特開2017-220073(P2017-220073A)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ グローリー株式会社の特許一覧
<>
  • 特開2017220073-貨幣処理システム及び釣銭補充方法 図000003
  • 特開2017220073-貨幣処理システム及び釣銭補充方法 図000004
  • 特開2017220073-貨幣処理システム及び釣銭補充方法 図000005
  • 特開2017220073-貨幣処理システム及び釣銭補充方法 図000006
  • 特開2017220073-貨幣処理システム及び釣銭補充方法 図000007
  • 特開2017220073-貨幣処理システム及び釣銭補充方法 図000008
  • 特開2017220073-貨幣処理システム及び釣銭補充方法 図000009
  • 特開2017220073-貨幣処理システム及び釣銭補充方法 図000010
  • 特開2017220073-貨幣処理システム及び釣銭補充方法 図000011
  • 特開2017220073-貨幣処理システム及び釣銭補充方法 図000012
  • 特開2017220073-貨幣処理システム及び釣銭補充方法 図000013
  • 特開2017220073-貨幣処理システム及び釣銭補充方法 図000014
  • 特開2017220073-貨幣処理システム及び釣銭補充方法 図000015
  • 特開2017220073-貨幣処理システム及び釣銭補充方法 図000016
  • 特開2017220073-貨幣処理システム及び釣銭補充方法 図000017
  • 特開2017220073-貨幣処理システム及び釣銭補充方法 図000018
  • 特開2017220073-貨幣処理システム及び釣銭補充方法 図000019
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2017-220073(P2017-220073A)
(43)【公開日】2017年12月14日
(54)【発明の名称】貨幣処理システム及び釣銭補充方法
(51)【国際特許分類】
   G07D 9/00 20060101AFI20171117BHJP
【FI】
   G07D9/00 456A
   G07D9/00 408E
【審査請求】未請求
【請求項の数】7
【出願形態】OL
【全頁数】31
(21)【出願番号】特願2016-114999(P2016-114999)
(22)【出願日】2016年6月9日
(71)【出願人】
【識別番号】000001432
【氏名又は名称】グローリー株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】100114306
【弁理士】
【氏名又は名称】中辻 史郎
(74)【代理人】
【識別番号】100148655
【弁理士】
【氏名又は名称】諏訪 淳一
(72)【発明者】
【氏名】林 正夫
(72)【発明者】
【氏名】豊田 恭孝
(72)【発明者】
【氏名】井上 智未
【テーマコード(参考)】
3E040
【Fターム(参考)】
3E040AA01
3E040BA06
3E040CA04
3E040CA16
(57)【要約】
【課題】店舗の営業時間中にレジが釣銭不足となるような場合に、レジにおいて精算処理ができない時間を短くしつつ、適正な金額の釣銭補充金を効率良く釣銭機に補充すること。
【解決手段】釣銭機200は、補充すべき釣銭の金種と数量を釣銭補充金データとしてICタグ304aに書き込む(1)。ICタグ304aは店員に運ばれて貨幣入出金機100の場所まで移動する(2)。貨幣入出金機100は、ICタグ304aから釣銭補充金データを読み取り(3)、釣銭補充金データに示された釣銭補充金を収納カセット300aに収納する(4)。収納カセット300aは店員に運ばれて釣銭機200の場所に移動する(5)。その後、釣銭機200に装着されていた収納カセット300bを取外し(6)、収納カセット300aを装着する(7)。釣銭機200は、装着された収納カセット300aから釣銭補充金を繰り出して収納することで、釣銭の補充を行う。
【選択図】図1
【特許請求の範囲】
【請求項1】
商品の精算処理に応じて貨幣の収納処理及び釣銭となる貨幣の払出処理を行う釣銭機と、前記釣銭機に対して店舗の営業時間中に不足する釣銭を補充するための釣銭補充金を出金処理する貨幣処理装置とを有する貨幣処理システムであって、
前記貨幣処理装置は、
貨幣の収納及び貨幣の繰り出しが可能な第1の貨幣収納部と、
複数の釣銭機に着脱可能な代理貨幣カセットを装着する第1の装着部と、
所定の操作に応答して、前記第1の貨幣収納部内の前記釣銭補充金をなす貨幣を前記第1の装着部に装着された代理貨幣カセットに収納するよう制御する第1の制御部とを備え、
前記釣銭機は、
貨幣の収納及び貨幣の繰り出しが可能な第2の貨幣収納部と、
自装置に対応する貨幣カセット又は前記代理貨幣カセットを装着可能な第2の装着部と、
前記第2の装着部に対して前記代理貨幣カセットが装着され、所定の操作がなされたことを条件として、前記代理貨幣カセットに収納された貨幣を前記第2の貨幣収納部に収納するよう制御する第2の制御部とを備えた
ことを特徴とする貨幣処理システム。
【請求項2】
前記釣銭機は、
操作者が所持する記憶媒体に対して釣銭補充金に係る情報を書き込む書込部をさらに備え、
前記貨幣処理装置は、
少なくとも前記記憶媒体から釣銭補充金に係る情報を読み取るリーダライタ部をさらに備え、
前記第1の制御部は、
所定の操作に応答して、前記リーダライタ部により読み取られた釣銭補充金に係る情報により特定される釣銭補充金となる金種ごとの貨幣の枚数を前記第1の貨幣収納部から繰り出して前記第1の装着部に装着された代理貨幣カセットに収納するよう制御する
ことを特徴とする請求項1に記載の貨幣処理システム。
【請求項3】
前記釣銭機は、
店舗の営業時間中における貨幣の補充条件に応じた基準貨幣量と前記第2の貨幣収納部に所在する貨幣の在高とから釣銭補充金となる貨幣の金種ごとの枚数を特定する特定部をさらに備え、
前記書込部は、
前記特定部により特定された釣銭補充金となる貨幣の金種ごとの枚数を前記釣銭補充金に係る情報として前記記憶媒体に書き込む
ことを特徴とする請求項2に記載の貨幣処理システム。
【請求項4】
前記書込部は、
前記第2の貨幣収納部に所在する貨幣の在高を前記釣銭補充金に係る情報として前記記憶媒体に書き込み、
前記貨幣処理装置は、
店舗の営業時間中における貨幣の補充条件に応じた基準貨幣量と前記記憶媒体から読み出された貨幣の在高とから釣銭補充金となる貨幣の金種ごとの枚数を特定する特定部をさらに備えた
ことを特徴とする請求項2に記載の貨幣処理システム。
【請求項5】
前記第1の制御部は、
所定の操作に応答して、前記第1の貨幣収納部内の前記釣銭補充金をなす貨幣を前記第1の装着部に装着された代理貨幣カセットに収納したことを条件として、前記リーダライタ部により前記記憶媒体に記憶された釣銭補充金に係る情報を消去するよう制御する
ことを特徴とする請求項2〜4のいずれか一つに記載の貨幣処理システム。
【請求項6】
前記書込部は、
前記釣銭補充金に係る情報を書込時刻とともに前記記憶媒体に対して書き込み、
前記第1の制御部は、
前記リーダライタ部により前記書込時刻が読み出された第1の時刻が、前記記憶媒体に書き込まれた書込時刻に所定の時間を加えた第2の時刻よりも前であることを条件として、所定の操作に応答して、前記リーダライタ部により読み取られた釣銭補充金に係る情報により特定される釣銭補充金となる金種ごとの貨幣の枚数を前記第1の貨幣収納部から繰り出して前記第1の装着部に装着された代理貨幣カセットに収納するよう制御する
ことを特徴とする請求項2〜5のいずれか一つに記載の貨幣処理システム。
【請求項7】
商品の精算処理に応じて貨幣の収納処理及び釣銭となる貨幣の払出処理を行う釣銭機と、前記釣銭機に対して店舗の営業時間中に不足する釣銭を補充するための釣銭補充金を出金処理する貨幣処理装置とを有する貨幣処理システムにおける釣銭補充方法であって、
前記貨幣処理装置が、所定の操作に応答して、自装置の貨幣収納部内の釣銭補充金をなす貨幣を自装置の装着部に装着された代理貨幣カセットに収納するよう制御する第1の制御工程と、
前記釣銭機が、自装置の装着部に対して代理貨幣カセットが装着され、所定の操作がなされたことを条件として、前記代理貨幣カセットに収納された貨幣を自装置の貨幣収納部に収納するよう制御する第2の制御工程と
を含んだことを特徴とする釣銭補充方法。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
この発明は、店舗の営業時間中にレジが釣銭不足となるような場合に、レジにおいて精算処理ができない時間を短くしつつ、適正な金額の釣銭補充金を効率良く釣銭機に補充することができる貨幣処理システム及び釣銭補充方法に関する。
【背景技術】
【0002】
スーパーマーケットやコンビニエンスストア等の商業施設の店舗には、商品棚が設置されるフロント領域と、顧客が立ち入ることができないバックヤード領域が存在する。
【0003】
そして、フロント領域の精算所(以下、単に「レジ」と言う)には、POS(Point Of Sales)端末及び釣銭機が設置され、商品と引き換えに顧客からレジ担当者に手渡された貨幣の入金処理を行うとともに、釣銭としての貨幣の出金処理を行っている。一方、店舗のバックヤード領域には、貨幣入出金機が設置され、この貨幣入出金機を用いて、釣銭機から回収された売上金としての貨幣を入金処理し、釣銭機に準備されるべき釣銭準備金としての貨幣を出金処理する。
【0004】
従来、かかる釣銭機及び貨幣入出金機を組み合わせた各種の貨幣処理システムが知られている。例えば、特許文献1には、少なくとも1台の釣銭機と、釣銭機から回収された貨幣の入金処理を行う貨幣入出金機(現金処理装置)と、釣銭機に保有された金種毎の釣銭用貨幣の在高枚数情報、釣銭機における金種毎の釣銭必要枚数情報及び貨幣入出金機における入金額情報を管理する現金データ管理装置とを備えた現金管理システムが開示されている。
【0005】
かかる特許文献1によれば、現金データ管理装置が、釣銭機から送信される在高データにより、該釣銭機に準備されるべき釣銭準備金の金種毎の枚数に係る情報を貨幣入出金機に通知し、貨幣入出金機は、現金データ管理装置から通知された情報に基づいて釣銭準備金を出金する。
【0006】
また、釣銭機から売上金としての貨幣が回収される際に、現金データ管理装置は、釣銭機における貨幣の在高と、必要な釣銭明細(すなわち、釣銭機に釣銭として残置されるべき貨幣の金種毎の枚数に係る情報)とに基づいて、釣銭機から回収されるべき貨幣の金種毎の枚数や金額等を算出し、算出された情報を釣銭機に通知するよう構成されており、釣銭機は、現金データ管理装置から通知された情報に基づいて回収されるべき貨幣を出金する。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0007】
【特許文献1】特許第5125136号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0008】
しかしながら、この特許文献1のものは、売上金を回収するタイミングで釣銭準備金を準備する場合には有効であるが、実際のレジでは、開店前に予め準備した釣銭準備金では賄うことができず、店舗の営業時間中にレジが釣銭不足になる状況が生ずる。
【0009】
かかる場合に、レジ担当者は、釣銭機から収納カセットを取り外し、取り外した収納カセットを持参して貨幣入出金機の場所に移動し、収納カセットを貨幣入出金機に装着する。その後、レジ担当者は、必要となる釣銭補充金の枚数を貨幣入出金機の操作表示部に手入力し、該当する釣銭補充金を収納カセットに移行させた後に、この収納カセットを取り外してレジに移動し、釣銭機に収納カセットを装着して釣銭補充金を補充する作業を行うことになる。
【0010】
ところが、レジ担当者によって釣銭補充金を手入力させることとすると、レジ担当者の入力誤りによって意図しない金額の釣銭補充金が釣銭機に装填されてしまうという問題がある。また、釣銭補充金を補充するまでの間、店舗が営業時間中であるにも関わらず、該当するレジを閉鎖せざるを得ず、店舗における効率的な精算処理の阻害要因になるという問題もある。
【0011】
これらのことから、店舗の営業時間中にレジが釣銭不足となるような場合に、レジにおいて精算処理ができない時間を短くしつつ、適正な金額の釣銭補充金をいかに効率良く釣銭機に補充するかが重要な課題となっている。
【0012】
本発明は、かかる課題を解決するためになされたものであって、店舗の営業時間中にレジが釣銭不足となるような場合に、レジにおいて精算処理ができない時間を短くしつつ、適正な金額の釣銭補充金を効率良く釣銭機に補充することができる貨幣処理システム及び釣銭補充方法を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0013】
上述した課題を解決し、目的を達成するため、本発明は、商品の精算処理に応じて貨幣の収納処理及び釣銭となる貨幣の払出処理を行う釣銭機と、前記釣銭機に対して店舗の営業時間中に不足する釣銭を補充するための釣銭補充金を出金処理する貨幣処理装置とを有する貨幣処理システムであって、前記貨幣処理装置は、貨幣の収納及び貨幣の繰り出しが可能な第1の貨幣収納部と、複数の釣銭機に着脱可能な代理貨幣カセットを装着する第1の装着部と、所定の操作に応答して、前記第1の貨幣収納部内の前記釣銭補充金をなす貨幣を前記第1の装着部に装着された代理貨幣カセットに収納するよう制御する第1の制御部とを備え、前記釣銭機は、貨幣の収納及び貨幣の繰り出しが可能な第2の貨幣収納部と、自装置に対応する貨幣カセット又は前記代理貨幣カセットを装着可能な第2の装着部と、前記第2の装着部に対して前記代理貨幣カセットが装着され、所定の操作がなされたことを条件として、前記代理貨幣カセットに収納された貨幣を前記第2の貨幣収納部に収納するよう制御する第2の制御部とを備えたことを特徴とする。
【0014】
また、本発明は、上記の発明において、前記釣銭機は、操作者が所持する記憶媒体に対して釣銭補充金に係る情報を書き込む書込部をさらに備え、前記貨幣処理装置は、少なくとも前記記憶媒体から釣銭補充金に係る情報を読み取るリーダライタ部をさらに備え、前記第1の制御部は、所定の操作に応答して、前記リーダライタ部により読み取られた釣銭補充金に係る情報により特定される釣銭補充金となる金種ごとの貨幣の枚数を前記第1の貨幣収納部から繰り出して前記第1の装着部に装着された代理貨幣カセットに収納するよう制御することを特徴とする。
【0015】
また、本発明は、上記の発明において、前記釣銭機は、店舗の営業時間中における貨幣の補充条件に応じた基準貨幣量と前記第2の貨幣収納部に所在する貨幣の在高とから釣銭補充金となる貨幣の金種ごとの枚数を特定する特定部をさらに備え、前記書込部は、前記特定部により特定された釣銭補充金となる貨幣の金種ごとの枚数を前記釣銭補充金に係る情報として前記記憶媒体に書き込むことを特徴とする。
【0016】
また、本発明は、上記の発明において、前記書込部は、前記第2の貨幣収納部に所在する貨幣の在高を前記釣銭補充金に係る情報として前記記憶媒体に書き込み、前記貨幣処理装置は、店舗の営業時間中における貨幣の補充条件に応じた基準貨幣量と前記記憶媒体から読み出された貨幣の在高とから釣銭補充金となる貨幣の金種ごとの枚数を特定する特定部をさらに備えたことを特徴とする。
【0017】
また、本発明は、上記の発明において、前記第1の制御部は、所定の操作に応答して、前記第1の貨幣収納部内の前記釣銭補充金をなす貨幣を前記第1の装着部に装着された代理貨幣カセットに収納したことを条件として、前記リーダライタ部により前記記憶媒体に記憶された釣銭補充金に係る情報を消去するよう制御することを特徴とする。
【0018】
また、本発明は、上記の発明において、前記書込部は、前記釣銭補充金に係る情報を書込時刻とともに前記記憶媒体に対して書き込み、前記第1の制御部は、前記リーダライタ部により前記書込時刻が読み出された第1の時刻が、前記記憶媒体に書き込まれた書込時刻に所定の時間を加えた第2の時刻よりも前であることを条件として、所定の操作に応答して、前記リーダライタ部により読み取られた釣銭補充金に係る情報により特定される釣銭補充金となる金種ごとの貨幣の枚数を前記第1の貨幣収納部から繰り出して前記第1の装着部に装着された代理貨幣カセットに収納するよう制御することを特徴とする。
【0019】
また、本発明は、商品の精算処理に応じて貨幣の収納処理及び釣銭となる貨幣の払出処理を行う釣銭機と、前記釣銭機に対して店舗の営業時間中に不足する釣銭を補充するための釣銭補充金を出金処理する貨幣処理装置とを有する貨幣処理システムにおける釣銭補充方法であって、前記貨幣処理装置が、所定の操作に応答して、自装置の貨幣収納部内の釣銭補充金をなす貨幣を自装置の装着部に装着された代理貨幣カセットに収納するよう制御する第1の制御工程と、前記釣銭機が、自装置の装着部に対して代理貨幣カセットが装着され、所定の操作がなされたことを条件として、前記代理貨幣カセットに収納された貨幣を自装置の貨幣収納部に収納するよう制御する第2の制御工程とを含んだことを特徴とする。
【発明の効果】
【0020】
本発明によれば、店舗の営業時間中にレジが釣銭不足となるような場合に、レジにおいて精算処理ができない時間を短くしつつ、適正な金額の釣銭補充金を効率良く釣銭機に補充することができる。
【図面の簡単な説明】
【0021】
図1図1は、本実施例に係る貨幣処理システムの概念を説明するための説明図である。
図2図2は、本実施例に係る貨幣処理システムの構成を示す構成図である。
図3図3は、図2に示した貨幣入出金機の外観を示す斜視図である。
図4図4は、図3に示した貨幣入出金機における紙幣処理ユニットの内部構成を示す図である。
図5図5は、図3に示した貨幣入出金機における硬貨処理ユニットの内部構成を示す図である。
図6図6は、図3に示した包装硬貨収納ユニットの引出部の構成を示す斜視図である。
図7図7は、図3に示した貨幣入出金機の機能ブロック図である。
図8図8は、権限管理データの一例を説明するための説明図である。
図9図9は、図2に示す貨幣処理システムにおける釣銭機及びPOSレジスタの外観を示す斜視図である。
図10図10は、図9に示した釣銭機における紙幣処理ユニットの内部構成を示す図である。
図11図11は、図9に示した釣銭機における硬貨処理ユニットの内部構成を示す図である。
図12図12は、図9に示した釣銭機における包装硬貨収納ユニットの構成を示す図である。
図13図13は、図9に示した釣銭機及びPOSレジスタの機能ブロック図である。
図14図14は、図1に示した収納カセットの外観を示す斜視図である。
図15図15は、貨幣処理システムにおける釣銭補充の処理手順を示すフローチャートである。
図16図16は、貨幣入出金機が釣銭補充金を特定する構成の説明図である。
図17図17は、貨幣入出金機に釣銭補充金データを送信する構成の説明図である。
【発明を実施するための形態】
【0022】
以下、添付図面を参照して、本発明に係る貨幣処理システム及び釣銭補充方法の好適な実施例を詳細に説明する。
【実施例】
【0023】
<貨幣処理システムの概念>
まず、本実施例に係る貨幣処理システムの概念について説明する。図1は、本実施例に係る貨幣処理システムの概念を説明するための説明図である。図1に示すように、この貨幣処理システムは、釣銭機200と貨幣入出金機100とを有する。
【0024】
釣銭機200は、スーパーマーケットやコンビニエンスストア等の商業施設の店舗において、商品棚が設置されるフロント領域のレジに設置され、商品と引き換えに顧客からレジ担当者に手渡された貨幣の入金処理を行うとともに、釣銭としての貨幣の出金処理を行う装置である。
【0025】
貨幣入出金機100は、店舗のバックヤード領域に設置され、釣銭機200から回収された売上金の入金処理を行うとともに、釣銭機200に補充されるべき釣銭補充金の出金処理を行う貨幣処理装置である。
【0026】
釣銭機200及び貨幣入出金機100は、それぞれ収納カセット300を装着することが可能である。担当者が釣銭機200から売上金を回収する場合には、釣銭機200が収納カセット300に売上金を収納した後、収納カセット300を取り外し、取り外した収納カセット300を担当者が持参して貨幣入出金機100の場所に移動する。その後、収納カセット300を貨幣入出金機100に装着すると、貨幣入出金機100が収納カセット300から貨幣を繰り出して入金処理する。また、釣銭機200に釣銭補充金を補充する場合には、貨幣入出金機100が収納カセット300に釣銭補充金としての貨幣を収納した後、収納カセット300を取り外し、取り外した収納カセット300を担当者が持参して釣銭機200の場所に移動する。その後、収納カセット300を釣銭機200に装着すると、釣銭機200が収納カセット300から貨幣を繰り出して入金処理する。
【0027】
ここで、収納カセット300を装着せずに釣銭機200を使用することは好ましくないため、収納カセット300を取り外した状態では釣銭機200の稼働を停止し、レジが利用できなくなる。そこで、本実施例に係る貨幣処理システムでは、釣銭機200に収納カセット300を装着したまま、貨幣入出金機100が予備の収納カセット300に釣銭補充金を収納できるようにしている。以下では、説明の便宜上、釣銭機200に装着中の収納カセット300を収納カセット300b、予備の収納カセット300を収納カセット300aとして説明を行う。
【0028】
釣銭機200は、自装置の内部に収納した金種ごとの在高を管理しており、釣銭用の貨幣が不足する場合に、釣銭の補充を行う。かかる釣銭の補充において、釣銭機200は、まず、金種ごとの在高から補充すべき釣銭の金種と数量を特定し、釣銭補充金データとしてICタグ304aに書き込む(1)。ICタグ304aは、店員のIDカードなどに付設すればよい。
【0029】
店員は、釣銭補充金データが書き込まれたICタグ304aを持参して貨幣入出金機100の場所に移動する(2)。貨幣入出金機100は、ICタグ304aから釣銭補充金データを読み取り(3)、釣銭補充金データに示された金種及び数量の貨幣を釣銭補充金として収納カセット300aに収納する(4)。ここで、収納カセット300aは、予備として用いるため、貨幣処理システムに含まれる複数の釣銭機200のいずれにも装着可能である。
【0030】
店員は、釣銭補充金が収納された収納カセット300aを貨幣入出金機100から取り外し、取り外した収納カセット300aを持参して釣銭機200の場所に移動する(5)。その後、店員は、釣銭機200に装着されていた収納カセット300bを取外し(6)、収納カセット300aを装着する(7)ことで収納カセット300の交換を行う。釣銭機200は、装着された収納カセット300aから釣銭補充金を繰り出して収納することで、釣銭の補充を行う。
【0031】
釣銭機200は、自装置に対応付けられた収納カセット300bに加え、予備の収納カセット300aを装着可能であるため、自装置用の釣銭補充金を貨幣入出金機100が予備の収納カセット300aに収納すれば、自装置に対応付けられた収納カセット300bと予備の収納カセット300aとを交換することで釣銭の補充を行うことができる。すなわち、予備の収納カセット300aは、釣銭機200に対応付けられた収納カセット300bの代理として釣銭補充金を収納することになる。そして、釣銭機200は、釣銭補充金が収納された収納カセット300aが到着するまで収納カセット300bを装着した状態を維持するので、釣銭機200の稼働が停止する時間を最小限に抑えることができる。
【0032】
このように、本実施例に係る貨幣処理システムでは、釣銭機200が釣銭補充金データをICタグ304aに書き込み、貨幣入出金機100がICタグ304aから読み取った釣銭補充金データに応じて釣銭補充金を収納カセット300aに収納し、収納カセット300aと釣銭機200の内部の収納カセット300bとを交換することで釣銭の補充を行う。このため、店舗の営業時間中にレジが釣銭不足となるような場合に、レジにおいて精算処理ができない時間を短くしつつ、適正な金額の釣銭補充金を効率よく釣銭機200に補充することができる。
【0033】
また、釣銭補充金を収納カセット300aに収納して店員に持参させるため、店員が貨幣に触れることなく釣銭の補充を行うことができ、店員のミスや不正を防止することができる。
【0034】
<貨幣処理システムの構成>
次に、貨幣処理システムの構成について説明する。図2は、本実施例に係る貨幣処理システム1の構成を示す構成図である。図2に示すように、店舗420のフロント領域には、様々な商品が陳列された商品棚が設置され、このフロント領域の精算所には釣銭機200やPOSレジスタ290が設置される。顧客が精算所で精算処理を行う場合に、レジ担当者は、顧客から受け取った商品の代金としての貨幣を釣銭機200に入金するとともに、釣銭としての貨幣を釣銭機200から出金して顧客に返却する。
【0035】
また、POSレジスタ290により、顧客が購入した商品に係る情報や釣銭機200に収納されている貨幣に係る情報等の管理が行われる。また、このような店舗420のバックヤード領域(例えば、入金室等が該当する)には、釣銭機200から回収された売上金としての貨幣を入金する出納機等の貨幣入出金機100が設置されている。また、釣銭機200において釣銭としての貨幣が不足する場合には、貨幣入出金機100から釣銭準備金を出金し、この貨幣入出金機100から出金された釣銭準備金としての貨幣を釣銭機200に補充することができる。本実施例では、かかる貨幣入出金機100及び釣銭機200を組み合わせることにより貨幣処理システム1が構成される。
【0036】
また、図2に示すように、この貨幣処理システム1では、警送会社410の警備員等により、紙幣や硬貨が収納されている回収カセットが貨幣入出金機100から取り出され、これらの回収カセットごと紙幣や硬貨が貨幣入出金機100から警送会社410に回収される。また、警送会社410の警備員は、釣銭機200で用いられる釣銭準備金を警送会社410から店舗420に運搬し、この店舗420に設けられた金庫422に収納させる。そして、貨幣入出金機100において上記の釣銭準備金が不足した場合には、店長など所定の権限を有する店員が、金庫422から貨幣を取り出して貨幣入出金機100に入金する。
【0037】
また、図2に示すように、この貨幣処理システム1では、貨幣入出金機100はLAN(Local Area Network)404を介して店舗420の外部に設けられたターミナル400やユーザーサーバー402に通信可能に接続されており、これらのターミナル400やユーザーサーバー402により、貨幣入出金機100における貨幣の在高や、警送会社410の警備員等や店舗420のレジ担当者等の操作者の情報が管理される。
【0038】
<貨幣入出金機100及び釣銭機200の構成>
次に、この貨幣処理システム1における貨幣入出金機100及び釣銭機200の構成について説明する。
【0039】
まず、店舗420のバックヤード領域に設けられた貨幣入出金機100の構成について図3図9を用いて説明する。図3等に示すように、本実施例に係る貨幣入出金機100は、略直方体形状の筐体101を備えており、この筐体101の内部には、紙幣の入金処理及び出金処理を行う紙幣処理ユニット110、硬貨の入金処理及び出金処理を行う硬貨処理ユニット150、及び包装硬貨(同一金種の硬貨を一定枚数(例えば、20枚や50枚)だけ棒状にまとめてフィルムや包装紙等により包装したもの)を収納する包装硬貨収納ユニット180がそれぞれ収容されている。図3に示すように、紙幣処理ユニット110及び硬貨処理ユニット150は、貨幣入出金機100を手前側から見て左右に並ぶよう配置されており、これらの紙幣処理ユニット110及び硬貨処理ユニット150の下方に包装硬貨収納ユニット180が配置されている。
【0040】
図3及び図4に示すように、紙幣処理ユニット110は、筐体101の前面側の右側領域に設けられた紙幣受入部120と、筐体101の前面側において紙幣受入部120の下方に設けられた紙幣払出部122と、筐体101の内部で紙幣を1枚ずつ搬送する搬送部130と、筐体101の内部で紙幣を収納するとともに収納されている紙幣を繰出可能な複数の紙幣収納部134、136とを備えている。なお、図4において、筐体101の右側の側面が紙幣処理ユニット110の手前側の面であり、図4における左向きの方向が紙幣処理ユニット110の奥行き方向である。
【0041】
図4に示すように、搬送部130は、筐体101の上部における中央位置に配置された周回搬送部130a及び複数の接続搬送部130bから構成されている。また、紙幣受入部120、紙幣払出部122、出金リジェクト部124、後述する収納カセット300を着脱自在に装着可能なカセット装着部126、回収カセット140及び2つの紙幣収納部134、136が、それぞれ、周回搬送部130aを取り囲むよう配置されている。
【0042】
また、図4に示すように、複数の接続搬送部130bの各々により、紙幣受入部120、紙幣払出部122、出金リジェクト部124、カセット装着部126、回収カセット140及び2つの紙幣収納部134、136の各々と、周回搬送部130aとの間がそれぞれ接続されている。また、周回搬送部130aには識別部132が設けられており、この識別部132は、周回搬送部130aにより搬送される紙幣の金種、真偽、正損、表裏、搬送状態等の識別を行う。
【0043】
周回搬送部130aは、図4における時計回りの方向及び反時計回りの方向の両方向に紙幣を1枚ずつ搬送することができる。また、搬送部130において、周回搬送部130aと各接続搬送部130bとの間で紙幣の搬送経路を切り換える経路切換部(図示せず)が、周回搬送部130aに沿って配置されている。
【0044】
図3及び図4に示すように、筐体101の前面には、紙幣受入部120の紙幣受入口120aと、紙幣払出部122の紙幣取出口122aとがそれぞれ設けられている。また、カセット装着部126の前面側には扉126aが設けられており、この扉126aを開くことにより収納カセット300をカセット装着部126に装着させたり、このカセット装着部126から収納カセット300を取り出したりすることができる。
【0045】
また、図7に示すように、カセット装着部126には、当該カセット装着部126に装着された収納カセット300に付設されたICタグ304に様々な情報を書き込む書込部128及びこのICタグ304から様々な情報を読み取る読取部129が設けられている。書込部128によりICタグ304に書き込まれる情報や読取部129によりICタグ304から読み取られる情報の詳細については後述するが、このICタグ304のメモリには収納カセット300に収納された金種ごとの紙幣の枚数が記憶される。
【0046】
紙幣受入部120には紙幣繰出機構121が設けられており、紙幣受入口120aに1枚あるいは複数枚の紙幣が投入されたことが検知されると、紙幣繰出機構121が駆動されることにより、紙幣が接続搬送部130bを介して周回搬送部130a側へ1枚ずつ繰り出される。
【0047】
紙幣払出部122は、各紙幣収納部134、136から周回搬送部130aに繰り出された紙幣を紙幣取出口122aにより筐体101の外部へ放出する。
【0048】
出金リジェクト部124は、出金処理時において各紙幣収納部134、136から繰り出された紙幣のうち、重送や斜行等の搬送異常により識別部132で識別することができない紙幣を出金リジェクト紙幣として収納する。また、紙幣受入部120から筐体101の内部に取り込まれた紙幣のうち、入金処理時において汚損等により識別部132で識別することができない紙幣は入金リジェクト紙幣として紙幣払出部122に返却される。
【0049】
各紙幣収納部134、136は、識別部132の識別結果に基づいて紙幣を金種別に収納する。これらの紙幣収納部134、136には、釣銭機200への釣銭補充金の紙幣として貨幣入出金機100から出金されるべき紙幣が収納される。例えば、紙幣収納部134には千円札が収納され、紙幣収納部136には五千円札が収納される。なお、一万円札は後述する回収カセット140に収納される。また、各紙幣収納部134、136には、それぞれ紙幣繰出機構135、137が設けられており、これらの紙幣収納部134、136に収納されている紙幣は、各紙幣繰出機構135、137により接続搬送部130bを介して周回搬送部130a側へ1枚ずつ繰り出される。
【0050】
筐体101の内部における下部領域には回収カセット140が収容されており、警送会社410により回収されるべき紙幣が回収カセット140に収納される。具体的には、識別部132により識別された紙幣が周回搬送部130aから接続搬送部130bを経て回収カセット140に送られる。また、回収カセット140の前面側には扉140aが設けられており、この扉140aを開くことにより回収カセット140を筐体101の内部に収容させたり筐体101の内部から回収カセット140を取り出したりすることができる。
【0051】
次に、硬貨処理ユニット150の構成について説明する。図3及び図5に示すように、硬貨処理ユニット150は、筐体101の前面側の左側領域に設けられた硬貨受入部152と、筐体101の前面側において硬貨受入部152の下方に設けられた硬貨払出部166と、筐体101の内部で硬貨を収納するとともに収納されている硬貨を繰出可能な複数の収納繰出部160とを備えている。
【0052】
硬貨受入部152は、硬貨投入口を介して受け入れた硬貨を1層1列状態で1枚ずつ筐体101内に取り込む。具体的には、硬貨受入部152には繰出ベルト等からなる硬貨繰出機構153(図7参照)が設けられており、硬貨受入部152に受け入れられた硬貨を検知するとこの硬貨繰出機構153が駆動されることにより、当該硬貨繰出機構153によって硬貨が筐体101の内部に1枚ずつ繰り出される。また、図5に示すように、硬貨受入部152には、当該硬貨受入部152により筐体101の内部に繰り出された硬貨を搬送する入金搬送部154が接続されている。
【0053】
図5に示すように、入金搬送部154の途中には、硬貨の金種、真偽、正損、表裏、搬送状態等の識別を行う識別部156と、第1分岐部158とがそれぞれ設けられている。第1分岐部158は、識別部156による硬貨の識別結果に基づいて、硬貨払出部166から払い出されるべき硬貨(リジェクト硬貨等)を入金搬送部154から分岐させて出金搬送部162へ案内する。
【0054】
一方、筐体101内に収納されるべき硬貨(正常硬貨等)は、入金搬送部154により各収納繰出部160へ搬送される。収納繰出部160は、硬貨を金種別に収納するとともに収納されている硬貨を繰出可能となるよう構成されている。例えば、日本国で流通している硬貨の6つの金種(500円硬貨、100円硬貨、50円硬貨、10円硬貨、5円硬貨及び1円硬貨)に対応して6つの収納繰出部160が設けられており、入金搬送部154の上流側(すなわち、図5における下側)から低額順に各収納繰出部160に硬貨が金種毎に収納される。また、収納繰出部160には、当該収納繰出部160に収納された硬貨を1枚ずつ出金搬送部162に繰り出す硬貨繰出機構(図示せず)が設けられている。
【0055】
出金搬送部162は、収納繰出部160から繰り出された硬貨を硬貨払出部166へ搬送する。また、出金搬送部162は、第1分岐部158により入金搬送部154から分岐させられたリジェクト硬貨等を硬貨払出部166へ搬送する。
【0056】
筐体101の内部における下部領域には回収カセット170が収容されており、警送会社410により回収されるべき硬貨が回収カセット170に収納される。具体的には、図5に示すように、出金搬送部162の途中箇所には第2分岐部164が設けられており、当該第2分岐部164により出金搬送部162から分岐させられた硬貨が回収カセット170に送られて、この回収カセット170に収納される。また、回収カセット170の前面側には扉170aが設けられており、この扉170aを開くことにより回収カセット170を筐体101の内部に収容させたり筐体101の内部から回収カセット170を取り出したりすることができる。
【0057】
次に、包装硬貨収納ユニット180の構成について説明する。図6に示すように、包装硬貨収納ユニット180は、包装硬貨が金種毎に収納される複数の収納領域180a〜180fが設けられた引出部182を有しており、当該引出部182は貨幣入出金機100の筐体101の内部から手前側に引き出し可能である。なお、図6に示すように、各収納領域180a〜180fに包装硬貨が収納されたときに当該包装硬貨の長手方向が鉛直方向を向くようになっている。
【0058】
そして、引出部182を貨幣入出金機100の筐体101の内部から手前側に引き出すことにより、各収納領域180a〜180fに包装硬貨を収納したりこれらの収納領域180a〜180fに収納されている包装硬貨を取り出したりすることができる。また、図7に示すように、包装硬貨収納ユニット180は、引出部182を筐体101の内部にロックするロック機構184が設けられており、引出部182が筐体101の内部にロックされている状態では当該引出部182を筐体101の内部から手前側に引き出すことができない。また、包装硬貨収納ユニット180には、引出部182の各収納領域180a〜180fに収納されている包装硬貨の重量を測定する重量計186が設けられている。このような重量計186により測定される包装硬貨の重量に基づいて、後述する制御部102において引出部182の各収納領域180a〜180fに収納されている包装硬貨の数が検知される。
【0059】
なお、各収納領域180a〜180fに収納されている包装硬貨の数を検知するにあたり、重量計186により包装硬貨の重量を測定する代わりに、あるいは重量計186により包装硬貨の重量を測定することに加えて、ラインセンサまたは磁気センサを用いて各収納領域180a〜180fに収納されている包装硬貨の数を検知してもよく、あるいはこれらのラインセンサや磁気センサを組み合わせることにより各収納領域180a〜180fに収納されている包装硬貨の数を検知してもよい。また、収納領域180a〜180f毎にラインセンサや磁気センサが設けられていてもよい。
【0060】
また、図6に示す例では、各収納領域180a〜180fは複数の領域に区画されており、各区画には包装硬貨が10本ずつ収納される場合を示しているが、このような例に限定されるものではない。各区画に包装硬貨が5本ずつ収納されるようになっていてもよく、あるいは各区画に包装硬貨が3本ずつ収納されるようになっていてもよく、また、異なる本数の包装硬貨が収納される複数の種類の区画が組み合わせられるようになっていてもよい。また、上記の説明では包装硬貨収納ユニット180が1つのみ設けられる場合について説明したが、このような例に限定されることはなく、複数の包装硬貨収納ユニット180が設けられるようになっていてもよい。この場合に、包装硬貨の各金種に対応するよう複数の包装硬貨収納ユニット180を設けてもよく、あるいは例えば2つの包装硬貨収納ユニット180にそれぞれ複数の金種の包装硬貨を収納させるようにしてもよい。
【0061】
<貨幣入出金機100における制御系の構成>
次に、このような貨幣入出金機100における制御系の構成について説明する。図7は、貨幣入出金機100における制御系の構成を示すブロック図である。図7に示すように、貨幣入出金機100の筐体101の内部には制御部102が設けられており、当該制御部102により紙幣処理ユニット110、硬貨処理ユニット150及び包装硬貨収納ユニット180の各々の構成部位が制御される。
【0062】
具体的には、制御部102には、紙幣処理ユニット110の紙幣繰出機構121、搬送部130、識別部132、紙幣繰出機構135、137、カセット装着部126、書込部128、読取部129等が接続されており、識別部132による紙幣の識別情報や、収納カセット300に設けられたICタグ304から読取部129により読み取られた情報が制御部102に送られるとともに、制御部102は紙幣処理ユニット110の各構成部位に指令信号を送ることにより、これらの構成部位の制御を行う。
【0063】
また、制御部102には、硬貨処理ユニット150の硬貨繰出機構153、入金搬送部154、識別部156、第1分岐部158、各収納繰出部160、出金搬送部162及び第2分岐部164等が接続されており、識別部156による硬貨の識別情報が制御部102に送られるとともに、制御部102は硬貨処理ユニット150の各構成部位に指令信号を送ることにより、これらの構成部位の制御を行う。
【0064】
また、制御部102には、包装硬貨収納ユニット180のロック機構184及び重量計186等が接続されており、重量計186による包装硬貨の測定結果が制御部102に送られるとともに、制御部102はロック機構184に指令信号を送ることにより当該ロック機構184の制御を行う。
【0065】
また、図7に示すように、制御部102には、操作表示部104、リーダライタ104a、通信部105、記憶部106及び在高管理部107がそれぞれ接続されている。
【0066】
操作表示部104は、筐体101の上部に設けられたタッチパネル等からなり、操作者が操作するための操作画面や、紙幣処理ユニット110、硬貨処理ユニット150及び包装硬貨収納ユニット180の各々に収納されている貨幣の在高に係る情報が操作表示部104に表示される。また、このような操作表示部104において操作者は操作画面における操作ボタンに指を触れることによって制御部102に様々な指令を入力することができる。通信部105は、ターミナル400やユーザーサーバー402に対してLAN404を介して様々な信号の送受信を行うことができる。
【0067】
リーダライタ104aは、操作表示部104の近傍に設けられ、店員により携行されるICタグ304aからの釣銭補充金データの読み出しを行う。また、釣銭金補充データの削除や、他のデータの書き込みも可能である。なお、ICタグ304aは例えば店員用のIDカードに付設されている。
【0068】
記憶部106には、紙幣処理ユニット110、硬貨処理ユニット150及び包装硬貨収納ユニット180の各々に収納されている貨幣の在高に係る情報や、貨幣入出金機100における貨幣の処理履歴等の様々な情報が記憶される。また、貨幣入出金機100の操作者の権限を管理する権限管理データ106aも記憶部106に記憶される。
【0069】
さらに、制御部102は、権限認証部102a、釣銭補充金データ取得部102b及び釣銭出金処理部102cを有する。権限認証部102aは、操作者の権限を認証し、権限に応じて操作を制限する処理を行う。
【0070】
権限認証部102aは、例えばリーダライタ104aにより店員のIDカードから店員の権限を識別するデータを読み取って権限管理データ106aを参照し、識別された権限に対応する操作を選択的に許可する。
【0071】
釣銭補充金データ取得部102bは、リーダライタ104aがICタグ304aから読み出した釣銭補充金データを取得する処理部である。釣銭出金処理部102cは、釣銭補充金データ取得部102bが釣銭補充金データを取得した場合に、釣銭補充金データに示された金種及び枚数の紙幣を収納された収納カセット300に搬送して収納させる。また、釣銭出金処理部102cは、収納カセット300に収納した紙幣の金種及び枚数を出金データとして収納カセット300のICタグ304に書き込む。なお、包装硬貨などを釣銭補充金として出金処理する場合には、収納カセット300には収納されず、現金で出金処理することになるが、現金で出金処理した釣銭補充金についても収納カセット300のICタグ304に書き込む。
【0072】
ここで、釣銭補充金データには、釣銭補充金データの書込時刻が対応付けられている。釣銭出金処理部102cは、釣銭補充金データを読み出した時刻が書込時刻から所定の時間内であること(リーダライタ104aにより書込時刻が読み出された第1の時刻が、書込時刻に所定の時間を加えた第2の時刻よりも前であること)を条件として、釣銭補充金の出金処理を行う。すなわち、釣銭補充金データを読み出した時刻が書込時刻から所定の時間を超えている場合には、釣銭補充金の出金を禁止することで、不正な出金を防止するのである。
【0073】
釣銭補充金の出金処理の後、釣銭出金処理部102cは、ICタグ304aの釣銭補充金データを消去し、収納カセット300を取り出させる。このようにICタグ304aの釣銭補充金データを消去するのは、同一の釣銭補充金データが複数回使用されることを防止するためである。なお、釣銭補充金データに識別情報を持たせて釣銭補充金データの使用履歴を管理することで、使用済の釣銭補充金データが再使用されることを防止してもよい。
【0074】
次に、権限管理データ106aの一例を示し、操作者の権限による制限について説明する。図8は、権限管理データ106aの一例を説明するための説明図である。図8に示す権限管理データ106aは、操作者が「アルバイト」である場合と、操作者が「社員」である場合と、操作者が「店長」である場合と、操作者が「警送担当者」である場合とで許可する操作を異ならせている。
【0075】
具体的には、貨幣入出金機100への貨幣の補充を行う操作については「店長」のみ許可することとしている。また、釣銭機200からの売上金の入金については、「警送担当者」以外に許可することとしている。また、貨幣入出金機100からの出金に係る操作については、収納カセット300への出金のみではなく現金による出金を含む場合には「社員」又は「店長」のみ許可することとしている。一方、収納カセット300への出金のみで行われる出金に関しては、「社員」と「店長」に加え、「アルバイト」であっても許可することとしている。
【0076】
また、両替を行う操作については、「社員」又は「店長」のみ許可することとしている。ここで、両替とは、貨幣入出金機100に貨幣を入金し、同額で金種の異なる貨幣を出金する処理である。例えば、一万円札1枚を入金し、千円札を10枚出金する処理である。両替についても、入出金が収納カセット300を介して可能であり、現金の入出金が不要である場合には、「アルバイト」であっても許可してもよい。
【0077】
また、回収カセット140に所定数の紙幣が収納された場合に回収カセット140を交換する操作については、「店長」のみ許可することとしている。同様に、閉店時などに行う締め処理については、「店長」のみ許可することとしている。また、紙幣収納部134、136に収納された売上金を回収カセット140に搬送する操作については、「店長」のみ許可することとしている。そして、警送会社410に運搬するための回収カセットの取出しについては、「警送担当者」のみ許可することとしている。
【0078】
<釣銭機200の構成>
次に、釣銭機200の詳細な構成について図9図13を用いて説明する。図9等に示すように、本実施例による釣銭機200は、上下に並ぶよう配置された硬貨処理ユニット250及び包装硬貨収納ユニット280と、これらの硬貨処理ユニット250や包装硬貨収納ユニット280の隣に並ぶよう配置された紙幣処理ユニット210とを備えており、紙幣処理ユニット210や硬貨処理ユニット250の上方にはPOSレジスタ290が載置される。紙幣処理ユニット210及び硬貨処理ユニット250は、それぞれ硬貨や紙幣の入出金処理を行う。また、包装硬貨収納ユニット280は、各金種の包装硬貨を取り出し可能に収納する。また、POSレジスタ290は、釣銭機200の管理を行う管理装置として用いられる。
【0079】
まず、紙幣処理ユニット210の構成について図9及び図10を用いて具体的に説明する。図9及び図10に示すように、紙幣処理ユニット210は、略直方体形状の筐体212と、筐体212の前面側に設けられた紙幣受入部220と、筐体212の前面側において紙幣受入部220の下方に設けられた紙幣払出部222と、筐体212の内部で紙幣を1枚ずつ搬送する搬送部230と、筐体212の内部で紙幣を収納するとともに収納されている紙幣を繰出可能な複数の紙幣収納部234、236、238とを備えている。なお、図10において、筐体212の右側の側面が紙幣処理ユニット210の手前側の面であり、図10における左向きの方向が紙幣処理ユニット210の奥行き方向である。
【0080】
図10に示すように、搬送部230は、筐体212の中央位置に配置された周回搬送部230a及び複数の接続搬送部230bから構成されている。また、紙幣受入部220、紙幣払出部222、出金リジェクト部224、後述する収納カセット300を着脱自在に装着可能なカセット装着部226及び3つの紙幣収納部234、236、238が、それぞれ周回搬送部230aを取り囲むよう配置されている。
【0081】
また、図10に示すように、複数の接続搬送部230bの各々により、紙幣受入部220、紙幣払出部222、出金リジェクト部224、カセット装着部226及び3つの紙幣収納部234、236、238の各々と、周回搬送部230aとの間がそれぞれ接続される。また、周回搬送部230aには識別部232が設けられており、この識別部232は、周回搬送部230aにより搬送される紙幣の金種、真偽、正損、表裏、搬送状態等の識別を行う。
【0082】
周回搬送部230aは、図10における時計回りの方向及び反時計回りの方向の両方向に紙幣を1枚ずつ搬送することができる。また、搬送部230において、周回搬送部230aと各接続搬送部230bとの間で紙幣の搬送経路を切り換える経路切換部(図示せず)が、周回搬送部230aに沿って配置されている。
【0083】
図9及び図10に示すように、筐体212の前面には、紙幣受入部220の紙幣受入口220aと、紙幣払出部222の紙幣取出口222aとがそれぞれ設けられている。また、カセット装着部226の前面側には扉226aが設けられており、この扉226aを開くことにより収納カセット300をカセット装着部226に装着させたり、このカセット装着部226から収納カセット300を取り出したりすることができる。
【0084】
また、図13に示すように、カセット装着部226には、当該カセット装着部226に装着された収納カセット300に設けられているICタグ304に様々な情報を書き込む書込部228及び当該ICタグ304から様々な情報を読み取る読取部229がそれぞれ設けられている。
【0085】
紙幣受入部220には紙幣繰出機構221が設けられており、紙幣受入口220aに1枚あるいは複数枚の紙幣が投入されたことが検知されると、紙幣繰出機構221が駆動されることにより紙幣が接続搬送部230bを介して周回搬送部230a側へ1枚ずつ繰り出される。
【0086】
紙幣払出部222は、各紙幣収納部234、236、238から周回搬送部230aに繰り出された紙幣を紙幣取出口222aにより筐体212の外部へ放出するよう構成されている。
【0087】
出金リジェクト部224は、出金処理時において各紙幣収納部234、236、238から繰り出された紙幣のうち、重送や斜行等の搬送異常により識別部232で識別することができない紙幣を出金リジェクト紙幣として収納する。また、紙幣受入部220から筐体212の内部に取り込まれた紙幣のうち、入金処理時において汚損等により識別部232で識別することができない紙幣は、入金リジェクト紙幣として紙幣払出部222に返却される。
【0088】
各紙幣収納部234、236、238は、識別部232の識別結果に基づいて紙幣を金種別に収納する。これらの紙幣収納部234、236、238には、紙幣処理ユニット210に入金された売上金としての紙幣や釣銭として出金されるべき紙幣が収納される。例えば、紙幣収納部234には千円札が収納され、紙幣収納部236には二千円札及び五千円札が混合状態で収納され、紙幣収納部238には一万円札が収納される。また、各紙幣収納部234、236、238にはそれぞれ紙幣繰出機構235、237、239が設けられており、これらの紙幣収納部234、236、238に収納されている紙幣は、各紙幣繰出機構235、237、239により接続搬送部230bを介して周回搬送部230a側へ1枚ずつ繰り出される。
【0089】
次に、硬貨処理ユニット250の構成について説明する。図9及び図11に示すように、硬貨処理ユニット250は、略直方体形状の筐体251と、筐体251の前面側に設けられた硬貨受入部252と、筐体251の前面側において硬貨受入部252の下方に設けられた硬貨払出部266と、筐体251の内部で硬貨を収納するとともに収納されている硬貨を繰出可能な複数の収納繰出部260とを備えている。
【0090】
硬貨受入部252は、硬貨投入口を介して受け入れた硬貨を1層1列状態で1枚ずつ筐体251内に取り込む。具体的には、硬貨受入部252には繰出ベルト等からなる硬貨繰出機構253(図13参照)が設けられており、硬貨受入部252に受け入れられた硬貨を検知すると、この硬貨繰出機構253が駆動されることにより当該硬貨繰出機構253によって硬貨が筐体251の内部に1枚ずつ繰り出される。また、図11に示すように、硬貨受入部252には、当該硬貨受入部252により筐体251の内部に繰り出された硬貨を搬送する入金搬送部254が接続されている。
【0091】
図11に示すように、入金搬送部254の途中には、硬貨の金種、真偽、正損、表裏、搬送状態等の識別を行う識別部256と、分岐部258とがそれぞれ設けられている。分岐部258は、識別部256による硬貨の識別結果に基づいて、リジェクト硬貨等の、硬貨払出部266から払い出されるべき硬貨を入金搬送部254から分岐させて出金搬送部262へ案内する。
【0092】
一方、正常硬貨等の筐体251内に収納されるべき硬貨は入金搬送部254により各収納繰出部260へ搬送される。収納繰出部260は、硬貨を金種別に収納するとともに、収納されている硬貨を繰出可能となるよう構成されている。例えば、日本国で流通している硬貨の6つの金種(500円硬貨、100円硬貨、50円硬貨、10円硬貨、5円硬貨及び1円硬貨)に対応して6つの収納繰出部260が設けられており、入金搬送部254の上流側(すなわち、図11における下側)から低額順に各収納繰出部260に硬貨が金種毎に収納される。また、収納繰出部260には、当該収納繰出部260に収納された硬貨を1枚ずつ出金搬送部262に繰り出す硬貨繰出機構(図示せず)が設けられている。
【0093】
出金搬送部262は、収納繰出部260から繰り出された硬貨を硬貨払出部266へ搬送する。また、出金搬送部262は、分岐部258により入金搬送部254から分岐させられたリジェクト硬貨等を硬貨払出部266へ搬送する。
【0094】
次に、包装硬貨収納ユニット280の構成について具体的に説明する。図9及び図12に示すように、包装硬貨収納ユニット280は、手前側の側面が開口している略直方体形状の筐体281と、筐体281内に収容可能であるとともに当該筐体281から手前側に引き出し可能な収納ドロア282とを備えており、収納ドロア282には各金種の包装硬貨が例えば2列で収納される(図12において、収納ドロア282に収納された各金種の包装硬貨を斜線で示している)。
【0095】
ここで、収納ドロア282には、包装硬貨を1本ずつ収納する収納部(ポケット)が複数個形成されており、各収納部に収納される包装硬貨の金種毎の収納本数及び位置が予め設定されている。具体的には、図12において参照符号Aで示す領域には8本の100円の包装硬貨が収納可能であり、参照符号Bで示す領域には1本の500円の包装硬貨が収納可能であり、参照符号Cで示す領域には1本の50円の包装硬貨が収納可能である。また、図12において参照符号Dで示す領域には6本の10円の包装硬貨が収納可能であり、参照符号Eで示す領域には4本の1円の包装硬貨が収納可能であり、参照符号Fで示す領域には1本の5円の包装硬貨が収納可能である。
【0096】
また、図13に示すように、包装硬貨収納ユニット280の筐体281の内部には、収納ドロア282が筐体281に完全に収容されたときに当該収納ドロア282を筐体281内にロックするためのロック機構286が設けられている。ここで、ロック機構286が収納ドロア282を筐体281の内部にロックしたときには、この収納ドロア282を筐体281から手前側に引き出すことができなくなり、よって収納ドロア282から包装硬貨を取り出すことができなくなる。
【0097】
また、包装硬貨収納ユニット280の筐体281における前面開口の近傍には、収納ドロア282が筐体281から手前側に引き出されたり筐体281の内部に戻されたりする際に、当該収納ドロア282に収納されている包装硬貨の金種毎の本数を検知する検知部284が設けられている。具体的には、図12等に示すように、検知部284は左右一対の光センサ284a及び筐体281からの収納ドロア282の引き出し量を検知するロータリエンコーダ284bを有している。
【0098】
ここで、各光センサ284aは、発光素子及び受光素子を有しており、発光素子から発せられた光は、包装硬貨収納ユニット280の幅方向(図12における左右方向)に延びる光軸を通って受光素子に送られる。そして、収納ドロア282が筐体281の内部に完全に収容されていたり当該収納ドロア282が筐体281から完全に引き出されたりしているときには、各光センサ284aにおいて発光素子から発せられた光は受光素子により受けられる。一方、収納ドロア282が筐体281から手前側に引き出されたり筐体281の内部に戻されたりする際に、発光素子から発せられた光が収納ドロア282内に収納された包装硬貨により遮られることにより受光素子に届かなくなり、このことにより包装硬貨の孔の有無や直径の大きさが検知される。
【0099】
前述したように、収納ドロア282において、収納される包装硬貨の金種毎の収納本数及び位置が予め設定されているため、光センサ284aにより検知された包装硬貨の孔の有無や直径の大きさ、ならびにロータリエンコーダ284bにより検知された筐体281からの収納ドロア282の引き出し量に基づいて、収納ドロア282に収納された包装硬貨の金種毎の本数、及び各包装硬貨が収納ドロア282内の所定の位置に正しく収納されているか否か等が検知される。
【0100】
なお、本実施例による包装硬貨収納ユニット280は上記の構成のものに限定されることはない。他の構成の包装硬貨収納ユニット280において、収納ドロア282に収納されている包装硬貨の金種毎の本数を検知する検知部284として、収納ドロア282の収納部に収納される包装硬貨の有無及び金種(材質)を検出するセンサを全ての収納部に配置するような方式のものが用いられてもよい。
【0101】
<POSレジスタの構成>
次に、POSレジスタ290の構成について具体的に説明する。図9及び図13に示すように、POSレジスタ290は、POS制御部291と、POS制御部291にそれぞれ接続されたモニタ等の表示部293及び操作キー等の操作部294とを備えている。
【0102】
操作部294は、操作者が操作することができるようになっており、POS制御部291に対して様々な指令を与えることができる。また、表示部293は、紙幣処理ユニット210や硬貨処理ユニット250における紙幣や硬貨の処理状況や、紙幣処理ユニット210や硬貨処理ユニット250に収納されている紙幣や硬貨の在高等の情報を表示する。また、POSレジスタ290には、顧客が視認可能な追加の表示部293aが設けられており、様々な情報を表示部293に表示させる代わりに、あるいは表示部293における表示に加えて、追加の表示部293aにおいて表示が行われるようになっていてもよい。
【0103】
また、POSレジスタ290には、カードリーダ296及び印字部297が設けられている(図13参照、図9では図示せず)。カードリーダ296は、レジ担当者等の操作者が携帯するIDカードを読み取ることにより、当該操作者のIDや権限等に関する情報を取得する。また、印字部297は、例えばプリンタから構成され、売上レシートや集計レシートに加えて、紙幣処理ユニット210や硬貨処理ユニット250に収納されている紙幣や硬貨の在高等の情報をレシートに印字する。
【0104】
<釣銭機200の制御系の構成>
次に、釣銭機200の制御系の構成について図13を用いて説明する。図13に示すように、硬貨処理ユニット250は、上位制御部202及び硬貨制御部250aを有しており、これらの上位制御部202及び硬貨制御部250aは互いに接続されている。
【0105】
また、紙幣処理ユニット210は紙幣制御部210aを有しており、この紙幣制御部210aは硬貨処理ユニット250の上位制御部202に接続されている。また、包装硬貨収納ユニット280は包装硬貨制御部280aを有しており、この包装硬貨制御部280aは硬貨処理ユニット250の上位制御部202に接続されている。また、POSレジスタ290に設けられたPOS制御部291も硬貨処理ユニット250の上位制御部202に接続されている。また、図示していないが、POSレジスタ290のPOS制御部291は店舗サーバ等の上位端末と通信可能に接続されている。
【0106】
図13に示すように、硬貨処理ユニット250の上位制御部202には、紙幣処理ユニット210、包装硬貨収納ユニット280及びPOSレジスタ290の各々と通信を行うための通信部203、操作表示部204、リーダライタ205、釣銭補充要求部206、釣銭補充処理部207及び記憶部208がそれぞれ接続されている。
【0107】
この上位制御部202は、通信部203により、紙幣処理ユニット210の紙幣制御部210a、包装硬貨収納ユニット280の包装硬貨制御部280a及びPOSレジスタ290のPOS制御部291に対して信号の送受信を行う。
【0108】
操作表示部204は、硬貨処理ユニット250の筐体251の上面に設けられたタッチパネル等からなり、操作者が操作するための操作画面や、紙幣処理ユニット210、硬貨処理ユニット250及び包装硬貨収納ユニット280の各々に収納されている貨幣の在高に係る情報が操作表示部204に表示される。このような操作表示部204において、操作者は、操作画面における操作ボタンに指を触れることによって、上位制御部202に様々な指令を入力することができる。
【0109】
リーダライタ205は、操作表示部204の近傍に設けられ、店員により携行されるICタグ304aに釣銭補充金データを書き込む処理を行う。釣銭補充要求部206は、硬貨処理ユニット250及び包装硬貨収納ユニット280の各々に収納されている貨幣の在高に基づいて釣銭の補充が必要であるか否かを判定する。
【0110】
釣銭の補充が必要であると判定したならば、釣銭補充要求部206は、釣銭の補充が必要であることを操作者に報知する。この報知は、例えば操作表示部204への表示出力により行う。釣銭補充要求部206は、操作者から釣銭の補充を行う旨の操作を受け付けたならば、貨幣の在高から補充すべき釣銭の金種及び数量を特定して釣銭補充金データを生成する。
【0111】
補充の必要性の判定と、補充すべき釣銭の金種及び数量の特定は、店舗の営業時間中における貨幣の補充条件に基づいて行われる。例えば、営業の開始直後よりも営業の終了直前の方が用意すべき釣銭は少なくなる。また、来店人数や精算件数が少なければ、用意すべき釣銭は少なくなる。補充条件は、時刻、来店人数、精算件数などから、その時点で用意すべき釣銭の金種毎の数量を示すものである。補充条件は、テーブルとして記憶部208に記憶してもよいし、所定の算出式であってもよい。かかる補充条件を用いることで、状況に応じた適正量の貨幣を釣銭として用意することができる。
【0112】
釣銭補充要求部206は、生成した釣銭補充金データのICタグ304aへの書き込みをリーダライタ205に行わせる。このとき、リーダライタ205は、書込時刻を釣銭補充金データに対応付けてICタグ304aへの書き込みを行う。
【0113】
釣銭補充処理部207は、釣銭機200が貨幣を収納した収納カセット300を装着された場合に、収納カセット300から貨幣を繰り出して収納する。また、収納カセット300に設けられたICタグ304から読取部229により読み取られた出金データに示された金種毎の枚数と、収納カセット300から繰り出した貨幣の金種別の枚数とを比較する。
【0114】
また、収納カセット300に収納されず、現金で出金された釣銭補充金に関する情報がICタグ304から読み取った出金データに含まれていた場合には、現金での入金を受け付けるとともに、入金された貨幣の金種別の枚数をICタグ304から出金データと比較する。
【0115】
例えば、包装硬貨については、包装硬貨収納ユニット280の収納ドロア282への包装硬貨の金種毎の入金本数を検知部284により検知し、出金データに示された包装硬貨の金種毎の本数と一致するか否かを判定することになる。
【0116】
出金データに示された金種別の枚数と、釣銭機200が受け付けた貨幣の金種別枚数とが一致したならば、釣銭補充処理部207は、記憶部208に記憶された在高を更新し、釣銭機200を用いた商品の精算処理が可能な状態に復帰する。なお、不一致となった場合には、操作表示部204への表示出力などにより報知を行う。この場合には、釣銭機200を用いた商品の精算処理を停止させてもよい。また、釣銭機200が受け付けた貨幣の金種別枚数に基づいて在高を更新し、商品の精算処理が可能な状態に復帰してもよい。
【0117】
記憶部208には、紙幣処理ユニット210、硬貨処理ユニット250及び包装硬貨収納ユニット280の各々に収納されている貨幣の在高に係る情報や、釣銭機200における貨幣の処理履歴等の様々な情報が記憶される。
【0118】
また、紙幣処理ユニット210の紙幣制御部210aには、通信部240、紙幣繰出機構221、搬送部230、識別部232、紙幣繰出機構235、237、239、カセット装着部226、書込部228、読取部229等が接続されており、識別部232による紙幣の識別情報や、収納カセット300に設けられたICタグ304から読取部229により読み取られた情報が紙幣制御部210aに送られるとともに、紙幣制御部210aは、紙幣処理ユニット210の各構成部位に指令信号を送ることにより、これらの構成部位の制御を行う。また、紙幣制御部210aは、通信部240により、硬貨処理ユニット250の上位制御部202に対して信号の送受信を行う。
【0119】
また、硬貨処理ユニット250の硬貨制御部250aには、硬貨繰出機構253、入金搬送部254、識別部256、分岐部258、各収納繰出部260及び出金搬送部262等が接続されており、識別部256による硬貨の識別情報が硬貨制御部250aに送られるとともに、硬貨制御部250aは硬貨処理ユニット250の各構成部位に指令信号を送ることにより、これらの構成部位の制御を行う。
【0120】
また、包装硬貨収納ユニット280の包装硬貨制御部280aには、通信部289、検知部284、ロック機構286及び記憶部288等が接続されており、検知部284による包装硬貨の検知情報が包装硬貨制御部280aに送られるとともに、包装硬貨制御部280aはロック機構286に指令信号を送ることにより当該ロック機構286の制御を行う。また、包装硬貨制御部280aは、通信部289により、硬貨処理ユニット250の上位制御部202に対して信号の送受信を行う。また、包装硬貨収納ユニット280の収納ドロア282に収納されている包装硬貨の在高の情報等が記憶部288に記憶される。
【0121】
また、POSレジスタ290のPOS制御部291には、表示部293、操作部294、記憶部295、通信部292、カードリーダ296、印字部297等がそれぞれ通信可能に接続されており、操作者により操作部294に入力された指令が当該操作部294からPOS制御部291に送られたり、カードリーダ296により読み取られたレジ担当者等の操作者のIDカードに係る情報がPOS制御部291に送られる。
【0122】
POS制御部291は、表示部293に指令を送ることにより、当該表示部293に様々な情報を表示させる。なお、POS制御部291は、表示部293に様々な情報を表示させる代わりに、あるいは表示部293における表示に加えて、追加の表示部293aにおいて表示を行わせることもできる。
【0123】
また、POS制御部291は、印字部297に指令を送ることにより、当該印字部297により様々な情報をレシート等に印字させる。また、POS制御部291は、通信部292により、硬貨処理ユニット250の上位制御部202や店舗サーバ等の上位端末(図示せず)に対して信号の送受信を行う。
【0124】
記憶部295には、紙幣処理ユニット210や硬貨処理ユニット250等から送信された、紙幣処理ユニット210や硬貨処理ユニット250における硬貨や紙幣の処理状況や、紙幣処理ユニット210や硬貨処理ユニット250、包装硬貨収納ユニット280の内部に収納されている硬貨や紙幣、包装硬貨の在高等の様々な情報が記憶される。
【0125】
<収納カセット300の構成>
次に、貨幣入出金機100と釣銭機200との間で紙幣の受け渡しを行うための収納カセット300の構成について図14を用いて説明する。図14に示すように、収納カセット300は、略直方体形状のケーシング301を有しており、当該ケーシング301の内部に紙幣が積層状態で収納される。また、上述したように、収納カセット300は貨幣入出金機100のカセット装着部126及び釣銭機200のカセット装着部226にそれぞれ着脱自在に装着される。
【0126】
また、収納カセット300のケーシング301の側面には開口302が形成されており、収納カセット300が貨幣入出金機100のカセット装着部126や釣銭機200のカセット装着部226に装着されているときに、貨幣入出金機100の紙幣処理ユニット110に設けられた搬送部130や釣銭機200の紙幣処理ユニット210に設けられた搬送部230から当該開口302を介して紙幣が収納カセット300の内部に送られたり、収納カセット300に収納されている紙幣が開口302を介して貨幣入出金機100の紙幣処理ユニット110の搬送部130や釣銭機200の紙幣処理ユニット210の搬送部230に繰り出されたりする。
【0127】
より詳細には、収納カセット300の内部には、当該収納カセット300に収納されている紙幣を開口302からケーシング301の外部に繰り出す紙幣繰出機構が設けられている。また、収納カセット300が貨幣入出金機100のカセット装着部126や釣銭機200のカセット装着部226に装着されているときに、貨幣入出金機100の紙幣処理ユニット110側や釣銭機200の紙幣処理ユニット210側から収納カセット300の紙幣繰出機構に動力が伝達される。
【0128】
このように、収納カセット300が貨幣入出金機100のカセット装着部126や釣銭機200のカセット装着部226から取り出された状態では当該収納カセット300に収納されている紙幣をケーシング301の外部に繰り出させることができないため、収納カセット300に収納されている紙幣のセキュリティ性を向上させることができる。
【0129】
また、収納カセット300のケーシング301の側面にはICタグ304が設けられている。そして、収納カセット300が貨幣入出金機100のカセット装着部126や釣銭機200のカセット装着部226に装着されているときに、貨幣入出金機100のカセット装着部126に設けられた書込部128や釣銭機200のカセット装着部226に設けられた書込部228によりICタグ304に様々な情報を書き込んだり、貨幣入出金機100のカセット装着部126に設けられた読取部129や釣銭機200のカセット装着部226に設けられた読取部229によりICタグ304から様々な情報を読み取ったりすることができるようになっている。
【0130】
<釣銭補充の処理手順>
次に、貨幣処理システムにおける釣銭補充の処理手順について説明する。図15は、貨幣処理システムにおける釣銭補充の処理手順を示すフローチャートである。まず、釣銭機200の釣銭補充要求部206は、操作者から釣銭の補充を行う旨の操作を受け付けたならば、硬貨処理ユニット250及び包装硬貨収納ユニット280の各々に収納されている貨幣の在高を示す在高データを記憶部208から読み出す(ステップS201)。
【0131】
釣銭補充要求部206は、読み出した在高データから補充すべき釣銭の金種及び数量を特定して釣銭補充金データを生成し(ステップS202)、店員のIDカードのICタグ304aに釣銭補充金データを書き込む(ステップS203)。
【0132】
ICタグ304aは、店員により持参され、貨幣入出金機100のリーダライタ104aに翳される。貨幣入出金機100の釣銭補充金データ取得部102bは、リーダライタ104aを介してICタグ304aから釣銭補充金データを読み取る(ステップS101)。釣銭出金処理部102cは、釣銭補充金データに示された金種及び枚数の紙幣を釣銭補充金として収納カセット300に収納する(ステップS102)。また、釣銭出金処理部102cは、収納カセット300に収納した紙幣の金種及び枚数を出金データとして収納カセット300のICタグ304に書き込む(ステップS103)。
【0133】
その後、釣銭出金処理部102cは、ICタグ304aの釣銭補充金データを消去し(ステップS104)、収納カセット300が取り外される(ステップS105)。
【0134】
店員は、貨幣入出金機100から取り外した収納カセット300を持参して釣銭機200の所在する場所まで移動する。釣銭機200は、店員からの操作を受けて内部に装着していた収納カセット300の取外しを行い(ステップS204)、新たな収納カセット300の装着を受け付ける(ステップS205)。
【0135】
釣銭機200の釣銭補充処理部207は、装着された収納カセット300から貨幣を繰り出して収納する(ステップS206)。また、収納カセット300のICタグ304から出金データを読取り(ステップS207)、収納カセット300から繰り出した釣銭補充金と出金データの比較を行う(ステップS208)。その後、釣銭補充処理部207は、記憶部208に記憶された在高データを更新し(ステップS209)、釣銭補充に係る処理を終了する。なお、釣銭補充に係る処理の終了後、釣銭機200は、商品の精算処理が可能な状態に復帰する。
【0136】
<貨幣入出金機100が釣銭補充金を特定する構成>
次に、釣銭補充金の特定を貨幣入出金機100が行う構成について説明する。これまでの説明では、釣銭機200が在高データから補充すべき釣銭の金種と数量を特定し、釣銭補充金データを生成する構成を示したが、釣銭補充金の特定は貨幣入出金機100で行うこととしてもよい。
【0137】
図16は、貨幣入出金機100が釣銭補充金を特定する構成の説明図である。図16に示すように、この構成では、釣銭機200は、自装置の内部に収納した金種ごとの在高を示す在高データをICタグ304aに書き込む(1)。
【0138】
店員は、在高データが書き込まれたICタグ304aを持参して貨幣入出金機100の場所に移動する(2)。貨幣入出金機100は、ICタグ304aから在高データを読み取り(3)、在高データから釣銭機200に補充すべき釣銭の金種及び数量を特定し、釣銭補充金データを生成する(3a)。そして、生成した釣銭補充金データに基づいて、貨幣を収納カセット300aに収納する(4)。
【0139】
店員は、釣銭補充金が収納された収納カセット300aを貨幣入出金機100から取り外し、取り外した収納カセット300aを持参して釣銭機200の場所に移動する(5)。その後、店員は、釣銭機200に装着されていた収納カセット300bを取外し(6)、収納カセット300aを装着する(7)ことで収納カセット300の交換を行う。釣銭機200は、装着された収納カセット300aから釣銭補充金を繰り出して収納することで、釣銭の補充を行う。
【0140】
<貨幣入出金機100に釣銭補充金データを送信する構成>
次に、貨幣入出金機100に釣銭補充金データを送信する構成について説明する。これまでの説明では、釣銭機200が釣銭補充金データをICタグ304aに書き込み、貨幣入出金機100がICタグ304aから釣銭補充金データを読み取る構成について説明したが、釣銭補充金データを貨幣入出金機100に送信する構成であってもよい。
【0141】
図17は、貨幣入出金機100に釣銭補充金データを送信する構成の説明図である。図17に示す構成では、貨幣入出金機100と釣銭機200は、所定のネットワーク、例えばLANを介して通信可能に接続される。
【0142】
この構成では、釣銭機200は、補充すべき釣銭の金種と数量を釣銭補充金データとして送信し(1)、貨幣入出金機100に受信させる(2)。貨幣入出金機100は、受信した釣銭補充金データに示された金種及び数量の貨幣を収納カセット300aに収納する(3)。
【0143】
店員は、釣銭補充金が収納された収納カセット300aを貨幣入出金機100から取り外し、取り外した収納カセット300aを持参して釣銭機200の場所に移動する(4)。その後、店員は、釣銭機200に装着されていた収納カセット300bを取外し(5)、収納カセット300aを装着する(6)ことで収納カセット300の交換を行う。釣銭機200は、装着された収納カセット300aから釣銭補充金を繰り出して収納することで、釣銭の補充を行う。
【0144】
上述してきたように、本実施例に係る貨幣処理システムでは、貨幣処理装置である貨幣入出金機100は、貨幣の収納及び貨幣の繰り出しが可能な紙幣収納部134、136と、複数の釣銭機に着脱可能な収納カセット300を装着するカセット装着部126と、紙幣収納部134、136内の釣銭補充金をなす貨幣を収納カセット300に収納するよう制御する釣銭出金処理部102cとを備え、釣銭機200は、貨幣の収納及び貨幣の繰り出しが可能な紙幣収納部234、236、238と、収納カセット300を装着するカセット装着部226と、収納カセット300に収納された貨幣を紙幣収納部234、236、238に収納するよう制御する釣銭補充処理部207とを備えるよう構成した。このため、店舗の営業時間中にレジが釣銭不足となるような場合に、レジにおいて精算処理ができない時間を短くしつつ、適正な金額の釣銭補充金を効率良く釣銭機に補充することができる。
【0145】
また、釣銭機200は、店員が所持するICタグ304a、もしくは通信を用いて釣銭補充金データを貨幣入出金機100に通知するので、釣銭機200は、釣銭補充金が収納された収納カセット300aが到着するまで収納カセット300bを装着した状態を維持し、釣銭機200の稼働が停止する時間を最小限に抑えることができる。
【0146】
なお、上述した貨幣処理システム、及びこのような貨幣処理システムに設けられた貨幣処理装置や釣銭機は、上述したような態様に限定されることはなく、様々な変更を加えることができる。
【0147】
例えば、本実施例では店員のIDカードにICタグ304aを付設し、釣銭補充金データを書き込む構成を例示したが、釣銭補充専用のカードにICタグ304aを付設して釣銭補充金データを書き込んでもよい。また、カードに限らず、棒状など、任意の形状の物品にICタグ304aを付設し、釣銭補充金データの書込に用いることができる。また、ICタグに限らず、データの読み書きが可能な任意の記憶媒体を釣銭補充金データの書込に用いることができる。
【0148】
また、本実施例では、釣銭補充のための予備の収納カセット300を用いる構成を例に説明を行ったが、例えば、休止中のレジの釣銭機200から収納カセット300を取外し、他のレジの釣銭補充金を収納するために用いてもよい。すなわち、休止中の釣銭機200内の収納カセット300が、稼働中の釣銭機200に対応付けられた収納カセット300の代理として釣銭補充金を収納することになる。この場合には、釣銭の補充後に収納カセット300を取外し、元の釣銭機200に戻せばよい。
【0149】
また、上記の実施例では、本発明を店舗のバックヤードに設けた貨幣入出金機に適用した場合を示したが、本発明はこれに限定されるものではなく、各種の貨幣処理装置に適用することができる。
【0150】
また、硬貨の収納及び収納されている硬貨の繰り出しを行う硬貨収納カセットが貨幣入出金機100及び釣銭機200にそれぞれ着脱自在に装着されるようになっていてもよい。
【0151】
この場合には、貨幣入出金機100と釣銭機200との間でこのような硬貨収納カセットにより硬貨の受け渡しを行うことができるようになるため、釣銭機200から回収された売上金としての硬貨や貨幣入出金機100から出金された釣銭機200に釣銭補充金として補充されるべき硬貨を操作者の手に触れさせないようにすることができるため、セキュリティ性を高めることができる。
【産業上の利用可能性】
【0152】
本発明の貨幣処理システム及び釣銭補充方法は、店舗の営業時間中にレジが釣銭不足となるような場合に、レジにおいて精算処理ができない時間を短くしつつ、適正な金額の釣銭補充金を効率良く釣銭機に補充することに有用である。
【符号の説明】
【0153】
1 貨幣処理システム
100 貨幣入出金機
101 筐体
102 制御部
102a 権限認証部
102b 釣銭補充金データ取得部
102c 釣銭出金処理部
104 操作表示部
104a リーダライタ
105 通信部
106 記憶部
106a 権限管理データ
107 在高管理部
110 紙幣処理ユニット
120 紙幣受入部
120a 紙幣受入口
121 紙幣繰出機構
122 紙幣払出部
122a 紙幣取出口
124 出金リジェクト部
126 カセット装着部
126a 扉
128 書込部
129 読取部
130 搬送部
130a 周回搬送部
130b 接続搬送部
132 識別部
134、136 紙幣収納部
135、137 紙幣繰出機構
140 回収カセット
150 硬貨処理ユニット
152 硬貨受入部
153 硬貨繰出機構
154 入金搬送部
156 識別部
158 第1分岐部
160 収納繰出部
162 出金搬送部
164 第2分岐部
166 硬貨払出部
170 回収カセット
180 包装硬貨収納ユニット
200 釣銭機
202 上位制御部
203 通信部
204 操作表示部
205 リーダライタ
206 釣銭補充要求部
207 釣銭補充処理部
208 記憶部
210 紙幣処理ユニット
210a 紙幣制御部
212 筐体
220 紙幣受入部
220a 紙幣受入口
221 紙幣繰出機構
222 紙幣払出部
222a 紙幣取出口
224 出金リジェクト部
226 カセット装着部
228 書込部
229 読取部
230 搬送部
230a 周回搬送部
230b 接続搬送部
232 識別部
234、236、238 紙幣収納部
235、237、239 紙幣繰出機構
240 通信部
250 硬貨処理ユニット
250a 硬貨制御部
252 硬貨受入部
253 硬貨繰出機構
254 入金搬送部
256 識別部
258 分岐部
260 収納繰出部
262 出金搬送部
266 硬貨払出部
280 包装硬貨収納ユニット
280a 包装硬貨制御部
282 収納ドロア
284 検知部
284a 光センサ
284b ロータリエンコーダ
286 ロック機構
288 記憶部
289 通信部
290 POSレジスタ
291 POS制御部
292 通信部
293 表示部
294 操作部
295 記憶部
296 カードリーダ
297 印字部
300、300a、300b 収納カセット
301 ケーシング
302 開口
304、304a ICタグ
400 ターミナル
402 ユーザーサーバー
404、405 LAN
410 警送会社
420 店舗
422 金庫
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
図11
図12
図13
図14
図15
図16
図17