特開2017-225473(P2017-225473A)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 株式会社三共の特許一覧
<>
  • 特開2017225473-遊技機 図000003
  • 特開2017225473-遊技機 図000004
  • 特開2017225473-遊技機 図000005
  • 特開2017225473-遊技機 図000006
  • 特開2017225473-遊技機 図000007
  • 特開2017225473-遊技機 図000008
  • 特開2017225473-遊技機 図000009
  • 特開2017225473-遊技機 図000010
  • 特開2017225473-遊技機 図000011
  • 特開2017225473-遊技機 図000012
  • 特開2017225473-遊技機 図000013
  • 特開2017225473-遊技機 図000014
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2017-225473(P2017-225473A)
(43)【公開日】2017年12月28日
(54)【発明の名称】遊技機
(51)【国際特許分類】
   A63F 7/02 20060101AFI20171201BHJP
【FI】
   A63F7/02 326Z
【審査請求】未請求
【請求項の数】2
【出願形態】OL
【全頁数】24
(21)【出願番号】特願2016-121338(P2016-121338)
(22)【出願日】2016年6月20日
(71)【出願人】
【識別番号】000144153
【氏名又は名称】株式会社三共
(72)【発明者】
【氏名】小倉 敏男
【テーマコード(参考)】
2C088
【Fターム(参考)】
2C088EA10
(57)【要約】
【課題】製造コストや手間をかけることなく配線の接続状態が解除されることを抑制することができる遊技機を提供すること。
【解決手段】演出基板40と電子部品(例えば、発光ダイオードやモータ、ソレノイド、液晶表示器など)とを接続するケーブルC1と、演出基板40に設けられケーブルC1が接続される基板側コネクタKCN1と、演出基板40を被覆するためのカバー部材402と、を備え、カバー部材402は、演出基板40を被覆した状態において基板側コネクタKCN1とケーブルC1との接続状態の解除を阻止する接続解除阻止手段としてのカバー部材402の規制部411a,411bを備える。
【選択図】図2
【特許請求の範囲】
【請求項1】
遊技が可能な遊技機であって、
回路基板と、
前記回路基板と電子部品とを接続する配線と、
前記回路基板に設けられ前記配線が接続される基板側コネクタと、
前記回路基板を被覆するための被覆体と、
を備え、
前記回路基板と前記被覆体とのうち少なくとも一方は、前記回路基板を被覆した状態において前記基板側コネクタと前記配線との接続状態の解除を阻止する接続解除阻止手段を備える
ことを特徴とする遊技機。
【請求項2】
前記電子部品は、前記回路基板に対し動作可能に設けられた可動体に設けられ、
前記可動体の移動に伴い前記配線が撓むことによって該配線の一部が前記遊技機の所定箇所に接触するのを回避する方向に前記配線を案内する案内部材を備える
ことを特徴とする請求項1に記載の遊技機。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、遊技が可能な遊技機に関する。
【背景技術】
【0002】
パチンコ遊技機やスロットマシン等の遊技機において、遊技機に設けられる電子部品と回路基板とを接続する配線が、これら電子部品や回路基板に対しコネクタを介して着脱可能に接続されているものがある。
【0003】
この種の遊技機では、電子部品が動作可能に設けられていたり、遊技機に設けられている他の部材が配線に接触することによって、配線が引っ張り力や押し付け力を受けることによって変形または移動することがあると、基板側コネクタから配線側コネクタが抜けたり無理な負荷がかかって断線したりすることがあるため、回路基板上の基板側コネクタに対して外部から延びる配線先端の配線側コネクタを接続する際の配線経路をジグザグ状に形成し、該ジグザグ状配線経路によりコネクタの接続部に引っ張り力や押し付け力等の負荷がかからないようにしたもの等があった(例えば、特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
【特許文献1】特開2012−14869号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
上記特許文献1に記載の遊技機では、配線経路の一部をジグザグ状に形成する必要があるのでコストが嵩むとともに、該ジグザグ状配線経路に配線を通す手間がかかるという問題を有していた。
【0006】
本発明は、このような問題点に着目してなされたもので、製造コストや手間をかけることなく配線の接続状態が解除されることを抑制することができる遊技機を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
前記課題を解決するために、本発明の手段1に記載の遊技機は、
遊技が可能な遊技機(例えば、パチンコ遊技機1)であって、
回路基板(例えば、演出基板40、演出基板315)と、
前記回路基板と電子部品(例えば、発光ダイオードやモータ、ソレノイド、液晶表示器など)とを接続する配線(例えば、ケーブルC1/ケーブルC10,C11/ケーブルC2)と、
前記回路基板に設けられ前記配線が接続される基板側コネクタ(例えば、基板側コネクタKCN1/基板側コネクタKCN10,C11/基板側コネクタKCN2)と、
前記回路基板を被覆するための被覆体(例えば、カバー部材402/カバー部材313)と、
を備え、
前記回路基板と前記被覆体とのうち少なくとも一方は、前記回路基板を被覆した状態において前記基板側コネクタと前記配線との接続状態の解除を阻止する接続解除阻止手段(例えば、図2に示すカバー部材402の規制部411a,411b/図3図5に示すカバー部材313の配線押え部331と演出基板315、演出基板315に設けられた基板側コネクタKCN10とケーブルC11/図6に示すカバー部材402の配線押え部420と演出基板40/図7に示すカバー部材402のベース板402aと演出基板40に設けられた規制部である基板側コネクタKCN1/図8に示すカバー部材402のベース板402aと演出基板40に設けられた規制部であるネジN3)を備える
ことを特徴としている。
この特徴によれば、回路基板や被覆体とは別個の部材に接続解除阻止手段を設けたり、被覆とは別に接続状態の解除を阻止するための処理を行ったりすることなく、回路基板を被覆体により被覆するだけで接続解除阻止手段により配線と基板側コネクタとの接続状態の解除が阻止されるため、製造コストや手間をかけることなく配線の接続状態が解除されることを抑制することができる。
【0008】
本発明の手段2の遊技機は、手段1に記載の遊技機であって、
前記電子部品(例えば、第2演出用モータ511)は、前記回路基板(例えば、演出制御基板)に対し動作可能に設けられた可動体(例えば、可動体501A,501B)に設けられ、
前記可動体の移動に伴い前記配線(例えば、ケーブル701)が撓むことによって該配線の一部が前記遊技機の所定箇所(例えば、演出部材の部分,演出部材以外の部分)に接触するのを回避する方向に前記配線を案内する案内部材(例えば、屈曲したプラスチック板710)を備える
ことを特徴としている。
この特徴によれば、可動体の電子部品に接続される配線が、案内部材によって、可動体の移動に伴い配線が撓むことによって配線の一部が遊技機の所定箇所に接触するのを回避する方向に案内される。このため、配線が所定箇所に接触しないようにすることができる。その結果、可動体に接続される配線が意図しない方向に撓むことによる不具合を抑制することが可能な遊技機を提供することができる。
【0009】
本発明の手段3の遊技機は、手段1または2に記載の遊技機であって、
前記接続解除阻止手段は、前記基板側コネクタ(例えば、基板側コネクタKCN1)に接続された前記配線(例えば、ケーブルC1)の配線側コネクタ(例えば、配線側コネクタHCN1)に当接して、該配線側コネクタが前記基板側コネクタとの接続状態が解除される方向へ移動することを規制する規制部(例えば、カバー部材402の前面に突設された規制部411a,411b)である
ことを特徴としている。
この特徴によれば、接続状態が解除される方向へ何らかの外力が作用しても配線に無理な負荷がかかることがないため、断線等を抑制できる。
【0010】
本発明の手段4の遊技機は、手段1〜3のいずれかに記載の遊技機であって、
前記接続解除阻止手段は、前記被覆体と前記回路基板とのうち一方(例えば、カバー部材402/カバー部材313)に設けられ、前記配線(例えば、ケーブルC1/ケーブルC10,C11)が他方(例えば、演出基板40/演出基板315)に近接または当接するように押える押え部(例えば、配線押え部420/配線押え部331)である
ことを特徴としている。
この特徴によれば、接続状態が解除される方向へ配線が移動することを好適に抑制できる。
【0011】
本発明の手段5の遊技機は、手段1〜4のいずれかに記載の遊技機であって、
前記被覆体は、第1部材(例えば、ベース部材401)と第2部材(例えば、カバー部材402)とを有し、前記第1部材と前記第2部材とを組付けることにより前記回路基板(例えば、演出基板40)を収納可能な基板ケース(例えば、基板ケース400/基板ケース400A/基板ケース400B/基板ケース400C)である
ことを特徴としている。
この特徴によれば、回路基板を好適に保護することができる。
【0012】
本発明の手段6の遊技機は、手段1〜5のいずれかに記載の遊技機であって、
前記被覆体(例えば、カバー部材402/カバー部材313)は、前記配線(例えば、ケーブルC1/ケーブルC10,C11)に外部から触れることができないように前記回路基板(例えば、演出基板40/演出基板315)を被覆する
ことを特徴としている。
この特徴によれば、被覆体の外部の何らかの部材が配線に接触して接続状態が解除されてしまうことを抑制できる。
【0013】
本発明の手段7の遊技機は、手段1〜6のいずれかに記載の遊技機であって、
前記電子部品(例えば、第2演出用モータ511)は、前記回路基板(例えば、演出制御基板)に対し動作可能に設けられた可動体(例えば、可動体501A,501B)に設けられ、
前記配線(例えば、ケーブル701)は、当該配線の一部が動かないように他の配線(例えば、被覆線を複数本並べて融着したフラットケーブル703)で押えられている
ことを特徴としている。
この特徴によれば、配線に不具合が発生し難くするために、コストを抑えて配線を動かないようにすることができる。その結果、配線の不具合の発生を抑制するためのコストを抑えることが可能な遊技機を提供することができる。
【0014】
尚、本発明は、本発明の請求項に記載された発明特定事項のみを有するものであって良いし、本発明の請求項に記載された発明特定事項とともに該発明特定事項以外の構成を有するものであっても良い。
【図面の簡単な説明】
【0015】
図1】パチンコ遊技機を正面から見た正面図である。
図2】(A)は基板ケースに演出基板が収納された状態を示す断面図、(B)は(A)のA−A断面図、(C)は(A)のB−B断面図、(D)は(A)のC−C断面である。
図3】(A)は演出ユニットにおける可動体が退避位置に位置している状態、(B)は演出ユニットにおける可動体が演出位置に位置している状態を示す概略縦断面図である。
図4】(A)は支持体を示す背面図、(B)は(A)の要部拡大図である。
図5】(A)は図4(A)のG−G断面図、(B)は(A)の要部拡大図である。
図6】(A)は変形例1としての基板ケースに演出基板が収納された状態を示す断面図、(B)は(A)のD−D断面図、(C)は(A)のE−E断面図、(D)は(A)のF−F断面である。
図7】本発明の変形例2としての基板ケースに演出基板が収納された状態を示す要部断面図である。
図8】本発明の変形例3としての基板ケースに演出基板が収納された状態を示す要部断面図である。
図9】(A)は演出ユニットの概略を示す正面図、(B)は演出ユニットの概略を示す側面図である。
図10】可動体が上下動する際のフレキシブルフラットケーブルの状態を示す図である。
図11】フレキシブルフラットケーブルを案内するプラスチック板の外観および取付け状態を示す図である。
図12】フレキシブルフラットケーブルの余り部分の処理方法を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0016】
本発明に係る遊技機を実施するための形態を実施例に基づいて以下に説明する。
【実施例】
【0017】
まず、遊技機の一例であるパチンコ遊技機1の全体の構成について説明する。図1は、パチンコ遊技機を正面から見た正面図である。尚、以下において、図1の手前側をパチンコ遊技機1の前方(前面、正面)側、奥側を背面(後方)側とし、パチンコ遊技機1を前面側から見たときの上下左右方向を基準として説明する。尚、本実施例におけるパチンコ遊技機1の前面とは、該パチンコ遊技機1にて遊技を行う遊技者と対向する対向面である。
【0018】
図1は、本実施例におけるパチンコ遊技機の正面図であり、主要部材の配置レイアウトを示す。パチンコ遊技機(以下、遊技機と略記する場合がある)1は、大別して、遊技盤面を構成する遊技盤2(ゲージ盤ともいう)と、遊技盤2を支持固定する遊技機用枠(台枠)3とから構成されている。遊技盤2には、ガイドレール2bによって囲まれた正面視略円形状の遊技領域10が形成されている。この遊技領域10には、遊技媒体としての遊技球が打球発射装置(図示略)から発射されて打ち込まれる。また、遊技機用枠3には、ガラス窓50aを有するガラス扉枠50が左側辺を中心として回動可能に設けられ、該ガラス扉枠50により遊技領域10を開閉できるようになっており、ガラス扉枠50を閉鎖したときにガラス窓50aを通して遊技領域10を透視できるようになっている。
【0019】
図1に示すように、遊技盤2は、ベニヤ板等の非透光性部材にて正面見略四角形状に構成され、前面である遊技盤面に障害釘(図示略)やガイドレール2b等が設けられた盤面板にて構成されている。
【0020】
遊技盤2の所定位置(図1に示す例では、遊技領域10の右側下部位置)には、第1特別図柄表示器4Aと、第2特別図柄表示器4Bとが設けられている。第1特別図柄表示器4Aと第2特別図柄表示器4Bはそれぞれ、変動表示ゲームの一例となる特図ゲームにおいて、各々を識別可能な複数種類の識別情報(特別識別情報)である特別図柄(「特図」ともいう)が、変動可能に表示(変動表示または可変表示ともいう)される。以下では、第1特別図柄表示器4Aにおいて変動表示される特別図柄を「第1特図」ともいい、第2特別図柄表示器4Bにおいて変動表示される特別図柄を「第2特図」ともいう。
【0021】
遊技盤2における遊技領域10の中央付近には、演出表示装置5が設けられている。演出表示装置5は、例えばLCD(液晶表示装置)等から構成され、各種の演出画像を表示する表示領域を形成している。演出表示装置5の表示領域では、特図ゲームにおける第1特別図柄表示器4Aによる第1特図の変動表示や第2特別図柄表示器4Bによる第2特図の変動表示のそれぞれに対応して、例えば3つといった複数の変動表示部となる演出図柄表示エリア5L,5C,5Rにて、各々を識別可能な複数種類の識別情報(装飾識別情報)である演出図柄が変動表示される。この演出図柄の変動表示も、変動表示ゲームに含まれる。
【0022】
このように、演出表示装置5の表示領域では、第1特別図柄表示器4Aにおける第1特図を用いた特図ゲーム、または、第2特別図柄表示器4Bにおける第2特図を用いた特図ゲームと同期して、各々が識別可能な複数種類の演出図柄の変動表示を行い、変動表示結果となる確定演出図柄(最終停止図柄)を導出表示する。
【0023】
演出表示装置5は、遊技盤2よりも背面側に配設され、該遊技盤2に形成された開口2cを通して視認できるようになっている。尚、遊技盤2における開口2cには枠状のセンター飾り枠51が設けられている。また、遊技盤2の背面と演出表示装置5との間には、動作可能に設けられた後述する可動体302を有する演出ユニット300や可動体501A,501Bを有する演出ユニット500等が設けられている。
【0024】
演出表示装置5の表示領域の下部の左右2箇所には、第1保留記憶表示エリア5D、第2保留記憶表示エリア5Uが設定されている。第1保留記憶表示エリア5D、第2保留記憶表示エリア5Uでは、特図ゲームに対応した変動表示の保留記憶数(特図保留記憶数)を特定可能に表示する保留記憶表示が行われる。
【0025】
ここで、特図ゲームに対応した変動表示の保留は、普通入賞球装置6Aが形成する第1始動入賞口や、普通可変入賞球装置6Bが形成する第2始動入賞口を、遊技球が通過(進入)することによる始動入賞に基づいて発生する。すなわち、特図ゲームや演出図柄の変動表示といった変動表示ゲームを実行するための始動条件(「実行条件」ともいう)は成立したが、先に成立した開始条件に基づく変動表示ゲームが実行中であることやパチンコ遊技機1が大当り遊技状態に制御されていることなどにより、変動表示ゲームの開始を許容する開始条件が成立していないときに、成立した始動条件に対応する変動表示の保留が行われる。
【0026】
第1特別図柄表示器4A及び第2特別図柄表示器4Bの上方位置には、特図保留記憶数を特定可能に表示するための第1保留表示器25Aと第2保留表示器25Bとが設けられている。第1保留表示器25Aは、第1特図保留記憶数を特定可能に表示し、第2保留表示器25Bは、第2特図保留記憶数を特定可能に表示する。
【0027】
演出表示装置5の下方には、普通入賞球装置6Aと、普通可変入賞球装置6Bとが設けられている。普通入賞球装置6Aは、例えば所定の球受部材によって常に一定の開放状態に保たれる始動領域(第1始動領域)としての第1始動入賞口を形成する。普通可変入賞球装置6Bは、ソレノイド(図示略)によって、垂直位置となる通常開放状態と傾動位置となる拡大開放状態とに変化する一対の可動翼片を有する電動チューリップ型可動体(普通電動可動体)を備え、始動領域(第2始動領域)としての第2始動入賞口を形成する。
【0028】
第1始動入賞口を通過(進入)した遊技球が第1始動口スイッチ(図示略)によって遊技球が検出されたことに基づき、所定個数(例えば3個)の遊技球が賞球として払い出され、第1特図保留記憶数が所定の上限値(例えば「4」)以下であれば、第1始動条件が成立する。また、第2始動入賞口を通過(進入)した遊技球が第2始動口スイッチ(図示略)によって遊技球が検出されたことに基づき、所定個数(例えば3個)の遊技球が賞球として払い出され、第2特図保留記憶数が所定の上限値(例えば「4」)以下であれば、第2始動条件が成立する。
【0029】
普通入賞球装置6Aと普通可変入賞球装置6Bの下方位置には、特別可変入賞球装置7が設けられている。特別可変入賞球装置7は、ソレノイド(図示略)によって開閉駆動される大入賞口扉によって開放状態と閉鎖状態とに変化する特定領域としての大入賞口を形成する。このように、特定領域としての大入賞口は、遊技球が通過(進入)しやすく遊技者にとって有利な開放状態と、遊技球が通過(進入)できない(または通過(進入)しにくい)遊技者にとって不利な閉鎖状態とに変化する。
【0030】
大入賞口を通過(進入)した遊技球がカウントスイッチ(図示略)によって検出されたことに基づき、所定個数(例えば15個)の遊技球が賞球として払い出される。従って、特別可変入賞球装置7において大入賞口が開放状態となれば、その大入賞口に遊技球が進入可能となり、遊技者にとって有利な第1状態となる。その一方で、特別可変入賞球装置7において大入賞口が閉鎖状態となれば、大入賞口に遊技球を通過(進入)させて賞球を得ることが不可能または困難になり、遊技者にとって不利な第2状態となる。
【0031】
第2保留表示器25Bの上方位置には、普通図柄表示器20が設けられている。普通図柄表示器20の上方には、普図保留表示器25Cが設けられている。普図保留表示器25Cは、例えば4個のLEDを含んで構成され、通過ゲート41を通過した有効通過球数としての普図保留記憶数を表示する。
【0032】
遊技盤2の表面には、上記の構成以外にも、遊技球の流下方向や速度を変化させる風車及び多数の障害釘が設けられている。また、遊技領域10の最下方には、いずれの入賞口にも進入しなかった遊技球が取り込まれるアウト口が設けられている。遊技機用枠3の左右上部位置には、効果音等を再生出力するためのスピーカ8L,8Rが設けられており、さらに遊技領域10の周辺部には、演出用LED9が設けられている。遊技機用枠3の右下部位置には、遊技媒体としての遊技球を遊技領域10に向けて発射するために遊技者等によって操作される打球操作ハンドル(操作ノブ)が設けられている。
【0033】
遊技領域10の下方における遊技機用枠3の所定位置には、賞球として払い出された遊技球や所定の球貸機により貸し出された遊技球を、発射装置(図示略)へと供給可能に保持(貯留)する上皿90(打球供給皿)が設けられている。遊技機用枠3の下部には、上皿90から溢れた余剰球などを、パチンコ遊技機1の外部へと排出可能に保持(貯留)する下皿91が設けられている。下皿91を形成する部材に取付けられたスティックコントローラ31Aの傾倒操作はコントローラセンサユニット(図示略)にて検出され、上皿90を形成する部材に設けられたプッシュボタン31Bに対してなされた押下動作はプッシュセンサ(図示略)にて検出される。
【0034】
次に、パチンコ遊技機1の回路構成について説明する。パチンコ遊技機1の背面には、例えば図示しない主基板、演出制御基板、音声制御基板、LED制御基板、主基板と演出制御基板との間で伝送される各種の制御信号を中継するための中継基板、払出制御基板、情報端子基板、発射制御基板、インタフェース基板や後述する演出基板40などといった、各種の基板が配置されている。
【0035】
主基板(図示略)は、メイン側の制御基板であり、パチンコ遊技機1における遊技の進行を制御するための各種回路が搭載されている。主基板は、主として、特図ゲームにおいて用いる乱数の設定機能、所定位置に配設されたスイッチ等からの信号の入力を行う機能、演出制御基板(図示略)などからなるサブ側の制御基板に宛てて、指令情報の一例となる制御コマンドを制御信号として出力して送信する機能、ホールの管理コンピュータに対して各種情報を出力する機能などを備えている。また、主基板は、第1特別図柄表示器4Aと第2特別図柄表示器4Bを構成する各LED(例えばセグメントLED)などの点灯/消灯制御を行って第1特図や第2特図の変動表示を制御することや、普通図柄表示器20の点灯/消灯/発色制御などを行って普通図柄表示器20による普通図柄の変動表示を制御することといった、所定の表示図柄の変動表示を制御する機能も備えている。また、主基板には、例えば遊技制御用マイクロコンピュータ(図示略)や、スイッチ回路(図示略)、ソレノイド回路などの各種回路が搭載されている。
【0036】
主基板には、通過ゲート41を通過した遊技球を検出するゲートスイッチ、第1始動口スイッチ、第2始動口スイッチ、カウントスイッチからの検出信号を伝送する配線が接続されている。また、第1特別図柄表示器4A、第2特別図柄表示器4B、普通図柄表示器20、第1保留表示器25A、第2保留表示器25B、普図保留表示器25Cなどの表示制御を行うための指令信号を伝送する配線が接続されている。
【0037】
主基板から中継基板を介して演出制御基板に対して伝送される制御コマンドは、例えば電気信号として送受信される演出制御コマンドである。演出制御コマンドには、例えば、演出図柄の変動時間及びリーチ演出の種類や擬似連の有無等の変動態様を示す変動パターンを示す変動パターン指定コマンド等が含まれている。
【0038】
主基板に搭載された遊技制御用マイクロコンピュータは、例えば1チップのマイクロコンピュータであり、遊技制御用のプログラムや固定データ等を記憶するROM(ReadOnlyMemory)と、遊技制御用のワークエリアを提供するRAM(RandomAccessMemory102)と、遊技制御用のプログラムを実行して制御動作を行うCPU(CentralProcessingUnit)と、CPUとは独立して乱数値を示す数値データの更新を行う乱数回路と、I/O(Input/Outputport)と、を備えて構成される。一例として、遊技制御用マイクロコンピュータでは、CPUがROMから読み出したプログラムを実行することにより、パチンコ遊技機1における遊技の進行を制御するための処理が実行される。
【0039】
演出制御基板(図示略)は、主基板とは独立したサブ側の制御基板であり、中継基板を介して主基板から伝送された制御信号を受信して、演出表示装置5、スピーカ8L,8R及び演出用LED9、演出ユニット300,500に設けられる各種モータ、ソレノイド、センサ、発光ダイオード(LED)といった演出用の電気部品による演出動作を制御するための各種回路が搭載されている。
【0040】
演出制御基板(図示略)には、プログラムに従って制御動作を行う演出制御用CPUと、演出制御用のプログラムや固定データ等を記憶するROMと、演出制御用CPUのワークエリアを提供するRAMと、演出表示装置5における表示動作の制御内容を決定するための処理などを実行する表示制御部と、演出制御用CPUとは独立して乱数値を示す数値データの更新を行う乱数回路と、I/Oとが搭載されている。一例として、演出制御基板では、演出制御用CPUがROMから読み出した演出制御用のプログラムを実行することにより、演出用の電気部品による演出動作を制御するための処理が実行される。また、ROMには、演出制御用のプログラムの他にも、演出動作を制御するために用いられる各種のデータテーブルなどが格納されている。
【0041】
次に、パチンコ遊技機1における遊技の進行を概略的に説明する。パチンコ遊技機1では、遊技領域10に設けられた通過ゲート41を遊技球が通過したことに基づいて、普通図柄表示器20による普図ゲームが開始される。普通図柄の変動を開始させた後、普図変動時間となる所定時間が経過し、普図当り図柄以外の普通図柄が停止表示されれば、普通図柄の変動表示結果が「普図はずれ」となる。特定の普通図柄(普図当り図柄)が停止表示されれば、普通図柄の変動表示結果が「普図当り」となり、普通可変入賞球装置6Bの拡大開放制御(傾動制御)が行われ、所定時間が経過すると垂直位置に戻る通常開放制御が行われる。
【0042】
遊技球が第1始動入賞口に入賞したことなどにより第1始動条件が成立した後に、例えば前回の特図ゲームや大当り遊技状態が終了したことなどにより第1開始条件が成立したことに基づいて、第1特別図柄表示器4Aによる特図ゲームが開始される。また、遊技球が第2始動入賞口に入賞したことなどにより第2始動条件が成立した後に、例えば前回の特図ゲームや大当り遊技状態が終了したことなどにより第2開始条件が成立したことに基づいて、第2特別図柄表示器4Bによる特図ゲームが開始される。
【0043】
特図ゲームでは、特別図柄の変動表示を開始させた後、変動表示時間が経過すると確定特別図柄(特図表示結果)を導出表示する。このとき、特定の特別図柄(大当り図柄)が停止表示されれば、特定表示結果としての「大当り」となり、大当り図柄とは異なる特別図柄が停止表示されれば「はずれ」となる。特図ゲームでの変動表示結果が「大当り」になった後には、遊技者にとって有利なラウンド(「ラウンド遊技」ともいう)を所定回数実行する特定遊技状態としての大当り遊技状態に制御される。
【0044】
大当り遊技状態においては、特別可変入賞球装置7の大入賞口扉が、所定の上限時間(例えば29秒間や0.1秒間)が経過するまでの期間あるいは所定個数(例えば9個)の入賞球が発生するまでの期間にて、大入賞口を開放状態とする。これにより、特別可変入賞球装置7を遊技者にとって有利な第1状態(開放状態)とするラウンドが実行される。
【0045】
ラウンドの実行中に大入賞口を開放状態とした大入賞口扉は、遊技盤2の表面を落下する遊技球を受け止め、その後に大入賞口を閉鎖状態とすることにより、特別可変入賞球装置7を遊技者にとって不利な第2状態(閉鎖状態)に変化させて、1回のラウンドを終了させる。大入賞口の開放サイクルであるラウンドは、その実行回数が所定の上限回数(例えば「16」など)に達するまで、繰り返し実行可能となっている。
【0046】
演出表示装置5の演出図柄表示エリア5L,5C,5Rでは、特図ゲームが開始されることに対応して、演出図柄の変動表示が開始される。そして、演出図柄の変動表示が開始されてから変動表示が終了するまでの期間では、演出図柄の変動表示状態が所定のリーチ状態となることがある。
【0047】
特図ゲームにおける確定特別図柄として、複数種類の大当り組合せのうち、所定の通常大当り組合せ(「非確変大当り組合せ」ともいう)となる確定演出図柄が停止表示され、変動表示結果が「非確変大当り」となった場合は大当り状態に制御され、その終了後には、時間短縮制御(時短制御)が行われる。時短制御が行われることにより、特図ゲームにおける特別図柄の変動表示時間(特図変動時間)は、通常状態に比べて短縮される。尚、時短制御では、普通図柄の当選頻度が高められて、普通可変入賞球装置6Bへの入賞頻度が高められる、いわゆる電チューサポートが実施される。時短制御は、大当り遊技状態の終了後に所定回数(例えば100回)の特図ゲームが実行されることと、変動表示結果が「大当り」となることのうち、いずれかの条件が先に成立したときに、終了すればよい。
【0048】
特図ゲームにおける確定特別図柄として、複数種類の大当り組合せのうち、所定の確変大当り組合せ(「確変大当り組合せ」ともいう)となる確定演出図柄が停止表示され、変動表示結果が「確変大当り」となった場合は大当り状態に制御され、その終了後には、時短制御とともに確率変動制御(確変制御)が行われる。この確変制御が行われることにより、各回の特図ゲームにおいて変動表示結果が「大当り」となる確率は、通常状態に比べて高くなるように向上する。確変制御は、大当り遊技状態の終了後に変動表示結果が「大当り」となって再び大当り遊技状態に制御されるという条件が成立したとき、大当り遊技状態の終了後に所定回数(例えば時短回数と同じ100回)の特図ゲームが実行されたとき、大当り遊技状態の終了後に特図ゲームが開始されるごとに実行される確変転落抽選にて確変制御を終了させる「確変転落あり」の決定がなされたとき、などに終了すればよい。
【0049】
時短制御が行われるときには、普図ゲームにおける普通図柄の変動時間(普図変動時間)を通常状態のときよりも短くする制御や、各回の普図ゲームで普通図柄の変動表示結果が「普図当り」となる確率を通常状態のときよりも向上させる制御、変動表示結果が「普図当り」となったことに基づく普通可変入賞球装置6Bにおける可動翼片の傾動制御を行う傾動制御時間を通常状態のときよりも長くする制御、その傾動回数を通常状態のときよりも増加させる制御といった、遊技球が第2始動入賞口を通過(進入)しやすくして第2始動条件が成立する可能性を高めることで遊技者にとって有利となる制御(電チューサポート制御、高開放制御)が行われる。これにより、第2特図を用いた特図ゲームを実行するための第2始動条件が成立しやすくなり、特図ゲームが頻繁に実行可能となることで、次に変動表示結果が「大当り」となるまでの時間が短縮される。
【0050】
次に、本実施例におけるパチンコ遊技機1の動作(作用)を説明する。主基板(図示略)では、所定の電源基板からの電力供給が開始されると、遊技制御用マイクロコンピュータ(図示略)が起動し、CPU(図示略)によって遊技制御メイン処理となる所定の処理が実行される。遊技制御メイン処理において遊技制御用タイマ割込み処理を開始すると、スイッチ処理、メイン側エラー処理、情報出力処理、遊技用乱数更新処理、特別図柄プロセス処理、普通図柄プロセス処理、コマンド制御処理を実行する。
【0051】
特別図柄プロセス処理では、遊技制御フラグ設定部(図示略)に設けられた特図プロセスフラグの値をパチンコ遊技機1における遊技の進行状況に応じて更新し、第1特別図柄表示器4Aや第2特別図柄表示器4Bにおける表示動作の制御や、特別可変入賞球装置7における大入賞口の開閉動作設定などを、所定の手順で行うために各種の処理が選択されて実行される。
【0052】
特別図柄プロセス処理において、CPUは、まず、第1始動入賞や第2始動入賞があったか否かを判定し、入賞があった場合には、特図表示結果判定用、大当り種別判定用、変動パターン判定用などの乱数値をそれぞれ抽出して、第1特図保留記憶部や第2特図保留記憶部における空きエントリの最上位に格納(記憶)する始動入賞処理を実行する。
【0053】
また、CPUは、第1特図保留記憶部や第2特図保留記憶部に記憶されている保留データの有無などに基づいて特図ゲームを開始するか否かの判定や、特図表示結果判定用の乱数値を示す数値データに基づき、特別図柄や演出図柄の変動表示結果を「大当り」とするか否かを、その変動表示結果が導出表示される前に決定(事前決定)する特別図柄通常処理を実行する。つまり、CPUは、特図ゲームの変動表示を開始するときに、始動入賞が発生したときに記憶した乱数値に基づいて、当該変動表示の表示結果として大当り表示結果を導出表示するか否かを決定(抽選)する処理を実行する。
【0054】
次いで、変動パターンを複数種類のいずれかに決定する変動パターン設定処理、特別図柄を変動させるための設定や特別図柄が変動を開始してからの経過時間を計測する処理を行う特別図柄変動処理、特別図柄の変動を停止させて確定特別図柄を停止表示(導出)させるための設定を行う特別図柄停止処理を行う。また、変動表示結果が「大当り」となった場合は、大当り遊技状態において大入賞口を開閉させる処理を行う大当り開放前処理、大当り開放中処理、大当り開放後処理、大当り終了処理を行う。
【0055】
次に、演出制御基板(図示略)の動作を説明する。先ず、演出制御用CPUは、電源が投入されると、メイン処理の実行を開始する。メイン処理においてタイマ割込が発生すると、コマンド解析処理、演出制御プロセス処理、演出用乱数更新処理を実行する。
【0056】
演出制御プロセス処理では、演出表示装置5の第1保留記憶表示エリア5D及び第2保留記憶表示エリア5Uでの保留記憶表示を、保留記憶バッファの記憶内容に応じた表示に更新する保留表示更新処理を実行する。次いで、演出制御プロセスフラグの値に応じて、遊技制御用マイクロコンピュータから変動パターン指定コマンドを受信しているか否か確認する変動パターン指定コマンド受信待ち処理、演出図柄の変動が開始されるように制御する演出図柄変動開始処理、演出図柄変動開始処理にてセットされたプロセスデータに応じて変動パターンを構成する各変動状態(変動速度)の切替タイミング等の制御や変動時間の終了を監視するとともに、演出表示装置5の表示制御、スピーカ8L,8Rからの音出力、演出用LED9の発光及び演出ユニット300,500の駆動制御等を行う演出図柄変動中処理、演出図柄の変動を停止し表示結果(停止図柄)を導出表示する制御を行う演出図柄変動停止処理を行う。
【0057】
大当り表示処理においては、変動時間の終了後、演出表示装置5に大当りの発生を報知するための画面を表示する制御を行う。大当り遊技中処理においては、大当り遊技中の制御を行う。大当り終了演出処理においては、演出表示装置5において、大当り遊技状態が終了したことを遊技者に報知する表示制御を行う。
【0058】
このように演出制御用CPUは、遊技制御用マイクロコンピュータから送信された演出制御コマンド(制御情報)に基づいて、演出図柄の変動表示制御や予告演出といった遊技に関連する各種演出を実行可能とされている。
【0059】
次に、図2に基づいて、前述した演出制御基板に接続された演出基板40及び該演出基板を収納する基板ケース400について説明する。図2は、(A)は基板ケースに演出基板が収納された状態を示す断面図、(B)は(A)のA−A断面図、(C)は(A)のB−B断面図、(D)は(A)のC−C断面である。尚、以下においては、図2(A)における下側を前方、上側を後方、左側を左方、右側を右方として説明する。
【0060】
図2に示す演出基板40は、前述した演出制御基板に接続される回路基板の一例である。演出基板40は、特に図示しないが種々の電子部品が搭載されており、背面所定箇所には基板側コネクタKCN1が取付けられている。この基板側コネクタKCN1には、図示しない電子部品(例えば、LED等の発光体やモータ、ソレノイドなどの駆動源など)に一端が接続されるケーブルC1の他端に設けられる配線側コネクタHCN1が着脱可能に接続されるようになっており、図示しない電子部品と演出基板40とがケーブルC1により電気的に接続されるようになっている。基板側コネクタKCN1は、接続部を右側方に向けた状態で演出基板40に設けられている。
【0061】
尚、本実施例では、配線の一例として、電力や信号を供給するための電気ケーブルであって可撓可能なフレキシブルフラットケーブルからなるケーブルC1を例示しているが、本発明はこれに限定されるものではなく、被覆線を複数本並べて融着したフラットケーブルであってもよいし、1本の単線、撚線であってもよいし、撚対線であってもよい。
【0062】
基板ケース400は、透明な合成樹脂材からなるベース部材401と、同じく透明な合成樹脂材からなるカバー部材402と、からなる基板ケース400に収納された状態で、パチンコ遊技機1の所定箇所(例えば、遊技盤2の背面など)に設けられる。
【0063】
ベース部材401は、略四角形状のベース板401aと該ベース板401aの周縁から前方に立設される側壁401bとにより一面が開口する箱状に形成されている。カバー部材402は、略四角形状のベース板402aと該ベース板402aの周縁から前方に立設される側壁402bとにより一面が開口する箱状に形成されている。
【0064】
このように基板ケース400は、ベース部材401とカバー部材402との開口を互いに突き合せるように組付けた状態で、ベース部材401及びカバー部材402それぞれの取付部をネジN1等により締結することで、ベース部材401とカバー部材402とを閉鎖状態とすることができるようになっている。
【0065】
尚、ネジN1に替えて、ドライバー等の工具により取付方向に回転させることはできるが、取外し方向へ回転させることができない従来公知のワンウェイネジ等を用いて締結したり、一度貼着すると剥離する際に破断する封印シールをベース部材401とカバー部材402とに跨るように貼着すること等により、痕跡を残さずに基板ケース400を開封できないように封止するようにしてもよい。
【0066】
カバー部材402のベース板402aの前面(内面)には、円柱状のボス410が複数突設されており、演出基板40に取付けたネジN2をボス410の先端に形成されたネジ孔に螺入することで、演出基板40をカバー部材402に取付けることができるようになっている。
【0067】
また、カバー部材402のベース板402aの前面には、四角柱状の規制部411a,411bが前方に向けて突設されている。これら規制部411a,411bは、互いに前後に離間して並設されており、カバー部材402に演出基板40を取付けた状態において、図2(B)(C)に示すように、基板側コネクタKCN1に接続されたケーブルC1を跨ぐように、かつ、基板側コネクタKCN1に接続された配線側コネクタHCN1の前後側の端部に当接(または近接)するように配置される。また、各規制部411a,411bの先端は演出基板40に当接するため、演出基板40の撓みを防止する基板押えを兼ねている。
【0068】
カバー部材402の右側の側壁402bにおける基板側コネクタKCN1に対応する位置には、基板側コネクタKCN1に接続されたケーブルC1を挿通するための挿通部412が切欠形成されている。よって、基板側コネクタKCN1に接続した配線側コネクタHCN1から延出されるケーブルC1を、演出基板40に沿って配線した後、挿通部412から基板ケース400の外部へ延出することができるようになっている。
【0069】
このように、演出基板40と図示しない電子部品とを接続するケーブルC1と、演出基板40に設けられケーブルC1が接続される基板側コネクタKCN1と、演出基板40を被覆するための被覆体としてのカバー部材402と、を備え、カバー部材402に演出基板40を取付けることにより、演出基板40の背面、つまり、基板側コネクタKCN1の実装面をカバー部材402により被覆した状態において、規制部411a,411bが基板側コネクタKCN1に接続されたケーブルC1を跨ぐように、かつ、基板側コネクタKCN1に接続された配線側コネクタHCN1のケーブル側の端部に当接(または近接)するように配置される。
【0070】
また、基板ケース400は、パチンコ遊技機1の所定箇所に設けられ、この基板ケース400に収納された演出基板40は、ケーブルC1を介して同じくパチンコ遊技機1の所定箇所に設けられた電子部品(図示略)に接続される。このように演出基板40と電子部品とを接続するケーブルC1は、配線のためにある程度の余裕を持った長さを有して設けられる。
【0071】
よって、演出基板40と電子部品とを接続した状態において、例えば、基板ケース400から電子部品(図示略)まで延出されるケーブルC1が自重により垂れ下がったり、パチンコ遊技機1に生じる振動等により動いたり、あるいは、パチンコ遊技機1に動作可能に設けられた他の部品(例えば、後述する可動体302,501A,501Bなど)などに接触すること等の要因により、ケーブルC1に対し、配線側コネクタHCN1が基板側コネクタKCN1から抜脱する方向へ外力が作用することがある。
【0072】
しかし、本実施例では、配線側コネクタHCN1が規制部411a,411bに当接し、配線側コネクタHCN1の基板側コネクタKCN1から抜脱する方向(基板側コネクタKCN1と配線側コネクタHCN1との接続が解除される方向)への移動が規制されることで、配線側コネクタHCN1の基板側コネクタKCN1からの抜脱が規制されるため、電子部品と演出基板40との接続状態が解除されることを抑制することができる。すなわち、カバー部材402の規制部411a,411bは、演出基板40の背面を被覆した状態において基板側コネクタKCNとケーブルC1との接続状態の解除を阻止する本発明の接続解除阻止手段を構成する。
【0073】
尚、本実施例では、接続解除阻止手段として前後一対の規制部411a,411bを適用した形態を例示したが、本発明はこれに限定されるものではなく、規制部411a,411bのいずれか一方であってもよい。また、配線側コネクタHCN1のケーブル側の端部におけるケーブルC1の前後側でなく、配線側コネクタHCN1におけるケーブルC1の上方位置に当接するようにしてもよく、形状は種々に変形可能である。
【0074】
次に、パチンコ遊技機1に設けられた演出ユニット300について、図3図5に基づいて説明する。図3は、(A)は演出ユニットにおける可動体が退避位置に位置している状態、(B)は演出ユニットにおける可動体が演出位置に位置している状態を示す概略縦断面図である。図4は、(A)は支持体を示す背面図、(B)は(A)の要部拡大図である。図5は、(A)は図4(A)のG−G断面図、(B)は(A)の要部拡大図である。尚、以下においては、図3(A)における右側を前方、左側を後方、上側を上方、下側を下方として説明する。
【0075】
図3及び図4に示すように、演出ユニット300は、パチンコ遊技機1における所定箇所(例えば、遊技盤2の背面における演出表示装置5の下方位置)に設けられたベース体301と、ベース体301に対し上下方向に移動可能に設けられた可動体302と、を主に有する。ベース体301は、合成樹脂材により立壁状に構成され、背面には、可動体302を上下方向に移動させるための昇降モータ303と、昇降モータ303の駆動制御を行う演出制御基板に接続される演出基板304と、が設けられている。演出基板304からは、ケーブルC10(例えば、電力線)及びケーブルC11(例えば、信号線)が延出され、これらケーブルC10及びケーブルC11は、ベース体301に形成された挿通孔305を挿通して前面側に挿通されている。尚、ケーブルC10及びケーブルC11のうち一方は、演出基板304以外の基板に接続されていてもよい。
【0076】
可動体302は、例えば、回動体310と該回動体310を前後方向を向く回動軸を中心として回動可能に支持する支持体311と、から主に構成される。尚、回動体310は、表示装置であってもよいし、内部に搭載されたLEDにより発光可能な発光表示装置等であってもよい。可動体302は、演出表示装置5の下方に配置される退避位置(図3(A)参照)と、退避位置よりも上方に移動して演出表示装置5の前面側に重畳して配置される演出位置(図3(B)参照)と、の間で上下移動可能に設けられている。
【0077】
支持体311は、ベース部材312と、透明な合成樹脂材等にて構成されベース部材312の背面を被覆するように取付けられるカバー部材313と、を有する。ベース部材312の背面には、回動体310を回動させるための回動モータ314と、該回動モータ314が接続される演出基板315と、を有し、演出基板315の背面はカバー部材313により被覆されている。
【0078】
演出基板315の背面下部には、ケーブルC10の一端が接続される基板側コネクタKCN10が設けられ、該基板側コネクタKCN10の上方には、ケーブルC11の一端が接続される基板側コネクタKCN11が、基板側コネクタKCN10と離間して並設されている。基板側コネクタKCN10,KCN11は、図5(B)に示すように、それぞれハウジング320と該ハウジング320に対し回動可能に設けられた押え部材321とを有し、ケーブルC10,C11の接続部を下方に向けた状態で上下に並設されており、図中1点鎖線で示すように、押え部材321を後方へ回転させた状態でケーブルC10,C11の一端を差し込んだ後、実線で示すようにハウジング320と平行をなすように回動させることで、ケーブルC10,C11を接続した状態で保持できるようになっている。
【0079】
図4(B)及び図5(A)に示すように、カバー部材313の下部には、上下方向を向く切込溝330a,330bが形成されており、これら切込溝330a,330bの間には、配線押え部331が形成されている。配線押え部331は、カバー部材313の背板部331aと、背板部331aから前方に延設される側板部331bと、側板部331bの前端から後斜め下方に向けて屈曲する側面視円弧状の湾曲部331cと、により弾性変形可能に形成され、カバー部材313をベース部材312の背面に取付けた状態において、側板部331bと湾曲部331cとの接合部331dが演出基板315の背面に近接するようになっている。
【0080】
図5に示すように、ベース体301の挿通孔305から前面側に挿通されたケーブルC10の一端は基板側コネクタKCN10に接続され、ベース体301の挿通孔305から前面側に挿通されたケーブルC11の一端は基板側コネクタKCN11に接続される。この状態において、特に図5(B)に示すように、ケーブルC11は、基板側コネクタKCN10及びケーブルC10の背面側に重畳するように近接して配線される。
【0081】
このように、ケーブルC10,C11を基板側コネクタKCN10,KCN11に接続した状態で、カバー部材313をベース部材312の背面に取付けると、図5(A)に示すように、配線押え部331の接合部331dと演出基板315との間に2本のケーブルC10,C11が前後に重なった状態で挟持され、配線押え部331の弾性力によりケーブルC10,C11が演出基板315側に押えつけられる。
【0082】
図3に示すように、ベース体301側の演出基板304と可動体302側の演出基板315とを接続するケーブルC10,C11は、可動体302が退避位置と演出位置との間で上下方向に移動できるように、ある程度の余裕を持った長さを有している。特に図3(A)に示すように、可動体302が退避位置にある状態では、カバー部材313の下方に引き出されたケーブルC10,C11は、上方に折り返して挿通孔305に掛け渡されるため、湾曲部331cにより湾曲状に案内されることによりケーブルC10,C11が屈曲しないようにガイドされる。
【0083】
このような演出ユニット300にあっては、演出基板304と演出基板315とをケーブルC10,C11により接続した状態において、可動体302がベース体301に対し上下方向に移動することで、該移動に応じてケーブルC10,C11が動くため、ケーブルC10,C11に対し、ケーブルC10,C11が基板側コネクタKCN10,KCN11から抜脱する方向へ外力が作用することがある。
【0084】
しかし、本実施例では、ケーブルC10,C11が配線押え部331の弾性力により演出基板315側に押えつけられ、ケーブルC10,C11の基板側コネクタKCN10,KCN11から抜脱する方向(ケーブルC10,C11と基板側コネクタKCN10,KCN11との接続が解除される方向)への移動が規制されることで、ケーブルC10,C11の基板側コネクタKCN1から抜脱が規制されるため、電子部品と演出基板40との接続状態が解除されることを抑制することができる。
【0085】
また、ケーブルC10,C11が配線押え部331の弾性力により演出基板315側に押えつけられることで、可動体302の昇降動作に応じて、図5(A)に示すようにケーブルC10,C11が矢印方向に屈曲するように動いても、ケーブルC10,C11において基板側コネクタKCN10,KCN11から配線押え部331により演出基板315側に押えつけられている部分、つまり、カバー部材313により被覆されている部分へ動きが伝達されることが阻止されるため、基板側コネクタKCN10,KCN11付近でケーブルC10,C11が前後に動いて抜脱されやすくなることが抑制される。すなわち、カバー部材313の配線押え部331と演出基板315とは、演出基板315の背面を被覆した状態において基板側コネクタKCN10,C11とケーブルC10,C11との接続状態の解除を阻止する本発明の接続解除阻止手段を構成する。
【0086】
さらに、図5(B)に示すように、ケーブルC11において、基板側コネクタKCN11と配線押え部331との間に配線されたケーブルC11は、基板側コネクタKCN10の背面側に重畳するように近接して配線されることで、基板側コネクタKCN10の押え部材321の接続解除方向への回動がケーブルC11により阻止されるため、押え部材321が接続解除方向へ回動してケーブルC10が基板側コネクタKCN10から抜脱されることが抑制される。すなわち、演出基板315に設けられた基板側コネクタKCN10とケーブルC11とは、演出基板315の背面を被覆した状態において基板側コネクタKCN10とケーブルC10との接続状態の解除を阻止する接続解除阻止手段を構成する。
【0087】
尚、本実施例では、接続解除阻止手段としての配線押え部331は、弾性変形可能に設けられていたが、弾性変形可能に設けられていなくてもよい。また、湾曲部331cを有していたが、湾曲部331cはなくてもよく、側板部331bの前端部にてケーブルC10,C11を押えるようにしてもよい。
【0088】
次に、本発明の変形例1としての基板ケース400Aについて、図6に基づいて説明する。図6は、(A)は変形例1としての基板ケースに演出基板が収納された状態を示す断面図、(B)は(A)のD−D断面図、(C)は(A)のE−E断面図、(D)は(A)のF−F断面である。尚、以下においては、図6(A)における下側を前方、上側を後方、左側を左方、右側を右方として説明する。また、図6においては、図2の基板ケース400と異なる構成について説明し、該基板ケース400と同様の構成部位に関しては、同じ符号を付すことで詳細な説明は省略することとする。
【0089】
図2の基板ケース400にあっては、基板側コネクタKCN1とケーブルC1との接続状態の解除を阻止する接続解除阻止手段として、配線側コネクタHCN1の基板側コネクタKCN1から抜脱する方向(基板側コネクタKCN1と配線側コネクタHCN1との接続が解除される方向)への移動を規制する規制部411a,411bと演出基板40とが記載されていたが、本発明はこれに限定されるものではなく、ケーブルC1をカバー部材402と演出基板40とで押え込むことで基板側コネクタKCN1とケーブルC1との接続状態の解除を阻止するようにしてもよい。
【0090】
具体的には、図6に示すように、基板ケース400Aのカバー部材402のベース板402aの前面には、前後寸法がケーブルC1の前後寸法よりも長い断面視長方形状をなす板状の配線押え部420が前方に向けて突設されている。配線押え部420は、基板側コネクタKCN1に沿うように前後方向に向けて立設されており、カバー部材402に演出基板40を取付けた状態において、図6(B)(C)に示すように、基板側コネクタKCN1に接続されたケーブルC1に対し略直交し、かつ、ケーブルC1における配線側コネクタHCN1の近傍位置を演出基板40に向けて押えるように配置される。
【0091】
よって、本変形例1では、基板側コネクタKCN1に接続されたケーブルC1における配線側コネクタHCN1の近傍位置が、配線押え部420により演出基板40側に押されて該配線押え部420と演出基板40との間に挟持されることで、配線側コネクタHCN1の基板側コネクタKCN1から抜脱する方向(基板側コネクタKCN1と配線側コネクタHCN1との接続が解除される方向)への移動が規制され、配線側コネクタHCN1の基板側コネクタKCN1から抜脱が規制されるため、電子部品と演出基板40との接続状態が解除されることを抑制することができる。すなわち、カバー部材402の配線押え部420と演出基板40とは、演出基板40の背面を被覆した状態において基板側コネクタKCNとケーブルC1との接続状態の解除を阻止する接続解除阻止手段を構成する。
【0092】
また、ケーブルC1が配線押え部420により演出基板40側に押えつけられることで、基板ケース400の外部でケーブルC1が動いても、ケーブルC1において基板側コネクタKCN1から配線押え部420により演出基板40側に押えつけられている部分へ動きが伝達されることが阻止されるため、基板側コネクタKCN1の付近でケーブルC1が動いて抜脱されやすくなることが抑制される。尚、配線押え部420は、被覆体であるカバー部材402のベース板402aを補強する補強リブや、演出基板40の撓みを防止する基板押えを兼ねている。
【0093】
次に、本発明の変形例2及び変形例3について、図7及び図8に基づいて説明する。図7は、本発明の変形例2としての基板ケースに演出基板が収納された状態を示す要部断面図である。図8は、本発明の変形例3としての基板ケースに演出基板が収納された状態を示す要部断面図である。尚、以下においては、尚、以下においては、図7及び図8における下側を前方、上側を後方、左側を左方、右側を右方として説明する。また、図7及び図8においては、図2の基板ケース400と異なる構成について説明し、該基板ケース400と同様の構成部位に関しては、同じ符号を付すことで詳細な説明は省略することとする。
【0094】
図2の基板ケース400にあっては、基板側コネクタKCN1とケーブルC1との接続状態の解除を阻止する接続解除阻止手段として、配線側コネクタHCN1の基板側コネクタKCN1から抜脱する方向(基板側コネクタKCN1と配線側コネクタHCN1との接続が解除される方向)への移動を規制する規制部411a,411bと演出基板40とが記載されていたが、本発明はこれに限定されるものではなく、例えば、図7に示す基板ケース400Bのように、基板側コネクタKCN1とは別個に設けられた基板側コネクタKCN2に接続されたケーブルC2を、カバー部材402と演出基板40に設けられた基板側コネクタKCN1とで押えることで、基板側コネクタKCN2とケーブルC2との接続状態の解除を阻止するようにしてもよい。
【0095】
すなわち、本発明の接続解除阻止手段は、カバー部材402に突設した規制部411a,411bや変形例1のような配線押え部420と演出基板40とでケーブルC1を押えることにより、基板側コネクタKCN1とケーブルC1との接続状態の解除を阻止するものだけに限定されるものではなく、図7に示すように、カバー部材402のベース板402aと演出基板40に設けられた規制部である基板側コネクタKCN1との間でケーブルC2を押えることにより、基板側コネクタKCN1とケーブルC2との接続状態の解除を阻止するものであってもよい。
【0096】
また、図8に示す基板ケース400Cのように、基板側コネクタKCN1に接続されたケーブルC1を、カバー部材402のベース板402aと演出基板40に設けられ該演出基板40をベース部材401に取付けるためのネジN3とで押えることで、基板側コネクタKCN1とケーブルC1の接続状態の解除を阻止するようにしてもよい。
【0097】
すなわち、本発明の接続解除阻止手段は、カバー部材402に突設した規制部411a,411bや変形例1のような配線押え部420と演出基板40とでケーブルC1を押えることにより、基板側コネクタKCN1とケーブルC1との接続状態の解除を阻止するものだけに限定されるものではなく、図8に示すように、カバー部材402のベース板402aと演出基板40に設けられた規制部であるネジN3との間でケーブルC1を押えることにより、基板側コネクタKCN1とケーブルC1との接続状態の解除を阻止するものであってもよい。
【0098】
また、配線押え部331,420は、演出基板40に対しケーブルC1,C10,C11を押えることで、基板側コネクタKCN1、KCN10,KCN11とケーブルC1,C10,C11との接続が解除される方向へケーブルC1,C10,C11が移動することを規制するものであるが、必ずしもケーブルC1,C10,C11を強く押えるものに限定されるものではなく、少なくとも配線押え部331,420とケーブルC1,C10,C11との接触により摩擦抵抗が生じて移動し難くなるようになっていればよい。
【0099】
尚、これら変形例2,3では、演出基板40に設けられる規制部として基板側コネクタKCN1やネジN3を用いる形態を例示したが、本発明はこれに限定されるものではなく、演出基板40に設けられるものであれば、上記基板側コネクタやネジ等に限定されるものではなく、その他の演出基板40に直接設けられる電子部品(例えば、CPU、ROM、ROMソケット、放熱フィンや放熱ファン、コンデンサ等)や、演出基板40に設けられる基板側コネクタKCN11等を介して間接的に設けられるケーブルC11(図5(B)参照)や、ソケットに着脱可能に設けられるROMなどであってもよい。
【0100】
以上説明したように、本発明のパチンコ遊技機1にあっては、演出基板40,315やカバー部材402,313とは別個の部材に接続解除阻止手段を設けたり、被覆とは別に接続状態の解除を阻止するための処理を行ったりすることなく、演出基板40,315をカバー部材402,313により被覆するだけで接続解除阻止手段によりケーブルC1,C10,C11と基板側コネクタKCN1,KCN10,KCN11との接続状態の解除が阻止されるため、製造コストや手間をかけることなくケーブルC1,C10,C11の接続状態が解除されることを抑制することができる。
【0101】
また、図2に示す接続解除阻止手段は、基板側コネクタKCN1に接続されたケーブルC1の配線側コネクタHCN1に当接して、該配線側コネクタHCN1が基板側コネクタKCN1との接続状態が解除される方向へ移動することを規制する規制部411a,411bであることで、接続状態が解除される方向へ何らかの外力が作用しても配線に無理な負荷がかかることがないため、断線等を抑制できる。
【0102】
また、接続解除阻止手段は、被覆体と回路基板とのうち一方(例えば、カバー部材402/カバー部材313)に設けられ、ケーブルC1/C10,C11が他方(例えば、演出基板40/演出基板315)に近接または当接するように押える押え部(例えば、配線押え部420/配線押え部331)であることで、接続状態が解除される方向へケーブルC1/C10,C11が移動することを好適に抑制できる。
【0103】
また、回路基板を被覆するための被覆体は、第1部材であるベース部材401と第2部材であるカバー部材402とを有し、ベース部材401とカバー部材402とを組付けることにより演出基板40を収納可能な基板ケース(例えば、基板ケース400/基板ケース400A/基板ケース400B/基板ケース400C)であることで、演出基板40を好適に保護することができる。
【0104】
また、被覆体(例えば、カバー部材402/カバー部材313)は、配線(例えば、ケーブルC1/ケーブルC10,C11)に外部から触れることができないように前記回路基板(例えば、演出基板40/演出基板315)を被覆することで、カバー部材402/カバー部材313の外部の何らかの部材がケーブルC1/ケーブルC10,C11に接触して接続状態が解除されてしまうことを抑制できる。
【0105】
尚、本実施例では、カバー部材402/カバー部材313はケーブルC1/ケーブルC10,C11に外部から触れることができないように演出基板40/演出基板315を被覆していたが、本発明はこれに限定されるものではなく、回路基板を被覆するための被覆体であれば、必ずしも配線に外部から触れることができないように構成されたものでなくても、例えば、開口や孔部等が形成されていてもよい。
【0106】
次に、演出ユニット500について、図9図12に基づいて説明する。図9は、(A)は演出ユニットの概略を示す正面図、(B)は演出ユニットの概略を示す側面図である。図10は、可動体が上下動する際のケーブルの状態を示す図である。図11は、ケーブルを案内するプラスチック板の外観および取付け状態を示す図である。図12は、ケーブルの余り部分の処理方法を示す図である。
【0107】
また、前記実施例及び変形例1〜3にあっては、回路基板の一例として演出基板40,315を適用した形態を例示したが、本発明はこれに限定されるものではなく、演出制御基板に接続される他の演出基板(例えば、演出基板304やLED基板、中継基板等)であってもよいし、主基板に接続される各種基板を適用してもよい。また、回路基板を被覆するための被覆体としてカバー部材402,313を適用した形態を例示したが、本発明はこれに限定されるものではなく、例えば、LEDが内蔵された可動体においてLEDからの光を拡散するレンズ部材等が回路基板を被覆する被覆体を兼ねているものでもよい。
【0108】
図9及び図10に示すように、演出ユニット500は、遊技盤2と演出表示装置5の間において、遊技者から視認不能なように配置された基台600を備えている。可動体501Aを回転させるための第2演出用モータ511は、基台600の左側の部分および右側の部分に向けて延設された連結アーム502に取付けられており、第2演出用モータ511が回転することにより、可動体501Aが図9(A)中2点鎖線で示すように演出表示装置5の表示面と平行に回転する。可動体501Bは、連結アーム502に取付けられ、可動体501Aと連結アーム502との間に配置される。
【0109】
連結アーム502の端部503L,503Rは、基台600の左右側前面に上下方向に沿って設けられた案内レール505L,505Rにより上下方向に移動可能に支持されている。つまり、可動体501A,501Bは、案内レール505L,505Rに沿って上下方向に移動可能に案内される。更に、連結アーム502の左方の端部503Lには、該端部503Lよりも更に左方に向けて延設された延設部504が設けられている。
【0110】
連結アーム502の右方の端部503Rには、ワイヤ508の一端が接続されている。ワイヤ508は、基台600の右側の部分の上端部を回りこんで基台600の右側の部分の後方(背面側)まで引き出され、他端が基台600の右側の部分の後方に設けられた巻取プーリー507に固着されている。尚、基台600の右側の部分の上端部には、ワイヤ508をガイドするガイドローラ509a,509bが取付けられている。
【0111】
基台600の右側の部分の後方には、第1演出用モータ510と電磁クラッチ520が配置されており、巻取プーリー507と第1演出用モータ510とは電磁クラッチ520を介して連結可能となっている。尚、電磁クラッチ520を介して巻取プーリー507と第1演出用モータ510とが連結されている連結状態では、第1演出用モータ510を駆動させることにより該電磁クラッチ520を介して巻取プーリー507を回転させ、該巻取プーリー507によるワイヤ508の巻取りが可能となっている。また、第1演出用モータ510は、巻取プーリー507によるワイヤ508の巻取りにより可動体501A,501Bを第1位置(上方位置)まで移動させた状態において、巻取プーリー507との連結を電磁クラッチ520により維持することで、該第1演出用モータ510に生じる回転抵抗により可動体501Aの右側を第1位置に支持するようになっている。
【0112】
基台600の左側の部分の前面には、支持片513aを備えるストッパー513が設けられており、ストッパー513は、可動体501A,501Bが第1位置に配置された状態で支持片513aを案内レール505Lに向けて突出させることで延設部504の下方に支持片513aを配置させることが可能となっている。このため、可動体501A,501Bの左側がストッパー513の支持片513aに下方から支持されるとともに、可動体501A,501Bの右側が前述した第1演出用モータ510の回転抵抗により上方から吊持されることで、可動体501A,501Bは第1位置に配置されている状態を維持できるようになっている。
【0113】
可動体501Aには、可動体501Aに演出動作を行わせるための信号や電力を演出制御基板から送るためのケーブル701(例えば、フレキシブルフラットケーブル)が接続される。つまり、ケーブル701は、可動体501Aに演出の動作を行わせるための信号線および電力線である。本実施例においては、ケーブル701は、可動体501Aの第2演出用モータ511を駆動させるための信号や電力を送る。ケーブル701の一方端は、連結アーム502に達した部分でほぼ直角方向に折り曲げられ、可動体501Aに接続される。他方端は、演出基板12に接続される。
【0114】
ケーブル701は、押え部材611,612の右側から幅方向に挿入され、押え部材611,612と基台600との間に挟み込まれ、厚み方向に多少の遊びを有して拘束される。リブ613は、ケーブル701が押え部材611,612に挟み込まれた状態で右側にずれにくくする。固定部材614は、基台600にねじで締め込まれることで、ケーブル701を固定する。尚、図示していないが、ケーブル701は、連結アーム502にも数か所で固定される。ケーブル701は、図10で示すように可動体501Aが第2位置(下方位置)に落下した場合であっても長さに多少の余裕ができるように、基台600や連結アーム502に固定される。
【0115】
可動体501Bが取付けられることによって、連結アーム502およびケーブル701が、遊技者から視認不能とされる。また、ケーブル702は、ケーブル701からの信号および電力の少なくとも一部を第2演出用モータ511に送る。可動体501A,501B、連結アーム502および第2演出用モータ511などの演出ユニット500の移動可能な部分が、基台600などの移動可能でない部分に対して下方向に移動することによって、ケーブル701が、撓みの大きい状態から小さい状態に変化する。
【0116】
図10において2点鎖線で示す状態は、可動体501Aが第1位置にある場合のケーブル701の撓み方が悪い状態を示す図である。図10を参照して、可動体501Aが第2位置から第1位置に戻されるときに、ケーブル701に悪い癖が付いていると、例えば、図のA部で示すように、可動体501Bと押え部材612との間のような、演出ユニット500の移動可能な部分と移動可能でない部分との間に、ケーブル701が挟まれてしまうことが考えられる。
【0117】
このようになった場合、そのように挟まれ易い方向に撓む癖がケーブル701に付いてしまうことが考えられる。そうすると、可動体501Aが上下動するたびに、何度も、ケーブル701が可動体501Bや押え部材612に挟まれ接触してしまう。これにより、ケーブル701の接触する部分が損傷を受ける可能性がある。そうなると、可動体501Aを演出動作させるための第2演出用モータ511に信号や電力が送れなくなるため、演出動作を行うことができなくなる。
【0118】
図11は、ケーブル701を案内するプラスチック板710の外観および取付け状態を示す図である。図11を参照して、上述のように、ケーブル701がパチンコ遊技機1の所定部分(ここでは、可動体501B,押え部材612)に接触してしまうことを防止するために、パチンコ遊技機1の製造時、または、ケーブル701に上述したような悪い癖が付いているのを確認したときに、図11(A)で示すようなプラスチック板710を、図11(B)で示すようにケーブル701の押え部材611,612を流用して取付けておくようにする。
【0119】
プラスチック板710は、平板形状(ここでは厚さ0.3mm程度。他の厚さであってもよい。)であり、取付けられたときにケーブル701に沿って延びる中央部分と、中央部分の一端側であって取付けられたときに前述の所定部分から離れる方向(中央部分に対して20〜30度程度、曲がった方向)に延びる延在部分と、中央部分の他端側であって延在部分と反対方向に延びる係止部分とを含む。係止部分は、プラスチック板710が取付けられたときに、延在部分の方向にプラスチック板710が移動しないように押え部材611に引っ掛かる(約90度)屈曲した部分を含む。
【0120】
プラスチック板710は、押え部材611,612によって、ケーブル701とともに押えられるような状態で取付けられる。押え部材611,612は、押えているケーブル701に対して所定部分の側にプラスチック板710を保持する。これにより、所定部分から離れる方向に延びる延在部分によって、ケーブル701が案内されて、所定部分に接触しないようにすることができる。これにより、可動体501Aに接続されるケーブル701が意図しない方向に撓むことによる不具合を抑制することができる。
【0121】
また、係止部分が屈曲した部分を含むことによって、プラスチック板710が押え部材611,612に対して移動しないようにすることができるため、ケーブル701が押え部材611,612に対して移動し難くすることができる。
【0122】
図12は、ケーブル701の余り部分の処理方法を示す図である。図12を参照して、ケーブル701は、各部への引き回しの便宜のため多少、余裕を持った長さとされている。このため、ケーブル701を、各部に引き回して、演出基板12のコネクタ711に接続した後に、図12(A)で示すように、ケーブル701に余り部分が発生する。
【0123】
このケーブル701の余り部分を、コネクタ711および押え部材615と反対方向に延ばして、コネクタ711および押え部材615から最も離れた部分で、ケーブル701に第1の折り目を付ける。そして、図12(B)で示すように、その第1の折り目の部分を反対側に折り返し、押え部材615から数mm、第1の折り目の部分が出るように、折り目の部分を押え部材615に通す。
【0124】
そして、コネクタ711および押え部材615から最も離れた部分で、ケーブル701に第2の折り目を付ける。この第2の折り目を、演出基板12の上に引き回されている他の電気ケーブル(被覆線を複数本並べて融着したフラットケーブル703)で、演出基板12に押え付けるようにする。
【0125】
演出基板12のような基板上で、このようにフラットケーブル703が引き回される部分は、ケーブル701を固定する部材を設けにくい。しかし、ケーブル701を固定しておかないと、意図しない部分に接触することでケーブル701を損傷させたりするような不具合が発生する可能性がある。
【0126】
上述したように、ケーブル701を押えることによって、ケーブル701に不具合が発生し難くするために、コストを抑えてケーブル701を動かないようにすることができる。これにより、不具合の発生を抑制するためのコストを抑えることができる。
【0127】
このフラットケーブル703で押える部分は、フラットケーブル703の演出基板12の上のコネクタの付近であることが好ましい。コネクタ付近であればフラットケーブル703は動きにくい。このような動きにくいフラットケーブル703によってケーブル701が押えられる。これにより、ケーブル701を安定して押えることができる。
【0128】
また、ケーブル701を押えるフラットケーブル703は、幅が広いことが好ましい。このように幅が広いフラットケーブル703でケーブル701が押えられることによって、ケーブル701を安定して押えることができる。
【0129】
尚、幅の広いフラットケーブルは、線の数が多いことで広くてもよいし、線の数は同等または少ないが、各線の導体部分の直径が太いことや各線の保護被覆や絶縁体が厚いことで広くてもよい。また、フラットケーブルは、上述したようにケーブル701を安定して押えることができれば、幅が広くなくてもよい。例えば、フラットケーブルは、各線が太かったり、導体、絶縁体または保護被覆に曲がりにくい材質の材料を用いたりすることで、曲がりにくくてもよい。フラットケーブルは、導体、絶縁体または保護被覆に硬い材質の材料を用いることで、硬くてもよい。
【0130】
以上、本発明の実施例を図面により説明してきたが、具体的な構成はこれら実施例に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲における変更や追加があっても本発明に含まれる。
【0131】
例えば、前記実施例では、遊技機の一例としてパチンコ遊技機1を例示しているが、本発明はこれに限定されるものではなく、例えば、予め定められた球数の遊技球が遊技機内部に循環可能に内封され、遊技者による貸出要求に応じて貸し出された貸出球や、入賞に応じて付与された賞球数が加算される一方、遊技に使用された遊技球数が減算されて記憶される、所謂、封入式遊技機にも本発明を適用可能である。尚、これら封入式遊技機においては遊技球ではなく得点やポイントが遊技者に付与されるので、これら付与される得点やポイントが遊技価値に該当する。
【0132】
また、前記実施例では、遊技媒体の一例として、球状の遊技球(パチンコ球)が適用されていたが、球状の遊技媒体に限定されるものではなく、例えば、メダル等の非球状の遊技媒体であってもよい。
【0133】
また、前記実施例では、遊技機の一例としてパチンコ遊技機が適用されていたが、例えば遊技用価値を用いて1ゲームに対して所定数の賭数を設定することによりゲームが開始可能となるとともに、各々が識別可能な複数種類の図柄を変動表示可能な変動表示装置に変動表示結果が導出されることにより1ゲームが終了し、該変動表示装置に導出された変動表示結果に応じて入賞が発生可能とされたスロットマシンにも適用可能である。
【符号の説明】
【0134】
1 パチンコ遊技機
40,315 演出基板
331,420 配線押え部
400,400B,400C 基板ケース
411a,411b 規制部
501A,501B 可動体
C1,2,10,11 ケーブル
KCN1,2,10,11 基板側コネクタ
HCN1 配線側コネクタ
N3 ネジ
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
図11
図12