特許第5834506号(P5834506)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 日本電気株式会社の特許一覧
特許5834506検索システム、情報処理装置、情報提示装置、情報処理装置及び情報提示装置の制御方法、並びにプログラム
<>
  • 特許5834506-検索システム、情報処理装置、情報提示装置、情報処理装置及び情報提示装置の制御方法、並びにプログラム 図000002
  • 特許5834506-検索システム、情報処理装置、情報提示装置、情報処理装置及び情報提示装置の制御方法、並びにプログラム 図000003
  • 特許5834506-検索システム、情報処理装置、情報提示装置、情報処理装置及び情報提示装置の制御方法、並びにプログラム 図000004
  • 特許5834506-検索システム、情報処理装置、情報提示装置、情報処理装置及び情報提示装置の制御方法、並びにプログラム 図000005
  • 特許5834506-検索システム、情報処理装置、情報提示装置、情報処理装置及び情報提示装置の制御方法、並びにプログラム 図000006
  • 特許5834506-検索システム、情報処理装置、情報提示装置、情報処理装置及び情報提示装置の制御方法、並びにプログラム 図000007
  • 特許5834506-検索システム、情報処理装置、情報提示装置、情報処理装置及び情報提示装置の制御方法、並びにプログラム 図000008
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B2)
(11)【特許番号】5834506
(24)【登録日】2015年11月13日
(45)【発行日】2015年12月24日
(54)【発明の名称】検索システム、情報処理装置、情報提示装置、情報処理装置及び情報提示装置の制御方法、並びにプログラム
(51)【国際特許分類】
   G06F 17/30 20060101AFI20151203BHJP
   G06F 13/00 20060101ALI20151203BHJP
   G06F 3/048 20130101ALI20151203BHJP
【FI】
   G06F17/30 350C
   G06F17/30 170B
   G06F13/00 540C
   G06F3/048 656C
   G06F3/048 654A
【請求項の数】9
【全頁数】15
(21)【出願番号】特願2011-126293(P2011-126293)
(22)【出願日】2011年6月6日
(65)【公開番号】特開2012-252633(P2012-252633A)
(43)【公開日】2012年12月20日
【審査請求日】2014年5月15日
(73)【特許権者】
【識別番号】000004237
【氏名又は名称】日本電気株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】100123788
【弁理士】
【氏名又は名称】宮崎 昭夫
(74)【代理人】
【識別番号】100127454
【弁理士】
【氏名又は名称】緒方 雅昭
(72)【発明者】
【氏名】小島 進
【審査官】 吉田 誠
(56)【参考文献】
【文献】 特開2003−044497(JP,A)
【文献】 特開2001−195146(JP,A)
【文献】 特開2005−189960(JP,A)
【文献】 特開2005−174240(JP,A)
【文献】 特開2002−222144(JP,A)
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
G06F 17/30
G06F 3/048
G06F 13/00
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
第1の装置と第2の装置とを備え、
前記第1の装置は、
撮影を行い、撮影画像を示す画像データを出力する撮影部と、
前記撮影部にて撮影された画像データを前記第2の装置に送信し、また、前記第2の装置からの検索対象に関連するメール情報を受信する第1の通信部と、
前記第1の通信部が受信した前記第2の装置からの前記検索対象に関連するメール情報をユーザに提示する提示部と、
前記画像データを前記第1の通信部から送信する際に、当該第1の装置と通信可能な他の装置を選択可能に前記提示部に提示させる第1の制御部と、を有し、
前記第1の通信部は、前記提示部に提示された他の装置のうち選択された前記第2の装置に前記画像データを送信し、
前記第2の装置は、
前記検索対象に関連するメール情報を、該検索対象を示す画像データに対応させて記憶する記憶部と、
前記第1の装置からの画像データを受信し、また、前記検索対象に関連するメール情報を前記第1の装置に送信する第2の通信部と、
前記第2の通信部が前記第1の装置から画像データを受信すると、前記記憶部に記憶されている画像データの中で前記受信した画像データに一致するものを検索し、該検索された画像データに対応して記憶されている情報を前記検索対象に関連するメール情報として前記第2の通信部に送信させる第2の制御部と、を有することを特徴とする検索システム。
【請求項2】
請求項1記載の検索システムにおいて、
前記第1の装置は、前記ユーザに装着される腕時計であることを特徴とする検索システム。
【請求項3】
情報処理装置であって、
検索対象に関連するメール情報を、該検索対象を示す画像データに対応させて記憶する記憶部と、
選択可能に提示された通信可能な装置の中から当該情報処理装置を選択した他の装置からの画像データを受信し、また、前記検索対象に関連するメール情報を前記他の装置に送信する通信部と、
前記通信部が前記他の装置から画像データを受信すると、前記記憶部に記憶されている画像データの中で前記受信した画像データに一致するものを検索し、該検索された画像データに対応して記憶されている情報を前記検索対象に関連するメール情報として前記通信部に送信させる制御部と、を有することを特徴とする情報処理装置。
【請求項4】
撮影を行い、撮影画像を示す画像データを出力する撮影部と、
検索対象に関連するメール情報を、該検索対象を示す画像データに対応させて記憶する他の装置に、前記撮影部にて撮影された画像データを送信し、また、前記他の装置からの、前記他の装置に記憶されている画像データの中で前記送信した画像データに一致する画像データに対応して記憶されている情報を前記検索対象に関連するメール情報として受信する通信部と、
前記通信部が受信した前記他の装置からの前記検索対象に関連するメール情報をユーザに提示する提示部と、
前記画像データを前記通信部から送信する際に、通信可能な他の装置を選択可能に前記提示部に提示させる制御部と、を有し、
前記通信部は、前記提示部に提示された他の装置のうち選択された他の装置に前記画像データを送信することを特徴とする情報提示装置。
【請求項5】
請求項4記載の情報提示装置であって、
前記情報提示装置は、前記ユーザに装着される腕時計であることを特徴とする情報提示装置。
【請求項6】
情報処理装置の制御方法であって、
検索対象に関連するメール情報を、該検索対象を示す画像データに対応させて記憶し、
選択可能に提示された通信可能な装置の中から当該情報処理装置を選択した他の装置からの画像データを受信し、
前記他の装置から画像データを受信すると、前記記憶している画像データの中で前記受信した画像データに一致するものを検索し、
前記検索された画像データに対応して記憶している情報を前記検索対象に関連するメール情報として前記他の装置に送信することを特徴とする情報処理装置の制御方法。
【請求項7】
情報提示装置の制御方法であって、
撮影を行い、撮影画像を示す画像データを出力し、
当該情報提示装置と通信可能な他の装置を選択可能にユーザに提示し、
ユーザによって選択され、検索対象に関連するメール情報を、該検索対象を示す画像データに対応させて記憶する他の装置に、前記画像データを送信し、
前記他の装置からの、前記他の装置に記憶されている画像データの中で前記送信した画像データに一致する画像データに対応して記憶されている情報を前記検索対象に関連するメール情報として受信し、
前記他の装置から受信した前記検索対象に関連するメール情報をユーザに提示することを特徴とする情報提示装置の制御方法。
【請求項8】
情報処理装置に、
検索対象に関連するメール情報を、該検索対象を示す画像データに対応させて記憶する処理と、
選択可能に提示された通信可能な装置の中から当該情報処理装置を選択した他の装置からの画像データを受信する処理と、
前記他の装置から画像データを受信すると、前記記憶している画像データの中で前記受信した画像データに一致するものを検索する処理と、
前記検索された画像データに対応して記憶している情報を前記検索対象に関連するメール情報として前記他の装置に送信する処理と、を実行させるプログラム。
【請求項9】
情報提示装置に、
撮影を行い、撮影画像を示す画像データを出力する処理と、
当該情報提示装置と通信可能な他の装置を選択可能にユーザに提示する処理と、
ユーザによって選択され、検索対象に関連するメール情報を、該検索対象を示す画像データに対応させて記憶する他の装置に前記画像データを送信する処理と、
前記他の装置の、前記他の装置に記憶されている画像データの中で前記送信した画像データに一致する画像データに対応して記憶されている情報を前記検索対象に関連するメール情報として受信する処理と、
前記他の装置から受信した前記検索対象に関連するメール情報をユーザに提示する処理と、を実行させるプログラム。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、検索対象に関連する関連情報を検索する検索システム、情報処理装置、情報提示装置、情報処理装置及び情報提示装置の制御方法、並びにプログラムに関する。
【背景技術】
【0002】
携帯電話、スマートフォン、パーソナルコンピュータなどの情報処理装置には、メールの送受信などの通信を行う相手の名前、電話番号、メールアドレスなどの電話帳データを記憶する電話帳機能、また、検索対象が指定されると、その検索対象に関連する関連情報(例えば、検索対象のメールアドレスを送信元または送信先とするメール情報など)を検索し、検索結果を出力する検索機能を備えるものがある。
【0003】
検索機能を備える情報処理装置において、検索対象を指定する方法としては、検索対象の名前、メールアドレスなどを入力する方法がある。
【0004】
また、検索対象を指定する方法として、特許文献1(特開2005−267146号公報)には、カメラを備えた情報処理装置において、検索対象の電話帳データに対応させて、その検索対象の顔の画像データを記憶し、カメラで撮影した撮影画像に含まれる人物の顔を抽出し、記憶している画像データの中で抽出した人物の顔に一致する顔を示す画像データに対応して記憶されている電話帳データに示される検索対象を検索対象と指定されたとする方法が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
【特許文献1】特開2005−267146号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
名前、メールアドレスなどを入力して検索対象を指定する方法では、名前、メールアドレスなどの入力は、ユーザにとって煩わしく感じられ、使い勝手が悪いという問題がある。また、特許文献1に開示の方法では、カメラ、電話帳データを記憶する構成、および、検索を行うための構成などが情報処理装置内に備えられているため、情報処理装置のサイズが大きくなってしまう。情報処理装置のサイズが大きくなると、ユーザが情報処理装置をかばんなどに入れておくことが多くなり、関連情報の検索を行うために情報処理装置をかばんなどから取り出すことが必要となり、ユーザにとって面倒であるという問題がある。
【0007】
本発明の目的は、検索対象の関連情報を検索する際の使い勝手の向上を図ることができる検索システム、情報処理装置、情報提示装置、情報処理装置及び情報提示装置の制御方法、並びにプログラムを提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0008】
上記目的を達成するために本発明の検索システムは、
第1の装置と第2の装置とを備え、
前記第1の装置は、
撮影を行い、撮影画像を示す画像データを出力する撮影部と、
前記撮影部にて撮影された画像データを前記第2の装置に送信し、また、前記第2の装置からの前記検索対象に関連する情報を受信する第1の通信部と、
前記第1の通信部が受信した前記第2の装置からの前記検索対象に関連する情報をユーザに提示する提示部と、を有し、
前記第2の装置は、
前記検索対象に関連する情報を、該検索対象を示す画像データに対応させて記憶する記憶部と、
前記第1の装置からの画像データを受信し、前記検索対象に関連する情報を前記第1の装置に送信する第2の通信部と、
前記第2の通信部が前記第1の装置から画像データを受信すると、前記記憶部に記憶されている画像データの中で前記受信した画像データに一致するものを検索し、該検索された画像データに対応して記憶されている情報を前記検索対象に関連する情報として前記第2の通信部に送信させる制御部と、を有する。
【0009】
上記目的を達成するために本発明の情報処理装置は、
検索対象に関連する情報を、該検索対象を示す画像データに対応させて記憶する記憶部と、
他の装置からの画像データを受信し、また、前記検索対象に関連する情報を前記他の装置に送信する通信部と、
前記通信部が前記他の装置から画像データを受信すると、前記記憶部に記憶されている画像データの中で前記受信した画像データに一致するものを検索し、該検索された画像データに対応して記憶されている情報を前記検索対象に関連する情報として前記通信部に送信させる制御部と、を有する。
【0010】
上記目的を達成するための本発明の情報提示装置は、
撮影を行い、撮影画像を示す画像データを出力する撮影部と、
検索対象に関連する情報を、該検索対象を示す画像データに対応させて記憶する他の装置に、前記撮影部にて撮影された画像データを送信し、また、前記他の装置からの、前記他の装置に記憶されている画像データの中で前記送信した画像データに一致する画像データに対応して記憶されている情報を前記検索対象に関連する情報として受信する通信部と、
前記通信部が受信した前記他の装置からの前記検索対象に関連する情報をユーザに提示する提示部と、を有する。
【0011】
上記目的を達成するために本発明の情報処理装置の制御方法は、
情報処理装置の制御方法であって、
検索対象に関連する情報を、該検索対象を示す画像データに対応させて記憶し、
他の装置からの画像データを受信し、
前記他の装置から画像データを受信すると、前記記憶している画像データの中で前記受信した画像データに一致するものを検索し、
前記検索された画像データに対応して記憶している情報を前記検索対象に関連する情報として前記他の装置に送信する。
【0012】
上記目的を達成するための本発明の情報提示装置の制御方法は、
情報提示装置の制御方法であって、
撮影を行い、撮影画像を示す画像データを出力し、
検索対象に関連する情報を、該検索対象を示す画像データに対応させて記憶する他の装置に、前記画像データを送信し、
前記他の装置からの、前記他の装置に記憶されている画像データの中で前記送信した画像データに一致する画像データに対応して記憶されている情報を前記検索対象に関連する情報として受信し、
前記他の装置から受信した前記検索対象に関連する情報をユーザに提示する。
【0013】
上記目的を達成するために本発明の第1のプログラムは、
情報処理装置に、
検索対象に関連する情報を、該検索対象を示す画像データに対応させて記憶する処理と、
他の装置からの画像データを受信する処理と、
前記他の装置から画像データを受信すると、前記記憶している画像データの中で前記受信した画像データに一致するものを検索する処理と、
前記検索された画像データに対応して記憶している情報を前記検索対象に関連する情報として前記他の装置に送信する処理と、を実行させる。
【0014】
上記目的を達成するために本発明の第2のプログラムは、
情報提示装置に、
撮影を行い、撮影画像を示す画像データを出力する処理と、
検索対象に関連する情報を、該検索対象を示す画像データに対応させて記憶する他の装置に前記画像データを送信する処理と、
前記他の装置の、前記他の装置に記憶されている画像データの中で前記送信した画像データに一致する画像データに対応して記憶されている情報を前記検索対象に関連する情報として受信する処理と、
前記他の装置から受信した前記検索対象に関連する情報をユーザに提示する処理と、を実行させる。
【発明の効果】
【0015】
本発明によれば、検索対象の関連情報を検索する際の使い勝手の向上を図ることができる。
【図面の簡単な説明】
【0016】
図1】本発明の第1の実施形態の検索システムの構成を示す図である。
図2図1に示す情報提示装置の構成を示すブロック図である。
図3図1に示す情報処理装置の構成を示すブロック図である。
図4図2に示す情報提示装置の動作を示すフローチャートである。
図5図3に示す情報処理装置の動作を示すフローチャートである。
図6】本発明の第2の実施形態の情報提示装置の構成を示すブロック図である。
図7】本発明の第2の実施形態の情報処理装置の構成を示すブロック図である。
【発明を実施するための形態】
【0017】
以下に、本発明を実施するための形態について図面を参照して説明する。
【0018】
(第1の実施形態)
図1は、本発明の第1の実施形態の検索システム1の構成を示す図である。
【0019】
図1に示す検索システム1は、情報提示装置10と、情報処理装置20と、を備える。
【0020】
情報提示装置10は、ユーザから指定された検索対象の関連情報を情報処理装置20から取得し、ユーザに提示する。なお、情報処理装置10の具体例としては、ユーザに装着される腕時計などがあり、操作しやすい状態でユーザに携帯されるものが好適である。
【0021】
情報処理装置20は、検索対象の名前、電話番号、メールアドレスなどの電話帳データを記憶する。また、情報処理装置20は、検索対象に関連する関連情報(その検索対象のメールアドレスを送信元または送信先とするメール情報など)を記憶する。また、情報処理装置20は、情報提示装置10において指定された検索対象の関連情報を情報提示装置10に送信する。
【0022】
図2は、情報提示装置10の構成を示すブロック図である。なお、上述したように、情報提示装置10の具体例としては、例えば、腕時計があるが、図2においては、本発明に関する機能ブロックのみを示し、他の機能ブロックについては説明を省略する。
【0023】
図2に示す情報提示装置10は、操作部11と、ROM(Read Only Memory)12と、作業用メモリ13と、撮影部14と、画像用メモリ15と、通信部16と、表示部17と、CPU(Central Processing Unit)18と、上述した各部を接続するバス19と、を有する。なお、表示部17は、提示部の一例である。
【0024】
操作部11は、操作入力を受け付け、入力された操作に応じた信号をCPU18に出力する。
【0025】
ROM12は、CPU18が実行するプログラムなどを記憶する。
【0026】
作業用メモリ13は、CPU18がプログラムを実行するのに必要な情報などを一時的に記憶する。
【0027】
撮影部14は、撮影を行い、撮影画像の画像データを出力する。
【0028】
画像用メモリ15は、撮影部14から出力された画像データを記憶する。
【0029】
通信部16は、画像用メモリ15に記憶されている画像データを情報処理装置20に送信する。また、通信部16は、情報処理装置20から送信されてきた検索対象の関連情報を受信し、出力する。なお、通信部16は、Bluetooth(登録商標)などの近距離無線通信方式を用いて、情報処理装置20との間で送受信を行う。
【0030】
表示部17は、検索対象の関連情報を表示して、ユーザに提示する。
【0031】
CPU18は、撮影を行う旨が入力されると、撮影部14に撮影を行わせ、撮影画像の画像データを画像用メモリ15に記憶させる。また、CPU18は、画像用メモリ15に記憶されている画像データを選択する旨が入力されると、通信部16に、その画像データを情報処理装置20へと送信させる。また、CPU18は、通信部16が検索対象の関連情を受信すると、その関連情報を表示部17に表示させる。
【0032】
図3は、情報処理装置20の構成を示すブロック図である。なお、図3においては、本発明に関する機能ブロックのみを示し、他の機能ブロックについては図示を省略する。
【0033】
図3に示す情報処理装置20は、操作部21と、ROM22と、作業用メモリ23と、電話帳データ用メモリ24と、メール情報用メモリ25と、通信部26と、CPU27と、上述した各部を接続するバス28と、を有する。なお、CPU27は、制御部の一例である。
【0034】
操作部21は、操作入力を受け付け、入力された操作に応じた信号をCPU27に出力する。
【0035】
ROM22は、CPU27が実行するプログラムなどを記憶する。
【0036】
作業用メモリ23は、CPU27がプログラムを実行するのに必要な情報などを一時的に記憶する。
【0037】
電話帳データ用メモリ24は、検索対象の名前、電話番号、メールアドレスなどの電話帳データを記憶する。また、電話帳データ用メモリ24は、検索対象の電話帳データに対応させてその検索対象を示す画像データを記憶する。なお、電話帳データは、例えば、操作部21を介して入力される。また、検索対象を示す画像データは、例えば、情報処理装置20がカメラを備える場合には、そのカメラに撮影を行わせて取得してもよく、また、情報提示装置10の撮影部14に撮影を行わせて取得するようにしてもよい。
【0038】
メール情報用メモリ25は、メールの送受信などが行われると、そのメールの送信元あるいは送信先のメールアドレス、メールの件名、本文などのメール情報を関連情報の一例として記憶する。
【0039】
なお、本実施形態においては、電話帳データ用メモリ24が検索対象の電話帳データとその検索対象を示す画像データとを対応させて記憶し、メール情報用メモリ25がメール情報を関連情報として記憶する例を用いて説明するが、これに限られるものではなく、例えば、1つのメモリ上で検索対象を示す画像データとその検索対象の関連情報とを対応させて記憶するようにしてもよい。
【0040】
通信部26は、情報提示装置10から送信されてきた画像データを受信し、出力する。また、通信部26は、検索対象の関連情報を情報提示装置10に送信する。なお、通信部26は、Bluetoothなどの近距離無線通信方式を用いて、情報提示装置10との間で送受信を行う。
【0041】
CPU27は、通信部26が情報提示装置10から画像データを受信すると、電話帳データ用メモリ24に記憶されている画像データの中で、通信部26が受信した画像データに一致するものを検索する。また、CPU27は、検索した画像データに対応して電話帳データ用メモリ24に記憶されているメールアドレスを送信元または送信先とするメール情報をメール情報用メモリ25から抽出し、抽出したメール情報を検索対象の関連情報として通信部26に情報提示装置10へと送信させる。
【0042】
次に、本実施形態の情報提示装置10の動作について、図4に示すフローチャートを参照して説明する。
【0043】
なお、以下では、予め、検索対象を撮影した撮影画像の画像データが画像用メモリ15に記憶されているものとする。
【0044】
CPU18は、操作部11を介して、画像用メモリ15に記憶されている画像データを指定して、検索対象を指定する旨が入力されたか否かを判定する(ステップS101)。
【0045】
検索対象を指定する旨が入力されていない場合には(ステップS101:No)、CPU18は、ステップS101の処理を繰り返す。
【0046】
検索対象を指定する旨が入力された場合には(ステップS101:Yes)、CPU18は、通信部16に、通信可能な他の機器の探索を行わせる(ステップS102)。なお、通信部16は、例えば、所定の信号をブロードキャスト送信し、その信号に対する他の機器からの応答に応じて、通信可能な他の機器の探索を行う。
【0047】
通信可能な他の機器がない場合には(ステップS102:No)、CPU18は、処理を終了する。
【0048】
通信可能な他の機器がある場合には(ステップS102:Yes)、CPU18は、通信部16に、通信可能な他の機器の機器名など、その他の機器を識別するための情報を取得させ、表示部17に、通信部16が取得した他の機器を識別するための情報の一覧を表示させる(ステップS103)。
【0049】
次に、CPU18は、表示部17の表示に応じて、操作部11を介して、機器を選択する旨が入力されたか否かを判定する(ステップS104)。
【0050】
機器を選択する旨の入力がなく(ステップS104:No)、操作部11を介して、処理を終了する旨が入力されると、CPU18は、処理を終了する。
【0051】
なお、以下では情報処理装置20が選択されたものとする。
【0052】
機器を選択する旨が入力されると(ステップS104:Yes)、CPU18は、通信部16に、画像用メモリ15に記憶されている画像データを、選択された機器(情報処理装置20)へと送信させる(ステップS105)。
【0053】
次に、本実施形態の情報処理装置20の動作について、図5に示すフローチャートを参照して説明する。なお、以下では、検索対象の電話帳データに対応して、その検索対象の顔画像を示す画像データが記憶されているものとする。また、以下では、検索対象の関連情報は、その検索対象とのメールのメール情報であるとする。
【0054】
情報提示装置10から画像データが送信されてくると、通信部26は、その画像データを受信する。
【0055】
CPU27は、通信部26が画像データを受信すると、その画像データの画像解析を行い、人物の顔画像が含まれているか否かを判定する(ステップS202)。なお、画像データの中から人物の顔を認識する方法は、当業者にとってよく知られており、本発明と直接関係しないので、詳細な説明を省略する。
【0056】
通信部26が受信した画像データに顔画像が含まれていない場合には(ステップS202:No)、CPU27は、処理を終了する。
【0057】
通信部26が受信した画像データに顔画像が含まれている場合には(ステップS202:No)、CPU27は、例えば、顔画像における特徴データを抽出し、抽出した特徴データが一致するか否かに基づき、電話帳データ用メモリ24に記憶されている画像データの中に、その顔画像と一致する顔画像を示す画像データがあるか否かを判定する(ステップS203)。
【0058】
通信部26が受信した画像データに含まれる顔画像に一致する顔画像を示す画像データが電話帳データ用メモリ24に記憶されていない場合には(ステップS203:No)、CPU27は、処理を終了する。
【0059】
通信部26が受信した画像データに含まれる顔画像に一致する顔画像を示す画像データが電話帳データ用メモリ24に記憶されている場合には(ステップS203:Yes)、CPU27は、その画像データに対応して電話帳データ用メモリ24に記憶されているメールアドレスを取得する(ステップS204)。
【0060】
次に、CPU27は、取得したメールアドレスを送信元または送信先とするメール情報がメール情報用メモリ25に記憶されているか否かを判定する(ステップS205)。
【0061】
取得したメールアドレスを送信元または送信先とするメール情報がメール情報用メモリ25に記憶されていない場合には(ステップS205:No)、CPU27は、処理を終了する。
【0062】
取得したメールアドレスを送信元または送信先とするメール情報がメール情報用メモリ25に記憶されている場合には(ステップS205:Yes)、CPU27は、そのメール情報を取得する(ステップS206)。さらに、CPU27は、通信部26に、取得したメール情報を、画像データを送信してきた情報提示装置10へと送信させる(ステップS207)。
【0063】
情報提示装置10へと送信されたメール情報は、情報提示装置10の通信部16が検索対象の関連情報として受信し、表示部17に表示されることで、ユーザに提示される。
【0064】
このように本実施形態によれば、検索システム1は、情報提示装置10と情報処理装置20とを有する。情報提示装置10は、検索対象を撮影した撮影画像の画像データを情報処理装置20に送信する。情報処理装置20は、検索対象の関連情報をその検索対象を示す画像データに対応させて記憶し、情報提示装置10から画像データを受信すると、記憶している画像データの中で受信した画像データに一致する画像データを検索し、検索した画像データに対応して記憶している関連情報を情報提示装置10に送信する。情報提示装置10は、情報処理装置20から送信されてきた情報を検索対象の関連情報としてユーザに提示する。
【0065】
そのため、本実施形態の検索システム1によれば、検索対象をユーザが撮影するだけで、情報処理装置20において、その検索対象の関連情報の検索が行われ、情報提示装置10において、検索された関連情報が提示されるので、検索対象の関連情報を検索する際の使い勝手の向上を図ることができる。また、情報提示装置10には、関連情報を記憶するための構成および検索対象の関連情報を検索する構成などが設けられていないため、小型化を図ることができる。情報提示装置10が小型化されると、情報提示装置10を、例えば、ユーザが装着する腕時計としたり、あるいは、ユーザが着用する服の胸ポケットなどに収容される程度のサイズとしたりして、ユーザが常に携帯できるようになる。そのため、本実施形態の情報提示装置10によれば、ユーザが常に情報提示装置10を携帯し、関連情報の検索を行いたいときに、すぐに情報提示装置10を操作して検索対象を指定し、検索結果を得ることできるので、検索対象の関連情報を検索する際の使い勝手の向上を図ることができる。
【0066】
なお、本実施形態においては、検索対象を示す画像データが、その検索対象の顔画像を示す画像データである場合を例として説明したがこれに限られるものではなく、その検索対象を一意に示すものであればよい。
【0067】
また、本実施形態においては、情報提示装置10と情報処理装置20とがBluetoothを用いて送受信を行う例を用いて説明したが、これに限られるものではなく、例えば、無線PAN(Personal Area Network)などを用いて送受信を行ってもよい。また、情報提示装置10と情報処理装置20とが有線を介して送受信を行ってもよい。
【0068】
また、情報提示装置10と情報処理装置20とが別装置である場合を例として説明したがこれに限られるものではない。近年の情報処理装置の中には、第1および第2の筐体を有し、第1の筐体と第2の筐体とが分離された状態で無線通信を行うことで、1つの情報処理装置として動作可能なものがある。このような情報処理装置において、例えば、第1の筐体に本実施形態の情報提示装置10の機能を搭載し、第2の筐体に情報処理装置20の機能を搭載するようにしてもよい。
【0069】
(第2の実施形態)
次に、本発明の第2の実施形態の検索システム2について説明する。本実施形態の検索システム2は、第1の実施形態の検索システム1と同様の構成を有する点では共通するが、情報提示装置10を情報提示装置30に変更した点と、情報処理装置20を情報処理装置40に変更した点と、が異なる。
【0070】
図6は、情報提示装置30の構成を示すブロック図である。
【0071】
図6に示す情報提示装置30は、撮影部31と、通信部32と、提示部33と、を有する。
【0072】
撮影部31は、撮影を行い、撮影画像を示す画像データを出力する。
【0073】
通信部32は、撮影部31にて撮影された画像データを図6においては不図示の情報処理装置40に送信する。また、通信部32は、情報処理装置40から送信されてきた情報を検索対象に関連する情報として受信して出力する。
【0074】
提示部33は、通信部32から出力された検索対象に関連する情報をユーザに提示する。
【0075】
図7は、情報処理装置40の構成を示すブロック図である。
【0076】
図7に示す情報処理装置40は、記憶部41と、通信部42と、制御部43と、を有する。
【0077】
記憶部41は、検索対象に関連する情報を、その検索対象を示す画像データに対応させて記憶する。
【0078】
通信部42は、図7においては不図示の情報通知装置30から送信されてきた画像データを受信する。また、通信部42は、検索対象の関連情報を情報提示装置10に送信する。
【0079】
制御部43は、通信部42が画像データを受信すると、記憶部41に記憶されている画像データの中で通信部42が受信した画像データに一致する画像データを検索し、検索した画像データに対応して記憶されている情報を検索対象に関連する情報として通信部42に情報提示装置30へと送信させる。
【0080】
このように本実施形態によれば、情報提示装置30は、検索対象を撮影した撮影画像の画像データを情報処理装置40へ送信する。情報処理装置40は、検索対象の関連情報をその検索対象を示す画像データに対応させて記憶し、情報提示装置30から画像データを受信すると、記憶している画像データの中で受信した画像データに一致するものを検索し、検索した画像データに対応して記憶している関連情報を情報提示装置30に送信する。情報提示装置30は、情報処理装置40から送信されてきた情報を検索対象の関連情報としてユーザに提示する。
【0081】
そのため、本実施形態の検索システム2によれば、検索対象をユーザが撮影するだけで、情報処理装置40において、その検索対象の関連情報の検索が行われ、情報提示装置30において、検索された関連情報が提示されるので、簡易に検索対象の関連情報を検索することができ、関連情報を検索する際の使い勝手の向上を図ることができる。また、情報提示装置30には、関連情報を記憶するための構成および検索対象の関連情報を検索する構成などが設けられていないため、小型化を図ることができる。情報提示装置30が小型化されると、情報提示装置30を、例えば、ユーザが装着する腕時計としたり、あるいは、ユーザが着用する服の胸ポケットなどに収容される程度のサイズとしたりして、ユーザが常に携帯できるようになる。そのため、本実施形態の情報提示装置30によれば、ユーザが常に情報提示装置30を携帯し、関連情報の検索を行いたいときに、すぐに情報提示装置30を操作して検索対象を指定し、検索結果を得ることできるので、検索対象の関連情報を検索する際の使い勝手の向上を図ることができる。
【0082】
なお、本発明の情報提示装置および情報提供装置において行われる方法は、コンピュータに実行させるためのプログラムに適用してもよい。また、そのプログラムを記憶媒体に格納することも可能であり、ネットワークを介して外部に提供することも可能である。
【符号の説明】
【0083】
1 検索システム
10,30 情報提示装置
11,21 操作部
12,22 ROM
13,23 作業用メモリ
14,31 撮影部
15 画像用メモリ
16,26,32,42 通信部
17,33 表示部
18,27 CPU
19,28 バス
20,40 情報処理装置
24 電話帳データ用メモリ
25 メール情報用メモリ
41 記憶部
43 制御部
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7