特許第5832840号(P5832840)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 大王製紙株式会社の特許一覧
<>
  • 特許5832840-薬液付与クレープ紙の製造方法 図000002
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B2)
(11)【特許番号】5832840
(24)【登録日】2015年11月6日
(45)【発行日】2015年12月16日
(54)【発明の名称】薬液付与クレープ紙の製造方法
(51)【国際特許分類】
   A47K 10/16 20060101AFI20151126BHJP
   D21H 27/00 20060101ALI20151126BHJP
【FI】
   A47K10/16 D
   D21H27/00 F
【請求項の数】3
【全頁数】9
(21)【出願番号】特願2011-211639(P2011-211639)
(22)【出願日】2011年9月27日
(65)【公開番号】特開2013-70816(P2013-70816A)
(43)【公開日】2013年4月22日
【審査請求日】2014年9月12日
(73)【特許権者】
【識別番号】390029148
【氏名又は名称】大王製紙株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】100082647
【弁理士】
【氏名又は名称】永井 義久
(72)【発明者】
【氏名】熊谷 勝人
【審査官】 藤脇 昌也
(56)【参考文献】
【文献】 特開平04−018196(JP,A)
【文献】 特開2011−136293(JP,A)
【文献】 特開2007−143659(JP,A)
【文献】 特開2005−289549(JP,A)
【文献】 特開平10−077592(JP,A)
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
A47K 10/16
D21H 27/00
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
ティシュペーパー又はトイレットペーパーの原紙である連続クレープ紙を巻取った原反ロールから前記連続クレープ紙を繰り出し、胴版ロールと刷版ロールとを備えるフレキソ印刷部により薬液を付与した後、巻き取り部によって巻き取ることで、薬液をフレキソ印刷方式で付与したクレープ紙を製造する方法であって、
前記フレキソ印刷部と巻き取り部との間の連続クレープ紙の搬送路に連続クレープ紙の存在を検出する断紙検出センサーを設け、
前記断紙検出センサーにより連続クレープ紙が検出されなかった際に断紙が発生したと判断して、その判断がされた際に自動的に原反ロールからの連続クレープ紙の繰り出しを停止させるとともに、自動的に前記胴版ロールと刷版ロールとを離間させる、ことを特徴とする薬液付与クレープ紙の製造方法。
【請求項2】
前記原反ロールからフレキソ印刷部との間の連続クレープ紙の搬送路に前記連続クレープ紙を裁断する裁断装置を設け、
前記断紙検出センサーにより連続クレープ紙が検出されず断紙が発生したと判断された際に、前記裁断装置により原反ロールとフレキソ印刷部との間で連続クレープ紙を自動的に裁断して、フレキソ印刷部へ至る連続クレープ紙を原反ロールから切り離す、請求項1記載の薬液付与クレープ紙の製造方法。
【請求項3】
前記断紙検出センサーを連続クレープ紙の幅方向の両端部の二カ所に設け、双方の断紙検出センサーにおいて連続クレープ紙の存在が検出されなかった場合に連続クレープ紙の断紙が発生したと判断する請求項1又は2記載の薬液付与クレープ紙の製造方法。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、保湿剤、柔軟剤、印刷用インク等の薬液が付与されたトイレットペーパー、ティシュペーパー等の原紙となる薬液付与クレープ紙の製造方法に関する。
【背景技術】
【0002】
保湿剤を含む薬剤が付与された保湿ティシューやインキにより印刷が施されたトイレットペーパーは良く知られるところである。これらのティシューやトイレットペーパーを製造するにあたっては、薬剤、インキ等の薬液をティシュー等の原紙であるクレープ紙に付与する。係る薬液の付与は、スプレー付与、塗工機、印刷機などにより行なわれるが、特にフレキソ印刷方式を採用したプリンター装置によって行なわれることがある。このフレキソ印刷方式のプリンター装置は、樹脂製の凸刷版ロールを用いるため、印刷対象物の表面の平滑性が高くなくとも柔軟に対応でき、ティシューやトイレットペーパーの原紙である表面に微細な凹凸を有するクレープ紙に薬液を付与するのに適する。また、特にフレキソ印刷方式は、キスタッチとも称され、印刷対象物に対する印圧が低く、印圧により紙を潰さないので紙厚が薄くならず、ティシューやトイレットペーパーの品質を損なわないため、係るクレープ紙に対する薬液付与に適する。さらに、一つのセンタードラム(胴版ロール)に対して、複数の凸刷版ロールを接触させることができ、多色印刷にも適している。
【0003】
しかし、ティシューやトイレットペーパーの原紙たるクレープ紙は、薄く、低密度であり、また、しなやかで紙力が弱いためプリンター装置にて印刷する際にそもそも断紙が発生しやすい。そのうえ、ティシューやトイレットペーパーの原紙となるクレープ紙は、洋紙と比較して一般に填料を含有せず低密度であるため、薬液を付与した際には当該薬液が紙層内に浸潤しやすく、この浸潤による繊維のほぐれにより紙力が低下して断紙が発生しやすくなる。特に、薬液が保湿剤を含む水系のローション薬剤である場合にこの浸潤による紙力低下は顕著となる。また、クレープ紙に薬液を付与するとクレープが延びるため薬液付与後には引っ張り力も低下するため断紙が発生しやすくなる。
このようにクレープ紙に薬液を付与する際には、クレープ紙特有の物性・組成に起因する断紙発生のおそれがあり、特に薬液付与後において、断紙が発生するおそれが高い。
【0004】
そして、このような断紙が発生した場合、フレキソ印刷方式のプリンター装置では、胴版ロールよりも上流の原反繰り出し側で断紙が発生した場合にはクレープ紙の供給が無くなるため大きな問題とはらないが、胴版ロールよりも下流の原反巻き取り側で断紙が発生した場合には、原反繰り出し部からの連続クレープ紙の供給が停止せず、テンションが緩んだ連続クレープ紙は、薄くしなやかであるために刷版ロールに巻き付いてしまう。そして、このような事故が生じた場合、最終的には、機械が過負荷となって停止するか、断紙の発生に気がついた担当者が非常停止をするが、それまでの間、連続クレープ紙が前記刷版ロールに巻かれ続けられ、刷版ロールの樹脂製表面が破損する。係る刷版ロールの交換は非常に時間を要し、また、刷版ロールは非常に高価であるため、係る事故はティシュー生産、トイレットペーパー生産にとって極めて好ましくない事態である。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
【特許文献1】特開平11−320844号
【特許文献2】特開平11−165400号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
そこで、本発明の主たる課題は、クレープ紙の断紙が発生した際においても刷版ロール等を破損することのない薬液付与クレープ紙を製造する方法を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記課題を解決した本発明とその効果は次記のとおりである。
〔請求項1記載の発明〕
ティシュペーパー又はトイレットペーパーの原紙である連続クレープ紙を巻取った原反ロールから前記連続クレープ紙を繰り出し、胴版ロールと刷版ロールとを備えるフレキソ印刷部により薬液を付与した後、巻き取り部によって巻き取ることで、薬液をフレキソ印刷方式で付与したクレープ紙を製造する方法であって、
前記フレキソ印刷部と巻き取り部との間の連続クレープ紙の搬送路に連続クレープ紙の存在を検出する断紙検出センサーを設け、
前記断紙検出センサーにより連続クレープ紙が検出されなかった際に断紙が発生したと判断して、その判断がされた際に自動的に原反ロールからの連続クレープ紙の繰り出しを停止させる、自動的に前記胴版ロールと刷版ロールとを離間させる、ことを特徴とする薬液付与クレープ紙の製造方法。
【0008】
〔請求項2記載の発明〕
前記原反ロールからフレキソ印刷部との間の連続クレープ紙の搬送路に前記連続クレープ紙を裁断する裁断装置を設け、
前記断紙検出センサーにより連続クレープ紙が検出されず断紙が発生したと判断された際に、前記裁断装置により原反ロールとフレキソ印刷部との間で連続クレープ紙を自動的に裁断して、フレキソ印刷部へ至る連続クレープ紙を原反ロールから切り離す、請求項1記載の薬液付与クレープ紙の製造方法。
【0009】
〔請求項3記載の発明〕
前記断紙検出センサーを連続クレープ紙の幅方向の両端部の二カ所に設け、双方の断紙検出センサーにおいて連続クレープ紙の存在が検出されなかった場合に連続クレープ紙の断紙が発生したと判断する請求項1又は2記載の薬液付与クレープ紙の製造方法。
【0010】
(作用効果)
本発明では、フレキソ印刷部と巻き取り部との間に連続クレープ紙の搬送路に連続クレープ紙の存在を検出する断紙検出センサーを設けたため、フレキソ印刷部の下流側における断紙発生を検出することができる。
【0011】
そして、本発明では、上記断紙発生が検出された際に、原反ロールからの連続クレープ紙の繰り出しを停止させるようにした。従って、フレキソ印刷部の下流で断紙が発生した場合にも、フレキソ印刷部への連続クレープ紙の供給が停止されるため、テンションが緩んだ連続クレープ紙が刷版ロールへ巻き付いたとしても、その量が小さく刷版ロール等を破損させるに至らない。
【0012】
また、本発明では、上記断紙発生が検出された際に、自動的にフレキソ印刷部の前記胴版ロールと刷版ロールとを離間させるようにする。このように胴版ロールと刷版ロールとの間を離間させることで、胴版ロールと刷版ロールとの間にある連続クレープ紙から刷版ロールが離れ、もって刷版ロールに連続クレープ紙が巻き付け続けられ難くなる。また、原反ロールからの連続クレープ紙の供給は比較的高速であるため、断紙発生の検出と同時に原反ロールの停止させるようにしても、原反ロールを早急に完全に停止させることは難しく、完全停止までにタイムラグがある。この場合、完全停止まで除動で原反ロールが回り、連続クレープ紙がフレキソ印刷部へ供給されてしまうおそれがある。本発明では、上記断紙発生が検出された際に。刷版ロールと胴版ロールとを離間させるようにしているため、上記除動により原反ロールの回転が停止するまでの間、フレキソ印刷部に連続クレープ紙が供給され続け、仮に刷版ロールに若干長さの連続クレープ紙が巻き付いたとしても、刷版ロールと胴版ロールとの間に連続クレープ紙が詰まるようなことはなく、もって、刷版ロールの破損は防止される。
【0013】
さらに、本発明では、前記原反ロールからフレキソ印刷部との間の連続クレープ紙の搬送路に前記連続クレープ紙を裁断する裁断装置を設け、上記断紙発生が検出された際に、前記裁断装置により原反ロールとフレキソ印刷部との間で連続クレープ紙を自動的に裁断して、フレキソ印刷部へ至る連続クレープ紙を原反ロールから切り離すようにするのが望ましい。このようにしても、原反ロールからフレキソ印刷部への連続クレープ紙の供給が停止するため、テンションが緩んだ連続クレープ紙がセンタードラムや刷版ロールに巻き付いてしまうことがなく、刷版ロール等を破損させることがない。
【0014】
特に、上述のとおり完全停止まで除動で原反ロールが回り、連続クレープ紙がフレキソ印刷部へ供給されてしまうおそれがあるが、連続クレープ紙を裁断することとすれば、刷版ロールに連続クレープ紙が巻き付いたとしても断紙発生箇所から裁断位置までの間のペーパーランのみで済み、確実に胴版ロール或いは刷版ロールを破損させることが防止される。
【0015】
ここで、上記断紙検出センサーは、連続クレープ紙の幅方向の両端部の二カ所に設け、双方の断紙検出センサーにおいて連続クレープ紙の存在が検出されなかった場合に連続クレープ紙の断紙が発生したと判断すると、断紙発生検出の精度が向上する。
【0016】
なお、本発明におけるクレープ紙は、ティシュペーパー、トイレットペーパー等の家庭用衛生薄葉紙製品の原紙である。また、本発明における薬液は、保湿剤、柔軟剤のほか模様印刷などのためのインキをも含む。
【発明の効果】
【0017】
以上のとおり本発明によれば、クレープ紙の断紙が発生した際においても刷版ロール等を破損することのない薬液付与クレープ紙の製造方法が提供される。
【図面の簡単な説明】
【0018】
図1】本発明に係る薬液を付与したクレープ紙の製造方法の説明図である。
【発明を実施するための形態】
【0019】
本発明の実施形態を図面を参照しながら以下に説明する。
本発明に係る薬液付与クレープ紙の製造方法について、図1を参照しながら説明する。図1は、本発明に係る薬液付与クレープ紙を製造するための製造設備の概要を示す図である。本発明の薬液付与クレープ紙に用いる原反ロール1は、抄紙設備で製造した一次原反ロール或いは、プライマシンで製造した前記一次原反ロールから繰り出した連続クレープ紙を積層した後、再度巻取った二次原反ロール等が用いられる。本発明に係る薬液付与クレープ紙を製造するには、まず、上記一次原反ロール或いは二次原反ロール等の連続クレープ紙を巻取ってなる原反ロール1を支持部にセットする。
【0020】
次いで、その原反ロール1から連続クレープ紙S1を繰り出し、適宜のテンションロール20、ガイドロール21,21…を介して適度なテンションを保持しつつ、フレキソ印刷部30に供給して薬液の塗布を行なう。
【0021】
原反ロール1からの連続クレープ紙S1の繰り出しは、例えば、モータ等の駆動源11に繋がりこの駆動源11により回転される駆動ベルト12を、原反ロール1の上部或いは下部に常時接する状態となるように上下動可能に配置し、この駆動ベルト12を回転させることで原反ロール1を回転させ、原反ロール1の外周側から帯状の連続クレープ紙S1を順次繰出すようにする。
【0022】
他方、上記フレキソ印刷部30は、胴版ロール31と凸刷版ロール(以下、単に刷版ロールとも言う)32とを有し、刷版ロール32に供給された薬液が胴版ロール31と刷版ロール32との間を連続クレープ紙S1が通過する際に転写されて薬液の塗布が行なわれる。なおフレキソ印刷方式における刷版ロール32への薬液付与は、ドクターチャンバー方式、2ロール転写方式など既知の方式が採用できる。また、刷版ロール32の線数などは付与する薬液組成・物性に応じて適宜設計すればよく、本発明ではこれは限定されない。
【0023】
ここで、図示のフレキソ印刷部30は、センタードラムとも称される比較的大径の胴版ロール31に対して複数の刷版ロール32,32が設けられている所謂多色刷りフレキソ印刷方式となっているが、本発明においては、これに限定されず一対の胴版ロールと刷版ロールとで構成されるものであってもよい。また、フレキソ印刷部30は複数あってもよい。
【0024】
フレキソ印刷部30で薬液が付与された連続クレープ紙S1は、巻き取り部40にて巻き取り、薬液付与クレープ紙の原反ロール2とされる。図示例の巻き取り部は、一対の巻き取りドラム41,41を回転させて、薬液を付与した連続クレープ紙S2を管軸に対して巻き取り薬液付与クレープ紙の原反ロール2となるようにしている。
【0025】
前記巻き取り部40で巻取られた原反ロール2は、後に、マルチスタンド式インターフォルダ、ロータリー式インターフォルダ等の折り機に供給されティシュペーパー製品用の束とされた後箱詰めされたティシュペーパー製品とされる、或いは、ログ製造装置に供給された適宜裁断してトイレットロール製品とされる。
【0026】
なお、本発明に係る連続クレープ紙S1,S2は、トイレットペーパー製品、ティシュペーパー製品の原紙であり、その坪量としては、10.0〜30.0g/m2のものである。クレープ紙の組成・物性については、対象とする製品に応じて適宜設計することができる。
【0027】
また、本発明に係る薬液は、保湿剤や柔軟剤を含むローション薬液、模様印刷のための印刷用インキである。特に、本発明は、断紙が発生しやすくなる薬液、すなわち塗布によって紙力が低下するような薬液に対して有効である。この観点から、水及びポリオールを主成分とする水系のローション薬液を塗布する場合に特に有効である。なお、具体的な薬液塗布量等は、適宜の設計事項である。
【0028】
ここで、本発明では、上記の薬液を付与した連続クレープ紙S2を製造するにあたり、より具体的には係る薬液付与のクレープ紙S2を巻取った原反ロール2を製造するにあたり、特徴的に、前記フレキソ印刷部30と巻き取り部40との間の連続クレープ紙S2の搬送路に、連続クレープ紙S2の存在を検出する断紙検出センサー50を設けて、連続クレープ紙S2の断紙発生を検出する。すなわち、断紙検出センサー50によりクレープ紙の存在が検出されなかった場合には、当該搬送路位置に通常搬送されているべき連続クレープ紙S2がなく、断紙が発生したと判断するようにするのである。
【0029】
前記断紙検出センサー50の具体的検出原理は特に限定されないが、光電管を用いたセンサー、赤外線等を光学式センサー、モーションセンサー等の非接触で物体の存在を検出するセンサーが好適である。
【0030】
本発明では、前記断紙検出センサー50によって、当該検出位置において連続クレープ紙S2が存在しないことが検出された際に、連続クレープ紙S2の断紙が発生したと判断し、前記原反ロール1からの連続クレープ紙S1の繰り出しを自動的に停止させる。
【0031】
なお、断紙検出センサー50は、好ましく、連続クレープ紙S2の幅方向(連続クレープ紙の流れ方向に対して直行する方向)の両端部の二カ所に設置すると断紙検出精度が高まる。すなわち、両端部の一方の断紙検出センサーのみ連続クレープ紙S2の存在が検出されない場合でも、他方の断紙検出センサーで連続クレープ紙の存在が検出された際には、連続クレープ紙S2の一部が切れているのみで連続クレープ紙の連続性が確保されていると判断できる。このように縁部の一部のみが切れていても原反ロールから巻き取り部に至るまでのクレープ紙の連続性が確保されていれば、フレキソ印刷部30におけるトラブルは発生し難く、また、巻き取り部40で巻取った薬液付与された原反ロール2を後段の設備で処理する際に縁部をトリム処理するため、係る縁部のみの切れは製品全体としての製造に与える影響は小さい。
【0032】
他方、原反ロール1からの連続クレープ紙S1の繰り出しを自動停止するには、上述の駆動ベルト12を駆動させる駆動源11など原反ロール1から連続クレープ紙S1を繰出すための装置を自動停止させるようにすればよい。すなわち、断紙検出センサー50によって断紙と判断された際に、その検出信号L1を適宜既知の演算手段Xを介する等して、駆動ベルト18などの原反ロール1の繰り出しを行なわせるための駆動源11に停止信号L2として送信し、この停止信号L2によって駆動源11が自動的に停止するようにする。具体的な信号経路、送信、受信設備や演算装置、それを作動させるためのソフトウェア手段やプログラムは既知のものが採用でき、本発明において特に限定はされない。
【0033】
また、本発明では、上記断紙検出センサー50によって断紙が発生したと判断された際には、上記原反ロール1から連続クレープ紙S1の自動停止を行なうとともに、フレキソ印刷部30における胴版ロール31と刷版ロール32とを自動的に離間させる。離間距離は適宜の設計事項であるが、トイレットペーパー、ティシュペーパーに用いる原紙の厚さ、若干の巻き付けのおそれなどを考慮すると5〜15mm程度離間させるようにすればよい。
【0034】
フレキソ印刷部30において胴版ロール31と刷版ロール32との間を離間させるには、刷版ロール32を胴版ロール31から離間させる態様とするのが望ましい。刷版ロール32は胴版ロール31とのクリアランスを調整でき、また、版の交換をするため刷版ロール32を胴版ロール31から離脱できるものであるため、係る構成とするほうが設備改良を最小にすることができる。ここで、フレキソ印刷部30において胴版ロール31と刷版ロール32との間を自動的に離間させるには、断紙検出センサー50によって断紙が検出された際に、その検出信号L1を適宜既知の演算手段Xを介する等して、刷版ロール32を胴版ロール31から離間させるように移動させる移動手段に対して移動信号L3として送信し、この移動信号L3によって刷版ロール32を胴版ロール31から自動的に離間させるようにすればよい。具体的な信号経路、送信、受信設備や演算装置、それを作動させるためのソフトウェア手段やプログラムは、上記原反ロール1の停止と同様に既知のものが採用でき、本発明において特に限定はされない。
【0035】
さらに、本発明においては、より好ましい形態として、前記原反ロール1からフレキソ印刷部30との間の連続クレープ紙S1の搬送路に前記連続クレープ紙S1を裁断する裁断装置60を設け、 前記断紙検出センサー50により断紙が発生したと判断された際に、前記裁断装置60により原反ロール1とフレキソ印刷部30との間で連続クレープ紙S1を自動的に裁断して、フレキソ印刷部30へ至る連続クレープ紙S1を原反ロール1から切り離すようにするのが望ましい。
【0036】
裁断装置60は、連続クレープ紙S1の上方或いは下方に幅方向に沿って延在するカッター刃61と連続クレープ紙S1を挟んで上記カッター刃61と対面する位置にそのカッター刃61の受け部62を設け、カッター刃61をシリンダー装置63などによって受け部62方向に移動させて連続クレープ紙S1を裁断する構成が例示できる。カッター刃61は横引きせずにシリンダー装置63による上昇又は下降のみで連続クレープ紙S1を裁断できるようにすべく鋸刃状とするのがより望ましい。
【0037】
前記裁断装置60により自動的に連続クレープ紙S1を裁断するには、前記断紙検出センサー50によって断紙が発生したと判断された際に、その検出信号L1を適宜既知の演算手段Xを介する等して、前記カッター刃61を移動させるためのシリンダー装置63の駆動源64に対して駆動信号L4として送信し、この駆動信号L4によってカッター刃61をシリンダー装置62により上昇或いは下降させて受け部62側に移動させ、カッター刃61と受け部62とで連続クレープ紙S2を挟んで裁断するようにすればよい。なお、具体的な信号経路、送信、受信設備や演算装置、それを作動させるためのソフトウェア手段やプログラムは、上記原反ロールの停止と同様に既知のものが採用でき、本発明において特に限定はされない。
【0038】
ここで、本発明においては、上記原反ロール1からの連続クレープ紙S1の繰り出し停止、フレキソ印刷部30における刷版ロール32と胴版ロール31との離間、裁断装置60による連続クレープ紙S1の裁断は、重畳的に同時に行なうことができる。すなわち、断紙検出センサー50からの信号L1を、一つ或いは複数の演算装置Xを介して、原反ロール1の回転駆動源11、刷版ロール32の移動駆動源、裁断装置60におけるカッター刃61の移動駆動源64に対して、各信号L2〜L4を送信し、それらの信号L1〜L4に対応して各箇所において連続クレープ紙S1をフレキソ印刷部30への供給の停止或いは刷版ロール32、胴版ロール31への巻き付き防止措置をとることができる。
【0039】
なお、複数のフレキソ印刷部30を設ける場合には、各フレキソ印刷部30と巻き取り部40の間に断紙検出センサー50を設けるのが望ましい。
【符号の説明】
【0040】
1…原反ロール、2…薬液付与後の原反ロール、11…駆動源、12…駆動ベルト
S1…連続クレープ紙、S2…薬液付与後の連続クレープ紙、
20…テンションロール
21…ガイドロール
30…フレキソ印刷部、31…胴版ロール、32…凸刷版ロール
40…巻き取り部、41…巻き取りドラム、
50…断紙検出センサー
L1…検出信号、L2…停止信号、L3…移動信号、L4…駆動信号
X…演算装置
60…裁断装置、61…カッター刃、62…受け部、63…シリンダー装置、64…シリンダー装置駆動源
図1