特許第5725090号(P5725090)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ ソニー株式会社の特許一覧
<>
  • 特許5725090-イヤホン 図000002
  • 特許5725090-イヤホン 図000003
  • 特許5725090-イヤホン 図000004
  • 特許5725090-イヤホン 図000005
  • 特許5725090-イヤホン 図000006
  • 特許5725090-イヤホン 図000007
  • 特許5725090-イヤホン 図000008
  • 特許5725090-イヤホン 図000009
  • 特許5725090-イヤホン 図000010
  • 特許5725090-イヤホン 図000011
  • 特許5725090-イヤホン 図000012
  • 特許5725090-イヤホン 図000013
  • 特許5725090-イヤホン 図000014
  • 特許5725090-イヤホン 図000015
  • 特許5725090-イヤホン 図000016
  • 特許5725090-イヤホン 図000017
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B2)
(11)【特許番号】5725090
(24)【登録日】2015年4月10日
(45)【発行日】2015年5月27日
(54)【発明の名称】イヤホン
(51)【国際特許分類】
   H04R 1/10 20060101AFI20150507BHJP
【FI】
   H04R1/10 104B
【請求項の数】18
【全頁数】15
(21)【出願番号】特願2013-135957(P2013-135957)
(22)【出願日】2013年6月28日
(62)【分割の表示】特願2013-23155(P2013-23155)の分割
【原出願日】2006年1月12日
(65)【公開番号】特開2013-179719(P2013-179719A)
(43)【公開日】2013年9月9日
【審査請求日】2013年6月28日
【前置審査】
(73)【特許権者】
【識別番号】000002185
【氏名又は名称】ソニー株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】100082740
【弁理士】
【氏名又は名称】田辺 恵基
(72)【発明者】
【氏名】松尾 伴大
(72)【発明者】
【氏名】太田 貴志
(72)【発明者】
【氏名】投野 耕治
(72)【発明者】
【氏名】伊藤 智広
【審査官】 下林 義明
(56)【参考文献】
【文献】 特開2005−191663(JP,A)
【文献】 特開平07−115695(JP,A)
【文献】 実開平01−137691(JP,U)
【文献】 特開平08−172691(JP,A)
【文献】 特開2003−032772(JP,A)
【文献】 特開平09−307983(JP,A)
【文献】 特開平01−117598(JP,A)
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
H04R 1/10
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
信号が入力されることにより振動する振動板を含むドライバユニットを有し、当該ドライバユニットとの間に第1の空間を形成して隣接対向するハウジング前面と、当該ドライバユニットとの間に第2の空間を形成して隣接対向するハウジング後面とを含んで構成されるハウジングと、
上記ハウジング前面側のハウジング外部から突設する音導管と、
使用者の耳に装着された際に当該使用者の耳珠間切痕に対応する位置に配され上記ハウジングの中心を通る中心線に平行な方向にほぼ沿って上記ハウジング後面側に形成され、上記中心線とは異なる方向に沿って形成され上記第2の空間と上記ハウジング後面側のハウジング外部とを連通する外側孔部が形成されたカバー部材により覆われる孔部と
を有するイヤホン。
【請求項2】
上記孔部は、上記イヤホンが使用者の耳に装着された際に、上記ハウジングにおける上記使用者の耳珠及び対珠に接触しない位置に形成される
請求項1に記載のイヤホン。
【請求項3】
上記孔部よりも後方に配され、上記振動板に上記信号を供給するコードを保持するコード保持部と、
上記コード保持部から外部へ上記コードを引き出すコード引出部と
を有し、
上記孔部は、上記コード保持部から上記コードが引き出されるコード引出方向に沿う軸線上に配される
請求項1又は請求項2に記載のイヤホン。
【請求項4】
上記孔部は、上記ハウジングの中心を通る中心線に平行な方向に沿って上記コード引出部と重なった位置に配される
請求項3に記載のイヤホン。
【請求項5】
上記ハウジングの中心を通る中心線を中心として上記孔部に対し上記コード引出方向とは反対側の位置に配される第2の孔部をさらに有する
請求項3又は請求項4に記載のイヤホン。
【請求項6】
上記孔部と上記第2の孔部とは、上記中心線を中心として互いに対称な位置に配される
請求項5に記載のイヤホン。
【請求項7】
上記孔部は、上記ハウジングの中心を通る中心線に平行な方向に沿って上記イヤホンにおける所定箇所と重なった位置に配される
請求項1乃至請求項3の何れかに記載のイヤホン。
【請求項8】
上記音導管は、上記ハウジング前面側のハウジング外部に対し、上記ハウジング前面側のハウジング外部の中心から上記孔部に向かう方向とは異なる方向へ突設する
請求項1乃至請求項7の何れかに記載のイヤホン。
【請求項9】
上記音導管は、上記ハウジング前面側のハウジング外部に対し、上記ハウジング前面側のハウジング外部の中心から上記孔部に向かう方向とは略90度異なる方向へ突設する
請求項8に記載のイヤホン。
【請求項10】
上記孔部よりも後方に配され上記振動板に上記信号を供給するコードを保持するコード保持部は、略円筒形状である
請求項3乃至請求項9の何れかに記載のイヤホン。
【請求項11】
上記孔部よりも後方に配され上記振動板に上記信号を供給するコードを保持するコード保持部は、使用者が上記イヤホンの装着時に指先で掴むことができる形状である
請求項3乃至請求項10の何れかに記載のイヤホン。
【請求項12】
上記音導管は、上記ハウジング前面側のハウジング外部の中心から外周方向にオフセットされた位置から突設する
請求項1乃至請求項11の何れかに記載のイヤホン。
【請求項13】
上記ハウジングは、上記ハウジング前面を含むハウジング前部と上記ハウジング後面を含むハウジング後部とを含んで構成され、当該ハウジング前部の一部と当該ハウジング後部の一部とはリング部材で覆われている
請求項1乃至請求項12の何れかに記載のイヤホン。
【請求項14】
上記リング部材は、上記孔部の少なくとも一部を覆う
請求項13に記載のイヤホン。
【請求項15】
上記リング部材の素材は、ゴムである
請求項13又は請求項14に記載のイヤホン。
【請求項16】
音楽プレーヤから供給される音声信号に応じた音を発生させる
請求項1乃至請求項15の何れかに記載のイヤホン。
【請求項17】
音楽再生装置から供給される信号により上記振動板を振動させて音を発生させる
請求項1乃至請求項15の何れかに記載のイヤホン。
【請求項18】
上記ドライバユニットは、上記ハウジング内に配される1つのドライバユニットである
請求項1乃至請求項15の何れかに記載のイヤホン。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、イヤホンに関し、例えば耳栓型のイヤホンに適用して好適なものである。
【背景技術】
【0002】
従来、イヤホン装置においては、筐体部分のハウジングに収納されたドライバユニットの中にある振動板を、携帯型ミュージックプレーヤ等から供給される音声信号に応じて振動させ、空気の粗密状態を変化させることにより、当該音声信号に応じた音を発生するようになされている。
【0003】
例えば、ラテラル・イン・ジ・イヤー形式のイヤホン装置では、ユーザの耳珠及び対珠によって当該イヤホン装置のハウジングを支持することにより、当該イヤホン装置をユーザの耳に装着し得るようになされている(例えば、特許文献1参照)。
【0004】
かかる構成のイヤホン装置においては、耳介の形状がユーザによってそれぞれ異なるため、ユーザが当該イヤホン装置を装着した際に、当該ハウジングと外耳道との間に隙間ができ、その隙間に音声が漏れてしまうという問題点があった。
【0005】
さらに、かかる構成のイヤホン装置においては、耳珠及び対珠の形状や大きさがユーザによってそれぞれ異なるため、ユーザによっては、当該ハウジングを耳珠と対珠によって支持できず、装着状態を長時間維持できない等、装着性が悪いという問題点もあった。
【0006】
一方、バーチカル・イン・ジ・イヤー形式のイヤホン装置では、振動板が直接ユーザの外耳道の入口に対向した状態で配置されるものであり、外耳道入口周辺の形状の影響を比較的受けにくいため、安定した音質の音声をユーザに提供し得るようになされている(例えば、特許文献2参照)。
【0007】
かかる構成のイヤホン装置においては、ユーザが装着する際のヘッドバンドやイヤハンガー等、耳に保持するための保持具が必要となり、携帯性に関して優れていないという問題点やヘッドバンドが頭部に位置することにより、ユーザの髪型が乱れてしまうという問題点があった。
【0008】
ラテラル・イン・ジ・イヤー形式のイヤホン装置及びバーチカル・イン・ジ・イヤー形式のイヤホン装置の問題点を解決するものとして、図15(A)、(B)及び(C)に示すように、装着した際に外耳道に合致した形状となるイヤピース31、イヤピース31の内部に設けられた略円筒状の音導管32、当該音導管32が取り付けられた略球形状でなるハウジング33、ハウジング33とで一体形成されたコード保持部34、及びハウジング33の内部のドライバユニット(図示せず)に接続されたコード7によって構成される耳栓型のイヤホン装置30がある。
【0009】
ここで、図15(A)は、イヤホン装置30をY−Z平面から見た側面図であり、図15(B)はイヤホン装置30をX−Z平面から見た背面図であり、図15(C)はイヤホン装置30をX−Y平面から見た上面図である。
【0010】
ハウジング33は、コード7を介して供給される音声信号に従い、ドライバユニット内の振動板を振動させることにより、音声信号に応じた音を発生し得るようになされている。
【0011】
音導管32は、ハウジング33の正面側の中央部に突設されており、装着時には、イヤピース31を介して外耳道に挿入され、ハウジング33のドライバユニットを介して出力された音を外耳道へ導出するようになされている。
【0012】
イヤピース31は、弾性材料により形成され、その形状が自由に変形し得るようになされているため、外耳道に挿入されると、当該外耳道に密着し、ユーザの耳に対して密着した装着状態を維持し得ると共に、柔らかな装着感を提供し得るようになされている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0013】
【特許文献1】特公平6−81351号公報
【特許文献2】特公平6−59120号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0014】
ところでかかる構成のイヤホン装置30では、イヤホン装置30を装着したユーザをA1−A1’断面にした上面図16(A)に示すように、ハウジング33が耳珠22に接触することがないように、ハウジング33の幅W2が制限されていることに伴い、ハウジング33の内部に収納されている振動板(図示しない)の大きさも制限されることになるため、振動板が小さくなっている。
【0015】
これにより、イヤホン装置30は、低音を出力するために圧縮又は引っ張ることができる振動板前方の空気の量が少ないだけでなく、当該空気自体が当該振動板の脇に逃げてしまうことが多いため、空気の粗密状態を十分に変化させることができず、効率良く低音を出力することができない。
【0016】
また、イヤホン装置30を装着したユーザをA1−A1’断面にした上面図16(B)に示すように、ハウジング33の幅W2よりも一段と拡げた幅W3のハウジング34を用いたイヤホン装置35では、ハウジング34の幅W3を拡げた分、その内部に収納された振動板を大きくすることができるが、ユーザの耳に装着された際、ハウジング34と耳珠22とが接触してしまい、装着状態を維持すること、あるいは装着すること自体が困難になる。
【0017】
従って、耳栓型のイヤホン装置30では、装着状態を良くするためには、どうしても振動板の大きさが制限されることになるため、十分良好な音質の音声を提供できず、また、逆に振動板を大きくすると装着性が悪化してしまうという問題点があった。
【0018】
本発明は以上の点を考慮してなされたもので、装着感が良く、且つ良好な音質の音声を提供し得るイヤホン装置を提案しようとするものである。
【課題を解決するための手段】
【0019】
かかる課題を解決するため本発明のイヤホンにおいては、信号が入力されることにより振動する振動板を含むドライバユニットを有し、当該ドライバユニットとの間に第1の空間を形成して隣接対向するハウジング前面と、当該ドライバユニットとの間に第2の空間を形成して隣接対向するハウジング後面とを含んで構成されるハウジングと、ハウジング前面側のハウジング外部から突設する音導管と、使用者の耳に装着された際に当該使用者の耳珠間切痕に対応する位置に配されハウジングの中心を通る中心線に平行な方向にほぼ沿ってハウジング後面側に形成され、中心線とは異なる方向に沿って形成され第2の空間とハウジング後面側のハウジング外部とを連通する外側孔部が形成されたカバー部材により覆われる孔部とを設けるようにする。
【0020】
これにより、ユーザがイヤホンを耳に装着した際、ハウジングを耳珠に接触させることなく、従来に比してハウジングの幅を拡げられることが可能になることに伴い、ハウジングに収納されているドライバユニット内にある振動板の口径を拡げ、ユーザに対して装着性が良い状態で、高音質な音を聴取させることができる。
【発明の効果】
【0021】
上述のように本発明によれば、信号が入力されることにより振動する振動板を含むドライバユニットを有し、当該ドライバユニットとの間に第1の空間を形成して隣接対向するハウジング前面と、当該ドライバユニットとの間に第2の空間を形成して隣接対向するハウジング後面とを含んで構成されるハウジングと、ハウジング前面側のハウジング外部から突設する音導管と、使用者の耳に装着された際に当該使用者の耳珠間切痕に対応する位置に配されハウジングの中心を通る中心線に平行な方向にほぼ沿ってハウジング後面側に形成され、中心線とは異なる方向に沿って形成され第2の空間とハウジング後面側のハウジング外部とを連通する外側孔部が形成されたカバー部材により覆われる孔部とを設けるようにすることにより、ユーザがイヤホンを耳に装着した際、ハウジングを耳珠に接触させることなく、従来に比してハウジングの幅を拡げられることが可能になることに伴い、ハウジングに収納されているドライバユニット内にある振動板の口径を拡げ、ユーザに対して装着性が良い状態で、高音質な音を聴取させることができ、かくして装着感が良く、且つ良好な音質の音声を提供し得るイヤホンを実現することができる。
【図面の簡単な説明】
【0022】
図1】本発明によるイヤホン装置を示す側面図である。
図2】本発明によるイヤホン装置を示す背面図である。
図3】本発明によるイヤホン装置を示す下面図である。
図4】本発明によるイヤホン装置の左耳装着部を示す上面図である。
図5】本発明によるイヤホン装置の左耳装着部を示す側面図である。
図6】本発明によるイヤホン装置の左耳装着部を示す背面図である。
図7】イヤホン装置のオフセット及び傾きの説明に供する略線図である。
図8】測定用イヤホン装置を示す上面図である。
図9】測定用イヤホン装置装着時を示す側面図である。
図10】測定用イヤホン装置装着時を示す上面図である。
図11】測定結果を示す略線図である。
図12】イヤホン装置の装着状態を示す側面図である。
図13】イヤホン装置の装着状態を示す上面図である。
図14】他の実施形態における音導管のオフセット及び傾きの説明に供する略線図である。
図15】従来のイヤホン装置の構造を示す略線図である。
図16】従来のイヤホン装着時を示す上面図である。
【発明を実施するための形態】
【0023】
以下、図面について、本発明の一実施の形態を詳述する。
【0024】
(1)イヤホン装置の外観構成
図15との対応部分に同一符号を付した図1図3に示すように、1は全体として本発明のイヤホン装置を示し、装着された際にユーザの外耳道に合致した形状となるイヤピース3、当該イヤピース3の内部に設けられた略円筒状の音導管4、当該音導管4が取り付けられた略球形状でなるハウジング5、ハウジング5と一体形成された略円筒形状のコード保持部6、及びハウジング5の内部のドライバユニットに接続されたコード7によって構成されている。
【0025】
ここで図1は、イヤホン装置1をY−Z平面から見た側面図であり、図2は、イヤホン装置1をX−Z平面から見た背面図であり、図3はイヤホン装置1をX−Y平面から見た下面図である。
【0026】
イヤホン装置1は、図1に示したように、携帯型ミュージックプレーヤ等(図示せず)に接続されたコード7を介して当該携帯型ミュージックプレーヤ等から供給される音声信号に応じて、ハウジング5の内部に収納されたドライバユニット(図示せず)内の振動板(図示せず)を振動させることにより、振動板前面にある空気の粗密状態を変化させ、音声信号に応じた音を発生し得るようになされている。
【0027】
なお、イヤホン装置1のコード保持部6は、ハウジング5から引き出されるコード7の引き出し位置を固定すると共に、装着時にユーザがコード保持部6を指先で掴むことができるようになされている。
【0028】
音導管4は、図1及び図3に示したように、ハウジング5の前面側に当該ハウジング5の表面と一体に突設されており、ユーザの耳にイヤホン装置1が装着された際、音導管先端部4Aから外耳道23(図16)へ音を導出するようになされている。
【0029】
また、音導管4は、その材質としてABS(Acrylonitril Butadiene Styrene)樹脂が用いられていることにより、ハウジング5から出力された音声を漏らすことなく外耳道23へ音を導出するようになされている。
【0030】
また、イヤピース3は、その材質としてシリコンゴムが用いられていることにより、弾性力を有し、ユーザの耳にイヤホン装置1が装着された場合、外耳道23の形状に合わせて変形し、密着することができ、音導管4から導出される音を外部に漏らさないようになされている。
【0031】
(2)イヤホン装置の内部構成
次に、イヤホン装置1の内部構成を図1との対応部分に同一符号を付した図4図6を用いて説明する。
【0032】
図4は、イヤホン装置1をA2−A2’断面にしたときの、上面図であり、図5は、イヤホン装置1をA3−A3’断面にしたときの、側面図であり、図6は、イヤホン装置1をA4−A4’断面にしたときの、背面図である。
【0033】
ハウジング5は、図4及び図5に示したように、プラスチックで形成されるハウジング前部5Aとハウジング後部5Bとが超音波溶着接合され、内部空間の十分な気密状態を保持するようになされている。
【0034】
また、ハウジング5は、ハウジング前部5Aとハウジング後部5Bとが超音波溶着接合されることにより形成されるが、その際に溶け出した樹脂が外部に漏れるため、当該樹脂を保護及び隠蔽するためにゴムリング16で密閉されている。
【0035】
さらにハウジング5は、従来のハウジング33の幅W2(図16(A))よりも大きな幅W1に形成されており、それに伴って、従来のハウジング33に収納されている振動板(図示しない)よりも大きな振動板15を収納することができるようになされている。
【0036】
また、図5及び図6に示したように、コード保持部6には、コード7のコード結び玉11が収納されており、ユーザにより、コード7が引っ張られたときにコード7がハウジング5から抜け落ちることを防止するストッパとしての役割を果たすようになされている。
【0037】
ハウジング5に収納されているドライバユニット12は、図4及び図5に示したように、マグネット13、ボイスコイル14及び振動板15によって構成され、マグネット13により構成された磁気回路中に、ボイスコイル14を有した振動板15が配置され、ボイスコイル14にコード7を介して入力された音声信号に従い、振動板15を駆動し、当該振動板15の前の空気に対して粗密状態を変化させることにより、当該音声信号に応じた音を、音導管4を介して外部へ導出するようになされている。
【0038】
(3)音導管のオフセット及び角度の設定方法
ところでイヤホン装置1(図3)は、従来のイヤホン装置30(図15(C))と比較すると、ハウジング5の前面側に突設している音導管4がハウジング5の中心線L1よりもX方向側に取り付けられており、つまり音導管4がハウジング5の中心線L1を基準として所定のオフセット量だけオフセットされている。
【0039】
また、イヤホン装置1は、従来のイヤホン装置30と比較すると、音導管先端部4Aがハウジング5の中心線L1から離れる方向に向いており、つまり音導管4がY軸に対して所定角度(以下これを傾斜角度という)だけ傾けられている。
【0040】
図7に示すように音導管4のオフセット量及び傾斜角度に関しては、イヤホン装置1をA2−A2’断面にしたときの、上面図を用いて説明する。
【0041】
ここでハウジング前部5Aの前面における中心の点(以下これをハウジング前部中点P1と呼ぶ)と、コード保持部6の背面における中心の点(以下これをコード保持部中点P2と呼ぶ)とを結ぶことによりハウジング5の中心線L1が引かれ、音導管先端部4Aの中心の点(以下これを音導管先端中点P3と呼ぶ)を通る音導管4の中心軸線L2とハウジング5の中心線L1との交点P5を中心とした傾斜角度AR1が音導管4のハウジング5に対する傾きとし、X−Y平面上において中心線L1からX軸方向の、音導管4の中心軸線L2とハウジング前部5Aの交点(以下これを音導管根元点P4と呼ぶ)までの距離をオフセット量OF1と定義する。
【0042】
(3−1)音導管のオフセット設定方法
このオフセット設定方法では、実際の人の耳から型を取ることにより作成されたダミー耳を測定することによりオフセット量OF1が定められるようになされており、本実施例では、例えば5[mm]と設定されている。
【0043】
(3−2)音導管の傾斜角度設定方法
続いて、音導管4のハウジング5の前面に対する傾斜角度AR1の角度設定手順を以下に説明する。
【0044】
この傾斜角度設定方法では、最初に、図8に示すように、コード保持部6の背面側に測定棒17が接着された測定用イヤホン装置8を用意する。当該測定用イヤホン装置8のオフセット量OF1を5[mm]、音導管4のハウジング5の前面に対する傾斜角度を例えば40[°]に設定する。
【0045】
次に、この傾斜角度設定方法では、測定対象として任意の人を選び、図9に示すように測定用イヤホン装置8を装着させ、図10に示すように、測定用イヤホン装置8を装着した状態における測定棒17の頭部側面に対する傾斜角度AR2を測定する。
【0046】
さらに、傾斜角度設定方法では、傾斜角度AR2の測定結果を集計し、傾斜角度AR2平均値を求めた後、測定用イヤホン装置8の音導管4のハウジング5の前面に対する傾斜角度である40[°]から傾斜角度AR2の平均値を減算した結果を音導管4の傾斜角度AR1とする。
【0047】
この傾斜角度設定方法では、上述の傾斜角度AR2の測定を任意の33人に対して行い、その測定結果を図11に示す表に纏め、傾斜角度AR2の平均値を求めた結果、傾斜角度AR2の平均値が7[°]となり、測定用イヤホン装置8の傾斜角度40[°]から傾斜角度AR2の平均値7[°]を減算し、音導管4の傾斜角度AR1を33[°]と設定するようになされている。
【0048】
ちなみに、本実施の形態では、上述の傾斜角度AR2の測定を33人に対して行ったが、その他種々の人数に対して行っても良い。
【0049】
従ってイヤホン装置1は、上記のオフセット設定方法と傾斜角度設定方法に基づいてハウジング5に音導管4を突設する位置及び傾斜角度を定めることにより、ハウジング5の幅W1が従来のハウジング33の幅W2と比して大きい場合でも、一般的な耳の形状のユーザに対し良好な装着感を提供し得るようになされている。
【0050】
(4)イヤホン装置の装着
イヤホン装置1は、イヤピース3が外耳道23(図16)に挿入されることにより、ユーザの耳に装着され得るようになされている。図12は、ユーザがイヤホン装置1を装着した状態を示し、図13は、イヤホン装置1を装着したユーザをA1−A1’断面にしたときの、上面図を示す。
【0051】
図13に示したように、イヤホン装置1は、装着状態において、ハウジング5が太破線で示す耳甲介腔21内に位置し、弾性力を有するイヤピース3が外耳道23内に挿入された際、当該外耳道23の形状に合わせて変形することにより、外耳道23に密着し、装着状態を長時間維持し得るようになされている。
【0052】
このイヤホン装置1では、ハウジング5の幅W1が従来のイヤホン装置30(図16(A))のハウジング33の幅W2よりも、大きく形成されていることに伴い、ハウジング5に収納されているドライバユニット内の振動板15(図4)についても従来と比して大きくすることが可能となる。具体的には、従来のイヤホン装置30の振動板の口径が9[mm]であることに対し、イヤホン装置1の振動板15の口径K(図4)を13.5[mm]とすることができるため、1[mW]の電力で、1[kHz]の音を出力した場合に、従来のイヤホン装置30と比べて、その感度を6〜8[dB]程度向上できることが判明した。
【0053】
(5)動作及び効果
以上の構成において、イヤホン装置1は、ハウジング5の中心線L1を基準線として、音導管4(図7)をX軸方向にオフセット量OF1だけオフセットされ、且つ音導管先端中点P3が中心線L1から離れる方向に向けられていることにより、従来のイヤホン装置30におけるハウジング33の幅W2よりも大きな幅W1のハウジング5を用いても、ユーザの耳珠22(図13)に当該ハウジング5を接触させることなく装着させることができる。
【0054】
またイヤホン装置1では、オフセット量OF1及び傾斜角度AR1を実際の測定結果の平均値に基づいて設定されているため、一般的な耳の形状のユーザによって装着された場合、ハウジング5を耳珠22に接触することがなく、ユーザにとって装着できない又は装着し難いといった点を解消し、良好な装着感を提供することができる。
【0055】
またイヤホン装置1は、ハウジング5の幅W1(図13)を従来のイヤホン装置30におけるハウジング33の幅W2(図16(A))よりも大きく形成したことに伴い、ハウジング5に収納している振動板15(図4)を大きくすることが可能となり、従来よりも低音の効いた高音質の音を提供することができる。
【0056】
さらにイヤホン装置1は、音導管4がハウジングからオフセットされ、かつ傾斜角度AR1だけ傾けられているので、ハウジング5及び振動板15を大きくした場合でも、イヤピース3が外耳道23(図13)に密着して、装着状態を維持することができるので、ユーザに対して快適な装着感を与え得ると共に高音質な音を提供することができる。
【0057】
そして、イヤホン装置1は、ヘッドバンドやイヤハンガーを有していないため上述の特許文献2に示したようなヘッドバンドの部分が頭部に位置することにより、ユーザの髪型を乱すことや、携帯し難いといった点を解消し、使い勝手を一段と向上させている。
【0058】
以上の構成によれば、イヤホン装置1は、装着感が良好で、且つ一段と向上した音質の音を提供することができる。
【0059】
(6)他の実施の形態
なお上述の実施の形態においては、イヤピース3の材料としてシリコンゴムを使用する場合について述べたが、本発明はこれに限らず、例えば、ウレタン系樹脂やアクリル系樹脂等の種々の材料を使用するようにしても良い。
【0060】
また上述の実施の形態においては、音導管4の材料としてABS樹脂を使用する場合について述べたが、本発明はこれに限らず、例えば、ポリプロピレンやポリスチレン等の他の種々の樹脂を使用するようにしても良い。
【0061】
さらに上述の実施の形態においては、音導管4の材料としてABS樹脂のみを使用するようにした場合について述べたが、本発明はこれに限らず、音導管の根元の材料としてエラストマー樹脂を使用し、音導管の根元以外の材料として例えばABS等の柔軟性のある樹脂を使用し、所謂二色成形の材料を音導管4の材料として使用しても良い。
【0062】
この場合、音導管4は、音導管根元以外の部分が柔軟性を有することにより、音導管先端部4Aを曲げることが可能になり、ユーザの耳に装着する際、音導管4及びイヤピース3をより装着感の良い方向に曲げて装着させることができる。
【0063】
さらに上述の実施の形態においては、振動板15の口径K(図4)を13.5[mm]とするようにした場合について述べたが、本発明はこれに限らず、ハウジング5が耳甲介腔21(図13)の範囲内に位置することができれば、口径Kを13.6[mm]、13.4[mm]等の種々の口径Kとしても良い。この場合、イヤホン装置1は、振動板15の口径Kを13.5[mm]としている場合とほぼ同様に、ユーザに対して装着性が良い状態で、高音質な音を聴取させることができる。
【0064】
さらに上述の実施の形態においては、音導管4の傾斜角度AR1を33[°]に設定するようにした場合について述べたが、本発明はこれに限らず、測定対象人数及び測定結果として10 [°]〜60 [°]でも対応可能である。しかしながら多くの測定対象者が装着時の良好なフィット感が得られたのは30[°]〜50[°]であった。
【0065】
さらに上述の実施の形態においては、オフセット量OF1を5[mm]に設定するようにした場合について述べたが、本発明はこれに限らず、測定対象者を外人とした場合等では例えば3〜7[mm]に設定するようにしてもよい。
【0066】
さらに上述の実施の形態においては、傾斜角度AR1は、音導管4の中心軸線L2とハウジング5の中心線L1との交点P5を中心とした角度とした場合について述べたが、本発明はこれに限らず、例えば、図14に示す、イヤホン装置1をA2−A2’断面にしたときの上面図のように、音導管先端中点P3を通る直線L3とハウジング5の中心線L1との交点P6を中心とした角度としても良い。
【0067】
さらに上述の実施の形態においては、オフセット量OF1は、中心線L1からX軸方向の音導管根元点P4までの距離とした場合について述べたが、本発明はこれに限らず、例えば、図14に示す、イヤホン装置1をA2−A2’断面にしたときの上面図のように、中心線L1からX軸方向の音導管先端中点P3までの距離とする等、中心線L1とX軸方向の音導管4内の種々の構成点までの距離をオフセット量OF1としても良い。
【0068】
さらに上述の実施の形態においては、ハウジングとしてのハウジング5と、音導管としての音導管4とによってイヤホンとしてのイヤホン装置1を構成する場合について述べたが、本発明はこれに限らず、その他種々のハウジングと、音導管とによってイヤホンを構成するようにしても良い。
【産業上の利用可能性】
【0069】
本発明は、携帯型ミュージックプレーヤ、ラジオ、テレビ、パーソナルコンピュータに用いられるイヤホン装置に適用することができる。
【符号の説明】
【0070】
1……イヤホン装置、3……イヤピース、4……音導管、5……ハウジング、30……従来のイヤホン装置。
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
図11
図12
図13
図14
図15
図16