグ部17と連通される連通部36を有して、この連通部36を介して、メインバッグ部17を経て内部に膨張用ガスを流入させる構成とされている(図7〜9参照)。実施形態の場合、センターバッグ部32の前側壁部33は、図3に示すように、左壁部18cにおける前側部位18cfから連なるように、形成され、後側壁部34は、図4に示すように、左壁部18cにおける後側部位18crから連なるように、形成されるもので、センターバッグ部32における上端32aから先端32d(左端)を経て下端32b側にかけての外周縁には、左壁部18cの領域から連なるようにして、縫合部位96のセンターバッグ側部位96cが、連続的に、配設されている。また、センターバッグ部32は、膨張完了時の右端側、すなわち、メインバッグ部17と連通(連結)される元部32c(連通部36側)の領域に、縫合部位96の上側湾曲部96d及び下側湾曲部96eを配設させて、センターバッグ部32側にかけてなだらかに拡開させるように、構成されている。
【0033】
バッグ本体16内に配設される整流布38は、図7,9に示すように、メインバッグ部17の内部において、ガス流入口21の上方を覆うように配設されるとともに、ガス流入口21から流入した膨張用ガスを、前後左右に整流可能に、構成されている。実施形態の場合、整流布38は、左右方向の両端を開口させた略筒形状とし、かつ、この筒形状の部位に、膨張用ガスを流出可能に円形に開口した複数のガス流出穴39a,40aを、配設させる構成とされている。実施形態の場合、図9に示すように、整流布38における前側部位39には、ガス流出穴39aが、左右方向に略沿って2個形成され、後側部位40には、ガス流出穴40aが、左右方向に略沿って3個形成されている。すなわち、実施形態の整流布38は、左右両端側の開口38a,38bから左右方向側に膨張用ガスを流出させるとともに、前側部位39に形成されるガス流出穴39aから前方側に向かって膨張用ガスを流出させ、後側部位40に形成されるガス流出穴40aから後方側に向かって膨張用ガスを流出させる構成とされている。整流布38は、図11に示すような略鼓形状の整流布用基材42から、構成されるもので、この整流布用基材42における前後の中央側の領域が、ガス流入口21の周縁部位22への連結部42aとして、この連結部42aに、ガス流入口21及び取付孔23に対応する開口(図符号省略)を、配置させている。そして、整流布用基材42は、この連結部42aを、ガス流入口21の周縁部位22で、全周にわたって縫着され、連結部42aから前後に延びる本体部42b,42cの領域の周縁相互を、縫合糸を用いて縫着させることにより、筒状の整流布38を構成している。
【0034】
バッグ本体16内には、実施形態の場合、図7〜10に示すように、メインバッグ部17の領域内に配置される前後テザー45と、メインバッグ部17の領域内に配置される2つの左右テザー50,52と、センターバッグ部32の膨張完了時の車両中央側(運転席DS側)への突出を規制する規制テザー56と、センターバッグ部32の領域内に配置される規制テザー60と、が、配置されている。
【0035】
前後テザー45は、図7,9に示すように、メインバッグ部17内において、ガス流入口21付近と後側壁部27とを連結するように、バッグ本体16の膨張完了時に前後方向に沿って配置されるもので、実施形態の場合、ガス流入口21の周縁部位22から延びる前側部位46と、後側壁部27側から延びる後側部位47と、を連結させるようにして、構成されている。
【0036】
前側部位46は、ガス流入口21から延びるように配置されるとともに、実施形態の場合、図11に示す前側部位用素材48を折って構成されるもので、左右対称形として、バッグ本体16の膨張完了時における外形形状を、前端側を左右方向に略沿わせ、後端側を上下方向に略沿わせるような略三角錐形状に近似した立体形状とされている。実施形態の場合、前側部位46は、図7,9に示すように、前端側の領域を、バッグ本体16への連結部46aとして、この連結部46aにガス流入口21及び取付孔23に対応する開口(図符号省略)を配置させて(図11参照)、ガス流入口21の周縁部位22に、全周にわたって縫着されている。そして、前側部位46において、ガス流入口21から後方に延びる領域が、本体部46bを構成し、この本体部46bの外形形状を、略三角錐形状に近似した立体形状としている(図7〜9参照)。本体部46bは、図7に示すように、後側部位47の前端47a側に縫着される後端46c側の部位の上下の幅寸法を、後側部位47の前端47a側の上下の幅寸法と略一致させるように構成されている。
【0037】
後側部位47は、シート状として、実施形態の場合、メインバッグ部17における後側壁部27を構成する後左パネル93,後右パネル94の内周縁93b,94bから延びて、後左パネル93,後右パネル94と一体的に構成される延設部93c,94cから、構成されている(図7,11参照)。これらの延設部93c,94cは、後左パネル93,後右パネル94の内周縁93b,94bの中央付近の領域から延びている。換言すれば、後側部位47は、2枚重ね状として、それぞれ、後左パネル93,後右パネル94と一体的に構成されることにより、後端47b側を、後側壁部27における上下左右の略中央(凹部28の凹みの先端)に連結させる構成とされている。詳細には、実施形態の場合、後側部位47は、前側部位46に連結される前端47a側を狭幅として、後端47b側にかけて、後左パネル93,後右パネル94の内周縁93b,94bに向かって上下に拡開させるような略台形状とされている。
【0038】
左右テザー50,52は、バッグ本体16の膨張完了時において、メインバッグ部17の左壁部18cと右壁部18dとを連結するように、左右方向に略沿って配置されるもので、実施形態の場合、図7に示すように、左右方向側から見て、センターバッグ部32の前方となる位置であって、前後テザー45の上方となる領域と下方となる領域との2箇所に、配設されている。実施形態の場合、前後テザー45の上方に配置される上側左右テザー50と、前後テザー45の下方に配置される下側左右テザー52と、は、それぞれ、左右方向に略沿った帯状として、バッグ本体16の膨張完了時に、長さ方向側を水平方向に略沿わせるように、配置されている(図7,8参照)。詳細には、実施形態の場合、上側左右テザー50は、後縁側を前縁側よりも上側に位置させて、幅方向側を、後上がりに傾斜させるようにして、左端50aを左壁部18cに連結され、右端50bを右壁部18dに連結されている。下側左右テザー52は、後縁側を前縁側よりも下側に位置させて、幅方向側を、後下がりに傾斜させるようににして、左端52aを左壁部18cに連結され、右端52bを右壁部18dに連結されている。また、実施形態の場合、上側左右テザー50と下側左右テザー52とは、ともに、図8,11に示すように、左右方向側で並設される2枚のテザー用基布51L,51R,53L,53Rの縁部相互を、それぞれ、結合させて構成されている。
【0039】
センターバッグ部32の膨張完了時の車両中央側(運転席DS側)への突出を規制する規制テザー56は、図9に示すように、膨張完了時のバッグ本体16内において、センターバッグ部32における膨張完了時の先端32d側と、メインバッグ部17において収納部位としてのケース12に取り付けられる取付部位、すなわち、ガス流入口21の周縁部位22と、を連結するように、配設されている。実施形態の場合、規制テザー56は、バッグ本体16の膨張完了時に、センターバッグ部32の領域内に配置される規制テザー60を貫通されるようにして、配置されるもので、実施形態の場合、ガス流入口21の周縁部位22から延びる右側部位57と、センターバッグ部32の先端32d側から延びる左側部位58と、を連結させるようにして、構成されている。右側部位57は、図11に示すように、ガス流入口21の周縁部位22に連結される連結部57aと、連結部57aから左方に延びる帯状の本体部57bと、を備える構成とされている。連結部57aは、ガス流入口21及び取付孔23に対応する開口(図符号省略)を備えるとともに、ガス流入口21の周縁部位22に、全周にわたって縫着されている。左側部位58は、帯状のシート体から構成されるとともに、端部58a側を、センターバッグ部32の先端32dと連結され、端部58b側を、右側部位57の本体部57bの先端57cと連結される構成である。実施形態の場合、左側部位58は、図11に示すように、センターバッグ部32の先端32dに連結される端部58a側を、本体部57bの先端57cに連結される端部58b側よりもわずかに幅広として、構成されている。実施形態の場合、この左側部位58の端部58aは、センターバッグ部32の外周縁を構成している縫合部位96の形成時に、共縫いされて、センターバッグ部32の先端32d側に連結されている。この規制テザー56は、右側部位57の連結部57aを、ガス流入口21の周縁部位22に連結されて、左側部位58の端部58aを、バッグ本体16の膨張完了時に上下方向に略沿って配置されるセンターバッグ部32の先端32dと連結される構成であることから、バッグ本体16の膨張完了時には、図9に示すように、中間部位で捩られるようにして、配置されることとなる。さらに、実施形態の場合、規制テザー56は、バッグ本体16の膨張完了時において、規制テザー60における凹部61の部位付近で屈曲されつつ、張った状態で、配置されることとなる。
【0040】
センターバッグ部32の領域内に配置される規制テザー60は、センターバッグ部32における元部32c側、すなわち、メインバッグ部17との連通部位(連通部36)付近の前後方向側の離隔距離を規制するもので、図9に示すように、バッグ本体の膨張完了時において、センターバッグ部32における元部32c側(連通部36)において、前後方向に略沿うように、配置されている。実施形態の場合、規制テザー60は、センターバッグ部32における連通部36付近(元部32c側の部位)の前後方向側の離隔距離を規制するとともに、センターバッグ部32における元部32c側の部位の膨張完了形状を、規制している。規制テザー60は、図7,10に示すように、外形形状を、長軸をセンターバッグ部32の元部32c側の断面における長手方向(上下方向)に略沿わせたラグビーボール形状(扁平な楕円形状)として、略円弧状に湾曲している前縁60a側をセンターバッグ部32における前側壁部33に結合(縫着)され、略円弧状に湾曲している後縁60b側をセンターバッグ部32における後側壁部34に結合(縫着)されている。また、規制テザー60の前縁60a側には、規制テザー56の左側部位58を挿通させるための凹部61が、上下の中央側の領域を部分的に凹ませるようにして、形成されている。凹部61は、上下方向側の幅寸法を、規制テザー56の左側部位58を挿通可能に設定されるもので、実施形態の場合、規制テザー60の上下方向側の幅寸法L1の1/3程度に設定されている。規制テザー60は、上下方向側の幅寸法L1(長軸側の幅寸法)を、センターバッグ部32を平らに展開した状態の上下方向側の幅寸法L2より若干小さく設定されて(図11参照)、上方の領域と下方の領域とにおいて、メインバッグ部17とセンターバッグ部32とを連通させる隙間64U,64Dを有する構成とされており(図7,10参照)、実施形態のエアバッグ15では、メインバッグ部17内に流入した膨張用ガスは、規制テザー60の上方と下方とに設けられる隙間64U,64Dと、規制テザー60の前縁60a側に形成される凹部61と、を経て、センターバッグ部32内に流入する構成である。
【0041】
規制テザー60の後縁60bを後側壁部34に縫着させる後側縫合部位63は、後縁60bの略全域にわたって形成されるとともに、後縁60bの湾曲形状に略沿って略円弧状に湾曲して形成される。規制テザー60の前縁60aを前側壁部33に縫着させる前側縫合部位62U,62Dは、凹部61の上下となる位置に、形成されるもので、それぞれ、前縁60aの湾曲形状に略沿って、略円弧状に湾曲して形成される。すなわち、実施形態の規制テザー60は、略円弧状に湾曲している前縁60aと後縁60bとを、凹部61の領域を除いて、略全域にわたって、センターバッグ部32の元部32c側(連通部36付近)の部位を構成している左壁部18c(詳細には、前側部位71における後縁側部位72と後側部位80における前縁側部位81)に、それぞれ、縫着させていることから、このセンターバッグ部32の元部32c側(連通部36付近)の膨張時の外形形状(断面形状)を規制することとなり、センターバッグ部32の元部32c側となる連通部36付近の部位は、膨張完了時の断面形状を、扁平な略楕円状とされることとなる(図10参照)。実施形態のエアバッグ15では、規制テザー60の前縁60aを縫着させる前側縫合部位62U,62Dと、規制テザー60の後縁60bを縫着させる後側縫合部位63とは、厳密には、センターバッグ部32の領域内ではなく、メインバッグ部17を構成する部位に、形成されることとなる。具体的には、図11,12に示すように、前側縫合部位62U,62Dは、メインバッグ部17を構成する左パネル部70の前側部位71を平らに展開した状態で、前側部位71の後上縁73U,後下縁73Dよりも前方となる領域(後縁側部位72)に形成され、後側縫合部位63は、左パネル部70の後側部位80を平らに展開した状態で、後側部位80の前上縁82U,前下縁82Dよりも後方となる領域(前縁側部位81)に、形成されることとなる。換言すれば、規制テザー60は、エアバッグ15の膨張完了時に、左壁部18cからセンターバッグ部32にかけて連続的に形成される縫合部位96において、センターバッグ部32の連通部36の周縁を構成している上側湾曲部96d及び下側湾曲部96eよりもメインバッグ部17側となる位置に、配置されている。そして、規制テザー60は、前後方向側の幅寸法(前側縫合部位62U,62Dと後側縫合部位63との離隔距離)を、膨張完了時のセンターバッグ部32における元部32c側(連通部36)の領域の厚さを薄くしすぎないような寸法に、設定されている。実施形態の場合、規制テザー60は、図11に示すように、前後で2分割された前側部位65と後側部位66との2つの部材からなるもので、この前側部位65の後縁と後側部位66の前縁とを縫合糸を用いて縫着させることにより、構成されている。
【0042】
バッグ本体16は、所定形状の基布の周縁相互を結合させて袋状に構成されるもので、実施形態の場合、図11,12に示すように、主にメインバッグ部17の周壁部18の部位とセンターバッグ部32とを構成する周壁側パネル部69と、主にメインバッグ部17の後側壁部27側を構成する後側パネル部92と、を備えて構成されている。周壁側パネル部69は、左パネル部70と右パネル部90とから構成され、後側パネル部92は、後左パネル93と後右パネル94とから構成されている。
【0043】
周壁側パネル部69を構成する左パネル部70と右パネル部90とは、周壁部18を左右で2分割するように、構成されている。
【0044】
左パネル部70は、メインバッグ部17における周壁部18の左半分程度の領域と、センターバッグ部32と、を構成している。詳細には、左パネル部70は、メインバッグ部17において、左壁部18cと、上壁部18aにおける左前半分程度の領域と、下壁部18bにおける左前半分程度の領域と、を構成している。左パネル部70は、図11,12に示すように、前後方向側で2分割させて構成される前側部位71と後側部位80とを、備える構成とされている。この左パネル部70は、後述する後縁側延設部76と前縁側延設部85とを重ねるようにして、前側部位71の後縁71e(後縁側部位72における後上縁73U,後下縁73D)と後側部位80の前縁80a(前縁側部位81における前上縁82U,前下縁82D)とを結合させた状態では、外形形状を、右パネル部90の外形形状と略一致させるように、構成されるもので、平らに展開した状態において、最も幅広となる位置で、前後に2分割されている。
【0045】
前側部位71は、前端側に、ガス流入口21の周縁部位22を構成する突出部71aを、備える構成とされるとともに、後端側の領域に、平らに展開した状態の後縁71e側から後方に突出する後縁側延設部76を、配設させている。後側部位80は、平らに展開した状態の前縁80a側から前方に突出するとともに外形形状を後縁側延設部76と略一致させて構成される前縁側延設部85を、備える構成とされている。前側部位71及び後側部位80に形成される後縁側延設部76,前縁側延設部85が、センターバッグ部32を構成することとなる。
【0046】
前側部位71に形成される後縁側延設部76は、センターバッグ部32における前側壁部33の領域を構成するもので、前側部位71の後縁71eにおける上下の中間部位から後方に突出して形成される略長方形状とされている。この後縁側延設部76は、角部を大きく面取りされて外周縁を曲線を連ならせるようにして、構成されている。また、図12に示すように、前側部位71の後縁側部位72において、後縁側延設部76の上側及び下側に配設される後上縁73U及び後下縁73Dと、後縁側延設部76との間には、後縁側延設部76の外周縁77と各後上縁73U及び後下縁73Dとをなだらかに連ならせるように湾曲する後上側湾曲部74U及び後下側湾曲部74Dが、形成されている。実施形態の場合、後縁側延設部76の外周縁77における上縁77a及び下縁77bは、後上縁73U及び後下縁73Dと略直交するように、形成されている。そして、後上側湾曲部74Uは、後上縁73U及び上縁77aをともに接線とするような略1/4円弧状として、構成され、後下側湾曲部74Dは、曲率を後上側湾曲部74Uと略同一として、後下縁73D及び下縁77bをともに接線とするような略1/4円弧状として、構成されている。
【0047】
後側部位80に形成される前縁側延設部85は、センターバッグ部32における後側壁部34の領域を構成するもので、後側部位80の前縁80aにおける上下の中間部位から前方に突出して形成される略長方形状とされている。後側部位80は、図12に示すように、前縁側延設部85を含めた前縁側部位81の外形形状(前上縁82U,前縁側延設部85の外周縁86,前下縁82D)を、前側部位71における後縁側延設部76を含めた後縁側部位72の外形形状(後上縁73U,後縁側延設部76の外周縁77,後下縁73D)と、一致させるように、構成されている。すなわち、後側部位80において、前縁側延設部85と前上縁82U,前下縁82Dとの間には、後上側湾曲部74U及び後下側湾曲部74Dに対応して、前上側湾曲部83U及び前下側湾曲部83Dが、形成されている。
【0048】
右パネル部90は、メインバッグ部17における周壁部18の右半分程度の領域を構成するもので、右壁部18dと、上壁部18aにおける右前半分程度の領域と、下壁部18bにおける右前半分程度の領域と、を構成している。また、右パネル部90は、前端側に、ガス流入口21の周縁部位22を構成する突出部90aを、配設させている。そして、左パネル部70と右パネル部90とは、前側部位71の上縁71bと右パネル部90の上縁90b、前側部位71の下縁71cと右パネル部90の下縁90cと、を、それぞれ縫着させることにより、略筒状の周壁部18を、構成している(図8参照)。
【0049】
後側パネル部92を構成する後左パネル93及び後右パネル94は、メインバッグ部17の後側壁部27において、各突出部29L,29Rの突出頂部間の領域を、構成している(図9参照)。詳細には、後左パネル93及び後右パネル94は、周壁部18における上壁部18aの後端側の領域から、後側壁部27における各突出部29L,29Rの突出頂部間の部位を経て、下壁部18bの後端側の領域にかけてを、構成するもので、この領域を、凹部28の先端となる位置で左右に2分割し、それぞれ、凹部28の前端から左側の突出部29Lの突出頂部までの領域と、凹部28の前端から右側の突出部29Rの突出頂部までの領域と、を構成するように、略三日月状の左右一対とされている(図11参照)。そして、後左パネル93,後右パネル94の内周縁93b,94b側には、図9,11に示すように、前後テザー45の後側部位47を構成する延設部93c,94cが、それぞれ、形成されている。また、後左パネル93,後右パネル94は、平らに展開した状態で、外周縁93a,94aを、それぞれ、左パネル部70における後側部位80の後縁80b,右パネル部90の後縁90eの湾曲形状に、略沿わせるように、構成されている。
【0050】
実施形態では、バッグ本体16を構成する周壁側パネル部69,後側パネル部92、前後テザー45を構成する前側部位用素材48、上側左右テザー50及び下側左右テザー52を構成するテザー用基布51L,51R,53L,53R、規制テザー56を構成する左側部位58,右側部位57、及び、規制テザー60を構成する前側部位65,後側部位66は、それぞれ、ポリエステル糸やポリアミド糸等からなる可撓性を有した織布から形成されている。
【0051】
次に、実施形態のエアバッグ15の製造について説明をする。予め、後左パネル93と後右パネル94とを、平らに展開した状態で周縁相互を一致させるように重ね、さらに、内周縁93b,94b相互を、縫合糸を用いて縫着させておく。さらに、左パネル部70における前側部位71と後側部位80と、に、それぞれ、規制テザー60の前側部位65と後側部位66とを、縫着させておく。また、左パネル部70における前側部位71と、右パネル部90と、に、予め、テザー用基布51L,51R,53L,53Rの一方の端部側を、縫着させておく。
【0052】
まず、左パネル部70における前側部位71と後側部位80とを、間に規制テザー56を構成する左側部位58の端部58a側を挟むようにして、後縁側部位72,前縁側部位81の領域の周縁相互を一致させるように重ねて、前上縁82Uと後上縁73U、前上側湾曲部83Uと後上側湾曲部74U、前縁側延設部85の外周縁86と後縁側延設部76の外周縁77、前下側湾曲部83Dと後下側湾曲部74D、及び、前下縁82Dと後下縁73Dと、を、縫合糸を用いて連続的に縫着させて、縫合部位96を形成し、左パネル部70を形成する。このとき、先端32d側に規制テザー56の左側部位58の端部58aを連結させるようにして、センターバッグ部32が袋状に形成されることとなる。次いで、センターバッグ部32を、縫合部位96におけるセンターバッグ側部位96cの縫代を露出させないように反転させ、規制テザー60における前側部位65と後側部位66とを、縫合糸を用いて縫着させ、規制テザー60を形成する。そして、規制テザー56の左側部位58を、規制テザー60の凹部61に挿通させておく。
【0053】
その後、平らに展開した状態の左パネル部70と右パネル部90とを、周縁相互を一致させるように重ね、下縁71c,90c相互を縫合糸を用いて縫着させる。そして、突出部71a,90a相互を重ねるように、左パネル部70と右パネル部90とを開く。その後、突出部71a,90a上に、前後テザー45の前側部位用素材48の連結部46aと、規制テザー56の右側部位57の連結部57aと、整流布用基材42の連結部42aと、を、順に重ね、ガス流入口21の周縁部位22となる部位で、縫合糸を用いて縫着させ、その後、孔開け加工により、ガス流入口21と取付孔23とを形成する。その後、左パネル部70と右パネル部90との上縁71b,90b相互を、縫合糸を用いて縫着させる。次いで、左パネル部70と右パネル部90とを、後縁80b,90e相互を離すように開き、外周縁93a,94a相互を離すように広げた後左パネル93,後右パネル94を重ねて、左パネル部70の後縁80bと後左パネル93の外周縁93aとを縫合糸を用いて縫着させ、同様に、右パネル部90の後縁90eと後右パネル94の外周縁94aとを縫合糸を用いて縫着させる。その後、整流布用基材42の本体部の42b,42c外周縁相互を縫着させて、整流布38を形成する。前後テザー45の前側部位46における本体部46bを二つ折りして、折り曲げた状態の後端46c側を、後側部位47の前端47a側(後左パネル93,後右パネル94の延設部93c,94cの前端側)に縫着させて、前後テザー45を形成する。また規制テザー56の右側部位57における本体部57bの先端57cと左側部位58の端部58bとを縫着させて、規制テザー56を形成する。各テザー用基布51L,51R,53L,53Rの対応する他端相互を縫着させて、上側左右テザー50,下側左右テザー52を、構成する。その後、左パネル部70,右パネル部90において未縫合部分である前縁71d,90d側の部位の開口を利用して、縁部の縫代が外部に露出しないように、バッグ本体16を反転させる。次いで、左パネル部70,右パネル部90の前縁71d,90dを、それぞれ、二つ折りするようにして重ね、縫合糸を用いて縫着させれば、エアバッグ15を製造することができる。
【0054】
センター席CSの左側の運転席DSの前方に配置されるステアリングホイール100には、図1,13に示すように、ステアリングホイール用エアバッグ装置103が、搭載されている。ステアリングホイール用エアバッグ装置103は、ステアリングホイール100の中央のボス部101に折り畳まれて収納されるステアリングホイール用エアバッグ(以下「エアバッグ」と省略する)104と、エアバッグ104に膨張用ガスを供給する図示しないインフレーターと、を備えている。エアバッグ104は、可撓性を有したシート体から形成される袋状として、図示しないインフレーターの作動時に、インフレーターからの膨張用ガスを内部に流入させて、ステアリングホイール100の上面(後面)を全面にわたって覆うように、膨張する構成である(図1の二点鎖線及び図13参照)。なお、ステアリングホイール用エアバッグ装置103の図示しないインフレーターも、助手席用エアバッグ装置Mのインフレーター8と同様に、車両Vの前面衝突時に、作動するように構成されている。
【0055】
次に、実施形態の助手席用エアバッグ装置Mの車両Vへの搭載について説明する。上述のようにして製造したエアバッグ15を、リテーナ9を内部に収納させた状態で、ケース12内に収納可能に折り畳み、折り畳んだエアバッグ15の周囲を、折り崩れしないように、破断可能な図示しないラッピングシートによりくるむ。次いで、折り畳んだエアバッグ15をケース12の底壁部12aに載置させる。インフレーター8の本体部8aを、底壁部12aの下方からケース12内に挿入させるとともに、底壁部12aから下方に突出している各ボルト9aを、インフレーター8のフランジ部8cに挿通させる。その後、インフレーター8のフランジ部8cから突出した各ボルト9aにナット10を締結させれば、ケース12に折り畳んだエアバッグ15とインフレーター8とを取り付けることができる。
【0056】
そして、車両Vに搭載されたインパネ1におけるエアバッグカバー6の連結壁部6cに、ケース12の周壁部12bを係止させ、ケース12の図示しないブラケットを、車両Vのボディ側に固定させれば、助手席用エアバッグ装置Mを車両Vに搭載することができる。
【0057】
助手席用エアバッグ装置Mの車両Vへの搭載後、車両の前面衝突時、インフレーター8のガス吐出口8bから膨張用ガスが吐出されれば、エアバッグ15が、内部に膨張用ガスを流入させて膨張し、エアバッグカバー6の扉部6a,6bを押し開いて形成される開口を経て、ケース12から上方へ突出すとともに、車両後方側に向かって突出しつつ展開膨張して、図2の二点鎖線及び図14に示すように、インパネ1の上面2とインパネ1上方のウィンドシールド4との間を塞ぐように、膨張を完了させることとなる。また、このとき、ステアリングホイール用のエアバッグ104も、内部に膨張用ガスを流入させて、ステアリングホイール100の上面(後面)を覆うように、膨張を完了させることとなる(図1及び13参照)。
【0058】
そして、実施形態の助手席用エアバッグ装置Mでは、センターバッグ部32は、エアバッグ15の膨張完了時に、メインバッグ部17から部分的に突出して配置される構成とされ、また、このセンターバッグ部32は、メインバッグ部17において、センターバッグ部32の周囲の部位(車内側面の領域、すなわち、周壁部18の左壁部18c)を構成する車内側壁部用基材としての左パネル部70を前後方向側で分断させた前側部位71と後側部位80と、に、それぞれ、形成される後縁側延設部76と前縁側延設部85との外周縁77,86相互を結合させることにより、構成されている。そのため、構成が簡便であり、製造工数及びコストが増大することを、抑制できる。また、実施形態の助手席用エアバッグ装置Mでは、換言すれば、膨張完了時におけるメインバッグ部17から部分的に突出して配設されるセンターバッグ部32は、膨張完了時に前後で対向するように配置される前側壁部33と後側壁部34とを、それぞれ、メインバッグ部17における車内側壁部、換言すれば、左壁部18cにおける前側部位18cf及び後側部位18crから、連ならせる構成とされることとなる。そのため、エアバッグ15の膨張完了時に、膨張用ガスにより内圧を高められたセンターバッグ部32は、メインバッグ部17に連なって配置される前側壁部33と後側壁部34との外表面側に、大きな張力を発揮させることができることから、形状保持性を確保でき、小さな容積であっても、センター乗員P2を受け止める場合に、前方へ倒れる挙動を抑制できて、センター乗員P2を、円滑に受け止めることができる。
【0059】
したがって、実施形態の助手席用エアバッグ装置Mでは、容積の増大を抑制できて、かつ、簡便な構成とし、センターバッグ部32によってセンター乗員P2を受け止める場合にも、安定してセンター乗員P2を受け止めることができる。
【0060】
また、実施形態の助手席用エアバッグ装置Mでは、センターバッグ部32を構成する後縁側延設部76と前縁側延設部85とが、外周縁77,86を、左壁部18cを構成する前側部位71,後側部位80の後縁,前縁との境界部位において、前側部位71の後縁(後上縁73U,後下縁73D),後側部位80の前縁(前上縁82U,前下縁82D)にかけてなだらかに連ならせるように、湾曲させて構成され、センターバッグ部32と左壁部18c(メインバッグ部17における車内側面の領域)とは、この前側部位71と後側部位80とにおける後縁側部位72,前縁側部位81の外周縁相互(後上縁73U及び前上縁82U相互、後上側湾曲部74U及び前上側湾曲部83U相互、後縁側延設部76及び前縁側延設部85の外周縁77,86相互、後下側湾曲部74D及び前下側湾曲部83D相互、及び、後下縁73D及び前下縁82D相互)を、縫合糸を用いて縫着させることにより、構成されている。そのため、実施形態の助手席用エアバッグ装置Mでは、エアバッグ15の膨張完了時において、センターバッグ部32が、メインバッグ部17と連通される元部32c側の領域を略円錐台状として、メインバッグ部17からなだらかに連なるように配設されることとなる。すなわち、実施形態の助手席用エアバッグ装置Mでは、エアバッグ15の膨張完了時に、膨張用ガスにより内圧を高められたセンターバッグ部32が、メインバッグ部17との間に部分的に凹むような領域を生じさせずに、膨張する構成であることから、センターバッグ部32によってセンター乗員P2を受け止めた際に、センターバッグ部32が、元部32c側の部位でメインバッグ部17に対して屈曲されることを抑制できて、前方側への倒れ込みを一層抑制でき、センター乗員P2を一層的確に受け止めることができる。
【0061】
さらに、実施形態の助手席用エアバッグ装置Mでは、エアバッグ15の内部に、センターバッグ部32における膨張完了時の先端32d側と、メインバッグ部17におけるガス流入口21の周縁部位22と、を連結して、センターバッグ部32の膨張完了時の車両中央側(運転席DS側)への突出を規制する規制テザー56が、配設される構成であることから、エアバッグ15の膨張初期において、センターバッグ部32が、車両中央側(運転席DS側)へ大きく突出するように展開することを抑制でき、メインバッグ部17とセンターバッグ部32とを、展開膨張時の大きな揺動を抑制して、迅速に膨張させることができる。
【0062】
さらにまた、実施形態の助手席用エアバッグ装置Mでは、エアバッグ15の内部に、センターバッグ部32におけるメインバッグ部17との連通部位(連通部36)付近の前後方向側の離隔距離を規制する規制テザー60が、配設される構成であることから、エアバッグ15の展開膨張時において、センターバッグ部32におけるメインバッグ部17との連通部36付近が、前後方向側で大きく離隔するように膨張することを抑制でき、センターバッグ部32だけでなく、メインバッグ部17を含めてエアバッグ15(バッグ本体16)全体の膨張完了形状を迅速に安定させることができる。また、実施形態の助手席用エアバッグ装置Mでは、この規制テザー60は、センターバッグ部32の元部32c側の連通部36の周縁部位を構成している縫合部位96の上側湾曲部96d,下側湾曲部96eよりもメインバッグ部17側となる位置に、配設される構成である。そのため、エアバッグ15の膨張完了時に、規制テザー60によって、センターバッグ部32の元部32c側における、メインバッグ部17に向かって拡開するような形状を、的確に維持させることができて、センターバッグ部32をより一層安定してメインバッグ部17に支持させることができる。
【0063】
ちなみに、実施形態のエアバッグ15において使用される規制テザー60によって、センターバッグ部32におけるメインバッグ部17との連通部位(連通部36)付近の離隔距離を抑制して、連通部36周縁の部位の膨張形状を安定させることにより、センターバッグ部32を安定して迅速に膨張させることができる点に着目すれば、助手席用エアバッグ装置として、エアバッグ15を、膨張完了時に助手席の前方に配置されるメインバッグ部17と、膨張完了時にメインバッグ部17における車内側面から部分的に車両の中央側(運転席DS側)に向かって突出するように配置されるセンターバッグ部32と、を備える構成とし、エアバッグ15の内部に、センターバッグ部32におけるメインバッグ部17との連通部36付近の前後方向側の離隔距離を規制する規制テザー60を、配設させ、規制テザー60の前縁60a側を、連通部36周縁における前側の領域に結合させ、後縁60b側を、連通部36周縁における後側の領域に結合させるように、構成してもよい。
【0064】
そして、実施形態の助手席用エアバッグ装置Mでは、メインバッグ部17において、少なくとも車内側面(左側壁)17aの領域を構成する内側壁部用基材(左パネル部70)を、前側部位71と後側部位80とに、前後方向側で分割させた構成としており、このような構成とする場合、実施形態とは相違することとなるが、前側部位若しくは後側部位の一方に、センターバッグ部の外周壁を構成する基材を一体的に配設させることもできる。
【0065】
さらに、助手席用エアバッグ装置Mを上記構成とする場合、前側部位71に、平らに展開した状態の後縁側から後方に突出する後縁側延設部72を、配設させ、後側部位80に、平らに展開した状態の前縁側から前方に突出するとともに外形形状を後縁側延設部72と略一致させて構成される前縁側延設部85を、配設させる構成として、センターバッグ部32を、後縁側延設部72と前縁側延設部85との外周縁相互を結合させることにより、構成することもできる。
【0066】
このような構成とすれば、メインバッグ部32における車内側壁部(左壁部18c)を形成する際に、後縁側延設部72と前縁側延設部85との外周縁相互を結合させれば、センターバッグ部32を形成できることから、センターバッグ部32を簡便に製造することができる。また、膨張完了時におけるメインバッグ部17から部分的に突出して配設されるセンターバッグ部32は、膨張完了時に前後で対向するように配置される前側壁部33と後側壁部34とを備える構成とし、この前側壁部33と後側壁部34とを、それぞれ、メインバッグ部17における車内側壁部(左壁部18c)から連ならせる構成とされることとなる。そのため、エアバッグ15の膨張完了時に、センターバッグ部32は、膨張用ガスにより内圧を高められたメインバッグ部17に連なって配置される前側壁部33と後側壁部34との外表面側に、大きな張力を発揮させることができることから、形状保持性を確保でき、小さな容積であっても、乗員を受け止める場合に、前方へ倒れる挙動を抑制できて、乗員を、円滑に受け止めることが可能となる。
【0067】
実施形態では、助手席用エアバッグ装置Mを、運転席DSと助手席PSとの間にセンター席CSを配設させた車両Vに搭載し、エアバッグ15の膨張完了時に、センターバッグ部32によって、センター席CSに着座したセンター乗員P2を保護する構成であるが、本発明を適用可能な助手席用エアバッグ装置は、実施形態に限られるものではない。本発明の助手席用エアバッグ装置を、センター席を備えないタイプの車両に搭載して、車両の斜め衝突若しくはオフセット衝突時に、作動させる構成とし、膨張を完了させたエアバッグのセンターバッグ部によって、車内側斜め前方に向かって移動する運転者若しくは助手席搭載者を保護する構成としてもよい。
【0068】
さらに、自動運転可能な車両等における運転席に搭載させて、運転者を保護する点に着目すれば、車両の運転席前方のステアリングホイール等に設けられた収納部位に折り畳まれて収納されるエアバッグを、備える構成の運転席用エアバッグ装置として、構成してもよい。図13に示すステアリングホイール用のエアバッグ104を参考のために例示すれば、エアバッグ104を、膨張完了時に、運転席の前方に配置されるメインバッグ部として、膨張完了時にメインバッグ部104の左右の一方から部分的に左右の外方に向かって突出するように配置されるサブバッグ部105(図13の二点鎖線参照)を配設させる構成としてもよい。そして、運転席用エアバッグ装置として構成する場合にも、エアバッグの内部に、サブバッグ部105におけるメインバッグ部104との連通部位付近36の前後方向側の離隔距離を規制する規制テザーを、配設させる構成とすればよい。
【符号の説明】
【0069】
1…インストルメントパネル(インパネ)、6…エアバッグカバー、8…インフレーター、12…ケース(収納部位)、15…エアバッグ、16…バッグ本体、17…メインバッグ部、17a…左側壁(車内側面)、18…周壁部、18c…左壁部、21…ガス流入口、22…周縁部位(取付部位)、32…センターバッグ部、32c…元部、32d…先端、33…前側壁部、34…後側壁部、36…連通部、56…規制テザー、60…規制テザー、70…左パネル部、71…前側部位、72…後縁側部位、73U…後上縁、73D…後下縁、74U…後上側湾曲部、74D…後下側湾曲部、76…後縁側延設部、77…外周縁、80…後側部位、81…前縁側部位、82U…前上縁、82D…前下縁、83U…前上側湾曲部、83D…前下側湾曲部、85…前縁側延設部、86…外周縁、96…縫合部位、P1…助手席搭載者、P2…センター乗員、PS…助手席、DS…運転席、CS…センター席、V…車両、M…助手席用エアバッグ装置。
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
図11
図12
図13
図14