特開2021-138300(P2021-138300A)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ マツダ株式会社の特許一覧
<>
  • 特開2021138300-車両の側部車体構造 図000003
  • 特開2021138300-車両の側部車体構造 図000004
  • 特開2021138300-車両の側部車体構造 図000005
  • 特開2021138300-車両の側部車体構造 図000006
  • 特開2021138300-車両の側部車体構造 図000007
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2021-138300(P2021-138300A)
(43)【公開日】2021年9月16日
(54)【発明の名称】車両の側部車体構造
(51)【国際特許分類】
   B62D 25/20 20060101AFI20210820BHJP
   B60K 13/04 20060101ALI20210820BHJP
【FI】
   B62D25/20 F
   B60K13/04 A
【審査請求】未請求
【請求項の数】6
【出願形態】OL
【全頁数】17
(21)【出願番号】特願2020-38728(P2020-38728)
(22)【出願日】2020年3月6日
(71)【出願人】
【識別番号】000003137
【氏名又は名称】マツダ株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】100121603
【弁理士】
【氏名又は名称】永田 元昭
(74)【代理人】
【識別番号】100141656
【弁理士】
【氏名又は名称】大田 英司
(74)【代理人】
【識別番号】100182888
【弁理士】
【氏名又は名称】西村 弘
(74)【代理人】
【識別番号】100196357
【弁理士】
【氏名又は名称】北村 吉章
(74)【代理人】
【識別番号】100067747
【弁理士】
【氏名又は名称】永田 良昭
(72)【発明者】
【氏名】嶋中 常規
(72)【発明者】
【氏名】吉田 光汰
【テーマコード(参考)】
3D038
3D203
【Fターム(参考)】
3D038BA09
3D038BA13
3D038BA16
3D038BB01
3D038BC03
3D038BC04
3D203AA08
3D203BA05
3D203BA06
3D203BB06
3D203BB08
3D203BB12
3D203BB15
3D203BB16
3D203BB34
3D203BB35
3D203BB54
3D203BB56
3D203BC14
3D203BC15
3D203CA04
3D203CA24
3D203CA57
3D203CA58
3D203CA74
3D203CA75
3D203CB03
3D203DA02
3D203DA07
3D203DA22
3D203DA32
3D203DA72
3D203DA73
(57)【要約】
【課題】排気装置をサイドシルよりも車幅方向外側に設けた場合においても、車両の拡幅を抑えること。
【解決手段】車室空間1sの前縁を画定する隔壁9の前方に搭載された内燃機関23と、内燃機関23から排出される排気が通過する排気装置30と、車室空間1sの床面をなすフロアの側方にて車両前後方向に沿って延びるサイドシル8と、を備え、サイドシル8は、車両前後方向に直交した断面視で車幅方向外側から車幅方向内側に向けて窪んだ断面を有するとともに車両前後方向に延びる凹部91を有し、凹部91に排気装置30に備えた排気系部材32を配設した。
【選択図】図2
【特許請求の範囲】
【請求項1】
車室空間の前縁を画定する隔壁の前方に搭載された内燃機関と、上記内燃機関から排出される排気が通過する排気装置と、上記車室空間の床面をなすフロアの側方にて車両前後方向に沿って延びるサイドシルと、を備えた車両の側部車体構造であって、
上記サイドシルは、車両前後方向に直交した断面視で車幅方向外側から車幅方向内側に向けて窪んだ断面を有するとともに車両前後方向に延びる凹部を有し、
上記凹部に、上記排気装置を配設した
車両の側部車体構造。
【請求項2】
上記排気装置は、排気管と排気系部材を有し、
上記排気系部材は、上記排気管よりも排気の通過方向に直交する断面積が大きいものであるとともに、上記通過方向が上記サイドシルの長手方向と略平行になるように上記凹部に配設されていることを特徴とする
請求項1に記載の車両の側部車体構造。
【請求項3】
上記サイドシルの上方には、乗員が上記車室空間に乗降する開口部が形成され、
上記サイドシルは、上記排気系部材よりも上方において該排気系部材と車幅方向に重複するサイドシルアッパ部を有する
請求項2に記載の車両の側部車体構造。
【請求項4】
上記サイドシルアッパ部は、内部に閉断面空間を有する閉断面構造体である
請求項3に記載の車両の側部車体構造。
【請求項5】
上記サイドシルアッパ部の車幅方向外側には、車幅方向外方かつ下方に向かって延び、上記排気系部材を上方から覆う庇部が設けられた
請求項3又は4に記載の車両の側部車体構造。
【請求項6】
上記排気系部材は、上記開口部の下縁に沿って車両前後方向に長尺に形成されるとともに、車両前後方向の前方よりも後方が高くなるように形成されたものであり、
上記サイドシルアッパ部は、上記排気系部材の車両側面視形状に対応して車両前後方向の前方よりも後方が高くなるように形成された
請求項3乃至5のいずれか1項に記載の車両の側部車体構造。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
この発明は、例えば、車室空間の前縁を画定する隔壁の前方に搭載された内燃機関と、内燃機関から排出される排気が通過する排気装置と、車室空間の床面をなすフロアの側方にて車両前後方向に沿って延びるサイドシルと、を備えた車両の側部車体構造に関する。
【背景技術】
【0002】
車両には、排気装置を構成する排気系部材(例えば、排気処理用フィルタ、排気管或いはサイレンサなど)の少なくとも一部を、フロア下の車幅方向中央ではなくフロアよりも車幅方向外側(すなわち車両の車幅方向外側下部)に設けた構造が知られている。
【0003】
このような構成を採用する狙いとして、車体レイアウト性を確保するケースと、車体の運動性能を重視するケースとに大別される。
【0004】
前者のケースとしては、例えば、ハイブリット車やレンジエクステンダー車のように内燃機関とモータを併用するシステムを採用した車両において、例えばフロア下に配設したバッテリを避けるために排気系部材をフロア下のバッテリよりも車幅方向外側に設けた車両が知られている(例えば特許文献1参照)。
【0005】
後者のケースとしては、例えば、スポーツカーのように、車体の中心寄りに重量物を配置するために、車両の車幅方向外側下部に比較的軽量な排気系部材を配置した車両が知られている。
【0006】
ここで、車体の中心寄りに重量物を配置する一例としては、運転席と助手席とを、これらに着席した乗員の重心を下げたり、互いに隣り合う車幅方向の間隔を狭めたりすることが挙げられる。
【0007】
一方、車両の車幅方向外側下部に排気系部材を配置する具体例としては、車体構造体としてのサイドシルに対して車幅方向外側近傍に排気系部材をレイアウトすることが考えられる。
【0008】
しかしながら、比較的軽量な排気系部材をサイドシルの外側にレイアウトした場合には、該排気系部材の幅相当分だけ車両の幅が広がるという弊害が生じる。このため、車両の運動性能をより一層重視して比較的軽量な排気系部材をサイドシルの外側にレイアウトする場合には、更なる工夫の余地がある。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0009】
【特許文献1】特開2018−39452号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0010】
本発明はこのような課題に鑑みてなされたもので、排気装置(排気部材と排気管とのうち少なくとも一方)をサイドシルよりも車幅方向外側に設けた場合においても、車両の拡幅を抑えることができる車両の側部車体構造の提供を目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0011】
この発明は、車室空間の前縁を画定する隔壁の前方に搭載された内燃機関と、上記内燃機関から排出される排気が通過する排気装置と、上記車室空間の床面をなすフロアの側方にて車両前後方向に沿って延びるサイドシルと、を備えた車両の側部車体構造であって、上記サイドシルは、車両前後方向に直交した断面視で車幅方向外側から車幅方向内側に向けて窪んだ断面を有するとともに車両前後方向に延びる凹部を有し、上記凹部に、上記排気装置を配設したものである。
【0012】
上記構成によれば、排気装置を、その車幅方向内端が上記サイドシルの車幅方向内端よりも車幅方向外側に設けた場合においても、凹部内に排気装置の車幅方向の少なくとも一部を位置させることができるので車両の拡幅を抑えることができる。
【0013】
従って、車両の拡幅を抑えながら軽量な排気装置を車幅方向外側にレイアウトしつつ、重量物を車両中央にレイアウトできるため、車両の運動性能の向上に寄与することができる。
【0014】
上記凹部は、上記サイドシルの車両前後方向に直交した断面視で車幅方向外側から車幅方向内側に向けて窪んだ部位(窪み部)であれば、車両上下方向の中間部が車幅方向内側に向けて窪んだ部位に限らず、車両上下方向の上端から下方、或いは車両上下方向の下端から上方へ切欠き状に窪んだ部位であってもよい。
【0015】
上記凹部には、上記排気装置として、例えば、後述する排気系部材を配設するに限らず、上記排気系部材と後述する上記排気管とのうち少なくとも一方を配設することができる。
【0016】
この発明の態様として、上記排気装置は、排気管と排気系部材を有し、上記排気系部材は、上記排気管よりも排気の通過方向に直交する断面積が大きいものであるとともに、上記通過方向が上記サイドシルの長手方向と略平行になるように上記凹部に配設されていることを特徴とする。
【0017】
上記構成によれば、上記排気管よりも排気の通過方向に直交する断面積が大きい上記排気系部材が、上記通過方向が上記サイドシルの長手方向と略平行になるように上記凹部に配設されているため、このような排気系部材を車体側部に配設する場合における車両の拡幅を抑えることができる。
【0018】
ここで上記排気系部材は、上記内燃機関から排出される排気が通過する部材であれば、上記内燃機関からの排気(ガス)を処理する例えば、フィルタを備えたGPF等の部材に限らず、例えば、サイレンサ、キャタ等の消音機能を有する部材であってもよい。また、上記排気系部材には、他の排気系部材や排気管に接続するための接続機能を備えた部分(部品)を含めてもよい。
【0019】
この発明の態様として、上記サイドシルの上方には、乗員が上記車室空間に乗降する開口部が形成され、上記サイドシルは、上記排気系部材よりも上方において該排気系部材と車幅方向に重複するサイドシルアッパ部を有するものである。
【0020】
上記構成によれば、サイドシルアッパ部により排気系部材を上方から覆うことで、上記サイドシルを排気系部材からの放熱に対する遮熱部材として機能させることができる。
【0021】
従って、乗員が開口部を通じて車室空間に対して乗り降りする際に、排気系部材からの放熱により、乗員に及ぶ熱害を抑制することができる。
【0022】
この発明の態様として、上記サイドシルアッパ部は、内部に閉断面空間を有する閉断面構造体である。
【0023】
上記構成によれば、サイドシルアッパ部の内部に有する閉断面空間より、乗員が車室空間に対して乗り降りする際に、乗員に対して、より一層熱を感じ難くさせることができる。
【0024】
この発明の態様として、上記サイドシルアッパ部の車幅方向外側には、車幅方向外方かつ下方に向かって延び、上記排気系部材を上方から覆う庇部が設けられたものである。
【0025】
上記構成によれば、上記サイドシルアッパ部は、車幅方向外側から単に車幅方向外方かつ下方に延びる庇部を備えたため、排気系部材から上方へ放出される熱の遮断量をより高めつつ遮断範囲をより広げることができる。
【0026】
従って、乗員が車室空間に対して乗り降りする際に、乗員に対して、より一層熱を感じ難くさせることができる。
【0027】
この発明の態様として、上記排気系部材は、上記開口部の下縁に沿って車両前後方向に長尺に形成されるとともに、車両前後方向の前方よりも後方が高くなるように形成されたものであり、上記サイドシルアッパ部は、上記排気系部材の車両側面視形状に対応して車両前後方向の前方よりも後方が高くなるように形成されたものである。
【0028】
上記構成によれば、上記サイドシルアッパ部を前方よりも後方が高くなるように形成することで、開口部の下縁を、前側部分が後側部分と比して低くなるように形成することができる。従って、乗員が開口部を通じて車室空間に対する乗り降りをスムーズに行うことができる。
【0029】
一方、上記サイドシルアッパ部を上記排気系部材の車両側面視形状に対応して形成することで、凹部に配設された上記排気系部材を該サイドシルアッパ部によって上方からしっかりと覆うことができるため、上記サイドシルを排気系部材からの放熱に対する遮熱部材として有効に機能させることができる。
【発明の効果】
【0030】
上記構成によれば、上記排気装置を上記サイドシルよりも車幅方向外側に設けた場合においても、車両の拡幅を抑えることができる。
【図面の簡単な説明】
【0031】
図1】本実施形態の側部車体構造を備えた車両の要部を示す平面図
図2】本実施形態の側部車体構造を備えた車両の要部を示す左側面図
図3】本実施形態の側部車体構造の要部を示す平面図
図4】本実施形態の側部車体構造の要部を示す左側面図(a)、図4(a)において排気系部材を取り除いて示した左側面図(b)
図5図4(a)におけるA−A矢視断面図
【発明を実施するための形態】
【0032】
この発明の一実施形態を以下図面と共に説明する。
本実施形態の車両は、押出成形されたアルミ合金製の複数のフレームを連結して車体骨格をなす、所謂、スペースフレーム構造を採用するとともに、側方ドアが2ドアタイプのセンターピラーレス構造を採用したスポーツカーである。このような車両の側部車体構造について、図1から図5を用いて説明する。
【0033】
また、図示を明確にするため、図中において、フロントサスペンションやリヤサスペンションの図示を省略するとともに、これらサスペンションを支持する後述するサスペンション支持部材の詳細な図示を省略している。
【0034】
また、図中において、矢印Fは車両前方向を、矢印Rは車両右方向を、矢印Lは車両左方向を、矢印Uは車両上方向を、夫々示している。
【0035】
図1図2に示すように、本実施形態の側部車体構造を備えた車両は、乗員が乗り込む車室部1と、車室部1よりも車両前方に設けられる前部車体2と、車室部1よりも車両後方に設けられる後部車体3と、を備えている。
【0036】
図1に示すように、車室部1と前部車体2とは、縦壁状のダッシュパネル9によって仕切られている。すなわち、ダッシュパネル9は、車室部1の内部に有する車室空間1sの前縁を画定する隔壁として車室部1と前部車体2との間に配設されている。
【0037】
図1に示すように、車室部1には、車室部1のフロア(床面)を形成するフロアパネル4と、該フロアパネル4の車幅方向の中央位置の上方において車両前後に延びるトンネルフレーム5と、トンネルフレーム5の両サイドの側壁とフロアパネル4とのコーナー部において車両前後方向に延びるトンネルサイドフレーム6と、トンネルフレーム5とサイドシル8とを車幅方向に連結する複数のフロアクロスメンバ7と、を備えている。
【0038】
さらに図1図2に示すように、車室部1のフロアパネル4の車幅方向の両サイドには、車両前後方向に延びる左右一対のサイドシル8と、サイドシル8の前端から上方へ延びるヒンジピラー11(前側ピラー)と、サイドシル8の後端から上方へ延びるリヤピラー12(後側ピラー)と、を備えている。
【0039】
また図2に示すように、上述した車室部1の両サイドには、乗員が該車室部1に対して乗り降りするためのドア開口部13が設けられている。ドア開口部13の前縁13aに沿ってヒンジピラー11が、後縁13bに沿ってリヤピラー12が、下縁13cに沿ってサイドシル8が、夫々設けられている。
【0040】
図1図2に示すように、前部車体2は、フロントサスペンション(図示省略)を支持する左右一対のフロントサスペンション支持部材14と、左右一対のフロントサスペンション支持部材14を車幅方向に連結する複数の前側クロスメンバ15(図1参照)と、車室部1とフロントサスペンション支持部材14とを連結する複数の前側連結フレーム16と、車両前方からの衝撃荷重を吸収する前方衝撃吸収構造体(図示省略)と、を備えている。
【0041】
図1に示すように、フロントサスペンション支持部材14は、左右夫々に対応するサイドシル8に対して車幅方向内側に位置し、不図示のフロントサスペンションを介して前輪Hfを軸支している。前輪Hfは、サイドシル8の前端よりも車両前方かつフロントサスペンション支持部材14よりも車幅方向外側に備えている。フロントサスペンション支持部材14は、例えばアルミニウム合金をダイキャスト成形することにより製造されている。
【0042】
さらに図1図2に示すように、前部車体2は、前輪Hfに対して後方へ離間した位置に、ヒンジピラー11の前部から車両前方へ延びるタイヤストッパフレーム17を備えている。
【0043】
上記前方衝撃吸収構造体は図示省略するが、フロントサスペンション支持部材14の前端側から車両前後へ延びる筒状体等からなるクラッシュカンと、左右一対のクラッシュカンの前端を連結するように車幅方向に延びるバンパレインとを備えている。
【0044】
後部車体3は、リヤサスペンションを支持する左右一対のリヤサスペンション支持部材18と、左右一対のリヤサスペンション支持部材18を車幅方向に連結する複数の後側クロスメンバ19(図1参照)と、車室部1とリヤサスペンション支持部材18とを連結する複数の後側連結フレーム21と、車両後方からの衝撃荷重を吸収する後方衝撃吸収構造体22と、を備えている。
なお、図2においては上述した前方衝撃吸収構造体のみならず、後方衝撃吸収構造体22の図示を省略している。
【0045】
後方衝撃吸収構造体22は図1に示すように、リヤサスペンション支持部材18の後端側から車両後方へ延びる筒状体等からなるクラッシュカン22aと、左右一対のクラッシュカン22aの後端を連結するように車幅方向に延びるバンパレイン22bとを備えている。
【0046】
ところで図1に示すように、本実施形態の車両の前部における、左右一対のフロントサスペンション支持部材14の間の領域は、エンジンルームEとして形成されており、該エンジンルームEには、エンジン23が搭載されている。
【0047】
このエンジン23の側壁側に設けられた排気ポートには、排気マニホールド24を介して排気装置30(排気ユニット)が接続されている。
【0048】
排気装置30は、排気系部材としてのGPF31(ガソリンパティクレートフィルタ)と、第1プリサイレンサ32と、第2プリサイレンサ33と、メインサイレンサ34と、テールパイプ(図示省略)とを備えている。また、排気マニホールド24とGPF31との間、および上述した排気系部材31,32,33,34の間には、夫々接続部35A,35B,35C,35Dによって接続されている。
【0049】
GPF31は、エンジン23の排気ガスを処理する排気処理装置として排気ガスに含まれる粒子状物質(PM)を捕集するフィルタ31aaを本体部31aに備えている。
【0050】
各種サイレンサ(第1プリサイレンサ32、第2プリサイレンサ33およびメインサイレンサ34)は、排気ガスを大気に放出するときの音を低減する。
【0051】
接続部35A,35B,35C,35Dは、主に排気管35aで形成されるが、排気系部材としてのGPF31や各種サイレンサ32,33,34などに備えるとともに排気管35aや他の排気系部材31,32,33,34と接続する機能を有する接続部分も含めて形成されている。なお、接続部35A,35B,35C,35Dは、排気管35aと、排気系部材に有する接続部分との双方を備えて形成するに限らず、これらのうち少なくとも一方で形成することができる。
【0052】
そして、排気装置30は、GPF31と、第1プリサイレンサ32と、第2プリサイレンサ33と、メインサイレンサ34とが、接続部を介して夫々車体の前方側から後方へ延びる排気経路に沿って配索されている。
【0053】
但し、当例において排気装置30は、車両後方へと延びる途中で車幅方向外側(当例では車両右側)へ迂回するような排気経路に沿って配索されている。詳しくは、排気装置30は、前部車体2においてエンジン23が搭載された車幅方向の内側から外側へ配索され、車室部1の側方部に沿って車両後方へ配索され、後部車体3において再度車幅方向外側から内側へと配索されるとともに車両後方へと配索されている。
【0054】
このように、比較的軽量な排気系部材を車幅方向外側にレイアウトすることで、排気系部材よりも重量物を車両中央にレイアウトすることができ、結果として車両の運動性能の向上に寄与することができる。
【0055】
以下、本実施形態の車体側部構造について図3図5を用いてさらに詳しく説明する。
【0056】
図4(b)、図5に示すように、サイドシル8は、サイドシルアッパ81とサイドシルロア82とを上下各側に備えた2分割構造で構成されている。サイドシルアッパ81とサイドシルロア82とは共に、上述したようにアルミ合金材料を押出し成形にて形成されたフレーム部材であるとともに、車両前後方向の全長に亘って延びる閉断面空間83s,84s(図5参照)を内部に夫々有している。
【0057】
サイドシルアッパ81は、上記閉断面空間83sを内部に有する閉断面部83(以下、「アッパ側閉断面部83」とも称する)と、該アッパ側閉断面部83の車幅方向内端且つ下端から下方へ延出する下方フランジ部85とで一体形成されている。
【0058】
また同図に示すように、サイドシルロア82は、閉断面空間84sを内部に有する閉断面部84(以下、「ロア側閉断面部84」とも称する)と、該ロア側閉断面部84の車幅方向内側且つ上端から上方へ延出する上方フランジ部86とで一体形成されている。
【0059】
図4(b)に示すように、アッパ側閉断面部83とロア側閉断面部84は共に、
前後各側のピラー11,12と車両側面視で重複するように車両前後方向に延びている。本実施形態のサイドシルロア82は、サイドシル8の車両前後方向の全長に亘って延びている。
【0060】
また、図3図5に示すように、アッパ側閉断面部83とロア側閉断面部84は共に、前後各側のピラー11,12よりも車幅方向に長く形成されている。
本実施形態におけるアッパ側閉断面部83とロア側閉断面部84は共に、車幅方向の外端が前後各側のピラー11,12の車幅方向外面よりも車幅方向外側へ突出形成されている。
【0061】
また図5に示すように、アッパ側閉断面部83の上壁83uと下壁83dとは、共に車幅方向外側程上方に位置するように傾斜して形成されるとともに互いに車両前後方向に平行に延びている。
【0062】
但し図3図5に示すように、上壁83uにおける、前後各側のピラー11,12よりも車幅方向の外側部分は、下壁83dとの車両上下方向の間隔が段階的に小さくなるように形成されている。すなわち、アッパ側閉断面部83は、車幅方向の外側が車両上下方向に徐々に細くなる先細り形状に形成されている。
【0063】
図5に示すように、サイドシルアッパ81のアッパ側閉断面部83よりも車幅方向外側には、アッパ側閉断面部83の車幅方向外端から車幅方向外方かつ下方に向かってフランジ状に延び、後述する排気系部材としての第1プリサイレンサ32を上方から覆う庇部87が設けられている。
【0064】
また図5に示すように、ロア側閉断面部84の下壁84dは、車幅方向に沿って略水平に形成されているのに対して上壁84uは、車幅方向外側程下方に位置するように緩やかに傾斜している。これにより、ロア側閉断面部84は、車両前後方向の直交断面が、車両上下方向に対して車幅方向が長く、且つ車幅方向外側程車両上下方向の長さが短くなる略三角形状で形成されている。
【0065】
上述したサイドシルアッパ81とサイドシルロア82とは、図4(b)、図5に示すように、下方フランジ部85と上方フランジ部86とが車両側面視(車両上下方向および車両前後方向)で重複している。当例においては図5に示すように、サイドシルアッパ81の下方フランジ部85とサイドシルロア82の上方フランジ部86とは、互いの重複部分93において下方フランジ部85が車幅方向外側、上方フランジ部86が車幅方向内側に、夫々位置するように配設されている。
【0066】
そしてサイドシルアッパ81とサイドシルロア82とは、この重複部分93において、車両前後方向に沿って車幅方向内外各側から交互にアーク溶接(当例ではミグ溶接)することにより互いに接合されている(図5中の符号w参照)。
【0067】
サイドシル8は、上述したように、下方フランジ部85と上方フランジ部86とを、互いの重複部分93を溶接することにより、アッパ側閉断面部83とロア側閉断面部84の各車幅方向内端同士を上下方向に連結する連結壁90として一体化することができる。
【0068】
これによりサイドシル8は、サイドシルアッパ81とサイドシルロア82との夫々の閉断面部83,84が連結壁90を介して上下方向に互いに離間して配設され、これら上下各側の閉断面部83,84と連結壁90との間に、車幅方向外側に向けて開口する凹部91を有して構成される(図4(b)、図5参照)。
【0069】
図2に示すように、サイドシル8は、上述したように、車体側部のドア開口部13の下縁13cを形成するように車両前後方向に延びている。また、サイドシル8は、アッパ側閉断面部83、すなわち該サイドシル8の上端が前方程下方に位置するように車両前後方向に傾斜して延びている(図2図4(a)(b)参照)。
【0070】
これらにより、ドア開口部13の下縁13cを、アッパ側閉断面部83に沿って車両後方程上方へ位置するように傾斜して形成することができる(図2参照)。
従って、ドア開口部13が、車両前後方向の全体に亘って不用意に大きくなることを抑制しつつ、車両前側が車両後側と比して下方へ位置させることができるため、乗員がドア開口部13を介して車室空間に対して乗降する際におけるスムーズな乗降を可能としている。
【0071】
上述したサイドシル8と前後各側のピラー11,12とはアーク溶接(当例ではミグ溶接)により一体に接合されている。
詳述すると図4(b)に示すように、本実施形態におけるアッパ側閉断面部83とロア側閉断面部84は共に、ヒンジピラー11と車両前後方向において重複するように車両前後方向に延びている。当例においては、アッパ側閉断面部83は、車両前後方向において前端がヒンジピラー11の前端と略同じ位置まで延びている。一方、ロア側閉断面部84は、車両前後方向においてアッパ側閉断面部83およびヒンジピラー11の各前端よりも車両前方へ延出する前方延出部84fを備えて一体形成されている。但し、前方延出部84fは前端がタイヤストッパフレーム17の前端よりも車両後方に位置するまで車両前方へ延出している。
【0072】
また図3図4に示すように、ヒンジピラー11は、サイドシル8の前部において、車両上方程車両前方に位置するように傾斜した姿勢でアッパ側閉断面部83の車幅方向内側部分から車両上方へ突き出すようにロア側閉断面部84に立設されている。ヒンジピラー11は、内部に長手方向に対する直交断面が閉断面となる矩形状に押出成形されたアルミ合金製の押出し部材である。
【0073】
このようなヒンジピラー11は、アッパ側閉断面部83と連結壁90とロア側閉断面部84との各対向部位においてアーク溶接等により一体に接合されている。
【0074】
一方、リヤピラー12は、サイドシル8の後部において、車両上方程車両後方に位置するように傾斜した姿勢でアッパ側閉断面部83の車幅方向内側部分から車両上方へ突き出すようにロア側閉断面部84に柱状に立設されている。また、リヤピラー12は、内部に長手方向に対する直交断面が閉断面となる矩形状に押出成形されたアルミ合金製の押出し部材である。
【0075】
このようなリヤピラー12は、アッパ側閉断面部83と連結壁90とロア側閉断面部84との各対向部位においてアーク溶接等により一体に接合されている。
【0076】
図3(b)に示すように、上述したタイヤストッパフレーム17は、耐スモールオーバーラップ衝突用レインフォースメント(SORB用レイン)とも称し、スモールオーバーラップ衝突時に後退する前輪Hf(図1図2参照)を受け止めて該前輪Hfが車室部1内へ侵入することを抑制するためのフレームである。
【0077】
タイヤストッパフレーム17は、後端がヒンジピラー11の前面に接合されるとともに、前端が前輪Hfの最後端の手前に至る位置まで車両前後方向に水平に延びている。これにより、タイヤストッパフレーム17は、前端が前輪Hfの最後端に対して車両後方に離間した位置に配設されている(図1図2参照)。また図4に示すように、タイヤストッパフレーム17は、車両前後方向の直交断面が閉断面形状となるように押し出し成形にて形成されている。
【0078】
また図1図2に示すように、排気装置30のうち、GPF31と第1プリサイレンサ32と第2プリサイレンサ33は、夫々車体側部(当例では車両右側部)の下部に沿って車両後方へこの順に配置されている。
【0079】
詳しくは、GPF31は、フィルタ31aaが内蔵された本体部31aと、該本体部31aに対して幅小に形成される接続部分31bとを備えている。GPF31は、主に本体部31aが、車体下部における、ヒンジピラー11よりも車両前方かつタイヤストッパフレーム17よりも車幅方向外側に配置されている。
【0080】
また、サイドシル8のロア側閉断面部84の前部に備えた上述の前方延出部84fは、タイヤストッパフレーム17よりも車幅方向外側に配置されたGPF31の直下まで延びている。そして、GPF31は、前方延出部84fの上面部に載置されるように支持されている。
【0081】
GPF31の本体部31aと、該本体部31aよりも車幅方向内側に有するエンジン23(排気マニホールド24)とは、これらの間において車幅方向に延びる接続部35A(以下、「第1接続部35A」と称する)によって接続されている。
【0082】
第1接続部35Aは、排気装置30の一部として備えた排気管35aによって形成されている。また、車両平面視において、GPF31とエンジン23との間には、タイヤストッパフレーム17が介在するが、第1接続部35Aは、タイヤストッパフレーム17の下方に有する空間Sd(図4(b)参照)を横切るようにして車幅方向に延びている。
【0083】
図2図4(a)に示すように、第1プリサイレンサ32は、ドア開口部13の下縁13cに備えたサイドシル8に沿って車両前後方向に長尺に形成されている。第1プリサイレンサ32は、車両前後方向の全長に亘って略一定の車幅方向の長さを有して形成されるとともに、車両後方程徐々に高くなるように傾斜する車両側面視形状に形成されている。
【0084】
一方、凹部91は、第1プリサイレンサ32の車両前後方向の長さに対して若干長い車両前後方向の長さを有して形成されている。さらに凹部91は、第1プリサイレンサ32の車両上下方向の長さに対して若干長い車両上下方向の長さを有するとともに上述した第1プリサイレンサ32の車両側面視形状に対応して車両後方程徐々に高くなる傾斜形状に形成されている。
【0085】
そして図3図5に示すように、第1プリサイレンサ32は、車幅方向における少なくとも一部がサイドシル8と重複するように該サイドシル8の車幅方向内端よりも車幅方向外側に配置されている。すなわち、第1プリサイレンサ32は、車両前後方向の全長に亘って、車幅方向の外側部分を除いた全体がサイドシル8の凹部91に収容されている(図3参照)。
【0086】
ここで当例においては、サイドシル8の凹部91に第1プリサイレンサ32を収容した実施形態について説明するが、第1プリサイレンサ32以外の排気系部材を収容してもよい。
【0087】
また、排気系部材を凹部91に収容とは、排気系部材の車幅方向の全体に限らず、排気系部材の車幅方向の少なくとも一部が、サイドシル8の車幅方向の最も外側の位置よりも車幅方向内側に配設されている場合も含むものとする。
【0088】
つまり、排気系部材を凹部91には、排気系部材の車幅方向の全体に限らず、少なくとも一部が、サイドシル8の車幅方向の凹部91に相当する部分と車幅方向で重複する場合も含まれるものとする。
【0089】
さらに、排気系部材の車幅方向の少なくとも一部が重複するとは、乗員がサイドシル8を跨いで車両に乗降時に熱を感じ難い重複量であればよく、具体的には図5に示すように、当例のように凹部91に排気系部材として第1プリサイレンサ32を収容する場合を例に採り説明すると、第1プリサイレンサ32のサイドシルの車幅方向の凹部91に相当する部分の長さ(Wr)が、第1プリサイレンサ32の車幅方向の長さ(Wo)に対して50%以上であることが望ましい。
【0090】
このような収容状態において第1プリサイレンサ32は、車幅方向内端がサイドシル8の連結壁90(車幅内壁)よりも車幅方向外側に配置されるとともに、ロア側閉断面部84の上面部に載置されるように支持されている。
【0091】
この状態において第1プリサイレンサ32は、サイドシルアッパ81に備えた庇部87およびアッパ側閉断面部83と車幅方向に重複するように配置されている。
すなわち、サイドシル8における、庇部87およびアッパ側閉断面部83は、第1プリサイレンサ32を、その直上から覆うように設けられている。
【0092】
また図3図4(a)に示すように、ヒンジピラー11に対して車両前方に配置されたGPF31と、その車両後方に配置された第1プリサイレンサ32とは、接続部35B(以下、「第2接続部35B」と称する)によって接続されている。
【0093】
第2接続部35Bは、排気管35aと、GPF31に備えた接続部分31bとで形成されている。なお、GPF31に備えた接続部分31bは、GPF31の本体部31aの後端から車両後方へ延びる管状に形成されており、排気管35aを前部から嵌め込んで接続されている。
【0094】
図3に示すように、第2接続部35Bは、GPF31と第1プリサイレンサ32との双方よりも車幅方向の長さが小さく形成されている。また、第2接続部35Bは、ヒンジピラー11を車両前後方向に跨ぐようにヒンジピラー11に対して極力近接する車幅方向外側の位置において略水平に延びている。さらに、第2接続部35Bは、ヒンジピラー11に対して、車両前方に配置されたGPF31と、車両後方に配置された第1プリサイレンサ32とを接続可能にヒンジピラー11の車両前後方向の長さよりも長尺に形成されている。
【0095】
上述したように、排気管35aを極力、ヒンジピラー11の側に寄せて(車幅方向内側に)配置しつつ、GPF31と排気管35aと第1プリサイレンサ32を車両前後方向に沿って略直線状に配置した状態において、第1プリサイレンサ32は、少なくともヒンジピラー11の車幅方向外面よりも車幅方向内側部分がサイドシル8の凹部91に収容される一方でGPF31(特にGPF31本体部31a)は、上述したようにタイヤストッパフレーム17よりも車幅方向外側に配置される。
【0096】
また上述したように、サイドシル8のサイドシルアッパ81、すなわち、庇部87およびアッパ側閉断面部83は、車両前後方向において、前端がヒンジピラー11の前端と略同じ位置まで形成されている(図2図4(a)(b)参照)。
【0097】
このため、これら庇部87およびアッパ側閉断面部83は、第1プリサイレンサ32のみならず、ヒンジピラー11の車幅方向外側に配置される第2接続部35Bも含めて車両上方から覆うように該第2接続部35Bに対して上方へ離間した位置に設けられている。
【0098】
また図3図4(a)に示すように、第2プリサイレンサ33は、リヤピラー12に対して前方から後方かつ車幅方向の外側から内側へ回り込む部分に配置されている。
【0099】
このような第2プリサイレンサ33は、本体部33aの前端部において車両前方に備えた第1プリサイレンサ32へと繋がる接続部35C(「第3接続部35C」とも称する)に接続されるとともに、本体部33aの車幅方向内側かつ車両後方部において、車幅方向中央かつ車両後方に備えたメインサイレンサ34(図1参照)へと繋がる接続部35D(「第4接続部35D」とも称する)に接続されている。
【0100】
上述した本実施形態の車両の側部車体構造は、図1図2に示すように、車室空間1sの前縁を画定するダッシュパネル9(隔壁)の前方に搭載されたエンジン23(内燃機関)(図1参照)と、エンジン23から排出される排気が通過する排気装置30と、車室空間1sの床面をなすフロアパネル(フロア)の側方にて車両前後方向に沿って延びるサイドシル8と、を備えた車両の側部車体構造であって、
図4(b)、図5に示すように、サイドシル8は、車両前後方向に直交した断面視で車幅方向外側から車幅方向内側に向けて窪んだ断面を有するとともに車両前後方向に延びる凹部91を有し、図1図3図4(a)、図5に示すように、凹部91に排気装置30に備えた第1プリサイレンサ32(排気装置に備えた排気系部材)を配設したものである。
【0101】
上記構成によれば、第1プリサイレンサ32を、その車幅方向内端がサイドシル8の車幅方向内端よりも車幅方向外側に設けた場合においても、凹部91内に第1プリサイレンサ32の車幅方向の少なくとも一部を位置させることで、車両の拡幅を抑えることができる。
【0102】
従って、車両の拡幅を抑えながら軽量な第1プリサイレンサ32を車幅方向外側にレイアウトすることができるため、重量物を車両中央にレイアウトすることが可能となり、結果として車両の運動性能の向上に寄与することができる。
【0103】
この発明の態様として図3図4(a)に示すように、排気装置30は、排気管35aと排気系部材31,32,33,34を有し、排気系部材31,32,33,34は、排気管35aよりも排気の通過方向(車両前後方向)に直交する断面積が大きいものであるとともに、上記通過方向がサイドシル8の長手方向と略平行になるように凹部91に配設されていることを特徴とする。
【0104】
上記構成によれば、排気管35aよりも排気の通過方向に直交する断面積が大きい排気系部材31,32,33,34が、上記通過方向がサイドシル8の長手方向と略平行になるように凹部91に配設されているため、このような排気系部材31,32,33,34を車体側部に配設する場合における車両の拡幅を抑えることができる。
【0105】
この発明の態様として図2に示すように、サイドシル8の上方には、乗員が車室部1の車室空間に乗降するドア開口部13(開口部)が形成され、図5に示すように、サイドシル8は、第1プリサイレンサ32よりも上方において該第1プリサイレンサ32と車幅方向に重複するサイドシルアッパ81を有するものである。
【0106】
上記構成によれば、乗員がドア開口部13を通じて車室部1の車室空間に対して乗り降りする際に、第1プリサイレンサ32からの放熱により、乗員に及ぶ熱害を抑制することができる。
【0107】
詳述すると、車両の運動性能向上のために第1プリサイレンサ32をサイドシル8に対して車幅方向外側に隣接して設けた場合には、乗員がドア開口部13を通じて車室部1の車室空間に乗り降りする際に、第1プリサイレンサ32からの放出される熱に起因して乗員が熱さを感じる等の熱害が懸念される。
【0108】
これに対して、本実施形態においては、凹部91の上辺部分としてのサイドシルアッパ81によって第1プリサイレンサ32を上方から覆うことができ、サイドシルアッパ81を第1プリサイレンサ32からの放熱に対する遮熱部材として機能させることができる。
【0109】
従って、乗員がドア開口部13を通じて車室部1の車室空間に対して乗り降りする際に、第1プリサイレンサ32からの放熱により、乗員に及ぶ熱害を抑制することができる。
【0110】
この発明の態様として図5に示すように、サイドシルアッパ81は、内部に閉断面空間83sを有するアッパ側閉断面部83を備えたものである。
【0111】
上記構成によれば、サイドシルアッパ81におけるアッパ側閉断面部83の内部に有する閉断面空間83sより、乗員が車室部1の車室空間に対して乗り降りする際に、乗員に対して、より一層熱を感じ難くさせることができる。
【0112】
この発明の態様として図5に示すように、サイドシルアッパ81のアッパ側閉断面部83の車幅方向外端には、該車幅方向外端から車幅方向外方かつ下方に向かって延び、第1プリサイレンサ32を上方から覆う庇部87が設けられたものである。
【0113】
上記構成によれば、庇部87は、サイドシルアッパ81の車幅方向外側から車幅方向外方だけでなく下方にも延びるため、第1プリサイレンサ32から上方へ放出される熱の遮断量をより高めつつ遮断範囲をより広げることができる。
【0114】
従って、乗員が車室部1の車室空間に対して乗り降りする際に、乗員に対して、より一層熱を感じ難くさせることができる。
【0115】
この発明の態様として図2図4(a)に示すように、第1プリサイレンサ32は、ドア開口部13の下縁13cに沿って車両前後方向に長尺に形成されるとともに、車両前後方向の前方よりも後方が高くなるように形成されたものであり、サイドシルアッパ81は、第1プリサイレンサ32の車両側面視形状に対応して車両前後方向の前方よりも後方が高くなるように形成されたものである。
【0116】
上記構成によれば、サイドシルアッパ81を前方よりも後方が高くなるように形成することで、ドア開口部13の下縁13c(図2参照)を、前側部分が後側部分と比して低くなるように形成することができる。従って、乗員がドア開口部13を通じて車室部1の車室空間に対する乗り降りをスムーズに行うことができる。
【0117】
一方例えば、第1プリサイレンサ32と、該第1プリサイレンサ32を上方から覆うサイドシルアッパ81との間に、車幅方向外側へ開放する隙間(空間)が形成された場合には、第1プリサイレンサ32から放出された熱が、隙間を通じて車幅方向外側から車両上方へと拡散し、乗員に熱害が及ぶことが懸念される。
【0118】
これに対して、上述したように、サイドシルアッパ81を第1プリサイレンサ32の車両側面視形状に対応して形成することで、凹部91に配設された第1プリサイレンサ32を該サイドシルアッパ81によって上方からしっかりと覆うことができるため、サイドシル8を第1プリサイレンサ32からの放熱に対する遮熱部材として有効に機能させることができる。
【0119】
この発明は、上述の実施例の構成のみに限定されるものではなく様々な実施形態で形成することができる。
例えば、上述した実施形態においては、サイドシル8の凹部91に第1プリサイレンサ32が配設された実施形態について説明したが、本発明は、この実施形態に限定せず、サイドシル8の凹部91には、他の排気系部材31,33,34を配設したり、排気管35aのみを配設してもよい。
【0120】
なお、凹部91に排気管35aのみを収容(配設)する場合においても第1プリサイレンサ32等の排気系部材と同様に、排気管35aの幅方向の全体に限らず、少なくとも一部が凹部91に収容された構成であってもよい。
【符号の説明】
【0121】
1s…車室空間
4…フロアパネル(フロア)
8…サイドシル
9…ダッシュパネル(隔壁)
13…ドア開口部(開口部)
13c…ドア開口部の下縁(開口部の下縁)
23…エンジン(内燃機関)
30…排気装置
32…第1プリサイレンサ(排気系部材)
81…サイドシルアッパ(サイドシルアッパ部)
83s…閉断面空間(サイドシルアッパ部の内部に有する閉断面空間)
87…庇部
91…凹部
図1
図2
図3
図4
図5