特許第5821831号(P5821831)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2022.1.31 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 住友電装株式会社の特許一覧

<>
  • 特許5821831-コネクタ 図000002
  • 特許5821831-コネクタ 図000003
  • 特許5821831-コネクタ 図000004
  • 特許5821831-コネクタ 図000005
  • 特許5821831-コネクタ 図000006
  • 特許5821831-コネクタ 図000007
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B2)
(11)【特許番号】5821831
(24)【登録日】2015年10月16日
(45)【発行日】2015年11月24日
(54)【発明の名称】コネクタ
(51)【国際特許分類】
   H01R 13/64 20060101AFI20151104BHJP
   H01R 13/42 20060101ALI20151104BHJP
【FI】
   H01R13/64
   H01R13/42 B
【請求項の数】8
【全頁数】13
(21)【出願番号】特願2012-273009(P2012-273009)
(22)【出願日】2012年12月14日
(65)【公開番号】特開2014-120251(P2014-120251A)
(43)【公開日】2014年6月30日
【審査請求日】2014年12月25日
(73)【特許権者】
【識別番号】000183406
【氏名又は名称】住友電装株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】110001036
【氏名又は名称】特許業務法人暁合同特許事務所
(72)【発明者】
【氏名】松永 英樹
(72)【発明者】
【氏名】酒井 雅美
【審査官】 竹下 晋司
(56)【参考文献】
【文献】 実開平6−002573(JP,U)
【文献】 特開2004−319155(JP,A)
【文献】 特開2011−108448(JP,A)
【文献】 特開2014−116247(JP,A)
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
H01R 13/11
H01R 13/40 − 13/72
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
フード部を有する雄ハウジングと、
前記フード部内に嵌合される雌ハウジングと、
前記雌ハウジング内に後側から収容され、前記雌ハウジングが前記フード部内に嵌合された際に、前記雄ハウジングに収容された雄端子に接続される雌端子とを備えたコネクタであって、
前記雌端子は、前記雄端子に設けられた雄側接続部が挿入されて接続される接続筒部を有しており、
前記雌ハウジングの外壁には、前記フード部内に前記雌ハウジングが嵌合されると、前記フード部の内壁に押圧されることで、前記雌ハウジング内に向かって変位し、前記雌端子を前側に向かって押圧する押圧部が設けられており、
前記雌端子には、前記押圧部に押圧されることにより、前記接続筒部内に挿入された前記雄側接続部を前側に押し出して前記雄端子を前記雄ハウジングに押しつける押し出し部が設けられているコネクタ。
【請求項2】
前記押圧部は、前記雌端子を前記雌ハウジング内に挿入する過程において、前記雌端子と干渉することで外側に向かって弾性変形し、前記雌端子が前記雌ハウジング内の正規の位置まで至ると、前記雌端子との干渉状態が解除されて弾性復帰することで、前記雌端子を後側から係止するランスである請求項1記載のコネクタ。
【請求項3】
前記雌端子は、前記接続筒部の後端縁から前側に向かって屈曲させた延出片を有しており、
前記延出片の後端部が前記押圧部に押圧される被押圧部とされ、前記延出片の前端部が前記押し出し部とされている請求項1または請求項2記載のコネクタ。
【請求項4】
前記押し出し部は、前記雄側接続部の挿入方向と交差する方向に前記延出片を屈曲させて形成されている請求項3記載のコネクタ。
【請求項5】
前記接続筒部において前記延出片の側方には、前記雌端子が後側に引っ張られた際に、前記押圧部によって後側から係止される被係止部が形成されている請求項3または請求項4記載のコネクタ。
【請求項6】
前記押圧部の前記雌端子と当接する位置には、前記雌ハウジングの内側から外側に向かうほど前方に向かって傾斜するテーパ状の押圧面が形成されている請求項1乃至請求項5の何れか一項に記載のコネクタ。
【請求項7】
前記押圧部には、前記雌ハウジングの外面より外方に突出する突出部が設けられており、
前記雌ハウジングが前記フード部内に嵌合されると前記突出部が前記フード部の内壁に押圧されることで前記押圧部が前記雌ハウジング内に向かって変位する請求項1乃至請求項6の何れか一項に記載のコネクタ。
【請求項8】
前記押圧部は、前記雌端子が前記雌ハウジングに対して半挿入状態のときに、前記フード部の開口縁に当接することで前記フード部内への前記雌ハウジングの挿入を規制する半挿入検知面を有している請求項1乃至請求項7の何れか一項に記載のコネクタ。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、コネクタに関する。
【背景技術】
【0002】
従来、雄端子に設けられた雄側接続部が挿入される接続筒部を備えた雌端子として、特許文献1に記載のものが知られている。
接続筒部内には、雄側接続部に弾性的に接触することで、雄側接続部と電気的に接続される弾性接触片が形成されている。弾性接触片の幅方向中央には突部が形成されており、この突部は、雄側接続部の挿入方向に延びる形態で雄側接続部の下面に形成された凹溝に嵌合可能とされている。そして、雄側接続部と弾性接触片とが電気的に接続されると、突部が凹溝内に嵌合され、雄側接続部と弾性接触片とが互いに幅方向に移動することが阻止されることにより、雄側接続部と弾性接触片との間の微摺動が抑制されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
【特許文献1】特開2001−351712号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ところで、これらの端子をハウジング内に抜け止めする手段としては、例えば、ハウジング内に設けられたランスによって端子を後方から係止する方法がある。
ところが、一般に、ランスは、ランスの基端部を支点にランスの前端部が円弧状を描くように弾性変形可能に構成されているから、端子の挿入過程において、ランスは端子との干渉により、ランスの前端部が斜め前方に変位するように弾性変形し、端子が正規に挿入されると弾性復帰することで、端子を後方から係止する。このため、端子が正規の位置まで挿入されてランスが弾性復帰した状態では、端子とランスとの間にランスが斜め前方に変位した分だけクリアランスが存在することになる。したがって、雄端子を収容する雄ハウジングと雌端子を収容する雌ハウジングとが嵌合された状態で振動を受けると、各ハウジング内において端子が前後方向にがたつき、雌端子の弾性接触片と雄端子のタブとの間でいわゆる微摺動摩耗が生じて、端子間の接触抵抗が増大してしまう虞がある。
【0005】
本発明は上記のような事情に基づいて完成されたものであって、端子間における微摺動摩耗を抑制することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記の目的を達成するための手段として本発明は、フード部を有する雄ハウジングと、前記フード部内に嵌合される雌ハウジングと、前記雌ハウジング内に後側から収容され、前記雌ハウジングが前記フード部内に嵌合された際に、前記雄ハウジングに収容された雄端子に接続される雌端子とを備えたコネクタであって、前記雌端子は、前記雄端子に設けられた雄側接続部が挿入されて接続される接続筒部を有しており、前記雌ハウジングの外壁には、前記フード部内に前記雌ハウジングが嵌合されると、前記フード部の内壁に押圧されることで、前記雌ハウジング内に向かって変位し、前記雌端子を前側に向かって押圧する押圧部が設けられており、前記雌端子には、前記押圧部に押圧されることにより、前記接続筒部内に挿入された前記雄側接続部を前側に押し出して前記雄端子を前記雄ハウジングに押しつける押し出し部が設けられているところに特徴を有する。
【0007】
このような構成のコネクタによると、雄端子を雄ハウジングに押しつけることで、雄ハウジングにおける雄端子の前後方向のがたつきを抑制すると共に、雄側接続部と雌ハウジングの押圧部とによって雌端子を前後方向に挟み付けることで、雌ハウジングにおける雌端子の前後方向のがたつきをなくすことができる。これにより、接続筒部と雄側接続部との間において微摺動摩耗が生じることを抑制し、端子間の接触抵抗の増加を抑制することができる。
【0008】
本発明の実施の態様として、以下の構成が好ましい。
前記押圧部は、前記雌端子を前記雌ハウジング内に挿入する過程において、前記雌端子と干渉することで外側に向かって弾性変形し、前記雌端子が前記雌ハウジング内の正規の位置まで至ると、前記雌端子との干渉状態が解除されて弾性復帰することで、前記雌端子を後側から係止するランスである構成としてもよい。
このような構成によると、雌端子を後側から係止するランスを、押圧部として兼用することができる。これにより、押圧部を雌ハウジングに別途設ける場合に比べて、雌ハウジングの構造を簡素化することができ、雌ハウジングが大型化することを抑制することができる。
【0009】
前記雌端子は、前記接続筒部の後端縁から前側に向かって屈曲させた延出片を有しており、前記延出片の後端部が前記押圧部に押圧される被押圧部とされ、前記延出片の前端部が前記押し出し部とされている構成としてもよい。
このような構成によると、押圧部によって押圧される押圧力を、延出片のみを介して雄側接続部に伝えることができるから、例えば、接続筒部において、押し出し部と被押圧部とを個別に形成する場合に比べて、押圧部によって被押圧部を確実に押圧することができると共に、接続筒部の構造を簡素化することができる。
【0010】
前記押し出し部は、前記雄側接続部の挿入方向と交差する方向に前記延出片を屈曲させて形成されている構成としてもよい。
このような構成によると、接続筒部内において雄側接続部が挿入方向と交差する方向に位置ずれしたとしても、雄側接続部と押し出し部とを当接し易くすると共に、雄側接続部を押し出し部によって確実に押し出すことができる。
【0011】
前記接続筒部において前記延出片の側方には、前記雌端子が後側に引っ張られた際に、前記押圧部によって後側から係止される被係止部が形成されている構成としてもよい。
例えば、延出片の後端部である被押圧部のみが押圧部によって後側から係止される場合、雌端子が後側に強く引っ張られると、延出片が前側に向かって過度撓みすることで、延出片が破損する虞がある。ところが上記の構成によると、雌端子が後側に強く引っ張られた際には、被係止部が押圧部によって後側から係止されるから、延出片を破損させることなく、雌端子を確実に抜け止めすることができる。
【0012】
前記押圧部の前記雌端子と当接する位置には、前記雌ハウジングの内側から外側に向かうほど前方に向かって傾斜するテーパ状の押圧面が形成されている構成としてもよい。
このような構成によると、押圧部が変位する際に、押圧面によって端子を滑らかに前側に押圧することができる。これにより、雄ハウジングのフード部へ雌ハウジングを円滑に挿入することができ、作業性・操作感に優れる。
【0013】
前記押圧部には、前記雌ハウジングの外面より外方に突出する突出部が設けられており、前記雌ハウジングが前記フード部内に嵌合されると前記突出部が前記フード部の内壁に押圧されることで前記押圧部が前記雌ハウジング内に向かって変位する構成としてもよい。
例えば、押圧部を雌ハウジング内に向かって変位させる手段として、フード部内に突起を設け、フード部と雌ハウジングとが正規の嵌合状態に至った際に、突起によって押圧部を雌ハウジング内に押圧するといった方法も考えられる。しかしながら、このような構成によると、フード部内に突起を設けるための型抜き孔を設ける必要ある。
ところが、上記の構成によると、押圧部に突出部を設けるだけで、押圧部を雌ハウジング内に向かって変位させることができる。すなわち、雄ハウジングの構成を変更することなく、押圧部を雌ハウジング内に向かって変位させることができる。
【0014】
前記押圧部は、前記雌端子が前記雌ハウジングに対して半挿入状態のときに、前記フード部の開口縁に当接することで前記フード部内への前記雌ハウジングの挿入を規制する半挿入検知面を有している構成としてもよい。
このような構成によると、雄ハウジングのフード部と雌ハウジングとが嵌合できないことで、雌端子が半挿入であることを検知することができる。すなわち、雌端子および雄端子のがたを詰めると共に、雌端子を後側から係止するランスを、雌端子の半挿入検知機構として兼用することができる。これにより、3つの機能を個別に設ける場合に比べて、コネクタの構造を格段に簡素化することができる。
【発明の効果】
【0015】
本発明によれば、端子間における微摺動摩耗を抑制することができる。
【図面の簡単な説明】
【0016】
図1】実施形態1における雌コネクタと雄コネクタとの嵌合前の状態を示す断面図
図2】雌コネクタと雄コネクタとの嵌合後の状態を示す断面図
図3】雌端子の被係止部が雌ハウジングのランスによって後方から係止された状態を示す断面図
図4】雌ハウジングに雌端子を挿入する前の状態を示す断面図
図5】電線に接続された雌端子の斜視断面図
図6】実施形態2における雌コネクタと雄コネクタとの嵌合後の状態を示す断面図
【発明を実施するための形態】
【0017】
<実施形態1>
本発明の実施形態1について図1乃至図5を参照して説明する。
本実施形態のコネクタは、図1に示すように、電線Wの端末に接続される雄コネクタ50と、雄コネクタ50に嵌合される雌コネクタ30とを備えて構成されている。なお、以下の説明において、上下方向とは、図1における上下方向を基準とし、前後方向とは図1における左右方向を基準とし、雌コネクタ30と雄コネクタ50とが互いに嵌合する側を前側として説明する。
【0018】
雄コネクタ50は、図1に示すように、合成樹脂製の雄ハウジング51と、雄ハウジング51内に収容される雄端子60とを備えて構成されている。
雄端子60は、導電性を有する金属板材をプレス加工することにより形成されており、前後方向に延びる幅広なタブ状の雄側接続部61と、雄側接続部61の後方に連なる箱形状の本体部62と、本体部62の後方に連なる雄側電線接続部63とを備えて構成されている。
雄側電線接続部63は、電線Wの端末に露出された芯線に圧着されるワイヤバレル部64と、電線Wの絶縁被覆に圧着されるインシュレーションバレル部65とを備えて構成されており、ワイヤバレル部64とインシュレーションバレル部65とが電線Wに圧着されることで、雄端子60が電線Wに対して電気的に接続されている。
【0019】
雄ハウジング51は、前後方向に長い形態をなしており、雄端子60を収容する端子収容部52と、端子収容部52の前方に連なって設けられたフード部53とを備えて構成されている。
端子収容部52の内部には、前後方向に貫通する雄側キャビティ54が設けられており、この雄側キャビティ54内には、後方から雄端子60が収容されるようになっている。また、雄側キャビティ54内には、雄側キャビティ54に収容された雄端子60を後方から係止する雄側ランス55が設けられている。雄側ランス55は、雄側キャビティ54の下側内壁から前方に向かって斜め上方に片持ち状に延びる形態をなしており、下方向に弾性変形可能とされている。そして、雄側ランス55は、雄側キャビティ54内に後方から雄端子60が挿入されると、雄端子60の本体部62と干渉して下方に向かって弾性変形する。また、雄端子60が正規の位置まで挿入されると、雄側ランス55と本体部62との干渉状態が解除され、雄側ランス55が弾性復帰することで雄側ランス55が本体部62の下端部に設けられたランス孔66に嵌まり込み本体部62を後方から係止している。
【0020】
なお、雄側ランス55は片持ち状をなしているため、雄側ランス55の基端部を支点に雄側ランス55の前端部が斜め前方に変位するように弾性変形する。このため、雄端子60が正規の位置まで挿入されて雄側ランス55が弾性復帰した状態では、図1に示すように、ランス孔66の前側内壁と雄側ランス55との間には雄側ランス55が斜め前方に変位した分だけクリアランスCが生じている。
【0021】
フード部53は、前方に向かって略矩形状に開口しており、フード部53の奥壁53Aからは端子収容部52に収容された雄端子60の雄側接続部61が前方に突出している。
【0022】
雌コネクタ30は、電線Wの端末に接続される雌端子20と、雌端子20が収容される雌ハウジング31とを備えて構成されている。
雌端子20は、導電性を有する金属板材をプレス加工することにより形成されており、図4および図5に示すように、雄端子60の雄側接続部61が挿入される接続筒部21と、接続筒部21の後方に連なって設けられた電線接続部22とを備えて構成されている。
【0023】
接続筒部21は、横方向に幅広な略角筒状をなし、接続筒部21の内部には、前端上縁から後方に向かって折り返された弾性接触片23が設けられている。弾性接触片23は、上方向に弾性変形可能とされており、弾性接触片23の下面には、下方に向かって膨出する接点部23Aが設けられている。そして、雄側接続部61が接続筒部21内に挿入されると、図2に示すように、接続筒部21の底板21Aと弾性接触片23とが上下方向に雄側接続部61を弾性的に挟み付け、接点部23Aが雄側接続部61に接触することで、雄側接続部61と弾性接触片23とが電気的に接続されるようになっている。
接続筒部21の後端下縁における幅方向両側には、図3乃至図5に示すように、後述する雌ハウジング31のランス(「押圧部」の一例)34によって後方から係止される一対の被係止部26が形成されている。これらの被係止部26は、前方に向かうほど内側から外側に向かって傾斜するテーパ状に形成されている。
【0024】
電線接続部22は、電線Wの端末に露出された芯線に圧着されるワイヤバレル部24と、電線Wの絶縁被覆に圧着されるインシュレーションバレル部25とを備えて構成されており、ワイヤバレル部24とインシュレーションバレル部25とが電線Wに圧着されることで、雌端子20が電線Wに対して電気的に接続されている。
【0025】
雌ハウジング31は、図1および図4に示すように、前後方向に長いブロック状をなしており、雄ハウジング51のフード部53内に適合して嵌合されるようになっている。なお、図示省略されているが、雌ハウジング31と雄ハウジング51とは、両ハウジング31,51に亘って設けられたロック機構によって嵌合状態にロックされるようになっている。
【0026】
雌ハウジング31の内部には、前後方向に開口するキャビティ32が形成されており、キャビティ32の後端開口から雌端子20が収容されるようになっている。また、キャビティ32の前端開口は、雌ハウジング31の前壁31Aに設けられた端子挿通孔33とされ、フード部53内に雌ハウジング31が嵌合されると、図2に示すように、雄端子60の雄側接続部61が端子挿通孔33を通して雌端子20の接続筒部21に挿入されるようになっている。
また、雌ハウジング31には、図1乃至図4に示すように、キャビティ32内に収容された雌端子20を後方から係止するランス(「押圧部」の一例)34が形成されている。このランス34は、雌ハウジング31の底壁31Bにスリット35を設けることで前後方向に延びる片持ち状に形成されており、ランス34の前端部は自由端とされている。また、ランス34は、上下方向に弾性変形可能とされており、雌ハウジング31の前後方向略中央部に位置している。
【0027】
ランス34の前側上端部には、上方に突出した形態の端子係止部36が設けられている。この端子係止部36は、前後方向略中央部に頂点を有する山形状に形成されている。このため、端子係止部36の前面は、前側に向かうほど下側(雌ハウジング31の内側から外側)に向かって傾斜するテーパ状をなし、端子係止部36の後面は、後側に向かうほど下側に向かって傾斜するテーパ状をなしている。そして、キャビティ32内に雌端子20が後方から挿入されると、雌端子20の接続筒部21が端子係止部36の後面に後方から当接して、接続筒部21が端子係止部36に乗り上げ、ランス34を下方に向かって弾性変形させる。そして、雌端子20が正規の位置に至ると、接続筒部21と端子係止部36との干渉状態が解除されてランス34が弾性復帰し、接続筒部21の後端下縁における一対の被係止部26が端子係止部36によって後方から係止され、雌端子20が雌ハウジング31内に抜け止めされる。
【0028】
また、ランス34の前端面は、雌ハウジング31の底壁31Bにおける外底面と略直交となる切り立った半挿入検知面37とされている。
この半挿入検知面37は、雌端子20がキャビティ32内において正規の位置よりも後方に配置された半挿入状態のときに、端子係止部36と接続筒部21とが干渉してランス34が下方に弾性変形した状態となることで下方に突出し、雌ハウジング31の底壁31Bにおける外底面と略直交に交差した状態となるように設定されている。したがって、雌端子20が半挿入状態で雌ハウジング31をフード部53内に挿入しようとすると、半挿入検知面37がフード部53の開口縁に当接して、フード部53内への雌ハウジング31の挿入が規制されるようになっている。つまり、雌端子20が半挿入状態の雌コネクタ30が雄コネクタ50に嵌合されることを規制することができるようになっている。
【0029】
さて、ランス34の前側下端部(端子係止部36が設けられた位置の下側)には、図1に示すように、ランス34が弾性変形しない自然状態において、雌ハウジング31の底壁31Bにおける外底面よりも下方に突出する突出部38が設けられている。この突出部38は、前後方向略中央部に頂点を有して前後方向に傾斜する山形状に形成されており、雌ハウジング31がフード部53内に嵌合されると、図2に示すように、フード部53の下側内壁によって上方に押圧され、ランス34を雌ハウジング31の内側である上方に向かって弾性変形させるようになっている。
【0030】
一方、接続筒部21の後端下縁における幅方向略中央部には、ランス34が上方に弾性変形した際に、端子係止部36の前面である押圧面39によって斜め前上方に押圧される延出片27が設けられている。
延出片27は、接続筒部21の後端下縁から斜め前上方に向かって折り返すように屈曲されて真っ直ぐ延出された形態をなしており、延出片27の後端部に位置する屈曲された部分が押圧面39によって押圧される被押圧部28とされている。
【0031】
また、延出片27における前端部は、延出片27がランス34の押圧面39によって押圧された際に、接続筒部21内に挿入された雄端子60の雄側接続部61を前側(雄コネクタ50側)に向かって押し出し、雄端子60を雄ハウジング51の雄側ランス55に押しつける押し出し部29とされている。
【0032】
詳細には、押し出し部29は、ランス34が弾性変形しない自然状態では、接続筒部21における底板21Aの高さ位置と弾性接触片23における接点部23Aの高さ位置との間の高さ位置に配されている。そして、雌ハウジング31がフード部53内に挿入されて、フード部53の下側内壁とランス34の突出部38とが干渉することによりランス34が上方に弾性変形すると、延出片27がランス34の押圧面39によって押圧され、僅かに斜め前上方に弾性変位する。そして、雌ハウジング31と雄ハウジング51のフード部53とが正規に嵌合されると、図2に示すように、押し出し部29の下面が接続筒部21内に進入した雄側接続部61の先端に当接し、雄側接続部61を雄ハウジング51側に弾性的に押し出す。すると、雄ハウジング51内における雄端子60が後方に移動して雄端子60と雄側ランス55との間のクリアランスCが詰められ、雄端子60が雄側ランス55に押しつけられるようになっている。
【0033】
すなわち、両ハウジング31,51が正規の嵌合状態に至ると、雄端子60の雄側接続部61と雌端子20の延出片27とが前後方向に当たり合うと共に、前後方向に当たり合った雄端子60と雌端子20とが、雄ハウジング51の雄側ランス55と雌ハウジング31のランス34とによって前後方向に挟持されるようになっている。
なお、延出片27が前側に向かって弾性変形した変位量が、ランス孔66の前側内壁と雄側ランス55との間のクリアランスCの寸法よりも大きい場合には、延出片27が斜め上後方に弾性変形することにより、変位量とクリアランスCとの差分を吸収することができるようになっている。
【0034】
本実施形態のコネクタは、以上のような構成であって、続いてその作用を説明する。
まず、雌コネクタ30の組み付け手順を説明する。
図4に示すように、電線Wに接続された雌端子20と、雌ハウジング31とを準備し、雌ハウジング31のキャビティ32に雌端子20を後方から挿入する。
キャビティ32に対して雌端子20が半分程度挿入されると、接続筒部21の前側下端部がランス34の端子係止部36に後方から当接して接続筒部21が端子係止部36に乗り上げ、ランス34を下方に向かって弾性変形させる。そして、雌端子20が正規の位置に至ると、接続筒部21と端子係止部36との当接状態が解除され、ランス34が弾性復帰することで、接続筒部21の一対の被係止部26が端子係止部36によって後方から係止される。これにより、雌端子20が雌ハウジング31内に抜け止めされ、雌コネクタ30が完成する。
【0035】
次に、雄コネクタ50の組み付け手順を説明する。
雄ハウジング51と、電線Wに接続された雄端子60とを準備し、雄側キャビティ54内に雄端子60を後方から挿入する。すると、挿入過程において、雄端子60の本体部62が雄側ランス55に後方から当接して雄側ランス55に乗り上げ、雄側ランス55が斜め前方に変位するように弾性変形する。そして、雄端子60が正規の位置まで挿入されると、雄側ランス55と本体部62との干渉状態が解除されて雄側ランス55が弾性復帰することにより、雄側ランス55が本体部62のランス孔66に嵌まり込んで後方から係止される。これにより、雄端子60が雄ハウジング51に抜け止めされ、雄コネクタ50が完成する。また、この段階では、雄側ランス55とランス孔66の前側内壁との間には、雄側ランス55が斜め前方に変位した分だけクリアランスCを有した状態となっている。
【0036】
雌コネクタ30と雄コネクタ50とが完成したところで、図1に示すように、両コネクタ30,50を向かい合わせに配置し、雄ハウジング51のフード部53内に雌コネクタ30を挿入して嵌合させる。
ここで、フード部53に対して雌ハウジング31が半分程度挿入されると、フード部53の開口縁に雌ハウジング31のランス34における突出部38が後方から当接して乗り上げ、フード部53の下側内壁によって突出部38が上方に押圧され、ランス34が雌ハウジング31の内側である上方に向かって弾性変形する。
【0037】
ところが、仮に雌端子20がキャビティ32に対して半挿入状態の場合には、端子係止部36と接続筒部21との当接状態が解除されず、ランス34が下方に弾性変形した状態のままとなって、半挿入検知面37が下方に突出した状態となる。つまり、フード部53に雌ハウジング31を挿入する際に、半挿入検知面37がフード部53の開口縁に当接し、雌端子20が半挿入状態の雌コネクタ30の挿入を規制することができる。すなわち、ランス34を半挿入検知機構として兼用することで、雌端子20が半挿入状態のままの雌コネクタ30を雄コネクタ50に嵌合させることを防ぐことができる。
【0038】
また、フード部53に対して雌ハウジング31が嵌合され、ランス34が上方に向かって弾性変形すると、端子係止部36の押圧面39が延出片27の被押圧部28を斜め下後方から押圧し、延出片27が斜め前上方に向かって僅かに弾性変形する。
【0039】
この状態のまま、更に雄ハウジング51と雌ハウジング31とを嵌合させ、両ハウジング31,51が正規の嵌合状態に至ると、図2に示すように、雄端子60の雄側接続部61が雌ハウジング31の端子挿通孔33を通して雌端子20の接続筒部21内に進入し、接続筒部21の弾性接触片23と雄側接続部61とが電気的に接続される。
また、これと同時に、延出片27の押し出し部29が雄側接続部61の先端に当接し、押し出し部29が雄側接続部61を雄ハウジング51側に弾性的に押圧する。すると、雄ハウジング51内における雄端子60が後方に移動し、本体部62におけるランス孔66の前側内壁と雄側ランス55との間のクリアランスCが詰められて、雄端子60が雄側ランス55に押しつけられる。
【0040】
これにより、前後方向に当たり合った雄端子60と雌端子20とが、雄ハウジング51の雄側ランス55と雌ハウジング31のランス34とによって前後方向に挟持され、両ハウジング31,51内において雄端子60および雌端子20が前後方向にがたつくことを防ぐことができる。ひいては、接続筒部21の弾性接触片23と雄側接続部61との間において微摺動摩耗が生じることを抑制し、端子20,60間の接触抵抗の増加を抑制することができる。
【0041】
また、本実施形態によると、延出片27の前端部が雄側接続部61を押圧する押し出し部29とされ、延出片27の後端部がランス34の押圧面39に押圧される被押圧部28とされているから、ランス34によって押圧される押圧力を、延出片27のみを介して雄側接続部61に伝えることができる。すなわち、例えば、接続筒部の上下に押し出し部と被押圧部とが分かれて形成される場合に比べて、押圧力を雄側接続部61に確実に伝えることができると共に、接続筒部21の構造を簡素化することができる。
【0042】
また、フード部53への雌ハウジング31の挿入過程において、延出片27の被押圧部28を押圧するランス34の押圧面39がテーパ状に形成されているから、押圧面39によって接続筒部21を雄ハウジング51側に向かって滑らかに押し出すことができる。つまり、フード部53に対して雌ハウジング31を円滑に挿入することができ、作業性・操作感に優れる。
また、延出片27の後端部に位置する屈曲された部分を被押圧部28としているから、例えば、被押圧部が角部として形成される場合に比べて、押圧面39が被押圧部28に削られて損傷することを抑制することができる。
【0043】
以上のように、本実施形態では、雌ハウジング31と雄ハウジング51のフード部53とを嵌合させるだけで、前後方向に当たり合った雄端子60と雌端子20とを、雄ハウジング51の雄側ランス55と雌ハウジング31のランス34とによって前後方向に挟持することができる。これにより、両ハウジング31,51内において雄端子60および雌端子20が前後方向にがたつくことを防ぐことができ、接続筒部21の弾性接触片23と雄側接続部61との間において微摺動摩耗が生じることを抑制することができる。
【0044】
また、雌端子20の半挿入状態を検知すると共に、雌端子20を後側から係止するランス34を、雌端子20の延出片27を押圧する押圧部として兼用することができるから、機能毎に部材を個別に設ける場合に比べて、雌コネクタ30の構造を格段に簡素化することができる。これにより、雌コネクタ30と共に、雄コネクタ50が大型化することを抑制することができる。
【0045】
ところで、例えば、雌ハウジングのランスを上方に向かって変位させる手段としては、フード部内に突起を設け、フード部と雌ハウジングとが正規の嵌合状態に至った際に、突起によってランスを上方に弾性変形させるといった方法も考えられる。しかしながら、このような構成によると、フード部に突起を設けるための型抜き孔を設ける必要ある。ところが、本実施形態によると、フード部53の下側内壁によって押圧される突出部38を、ランス34の前側下端部に設けるだけで、ランス34を上方に向かって変位させることができる。すなわち、雄コネクタ50の構成を変更することなく、ランス34を上方に向かって弾性変形させることができる。
【0046】
また、例えば、延出片の後端部である被押圧部のみを端子係止部によって後側から係止することで、雌端子を雌ハウジング内に抜け止めする方法も考えられるが、電線が引っ張られるなどして雌端子が後側に強く引っ張られると、延出片が前側に向かって過度撓みすることで、延出片が破損する虞がある。ところが本実施形態によると、雌端子20が後側に強く引っ張られた際には、延出片27の両側に設けられた一対の被係止部26が端子係止部36によって後側から係止されるから、延出片27を破損させることなく、雌端子20を確実に抜け止めすることができる。
【0047】
<実施形態2>
次に、本発明の実施形態2について図6を参照して説明する。
実施形態2の雌コネクタ130は、実施形態1における延出片27の押し出し部29の形状を変更したものであって、実施形態1と共通する構成、作用、および効果については重複するため、その説明を省略する。また、実施形態1と同じ構成については同一の符号を用いるものとする。
【0048】
実施形態2の延出片127における押し出し部129は、延出片127の前端部を上方に向かって屈曲させることにより形成されており、押し出し部129の前面が雄端子60の挿入方向である前後方向と略直交に交差した状態となっている。
すなわち、接続筒部21内において雄側接続部61の先端が上下方向に僅かに位置ずれしたとしても、雄側接続部61と押し出し部129とを当接し易くすると共に、押し出し部129によって雄側接続部61をしっかりと押し出すことができる。
【0049】
<他の実施形態>
本発明は上記記述及び図面によって説明した実施形態に限定されるものではなく、例えば次のような実施形態も本発明の技術的範囲に含まれる。
(1)上記実施形態では、雌端子20を後方から係止する係止機能と、雌端子20を前方に押圧する押圧機能と、雌端子20の半挿入を検知する半挿入検知機能とをランス34に設けた構成としたが、本発明はこのような態様に限定されるものではなく、例えば、ランスとは別に半挿入検知部を構成してもよく、ランスとは別に押圧部を構成してもよい。
(2)上記実施形態では、延出片27の前端部を押し出し部29とし、延出片27の後端部を被押圧部28として構成したが、本発明はこのような態様に限定されるものではなく、例えば、接続筒部の天井板側に押し出し部を形成し、接続筒部の底板側に被押圧部を形成するなど、押し出し部と被押圧部とを接続筒部の別々の場所に形成してもよい。
(3)上記実施形態では、雌ハウジング31の底壁31Bにランス34を設けた構成としたが、本発明はこのような態様に限定されるものではなく、例えば、雌ハウジングの側壁や天井壁にランスを設けた構成にしてもよい。
(4)上記実施形態では、延出片27の両側に一対の被係止部26を設けた構成としたが、本発明はこのような態様に限定されるものではなく、例えば、延出片の片側にのみ被係止部が形成された構成にしてもよい。
(5)上記実施形態1では、押し出し部29の下面に雄側接続部61を当接させる構成としたが、本発明はこのような態様に限定されるものではなく、例えば、延出片を前後方向に延出された形態に構成し、押し出し部の前端面(延出片の前端面)に雄側接続部を突き合わせて押し出す構成にしてもよい。
【符号の説明】
【0050】
20:雌端子
21:接続筒部
26:被係止部
27,127:延出片
28:被押圧部
29,129:押し出し部
31:雌ハウジング
34:ランス(押圧部)
37:半挿入検知面
38:突出部
39:押圧面
51:雄ハウジング
53:フード部
60:雄端子
61:雄側接続部
図1
図2
図3
図4
図5
図6