特開2019-176970(P2019-176970A)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 株式会社トプコンの特許一覧
特開2019-176970眼科装置、及び眼科情報処理プログラム
<>
  • 特開2019176970-眼科装置、及び眼科情報処理プログラム 図000006
  • 特開2019176970-眼科装置、及び眼科情報処理プログラム 図000007
  • 特開2019176970-眼科装置、及び眼科情報処理プログラム 図000008
  • 特開2019176970-眼科装置、及び眼科情報処理プログラム 図000009
  • 特開2019176970-眼科装置、及び眼科情報処理プログラム 図000010
  • 特開2019176970-眼科装置、及び眼科情報処理プログラム 図000011
  • 特開2019176970-眼科装置、及び眼科情報処理プログラム 図000012
  • 特開2019176970-眼科装置、及び眼科情報処理プログラム 図000013
  • 特開2019176970-眼科装置、及び眼科情報処理プログラム 図000014
  • 特開2019176970-眼科装置、及び眼科情報処理プログラム 図000015
  • 特開2019176970-眼科装置、及び眼科情報処理プログラム 図000016
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2019-176970(P2019-176970A)
(43)【公開日】2019年10月17日
(54)【発明の名称】眼科装置、及び眼科情報処理プログラム
(51)【国際特許分類】
   A61B 3/10 20060101AFI20190920BHJP
   A61B 3/103 20060101ALI20190920BHJP
【FI】
   A61B3/10 R
   A61B3/10 M
【審査請求】未請求
【請求項の数】16
【出願形態】OL
【全頁数】30
(21)【出願番号】特願2018-68071(P2018-68071)
(22)【出願日】2018年3月30日
(71)【出願人】
【識別番号】000220343
【氏名又は名称】株式会社トプコン
(74)【代理人】
【識別番号】100124626
【弁理士】
【氏名又は名称】榎並 智和
(72)【発明者】
【氏名】多々良 陽子
【テーマコード(参考)】
4C316
【Fターム(参考)】
4C316AA03
4C316AA09
4C316AA13
4C316AA24
4C316AA25
4C316AA26
4C316AB02
4C316AB11
4C316FA06
4C316FB05
4C316FB13
4C316FB27
4C316FB29
4C316FC14
4C316FZ01
(57)【要約】
【課題】自覚検査の結果が改善しない原因を特定するための新たな技術を提供する。
【解決手段】眼科装置は、屈折力測定部と、データ収集部と、記憶部と、解析部と、異常度情報生成部と、表示制御部とを含む。屈折力測定部は、被検眼の屈折力の測定値を取得する。データ収集部は、光コヒーレンストモグラフィを用いて被検眼の眼底のデータを収集する。記憶部は、正常眼の眼底における所定の層間距離を含む標準データをあらかじめ記憶する。解析部は、眼底のデータに基づいて所定の層間距離を算出する。異常度情報生成部は、解析部により算出された所定の層間距離と標準データとに基づいて眼底の異常度を表す異常度情報を生成する。表示制御部は、屈折力測定部により取得された屈折力の測定値と異常度情報とを表示手段の同一画面に表示させる。
【選択図】図4
【特許請求の範囲】
【請求項1】
被検眼の屈折力の測定値を取得する屈折力測定部と、
光コヒーレンストモグラフィを用いて前記被検眼の眼底のデータを収集するデータ収集部と、
正常眼の眼底における所定の層間距離を含む標準データをあらかじめ記憶する記憶部と、
前記眼底のデータに基づいて前記所定の層間距離を算出する解析部と、
前記解析部により算出された前記所定の層間距離と前記標準データとに基づいて前記眼底の異常度を表す異常度情報を生成する異常度情報生成部と、
前記屈折力測定部により取得された前記屈折力の測定値と前記異常度情報とを表示手段の同一画面に表示させる表示制御部と、
を含む眼科装置。
【請求項2】
前記異常度情報生成部は、前記標準データと前記解析部により算出された前記所定の層間距離との差に対応した異常度情報を生成する
ことを特徴とする請求項1に記載の眼科装置。
【請求項3】
前記眼底のデータに基づいて前記眼底の断層像を形成する画像形成部を含み、
前記表示制御部は、前記画像形成部により形成された前記断層像、前記屈折力の測定値、及び前記異常度情報を前記表示手段の同一画面に表示させる
ことを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の眼科装置。
【請求項4】
前記所定の層間距離は、網膜色素上皮層と内境界膜との間の距離である
ことを特徴とする請求項1〜請求項3のいずれか一項に記載の眼科装置。
【請求項5】
前記眼底のデータに基づいて前記眼底における浮腫を特定する浮腫特定部と、
前記浮腫特定部により特定された前記浮腫の形態に応じて前記屈折力の測定値を補正する測定値補正部と、
を含み、
前記表示制御部は、前記測定値補正部により補正された測定値を前記表示手段に表示させる
ことを特徴とする請求項1〜請求項4のいずれか一項に記載の眼科装置。
【請求項6】
被検眼の屈折力の測定値を取得する屈折力測定部と、
光コヒーレンストモグラフィを用いて前記被検眼の眼底のデータを収集するデータ収集部と、
前記眼底のデータに基づいて前記眼底における浮腫を特定する浮腫特定部と、
前記浮腫特定部により特定された前記浮腫の形態に応じて前記屈折力の測定値を補正する測定値補正部と、
前記測定値補正部により補正された測定値を表示手段に表示させる表示制御部と、
を含む眼科装置。
【請求項7】
前記測定値補正部は、黄斑部における眼軸長と前記浮腫特定部により特定された前記浮腫の部位における網膜色素上皮層から内境界膜までの距離と黄斑部網膜厚とに基づいて前記測定値を補正する
ことを特徴とする請求項5又は請求項6に記載の眼科装置。
【請求項8】
前記表示制御部は、前記屈折力測定部により取得された前記屈折力の測定値と前記測定値補正部により補正された測定値とを前記表示手段の同一画面に表示させる
ことを特徴とする請求項5〜請求項7のいずれか一項に記載の眼科装置。
【請求項9】
光コヒーレンス元グラフィを用いて収集された被検眼の眼底のデータに基づいて前記眼底における所定の層間距離を算出する解析ステップと、
前記解析ステップにおいて算出された前記所定の層間距離と正常眼の眼底における所定の層間距離を含む標準データとに基づいて前記眼底の異常度を表す異常度情報を生成する異常度情報生成ステップと、
前記被検眼の屈折力の測定値と前記異常度情報とを表示手段の同一画面に表示させる表示制御ステップと、
をコンピュータに実行させるための眼科情報処理プログラム。
【請求項10】
前記異常度情報生成ステップは、前記標準データと前記解析ステップにおいて算出された前記所定の層間距離との差に対応した異常度情報を生成する
ことを特徴とする請求項9に記載の眼科情報処理プログラム。
【請求項11】
前記眼底のデータに基づいて前記眼底の断層像を形成する画像形成ステップを含み、
前記表示制御ステップは、前記画像形成ステップにおいて形成された前記断層像、前記屈折力の測定値、及び前記異常度情報を前記表示手段の同一画面に表示させる
ことを特徴とする請求項9又は請求項10に記載の眼科情報処理プログラム。
【請求項12】
前記所定の層間距離は、網膜色素上皮層と内境界膜との間の距離である
ことを特徴とする請求項9〜請求項11のいずれか一項に記載の眼科情報処理プログラム。
【請求項13】
前記眼底のデータに基づいて前記眼底における浮腫を特定する浮腫特定ステップと、
前記浮腫特定ステップにおいて特定された前記浮腫の形態に応じて前記屈折力の測定値を補正する測定値補正ステップと、
を含み、
前記表示制御ステップは、前記測定値補正ステップにおいて補正された測定値を前記表示手段に表示させる
ことを特徴とする請求項9〜請求項12のいずれか一項に記載の眼科情報処理プログラム。
【請求項14】
光コヒーレンストモグラフィを用いて収集された被検眼の眼底のデータに基づいて前記眼底における浮腫を特定する浮腫特定ステップと、
前記浮腫特定ステップにおいて特定された前記浮腫の形態に応じて前記被検眼の屈折力の測定値を補正する測定値補正ステップと、
前記測定値補正ステップにおいて補正された測定値を表示手段に表示させる表示制御ステップと、
をコンピュータに実行させるための眼科情報処理プログラム。
【請求項15】
前記測定値補正ステップは、黄斑部における眼軸長と前記浮腫特定ステップにおいて特定された前記浮腫の部位における網膜色素上皮層から内境界膜までの距離と黄斑部網膜厚とに基づいて前記測定値を補正する
ことを特徴とする請求項13又は請求項14に記載の眼科情報処理プログラム。
【請求項16】
前記表示制御ステップは、前記屈折力の測定値と前記測定値補正ステップにおいて補正された測定値とを前記表示手段の同一画面に表示させる
ことを特徴とする請求項13〜請求項15のいずれか一項に記載の眼科情報処理プログラム。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
この発明は、眼科装置、及び眼科情報処理プログラムに関する。
【背景技術】
【0002】
被検眼に対して複数の検査や測定を実行可能な眼科装置が知られている。被検眼に対する検査や測定には、自覚検査や他覚測定がある。自覚検査は、被検者からの応答に基づいて結果を得るものである。他覚測定は、被検者からの応答を参照することなく、主として物理的な手法を用いて被検眼に関する情報を取得するものである。
【0003】
例えば、特許文献1には、被検眼の屈折力測定や光コヒーレンストモグラフィを用いた計測が可能な眼科装置が開示されている。この眼科装置は、被検眼にリング状の測定用光束を投射し、その戻り光を検出することにより被検眼の屈折力の測定値を取得する。眼科装置は、網膜上の測定用光束の入射位置における断層像を取得することで、被検眼の屈折力の測定値の信頼性を判断するための情報を提供することが可能である。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
【特許文献1】特開2017−136216号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
被検眼に対して屈折矯正しているにもかかわらず自覚検査の結果が改善しない場合、種々の原因が考えられる。被検眼の前眼部に原因がある場合、眼内に入射する光の屈折が十分ではなく、網膜への集光がうまくいかないことが考えられる。被検眼の後眼部に原因がある場合、網膜に疾患があり、網膜に集光した光を取り込めないことが考えられる。その他に、神経系や脳などに原因があることも考えられる。
【0006】
このような場合、眼科装置がその原因を特定するための情報を提供できることが望ましい。
【0007】
しかしながら、従来の手法は、測定用光束の入射位置における眼底の形態を把握するものであるため、自覚検査の結果が改善しない原因が前眼部にあるか後眼部にあるかを特定するための情報を提供することが難しい。
【0008】
本発明は、このような事情を鑑みてなされたものであり、その目的は、自覚検査の結果が改善しない原因を特定するための新たな技術を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0009】
いくつかの実施形態の第1態様は、被検眼の屈折力の測定値を取得する屈折力測定部と、光コヒーレンストモグラフィを用いて前記被検眼の眼底のデータを収集するデータ収集部と、正常眼の眼底における所定の層間距離を含む標準データをあらかじめ記憶する記憶部と、前記眼底のデータに基づいて前記所定の層間距離を算出する解析部と、前記解析部により算出された前記所定の層間距離と前記標準データとに基づいて前記眼底の異常度を表す異常度情報を生成する異常度情報生成部と、前記屈折力測定部により取得された前記屈折力の測定値と前記異常度情報とを表示手段の同一画面に表示させる表示制御部と、を含む眼科装置である。
【0010】
いくつかの実施形態の第2態様に係る眼科装置では、第1態様において、前記異常度情報生成部は、前記標準データと前記解析部により算出された前記所定の層間距離との差に対応した異常度情報を生成する。
【0011】
いくつかの実施形態の第3態様に係る眼科装置は、第1態様又は第2態様において、前記眼底のデータに基づいて前記眼底の断層像を形成する画像形成部を含み、前記表示制御部は、前記画像形成部により形成された前記断層像、前記屈折力の測定値、及び前記異常度情報を前記表示手段の同一画面に表示させる。
【0012】
いくつかの実施形態の第4態様に係る眼科装置では、第1態様〜第3態様のいずれかにおいて、前記所定の層間距離は、網膜色素上皮層と内境界膜との間の距離である。
【0013】
いくつかの実施形態の第5態様は、第1態様〜第4態様のいずれかにおいて、前記眼底のデータに基づいて前記眼底における浮腫を特定する浮腫特定部と、前記浮腫特定部により特定された前記浮腫の形態に応じて前記屈折力の測定値を補正する測定値補正部と、を含み、前記表示制御部は、前記測定値補正部により補正された測定値を前記表示手段に表示させる。
【0014】
いくつかの実施形態の第6態様は、被検眼の屈折力の測定値を取得する屈折力測定部と、光コヒーレンストモグラフィを用いて前記被検眼の眼底のデータを収集するデータ収集部と、前記眼底のデータに基づいて前記眼底における浮腫を特定する浮腫特定部と、前記浮腫特定部により特定された前記浮腫の形態に応じて前記屈折力の測定値を補正する測定値補正部と、前記測定値補正部により補正された測定値を表示手段に表示させる表示制御部と、を含む眼科装置である。
【0015】
いくつかの実施形態の第7態様に係る眼科装置では、第5態様又は第6態様において、前記測定値補正部は、黄斑部における眼軸長と前記浮腫特定部により特定された前記浮腫の部位における網膜色素上皮層から内境界膜までの距離と黄斑部網膜厚とに基づいて前記測定値を補正する。
【0016】
いくつかの実施形態の第8態様に係る眼科装置では、第5態様〜第7態様のいずれかにおいて、前記表示制御部は、前記屈折力測定部により取得された前記屈折力の測定値と前記測定値補正部により補正された測定値とを前記表示手段の同一画面に表示させる。
【0017】
いくつかの実施形態の第9態様は、光コヒーレンス元グラフィを用いて収集された被検眼の眼底のデータに基づいて前記眼底における所定の層間距離を算出する解析ステップと、前記解析ステップにおいて算出された前記所定の層間距離と正常眼の眼底における所定の層間距離を含む標準データとに基づいて前記眼底の異常度を表す異常度情報を生成する異常度情報生成ステップと、前記被検眼の屈折力の測定値と前記異常度情報とを表示手段の同一画面に表示させる表示制御ステップと、をコンピュータに実行させるための眼科情報処理プログラムである。
【0018】
いくつかの実施形態の第10態様に係る眼科情報処理プログラムでは、前記異常度情報生成ステップは、前記標準データと前記解析ステップにおいて算出された前記所定の層間距離との差に対応した異常度情報を生成する。
【0019】
いくつかの実施形態の第11態様に係る眼科情報処理プログラムは、前記眼底のデータに基づいて前記眼底の断層像を形成する画像形成ステップを含み、前記表示制御ステップは、前記画像形成ステップにおいて形成された前記断層像、前記屈折力の測定値、及び前記異常度情報を前記表示手段の同一画面に表示させる。
【0020】
いくつかの実施形態の第12態様に係る眼科情報処理プログラムでは、前記所定の層間距離は、網膜色素上皮層と内境界膜との間の距離である。
【0021】
いくつかの実施形態の第13態様に係る眼科情報処理プログラムは、前記眼底のデータに基づいて前記眼底における浮腫を特定する浮腫特定ステップと、前記浮腫特定ステップにおいて特定された前記浮腫の形態に応じて前記屈折力の測定値を補正する測定値補正ステップと、を含み、前記表示制御ステップは、前記測定値補正ステップにおいて補正された測定値を前記表示手段に表示させる。
【0022】
いくつかの実施形態の第14態様は、光コヒーレンストモグラフィを用いて収集された被検眼の眼底のデータに基づいて前記眼底における浮腫を特定する浮腫特定ステップと、前記浮腫特定ステップにおいて特定された前記浮腫の形態に応じて前記被検眼の屈折力の測定値を補正する測定値補正ステップと、前記測定値補正ステップにおいて補正された測定値を表示手段に表示させる表示制御ステップと、をコンピュータに実行させるための眼科情報処理プログラムである。
【0023】
いくつかの実施形態の第15態様では、第13態様又は第14態様において、前記測定値補正ステップは、黄斑部における眼軸長と前記浮腫特定ステップにおいて特定された前記浮腫の部位における網膜色素上皮層から内境界膜までの距離と黄斑部網膜厚とに基づいて前記測定値を補正する。
【0024】
いくつかの実施形態の第16態様では、第13態様〜第15態様のいずれかにおいて、前記表示制御ステップは、前記屈折力の測定値と前記測定値補正ステップにおいて補正された測定値とを前記表示手段の同一画面に表示させる。
【発明の効果】
【0025】
本発明によれば、自覚検査の結果が改善しない原因を特定するための新たな技術を提供することが可能になる。
【図面の簡単な説明】
【0026】
図1】実施形態に係る眼科装置の光学系の構成例を示す概略図である。
図2】実施形態に係る眼科装置の光学系の構成例を示す概略図である。
図3】実施形態に係る眼科装置の処理系を説明するための概略図である。
図4】実施形態に係る眼科装置の処理系を説明するための概略図である。
図5】実施形態に係る眼科装置の動作を説明するための概略図である。
図6A】実施形態に係る眼科装置の動作を説明するための概略図である。
図6B】実施形態に係る眼科装置の動作を説明するための概略図である。
図7】実施形態に係る眼科装置の動作例のフローを示す概略図である。
図8】実施形態に係る眼科装置の動作を説明するための概略図である。
図9】実施形態に係る眼科装置の動作を説明するための概略図である。
図10】実施形態の変形例に係る眼科装置の動作を説明するための概略図である。
【発明を実施するための形態】
【0027】
この発明に係る眼科装置、及び眼科情報処理プログラムの実施形態の例について、図面を参照しながら詳細に説明する。なお、この明細書において引用された文献の記載内容や任意の公知技術を、以下の実施形態に援用することが可能である。
【0028】
実施形態に係る眼科装置は、眼科情報処理装置の機能を有する。眼科情報処理装置の機能は、眼科情報処理プログラムに従って処理を実行するコンピュータにより実現される。眼科情報処理装置は、プロセッサと、眼科情報処理プログラムがあらかじめ記憶された記憶部とを備え、プロセッサが、記憶部から読み出された眼科情報処理プログラムに従って処理を実行することにより眼科情報処理装置の機能を実現する。
【0029】
実施形態に係る眼科装置は、屈折力測定(レフ測定)と、光コヒーレンストモグラフィ(Optical Coherence Tomography:以下、OCT)を用いた計測や撮影とを実行可能である。
【0030】
以下、実施形態では、OCTを用いた計測等においてスウェプトソースタイプのOCTの手法を用いる場合について特に詳しく説明するが、他のタイプ(例えば、スペクトラルドメインタイプ)のOCTを用いる眼科装置に対して、実施形態に係る構成を適用することも可能である。
【0031】
いくつかの実施形態に係る眼科装置は、更に、自覚検査を行うための自覚検査光学系や、その他の他覚測定を行うための他覚測定系を含む。
【0032】
自覚検査は、被検者からの応答を利用して情報を取得する測定手法である。自覚検査には、遠用検査、近用検査、コントラスト検査、グレア検査等の自覚屈折測定や、視野検査などがある。
【0033】
他覚測定は、被検者からの応答を参照することなく、主に物理的な手法を用いて被検眼に関する情報を取得する測定手法である。他覚測定には、被検眼の特性を取得するための測定と、被検眼の画像を取得するための撮影とが含まれる。その他の他覚測定には、ケラト測定、眼圧測定、眼底撮影等がある。
【0034】
以下、眼底共役位置は、アライメントが完了した状態での被検眼の眼底と光学的に略共役な位置であり、被検眼の眼底と光学的に共役な位置又はその近傍を意味するものとする。同様に、瞳孔共役位置は、アライメントが完了した状態での被検眼の瞳孔と光学的に略共役な位置であり、被検眼の瞳孔と光学的に共役な位置又はその近傍を意味するものとする。
【0035】
実施形態に係る眼科装置は、OCTを用いて取得された眼底における所定の層間距離と標準データ(正常眼データ)とに基づいて眼底の異常度を表す異常度情報を生成する。眼科装置は、屈折力測定により取得された被検眼の屈折力の測定値と、生成された異常度情報とを表示手段の同一画面に表示させる。いくつかの実施形態に係る眼科装置は、OCTを用いて眼底(例えば、黄斑部)における浮腫を特定し、特定された浮腫の形態に応じて被検眼の屈折力の測定値を補正し、補正された測定値を表示手段に表示させる。いくつかの実施形態では、上記の異常度情報に基づいて眼底の形態を詳細に観察する際に、補正された測定値が表示手段に表示される。いくつかの実施形態では、屈折力測定により得られた被検眼の屈折力の測定値と補正された測定値とが表示手段の同一画面に表示される。
【0036】
<光学系の構成>
図1に、実施形態に係る眼科装置の光学系の構成例を示す。実施形態に係る眼科装置1000は、被検眼Eを観察するための光学系と、被検眼Eを検査するための光学系と、これらの光学系の光路を波長分離するダイクロイックミラーとを含む。被検眼Eを観察するための光学系として、前眼部観察系5が設けられている。被検眼Eを検査するための光学系としてOCT光学系やレフ測定光学系(屈折力測定光学系)が設けられている。
【0037】
眼科装置1000は、Zアライメント系1、XYアライメント系2、ケラト測定系3、固視投影系4、前眼部観察系5、レフ測定投射系6、レフ測定受光系7、及びOCT光学系8を含む。以下では、例えば、前眼部観察系5が940nm〜1000nmの光を用い、レフ測定光学系(レフ測定投射系6、レフ測定受光系7)が830nm〜880nmの光を用い、固視投影系4が400nm〜700nmの光を用い、OCT光学系8が1000nm〜1100nmの光を用いるものとする。
【0038】
(前眼部観察系5)
前眼部観察系5は、被検眼Eの前眼部を動画撮影する。前眼部観察系5を経由する光学系において、撮像素子59の撮像面は瞳孔共役位置に配置されている。前眼部照明光源50は、被検眼Eの前眼部に照明光(例えば、赤外光)を照射する。被検眼Eの前眼部により反射された光は、対物レンズ51を通過し、ダイクロイックミラー52を透過し、絞り(テレセン絞り)53に形成された孔部を通過し、ハーフミラー23を透過し、リレーレンズ55及び56を通過し、ダイクロイックミラー76を透過する。ダイクロイックミラー52は、レフ測定光学系の光路と前眼部観察系5の光路とを合成(分離)する。ダイクロイックミラー52は、これらの光路を合成する光路合成面が対物レンズ51の光軸に対して傾斜して配置される。ダイクロイックミラー76を透過した光は、結像レンズ58により撮像素子59(エリアセンサー)の撮像面に結像される。撮像素子59は、所定のレートで撮像及び信号出力を行う。撮像素子59の出力(映像信号)は、後述の処理部9に入力される。処理部9は、この映像信号に基づく前眼部像E´を後述の表示部10の表示画面10aに表示させる。前眼部像E´は、例えば赤外動画像である。
【0039】
(Zアライメント系1)
Zアライメント系1は、前眼部観察系5の光軸方向(前後方向、Z方向)におけるアライメントを行うための光(赤外光)を被検眼Eに投射する。Zアライメント光源11から出力された光は、被検眼Eの角膜Crに投射され、角膜Crにより反射され、結像レンズ12によりラインセンサー13のセンサー面に結像される。角膜頂点の位置が前眼部観察系5の光軸方向に変化すると、ラインセンサー13のセンサー面における光の投射位置が変化する。処理部9は、ラインセンサー13のセンサー面における光の投射位置に基づいて被検眼Eの角膜頂点の位置を求め、これに基づき光学系を移動させる機構を制御してZアライメントを実行する。
【0040】
(XYアライメント系2)
XYアライメント系2は、前眼部観察系5の光軸に直交する方向(左右方向(X方向)、上下方向(Y方向))のアライメントを行うための光(赤外光)を被検眼Eに照射する。XYアライメント系2は、ハーフミラー23により前眼部観察系5の光路から分岐された光路に設けられたXYアライメント光源21とコリメータレンズ22とを含む。XYアライメント光源21から出力された光は、コリメータレンズ22を通過し、ハーフミラー23により反射され、前眼部観察系5を通じて被検眼Eに投射される。被検眼Eの角膜Crによる反射光は、前眼部観察系5を通じて撮像素子59に導かれる。
【0041】
この反射光に基づく像(輝点像)Brは前眼部像E´に含まれる。処理部9は、輝点像Brを含む前眼部像E´とアライメントマークALとを表示部の表示画面に表示させる。手動でXYアライメントを行う場合、ユーザは、アライメントマークAL内に輝点像Brを誘導するように光学系の移動操作を行う。自動でアライメントを行う場合、処理部9は、アライメントマークALに対する輝点像Brの変位がキャンセルされるように、光学系を移動させる機構を制御する。
【0042】
(ケラト測定系3)
ケラト測定系3は、被検眼Eの角膜Crの形状を測定するためのリング状光束(赤外光)を角膜Crに投射する。ケラト板31は、対物レンズ51と被検眼Eとの間に配置されている。ケラト板31の背面側(対物レンズ51側)にはケラトリング光源32が設けられている。ケラトリング光源32からの光でケラト板31を照明することにより、被検眼Eの角膜Crにリング状光束(円弧状又は円周状の測定パターン)が投射される。被検眼Eの角膜Crからの反射光(ケラトリング像)は撮像素子59により前眼部像E´とともに検出される。処理部9は、このケラトリング像を基に公知の演算を行うことで、角膜Crの形状を表す角膜形状パラメータを算出する。
【0043】
(レフ測定投射系6、レフ測定受光系7)
レフ測定光学系は、屈折力測定に用いられるレフ測定投射系6及びレフ測定受光系7を含む。レフ測定投射系6は、屈折力測定用の光束(例えば、リング状光束)(赤外光)を眼底Efに投射する。レフ測定受光系7は、この光束の被検眼Eからの戻り光を受光する。レフ測定投射系6は、レフ測定受光系7の光路に設けられた孔開きプリズム65によって分岐された光路に設けられる。孔開きプリズム65に形成されている孔部は、瞳孔共役位置に配置される。レフ測定受光系7を経由する光学系において、撮像素子59の撮像面は眼底共役位置に配置される。
【0044】
いくつかの実施形態では、レフ測定光源61は、高輝度光源であるSLD(Superluminescent Diode)光源である。レフ測定光源61は、光軸方向に移動可能である。レフ測定光源61は、眼底共役位置に配置される。レフ測定光源61から出力された光は、リレーレンズ62を通過し、円錐プリズム63の円錐面に入射する。円錐面に入射した光は偏向され、円錐プリズム63の底面から出射する。円錐プリズム63の底面から出射した光は、リング絞り64にリング状に形成された透光部を通過する。リング絞り64の透光部を通過した光(リング状光束)は、孔開きプリズム65の孔部の周囲に形成された反射面により反射され、ロータリープリズム66を通過し、ダイクロイックミラー67により反射される。ダイクロイックミラー67により反射された光は、ダイクロイックミラー52により反射され、対物レンズ51を通過し、被検眼Eに投射される。ロータリープリズム66は、眼底Efの血管や疾患部位に対するリング状光束の光量分布を平均化や光源に起因するスペックルノイズの低減のために用いられる。
【0045】
眼底Efに投射されたリング状光束の戻り光は、対物レンズ51を通過し、ダイクロイックミラー52及びダイクロイックミラー67により反射される。ダイクロイックミラー67により反射された戻り光は、ロータリープリズム66を通過し、孔開きプリズム65の孔部を通過し、リレーレンズ71を通過し、反射ミラー72により反射され、リレーレンズ73及び合焦レンズ74を通過する。合焦レンズ74は、レフ測定受光系7の光軸に沿って移動可能である。合焦レンズ74を通過した光は、反射ミラー75により反射され、ダイクロイックミラー76により反射され、結像レンズ58により撮像素子59の撮像面に結像される。処理部9は、撮像素子59からの出力を基に公知の演算を行うことで被検眼Eの屈折力値を算出する。例えば、屈折力値は、球面度数、乱視度数及び乱視軸角度、又は等価球面度数を含む。
【0046】
(固視投影系4)
ダイクロイックミラー67によりレフ測定光学系の光路から波長分離された光路に、後述のOCT光学系8が設けられる。ダイクロイックミラー83によりOCT光学系8の光路から分岐された光路に固視投影系4が設けられる。
【0047】
固視投影系4は、固視標を被検眼Eに呈示する。固視投影系4の光路には、固視ユニット40が配置されている。固視ユニット40は、後述の処理部9からの制御を受け、固視投影系4の光路に沿って移動可能である。固視ユニット40は、液晶パネル41を含む。
【0048】
処理部9による制御を受けた液晶パネル41は、固視標を表すパターンを表示する。液晶パネル41の画面上におけるパターンの表示位置を変更することにより、被検眼Eの固視位置を変更できる。被検眼Eの固視位置としては、眼底Efの黄斑部を中心とする画像を取得するための位置や、視神経乳頭を中心とする画像を取得するための位置や、黄斑部と視神経乳頭との間の眼底中心を中心とする画像を取得するための位置などがある。固視標を表すパターンの表示位置を任意に変更することが可能である。なお、液晶パネル41に代えて、フィルム等に視標等が印刷された透過型の視標チャートと、視標チャートを照明する照明用光源とが設けられていてもよい。
【0049】
液晶パネル41からの光は、リレーレンズ42を通過し、ダイクロイックミラー83を透過し、リレーレンズ82を通過し、反射ミラー81により反射され、ダイクロイックミラー67を透過し、ダイクロイックミラー52により反射される。ダイクロイックミラー52により反射された光は、対物レンズ51を通過して眼底Efに投射される。いくつかの実施形態では、液晶パネル41及びリレーレンズ42のそれぞれは、独立に光軸方向に移動可能である。
【0050】
(OCT光学系8)
OCT光学系8は、OCT計測を行うための光学系である。OCT計測よりも前に実施されたレフ測定結果に基づいて、光ファイバーf1の端面が撮影部位(眼底Ef又は前眼部)と光学系に共役となるように合焦レンズ87の位置が調整される。
【0051】
OCT光学系8は、ダイクロイックミラー67によりレフ測定光学系の光路から波長分離された光路に設けられる。上記の固視投影系4の光路は、ダイクロイックミラー83によりOCT光学系8の光路に結合される。それにより、OCT光学系8及び固視投影系4のそれぞれの光軸を同軸で結合することができる。
【0052】
OCT光学系8は、OCTユニット100を含む。図2に示すように、OCTユニット100において、OCT光源101は、一般的なスウェプトソースタイプのOCT装置と同様に、出射光の波長を掃引(走査)可能な波長掃引型(波長走査型)光源を含んで構成される。波長掃引型光源は、共振器を含むレーザー光源を含んで構成される。OCT光源101は、人眼では視認できない近赤外の波長帯において、出力波長を時間的に変化させる。
【0053】
図2に例示するように、OCTユニット100には、スウェプトソースOCTを実行するための光学系が設けられている。この光学系は、干渉光学系を含む。この干渉光学系は、波長可変光源(波長掃引型光源)からの光を測定光と参照光とに分割する機能と、被検眼Eからの測定光の戻り光と参照光路を経由した参照光とを重ね合わせて干渉光を生成する機能と、この干渉光を検出する機能とを備える。干渉光学系により得られた干渉光の検出結果(検出信号)は、干渉光のスペクトルを示す信号であり、処理部9に送られる。
【0054】
OCT光源101は、例えば、出射光の波長(1000nm〜1100nmの波長範囲)を高速で変化させる近赤外波長可変レーザーを含む。OCT光源101から出力された光L0は、光ファイバー102により偏波コントローラ103に導かれてその偏光状態が調整される。偏光状態が調整された光L0は、光ファイバー104によりファイバーカプラー105に導かれて測定光LSと参照光LRとに分割される。
【0055】
参照光LRは、光ファイバー110によりコリメータ111に導かれて平行光束に変換され、光路長補正部材112及び分散補償部材113を経由し、コーナーキューブ114に導かれる。光路長補正部材112は、参照光LRの光路長と測定光LSの光路長とを合わせるよう作用する。分散補償部材113は、参照光LRと測定光LSとの間の分散特性を合わせるよう作用する。コーナーキューブ114は、参照光LRの入射方向に移動可能であり、それにより参照光LRの光路長が変更される。
【0056】
コーナーキューブ114を経由した参照光LRは、分散補償部材113及び光路長補正部材112を経由し、コリメータ116によって平行光束から集束光束に変換され、光ファイバー117に入射する。光ファイバー117に入射した参照光LRは、偏波コントローラ118に導かれてその偏光状態が調整され、光ファイバー119によりアッテネータ120に導かれて光量が調整され、光ファイバー121によりファイバーカプラー122に導かれる。
【0057】
一方、ファイバーカプラー105により生成された測定光LSは、光ファイバーf1により導かれてコリメータレンズユニット89により平行光束に変換され、光スキャナー88、合焦レンズ87、リレーレンズ85、及び反射ミラー84を経由し、ダイクロイックミラー83により反射される。
【0058】
光スキャナー88は、測定光LSを1次元的又は2次元的に偏向する。光スキャナー88は、例えば、第1ガルバノミラーと、第2ガルバノミラーとを含む。第1ガルバノミラーは、OCT光学系8の光軸に直交する水平方向に撮影部位(眼底Ef又は前眼部)をスキャンするように測定光LSを偏向する。第2ガルバノミラーは、OCT光学系8の光軸に直交する垂直方向に撮影部位をスキャンするように、第1ガルバノミラーにより偏向された測定光LSを偏向する。このような光スキャナー88による測定光LSの走査態様としては、例えば、水平スキャン、垂直スキャン、十字スキャン、放射スキャン、円スキャン、同心円スキャン、螺旋スキャンなどがある。
【0059】
ダイクロイックミラー83により反射された測定光LSは、リレーレンズ82を通過し、反射ミラー81により反射され、ダイクロイックミラー67を透過し、ダイクロイックミラー52により反射され、対物レンズ51により屈折されて被検眼Eに入射する。測定光LSは、被検眼Eの様々な深さ位置において散乱・反射される。被検眼Eからの測定光LSの戻り光は、往路と同じ経路を逆向きに進行してファイバーカプラー105に導かれ、光ファイバー128を経由してファイバーカプラー122に到達する。
【0060】
ファイバーカプラー122は、光ファイバー128を介して入射された測定光LSと、光ファイバー121を介して入射された参照光LRとを合成して(干渉させて)干渉光を生成する。ファイバーカプラー122は、所定の分岐比(例えば1:1)で干渉光を分岐することにより、一対の干渉光LCを生成する。一対の干渉光LCは、それぞれ光ファイバー123及び124を通じて検出器125に導かれる。
【0061】
検出器125は、例えばバランスドフォトダイオードである。バランスドフォトダイオードは、一対の干渉光LCをそれぞれ検出する一対のフォトディテクタを含み、これらフォトディテクタにより得られた一対の検出結果の差分を出力する。検出器125は、この出力(検出信号)をDAQ(Data Acquisition System)130に送る。
【0062】
DAQ130には、OCT光源101からクロックKCが供給される。クロックKCは、OCT光源101において、波長可変光源により所定の波長範囲内で掃引される各波長の出力タイミングに同期して生成される。OCT光源101は、例えば、各出力波長の光L0を分岐することにより得られた2つの分岐光の一方を光学的に遅延させた後、これらの合成光を検出した結果に基づいてクロックKCを生成する。DAQ130は、検出器125から入力される検出信号をクロックKCに基づきサンプリングする。DAQ130は、検出器125からの検出信号のサンプリング結果を処理部9の演算処理部220に送られる。演算処理部220は、例えば一連の波長走査毎に(Aライン毎に)、サンプリングデータに基づくスペクトル分布にフーリエ変換等を施すことにより、各Aラインにおける反射強度プロファイルを形成する。更に、演算処理部220は、各Aラインの反射強度プロファイルを画像化することにより画像データを形成する。
【0063】
本例では、参照光LRの光路(参照光路、参照アーム)の長さを変更するためのコーナーキューブ114が設けられているが、これら以外の光学部材を用いて、測定光路長と参照光路長との差を変更することも可能である。
【0064】
処理部9は、レフ測定光学系を用いて得られた測定結果から屈折力値を算出し、算出された屈折力値に基づいて、眼底Efとレフ測定光源61と撮像素子59とが共役となる位置に、レフ測定光源61及び合焦レンズ74それぞれを光軸方向に移動させる。いくつかの実施形態では、処理部9は、合焦レンズ74の移動に連動してOCT光学系8の合焦レンズ87をその光軸方向に移動させる。いくつかの実施形態では、処理部9は、レフ測定光源61及び合焦レンズ74の移動に連動して液晶パネル41(固視ユニット40)をその光軸方向に移動させる。
【0065】
<処理系の構成>
眼科装置1000の処理系の構成について説明する。眼科装置1000の処理系の機能的構成の例を図3及び図4に示す。図3は、眼科装置1000の処理系の機能ブロック図の一例を表す。図4は、データ処理部223の機能ブロック図の一例を表す。
【0066】
処理部9は、眼科装置1000の各部を制御する。また、処理部9は、各種演算処理を実行可能である。処理部9は、プロセッサを含む。プロセッサの機能は、例えば、CPU(Central Processing Unit)、GPU(Graphics Processing Unit)、ASIC(Application Specific Integrated Circuit)、プログラマブル論理デバイス(例えば、SPLD(Simple Programmable Logic Device)、CPLD(Complex Programmable Logic Device)、FPGA(Field Programmable Gate Array))等の回路により実現される。処理部9は、例えば、記憶回路や記憶装置に格納されているプログラムを読み出し実行することで、実施形態に係る機能を実現する。
【0067】
処理部9は、実施形態に係る「眼科情報処理装置」の一例である。すなわち、処理部9の機能を実現するためのプログラムは、実施形態に係る「眼科情報処理プログラム」の一例である。
【0068】
処理部9は、制御部210と、演算処理部220とを含む。また、眼科装置1000は、移動機構200と、表示部270と、操作部280と、通信部290とを含む。
【0069】
移動機構200は、Zアライメント系1、XYアライメント系2、ケラト測定系3、固視投影系4、前眼部観察系5、レフ測定投射系6、レフ測定受光系7及びOCT光学系8等の光学系が収納されたヘッド部を前後左右方向に移動させるための機構である。例えば、移動機構200には、ヘッド部を移動するための駆動力を発生するアクチュエータと、この駆動力を伝達する伝達機構とが設けられる。アクチュエータは、例えばパルスモータにより構成される。伝達機構は、例えば歯車の組み合わせやラック・アンド・ピニオンなどによって構成される。制御部210(主制御部211)は、アクチュエータに対して制御信号を送ることにより移動機構200に対する制御を行う。
【0070】
(制御部210)
制御部210は、プロセッサを含み、眼科装置の各部を制御する。制御部210は、主制御部211と、記憶部212とを含む。記憶部212には、眼科装置を制御するためのコンピュータプログラムがあらかじめ格納される。コンピュータプログラムには、光源制御用プログラム、検出器制御用プログラム、光スキャナー制御用プログラム、光学系制御用プログラム、演算処理用プログラム及びユーザインターフェイス用プログラムなどが含まれる。このようなコンピュータプログラムに従って主制御部211が動作することにより、制御部210は制御処理を実行する。
【0071】
主制御部211は、測定制御部として眼科装置の各種制御を行う。Zアライメント系1に対する制御には、Zアライメント光源11の制御、ラインセンサー13の制御などがある。Zアライメント光源11の制御には、光源の点灯、消灯、光量調整、絞り調整などがある。ラインセンサー13の制御には、検出素子の露光調整やゲイン調整や検出レート調整などがある。それにより、Zアライメント光源11の点灯と非点灯とが切り替えられたり、光量が変更されたりする。主制御部211は、ラインセンサー13により検出された信号を取り込み、取り込まれた信号に基づいてラインセンサー13に対する光の投影位置を特定する。主制御部211は、特定された投影位置に基づいて被検眼Eの角膜頂点の位置を求め、これに基づき移動機構200を制御してヘッド部を前後方向に移動させる(Zアライメント)。
【0072】
XYアライメント系2に対する制御には、XYアライメント光源21の制御などがある。XYアライメント光源21の制御には、光源の点灯、消灯、光量調整、絞り調整などがある。それにより、XYアライメント光源21の点灯と非点灯とが切り替えられたり、光量が変更されたりする。主制御部211は、撮像素子59により検出された信号を取り込み、取り込まれた信号に基づいてXYアライメント光源21からの光の戻り光に基づく輝点像の位置を特定する。主制御部211は、所定の目標位置(例えば、アライメントマークALの中心位置)に対する輝点像Brの位置との変位がキャンセルされるように移動機構200を制御してヘッド部を左右上下方向に移動させる(XYアライメント)。
【0073】
ケラト測定系3に対する制御には、ケラトリング光源32の制御などがある。ケラトリング光源32の制御には、光源の点灯、消灯、光量調整、絞り調整などがある。それにより、ケラトリング光源32の点灯と非点灯とが切り替えられたり、光量が変更されたりする。主制御部211は、撮像素子59により検出されたケラトリング像に対する公知の演算を演算処理部220に実行させる。それにより、被検眼Eの角膜形状パラメータが求められる。
【0074】
固視投影系4に対する制御には、液晶パネル41の制御や固視ユニット40の移動制御などがある。液晶パネル41の制御には、固視標の表示のオン・オフや、固視標の表示位置の切り替えなどがある。
【0075】
例えば、固視投影系4には、液晶パネル41(又は固視ユニット40)を光軸方向に移動する移動機構が設けられる。この移動機構には、移動機構200と同様に、当該移動機構を移動するための駆動力を発生するアクチュエータと、この駆動力を伝達する伝達機構とが設けられる。主制御部211は、アクチュエータに対して制御信号を送ることにより移動機構に対する制御を行い、少なくとも液晶パネル41を光軸方向に移動させる。それにより、液晶パネル41と眼底Efとが光学的に共役となるように液晶パネル41の位置が調整される。
【0076】
前眼部観察系5に対する制御には、前眼部照明光源50の制御、撮像素子59の制御などがある。前眼部照明光源50の制御には、光源の点灯、消灯、光量調整、絞り調整などがある。それにより、前眼部照明光源50の点灯と非点灯とが切り替えられたり、光量が変更されたりする。撮像素子59の制御には、撮像素子59の露光調整やゲイン調整や検出レート調整などがある。主制御部211は、撮像素子59により検出された信号を取り込み、取り込まれた信号に基づく画像の形成等の処理を演算処理部220に実行させる。
【0077】
レフ測定投射系6に対する制御には、レフ測定光源61の制御、ロータリープリズム66の制御などがある。レフ測定光源61の制御には、光源の点灯、消灯、光量調整、絞り調整などがある。それにより、レフ測定光源61の点灯と非点灯とが切り替えられたり、光量が変更されたりする。例えば、レフ測定投射系6は、レフ測定光源61を光軸方向に移動する移動機構を含む。この移動機構には、移動機構200と同様に、当該移動機構を移動するための駆動力を発生するアクチュエータと、この駆動力を伝達する伝達機構とが設けられる。主制御部211は、アクチュエータに対して制御信号を送ることにより移動機構に対する制御を行い、レフ測定光源61を光軸方向に移動させる。ロータリープリズム66の制御には、ロータリープリズム66の回転制御などがある。例えば、ロータリープリズム66を回転させる回転機構が設けられており、主制御部211は、この回転機構を制御することによりロータリープリズム66を回転させる。
【0078】
レフ測定受光系7に対する制御には、合焦レンズ74の制御などがある。合焦レンズ74の制御には、合焦レンズ74の光軸方向への移動制御などがある。例えば、レフ測定受光系7は、合焦レンズ74を光軸方向に移動する移動機構を含む。この移動機構には、移動機構200と同様に、当該移動機構を移動するための駆動力を発生するアクチュエータと、この駆動力を伝達する伝達機構とが設けられる。主制御部211は、アクチュエータに対して制御信号を送ることにより移動機構に対する制御を行い、合焦レンズ74を光軸方向に移動させる。主制御部211は、レフ測定光源61と眼底Efと撮像素子59とが光学的に共役となるように、例えば被検眼Eの屈折力に応じてレフ測定光源61及び合焦レンズ74をそれぞれ光軸方向に移動させることが可能である。
【0079】
OCT光学系8に対する制御には、OCT光源101の制御、光スキャナー88の制御、合焦レンズ87の制御、コーナーキューブ114の制御、検出器125の制御、DAQ130の制御などがある。OCT光源101の制御には、光源の点灯、消灯、光量調整、絞り調整などがある。光スキャナー88の制御には、第1ガルバノミラーによる走査位置や走査範囲や走査速度の制御、第2ガルバノミラーによる走査位置や走査範囲や走査速度の制御などがある。
【0080】
合焦レンズ87の制御には、合焦レンズ87の光軸方向への移動制御、撮影部位に対応した合焦基準位置への合焦レンズ87の移動制御、撮影部位に対応した移動範囲(合焦範囲)内での移動制御などがある。例えば、OCT光学系8は、合焦レンズ87を光軸方向に移動する移動機構を含む。この移動機構には、移動機構200と同様に、当該移動機構を移動するための駆動力を発生するアクチュエータと、この駆動力を伝達する伝達機構とが設けられる。主制御部211は、アクチュエータに対して制御信号を送ることにより移動機構に対する制御を行い、合焦レンズ87を光軸方向に移動させる。いくつかの実施形態では、眼科装置には、合焦レンズ74及び87を保持する保持部材と、保持部材を駆動する駆動部が設けられる。主制御部211は、駆動部を制御することにより合焦レンズ74及び87の移動制御を行う。主制御部211は、例えば、合焦レンズ74の移動に連動して合焦レンズ87を移動させた後、干渉信号の強度に基づいて合焦レンズ87だけを移動させるようにしてもよい。
【0081】
コーナーキューブ114の制御には、コーナーキューブ114の光路に沿った移動制御などがある。例えば、OCT光学系8は、コーナーキューブ114を光路に沿った方向に移動する移動機構を含む。この移動機構には、移動機構200と同様に、当該移動機構を移動するための駆動力を発生するアクチュエータと、この駆動力を伝達する伝達機構とが設けられる。主制御部211は、アクチュエータに対して制御信号を送ることにより移動機構に対する制御を行い、コーナーキューブ114を光路に沿った方向に移動させる。検出器125の制御には、検出素子の露光調整やゲイン調整や検出レート調整などがある。主制御部211は、検出器125により検出された信号をDAQ130によりサンプリングし、サンプリングされた信号に基づく画像の形成等の処理を演算処理部220(画像形成部222)に実行させる。
【0082】
また、主制御部211は、表示制御部として、眼屈折力算出部221により算出された屈折力の測定値、画像形成部222により形成された断層像、後述のデータ処理部223の処理結果に対応した情報を表示部270に表示させる。データ処理部223の処理結果として、眼内距離算出部231により算出された眼内距離、解析部232により生成された異常度情報、測定値補正部233により補正された屈折力の測定値などがある。
【0083】
更に、主制御部211は、記憶部212にデータを書き込む処理や、記憶部212からデータを読み出す処理を行う。
【0084】
(記憶部212)
記憶部212は、各種のデータを記憶する。記憶部212に記憶されるデータとしては、例えば他覚測定の測定結果、OCT計測の計測結果、断層像の画像データ、前眼部像の画像データ、被検眼情報、標準データなどがある。被検眼情報は、左眼/右眼の識別情報などの被検眼に関する情報を含む。
【0085】
標準データは、多数の正常眼の測定データから統計的に導出され、正常眼データ(ノーマティブデータ)などと呼ばれる。標準データは、正常眼における眼内距離や、眼底の所定の層間距離を含む。眼内距離には、眼軸長(角膜頂点から内境界膜までの距離)、角膜厚、前房深度、水晶体厚、硝子体腔長、網膜厚、脈絡膜厚などがある。眼底の所定の層間距離には、黄斑部網膜厚(Retinal Thickness)や、内境界膜(Inner Limiting Membrane)、神経繊維層、神経節細胞層、内網状層、内顆粒層、外網状層、外顆粒層、外境界膜、視細胞層、網膜色素上皮層(Retinal Pigment Epithelium)などの任意の2つの層間距離などがある。黄斑部網膜厚は、黄斑部(例えば、中心窩から所定範囲内の位置)における内境界膜と網膜色素上皮層との間の距離である。
【0086】
また、記憶部212には、眼科装置を動作させるための各種プログラムやデータが記憶されている。
【0087】
(演算処理部220)
演算処理部220は、眼屈折力算出部221と、画像形成部222と、データ処理部223とを含む。
【0088】
(眼屈折力算出部221)
眼屈折力算出部221は、レフ測定投射系6により眼底Efに投影されたリング状光束(リング状の測定パターン)の戻り光を撮像素子59が受光することにより得られたリング像(パターン像)を解析する。例えば、眼屈折力算出部221は、得られたリング像が描出された画像における輝度分布からリング像の重心位置を求め、この重心位置から放射状に延びる複数の走査方向に沿った輝度分布を求め、この輝度分布からリング像を特定する。続いて、眼屈折力算出部221は、特定されたリング像の近似楕円を求め、この近似楕円の長径及び短径を公知の式に代入することによって球面度数、乱視度数及び乱視軸角度(屈折力値)を求める。或いは、眼屈折力算出部221は、基準パターンに対するリング像の変形及び変位に基づいて眼屈折力のパラメータを求めることができる。
【0089】
眼屈折力算出部221は、レフ測定投射系6により眼底Efに投射される光(近赤外光)の波長領域と自覚検査で用いられる光(可視光)の波長領域との差に基づいて屈折力値(屈折力の測定値)を求めることが可能である。自覚検査では可視光が網膜表面(具体的には内境界膜)付近で得られる像が認識されて例えばランドルト環などの向きを判断することになるが、屈折力測定では網膜色素上皮層からの反射光が検出される。角膜から内境界膜までの屈折力をαとし、角膜から網膜色素上皮層までの屈折力をβとし、上記の波長領域の差に対応した補正値をγとすると、網膜に疾患がない眼に対し、屈折力の測定値と自覚検査の検査値との差を表す(α−β−γ)が0になるように補正値γが求められる。眼屈折力算出部221は、上記のように求められた屈折力値に補正値γを加算することにより被検眼Eの屈折力の測定値を求める。
【0090】
また、眼屈折力算出部221は、前眼部観察系5により取得されたケラトリング像に基づいて、角膜屈折力、角膜乱視度及び角膜乱視軸角度を算出する。例えば、眼屈折力算出部221は、ケラトリング像を解析することにより角膜前面の強主経線や弱主経線の角膜曲率半径を算出し、角膜曲率半径に基づいて上記パラメータを算出する。
【0091】
(画像形成部222)
画像形成部222は、検出器115により検出された信号に基づいて、眼底Efの断層像の画像データを形成する。すなわち、画像形成部222は、干渉光学系による干渉光LCの検出結果に基づいて被検眼Eの画像データを形成する。この処理には、従来のスペクトラルドメインタイプのOCTと同様に、フィルター処理、FFT(Fast Fourier Transform)などの処理が含まれている。このようにして取得される画像データは、複数のAライン(被検眼E内における各測定光LSの経路)における反射強度プロファイルを画像化することにより形成された一群の画像データを含むデータセットである。
【0092】
画質を向上させるために、同じパターンでのスキャンを複数回繰り返して収集された複数のデータセットを重ね合わせる(加算平均する)ことができる。
【0093】
(データ処理部223)
データ処理部223は、画像形成部222により形成された断層像に対して各種のデータ処理(画像処理)や解析処理を施す。例えば、データ処理部223は、画像の輝度補正や分散補正等の補正処理を実行する。また、データ処理部223は、前眼部観察系5を用い得られた画像(前眼部像等)に対して各種の画像処理や解析処理を施す。
【0094】
データ処理部223は、断層像の間の画素を補間する補間処理などの公知の画像処理を実行することにより、被検眼Eのボリュームデータ(ボクセルデータ)を形成することができる。ボリュームデータに基づく画像を表示させる場合、データ処理部223は、このボリュームデータに対してレンダリング処理を施して、特定の視線方向から見たときの擬似的な3次元画像を形成する。
【0095】
データ処理部223は、眼内距離算出部231と、解析部232と、測定値補正部233とを含む。
【0096】
(眼内距離算出部231)
眼内距離算出部231は、OCT光学系8により得られた干渉光LCの検出結果に基づいて被検眼Eにおける1以上の眼内距離を求める。1以上の眼内距離は、眼軸長(角膜頂点から内境界膜までの距離)を含む。いくつかの実施形態では、眼内距離算出部231は、OCT光学系8による3Dスキャンにより得られたデータに基づいて1以上の眼内距離を求める。いくつかの実施形態では、眼内距離算出部231は、OCT光学系8により得られた干渉光LCの検出結果を解析することにより眼内の所定部位に相当する干渉光の検出結果(干渉信号)のピーク位置を特定し、特定されたピーク位置間の距離に基づいて上記の眼内距離を求める。いくつかの実施形態に係る眼内距離算出部231は、更に、角膜厚、前房深度、水晶体厚、硝子体腔長、網膜厚、脈絡膜厚などを求める。
【0097】
(解析部232)
解析部232は、OCT光学系8により得られた干渉光LCの検出結果に基づいて眼底における所定の層間距離を求め、求められた層間距離と標準データとに基づいて眼底の異常度を表す異常度情報を生成する。解析部232は、層領域特定部232Aと、浮腫特定部232Bと、層厚算出部232Cと、比較部232Dと、異常度情報生成部232Eとを含む。
【0098】
(層領域特定部232A)
層領域特定部232Aは、OCT光学系8により得られた干渉光LCの検出結果に基づいて眼底Efの所定の層組織に相当する層領域を特定する。いくつかの実施形態では、層領域特定部232Aは、OCT光学系8による3Dスキャンにより収集された3次元データを解析することにより、眼底Efの所定の層組織に相当する層領域を特定する。いくつかの実施形態では、層領域特定部232Aは、OCT光学系8により得られた干渉光LCの検出結果に基づいて画像形成部222により形成された眼底Efの断層像に対してセグメンテーション処理を施すことにより所定の層組織に相当する層領域を特定する。セグメンテーションは、一般に、OCT画像(2次元断層像、3次元画像など)の輝度値に基づき行われる。眼底Efの層組織はそれぞれ特徴的な反射率を有し、その層組織の画像領域も特徴的な輝度値を有する。セグメンテーションにおいては、そのような特徴的な輝度値に基づいて目的の画像領域が特定される。
【0099】
層領域特定部232Aは、内境界膜(Inner Limiting Membrane)、神経繊維層、神経節細胞層、内網状層、内顆粒層、外網状層、外顆粒層、外境界膜、視細胞層、網膜色素上皮層(Retinal Pigment Epithelium)など特定することが可能である。
【0100】
(浮腫特定部232B)
浮腫特定部232Bは、OCT光学系8により得られた干渉光LCの検出結果に基づいて眼底Ef(特に、黄斑部)における浮腫を特定する。浮腫特定部232Bは、眼底Efにおける浮腫の位置や形態(外形、形状)を特定することが可能である。浮腫特定部232Bは、OCT光学系8により得られた干渉光LCの検出結果に基づいて眼底Efにおける浮腫を特定する。浮腫特定部232Bは、層領域特定部232Aにより特定された内境界膜と網膜色素上皮層との間の距離に基づいて浮腫を特定することが可能である。いくつかの実施形態では、浮腫特定部232Bは、層領域特定部232Aにより特定された内境界膜と網膜色素上皮層との間のBスキャン方向の距離の変化に基づいて浮腫を特定する。いくつかの実施形態では、浮腫特定部232Bは、OCT光学系8による3Dスキャンにより収集された3次元データを解析することにより、眼底Efにおける浮腫を特定する。いくつかの実施形態では、浮腫特定部232Bは、OCT光学系8により得られた干渉光LCの検出結果に基づいて画像形成部222により形成された眼底Efの断層像に対してセグメンテーション処理を施すことにより浮腫を特定する。
【0101】
(層厚算出部232C)
層厚算出部232Cは、層領域特定部232Aにより特定された層領域の厚さ(層間距離)等を算出する。層厚算出部232Cは、層領域特定部232Aにより特定された層領域の複数の位置において厚さを算出し、これらの統計値(平均値、中央値など)を出力することが可能である。層領域の厚さは、例えば、層領域の上面(眼底表面側の面)と下面(眼底深部側の面)との間の距離として計測される。この距離は、例えばZ方向に沿って計測される。
【0102】
層厚算出部232Cは、少なくとも黄斑部網膜厚、及び黄斑部における浮腫の高さを求めることが可能である。黄斑部網膜厚や黄斑部における浮腫の高さは、黄斑部における代表位置におけるAスキャン結果から求められたり、黄斑部における2以上の位置におけるAスキャン結果から求められた値の平均値として求められたりする。
【0103】
(比較部232D)
比較部232Dは、層厚算出部232Cにより算出された層領域の厚さと、記憶部212に格納されている標準データとを比較する。また、標準データに眼内の複数の位置における層領域の厚さが含まれる場合、比較部232Dは、位置毎に層厚算出部232Cにより算出された層領域の厚さと、記憶部212に格納されている標準データとを比較し、各位置に対応対応づけて比較結果を記憶部212に保存することが可能である。
【0104】
(異常度情報生成部232E)
異常度情報生成部232Eは、比較部232Dにより得られた比較結果に基づいて、網膜(眼底)の異常度を表す網膜インデックス(異常度情報)を生成する。網膜インデックスは、網膜の異常なし、網膜の異常あり、網膜の異常の度合いを表す情報である。
【0105】
図5に、実施形態に係る網膜インデックスの一例を模式的に示す。
【0106】
異常度情報生成部232Eは、標準データと層厚算出部232Cにより算出された層領域の厚さとの差に応じて網膜インデックスを算出する。異常度情報生成部232Eは、標準データと算出された黄斑部網膜厚との差が所定の閾値以下のとき、網膜に異常がないことを表す「10」を網膜インデックスとして出力する。異常度情報生成部232Eは、標準データと算出された黄斑部網膜厚との差が所定の閾値より大きいとき、網膜に異常があることを表す「1」〜「9」のいずれかを網膜インデックスとして出力する。異常度情報生成部232Eは、標準データと算出された黄斑部網膜厚との差が大きくなるほど数値が段階的に小さくなるように網膜インデックスを出力することが可能である。
【0107】
(測定値補正部233)
測定値補正部233は、浮腫特定部232Bにより特定された浮腫の形態に応じて、眼屈折力算出部221により算出された被検眼Eの屈折力の測定値を補正する。具体的には、測定値補正部233は、黄斑部における浮腫の高さに応じて、眼屈折力算出部221により算出された被検眼Eの屈折力の測定値を補正する。いくつかの実施形態では、測定値補正部233は、浮腫特定部232Bにより浮腫が特定されたとき、特定された浮腫の高さに応じて被検眼Eの屈折力の測定値を補正する。
【0108】
図6A及び図6Bに、実施形態に係る測定値補正部233の動作説明図を示す。図6Aは、眼屈折力算出部221により算出される被検眼Eの屈折力値の説明図を表す。図6Bは、測定値補正部233により補正される被検眼Eの屈折力値の補正値の説明図を表す。図6A及び図6は、眼底Efの断層構造を模式的に表したものである。
【0109】
上記のように、眼屈折力算出部221は、網膜色素上皮層RPEにより反射される近赤外光に基づいて屈折力値を求める。自覚検査値は可視光が内境界膜ILM付近で得られる像が認識されることにより得られるため、眼屈折力算出部221は、上記のように求められた屈折力値に対し、黄斑部における内境界膜ILMと網膜色素上皮層RPEとの間の距離(黄斑部網膜厚RT)に対応した補正値γを適用した値を屈折力値の測定値として出力する。
【0110】
これに対して、測定値補正部233は、図6Aに示すように補正値γを適用して得られた測定値に対し、黄斑部における浮腫の高さに対応した補正値γ1を更に適用する。
【0111】
具体的には、測定値補正部233は、図6Bに示すように、黄斑部における浮腫の高さMETを考慮して、上記の測定値を補正する。角膜頂点から内境界膜までの距離である眼軸長をALILMとし、黄斑部網膜厚をRTとし、黄斑部における浮腫の高さをMET(Macular Edema Thickness)とし、眼内換算屈折率をnとすると、補正値γ1は、下記の式で表される。
【0112】
【数1】
【0113】
補正値γ1は、式(1)に示すように測定値から決定されてもよいが、一定値const、又は屈折度数の関数を用いて決定されてもよい。いくつかの実施形態では、一定値constは、下記の式で表される。
【0114】
【数2】
【0115】
この場合、補正値γ1は、下記の式で表される。
【0116】
【数3】
【0117】
測定値補正部233は、眼屈折力算出部221により求められた屈折力の測定値に、式(1)又は式(3)に示す補正値γ1を加算することにより被検眼Eの屈折力の測定値を補正する。
【0118】
(表示部270、操作部280)
表示部270は、ユーザインターフェイス部として、制御部210による制御を受けて情報を表示する。表示部270は、図1などに示す表示部10を含む。
【0119】
操作部280は、ユーザインターフェイス部として、眼科装置を操作するために使用される。操作部280は、眼科装置に設けられた各種のハードウェアキー(ジョイスティック、ボタン、スイッチなど)を含む。また、操作部280は、タッチパネル式の表示画面10aに表示される各種のソフトウェアキー(ボタン、アイコン、メニューなど)を含んでもよい。
【0120】
表示部270及び操作部280の少なくとも一部が一体的に構成されていてもよい。その典型例として、タッチパネル式の表示画面10aがある。
【0121】
(通信部290)
通信部290は、図示しない外部装置と通信するための機能を有する。通信部290は、外部装置との接続形態に応じた通信インターフェイスを備える。外部装置の例として、レンズの光学特性を測定するための眼鏡レンズ測定装置がある。眼鏡レンズ測定装置は、被検者が装用する眼鏡レンズの度数などを測定し、この測定データを眼科装置1000に入力する。また、外部装置は、任意の眼科装置、記録媒体から情報を読み取る装置(リーダ)や、記録媒体に情報を書き込む装置(ライタ)などでもよい。更に、外部装置は、病院情報システム(HIS)サーバ、DICOM(Digital Imaging and COmmunication in Medicine)サーバ、医師端末、モバイル端末、個人端末、クラウドサーバなどでもよい。通信部290は、例えば処理部9に設けられていてもよい。
【0122】
レフ測定光学系(レフ測定投射系6及びレフ測定受光系7)及び眼屈折力算出部221は、実施形態に係る「屈折力測定部」の一例である。OCT光学系8は、実施形態に係る「データ収集部」の一例である。制御部210(主制御部211)は、「表示制御部」の一例である。
【0123】
<動作例>
実施形態に係る眼科装置1000の動作について説明する。
【0124】
図7に、眼科装置1000の動作の一例を示す。図7は、眼科装置1000の動作例のフロー図を表す。記憶部212には、図7に示す処理を実現するためのコンピュータプログラムが記憶されている。主制御部211は、このコンピュータプログラムに従って動作することにより、図7に示す処理を実行する。ここでは、被検者の情報が記憶部212にあらかじめ保存されているものとする。
【0125】
(S1:アライメント)
図示しない顔受け部に被検者の顔が固定された状態で、検者が操作部280に対して所定の操作を行うことで、眼科装置1000は、アライメントを実行する。
【0126】
具体的には、主制御部211は、Zアライメント光源11やXYアライメント光源21を点灯させる。また、主制御部211は、前眼部照明光源50を点灯させる。処理部9は、撮像素子59の撮像面上の前眼部像の撮像信号を取得し、表示部270に前眼部像を表示させる。その後、図1に示す光学系が被検眼Eの検査位置に移動される。検査位置とは、被検眼Eの検査を十分な精度内で行うことが可能な位置である。前述のアライメント(Zアライメント系1及びXYアライメント系2と前眼部観察系5とによるアライメント)を介して被検眼Eが検査位置に配置される。光学系の移動は、ユーザによる操作若しくは指示又は制御部210による指示にしたがって、制御部210によって実行される。すなわち、被検眼Eの検査位置への光学系の移動と、他覚測定を行うための準備とが行われる。
【0127】
また、主制御部211は、レフ測定光源61と、合焦レンズ74と、固視ユニット40(液晶パネル41)をそれぞれの光軸に沿って原点の位置(例えば、0Dに相当する位置)に移動させる。
【0128】
なお、ステップS1におけるアライメントが完了した後に、ケラト測定が実行されてもよい。この場合、主制御部211は、所望の固視位置に対応した表示位置に固視標を示すパターンを液晶パネル41に表示させる。それにより、所望の固視位置に被検眼Eを注視させる。その後、主制御部211は、ケラトリング光源32を点灯させる。ケラトリング光源32から光が出力されると、被検眼Eの角膜Crに角膜形状測定用のリング状光束が投射される。眼屈折力算出部221は、撮像素子59によって取得された像に対して演算処理を施すことにより、角膜曲率半径を算出し、算出された角膜曲率半径から角膜屈折力、角膜乱視度及び角膜乱視軸角度を算出する。制御部210では、算出された角膜屈折力などが記憶部212に記憶される。
【0129】
主制御部211からの指示、又は操作部280に対するユーザの操作若しくは指示により、眼科装置1000の動作はステップS2に移行する。
【0130】
(S2:屈折力測定)
屈折力測定では、主制御部211は、前述のように屈折力測定のためのリング状の測定パターン光束を被検眼Eに投射させる。被検眼Eからの測定パターン光束の戻り光に基づくリング像が撮像素子59の撮像面に結像される。主制御部211は、撮像素子59により検出された眼底Efからの戻り光に基づくリング像を取得できたか否かを判定する。例えば、主制御部211は、撮像素子59により検出された戻り光に基づく像のエッジの位置(画素)を検出し、像の幅(外径と内径との差)が所定値以上であるか否かを判定する。或いは、主制御部211は、所定の高さ(リング径)以上の点(像)に基づいてリングを形成できるか否かを判定することにより、リング像を取得できたか否かを判定してもよい。
【0131】
リング像を取得できたと判定されたとき、眼屈折力算出部221は、被検眼Eに投射された測定パターン光束の戻り光に基づくリング像を公知の手法で解析し、仮の球面度数S及び仮の乱視度数Cを求める。主制御部211は、求められた仮の球面度数S及び乱視度数Cに基づき、レフ測定光源61、合焦レンズ74、及び固視ユニット40(液晶パネル41)を等価球面度数(S+C/2)の位置(仮の遠点に相当する位置)へ移動させる。主制御部211は、その位置から固視ユニット40(液晶パネル41)を更に雲霧位置に移動させた後、本測定としてレフ測定投射系6及びレフ測定受光系7を制御することによりリング像を再び取得させる。主制御部211は、前述と同様に得られたリング像の解析結果と合焦レンズ74の移動量から球面度数、乱視度数及び乱視軸角度を眼屈折力算出部221に算出させる。眼屈折力算出部221は、上記のように、算出された屈折力値に対し、黄斑部における内境界膜ILMと網膜色素上皮層RPEとの間の距離(黄斑部網膜厚RT)に対応した補正値γを適用した値を屈折力値の測定値を取得する。
【0132】
また、眼屈折力算出部221は、求められた球面度数及び乱視度数から被検眼Eの遠点に相当する位置(本測定により得られた遠点に相当する位置)を求める。主制御部211は、求められた遠点に相当する位置に液晶パネル41を移動させる。制御部210では、合焦レンズ74の位置や算出された球面度数などが記憶部212に記憶される。主制御部211からの指示、又は操作部280に対するユーザの操作若しくは指示により、眼科装置1000の動作はステップS3に移行する。
【0133】
リング像を取得できないと判定されたとき、主制御部211は、強度屈折異常眼である可能性を考慮して、レフ測定光源61及び合焦レンズ74をあらかじめ設定したステップでマイナス度数側(例えば−10D)、プラス度数側(例えば+10D)へ移動させる。主制御部211は、レフ測定受光系7を制御することにより各位置でリング像を検出させる。それでもリング像を取得できないと判定されたとき、主制御部211は、所定の測定エラー処理を実行する。このとき、眼科装置1000の動作はステップS3に移行してもよい。制御部210では、レフ測定結果が得られなかったことを示す情報が記憶部212に記憶される。
【0134】
(S3:OCT計測)
まず、主制御部211は、固視ユニット40(液晶パネル41)を雲霧位置から合焦位置に移動させる。いくつかの実施形態では、合焦位置は、ステップS4で特定された等価球面度数(S+C/2)の位置、又は等価球面度数(S+C/2)の位置から干渉信号の強度等が最大になるように調整された位置である。
【0135】
続いて、主制御部211は、OCT光源101を点灯させ、光スキャナー88を制御することにより眼底Efの所定の部位(黄斑部を含む部位)を測定光LSでスキャンさせる。例えば、測定光LSのスキャンにより得られた検出信号は画像形成部222に送られる。画像形成部222は、得られた検出信号から眼底Efの断層像を形成する。
【0136】
(S4:層間距離を算出)
次に、主制御部211は、ステップS3において取得されたスキャンデータに基づいて眼底における所定の層領域を層領域特定部232Aに特定させる。主制御部211は、同様に、ステップS3において取得されたスキャンデータに基づいて黄斑部における浮腫の特定処理を浮腫特定部232Bに実行させる。主制御部211は、少なくとも黄斑部網膜厚等の所定の層間距離を層厚算出部232Cに算出させる。
【0137】
(S5:網膜インデックスを算出)
主制御部211は、ステップS4において算出された黄斑部網膜厚と記憶部212に記憶された標準データとを比較部232Dに比較させ、その比較結果に基づいて網膜インデックスを異常度情報生成部232Eに生成させる。異常度情報生成部232Eは、例えば、図5に示すように網膜インデックスを生成する。
【0138】
(S6:表示)
主制御部211は、ステップS2において取得された補正値γが適用された屈折力値の測定値と、ステップS5において算出された網膜インデックスとを表示部270の同一画面に表示させる。
【0139】
図8に、実施形態に係るステップS6における表示例を示す。
【0140】
主制御部211は、前眼部観察系5により取得された前眼部像IMG1をリアルタイムに表示部270に表示させる。また、主制御部211は、被検者の右眼及び左眼それぞれの屈折力値の測定値、網膜インデックス、及び断層像を前眼部像IMG1に重ね合わせて表示させる。
【0141】
具体的には、主制御部211は、被検者の右眼の屈折力の測定値RAと右眼の網膜インデックスRIDと右眼の眼底の断層像RIMGとを前眼部像IMG1に重ね合わせて表示させる。網膜インデックスRIDは、測定値RAが取得されたときに実行されたOCTスキャンにより得られた眼底の層間距離に基づいて生成される。断層像RIMGは、測定値RAが取得されたときに実行されたOCTスキャンにより生成される。同様に、主制御部211は、被検者の左眼の屈折力の測定値LAと左眼の網膜インデックスLIDと左眼の眼底の断層像LIMGとを前眼部像IMG1に重ね合わせて表示させる。網膜インデックスLIDは、測定値LAが取得されたときに実行されたOCTスキャンにより得られた眼底の層間距離に基づいて生成される。断層像LIMGは、測定値LAが取得されたときに実行されたOCTスキャンにより生成される。
【0142】
屈折力の測定値と網膜インデックスとを表示部270に表示させることにより、屈折力値が異常であると判断される場合に、その原因が眼底にあるか否かを容易に判断することができるようになる。
【0143】
(S7:拡大表示?)
続いて、主制御部211は、ステップS6において表示された断層像を拡大表示するか否かを判定する。例えば、主制御部211は、ステップS6において表示された測定値、網膜インデックス、又は断層像を見た検者等が寄り詳細に眼底の形態を確認したいときに操作部280に対して所定の操作を行ったか否かを判定することにより、断層像を拡大表示するか否かを判定する。
【0144】
断層像を拡大表示すると判定されたとき(S7:Y)、眼科装置1000の動作はステップS8に移行する。断層像を拡大表示しないと判定されたとき(S7:N)、眼科装置1000の動作は終了である(エンド)。
【0145】
(S8:屈折力測定値を補正)
ステップS7において断層像を拡大表示すると判定されたとき(S7:Y)、主制御部211は、ステップS2において取得された被検眼Eの屈折力の測定値を測定値補正部233に補正させる。ステップS3〜ステップS8の間に、眼内距離算出部231は、被検眼Eの眼軸長を算出する。ステップS8では、測定値補正部233は、式(1)に示す補正値γ1を用いて、ステップS2において取得された屈折力の測定値を補正する。
【0146】
(S9:表示)
主制御部211は、ステップS7において指定された断層像を拡大して表示させると共に、ステップS2において取得された屈折力の測定値と、ステップS8において得られた測定値の補正値とを表示部270の同一画面に表示させる。
【0147】
図9に、実施形態に係るステップS9における表示例を示す。
【0148】
主制御部211は、ステップS7において指定された断層像を所定の倍率で拡大した断層像LIMGを表示部270に表示させる。また、主制御部211は、ステップS2において取得された屈折力の測定値LAと、ステップS8において補正された測定値LA1とを表示部270の同一画面に表示させる。
【0149】
断層像LIMGと共に、測定値LAと補正された測定値LA1とを表示部270に表示させることにより、屈折力値の異常が眼底(特に、黄斑部)における形態に原因があるか否かを容易に判断することが可能になる。
【0150】
以上で、眼科装置1000の動作は終了である(エンド)。
【0151】
以上説明したように、実施形態によれば、屈折力の測定値と網膜インデックスとを表示部270に表示させることにより、屈折力値が異常であると判断される場合に、その原因が眼底にあるか否かを容易に判断することができるようになる。また、断層像と共に、測定値と補正された測定値とを表示部270に表示させることにより、屈折力値の異常が眼底(特に、黄斑部)における形態に原因があるか否かを容易に判断することが可能になる。
【0152】
<変形例>
上記の実施形態では、異常度情報生成部232Eが、取得された屈折力値と標準データとの差に応じて段階的に変化する網膜インデックスを生成する場合について説明したが、実施形態に係る構成はこれに限定されるものではない。
【0153】
例えば、実施形態の変形例に係る主制御部は、取得された屈折力値と標準データとの差に応じて段階的に網膜インデックスの表示色を変化させてもよい。
【0154】
図10に、実施形態の変形例に係る網膜インデック数の一例を模式的に示す。
【0155】
変形例に係る主制御部は、取得された屈折力値と標準データとの差(すなわち、異常度)に応じて網膜インデックスの表示色を変化させて表示部270に表示させる。例えば、網膜インデックスが「8」〜「10」の場合は緑色で表示され、網膜インデックスが「4」〜「7」の場合は黄色で表示され、網膜インデックスが「1」〜「3」の場合は緑色で表示され。
【0156】
本変形例によれば、網膜の異常度に応じて表示部270に表示される網膜インデックスの表示色を変化させるようにしたので、検者等による見落としの防止や注意喚起を行うことが可能になる。
【0157】
なお、網膜の異常度を、単なる色出力や音出力などで報知することも可能である。
【0158】
[作用・効果]
実施形態に係る眼科装置の作用及び効果について説明する。
【0159】
いくつかの実施形態に係る眼科装置(1000)は、屈折力測定部(レフ測定投射系6、レフ測定受光系7、及び眼屈折力算出部221)と、データ収集部(OCT光学系8)と、記憶部(212)と、解析部(232)と、異常度情報生成部(232E)と、表示制御部(制御部210、主制御部211)とを含む。屈折力測定部は、被検眼(E)の屈折力の測定値を取得する。データ収集部は、光コヒーレンストモグラフィを用いて被検眼の眼底(Ef)のデータを収集する。記憶部は、正常眼の眼底における所定の層間距離を含む標準データをあらかじめ記憶する。解析部は、眼底のデータに基づいて所定の層間距離を算出する。異常度情報生成部は、解析部により算出された所定の層間距離と標準データとに基づいて眼底の異常度を表す異常度情報を生成する。表示制御部は、屈折力測定部により取得された屈折力の測定値と異常度情報とを表示手段(表示部270)の同一画面に表示させる。
【0160】
このような構成によれば、屈折力測定部により取得された被検眼の屈折力の測定値と、標準データと眼底における所定の層間距離とに基づく眼底の異常度を表す異常度情報とを表示手段の同一画面に表示させるようにしたので、屈折力値が異常であると判断される場合に、その原因が眼底にあるか否かを容易に判断することができるようになる。
【0161】
いくつかの実施形態に係る眼科装置では、異常度情報生成部は、標準データと解析部により算出された所定の層間距離との差に対応した異常度情報を生成する。
【0162】
このような構成によれば、簡素な処理で眼底の異常度を表すことができるので、屈折力値が異常であると判断される場合に、眼底の異常度を容易に判断することが可能になる。
【0163】
いくつかの実施形態に係る眼科装置は、眼底のデータに基づいて眼底の断層像を形成する画像形成部(222)を含み、表示制御部は、画像形成部により形成された断層像、屈折力の測定値、及び異常度情報を表示手段の同一画面に表示させる。
【0164】
このような構成によれば、屈折力値が異常であると判断される場合に、断層像等を見つつその原因が眼底にあるか否かを容易に判断することが可能になる。
【0165】
いくつかの実施形態に係る眼科装置では、所定の層間距離は、網膜色素上皮層と内境界膜との間の距離である。
【0166】
このような構成によれば、網膜色素上皮層と内境界膜との間の距離に基づいて異常度情報を生成することができるので、屈折力値が異常であると判断される場合に、その原因が網膜にあるか否かを容易に判断することが可能になる。
【0167】
いくつかの実施形態に係る眼科装置は、眼底のデータに基づいて眼底における浮腫を特定する浮腫特定部(232B)と、浮腫特定部により特定された浮腫の形態に応じて屈折力の測定値を補正する測定値補正部(233)と、を含み、表示制御部は、測定値補正部により補正された測定値を表示手段に表示させる。
【0168】
このような構成によれば、眼底における浮腫を特定し、特定された浮腫の形態に応じて屈折力の測定値を補正し、補正された測定値を表示手段に表示させるようにしたので、屈折力値が異常であると判断される場合に、その原因が浮腫にあるか否かを容易に判断することが可能になる。
【0169】
いくつかの実施形態に係る眼科装置(1000)は、屈折力測定部(レフ測定投射系6、レフ測定受光系7、及び眼屈折力算出部221)と、データ収集部(OCT光学系8)と、浮腫特定部(232B)と、測定値補正部(233)と、表示制御部(制御部210、主制御部211)とを含む。屈折力測定部は、被検眼(E)の屈折力の測定値を取得する。データ収集部は、光コヒーレンストモグラフィを用いて被検眼の眼底(Ef)のデータを収集する。浮腫特定部は、眼底のデータに基づいて眼底における浮腫を特定する。測定値補正部は、浮腫特定部により特定された浮腫の形態に応じて屈折力の測定値を補正する。表示制御部は、測定値補正部により補正された測定値を表示手段(表示部270)に表示させる。
【0170】
このような構成によれば、光コヒーレンストモグラフィを用いて収集されたデータに基づいて浮腫を特定し、特定された浮腫の形態に応じて被検眼の屈折力の測定値を補正し、補正された測定値を表示手段に表示させるようにしたので、屈折力値が異常であると判断される場合に、その原因が浮腫にあるか否かを容易に判断することができるようになる。
【0171】
いくつかの実施形態に係る眼科装置では、測定値補正部は、黄斑部における眼軸長と浮腫特定部により特定された浮腫の部位における網膜色素上皮層から内境界膜までの距離と黄斑部網膜厚とに基づいて測定値を補正する。
【0172】
このような構成によれば、黄斑部における眼軸長と網膜色素上皮層から内境界膜までの距離と黄斑部網膜厚とに基づいて屈折力の測定値を補正するようにしたので、浮腫の影響を加味した屈折力値を高精度に取得することが可能になる。
【0173】
いくつかの実施形態に係る眼科装置では、表示制御部は、屈折力測定部により取得された屈折力の測定値と測定値補正部により補正された測定値とを表示手段の同一画面に表示させる。
【0174】
このような構成によれば、被検眼の屈折力の測定値と補正された測定値とを表示手段の同一画面に表示するようにしたので、浮腫の影響を容易に判断することが可能になる。
【0175】
いくつかの実施形態に係る眼科情報処理プログラムは、解析ステップと、異常度情報生成ステップと、表示制御ステップとをコンピュータに実行させる。解析ステップは、光コヒーレンス元グラフィを用いて収集された被検眼(E)の眼底(Ef)のデータに基づいて眼底における所定の層間距離を算出する。異常度情報生成ステップは、解析ステップにおいて算出された所定の層間距離と正常眼の眼底における所定の層間距離を含む標準データとに基づいて眼底の異常度を表す異常度情報を生成する。表示制御ステップは、被検眼の屈折力の測定値と異常度情報とを表示手段(表示部270)の同一画面に表示させる。
【0176】
このようなプログラムによれば、被検眼の屈折力の測定値と、標準データと眼底における所定の層間距離とに基づく眼底の異常度を表す異常度情報とを表示手段の同一画面に表示させるようにしたので、屈折力値が異常であると判断される場合に、その原因が眼底にあるか否かを容易に判断することができるようになる。
【0177】
いくつかの実施形態に係る眼科情報処理プログラムでは、異常度情報生成ステップは、標準データと解析ステップにおいて算出された所定の層間距離との差に対応した異常度情報を生成する。
【0178】
このようなプログラムによれば、簡素な処理で眼底の異常度を表すことができるので、屈折力値が異常であると判断される場合に、眼底の異常度を容易に判断することが可能になる。
【0179】
いくつかの実施形態に係る眼科情報処理プログラムは、眼底のデータに基づいて眼底の断層像を形成する画像形成ステップを含み、表示制御ステップは、画像形成ステップにおいて形成された断層像、屈折力の測定値、及び異常度情報を表示手段の同一画面に表示させる。
【0180】
このようなプログラムによれば、屈折力値が異常であると判断される場合に、断層像等を見つつその原因が眼底にあるか否かを容易に判断することが可能になる。
【0181】
いくつかの実施形態に係る眼科情報処理プログラムでは、所定の層間距離は、網膜色素上皮層と内境界膜との間の距離である。
【0182】
このようなプログラムによれば、網膜色素上皮層と内境界膜との間の距離に基づいて異常度情報を生成することができるので、屈折力値が異常であると判断される場合に、その原因が網膜にあるか否かを容易に判断することが可能になる。
【0183】
いくつかの実施形態に係る眼科情報処理プログラムは、眼底のデータに基づいて眼底における浮腫を特定する浮腫特定ステップと、浮腫特定ステップにおいて特定された浮腫の形態に応じて屈折力の測定値を補正する測定値補正ステップと、を含み、表示制御ステップは、測定値補正ステップにおいて補正された測定値を表示手段に表示させる。
【0184】
このようなプログラムによれば、眼底における浮腫を特定し、特定された浮腫の形態に応じて屈折力の測定値を補正し、補正された測定値を表示手段に表示させるようにしたので、屈折力値が異常であると判断される場合に、その原因が浮腫にあるか否かを容易に判断することが可能になる。
【0185】
いくつかの実施形態に係る眼科情報処理プログラムは、浮腫特定ステップと、測定値補正ステップと、表示制御ステップとをコンピュータに実行させる。浮腫特定ステップは、光コヒーレンストモグラフィを用いて収集された被検眼(E)の眼底(Ef)のデータに基づいて眼底における浮腫を特定する。測定値補正ステップは、浮腫特定ステップにおいて特定された浮腫の形態に応じて被検眼の屈折力の測定値を補正する。表示制御ステップは、測定値補正ステップにおいて補正された測定値を表示手段(表示部270)に表示させる。
【0186】
このようなプログラムによれば、光コヒーレンストモグラフィを用いて収集されたデータに基づいて浮腫を特定し、特定された浮腫の形態に応じて被検眼の屈折力の測定値を補正し、補正された測定値を表示手段に表示させるようにしたので、屈折力値が異常であると判断される場合に、その原因が浮腫にあるか否かを容易に判断することができるようになる。
【0187】
いくつかの実施形態に係る眼科情報処理プログラムでは、測定値補正ステップは、黄斑部における眼軸長と浮腫特定ステップにおいて特定された浮腫の部位における網膜色素上皮層から内境界膜までの距離と黄斑部網膜厚とに基づいて測定値を補正する。
【0188】
このようなプログラムによれば、黄斑部における眼軸長と網膜色素上皮層から内境界膜までの距離と黄斑部網膜厚とに基づいて屈折力の測定値を補正するようにしたので、浮腫の影響を加味した屈折力値を高精度に取得することが可能になる。
【0189】
いくつかの実施形態に係る眼科情報処理プログラムでは、表示制御ステップは、屈折力の測定値と測定値補正ステップにおいて補正された測定値とを表示手段の同一画面に表示させる。
【0190】
このようなプログラムによれば、被検眼の屈折力の測定値と補正された測定値とを表示手段の同一画面に表示するようにしたので、浮腫の影響を容易に判断することが可能になる。
【0191】
<その他>
以上に示された実施形態は、この発明を実施するための一例に過ぎない。この発明を実施しようとする者は、この発明の要旨の範囲内において任意の変形、省略、追加等を施すことが可能である。
【0192】
上記の実施形態又はその変形例では、被検眼に光を投射することにより屈折力の測定値を取得する場合について説明したが、実施形態に係る眼科装置の構成はこれに限定されるものではない。実施形態に係る眼科装置は、公知の波面センサーを用いて取得された波面収差に基づいて屈折力の測定値を取得してもよい。
【符号の説明】
【0193】
1 Zアライメント系
2 XYアライメント系
3 ケラト測定系
4 固視投影系
5 前眼部観察系
6 レフ測定投射系
7 レフ測定受光系
8 OCT光学系
9 処理部
210 制御部
211 主制御部
220 演算処理部
221 眼屈折力算出部
222 画像形成部
223 データ処理部
231 眼内距離算出部
232 解析部
232A 層領域特定部
232B 浮腫特定部
232C 層厚算出部
232D 比較部
232E 異常度情報生成部
233 測定値補正部
1000 眼科装置
図1
図2
図3
図4
図5
図6A
図6B
図7
図8
図9
図10