特開2018-203293(P2018-203293A)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 株式会社吉野工業所の特許一覧
<>
  • 特開2018203293-注出キャップ 図000003
  • 特開2018203293-注出キャップ 図000004
  • 特開2018203293-注出キャップ 図000005
  • 特開2018203293-注出キャップ 図000006
  • 特開2018203293-注出キャップ 図000007
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2018-203293(P2018-203293A)
(43)【公開日】2018年12月27日
(54)【発明の名称】注出キャップ
(51)【国際特許分類】
   B65D 47/06 20060101AFI20181130BHJP
   B65D 47/08 20060101ALI20181130BHJP
【FI】
   B65D47/06 400
   B65D47/08 100
【審査請求】未請求
【請求項の数】4
【出願形態】OL
【全頁数】10
(21)【出願番号】特願2017-107958(P2017-107958)
(22)【出願日】2017年5月31日
(71)【出願人】
【識別番号】000006909
【氏名又は名称】株式会社吉野工業所
(74)【代理人】
【識別番号】100106909
【弁理士】
【氏名又は名称】棚井 澄雄
(74)【代理人】
【識別番号】100094400
【弁理士】
【氏名又は名称】鈴木 三義
(74)【代理人】
【識別番号】100140718
【弁理士】
【氏名又は名称】仁内 宏紀
(72)【発明者】
【氏名】吉村 和寿
【テーマコード(参考)】
3E084
【Fターム(参考)】
3E084AA12
3E084AB07
3E084BA01
3E084CA01
3E084CC03
3E084DA01
3E084DB13
3E084DC03
3E084EA01
3E084EB01
3E084EB02
3E084EB04
3E084EC03
3E084FA04
3E084FC04
3E084GA06
3E084GB06
3E084KA20
3E084LA03
3E084LA06
3E084LB02
3E084LB07
3E084LC01
3E084LD01
(57)【要約】
【課題】内容物の散布範囲を切り替える際の操作性が良好であり、より簡素な構成の注出キャップを提供する。
【解決手段】注出キャップ3は、内容物が注出される注出孔12が形成された天壁部11を有し、容器本体2の口部2aに装着されるキャップ本体10と、注出孔を開放可能に閉塞する有頂筒状の蓋体20と、蓋体をキャップ本体に対して上方に向けて回動可能に連結するヒンジ30と、を備え、蓋体には、蓋体の頂壁21から下方に向けて延びる拡散部23が形成されている。
【選択図】図1
【特許請求の範囲】
【請求項1】
内容物が注出される注出孔が形成された天壁部を有し、容器本体の口部に装着されるキャップ本体と、
前記注出孔を開放可能に閉塞する有頂筒状の蓋体と、
前記蓋体を前記キャップ本体に対して上方に向けて回動可能に連結するヒンジと、を備え、
前記蓋体には、前記蓋体の頂壁から下方に向けて延びる拡散部が形成されていることを特徴とする、注出キャップ。
【請求項2】
前記拡散部のうち前記ヒンジ側を向く拡散面が、平面視において、前記注出孔と前記ヒンジとを結ぶ直線に対して交差する方向に延びていることを特徴とする、請求項1に記載の注出キャップ。
【請求項3】
前記拡散面は、平面視において、前記直線に直交する直交方向に沿って前記直線から離れるに従って漸次前記ヒンジから離れるように延びていることを特徴とする、請求項2に記載の注出キャップ。
【請求項4】
前記拡散部のうち、平面視において前記注出孔と前記ヒンジとを結ぶ直線上に位置する部分には、前記直線が延びる方向に前記拡散部を貫く貫通孔が形成されていることを特徴とする、請求項1から3のいずれか1項に記載の注出キャップ。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、注出キャップに関する。
【背景技術】
【0002】
従来から、注出孔が形成された天壁部を有し、容器本体の口部に装着されるキャップ本体と、注出孔を開閉する有頂筒状の蓋体と、蓋体をキャップ本体に対して連結するヒンジと、を備え、内容物の散布範囲の切り替えが可能な注出キャップが用いられている。例えば下記特許文献1の注出キャップは、第1蓋体および第2蓋体を備えており、第1蓋体を開放する場合と第2蓋体を開放する場合とで、内容物の散布範囲を切り替えることを可能としている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
【特許文献1】特許第5380227号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
この種の注出キャップでは、その構成を複雑にすることなく、内容物の散布範囲を切り替える際の操作性を良好にすることが望まれている。
【0005】
本発明はこのような事情を考慮してなされたもので、内容物の散布範囲を切り替える際の操作性が良好であり、より簡素な構成の注出キャップを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記課題を解決するために、本発明の注出キャップは、内容物が注出される注出孔が形成された天壁部を有し、容器本体の口部に装着されるキャップ本体と、前記注出孔を開放可能に閉塞する有頂筒状の蓋体と、前記蓋体を前記キャップ本体に対して上方に向けて回動可能に連結するヒンジと、を備え、前記蓋体には、前記蓋体の頂壁から下方に向けて延びる拡散部が形成されていることを特徴とする。
【0007】
本発明の注出キャップによれば、蓋体が注出孔よりも下方に位置するようにこの注出キャップを倒立姿勢または傾倒姿勢にした際に、注出孔から蓋体の内面に注出された内容物を拡散部に当てて拡散させることで、この内容物を広範囲に散布することができる。このとき、拡散部が蓋体に形成されているため、蓋体を開放すると注出孔と拡散部との間の距離が大きくなる。これにより、内容物をより効果的に拡散させることが可能であるとともに、蓋体が閉じられた状態でこの注出キャップをコンパクトにし、流通・保管時のかさ張りを抑えることができる。
また、例えば注出孔を大きく開口させなくても、このように広範囲に内容物を散布することができるため、蓋体を注出孔よりも上方に位置させて内容物を拡散部に接触させずに注出させた場合には、内容物の散布範囲を容易に狭くすることができる。
また、開放位置にある蓋体の注出孔に対する上下方向の位置、すなわち注出キャップの姿勢を変化させることによって内容物の散布範囲の切り替えが可能であり、操作性が良好である。さらに、内容物の散布範囲を切り替える機能を、蓋体の頂壁から下方に向けて延びる拡散部によって実現しているため、注出キャップ全体の構成を簡素なものとすることができる。
【0008】
ここで、前記拡散部のうち前記ヒンジ側を向く拡散面が、平面視において、前記注出孔と前記ヒンジとを結ぶ直線に対して交差する方向に延びていてもよい。
【0009】
この場合、拡散面に当たった内容物を、この拡散面が延びる方向に拡散させて、内容物を広い範囲に散布させることが可能となる。
【0010】
また、前記拡散面は、平面視において、前記直線に直交する直交方向に沿って前記直線から離れるに従って漸次前記ヒンジから離れるように延びていてもよい。
【0011】
この場合、拡散面に当たった内容物の一部をこの拡散面に沿って移動させ、より確実に広範囲に散布させることができる。
【0012】
また、前記拡散部のうち、平面視において前記注出孔と前記ヒンジとを結ぶ直線上に位置する部分には、前記直線が延びる方向に前記拡散部を貫く貫通孔が形成されていてもよい。
【0013】
この場合、内容物の一部が貫通孔を通じて流出するため、散布される内容物の量の直交方向におけるばらつきを抑えることができる。
【発明の効果】
【0014】
本発明によれば、内容物の散布範囲を切り替える際の操作性が良好であり、より簡素な構成の注出キャップを提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0015】
図1】本実施形態の注出キャップの縦断面図である。
図2】蓋体を開いた状態における注出キャップの平面図である。
図3】蓋体を開いた状態における注出キャップの縦断面図である。
図4】蓋体が注出孔よりも上方に位置するように注出キャップを傾けた場合の、注出キャップの縦断面図である。
図5】蓋体が注出孔よりも下方に位置するように注出キャップを傾けた場合の、注出キャップの縦断面図である。
【発明を実施するための形態】
【0016】
以下、本実施形態の構成を、図1図5を参照しながら説明する。以下の説明では、注出キャップ3が容器本体2に取り付けられて構成された注出容器1を例にして、本実施形態を説明する。
図1に示すように、注出容器1は、内容物が収容される有底筒状の容器本体2と、容器本体2の口部2aに装着される有頂筒状の注出キャップ3と、を備えている。容器本体2内に収容される内容物は、特に限定されないが、例えば粉状、粒状、あるいは液状などであってもよい。
【0017】
注出キャップ3は、内容物が注出される注出孔12が形成された天壁部11を有し、容器本体2の口部2aに装着される筒状のキャップ本体10と、注出孔12を開放可能に閉塞する有頂筒状の蓋体20と、蓋体20をキャップ本体10に対して回動可能に連結するヒンジ30と、注出孔12を閉塞する抜栓部40と、を備えている。本実施形態の注出キャップ3は、キャップ本体10、蓋体20、ヒンジ30、および抜栓部40が、射出成形などによって一体に形成されている。なお、注出キャップ3は抜栓部40を備えていなくてもよい。
【0018】
ここで本実施形態では、キャップ本体10および蓋体20の各中心軸は共通軸上に位置している。以下、この共通軸をキャップ軸Oといい、キャップ軸Oに沿う方向を上下方向といい、上下方向に沿うキャップ本体10側を下方といい、蓋体20側を上方という。
また、上下方向から見た平面視において、キャップ軸Oに直交する方向をキャップ径方向といい、キャップ軸O回りに周回する方向をキャップ周方向という。また、平面視において、注出孔12とヒンジ30とを結ぶ直線L1(図2参照)に沿う方向を前後方向といい、前後方向に直交する方向を直交方向という。また、前後方向に沿う注出孔12側を前方、ヒンジ30側を後方という。
【0019】
(キャップ本体)
図1に示すように、キャップ本体10は、先述の天壁部11および注出孔12と、容器本体2の口部2aに嵌合された嵌合筒部13と、天壁部11から上方に向けて延びる前方ガイド14および後方ガイド15と、を有している。
嵌合筒部13は、二重の筒状に形成されている。嵌合筒部13のうち、前方の部分(以下、前壁部という)は、後方の部分(以下、後壁部という)よりも上下方向の長さが大きくなっている。嵌合筒部13の下端部には、キャップ径方向の内側に向けて突出する嵌合部13aが、嵌合筒部13の全周にわたって形成されている。嵌合部13aは、容器本体2の口部2aに形成された被嵌合部にアンダーカット嵌合している。嵌合筒部13の後壁部における上端部には、キャップ径方向の外側に向けて突出する第1係合部13bが形成されている。
【0020】
天壁部11は、容器本体2の口部2aにおける上端開口部よりも下方に位置しており、口部2aを閉塞している。注出孔12は、天壁部11を上下方向に貫通している。
図2に示すように、注出孔12は、前後方向に延びる中間孔12bと、中間孔12bの前方に連なる前方孔12aと、中間孔12bの後方に連なる後方孔12cと、を有する。中間孔12bの直交方向における幅は略一定となっている。前方孔12aおよび後方孔12cの直交方向における最大の幅は、中間孔12bの幅よりも大きい。前方孔12aの前端部における直交方向の幅は、前方に向かうに従って漸次小さくなっている。後方孔12cの後端部における直交方向の幅は、後方に向かうに従って漸次小さくなっている。注出孔12は、直線L1に対して線対称に形成されている。
【0021】
前方ガイド14のうち前方の部分は、注出孔12よりも前方に設けられており、前方ガイド14のうち後方の部分は、注出孔12と前後方向において重なる位置に設けられている。前方ガイド14は、直交方向に間隔を空けて一対形成されている。一対の前方ガイド14はそれぞれ、上下方向に延びる板状に形成されている。一対の前方ガイド14同士の間の直交方向における間隔は、前方に向かうに従って漸次小さくなっている。一対の前方ガイド14の後端部は、前方孔12aよりも直交方向における外側に位置している。一対の前方ガイド14は、直線L1に対して線対称に形成されている。
【0022】
後方ガイド15のうち後方の部分は、注出孔12よりも後方に設けられており、後方ガイド15のうち前端部は、注出孔12と前後方向において重なる位置に設けられている。後方ガイド15は、直交方向に間隔を空けて一対形成されている。一対の後方ガイド15はそれぞれ、上下方向に延びる板状に形成されている。一対の後方ガイド15同士の間の直交方向における間隔は、後方に向かうに従って漸次小さくなっている。一対の後方ガイド15の前端部は、後方孔12cよりも直交方向における外側に位置している。一対の後方ガイド15は、直線L1に対して線対称に形成されている。
【0023】
抜栓部40は、環状のプルリング41と、注出孔12を閉塞するシール部42と、シール部42の外縁と注出孔12の内縁とを接続する弱化部43と、を有している。弱化部43は、シール部42などよりも薄肉に形成されており、抜栓部40をキャップ本体10に対して引き上げると容易に破断される。
【0024】
(ヒンジ)
図1に示すように、ヒンジ30は、キャップ本体10の嵌合筒部13における後壁部の上端と、蓋体20の周壁22の下端と、を連結している。図2に示すように、ヒンジ30は、直交方向における中央部に位置する厚肉部31と、厚肉部31の直交方向における両側に位置する一対の薄肉部32と、を有している。薄肉部32は、厚肉部31よりも肉厚が薄く、弾性変形可能に形成されている。蓋体20をキャップ本体10に対してヒンジ30回りに回動させると、薄肉部32が弾性変形する。薄肉部32に作用する引張力によって、蓋体20が、閉じた状態若しくは開いた状態で保持される。
【0025】
(蓋体)
蓋体20は、円板状の頂壁21と、頂壁21の外周縁から下方に向けて延びる周壁22と、頂壁21の前端部から前方に突出する摘み部21aと、を有している。
周壁22は、頂壁21の外周縁のうち、前後方向におけるヒンジ30側の部分に形成されており、前後方向における摘み部21a側の部分には形成されていない。すなわち、蓋体20は、周壁22のうち摘み部21a側の少なくとも一部が切り欠かれた有頂筒状に形成されている。図1に示すように、周壁22の下端部には、キャップ径方向の内側に向けて突出する第2係合部22aが形成されている。第2係合部22aは、キャップ本体10の第1係合部13bにアンダーカット嵌合する。
【0026】
ここで、図1および図2に示すように、本実施形態の蓋体20には、その頂壁21から下方に向けて延びる拡散部23が形成されている。拡散部23は、直線L1を直交方向に跨って形成されている。すなわち、注出孔12、ヒンジ30、および拡散部23は、同一の直線L1上に位置している。拡散部23は、平面視において厚みが一定の、湾曲した板状に形成されている。拡散部23のうち、前後方向におけるヒンジ30側を向く面(以下、拡散面23bという)は、平面視において、直線L1に対して交差する方向に延びている。さらにこの拡散面23bは、平面視において、直交方向に沿って直線L1から離れるに従って漸次ヒンジ30から離れるように延びている(図2参照)。拡散部23のうち、直線L1上に位置する部分には、前後方向に拡散部23を貫く貫通孔23aが形成されている。貫通孔23aは、前後方向から見て矩形状に形成されており、拡散部23の上下方向における全長にわたって形成されている。
【0027】
次に、以上のように構成された注出キャップ3の作用について説明する。
【0028】
注出容器1から内容物を注出させる際、図3に示すように、摘み部21aを摘んで上方に引き上げることで、蓋体20をキャップ本体10に対してヒンジ30回りに回動させる。
次に、プルリング41に手指などを掛けて上方に引き上げることで、弱化部43を破断させ、抜栓部40をキャップ本体10から取り外す。これにより、注出孔12が開放される。なお、注出キャップ3が抜栓部40を備えていない場合は、蓋体20を回動させることで注出孔12が開放される。
【0029】
注出孔12を開放した状態で、注出容器1を倒立姿勢にすると、内容物の自重によって、容器本体2内の内容物が注出孔12から注出される。
この際、内容物を比較的狭い範囲に散布させる場合には、図4に示すように、前方ガイド14が注出孔12よりも下方に位置し、蓋体20が注出孔12よりも上方に位置するように、注出容器1を傾ける。これにより、注出孔12のうち主として前方孔12aから出た内容物が、一対の前方ガイド14同士の間に流入する。ここで、一対の前方ガイド14の後端部は前方孔12aよりも直交方向における外側に位置しており、一対の前方ガイド14同士の間の直交方向における間隔は、前方に向かうに従って漸次小さくなっている。この構成により、注出孔12から注出された内容物は、一対の前方ガイド14によって比較的狭い範囲に集められた状態で、注出容器1の外部に散布される。
【0030】
一方、内容物を比較的広い範囲に散布させる場合には、図5に示すように、後方ガイド15および蓋体20が注出孔12よりも下方に位置するように、注出容器1を傾ける。これにより、注出孔12のうち主として後方孔12cから注出された内容物が、一対の後方ガイド15同士の間に流入し、蓋体20の内面に向けて落下し、拡散部23の拡散面23bに当たる。拡散面23bに当たった内容物のうち、一部は拡散面23bに沿って直交方向に拡散し、一部は貫通孔23a内に流入し、一部は拡散部23を乗り越える。このように、内容物は拡散部23で拡散され、比較的広い範囲で注出容器1の外部に散布される。
【0031】
以上説明したように、本実施形態の注出キャップ3によれば、注出孔12から注出された内容物を拡散部23に当てて拡散させることで、内容物を広範囲に散布することができる。このとき、拡散部23が蓋体20に形成されているため、蓋体20を開放すると注出孔12と拡散部23との間の距離が大きくなり、内容物をより効果的に拡散させることが可能である。
【0032】
また、注出孔12を大きく開口させなくても、このように広範囲に内容物を散布することができるため、内容物を拡散部23に接触させずに散布した場合に、内容物の散布範囲を容易に狭くすることができる。
また、開放位置にある蓋体20の注出孔12に対する上下方向の位置、すなわち注出キャップ3の姿勢を変化させることによって内容物の散布範囲の切り替えが可能であり、操作性が良好である。さらに、内容物の散布範囲を切り替える機能を、蓋体20の頂壁21から下方に向けて延びる拡散部23によって実現しているため、注出キャップ3全体の構成を簡素なものとすることができる。
【0033】
また、拡散面23bが直交方向に延びていることで、拡散面23bに当たった内容物を直交方向に拡散させることが可能となり、内容物を直交方向における広い範囲に散布させることができる。さらに、拡散面23bが、直交方向に沿って直線L1から離れるに従って漸次ヒンジ30から離れるように延びているため、拡散面23bに当たった内容物の一部をこの拡散面23bに沿って移動させ、より確実に広範囲に散布することができる。
【0034】
また、拡散部23のうち、平面視において注出孔12とヒンジ30とを結ぶ直線L1上に位置する部分に貫通孔23aが形成されていることで、内容物の一部がこの貫通孔23aを通じて流出するため、散布される内容物の量の直交方向におけるばらつきを抑えることができる。
また、蓋体20の周壁22が、前後方向における摘み部21a側の部分に形成されていないため、拡散部23によって拡散した内容物が、周壁22と頂壁21との隅部に溜まってしまうのを防ぎ、内容物を確実に散布することができる。
【0035】
なお、本発明の技術的範囲は前記実施の形態に限定されるものではなく、本発明の趣旨を逸脱しない範囲において種々の変更を加えることが可能である。
【0036】
例えば、前記実施形態では、ヒンジ30の薄肉部32に作用する引張力によって蓋体20を開いた状態で保持したが、この構成に代えて、あるいはこの構成に加えて、蓋体20を開いた状態で保持するための係止部と被係止部を、蓋体20とキャップ本体10に設けてもよい。
【0037】
また、前記実施形態では、拡散部23に貫通孔23aが形成されていたが、このような貫通孔23aが拡散部23に形成されていない構成を採用してもよい。また、拡散部23に複数の貫通孔23aが形成されていてもよい。また、貫通孔23aの上下方向における長さは、拡散部23の上下方向における長さより小さくてもよい。
また、拡散部23は厚みが略一定の湾曲した板状に形成されていたが、拡散部23は湾曲していない板状であってもよく、その厚みが一定でなくてもよい。
【0038】
また、前記実施形態では、前方ガイド14および後方ガイド15は上下方向に延びる一対の板状に形成されていたが、例えばこれらを前後方向に延びる半円筒状に形成してもよい。この場合、半円筒状の前方ガイドを通じて内容物を散布することで散布範囲をより小さくしたり、半円筒状の後方ガイドを通じて内容物を拡散部23に向かわせることで内容物をより確実に拡散部23に当てたりすることが可能となる。また、注出キャップ3には、これらの前方ガイド14および後方ガイド15が設けられていなくてもよい。
【0039】
その他、本発明の趣旨を逸脱しない範囲で、上記した実施の形態における構成要素を周知の構成要素に置き換えることは適宜可能であり、また、上記した実施形態や変形例を適宜組み合わせてもよい。
【符号の説明】
【0040】
1…注出容器 2…容器本体 2a…口部 3…注出キャップ 10…キャップ本体 11…天壁部 12…注出孔 20…蓋体 21…頂壁 23…拡散部 23a…貫通孔 23b…拡散面 L1…直線 O…キャップ軸
図1
図2
図3
図4
図5