特許第5743414号(P5743414)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 大王製紙株式会社の特許一覧
<>
  • 特許5743414-テープタイプ使い捨ておむつ 図000002
  • 特許5743414-テープタイプ使い捨ておむつ 図000003
  • 特許5743414-テープタイプ使い捨ておむつ 図000004
  • 特許5743414-テープタイプ使い捨ておむつ 図000005
  • 特許5743414-テープタイプ使い捨ておむつ 図000006
  • 特許5743414-テープタイプ使い捨ておむつ 図000007
  • 特許5743414-テープタイプ使い捨ておむつ 図000008
  • 特許5743414-テープタイプ使い捨ておむつ 図000009
  • 特許5743414-テープタイプ使い捨ておむつ 図000010
  • 特許5743414-テープタイプ使い捨ておむつ 図000011
  • 特許5743414-テープタイプ使い捨ておむつ 図000012
  • 特許5743414-テープタイプ使い捨ておむつ 図000013
  • 特許5743414-テープタイプ使い捨ておむつ 図000014
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B2)
(11)【特許番号】5743414
(24)【登録日】2015年5月15日
(45)【発行日】2015年7月1日
(54)【発明の名称】テープタイプ使い捨ておむつ
(51)【国際特許分類】
   A61F 13/49 20060101AFI20150611BHJP
   A61F 13/56 20060101ALI20150611BHJP
   A61F 13/514 20060101ALI20150611BHJP
【FI】
   A41B13/02 H
   A41B13/02 F
【請求項の数】3
【全頁数】20
(21)【出願番号】特願2010-62525(P2010-62525)
(22)【出願日】2010年3月18日
(65)【公開番号】特開2011-193971(P2011-193971A)
(43)【公開日】2011年10月6日
【審査請求日】2013年3月5日
(73)【特許権者】
【識別番号】390029148
【氏名又は名称】大王製紙株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】100082647
【弁理士】
【氏名又は名称】永井 義久
(72)【発明者】
【氏名】中村 友里子
【審査官】 北村 龍平
(56)【参考文献】
【文献】 特開2000−107226(JP,A)
【文献】 特開2005−013598(JP,A)
【文献】 特開2004−229696(JP,A)
【文献】 国際公開第2009/005413(WO,A1)
【文献】 特開2003−153952(JP,A)
【文献】 特表2004−508139(JP,A)
【文献】 特開2009−183797(JP,A)
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
A61F 13/00
13/15 − 13/84
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
一面側に液体を吸収し得る吸収体を有すると共に、この吸収体の背面側に不透液性のバックシートを有したパッド本体と、
パッド本体の他面側に取り付けられて表面に係合部を有するファスニングテープと、
パッド本体の他面側に着脱可能に配置され且つ、ファスニングテープの止着位置を示すと共に表面に柄が存在するフロンタルターゲットテープと、
を備え、
バックシートの背面側に不織布による外装シートが備えられるとともに、フロンタルターゲットテープの一面側にフック材が備えられ、フロンタルターゲットテープの一面側のフック材が外装シートに対して着脱されることにより、フロンタルターゲットテープがパッド本体の他面側に着脱可能とされており、
パッド本体におけるフロンタルターゲットテープの基本的な取り付け位置を表わす目印が備えられたテープタイプ使い捨ておむつ。
【請求項2】
フロンタルターゲットテープは、環状に形成された下部補強材と、環状に形成され且つ下部補強材より細幅で、下部補強材の内周側に沿って配置されたシート基材と、下部補強材の上側に取り付けられた、下部補強材と同一幅で帯状に形成された上部補強材とを有し、
シート基材には複数の柄がシート基材の長手に沿って連続的に描かれており、
下部補強材の上面側には、一対のスリットが下部補強材の長手方向に対して直交方向に延びるように設けられており、
下部補強材の下面側の左右端に、各一対のスリットが下部補強材の長手方向に対して直交方向に延びるように設けられており、
シート基材は、下部補強材の上面側における一対のスリット間及び下部補強材の下面側の左右端に存在する各一対のスリット間では、下部補強材の外周側に位置されており、
シート基材は下部補強材に対して相対的に移動可能になっており、
上部補強材における一対のスリット間に対応する中央部分には、四角形に形成された窓部が設けられ、一対のスリット間に存在するシート基材の部分がこの窓部から目視可能とされており、
シート基材に描かれた複数の柄のうち、下部補強材の上面側における一対のスリット間に位置する柄が上部補強材の窓部を介して外部に表示されて目視可能となるよう構成された、請求項1に記載のテープタイプ使い捨ておむつ。
【請求項3】
フロンタルターゲットテープの一面側全面にフック材が備えられた請求項1又は2に記載のテープタイプ使い捨ておむつ。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、フロンタルターゲットテープを着脱可能にすることで、フロンタルターゲットテープの柄の変更及びサイズの調整を可能としたテープタイプ使い捨ておむつに関するものである。
【背景技術】
【0002】
紙おむつには、主にテープタイプ、パンツタイプ及びパッドタイプの3種類存在している。この内のテープタイプの使い捨て紙おむつには、幼児などの使用者に装着するためのファスニングテープが付いている他、このファスニングテープの貼付け位置には、フロンタルターゲットテープ(Frontal Target Tape、以下適宜「FTT」という)を有したものが、従来より存在している。
【0003】
このFTTの主目的は、使用中にファスニングテープが外装シートを破損したり、外装シートから外れたりすることを防止することにあり、シート状のフィルムにより外装シートを補強することから補強フィルムとも呼ばれていた。つまり、このFTTを用いないFTTレスのおむつとすると、おむつのサイズ調整が容易になるという利点を有するが、FTTレスのおむつの場合には補強が必要になり、製造コストが増大する欠点がある他、ファスニングテープとの係合力の高い外装シートしか利用できないという欠点も有していた。
【0004】
尚、FTTレスのテープ式おむつとして、ファスニングテープの止着位置を表示したターゲット印刷が施された帯条のシートを備え、これに伴い、該印刷が外部より目視可能に設けたものが知られている(特許文献1)。
以上より、テープ式おむつとして、FTTが設けられているものが多く使用されているが、テープ式おむつを使用する幼児に合わせて、幼児が好むような柄がこのFTTに一般的に付されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
【特許文献1】特開2003-153952号公報
【特許文献2】特開2005-13598号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
テープ式おむつに設けられているFTTの上記の柄には、様々な種類があることが多いものの、テープ式おむつを使用する幼児は自分の気に入っている柄の入ったFTTのおむつを使用したがる傾向にあることから、特定の絵柄以外のおむつは使用されずに残ってしまって、無駄になるという欠点があった。他方、FTTが設けられたテープ式おむつでは、FTTレスと同じようなサイズ調整ができないという欠点をも有していた。
尚、再接着再剥離を可能として、デザインを取り替えできるワッペンシート付きパンツ式おむつは知られている(特許文献2)が、FTTに対応するものは従来存在していなかった。
【0007】
そこで、本発明の主たる課題は、フロンタルターゲットテープを着脱可能にすることで、フロンタルターゲットテープの柄の変更及びサイズの調整を可能としたテープタイプ使い捨ておむつを得ることにある。
【課題を解決するための手段】
【0008】
上記課題を解決した本発明は次記のとおりである。
<請求項1記載の発明>
一面側に液体を吸収し得る吸収体を有すると共に、この吸収体の背面側に不透液性のバックシートを有したパッド本体と、
パッド本体の他面側に取り付けられて表面に係合部を有するファスニングテープと、
パッド本体の他面側に着脱可能に配置され且つ、ファスニングテープの止着位置を示すと共に表面に柄が存在するフロンタルターゲットテープと、
を備え、
バックシートの背面側に不織布による外装シートが備えられるとともに、フロンタルターゲットテープの一面側にフック材が備えられ、フロンタルターゲットテープの一面側のフック材が外装シートに対して着脱されることにより、フロンタルターゲットテープがパッド本体の他面側に着脱可能とされており、
パッド本体におけるフロンタルターゲットテープの基本的な取り付け位置を表わす目印が備えられたテープタイプ使い捨ておむつ。
【0009】
(作用効果)
本請求項のテープタイプ使い捨ておむつによれば、パッド本体に取り付けられたファスニングテープの止着位置を示す為のフロンタルターゲットテープを有しているものの、本請求項では、パッド本体に対して着脱可能なフロンタルターゲットテープが用いられている。そして、このフロンタルターゲットテープを取り外し及び移動することで、テープタイプ使い捨ておむつの使用時には使用者の体格等に合わせてサイズ調整が可能となるだけでなく、このテープタイプ使い捨ておむつの使用後には、フロンタルターゲットテープを取り外して新たなテープタイプ使い捨ておむつのパッド本体に取り付けることが可能となった。
【0010】
従って、例えばフロンタルターゲットテープを別のものに替えるだけで柄が変更可能になるだけでなく、使用者である幼児が気に入って好むような絵柄のフロンタルターゲットテープを長期間使用し続けることができるようになった。また、フロンタルターゲットテープを使い回せることから、おむつに使用されるフロンタルターゲットテープの数量を減らすことができ、コストを削減できるようにもなる。つまり、テープタイプ使い捨ておむつが無駄にならないだけでなく、フロンタルターゲットテープの使い回しが可能となって、フロンタルターゲットテープの数も少なくできることになる。
【0011】
以上より、本請求項のテープタイプ使い捨ておむつによれば、フロンタルターゲットテープを着脱可能にすることで、フロンタルターゲットテープの柄の変更及びサイズの調整が容易にできるようになった。
【0012】
【0013】
また、本請求項のテープタイプ使い捨ておむつによれば、不織布による外装シートがバックシートの背面側に備えられ、この外装シートに対して着脱可能になるように、フロンタルターゲットテープの一面側にフック材が備えられている。このことから、外装シートとフロンタルターゲットテープの一面側のフック材とが面ファスナーと同様な働きをすることで、必要時には確実にフロンタルターゲットテープを固定でき、また、取り外して他の場所に移動させたい場合には、このフロンタルターゲットテープを一旦剥がして再度取り付け可能ともなる。
<請求項2記載の発明>
フロンタルターゲットテープは、環状に形成された下部補強材と、環状に形成され且つ下部補強材より細幅で、下部補強材の内周側に沿って配置されたシート基材と、下部補強材の上側に取り付けられた、下部補強材と同一幅で帯状に形成された上部補強材とを有し、
シート基材には複数の柄がシート基材の長手に沿って連続的に描かれており、
下部補強材の上面側には、一対のスリットが下部補強材の長手方向に対して直交方向に延びるように設けられており、
下部補強材の下面側の左右端に、各一対のスリットが下部補強材の長手方向に対して直交方向に延びるように設けられており、
シート基材は、下部補強材の上面側における一対のスリット間及び下部補強材の下面側の左右端に存在する各一対のスリット間では、下部補強材の外周側に位置されており、
シート基材は下部補強材に対して相対的に移動可能になっており、
上部補強材における一対のスリット間に対応する中央部分には、四角形に形成された窓部が設けられ、一対のスリット間に存在するシート基材の部分がこの窓部から目視可能とされており、
シート基材に描かれた複数の柄のうち、下部補強材の上面側における一対のスリット間に位置する柄が上部補強材の窓部を介して外部に表示されて目視可能となるよう構成された、請求項1に記載のテープタイプ使い捨ておむつ。
【0014】
<請求項3記載の発明>
フロンタルターゲットテープの一面側全面にフック材が備えられた請求項1又は2に記載のテープタイプ使い捨ておむつ。
【0015】
(作用効果)
本請求項のテープタイプ使い捨ておむつによれば、フロンタルターゲットテープの一面側全面にフック材が備えられていることにより、フック材のバックシートに対する単位面積当たりの係合力が、FTTレスのおむつに使用している係合部よりも低い場合であっても、係合面積が大きくなることから、フック材の使用に問題は生じない。従って、FTTレスのおむつよりも幅広い素材を外装シートに利用できるようになる。
【発明の効果】
【0016】
以上のとおり本発明によれば、フロンタルターゲットテープを着脱可能にすることで、フロンタルターゲットテープの柄の変更及びサイズの調整を可能としたテープタイプ使い捨ておむつが得られる。
【図面の簡単な説明】
【0017】
図1】第1の実施の形態に係るテープタイプ使い捨ておむつの内面を示す、おむつを展開した状態における平面図である。
図2】第1の実施の形態に係るテープタイプ使い捨ておむつの外面を示す、おむつを展開した状態における平面図である。
図3図1の6−6線断面図である。
図4図1の7−7線断面図である。
図5図1の8−8線断面図である。
図6図1の9−9線断面図である。
図7】第1の実施の形態に係るテープタイプ使い捨ておむつの要部分解斜視図である。
図8】第1の実施の形態に係るテープタイプ使い捨ておむつの要部断面図である。
図9】第2の実施の形態に係るテープタイプ使い捨ておむつの要部分解斜視図である。
図10】第3の実施の形態に係るテープタイプ使い捨ておむつの要部分解斜視図である。
図11】第4の実施の形態に係るテープタイプ使い捨ておむつの要部平面図である。
図12】第5の実施の形態に係るテープタイプ使い捨ておむつに適用されるターゲットシートの分解斜視図である。
図13】第5の実施の形態に係るテープタイプ使い捨ておむつに適用されるターゲットシートの斜視図である。
【発明を実施するための形態】
【0018】
以下、本発明の実施形態について添付図面を参照しつつ説明する。なお、以下の説明において、「前後方向(縦方向)」とは腹側(前側)と背側(後側)を結ぶ方向を意味し、「幅方向」とは前後方向と直交する方向(左右方向)を意味し、「上下方向」とはおむつの装着状態、すなわちおむつの腹側部分両側部と背側部分量側部を重ね合わせるようにおむつを股間部で2つに折った際に幅方向と直交する方向を意味する。
【0019】
図1図8はテープタイプ使い捨ておむつの第1の実施の形態を示している。図3及び図4は、図1における6−6線断面及び7−7線断面をそれぞれ示した図であり、図5及び図6は、図1における8−8線断面及び9−9線断面をそれぞれ示した図である。このテープタイプ使い捨ておむつは、幅方向中央に沿って下腹部から股間部を通り臀部までを覆うように延在する部分であって、且つ身体側表面を形成する透液性表面シートと、外面側に位置する液不透過性シートとの間に吸収要素50が介在する部分であってパッド本体とされる吸収性本体部10と、この吸収性本体部10の前側及び後側にそれぞれ延出する部分であって、且つ吸収要素50を有しない部分である同じくパッド本体とされる腹側エンドフラップ部FE及び背側エンドフラップ部BEとを有するものである。
【0020】
また、このテープタイプ使い捨ておむつは、腹側Fの上縁F1側部分の両側において、それぞれ股間部Cよりも幅方向外側まで延在する一対の腹側サイドフラップ部FF,FFと、背側Bの上縁B1側部分の両側において、それぞれ股間部Cよりも幅方向外側まで延在する一対の背側サイドフラップ部BF,BFとを備えている。また、背側サイドフラップ部BF,BFには、係止部材としてのファスニングテープ13がそれぞれ設けられている。
【0021】
より詳細には、吸収性本体部10ならびに背側および腹側の各サイドフラップ部BF,FFの外面全体が外装シート12により形成されている。特に、吸収性本体部10においては、外装シート12の内面側にバックシートである液不透過性シート11がホットメルト接着剤等の接着剤により固定され、さらにこの液不透過性シート11の内面側に吸収要素50、中間シート40、および表面シート30がこの順に積層されている。表面シート30および液不透過性シート11は図示例では長方形であり、吸収要素50よりも前後方向および幅方向において若干大きい寸法を有しており、表面シート30における吸収要素50の側縁より食み出る周縁部と、液不透過性シート11における吸収要素50の側縁より食み出る周縁部とがホットメルト接着剤などにより固着されている。また液不透過性シート11は透湿性のポリエチレンフィルム等からなり、表面シート30よりも若干幅広に形成されている。
【0022】
さらに、この吸収性本体部10の両側には、装着者の肌側に突出(起立)する側部バリヤーカフス60,60が設けられており、この側部バリヤーカフス60,60を形成するバリヤーシート62,62が、背側および腹側の各サイドフラップ部BF,FFの内面を含め、吸収性本体部10の幅方向外側の全体にわたり延在されている。
【0023】
以下、各部の素材および特徴部分について順に説明する。
(外装シート)
外装シート12は吸収要素50を支持し、着用者に装着するための部分である。外装シート12は、両側部の前後方向中央部が括れた砂時計形状とされており、ここが着用者の脚を入れる部位となる。
外装シート12としては不織布が好適であるが、これに限定されない。不織布の種類は特に限定されず、素材繊維としては、たとえばポリエチレンまたはポリプロピレン等のオレフィン系、ポリエステル系、ポリアミド系等の合成繊維の他、レーヨンやキュプラ等の再生繊維、綿等の天然繊維を用いることができ、加工法としてはスパンレース法、スパンボンド法、サーマルボンド法、エアスルー法、ニードルパンチ法等を用いることができる。ただし、肌触り及び強度を両立できる点でスパンボンド不織布やSMS不織布、SMMS不織布等の長繊維不織布が好適である。不織布は一枚で使用する他、複数枚重ねて使用することもできる。後者の場合、不織布相互をホットメルト接着剤等により接着するのが好ましい。不織布を用いる場合、その繊維目付けは10〜50g/m2、特に15〜30g/m2のものが望ましい。
【0024】
(液不透過性シート)
液不透過性シート11の素材は、特に限定されるものではないが、例えば、ポリエチレンやポリプロピレン等のオレフィン系樹脂や、ポリエチレンシート等に不織布を積層したラミネート不織布、防水フィルムを介在させて実質的に液不透過性を確保した不織布(この場合は、防水フィルムと不織布とで液不透過性シートが構成される。)などを例示することができる。もちろん、このほかにも、近年、ムレ防止の観点から好まれて使用されている液不透過性かつ透湿性を有する素材も例示することができる。この液不透過性かつ透湿性を有する素材のシートとしては、例えば、ポリエチレンやポリプロピレン等のオレフィン系樹脂中に無機充填剤を混練して、シートを成形した後、一軸又は二軸方向に延伸して得られた微多孔性シートを例示することができる。さらに、マイクロデニール繊維を用いた不織布、熱や圧力をかけることで繊維の空隙を小さくすることによる防漏性強化、高吸水性樹脂または疎水性樹脂や撥水剤の塗工といった方法により、防水フィルムを用いずに液不透過性としたシートも、液不透過性シート11として用いることができる。
【0025】
(表面シート)
表面シート30は液透過性を有するものであれば足り、例えば、有孔又は無孔の不織布や、多孔性プラスチックシートなどを用いることができる。また、このうち不織布は、その原料繊維が何であるかは、特に限定されない。例えば、ポリエチレンやポリプロピレン等のオレフィン系、ポリエステル系、ポリアミド系等の合成繊維、レーヨンやキュプラ等の再生繊維、綿等の天然繊維などや、これらから二種以上が使用された混合繊維、複合繊維などを例示することができる。さらに、不織布は、どのような加工によって製造されたものであってもよい。加工方法としては、公知の方法、例えば、スパンレース法、スパンボンド法、サーマルボンド法、メルトブローン法、ニードルパンチ法、エアスルー法、ポイントボンド法等を例示することができる。例えば、柔軟性、ドレープ性を求めるのであれば、スパンレース法が、嵩高性、ソフト性を求めるのであれば、サーマルボンド法が、好ましい加工方法となる。
【0026】
また、表面シート30は、1枚のシートからなるものであっても、2枚以上のシートを貼り合せて得た積層シートからなるものであってもよい。同様に、表面シート30は、平面方向に関して、1枚のシートからなるものであっても、2枚以上のシートからなるものであってもよい。
【0027】
(中間シート)
表面シート30を透過した排泄物を吸収体へ移動させ、逆戻りを防ぐために、表面シート30と吸収要素50との間に中間シート(セカンドシートもいわれる)40を設けることができる。この中間シート40は、排泄物を速やかに吸収体へ移行させて吸収体による吸収性能を高めるばかりでなく、吸収した排泄物の吸収体からの逆戻りを防止し、表面シート30表面を肌触りを良くするものである。中間シート40は省略することもできる。
【0028】
中間シート40としては、表面シート30と同様の素材を用いることができる。中間シート40は表面シート30に接合するのが好ましく、その接合にヒートエンボスや超音波溶着を用いる場合は、中間シート40の素材は表面シート30と同程度の融点をもつものが好ましい。また、便中の固形分を透過させることを考慮するならば中間シート40に用いる繊維の繊度は5.0〜7.0dtexであるのが好ましいが、表面シート30における液残りが多くなる。これに対して、中間シート40に用いる繊維の繊度が1.0〜2.0dtexであると、表面シート30の液残りは発生し難いが、便の固形分が透過し難くなる。よって、中間シート40に用いる不織布の繊維は繊度が2.0〜5.0dtex程度とするのが好ましい。
【0029】
図示の形態の中間シート40は、吸収要素50の幅より短く中央に配置されているが、全幅にわたって設けてもよい。中間シート40の長手方向長さは、おむつの全長と同一でもよいし、吸収要素50の長さと同一でもよいし、液を受け入れる領域を中心にした短い長さ範囲内であってもよい。
【0030】
(側部バリヤーカフス)
表面シート30上を伝わって横方向に移動する尿や軟便を阻止し、横漏れを防止するために、製品の両側に、使用面側に突出(起立)する側部バリヤーカフス60、60を設けるのは好ましい。
この側部バリヤーカフス60は、実質的に幅方向に連続するバリヤーシート62と、このバリヤーシート62に前後方向に沿って伸張状態で固定された細長状弾性伸縮部材63とにより構成されている。このバリヤーシート62としては撥水性不織布を用いることができ、また弾性伸縮部材63としては糸ゴム等を用いることができる。弾性伸縮部材は、図1及び図2に示すように各複数本設ける他、各1本設けることができる。
【0031】
バリヤーシート62の内面は、表面シート30の側部上に幅方向の固着始端を有し、この固着始端から幅方向外側の部分は、液不透過性シート11の側部およびその幅方向外側に位置する外装シート12の側部にホットメルト接着剤などにより固着されている。この固着部分のうち固着始端近傍の幅方向外側において、バリヤーシート62と外装シート12とが対向する部分のシート間に、前後方向に沿って糸ゴム等からなる脚周り弾性伸縮部材64がそれぞれ設けられている。
【0032】
脚周りにおいては、側部バリヤーカフス60の固着始端より幅方向内側は、製品前後方向両端部では表面シート30上に固定されているものの、その間の部分は非固定の自由部分であり、この自由部分が糸ゴム63の収縮力により起立するようになる。おむつの、装着時には、おむつが舟形に体に装着されるので、そして糸ゴム63の収縮力が作用するので、糸ゴム63の収縮力により側部バリヤーカフス60が起立して脚周りに密着する。その結果、脚周りからのいわゆる横漏れが防止される。
図示形態と異なり、バリヤーシート62の幅方向内側の部分における前後方向両端部を、幅方向外側の部分から幅方向内側に延在する基端側部分とこの基端側部分の幅方向中央側の端縁から身体側に折り返され幅方向外側に延在する先端側部分とを有する二つ折り状態で固定し、その間の部分を非固定の自由部分とすることもできる。
【0033】
(吸収要素)
吸収要素50は、尿や軟便などの液を吸収保持する部分である。吸収要素50は、吸収体56と、この吸収体56の少なくとも裏面及び側面を包む包装シート58とを有している。包装シート58は省略することもできる。吸収要素50は、その裏面においてホットメルト接着剤等の接着剤を介して液不透過性シート11の内面に接着することができる。
【0034】
(吸収体)
吸収体56は、繊維の集合体により形成することができる。この繊維集合体としては、綿状パルプや合成繊維等の短繊維を積繊したものの他、セルロースアセテート等の合成繊維のトウ(繊維束)を必要に応じて開繊して得られるフィラメント集合体も使用できる。繊維目付けとしては、綿状パルプや短繊維を積繊する場合は、例えば100〜300g/m2程度とすることができ、フィラメント集合体の場合は、例えば30〜120g/m2程度とすることができる。合成繊維の場合の繊度は、例えば、1〜16dtex、好ましくは1〜10dtex、さらに好ましくは1〜5dtexである。フィラメント集合体の場合、フィラメントは、非捲縮繊維であってもよいが、捲縮繊維であるのが好ましい。捲縮繊維の捲縮度は、例えば、1インチ当たり5〜75個、好ましくは10〜50個、さらに好ましくは15〜50個程度とすることができる。また、均一に捲縮した捲縮繊維を用いる場合が多い。
【0035】
(高吸収性ポリマー粒子)
吸収体56は、高吸収性ポリマー粒子を含むのが好ましく、特に、少なくとも液受け入れ領域において、繊維の集合体に対して高吸収性ポリマー粒子(SAP粒子)が実質的に厚み方向全体に分散されているものが望ましい。
吸収体56の上部、下部、及び中間部にSAP粒子が無い、あるいはあってもごく僅かである場合には、「厚み方向全体に分散されている」とは言えない。したがって、「厚み方向全体に分散されている」とは、繊維の集合体に対し、厚み方向全体に「均一に」分散されている形態のほか、上部、下部及び又は中間部に「偏在している」が、依然として上部、下部及び中間部の各部分に分散している形態も含まれる。また、一部のSAP粒子が繊維の集合体中に侵入しないでその表面に残存している形態や、一部のSAP粒子が繊維の集合体を通り抜けて包装シート58上にある形態も排除されるものではない。
【0036】
高吸収性ポリマー粒子とは、「粒子」以外に「粉体」も含む。高吸収性ポリマー粒子の粒径は、この種の吸収性物品に使用されるものをそのまま使用でき、1000μm以下、特に150〜400μmのものが望ましい。高吸収性ポリマー粒子の材料としては、特に限定無く用いることができるが、吸水量が40g/g以上のものが好適である。高吸収性ポリマー粒子としては、でんぷん系、セルロース系や合成ポリマー系などのものがあり、でんぷん−アクリル酸(塩)グラフト共重合体、でんぷん−アクリロニトリル共重合体のケン化物、ナトリウムカルボキシメチルセルロースの架橋物やアクリル酸(塩)重合体などのものを用いることができる。高吸収性ポリマー粒子の形状としては、通常用いられる粉粒体状のものが好適であるが、他の形状のものも用いることができる。
【0037】
高吸収性ポリマー粒子としては、吸水速度が40秒以下のものが好適に用いられる。吸水速度が40秒を超えると、吸収体56内に供給された液が吸収体56外に戻り出てしまう所謂逆戻りを発生し易くなる。
高吸収性ポリマー粒子の目付け量は、当該吸収体56の用途で要求される吸収量に応じて適宜定めることができる。したがって一概には言えないが、50〜350g/m2とすることができる。ポリマーの目付け量が50g/m2未満では、吸収量を確保し難くなる。350g/m2を超えると、効果が飽和するばかりでなく、高吸収性ポリマー粒子の過剰によりジャリジャリした違和感を与えるようになる。
【0038】
(包装シート)
包装シート58を用いる場合、その素材としては、ティッシュペーパ、特にクレープ紙、不織布、ポリラミ不織布、小孔が開いたシート等を用いることができる。ただし、高吸収性ポリマー粒子が抜け出ないシートであるのが望ましい。クレープ紙に換えて不織布を使用する場合、親水性のSMMS(スパンボンド/メルトブローン/メルトブローン/スパンボンド)不織布が特に好適であり、その材質はポリプロピレン、ポリエチレン/ポリプロピレンなどを使用できる。繊維目付けは、5〜40g/m2、特に10〜30g/m2のものが望ましい。
【0039】
この包装シート58は、図3に示すように、吸収体56の全体を包む形態のほか、その層の裏面及び側面のみを包装するものでもよい。また図示しないが、吸収体56の上面及び側面のみをクレープ紙や不織布で覆い、下面をポリエチレンなどの液不透過性シートで覆う形態、吸収体56の上面をクレープ紙や不織布で覆い、側面及び下面をポリエチレンなどの液不透過性シートで覆う形態などでもよい(これらの各素材が包装シートの構成要素となる)。必要ならば、吸収体56を、上下2層のシートで挟む形態や下面のみに配置する形態でもよいが、高吸収性ポリマー粒子の移動を防止でき難いので望ましい形態ではない。
【0040】
(ファスニングテープ)
上記のように、本実施の形態では、一面側に液体を吸収し得る吸収体56を有すると共に、この吸収体56の背面側に不透液性の液不透過性シート11を有した構造にパッド本体である吸収性本体部10等が形成されていることになる。そして、図1及び図2に示されるように、この吸収性本体部10の他面側である背側サイドフラップ部BF,BFに取り付けられているファスニングテープ13は、不織布、プラスチックフィルム、ポリラミ不織布、紙やこれらの複合素材からなるシート基材13Cの基部を有していて、この基部がおむつに取り付けられている。おむつから突出するシート基材13Cの先端側部分の表面に腹側に対する係止部として、メカニカルファスナーのフック材13Aが設けられている。フック材13Aはシート基材13Cに接着剤により剥離不能に接合されている。
【0041】
乳幼児用おむつにおいては、ファスニングテープ13の取り付け部分の寸法のうち、おむつの幅方向の長さX1は10〜50mm、特に20〜40mmであるのが好ましく、前後方向の長さY1は、20〜100mm、特に40〜80mmであるのが好ましい。また、ファスニングテープ13の先端側部分の寸法のうち、おむつの幅方向の長さは30〜80mm、特に40〜60mmであるのが好ましく、前後方向の長さ(高さ)は20〜70mm、特に25〜50mmであるのが好ましい。
【0042】
なお、ファスニングテープ13の一部または全部が例えば略テーパ形状をなし、前後方向長さや幅方向長さが一定でない場合は、上記数値範囲は平均値にて定める。ファスニングテープ13の形状は、矩形形状などの左右対称形状でもよいが、幅広の取り付け部分と細長状の先端側部分からなる凸型形状であると、先端側部分の摘み部が摘みやすく、かつ左右の基部間の張力が広範囲に作用するため、好ましい。フック材13Aは、その外面側に多数の係合突起を有する。係合突起の形状としては、(A)レ字状、(B)J字状、(C)マッシュルーム状、(D)T字状、(E)ダブルJ字状(J字状のものを背合わせに結合した形状のもの)等が存在するが、いずれの形状であっても良い。フック材13Aに代えて、ファスニングテープ13の係止部として粘着材層を設けることもできる。
【0043】
おむつの装着に際しては、背側サイドフラップ部BFを腹側サイドフラップ部FFの外側に重ねた状態で、ファスニングテープ13を腹側F外面の適所に係止する。
ファスニングテープ13の係止箇所の位置及び寸法は任意に定めることができる。乳幼児用おむつにおいては、係止箇所は、前後方向20〜80mm、幅方向150〜300mmの矩形範囲とし、その上端縁と腹側上縁との高さ方向離間距離を0〜60mm、特に20〜50mmとし、かつ製品の幅方向中央とするのが好ましい。
【0044】
ファスニングテープ13は、背側エンドフラップ部BEと吸収要素50の境界線上にファスニングテープ13の取り付け部分が重なるように取り付けられていると、おむつ装着時に左右のファスニングテープ13の取り付け部分間に働く張力により、吸収要素50の背側端部がしっかりと体に押し当てられるため、好ましい。また、ファスニングテープ13の取り付け部分が、おむつの背側端部(後端部)と離れすぎていると、おむつ装着時に左右のファスニングテープ13の取り付け部分間に働く張力がおむつの背側端部にまで及ばないため、おむつの背側端部と身体表面との間に隙間が生じやすい。従って、背側エンドフラップBEの前後方向長さは、ファスニングテープ13の基部の前後方向長さと同じか又は短いことが好ましい。
【0045】
(ターゲットシート)
吸収性本体部10の他面側に配置された不織布による外装シート12上の部分であって、腹側Fにおけるファスニングテープ13の係止箇所には、係止を容易にするための止着位置を表示する為のフロンタルターゲットテープであるターゲットシート74を図2図7及び図8に示すように設けるのが好ましい。このターゲットシート74は、帯状のシート基材74Aが主要部を形成する構造とされているが、ターゲットシート74の一面側である裏面側の全面には、メカニカルファスナーのフック材74Bが備えられている。そして、このフック材74Bはシート基材74Aに対して接着剤により剥離不能に接合されている。
【0046】
このフック材74Bは、フック材13Aと同様にその外面側に多数の係合突起を有する。係合突起の形状としては、(A)レ字状、(B)J字状、(C)マッシュルーム状、(D)T字状、(E)ダブルJ字状(J字状のものを背合わせに結合した形状のもの)等が存在するが、いずれの形状であっても良い。つまり、不織布による外装シート12にこのフック材74Bの係合突起が絡まることで、ターゲットシート74が外装シート12上に着脱可能に配置されることになる。
【0047】
このターゲットシート74の表面側には、ファスニングテープ13の止着位置をより明確に表示するべく、幼児が好むような絵柄(図示せず)が印刷等によって設けられている。ターゲットシート74は、ファスニングテープ13の係止部がフック材13Aの場合、フック材13Aの係合突起が絡まるようなループ糸がプラスチックフィルムや不織布からなるシート基材の表面に多数設けられたものを用いることができ、また係止部を粘着材層とした場合には粘着性に富むような表面が平滑なプラスチックフィルムからなるシート基材の表面に剥離処理を施したものを用いることができる。
【0048】
(エンドフラップ部)
エンドフラップ部は、吸収性本体部10の前側及び後側にそれぞれ延出する部分であって、且つ吸収要素50を有しない部分であり、前側の延出部分が腹側エンドフラップ部FEであり、後側の延出部分が背側エンドフラップ部BEである。
背側エンドフラップBEの前後方向長さは、前述の理由によりファスニングテープ13の取り付け部分の前後方向長さと同じか短い寸法とすることが好ましく、また、おむつ背側端部と吸収要素50とが近接しすぎると、吸収要素50の厚みとコシによりおむつ背側端部と身体表面との間に隙間が生じやすいため、10mm以上とすることが好ましい。
腹側エンドフラップ部FE及び背側エンドフラップ部BEの前後方向長さは、おむつ全体の前後方向長さLの5〜20%程度とするのが好ましく、乳幼児用おむつにおいては、10〜60mm、特に20〜50mmとするのが適当である。
【0049】
(背側伸縮シート)
図示形態では、両ファスニングテープ13間に、幅方向に弾性伸縮する帯状の背側伸縮シート70が設けられ、おむつ背側部におけるフィット性を向上させている。背側伸縮シート70の両端部は両ファスニングテープ13の取り付け部分と重なる部位まで延在されているのが好ましいが、幅方向中央側に離間していても良い。背側伸縮シート70の前後方向寸法は、ファスニングテープ13の取り付け部分の前後方向寸法と概ね同じにするのが適当であるが、±20%程度の寸法差はあってもよい。また、図示のように背側伸縮シート70が背側エンドフラップ部BEと吸収要素50の境界線と重なるように配置されていると、吸収要素50の背側端部がしっかりと体に押し当てられるため、好ましい。背側伸縮シート70は、ゴムシート等のシート状弾性部材を用いても良いが、通気性の観点から不織布や紙を用いるのが好ましい。この場合、伸縮不織布のような通気性を有するシート状弾性部材を用いることもできるが、図5に示すように、二枚の不織布等のシート基材71をホットメルト接着剤等の接着剤により張り合わせるとともに、両シート基材71間に有孔のシート状、網状、細長状(糸状又は紐状等)等の弾性伸縮部材72を幅方向に沿って伸張した状態で固定したものが好適に用いられる。この場合におけるシート基材71としては、外装シート12と同様のものを用いることができる。弾性伸縮部材72の伸張率は150〜250%程度であるのが好ましい。また、弾性伸縮部材72として細長状(糸状又は紐状等)のものを用いる場合、太さ420〜1120dtexのものを3〜10mmの間隔72dで5〜15本程度設けるのが好ましい。
【0050】
また、図示のように弾性伸縮部材72の一部が吸収要素50を横断するように配置すると、吸収要素50のフィット性が向上するため好ましいが、この場合は、弾性伸縮部材72が吸収要素50と重なる部分の一部又は全部を、切断等の手段により収縮力が働かないようにすると、吸収要素50の背側端部が幅方向に縮まないため、フィット性がさらに向上する。
【0051】
なお、弾性伸縮部材72は、シートの長手方向(おむつの幅方向)にシート基材71の全長にわたって固定されていてもよいが、おむつ本体への取り付け時の縮みやめくれ防止のため、シートの前後方向(おむつの幅方向)端部の5〜20mm程度の範囲においては、収縮力が働かないように、または弾性伸縮部材72が存在しないようにするとよい。
背側伸縮シート70は、図示形態では、液不透過性シート11の幅方向両側ではバリヤーシート62と外装シート12との間に挟まれ、且つ液不透過性シート11と重なる部位では、液不透過性シート11と吸収要素50との間に挟まれるように設けられているが、液不透過性シート11と外装シート12との間に設けても良いし、外装シート12の外面に設けても良く、また表面シート30と吸収要素50との間に設けてもよい。また、背側伸縮シート70は表面シート30の上に設けても良く、この場合、液不透過性シート11の幅方向両側ではバリヤーシート62の上に設けても良い。また、外装シート12を複数枚のシート基材を重ねて形成する場合には、背側伸縮シート70全体を、外装シート12のシート基材間に設けても良い。
【0052】
(インジケータ)
排泄物の液分と接触する可能な部位には、排泄物の液分により呈色又は消色するインジケータ80を設けることができる。インジケータ80は、体液などの水分との接触により呈色反応を示すような着色剤及び/又は水分中のpHを検知して呈色反応を示すような着色剤、或いは体液との反応により着色が消失する反応、着色剤が尿により溶解(分散)して滲んだり消失したりする反応、その他の視覚的変化を示す薬剤が含有されたインク又は接着剤、或いは水分又は体液との接触により視覚的変化を示す薬剤(インジケータ反応手段)を含有するシート状部材により構成されている。例えば、体液などの水分との接触により呈色反応を示すような着色剤として、水溶性、水分解性染料又はロイコ染料と該ロイコ染料を発色させるフェノール性化合物、酸性物質、電子受容性物質等の顕色剤とからなる着色剤を使用することが可能である。
【0053】
呈色により現れる色は特に限定されないが、おむつ外面と同じ色(通常は白色)であると紛れて見え難くなるため、おむつ外面と異なる色に呈色するものが好適である。
上述のインク又は接着剤により構成されたインジケータ80は、図2及び図3に示されるように、所定の塗布領域に塗布される。なお、図2及び図3に示されるインジケータ80は、前述のインク又は接着剤の塗布領域を示したものである。この領域は、吸収体56の配置範囲に含まれるのが好ましく、幅方向中央部に位置し、幅が0.3〜14cm程度、好ましくは0.5〜2cm程度で、長さがおむつ全長Lの60〜90%の領域であり、吸収体56に吸収された排泄物との接触が効率よく行われる領域である。インジケータ80は、おむつ内面から視認できるような位置や、脚周りの立体ギャザー部から視認できるような位置に設けられていても良いが、おむつ外面から視認できるように、吸収体56の裏面と液不透過性シート11との間、具体的には液不透過性シート11の吸収体56側面、または包装シート58の内面又は外面に、インジケータ80を構成するインク又は接着剤を塗布することにより形成するのが望ましい。塗布パターンは特に限定されず、図示例のような多数の筋状に塗布する他、面状、帯状等に塗布することができる。もちろん、インジケータ80を形成したシートを別途製造し、このシート状のインジケータ80をおむつ内に内蔵させることもできる。
【0054】
インジケータ80の成分は、インジケータ80がインクから構成される場合、インクに着色剤が添加されたものであり、インジケータ80が接着剤から構成される場合、水溶性ポリマーあるいは親水性ポリマーに樹脂などからなる非水溶性成分および着色剤が添加されたものである。接着剤から構成される場合の具体例は、ポリエチレングリコール分子量100〜500と、ポリビニルピロリドン、酢酸ビニルコポリマーと、水溶性ポリエステルとからなる水溶性ポリマーに、高極性粘着付与樹脂および可塑剤の非水溶性成分と、接触する液体の酸性・アルカリ性の程度(pH)を変色によって指示する着色剤とで構成されている。
【0055】
インジケータ80を接着剤により構成した場合、接着剤には、公知の各種接着剤を使用することが可能である。その一例として、ホットメルト接着剤を使用した場合について詳述すると、インジケータ80として着色剤を含有したホットメルト接着剤を使用することにより、着色剤の拡散や浸出などが防止できるとともに、シート状のインジケータを設ける場合に比べると、インラインで簡単に実施できるためインジケータの付設作業工程が大幅に省力化できるようになる。この際、インジケータホットメルト接着剤の塗布量は、15〜40g/m2であることが好ましい。15g/m2より少量であるとインジケータとしての機能が損なわれ、40g/m2より多いと接着剤の硬化によるゴワ付き感が生じる。
【0056】
一方、シート状部材からなるインジケータ80を使用する場合には、このシート状部材を液不透過性シート11と吸収体56との間、具体的には吸収体56と包装シート58内面との間又は包装シート58の裏面と液不透過性シート11との間に配置するようにする。なお、このシート状のインジケータ80を使用した場合には、液体性のインジケータ80を塗布して設ける場合と比べて、部材点数は増えるが、必要部位に必要量だけ使用することが容易に行えるようになり、インジケータ反応手段を含むシート状部材の使用面積の低減を図ることにより低コスト化できるようになる。
【0057】
次に、本実施の形態に係るテープタイプ使い捨ておむつの作用を以下に説明する。
本実施の形態のテープタイプ使い捨ておむつによれば、吸収性本体部10等の部材に取り付けられたファスニングテープ13の止着位置を示す為のターゲットシート74を有しているものの、本実施の形態では、吸収性本体部10等に対して着脱可能なフロンタルターゲットテープであるターゲットシート74が用いられている。
【0058】
そして、このターゲットシート74を吸収性本体部10等に対して取り外し及び移動することで、このおむつの使用時には使用者の体格等に合わせてサイズ調整が可能となるだけでなく、このおむつの使用後には、ターゲットシート74を取り外して新たなテープタイプ使い捨ておむつの吸収性本体部10に取り付けることが可能となった。
【0059】
従って、例えばターゲットシート74を別のものに替えるだけで絵柄が変更可能になるだけでなく、使用者である幼児が気に入って好むような絵柄のターゲットシート74を長期間使用し続けることができるようになった。また、ターゲットシート74を使い回せることから、おむつに使用されるターゲットシート74の数量を減らすことができ、コストを削減できるようにもなる。つまり、テープタイプ使い捨ておむつが無駄にならないだけでなく、ターゲットシート74の使い回しが可能となって、ターゲットシート74の数も少なくできる。
【0060】
以上より、本実施の形態のテープタイプ使い捨ておむつによれば、ターゲットシート74を着脱可能にすることで、ターゲットシート74の柄の変更及びサイズの調整が容易にできるようになった。
【0061】
他方、本実施の形態のテープタイプ使い捨ておむつによれば、不織布による外装シート12が液不透過性シート11の背面側に備えられ、この外装シート12に対して着脱可能になるように、ターゲットシート74の一面側全面にフック材74Bが備えられている。このことから、外装シート12とターゲットシート74の一面側のフック材74Bとが面ファスナーと同様な働きをすることで、必要時には確実にターゲットシート74を固定でき、また、取り外して他の場所に移動させたい場合には、このターゲットシート74を一旦剥がして再度取り付け可能ともなる。
【0062】
さらに、ターゲットシート74の一面側全面にフック材74Bが備えられていることにより、フック材74Bの外装シート12に対する単位面積当たりの係合力が、FTTレスのおむつに使用している係合部よりも低い場合であっても、係合面積が大きくなることから、フック材74Bの使用に問題は生じない。従って、FTTレスのおむつよりも幅広い素材を外装シート12に利用できるようになる。
【0063】
次に、本発明の第2の実施の形態に係るテープタイプ使い捨ておむつを図9に示しつつ、説明する。尚、第1の実施の形態で説明した部材と同一の部材には同一の符号を付して重複した説明を省略する。
本実施の形態では、第1の実施の形態と同様な構造のターゲットシート74を有しているが、図9に示すように、このターゲットシート74のシート基材74Aに取り付けられるフック材74Bを、短冊状に複数に分割したものとした。尚、このようにフック材74Bが複数の場合には、1枚当たりのフック材74Bの大きさは、ターゲットシート74より小さい幅或いは長さを有することになる。
【0064】
従って、このように短冊状に複数に分割したフック材74Bを相互に平行に並べて配置することになるが、この場合でも、必要最小限の係合力が得られれば、製造コストを低減しつつ第1の実施の形態と同様な作用効果を奏することになる。
【0065】
次に、本発明の第3の実施の形態に係るテープタイプ使い捨ておむつを図10に示しつつ、説明する。尚、第1の実施の形態で説明した部材と同一の部材には同一の符号を付して重複した説明を省略する。
本実施の形態では、第1の実施の形態と同様な構造のターゲットシート74を有しているが、図10に示すように、このターゲットシート74のシート基材74Aとフック材74Bとの間に、ターゲットシート74を長期間使い回しできるように、伸縮性のない素材からなる補強材74Cを配置する構造とした。そして、この補強材74Cの寸法は、シート基材74Aと同等或いは同等以上の幅寸法及び長さ寸法を有するようにすることが考えられる。
【0066】
次に、本発明の第4の実施の形態に係るテープタイプ使い捨ておむつを図11に示しつつ、説明する。尚、第1の実施の形態で説明した部材と同一の部材には同一の符号を付して重複した説明を省略する。
本実施の形態では、第1の実施の形態と同様な構造のターゲットシート74を有しているが、図11に示すように、このターゲットシート74の基本的な取り付け位置を表わす目印Sをバックシート或いは防水シートに付けるようにした。この結果、本実施の形態では、ターゲットシート74を取り外し可能としたことで、ターゲットシート74を様々な位置に置くことができるが、この目印Sにより本来的な取り付け位置が明確になり、ターゲットシート74を確実に元の位置に戻して貼付けることができるようになる。
【0067】
次に、本発明の第5の実施の形態に係るテープタイプ使い捨ておむつを図12及び図13に示しつつ、説明する。尚、第1の実施の形態で説明した部材と同一の部材には同一の符号を付して重複した説明を省略する。
本実施の形態では、第1の実施の形態のターゲットシート74の替りに、図12及び図13に示す環状に形成したターゲットシート84を採用している。つまり、このターゲットシート84は、環状に形成された下部補強材84Cを主要部材として有している他、同じく環状に形成された且つこの下部補強材84Cより細幅のシート基材84Aが、この下部補強材84Cの内周側に沿って配置された構造になっている。そして、このシート基材84Aには、複数の絵柄(図示せず)がシート基材84Aの長手に沿って連続的に描かれている。
【0068】
さらに、この下部補強材84Cの上面側には、一対のスリット85Aが下部補強材84Cの長手方向に対して直交方向に延びるように設けられている。また、この下部補強材84Cの下面側の左右端に、各一対のスリット85Bが下部補強材84Cの長手方向に対して直交方向に延びるように設けられている。
【0069】
これに伴い、シート基材84Aが一対のスリット85A間において、下部補強材84Cの外周側に位置している他、下部補強材84Cの下面側の左右端に存在する各一対のスリット85B間においても、シート基材84Aが下部補強材84Cの外周側に位置している。この結果として、矢印Rのように下部補強材84Cに対してシート基材84Aが相対的に移動可能になっている。
【0070】
また、この下部補強材84Cの上側には、下部補強材84Cと同一幅で帯状に形成された上部補強材84Dが取り付けられている。但し、この上部補強材84Dの一対のスリット85A間に対応する中央部分には、四角形に形成された窓部86が設けられていて、一対のスリット85A間に存在するシート基材84Aの部分がこの窓部86から目視可能となっている。この為、シート基材84Aに描かれた複数の絵柄の内の一対のスリット85A間に位置する絵柄が表示される事になる。
【0071】
そして、下部補強材84Cの下側には、第1の実施の形態と同様なフック材84Bが貼付けられている。このことから、本実施の形態においても、外装シート12とターゲットシート84の一面側のフック材84Bとが面ファスナーと同様な働きをすることで、必要時には確実にターゲットシート84を固定でき、また、取り外して他の場所に移動させたい場合には、このターゲットシート84を一旦剥がして再度取り付け可能ともなる。さらに、必要時には、矢印Rのようにシート基材84Aを回転することで、一対のスリット85A間に位置して表示されるシート基材84Aの絵柄を変更可能となる。
【0072】
尚、上記実施の形態において、ターゲットシート74、84の寸法は、おむつに使用されている一般的なサイズで有れば良い。さらに、フック材74B、84Bは外装シート12と接合できる素材を用いることができる。また、フック材74Bの幅寸法はターゲットシート74の2.4〜103%の範囲とし、長さ寸法をターゲットシート74の11.1〜520%の範囲とすることが望ましい。
【0073】
他方、第4の実施の形態においておむつ側に付いている目印Sがターゲットシート74に対して極端に小さい場合には、ターゲットシート74側にもおむつ側の目印に合わせられるような印を付けることが考えられる。また、前述のように補強材には伸縮性のない素材を用い、寸法はターゲットシートと同等以上の幅と長さとすることが考えられる。
【産業上の利用可能性】
【0074】
本発明は、テープタイプ使い捨ておむつに利用可能なものである。
【符号の説明】
【0075】
10…吸収性本体部(パッド本体)
11…液不透過性シート(バックシート)
12…外装シート
13…ファスニングテープ
56…吸収体
74…ターゲットシート(フロンタルターゲットテープ)
74B…フック材
84…ターゲットシート(フロンタルターゲットテープ)
84B…フック材
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
図11
図12
図13