特開2020-189575(P2020-189575A)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 三菱自動車工業株式会社の特許一覧
<>
  • 特開2020189575-車両の乗員保護装置 図000003
  • 特開2020189575-車両の乗員保護装置 図000004
  • 特開2020189575-車両の乗員保護装置 図000005
  • 特開2020189575-車両の乗員保護装置 図000006
  • 特開2020189575-車両の乗員保護装置 図000007
  • 特開2020189575-車両の乗員保護装置 図000008
  • 特開2020189575-車両の乗員保護装置 図000009
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2020-189575(P2020-189575A)
(43)【公開日】2020年11月26日
(54)【発明の名称】車両の乗員保護装置
(51)【国際特許分類】
   B60R 21/20 20110101AFI20201030BHJP
   B60R 21/2338 20110101ALI20201030BHJP
   B60R 21/233 20060101ALI20201030BHJP
【FI】
   B60R21/20
   B60R21/2338
   B60R21/233
【審査請求】未請求
【請求項の数】5
【出願形態】OL
【全頁数】11
(21)【出願番号】特願2019-96150(P2019-96150)
(22)【出願日】2019年5月22日
(71)【出願人】
【識別番号】000006286
【氏名又は名称】三菱自動車工業株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】100174366
【弁理士】
【氏名又は名称】相原 史郎
(72)【発明者】
【氏名】加納 祐輔
(72)【発明者】
【氏名】西多 智哉
(72)【発明者】
【氏名】揚村 悠
【テーマコード(参考)】
3D054
【Fターム(参考)】
3D054AA02
3D054AA03
3D054AA04
3D054AA07
3D054AA08
3D054AA11
3D054AA30
3D054CC06
3D054CC08
3D054CC11
3D054CC16
3D054CC29
3D054EE03
3D054EE19
3D054EE29
3D054EE30
3D054EE34
(57)【要約】
【課題】本発明は、車両の衝突時、衝突初期から衝突後期まで、対面着座した乗員の保護ができる車両の乗員保護装置を提供する提供する。
【解決手段】本発明は、車両の前後方向に並び、かつ車両の前後方向で対面した状態となり、乗員α1、α2が車両の前後方向で対面して着座される第1シート3および第2シート5と、車両のフロア1に設けられ、車両の衝突時、車両のフロアから、対面した状態の第1シートと第2シートとの間へエアバッグ19を膨張展開させるエアバッグモジュール17とを備えた車両の乗員保護装置であって、エアバッグモジュールのエアバッグは、第1シートと第2シートとが対面した状態における衝突時、車両のフロアから着座した乗員の下肢部α1a,α2aまで膨張展開し、遅れて着座した乗員の上肢部α1b,α2bへと段階的に膨張展開されるものとした。
【選択図】図4
【特許請求の範囲】
【請求項1】
車両の前後方向に並び、かつ車両の前後方向で対面した状態となり、乗員が同状態によって車両の前後方向で対面して着座される第1シートおよび第2シートと、
車両のフロアに設けられ、車両の衝突時、車両のフロアから、対面した状態の前記第1シートと前記第2シートとの間へエアバッグを膨張展開させるエアバッグモジュールと、
を備えた車両の乗員保護装置において、
前記エアバッグモジュールのエアバッグは、
前記第1シートと前記第2シートとが対面した状態における衝突時、前記車両のフロアから前記着座した乗員の下肢部へ膨張展開し、遅れて前記着座した乗員の上肢部へと段階的に膨張展開されるものとした
ことを特徴とする車両の乗員保護装置。
【請求項2】
前記エアバッグモジュールのエアバッグは、
前記車両のフロアから前記着座した乗員の上肢部へ膨張展開可能とした袋状の第1チャンバ部と、
前記第1チャンバ部の膨張展開を、衝突初期は前記乗員の下肢部までとし、衝突後期は前記乗員の上肢部まで膨張展開させる展開機構部と、
を有することを特徴とする請求項1に記載の車両の乗員保護装置。
【請求項3】
前記展開機構部は、
前記第1チャンバ部の上部と第1チャンバ部の基端側との間に掛け渡され、前記衝突初期は前記第1チャンバ部の膨張展開を前記乗員の下肢部へまでに規制する第1テザー部材と、
前記衝突後期において前記第1テザー部材を切断し、前記第1チャンバ部における膨張展開の規制を解除する刃物部と、
を有することを特徴とする請求項2に記載の車両の乗員保護装置。
【請求項4】
前記エアバッグモジュールのエアバッグは、
前記車両のフロアから前記乗員の下肢部へ膨張展開可能とした袋状の第2チャンバ部と、
前記第2チャンバ部の上部に接続され、前記第2チャンバ部から前記乗員の上肢部へ膨張展開可能とした第3チャンバ部と、
前記第2チャンバ部と前記第3チャンバ部との間の接続部に設けられ、前記第2チャンバ部と前記第3チャンバ部との間を開閉可能とした弁部と、
前記弁部を、衝突初期までは閉にし、衝突後期において開にする弁開閉機構部と、
を有することを特徴とする請求項1に記載の車両の乗員保護装置。
【請求項5】
前記弁開閉機構部は、
前記第2チャンバ部内における第1シート側の側部と第2シート側の側部との間に所定に掛け渡され、前記第2チャンバ部の膨張展開にしたがい張状態となる第2テザー部材と、
一端部が前記弁部に接続され、他端部が前記第2テザー部材の中間部に接続され、前記第2チャンバ部の膨張展開により前記第2テザー部材が張状態になると前記弁部を閉状態、張状態が弛むと前記弁部を開状態にする第3テザー部材とを有し、
衝突初期は、前記第2テザー部材の張状態により、前記第2チャンバ部だけの膨張展開とし、
衝突後期は、前記膨張展開した第2チャンバ部に対し、前記第2テザー部材の張状態が弛む方向に外力が加わることにより、前記第3チャンバ部が膨張展開される
ことを特徴とする請求項4に記載の車両の乗員保護装置。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、車両前後方向で対面したシートに着座した乗員を保護する車両の乗員保護装置に関する。
【背景技術】
【0002】
近時、自動車(車両)の自動運転技術の進歩に伴い、車室内において乗員が取り得る姿勢が多様化していくことが予想される。
例えば乗員の操作を必要としない自動運転時、乗員がリラックスして居られるよう、自動車のフロントシートを後ろ向きの姿勢に反転してリアシートと対面させ、この対面した各シートに乗員が着座されることが予想される。
【0003】
こうした向かい合う状態(対面状態)で着座した乗員には、新たに衝突(前突など)に対する安全性を確保することが求められる。
そこで、例えば特許文献1においては、衝突時(前突など)、前のめりになる一方のシートの乗員の頭部が、他方のシートに着座した乗員の下肢部と当たる事態を回避するべく、車両のフロアから前・後席に着座した下肢部間へエアバッグを膨張展開させる技術が提案されるようになった。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
【特許文献1】特開2017−149351号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
ところが、上記特許文献1では、衝突時における乗員の保護は十分ではない。
すなわち、乗員が対面した状態における前突時、衝突初期においては、対面した一方の乗員が衝突方向へ反り、他方の乗員が前のめりになる。この挙動を要因した乗員の保護は、上記特許文献1で確保される。しかし、その後の衝突後期においては、衝突の反力から、前席の乗員は前のめりへ転じる傾向にある。後席の乗員は、前のめり姿勢のままである場合があるので、乗員同士の上肢部、とりわけ頭部同士が当接するおそれがある。
【0006】
このため、衝突時、対面着座した乗員の保護が十分に果たせないことが懸念され、改善の余地がある。
そこで、本発明の目的は、車両の衝突時、衝突初期から衝突後期まで、対面着座した乗員の保護ができる車両の乗員保護装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明の態様は、車両の前後方向に並び、かつ車両の前後方向で対面した状態となり、乗員が同状態によって車両の前後方向で対面して着座される第1シートおよび第2シートと、車両のフロアに設けられ、車両の衝突時、車両のフロアから、対面した状態の第1シートと第2シートとの間へエアバッグを膨張展開させるエアバッグモジュールとを備えた車両の乗員保護装置において、エアバッグモジュールのエアバッグは、第1シートと第2シートとが対面した状態における衝突時、車両のフロアから着座した乗員の下肢部分へ膨張展開し、遅れて着座した乗員の上肢部分へと段階的に膨張展開されるものとした。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、エアバッグは、衝突初期においては、対面した第1,2シートに着座した乗員の下肢部間へ膨張展開し、衝突後期においては、対面した第1,2シートに着座した乗員の上肢部間へ段階的に膨張展開する。
これにより、衝突初期の挙動がもたらす乗員同士の干渉や、衝突後期の挙動がもたらす乗員同士の干渉を防ぐことができる。
【0009】
それ故、車両の衝突時、衝突初期から衝突後期まで、対面着座した乗員を十分に保護することができ、乗員の安全性の向上が図れる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
図1】本発明の第1の実施形態に係る態様となる乗員保護装置の構成を示す斜視図。
図2】衝突初期における第1エアバッグバッグの膨張展開の説明する斜視図。
図3】同第1エアバッグバッグの膨張展開状態を示す側断面図。
図4】遅れて衝突後期に第1エアバッグの上部側が段階的に膨張展開したときを示す側断面図。
図5】本発明の第2の実施形態に係る態様となる乗員保護装置の構成を、衝突初期の第2エアバッグバッグの膨張展開状態と共に示す側断面図。
図6】同膨張展開した第2エアバッグに対し、デザー部材の弛緩する方向に外力が加わるときを説明する側断面図。
図7】衝突後期に第3エアバッグが段階的に膨張展開したときを示す側断面図。
【発明を実施するための形態】
【0011】
以下、本発明を図1から図4に示す第1の実施形態にもとづいて説明する。
図1は、車両、例えば自動車の車室内を示している。ちなみに自動車(車両)は、乗員の操作を必要とせずに運転が行える自動運転機能を有することを前提としている。
まず、図1を参照して車室内の各部を説明すると、図1中の符号1は車室内のフロア、3はフロア1の前部に配置されたフロントシート(本願の第1シートに相当)、5は同フロントシート3の後側(車両前後方向)に並んで配置されたリヤシート(本願の第2シートに相当)である。
【0012】
フロントシート3、リアシート5は、いずれもシートクッション7aの後部にシートバック7bを有したベンチシートから構成される。これら各シート3,5に乗員α1、α2が着座される。乗員α1は、フロントシート3エアバッグに着座する乗員を示し、乗員α2はリアシート5に着座する乗員を示す。
またフロントシート3は、シート下部に設けた反転機構9を介して、フロア1に据え付けられる。これにより、フロントシート3は、反転機構9から延びる操作レバー(操作部材:図示せず)を操作すると(手動)、シート中心を支点に回動して、図1中の二点鎖線に示される前向きの姿勢から図1中の実線に示される後向き姿勢に変えられる(反転)。
【0013】
つまり、図1に示されるようにフロントシート3、リアシート5は、任意で車両前後方向で対面した状態にでき、乗員α1、α2の対面着座が可能となる。
なお、フロントシート3には、シートの向き、すなわちフロント各シートが前向き姿勢であるか後向き姿勢であるかを検出するシート向きセンサ11が設けられる。
ちなみに、図示はしないが、前向き姿勢におけるフロントシート3の前方には、助手席側、運転席側のエアバッグモジュールが格納されたインストルメントパネルやハンドルが設けられ、前向き姿勢でフロントシート3に着座した乗員に対する保護が行える。
【0014】
こうした自動車には、衝突時の衝撃から、対面したフロントシート3、リアシート5に着座した乗員α1,α2を保護する乗員保護装置15が設けられる。
この乗員保護装置15は、エアバッグモジュール17に格納されたエアバッグ19にて、衝突時、ここでは前突時、衝突初期から衝突後期まで、対面着座した乗員α1、α2を保護するものである。
【0015】
すなわち乗員保護装置15を説明すると、図1図4に示されるようにエアバッグモジュール17は、フロア1の下部、具体的にはフロントシート3とリアシート5間のフロア1下に格納される。
エアバッグモジュール17には、折畳まれたエアバッグ19や、同エアバッグ19へガスを送り込むインフレータ21が収容される。折畳まれたエアバッグ19は、衝突時、インフレータ21の発生するガスにより、図2,3や図4のようにフロア1に形成された扉部1aから、乗員α1、α2の下肢部α1a,α2aへ膨張展開し、遅れて乗員α1、α2の上肢部α1b,α2bへと段階的に膨張展開する。
【0016】
本実施形態においては、例えば図4のように乗員α1、α2の上肢部α1b、α2b間へ膨張展開する一つの袋状のチャンバ部23(本願の第1チャンバ部に相当)と、チャンバ部23の展開具合を制御する展開機構部25とを用いて、チャンバ部23の膨張展開を衝突初期においては下肢部α1a、α2a間(例えば膝頭上側)までとし、衝突後期においては、遅れて上肢部α1b、α2b間(例えば胸部や頭部)まで行う。
【0017】
具体的にはチャンバ部23には、図4中の実線のようなフロア1から上方の、乗員α1、α2の下肢部α1b、α2b間、上肢部α1b、α2b間へ壁状に膨張展開可能とした袋状部材が用いられる。袋状部材の上部は、図2および図3の破線に示されるように内側へ谷形に折込んである。符号23aは、その折込んだ上部部分を示す。
また展開機構部25は、図2図4に示されるように複数本のテザー部材27(紐部材:本願の第1テザー部材に相当)と、エアバッグモジュール17内に収容された刃物装置29(本願の刃物部に相当)とを有している。
【0018】
テザー部材27は、いずれも図3のように一端部が上記折込んだ上部部分23aの先端部に固定され、他端部がチャンバ部23の基端側、例えばエアバッグモジュール17に固定されて、これら間に掛け渡されている。これらテザー部材27は、いずれも所定長さ、具体的にはチャンバ部23の膨張展開を、乗員α1、α2の下肢部分α1a,α2a(例えば膝頭上側)までに止める長さに設定されている。
【0019】
つまり、チャンバ部23の膨張展開は、テザー部材27の張状態が保ち続けられることで、下肢部分α1a,α2aまでに規制され、テザー部材27の張状態が解除、具体的には切断されると、上肢部分α1b,α2bまでとなる(規制解除)。
刃物装置29は、テザー部材27を切断可能とした電気制御式の刃物部(図示しない)を有し、上記下肢部α1a、α1bまでの膨張展開工程と、上記上肢部α1b、α1bまでの膨張展開工程とを切換可能としている。
【0020】
刃物装置29は、図1に示されるように制御部31(例えばマイクロコンピュータにより構成)が接続されている。そして、制御部31にて刃物装置29を制御して、フロントシート3とリアシート5とが対面した状態で、衝突時(前突)、車体に所定以上の衝突力が加わる場合、衝突初期においては下肢部α1a,α2bまでの膨張展開が行われ、衝突後期においては上肢部α1b,α2bまでの膨張展開が行われるようにしている。
【0021】
具体的には制御部31には、図1に示されるようにシート向きセンサ11、自動車の衝突(前突など)を検出する衝突センサ35が接続される。
制御部31は、衝突センサ35が所定以上の衝撃力を検出し、シート向きセンサ11が対面状態を検出していた場合、衝撃力の感知と同時に、インフレータ21を作動して、テザー部材27を掛け渡したままチャンバ部23を膨張展開させたり、衝撃力の感知から所定時間経過後、刃物装置29を作動させてチャンバ部23を最後まで膨張展開させる設定がなされている。
【0022】
つまり、チャンバ部23の膨張展開は、図2および図3に示されるように衝突初期においては、テザー部材27の張状態の継続により、下肢部α1a,α2aまでに規制され、図4に示されるように衝突後期においては、テザー部材27による規制の解除により、上肢部α1b,α1bまで膨張展開へ進む。
つぎに、図2図4を参照して乗員保護装置15の作用について説明する。
【0023】
今、自動車が自動運転下での運転となり、乗員α1による操作を必要とせずに走行が行われたとする。
このとき、リラックスするため、フロントシート3を後向き姿勢にして、フロントシート3とリアシート5とを対面させた状態にし、これら各シート3,5に図2のように乗員α1、α2が着座しているとする。
【0024】
こうした乗員α1、α2が対面着座しているシーンで、例えば前突(衝突)により、車体に所定以上の衝撃力Fが加わったとする。
すると、衝突センサ35は、加わる衝撃力を感知する。
ここで、制御部31は、シート向きセンサ11から検出信号(後向き)を受けて、既にフロントシート3とリアシート5とが対面した状態であることを検出している。
【0025】
これにより、制御部31は、前突とほぼ同時に、エアバッグモジュール17のインフレータ21を作動させる。この時点では、刃物装置29は非作動。
これによりチャンバ部23は、フロントシート3とリアシート5との間のフロア部分から、扉部1aを通じて上方へ膨張展開する。
つまり、図2および図3に示されるようにチャンバ部23は、対面した乗員α1、α2の下肢部α1a,α2a間を割り込むながら、図3中の矢印のように上方へ壁状に膨張展開が進む。
【0026】
このときのチャンバ部23の膨張展開は、テザー部材27が張状態(緊張状態)となる位置、ここでは乗員α1、α2の膝頭上側までに抑えられる。つまり、衝突初期においては、チャンバ部23の膨張展開は、乗員α1、α2の膝頭の上側までとなる。
衝突初期においては、フロントシートα1に着座した乗員α1は、衝突方向である車両前方へ反り、リアシート5に着座した乗員α2は、前のめりとなり、乗員α2が乗員α1の下肢部α1a(膝頭)とぶつかるおそれがある。
【0027】
この衝突初期のときは、既に図2および図3に示されるように乗員α1,α2の下肢部α1a,α2a間に、膝頭上側までといった、中段まで膨張展開したチャンバ部23が所在している。
このため、たとえ衝撃力Fの影響で、図3中の二点鎖線に示されるように乗員α2が、大きく前のめりになったとしても、乗員α2の上肢部α2bは、膨張展開したチャンバ部23で受け止められるので、乗員α1の下肢部α1aにぶつかるおそれはない。
【0028】
一方、衝突の反力から衝突後期は、図4中の矢印に示されるようにフロントシート3に対面着座した乗員α1は、前のめりに転じる。リアシート5に対面着座した乗員α2は、前のめり姿勢のままである場合があるので、上肢部α1b,α2b同士がぶつかるおそれがある。
ここで、刃物装置29は、既に作動され、図4に示されるようにテザー部材27を切断している。これにより、チャンバ部23の上部への規制が解除される。
【0029】
すると、折込まれていた上部部分23aへガスが流入され、チャンバ部23の上部は、更に図4に示されるように乗員α1、α2の下肢部α1a、α2aから上方に伸びて上肢部α1b、α2b間へ壁状に膨張展開される。
つまり、衝突後期においては、既に図2中の二点鎖線、図4中の実線に示されるように乗員α1の上肢部α1bと、乗員α2の上肢部α2b間に、膨張展開したチャンバ部23が所在する。
【0030】
このため、たとえ図4に示されるように衝突の反力により、乗員α1,α2同士が、前のめりになったとしても乗員α1,α2の上肢部α1b,α2b(胸部や頭部)は、膨張展開したチャンバ部23で受け止められるので、乗員α1,α2の上肢部α1b,α2b同士(頭部など)がぶつかるおそれはない。
したがって、チャンバ部23を乗員α1,α2の下肢部α1a,α2aから、上肢部α1b,α2bへと段階的に膨張展開させることにより、衝突初期の挙動がもたらす乗員α1,α2同士の干渉、その後の衝突後期の挙動がもたらす乗員α1,α2同士の干渉を防ぐことができる。
【0031】
それ故、車両の衝突時、衝突初期から衝突後期まで、対面着座した乗員α1,α2を保護することができ、乗員α1,α2の安全性の向上を十分に図ることができる。同作用効果は、後突のときも同様である。
しかも、チャンバ部23の段階的な膨張展開は、乗員α1,α2の上肢部α1b,α2bまで膨張展開可能とした袋状部材を、衝突初期は乗員α1,α2の下肢部α1a,α2aまでとし、衝突後期は乗員α1,α2の上肢部α1b,α2bまでとしたので、一つの袋状部材を用いた簡単な構造ですむ。
【0032】
特に、チャンバ部23に段階的な膨張展開の切換えには、テザー部材27の張状態により規制したり、同テザー部材27の切断により規制を解除したりする構造(展開機構部25)を用いたので、簡単な構造ですむ。
図5図7は、本発明の第2の実施形態を示す。
本実施形態は、エアバッグモジュール17のエアバッグ19を二つのチャンバ部41,45(本願の第2チャンバ部、第3チャンバ部に相当)から構成し、同チャンバ部41,45に弁構造51を組み合わせて、エアバッグ19を段階的に膨張展開させるものである。
【0033】
すなわち、図5(a)に示されるようにチャンバ部41は、フロア1から、対面着座した乗員α1、α2の下肢部α1a,α2a(膝頭上側)へ壁状に膨張展開可能とした袋状部材から構成される。むろんチャンバ部41は、エアバッグモジュール17に折畳んで格納される。
図7に示されるようにチャンバ部45は、チャンバ部41の上部に接続され、チャンバ部41から乗員α1、α2の上肢部α1b,α2bへ壁状に膨張展開可能とした袋状部材から構成される。ちなみに、折畳められたチャンバ部45は、チャンバ部41の上部に配置される。
【0034】
また弁構造51は、図5(a)〜(c)に示されるようにチャンバ部41とチャンバ部45との間の接続部をなす壁部43を連通させるベント口53と同ベント口53を開閉可能とした巾着形の絞り部54とを有した弁部52と、同弁部52を開閉制御する複数本のテザー部材57a,57b(紐部材:本願の第2テザー部材、第3テザー部材に相当)を組合わせた弁開閉機構部55とを有して構成される。
【0035】
すなわち、弁開閉機構部55のテザー部材57aは、図5(a)に示されるように伸縮可能な筒部材58に収められて、チャンバ部41内に組み込まれる。詳しくはテザー部材57aおよび筒部材58は、チャンバ部41の内面において、フロントシート3側(第1シート側)に配置される内面部分(側部)とリアシート5側(第2シート側)に配置される内面部分(側部)との間を掛け渡たすように固定される。
【0036】
また筒部材58の下部からは、チャンバ部41の基部側に固定される紐状のアンカ部材58aが延びていて、膝頭の下側といった定位置でテザー部材57aおよび筒部材58が水平方向に配置される構造としている。
テザー部材57aおよび筒部材58は、所定長さ、例えば乗員α1、α2の下肢部分α1a、α2b間の距離に基づき長さに設定され、チャンバ部41が膨張展開するにしたがい緊張、すなわち張状態となる。
【0037】
またテザー部材57bは、一端部が絞り部54(弁部52)に接続され、他端部がテザー部材57aの中間部に接続される。この接続にて、テザー部材57bを絞り部54とテザー部材57aの中間部との間に掛け渡している。テザー部材57bの長さは、テザー部材57aが張状態のときは、絞り部54(弁部52)の閉状態が保てる長さに設定される。これにより、図5(b)に示されるようにチャンバ部41の膨張展開が始まるにしたがい、絞り部54(弁部52)は閉状態となる。つまり、衝突初期にはチャンバ部41の膨張展開が行われる。
【0038】
閉状態の絞り部54(弁部52)は、対面着座した乗員α1、α2の衝突中期〜衝突後期における挙動を受けて開状態に転じる。
すなわち、衝突中期〜衝突後期において、対面着座した乗員α1は、前のめりに転じる。リアシート5に対面着座した乗員α2は、前のめり姿勢のままである場合がある。
このときのチャンバ部41が挟み込まれるという挙動により(図6中に矢印で図示)、テザー部材57aには、図6中の矢印のようにテザー部材57aの張状態が弛む方向へ外力が加わる。すると、テザー部材57aは弛み、その分、テザー部材57bは上方へ変位する。つまり、テザー部材57bは弛緩される。
【0039】
すると、図5(c)に示されるように絞り部54は、テザー部材57bの弛みにより、開状態となり(弁部の開状態)、ベント口53を通じて、チャンバ部45内へガスが送り込まれる。これにより、チャンバ部45は、チャンバ部41の膨張展開から遅れて膨張展開される。
これにより、図7に示されるようにチャンバ部45は、衝突後期においては乗員α1、α2の上肢部α1b、α2b間へ膨張展開される。
【0040】
なお、図4図7において、第1の実施形態同じ部分には同一符号を付して、その説明を省略した。
こうした二つのチャンバ部41,45を用いて、乗員α1,α2の下肢部α1a、α2a、上肢部α1b、α2bへと段階的に膨張展開させる構造でも、第1の実施形態と同様、衝突初期の挙動がもたらす乗員α1,α2同士の干渉、衝突後期の挙動がもたらす乗員α1,α2同士の干渉を防ぐことができる。
【0041】
しかも、チャンバ部41,45の連通制御は、弁部52と弁開閉機構部55とを組合わせて行うので、簡単な構造ですむ。特に弁開閉機構部55は、T形に組合わせたテザー部材57a,57bを用い、衝突中期〜衝突後期における乗員α1、α2の挙動でチャンバ部41(膨張展開済)が衝突方向から挟み込まれるにしたがい、遅れてチャンバ部45を膨張展開させる構造としたので、より安価な構造で、衝突後期にチャンバ部45を膨張展開させることができる。
【0042】
なお、本発明は、上述した実施形態に限定されるものではなく、本発明の主旨を逸脱しない範囲内で種々可変して実施しても構わない。例えば上述した実施形態では、車両前後方向に並ぶ2列シートにおける対面着座を例に挙げて説明したが、これに限らず、3列以上のシートにおける対面着座の場合にも適用してもよいことはいうまでもない。
【符号の説明】
【0043】
1 フロア
3 フロントシート(第1シート)
5 リアシート(第2シート)
15 乗員保護装置
17 エアバッグモジュール
19 エアバッグ
23 チャンバ部(第1チャンバ部)
25 展開機構部
27 テザー部材(第1テザー部材)
29 刃物装置(刃物部)
41 チャンバ部(第2チャンバ部)
45 チャンバ部(第3チャンバ部)
52 弁部
55 弁開閉機構部
57a テザー部材(第2テザー部材)
57b テザー部材(第3テザー部材)
α1,β2 乗員
α1a,β2a 下肢部
α1b,β2b 下肢部
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7