特開2017-225514(P2017-225514A)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 株式会社サンセイアールアンドディの特許一覧
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2017-225514(P2017-225514A)
(43)【公開日】2017年12月28日
(54)【発明の名称】遊技機
(51)【国際特許分類】
   A63F 7/02 20060101AFI20171201BHJP
【FI】
   A63F7/02 320
【審査請求】有
【請求項の数】8
【出願形態】OL
【全頁数】53
(21)【出願番号】特願2016-122180(P2016-122180)
(22)【出願日】2016年6月20日
(11)【特許番号】特許第6201247号(P6201247)
(45)【特許公報発行日】2017年9月27日
(71)【出願人】
【識別番号】599104196
【氏名又は名称】株式会社サンセイアールアンドディ
(74)【代理人】
【識別番号】100111970
【弁理士】
【氏名又は名称】三林 大介
(74)【代理人】
【識別番号】100163315
【弁理士】
【氏名又は名称】安藤 健二
(72)【発明者】
【氏名】野原 修平
【テーマコード(参考)】
2C333
【Fターム(参考)】
2C333AA11
2C333AA12
2C333CA06
2C333CA07
2C333CA08
2C333CA14
2C333CA61
(57)【要約】
【課題】第1識別情報および第2識別情報のうち一方の変動表示頻度が他方の変動表示頻度よりも高い遊技機であって、「変動表示頻度の高い識別情報」を「変動表示頻度の低い識別情報」よりも大きく表示しつつ、「変動表示頻度の低い識別情報」の変動表示を遊技者に認識させ易い遊技機を提供する。
【解決手段】本発明の遊技機は、「変動表示頻度の高い識別情報」を「変動表示頻度の低い識別情報」よりも大きく表示しつつも、「変動表示頻度の低い識別情報」が変動表示する場合は、「変動表示頻度の低い識別情報」が変動表示する前よりも「変動表示頻度の低い識別情報」を大きく表示する。
【選択図】図22
【特許請求の範囲】
【請求項1】
第1識別情報を変動表示させる第1識別情報表示手段と、
第2識別情報を変動表示させる第2識別情報表示手段と、
前記第1識別情報または前記第2識別情報が特定態様で表示される場合に、可変入球口が入球可能状態となる特定遊技を実行する特定遊技実行手段と、
を備え、
前記第1識別情報および前記第2識別情報のうち一方の識別情報の変動表示頻度が他方の識別情報の変動表示頻度よりも高い遊技機であって、
少なくとも所定の開始条件が成立してから所定の終了条件が成立するまでは、
前記他方の識別情報が変動表示していない場合は、前記一方の識別情報を前記他方の識別情報の変動表示よりも大きく表示し、
前記他方の識別情報が変動表示する場合は、前記他方の識別情報が変動表示する前よりも前記他方の識別情報を大きく表示する
ことを特徴とする遊技機。
【請求項2】
請求項1に記載の遊技機において、
前記他方の識別情報の変動表示開始のタイミングで、前記他方の識別情報が変動表示する前よりも前記他方の識別情報を大きく表示する
ことを特徴とする遊技機。
【請求項3】
請求項1または請求項2に記載の遊技機において、
前記所定の開始条件が成立してから前記所定の終了条件が成立するまで、前記第1識別情報の変動表示回数と前記第2識別情報の変動表示回数との合計に係る回数情報を表示する回数情報表示手段を備え、
前記回数情報表示手段は、前記第1識別情報が変動表示する場合および前記第2識別情報が変動表示する場合に、前記回数情報を更新して表示する
ことを特徴とする遊技機。
【請求項4】
請求項3に記載の遊技機において、
前記他方の識別情報が変動表示する場合に、当該他方の識別情報の変動表示が行われることによって前記回数情報が更新されることを示唆する示唆画像を表示する
ことを特徴とする遊技機。
【請求項5】
請求項3または請求項4に記載の遊技機において、
前記所定の開始条件が成立してから前記所定の終了条件が成立するまで、所定の遊技状態より遊技者にとって有利な遊技状態を設定する遊技状態設定手段を備える
ことを特徴とする遊技機。
【請求項6】
請求項3乃至請求項5の何れか一項に記載の遊技機において、
前記所定の開始条件が成立してから前記所定の終了条件が成立するまで、特定の演出を実行する演出実行手段を備える
ことを特徴とする遊技機。
【請求項7】
請求項1乃至請求項6の何れか一項に記載の遊技機において、
前記第1識別情報の変動表示と、前記第2識別情報の変動表示とを並行して実行可能である
ことを特徴とする遊技機。
【請求項8】
請求項1乃至請求項7の何れか一項に記載の遊技機において、
前記所定の開始条件が成立してから前記所定の終了条件が成立するまでは、前記第1識別情報の変動表示時間および前記第2識別情報の変動表示時間が前記所定の開始条件が成立する前より短い
ことを特徴とする遊技機。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、遊技盤に形成された遊技領域に向けて遊技球を発射することによって遊技を行う遊技機(パチンコ機)に関する。
【背景技術】
【0002】
第1始動口に遊技球が入球すると第1識別情報(いわゆる装飾図柄)を変動表示させ、第2始動口に遊技球が入球すると第2識別情報(いわゆる装飾図柄)を変動表示させ、第1識別情報または第2識別情報が特定態様(例えばゾロ目など)で停止表示された場合に、可変入球口が入球可能状態となる特定遊技を行う遊技機が知られている。このような遊技機では、第1識別情報および第2識別情報のうち一方の変動表示頻度を他方の変動表示頻度よりも高くすることが一般的である(特許文献1)。
【0003】
このような遊技機の中には、第1識別情報および第2識別情報の双方を表示し、「変動表示頻度の高い識別情報」を「変動表示頻度の低い識別情報」よりも大きく表示する遊技機が存在する。こうすることによって、「変動表示頻度の高い識別情報」の変動表示を遊技者に認識させ易いようにしている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
【特許文献1】特開2015−091446号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、上述した従来の技術は次のような問題があった。すなわち、第1識別情報および第2識別情報のうち一方の変動表示頻度が他方の変動表示頻度よりも高い場合であっても、他方の変動表示、すなわち、「変動表示頻度の低い識別情報」の変動表示が行われることがある。このような場合、「変動表示頻度の低い識別情報」は「変動表示頻度の高い識別情報」よりも小さく表示されているので、「変動表示頻度の低い識別情報」の変動表示を遊技者に認識させ難いという問題があった。
【0006】
本発明は、上述した課題を解決するためになされたものであり、第1識別情報および第2識別情報のうち一方の変動表示頻度が他方の変動表示頻度よりも高い遊技機であって、「変動表示頻度の高い識別情報」を「変動表示頻度の低い識別情報」よりも大きく表示しつつ、「変動表示頻度の低い識別情報」の変動表示を遊技者に認識させ易い遊技機を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上述した課題の少なくとも一部を解決するために、本発明の遊技機は次の構成を採用した。すなわち、
第1識別情報を変動表示させる第1識別情報表示手段と、
第2識別情報を変動表示させる第2識別情報表示手段と、
前記第1識別情報または前記第2識別情報が特定態様で表示される場合に、可変入球口が入球可能状態となる特定遊技を実行する特定遊技実行手段と、
を備え、
前記第1識別情報および前記第2識別情報のうち一方の識別情報の変動表示頻度が他方の識別情報の変動表示頻度よりも高い遊技機であって、
少なくとも所定の開始条件が成立してから所定の終了条件が成立するまでは、
前記他方の識別情報が変動表示していない場合は、前記一方の識別情報を前記他方の識別情報の変動表示よりも大きく表示し、
前記他方の識別情報が変動表示する場合は、前記他方の識別情報が変動表示する前よりも前記他方の識別情報を大きく表示する
ことを特徴とする。
【0008】
このような遊技機では、「変動表示頻度の高い識別情報」を「変動表示頻度の低い識別情報」よりも大きく表示しつつも、「変動表示頻度の低い識別情報」が変動表示する場合は、「変動表示頻度の低い識別情報」が変動表示する前よりも「変動表示頻度の低い識別情報」を大きく表示する。この結果、「変動表示頻度の低い識別情報」が変動表示する場合であっても、該変動表示を遊技者に認識させ易くすることができる。
【0009】
また、本発明の遊技機は、
前記他方の識別情報の変動表示開始のタイミングで、前記他方の識別情報が変動表示する前よりも前記他方の識別情報を大きく表示する
こととしてもよい。
【0010】
このような遊技機では、「変動表示頻度の低い識別情報」が変動表示開始のタイミングで大きく表示されるので、該変動表示を遊技者に更に認識させ易くすることができる。
【0011】
また、本発明の遊技機は、
前記所定の開始条件が成立してから前記所定の終了条件が成立するまで、前記第1識別情報の変動表示回数と前記第2識別情報の変動表示回数との合計に係る回数情報を表示する回数情報表示手段を備え、
前記回数情報表示手段は、前記第1識別情報が変動表示する場合および前記第2識別情報が変動表示する場合に、前記回数情報を更新して表示する
こととしてもよい。
【0012】
このような遊技機では、「変動表示頻度の低い識別情報」の変動表示が行われる場合であっても、回数情報が更新される。このような場合において、「変動表示頻度の低い識別情報」の変動表示を遊技者が認識できないと、変動表示が行われていないのに回数情報が更新されたように感じさせてしまい、遊技者に不信感を抱かせてしまう。この点、本発明の遊技機は、上述したように「変動表示頻度の低い識別情報」の変動表示を遊技者に認識させ易くすることができるので、上述の不信感が生じることを抑制できる。
【0013】
また、本発明の遊技機は、
前記他方の識別情報が変動表示する場合に、当該他方の識別情報の変動表示が行われることによって前記回数情報が更新されることを示唆する示唆画像を表示する
こととしてもよい。
【0014】
このような遊技機では、他方の識別情報が変動表示することによって回数情報が更新されることを更に遊技者に認識させ易くすることができ、上述の不信感が生じることを更に抑制することができる。
【0015】
また、本発明の遊技機は、
前記所定の開始条件が成立してから前記所定の終了条件が成立するまで、所定の遊技状態より遊技者にとって有利な遊技状態を設定する遊技状態設定手段を備える
こととしてもよい。
【0016】
このような遊技機は、有利な遊技状態において回数情報が表示されるものであり、このような有利な遊技状態においては、「変動表示頻度の低い識別情報」の変動表示が行われた場合であっても回数情報が更新される。このような場合において、「変動表示頻度の低い識別情報」の変動表示を遊技者が認識できないと、変動表示が行われていないのに有利な遊技状態が終了するまでの変動表示回数を減らされたように感じさせてしまい、更に遊技者に不信感を抱かせてしまう。この点、本発明の遊技機は、上述したように「変動表示頻度の低い識別情報」の変動表示を遊技者に認識させ易くすることができるので、上述の不信感が生じることを抑制できる。
【0017】
また、本発明の遊技機は、
前記所定の開始条件が成立してから前記所定の終了条件が成立するまで、特定の演出を実行する演出実行手段を備える
こととしてもよい。
【0018】
このような遊技機は、特定の演出が行われる期間において回数情報が表示されるものであり、このような特定の演出が行われる期間においては、「変動表示頻度の低い識別情報」の変動表示が行われた場合であっても回数情報が更新される。このような場合において、「変動表示頻度の低い識別情報」の変動表示を遊技者が認識できないと、変動表示が行われていないのに特定の演出が行われる期間が終了するまでの変動表示回数を減らされたように感じさせてしまい、更に遊技者に不信感を抱かせてしまう。この点、本発明の遊技機は、上述したように「変動表示頻度の低い識別情報」の変動表示を遊技者に認識させ易くすることができるので、上述の不信感が生じることを抑制できる。
【0019】
また、本発明の遊技機は、
前記第1識別情報の変動表示と、前記第2識別情報の変動表示とを並行して実行可能である
こととしてもよい。
【0020】
このような遊技機では、「変動表示頻度の高い識別情報」の変動表示中に、「変動表示頻度の低い識別情報」の変動表示が開始される場合がある。この場合は、「変動表示頻度の高い識別情報」に遊技者が注目している可能性が高いので、「変動表示頻度の低い識別情報」の変動表示を遊技者に認識させることが更に困難になる。この点、本発明の遊技機は、上述したように「変動表示頻度の低い識別情報」の変動表示を遊技者に認識させ易くすることができるので、第1識別情報の変動表示と第2識別情報の変動表示とを並行して実行可能であっても、上述の不信感が生じることを抑制できる。
【0021】
また、本発明の遊技機は、
前記所定の開始条件が成立してから前記所定の終了条件が成立するまでは、前記第1識別情報の変動表示時間および前記第2識別情報の変動表示時間が前記所定の開始条件が成立する前より短い
こととしてもよい。
【0022】
このような遊技機では、「変動表示頻度の低い識別情報」の変動表示時間も短くなるので、「変動表示頻度の低い識別情報」の変動表示を遊技者に認識させることが更に困難になる。この点、本発明の遊技機は、上述したように「変動表示頻度の低い識別情報」の変動表示を遊技者に認識させ易くすることができるので、「変動表示頻度の低い識別情報」の変動表示時間が短い場合であっても、上述の不信感が生じることを抑制できる。
【発明の効果】
【0023】
本発明によれば、第1識別情報および第2識別情報のうち一方の変動表示頻度が他方の変動表示頻度よりも高い遊技機において、「変動表示頻度の高い識別情報」を「変動表示頻度の低い識別情報」よりも大きく表示しつつ、「変動表示頻度の低い識別情報」の変動表示を遊技者に認識させ易くすることができる。
【図面の簡単な説明】
【0024】
図1】本実施例のパチンコ機1の正面図である。
図2】本実施例の遊技盤20の盤面構成を示す説明図である。
図3】本実施例のパチンコ機1における制御回路の構成を示すブロック図である。
図4】本実施例のセグメント表示部50の構成を示す説明図である。
図5】本実施例の大当り遊技の種類を示す説明図である。
図6】本実施例の演出表示装置41の表示内容を例示する説明図である。
図7】本実施例の変動表示頻度の高い装飾図柄が変動表示する様子を例示する説明図である。
図8】本実施例のリーチ演出を例示する説明図である。
図9】本実施例の「通常状態」における遊技の進行態様を示す説明図である。
図10】本実施例の「時短状態」および「ST状態」における遊技の進行態様を示す説明図である。
図11】本実施例の主制御基板200のCPU201によって実行される遊技制御処理を示すフローチャートである。
図12】本実施例の変動パターン選択テーブルを概念的に示す説明図である。
図13】本実施例の変動パターン選択テーブルの種類を示す説明図である。
図14】本実施例のサブ制御基板220のCPU221の受信コマンド等に対応する処理を示す説明図である。
図15】本実施例の演出モードを示す説明図である。
図16】本実施例のサブ制御基板220のCPU221によって実行される演出モード移行処理を示すフローチャートである。
図17】本実施例のサブ制御基板220のCPU221によって実行される演出モード移行処理を示すフローチャートである。
図18】本実施例のサブ制御基板220のCPU221によって実行される演出モード移行処理を示すフローチャートである。
図19】本実施例の回数表示領域46を示す説明図である。
図20】本実施例のサブ制御基板220のCPU221によって実行される図柄変動演出開始処理を示すフローチャートである。
図21】本実施例のサブ制御基板220のCPU221によって実行される図柄変動演出開始処理を示すフローチャートである。
図22】変動表示頻度の低い第2装飾図柄43a,43b,43cが変動表示する様子を例示する説明図である。
図23】変動表示頻度の低い第2装飾図柄43a,43b,43cが変動表示する様子を例示する説明図である。
図24】変動表示頻度の低い第1装飾図柄42a,42b,42cが変動表示する様子を例示する説明図である。
図25】変動表示頻度の低い第1装飾図柄42a,42b,42cが変動表示する様子を例示する説明図である。
図26】変形例1を示す説明図である。
図27】変形例1を示す説明図である。
図28】変形例2を示す説明図である。
【発明を実施するための形態】
【0025】
上述した本発明の内容を明確にするために、本発明を「セブン機」や「デジパチ」と呼ばれるタイプのパチンコ機(遊技機)に適用した実施例について説明する。尚、実施例において、特に断りがない限りは、パチンコ機正面に向かって右側を「右」と表現し、左側を「左」と表現する。
【0026】
また、以下の実施例は次のような順序に従って説明する。
A.パチンコ機の装置構成:
A−1.装置前面側の構成:
A−2.遊技盤の構成:
A−3.制御回路の構成:
B.遊技の内容:
C.遊技制御処理:
D.演出制御処理:
D−1.演出制御処理の概要:
D−2.図柄変動演出に係る処理:
E.本実施例のパチンコ機によって得られる主な効果:
F.変形例:
F−1.変形例1:
F−2.変形例2:
【0027】
A.パチンコ機の装置構成 :
A−1.装置前面側の構成 :
図1は、本実施例のパチンコ機1の正面図である。図1に示すように、パチンコ機1の前面部には、前面枠4が設けられている。前面枠4の略中央部には窓部4aが形成されており、この窓部4aには合成樹脂製の透明板4bが嵌め込まれている。遊技者は、窓部4a(透明板4b)を通して奥側に配置される遊技盤20(図2参照)の遊技領域を視認可能である。また、前面枠4における窓部4aの右下方には、小窓部4cが形成されており、この小窓部4cには合成樹脂板等の透明板4dが嵌め込まれている。遊技者は、小窓部4c(透明板4d)を通して奥側に配置された遊技盤20のセグメント表示部を視認可能である。詳しくは後述するが、セグメント表示部とは、複数のLEDの組合せによって遊技に係る情報を表示する表示部である。
【0028】
前面枠4における窓部4aの上方には上部ランプ5aが設けられ、窓部4aの周縁部における右部には右サイドランプ5bが設けられ、窓部4aの周縁部における左部には左サイドランプ5cが設けられている。また、窓部4aの左右上方には上部スピーカー6aが設けられており、前面枠4の下方(後述する本体枠の下部前面)には下部スピーカー6bが設けられている。これらの上部ランプ5a、右サイドランプ5b、左サイドランプ5c、上部スピーカー6a、下部スピーカー6bは、遊技上の演出効果を高めるために駆動される。
【0029】
前面枠4における窓部4aの下方には、上皿部7が設けられている。上皿部7には、パチンコ機1に対応して設けられたカードユニット60を介して貸し出される遊技球や、パチンコ機1から払い出される遊技球が貯留される。また、上皿部7の下方には下皿部8が設けられており、上皿部7の容量を超えて貸し出された遊技球や、上皿部7の容量を超えて払い出された遊技球が貯留される。
【0030】
前面枠4における下皿部8の右方には、発射ハンドル9が設けられている。発射ハンドル9の回転軸は、発射ハンドル9の奥側に搭載された発射装置ユニットに接続されており、この発射装置ユニットには、上皿部7に貯留された遊技球が供給される。遊技者が発射ハンドル9を回転させると、その回転が発射装置ユニットに伝達され、発射装置ユニットに内蔵された発射モーターが回転して、回転角度に応じた強さで遊技球が発射される。
【0031】
また、上皿部7の縁部には遊技者による押下操作が可能な演出ボタン10aが設けられており、下皿部8の左方には遊技者による押込操作や回転操作が可能なジョグシャトル10bが設けられている。また、図示は省略するが、上皿部7の縁部であって演出ボタン10aの左側には方向ボタン10cが設けられている。方向ボタン10cは上下左右方向のそれぞれに対応する4個のボタン(上ボタン、下ボタン、左ボタン、右ボタン)から構成されている。これらの演出ボタン10aや、ジョグシャトル10b、方向ボタン10cは、何れも遊技者によって操作される演出操作部であり、所定の条件成立時に遊技者によって操作されると、所定の遊技演出が行われる。
【0032】
前面枠4の背面側には中枠および本体枠が設けられ、前面枠4は、一端(図1における左側)が中枠に対して回動可能に軸支されており、中枠は、一端(図1における左側)が本体枠に対して回動可能に軸支されている。本体枠は、木製の板状部材を組み立てて構成された略長方形の枠体であり、パチンコ機1はこの本体枠が島設備に取り付けられることで遊技ホールに設置される。中枠の前面側には遊技盤20が着脱可能に取り付けられており、前面枠4が中枠に対してパチンコ機1前方側に回動(開放)されると、遊技盤20が露出された状態となる。
【0033】
A−2.遊技盤の構成 :
図2は、遊技盤20の盤面構成を示す説明図である。前述したように、遊技盤20は中枠3の前面側に着脱可能に取り付けられている。図2に示すように、遊技盤20の中央には略円形状の遊技領域21が形成されている。発射装置ユニット261(図3参照)から発射された遊技球は、外レール22と内レール23との間を通って遊技領域21に放出され、遊技領域21の上方から下方に向かって流下する。遊技領域21は、前面枠4の窓部4aを通して遊技者に視認されるので、当然ながら、遊技領域21を流下する遊技球の様子も窓部4aを通して遊技者に視認されることとなる。
【0034】
遊技領域21の略中央には中央装置40が設けられており、中央装置40のほぼ中央には、演出表示装置41が設けられている。演出表示装置41は液晶表示器によって構成されており、その表示画面上には、演出用の種々の画像を表示することが可能である。尚、演出表示装置41の詳しい表示内容については後述する。
【0035】
遊技領域21における中央装置40(演出表示装置41)の下方には、開口部の大きさが不変(一定)であり遊技球が常時入球可能な始動口である第1始動口24が設けられている。第1始動口24に入球した遊技球は、内部に設けられた通路を通って遊技盤20の裏面側に導かれる。第1始動口24の内部の通路には第1始動口センサー24s(図3参照)が設けられており、第1始動口24に入球した遊技球を検知可能である。
【0036】
また、第1始動口24の下方には、遊技球の入球可能性が変化する入球口(始動口)である第2始動口25が設けられている。第2始動口25は、パチンコ機1の前後方向に回動可能な開閉扉26(図中のハッチング部分)を備えており、開閉扉26が略直立して遊技球が入球不能(または入球困難)な閉鎖状態と、開閉扉26がパチンコ機1の前方側に回動して遊技球が入球可能(または入球容易)な開放状態とに変化可能である。図2では、第2始動口25が開放状態となっている様子が示されている。第2始動口25に入球した遊技球は、内部に設けられた通路を通って遊技盤20の裏面側に導かれる。第2始動口25の内部の通路には第2始動口センサー25s(図3参照)が設けられており、第2始動口25に入球した遊技球を検知可能である。
【0037】
また、遊技領域21における中央装置40(演出表示装置41)の左方には、遊技球が通過可能な普通図柄作動ゲート27が設けられており、普通図柄作動ゲート27の内部には、遊技球の通過を検知するゲートセンサー27s(図3参照)が設けられている。
【0038】
また、遊技領域21における第2始動口25の右下方には、略長方形状に大きく開口された第1大入賞口28が設けられている。第1大入賞口28は、パチンコ機1の前後方向に回動可能な開閉扉29(図中のハッチング部分)を備えており、開閉扉29が略直立して遊技球が入球不能な閉鎖状態と、開閉扉29がパチンコ機1の前方側に回動して遊技球が入球可能な開放状態(本発明における「入球可能状態」)とに変化可能である。図2では、第1大入賞口28が開放状態となっている様子が示されている。第1大入賞口28に入球した遊技球は、内部に設けられた通路を通って遊技盤20の裏面側に導かれる。第1大入賞口28の内部の通路には第1大入賞口センサー28s(図3参照)が設けられており、第1大入賞口28に入球した遊技球を検知可能である。
【0039】
また、遊技領域21における第2始動口25の下方(遊技領域21の右下隅部)には、遊技盤20の前面から前方(遊技者側)に突出した第2大入賞口ユニット33が設けられている。第2大入賞口ユニット33の上面は、右側から左側にかけて下方へ傾斜しており、遊技球が右側から左側(パチンコ機1中央側)に転動可能な転動面34となっている。この転動面34の中途部(遊技球の転動方向の中途部)には、第2大入賞口35が設けられている。この第2大入賞口35は、パチンコ機1の前後方向に摺動可能(移動可能)な開閉扉36(図中のハッチング部分)を備えており、開閉扉36が前方側に摺動(移動)して遊技球が入球不能な閉鎖状態と、開閉扉36が後方側に摺動(移動)して遊技球が入球可能な開放状態(本発明における「入球可能状態」)とに変化可能である。第2大入賞口ユニット33内部には、非特定口37および特定口38につながる通路が設けられており、この通路における特定口38の上方には可動部材39が設けられている。この可動部材39は、遊技球が特定口38に入球(特定口38側に通過)することを阻止する阻止状態と、遊技球が特定口38に入球(特定口38側に通過)することを許容する許容状態とに変化可能である。第2大入賞口35に入球した遊技球は、可動部材39が阻止状態であれば非特定口37に入球し、可動部材39が許容状態であれば特定口38に入球する。
【0040】
第2大入賞口ユニット33の前壁は少なくとも一部が透明板によって形成されているので(光透過性を有しているので)、遊技者は第2大入賞口ユニット33の前壁を通して、可動部材39が動作する様子や、第2大入賞口35に入球した遊技球が非特定口37または特定口38に導かれる様子を視認可能である。
【0041】
第2大入賞口35の内部には第2大入賞口センサー35s(図3参照)が設けられており、第2大入賞口35に入球した遊技球を検知可能である。また、非特定口37の内部には非特定口センサー37s(図3参照)が設けられており、非特定口37に入球した遊技球を検知可能である。さらに、特定口38の内部には特定口センサー38s(図3参照)が設けられており、特定口38に入球した遊技球を検知可能である。
【0042】
上述した各遊技装置の周辺には、遊技球が入球可能な一般入球口30や、遊技球の流下経路に影響を与える風車型ホイール31、多数の障害釘(図示省略)が設けられている。また、遊技領域21の最下部にはアウト口32が設けられており、上述した第1始動口24、第2始動口25、第1大入賞口28、第2大入賞口35、一般入球口30の何れにも入球しなかった遊技球は、アウト口32から遊技盤20の裏側に排出される。
【0043】
第1始動口24、第2始動口25、普通図柄作動ゲート27には、中央装置40(演出表示装置41)の左方の領域を流下する遊技球が入球可能である。これに対して、第1大入賞口28、第2大入賞口35には、中央装置40(演出表示装置41)の右方の領域を流下する遊技球が入球可能(または通過可能)である。以下では、中央装置40(演出表示装置41)の左方の領域を流下するように遊技球を発射させることを「左打ち」とも表現し、中央装置40(演出表示装置41)の右方の領域を流下するように遊技球を発射させることを「右打ち」とも表現する。尚、本実施例のパチンコ機1では、第1始動口24に遊技球が入球した場合は3個の遊技球が遊技者に払い出され、第2始動口25に遊技球が入球した場合は4個の遊技球が遊技者に払い出され、一般入球口30に遊技球が入球した場合は5個の遊技球が遊技者に払い出される。また、第1大入賞口28または第2大入賞口35に遊技球が入球した場合は10個の遊技球が遊技者に払い出される。
【0044】
遊技盤20における遊技領域21の右下方には、LEDの組合せによって遊技に係る情報を表示するセグメント表示部50が設けられている。セグメント表示部50は、前面枠4に設けられた小窓部4c(図1参照)を通して遊技者に視認される。尚、セグメント表示部50の詳しい表示内容については後述する。
【0045】
A−3.制御回路の構成 :
次に、本実施例のパチンコ機1における制御回路の構成について説明する。図3は、本実施例のパチンコ機1における制御回路の構成を示したブロック図である。図示されているようにパチンコ機1の制御回路は、多くの制御基板や、各種基板、中継端子板などから構成されている。詳しくは、遊技の進行に係る制御を司る主制御基板200と、遊技の演出に係る制御を司るサブ制御基板220と、サブ制御基板220の制御下で画像の表示や音声の出力に係る制御を司る画像音声制御基板230と、サブ制御基板220の制御下でランプの発光に係る制御を司るランプ制御基板226と、遊技球の貸し出しや払い出しに係る制御を司る払出制御基板240と、遊技球の発射に係る制御を司る発射制御基板260などから構成されている。これら制御基板は、各種論理演算および算出演算を実行するCPU(図3におけるCPU201、221、231等)や、CPUで実行される各種プログラムやデータが記憶されているROM(図3におけるROM202、222、232等)、プログラムの実行に際してCPUが一時的なデータを記憶するRAM(図3における203、223、233等)、入出力用回路など、種々の周辺LSIがバスで相互に接続されて構成されている。
【0046】
主制御基板200には、第1始動口24へ入球した遊技球を検知する第1始動口センサー24sや、第2始動口25へ入球した遊技球を検知する第2始動口センサー25s、普通図柄作動ゲート27を通過した遊技球を検知するゲートセンサー27s、第1大入賞口28へ入球した遊技球を検知する第1大入賞口センサー28s、第2大入賞口35に入球した遊技球を検知する第2大入賞口センサー35s、非特定口37に入球した遊技球を検知する非特定口センサー37s、特定口38に入球した遊技球を検知する特定口センサー38sなどが接続されている。主制御基板200のCPU201は、これらのセンサーなどから遊技球の検知信号の入力があると、その検知信号の入力のあったセンサーに対応するコマンドを、サブ制御基板220や、払出制御基板240、発射制御基板260などに向けて送信する。
【0047】
また、主制御基板200には、第2始動口25に設けられた開閉扉26に開閉動作を行わせるための(第2始動口25を開放状態、閉鎖状態にするための)第2始動口ソレノイド26mや、第1大入賞口28に設けられた開閉扉29に開閉動作を行わせるための(第1大入賞口28を開放状態、閉鎖状態にするための)第1大入賞口ソレノイド28m、第2大入賞口35に設けられた開閉扉36に開閉動作を行わせるための(第2大入賞口35を開放状態、閉鎖状態にするための)第2大入賞口ソレノイド35m、可動部材39を阻止状態、許容状態にするための可動部材ソレノイド39m、セグメント表示部50などが接続されている。主制御基板200のCPU201は、第2始動口ソレノイド26m、第1大入賞口ソレノイド28m、第2大入賞口ソレノイド35m、可動部材ソレノイド39m、セグメント表示部50に向けて駆動信号を送信することにより、これらの動作の制御を行う。
【0048】
サブ制御基板220には、画像音声制御基板230や、ランプ制御基板226、演出操作基板228が接続されている。サブ制御基板220のCPU221は、主制御基板200からの各種コマンドを受信すると、コマンドの内容を解析して、その内容に応じた演出を行う。すなわち、画像音声制御基板230に対しては、出力画像や出力音声を指定するコマンドを送信し、ランプ制御基板226に対しては、上部ランプ5a、右サイドランプ5b、左サイドランプ5c(以下「各種ランプ5a〜5c」ともいう)の発光パターンを指定するコマンドを送信することによって、これらのランプを駆動する演出を行う。また、サブ制御基板220のCPU221は、演出操作基板228を介して、演出ボタン10aや、ジョグシャトル10b、方向ボタン10c(以下「演出操作部10a,10b,10c」ともいう)に対する遊技者の操作を検知すると、該操作に対応する演出を行う。
【0049】
画像音声制御基板230は、CPU231、ROM232、RAM233に加えて、VDP234、画像ROM235、音声ROM236を備えている。画像音声制御基板230のCPU231は、サブ制御基板220からコマンドを受信すると、そのコマンドに対応する画像の表示をVDP234に指示する。VDP234は、指示された画像の表示に利用する画像データ(例えば、スプライトデータや動画データなど)を画像ROM235から読み出して画像を生成し、演出表示装置41の表示画面に出力する。また、画像音声制御基板230のCPU231は、サブ制御基板220からコマンドを受信すると、そのコマンドに対応する音声データを音声ROM236から読み出す。そして、該音声データに基づく音声を、アンプ基板224を介して、上部スピーカー6aおよび下部スピーカー6b(以下「各種スピーカー6a,6b」ともいう)から出力する。
【0050】
払出制御基板240には、上皿部7に設けられた球貸ボタン241(図1では図示省略)や、パチンコ機1に並設されたカードユニット242、払出モーター243などが接続されている。球貸ボタン241が操作されると、この信号は、払出制御基板240を介してカードユニット242に伝達される。カードユニット242は、払出制御基板240とデータを通信しながら、払出モーター243を駆動して遊技球の貸し出しを行う。また、主制御基板200から遊技球の払い出しを指示する払出コマンドを受信した場合も、払出モーター243を駆動して遊技球の払い出しを行う。
【0051】
また、払出制御基板240には発射制御基板260が接続されており、発射制御基板260には、遊技球を発射させるための発射モーター262や遊技者が発射ハンドル9に触れていることを検知するタッチスイッチ263等を有する発射装置ユニット261が接続されている。発射制御基板260は、タッチスイッチ263を介して遊技者が発射ハンドル9に触れていることを検知すると、発射モーター262を駆動することによって、発射ハンドル9の回転角度に応じた強さで遊技球を発射する。
【0052】
B.遊技の内容 :
本実施例のパチンコ機1では次のように遊技が進行する。上皿部7に遊技球が貯留された状態で発射ハンドル9が回転されると、貯留された遊技球が1球ずつ発射装置ユニット261に供給されて、図2を用いて前述した遊技領域21に発射される。遊技球を打ち出す強さは発射ハンドル9の回転角度に対応するので、遊技者は発射ハンドル9の回転角度を変化させることによって、所望する領域に遊技球を流下させることができる。例えば、中央装置40(演出表示装置41)の左方の領域を流下するように遊技球を発射させたり(左打ちを行ったり)、中央装置40(演出表示装置41)の右方の領域を流下するように遊技球を発射させたり(右打ちを行ったり)することができる。
【0053】
<特別図柄の変動表示>
図2を用いて前述したように、第1始動口24には左打ちされた遊技球が入球可能である。左打ちされた遊技球が第1始動口24に入球し、その入球した遊技球が第1始動口センサー24sにより検知されると、所定の判定乱数(後述する特図当り判定乱数など)を取得し、該判定乱数に基づいて「大当り」または「外れ」の何れであるかを判定する特図当り判定を行う。そして、この特図当り判定の結果に基づいて、第1の特別図柄(以下「第1特図」ともいう)を変動表示させた後に停止表示させる。また、図2を用いて前述したように、第2始動口25にも左打ちされた遊技球が入球可能である。左打ちされた遊技球が第2始動口25に入球し、その入球した遊技球が第2始動口センサー25sにより検知されると、所定の判定乱数(後述する特図当り判定乱数など)を取得し、該判定乱数に基づいて「大当り」または「外れ」の何れであるかを判定する特図当り判定を行う。そして、この特図当り判定の結果に基づいて、第2の特別図柄(以下「第2特図」ともいう)を変動表示させた後に停止表示させる。ここで、第1特図、第2特図について説明する。
【0054】
図4は、セグメント表示部50を拡大して示す説明図である。前述したように、セグメント表示部50は遊技盤20における遊技領域21の右下方に設けられており(図2参照)、遊技者は前面枠4の小窓部4c(図1参照)を通してセグメント表示部50を視認可能である。図4に示すように、セグメント表示部50には、第1特図を表示する第1特図表示部51と、第2特図を表示する第2特図表示部52が設けられており、これらの表示部にはそれぞれ9個のLEDが配置されている。第1特図および第2特図(以下、これらを特に区別をしない場合は、まとめて「特別図柄」という)は、それぞれの表示部において、9個のLEDのうち点灯するLEDを切り換えることによって変動表示され、9個のLEDのうち所定のLEDを点灯した状態とすることで停止表示される。本実施例のパチンコ機1では、第1特図として、200種類の大当り図柄(大当り図柄101〜300)と1種類の外れ図柄(外れ図柄101)を停止表示可能であり、第2特図として、200種類の大当り図柄(大当り図柄401〜600)と1種類の外れ図柄(外れ図柄401)を停止表示可能である。これらの図柄の種類は、点灯するLEDの組合せの相違によって識別可能である。
【0055】
遊技球が第1始動口24に入球することに基づく特図当り判定(以下「第1特図についての特図当り判定」ともいう)の結果が「大当り」である場合は、第1特図が大当り図柄101〜300の何れかで停止表示され、第1特図についての特図当り判定の結果が「外れ」である場合は、第1特図が外れ図柄101で停止表示される。また、遊技球が第2始動口25に入球することに基づく特図当り判定(以下「第2特図についての特図当り判定」ともいう)の結果が「大当り」である場合は、第2特図が大当り図柄401〜600の何れかで停止表示され、第2特図についての特図当り判定の結果が「外れ」である場合は第2特図が外れ図柄401で停止表示される。
【0056】
特別図柄(第1特図または第2特図)を大当り図柄または外れ図柄の何れかで停止表示したら、停止表示された図柄を確定させるべく、図柄が停止表示された状態を所定の時間が経過するまで維持する表示(以下「確定表示」ともいう)を行う。以下では、特別図柄が変動表示を開始してから確定表示されるまでの遊技、すなわち1回の変動表示の結果が得られるまでの遊技を「図柄変動遊技」とも表現する。
【0057】
<特別図柄の保留>
遊技球が第1始動口24に入球すると、上述したように第1特図についての特図当り判定や変動表示が行われるものの、これらの特図当り判定や変動表示は、遊技球が第1始動口24に入球後に直ぐに行われるのではなく、取得された判定乱数を第1特図保留として一旦記憶する。そして、所定の条件が成立したら、記憶した第1特図保留に基づいて特図当り判定や第1特図の変動表示を行う。このような第1特図保留は4個を上限として記憶される。第1特図保留の記憶数(第1特図保留数)は、セグメント表示部50の第1特図保留表示部53に表示される。すなわち、図4に示すように、第1特図保留表示部53には2個のLEDが配置されており、この第1特図保留表示部53では、2個のLEDのうち両方を消灯することで第1特図保留数が0個であることを示し、1個のLEDを点灯することで第1特図保留数が1個であることを示し、2個のLEDを点灯することで第1特図保留数が2個であることを示し、1個のLEDを点滅することで第1特図保留数が3個であることを示し、2個のLEDを点滅することで第1特図保留数が4個であることを示す。
【0058】
また、遊技球が第2始動口25に入球すると、上述したように第2特図についての特図当り判定や変動表示が行われるものの、これらの特図当り判定や変動表示も、遊技球が第2始動口25に入球後に直ぐに行われるのではなく、取得された判定乱数を第2特図保留として一旦記憶する。そして、所定の条件が成立したら、記憶した第2特図保留に基づいて特図当り判定や第2特図の変動表示を行う。このような第2特図保留も4個を上限として記憶される。第2特図保留の記憶数(第2特図保留数)は、セグメント表示部50の第2特図保留表示部54に表示される。すなわち、図4に示すように、第2特図保留表示部54にも2個のLEDが配置されており、この第2特図保留表示部54では、2個のLEDのうち両方を消灯することで第2特図保留数が0個であることを示し、1個のLEDを点灯することで第2特図保留数が1個であることを示し、2個のLEDを点灯することで第2特図保留数が2個であることを示し、1個のLEDを点滅することで第2特図保留数が3個であることを示し、2個のLEDを点滅することで第2特図保留数が4個であることを示す。
【0059】
尚、本実施例のパチンコ機1では、何れかの特別図柄の変動表示中や、何れかの特別図柄の確定表示中、大当り遊技中は、第1特図保留や第2特図保留が記憶されていても、これらの保留に係る特図当り判定や変動表示は行わない。また、第1特図保留および第2特図保留のうち第1特図保留のみが記憶されている場合は、最先に記憶された第1特図保留に係る特図当り判定および第1特図の変動表示を行うが、第2特図保留が記憶されている場合は第1特図保留が記憶されているか否かに拘わらず、第2特図保留に係る特図当り判定および第2特図の変動表示を行う。すなわち、第2特図を第1特図に優先して変動表示させる(いわゆる第2特図の優先変動機能を有する)。
【0060】
<遊技状態>
本実施例のパチンコ機1では、遊技状態として、「特図当り判定において大当りと判定される確率に係る遊技状態」と「第2始動口25への遊技球の入球頻度に係る遊技状態」とが適宜設定される。これらのうち「特図当り判定において大当りと判定される確率に係る遊技状態」は「低確率状態」または「高確率状態」に設定される。「低確率状態」は、特図当り判定において大当りと判定される確率が低い(約400分の1の確率である)状態であり、「高確率状態」は、特図当り判定において大当りと判定される確率が高い(約100分の1の確率である)状態である。
【0061】
また、「第2始動口25への遊技球の入球頻度に係る遊技状態」は「非電サポ状態」または「電サポ状態」に設定される。「非電サポ状態」は、第2始動口25への遊技球の入球頻度が低い状態であり、「電サポ状態」は、第2始動口25への遊技球の入球頻度が高い状態である。こうすることによって、「非電サポ状態」では、第2始動口25よりも第1始動口24に遊技球が入球し易く、「電サポ状態」では、第1始動口24よりも第2始動口25に遊技球が入球し易くなっている。このため、「非電サポ状態」では、第1始動口24への入球を遊技者に狙わせることができ、「電サポ状態」では、第2始動口25への入球を遊技者に狙わせることができる。
【0062】
尚、セグメント表示部50には、上述した電サポ状態中であることを示す電サポ表示部58が設けられている。すなわち、図4に示すように、電サポ表示部58には、3個のLEDが配置されており、電サポ状態中は、この3個のLEDを点灯することによって電サポ状態中であることを遊技者に示す。
【0063】
<大当り遊技>
第1特図または第2特図が何れかの大当り図柄で停止表示されると、第1大入賞口28および第2大入賞口35が開放状態となるラウンド遊技が複数回行われる大当り遊技を開始する。図2を用いて前述したように、第1大入賞口28および第2大入賞口35には右打ちされた遊技球が入球可能であるので、大当り遊技中は右打ちが行われることとなる。
【0064】
図5には、本実施例のパチンコ機1において実行可能な大当り遊技の種類が示されている。本実施例のパチンコ機1では、停止表示された大当り図柄の種類によって、1回の大当り遊技における「ラウンド遊技の回数」および「特定口38への遊技球の入球可能性」の少なくとも一方が異なる。図5において、「10R」は10回、「16R」は16回のラウンド遊技が行われることを示している。また、「Vロング」は特定口38へ遊技球が入球し易いことを示し、「Vショート」は特定口38へ遊技球が入球し難いことを示している。ここで、本実施例のパチンコ機1では、大当り遊技における最後のラウンド遊技において第2大入賞口35が開放状態となり、この際、第2大入賞口35に入球した遊技球が特定口38に入球した場合は、該大当り遊技終了後の遊技状態が「高確率状態且つ電サポ状態(以下「ST状態」ともいう)」に設定され、遊技球が特定口38に入球しなかった場合は、該大当り遊技終了後の遊技状態が「低確率状態且つ電サポ状態(以下「時短状態」ともいう)」に設定される。
【0065】
本実施例のパチンコ機1では、可動部材39の動作態様を調節することによって、大当り遊技間で「特定口38への遊技球の入球可能性」に差異をもたせている。すなわち、図5に示す「Vロング」が付された大当り遊技(以下「Vロング」の大当り遊技ともいう)では、第2大入賞口35が開放状態となってから10秒間に亘って可動部材39を許容状態とすることによって、遊技球が特定口38に入球し易くなっており(「ST状態」が設定され易くなっており)、「Vショート」が付された大当り遊技(以下「Vショート」の大当り遊技ともいう)では、第2大入賞口35が開放状態となってから0.2秒間だけ可動部材39を許容状態とすることによって、「Vロング」の大当り遊技より遊技球が特定口38に入球し難くなっている(「ST状態」が設定され難くなっている)。従って、「Vショート」の大当り遊技よりも、「Vロング」の大当り遊技の方が遊技者にとって有利な(価値のある)大当り遊技であるといえる。
【0066】
尚、「ST状態」が設定された場合は、この「ST状態」は、途中で大当り遊技が行われなければ(特図当り判定で大当りと判定されなければ)、150回の図柄変動遊技が行われるまで継続され、その後は低確率状態且つ非電サポ状態(以下「通常状態」ともいう)が設定される。これに対して、「時短状態」が設定された場合は、この「時短状態」は、途中で大当り遊技が行われなければ(特図当り判定で大当りと判定されなければ)、100回の図柄変動遊技が行われるまで継続され、その後は「通常状態」が設定される。
【0067】
本実施例のパチンコ機1では、図5(a)に示すように、第1特図が大当り図柄101〜150で停止表示された場合は(第1特図が大当り図柄で停止表示される場合は25%の確率で)、「16RVロング」の大当り遊技、すなわち、16回のラウンド遊技が行われ、「ST状態」が設定され易い大当り遊技が行われる。また、第1特図が大当り図柄151〜200で停止表示された場合は(第1特図が大当り図柄で停止表示される場合は25%の確率で)、「10RVロング」の大当り遊技、すなわち、10回のラウンド遊技が行われ、「ST状態」が設定され易い大当り遊技が行われる。
【0068】
また、第1特図が大当り図柄201〜250で停止表示された場合は(第1特図が大当り図柄で停止表示される場合は25%の確率で)、「16RVショート」の大当り遊技、すなわち、16回のラウンド遊技が行われ、「ST状態」が設定され難い大当り遊技が行われる。また、第1特図が大当り図柄251〜300で停止表示された場合は(第1特図が大当り図柄で停止表示される場合は25%の確率で)、「10RVショート」の大当り遊技、すなわち、10回のラウンド遊技が行われ、「ST状態」が設定され難い大当り遊技が行われる。
【0069】
一方、図5(b)に示すように、第2特図が大当り図柄401〜480で停止表示された場合は(第2特図が大当り図柄で停止表示される場合は40%の確率で)、「16RVロング」の大当り遊技が行われ、第2特図が大当り図柄481〜560で停止表示された場合は(第2特図が大当り図柄で停止表示される場合は40%の確率で)、「10RVロング」の大当り遊技が行われる。また、第2特図が大当り図柄561〜580で停止表示された場合は(第2特図が大当り図柄で停止表示される場合は20%の確率で)、「16RVショート」の大当り遊技が行われ、第2特図が大当り図柄581〜600で停止表示された場合は(第2特図が大当り図柄で停止表示される場合は20%の確率で)、「10RVショート」の大当り遊技が行われる。
【0070】
以上のように本実施例のパチンコ機1では、第1特図が大当り図柄で停止表示される場合は、50%の確率で「ST状態」が設定され易い大当り遊技が行われ、第2特図が大当り図柄で停止表示される場合は、80%の確率で「ST状態」が設定され易い大当り遊技が行われる。従って、第1特図の変動表示よりも第2特図の変動表示の方が遊技者にとって有利な図柄変動遊技であるといえる。
【0071】
上述した大当り遊技の実行中は、セグメント表示部50のラウンド表示部55に実行中の大当り遊技のラウンド遊技回数が表示される。すなわち、図4に示すように、ラウンド表示部55には3個のLEDが配置されており、このラウンド表示部55では、3個のLEDの全てを消灯することでラウンド遊技回数が10回の大当り遊技の実行中であることを示し、3個のLEDの全てを点灯することでラウンド遊技回数が16回の大当り遊技の実行中であることを示す。また、セグメント表示部50には、右打ちを行うことを示す右打ち表示部59が設けられている。図2を用いて前述したように、第1大入賞口28および第2大入賞口35には右打ちされた遊技球が入球可能であるので、大当り遊技中は右打ちを行うことが遊技者にとって有益である。そこで、大当り遊技中は、右打ち表示部59に配置された2個のLEDを点灯することによって右打ちを行うことを遊技者に促す。
【0072】
<普通図柄の変動表示、普図当り遊技、普通図柄の保留>
図2を用いて前述したように、普通図柄作動ゲート27は右打ちされた遊技球が通過可能である。右打ちされた遊技球が普通図柄作動ゲート27を通過し、その遊技球がゲートセンサー27sにより検知されると、所定の判定乱数(後述する普図当り判定乱数)を取得し、該判定乱数に基づいて普図当りであるか外れであるかを判定する普図当り判定を行う。そして、この普図当り判定の結果に基づいて、普通図柄を変動表示させた後に停止表示させる。図4に示すように、セグメント表示部50には、普通図柄を表示する普図表示部56が設けられており、普図表示部56には2個のLEDが配置されている。普通図柄は、普図表示部56において、2個のLEDのうち点灯するLEDを切り換えることによって変動表示され、2個のLEDのうち所定のLEDを点灯した状態とすることで停止表示される。本実施例のパチンコ機1では、普通図柄として、2個のLEDのうち左のLEDを点灯させた普図当り図柄と、右のLEDを点灯させた普図外れ図柄の2種類の図柄を停止表示可能である。普図当り判定の結果が普図当りである場合は普通図柄が普図当り図柄で停止表示され、普図当り判定の結果が普図外れである場合は普通図柄が普図外れ図柄で停止表示される。こうして普通図柄を当り図柄または外れ図柄で停止表示したら、停止表示された図柄を確定させるべく、図柄が停止表示された状態を所定の時間が経過するまで維持する表示(確定表示)を行う。そして、普通図柄が普図当り図柄で停止表示された場合は、第2始動口25が開放状態となった後に閉鎖状態となる普図当り遊技が行われる。
【0073】
上述した非電サポ状態や電サポ状態は、普図当り判定の態様や、普通図柄の変動表示の態様、普図当り遊技の態様を異ならせることによって設定される。つまり、普図当り判定において普図当りと判定される確率は、非電サポ状態においては100分の1であり、電サポ状態においては100分の99である。また、普通図柄の変動表示時間としては、非電サポ状態においては長い時間が選択され易く(1000m秒、2000m秒、3000m秒の何れかが均等に選択され)、電サポ状態においては短い時間が選択され易い(1000m秒、1252m秒、1500m秒の何れかが均等に選択される)。また、普図当り遊技としては、非電サポ状態においては第2始動口25が短時間(16m秒×1回)だけ開放状態となる普図当り遊技が行われ、電サポ状態においては第2始動口25が長時間(840m秒×2回)開放状態となる普図当り遊技が行われる。これらによって、非電サポ状態中は、第2始動口25が開放状態となる頻度が低くなり、第2始動口25への遊技球の入球頻度も低くなる。これに対して、電サポ状態中は、第2始動口25が開放状態となる頻度が高くなり、第2始動口25への遊技球の入球頻度も高くなる。
【0074】
尚、本実施例のパチンコ機1では、非電サポ状態において、普図当り判定で普図当りと判定された場合は、所定の割合で(例えば、普図当りの場合の2分の1の確率で)、第2始動口25が長時間(840m秒×2回)開放状態となる普図当り遊技が行われる。このような普図当り遊技が行われると、非電サポ状態中であっても、第2始動口25への遊技球の入球頻度が一時的に高くなるので、遊技興趣を高めることができる。
【0075】
遊技球が普通図柄作動ゲート27を通過すると、普図当り判定や普通図柄の変動表示が行われるものの、これらの普図当り判定や変動表示は、遊技球が普通図柄作動ゲート27を通過後に直ぐに行われるのではなく、取得された判定乱数を普図保留として一旦記憶する。そして、所定の条件が成立したら、記憶した普図保留に基づいて普図当り判定や普通図柄の変動表示を行う。このような普図保留も4個を上限として記憶される。普図保留の記憶数(普図保留数)は、セグメント表示部50の普図保留表示部57に表示される。すなわち、図4に示すように、普図保留表示部57には2個のLEDが配置されており、この普図保留表示部57では、2個のLEDのうち両方を消灯することで普図保留数が0個であることを示し、2個のLEDのうち1個のLEDを点灯することで普図保留数が1個であることを示し、2個のLEDを点灯することで普図保留数が2個であることを示し、1個のLEDを点滅することで普図保留数が3個であることを示し、2個のLEDを点滅することで普図保留数が4個であることを示す。尚、本実施例のパチンコ機1では、普図保留が記憶されている場合において、普通図柄の変動表示中、普通図柄の確定表示中、普図当り遊技中の何れでもなければ、最先に記憶された普図保留に係る普図当り判定および普通図柄の変動表示を行う。
【0076】
<演出表示装置41の表示内容>
上述したような遊技を行うための処理は、主に主制御基板200のCPU201によって行われる。本実施例のパチンコ機1では、上述したような遊技に合わせて、演出表示装置41に種々の画像を表示する演出を行う。このような演出を行うための処理は、主にサブ制御基板220のCPU221によって行われる。
【0077】
例えば、演出表示装置41では、第1特図または第2特図の変動表示(図柄変動遊技)に合わせた演出(以下「図柄変動演出」ともいう)が行われる。図6に示すように、本実施例のパチンコ機1では、図柄変動演出を行うための図柄として、第1特図に対応する第1装飾図柄42a,42b,42cと、第2特図に対応する第2装飾図柄43a,43b,43cと、これらの装飾図柄よりも大きい大装飾図柄44a,44b,44cを表示する。これらのうち第1装飾図柄42a,42b,42cは、表示画面の左上部に表示されており、第1特図の変動表示(図柄変動遊技)の開始タイミングと同期して変動表示を開始する。そして、第1特図の変動表示時間が経過するまで種々の態様で変動表示し、第1特図の変動表示の終了タイミング(第1特図の停止表示)と同期して停止表示する。また、第2装飾図柄43a,43b,43cは、表示画面の右上部に表示されており、第2特図の変動表示(図柄変動遊技)の開始タイミングと同期して変動表示を開始する。そして、第2特図の変動表示時間が経過するまで種々の態様で変動表示し、第2特図の変動表示の終了タイミング(第2特図の停止表示)と同期して停止表示する。このように、第1装飾図柄42a,42b,42cおよび第2装飾図柄43a,43b,43cの双方を表示することによって、第1特図および第2特図の双方の変動表示(変動表示しているか否かや、変動表示の開始タイミング、変動表示の終了タイミング、停止表示される図柄など)を遊技者に認識し易くすることができる。
【0078】
また、大装飾図柄44a,44b,44cは、表示画面の中央に表示されている。大装飾図柄44a,44b,44cは、第1装飾図柄42a,42b,42cや第2装飾図柄43a,43b,43cよりも大きく表示されており、第1特図および第2特図のうち変動表示の頻度(変動表示頻度)の高い特別図柄に対応している。ここで、本実施例のパチンコ機1では、非電サポ状態中は、第2始動口25よりも第1始動口24への入球頻度が高いことから、第2特図よりも第1特図の変動表示頻度の方が高い。これに対して、電サポ状態中は、第1始動口24よりも第2始動口25への入球頻度が高いことから、第1特図よりも第2特図の変動表示頻度の方が高い。従って、大装飾図柄44a,44b,44cは、非電サポ状態中は第1特図に対応し、電サポ状態中は第2特図に対応することとなる。すなわち、大装飾図柄44a,44b,44cは、非電サポ状態中は、第1特図の変動表示(図柄変動遊技)の開始タイミングと同期して変動表示を開始する。そして、第1特図の変動表示時間が経過するまで種々の態様で変動表示し、第1特図の変動表示の終了タイミング(第1特図の停止表示)と同期して停止表示する。これに対して、電サポ状態中は、第2特図の変動表示(図柄変動遊技)の開始タイミングと同期して変動表示を開始する。そして、第2特図の変動表示時間が経過するまで種々の態様で変動表示し、第2特図の変動表示の終了タイミング(第2特図の停止表示)と同期して停止表示する。換言すると、大装飾図柄44a,44b,44cは、非電サポ状態中は、第1装飾図柄42a,42b,42cと同様の変動表示を行い、電サポ状態中は、第2装飾図柄43a,43b,43cと同様の変動表示を行う。以上のように、大装飾図柄44a,44b,44cを第1特図および第2特図のうち変動表示頻度の高い特別図柄に対応させることによって、変動表示頻度の高い特別図柄の変動表示(変動表示しているか否かや、変動表示の開始タイミング、変動表示の終了タイミング、停止表示される図柄など)を遊技者に認識させ易くすることができる。
【0079】
尚、本実施例のパチンコ機1では、上述した装飾図柄として「1」〜「9」までの9つの数字を意匠化した図柄を表示可能である。図6では、非電サポ状態中に装飾図柄が表示されている様子が例示されていることから、第1装飾図柄42a,42b,42cと大装飾図柄44a,44b,44cとが互いに同じ数字を意匠化した図柄(同じ種類の図柄)で停止表示されている。
【0080】
図7(a)には、非電サポ状態中に第1特図が変動表示していることに対応して、第1装飾図柄42a,42b,42cおよび大装飾図柄44a,44b,44cが一斉に変動表示している様子が示されている。これらの変動表示が開始されてから所定時間が経過すると、初めに「左の第1装飾図柄42a」および「左の大装飾図柄44a」が停止表示され、次に「右の第1装飾図柄42c」および「右の大装飾図柄44c」が停止表示され、最後に「中の第1装飾図柄42c」および「中の大装飾図柄44c」が停止表示される。これら演出表示装置41で停止表示される「第1装飾図柄42a,42b,42cの組合せ」および「大装飾図柄44a,44b,44cの組合せ」は、前述した第1特図表示部51にて停止表示される第1特図と対応するように構成されている。例えば、第1特図が大当り図柄で停止表示される場合は、演出表示装置41の「第1装飾図柄42a,42b,42cの組合せ」および「大装飾図柄44a,44b,44cの組合せ」が同じ図柄となる図柄組合せ(以下「ゾロ目」ともいう)で停止表示される。また、第1特図が外れ図柄で停止表示される場合は、「第1装飾図柄42a,42b,42cの組合せ」および「大装飾図柄44a,44b,44cの組合せ」が同じ図柄で揃わない図柄組合せ(以下「バラケ目」ともいう)で停止表示される。こうして停止表示された第1装飾図柄42a,42b,42cおよび大装飾図柄44a,44b,44cは、第1特図の確定表示時間が経過するまで停止表示された状態となる(確定表示される)。尚、非電サポ状態中であっても、第2特図(変動表示頻度の低い第2特図)が変動表示することがあるが、この場合の演出表示装置41の表示内容については後述の「D−2.図柄変動演出に係る処理」欄において説明する。
【0081】
図7(b)には、電サポ状態中に第2特図が変動表示していることに対応して、第2装飾図柄43a,43b,43cおよび大装飾図柄44a,44b,44cが一斉に変動表示している様子が示されている。これらの変動表示が開始されてから所定時間が経過すると、初めに「左の第2装飾図柄43a」および「左の大装飾図柄44a」が停止表示され、次に「右の第2装飾図柄43c」および「右の大装飾図柄44c」が停止表示され、最後に「中の第2装飾図柄43c」および「中の大装飾図柄44c」が停止表示される。これら演出表示装置41で停止表示される「第2装飾図柄43a,43b,43cの組合せ」および「大装飾図柄44a,44b,44cの組合せ」は、前述した第2特図表示部52にて停止表示される第2特図と対応するように構成されている。例えば、第2特図が大当り図柄で停止表示される場合は、演出表示装置41の「第2装飾図柄43a,43b,43cの組合せ」および「大装飾図柄44a,44b,44cの組合せ」が「ゾロ目」で停止表示される。また、第2特図が外れ図柄で停止表示される場合は、「第2装飾図柄43a,43b,43cの組合せ」および「大装飾図柄44a,44b,44cの組合せ」が「バラケ目」で停止表示される。こうして停止表示された第2装飾図柄43a,43b,43cおよび大装飾図柄44a,44b,44cは、第2特図の確定表示時間が経過するまで停止表示された状態となる(確定表示される)。尚、電サポ状態中であっても、第1特図(変動表示頻度の低い第1特図)が変動表示することがあるが、この場合の演出表示装置41の表示内容については後述の「D−2.図柄変動演出に係る処理」欄において説明する。
【0082】
以上のように、第1装飾図柄42a,42b,42cは第1特図に表示内容が対応しており、第2装飾図柄43a,43b,43cは第2特図に表示内容が対応している。また、大装飾図柄44a,44b,44cは第1特図および第2特図のうち変動表示頻度の高い特別図柄(非電サポ状態中であれば第1特図、電サポ状態中であれば第2特図)に表示内容が対応している。しかも、図2に示すように、演出表示装置41は、第1特図表示部51や第2特図表示部52(セグメント表示部50)よりも目に付き易い位置に設けられており、表示画面も大きく、表示内容も分かり易いので、遊技者は演出表示装置41の画面を視認しながら遊技を行うことが通常である。従って、非電サポ状態中であれば、図8(a)に示すように、演出表示装置41の表示画面上で初めに停止表示される「左の第1装飾図柄42a」および「左の大装飾図柄44a」と、続いて停止表示される「右の第1装飾図柄42c」および「右の大装飾図柄44c」とが同じ図柄であった場合には、最後に停止表示される「中の第1装飾図柄42b」および「中の大装飾図柄44b」も同じ図柄で停止して、「大当り遊技が開始されるのではないか」と、遊技者は装飾図柄の変動表示(図柄変動演出)を注視することになる。また、電サポ状態中であれば、図8(b)に示すように、初めに停止表示される「左の第2装飾図柄43a」および「左の大装飾図柄44a」と、続いて停止表示される「右の第2装飾図柄43c」および「右の大装飾図柄44c」とが同じ図柄であった場合には、最後に停止表示される「中の第2装飾図柄43b」および「中の大装飾図柄44b」も同じ図柄で停止して、「大当り遊技が開始されるのではないか」と、遊技者は装飾図柄の変動表示(図柄変動演出)を注視することになる。このように、1つの特別図柄に対応する装飾図柄の組み合わせのうち一の装飾図柄を除いた装飾図柄を同じ図柄(ゾロ目となり得る態様)で停止させて該一の装飾図柄を変動表示させた状態で行われる演出は「リーチ演出」と呼ばれており、このリーチ演出を発生させることで遊技興趣を高めることが可能である。
【0083】
尚、図6等に示すように、演出表示装置41の表示画面上の下部には、第1特図保留数を示すための第1保留表示領域45aと、第2特図保留数を示すための第2保留表示領域45bとが設定されている。本実施例のパチンコ機1では、第1保留表示領域45aに第1特図保留数と同数の「保留図柄(図中、小さい円形の図柄)」を表示することで第1特図保留数(上限数は4個)を示し、第2保留表示領域45bに第2特図保留数(上限数は4個)と同数の「保留図柄」を表示することで第2特図保留数を示す。従って、図6に示す例では、第1特図保留数が4個であり、第2特図保留数が4個であることが示されている。尚、当然ながら、演出表示装置41の表示画面上に表示された保留図柄によって示される保留数と、セグメント表示部50の第1特図保留表示部53および第2特図保留表示部54にて示される保留数とは一致する。
【0084】
<遊技の主な進行態様>
本実施例のパチンコ機1では主に次のような態様で遊技が進行される。「通常状態」中は、第2始動口25が開放状態になる頻度が低いため、第2始動口25よりも第1始動口24への入球頻度が高い(第2特図よりも第1特図の変動表示頻度が高い)。従って、「通常状態」中は、図9に示すように、第1始動口24への入球を狙う遊技(以下「第1特図主体の遊技」ともいう)が主に行われる。そして、第1始動口24に遊技球が入球すると(ev.1)、第1特図の変動表示が行われる(ev.2)。「通常状態」中の特図当り判定では約400分の1の確率で「大当り」と判定されるので、ほとんどの場合は、第1特図は外れ図柄で停止表示される(ev.3)。このような第1特図の変動表示を繰り返しているうちに、第1特図についての特図当り判定で「大当り」と判定されると、大当り図柄が停止表示されて(ev.4)、大当り遊技が行われる(ev.5)。
【0085】
そして、大当り遊技が終了すると、大当り遊技中に遊技球が特定口38を通過しなかった場合は遊技状態が「時短状態」に設定され(ev.6)、遊技球が特定口38を通過した場合は遊技状態が「ST状態」に設定される(ev.7)。これらの遊技状態では、後述の図10に示す態様で遊技が進行するところ、「時短状態」が設定された場合は(ev.6)、大当り遊技が行われないまま(特図当り判定結果が大当りとなることなく)100回の図柄変動遊技が行われると、再度「通常状態」が設定される(ev.8)。この場合は、図9を用いて上述した態様の遊技が再度行われることとなる。これに対して、「ST状態」が設定された場合は(ev.7)、大当り遊技が行われないまま(特図当り判定結果が大当りとなることなく)150回の図柄変動遊技が行われると、再度「通常状態」が設定される(ev.9)。この場合も、図9を用いて上述した態様の遊技が再度行われることとなる。
【0086】
一方、「時短状態」中または「ST状態」中は、第2始動口25が開放状態になる頻度が高いため、第1始動口24よりも第2始動口25への入球頻度が高い(第1特図よりも第2特図の変動表示頻度が高い)。従って、図10に示すように、第2始動口25への入球を狙う遊技(以下「第2特図主体の遊技」ともいう)が主に行われる。そして、第2始動口25に遊技球が入球すると(ev.11)、第2特図の変動表示が行われる(ev.12)。この場合に特図当り判定で「大当り」と判定される確率は、「時短状態」中であれば約400分の1であり、「ST状態」中であれば約100分の1である。従って、「時短状態」中はもちろん、「ST状態」中であっても、ほとんどの場合は、第2特図は外れ図柄で停止表示される(ev.13)。このような第2特図の変動表示を繰り返しているうちに、第2特図についての特図当り判定で「大当り」と判定されると、大当り図柄が停止表示されて(ev.14)、大当り遊技が行われる(ev.15)。
【0087】
そして、大当り遊技が終了すると、大当り遊技中に遊技球が特定口38を通過しなかった場合は遊技状態が「時短状態」に設定され(ev.16)、遊技球が特定口38を通過した場合は遊技状態が「ST状態」に設定される(ev.17)。これらの遊技状態では、図10を用いて上述した態様で遊技が進行するところ、「時短状態」が設定された場合は(ev.16)、大当り遊技が行われないまま(特図当り判定結果が大当りとなることなく)100回の図柄変動遊技が行われると、「通常状態」が再度設定される(ev.18)。すなわち、図9を用いて上述した態様の遊技が行われることとなる。これに対して、「ST状態」が設定された場合は(ev.17)、大当り遊技が行われないまま(特図当り判定結果が大当りとなることなく)150回の図柄変動遊技が行われると、再度「通常状態」が設定される(ev.19)。この場合も、図9を用いて上述した態様の遊技が再度行われることとなる。
【0088】
C.遊技制御処理 :
上述したような遊技の進行は、主制御基板200のCPU201が遊技制御処理を実行することによって実現される。以下では、この遊技制御処理について、図11に示すフローチャートを用いて説明する。遊技制御処理は、主制御基板200のCPU201によって、所定周期毎に(例えば4msec毎に発生するタイマ割り込みに基づいて)行われる。尚、以下の説明では、CPU201の初期化処理や、割り込み禁止処理、割り込み許可処理などの周知の処理については、その説明を省略している。
【0089】
<出力処理>
図11に示すように、主制御基板200のCPU201は遊技制御処理を開始すると先ず、出力処理(S100)を行う。本実施例のパチンコ機1では、後述する各種処理において、サブ制御基板220を初めとする各種制御基板に向けて送信する各種コマンドをRAM203に確保された出力バッファに記憶する。出力処理(S100)では、このように出力バッファに記憶された各種コマンドを各種制御基板に向けて送信する処理が行われる。こうすることにより、例えば、サブ制御基板220では、遊技の進行に合わせた演出の制御が行われることになり、払出制御基板240では、払出モーター243の駆動制御(遊技球の払い出し)が行われることとなる。
【0090】
<入力処理>
主制御基板200のCPU201は、続いて、入力処理(S200)を行う。本実施例のパチンコ機1では上述したように、第1始動口24、第2始動口25、一般入球口30、第1大入賞口28、第2大入賞口35の何れかに遊技球が入球した場合は遊技球が払い出される。そこで、入力処理(S200)では、これらの入球を検知するセンサー類(第1始動口センサー24sや、第2始動口センサー25s、第1大入賞口センサー28s、第2大入賞口センサー35s等)について、遊技球を検知したか否かを判断する。その結果、遊技球を検知している場合は、払い出す遊技球の数を示す払出コマンドを上述した出力バッファに記憶する。こうして出力バッファに記憶された払出コマンドは次回の出力処理(S100)で払出制御基板240に向けて送信される。
【0091】
<乱数更新処理>
主制御基板200のCPU201は、続いて、乱数更新処理(S300)を行う。本実施例のパチンコ機1では上述したように、所定の判定乱数に基づいて特図当り判定や普図当り判定が行われる。詳しくは、特図当り判定は「特図当り判定乱数」に基づいて行われ、普図当り判定は「普図当り判定乱数」に基づいて行われる。また、本実施例のパチンコ機1における特別図柄の変動表示は後述する変動パターンに基づいて行われるが、この変動パターンは「変動パターン選択乱数」に基づいて選択される。また、本実施例のパチンコ機1では、特図当り判定結果が「大当り」である場合は200種類(第1特図、第2特図それぞれ200種類)の大当り図柄のうち何れかの大当り図柄が停止表示されるが、これらの図柄の種類は「図柄選択乱数」に基づいて選択される。乱数更新処理(S300)では、これらの乱数を更新する。尚、これらの乱数の更新は、乱数更新処理(S300)においてだけでなく、遊技制御処理を終了してから次の遊技制御処理を開始するまでの期間(次のタイマ割り込みまでの期間)にも行うこととしてもよい。また、乱数更新の専用回路を設けて、この専用回路で乱数を更新することとしてもよい。
【0092】
<始動口等センサー検出処理>
主制御基板200のCPU201は、続いて、始動口等センサー検出処理(S400)を行う。この始動口等センサー検出処理(S400)では、普図保留、第1特図保留、第2特図保留を記憶する処理が行われる。すなわち、主制御基板200のCPU201は先ず、ゲートセンサー27sの検知結果に基づいて、遊技球が普通図柄作動ゲート27を通過したか否かを判断する。その結果、遊技球が普通図柄作動ゲート27を通過した場合は、普図保留数が上限値である4個に達しているか否かを判断する。そして、普図保留数が4個に達していなければ、普図当り判定乱数を取得すると共に該普図当り判定乱数を普図保留として記憶する。普図保留は、記憶した順序を識別できるように、RAM203に確保された普図保留記憶領域に記憶される。尚、遊技球が普通図柄作動ゲート27を通過していなかった場合や、普図保留数が既に4個に達していた場合は、新たな普図保留は記憶しない。
【0093】
こうして普図保留の記憶に係る処理を行ったら、続いて、第1始動口センサー24sの検知結果に基づいて、遊技球が第1始動口24に入球したか否かを判断する。その結果、遊技球が第1始動口24に入球した場合は、第1特図保留数が上限値である4個に達しているか否かを判断する。そして、第1特図保留数が4個に達していなければ、特図当り判定乱数、変動パターン選択乱数、図柄選択乱数を取得すると共にこれらの乱数を第1特図保留として記憶する。第1特図保留は、記憶した順序を識別できるように、RAM203に確保された第1特図保留記憶領域に記憶される。
【0094】
ここで、第1特図の変動表示(図柄変動遊技)は、第1特図保留として取得された特図当り判定乱数、変動パターン選択乱数、図柄選択乱数に基づいて行われる。また、第1特図の変動表示に合わせて行われる演出(図柄変動演出)も、第1特図保留として取得された特図当り判定乱数、変動パターン選択乱数、図柄選択乱数に基づいて行われる。従って、第1特図保留を記憶した場合は、該第1特図保留に基づく変動表示が未だ開始されていなくても(変動開始条件が成立していなくても)、該第1特図保留に基づく変動表示や演出(第1特図保留に基づく図柄変動遊技や図柄変動演出)の態様を判定することが可能である。例えば、第1特図保留に基づく変動表示が行われる前であっても、該第1特図保留に基づく変動表示が行われた場合に大当り図柄が停止表示されるか否かや、リーチ演出が行われるか否か等を判定することが可能である。このような判定は事前判定と称されるものであって、本実施例のパチンコ機1では、第1特図保留を記憶すると、該第1特図保留について事前判定を行い、該事前判定結果を該第1特図保留と対応付けて記憶する。
【0095】
こうして、第1特図保留を記憶すると共に該第1特図保留についての事前判定結果を記憶したら、この事前判定結果を示す事前判定結果コマンドをRAM203の出力バッファに記憶する。このように出力バッファに記憶された事前判定結果コマンドは、次回の出力処理(S100)でサブ制御基板220に向けて送信される。こうすることによって、サブ制御基板220は、第1特図保留の事前判定結果に基づいて種々の演出を実行することが可能となる。尚、遊技球が第1始動口24に入球していなかった場合や、第1特図保留数が既に4個に達していた場合は、新たな第1特図保留は記憶せず、事前判定も行わない。
【0096】
こうして第1始動口センサー24sに係る処理を行ったら、続いて、第2始動口センサー25sの検知結果に基づいて、遊技球が第2始動口25に入球したか否かを判断する。その結果、遊技球が第2始動口25に入球した場合は、第2特図保留数が上限値である4個に達しているか否かを判断する。そして、第2特図保留数が4個に達していなければ、特図当り判定乱数、変動パターン選択乱数、図柄選択乱数を取得すると共にこれらの乱数を第2特図保留として記憶する。第2特図保留は、記憶した順序を識別できるように、RAM203に確保された第2特図保留記憶領域に記憶される。第2特図保留を記憶したら、該第2特図保留についても上述と同様の事前判定を行い、該事前判定結果を該第2特図保留と対応付けて記憶する。こうして、第2特図保留を記憶すると共に該第2特図保留についての事前判定結果を記憶したら、この事前判定結果を示す事前判定結果コマンドをRAM203の出力バッファに記憶する。このように出力バッファに記憶された事前判定結果コマンドも、次回の出力処理(S100)でサブ制御基板220に向けて送信される。こうすることによって、サブ制御基板220は、第2特図保留の事前判定結果に基づいて種々の演出を実行することが可能となる。尚、遊技球が第2始動口25に入球していなかった場合や、第2特図保留数が既に4個に達していた場合は、新たな第2特図保留は記憶せず、事前判定も行わない。
【0097】
<普通動作処理>
主制御基板200のCPU201は、続いて、普通動作処理(S500)を行う。この普通動作処理(S500)では、普通図柄を変動表示させたり、普図当り遊技を実行したりする処理が行われる。すなわち、主制御基板200のCPU201は先ず、普図当り遊技中、普通図柄の変動表示中、普通図柄の確定表示中の何れかであるか否かを判断する。その結果、普図当り遊技中、普通図柄の変動表示中、普通図柄の確定表示中の何れでもない場合は、上述の普図保留記憶領域に普図保留が記憶されているか否かを判断する。その結果、普図保留記憶領域に普図保留が記憶されている場合は、記憶されている普図保留のうち最先に記憶された普図保留を読み出す。そして、読み出した普図保留、すなわち、普図当り判定乱数に基づいて普図当り判定を行う。詳しくは、非電サポ状態中であれば、「普図当り」となる確率が100分の1である(普図保留として取得可能な普図当り判定乱数のうち100分の99の乱数を普図当りとする)普図当り判定を行い、電サポ状態中であれば、「普図当り」となる確率が100分の99である(普図保留として取得可能な普図当り判定乱数のうち100分の99の乱数を普図当りとする)普図当り判定を行う。
【0098】
普図当り判定を行ったら、該普図当り判定の結果が普図当りであるか否かを判断する。その結果、普図当り判定の結果が普図当りである場合は、今回の普通図柄の変動表示にて停止表示する図柄(停止図柄)として普図当り図柄を記憶する。すなわち、今回の普通図柄の変動表示の結果として普図表示部56の左のLED(図4参照)を点灯することを記憶する。これに対して、普図当り判定の結果が普図外れである場合は、今回の普通図柄の変動表示にて停止表示する図柄(停止図柄)として普図外れ図柄を記憶する。すなわち、今回の普通図柄の変動表示の結果として普図表示部56の右のLED(図4参照)を点灯することを記憶する。
【0099】
こうして、今回の普通図柄の変動表示の結果として普図表示部56の左のLEDを点灯すること、あるいは、普図表示部56の右のLEDを点灯することを記憶したら、普通図柄の変動表示時間を設定する。詳しくは、非電サポ状態中であれば、1000m秒、2000m秒、3000m秒の何れかを設定し、電サポ状態中であれば、1000m秒、1252m秒、1500m秒の何れかを設定する。普通図柄の変動表示時間を設定したら、普通図柄の変動表示を開始する。そして、今回の普図当り判定の対象となった普図当り判定乱数(普図保留)を記憶領域から消去する。
【0100】
以上は、普図当り遊技中、普通図柄の変動表示中、普通図柄の確定表示中の何れでもない場合の処理について説明した。これに対して、普通図柄の変動表示中である場合は、変動表示中の普通図柄の変動表示時間が経過したか否かを判断する。その結果、変動表示時間が経過したと判断された場合は、変動表示中の普通図柄を予め記憶しておいた態様で停止表示する。すなわち、普図当り判定の結果が普図当りであった場合は普図表示部56の左のLEDを点灯した状態とし(普図当り図柄を停止表示し)、普図当り判定の結果が外れであった場合は普図表示部56の右のLEDを点灯した状態した状態とする(外れ図柄を停止表示する)。このように普通図柄を停止表示したら、普通図柄の確定表示が開始されるので、普通図柄の確定表示時間を設定する。
【0101】
これに対して、普通図柄の確定表示中である場合は、確定表示時間が経過したか否かを判断する。その結果、確定表示時間が経過した場合は、今回停止表示(確定表示)された普通図柄が普図当り図柄(普図表示部56の左のLEDの点灯)であるか否かを判断する。その結果、停止表示された普通図柄が普図当り図柄であった場合は、普図当り遊技における第2始動口25の開放パターン(開放回数、開放時間、閉鎖時間など)を設定する。詳しくは、非電サポ状態中であれば、第2始動口25が短時間(16m秒間×1回)開放状態となる開放パターンを設定し、電サポ状態中であれば第2始動口25が長時間(840m秒間×2回)開放状態となる開放パターンを設定する。尚、本実施例のパチンコ機1では、非電サポ状態において、普図当り判定で普図当りと判定された場合は、所定の割合で(例えば、普図当りの場合の2分の1の確率で)、第2始動口25が長時間(840m秒×2回)開放状態となる開放パターンを設定する。こうして開放パターンを設定したら、普図当り遊技を開始する。
【0102】
これに対して、普図当り遊技中である場合は、上述の開放パターンで第2始動口25が開放状態・閉鎖状態となるように、第2始動口ソレノイド26mを制御して開閉扉26を動作させる。そして、この開放パターンに従う制御が終了したら普図当り遊技を終了する。
【0103】
<特別動作処理>
主制御基板200のCPU201は、続いて、特別動作処理(S600)を行う。この特別動作処理(S600)では、特別図柄(第1特図または第2特図)を変動表示させたり、大当り遊技を実行したりする処理が行われる。すなわち、主制御基板200のCPU201は先ず、大当り遊技中、特別図柄(第1特図または第2特図)の変動表示中、特別図柄(第1特図または第2特図)の確定表示中の何れかであるか否かを判断する。その結果、これらの何れでもない場合は、第2特図保留記憶領域に第2特図保留が記憶されているか否かを判断する。その結果、第2特図保留記憶領域に第2特図保留が記憶されている場合は、記憶されている第2特図保留のうち最先に記憶された第2特図保留(特図当り判定乱数、変動パターン選択乱数、図柄選択乱数)を読み出す。そして、読み出した第2特図保留に含まれる特図当り判定乱数に基づいて特図当り判定を行う。詳しくは、低確率状態中であれば、「大当り」となる確率が400分の1である(第2特図保留として取得可能な特図当り判定乱数のうち400分の1の乱数を大当りとする)特図当り判定を行い、高確率状態中であれば、「大当り」となる確率が100分の1である(第2特図保留として取得可能な特図当り判定乱数のうち100分の1の乱数を大当りとする)特図当り判定を行う。
【0104】
これに対して、第2特図保留が記憶されていない場合は、今度は、第1特図保留記憶領域に第1特図保留が記憶されているか否かを判断する。その結果、第1特図保留記憶領域に第1特図保留が記憶されている場合は、記憶されている第1特図保留のうち最先に記憶された第1特図保留(特図当り判定乱数、図柄選択乱数、変動パターン選択乱数)を読み出す。そして、読み出した第1特図保留に含まれる特図当り判定乱数に基づいて特図当り判定を行う。詳しくは、低確率状態中であれば、「大当り」となる確率が400分の1である(第1特図保留として取得可能な特図当り判定乱数のうち400分の1の乱数を大当りとする)特図当り判定を行い、高確率状態中であれば、「大当り」となる確率が100分の1である(第1特図保留として取得可能な特図当り判定乱数のうち100分の1の乱数を大当りとする)特図当り判定を行う。
【0105】
そして、特図当り判定の結果が「大当り」である場合は、今回読み出した第1特図保留または第2特図保留に含まれる図柄選択乱数に基づいて、今回の特別図柄の変動表示(図柄変動遊技)にて停止表示する大当り図柄の種類を選択する。すなわち、図5を用いて前述したように、本実施例のパチンコ機1では、第1特図としては大当り図柄101〜300を停止表示可能であり、第2特図としては大当り図柄401〜600を停止表示可能である。そこで、第1特図保留を読み出した場合は、大当り図柄101〜300に図柄選択乱数が割り振られた大当り図柄選択テーブル(図示省略)を参照して、第1特図保留として読み出した図柄選択乱数に対応する大当り図柄を、停止表示する図柄として選択する。また、第2特図保留を読み出した場合は、大当り図柄401〜600に図柄選択乱数が割り振られた大当り図柄選択テーブル(図示省略)を参照して、第2特図保留として読み出した図柄選択乱数に対応する大当り図柄を、停止表示する図柄として選択する。尚、大当り図柄選択テーブルは、主制御基板200のROM202に予め記憶されている。
【0106】
一方、特図当り判定の結果が「外れ」である場合においては、第1特図保留を読み出した場合は外れ図柄101を停止表示する図柄として選択し、第2特図保留を読み出した場合は外れ図柄401を停止表示する図柄として選択する。尚、停止表示する図柄として選択された大当り図柄または外れ図柄は、RAM203に確保された停止図柄記憶領域に記憶される。
【0107】
こうして停止表示する図柄を選択したら、特別図柄の変動表示(図柄変動遊技)の変動パターンを選択する。変動パターンとは、特別図柄(第1特図または第2特図)が変動表示を開始してから停止表示するまでの時間(変動表示時間)であり、各変動パターンには他の変動パターンと識別するための情報(変動パターンID)が付されている。変動パターンを選択する処理では変動パターン選択テーブルを参照する。変動パターン選択テーブルとは、図12に示すように、複数の変動パターン(変動パターンID、変動表示時間)に変動パターン選択乱数が割り振られたテーブルである。変動パターンを選択する処理では、このような変動パターン選択テーブルを参照して、第1特図保留または第2特図保留として今回読み出した変動パターン選択乱数に対応する変動パターンを、今回の変動パターンとして選択する。従って、各変動パターンが選択される確率は、取得可能な変動パターン選択乱数のうち、各変動パターンに割り振られた乱数の割合によって決定される。
【0108】
このように選択された変動パターンは、後述の変動パターン指定コマンドを送信することによって、サブ制御基板220に伝達される。サブ制御基板220のCPU221は、変動パターン指定コマンドを受信すると、該変動パターン指定コマンドに基づいて今回の図柄変動遊技の変動パターンを認識し、認識した変動パターンに基づく(対応する)演出パターンで図柄変動演出を実行する。
【0109】
上述した変動パターンを選択する処理では、常時同じ変動パターン選択テーブルを参照するのではなく、種々の遊技進行状況に対応する変動パターン選択テーブルを参照する。詳しくは、図13に示すように、特別図柄の種類(第1特図または第2特図)や、現在設定されている遊技状態、特図当り判定の結果、記憶されている第1特図保留および第2特図保留の数などに対応する変動パターン選択テーブルを参照する。こうすることで、種々の遊技進行状況に対応する変動パターンを選択可能となり、ひいては、サブ制御基板220のCPU221は種々の遊技進行状況に対応する演出パターンで図柄変動演出を実行可能となる。例えば、サブ制御基板220のCPU221は、特図当り判定の結果が「大当り」である場合は、リーチ演出の後に装飾図柄の組合せをゾロ目で停止表示する図柄変動演出を実行する。また、特図当り判定の結果が外れである場合において所定の変動パターン(リーチ演出に対応する変動パターン)が選択された場合は、リーチ演出の後に装飾図柄の組合せをバラケ目で停止表示させる図柄変動演出を行う。
【0110】
尚、本実施例のパチンコ機1では、「時短状態」中または「ST状態」中は、「通常状態」中より変動表示時間の短い変動パターンが設定された変動パターン選択テーブルが参照される。これにより、「時短状態」中または「ST状態」中は、特別図柄の変動表示時間が「通常状態」よりも短くなる。
【0111】
こうして、今回の特別図柄の変動表示にて停止表示する図柄を選択すると共に、今回の特別図柄の変動表示の変動パターンを選択したら、特別図柄の変動表示を開始する。そして、今回選択された変動パターンを示す変動パターン指定コマンドをRAM203の出力バッファに記憶する。このように出力バッファに記憶された変動パターン指定コマンドは、次回の出力処理(S100)でサブ制御基板220に向けて送信される。また、今回の特図当り判定の対象となった第1特図保留または第2特図保留を、第1特図保留記憶領域または第2特図保留記憶領域から消去する。
【0112】
以上は、大当り遊技中、特別図柄(第1特図または第2特図)の変動表示中、特別図柄の確定表示中の何れでもない場合の処理について説明した。これに対して、特別図柄の変動表示中である場合は、変動表示中の特別図柄の変動表示時間が経過したか否かを判断する。その結果、変動表示時間が経過したと判断された場合は、変動表示中の特別図柄を予め停止図柄記憶領域に記憶しておいた図柄で停止表示する(確定表示を開始する)。このように特別図柄が停止表示されたら、特別図柄の確定表示が開始されるので、特別図柄の確定表示時間を設定する。そして、特別図柄を停止表示したことを示す変動停止コマンドをRAM203の出力バッファに記憶する。このように出力バッファに記憶された変動停止コマンドは、次回の出力処理(S100)でサブ制御基板220に向けて送信される。
【0113】
以上は、特別図柄の変動表示中である場合の処理について説明した。これに対して、特別図柄の確定表示中である場合は、確定表示時間が経過したか否かを判断する。その結果、確定表示時間が経過した場合は、今回停止表示(確定表示)された特別図柄が大当り図柄、外れ図柄の何れであるか否かを判断する。その結果、停止表示された特別図柄が外れ図柄であった場合は、「ST状態」または「時短状態」が設定されているか否かも判断する。そして、「ST状態」が設定されている場合は、「ST状態」が終了するまでの残りの図柄変動遊技回数(以下「残りST回数」ともいう)を1回減算する。その結果、「残りST回数」が0回になったら、「通常状態」を設定する。このように「通常状態」が設定された場合は、「通常状態」が設定されたことを示す遊技状態指定コマンドをRAM203の出力バッファに記憶する。このように出力バッファに記憶された遊技状態指定コマンドは、次回の出力処理(S100)でサブ制御基板220に向けて送信される。
【0114】
これに対して、「時短状態」が設定されている場合は、「時短状態」が終了するまでの残りの図柄変動遊技回数(以下「残り時短回数」)を1回減算する。その結果、「残り時短回数」が0回になったら、「通常状態」を設定する。このように「通常状態」が設定された場合も、「通常状態」が設定されたことを示す遊技状態指定コマンドをRAM203の出力バッファに記憶する。このように出力バッファに記憶された遊技状態指定コマンドは、次回の出力処理(S100)でサブ制御基板220に向けて送信される。
【0115】
これに対して、停止表示された特別図柄が大当り図柄であった場合は、大当り遊技における第1大入賞口28および第2大入賞口35の開放パターン(開放回数、開放時間、閉鎖時間など)や、可動部材39の動作パターンを設定する。図5を用いて前述したように、本実施例のパチンコ機1では、停止表示された大当り図柄の種類によって、大当り遊技中の「ラウンド遊技の回数」が異なる。また、停止表示された大当り図柄の種類によって、「特定口38への遊技球の入球可能性」、すなわち、「Vロング」の大当り遊技であるか「Vショート」の大当り遊技であるかが異なる。従って、停止表示された大当り図柄の種類に対応して、第1大入賞口28および第2大入賞口35の開放パターンや、可動部材39の動作パターンを設定する。
【0116】
こうして、第1大入賞口28および第2大入賞口35の開放パターンや、可動部材39の動作パターンを設定したら、大当り遊技を開始する。そして、大当り遊技の開始を示す大当り遊技開始コマンドをRAM203の出力バッファに記憶する。この大当り遊技開始コマンドには、今回開始する大当り遊技の種類(図5参照)を示す情報も含まれている。出力バッファに記憶された大当り遊技開始コマンドは、次回の出力処理(S100)でサブ制御基板220に向けて送信される。
【0117】
以上は、特別図柄の確定表示中である場合の処理について説明した。これに対して、大当り遊技中である場合は、上述の開放パターンで第1大入賞口28または第2大入賞口35が開放状態・閉鎖状態となるように、第1大入賞口ソレノイド28mまたは第2大入賞口ソレノイド35mを制御して開閉扉29または開閉扉36を動作させる。加えて、上述の動作パターンで可動部材39が動作するように可動部材ソレノイド39mを制御する。
【0118】
また、ラウンド遊技の開始時には、ラウンド遊技の開始を示すラウンド遊技開始コマンドをRAM203の出力バッファに記憶し、ラウンド遊技の終了時には、ラウンド遊技の終了を示すラウンド遊技終了コマンドをRAM203の出力バッファに記憶する。このように出力バッファに記憶されたラウンド遊技開始コマンド、ラウンド遊技終了コマンドは、次回の出力処理(S100)でサブ制御基板220に向けて送信される。また、大当り遊技中(最後のラウンド遊技中)に第2大入賞口35から入球した遊技球が特定口38に入球したら、その旨を示す特定口入球コマンドをRAM203の出力バッファに記憶する。このように出力バッファに記憶された特定口入球コマンドは、次回の出力処理(S100)でサブ制御基板220に向けて送信される。
【0119】
上述の開放パターンに従う第1大入賞口ソレノイド28mおよび第2大入賞口ソレノイド35mの制御(開閉扉29および開閉扉36の動作)や、上述の動作パターンに従う可動部材ソレノイド39mの制御(可動部材39の動作)が終了したら大当り遊技を終了する。そして、大当り遊技の終了を示す大当り遊技終了コマンドをRAM203の出力バッファに記憶する。このように出力バッファに記憶された大当り遊技終了コマンドは、次回の出力処理(S100)でサブ制御基板220に向けて送信される。大当り遊技を終了したら、該大当り遊技の種類や、遊技球が特定口38に入球したか否かに応じて、遊技状態を設定する(図9図10参照)。また、遊技状態が「ST状態」に設定された場合は「残りST回数」を設定し、遊技状態が「時短状態」に設定された場合は「残り時短回数」を設定する(図9図10参照)。そして、設定された遊技状態を示す遊技状態指定コマンドをRAM203の出力バッファに記憶する。このように出力バッファに記憶された遊技状態指定コマンドは、次回の出力処理(S100)でサブ制御基板220に向けて送信される。
【0120】
尚、「大当り遊技」は本発明における「特定遊技」に相当する。従って、大当り遊技を実行する主制御基板200のCPU201は、本発明における「特定遊技実行手段」に相当する。また、「時短状態」および「ST状態」は本発明における「有利な遊技状態」に相当する。従って、「時短状態」および「ST状態」を設定する主制御基板200のCPU201は本発明における「遊技状態設定手段」に相当する。また、本実施例における「時短状態」または「ST状態」の開始条件は、本発明における「所定の開始条件」に相当し、本実施例における「時短状態」または「ST状態」の終了条件は、本発明における「所定の終了条件」に相当する。
【0121】
<保留数処理>
主制御基板200のCPU201は、続いて、保留数処理(S700)を行う。この保留数処理(S700)では、第1特図保留記憶領域に記憶されている第1特図保留の数、および、第2特図保留記憶領域に記憶されている第2特図保留の数を読み出して、これらの数を示す保留数伝達コマンドをRAM203の出力バッファに記憶する。こうして出力バッファに記憶された保留数伝達コマンドも次回の出力処理(S100)でサブ制御基板220に向けて送信される。こうすることによって、サブ制御基板220は、第1特図保留の数や第2特図保留の数に対応する保留図柄を演出表示装置41に表示する等、これらの数に基づいて種々の演出を実行することが可能となる。
【0122】
D.演出制御処理 :
D−1.演出制御処理の概要 :
上述したように、遊技の進行は、主制御基板200のCPU201によって遊技制御処理が行われることによって実現されるが、遊技の進行に合わせた演出は、サブ制御基板220のCPU221が演出制御処理を実行することによって実現される。以下では、この演出制御処理について説明する。演出制御処理は、サブ制御基板220のCPU221によって、所定周期毎に(例えば10msec毎に発生するタイマ割り込みに基づいて)行われる。尚、以下の説明では、CPU221の初期化処理や、割り込み禁止処理、割り込み許可処理などの周知の処理については、その説明を省略している。
【0123】
演出制御処理を開始すると、サブ制御基板220のCPU221は先ず、コマンド解析処理を行う。ここで、サブ制御基板220のCPU221は、主制御基板200からコマンドを受信するたびに、あるいは、各種基板から検知信号を受信するたびに、外部割り込み処理として、受信したコマンドや検知信号をRAM223の受信コマンド記憶領域に記憶している。コマンド解析処理では、この受信コマンド記憶領域に記憶されたコマンドや検知信号、すなわち、受信したコマンドや検知信号に対応する演出を決定し、この演出を行うべく、画像音声制御基板230やランプ制御基板226等に送信するコマンドをRAM223に確保された出力バッファに記憶する。
【0124】
サブ制御基板220のCPU221は、続いて、出力処理を行う。この処理では、RAM223の出力バッファに記憶されたコマンドを、画像音声制御基板230やランプ制御基板226等に送信する。サブ制御基板220からコマンドを受信すると、画像音声制御基板230は、受信したコマンドに対応する画像を演出表示装置41に表示すると共に、受信したコマンドに対応する音声を各種スピーカー6a,6b等から出力する。また、ランプ制御基板226は、受信したコマンドに対応する発光パターンで各種ランプ5a〜5c等を発光させる。
【0125】
以上のように、サブ制御基板220は、画像音声制御基板230やランプ制御基板226等と協働して各種演出を実行するが、本明細書では説明の便宜上、このような各種演出を実行することを、単に「サブ制御基板220のCPU221が各種演出を実行する」とも表現する。
【0126】
図14には、各種コマンド等に対応してサブ制御基板220のCPU221が行う演出が示されている。図14に示すように、サブ制御基板220のCPU221は、事前判定結果コマンドを受信した場合は、事前判定結果に基づく演出である事前演出を行う。例えば、事前判定結果に対応するキャラクター等の画像を演出表示装置41に表示させたり、演出表示装置41の第1保留表示領域45aや第2保留表示領域45bに表示する保留図柄の態様を事前判定結果に対応する態様としたりする。尚、事前演出は、事前判定結果コマンドを受信した場合において、常時行う必要はなく、所定の条件が成立したら(例えば所定の実行抽選に当選したら)行うこととしてもよい。
【0127】
また、保留数伝達コマンドを受信すると、このコマンドによって示される第1特図保留数および第2特図保留数と同数の保留図柄を、演出表示装置41の第1保留表示領域45aや第2保留表示領域45bに表示する。尚、第1特図保留数および第2特図保留数の両方を常時表示する必要はなく、例えば、第1特図主体の遊技が行われる「通常状態」においては第1特図保留数を表示し、第2特図主体の遊技が行われる「時短状態」および「高確率・電サポ状態」においては、第2特図保留数を表示することとしてもよい。
【0128】
また、変動パターン指定コマンドを受信すると、特別図柄(第1特図または第2特図)の変動表示に合わせて、変動パターン指定コマンドが示す変動パターンに対応する図柄変動演出を開始する。そして、変動停止コマンドを受信すると、図柄変動演出を終了する。尚、図柄変動演出については、後述の「D−2.図柄変動演出に係る処理」欄にて詳しく説明する。
【0129】
また、サブ制御基板220のCPU221は、大当り遊技開始コマンドを受信すると、大当り遊技中であることを示す大当り遊技演出を開始する。例えば、大当り遊技が開始されるタイミングで、大当り遊技の開始を示すファンファーレ演出を実行すると共に、大当り遊技中であることを示す動画(いわゆるムービー)の表示を開始する。また、開始された大当り遊技のラウンド遊技回数(10回、16回の何れか)を示唆する演出や、特定口38へ遊技球を入球させることを遊技者に促す演出などを実行する。本実施例のパチンコ機1では、このような大当り遊技演出として、態様(例えば、表示する動画など)が互いに異なる複数の大当り遊技演出を実行可能であり、何れの大当り遊技演出を実行するかは、所定の抽選結果や、大当り遊技の種類に応じて決定される。
【0130】
そして、大当り遊技中にラウンド遊技開始コマンドを受信すると、サブ制御基板220のCPU221は、ラウンド遊技中であることを示すラウンド遊技演出を(例えば、大当り遊技演出に重ねて)開始する。例えば、実行中の大当り遊技におけるラウンド遊技の回数を示す演出(例えば、1R,2R,3R・・・を表示する演出など)を開始する。そして、ラウンド遊技終了コマンドを受信すると、ラウンド遊技演出を終了し、大当り遊技終了コマンドを受信すると、大当り遊技演出を終了する。
【0131】
また、サブ制御基板220のCPU221は、特定口入球コマンドを受信すると、特定口38に遊技球が入球したことを示す演出を行う。例えば、演出表示装置41の表示画面に「V」の文字を表示する演出を行う。また、サブ制御基板220のCPU221は、遊技状態指定コマンドを受信すると、設定された遊技状態に対応する演出を開始する。尚、遊技状態に対応する演出についても、後述の「D−2.図柄変動演出に係る処理」欄にて詳しく説明する。
【0132】
また、サブ制御基板220のCPU221は、演出操作基板228を介して操作信号を検知すると、すなわち、演出操作部10a,10b,10cが操作されると、該操作に対応する演出を開始する。
【0133】
D−2.図柄変動演出に係る処理 :
本実施例のパチンコ機1では、設定されている遊技状態によって互いに異なる演出態様(以下「演出モード」ともいう)が設定され、設定された演出モードで演出が行われる。詳しくは、図15(a)に示すように、「通常状態」の設定中は、「通常状態」に対応する「通常演出モード」が設定されており、該「通常演出モード」で演出が行われる。また、「時短状態」の設定中は、「時短状態」に対応する「時短演出モード」が設定されており、該「時短演出モード」で演出が行われる。また、「ST状態」の設定中は、「ST状態」に対応する「ST演出モード」が設定されており、該「ST演出モード」で演出が行われる。
【0134】
そして、図6図8では図示を省略したが、時短演出モードの設定中(時短モード中)は「残り時短回数」が演出表示装置41の表示画面に表示され、ST演出モードの設定中(ST演出モード中)は「残りST回数」が演出表示装置41の表示画面に表示される。
【0135】
また、図15(b)に示すように、「通常演出モード」としては、「特殊演出モード」と「普通演出モード」とを設定可能であり、「特殊演出モード」と「普通演出モード」とは互いに演出態様が異なる。すなわち、「通常状態」中は、互いに演出の態様が異なる「特殊演出モード」と「普通演出モード」とを設定可能である。これらのうち、「特殊演出モード」は、「時短状態」または「ST状態」が終了してから、すなわち、「通常状態」が設定されてから20回の図柄変動遊技が行われるまで設定される。これに対して、「普通演出モード」は、「特殊演出モード」終了後、すなわち、「通常状態」が設定されてから20回の図柄変動遊技が終了したら設定される。「特殊演出モード」の設定中は、「特殊演出モード」が終了するまでの残りの図柄変動遊技回数(以下「残り特殊回数」ともいう)が演出表示装置41の表示画面に表示される。
【0136】
<演出モード移行処理>
図16図18は、上述したそれぞれの演出モードに移行するための演出モード移行処理を示すフローチャートである。この処理は、サブ制御基板220のCPU221によって、上述した演出制御処理の一環として(例えば10msec毎に)実行される。
【0137】
図16に示す演出モード移行処理を開始すると、サブ制御基板220のCPU221は先ず、遊技状態指定コマンドを受信しているか否かを判断する(S800)。図11を用いて前述したように、遊技状態指定コマンドは、新たな遊技状態が設定された場合(遊技状態が移行した場合)に受信するコマンドであるので、S800の判断処理では、新たな遊技状態が設定されたか否か(遊技状態が移行したか否か)が判断される。S800の判断処理の結果、新たな遊技状態が設定されたと判断された場合は(S800:yes)、続いて、新たに設定された遊技状態が「通常状態」であるか否かを判断する(S802)。
【0138】
その結果、新たに設定された遊技状態が「通常状態」である場合は(S802:yes)、特殊演出フラグをONに設定する(S804)。ここで、本実施例のパチンコ機1では、上述した演出モードが設定中である場合は、該演出モードに対応する演出フラグをONに設定することとしている。詳しくは、「特殊演出モード」の設定中は特殊演出フラグをONに設定し、「普通演出モード」の設定中は普通演出フラグをONに設定し、「時短演出モード」の設定中は時短演出フラグをONに設定し、「ST演出モード」の設定中はST演出フラグをONに設定することとしている。これらの演出フラグは、サブ制御基板220のRAM223にその記憶領域が確保されている。
【0139】
S804の処理では、「通常状態」が新たに設定されたことを受けて、「特殊演出モード」を設定すべく、特殊演出フラグをONに設定する。こうして「特殊演出モード」を設定したら、「特殊演出モード」での演出を開始するために、次のS806〜S814の処理を行う。すなわち、先ず、「特殊演出モード」用の背景画像を演出表示装置41に表示する(S806)。例えば、「特殊演出モード」の文字画像や、「特殊演出モード」の設定中であることを示す動画などを演出表示装置41に表示する。そして、第1装飾図柄42a,42b,42cを現在停止表示中の第1特図に対応する図柄で表示すると共に、第2装飾図柄43a,43b,43cを現在停止表示中の第2特図に対応する図柄で表示する(S808、図6参照)。また、大装飾図柄44a,44b,44cを現在停止表示中の第1特図に対応する図柄で表示する(S809、図6参照)。すなわち、「特殊演出モード」は「通常状態」中に設定される演出モードであるので、「特殊演出モード」の設定中は、第1特図の方が第2特図よりも変動表示頻度が高い。従って、「特殊演出モード」の設定中は、大装飾図柄44a,44b,44cを第1特図に対応する図柄で表示する。
【0140】
続いて、残り特殊カウンタの値として「20」を設定する(S812)。残り特殊カウンタは、「残り特殊回数」を計数するためのカウンタであって、サブ制御基板220のRAM223にその記憶領域が確保されている。図15(b)を用いて前述したように、「特殊演出モード」は20回の図柄変動遊技が行われると終了する。そこで、S812の処理では、「残り特殊回数」を20回にすべく、残り特殊カウンタの値として「20」を設定する。そして、この残り特殊カウンタの値である「20」に基づいて「残り特殊回数」を表示する(S814)。詳しくは、図19に示すように、演出表示装置41の表示画面の右下部分に回数表示領域46を設定し、この回数表示領域46に「残り20回」という文字画像を表示する。
【0141】
以上は、新たに設定された遊技状態が「通常状態」である場合の処理について説明した。これに対して、新たに設定された遊技状態が「時短状態」である場合は(S816:yes)、「時短演出モード」を設定すべく、時短演出フラグをONに設定する(S818)。こうして「時短演出モード」を設定したら、「時短演出モード」での演出を開始するために、次のS818〜S828の処理を行う。すなわち、先ず、「時短演出モード」用の背景画像を演出表示装置41に表示する(S820)。例えば、「時短演出モード」の文字画像や、「時短演出モード」の設定中であることを示す動画などを演出表示装置41に表示する。そして、第1装飾図柄42a,42b,42cを現在停止表示中の第1特図に対応する図柄で表示すると共に、第2装飾図柄43a,43b,43cを現在停止表示中の第2特図に対応する図柄で表示する(S822、図6参照)。また、大装飾図柄44a,44b,44cを現在停止表示中の第2特図に対応する図柄で表示する(S824、図6であれば大装飾図柄44a,44b,44cとして8−5−7を表示する)。すなわち、「時短演出モード」は「時短状態」中に設定される演出モードであるので、「時短演出モード」の設定中は、第2特図の方が第1特図よりも変動表示頻度が高い。従って、「時短演出モード」の設定中は、大装飾図柄44a,44b,44cを第2特図に対応する図柄で表示する。
【0142】
続いて、残り時短カウンタの値として「100」を設定する(S826)。残り時短カウンタは、「残り時短回数」を計数するためのカウンタであって、サブ制御基板220のRAM223にその記憶領域が確保されている。「時短演出モード」は、「時短状態」中に設定される演出モードであることから、「時短演出モード」も「時短状態」と同様に100回の図柄変動遊技が行われると終了する。そこで、S826の処理では、「残り時短回数」を100回にすべく、残り時短カウンタの値として「100」を設定する。そして、この残り時短カウンタの値である「100」に基づいて「残り時短回数」を表示する(S828)。詳しくは、図19を用いて前述した回数表示領域46に「残り100回」という文字画像を表示する。
【0143】
以上は、新たに設定された遊技状態が「時短状態」である場合の処理について説明した。これに対して、新たに設定された遊技状態が「ST状態」である場合は(S816:no)、「ST演出モード」を設定すべく、ST演出フラグをONに設定する(S830)。こうして「ST演出モード」を設定したら、「ST演出モード」での演出を開始するために、次のS832〜S840の処理を行う。すなわち、先ず、「ST演出モード」用の背景画像を演出表示装置41に表示する(S832)。例えば、「ST演出モード」の文字画像や、「ST演出モード」の設定中であることを示す動画などを演出表示装置41に表示する。そして、第1装飾図柄42a,42b,42cを現在停止表示中の第1特図に対応する図柄で表示すると共に、第2装飾図柄43a,43b,43cを現在停止表示中の第2特図に対応する図柄で表示する(S834、図6参照)。また、大装飾図柄44a,44b,44cを現在停止表示中の第2特図に対応する図柄で表示する(S836、図6であれば大装飾図柄44a,44b,44cとして8−5−7を表示する)。すなわち、「ST演出モード」は「ST状態」中に設定される演出モードであるので、「ST演出モード」の設定中は、第2特図の方が第1特図よりも変動表示頻度が高い。従って、「ST演出モード」の設定中は、大装飾図柄44a,44b,44cを第2特図に対応する図柄で表示する。
【0144】
続いて、残りSTカウンタの値として「150」を設定する(S838)。残りSTカウンタは、「残りST回数」を計数するためのカウンタであって、サブ制御基板220のRAM223にその記憶領域が確保されている。「ST演出モード」は、「ST状態」中に設定される演出モードであることから、「ST演出モード」も「ST状態」と同様に150回の図柄変動遊技が行われると終了する。そこで、S838の処理では、「残りST回数」を100回にすべく、残りSTカウンタの値として「150」を設定する。そして、この残りSTカウンタの値である「150」に基づいて「残りST回数」を表示する(S840)。詳しくは、図19を用いて前述した回数表示領域46に「残り150回」という文字画像を表示する。
【0145】
続いて、図17に移り、変動パターン指定コマンドを受信しているか否かを判断する(S842)。変動パターン指定コマンドは、第1特図または第2特図の変動表示(図柄変動遊技)が開始される際に受信するコマンドであるので、S842の判断処理では、第1特図または第2特図の変動表示が開始されたか否かが判断される。S842の判断処理の結果、第1特図または第2特図の変動表示が開始されたと判断された場合は(S842:yes)、普通演出フラグがONに設定されているか否か、すなわち、「普通演出モード」の設定中であるか否かを判断する(S844)。その結果、「普通演出モード」の設定中でなければ(S844:no)、今度は、特殊演出フラグがONに設定されているか否か、すなわち、「特殊演出モード」の設定中であるか否かを判断する(S846)。
【0146】
そして、「特殊演出モード」の設定中である場合は(S846:yes)、第1特図または第2特図の変動表示(図柄変動遊技)が今回開始されたことを受けて、「残り特殊回数」を1回分減じるべく、残り特殊カウンタの値を「1」減算する(S848)。そして、「1」減算された後の残り特殊カウンタの値に基づいて「残り特殊回数」を回数表示領域46に表示する(S850)。この結果、回数表示領域46に表示されている「残り特殊回数」が1回分減じられる(更新される)。以上のように、「特殊演出モード」の設定中である場合は、第1特図または第2特図の変動表示が開始されるたびに「残り特殊回数」が1回分減じられる(更新される)。
【0147】
S846の判断処理で、特殊演出フラグがONに設定されていないと判断された場合は(S846:no)、今度は、時短演出フラグがONに設定されているか否か、すなわち、「時短演出モード」の設定中であるか否かを判断する(S852)。その結果、「時短演出モード」の設定中である場合は(S852:yes)、第1特図または第2特図の変動表示(図柄変動遊技)が今回開始されたことを受けて、「残り時短回数」を1回分減じるべく、残り時短カウンタの値を「1」減算する(S854)。そして、「1」減算された後の残り時短カウンタの値に基づいて「残り時短回数」を回数表示領域46に表示する(S856)。この結果、回数表示領域46に表示されている「残り時短回数」が1回分減じられる(更新される)。以上のように、「時短演出モード」の設定中である場合は、第1特図または第2特図の変動表示が開始されるたびに「残り時短回数」が1回分減じられる(更新される)。
【0148】
S852の判断処理で、時短演出フラグがONに設定されていないと判断された場合は、既に普通演出フラグも特殊演出フラグもONに設定されていないと判断されていることから、この場合は、ST演出フラグがONに設定されている場合である。このようにST演出フラグがONに設定されている場合、すなわち、「ST演出モード」の設定中である場合は(S852:no)、第1特図または第2特図の変動表示(図柄変動遊技)が今回開始されたことを受けて、「残りST回数」を1回分減じるべく、残りSTカウンタの値を「1」減算する(S858)。そして、「1」減算された後の残りSTカウンタの値に基づいて「残りST回数」を回数表示領域46に表示する(S860)。この結果、回数表示領域46に表示されている「残りST回数」が1回分減じられる(更新される)。以上のように、「ST演出モード」の設定中である場合は、第1特図または第2特図の変動表示が開始されるたびに「残りST回数」が1回分減じられる(更新される)。
【0149】
続いて、図18に移り、変動停止コマンドを受信しているか否かを判断する(S862)。変動停止コマンドは、第1特図または第2特図が停止表示される際に受信するコマンドであるので、S862の判断処理では、第1特図または第2特図の変動表示が停止表示されたか否かが判断される。S862の判断処理の結果、第1特図または第2特図が停止表示されたと判断された場合は(S862:yes)、普通演出フラグがONに設定されているか否か、すなわち、「普通演出モード」の設定中であるか否かを判断する(S864)。その結果、「普通演出モード」の設定中でなければ(S864:no)、今度は、特殊演出フラグがONに設定されているか否か、すなわち、「特殊演出モード」の設定中であるか否かを判断する(S866)。
【0150】
そして、「特殊演出モード」の設定中である場合は(S866:yes)、残り特殊カウンタの値が「0」であるか否か、すなわち、第1特図または第2特図の変動表示(図柄変動遊技)が今回行われたことを受けて、「残り特殊回数」が0回になったか否かを判断する(S868)。その結果、「残り特殊回数」が0回になった場合は(S868:yes)、「特殊演出モード」を終了すべく、特殊演出フラグをOFFに設定すると共に(S870)、「残り特殊回数」の表示を終了する(S872)。こうして「特殊演出モード」を終了したら、「普通演出モード」を設定すべく普通演出フラグをONに設定する(S874)。尚、上述のS870、S872の処理は、大当り遊技が開始される際にも行われる。つまり、大当り遊技が開始される場合も「特殊演出モード」を終了する。
【0151】
S866の判断処理で、特殊演出フラグがONに設定されていないと判断された場合は(S866:no)、今度は、時短演出フラグがONに設定されているか否か、すなわち、「時短演出モード」の設定中であるか否かを判断する(S876)。その結果、「時短演出モード」の設定中である場合は(S876:yes)、残り時短カウンタの値が「0」であるか否か、すなわち、第1特図または第2特図の変動表示(図柄変動遊技)が今回行われたことを受けて、「残り時短回数」が0回になったか否かを判断する(S878)。その結果、「残り時短回数」が0回になった場合は(S878:yes)、「時短演出モード」を終了すべく、時短演出フラグをOFFに設定すると共に(S880)、「残り時短回数」の表示を終了する(S882)。尚、上述のS880、S882の処理は、大当り遊技が開始される際にも行われる。つまり、大当り遊技が開始される場合も「時短演出モード」を終了する。
【0152】
S876の判断処理で、時短演出フラグがONに設定されていないと判断された場合は、既に普通演出フラグも特殊演出フラグもONに設定されていないと判断されていることから、この場合は、ST演出フラグがONに設定されている場合である。このようにST演出フラグがONに設定されている場合、すなわち、「ST演出モード」の設定中である場合は(S876:no)、残りSTカウンタの値が「0」であるか否か、すなわち、第1特図または第2特図の変動表示(図柄変動遊技)が今回行われたことを受けて、「残りST回数」が0回になったか否かを判断する(S884)。その結果、「残りST回数」が0回になった場合は(S884:yes)、「ST演出モード」を終了すべく、ST演出フラグをOFFに設定すると共に(S886)、「残りST回数」の表示を終了する(S888)。尚、上述のS886、S888の処理は、大当り遊技が開始される際にも行われる。つまり、大当り遊技が開始される場合も「ST演出モード」を終了する。
【0153】
<図柄変動演出開始処理>
図20および図21は、図柄変動演出を開始するための図柄変動演出開始処理を示すフローチャートである。この処理は、サブ制御基板220のCPU221によって、上述した演出制御処理の一環として(例えば10msec毎に)実行される。
【0154】
図20に示す図柄変動演出開始処理を開始すると、サブ制御基板220のCPU221は先ず、変動パターン指定コマンドを受信しているか否かを判断する(S900)。その結果、変動パターン指定コマンドを受信している場合は(S900:yes)、第1特図または第2特図の変動表示(図柄変動遊技)が開始されたということになるので、受信している変動パターン指定コマンドに基づいて、この開始された変動表示(図柄変動遊技)の変動パターンを検出(認識)する(S902)。
【0155】
続いて、普通演出フラグまたは特殊演出フラグがONに設定されているか否か、すなわち、「普通演出モード」または「特殊演出モード」の設定中であるか否かを判断する(S904)。尚、「普通演出モード」および「特殊演出モード」は「通常状態」中に設定されることから、このS904の判断処理では、「通常状態」中であるか否かが判断されると捉えることもできる。
【0156】
S904の判断処理の結果、「普通演出モード」または「特殊演出モード」の設定中である場合は(S904:yes)、今回受信した変動パターン指定コマンドに基づいて、変動表示を今回開始したのは第1特図であるか否かを判断する(S906)。ここで、「普通演出モード」および「特殊演出モード」は「通常状態」中に設定される演出モードであり、「通常状態」中は第1特図の方が第2特図よりも変動表示頻度が高い。従って、S906の判断処理では、変動表示を今回開始したのは「第1特図および第2特図のうち変動表示頻度の高い方の特別図柄(ここでは第1特図)」であるか否かが判断されることとなる。
【0157】
S906の判断処理の結果、変動表示頻度の高い第1特図の変動表示が今回開始されたと判断された場合は(S906:yes)、次のような演出パターン決定処理(S908、S910)を行うことによって、今回開始する図柄変動演出の演出パターンを決定する。
【0158】
この演出パターン決定処理では、先ず、今回の図柄変動演出において、第1装飾図柄42a,42b,42cとして停止表示する図柄、および、大装飾図柄44a,44b,44cとして停止表示する図柄を選択する(S908)。すなわち、「普通演出モード」または「特殊演出モード」が設定されるのは「通常状態」中であり、図6を用いて前述したように、「通常状態」中は、大装飾図柄44a,44b,44cは変動表示頻度の高い第1特図に対応している。そこで、S908の処理では、第1特図の変動表示が開始されたことを受けて、第1装飾図柄42a,42b,42cとして停止表示する図柄だけでなく、大装飾図柄44a,44b,44cとして停止表示する図柄も選択する。この際、第1特図が大当り図柄で停止表示される場合(特図当り判定の結果が大当りである場合)、すなわち、今回開始された第1特図の変動表示の変動パターンが特図当り判定で大当りと判定されたことに対応する変動パターンである場合は、「第1装飾図柄42a,42b,42cの組合せ」および「大装飾図柄44a,44b,44cの組合せ」がゾロ目となる図柄を選択する。これに対して、第1特図が外れ図柄で停止表示される場合(特図当り判定の結果が外れである場合)、すなわち、今回開始された第1特図の変動表示の変動パターンが特図当り判定で外れと判定されたことに対応する変動パターンである場合は、「第1装飾図柄42a,42b,42cの組合せ」および「大装飾図柄44a,44b,44cの組合せ」がバラケ目となる図柄を選択する。尚、バラケ目となる図柄を選択する場合において、リーチ演出を行う場合は(リーチ演出に対応する変動パターンを受信した場合は)、「左の第1装飾図柄42a」と「右の第1装飾図柄42c」として互いに同じ図柄を選択し、「左の大装飾図柄44a」と「右の大装飾図柄44c」として互いに同じ図柄を選択する。また、リーチ演出を行わない場合は、「左の第1装飾図柄42a」と「右の第1装飾図柄42c」として互いに異なる図柄を選択し、「左の大装飾図柄44a」と「右の大装飾図柄44c」として互いに異なる図柄を選択する。
【0159】
こうして、第1装飾図柄42a,42b,42cとして停止表示する図柄、および、大装飾図柄44a,44b,44cとして停止表示する図柄を選択したら(S908)、今回の図柄変動演出のその他の演出態様を決定する(S910)。すなわち、第1装飾図柄42a,42b,42c、および、大装飾図柄44a,44b,44cの変動表示中に表示する画像や、出力する音声、各種ランプ5a〜5cの発光パターン等を決定する。例えば、表示するキャラクターや、その表示位置、再生する動画等を決定する。尚、このような演出態様は、設定中の演出モードに対応する態様であってもよい。
【0160】
以上のように、S908およびS910の処理を行うことによって、今回の図柄変動演出の演出パターンが決定される(演出パターン決定処理が行われる)。こうして演出パターンを決定したら(S908、S910)、該演出パターンで図柄変動演出を開始する(S912)。すなわち、第1装飾図柄42a,42b,42c、および、大装飾図柄44a,44b,44cをS910の処理で決定した態様で変動表示させた後(図7(a)参照)、これらの装飾図柄をS908の処理で選択した図柄で停止表示させる。
【0161】
以上は、「特殊演出モード」または「普通演出モード」の設定中に、変動表示頻度の高い第1特図が変動表示する場合の処理について説明した。これに対して、「特殊演出モード」または「普通演出モード」の設定中に、変動表示頻度の低い第2特図が変動表示する場合は(S906:no)、次のような演出パターン決定処理(S914、S916)を行うことによって、今回開始する図柄変動演出の演出パターンを決定する。
【0162】
この演出パターン決定処理では、先ず、今回の図柄変動演出において、第2装飾図柄43a,43b,43cとして停止表示する図柄を選択する(S914)。すなわち、「普通演出モード」または「特殊演出モード」が設定されるのは「通常状態」中であり、図6を用いて前述したように、「通常状態」中は、大装飾図柄44a,44b,44cは変動表示頻度の高い第1特図に対応している。そこで、S914の処理では、変動表示頻度の低い第2特図の変動表示が開始されたことを受けて、大装飾図柄44a,44b,44cとして停止表示する図柄は選択せずに、第2装飾図柄43a,43b,43cとして停止表示する図柄のみを選択する。この際、第2特図が大当り図柄で停止表示される場合(特図当り判定の結果が大当りである場合)、すなわち、今回開始された第2特図の変動表示の変動パターンが特図当り判定で大当りと判定されたことに対応する変動パターンである場合は、「第2装飾図柄43a,43b,43cの組合せ」がゾロ目となる図柄を選択する。これに対して、第2特図が外れ図柄で停止表示される場合(特図当り判定の結果が外れである場合)、すなわち、今回開始された第2特図の変動表示の変動パターンが特図当り判定で外れと判定されたことに対応する変動パターンである場合は、「第2装飾図柄43a,43b,43cの組合せ」がバラケ目となる図柄を選択する。尚、バラケ目となる図柄を選択する場合において、リーチ演出を行う場合は(リーチ演出に対応する変動パターンを受信した場合は)、「左の第2装飾図柄43a」と「右の第2装飾図柄43c」として互いに同じ図柄を選択し、リーチ演出を行わない場合は、「左の第2装飾図柄43a」と「右の第2装飾図柄43c」として互いに異なる図柄を選択する。
【0163】
こうして、第2装飾図柄43a,43b,43cとして停止表示する図柄を選択したら(S914)、今回の図柄変動演出のその他の演出態様を決定する(S916)。すなわち、第2装飾図柄43a,43b,43cの変動表示中に表示する画像や、出力する音声、各種ランプ5a〜5cの発光パターン等を決定する。例えば、表示するキャラクターや、その表示位置、再生する動画等を決定する。また、この場合の演出態様としては、第2装飾図柄43a,43b,43cが変動表示していない場合よりも(第2特図が変動表示を開始する前よりも)、第2装飾図柄43a,43b,43cを大きく表示することも決定する。さらに、「特殊演出モード」の設定中であれば、第2装飾図柄43a,43b,43cが変動表示していない場合よりも(第2特図が変動表示を開始する前よりも)、回数表示領域46に表示されている「残り特殊回数」を大きく表示することも決定する。このように第2装飾図柄43a,43b,43cや「残り特殊回数」を大きく表示する理由については後述する。尚、これらのような演出態様は、設定中の演出モードに対応する態様であってもよい。
【0164】
以上のように、S914およびS916の処理を行うことによって、今回の図柄変動演出の演出パターンが決定される(演出パターン決定処理が行われる)。こうして演出パターンを決定したら(S914、S916)、該演出パターンで図柄変動演出を開始する(S918)。すなわち、第2装飾図柄43a,43b,43cをS916の処理で決定した態様で変動表示させた後、これらの装飾図柄をS914の処理で選択した図柄で停止表示させる。
【0165】
図22および図23は、「特殊演出モード」または「普通演出モード」の設定中に第2特図が変動表示する場合の図柄変動演出を例示する説明図である。すなわち、上述した演出パターン決定処理(S914、S916)で決定された演出パターンで行われる図柄変動演出を例示する説明図である。
【0166】
「特殊演出モード」または「普通演出モード」の設定中に第2特図(変動表示頻度の低い特別図柄)が変動表示する場合は、先ず、図22に示すように、第2装飾図柄43a,43b,43cが変動表示していない場合よりも(第2特図が変動表示を開始する前よりも)、第2装飾図柄43a,43b,43cを大きく表示する。この際、大装飾図柄44a,44b,44cの前面に重なるように表示領域画像47を表示し、該表示領域画像47の前面に重なるように第2装飾図柄43a,43b,43cを表示する。また、第2装飾図柄43a,43b,43cが変動表示していない場合よりも(第2特図が変動表示を開始する前よりも)表示画面の中央側に移動するように第2装飾図柄43a,43b,43cを表示する。
【0167】
また、「特殊演出モード」の設定中であれば、回数表示領域46に「残り特殊回数」が表示されているので、この「残り特殊回数」を、第2装飾図柄43a,43b,43cが変動表示していない場合よりも(第2特図が変動表示を開始する前よりも)大きく表示する。この際、表示領域画像48を表示し、該表示領域画像48の前面に重なるように「残り特殊回数」を表示する。
【0168】
続いて、図23(a)に示すように、大きく表示した第2装飾図柄43a,43b,43cの変動表示を開始する。また、「特殊演出モード」の設定中であれば、大きく表示した「残り特殊回数」を1回分減じる。尚、このように「残り特殊回数」を1回分減じる表示は、図17を用いて前述したS850の処理を行うことによって実現される。
【0169】
そして、所定の時間(例えば、0.5秒)が経過したら、図23(b)に示すように、表示領域画像47の表示を終了すると共に、第2装飾図柄43a,43b,43cを元の大きさに戻して変動表示を継続させる。また、「特殊演出モード」の設定中であれば、表示領域画像48の表示を終了すると共に、「残り特殊回数」を元の大きさに戻して回数表示領域46に表示する。
【0170】
その後、変動パターンに基づく変動表示時間が経過したら、第2装飾図柄43a,43b,43cを停止表示する。尚、第2装飾図柄43a,43b,43cの変動表示中は、第2装飾図柄43a,43b,43cや「残り特殊回数」を上述したような元の大きさに戻さないこととしてもよい(大きく表示したままにしてもよい)。
【0171】
以上のように、本実施例のパチンコ機1では、「特殊演出モード」または「普通演出モード」の設定中に第2特図(変動表示頻度の低い特別図柄)が変動表示する場合は、第2装飾図柄43a,43b,43cが変動表示していない場合よりも(第2特図が変動表示を開始する前よりも)、第2装飾図柄43a,43b,43cや「残り特殊回数」を大きく表示することとしている。
【0172】
以上は、「普通演出モード」または「特殊演出モード」の設定中である場合の処理について説明した。これに対して、「普通演出モード」または「特殊演出モード」の設定中でない場合、すなわち、「時短演出モード」または「ST演出モード」の設定中である場合は(図20のS904:no)、図21に移り、今回受信した変動パターン指定コマンドに基づいて、変動表示を今回開始したのは第2特図であるか否かを判断する(S920)。ここで、「時短演出モード」は「時短状態」中に設定され、「ST演出モード」は「ST状態」中に設定される演出モードであり、「時短状態」中または「ST状態」中は第2特図の方が第1特図よりも変動表示頻度が高い。従って、S920の判断処理では、変動表示を今回開始したのは「第1特図および第2特図のうち変動表示頻度の高い方の特別図柄(ここでは第2特図)」であるか否かが判断されることとなる。
【0173】
S920の判断処理の結果、変動表示頻度の高い第2特図の変動表示が今回開始されたと判断された場合は(S920:yes)、次のような演出パターン決定処理(S922、S924)を行うことによって、今回開始する図柄変動演出の演出パターンを決定する。
【0174】
この演出パターン決定処理では、先ず、今回の図柄変動演出において、第2装飾図柄43a,43b,43cとして停止表示する図柄、および、大装飾図柄44a,44b,44cとして停止表示する図柄を選択する(S922)。すなわち、「時短演出モード」または「ST演出モード」が設定されるのは「時短状態」中または「ST状態」中であり、「時短状態」中および「ST状態」中は、大装飾図柄44a,44b,44cは変動表示頻度の高い第2特図に対応している。そこで、S922の処理では、第2特図の変動表示が開始されたことを受けて、第2装飾図柄43a,43b,43cとして停止表示する図柄だけでなく、大装飾図柄44a,44b,44cとして停止表示する図柄も選択する。この際、第2特図が大当り図柄で停止表示される場合(特図当り判定の結果が大当りである場合)、すなわち、今回開始された第2特図の変動表示の変動パターンが特図当り判定で大当りと判定されたことに対応する変動パターンである場合は、「第2装飾図柄43a,43b,43cの組合せ」および「大装飾図柄44a,44b,44cの組合せ」がゾロ目となる図柄を選択する。これに対して、第2特図が外れ図柄で停止表示される場合(特図当り判定の結果が外れである場合)、すなわち、今回開始された第2特図の変動表示の変動パターンが特図当り判定で外れと判定されたことに対応する変動パターンである場合は、「第2装飾図柄43a,43b,43cの組合せ」および「大装飾図柄44a,44b,44cの組合せ」がバラケ目となる図柄を選択する。尚、バラケ目となる図柄を選択する場合において、リーチ演出を行う場合は(リーチ演出に対応する変動パターンを受信した場合は)、「左の第2装飾図柄43a」と「右の第2装飾図柄43c」として互いに同じ図柄を選択し、「左の大装飾図柄44a」と「右の大装飾図柄44c」として互いに同じ図柄を選択する。また、リーチ演出を行わない場合は、「左の第2装飾図柄43a」と「右の第2装飾図柄43c」として互いに異なる図柄を選択し、「左の大装飾図柄44a」と「右の大装飾図柄44c」として互いに異なる図柄を選択する。
【0175】
こうして、第2装飾図柄43a,43b,43cとして停止表示する図柄、および、大装飾図柄44a,44b,44cとして停止表示する図柄を選択したら(S922)、今回の図柄変動演出のその他の演出態様を決定する(S924)。すなわち、第2装飾図柄43a,43b,43c、および、大装飾図柄44a,44b,44cの変動表示中に表示する画像や、出力する音声、各種ランプ5a〜5cの発光パターン等を決定する。例えば、表示するキャラクターや、その表示位置、再生する動画等を決定する。尚、このような演出態様は、設定中の演出モードに対応する態様であってもよい。
【0176】
以上のように、S922およびS924の処理を行うことによって、今回の図柄変動演出の演出パターンが決定される(演出パターン決定処理が行われる)。こうして演出パターンを決定したら(S922、S924)、該演出パターンで図柄変動演出を開始する(S926)。すなわち、第2装飾図柄43a,43b,43c、および、大装飾図柄44a,44b,44cをS924の処理で決定した態様で変動表示させた後(図7(b)参照)、これらの装飾図柄をS926の処理で選択した図柄で停止表示させる。
【0177】
以上は、「時短演出モード」または「ST演出モード」の設定中に、変動表示頻度の高い第2特図が変動表示する場合の処理について説明した。これに対して、「時短演出モード」または「ST演出モード」の設定中に、変動表示頻度の低い第1特図が変動表示する場合は(S920:no)、次のような演出パターン決定処理(S928、S930)を行うことによって、今回開始する図柄変動演出の演出パターンを決定する。
【0178】
この演出パターン決定処理では、先ず、今回の図柄変動演出において、第1装飾図柄42a,42b,42cとして停止表示する図柄を選択する(S929)。すなわち、「時短演出モード」または「ST演出モード」が設定されるのは「時短状態」中または「ST状態」中であり、「時短状態」中および「ST状態」中は、大装飾図柄44a,44b,44cは変動表示頻度の高い第2特図に対応している。そこで、S928の処理では、変動表示頻度の低い第1特図の変動表示が開始されたことを受けて、大装飾図柄44a,44b,44cとして停止表示する図柄は選択せずに、第1装飾図柄42a,42b,42cとして停止表示する図柄のみを選択する。この際、第1特図が大当り図柄で停止表示される場合(特図当り判定の結果が大当りである場合)、すなわち、今回開始された第1特図の変動表示の変動パターンが特図当り判定で大当りと判定されたことに対応する変動パターンである場合は、「第1装飾図柄42a,42b,42cの組合せ」がゾロ目となる図柄を選択する。これに対して、第1特図が外れ図柄で停止表示される場合(特図当り判定の結果が外れである場合)、すなわち、今回開始された第1特図の変動表示の変動パターンが特図当り判定で外れと判定されたことに対応する変動パターンである場合は、「第1装飾図柄42a,42b,42cの組合せ」がバラケ目となる図柄を選択する。尚、バラケ目となる図柄を選択する場合において、リーチ演出を行う場合は(リーチ演出に対応する変動パターンを受信した場合は)、「左の第1装飾図柄42a」と「右の第1装飾図柄42c」として互いに同じ図柄を選択し、リーチ演出を行わない場合は、「左の第1装飾図柄42a」と「右の第1装飾図柄42c」として互いに異なる図柄を選択する。
【0179】
こうして、第1装飾図柄42a,42b,42cとして停止表示する図柄を選択したら(S928)、今回の図柄変動演出のその他の演出態様を決定する(S930)。すなわち、第1装飾図柄42a,42b,42cの変動表示中に表示する画像や、出力する音声、各種ランプ5a〜5cの発光パターン等を決定する。例えば、表示するキャラクターや、その表示位置、再生する動画等を決定する。また、この場合の演出態様としては、第1装飾図柄42a,42b,42cが変動表示していない場合よりも(第1特図が変動表示を開始する前よりも)、第1装飾図柄42a,42b,42cを大きく表示することも決定する。さらに、「時短演出モード」の設定中であれば、第1装飾図柄42a,42b,42cが変動表示していない場合よりも(第1特図が変動表示を開始する前よりも)、回数表示領域46に表示されている「残り時短回数」を大きく表示することも決定する。また、「ST演出モード」の設定中であれば、第1装飾図柄42a,42b,42cが変動表示していない場合よりも(第1特図が変動表示を開始する前よりも)、回数表示領域46に表示されている「残りST回数」を大きく表示することも決定する。このように第1装飾図柄42a,42b,42cや、「残り時短回数」、「残りST回数」を大きく表示する理由については後述する。尚、これらのような演出態様は、設定中の演出モードに対応する態様であってもよい。
【0180】
以上のように、S928およびS930の処理を行うことによって、今回の図柄変動演出の演出パターンが決定される(演出パターン決定処理が行われる)。こうして演出パターンを決定したら(S928、S930)、該演出パターンで図柄変動演出を開始する(S932)。すなわち、第1装飾図柄42a,42b,42cをS930の処理で決定した態様で変動表示させた後、これらの装飾図柄をS928の処理で選択した図柄で停止表示させる。
【0181】
図24および図25は、「時短演出モード」または「ST演出モード」の設定中に第1特図が変動表示する場合の図柄変動演出を例示する説明図である。すなわち、上述した演出パターン決定処理(S928、S930)で決定された演出パターンで行われる図柄変動演出を例示する説明図である。
【0182】
「時短演出モード」または「ST演出モード」の設定中に第1特図(変動表示頻度の低い特別図柄)が変動表示する場合は、先ず、図24に示すように、第1装飾図柄42a,42b,42cが変動表示していない場合よりも(第1特図が変動表示を開始する前よりも)、第1装飾図柄42a,42b,42cを大きく表示する。この際、大装飾図柄44a,44b,44cの前面に重なるように表示領域画像47を表示し、該表示領域画像47の前面に重なるように第1装飾図柄42a,42b,42cを表示する。また、第1装飾図柄42a,42b,42cが変動表示していない場合よりも(第1特図が変動表示を開始する前よりも)表示画面の中央側に移動するように第1装飾図柄42a,42b,42cを表示する。
【0183】
また、「時短演出モード」の設定中であれば、回数表示領域46に「残り時短回数」が表示されているので、この「残り時短回数」を、第1装飾図柄42a,42b,42cが変動表示していない場合よりも(第1特図が変動表示を開始する前よりも)大きく表示する。この際、表示領域画像48を表示し、該表示領域画像48の前面に重なるように「残り時短回数」を表示する。また、「ST演出モード」の設定中であれば、回数表示領域46に「残りST回数」が表示されているので、この「残りST回数」を、第1装飾図柄42a,42b,42cが変動表示していない場合よりも(第1特図が変動表示を開始する前よりも)大きく表示する。この際、表示領域画像48を表示し、該表示領域画像48の前面に重なるように「残りST回数」を表示する。
【0184】
続いて、図25(a)に示すように、大きく表示した第1装飾図柄42a,42b,42cの変動表示を開始する。また、「時短演出モード」の設定中であれば、大きく表示した「残り時短回数」を1回分減じる。このように「残り時短回数」を1回分減じる表示は、図17を用いて前述したS856の処理を行うことによって実現される。また、「ST演出モード」の設定中であれば、大きく表示した「残りST回数」を1回分減じる。このように「残りST回数」を1回分減じる表示は、図17を用いて前述したS860の処理を行うことによって実現される。
【0185】
そして、所定の時間(例えば、0.5秒)が経過したら、図25(b)に示すように、表示領域画像47の表示を終了すると共に、第1装飾図柄42a,42b,42cを元の大きさに戻して変動表示を継続させる。また、「時短演出モード」の設定中であれば、表示領域画像48の表示を終了すると共に、「残り時短回数」を元の大きさに戻して回数表示領域46に表示する。また、「ST演出モード」の設定中であれば、表示領域画像48の表示を終了すると共に、「残りST回数」を元の大きさに戻して回数表示領域46に表示する。
【0186】
その後、変動パターンに基づく変動表示時間が経過したら、第1装飾図柄42a,42b,42cを停止表示する。尚、第1装飾図柄42a,42b,42cの変動表示中は、第1装飾図柄42a,42b,42cや、「残り時短回数」、「残りST回数」を上述したような元の大きさに戻さないこととしてもよい(大きく表示したままにしてもよい)。
【0187】
以上のように、本実施例のパチンコ機1では、「時短演出モード」または「ST演出モード」の設定中に第1特図(変動表示頻度の低い特別図柄)が変動表示する場合は、第1装飾図柄42a,42b,42cが変動表示していない場合よりも(第1特図が変動表示を開始する前よりも)、第1装飾図柄42a,42b,42cや、「残り時短回数」、「残りST回数」を大きく表示することとしている。
【0188】
尚、本実施例における「第1装飾図柄42a,42b,42c」、「第2装飾図柄43a,43b,43c」、「大装飾図柄44a,44b,44c」のうち、変動表示頻度の高い装飾図柄が本発明における「第1識別情報および第2識別情報のうちの一方の識別情報」に相当し、変動表示頻度の低い装飾図柄が本発明における「第1識別情報および第2識別情報のうちの他方の識別情報」に相当する。従って、これらの装飾図柄を変動表示させるサブ制御基板220のCPU221は、本発明における「第1識別情報表示手段」および「第2識別情報表示手段」に相当する。また、本実施例における「特殊演出モード」、「時短演出モード」、「ST演出モード」の開始条件は、本発明における「所定の開始条件」に相当し、「特殊演出モード」、「時短演出モード」、「ST演出モード」の終了条件は、本発明における「所定の終了条件」に相当する。また、本実施例における「特殊演出モード」、「時短演出モード」、「ST演出モード」にて行われる演出は、本発明における「特定の演出」に相当する。従って、「特殊演出モード」、「時短演出モード」、「ST演出モード」にて行われる演出を実行するサブ制御基板220のCPU221は、本発明における「特定演出実行手段」に相当する。また、本実施例における「残り特殊回数」、「残り時短回数」、「残りST回数」は本発明における「回数情報」に相当する。従って、「残り特殊回数」、「残り時短回数」、「残りST回数」を表示するサブ制御基板220のCPU221は、本発明における「回数情報表示手段」に相当する。
【0189】
E.本実施例のパチンコ機によって得られる主な効果 :
上述した本実施例のパチンコ機1によって得られる主な効果について説明する。図6を用いて前述したように、本実施例のパチンコ機1では、第1特図に対応する第1装飾図柄42a,42b,42cを表示し、第2特図に対応する第2装飾図柄43a,43b,43cを表示する。そして、第1特図の変動表示に合わせて第1装飾図柄42a,42b,42cを変動表示し、第2特図の変動表示に合わせて第2装飾図柄43a,43b,43cを変動表示する。従って、第1特図および第2特図の双方の変動表示(変動表示しているか否かや、変動表示の開始タイミング、変動表示の終了タイミング、停止表示される図柄など)を遊技者に認識し易くすることができる。
【0190】
また、本実施例のパチンコ機1では、第1特図および第2特図のうち変動表示頻度の高い特別図柄、すなわち、第1装飾図柄42a,42b,42cおよび第2装飾図柄43a,43b,43cのうち変動表示頻度の高い装飾図柄に対応する大装飾図柄44a,44b,44cを表示する。そして、変動表示頻度の高い特別図柄(変動表示頻度の高い装飾図柄)の変動表示に合わせて大装飾図柄44a,44b,44cを変動表示する。例えば、図22(a)に示すように、「特殊演出モード」または「普通演出モード」の設定中(「通常状態」中)は、変動表示頻度の高い第1特図(第1装飾図柄42a,42b,42c)に対応する大装飾図柄44a,44b,44cを表示する。また、図24(a)に示すように、「時短演出モード」または「ST演出モード」の設定中(「時短状態」中または「ST状態」中)は、変動表示頻度の高い第2特図(第2装飾図柄43a,43b,43c)に対応する大装飾図柄44a,44b,44cを表示する。そして、この大装飾図柄44a,44b,44cは、第1装飾図柄42a,42b,42cや第2装飾図柄43a,43b,43cよりも大きく表示されているので、変動表示頻度の高い特別図柄(変動表示頻度の高い装飾図柄)の変動表示(変動表示しているか否かや、変動表示の開始タイミング、変動表示の終了タイミング、停止表示される図柄など)を遊技者により認識し易くすることができる。
【0191】
もっとも、第1特図および第2特図(第1装飾図柄42a,42b,42cおよび第2装飾図柄43a,43b,43c)のうち一方の特別図柄(一方の装飾図柄)の変動表示頻度が高い場合であっても、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)の変動表示が行われる場合があり、このような場合は、大装飾図柄44a,44b,44cは変動表示しないので、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)の変動表示を遊技者に認識させ難いという問題が生じる。例えば、「特殊演出モード」または「普通演出モード」の設定中(「通常状態」中)は、変動表示頻度の低い第2特図(第2装飾図柄43a,43b,43c)が変動表示しても、大装飾図柄44a,44b,44cは変動表示せず。このような場合は、第2特図(第2装飾図柄43a,43b,43c)の変動表示を遊技者に認識させ難いという問題が生じる。また、「時短演出モード」または「ST演出モード」の設定中(「時短状態」中または「ST状態」中)は、変動表示頻度の低い第1特図(第1装飾図柄42a,42b,42c)が変動表示しても、大装飾図柄44a,44b,44cは変動表示せず。このような場合は、第1特図(第1装飾図柄42a,42b,42c)の変動表示を遊技者に認識させ難いという問題が生じる。
【0192】
そこで、本実施例のパチンコ機1では、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)が変動表示する場合は、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)が変動表示していない場合よりも、変動表示頻度の低い装飾図柄を大きく表示することとした。従って、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)が変動表示する場合であっても、該変動表示を遊技者に認識させ易くすることができる。
【0193】
例えば、図22および図23を用いて前述したように、「特殊演出モード」または「普通演出モード」の設定中(「通常状態」中)は、変動表示頻度の低い第2特図(第2装飾図柄43a,43b,43c)が変動表示する場合は、第2装飾図柄43a,43b,43cが変動表示していない場合よりも(第2特図が変動表示を開始する前よりも)、第2装飾図柄43a,43b,43cを大きく表示することとした。この際、大装飾図柄44a,44b,44cの前面に重なるように表示領域画像47を表示し、該表示領域画像47の前面に重なるように第2装飾図柄43a,43b,43cを表示することとした。また、第2装飾図柄43a,43b,43cが変動表示していない場合よりも(第2特図が変動表示を開始する前よりも)表示画面の中央側に移動するように第2装飾図柄43a,43b,43cを表示することとした。従って、変動表示頻度の低い第2特図(第2装飾図柄43a,43b,43c)が変動表示する場合であっても、該変動表示を遊技者に認識させ易くすることができる。
【0194】
これに対して、図24および図25を用いて前述したように、「時短演出モード」または「ST演出モード」の設定中(「時短状態」中または「ST状態」中)は、変動表示頻度の低い第1特図(第1装飾図柄42a,42b,42c)が変動表示する場合は、第1装飾図柄42a,42b,42cが変動表示していない場合よりも(第1特図が変動表示を開始する前よりも)、第1装飾図柄42a,42b,42cを大きく表示することとした。この際、大装飾図柄44a,44b,44cの前面に重なるように表示領域画像47を表示し、該表示領域画像47の前面に重なるように第1装飾図柄42a,42b,42cを表示することとした。また、第1装飾図柄42a,42b,42cが変動表示していない場合よりも(第1特図が変動表示を開始する前よりも)表示画面の中央側に移動するように第1装飾図柄42a,42b,42cを表示することとした。従って、変動表示頻度の低い第2特図(第2装飾図柄43a,43b,43c)が変動表示する場合であっても、該変動表示を遊技者に認識させ易くすることができる。
【0195】
尚、「時短演出モード」または「ST演出モード」の設定中(「時短状態」中または「ST状態」中)は、変動表示頻度の低い第1特図(第1装飾図柄42a,42b,42c)の変動表示時間が短くなり易いことから、更に、変動表示頻度の低い第1特図(第1装飾図柄42a,42b,42c)の変動表示を遊技者に認識させ難いことも考えられる。この点、本実施例のパチンコ機1では、上述のような態様で変動表示頻度の低い第1特図(第1装飾図柄42a,42b,42c)を変動表示させるので、該変動表示を遊技者に認識させ易くすることができる。
【0196】
ここで、「特殊演出モード」、「時短演出モード」、「ST演出モード」の何れかの設定中、すなわち、「残り特殊回数」、「残り時短回数」、「残りST回数」の何れかの表示中は、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)の変動表示が行われる場合も、これらの回数が減じられて表示される。このような場合において、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)の変動表示を遊技者が認識できないと、変動表示が行われていないのに上述の回数(各演出モードでの演出が行われる期間)が減じられたように感じさせてしまい、遊技者に不信感を抱かせてしまう。特に、「残り時短回数」または「残りST回数」は遊技者に有利な遊技状態(「時短状態」または「ST状態」)が終了するまでの残り回数を示すものであることから、これらの回数が減じられたように感じさせてしまうと、有利な遊技状態の回数を減らされたように感じさせてしまい、更に遊技者に不信感を抱かせてしまう。この点、本実施例のパチンコ機1では、上述したように変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)の変動表示を遊技者に認識させ易くすることができるので、上述の不信感が生じることを抑制できる。また、本実施例のパチンコ機1では、図22図25を用いて前述したように、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)の変動表示が行われる場合は、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)が変動表示していない場合よりも(第2特図が変動表示を開始する前よりも)、「残り特殊回数」、「残り時短回数」、「残りST回数」を大きく表示する。詳しくは、表示領域画像48を表示し、該表示領域画像48の前面に重なるように「残り特殊回数」、「残り時短回数」、「残りST回数」を大きく表示する。従って、このことからも、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)の変動表示、ひいては、該変動表示が行われることによって、「残り特殊回数」、「残り時短回数」、「残りST回数」が減じられることを遊技者に認識させ易くすることができ、上述の不信感が生じることを更に抑制することができる。
【0197】
尚、本実施例のパチンコ機1では、第1特図および第2特図(第1装飾図柄42a,42b,42cおよび第2装飾図柄43a,43b,43c)のうち一方の特別図柄(一方の装飾図柄)の変動表示頻度が高い場合であっても、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)が変動表示し易いタイミングを有している。例えば、「特殊演出モード」または「普通演出モード」の設定中(「通常状態」中)であっても、第2始動口25が長時間(840m秒×2回)開放状態となる普図当り遊技が行われることがある。そして、このような普図当り遊技が行われると、第2始動口25への入球頻度が一時的に高まり、ひいては、変動表示頻度の低い第2特図(第2装飾図柄43a,43b,43c)が変動表示し易くなる。また、「特殊演出モード」または「普通演出モード」の設定中(「通常状態」中)に大当り遊技が開始された後、「時短演出モード」または「ST演出モード」(「時短状態」または「ST状態」)が設定された場合は、変動表示頻度の低い第1特図(第1装飾図柄42a,42b,42c)が変動表示し易くなる。すなわち、「特殊演出モード」または「普通演出モード」の設定中(「通常状態」中)に記憶された第1特図保留が残ったまま、「時短演出モード」または「ST演出モード」(「時短状態」または「ST状態」)が設定された場合は、第2特図保留が記憶されるまでは、変動表示頻度の低い第1特図(第1装飾図柄42a,42b,42c)が変動表示する。本実施例のパチンコ機1では、このように変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)が変動表示し易いタイミングであっても、すなわち、上述の不信感が生じ易いタイミングであっても、該不信感が生じることを抑制することができる。
【0198】
F.変形例 :
次に、本発明の変形例について説明する。
F−1.変形例1 :
上述した実施例では、第2特図の優先変動機能を有するパチンコ機1に本発明を適用する構成について説明したが、いわゆる同時変動機能を有するパチンコ機に本発明を適用する構成としてもよい。
【0199】
同時変動機能とは、第1特図(第1装飾図柄42a,42b,42c)の変動表示と、第2特図(第2装飾図柄43a,43b,43c)の変動表示とを並行して実行可能である機能であり、次のような処理を行うことによって実現される。すなわち、図11を用いて前述した特別動作処理(S600)において、第1特図保留に基づく特図当り判定および変動表示は、第1特図が変動表示中および確定表示中の何れでもなければ、第2特図が変動表中および確定表示中の何れかであっても(第2特図の状態に拘わらず)開始される。また、第2特図保留に基づく特図当り判定および変動表示は、第2特図が変動表示中および確定表示中の何れでもなければ、第1特図が変動表中および確定表示中の何れかであっても(第1特図の状態に拘わらず)行われる。このように第1特図の変動表示は第2特図の状態に拘わらず開始され、第2特図の変動表示は第1特図の状態に拘わらず開始されるので、結果的に、第1特図(第1装飾図柄42a,42b,42c)の変動表示と、第2特図(第2装飾図柄43a,43b,43c)の変動表示とを並行して実行可能となる。そして、当然ながら、第1特図に対応する第1装飾図柄42a,42b,42cの変動表示と第2特図に対応する第2装飾図柄43a,43b,43cの変動表示も並行して実行可能となる。そして、このように同時変動機能を有するパチンコ機においても、上述した実施例と同様に、大装飾図柄44a,44b,44cを変動表示頻度の高い特別図柄に対応させる。尚、このような同時変動機能を有するパチンコ機1においては、第1特図および第2特図のうち一方の特別図柄が大当り図柄で停止表示されることで大当り遊技が行われる場合は、該大当り遊技中は他方の特別図柄の変動表示を開始させないこととしてもよいし、該変動表示の時間進行を停止することとしてもよい。こうすることによって、大当り遊技が重複して行われることを防止することができる。
【0200】
このような同時変動機能を有するパチンコ機では、上述した実施例よりも、変動表示頻度の低い特別図柄の変動表示を遊技者に認識させることが困難である。すわなち、同時変動機能を有するパチンコ機では、変動表示頻度の高い特別図柄(変動表示頻度の高い装飾図柄)および大装飾図柄44a,44b,44cの変動表示中に、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)の変動表示が開始される場合がある。この場合は、大装飾図柄44a,44b,44cに遊技者が注目している可能性が高いので、変動表示頻度の低い特別図柄の変動表示を遊技者に認識させることが更に困難になる。
【0201】
例えば、「特殊演出モード」または「普通演出モード」の設定中(「通常状態」中)は、変動表示頻度の高い第1特図(第1装飾図柄42a,42b,42c)および大装飾図柄44a,44b,44cの変動表示中に、変動表示頻度の低い第2特図(変動表示頻度の低い第2装飾図柄43a,43b,43c)の変動表示が開始される場合がある。この場合は、大装飾図柄44a,44b,44cに遊技者が注目している可能性が高いので、変動表示頻度の低い第2特図(変動表示頻度の低い第2装飾図柄43a,43b,43c)の変動表示を遊技者に認識させることが更に困難になる。また、「時短演出モード」または「ST演出モード」の設定中(「時短状態」中または「ST状態」中)は、変動表示頻度の高い第2特図(第2装飾図柄43a,43b,43c)および大装飾図柄44a,44b,44cの変動表示中に、変動表示頻度の低い第1特図(変動表示頻度の低い第1装飾図柄42a,42b,42c)の変動表示が開始される場合がある。この場合は、大装飾図柄44a,44b,44cに遊技者が注目している可能性が高いので、変動表示頻度の低い第1特図(変動表示頻度の低い第1装飾図柄42a,42b,42c)の変動表示を遊技者に認識させることが更に困難になる。
【0202】
そこで、変形例1においても上述した実施例と同様に、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)が変動表示する場合は、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)が変動表示していない場合よりも、変動表示頻度の低い装飾図柄を大きく表示することとする。こうすると、同時変動機能を有するパチンコ機であっても、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)が変動表示を遊技者に認識させ易くすることができる。
【0203】
例えば、図26に示すように、「特殊演出モード」または「普通演出モード」の設定中(「通常状態」中)は、変動表示頻度の低い第2特図(第2装飾図柄43a,43b,43c)が変動表示する場合は、第2装飾図柄43a,43b,43cが変動表示していない場合よりも(第2特図が変動表示を開始する前よりも)、第2装飾図柄43a,43b,43cを大きく表示する。この際、大装飾図柄44a,44b,44cの前面に重なるように表示領域画像47を表示し、該表示領域画像47の前面に重なるように第2装飾図柄43a,43b,43cを表示する。また、第2装飾図柄43a,43b,43cが変動表示していない場合よりも(第2特図が変動表示を開始する前よりも)表示画面の中央側に移動するように第2装飾図柄43a,43b,43cを表示する。従って、図26に示すように、変動表示頻度の高い第1特図(第1装飾図柄42a,42b,42c)および大装飾図柄44a,44b,44cの変動表示中に、変動表示頻度の低い第2特図(変動表示頻度の低い第2装飾図柄43a,43b,43c)の変動表示が開始される場合であっても、該変動表示を遊技者に認識させ易くすることができる。
【0204】
これに対して、図27に示すように、「時短演出モード」または「ST演出モード」の設定中(「時短状態」中または「ST状態」中)は、変動表示頻度の低い第1特図(第1装飾図柄42a,42b,42c)が変動表示する場合は、第1装飾図柄42a,42b,42cが変動表示していない場合よりも(第1特図が変動表示を開始する前よりも)、第1装飾図柄42a,42b,42cを大きく表示する。この際、大装飾図柄44a,44b,44cの前面に重なるように表示領域画像47を表示し、該表示領域画像47の前面に重なるように第1装飾図柄42a,42b,42cを表示する。また、第1装飾図柄42a,42b,42cが変動表示していない場合よりも(第1特図が変動表示を開始する前よりも)表示画面の中央側に移動するように第1装飾図柄42a,42b,42cを表示する。従って、図27に示すように、変動表示頻度の高い第2特図(第2装飾図柄43a,43b,43c)および大装飾図柄44a,44b,44cの変動表示中に、変動表示頻度の低い第1特図(変動表示頻度の低い第1装飾図柄42a,42b,42c)の変動表示が開始される場合であっても、該変動表示を遊技者に認識させ易くすることができ、上述の不信感が生じることを更に抑制することができる。
【0205】
また、変形例1においても上述した実施例と同様に、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)の変動表示が行われる場合は、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)が変動表示していない場合よりも(第2特図が変動表示を開始する前よりも)、「残り特殊回数」、「残り時短回数」、「残りST回数」を大きく表示する。詳しくは、表示領域画像48を表示し、該表示領域画像48の前面に重なるように「残り特殊回数」、「残り時短回数」、「残りST回数」を大きく表示する。従って、このことからも、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)の変動表示、ひいては、該変動表示が行われることによって、「残り特殊回数」、「残り時短回数」、「残りST回数」が減じられることを遊技者に認識させ易くすることができ、上述の不信感が生じることを更に抑制することができる。
【0206】
F−2.変形例2 :
上述した実施例および変形例1においては、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)が変動表示するに際しては、変動表示の低い装飾図柄の表示領域と「残り特殊回数」、「残り時短回数」、「残りST回数」の表示領域との間に、所定の画像を表示することとしてもよい。例えば、図28に示すように、変動表示頻度の低い第1装飾図柄42a,42b,42cが表示される表示領域画像47から「残り特殊回数」、「残り時短回数」、「残りST回数」が表示される表示領域画像48まで伸びるエフェクト画像49を表示することとしてもよい。こうすると、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)の変動表示が行われることによって、「残り特殊回数」、「残り時短回数」、「残りST回数」が減じられることを更に遊技者に認識させ易くすることができ、上述の不信感が生じることを更に抑制することができる。
【0207】
尚、上述の構成においては「エフェクト画像49」が本発明における「示唆画像」に相当する。本発明における「示唆画像」としては、上述の「エフェクト画像49」以外にも、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)の変動表示が行われることによって、「残り特殊回数」、「残り時短回数」、「残りST回数」が減じられることを示唆する画像であればよく、種々の画像を採用することができる。例えば、変動表示の低い装飾図柄の表示領域と「残り特殊回数」、「残り時短回数」、「残りST回数」の表示領域との間に表示される矢印画像や、変動表示の低い装飾図柄の表示領域から「残り特殊回数」、「残り時短回数」、「残りST回数」の表示領域に向かって移動する画像などを例示することができる。
【0208】
また、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)が変動表示するに際しては、「残り特殊回数」、「残り時短回数」、「残りST回数」を更新してから、変動表示頻度の低い装飾図柄を変動表示することとしてもよい。こうすると、「残り特殊回数」、「残り時短回数」、「残りST回数」が更新されたことを疑問に感じた遊技者に対して、タイミング良く、その更新が変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)の変動表示によるものであることを認識させることができ、上述の不信感が生じることを更に抑制することができる。
【0209】
また、上述した変形例1においては、変動表示頻度の高い特別図柄(変動表示頻度の高い装飾図柄)および大装飾図柄44a,44b,44cが変動表示していない場合は、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)が変動表示を開始しても、変動表示頻度の低い装飾図柄を大きく表示しないこととしてもよい。そして、変動表示頻度の高い特別図柄(変動表示頻度の高い装飾図柄)および大装飾図柄44a,44b,44cが変動表示している場合に、変動表示頻度の低い特別図柄(変動表示頻度の低い装飾図柄)が変動表示を開始したら、変動表示頻度の低い装飾図柄を大きく表示することとしてもよい。こうすると、変動表示頻度の低い装飾図柄の変動表示がより認識させ難い状況を選択して、該変動表示を遊技者に認識させ易くすることができる。
【0210】
以上、本発明の実施例および変形例について説明したが、本発明はこれに限定されるものではなく、各請求項に記載した範囲を逸脱しない限り、各請求項の記載文言に限定されず、当業者がそれらから容易に置き換えられる範囲にも及び、かつ、当業者が通常有する知識に基づく改良を適宜付加することができる。
【0211】
例えば、上述した実施例では、遊技状態として、「通常状態」、「時短状態」、「ST状態」を設定可能としたが、高確率状態且つ非電サポ状態(以下「潜伏状態」ともいう)を設定可能であることとしてもよい。そして、この「潜伏状態」と「通常状態」とで同様の演出モード(例えば、上述の「特殊演出モード」)を設定することとし、該演出モードにおける変動表示回数(本発明における「回数情報」)を表示することとしてもよい。こうすると、「通常状態」中であるか「潜伏状態」中であるかを遊技者に認識させ難くすることができ、遊技興趣を高めることが可能となる。
【0212】
また、上述した実施例においては、変動表示頻度の低い装飾図柄の変動表示開始のタイミングで、変動表示頻度の低い装飾図柄を大きく表示することが好ましい。こうすると、変動表示頻度の低い装飾図柄の変動表示を遊技者に更に認識させ易くすることができる。
【0213】
また、上述した実施例において、「通常状態」においては第1始動口よりも入球頻度の低い第3始動口を設け、該第3始動口に遊技球が入球した場合も第2特図保留が記憶されることとしてもよい。こうすると、「特殊演出モード」または「普通演出モード」の設定中(「通常状態」中)において、変動表示頻度の低い第2特図(変動表示頻度の低い第2装飾図柄42a,42b,42c)が変動表示することが多くなるが、このようなパチンコ機においても、上述した効果を得ることができる。
【0214】
また、上述した実施例では、「ST状態」は150回の図柄変動遊技が行われるまで継続することとしたが、これに限らず、例えば、次の大当り遊技が開始されるまで継続することとしてもよい。
【0215】
また、上述した実施例では、遊技ホールの島設備から供給される遊技球を払い出すことによって、遊技の結果としての利益(遊技価値)を遊技者に付与するパチンコ機1に本発明を適用した例を説明した。これに限らず、「遊技球の払い出し」とは異なる形態で遊技上の利益を付与するタイプの遊技機にも、本発明を適用することができる。例えば、各種入球口への遊技球の入球が発生することで、その入球に対応する利益の量(遊技価値の大きさ)を示すデータを記憶することによって、遊技上の利益(遊技価値)を遊技者に付与するタイプのパチンコ機にも本発明を適用することができ、この場合にも、上述した実施例と同様の効果を得ることができる。なお、遊技上の利益(遊技価値)をデータ化して遊技者に付与するタイプのパチンコ機としては、パチンコ機に内蔵された複数個の遊技球を循環させて使用する遊技機、具体的には、各種入球口あるいはアウト口を経て遊技盤の裏面に排出された遊技球を、再度、発射位置に戻して発射するように構成されたパチンコ機(いわゆる封入式遊技機)を例示できる。
【産業上の利用可能性】
【0216】
本発明は、遊技ホールで用いられる遊技機に利用することができる。
【符号の説明】
【0217】
1…パチンコ機(遊技機)、24…第1始動口、25…第2始動口、28…第1大入賞口(可変入球口)、35…第2大入賞口(可変入球口)、42a,42b,42c…第1装飾図柄、43a,43b,43c…第2装飾図柄、44a,44b,44c…大装飾図柄、47…表示領域画像、48…表示領域画像、49…エフェクト画像(示唆画像)、200…主制御基板、201…CPU(特定遊技実行手段、遊技状態設定手段)、220…サブ制御基板、221…CPU(第1識別情報表示手段、第2識別情報表示手段、特定演出実行手段、回数表示手段)。
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
図11
図12
図13
図14
図15
図16
図17
図18
図19
図20
図21
図22
図23
図24
図25
図26
図27
図28