特許第5828661号(P5828661)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 株式会社三共の特許一覧
<>
  • 特許5828661-遊技機 図000002
  • 特許5828661-遊技機 図000003
  • 特許5828661-遊技機 図000004
  • 特許5828661-遊技機 図000005
  • 特許5828661-遊技機 図000006
  • 特許5828661-遊技機 図000007
  • 特許5828661-遊技機 図000008
  • 特許5828661-遊技機 図000009
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B2)
(11)【特許番号】5828661
(24)【登録日】2015年10月30日
(45)【発行日】2015年12月9日
(54)【発明の名称】遊技機
(51)【国際特許分類】
   A63F 7/02 20060101AFI20151119BHJP
【FI】
   A63F7/02 320
   A63F7/02 315A
【請求項の数】1
【全頁数】34
(21)【出願番号】特願2011-89526(P2011-89526)
(22)【出願日】2011年4月13日
(65)【公開番号】特開2012-217766(P2012-217766A)
(43)【公開日】2012年11月12日
【審査請求日】2014年3月10日
(73)【特許権者】
【識別番号】000144153
【氏名又は名称】株式会社三共
(74)【代理人】
【識別番号】100095407
【弁理士】
【氏名又は名称】木村 満
(74)【代理人】
【識別番号】100132883
【弁理士】
【氏名又は名称】森川 泰司
(74)【代理人】
【識別番号】100104916
【弁理士】
【氏名又は名称】古溝 聡
(72)【発明者】
【氏名】小倉 敏男
(72)【発明者】
【氏名】中西 正幸
【審査官】 廣瀬 貴理
(56)【参考文献】
【文献】 特開2008−000160(JP,A)
【文献】 特開2009−189655(JP,A)
【文献】 特開2010−227346(JP,A)
【文献】 特開2006−340859(JP,A)
【文献】 特開2009−153885(JP,A)
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
A63F 7/02
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
所定の始動条件の成立に応じて識別情報変動表示を行い、表示結果を導出する変動表示装置に表示結果として定結が表示されたときに遊技者にとって有利な特定状態に制御する遊技機であって、
前記始動条件の成立に基づいて、前記識別情報の変動表示において特定結果とするか否かを、該変動表示の表示結果を導出するよりも前に決定する特定決定手段と、
前記変動表示装置において識別情報を変動表示させ、前記特定決定手段の決定結果に応じた表示結果を導出させる変動表示演出を実行する変動表示制御手段と、
前記特定状態が終了した後に、該特定状態とは異なる遊技者にとって有利な有利状に制御する手段であって、該特定状態の終了から該有利状態の終了までの変動表示の実行回数を複数種類の回数から選択し、該選択に従って前記有利状態に制御する有利状態制御手段と、
遊技者により操作される操作手段と、
前記有利状態制御手段により前記有利状態に制御される変動表示の実行回数を報知する手段であって、前記操作手段の操作に応じて、予め定められた特定回数まで該特定回数よりも少ない回数から段階的に増加させて報知する操作報知制御手段とを備え、
前記操作報知制御手段は、
所定の報知終了条件が成立するまでに報知する回数が前記特定回数に到達したときに、該特定回数を前記有利状態に制御される変動表示の実行回数として報知する到達報知制御手段と、
前記所定の報知終了条件が成立した時点で報知している回数が前記特定回数に到達していなかったときには、該報知終了条件が成立した時点で報知していた回数を前記有利状態に制御される変動表示の実行回数として報知する非到達報知制御手段とを含み、
前記操作手段の操作履歴を記憶する操作履歴記憶手段をさらに備え、
前記操作報知制御手段は、前記操作手段の操作に対して報知される回数の増加量を前記操作履歴記憶手段に記憶された操作履歴に応じて異ならせる、
ことを特徴とする遊技機。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、パチンコ遊技機等の遊技機に関し、特に有利状態に制御される変動表示の実行回数を報知する遊技機に関する。
【背景技術】
【0002】
パチンコ遊技機は、遊技領域に打ち出された遊技球が始動入賞口に入賞したことを契機として大当たり抽選を行っており、該抽選に当選することで大当たり遊技状態に制御される。また、大当たりの種類として通常大当たりと、これより有利な確率変動大当たりとがあり、確率変動大当たりとなったときには、大当たり遊技状態が終了した後の遊技状態が、次の大当たり抽選確率が通常よりも高くなる確率変動状態に制御される。
【0003】
また、遊技者に有利な遊技状態として、いわゆる特図ゲームや普図ゲーム図柄の変動表示に要する時間を通常よりも短縮させるとともに普図ゲームの当たり確率を通常よりも高くする時短状態に制御するものもある。時短状態には、次の大当たりが発生するまで制御することも可能であるが、大当たり遊技状態が終了した後に所定回数の特図ゲームが実行されるまでに限定することもできる。また、時短状態の回数を限定する場合には、その時短状態の回数を複数種類の回数から選択するものとすることもできる。
【0004】
さらに、特図ゲームの結果として表示する図柄の種類を、確率変動状態に制御されるときも制御されないときにも同じ種類のものに選択し、確率変動状態に制御されるか否かを遊技者に分からなくするものもある。大当たり遊技状態においても確率変動状態に制御されるか否かを報知せずに、大当たり遊技状態が終了した後に確変潜伏モードに制御するものもあるが、特図ゲームでは確率変動状態に制御されるか否かを報知しないものの、大当たり遊技状態に制御されている間に確率変動状態に制御されるか否かを報知するものもある。ここで、大当たり遊技状態に制御されている間に確率変動状態に制御されるか否かを確定的に報知する演出を行うものとして、その報知を、遊技者が所定の操作手段に対して一定の操作を行ったことを条件として行うものがある(例えば、特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
【特許文献1】特開2009−6028号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
もっとも、特許文献1の遊技機のように遊技者が所定の操作手段に対して一定の操作を行ったことを条件に確率変動状態に制御されるか否かを確定的に報知するもので、遊技者が操作手段を操作しない(或いは、多少の操作をしても一定の操作となる条件を満たさない)場合には、そのまま確変潜伏モードに移行されてしまう。
【0007】
これは、実質的に、一定の操作となる条件を満たす操作を行わなければ、報知のための演出をキャンセルしたことと同じになってしまい、その演出が無意味なものとなってしまう。また、操作手段に対して何らかの操作を行いさえすれば報知が行われるというのではなく、それが一定の操作となる条件を満たさなければ実質的な演出キャンセルとなってしまうのであると、遊技者による操作手段の操作が完全に無駄なものとなってしまう。
【0008】
このように操作手段の操作が完全に無駄になってしまうこともあり得ることで、遊技者が操作手段の操作に対して消極的になってしまう虞があり、これにより、遊技者の操作手段の操作を条件として確率変動状態に制御されるか否かの報知を行う演出が無意味なものとなってしまう。このような問題は、確率変動状態に制御されるか否かの報知だけではなく、時短回数の報知などを遊技者が操作手段に対して一定の操作を行うことを条件として行うものとした場合にも、同様に生じ得る。
【0009】
本発明は、複数種類の回数のうちから選択される有利遊技状態の終了までの変動表示の実行回数の報知を遊技者による操作手段の操作により行う遊技機において、その報知に遊技者の意志による選択の余地を働かせるとともに操作手段の操作が全く無駄になってしまうことを防ぐことで遊技の興趣を向上させることを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0010】
上記目的を達成するため、本発明にかかる遊技機は、
所定の始動条件の成立に応じて識別情報変動表示を行い、表示結果を導出する変動表示装置(可変表示装置9)に表示結果として定結果(大当たり)が表示されたときに遊技者にとって有利な特定状態(第1大当たり遊技状態)に制御する遊技機(パチンコ遊技機1)であって、
前記始動条件の成立に基づいて、前記識別情報の変動表示において特定結果とするか否かを、該変動表示の表示結果を導出するよりも前に決定する特定決定手段(CPU56:大当たり抽選、大当たり種別抽選)と、
前記変動表示装置において識別情報を変動表示させ、前記特定決定手段の決定結果に応じた表示結果を導出させる変動表示演出を実行する変動表示制御手段(表示制御基板80の表示制御用CPU:飾り図柄の変動表示)と、
前記特定状態が終了した後に、該特定状態とは異なる遊技者にとって有利な有利状態(時短状態)に制御する手段であって、該特定状態の終了から該有利状態の終了までの変動表示の実行回数を複数種類の回数(15回、40回、100回)から選択し、該選択に従って前記有利状態に制御する有利状態制御手段(CPU56:15回、40回、100回時短大当たりが発生した後の時短状態への制御)と、
遊技者により操作される操作手段(チャンスボタン16)と、
前記有利状態制御手段により前記有利状態に制御される変動表示の実行回数を報知する手段であって、前記操作手段の操作に応じて、予め定められた特定回数(15回または35回)まで該特定回数よりも少ない回数(0回)から段階的に増加させて報知する操作報知制御手段(表示制御基板80の表示制御用CPU:大当たり演出のエンディング演出における時短報知演出)とを備え、
前記操作報知制御手段は、
所定の報知終了条件が成立するまでに報知する回数が前記特定回数に到達したときに、該特定回数を前記有利状態に制御される変動表示の実行回数として報知する到達報知制御手段(図4(b))と、
前記所定の報知終了条件が成立した時点で報知している回数が前記特定回数に到達していなかったときには、該報知終了条件が成立した時点で報知していた回数を前記有利状態に制御される変動表示の実行回数として報知する非到達報知制御手段(図8(b))とを含み、
前記操作手段の操作履歴を記憶する操作履歴記憶手段(図5(a))をさらに備え、
前記操作報知制御手段は、前記操作手段の操作に対して報知される回数の増加量を前記操作履歴記憶手段に記憶された操作履歴に応じて異ならせる(図5(c))、
ことを特徴とする。
【0011】
上記遊技機では、特定状態が終了した後に有利状に制御されるが、この有利状態の終了までの変動表示の実行回数は、複数種類の回数のうちから選択される。また、有利状態に制御される変動表示の実行回数が操作報知制御手段により報知されるものとなっているが、報知される回数は、遊技者による操作手段の操作に応じて特定回数まで段階的に増加させられるものとなる。そして、操作手段の操作に対して報知される回数の増加量を操作履歴に応じて異ならせるため、遊技者による操作手段の操作状況に応じて適切な回数の報知を行うことができる。
なお、前記操作報知制御手段は、前記操作履歴記憶手段に記憶された操作履歴により前記操作手段が少なく操作されたことを示すときほど、該操作手段の操作に対して報知される回数の増加量を大きくするものとしてもよく、この場合には、あまり操作手段の操作を行わない遊技者に対しても、操作報知制御手段による報知の面白みを与えることができる。一方、前記操作報知制御手段は、前記操作履歴記憶手段に記憶された操作履歴により前記操作手段が多く操作されたことを示すときほど、該操作手段の操作に対して報知される回数の増加量を大きくするものとしてもよく、この場合には、より操作手段の操作を行う遊技者に対して、操作報知制御手段による報知の面白みを大きくさせ、いっそうの操作手段の操作を促すことができるものとなる。
また、前記操作履歴記憶手段は、直前1回の操作報知制御手段による報知の際の操作だけを操作履歴として記憶するものとしても、所定回分の操作報知制御手段による報知の際の操作を操作履歴として記憶するものとしてもよい。また、一定期間遊技者による遊技が行われていないと判定されたときに(ここで、デモ演出を行うものとしてもよい)、前記操作履歴記憶手段に記憶された操作履歴を初期化するものとしてもよい。
【0012】
ここで、所定の報知終了条件が成立するまでの遊技者による操作手段の操作に応じて、報知されている回数が特定回数まで到達していれば、該特定回数が有利遊技状態に制御される変動表示の実行回数として報知されるが、該報知終了条件が成立した時点で報知されている回数が特定回数に到達していなかったときには、該報知終了条件が成立した時点で報知していた回数が有利遊技状態に制御される変動表示の実行回数として報知される。
【0013】
このように操作報知制御手段による有利遊技状態に制御される変動表示の実行回数の報知に、遊技者の意志による選択の余地が働くので、遊技の興趣を向上させることができる。また、報知終了条件が成立するまでに特定回数を報知するだけの操作手段の操作を遊技者が行わなくても、報知終了条件が成立するまでにある程度操作手段を操作していれば、該報知終了条件が成立した時点の回数が有利遊技状態に制御される変動表示の実行回数として報知されるため、遊技者の操作手段の操作が全く無駄になってしまうということがない。
【0014】
なお、前記特定回数は、互いに異なる複数種類の特定回数を含み、該複数種類の特定回数の何れかが前記操作報知制御手段により最大で報知される特定回数として選択されるものとしてもよい。
【0015】
また、前記有利遊技状態は、前記始動条件の成立頻度を通常遊技状態よりも高くする状態(時短状態など)としてもよい。或いは、前記有利遊技状態は、前記特定決定手段が前記特定遊技結果とする旨を決定する確率を通常遊技状態よりも高くする確率変動状態としてもよい。さらには、前記有利遊技状態は、前記通常遊技状態に制御されているか前記確率変動状態に制御されているかが遊技者に分からない状態(確変潜伏状態)としてもよい。この確変潜伏状態は、遊技機の内部的な状態としては通常遊技状態となっていて遊技者にとって有利なものとなっていない場合もあるが、遊技者の認識としては確率変動状態に制御されている可能性がある(即ち、確変潜伏状態における有利度の期待値は通常遊技状態よりも高い)ことで、遊技者にとって有利な状態であると言うことができる。
【0016】
本発明の手段1は、上記遊技機において、
前記特定回数は、前記有利遊技状態に制御される変動表示の実行回数よりも少ないことを特徴とする(40回時短大当たり、100回時短大当たりの際に報知される最大回数は、15回または35回)。
【0017】
この場合には、遊技者による操作手段の操作によって操作報知制御手段により報知される回数が特定回数に到達していた場合でも、該特定回数の変動表示が実行された後にも有利遊技状態が継続することを遊技者が期待できるようになるので、さらに遊技の興趣を向上させることができる。
【0018】
本発明の手段2は、上記遊技機(手段1を含む)において、
前記非到達報知制御手段により報知される前記有利遊技状態に制御される変動表示の実行回数は、前記有利遊技状態制御手段により選択され得ない実行回数を含む(時短回数に関わらずに、所定時間経過時の数値を時短回数として報知(図8(b))ことを特徴とする。
【0019】
この場合には、遊技者による操作手段の操作で操作報知制御手段により報知される回数が報知終了条件の成立までに特定回数に到達せず、該報知終了条件の成立時点における回数が報知されていた場合に、該回数の変動表示が実行された後にも有利遊技状態が継続することを遊技者が期待できるようになるので、さらに遊技の興趣を向上させることができる。また、非到達報知制御手段による報知を複雑化させずに済むものとなる。
【0020】
本発明の手段3は、上記遊技機(手段1または2を含む)において、
前記操作報知制御手段は、
前記非到達報知制御手段により前記報知終了条件が成立した時点で報知していた回数を報知していた場合において、該報知していた回数の変動表示が実行されるまでに所定の条件(スーパーリーチ、ロングリーチ)が成立したときに、該報知していた回数よりも多い回数を改めて報知する上乗せ報知制御手段(表示制御基板80の表示制御用CPU:実際の時短回数の報知(図8(e))と、
前記所定の条件が成立した変動表示において前記特定遊技結果となるときに、前記上乗せ報知制御手段による報知を制限する上乗せ報知制限手段(表示制御基板80の表示制御用CPU:大当たり時には上乗せ報知をしない)とを含むことを特徴とする。
【0021】
この場合、所定の条件が成立したときに、上乗せ報知制御手段により既に報知していた回数よりも多い回数を改めて報知することで有利遊技状態に制御される変動表示の実行回数が多くなることを遊技者に期待させるが、該所定の条件が成立した変動表示で特定遊技結果となるならば、当該変動表示の終了後は特定遊技状態に制御されるので、既に報知していた回数よりも多い回数が改めて報知されても遊技者にとって無意味なものとなってしまう。ここでは、このような無意味な報知を行わないことで興趣の低下を防ぐとともに、無意味な報知のために余計な制御負荷が生じるのを防ぐことができる。
【0022】
本発明の手段4は、手段3の遊技機において、
前記変動表示制御手段により実行される変動表示演出の実行時間を、互いに異なる複数種類の実行時間から選択する変動時間選択手段(CPU56:変動パターンの選択)をさらに備え、
前記所定の条件は、前記非到達報知制御手段により報知していた回数の変動表示が実行されるまでに前記変動時間選択手段が特定の変動表示演出の実行時間(スーパーリーチ、ロングリーチ)を選択したときに成立することを特徴とする。
【0023】
この場合には、上乗せ報知制御手段により既に報知していた回数よりも多い回数を改めて報知するために必要な時間を十分に確保することができ、改めて回数を報知するための処理を余裕を持って行うことができる。
【0024】
本発明の手段5は、上記遊技機(手段1乃至4のいずれかを含む)において、
前記特定回数は、互いに異なる複数種類の特定回数(15回、35回)を含み、該複数種類の特定回数の何れかが前記操作報知制御手段により最大で報知される特定回数として選択され(図5(b))、
前記操作報知制御手段は、前記操作手段の操作が同じであっても、該操作手段の操作に対して報知される回数の増加量を選択された特定回数の種類に応じて異ならせる(図5(c))ことを特徴とする。
【0025】
この場合には、特定回数として複数種類のものがあるので、遊技者が操作手段を操作することで如何なる回数まで報知される回数が増えるかの興味を遊技者に持たせることができる。また、同じ操作であっても選択された特定回数の種類に応じて報知される回数の増加量が異なるものとなっているので、その増加量から最大で増加される特定回数を遊技者が予想することができ、さらに遊技の興趣を向上させることができる。
【0030】
本発明の手段は、上記遊技機(手段1乃至6のいずれかを含む)において、
前記操作手段の操作履歴を記憶する操作履歴記憶手段(図5(a))と、
前記操作報知制御手段による報知とは別に前記有利遊技状態制御手段により前記有利遊技状態に制御される変動表示の実行回数を報知する手段であって、前記操作手段の操作とは無関係に回数を報知する非操作報知制御手段(図4(c))と、
前記操作履歴記憶手段に記憶された操作履歴に応じて、前記操作報知制御手段と前記非操作報知制御手段との何れにより前記有利遊技状態に制御される変動表示の実行回数を報知するかを選択する報知選択手段(図5(b))とをさらに備えることを特徴とする。
【0031】
この場合には、遊技者による操作手段の操作状況に応じて適切な態様で報知を行うことができる。とりわけ前記操作履歴記憶手段に記憶された操作履歴により前記操作手段が少なく操作されたことを示すときほど、非操作報知制御手段により報知することが選択される割合を高くすることで、あまり操作手段の操作を行わない遊技者に対して意味の小さい演出を行わなくても済むようになる。
【図面の簡単な説明】
【0032】
図1】本発明の実施の形態にかかるパチンコ遊技機の正面図である。
図2図1のパチンコ遊技機の制御回路の構成を示すブロック図である。
図3】(a)は、大当たり判定用テーブルを示す図であり、(b)、(c)は、大当たり種別判定用テーブルを示す図である。
図4】時短報知演出における可変表示装置の表示画面を示す図である。
図5】(a)は、表示制御マイクロコンピュータのRAMに含まれる操作履歴記憶部を示す図であり、(b)は、回数報知選択テーブルを示す図であり、(c)は、回数増加量選択テーブルを示す図である。
図6】主基板の制御部により実行される2msタイマ割り込み処理を示すフローチャートである。
図7】表示制御基板の表示制御CPUにより実行されるメイン処理を示すフローチャートである。
図8】本発明の実施の形態における時短報知演出、特に操作報知演出の実行例を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0033】
以下、添付図面を参照して、本発明の実施の形態について説明する。
【0034】
図1は、この実施の形態に適用されるパチンコ遊技機1を正面からみた正面図である。パチンコ遊技機1は、縦長の方形状に形成された外枠(図示せず)と、外枠の内側に開閉可能に取り付けられた遊技枠とで構成される。また、パチンコ遊技機1は、遊技枠に開閉可能に設けられている額縁状に形成されたガラス扉枠2を有する。遊技枠は、外枠に対して開閉自在に設置される前面枠(図示せず)と、機構部品等が取り付けられる機構板(図示せず)と、それらに取り付けられる種々の部品(後述する遊技盤6を除く)と、を含む構造体である。
【0035】
図1に示すように、パチンコ遊技機1は、額縁状に形成されたガラス扉枠2を有する。ガラス扉枠2の下部表面には打球供給皿(上皿)3がある。打球供給皿3の前面には、チャンスボタン16が設けられている。チャンスボタン16は、可変表示装置9などの演出手段において所定の種類の演出が実行されているときに、遊技者がこれを操作し、その操作が所定の操作条件を満たしたか否かにより、演出の経過および/または結果を変化させることができるボタンである。
【0036】
打球供給皿3の下部には、打球供給皿3に収容しきれない遊技球を貯留する余剰球受皿4、回転操作することにより遊技領域7に打球を発射する打球操作ハンドル(操作ノブ)5が設けられている。また、ガラス扉枠2の背面には、遊技盤6が着脱可能に取り付けられている。なお、遊技盤6は、それを構成する板状体と、その板状体に取り付けられた種々の部品とを含む構造体である。また、遊技盤6の前面には打ち込まれた遊技球が流下可能な遊技領域7が形成されている。
【0037】
遊技領域7の中央付近には、液晶表示装置(LCD)により構成される可変表示装置9を備えている。可変表示装置9の周囲を取り巻く円形状の枠の中に、演出手段としての装飾ランプ25a〜25cと、役物26とが設けられている。遊技領域7の可変表示装置9よりも下側には、2つの始動入賞口14a、14bが上下に並べて配置されている。下側にある始動入賞口14bには、開放状態となることで遊技球の入賞を容易にする可変入賞装置15が設けられている。可変入賞装置15が閉鎖状態となっているときには、始動入賞口14bへの遊技球の入賞が困難になるが、完全に不可能となってしまう訳ではない。
【0038】
始動入賞口14a、14bの下方には、大入賞口21が開放状態とされる特別可変入賞装置20が設けられている。特別可変入賞装置20が閉鎖状態となっているときには、大入賞口21に遊技球が全く入賞し得なくなる。特別可変入賞装置20が設けられている位置は、遊技者が可変表示装置9を見て遊技を進めている場合には、大入賞口21が開放状態となっているのかどうかが遊技者にほとんど分からないような位置となっている。特別可変入賞装置20の両側には、7セグメントLEDにより構成される特別図柄表示器10a、10bが設けられている。特別図柄表示器10a、10bでは、7セグメントLEDによって表示される特別図柄の変動表示を行なっている。
【0039】
特別図柄表示器10aは、始動入賞口14aへの遊技球の入賞に基づいて特別図柄の変動表示(特図ゲーム)を行い、特別図柄表示器10bは、始動入賞口14bへの遊技球の入賞に基づいて特別図柄の変動表示を行う。特別図柄表示器10a、10bの両方で同時に特別図柄の変動表示が行われることはなく、特別図柄表示器10aまたは10bで特別図柄の変動表示が終了した後に、特別図柄表示器10a、10bの両方で変動表示を開始させるための条件が成立しているときには、いわゆる電チューサポートがされる方の特別図柄表示器10bで優先的に特別図柄の変動表示が行われることとなる。
【0040】
特別図柄表示器10a、10bの表示結果の態様は、7つのセグメントの点灯/非点灯の組み合わせにより、2^7−1=127通りある(^は、べき乗を表し、7セグメントの全てを非点灯する態様が特別図柄表示器10a、10bの表示結果として除かれるため、1だけマイナスされている)。第1特定表示結果、第2特定表示結果、第3特定表示結果、第4特定表示結果、第5特定表示結果には、「0」〜「9」の数字などの遊技者にとって比較的分かり易い図柄を含んでいてよいが、意味のある文字とは認識できない7つのセグメントの点灯/非点灯の組み合わせも採用しており、特別図柄表示器10a、10bの表示結果だけからは大当たりの種類を特定することが非常に困難なものとなっている。
【0041】
特別図柄表示器10a、10bに第1特定表示結果(確率変動大当たり図柄)を表示した後には、後述する第1大当たり遊技状態に遊技状態を制御する。第1大当たり遊技状態の終了後に、次の大当たり(種類を問わず)が発生するまでの間、時短状態(特別図柄及び普通図柄の変動表示の時間が短縮される状態)に遊技状態が制御されるとともに、通常遊技状態(或いは、確率変動状態とならない時短状態)よりも大当たり確率が高くなる確率変動状態に遊技状態が制御される。
【0042】
特別図柄表示器10a、10bに第2特定表示結果(15回時短大当たり図柄)を表示した後には、後述する第1大当たり遊技状態に遊技状態を制御する。第1大当たり遊技状態の終了後に、特別図柄表示器10a、10bにおいて15回の変動表示が行われるまでの間は時短状態に遊技状態が制御されるものの、次の大当たり発生までの大当たり確率を通常とする(確率変動状態の大当たり確率よりも低くなる)通常遊技状態に制御される。同様に、特別図柄表示器10a、10bに第3特定表示結果(40回時短大当たり図柄)、第4特定表示結果(100回時短大当たり図柄)を表示した後には、第1大当たり遊技状態の終了後に、特別図柄表示器10a、10bにおいてそれぞれ40回、100回の変動表示が行われるまでの間は時短状態に遊技状態が制御される。
【0043】
特別図柄表示器10a、10bに第5特定表示結果(突然確変大当たり図柄)を表示した後には、後述する第2大当たり遊技状態に遊技状態を制御する。第2大当たり遊技状態の終了後に、次の大当たり(種類を問わず)が発生するまでの間、時短状態(特別図柄及び普通図柄の変動表示の時間が短縮される状態)に遊技状態が制御されるとともに、前記した確率変動状態に遊技状態が制御される。通常遊技状態において何れかの種類の大当たりが発生することを、初当たりという。
【0044】
また、可変表示装置9では、横方向に3つ並べられた飾り図柄表示領域9a〜9cにて飾り図柄(例えば、「0」〜「9」の10種類)を縦方向にスクロールさせる変動表示を行っている。可変表示装置9は、特別図柄表示器10a、10bで行われる変動表示の内容を、飾り図柄の変動表示によって演出効果を高めて遊技者に表示するための変動表示装置である。特別図柄表示器10a、10bで特別図柄の変動表示が継続されている限り、飾り図柄の変動表示が一旦停止(仮停止)していても、大当たり抽選及び大当たり種別抽選に対する確定的な表示結果が示されたことにはならない。
【0045】
さらに、可変表示装置9においては、飾り図柄が変動表示されるのに合わせてキャラクタの表示などによる演出(リーチ予告などの各種演出)が行われるものとなる。可変表示装置9は、特別図柄の変動表示に合わせて飾り図柄の変動表示を行うため以外に、後述する大当たり演出における画像を表示するためにも用いられる。
【0046】
なお、特別図柄表示器10a、10bに第1特定表示結果(確率変動大当たり図柄)が表示されたときには、この時点で可変表示装置9に表示される飾り図柄を「1」または「7」で揃えるなどして確率変動状態に制御される旨が報知される。一方、第2〜第4特定表示結果(15回、40回、100回時短大当たり図柄)が表示されたときには、可変表示装置9に表示される飾り図柄を「1」または「7」以外の図柄とする。
【0047】
第5特定表示結果(突然確変大当たり図柄)が表示されたときには、可変表示装置9に表示される飾り図柄を特別図柄表示器10a、10bにハズレ図柄が表示されたときと同様の3つの飾り図柄が揃っていない態様にするものとなっている。なお、突然確変大当たりによって制御される第2大当たり遊技状態は、後述するように大入賞口21の開放が極短期間で終了し、大当たり演出も実行されずに次の変動表示の開始までハズレ図柄を表示したままとしておく。もっとも、第2大当たり遊技状態が終了して次の変動表示が開始されたときには、確率変動状態に制御されていることとなる。
【0048】
また、特別図柄表示器10aまたは10bにて特別図柄の変動表示が行われ、可変表示装置9にて飾り図柄の変動表示が行われているときに、装飾ランプ25a〜25cの点灯や役物26の駆動などによる演出が実行されることがある。なお、パチンコ遊技機1において実行される演出には、大きく分けて予告と告知とがあるが、予告とは、それによって示される内容が生じる可能性があることの報知であり、それによって示される内容が生じることを確定的に示す報知である告知と区別される。但し、一連の演出の終了間際までは可能性を示すだけであるが、当該一連の演出の最終部分で確定的な報知がなされる場合は、最終部分が告知、それよりも前の部分が予告としての意味を持つ演出となる。
【0049】
可変表示装置9の表示領域のうちの下部の表示領域に、始動入賞口14a、14bに遊技球が入り始動条件が成立したが未だ特別図柄表示器10a、10bの開始条件(例えば、前回の特別図柄の変動表示の終了、大当たり遊技状態の終了)が成立していない始動条件の成立回数として後述する主基板31のRAM55(図2参照)に記憶された保留記憶数をそれぞれ表示する保留記憶数表示手段として特別図柄保留記憶表示部11a、11bが設定されている。
【0050】
特別図柄保留記憶表示部11aは、4つのアイコンの表示部を備え、始動入賞口14aへの有効始動入賞(本実施形態では、保留記憶数が4未満のときの始動入賞)がある毎に、表示するアイコンをその時点で表示されているアイコンの右側に1つ追加し、特別図柄表示器10aにて特別図柄の変動表示が開始される毎に、最も左側に表示されていたアイコン(今回開始した変動表示に対応していたもの)を消去するとともに、他に表示されていたアイコンを1つずつ左にずらして表示する。すなわち、表示するアイコンの数を1つ減らす。特別図柄保留記憶表示部11bについても、同様に、始動入賞口14bへの有効始動入賞がある毎に、アイコンを1つ増やし、特別図柄表示器10bにて特別図柄の変動表示が開始される毎に、アイコンを1つ減らす。
【0051】
RAM55(図2参照)には、特別図柄表示器10aにおける特別図柄の始動条件が成立(打球が始動入賞口14aへ入賞)したときに主基板31のCPU56(図2参照)により抽出された大当たり判定用乱数等の各種乱数の抽出順番を特定可能に記憶する4つの保留記憶バッファが設けられている。特別図柄保留記憶表示部11aは、保留記憶バッファのうちで各種乱数の記憶された保留記憶バッファの数(保留記憶数)を特定可能に表示する。保留記憶バッファには、抽出された各種乱数のうち未だ開始条件(例えば、前回の特別図柄の変動表示の終了、大当たり遊技状態の終了)が成立していない数値データが予め定められた上限数として4個まで記憶される。特別図柄保留記憶表示部11bについても、同様の保留記憶バッファが設けられている。
【0052】
上記した始動入賞口14a、14bに入った入賞球は、それぞれ遊技盤6の背面に導かれ、始動口スイッチ62a、62b(図2参照)によって検出される。可変入賞装置15は、ソレノイド71(図2参照)によって開放状態とされる。後述する普通図柄の変動表示の結果に応じてソレノイド71により可変入賞装置15が開放状態となることにより、遊技球が始動入賞口14bに入賞し易くなり(始動入賞し易くなり)、遊技者にとって有利な状態となる。
【0053】
また、特別可変入賞装置20は、ソレノイド72(図2参照)により可動して大入賞口21に遊技球が入賞可能な受入可能状態と、大入賞口21に遊技球が入賞不能な受入不能状態とに変化可能であり、受入可能状態において大入賞口21が開放状態とされるものとなる。また、特別可変入賞装置20から遊技盤6の背面に導かれた入賞球は、カウントスイッチ63(図2参照)で検出される。遊技盤6の背面には、大入賞口21内の経路を切り換えるためのソレノイド73(図2参照)も設けられている。
【0054】
特別可変入賞装置20は、第1大当たり遊技状態において、大入賞口21の開放から一定時間経過するまで、または所定個数(例えば、10個)の遊技球が入賞するまで大入賞口21を開放状態とする。大入賞口21が開閉されてから一定期間(例えば、第1大当たり遊技状態においては30秒、第2大当たり遊技状態においては1秒)経過するまで、または所定個数(例えば、10個)の打球が大入賞口21に入賞するまでが1ラウンドである。第1大当たり遊技状態は、このような大入賞口21の開放が所定回数(例えば、15回)に亘って繰り返して提供される遊技状態である。
【0055】
特別可変入賞装置20は、また、第2大当たり遊技状態において、大入賞口21を極めて短い時間(例えば、0.2〜0.5秒程度)で2回だけ開放状態とする。突然確変大当たりしたときに確率変動状態に制御される前の遊技状態が、この第2大当たり遊技状態である。第2大当たり遊技状態は、大入賞口21の開放が極めて短い期間しか行われないため、打球が1つも大入賞口21に入賞しないまま終了して、確率変動状態に制御されることとなる場合も多く、第2大当たり遊技状態に制御されたこと自体が遊技者に気づかれない場合も多い。
【0056】
また、遊技領域7の左側には、「15」及び「2」と付された一対のLEDからなるラウンド数表示器19が設けられている。このラウンド数表示器19は、発生される大当たり遊技状態のラウンド数(第1、第2大当たり遊技状態で、それぞれ15、2ラウンド)を表示するものである。一方、遊技領域7の右側には、「○」及び「×」と付された左右一対のLEDからなる普通図柄表示器12が設けられている。この普通図柄表示器12は、普通図柄と呼ばれる複数種類の識別情報(例えば、「○」及び「×」)を変動表示可能なものである。
【0057】
ゲート28a、28bを遊技球が通過したことがゲートスイッチ61(図2参照)で検出されると、普通図柄当たり判定用乱数が抽出されて主基板31(図2参照)に搭載されるRAM55(図2参照)の普通図柄バッファに格納される。この実施の形態では、RAM55(図2参照)の普通図柄バッファに記憶可能な普通図柄当たり判定用乱数の記憶数の上限は、4個となっている。普通図柄表示器12において普通図柄の表示状態が変化(「○」および「×」が交互に点灯)する変動表示を開始できる状態(前回の普通図柄表示器12における変動表示の終了)であれば、普通図柄表示器12において普通図柄の変動表示が開始される。
【0058】
普通図柄表示器12の上方には、普通図柄バッファに格納される普通図柄当たり判定用乱数の記憶数を表示する所定数(この実施の形態では4つ)のLEDを有する普通図柄保留記憶表示器13が設けられている。この普通図柄保留記憶表示器13は、ゲート28a、28bを遊技球が通過したことがゲートスイッチ61で検出されて新たに普通図柄当たり判定用乱数が記憶されると、点灯するLEDを1つ増やす。普通図柄表示器12にて普通図柄(例えば、「○」及び「×」)の変動表示が開始される毎に点灯しているLEDを1減らす。
【0059】
普通図柄表示器12にて、○と×の付された左右のランプ(点灯時に図柄が視認可能になる)が交互に点灯することによって普通図柄の変動表示が行われ、変動表示は所定時間(例えば、時短状態であれば2.9秒、時短状態でなければ29.2秒)継続する。そして、変動表示の終了時に○の付された左側のランプが点灯すれば当たりとなる。普通図柄表示器12における変動表示の表示結果が当たりである場合には、可変入賞装置15が所定時間(例えば、時短状態であれば2.9秒、時短状態でなければ1.4秒)だけ開放状態になる。
【0060】
普通図柄の変動表示の結果を当たりとするか否かは、ゲート28a、28bを遊技球が通過し、ゲートスイッチ61で遊技球が検出されたときに抽出された普通図柄当たり判定用乱数の値が所定の普通図柄当たり判定値と合致したか否かによって決定される。この当たり確率は、時短状態では非常に高い(例えば、35/36)が、時短状態でなければ低い(例えば、1/36)ものとなっている。時短状態は、このように可変入賞装置15が開放状態にある割合が非常に多いので、遊技者の手持ちの遊技球を減少させずに(或いは、減少したとしても減少量はごく僅かで)、遊技を進められる状態となっている。
【0061】
ゲート28aの左方及び下方、並びにゲート28bの下方及び右方には、それぞれ入賞口29a〜29dが設けられている。入賞口29a〜29dに遊技球が入賞したことが入賞口スイッチ64(図2参照)で検出されると、所定数の遊技球が払い出される。遊技球の払い出しは、始動入賞口14a、14b、大入賞口21への遊技球の入賞によっても行われるが、ゲート28a、28bを遊技球が通過しても行われない。
【0062】
遊技盤6の遊技領域7の下部には、入賞しなかった打球が取り込まれるアウト口30が設けられている。また、遊技領域7の外側の左右上部には、所定の音声出力として効果音や音声を発声する2つのスピーカ27が設けられている。遊技領域7の外周上部、外周左部および外周右部には、前面枠に設けられた天枠ランプ40、左枠ランプ41および右枠ランプ42が設けられている。
【0063】
また、図1には示していないが、パチンコ遊技機1には打球操作ハンドル5を操作することにより駆動モータを駆動し、駆動モータの回転力を利用して遊技球を遊技領域7に発射する打球発射装置45(図2参照)が設けられている。打球発射装置45から発射された遊技球は、遊技盤6に遊技領域7を囲むように円形状に載設された打球レールを通って遊技領域7に入り、その後、遊技領域7を下りてくる。始動入賞口14a、14b、大入賞口21、入賞口29a〜29dのいずれにも入賞しなかった遊技球は、アウト口30から排出されるものとなっている。
【0064】
図2は、本実施形態に係るパチンコ遊技機1の回路構成の概要を表したブロック図である。主基板31には、プログラムに従ってパチンコ遊技機1を制御する基本回路53が搭載されている。基本回路53は、ゲーム制御用のプログラム等を記憶するROM54、ワークメモリとして使用される記憶手段としてのRAM55、プログラムに従って遊技の信号を制御するCPU56、及び表示制御基板80等に制御信号を送信するI/Oポート部57を含む。
【0065】
この実施の形態では、ROM54、RAM55、CPU56及びI/Oポート部57を含む基本回路53は、1チップマイクロコンピュータとして構成されているが、この基本回路53を構成する1チップマイクロコンピュータには、パチンコ遊技機1の電源が遮断されている間にもバックアップバッテリから電力が供給されている。すなわち、RAM55に記憶されているデータは、バックアップバッテリから電力が供給される限りにおいて、パチンコ遊技機1の電源が遮断されている間も保持される。
【0066】
なお、CPU56はROM54に格納されているプログラムに従って制御を実行するので、以下、CPU56が実行する(または、処理を行う)ということは、具体的には、CPU56がプログラムに従って制御を実行することである。このことは、主基板31以外の他の基板に搭載されているCPUについても同様である。また、この実施の形態で用いられる遊技制御用マイクロコンピュータとは、主基板31に搭載されるCPU56、ROM54、RAM55、I/Oポート部57、等の周辺回路のことである。
【0067】
また、ゲートスイッチ61、始動口スイッチ62a、62b、カウントスイッチ63、入賞口スイッチ64、余剰球受皿4がいっぱいになったときに検出する満タンスイッチ(図示しない)、カウントスイッチ短絡信号(図示しない)、からの信号を基本回路53に与えるスイッチ回路32、可変入賞装置15を開閉するソレノイド71、特別可変入賞装置20を開閉するソレノイド72、大入賞口21内に設けられたシーソーを可動するソレノイド73、等を基本回路53からの指令に従って駆動するソレノイド回路33、電源投入時に基本回路53をリセットするためのシステムリセット回路(図示しない)、基本回路53から与えられるデータに従って、大当たり遊技状態(第1大当たり遊技状態、第2大当たり遊技状態)の発生を示す大当たり情報等の情報出力信号をホールコンピュータ等の外部装置に対して出力する情報出力回路34、も主基板31に搭載されている。
【0068】
また、電源起動時において内部状態(RAM55)をリセットするリセットスイッチ93、及び電源のON/OFF切り替えを行うメインスイッチ94も、主基板31に接続されており、これらのスイッチの検出信号を基本回路53へと送る。これらのスイッチ93、94は、パチンコ遊技機1の内部に設けられている。
【0069】
また、主基板31に搭載されたCPU56は、特別図柄表示器10a、10bの表示制御、普通図柄表示器12、およびラウンド数表示器19の表示制御を行う。さらに、普通図柄保留記憶表示器13の発光制御を行う。また、主基板31には、スイッチ回路(図示しない)を介してチャンスボタン16も接続されており、チャンスボタン16の操作を検出した検出信号を基本回路53へと送る。
【0070】
主基板31に設けられた遊技制御用マイクロコンピュータ(CPU56及びROM54、RAM55等の周辺回路)は、プリペイドカード等が挿入されることによって球貸しを可能にするカードユニット50、遊技盤6に設けられた複数の入賞口にて遊技球の入賞を検出したことにより賞球払い出しを行う球払出装置44を制御する払出制御基板36に払出制御信号を送信する。また、遊技制御用マイクロコンピュータは、打球操作ハンドル5を操作することにより打球発射装置45を駆動制御して遊技球を遊技領域7に向けて発射制御する発射制御基板37に発射制御信号を送信する。
【0071】
さらに、遊技制御用マイクロコンピュータは、表示制御基板80に演出制御コマンド(演出制御信号)を送信する。演出制御コマンドを受信することにより表示制御基板80に設けられた表示制御用マイクロコンピュータ(表示制御用CPU(図示しない)、RAM(図示しない)、ROM(図示しない)、I/Oポート部(図示しない)、等の周辺回路)は、可変表示装置9の表示制御を行う。表示制御用マイクロコンピュータには、パチンコ遊技機1の電源が遮断されている間にバックアップバッテリから電力が供給されず、そのRAMに記憶されたデータは、パチンコ遊技機1の電源が遮断されると消去される。
【0072】
表示制御用CPUは、ROMに格納されたプログラムに従って動作し、主基板31から演出制御コマンドを受信すると、受信した演出制御コマンドに従って可変表示装置9の表示制御を行う。具体的には、画像表示を行う表示制御機能及び高速描画機能を有するVDP(図示しない)により可変表示装置9の表示制御を行う。表示制御用CPUは、受信した演出制御コマンドに従ってキャラクタROM(図示しない)から必要なデータを読み出す。キャラクタROMは、可変表示装置9に表示される画像の中でも使用頻度の高いキャラクタ画像データ、具体的には、人物、怪物、文字、図形または記号等を予め格納しておくためのものである。
【0073】
そして、表示制御用CPUは、キャラクタROMから読み出したデータをVDPに出力する。VDPは、表示制御用CPUからデータが入力されたことに基づいて動作する。この実施の形態では、可変表示装置9の表示制御を行うVDP(図示しない)が表示制御基板80に搭載されている。また、VDPは、表示制御用CPUとは独立した二次元のアドレス空間を持ち、そこにVRAM(図示しない)をマッピングしている。VDPは、キャラクタ画像データに従って可変表示装置9に表示するための画像データを生成し、VRAMに展開する。VRAMは、VDPによって生成された画像データを展開するためのフレームバッファメモリである。そして、可変表示装置9に出力する。なお、可変表示装置9の表示制御には、特別図柄の変動表示(リーチ演出表示を含む)、リーチ予告演出、時短回数報知が行われるエンディング演出を含む大当たり演出、保留記憶のアイコン表示などが含まれる。
【0074】
なお、チャンスボタン16が操作されたときには、後述するように遊技制御用マイクロコンピュータから表示制御基板80への演出制御コマンドとしてチャンスボタンコマンドが送られるが、表示制御基板80の表示制御用CPUは、チャンスボタン16の操作によって内容が変化される演出を可変表示装置9において実行しているときには、このチャンスボタンコマンドに基づいて、可変表示装置9における画像の表示を制御するものとしている。
【0075】
また、この実施の形態では、表示制御基板80に設けられた表示制御用マイクロコンピュータは、音声出力基板70にスピーカ27の駆動信号を出力することによりスピーカ27の音声出力制御を行うとともに、ランプドライバ基板35に役物、ランプ・LEDの駆動信号を出力することによりパチンコ遊技機1に設けられた役物、ランプ・LEDの発光制御を行う。すなわち、表示制御基板80に搭載される表示制御用マイクロコンピュータは、主基板31から送信される可変表示装置9の表示制御、ランプ・LEDの点灯制御、遊技音発生等の演出の制御に関する指令情報としての演出制御コマンド(制御信号)に基づいて可変表示装置9、スピーカ27、パチンコ遊技機1に設けられるランプ・LED等の発光体の制御を行う演出制御用マイクロコンピュータである。
【0076】
スピーカ27から出力される音声の再生の処理そのものは、音声出力基板70に搭載された音声制御用マイクロコンピュータ(CPU、RAM、ROMを含む)が行い、ランプ・LEDの点灯制御の処理そのものは、ランプドライバ基板35に搭載されたランプ制御用マイクロコンピュータ(CPU、RAM、ROMを含む)が行うものとなっている。もっとも、これらのマイクロコンピュータは、表示制御基板80の表示制御用CPUから指示されたままに音声の再生出力やランプ・LEDの点灯を単純に行うのみであり、どの様な音声を再生出力させるか、ランプ・LEDをどの様に点灯させるかは、表示制御基板80の表示制御用CPUが制御しているとも言える。
【0077】
以下、この実施の形態にかかるパチンコ遊技機1における特別図柄表示器10a、10bにおける特別図柄の変動表示、及び可変表示装置9における飾り図柄の変動表示について説明する。特別図柄の変動表示の結果を大当たりとするか否か、大当たりとする場合にはいずれの種類の大当たりとするか、さらには特別図柄の変動パターンをいずれとするかは、始動入賞時に抽出される各種乱数に基づいて、特別図柄表示器10a、10bにおける特別図柄の変動表示の始動条件が成立したときに決定される。
【0078】
まず、大当たりの決定について説明する。図3(a)は、ROM54に記憶されている大当たり判定用テーブルを示す図である。特別図柄の変動表示の結果を大当たりとするか否かは、図3(a)の大当たり判定用テーブルと、始動入賞時に抽出された乱数のうちの大当たり判定用乱数(ランダムR:0〜65535)の値とに基づいて決定される。通常時(非確率変動時)においては、大当たり判定用乱数の値が1000〜1059、13320〜13477であれば、大当たりとすることを決定し、それ以外の値であれば、ハズレとすることを決定する。一方、確率変動時においては、大当たり判定用乱数の値が1020〜1519、13320〜15004であれば、大当たりとすることを決定し、それ以外の値であれば、ハズレとすることを決定する。
【0079】
次に、大当たり種別の決定について説明する。図3(b)及び図3(c)は、ROM54に記憶されている大当たり種別判定用テーブルを示す図である。ここで、図3(b)は、特別図柄表示器10bで特別図柄の変動表示を行う場合に大当たり種別を決定するための大当たり種別判定用テーブルであり、図3(c)は、特別図柄表示器10aで特別図柄の変動表示を行う場合に大当たり種別を決定するための大当たり種別判定用テーブルである。
【0080】
特別図柄表示器10bで特別図柄の変動表示を行う場合には、大当たり判定用乱数及び大当たり判定用テーブルに基づいて特別図柄の変動表示の結果を大当たりとする旨が決定された場合、さらに始動入賞時に抽出された乱数のうちの大当たり種別判定用乱数(ランダムQ:0〜9)の値が0、3、5または7であれば確率変動大当たりと決定し、2または6であれば15回時短大当たりと決定し、4または8であれば40回時短大当たりと決定し、1であれば100回時短大当たりと決定し、9であれば突然確変大当たりと決定する。
【0081】
一方、特別図柄表示器10aで特別図柄の変動表示を行う場合には、大当たり判定用乱数及び大当たり判定用テーブルに基づいて特別図柄の変動表示の結果を大当たりとする旨が決定された場合、さらに始動入賞時に抽出された乱数のうちの大当たり種別判定用乱数(ランダムQ:0〜9)の値が3、5または7であれば確率変動大当たりと決定し、2または6であれば15回時短大当たりと決定し、4または8であれば40回時短大当たりと決定し、1であれば100回時短大当たりと決定し、0または9であれば突然確変大当たりと決定する。
【0082】
ところで、確率変動状態では、30分の1の確率で大当たりとなるが、新たな大当たりが発生するまで特別図柄の変動表示が実行される回数の制限なく、時短状態に制御される。時短状態では、可変入賞装置15が開放状態にある割合が非常に高く、特別図柄表示器10aよりも優先される特別図柄表示器10bにて特別図柄の変動表示を行わせるための始動入賞口14bの入賞による保留記憶が途切れることが少ない。また、第1大当たり遊技状態に制御されている間の時間は非常に長いので、ほとんど例外なく、第1大当たり遊技状態が終了するまでに始動入賞口14aの入賞による保留記憶も、始動入賞口14bの入賞による保留記憶も一杯になる。
【0083】
特別図柄表示器10aで特別図柄の変動表示を行う場合に確率変動大当たりとなる確率は、大当たりとなった場合の3/10であるのに対して、特別図柄表示器10bで特別図柄の変動表示を行う場合に確率変動大当たりとなる確率は、大当たりとなった場合の2/5(=4/10)もある。つまり、一旦確率変動大当たりが発生すると、それに基づく第1大当たり遊技状態が終了してから、さらに遊技者が多くの遊技球を獲得することができる第1大当たり遊技状態を介して次も確率変動状態となる割合が高いものとなる。
【0084】
次に、特別図柄の変動パターンの決定について説明する。特別図柄の変動パターンは、開始条件(より先の始動入賞に基づく変動表示が全て終了する(している)ことにより成立)が成立したときに、特別図柄の変動表示の結果(大当たりとするか否か、大当たりとする場合は大当たりの種別)に応じて決定されるものとなる。また、変動パターンを決定する場合、まず始動入賞時に抽出された乱数のうちの変動種別判定用乱数の値に基づいて変動パターンの種別を決定し、さらに始動入賞時に抽出された変動パターン判定用乱数の値に基づいて変動パターンを決定するものとなる。
【0085】
変動パターンの種別には、ハズレとすることが決定された場合には、非リーチハズレ、ノーマルリーチ、スーパーリーチの3種類がある。確率変動大当たり、15回、40回または100回時短大当たりとすることが決定された場合には、ノーマルリーチ、スーパーリーチの2種類がある。突然確変大当たりとすることが決定された場合には、突然確変の1種類であるが、これは、飾り図柄の変動に関しては非リーチハズレと基本的に同じものになる。
【0086】
次に、特別図柄の変動パターンの決定について説明する。特別図柄の変動パターンは、開始条件(より先の始動入賞に基づく変動表示が全て終了する(している)ことにより成立)が成立したときに、特別図柄の変動表示の結果(大当たりとするか否か、大当たりとする場合は大当たりの種別)に応じて決定されるものとなる。また、変動パターンを決定する場合、まず始動入賞時に抽出された乱数のうちの変動種別判定用乱数の値に基づいて変動パターンの種別を決定し、さらに始動入賞時に抽出された変動パターン判定用乱数の値に基づいて変動パターンを決定するものとなる。
【0087】
変動パターンの種別には、ハズレとすることが決定された場合には、非リーチハズレ、ノーマルリーチ、スーパーリーチの3種類がある。確率変動大当たり、15回、40回または100回時短大当たりとすることが決定された場合には、ノーマルリーチ、スーパーリーチの2種類がある。突然確変大当たりとすることが決定された場合には、突然確変の1種類であるが、これは、飾り図柄の変動に関しては非リーチハズレと基本的に同じものになる。
【0088】
ここで、ノーマルリーチ、スーパーリーチは、何れも変動表示の過程において1番目、2番目にそれぞれ停止される左と右の飾り図柄が同一の種類の図柄で揃うリーチ表示態様が出現するパターンであるが、ノーマルリーチは、中の飾り図柄の変動表示の態様がハズレの場合と異ならない(最終的に停止される図柄は異なる)変動パターンである。一方、スーパーリーチは、リーチ表示態様が出現した後、最後に停止される中の飾り図柄の変動表示が通常とは異なる態様となるリーチ演出表示が行われる変動パターンとなっており、変動表示に要する時間が非リーチハズレやノーマルリーチと比べると、かなり長くなっている。
【0089】
また、変動パターンの種別としてノーマルリーチやスーパーリーチが選択される割合は、大当たり抽選及び大当たり種別抽選の結果が確率変動大当たり、15回、40回または100回時短大当たりとなるときの方が、突然確変大当たりまたはハズレとなるときよりも高くなっている。さらに、ノーマルリーチとスーパーリーチとを比べると、確率変動大当たり、15回、40回または100回時短大当たりとなるときと突然確変大当たりまたはハズレとなるときとの選択割合の違いがスーパーリーチの方が大きい。
【0090】
つまり、大当たりの発生には少なくとも変動表示の途中でリーチ表示態様が表示されることは必須の条件ではあるが、飾り図柄の変動表示がスーパーリーチの変動パターンで実行されたときには、ノーマルリーチの変動パターンで実行されたときよりも、確率変動大当たり、15回、40回または100回時短大当たりとなりやすいということである。つまり、スーパーリーチは、確率変動大当たり、15回、40回または100回時短大当たりとなる信頼度が非常に高い変動パターンであるということができる。
【0091】
また、保留記憶の数が3以上となったときには、選択された変動パターンの本来の変動表示時間よりも特別図柄及び飾り図柄の変動表示が実行される時間が短縮される(4となったときには、3となったときよりも一層短縮される)。非リーチハズレとノーマルリーチでは、通常の場合に変動表示が実行される時間に変わりがないものの、ノーマルリーチでは一旦リーチ表示態様を出現させてから表示結果を導出させるという過程を経ることになるため、短縮された変動時間については、このような過程を経ないでよい非リーチハズレよりもノーマルリーチハズレの方が長くなる。また、スーパーリーチの変動パターンでは、リーチ演出表示が(全部または一部)省略されて飾り図柄の変動表示の結果が表示されることがある。
【0092】
変動パターンの種別の選択割合は、当該変動表示の開始条件が成立した時点における保留記憶の数に応じて異なっていてもよい。もっとも、少なくともスーパーリーチの種別を選択する割合は、開始条件が成立した時点での保留記憶の数に関わらずに同じであり、変動パターンの種別がスーパーリーチとなることは、始動入賞時に抽出された各種乱数の値によって既に定まっている。
【0093】
変動パターンの種別が決定されると、そこからより細かく変動パターンが決定される。ここで、変動パターンの種別が非リーチハズレの場合に選択される変動パターンは、1種類だけである。確率変動大当たり、15回、40回または100回時短大当たりでノーマルリーチの場合に選択される変動パターン、並びにノーマルリーチハズレの場合に選択される変動パターンには、変動表示の開始から終了までに要する時間が非リーチハズレと大差ないショートリーチと、比較的長い(但し、スーパーリーチの変動パターンの場合よりは短い)ロングリーチとが含まれている。ロングリーチやスーパーリーチの変動パターンが選択されたときには、時短状態に制御されている場合も含めて、飾り図柄の変動表示の終了までの時間が一定の時間以上のものとなる。
【0094】
特別図柄表示器10a、10bにおける特別図柄の変動表示の開始条件は、当該変動表示を行わせることとなる始動入賞よりも先の始動入賞に基づく全ての変動表示が終了していることによって成立する(但し、第1、第2大当たり遊技状態に制御されたときには、その終了によって成立する)。従って、保留記憶が全くない状態で始動入賞した場合には、当該始動入賞によって直ちに特別図柄の変動表示の開始条件が成立することとなる。
【0095】
これに対して、未だ先の始動入賞に基づく変動表示が終了していないときの始動入賞(特定始動入賞とする)によって保留記憶がされていた場合には、特定始動入賞よりも1つだけ先の始動入賞(先始動入賞とする)に基づく特別図柄の変動表示が終了したときに、特定始動入賞に基づく特別図柄の変動表示の開始条件が成立する。このとき、先始動入賞に基づく特別図柄の変動表示の終了後に、遅滞なく特定始動入賞に基づく特別図柄の変動表示が開始されることとなる。
【0096】
前述したとおり、特別図柄表示器10a、10bにおいて特別図柄が変動表示されるときにおいては、可変表示装置9において飾り図柄が変動表示される。特別図柄表示器10a、10bにおける特別図柄の変動表示は、開始条件の成立によって直ちに開始されるものとなるが、可変表示装置9における飾り図柄の変動表示は、開始条件の成立によって直ちに開始されるのではなく、開始条件の成立から一定の遅延時間(インターバル期間)を経過してから開始されるものとなっている。なお、特別図柄の変動表示は、開始条件が成立してから選択された変動パターンに応じて定められた変動表示時間を経過するまで実行されることとなる。
【0097】
上記したように、特別図柄表示器10a、10bに第1、第2、第3または第4特定表示結果が導出されると、すなわち確率変動大当たり、15回、40回または100回時短大当たりが発生すると、第1大当たり遊技状態に制御されるが、この確率変動大当たり、15回、40回または100回時短大当たりを発生させることとなる始動入賞が発生しても、そのときには先の始動入賞に基づいて特別図柄の(飾り図柄も)変動表示が行われていることもある。この場合は、始動入賞に基づいて変動表示を行う権利(始動入賞時に抽出された各種乱数)が保留記憶されるが、保留記憶されている旨が特別図柄保留記憶表示部11a、11bに表示されて、遊技者に報知されるものとなる。
【0098】
また、第1大当たり遊技状態に制御されているときには、大当たり演出が行われるが、大当たり演出には、ラウンド毎に行われて当該第1大当たり遊技状態のラウンドを報知するラウンド演出と、全てのラウンドが終了した後に新たな変動表示が開始されるまでに行われるエンディング演出とが含まれている。15回時短大当たり、40回時短大当たり、または100回時短大当たりにより制御されたエンディング演出においては、第1大当たり遊技状態が終了した後に時短状態に制御される変動表示の回数を報知する時短報知演出が行われる。
【0099】
時短報知演出には、遊技者がチャンスボタン16を操作することで0回から15回または35回の何れかの回数まで段階的に報知される回数が増加していく操作報知演出と、遊技者のチャンスボタン16の操作に関わらずに実際に時短状態に制御される回数が報知される非操作報知演出とがある。最大で15回までの操作報知演出と、最大で35回までの操作報知演出と、非操作報知演出とは、何れか一方のみが選択されて実行される。これらは、前回の操作報知演出における遊技者のチャンスボタン16の操作履歴に応じて選択されるが、その選択については後述する。
【0100】
図4は、時短報知演出における可変表示装置9の表示画面の例を示す図である。時短報知演出では、まず、図4(a)に示すように、エンディング演出としての「大当たり終了」というメッセージとともに、遊技者にチャンスボタン16の操作を促すための「ボタンを押して時短を積み上げろ!」というメッセージが表示される。
【0101】
この「ボタンを押して時短を積み上げろ!」というメッセージが表示されている間に遊技者がチャンスボタン16を操作すると、可変表示装置9に表示されている回数(図4(a)の例では「6回」)が段階的に増加されていく。この回数の増加は、チャンスボタン16を1回操作する毎に1ずつ、2ずつ、或いは3ずつの場合がある。その増加幅は、前回の操作報知演出における遊技者のチャンスボタン16の操作履歴と最大で何回まで回数が増加される操作報知演出であるかに応じて選択されるが、その選択については後述する。
【0102】
操作報知演出において、その開始から予め定められた時間が経過するまでに遊技者のチャンスボタン16の操作に応じて表示されている回数が選択された回数(15回または35回の何れか)まで積み上がると、図4(b)に示すように、その回数が時短状態に制御される回数として遊技者に報知される。図4(b)では、最大で35回までの操作報知演出でチャンスボタン16の操作により表示されている回数が35回まで積み上げられた場合を示しており、ここでは、「積み上げた時短回数は、35回」と可変表示装置9に表示されている。
【0103】
一方、操作報知演出において予め定められた時間が経過するまでに表示されている回数が選択された回数まで増加されなかった場合には、当該時間が経過した時点で表示されていた回数がそのまま時短状態に制御される回数として遊技者に報知される。例えば、図4(a)の状態のまま遊技者がチャンスボタン16を操作せずに予め定められた時間が経過すると、「積み上げた時短回数は、6回」と可変表示装置9に表示されることとなる。
【0104】
また、非操作報知演出では、遊技者がチャンスボタン16を操作するまでもなく、実際に時短状態に制御される回数が報知されるものとなる。例えば、40回時短大当たりにより第1大当たり遊技状態の終了後に40回の時短状態に制御される場合には、図4(c)に示すように、「時短回数は、40回」と可変表示装置9に表示される。
【0105】
この特別図柄保留記憶表示部11a、11bへのアイコンの表示、可変表示装置9における飾り図柄の変動表示や大当たり演出は、表示制御基板80の表示制御用CPUにより実行されるものとなっている。もっとも、これらのアイコンの表示や各種演出は、遊技の進行状況に沿って行われるものとなるため、上記各種の決定を含む主基板31のCPU56による遊技の進行状況に応じて、CPU56から表示制御基板80の表示制御用CPUへと送信されるものとなっている。
【0106】
すなわち、始動入賞口14aまたは14bに遊技球が入賞したときに、このときに抽出された大当たり判定用乱数により大当たりとなるか否か(さらに、大当たり種別判定用乱数により決定される大当たりの種別を含んでいてもよい)、及び変動種別判定用乱数の値により選択される変動パターンの種別、並びに遊技球が入賞した始動入賞口の種類と該始動入賞後の保留記憶数と対応付けた始動入賞コマンドが、主基板31のCPU56から表示制御基板80の表示制御用CPUへと送信されるものとなっている。
【0107】
入賞口29a〜29dに遊技球が入賞したときに、入賞口の種類を示す通常入賞コマンドが主基板31のCPU56から表示制御基板80の表示制御用CPUへと送信されるものとなっている。チャンスボタン16が操作されたときには、その旨を示すチャンスボタンコマンドが主基板31のCPU56から表示制御基板80の表示制御用CPUへと送信されるものとなっている。
【0108】
また、特別図柄表示器10aまたは10bにて特別図柄の変動表示を開始させるときに、これを開始させた始動入賞と、この変動表示において大当たりとするか否か及び大当たり種別と、決定された変動パターンとを示す開始時コマンドが、主基板31のCPU56から表示制御基板80の表示制御用CPUへと送信されるものとなっている。また、遊技状態が変化したときに、変化した後の遊技状態を示す遊技状態コマンドが、主基板31のCPU56から表示制御基板80の表示制御用CPUへと送信されるものとなっている。
【0109】
また、特別図柄表示器10aまたは10bに第1特定表示結果〜第4特定表示結果が導出されて、第1大当たり遊技状態に制御されたときには、各ラウンドが開始される度に当該ラウンド数を示す大当たりラウンドコマンドが、主基板31のCPU56から表示制御基板80の表示制御用CPUへと送信されるものとなっている。各ラウンドが終了したときにも、ラウンドの終了を示すラウンド終了コマンドが、主基板31のCPU56から表示制御基板80の表示制御用CPUへと送信されるものとなっている。
【0110】
さらに、パチンコ遊技機1の電源を立ち上げたときには、前回の電源遮断時のデータがクリアされずにRAM55に記憶されていれば該電源遮断時の状態(始動入賞口14a、14bの保留記憶がある場合もあり)から、RAM55がクリアされていれば初期状態(始動入賞口14a、14bの何れの保留記憶の数も0)から、遊技の進行を開始させることとなるが、このときに、始動入賞口14a、14bの保留記憶数と遊技状態とを特定可能な情報を含む起動時コマンドが、主基板31のCPU56から表示制御基板80の表示制御用CPUへと送信されるものとなっている。
【0111】
次に、時短報知演出の制御について説明する。前述したように、時短報知演出として最大で15回の操作報知演出と、最大で35回の操作報知演出と、非操作報知演出との何れを選択するかは、前回の操作報知演出におけるチャンスボタン16の操作に応じて決められるものとなっている。また、操作報知演出におけるチャンスボタン16の操作あたりの表示される回数の増加量も、前回の操作報知演出におけるチャンスボタン16の操作に応じて決められるものとなっている。
【0112】
このため、図5(a)に示すように、表示制御基板80の表示制御用マイクロコンピュータに含まれるRAMには、操作報知演出におけるチャンスボタン16の操作履歴を記憶する操作履歴記憶部80aが設けられている。操作履歴記憶部80aに記憶される情報は、操作報知演出が実行されている間にチャンスボタン16が1回も操作されなかった、チャンスボタン16は操作されたものの選択された回数まで増加されなかった、チャンスボタン16が操作されて選択された回数まで増加されたかの何れかの情報である。
【0113】
また、この実施の形態にかかるパチンコ遊技機1においては、表示制御基板80の表示制御用CPUが主基板31のCPU56から何らのコマンドも受信することなく所定時間が経過すると(遊技者により遊技が行われていないと推定される)、可変表示装置9に所定のデモ画面を表示させるデモ演出が行われるが、このデモ演出が行われたときには、操作履歴記憶部80aの記憶内容は初期化されるものとなっている。
【0114】
次に、最大で35回の操作報知演出、最大で15回の操作報知演出、或いは非操作報知演出の選択について説明する。表示制御基板80の表示制御用CPUは、第15ラウンドの終了を示すラウンド終了コマンドを受信すると、そこから一定期間だけエンディング演出を実行するものとなっているが、15回時短大当たり、40回時短大当たり、100回時短大当たりの何れかに基づく第1大当たり遊技状態でエンディング演出を開始するときには、当該エンディング演出にて最大で15回の操作報知演出、最大で35回の操作報知演出、或いは非操作報知演出の何れを実行するかを決定する。
【0115】
図5(b)は、最大で35回の操作報知演出、最大で15回の操作報知演出、或いは非操作報知演出の何れかを選択するための回数報知選択テーブルを示す図であり、所定の乱数抽選により何れかを選択するものとなっている。図示するように、操作履歴記憶部80aに前回の操作報知演出が実行されている間にチャンスボタン16が1回も操作されなかったことを示す情報が記憶されている場合には、最大で35回の操作報知演出、最大で15回の操作報知演出、非操作報知演出が、それぞれA1、A2、A3の割合(A1+A2+A3=1)で選択される。
【0116】
操作履歴記憶部80aに前回の操作報知演出が実行されている間にチャンスボタン16は操作されたものの選択された回数まで増加されなかったことを示す情報が記憶されている場合には、最大で35回の操作報知演出、最大で15回の操作報知演出、非操作報知演出が、それぞれB1、B2、B3の割合(B1+B2+B3=1)で選択される。操作履歴記憶部80aに前回の操作報知演出が実行されている間にチャンスボタン16は操作されて選択された回数まで増加されたことを示す情報が記憶されている場合には、最大で35回の操作報知演出、最大で15回の操作報知演出、非操作報知演出が、それぞれC1、C2、C3の割合(C1+C2+C3=1)で選択される。
【0117】
但し、15回時短大当たりに基づく第1大当たり遊技状態が終了する際のエンディング演出では、乱数抽選により最大で35回の操作報知演出が選択されても、これが最大で15回の操作報知演出の選択に変更される。また、上記の割合においては、A3>B3>C3という関係があって、前回の操作報知演出でチャンスボタン16が操作されていなかったときには操作されていたときよりも、チャンスボタン16が操作されていても選択された回数に達していないときには選択された回数に達していたときよりも、多くの割合で非操作報知演出が選択されるものとなっている。
【0118】
次に、操作報知演出が実行される場合におけるチャンスボタン16の操作に対して表示される回数の増加量の選択について説明する。図5(c)は、チャンスボタン16の操作に対して表示される回数の増加量を選択するための回数増加量選択テーブルを示す図である。増加量の選択は、前回の操作報知演出における遊技者のチャンスボタン16の操作履歴と最大で何回まで回数が増加される操作報知演出であるかに応じて行われる。
【0119】
最大で15回の操作報知演出が選択され、且つ操作履歴記憶部80aに前回の操作報知演出が実行されている間にチャンスボタン16は操作されて選択された回数まで増加されたことを示す情報が記憶されている場合には、1回のチャンスボタン16の操作に対して可変表示装置9に表示される回数を1ずつ、2ずつ、3ずつ増加させることが、それぞれ1、0、0の割合で選択される(即ち、全て1ずつ増加させることが選択される)。
【0120】
最大で15回の操作報知演出が選択され、且つ操作履歴記憶部80aに前回の操作報知演出が実行されている間にチャンスボタン16は操作されたものの選択された回数まで増加されなかったことを示す情報が記憶されている場合には、1回のチャンスボタン16の操作に対して可変表示装置9に表示される回数を1ずつ、2ずつ、3ずつ増加させることが、それぞれa1、a2、0の割合で選択される(即ち、1ずつか2ずつ増加させることが選択され、3ずつ増加させることは選択されない)。
【0121】
最大で15回の操作報知演出が選択され、且つ操作履歴記憶部80aに前回の操作報知演出が実行されている間にチャンスボタン16が1回も操作されなかったことを示す情報が記憶されている場合には、1回のチャンスボタン16の操作に対して可変表示装置9に表示される回数を1ずつ、2ずつ、3ずつ増加させることが、それぞれb1、b2、b3の割合(b1:b2=a1:a2)で選択される(即ち、1ずつか2ずつ、3ずつ増加させることの何れも選択され得る)。
【0122】
最大で35回の操作報知演出が選択され、且つ操作履歴記憶部80aに前回の操作報知演出が実行されている間にチャンスボタン16は操作されて選択された回数まで増加されたことを示す情報が記憶されている場合には、1回のチャンスボタン16の操作に対して可変表示装置9に表示される回数を1ずつ、2ずつ、3ずつ増加させることが、それぞれa1、a2、0の割合で選択される(即ち、1ずつか2ずつ増加させることが選択され、3ずつ増加させることは選択されない)。
【0123】
最大で35回の操作報知演出が選択され、且つ操作履歴記憶部80aに前回の操作報知演出が実行されている間にチャンスボタン16は操作されたものの選択された回数まで増加されなかったことを示す情報が記憶されている場合には、1回のチャンスボタン16の操作に対して可変表示装置9に表示される回数を1ずつ、2ずつ、3ずつ増加させることが、それぞれb1、b2、b3の割合で選択される(即ち、1ずつか2ずつ、3ずつ増加させることの何れも選択され得る)。
【0124】
最大で35回の操作報知演出が選択され、且つ操作履歴記憶部80aに前回の操作報知演出が実行されている間にチャンスボタン16が1回も操作されなかったことを示す情報が記憶されている場合には、1回のチャンスボタン16の操作に対して可変表示装置9に表示される回数を1ずつ、2ずつ、3ずつ増加させることが、それぞれ0、0、1の割合で選択される(即ち、全て3ずつ増加させることが選択される)。
【0125】
表示制御基板80の表示制御用CPUは、これらの選択に従って、15回時短大当たり、40回時短大当たりまたは100回時短大当たりの後の第1大当たり遊技状態におけるエンディング演出では、操作報知演出または非操作報知演出を実行する。操作報知演出を行う場合には、最初に0回を表示した後、チャンスボタン16が操作される度に選択された増加量ずつ表示している回数を、操作報知演出の選択に応じて最大で15回または35回まで増加させている。予め定められた時間を経過した時点で表示されている回数が操作報知演出の最大回数まで到達していない場合には、当該時点で表示されている回数を時短状態に制御される変動表示の回数として報知する。
【0126】
表示制御基板80の表示制御用CPUは、操作報知演出において時短状態に制御される回数を報知した後、当該報知した回数を消化するまでの変動表示における変動パターンとしてスーパーリーチまたはロングリーチが選択されたときには、当該変動表示が実行されている間に、実際に時短状態に制御される回数(15回、40回または100回)まで上乗せして、時短状態に制御する回数を報知することとしている。もっとも、当該変動表示において確率変動大当たり、15回時短大当たり、40回時短大当たりまたは100回時短大当たりとなる場合には、このような時短状態に制御される回数の上乗せは行わない。
【0127】
以下、この実施の形態にかかるパチンコ遊技機1において、表示制御基板80の表示制御用CPUにより実行される演出の制御について説明する。表示制御基板80の表示制御用CPUは、開始時コマンドを受信すると、後に説明するように飾り図柄の種類を選択し、開始時コマンドが示す変動パターンで飾り図柄を可変表示装置9において変動表示させた後、選択した種類の飾り図柄を可変表示装置9に表示して、変動表示の結果を示すものとしている。変動パターンがスーパーリーチである場合には、リーチ表示態様が表示されてから選択した種類の飾り図柄が全て表示されるまでに、リーチ演出表示が行われるものとなる。
【0128】
ここで、変動表示の結果として表示される飾り図柄の選択について説明する。前述したように、飾り図柄の変動表示において具体的に表示される飾り図柄の種類は、主基板31のCPU56によって行われた大当たりの決定、大当たり種別の決定、変動パターンの決定に従うことを条件として、表示制御基板80の表示制御用CPUが決定するものとなっている。例えば、確率変動大当たりが決定されているときには、最終的に停止される飾り図柄は、3つとも「1」または「7」の同じ図柄となり、15回、40回または100回時短大当たりが決定されているときには、最終的に停止される飾り図柄は、3つとも「1」または「7」以外の同じ図柄となる。
【0129】
15回、40回または100回時短大当たりでは、最終的に停止される図柄を「1」または「7」以外の同じ図柄としなければならないため、その前提で表示されるリーチ表示態様も「1」または「7」以外の同じ図柄が2つ停止した態様となる。スーパーリーチにおいて再抽選はあっても、そこでの降格はできないため、最終的に停止される図柄を「1」または「7」以外の同じ図柄とするには、リーチ表示態様も「1」または「7」以外の同じ図柄が2つ停止した態様としなければならないからである。
【0130】
確率変動大当たりでは、最終的に停止される図柄を「1」または「7」の同じ図柄としなければならないので、再抽選のないノーマルリーチの変動パターンで確率変動大当たり図柄を表示させるためには、その前提で表示されるリーチ表示態様も「1」または「7」の同じ図柄が2つ停止した態様としなければならない。一方、再抽選のあるスーパーリーチでは、「1」または「7」以外の同じ図柄を一旦揃えてから、「1」または「7」の同じ図柄を揃えた態様に変更することができるため、リーチ表示態様は「1」または「7」以外の同じ図柄が2つ停止した態様とすることができる。
【0131】
以下、この実施の形態にかかるパチンコ遊技機1において遊技の進行のために行われる処理について説明する。まず、電源起動時の処理について説明する。リセットスイッチ93をON状態とした状態でメインスイッチ94をON状態としてパチンコ遊技機1を起動すると、RAM55の格納領域のうち使用中スタック領域を除く全ての格納領域を初期化する。ここで、RAM55が初期化されたときには、確率変動状態にも時短状態にも制御されていない遊技状態となる。そして、遊技を進行させるための処理を開始させることができる。
【0132】
一方、リセットスイッチ93をOFF状態でメインスイッチ94をON状態としてパチンコ遊技機1を起動した場合は、RAM55のデータが壊れているかどうかを診断し、RAM55のデータが壊れていなかった場合、すなわち前回のパチンコ遊技機1の電源をOFFしたときのデータが正常なままで残っている場合には、RAM55に記憶されているデータはそのままとして、前回にパチンコ遊技機1の電源をOFFしたときの状態から、遊技を進行させるための処理を開始させることができる。
【0133】
パチンコ遊技機1において遊技を進行させるための処理は、2ms毎に実行されるタイマ割り込みに従って実行される。なお、打球操作ハンドル5の操作に基づく遊技領域7への遊技球の発射だけは、2ms毎のタイマ割り込み処理とは独立して行われるものとなっている。
【0134】
図6は、CPU56が実行するメイン処理にて2ms毎に実行されるタイマ割込処理を示すフローチャートである。タイマ割込が発生すると、CPU56は、レジスタの退避処理(ステップS21)を行った後、ステップS22〜S36の遊技制御処理を実行する。遊技制御処理において、CPU56は、まず、スイッチ回路32を介して、ゲートスイッチ61、始動口スイッチ62a、62b、カウントスイッチ63等のスイッチの検出信号を入力し、それらの状態を判定するスイッチ処理を行う(ステップS22)。
【0135】
次に、遊技制御に用いられる大当たり判定用の乱数、大当たり種別判定用乱数、確率変動終了判定用乱数等の各判定用乱数を生成するための各カウンタのカウント値を更新する処理を行う(ステップS23)。CPU56は、更に、初期値用乱数を生成するためのカウンタのカウント値を更新する処理(ステップS24)及び表示用乱数を生成するためのカウンタのカウント値を更新する処理を行う(ステップS25)。
【0136】
更に、CPU56は、特別図柄プロセス処理を行う(ステップS26)。特別図柄プロセス処理では、遊技状態に応じて特別図柄表示器10a、10b、可変表示装置9、特別可変入賞装置20、等を所定の順序で制御するための特別図柄プロセスフラグに従って該当する処理が選び出されて実行される。そして、特別図柄プロセスフラグの値は、遊技状態に応じて各処理中に更新される。
【0137】
また、普通図柄プロセス処理を行う(ステップS27)。普通図柄プロセス処理では、普通図柄表示器12の表示状態を所定の順序で制御するための普通図柄プロセスフラグに従って該当する処理が選び出されて実行される。そして、普通図柄プロセスフラグの値は、遊技状態に応じて各処理中に更新される。普通図柄プロセス処理を実行することにより普通図柄表示器12の表示制御および可変入賞装置15の開閉制御が実行される。
【0138】
次いで、CPU56は、特別図柄プロセス処理でRAM55の所定の領域に設定され、可変表示装置9等において各種演出を行うためのコマンドを表示制御基板80に送出する特別図柄コマンド制御処理を行う(ステップS28)。また、普通図柄プロセス処理でRAM55の所定の領域に設定された普通図柄に関するコマンドを送出する普通図柄コマンド制御処理を行う(ステップS29)。
【0139】
更に、CPU56は、例えばホール管理用コンピュータに供給される大当たり情報、始動情報、確率変動情報などのデータを出力する情報出力処理を行う(ステップS30)。
【0140】
また、CPU56は、始動口スイッチ62a、62b、カウントスイッチ63等の検出信号に基づく賞球個数の設定などを行う賞球処理を実行する(ステップS31)。具体的には、始動口スイッチ62a、62b、カウントスイッチ63等の何れかがオンしたことに基づく入賞検出に応じて、払出制御基板36に賞球個数を示す払出制御コマンドを出力する。払出制御基板36に搭載されている払出制御用CPUは、賞球個数を示す払出制御コマンドに応じて球払出装置44を駆動する。
【0141】
そして、CPU56は、保留記憶数の増減をチェックする記憶処理を実行する(ステップS32)。記憶処理においては、始動口スイッチ62a、62bの検出信号に基づいて大当たり判定用乱数等の各種乱数を抽出し、抽出した乱数の値を始動口スイッチ62a、62bの別に保留記憶させる。また、抽出した各種乱数の値等を示すコマンドを送出する処理も行う。
【0142】
また、遊技機の制御状態を遊技機外部で確認できるようにするための試験信号を出力する処理である試験端子処理を実行する(ステップS33)。更に、所定の条件が成立したときにソレノイド回路33に駆動指令を行う(ステップS34)。可変入賞装置15、特別可変入賞装置20、を開放状態または閉鎖状態としたり、大入賞口21内の遊技球通路を切り替えたりするために、ソレノイド回路33は、駆動指令に応じてソレノイド71〜73を駆動する。その後、レジスタの内容を復帰させ(ステップS35)、割込許可状態に設定する(ステップS36)。
【0143】
次に、ステップS26の特別図柄プロセス処理について説明する。特別図柄プロセス処理では、CPU56は、まず、遊技盤6に設けられている始動入賞口14a、14bに遊技球が入賞したことを検出するための始動口スイッチ62がオンしているかどうか、すなわち遊技球が始動入賞口14a、14bに入賞する始動入賞が発生しているかどうかを判定し、始動入賞が発生していたら始動口スイッチ通過処理を行う。始動口スイッチ通過処理では、大当たり判定用乱数、大当たり種別判定用乱数、変動種別判定用乱数、変動パターン判定用乱数、及び確率変動終了判定用乱数を抽出して始動入賞口14a、14bの各々に対応する保留記憶バッファに記憶させる(但し、保留記憶バッファが満杯のときは、抽出した乱数を破棄する)とともに、抽出した乱数の値と遊技球が入賞した始動入賞口の種類を始動入賞毎の識別情報と対応付けたコマンドを表示制御基板80へと送信する。
【0144】
その後、特別図柄プロセスフラグの状態に応じて、次に説明する特別図柄通常処理、変動パターン設定処理、特別図柄変動処理、特別図柄停止処理、大入賞口開放前処理、大入賞口開放中処理、大当たり終了処理の何れかの処理を行う。
【0145】
特別図柄通常処理:特別図柄の変動表示を開始できる状態になると開始される処理であり、CPU56は、保留記憶バッファに記憶される数値データの記憶数(保留記憶数)を確認する。保留記憶カウンタのカウント値が0でなければ、確率変動状態に制御されていれば確率変動終了判定用乱数の値に基づいて確率変動状態を終了させるか否か、大当たり判定用乱数の値に基づいて大当たりとするか否か(特定表示結果とするか否か)を決定し、大当たりとする場合には、確変回数カウンタの値と大当たり種別判定用乱数の値に基づいて大当たりの種別も決定する。始動入賞口14a、14bの何れについても保留記憶カウンタの値が0でないときには、始動入賞口14bの保留記憶から優先して大当たり等の決定が行われる。
【0146】
変動パターン設定処理:特別図柄表示器10a、10bにおける特別図柄の変動パターン種別を、始動入賞時に抽出した変動種別判定用乱数の値と保留記憶の数とに応じて選択する。そして、選択した変動パターンの種別と始動入賞発生時に抽出した変動パターン判定用乱数の値に応じて予め定められた複数種類の変動パターンの中から選択する。決定された変動パターンと時短状態に制御されているか否かに基づいて、特別図柄の変動時間を特別図柄プロセスタイマ(ダウンタイマにより構成される)にセットした後、特別図柄プロセスタイマをスタートさせる。このとき、特別図柄表示器10aまたは10bに特別図柄の変動表示開始を指示する信号を出力するとともに、選択した変動パターンを示すコマンドと大当たりとするか否か及び大当たり種別を示すコマンドとを、直後の特別図柄コマンド制御処理(ステップS28)で表示制御基板80に対して送信される状態に設定する。
【0147】
特別図柄変動処理:変動パターン設定処理で選択された変動パターンに応じて変動時間のセットされた特別図柄プロセスタイマの計時時間を監視し、当該変動時間が経過して特別図柄プロセスタイマがタイムアウトすると、次に特別図柄停止処理に移行させるよう制御を行う。
【0148】
特別図柄停止処理:特別図柄表示器10a、10bにて変動表示する特別図柄の変動表示を停止するとともに、時短状態に制御されているときには、時短状態での変動表示が実行された回数をカウントし、100回となっていたならば時短状態を終了させる。また、特別図柄の停止を示す信号を特別図柄表示器10a、10bに出力される状態に設定するとともに、図柄の停止を示すコマンドを、直後の特別図柄コマンド制御処理(ステップS28)で表示制御基板80に送信される状態に設定する。
【0149】
大入賞口開放前処理:大当たり後に最初にこの処理が行われるときには大入賞口21のラウンド数を設定し、ラウンド数表示器19にラウンド数を表示させた後、大入賞口21を開放する制御を開始する。具体的には、ソレノイド72を駆動して大入賞口21を開放状態として特別可変入賞装置20を開放状態とする。また、大入賞口21の開放されたラウンド数をカウントすると共に、開放タイマによって大入賞口開放中処理の実行時間を設定する。
【0150】
大入賞口開放中処理:第1大当たり遊技状態中および第2大当たり遊技状態中のラウンド表示のためのコマンド(ラウンドの開始時におけるラウンド数を示すコマンド、及び各ラウンドの終了を示すコマンド)を、直後の特別図柄コマンド制御処理(ステップS28)で表示制御基板80に送信される状態に設定する処理や、大入賞口21の閉成条件の成立を確認する処理等を行う。
【0151】
大当たり終了処理:第1大当たり遊技状態または第2大当たり遊技状態が終了したことを示すコマンドを、直後の特別図柄コマンド制御処理(ステップS28)で表示制御基板80に送信される状態に設定する。
【0152】
一方、表示制御基板80などのサブ側の各種基板においては、主基板31の基本回路53から送信されたコマンドに基づいて、特別図柄の変動表示に合わせて可変表示装置9において飾り図柄を変動表示させる処理やリーチ予告、或いは第1大当たり遊技状態に制御されているときに大当たり演出を実行する処理を行う。図7は、表示制御基板80の表示制御用CPUが実行するメイン処理を示すフローチャートである。
【0153】
このメイン処理では、まず、表示制御基板80に搭載された表示制御用マイクロコンピュータに含まれるRAMのうちで必要な領域を初期化する初期化処理を行う(ステップS701)。次に、所定時間(例えば33ms(可変表示装置9の1フレーム期間))毎に実行されるタイマ割り込み処理によってセットされるタイマ割り込みフラグの状態が1となっているかどうかを判定し(ステップS702)、タイマ割り込みフラグの状態が1となるまでステップS702の処理を繰り返して行う。
【0154】
タイマ割り込みフラグの状態が1となっている後、まず、このタイマ割り込みフラグを0にクリアし(ステップS703)、主基板31の基本回路53から送信されたコマンドを受信したかどうかをチェックし、コマンドを受信している場合には、その内容を解析するコマンド解析処理を実行する(ステップS704)。
【0155】
次に、コマンド解析処理におけるコマンドの解析結果に基づいて、可変表示装置9において飾り図柄を変動表示させたり、時短報知演出が実行されるエンディング演出を含む大当たり演出を実行させたりする演出制御プロセス処理を実行する(ステップS705)。また、コマンドの解析結果に基づいて、飾り図柄の変動表示や大当たり演出以外の各種演出を実行させる予告制御プロセス処理を実行する(ステップS706)。さらに、予告態様判定用乱数などの乱数を更新する乱数更新処理を実行して(ステップS707)、ステップS702の処理に戻る。
【0156】
以下、この実施の形態にかかる時短報知演出、特に操作報知演出の実行を、具体的な例に基づいて説明する。ここでは、100回時短大当たりに基づく第1大当たり遊技状態におけるエンディング演出で、最大で35回の操作報知演出が選択された場合の例について説明する。図8(a)〜(g)は、このような場合における操作報知演出の実行例を示す図である。
【0157】
図8(a)に示すように、大当たり演出におけるエンディング演出が開始されると同時に操作報知演出が開始され、「大当たり終了」というメッセージとともに、遊技者にチャンスボタン16の操作を促すための「ボタンを押して時短を積み上げろ!」というメッセージが可変表示装置9に表示される。また、操作報知演出が開始された時点で可変表示装置9に表示されている時短状態に制御される回数は、「0回」となっている。
【0158】
次に、遊技者がチャンスボタン16を何回か操作することで、図8(b)に示すように、可変表示装置9に表示されている時短状態に制御される回数が「24回」となったものとするが、これ以降、遊技者がチャンスボタン16を操作することなく操作報知演出の開始から予め定められた時間を経過すると、図8(c)に示すように、「積み上げた時短回数は、24回」と可変表示装置9に表示される。
【0159】
その後、第1大当たり遊技状態が終了した後の最初の飾り図柄の変動表示が可変表示装置9において開始されると、図8(d)に示すように、報知した時短状態に制御される回数(24回)と、この回数を前提とした時短状態の残り回数(ここでは、1回分が減って23回)とが、「23/24」という形で可変表示装置9の右下に表示される。このような表示は、報知した時短状態の回数を消化するか、新たな大当たりが発生するまで継続される。
【0160】
次に、何回かの飾り図柄の変動表示が行われた後に、図8(e)に示すように、報知した時短状態に制御される回数(24回)と、この回数を前提とした時短状態の残り回数(4回)とが、「4/24」という形で表示される変動表示が開始されたものとする。この変動表示は、変動パターンとしてスーパーリーチが選択されたがハズレとなるものであるとすると、図8(f)に示すように、時短状態に制御される回数が実際の回数(100回)に上乗せされ、この回数を前提とした時短状態の残り回数(80回)も、「80/100」という形で表示される。そして、図8(g)に示すように、ハズレの結果で当該変動表示が終了する。
【0161】
以上説明したように、この実施の形態にかかるパチンコ遊技機1では、第1大当たり遊技状態が終了した後に時短状態に遊技状態が制御されるが、確率変動状態とともに次の大当たりまで時短状態に制御される確率変動大当たりを除いて、時短状態に制御される変動表示の回数は、選択された大当たりの種類(15回時短大当たり、40回時短大当たり、100回時短大当たり)によって異なっている。
【0162】
また、15回時短大当たり、40回時短大当たり、100回時短大当たりが発生して第1大当たり遊技状態が終了した後に時短状態に制御される回数は、第1大当たり遊技状態に制御されている間に実行される大当たり演出のエンディング演出で時短報知演出が行われることによって報知される。この時短報知演出のうちの操作報知演出では、選択された最大回数(15回または35回)まで、遊技者がチャンスボタン16を操作することによって0回から段階的に増加させられるものとなっている。
【0163】
ここで、操作報知演出が開始されてから予め定められた時間を経過するまでに遊技者のチャンスボタン16の操作に応じて可変表示装置9に表示されている時短状態の回数が選択された最大回数に達した場合には、当該回数が時短状態に制御される回数として報知される。一方、予め定められた時間を経過した時点で可変表示装置9に表示されている時短状態の回数が選択された最大回数に達していなかった場合には、当該時間を経過した時点で表示されていた回数が時短状態に制御される回数として報知される。
【0164】
このように操作報知演出における時短状態に制御される回数の報知に、遊技者の意志による選択の余地が働くので、遊技の興趣を向上させることができる。また、操作報知演出の開始から予め定められた時間を経過するまでに選択された最大回数に達するまでのチャンスボタン16の操作を遊技者が行わなくても、該時間を経過するまでに遊技者がある程度チャンスボタン16を操作していれば、該時間が経過した時点で可変表示装置9に表示されていた回数が時短状態に制御される回数として遊技者に報知されるため、操作報知演出において遊技者がチャンスボタン16を操作したことが全く無駄になってしまうことがない。
【0165】
また、40回時短大当たりまたは100回時短大当たりが発生した場合、第1大当たり遊技状態の終了後に実際に時短状態に制御される回数は40回または100回であるが、操作報知演出で報知される時短状態の最大回数は15回または35回としかならない。このため、遊技者のチャンスボタン16の操作により操作報知演出において報知された時短状態の回数が選択された最大回数まで達していた場合でも、該最大回数の変動表示が行われた後も時短状態が継続することを遊技者が期待できるようになるので、さらに遊技の興趣を向上させることができる。
【0166】
また、操作報知演出の開始から予め定められた時間を経過したときに可変表示装置9に表示されていた時短状態の回数が選択された最大回数に達していなかった場合には、当該時点で表示されていた回数が時短状態の回数として報知されるが、ここで報知される回数は、実際には時短状態の回数として選択され得ない回数(15回、40回または100回以外の回数)も報知され得る。この場合、報知された回数の変動表示が実行された後も時短状態が継続することを遊技者が期待できるようになるので、さらに遊技の興趣を向上させることができる。また、操作報知演出における報知を複雑化させずに済むものとなる。
【0167】
また、操作報知演出により報知された時短状態の回数が、実際に時短状態に制御される回数よりも少なかった場合において、当該報知された回数の変動表示を終了するよりも前の変動表示でスーパーリーチまたはロングリーチの変動パターンが選択されると、当該変動表示において、実際の回数まで時短状態に制御される回数が上乗せして報知されるものとなっている。そして、この上乗せの報知により、時短状態に制御される回数が多くなることを遊技者に期待させる。
【0168】
もっとも、操作報知演出で報知された回数の変動表示を終了するよりも前の変動表示でスーパーリーチまたはロングリーチの変動パターンが選択された場合であっても、当該変動表示において大当たりとなる場合には、このような上乗せの報知を行わない。大当たりが発生すると、実際には当該変動表示よりも後に時短状態が続かない(新たな大当たりに基づいて遊技状態が制御される)ので、上乗せの報知が無意味なものとなってしまうが、このような無意味な報知を行わないので興趣の低下を防ぐとともに、無意味な上乗せの報知のために余計な制御負荷が生じるのを防ぐことができる。
【0169】
また、このような上乗せの報知を行うのは、時短状態といえども飾り図柄の変動表示の時間が一定時間以上あるスーパーリーチまたはロングリーチの変動パターンが選択された変動表示であるので、上乗せの報知を行うための処理を十分に確保することができ、上乗せの報知を行うための処理を余裕を持って行うことができる。
【0170】
また、操作報知演出により報知される時短状態の最大回数には15回と35回という2種類のものがあり、その何れかが選択されるが、遊技者によるチャンスボタン16の操作に対して可変表示装置9に表示されている回数の増加幅は、報知される時短状態の最大回数の選択に応じて選択される。このため、遊技者は、チャンスボタン16を操作したときに可変表示装置9に表示されている回数の増加幅から、報知される時短状態の最大回数を予想することができるようになり、さらに遊技の興趣を向上させることができる。
【0171】
また、遊技者によるチャンスボタン16の操作に対して可変表示装置9に表示されている回数の増加幅は、操作履歴記憶部80aに記憶されている前回の操作履歴演出におけるチャンスボタン16の操作履歴に応じても選択される。これにより、操作報知演出における遊技者のチャンスボタン16の操作状況に応じて適切な回数の報知を行うことができるようになる。
【0172】
そして、操作履歴記憶部80aにチャンスボタン16が操作されないことを示す情報が記憶されているときには操作されたことを示す情報が記憶されているときよりも、操作された場合であっても選択された最大回数まで操作されなかったときには最大回数まで操作されたときよりも、増加幅の期待値が大きなものとなっている。これにより、操作報知演出においてチャンスボタン16をあまり操作しない傾向にある遊技者に対しても、操作報知演出が提供する面白みを与えることができる。
【0173】
さらに、時短報知演出には、最大で15回の操作報知演出と最大で35回の操作報知演出の他に、遊技者のチャンスボタン16の操作に関わらずに大当たりの種類に応じて制御される時短状態の実際の回数をそのまま報知する非操作報知演出も含まれている。そして、何れの種類の時短報知演出を行うかは、操作履歴記憶部80aに記憶されている前回の操作履歴演出におけるチャンスボタン16の操作履歴に応じて選択されるものとなっている。これにより、操作報知演出における遊技者のチャンスボタン16の操作状況に応じて適切な態様で時短報知演出を行うことができるようになる。
【0174】
しかも、操作履歴記憶部80aにチャンスボタン16が操作されないことを示す情報が記憶されているときには操作されたことを示す情報が記憶されているときよりも、操作された場合であっても選択された最大回数まで操作されなかったときには最大回数まで操作されたときよりも、非操作報知演出が選択される割合が高くなっている。これにより、操作報知演出においてチャンスボタン16をあまり操作しない傾向にある遊技者に対して意味の小さい演出を行わなくても済むようになる。
【0175】
本発明は、上記の実施の形態に限られず、種々の変形、応用が可能である。以下、本発明に適用可能な上記の実施の形態の変形態様について説明する。
【0176】
上記の実施の形態では、確率変動大当たりまたは突然確変大当たりの発生に基づいて確率変動状態に制御された場合、当該確率変動状態は、次に大当たりが発生するまで無制限で継続されるものとなっていた(但し、次の大当たりが確率変動大当たりまたは突然確変大当たりであれば、改めて確率変動状態に制御される)。もっとも、確率変動状態において実行される特別図柄の変動表示の回数を無制限とせずに、一定回数までとするものとしてもよい。
【0177】
1回の確率変動状態において実行される特別図柄の変動表示の最大回数は、確率変動状態における大当たり確率の逆数よりも大きい回数(例えば、100回)とすることもできる。或いは、保留記憶の数程度(例えば、始動入賞口14bについての保留記憶数である4、或いは始動入賞口14a、14bについての保留記憶数の合計である8)とすることもできる。確率変動状態において実行される特別図柄の変動表示の回数を一定回数に限る場合、時短状態に制御する回数も、これに合わせることができる。
【0178】
上記の実施の形態では、大当たり抽選及び大当たり種別抽選の結果に関わらず、変動パターンとして疑似連を選択することはなかった。これに対して、変動パターンとして一定の割合で疑似連を選択できるようにしてもよい。ここで、疑似連とは、特別図柄の変動表示に応じて可変表示装置9で飾り図柄が変動表示されるが、1回分の特別図柄の変動表示(すなわち、1回の始動入賞)に対して、飾り図柄表示領域9a〜9cの全てにおいて飾り図柄の変動表示を仮停止(図柄の更新を停止しているが確定はしていない状態であって、揺り動かすなどの状態としていてもよい)させた後に、全ての飾り図柄を再度変動表示させる再変動表示を1回または複数回実行する飾り図柄の変動パターンを指す。
【0179】
上記の実施の形態では、操作報知演出において、チャンスボタン16を1回操作する度に、1ずつ、2ずつ、または3ずつ可変表示装置9に表示される時短状態に制御される回数が増加していくものとなっていたが、本発明は、これに限るものではない。例えば、遊技者がチャンスボタン16の操作を継続している間、所定時間が経過する度に可変表示装置9に表示される時短状態に制御される回数が増加していくものとしてもよい。この場合、操作履歴記憶部80aに記憶されている前回の操作報知演出におけるチャンスボタン16の操作履歴に応じて回数の増加幅を選択する代わりに、回数を増加させる時間幅を選択する(回数の増加幅は一定とする)ものとしてもよい。
【0180】
上記の実施の形態では、操作報知演出において可変表示装置9に表示される時短状態の回数は、何れの増加幅が選択された場合もチャンスボタン16の操作に比例して増加していくものとなっていたが、本発明は、これに限るものではない。例えば、可変表示装置9に表示されている回数が増えるほどにチャンスボタン16の操作に対して増加がされにくいようにしたり、可変表示装置9に表示されている回数が小さいときと大きいときとにチャンスボタン16の操作に対して増加がされにくいようにしたりしてもよい。
【0181】
前者の例を実現するため、15回に達するまでは、チャンスボタン16を1回操作する度に選択された増加幅だけ可変表示装置9に表示される時短状態の回数を増加させるものとするが、その後30回に達するまではチャンスボタン16を2回、30回に到達した後はチャンスボタン16を3回操作する度に、選択された増加幅だけ可変表示装置9に表示された時短状態の回数を増加させるものとすることもできる。
【0182】
後者の例を実現するため、15回に達するまでは、チャンスボタン16を2回操作する度に選択された増加幅だけ可変表示装置9に表示される時短状態の回数を増加させるものとするが、その後30回に達するまではチャンスボタン16を1回操作する度に選択された増加幅だけ可変表示装置9に表示された時短状態の回数を増加させ、30回に到達した後はチャンスボタン16を3回操作する度に選択された増加幅だけ可変表示装置9に表示された時短状態の回数を増加させるものとすることもできる。
【0183】
上記の実施の形態では、操作報知演出において可変表示装置9に表示される時短状態の回数の増加幅は、操作履歴記憶部80aに記憶されている前回の操作報知演出における操作履歴として、チャンスボタン16が操作されなかったときには操作されていたときよりも、操作されていても最大回数に到達していなかったときには最大回数に到達していたときよりも、その期待値が小さくなるように選択されるものとなっていたが、これとは全く逆とすることができる。
【0184】
つまり、操作報知演出においてチャンスボタン16を操作しない傾向にある遊技者ほど、可変表示装置9に表示される時短状態の回数の増加の期待値が小さくなる(つまり、チャンスボタン16の操作に対しての反応を悪くする)ものとすることができる。これにより、操作報知演出においてチャンスボタン16をあまり操作しない遊技者に対して意味の小さい演出を行わなくても済むようになる。
【0185】
上記の実施の形態では、操作報知演出の開始から予め定められた時間を経過するまでに報知可能な最大回数まで可変表示装置9に表示されている回数が到達していなかった場合に、当該時間を経過した時点で可変表示装置9に表示されていた回数を時短状態に制御される回数として報知するものとしていたが、本発明は、これに限るものではない。例えば、時間の経過の代わりに、或いは時間の経過に加えて、遊技者により所定のキャンセル操作がされたときに、当該キャンセル操作の時点で可変表示装置9に表示されていた回数を時短状態に制御される回数として報知するものとしてもよい。チャンスボタン16の操作を継続している間に所定時間が経過する度に表示される回数が増加していくものでは、チャンスボタン16の操作が止められたことをキャンセル操作として適用することもできる。
【0186】
上記の実施の形態では、15回時短大当たり、40回時短大当たりまたは100回時短大当たりが発生した場合の大当たり演出で実行される時短報知演出は、第15ラウンドが終了してから新たな変動表示が開始されるまでのエンディング演出にて行われるものとしていたが、本発明は、これに限るものではない。例えば、第1ラウンドから第15ラウンドまでの所定のラウンド(複数ラウンドに亘ってもよい)におけるラウンド演出にて時短報知演出を行うものとしてもよい。ラウンド演出とラウンド演出との間のインターバル期間(複数のインターバル期間に亘ってもよい)において、時短報知演出を行うものとしてもよい。
【0187】
第1ラウンドから第15ラウンドまでの所定のラウンドにおけるラウンド演出にて操作報知演出を行う場合、操作報知演出が行われるラウンドの終了(複数ラウンドに亘って操作報知演出を行う場合は、そのうちで最後のラウンドの終了)を、上記の実施の形態における操作報知演出の開始からの予め定められた時間の経過に代えて適用することができる。インターバル期間において操作報知演出を行う場合も同様である。
【0188】
上記の実施の形態では、操作履歴記憶部80aには、操作報知演出が実行されている間にチャンスボタン16が1回も操作されなかった、チャンスボタン16は操作されたものの選択された回数まで増加されなかった、チャンスボタン16が操作されて選択された回数まで増加されたかの何れかの情報が記憶されるものとなっていたが、本発明は、これに限るものではない。
【0189】
例えば、操作履歴記憶部80aに記憶される情報は、チャンスボタン16の操作の経過情報(時間軸と対応付けて操作を記憶した情報)としてもよく、表示制御基板80の表示制御用CPUは、操作履歴記憶部80aに記憶されたチャンスボタン16の操作の経過情報を解析して複数区分の何れかの区分に分類し、分類した区分に応じて時短報知演出の種類の選択や増加幅の選択を行うものとしてもよい。また、操作履歴記憶部80aに記憶するチャンスボタン16の操作履歴は、前回の操作報知演出におけるものだけに限られず、過去数回分の操作報知演出におけるチャンスボタン16の操作履歴を操作履歴記憶部80aに記憶させておくものとしてもよい。
【0190】
上記の実施の形態では、操作報知演出で報知された時短状態の回数が実際に時短状態に制御される回数よりも少なかったときにおいて、当該報知された回数に達するまでの変動表示でスーパーリーチまたはロングリーチの変動パターンが選択されたとき(但し、当該変動表示で確率変動大当たり、15回時短大当たり、40回時短大当たりまたは100回時短大当たりとならないとき)に、当該報知で実際に時短状態に制御される回数まで上乗せして報知するものとしていたが、本発明は、これに限るものではない。
【0191】
当該変動表示で確率変動大当たり、15回時短大当たり、40回時短大当たりまたは100回時短大当たりとなるときでも、上乗せの報知を行うものとしてもよい。また、選択された変動パターンに限らず、操作報知演出で報知された時短状態の回数目となる変動表示において、実際の時短状態の回数まで上乗せして報知するものとしてもよい(この場合も、当該変動表示で確率変動大当たり、15回時短大当たり、40回時短大当たりまたは100回時短大当たりとならないことを条件としてもよい)。
【0192】
また、操作報知演出で報知可能な最大回数よりも少ない回数が報知されていたことを条件として、当該回数に達した変動表示において、或いは当該回数に達するまでのスーパーリーチまたは時短状態の変動表示において、上乗せの報知を行うものとしてもよい。この場合の上乗せは、実際に時短状態に制御される回数までではなく、操作報知演出で報知可能であった最大回数までとしてもよい。例えば、最大で35回の操作報知演出で24回までしか報知されなかった場合に、24回目の変動表示で、或いは24回目以前のスーパーリーチまたはロングリーチとなる変動表示で、35回までの上乗せの報知を行うものとしてもよい。
【0193】
上記の実施の形態では、大当たりの種類として、時短状態に制御される変動表示の回数が異なる15回時短大当たり、40回時短大当たり、100回時短大当たりが含まれており、操作報知演出においては、これらの大当たりが発生した後に時短状態に制御される変動表示の回数を報知するものとしていたが、本発明は、これに限るものではない。例えば、大当たりの種類として、確率変動状態に制御される変動表示の回数が異なる複数種類の大当たりがある場合には、操作報知演出において、確率変動状態に制御される変動表示の回数を報知するものとしてもよい。
【0194】
また、確率変動状態に制御されているか否かが遊技者に分からない確変潜伏状態を有するパチンコ遊技機では、確変潜伏状態に制御されている変動表示の回数(確率変動状態に制御されているか否かが確定的に報知されるまでの変動表示の回数)を、操作報知演出において報知するものとしてもよい。確変潜伏状態は、内部的に有利であるか否かは別として、内部的に確率変動状態に制御されている可能性を遊技者が期待できる状態であるので、期待値としての有利度は、確率変動状態に制御されていないことが確定的に分かる状態よりも高い状態であると捉えることができる。
【0195】
例えば、内部的には第1大当たり遊技状態の終了後に確率変動状態に制御される確率変動大当たりであるが、飾り図柄を「1」または「7」以外の図柄で揃えて停止させる確変潜伏大当たりと、第1大当たり遊技状態の終了後に確率変動状態に制御されずに飾り図柄を「1」または「7」以外の図柄で揃えて停止させる通常大当たりとを設ける。大当たり演出でも確率変動状態に制御されるか否かを確定的には報知しない。確変潜伏大当たりでも通常大当たりでも遊技者の見た目上は変わらないので、その何れかが発生した場合に、確率変動状態に制御されているか否かが分からない確変潜伏状態となる。
【0196】
ここで、実際に確変潜伏状態に制御する変動表示の回数は、大当たりの種類の決定のように主基板31のCPU56が決定するのではなく、表示制御基板80の表示制御用CPUが行うものとすることができる。即ち、表示制御基板80の表示制御用CPUは、確変潜伏大当たりまたは通常大当たりの発生を示すコマンドをCPU56から受信した場合に、まず、確変潜伏状態に制御する変動表示の回数を決定し、決定した確変潜伏状態の回数に基づいて、上記の実施の形態の時短報知演出と同様の報知演出を行うことができる。
【0197】
なお、確変潜伏状態には、特別図柄表示器10a、10bに特定表示結果以外の表示結果を表示した後に、第2大当たり遊技状態と同様の制御が行われる小当たり遊技状態に制御し、小当たり遊技状態の終了後は小当たり遊技状態に制御される前に制御されていたのと同じ遊技状態に(確率変動状態に制御されていたのであれば確率変動状態に、通常遊技状態に制御されていたのであれば通常遊技状態に)制御させる小当たりと、突然通常大当たり(確率変動状態に制御されないこと以外は突然確変大当たりと同じ)と上記の突然確変大当たりとで確変潜伏状態とすることもできる。
【符号の説明】
【0198】
1 パチンコ遊技機
9 可変表示装置
10a、10b 特別図柄表示器
16 チャンスボタン
31 主基板
54 ROM
55 RAM
56 CPU
80 表示制御基板
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8