特許第5836456号(P5836456)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 株式会社三共の特許一覧
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B2)
(11)【特許番号】5836456
(24)【登録日】2015年11月13日
(45)【発行日】2015年12月24日
(54)【発明の名称】遊技機
(51)【国際特許分類】
   A63F 7/02 20060101AFI20151203BHJP
【FI】
   A63F7/02 326Z
【請求項の数】1
【全頁数】36
(21)【出願番号】特願2014-161005(P2014-161005)
(22)【出願日】2014年8月7日
(62)【分割の表示】特願2011-273337(P2011-273337)の分割
【原出願日】2011年12月14日
(65)【公開番号】特開2014-230884(P2014-230884A)
(43)【公開日】2014年12月11日
【審査請求日】2014年8月7日
(73)【特許権者】
【識別番号】000144153
【氏名又は名称】株式会社三共
(74)【代理人】
【識別番号】100098729
【弁理士】
【氏名又は名称】重信 和男
(74)【代理人】
【識別番号】100163212
【弁理士】
【氏名又は名称】溝渕 良一
(74)【代理人】
【識別番号】100156535
【弁理士】
【氏名又は名称】堅田 多恵子
(72)【発明者】
【氏名】小倉 敏男
【審査官】 足立 俊彦
(56)【参考文献】
【文献】 特開2010−259550(JP,A)
【文献】 特開2011−172699(JP,A)
【文献】 特開2011−062431(JP,A)
【文献】 特開2010−158326(JP,A)
【文献】 特開2009−268553(JP,A)
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
A63F 7/02
A63F 5/04
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
ベース部と、該ベース部に対しベース面に沿って移動可能に設けられた可動部と、を備える遊技機であって、
前記ベース部に、前記可動部の移動方向に沿って延設される挿通長孔と、
前記可動部に搭載された電気部品に接続され、該可動部から前記挿通長孔を介して前記ベース面の反対側に挿通される可撓性を有する配線と、
備え、
前記ベース部は、前記挿通長孔の開口周縁における少なくとも一方の端縁部が、他方の端縁部側の縁部よりも前記可動部の移動軌跡に対し離れるように形成されており、
前記可動部は、第1位置と該第1位置よりも前記一方の端縁部に近づく第2位置との間を移動可能であり、
前記配線は、前記可動部が前記第2位置へ移動したときに前記一方の端縁部と前記可動部との間で撓むように配線されている
ことを特徴とする遊技機。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、ベース部と、該ベース部に対しベース面に沿って移動可能に設けられた可動部と、を備える遊技機に関する。
【背景技術】
【0002】
この種の演出装置を備えた遊技機として、所定の賭け数を設定し、スタート操作が行われたときに、複数種類の識別情報の可変表示が行われるスロットマシンや、遊技球などの遊技媒体を発射装置によって遊技領域に発射し、遊技領域に設けられている入賞口などの始動入賞領域に遊技媒体が入賞したときに複数種類の識別情報の可変表示が行われるパチンコ遊技機などがある。
【0003】
また、このような遊技機に備えられた演出装置としては、ベース部に対して移動可能に設けられた可動部に、照明装置や駆動モータ等の電気部品が設けられているものがある。
【0004】
このような電気部品が設けられた可動部を有する演出装置の一例として、例えば、第1位置と第2位置との間を左右方向に移動可能に設けられた可動役物に設けられた役物基板と、第2位置より第1位置に近くなるように移動領域外に固定された中継基板と、を接続する配線を、役物基板と中継基板との距離が近くなることにより余る状態において、配線収納室に設けた案内部により収納されるように案内することで、意図しない箇所で配線が曲がることを防ぎ、断線等の不具合を抑制したものがある(例えば、特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
【特許文献1】特開2010−51382号公報(第9−10頁、第9−10図)
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
上記特許文献1に記載の遊技機にあっては、配線収納室に余ったフラットケーブルを折り曲がらないように案内しながら所定の湾曲形状に保持収納することで、可動役物の移動距離に応じてフラットケーブルの余りが長くなると配線収納室も大きくなるが、設置スペースに限りがある場合、配線収納室の設置スペースを十分に確保できないという問題があった。
【0007】
本発明は、このような問題点に着目してなされたもので、可動部の移動に伴い配線を断線させることなく案内することができる遊技機を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
前記課題を解決するために、本発明の請求項1に記載の遊技機は、
ベース部と、該ベース部に対しベース面に沿って移動可能に設けられた可動部と、を備える遊技機であって、
前記ベース部に、前記可動部の移動方向に沿って延設される挿通長孔と、
前記可動部に搭載された電気部品に接続され、該可動部から前記挿通長孔を介して前記ベース面の反対側に挿通される可撓性を有する配線と、
を備え、
前記ベース部は、前記挿通長孔の開口周縁における少なくとも一方の端縁部が、他方の端縁部側の縁部よりも前記可動部の移動軌跡に対し離れるように形成されており、
前記可動部は、第1位置と該第1位置よりも前記一方の端縁部に近づく第2位置との間を移動可能であり、
前記配線は、前記可動部が前記第2位置へ移動したときに前記一方の端縁部と前記可動部との間で撓むように配線されている
ことを特徴としている。
本発明の手段1の遊技機は、
ベース部(ベース板320)と、該ベース部に対しベース面(前面320a)に沿って移動可能に設けられた可動部(可動ユニット302)と、を備える遊技機(パチンコ遊技機1)であって、
前記ベース部に、前記可動部の移動方向(上下方向)に沿って延設される挿通長孔(配線挿通孔322a,322b)と、
前記可動部に搭載された電気部品(装飾LED393を有する第1〜3LED基板390,391,392)に接続され、該可動部から前記挿通長孔を介して前記ベース面の反対側(背面320b側)に挿通される可撓性を有する配線(配線C1〜C3)と、
表示装置と、
を備え、
前記可動部は、第1位置と前記表示装置の前方の第2位置との間を移動可能であり、
前記ベース部は、前記挿通長孔の開口周縁における少なくとも一方の端縁部(上端縁部322c)が、他方の端縁部側の縁部(例えば、平坦面状の前面320aに形成された縁部)よりも前記可動部の移動軌跡に対し離れるように形成されており、
前記配線は、前記一方の端縁部と前記可動部との間に配線されている(図20図21参照)
ことを特徴としている。
この特徴によれば、ベース部に対し可動部が移動する際に、配線は挿通長孔により移動方向に案内されることであばれが抑制されるため、配線が可動部に絡みにくくなる。また、挿通長孔の端縁部が可動部の移動軌跡から離れた位置に配置されることで、挿通長孔の開口端部が長手方向に向けて開放され、配線の一部を挿通長孔の開口端部から移動方向に逃がすことが可能となるばかりか、可動部と挿通長孔の端縁部との間に配線スペースが形成されて配線の折れ曲がりを回避しやすくなるため、可動部の移動により配線にかかる曲げ応力による断線の発生を抑制できる。
【0009】
本発明の手段の遊技機は、手段1に記載の遊技機であって、
前記可動部(可動ユニット302)に駆動力を伝達させる駆動伝達手段(例えば、昇降モータ304、揺動アーム309、ラックギヤ323a,346a、中間ピニオンギヤ336)を備え、
前記可動部における前記ベース面(前面320a)側を向く一面(前昇降板331の背面)には前記駆動伝達手段の一部(中間ピニオンギヤ336)が設けられ、
前記配線(配線C1〜C3)は、前記可動部の他面(前昇降板331の前面)側に配線されている
ことを特徴としている。
この特徴によれば、可動部が移動する際に配線が駆動力伝達手段に引っ掛かることを防止できる。
【0010】
本発明の手段の遊技機は、手段1またはに記載の遊技機であって、
前記可動部(可動ユニット302)は、該可動部に設けられた可動側配線保持部(結束バンドB1,B2)が前記挿通長孔の一方の端縁部(上端縁部322c)に対向するまたは該挿通長孔(配線挿通孔322a,322b)の延長線上に位置する第1位置(退避位置)と、前記可動側配線保持部が前記第1位置よりも他方の端縁部(下端縁部)側に位置する第2位置(演出位置)と、の間を少なくとも移動可能に設けられている(図20参照)
ことを特徴としている。
この特徴によれば、第1位置において可動部の可動側配線保持部が端縁部に近づいても、余剰配線をベース面の反対側に逃がしやすくなるため、配線の折れ曲がり等を回避できる。
【0011】
本発明の手段の遊技機は、手段に記載の遊技機であって、
前記可動部(可動ユニット302)は、
前記電気部品(装飾LED393を有する第1〜3LED基板390,391,392)との配線接続部(コネクタ接続部CNa1)と前記可動側配線保持部(結束バンドB1,B2)との間に架け渡される前記配線(配線C1〜C3)を保持する補助配線保持部(配線フック375a,375b)を備え、
前記第1位置(退避位置)において前記ベース部(ベース板320)と対向する対向位置に配置され(図20(a)参照)、
前記補助配線保持部は、前記配線接続部よりも前記第1位置側に設けられている(図20参照)
ことを特徴としている。
この特徴によれば、配線接続部よりも第1位置側に補助配線保持部があるので、可動部の移動に伴って配線が露出してしまうことを防止できる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
図1】パチンコ遊技機を示す正面図である。
図2】パチンコ遊技機を示す背面図である。
図3】主基板における回路構成の一例を示すブロック図である。
図4】(a)(b)は演出装置を示す正面図である。
図5】演出装置の構成を示す分解斜視図である。
図6】演出装置の構成を斜め前からみた状態を示す分解斜視図である。
図7】演出装置の構成を斜め後ろからみた状態を示す分解斜視図である。
図8】可動ユニットを示す正面図である。
図9】(a)は図8のA−A断面図、(b)はB−B断面図である。
図10図8のC−C断面図である。
図11】(a)は装飾部材を除いた可動ユニットを示す斜視図、(b)は正面図である。
図12】(a)〜(c)は可動ユニット及び装飾部材の可動態様を示す概略図である。
図13】可動ユニットの組み付け状況を示す分解斜視図である。
図14】(a)は可動ユニットを示す正面図、(b)は(a)のD−D断面図、(c)はE−E断面図である。
図15】可動ユニットに装飾部材を組み付ける状況を示す分解斜視図である。
図16】可動ユニットの配線状況を示す斜視図である。
図17】同じく可動ユニットの配線状況を示す斜視図である。
図18】(a)は図17のF−F断面図、(b)は(a)の拡大図である。
図19】(a)は演出装置が退避位置、(b)は演出位置にあるときの配線状況を示す正面図である。
図20】(a)は演出装置が退避位置、(b)は演出位置にあるときの配線状況を示す概略側面図である。
図21】配線状況を示す拡大説明図である。
図22】(a)は変形例1としての演出装置が退避位置、(b)は演出位置にあるときの配線状況を示す概略側面図である。
図23】(a)は変形例2としての演出装置が退避位置、(b)は演出位置にあるときの配線状況を示す概略側面図である。
図24】(a)は変形例3としての演出装置、(b)は変形例4としての演出装置を示す側面図である。
【発明を実施するための形態】
【0013】
本発明の実施例を図面に基づいて以下に説明する。
【実施例】
【0014】
まず、遊技機の一例であるパチンコ遊技機1の全体の構成について説明する。図1はパチンコ遊技機1を正面からみた正面図である。図2は、パチンコ遊技機を示す背面図である。図3は、主基板における回路構成の一例を示すブロック図である。
【0015】
パチンコ遊技機1は、図1及び図2に示すように、縦長の方形枠状に形成された外枠100と、外枠100に開閉可能に取り付けられた前面枠101と、で主に構成されている。前面枠101の前面には、ガラス扉枠102及び下扉枠103がそれぞれ左側辺を中心に開閉可能に設けられている。
【0016】
下扉枠103の下部表面には打球供給皿(上皿)3がある。打球供給皿3の下部には、打球供給皿3に収容しきれない遊技球を貯留する余剰球受皿4(下皿)や、打球を発射する打球操作ハンドル(操作ノブ)5が設けられている。また、ガラス扉枠102の背面には、遊技盤6が前面枠101に対して着脱可能に取り付けられている。
【0017】
遊技盤6は、遊技領域7が前面に形成された木製のベニヤ板からなり、該遊技盤6の背面側には、演出表示装置9及び演出制御基板80等を含む変動表示制御ユニット(図示略)等の遊技に関連する遊技用部品が組み付けられる遊技盤ユニット260が一体的に組み付けられている(図2参照)。
【0018】
図1に戻って、遊技領域7の中央付近には、それぞれが演出用の飾り図柄(演出図柄)を可変表示する複数の可変表示部を含む演出表示装置(飾り図柄表示装置)9が設けられている。演出表示装置9には、例えば「左」、「中」、「右」の3つの可変表示部(図柄表示エリア)がある。演出表示装置9は、第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bによる特別図柄の可変表示期間中に、装飾用(演出用)の図柄としての演出図柄の可変表示を行う。演出図柄の可変表示を行う演出表示装置9は、演出制御基板80に搭載されている演出制御用マイクロコンピュータによって制御される。また、演出表示装置9の下方位置には、後述する演出装置300が遊技盤6の背面側に配設されている。
【0019】
遊技盤6における右側下部位置には、第1識別情報としての第1特別図柄を可変表示する第1特別図柄表示器(第1可変表示手段)8aが設けられている。この実施例では、第1特別図柄表示器8aは、0〜9の数字を可変表示可能な簡易で小型の表示器(例えば7セグメントLED)で実現されている。すなわち、第1特別図柄表示器8aは、0〜9の数字(または、記号)を可変表示するように構成されている。また、第1特別図柄表示器8aの上方位置には、第2識別情報としての第2特別図柄を可変表示する第2特別図柄表示器(第2可変表示手段)8bが設けられている。第2特別図柄表示器8bは、0〜9の数字を可変表示可能な簡易で小型の表示器(例えば7セグメントLED)で実現されている。すなわち、第2特別図柄表示器8bは、0〜9の数字(または、記号)を可変表示するように構成されている。
【0020】
この実施例では、第1特別図柄の種類と第2特別図柄の種類とは同じ(例えば、ともに0〜9の数字)であるが、種類が異なっていてもよい。また、第1特別図柄表示器8aおよび第2特別図柄表示器8bは、それぞれ、例えば2つの7セグメントLED等を用いて00〜99の数字(または、2桁の記号)を可変表示するように構成されていてもよい。
【0021】
以下、第1特別図柄と第2特別図柄とを特別図柄と総称することがあり、第1特別図柄表示器8aと第2特別図柄表示器8bとを特別図柄表示器と総称することがある。
【0022】
第1特別図柄の可変表示は、可変表示の実行条件である第1始動条件が成立(例えば、遊技球が第1始動入賞口13aに入賞したこと)した後、可変表示の開始条件(例えば、保留記憶数が0でない場合であって、第1特別図柄の可変表示が実行されていない状態であり、かつ、大当り遊技が実行されていない状態)が成立したことにもとづいて開始され、可変表示時間(変動時間)が経過すると表示結果(停止図柄)を導出表示する。また、第2特別図柄の可変表示は、可変表示の実行条件である第2始動条件が成立(例えば、遊技球が第2始動入賞口13bに入賞したこと)した後、可変表示の開始条件(例えば、保留記憶数が0でない場合であって、第2特別図柄の可変表示が実行されていない状態であり、かつ、大当り遊技が実行されていない状態)が成立したことにもとづいて開始され、可変表示時間(変動時間)が経過すると表示結果(停止図柄)を導出表示する。なお、入賞とは、入賞口などのあらかじめ入賞領域として定められている領域に遊技球が入ったことである。また、表示結果を導出表示するとは、図柄(識別情報の例)を最終的に停止表示させることである。
【0023】
演出表示装置9は、第1特別図柄表示器8aでの第1特別図柄の可変表示時間中、および第2特別図柄表示器8bでの第2特別図柄の可変表示時間中に、装飾用(演出用)の図柄としての演出図柄(飾り図柄ともいう)の可変表示を行う。第1特別図柄表示器8aにおける第1特別図柄の可変表示と、演出表示装置9における演出図柄の可変表示とは同期している。また、第2特別図柄表示器8bにおける第2特別図柄の可変表示と、演出表示装置9における演出図柄の可変表示とは同期している。同期とは、可変表示の開始時点および終了時点がほぼ同じ(全く同じでもよい。)であって、可変表示の期間がほぼ同じ(全く同じでもよい。)であることをいう。また、第1特別図柄表示器8aにおいて大当り図柄が停止表示されるときと、第2特別図柄表示器8bにおいて大当り図柄が停止表示されるときには、演出表示装置9において大当りを想起させるような演出図柄の組み合せが停止表示される。
【0024】
演出表示装置9の下方には、第1始動入賞口13aを有する入賞装置が設けられている。第1始動入賞口13aに入賞した遊技球は、遊技盤6の背面に導かれ、第1始動口スイッチ14a(例えば、近接スイッチ)及び第1入賞確認スイッチ14b(例えば、フォトセンサ)によって検出される。
【0025】
また、第1始動入賞口(第1始動口)13aを有する入賞装置の下側には、遊技球が入賞可能な第2始動入賞口13bを有する可変入賞球装置15が設けられている。第2始動入賞口(第2始動口)13bに入賞した遊技球は、遊技盤6の背面に導かれ、第2始動口スイッチ15a及び第2入賞確認スイッチ15bによって検出される。可変入賞球装置15は、ソレノイド16によって開状態とされる。可変入賞球装置15が開状態になることによって、遊技球が第2始動入賞口13bに入賞可能になり(始動入賞し易くなり)、遊技者にとって有利な状態になる。可変入賞球装置15が開状態になっている状態では、第1始動入賞口13aよりも、第2始動入賞口13bに遊技球が入賞しやすい。また、可変入賞球装置15が閉状態になっている状態では、遊技球は第2始動入賞口13bに入賞しない。なお、可変入賞球装置15が閉状態になっている状態において、入賞はしづらいものの、入賞することは可能である(すなわち、遊技球が入賞しにくい)ように構成されていてもよい。
【0026】
また、第1始動口スイッチ14aと第1入賞確認スイッチ14bの検出結果及び第2始動口スイッチ15aと第2入賞確認スイッチ15bの検出結果にもとづいて異常入賞の発生の有無が判定され、異常入賞の発生を検出したことにもとづいてセキュリティ信号が外部出力される。
【0027】
以下、第1始動入賞口13aと第2始動入賞口13bとを総称して始動入賞口または始動口ということがある。
【0028】
可変入賞球装置15が開放状態に制御されているときには可変入賞球装置15に向かう遊技球は第2始動入賞口13bに極めて入賞しやすい。そして、第1始動入賞口13aは演出表示装置9の直下に設けられているが、演出表示装置9の下端と第1始動入賞口13aとの間の間隔をさらに狭めたり、第1始動入賞口13aの周辺で釘を密に配置したり、第1始動入賞口13aの周辺での釘配列を、遊技球を第1始動入賞口13aに導きづらくして、第2始動入賞口13bの入賞率の方を第1始動入賞口13aの入賞率よりもより高くするようにしてもよい。
【0029】
第2特別図柄表示器8bの上部には、第1始動入賞口13aに入った有効入賞球数すなわち第1保留記憶数(保留記憶を、始動記憶または始動入賞記憶ともいう。)を表示する第1特別図柄保留記憶表示部と、該第1特別図柄保留記憶表示部とは別個に設けられ、第2始動入賞口13bに入った有効入賞球数すなわち第2保留記憶数を表示する第2特別図柄保留記憶表示部と、が設けられた例えば7セグメントLEDからなる特別図柄保留記憶表示器18が設けられている。第1特別図柄保留記憶表示部は、第1保留記憶数を入賞順に4個まで表示し、有効始動入賞がある毎に、点灯する表示器の数を1増やす。そして、第1特別図柄表示器8aでの可変表示が開始される毎に、点灯する表示器の数を1減らす。また、第2特別図柄保留記憶表示部は、第2保留記憶数を入賞順に4個まで表示し、有効始動入賞がある毎に、点灯する表示器の数を1増やす。そして、第2特別図柄表示器8bでの可変表示が開始される毎に、点灯する表示器の数を1減らす。なお、この例では、第1始動入賞口13aへの入賞による始動記憶数及び第2始動入賞口13bへの入賞による始動記憶数に上限数(4個まで)が設けられているが、上限数を4個以上にしてもよい。
【0030】
また、演出表示装置9の表示画面には、第1保留記憶数を表示する第1保留記憶表示部9aと、第2保留記憶数を表示する第2保留記憶表示部9bとが設けられている。なお、第1保留記憶数と第2保留記憶数との合計である合計数(合算保留記憶数)を表示する領域(合算保留記憶表示部)が設けられるようにしてもよい。そのように、合計数を表示する合算保留記憶表示部が設けられているようにすれば、可変表示の開始条件が成立していない実行条件の成立数の合計を把握しやすくすることができる。
【0031】
なお、この実施例では、図1に示すように、第2始動入賞口13bに対してのみ開閉動作を行う可変入賞球装置15が設けられているが、第1始動入賞口13aおよび第2始動入賞口13bのいずれについても開閉動作を行う可変入賞球装置が設けられている構成であってもよい。
【0032】
また、図1に示すように、可変入賞球装置15の下方には、特別可変入賞球装置20が設けられている。特別可変入賞球装置20は大入賞口扉を備え、第1特別図柄表示器8aに特定表示結果(大当り図柄)が導出表示されたとき、および第2特別図柄表示器8bに特定表示結果(大当り図柄)が導出表示されたときに生起する特定遊技状態(大当り遊技状態)においてソレノイド21によって大入賞口扉が開放状態に制御されることによって、入賞領域となる大入賞口が開放状態になる。
【0033】
大入賞口内には、大入賞口内に入賞した遊技球を検出可能な2つのスイッチ(カウントスイッチ23と第3入賞確認スイッチ23a)が設けられている。この実施例では、大入賞口内で、カウントスイッチ23と第3入賞確認スイッチ23aとが配置されている(本例では、カウントスイッチ23が上側に配置され、第3入賞確認スイッチ23aが下側に配置されている)。従って、この実施例では、大入賞口内に入賞した遊技球は、遊技盤6の背面に導かれ、まずカウントスイッチ23で検出され、次いで第3入賞確認スイッチ23aで検出される。
【0034】
カウントスイッチ23によって遊技球が検出されたことに基づき、所定個数(例えば15個)の遊技球が賞球として払い出される。こうして、特別可変入賞球装置20において開放状態となった大入賞口を遊技球が通過(進入)したときには、例えば第1始動入賞口13aや第2始動入賞口13bといった、他の入賞口を遊技球が通過(進入)したときよりも多くの賞球が払い出される。したがって、特別可変入賞球装置20において大入賞口が開放状態となれば、遊技者にとって有利な第1状態となる。その一方で、特別可変入賞球装置20において大入賞口が閉鎖状態となれば、大入賞口に遊技球を通過(進入)させて賞球を得ることができないため、遊技者にとって不利な第2状態となる。
【0035】
第1特別図柄表示器8aの右側には、普通図柄表示器10が設けられている。普通図柄表示器10は、例えば2つのランプからなる。遊技球がゲート32を通過しゲートスイッチ32aで検出されると、普通図柄表示器10の表示の可変表示が開始される。この実施例では、上下のランプ(点灯時に図柄が視認可能になる)が交互に点灯することによって可変表示が行われ、例えば、可変表示の終了時に下側のランプが点灯すれば当りとなる。そして、普通図柄表示器10の下側のランプが点灯して当りである場合に、可変入賞球装置15が所定回数、所定時間だけ開状態になる。すなわち、可変入賞球装置15の状態は、下側のランプが点灯して当りである場合に、遊技者にとって不利な状態から有利な状態(第2始動入賞口13bに遊技球が入賞可能な状態)に変化する。特別図柄保留記憶表示器18の上部には、ゲート32を通過した入賞球数を表示する4つの表示部(例えば、7セグメントLEDのうち4つのセグメント)を有する普通図柄保留記憶表示器41が設けられている。ゲート32への遊技球の通過がある毎に、すなわちゲートスイッチ32aによって遊技球が検出される毎に、普通図柄保留記憶表示器41は点灯する表示部を1増やす。そして、普通図柄表示器10の可変表示が開始される毎に、点灯する表示部を1減らす。
【0036】
なお、7セグメントLEDからなる普通図柄保留記憶表示器41には、ゲート32を通過した入賞球数を表示する4つの表示部(セグメント)とともに、例えば大当り時における特別可変入賞球装置20の開放回数(大当りラウンド数)を示す2つの表示部(セグメント)、及び遊技状態を示す2つの表示部(セグメント)が設けられているが、これら表示部を普通図柄保留記憶表示部とは別個の表示器にて構成してもよい。また、普通図柄表示器10は、普通図柄と呼ばれる複数種類の識別情報(例えば、「○」および「×」)を可変表示可能なセグメントLED等にて構成してもよい。
【0037】
特別可変入賞球装置20の周辺には普通入賞装置の入賞口29a〜29dが設けられ、入賞口29a,29cに入賞した遊技球は入賞口スイッチ30aによって検出され、入賞口29b,29dに入賞した遊技球は入賞口スイッチ30bによって検出される。各入賞口29a〜29dは、遊技球を受け入れて入賞を許容する領域として遊技盤6に設けられる入賞領域を構成している。なお、第1始動入賞口13a、第2始動入賞口13bや大入賞口も、遊技球を受け入れて入賞を許容する入賞領域を構成する。
【0038】
遊技領域7の左側には、遊技中に点滅表示される装飾LED25aを有する装飾部材25が設けられ、下部には、入賞しなかった遊技球を吸収するアウト口26がある。また、遊技領域7の外側の左右上下部には、効果音を発する4つのスピーカ27が設けられている。遊技領域7の外周には、天枠LED28a、左枠LED28bおよび右枠LED28cが設けられている。天枠LED28a、左枠LED28bおよび右枠LED28cおよび装飾LED25aは、遊技機に設けられている装飾発光体の一例である。
【0039】
図1および図2では、図示を省略しているが、左枠LED28bの近傍に、賞球払出中に点灯する賞球ランプが設けられ、天枠LED28aの近傍に、補給球が切れたときに点灯する球切れランプが設けられている。なお、賞球ランプおよび球切れランプは、賞球の払出中である場合や球切れが検出された場合に、演出制御基板に搭載された演出制御用マイクロコンピュータによって点灯制御される。さらに、特に図示はしないが、プリペイドカードが挿入されることによって球貸しを可能にするプリペイドカードユニット(以下、「カードユニット」という。)50が、パチンコ遊技機1に隣接して設置されている。
【0040】
遊技者の操作により、後述する打球発射装置から発射された遊技球は、発射球案内通路(図示略)を通って遊技領域7に入り、その後、遊技領域7を下りてくる。遊技球が第1始動入賞口13aに入り第1始動口スイッチ14aで検出されると、第1特別図柄の可変表示を開始できる状態であれば(例えば、特別図柄の可変表示が終了し、第1の開始条件が成立したこと)、第1特別図柄表示器8aにおいて第1特別図柄の可変表示(変動)が開始されるとともに、演出表示装置9において演出図柄(飾り図柄)の可変表示が開始される。すなわち、第1特別図柄および演出図柄の可変表示は、第1始動入賞口13aへの入賞に対応する。第1特別図柄の可変表示を開始できる状態でなければ、第1保留記憶数が上限値に達していないことを条件として、第1保留記憶数を1増やす。
【0041】
遊技球が第2始動入賞口13bに入り第2始動口スイッチ15aで検出されると、第2特別図柄の可変表示を開始できる状態であれば(例えば、特別図柄の可変表示が終了し、第2の開始条件が成立したこと)、第2特別図柄表示器8bにおいて第2特別図柄の可変表示(変動)が開始されるとともに、演出表示装置9において演出図柄(飾り図柄)の可変表示が開始される。すなわち、第2特別図柄および演出図柄の可変表示は、第2始動入賞口13bへの入賞に対応する。第2特別図柄の可変表示を開始できる状態でなければ、第2保留記憶数が上限値に達していないことを条件として、第2保留記憶数を1増やす。
【0042】
第1特別図柄表示器8aにおける第1特別図柄の可変表示及び第2特別図柄表示器8bにおける第2特別図柄の可変表示は、一定時間が経過したときに停止する。停止時の特別図柄(停止図柄)が大当り図柄(特定表示結果)であると「大当り」となり、停止時の特別図柄(停止図柄)が大当り図柄とは異なる所定の小当り図柄(所定表示結果)であると「小当り」となり、停止時の特別図柄(停止図柄)が大当り図柄及び小当り図柄とは異なる特別図柄が停止表示されれば「ハズレ」となる。
【0043】
特図ゲームでの可変表示結果が「大当り」になった後には、遊技者にとって有利なラウンド(「ラウンド遊技」ともいう)を所定回数実行する特定遊技状態としての大当り遊技状態に制御される。また、特図ゲームでの可変表示結果が「小当り」になった後には、大当り遊技状態とは異なる小当り遊技状態に制御される。
【0044】
演出表示装置9に設けられた「左」、「中」、「右」の飾り図柄表示エリアでは、第1特別図柄表示器8aにおける第1特図を用いた特図ゲームと、第2特別図柄表示器8bにおける第2特図を用いた特図ゲームとのうち、いずれかの特図ゲームが開始されることに対応して、飾り図柄の可変表示(変動表示)が開始される。そして、飾り図柄の可変表示が開始されてから「左」、「中」、「右」の各飾り図柄表示エリアにおける確定飾り図柄の停止表示により可変表示が終了するまでの期間では、飾り図柄の可変表示状態が所定のリーチ状態となることがある。ここで、リーチ状態とは、演出表示装置9の表示領域にて仮停止表示された飾り図柄が大当り組み合せの一部を構成しているときに未だ仮停止表示もされていない飾り図柄(「リーチ変動図柄」ともいう)については変動が継続している表示状態、あるいは、全部又は一部の飾り図柄が大当り組み合せの全部又は一部を構成しながら同期して変動している表示状態のことである。具体的には、「左」、「中」、「右」の飾り図柄表示エリアにおける一部(例えば「左」及び「右」の飾り図柄表示エリアなど)では予め定められた大当り組み合せを構成する飾り図柄(例えば「7」の英数字を示す飾り図柄)が仮停止表示されているときに未だ仮停止表示もしていない残りの飾り図柄表示エリア(例えば「中」の飾り図柄表示エリアなど)では飾り図柄が変動している表示状態、あるいは、「左」、「中」、「右」の飾り図柄表示エリアにおける全部又は一部で飾り図柄が大当り組み合せの全部又は一部を構成しながら同期して変動している表示状態である。
【0045】
次に、パチンコ遊技機1の背面の構造について図2を参照して説明する。図2は、遊技機を背面から見た背面図である。図2に示すように、パチンコ遊技機1の背面側では、演出表示装置9を制御する演出制御用マイクロコンピュータが搭載された演出制御基板80を含む変動表示制御ユニット49、遊技制御用マイクロコンピュータ等が搭載された遊技制御基板(主基板)31、音声制御基板70、ランプドライバ基板35、および球払出制御を行う払出制御用マイクロコンピュータ等が搭載された払出制御基板37等の各種基板が設置されている。なお、遊技制御基板31は基板収納ケース150に収納されている。
【0046】
さらに、パチンコ遊技機1背面側には、DC30V、DC21V、DC12VおよびDC5V等の各種電源電圧を作成する電源回路が搭載された電源基板90やタッチセンサ基板(図示略)が設けられている。電源基板90には、パチンコ遊技機1における遊技制御基板31および各電気部品制御基板(演出制御基板80および払出制御基板37)やパチンコ遊技機1に設けられている各電気部品(電力が供給されることによって動作する部品)への電力供給を実行あるいは遮断するための電力供給許可手段としての電源スイッチ、遊技制御基板31の遊技制御用マイクロコンピュータ156のRAM55をクリアするためのクリアスイッチが設けられている。さらに、電源スイッチの内側(基板内部側)には、交換可能なヒューズが設けられている。
【0047】
なお、この実施例では、主基板31は遊技盤側に設けられ、払出制御基板37は遊技枠側に設けられている。このような構成であっても、後述するように、主基板31と払出制御基板37との間の通信をシリアル通信で行うことによって、遊技盤を交換する際の配線の取り回しを容易にしている。
【0048】
なお、各制御基板には、制御用マイクロコンピュータを含む制御手段が搭載されている。制御手段は、遊技制御手段等からのコマンドとしての指令信号(制御信号)に従って遊技機に設けられている電気部品(遊技用装置:球払出装置97、演出表示装置9、ランプやLEDなどの発光体、スピーカ27等)を制御する。以下、主基板31を制御基板に含めて説明を行うことがある。その場合には、制御基板に搭載される制御手段は、遊技制御手段と、遊技制御手段等からの指令信号に従って遊技機に設けられている電気部品を制御する手段とのそれぞれを指す。また、主基板31以外のマイクロコンピュータが搭載された基板をサブ基板ということがある。なお、球払出装置97は、遊技球を誘導する通路とステッピングモータ等により駆動されるスプロケット等によって誘導された遊技球を上皿や下皿に払い出すための装置であって、払い出された賞球や貸し球をカウントする払出個数カウントスイッチ等もユニットの一部として構成されている。なお、この実施例では、払出検出手段は、払出個数カウントスイッチによって実現され、球払出装置97から実際に賞球や貸し球が払い出されたことを検出する機能を備える。この場合、払出個数カウントスイッチは、賞球や貸し球の払い出しを1球検出するごとに検出信号を出力する。
【0049】
パチンコ遊技機1の背面には、各種情報をパチンコ遊技機1の外部に出力するための各端子を備えたターミナル基板91が設置されている。ターミナル基板91には、例えば、大当り遊技状態の発生を示す大当り情報等の情報出力信号(始動口信号、図柄確定回数1信号、大当り1信号、大当り2信号、大当り3信号、時短信号、セキュリティ信号、賞球信号1、遊技機エラー状態信号)を外部出力するための情報出力端子が設けられている。なお、遊技機エラー状態信号に関しては必ずしもパチンコ遊技機1の外部に出力しなくてもよく、該情報出力端子から、この遊技機エラー状態信号の替わりに遊技枠が開放状態であることを示すドア開放信号等を出力するようにしてもよい。
【0050】
貯留タンク38に貯留された遊技球は誘導レールを通り、カーブ樋を経て払出ケース97aで覆われた球払出装置97に至る。球払出装置97の上方には、遊技媒体切れ検出手段としての球切れスイッチ43が設けられている。球切れスイッチ43が球切れを検出すると、球払出装置97の払出動作が停止する。球切れスイッチ43が遊技球の不足を検知すると、遊技機設置島に設けられている補給機構からパチンコ遊技機1に対して遊技球の補給が行なわれる。
【0051】
入賞にもとづく景品としての遊技球や球貸し要求にもとづく遊技球が多数払出されて打球供給皿3が満杯になると、遊技球は、余剰球誘導通路を経て余剰球受皿4に導かれる。さらに遊技球が払出されると、感知レバー(図示略)が貯留状態検出手段としての満タンスイッチ(図示略)を押圧して、貯留状態検出手段としての満タンスイッチがオンする。その状態では、球払出装置内の払出モータの回転が停止して球払出装置の動作が停止するとともに打球発射装置の駆動も停止する。
【0052】
図3は、主基板(遊技制御基板)31における回路構成の一例を示すブロック図である。なお、図3には、払出制御基板37および演出制御基板80等も示されている。主基板31には、プログラムに従ってパチンコ遊技機1を制御する遊技制御用マイクロコンピュータ(遊技制御手段に相当)156が搭載されている。遊技制御用マイクロコンピュータ156は、ゲーム制御(遊技進行制御)用のプログラム等を記憶するROM54、ワークメモリとして使用される記憶手段としてのRAM55、プログラムに従って制御動作を行うCPU56およびI/Oポート部57を含む。この実施例では、ROM54およびRAM55は遊技制御用マイクロコンピュータ156に内蔵されている。すなわち、遊技制御用マイクロコンピュータ156は、1チップマイクロコンピュータである。1チップマイクロコンピュータには、少なくともRAM55が内蔵されていればよく、ROM54は外付けであっても内蔵されていてもよい。また、I/Oポート部57は、外付けであってもよい。遊技制御用マイクロコンピュータ156には、さらに、ハードウェア乱数(ハードウェア回路が発生する乱数)を発生する乱数回路60が内蔵されている。
【0053】
なお、遊技制御用マイクロコンピュータ156においてCPU56がROM54に格納されているプログラムに従って制御を実行するので、以下、遊技制御用マイクロコンピュータ156(またはCPU56)が実行する(または、処理を行う)ということは、具体的には、CPU56がプログラムに従って制御を実行することである。このことは、主基板31以外の他の基板に搭載されているマイクロコンピュータについても同様である。
【0054】
また、遊技制御用マイクロコンピュータ156には、乱数回路60が内蔵されている。乱数回路60は、特別図柄の可変表示の表示結果により大当りとするか否か判定するための判定用の乱数を発生するために用いられるハードウェア回路である。乱数回路60は、初期値(例えば、0)と上限値(例えば、65535)とが設定された数値範囲内で、数値データを、設定された更新規則に従って更新し、ランダムなタイミングで発生する始動入賞時が数値データの読出(抽出)時であることにもとづいて、読出される数値データが乱数値となる乱数発生機能を有する。
【0055】
乱数回路60は、特別図柄の可変表示の表示結果により大当りとするか否か判定するための判定用の乱数を発生するために用いられるハードウェア回路である。乱数回路60は、初期値(例えば、0)と上限値(例えば、65535)とが設定された数値範囲内で、数値データを、設定された更新規則に従って更新し、ランダムなタイミングで発生する始動入賞時が数値データの読出(抽出)時であることにもとづいて、読出される数値データが乱数値となる乱数発生機能を有する。
【0056】
乱数回路60は、数値データの更新範囲の選択設定機能(初期値の選択設定機能、および、上限値の選択設定機能)、数値データの更新規則の選択設定機能、および数値データの更新規則の選択切換え機能等の各種の機能を有する。このような機能によって、生成する乱数のランダム性を向上させることができる。
【0057】
また、遊技制御用マイクロコンピュータ156は、乱数回路60が更新する数値データの初期値を設定する機能を有している。例えば、ROM54等の所定の記憶領域に記憶された遊技制御用マイクロコンピュータ156のIDナンバ(遊技制御用マイクロコンピュータ156の各製品ごとに異なる数値で付与されたIDナンバ)を用いて所定の演算を行って得られた数値データを、乱数回路60が更新する数値データの初期値として設定する。そのような処理を行うことによって、乱数回路60が発生する乱数のランダム性をより向上させることができる。
【0058】
遊技制御用マイクロコンピュータ156は、第1始動口スイッチ14aまたは第2始動口スイッチ15aへの始動入賞が生じたときに乱数回路60から数値データをランダムRとして読み出し、特別図柄および演出図柄の変動開始時にランダムRにもとづいて特定の表示結果としての大当り表示結果にするか否か、すなわち、大当りとするか否かを決定する。そして、大当りとすると決定したときに、遊技状態を遊技者にとって有利な特定遊技状態としての大当り遊技状態に移行させる。
【0059】
また、遊技制御用マイクロコンピュータ156には、払出制御基板37(の払出制御用マイクロコンピュータ)や演出制御基板80(の演出制御用マイクロコンピュータ)とシリアル通信で信号を入出力(送受信)するためのシリアル通信回路61が内蔵されている。なお、払出制御用マイクロコンピュータや演出制御用マイクロコンピュータにも、遊技制御用マイクロコンピュータ156とシリアル通信で信号を入出力するためのシリアル通信回路が内蔵されている(図示略)。
【0060】
また、RAM55は、その一部または全部が電源基板において作成されるバックアップ電源によってバックアップされている不揮発性記憶手段としてのバックアップRAMである。すなわち、遊技機に対する電力供給が停止しても、所定期間(バックアップ電源としてのコンデンサが放電してバックアップ電源が電力供給不能になるまで)は、RAM55の一部または全部の内容は保存される。特に、少なくとも、遊技状態すなわち遊技制御手段の制御状態に応じたデータ(特別図柄プロセスフラグや保留記憶数カウンタの値など)と未払出賞球数を示すデータ(具体的には、後述する賞球コマンド出力カウンタの値)は、バックアップRAMに保存される。遊技制御手段の制御状態に応じたデータとは、停電等が生じた後に復旧した場合に、そのデータにもとづいて、制御状態を停電等の発生前に復旧させるために必要なデータである。また、制御状態に応じたデータと未払出賞球数を示すデータとを遊技の進行状態を示すデータと定義する。なお、この実施例では、RAM55の全部が、電源バックアップされているとする。
【0061】
遊技制御用マイクロコンピュータ156のリセット端子には、電源基板からのリセット信号が入力される。電源基板には、遊技制御用マイクロコンピュータ156等に供給されるリセット信号を生成するリセット回路が搭載されている。なお、リセット信号がハイレベルになると遊技制御用マイクロコンピュータ156等は動作可能状態になり、リセット信号がローレベルになると遊技制御用マイクロコンピュータ156等は動作停止状態になる。従って、リセット信号がハイレベルである期間は、遊技制御用マイクロコンピュータ156等の動作を許容する許容信号が出力されていることになり、リセット信号がローレベルである期間は、遊技制御用マイクロコンピュータ156等の動作を停止させる動作停止信号が出力されていることになる。なお、リセット回路をそれぞれの電気部品制御基板(電気部品を制御するためのマイクロコンピュータが搭載されている基板)に搭載してもよい。
【0062】
さらに、遊技制御用マイクロコンピュータ156の入力ポートには、電源基板からの電源電圧が所定値以下に低下したことを示す電源断信号が入力される。すなわち、電源基板には、遊技機において使用される所定電圧(例えば、DC30VやDC5Vなど)の電圧値を監視して、電圧値があらかじめ定められた所定値にまで低下すると(電源電圧の低下を検出すると)、その旨を示す電源断信号を出力する電源監視回路が搭載されている。なお、電源監視回路を電源基板に搭載するのではなく、バックアップ電源によって電源バックアップされる基板(例えば、主基板31)に搭載するようにしてもよい。また、遊技制御用マイクロコンピュータ156の入力ポートには、RAMの内容をクリアすることを指示するためのクリアスイッチが操作されたことを示すクリア信号が入力される。
【0063】
また、ゲートスイッチ32a、第1始動口スイッチ14a、第1入賞確認スイッチ14b、第2始動口スイッチ15a、第2入賞確認スイッチ15b、カウントスイッチ23、第3入賞確認スイッチ23aおよび各入賞口スイッチ30a,30bからの検出信号を基本回路に与える入力ドライバ回路58も主基板31に搭載され、可変入賞球装置15を開閉するソレノイド16、特別可変入賞球装置20を開閉するソレノイド21と、基本回路からの指令に従って駆動する出力回路59も主基板31に搭載され、電源投入時に遊技制御用マイクロコンピュータ156をリセットするためのシステムリセット回路(図示せず)や、大当り遊技状態の発生を示す大当り情報等の情報出力信号を、ターミナル基板91を介して、ホールコンピュータ等の外部装置に対して出力する情報出力回路64も主基板31に搭載されている。
【0064】
この実施例では、演出制御基板80に搭載されている演出制御手段(演出制御用マイクロコンピュータで構成される。)が、中継基板77を介して遊技制御用マイクロコンピュータ156から演出内容を指示する演出制御コマンドを受信し、演出図柄を可変表示する演出表示装置9との表示制御を行う。
【0065】
演出制御基板80は、演出制御用CPUおよびRAMを含む演出制御用マイクロコンピュータ(図示略)を搭載している。なお、RAMは外付けであってもよい。演出制御基板80において、演出制御用CPU(図示略)は、内蔵または外付けのROM(図示略)に格納されたプログラムに従って動作し、中継基板77を介して入力される主基板31からの取込信号(演出制御INT信号)に応じて、入力ドライバおよび入力ポートを介して演出制御コマンドを受信する。また、演出制御用CPU(図示略)は、演出制御コマンドにもとづいて、VDP(ビデオディスプレイプロセッサ)に演出表示装置9の表示制御を行わせる。
【0066】
演出制御用CPU(図示略)は、受信した演出制御コマンドに従ってキャラクタROM(図示せず)から必要なデータを読み出す。キャラクタROMは、演出表示装置9に表示されるキャラクタ画像データ、具体的には、人物、文字、図形または記号等(演出図柄を含む)をあらかじめ格納しておくためのものである。演出制御用CPU(図示略)は、キャラクタROMから読み出したデータをVDPに出力する。VDPは、演出制御用CPUから入力されたデータにもとづいて表示制御を実行する。
【0067】
演出制御コマンドおよび演出制御INT信号は、演出制御基板80において、まず、入力ドライバに入力する。入力ドライバは、中継基板77から入力された信号を演出制御基板80の内部に向かう方向にしか通過させない(演出制御基板80の内部から中継基板77への方向には信号を通過させない)信号方向規制手段としての単方向性回路でもある。
【0068】
中継基板77には、主基板31から入力された信号を演出制御基板80に向かう方向にしか通過させない(演出制御基板80から中継基板77への方向には信号を通過させない)信号方向規制手段としての単方向性回路(図示略)が搭載されている。単方向性回路として、例えばダイオードやトランジスタが使用される。さらに、単方向性回路であるI/Oポート部を介して主基板31から演出制御コマンドおよび演出制御INT信号が出力されるので、中継基板77から主基板31の内部に向かう信号が規制される。すなわち、中継基板77からの信号は主基板31の内部(遊技制御用マイクロコンピュータ156側)に入り込まない。
【0069】
さらに、演出制御用CPU(図示略)は、出力ポート(図示略)を介してランプドライバ基板35に対してLEDを駆動する信号を出力する。また、演出制御用CPUは、出力ポートを介して音声制御基板70に対して音番号データを出力する。また、演出制御用CPUは、出力ポートを介して昇降モータ304等に対して駆動信号を出力する。また、演出制御用CPUは、入力ポートを介して各種スイッチからの信号を入力する。
【0070】
ランプドライバ基板35において、LEDを駆動する信号は、入力ドライバ(図示略)を介してLEDドライバに入力される。LEDドライバは、駆動信号を天枠LED28a、左枠LED28b、右枠LED28cなどの枠側に設けられている各LEDや、遊技盤側に設けられている装飾LED25a、装飾LED393に駆動信号を供給する。なお、LED以外の発光体が設けられている場合には、それを駆動する駆動回路(ドライバ)がランプドライバ基板35に搭載される。
【0071】
音声制御基板70において、音番号データは、入力ドライバ(図示略)を介して音声合成用IC(図示略)に入力される。音声合成用ICは、音番号データに応じた音声や効果音を発生し増幅回路(図示略)に出力する。増幅回路は、音声合成用ICの出力レベルを、ボリュームで設定されている音量に応じたレベルに増幅した音声信号をスピーカ27に出力する。音声データROM(図示略)には、音番号データに応じた制御データが格納されている。音番号データに応じた制御データは、所定期間(例えば演出図柄の変動期間)における効果音または音声の出力態様を時系列的に示すデータの集まりである。
【0072】
次に、演出装置300の構造について、図4図15に基づいて説明する。図4は、(a)(b)は演出装置を示す正面図である。図5は、演出装置の構成を示す分解斜視図である。図6は、演出装置の構成を斜め前からみた状態を示す分解斜視図である。図7は、演出装置の構成を斜め後ろからみた状態を示す分解斜視図である。図8は、可動ユニットを示す正面図である。図9は、(a)は図8のA−A断面図、(b)はB−B断面図である。図10は、図8のC−C断面図である。図11は、(a)は装飾部材を除いた可動ユニットを示す斜視図、(b)は正面図である。図12は、(a)〜(c)は可動ユニット及び装飾部材の可動態様を示す概略図である。図13は、可動ユニットの組み付け状況を示す分解斜視図である。図14は、(a)は可動ユニットを示す正面図、(b)は(a)のD−D断面図、(c)はE−E断面図である。図15は、可動ユニットに装飾部材を組み付ける状況を示す分解斜視図である。尚、以下の説明においては、パチンコ遊技機1の正面に対峙した状態を基準として上下左右方向を説明する。
【0073】
演出装置300は、例えば遊技盤6と、該遊技盤6に形成された透視孔(図示略)の背面側に所定の隙間を隔てて配設された演出表示装置9との間に、該透視孔の上方位置に配設されており(図1参照)、後述する可動体が、演出表示装置9の表示画面の前側上方位置に退避する退避位置と、該表示画面の前面側上部位置に重畳する重畳位置と、の間で昇降可能に設けられている。
【0074】
図4及び図5に示すように、演出装置300は、遊技盤6等に固設されるベースユニット301と、ベースユニット301の前面側に上下方向に昇降可能に設けられた可動ユニット302と、から主に構成されている。ベースユニット301は、正面視略横長長方形状の前板303aと、後板303bと、後板303bの背面所定箇所に、駆動軸304aが前面側に突出するように取り付けられた昇降モータ304と、昇降モータ304の駆動力を可動ユニット302に伝達するための駆動力伝達機構305と、から主に構成されている。
【0075】
駆動力伝達機構305は、昇降モータ304の駆動軸304aに固着される駆動ギヤ(図示略)に噛合する駆動円盤306と、左端が後板303bの前面に突設された前後方向を向く揺動軸308を中心に揺動可能に軸支される揺動アーム309と、から主に構成されている。
【0076】
揺動アーム309には、駆動円盤306の前面周縁に突設された前後方向を向く連結軸307が挿通される長孔309aが形成され、駆動円盤306の回転に応じて連結軸307が公転することで、揺動アーム309が揺動軸308を中心として上下方向に揺動するようになっている。また、揺動アーム309の背面に突設された規制ピン309bは、後板303bに形成された円弧状の規制溝310に挿通されることで、揺動アーム309の揺動角度が規制される。
【0077】
揺動アーム309の先端部前面には、左右方向に延びる長孔312aが形成された接続筒312が突設されており、この接続筒312の長孔312aに、可動ユニット302に取り付けられる取付部材311の背面に突設された接続軸311aが挿入され、長孔312aに対して接続軸311aが左右方向に摺動可能に接続されている。
【0078】
前板303aの左右方向の中央位置には、揺動アーム309の接続筒312に接続された取付部材311が挿通可能な挿通溝(図示略)が、上下方向に向けて直線状に形成されている。そしてこの挿通溝(図示略)の前面側には、ベース板320が取り付けられている。
【0079】
図6及び図7に示すように、ベース板320は、正面視略正方形状の合成樹脂板からなり、左右方向の中央に案内溝321が上下方向に形成されているとともに、その左右側には、長孔状の配線挿通孔322a,322bが上下方向に形成されている。また、ベース板320の前面における案内溝321の左側には、ギヤ壁323が案内溝321の左側辺に沿って立設されており、その右側面にはラックギヤ323aが上下方向に向けて形成されている。
【0080】
尚、ベース板320の上部は、上端に向けて漸次背面側に屈曲する湾曲面を構成しており、これにより配線の引っ掛かりが生じないようにしている。
【0081】
ベース板320の前面側には、可動ユニット302が配設されている。可動ユニット302は、揺動アーム309に接続される取付部材311に取り付けられる後昇降板330と、後昇降板330に対して上下方向に昇降移動可能に組み付けられる前昇降板331と、前昇降板331の前面に昇降可能に組み付けられる昇降ギヤ部材332と、前昇降板331及び昇降ギヤ部材332の前面側に取り付けられる装飾ユニット333と、から主に構成されている。
【0082】
後昇降板330は、縦長略長方形状をなす合成樹脂板にて形成され、前昇降板331を上下方向に昇降案内する左右一対の案内溝335a,335bが上下方向に向けて延設されている。案内溝335a,335b間には、案内溝334が上下方向に向けて形成されている。案内溝334の上部位置には、ラックギヤ323aに噛合する中間ピニオンギヤ336が前後方向を向く軸周りに回動可能に設けられている。また、後昇降板330の背面における案内溝335a,335b間上部位置には、取付部材311がネジ311n(図5参照)により取り付けられる。
【0083】
前昇降板331は、縦長略長方形状をなす合成樹脂板にて形成され、その左右側辺長手方向略中央位置には突出部が形成され、該突出部の前面下部には、伝達ギヤ337a,337bが前後方向を向く軸周りに回動可能に設けられ、上部には軸受338a,338bが形成されている。左右方向の中央下部位置には、縦長の挿通溝339が延設されており、その下部左右側には、軸部材340a,340bが突設されているとともに、その上方位置には、固定装飾ベース360を取り付けるための左右一対の取付ボス367,367が、挿通溝339を挟んで左右側に離間した状態で突設されている。
【0084】
また、前昇降板331の前面上部左右側には、側面視L字形をなす配線フック375a,375bが形成されているとともに、左右側辺長手方向略中央位置に形成された突出部の上部には、配線を結束するための結束バンドB1,B2(図16参照)を係止するバンド係止部376a,376bが形成されている。
【0085】
軸部材340a,340bの上方位置には、昇降ギヤ部材332を下降位置にて保持するための保持部341a,341bが形成されている。
【0086】
前昇降板331の背面における案内溝335a,335bに対応する箇所には、該案内溝335a,335bを挿通可能な上下一対のガイドボス342a,342bが突設されており、このガイドボス342a,342bの後端には、取付板343a,343bがネジ343nにより取り付けられる。これにより、前昇降板331は後昇降板330に対して上下方向に昇降可能に案内されている。
【0087】
挿通溝339の下端には、バネ取付部345が後方に向けて突設されている。また、中間ピニオンギヤ336の右半部に対応する位置には、ギヤ壁346が上端から中央よりやや下方位置にかけて延設されており、該ギヤ壁346の左側面には、ラックギヤ346aが形成されている。
【0088】
昇降ギヤ部材332は、正面視略T字形に形成された板部材からなり、左右方向を向く横板部332aの左右側端面には、伝達ギヤ337a,337bに噛合される上ラックギヤ350a,350bが形成されているとともに、横板部332aの下辺における左右端近傍位置には、板状の被保持片352a,352bが下向きに突設されている。
【0089】
上下方向を向く縦板部332bの下左右側端面には、下ラックギヤ351a,351bが形成されている。また、縦板部332bの背面における挿通溝339に対応する位置(横板部332aと縦板部332bとの連接部)には、バネ取付部353が背面側に向けて突設されている。尚、バネ取付部353は、所定の長さを有する四角柱部材にて形成され、その上面所定箇所には、後述するコイルバネ370の一端を係止するための係止爪353aが突設されている(図14(c)参照)。尚、図6及び図7ではコイルバネ370の図示は省略している。
【0090】
装飾ユニット333は、前昇降板331の前面に対し取付ボス367等を介して、所定の隙間を隔てて固定される固定装飾ベース360と、固定装飾ベース360の左右側上部に回動可能に配設される第1可動装飾ベース361a,361bと、固定装飾ベース360の左右側下部に回動可能に配設される第2可動装飾ベース362a,362bと、から構成されている。
【0091】
これら固定装飾ベース360、第1可動装飾ベース361a,361b、第2可動装飾ベース362a,362bは、耐疲労性が高く、かつ、自己潤滑性に富み、低摩擦係数、低摩耗性を有するポリアセタール樹脂からなり、前面に複数の装飾LED393が配設された第1LED基板390、第2LED基板391a,391b、第3LED基板392a,392b(図16参照)を配設可能なベース部材であり、その前面側は透光性を有するレンズカバー(図示略)により被覆されるようになっている。
【0092】
第1可動装飾ベース361a,361bの背面所定箇所には、軸受338a,338bに回動可能に嵌合される軸部363a及びその周面に形成された中間ギヤ363bからなる軸部材363が、前後方向を向く軸心を中心として回動可能に取り付けられており、軸受338a,338bに軸部363aを回動可能に嵌合することにより、中間ギヤ363bが伝達ギヤ337a,337bに噛合する。
【0093】
よって、第1可動装飾ベース361a,361bは、伝達ギヤ337a,337bが回動することにより、該伝達ギヤ337a,337bに噛合する中間ギヤ363bを介して、前後方向を向く軸部363aを中心として回動する。また、第1可動装飾ベース361a,361bが回動可能に組み付けられた状態において、第1可動装飾ベース361a,361bの背面が昇降ギヤ部材332の前面側に配設され、該昇降ギヤ部材332の昇降とともに回動することで、昇降ギヤ部材332の離脱方向への移動が規制される。
【0094】
第2可動装飾ベース362a,362bは、下部における固定装飾ベース360側の端部に軸受孔364a,364bが形成されているとともに、その固定装飾ベース360側の周囲には、中間ギヤ365a,365bが形成されており、軸受孔364a,364bに軸部材340a,340bを挿入することにより、中間ギヤ365a,365bが下ラックギヤ351a,351bに噛合する。
【0095】
よって、第2可動装飾ベース362a,362bは、下ラックギヤ351a,351bが移動することにより、該下ラックギヤ351a,351bに噛合する中間ギヤ365a,365bを介して、前後方向を向く軸部材340a,340bを中心として回動する。
【0096】
図8図11に示すように、可動ユニット302は、ベース板320の前面側に昇降可能に設けられた後昇降板330と、該後昇降板330の前面側に昇降可能に設けられた前昇降板331と、該前昇降板331の前面側に昇降可能に設けられた昇降ギヤ部材332と、該昇降ギヤ部材332の前面側に設けられる装飾ユニット333と、から構成される。
【0097】
可動ユニット302がベース板320の前面側に組み付けられた状態において、中間ピニオンギヤ336に、ラックギヤ323a、346aが噛合するため、昇降モータ304により揺動アーム309が上下動することによりベース板320に対し後昇降板330が昇降する。これに応じて、固定されたラックギヤ323aに噛合する中間ピニオンギヤ336が回動することにより、該中間ピニオンギヤ336にラックギヤ346aを介して噛合する前昇降板331がベース板320に対し昇降する。
【0098】
また、前昇降板331とその前面側に組み付けられた昇降ギヤ部材332とは、コイルバネ370により連結されている。具体的には、図9(a)に示すように、昇降ギヤ部材332が前昇降板331の前面側に組み付けられた状態において、バネ取付部353が挿通溝339を挿通して前昇降板331の背面側に突出するようになっており、コイルバネ370の上端が昇降ギヤ部材332側のバネ取付部353に係止されるとともに、下端が前昇降板331のバネ取付部345に係止されている。
【0099】
また、図9(a)に示すように、前昇降板331の挿通溝339を挿通したバネ取付部353の先端部は、後昇降板330の案内溝334内に挿入されることにより、後昇降板330に対する昇降範囲が規制されている。
【0100】
昇降ギヤ部材332は、前昇降板331に対し、該前昇降板331の前面下部に位置し、被保持片352a,352bが前昇降板331の保持部341a,341bに係止され、下方への移動及び前昇降板331からの離脱が規制される下降位置(図11参照)と、下降位置よりも上方の上昇位置(図12(c)参照)と、の間で昇降可能に設けられている。そしてコイルバネ370は、下降位置において昇降ギヤ部材332を下方位置に向けて付勢するように設けられる。
【0101】
また、昇降ギヤ部材332は、前昇降板331に組み付けられたときに、伝達ギヤ337a,337bに上ラックギヤ350a,350bが噛合するとともに、第2可動装飾ベース362a,362bの中間ギヤ365a,365bに下ラックギヤ351a,351bが噛合する。
【0102】
よって、昇降ギヤ部材332が下降位置と上昇位置との間で昇降すると、上ラックギヤ350a,350bが上下動し、これにより伝達ギヤ337a,337bを介して中間ギヤ363bが回動するため、第1可動装飾ベース361a,361bが軸部363aを中心として回動するとともに下ラックギヤ351a,351bが上下動し、これにより中間ギヤ365a,365bが回動するため、第2可動装飾ベース362a,362bが軸部材340a,340bを中心として回動する(図4(b)参照)。
【0103】
次に、このように構成された可動ユニット302の動作状況を、図12に基づいて説明する。
【0104】
可動ユニット302は、ベース板320の前面側に位置する退避位置{ベース板320と対向する対向位置、(図4(a)参照)}と、退避位置から下降して、演出表示装置9の前面側に重畳するように配置される演出位置{ベース板320と対向しない非対向位置(図4(b)参照)}と、の間で昇降可能に設けられている。
【0105】
退避位置において、昇降ギヤ部材332は前昇降板331に対し下降位置に配置され、バネ取付部353は、案内溝334の上端よりもやや下方に位置している(図12(a)参照)。
【0106】
ここで、昇降モータ304により駆動円盤306が回動して揺動アーム309が揺動軸308を中心として下方に揺動すると、ベース板320に対し後昇降板330が下降する。これに応じて、固定されたラックギヤ323aに噛合する中間ピニオンギヤ336が所定方向に回転することにより、該中間ピニオンギヤ336にラックギヤ346aを介して噛合する前昇降板331がベース板320に対し下降する。
【0107】
このとき、中間ピニオンギヤ336は回転しながら下降するため、前昇降板331は、後昇降板330よりも速く下降する。すなわち、ベース板320に対する後昇降板330の下降ストローク量に対し、ベース板320に対する前昇降板331の下降ストローク量の方が大きくなるため、下降途中で前昇降板331は後昇降板330を追い越すことになる。
【0108】
そして、前昇降板331に対し下降位置に位置したまま該前昇降板331とともに下降していた昇降ギヤ部材332のバネ取付部353が、案内溝334を下降して該案内溝334の下端に当接すると、後昇降板330に対するバネ取付部353の下降が規制される(図12(b)参照)。
【0109】
よって、後昇降板330は下降を続けるものの、前昇降板331は該後昇降板330を追い越して下降することになるので、後昇降板330に対し下降移動が規制された昇降ギヤ部材332に対して前昇降板331が下方に向けて相対移動する(図12(c)参照)。
【0110】
これにより、上ラックギヤ350a,350b及び下ラックギヤ351a,351bに対し、伝達ギヤ337a,337b及び中間ギヤ365a,365bが下方に移動することで、伝達ギヤ337a,337bを介して左右の第1可動装飾ベース361a,361bが軸部363aを中心として上方に向けて回転するとともに、中間ギヤ365a,365bを介して左右の第2可動装飾ベース362a,362bが軸部材340a,340bを中心として下方に向けて回転する。
【0111】
このように可動ユニット302は、退避位置から所定位置までは第1可動装飾ベース361a,361bや第2可動装飾ベース362a,362bを回転させずに下降し、該所定位置から演出位置まで下降する間に、下降する力を利用して、第1可動装飾ベース361a,361bや第2可動装飾ベース362a,362bを回転させながら下降する。
【0112】
よって、退避位置から演出位置まで所定の装飾部が可動せずに昇降するものに比べて、可動ユニット302の動きが複雑化して面白みが増大するとともに、下降を開始したときから装飾部が漸次可動するのではなく、下降途中で装飾部が可動を開始することで、動きに変化を持たせることができるばかりか、退避位置からある程度下降して遊技者が視認しやすい演出表示装置9の前面側に到達したときに装飾部が可動するので、態様の変化を遊技者が認識しやすくなる。
【0113】
また、演出位置から退避位置に戻るときは、下降時と逆の動きをするので詳細な説明は省略するが、演出位置から上昇する際において、昇降ギヤ部材332はコイルバネ370により下方に付勢されていることで、前昇降板331が下降位置に戻るまでは後昇降板330に対して停止した状態で維持されるため、上昇の開始とともに第1可動装飾ベース361a,361bや第2可動装飾ベース362a,362bが元の回転位置に戻される。
【0114】
次に、図13図15に基づいて、前昇降板331と昇降ギヤ部材332との組み付け状況及び第1可動装飾ベース361a,361bと第2可動装飾ベース362a,362bの組み付け状況について説明する。
【0115】
図13に示すように、前昇降板331の前面側に昇降ギヤ部材332を組み付ける際には、まず、前昇降板331の前面側からバネ取付部353を挿通溝339に挿入し、前昇降板331の前面に昇降ギヤ部材332の背面を当接させる。
【0116】
このとき、前昇降板331の前面に突設された左右一対の取付ボス367,367の間に縦板部332bが挟まれるように昇降ギヤ部材332を配置することで、前昇降板331に対する昇降ギヤ部材332の大まかな位置決めを簡単に行うことができる。そして、図14に示すように、このように当接させた状態で、挿通溝339から背面側に突出したバネ取付部353とバネ取付部345とにコイルバネ370を架け渡す。
【0117】
ここで、コイルバネ370は引張りバネであるため、前昇降板331に対し昇降ギヤ部材332を下降位置に配置したときに下方に向けて付勢力が発生する。よって、前昇降板331に対し昇降ギヤ部材332がフリーな状態であると、このようにコイルバネ370の付勢力が付与された状態でコイルバネ370を架け渡す場合、前昇降板331に対し昇降ギヤ部材332が動いてしまうため取り付けにくい。そこで本実施例では、前昇降板331に形成された保持部341a,341bにより、昇降ギヤ部材332を下方位置に保持できるようになっている。
【0118】
図14(b)に示すように、保持部341a,341bは、前昇降板331の前面から前方に向けて略水平に突出する第1規制部341cと、第1規制部341cの先端から上方に向けて略垂直に屈曲形成される第2規制部341dと、から側面視略上向きL字形(フック形状)に形成されている。
【0119】
つまり、第1規制部341cは、下降位置において、昇降ギヤ部材332の被保持片352a,352bの下端に当接して下方への移動を規制する規制部であり、第2規制部341dは、下降位置において、昇降ギヤ部材332の被保持片352a,352bの前面に当接して前方への移動、すなわち、前昇降板331の前面から離れる方向への移動(離脱)を規制する規制部である。
【0120】
よって、コイルバネ370の付勢力が付与された状態でコイルバネ370をバネ取付部353とバネ取付部345とに架け渡す場合において、昇降ギヤ部材332を前昇降板331に対し下降位置に保持することができるため、コイルバネ370を簡単に取り付けることができる。
【0121】
次に、昇降ギヤ部材332が組み付けられた前昇降板331に対する第1可動装飾ベース361a,361b及び第2可動装飾ベース362a,362bの組み付け状況を、図15に基づいて説明する。
【0122】
昇降ギヤ部材332が組み付けられた前昇降板331に対して、第1可動装飾ベース361a,361b及び第2可動装飾ベース362a,362bを組み付ける場合、第1可動装飾ベース361a,361b及び第2可動装飾ベース362a,362bがそれぞれ初期位置に配置されるように、上ラックギヤ350a,350bに対し、伝達ギヤ337a,337bを介して中間ギヤ363bを噛合させ、下ラックギヤ351a,351bに対し中間ギヤ365aを噛合させる必要がある。
【0123】
ここで、前昇降板331における軸受338a,338b近傍に位置決め孔380が形成され、また、伝達ギヤ337a,337bの周縁所定箇所に位置決め孔381が形成されるとともに、第1可動装飾ベース361a,361bの所定箇所に位置決め孔382が形成されている。よって、第1可動装飾ベース361a,361bを組み付ける際には、位置決め孔382、381、380それぞれの軸心が合致するように配置し、これら位置決め孔382、381、380に所定の治具(例えば、棒状部材)383を挿通させることにより、第1可動装飾ベース361a,361bを前昇降板331に対し所定の向きで組み付けることができる。
【0124】
また、伝達ギヤ337a,337b及び上ラックギヤ350a,350bには位置決め用マークM1が刻印されているとともに、中間ギヤ365a,365b及び下ラックギヤ351a,351bにも位置決め用マークM2が刻印されていることで、位置決め用マークM1,2を合わせるように組み付けることで、誤った向きで組み付けてしまうことが防止されるとともに、目視により組み付け位置を確認できる。
【0125】
以上説明したように、本発明の実施例としてのパチンコ遊技機1にあっては、ベース部としての前昇降板331に対し移動部としての昇降ギヤ部材332を移動可能に組み付ける組付工程において、昇降ギヤ部材332が第1位置としての下降位置にて保持部341a,341bにより保持されることで、付勢部材としてのコイルバネ370による付勢力により、昇降ギヤ部材332が下降位置からさらにコイルバネ370の付勢方向へ移動したり、前昇降板331から離脱する方向へ移動したりすることがないので、コイルバネ370を、付勢力が付与された状態でもベース側取付部としてのバネ取付部345と移動側取付部としてのバネ取付部353とに容易に架け渡すことができる。
【0126】
また、コイルバネ370の付勢力がかかるバネ取付部353の近傍左右側が保持部341a,341bに係止されるため、昇降ギヤ部材332を下降位置に安定して保持することができる。
【0127】
また、昇降ギヤ部材332は、前昇降板331の前面側に配設され、バネ取付部345及びバネ取付部353は、昇降ギヤ部材332の背面側に配設されていることで、前昇降板331の背面側にコイルバネ370が配設されるため、前昇降板331と昇降ギヤ部材332とを極力近づけて配設することができる。
【0128】
また、図14(c)に示すように、バネ取付部345を支点として、昇降ギヤ部材332の背面上部に突設されたバネ取付部353の先端部を下方に向けて付勢することで、コイルバネ370が前面側に配設される場合よりも前昇降板331に対して昇降ギヤ部材332が離れにくくなるため、昇降時の安定性が向上する。
【0129】
尚、本実施例では、コイルバネ370はベース部としての前昇降板331の背面側においてバネ取付部345,353に架け渡されるようになっていたが、前昇降板331の前面側においてバネ取付部345,353に架け渡されるようにしてもよい。
【0130】
また、昇降ギヤ部材332において保持部341a,341bにより保持される被保持片352a,352bは、板状部材にて構成されていることで、保持部341a,341bを前昇降板331から前方に大きく突出させることなく保持することができる。
【0131】
また、昇降ギヤ部材332の移動に連動して動作する連動動作部としての第1可動装飾ベース361a,361bを備え、昇降ギヤ部材332は、下降位置から上昇し、被保持片352a,352bが保持部341a,341bから逸脱した後は、上昇位置まで移動する間、第1可動装飾ベース361a,361bの背面が常に前面側に重畳するように配設され、前昇降板331から離れる方向への移動が規制されるようになっている。
【0132】
具体的には、図12(b)(c)に示すように、下降位置から上昇位置に移動する間、昇降ギヤ部材332を示す網点領域に第1可動装飾ベース361a,361bの一部が常時重畳しているため、下降位置から上昇し、保持部341a,341bから逸脱した後も、昇降ギヤ部材332は安定して移動することができる。
【0133】
また、前記実施例は、昇降ギヤ部材332の移動に連動して動作する連動動作部として、前後方向を向く軸を中心として回動する第1可動装飾ベース361a,361bが適用されていたが、昇降ギヤ部材332の移動に連動して動作するものであれば、回動に限らず、揺動または直線移動するものであってもよい。
【0134】
また、前昇降板331には、装飾部材としての固定装飾ベース360を取り付けるための左右一対の取付ボス367,367が、昇降ギヤ部材332の縦板部332bを左右側から挟むように設けられていることで、固定装飾ベース360の取り付け位置の決定が容易になるとともに、昇降ギヤ部材332の位置決めも簡単に行うことができる。
【0135】
また、可動ユニット302は、所定の取付部であるベース板320に対して昇降自在に設けられ、可動ユニット302の昇降に応じて、昇降ギヤ部材332に設けられたバネ取付部353の先端部が前昇降板331側の部材である後昇降板330に設けられた被係合部としての案内溝334の下端に係合することで、該前昇降板331に対し昇降ギヤ部材332が移動することで、ベース板320に対する可動ユニット302の昇降により、バネ取付部353の先端部が案内溝334の下端に係合して、前昇降板331に対し昇降ギヤ部材332が相対移動するため、ベース板320に対する可動ユニット302の昇降動作を利用して前昇降板331に対し昇降ギヤ部材332を移動させることができる。
【0136】
また、前記実施例では、ベース部としての前昇降板331は、ベース板320に対し昇降可能に設けられた可動部材であったが、遊技機の所定箇所に固設される固定部材であってもよい。
【0137】
また、昇降ギヤ部材332は、前昇降板331に対して上下方向に直線往復動可能に設けられていたが、左右または前後方向に移動可能であってもよく、移動方向は種々に変更可能である。さらに、移動部は、ベース部に対し直線往復動可能に設けられたものでなくてもよく、例えば、第1位置と第2位置との間で回動または揺動可能に設けられていてもよい。
【0138】
また、前記実施例では、付勢部材の一例として、引張りコイルバネが適用されていたが、移動部を第1位置に向けて付勢できるものであれば、コイルバネ以外のバネ部材や、ゴム材等であってもよい。
【0139】
次に、図16図21に基づいて、演出装置300の配線状況について説明する。図16は、可動ユニットの配線状況を示す斜視図である。図17は、同じく可動ユニットの配線状況を示す斜視図である。図18は、(a)は図17のF−F断面図、(b)は(a)の拡大図である。図19は、(a)は演出装置が退避位置、(b)は演出位置にあるときの配線状況を示す正面図である。図20は、(a)は演出装置が退避位置、(b)は演出位置にあるときの配線状況を示す概略側面図である。図21は、配線状況を示す拡大説明図である。図22は、(a)は変形例1としての演出装置が退避位置、(b)は演出位置にあるときの配線状況を示す概略側面図である。図23は、(a)は変形例2としての演出装置が退避位置、(b)は演出位置にあるときの配線状況を示す概略側面図である。図22は、(a)は変形例3としての演出装置、(b)は変形例4としての演出装置を示す側面図である。
【0140】
図16及び図17に示すように、固定装飾ベース360、第1可動装飾ベース361a,361b、第2可動装飾ベース362a,362bそれぞれの前面側には、前面に複数の装飾LED393が配設された第1LED基板390、第2LED基板391a,391b、第3LED基板392a,392b(図16参照)が配設されている。その前面側は透光性を有するレンズカバー(図示略)により被覆されている。
【0141】
第1LED基板390の背面には、基板側コネクタKCN1aが上部に設けられるとともに、基板側コネクタKCN1b,KCN1cが下部左右側に設けられている。尚、基板側コネクタKCN1aは接続口が上向きに、左右の基板側コネクタKCN1b,KCN1cは接続口が互いに対向するように内向きに取り付けられている。
【0142】
第2LED基板391a,391bの背面には、基板側コネクタKCN2a,KCN2bが下部に設けられている。尚、基板側コネクタKCN2a,KCN2bは接続口が後向きに取り付けられている。
【0143】
第3LED基板392a,392bの背面には、基板側コネクタKCN3a,KCN3bが下部に設けられている。尚、基板側コネクタKCN3a,KCN3bは接続口が下向きに取り付けられている。
【0144】
第1LED基板390は、可撓性を有する配線C1を介して接続されるランプドライバ基板35を中継して演出制御基板80に接続されている。第2LED基板391aは、可撓性を有する配線C2を介して接続されるランプドライバ基板35を中継して演出制御基板80に接続され、第2LED基板391bは、可撓性を有する配線C3を介して接続されるランプドライバ基板35を中継して演出制御基板80に接続されている。第3LED基板392a,392bは、可撓性を有する配線C4,C5を介して第1LED基板390に接続され、該第1LED基板390及びランプドライバ基板35を中継して演出制御基板80に接続されている。
【0145】
また、基板側コネクタKCN1aには、配線C1の一端に設けられた配線側コネクタHCN1aが接続される。基板側コネクタKCN1b,KCN1cには、配線C4,C5の一端に設けられた配線側コネクタHCN1b,HCN1cが接続される。基板側コネクタKCN2aには、配線C2の一端に設けられた配線側コネクタHCN2aが接続される。基板側コネクタKCN2bには、配線C3の一端に設けられた配線側コネクタHCN2bが接続される。基板側コネクタKCN3a,KCN3bには、配線C4,C5の一端に設けられた配線側コネクタHCN3a,HCN3bが接続される。
【0146】
基板側コネクタKCN1aに接続された配線側コネクタHCN1aから延出される配線C1は、前昇降板331の前面において右側の配線フック375bに内側から係止された後、前昇降板331の右側のバンド係止部376bに係止された結束バンドB2を挿通して後方に回り込み、右側の配線挿通孔322bを介してベース板320の背面側に挿通される。
【0147】
基板側コネクタKCN2aに接続された配線側コネクタHCN2aから延出される配線C2は、前昇降板331の左側のバンド係止部376aに係止された結束バンドB1を挿通して後方に回り込み、左側の配線挿通孔322aを介してベース板320の背面側に挿通される。
【0148】
また、基板側コネクタKCN2bに接続された配線側コネクタHCN2bから延出される配線C3は、前昇降板331の前面において右側のバンド係止部376bの結束バンドB2を挿通した後、その上方の配線フック375bに外側から係止されるとともに、左側の配線フック375aに内側から係止され、さらに前昇降板331の左側のバンド係止部376aに係止された結束バンドB1を挿通して後方に回り込み、左側の配線挿通孔322aを介してベース板320の背面側に挿通される。
【0149】
配線挿通孔322a,322bを介してベース板320の背面側に挿通された配線C2,C3は、ランプドライバ基板35に接続されるが、ベース板320の背面における配線挿通孔322a,322bの間に設けられる支持壁395の左右側面にそれぞれ係止された結束バンドB3,B4にて結束保持されている。これら結束バンドB3,B4は、配線挿通孔322a,322bの長手方向の略中央位置に設けられている。
【0150】
配線C4,C5は、基板側コネクタKCN3a,KCN3bから下方に向けて延出され、第2可動装飾ベース362a,362bの下部から引き出された後、固定装飾ベース360側に廻りこんで基板側コネクタKCN3a,KCN3bに接続される。
【0151】
また、基板側コネクタKCN1aと配線側コネクタHCN1aとを合わせて接続部CN1a、基板側コネクタKCN1bと配線側コネクタHCN1bとを合わせて接続部CN1b、基板側コネクタKCN1cと配線側コネクタHCN1cとを合わせて接続部CN1c、基板側コネクタKCN2aと配線側コネクタHCN2aとを合わせて接続部CN2a、基板側コネクタKCN2bと配線側コネクタHCN2bとを合わせて接続部CN2b、基板側コネクタKCN3aと配線側コネクタHCN3aとを合わせて接続部CN3a、基板側コネクタKCN3bと配線側コネクタHCN3bとを合わせて接続部CN3bと呼ぶ。
【0152】
図18に示すように、正面視略四角形状に形成されたベース板320には、左右側辺近傍位置に配線挿通孔322a,322bが上下方向、つまり、可動ユニット302の移動方向に向けて形成されている。配線挿通孔322a,322bは、ベース板320を板厚方向に貫通して形成される挿通孔であり、ベース板320の前面320a側の開口周縁における上端縁部322cがベース板320の上辺近傍に位置するように形成されている。
【0153】
ベース板320は、下辺から上辺近傍位置までの領域は平坦状に形成されるとともに、該上辺近傍領域は、上方に向けて漸次背面側に湾曲する湾曲部320cとして形成されており、このように湾曲部320cが形成されていることで、配線挿通孔322a,322bにおける湾曲部320cに対応する箇所も湾曲状に形成されている。
【0154】
具体的には、配線挿通孔322a,322bにおける湾曲部320cに対応する上端縁部322cは、湾曲部320cがない平坦状のベース板320’に形成された配線挿通孔322a,322bの上端縁部322’に比べて、所定長さL1(例えば、ベース板320の板厚約2枚分)背面側に退避した位置に形成されている。これにより、前方に開放する配線挿通孔322a,322bの前面開口の上部だけは前方から後方にかけて開放することになる。
【0155】
尚、配線挿通孔322a,322bの開口周縁は面取り加工が施されている。また、ベース板320の上辺には前方に向けて突出するリブ320dが長手方向に延設されている。
【0156】
次に、図19図21に基づいて、ベース板320に対する可動ユニット302の昇降動作時における配線状況について説明する。
【0157】
図19図21に示すように、可動ユニット302は、ベース板320の前面320aに対して所定の隙間を隔てて該前面320aに対し上下方向に略平行に移動可能に設けられている。
【0158】
固定装飾ベース360に接続された配線C1と、第1可動装飾ベース361a,361bに接続された配線C2,C3とは、これら固定装飾ベース360及び第1可動装飾ベース361a,361bとその背面側に配置される前昇降板331との間に形成された空間内に配設され、前昇降板331の前面に設けられた配線フック375a,375b及び結束バンドB1,B2にて保持されている。
【0159】
左右の結束バンドB1,B2が係止される左右のバンド係止部376a,376bは、退避位置において、配線挿通孔322a,322bの上端縁部322cの略前方位置に配置され、演出位置において、配線挿通孔322a,322bの下端縁部よりも下方位置に配置される。
【0160】
左右の結束バンドB1,B2に前方から挿通された配線C1〜C3は、配線挿通孔322a,322bを介してベース板320の背面320b側の支持壁395に係止された結束バンドB3,B4まで引き出され、該結束バンドB3,B4に前方から挿通されて図示しないランプドライバ基板35に接続されている。
【0161】
ここで、結束バンドB1,B2から結束バンドB3,B4まで架け渡される配線C1〜C3は、退避位置における結束バンドB1,B2から結束バンドB3,B4までの直線距離L5及び演出位置における結束バンドB1,B2から結束バンドB3,B4までの直線距離L6のうち最も長い距離よりも長尺とされている。つまり、退避位置や演出位置において配線C1〜C3が足らなくなることがないように、配線C1〜C3を余剰配線しておく。
【0162】
このように、可動側配線保持部となる結束バンドB1,B2と、ベース側配線保持部となる結束バンドB3,B4と、の間に配線挿通孔322a,322bを介して架け渡された可撓性を有する配線C1〜C3は、可動ユニット302の昇降に伴い、結束バンドB3,B4側を支点として結束バンドB1,B2側が上下に揺動するが、このとき、長孔状の配線挿通孔322a,322bにより上下方向に案内される。
【0163】
よって、図19(a)及び図20(a)に示すように、可動ユニット302が退避位置にあるときは配線C1〜C3が余るため、特に図21に示すように、結束バンドB1,B2と結束バンドB3,B4との間の配線C1〜C3は、結束バンドB1,B2から上方に向けて延出された後、可動ユニット302と上端縁部322cとの間に略逆U字形に折返されるように配線されてから結束バンドB3,B4に架け渡される。すなわち、退避位置において上端縁部322c付近を挿通するように配線されている。
【0164】
ここで、結束バンドB1,B2の移動軌跡から上端縁部322cまでの離間幅寸法L2は、結束バンドB1,B2の移動軌跡から平坦状の前面320aに形成された開口周縁までの離間幅寸法L3よりも幅広とされていることで(L2>L3)、折返された配線C1〜C3を受け入れる間口がベース板320の背面320b側に広がるため、配線C1〜C3の折返し部が屈曲しにくくなるとともに、配線挿通孔322a,322bの開口の上部が後方に向けて開放されることで、配線の折返し部が上端縁部322cよりも後方に退避しやすくなるので、上端縁部322cに接触して折り曲げられにくくなる。
【0165】
すなわち、例えば湾曲部320cが形成されていないベース板320’の場合、結束バンドB1,B2の移動軌跡から上端縁部322cまでの離間幅寸法が離間幅寸法L3となり幅狭になることで、図中2点鎖線で示すように配線C1〜C3の折返し角度が急になり屈曲しやすくなるため、上下動により配線C1〜C3に繰り返し曲げ応力がかかることにより断線しやすくなる。
【0166】
そして配線C1〜C3は、可動ユニット302の下降に応じて結束バンドB3,B4を中心として結束バンドB1,B2側が昇降する際に、配線挿通孔322a,322bにより上下方向に案内されるため、移動する可動ユニット302に絡むなどして昇降動作に支障をきたすことがない。
【0167】
特に配線挿通孔322a,322bは、可動ユニット302の左右側辺部に沿うように、より詳しくは、結束バンドB1,B2の移動軌跡の真後ろに該移動軌跡に沿って延設されているため、配線を無駄に長くする必要がないとともに、可動ユニット302とベース板320との対向面間に配線C1〜C3が入り込んで折れ曲がること等がない。
【0168】
また、例えば配線挿通孔322a,322bの上端縁部322cがベース板320の上辺に開放する切欠溝であった場合、図21に示すように、退避位置において余剰配線C1〜C3が配線挿通孔322a,322bから逸脱し、該逸脱した配線C1〜C3の折返部が左右いずれかにずれると、可動ユニット302が下降する際に配線C1〜C3の折返部がベース板320の上辺に引っ掛かり、可動ユニット302の下降動作を妨げてしまうが、配線挿通孔322a,322bは長孔にて構成されていることで、退避位置において、配線C1〜C3の折返し部が配線挿通孔322a,322bの上端縁部322cから逸脱することがないため、配線C1〜C3がベース板320に引っ掛かかるなどして可動ユニット302の下降動作を妨げることがない。
【0169】
また、図19(b)及び図20(b)に示すように、可動ユニット302が演出位置にあるときは、結束バンドB1,B2と結束バンドB3,B4との間の配線C1〜C3は、結束バンドB1,B2から上向きに延出された後、逆U字形に折返されて結束バンドB3,B4に架け渡される。
【0170】
以上説明したように、本実施例としてのパチンコ遊技機1にあっては、ベース板320に対し可動ユニット302が上下動する際に、配線C1〜C3は、結束バンドB3,B4を中心として結束バンドB1,B2側が揺動するが、配線挿通孔322a,322bにより移動方向(上下方向に)に案内されることであばれが抑制されるため、余剰した配線C1〜C3が可動ユニット302に絡みにくくなるとともに、左右側方に膨出するように撓んで露呈することがない。
【0171】
また、ベース板320の上部に湾曲部320cが形成されていることで、配線挿通孔322a,322bの上端縁部322cが可動ユニット302の移動軌跡から離れた位置に配置されることで、配線挿通孔322a,322bの開口端部が長手方向に向けて開放され、配線C1〜C3の一部を配線挿通孔322a,322bの開口端部から移動方向に逃がすことが可能となるばかりか、可動ユニット302と配線挿通孔322a,322bの上端縁部322cとの間に広い配線スペース形成されて配線C1〜C3の折れ曲がりを回避しやすくなるため、可動ユニット302の移動により配線Ca〜C3にかかる曲げ応力による断線の発生を抑制できる。
【0172】
よって、例えば可動ユニット302が退避位置に向けて上昇し、配線C1〜C3が配線挿通孔322a,322bの上端縁部322cに近づいたとき、余剰の配線C1〜C3の一部が上向きに膨出するように湾曲状に折返される。このとき、の開口上端部が上向きに開放されていることで、余剰配線を配線挿通孔322a,322bの延長線上に逃がすことができるとともに、結束バンドB1,B2から上端縁部322cまでの離間幅寸法L2が広くなるため、配線C1〜C3を折曲たりしないで湾曲形状に維持することができる。
【0173】
また、可動ユニット302に駆動力を伝達させる駆動伝達手段としての昇降モータ304、揺動アーム309、ラックギヤ323a,346a、中間ピニオンギヤ336等を備え、前面320a側を向く前昇降板331の背面には中間ピニオンギヤ336が設けられ、配線C1〜C3は、前昇降板331の前面側に配線されていることで、可動ユニット302が移動する際に配線C1〜C3が中間ピニオンギヤ336等に引っ掛かり昇降動作に支障をきたすことを防止できる。
【0174】
また、可動ユニット302は、可動側配線保持部である結束バンドB1,B2が挿通長孔の一方の上端縁部322cに対向する退避位置と、結束バンドB1,B2が退避位置よりも下端縁部側に位置する演出位置と、の間を少なくとも移動可能に設けられていることで、退避位置において可動ユニット302の結束バンドB1,B2が上端縁部322cに近づいても、余剰配線C1〜C2をベース板320の背面320b側に逃がしやすくなるため、配線C1〜C3の折れ曲がり等を回避できる。
【0175】
尚、本実施例では、退避位置において可動側配線保持部である結束バンドB1,B2が挿通長孔の一方の上端縁部322cに対向するようになっていたが、配線挿通孔322a,322bの上端縁部322cを越えて該配線挿通孔322a,322bの延長線上に位置するようになっていてもよい。
【0176】
また、可動ユニット302は、電気部品の一例である装飾LED393を有する第1〜3LED基板390,391,392との配線接続部としてのコネクタ接続部CNa1と、結束バンドB1,B2との間に架け渡される配線C1〜C3を保持する補助配線保持部としての配線フック375a,375bを備え、ベース板320と対向する退避位置と該退避位置よりも下方の演出位置との間を移動可能であり、配線フック375a,375bは、コネクタ接続部CNa1よりも上方の退避位置側に設けられていることで、コネクタ接続部CNa1よりも退避位置側に配線フック375a,375bがあるので、下方の演出位置において、可動ユニット302の下降に応じて引き出された配線C1が、コネクタ接続部CNa1よりも下方に垂れ下がることにより固定装飾ベース360の前面側等に露出してしまうことを防止できる。
【0177】
すなわち、固定装飾ベース360の上部に配置されたコネクタ接続部CNa1から延出された配線C1は、該コネクタ接続部CNa1の上方、つまり演出位置においてベース側配線保持部である結束バンドB3,B4があるベース板320側に位置する配線フック375a,375bに保持されていることで、演出位置に移動することにより結束バンドB1,B2が結束バンドB3,B4から離れることにより、これら結束バンドB1,B2と結束バンドB3,B4との間に架け渡された配線C1がコネクタ接続部CNa1より下方に垂れ下がって露出することがない。
【0178】
また、可動ユニット302が演出位置に位置したときに、余剰して垂れ下がった配線C1〜C3の重みによりコネクタ接続部CNa1に負荷がかかり接続不良が生じること等を防止できる。
【0179】
さらに、これらコネクタ接続部CNa1〜3と結束バンドB1,B2との間に架け渡される配線C1〜C3が垂れ下がり、下方に移動可能に設けられた昇降ギヤ部材332や、背面側の中間ピニオンギヤ336等の駆動機構に絡みつくことがないので、昇降動作に支障をきたすことがない。
【0180】
図22図24には、本発明の変形例が示されている。図22は、本発明の変形例1としての演出装置を示す概略説明図である。図23は、本発明の変形例2としての演出装置を示す概略説明図である。図24は、本発明の変形例3としての演出装置を示す概略説明図である。
【0181】
前記実施例では、可動ユニット302の上部に、可動側配線保持部としての結束バンドB1,B2が配設されていたが、図22に示すように、可動側配線保持部としての結束バンドB1,B2が可動ユニット302の上下方向の略中央位置(または下部位置)等に配設されていてもよく、上方の退避位置(図22(a)参照)において配線C1〜C3が余剰することがあっても、配線C1〜C3が屈曲されにくくなる。
【0182】
また、前記実施例では、上方の退避位置において余剰配線C1〜C3が略逆U字形に折返されるため、湾曲部320cが上部に形成されていたが、図23に示すように、結束バンドB1,B2が可動ユニット302の下部位置に設けられるとともに、結束バンドB3,B4が支持壁395の下部位置に設けられていている場合、湾曲部320cをベース板320の下部に設けてもよい。
【0183】
この場合、上方の退避位置において、余剰配線C1〜C3は配線挿通孔322a,322b内に収容されているが、下方の演出位置に下降する際に、配線C1〜C3が結束バンドB1,B2により下方に引き出される。このとき、配線挿通孔322a,322bの下端縁が結束バンドB3,B4側に退避していることで、配線C1〜C3が引っ掛かりにくくなる。
【0184】
このように、湾曲部320cはベース板320の上部及び下部のうちいずれか、または上下双方に形成されていてもよい。
【0185】
また、前記実施例では、ベース板320における配線挿通孔322a,322bの上端縁部322cに対応する上部領域は湾曲部320cが形成されていたが、図24(a)に示すように、可動ユニット302の移動方向に向けて該移動軌跡に対し離れる方向に傾斜する傾斜部320c’としてもよい。
【0186】
また、図24(b)に示すように、可動ユニット302の移動方向に向けて該移動軌跡に対し離れる方向に屈曲する屈曲部320c’’としてもよく、このような形状は種々に変更可能である。
【0187】
また、前記実施例では、配線挿通孔322a,322bは板状のベース板320に形成されていたが、例えば板状のベース部材に形成されるものに限定されるわけでなく、例えば長孔枠状に形成された長孔枠部材等により形成してもよい。
【0188】
また、前記実施例では、演出装置300は演出表示装置9の上方位置に設けられていたが、演出表示装置9の下方位置または左右側方位置やそれ以外の箇所に設けてもよい。
【0189】
また、前記実施例では、可動ユニット302は、ベース板320に対し上下方向に昇降可能に設けられていたが、ベース板320に対し前面320aに略平行をなすように左右方向や斜め方向に移動可能に設けられていてもよい。
【0190】
また、前記実施例では、配線C1〜C3は、可動ユニット302に搭載された電気部品の一例である装飾LED393が搭載されたLED基板390〜392に接続されていたが、このLED基板390〜392のような発光手段に接続されるものに限定されるものではなく、例えば、液晶表示器のような表示手段、ソレノイドやモータ等の駆動手段、センサ等の検出手段等の電気部品に接続されるものであってもよい。
【0191】
また、前記実施例では、可動ユニット302は発光機能を有する可動演出部であったが、ベース部に対して可動するものであれば、演出部ではなく、単なる装飾部材や、遊技領域7に移動可能に設けられた遊技用部材であってもよい。
【0192】
また、前記実施例では、可動ユニット302の可動側配線保持部としての結束バンドB1,B2とベース板320側のベース側配線保持部としての結束バンドB3,B4との間に配線C1〜C3が架け渡されていたが、このような可動側配線保持部及びベース側配線保持部は、結束バンドに限らず、配線を保持することが可能なものであれば、基板側コネクタと配線側コネクタとからなる配線接続手段であってもよいし、配線フック等の配線保持部材であってもよく、種々に変更可能である。
【0193】
以上、本発明の実施例を図面により説明してきたが、具体的な構成はこれら実施例に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲における変更や追加があっても本発明に含まれる。
【0194】
また、前記実施例では、遊技媒体の一例として、球状のパチンコ球(遊技球)が適用されていたが、球状の遊技媒体に限定されるものではなく、例えばメダル等の非球状の遊技媒体であってもよい。
【0195】
また、前記実施例では、遊技機の一例としてパチンコ遊技機が適用されていたが、例えば遊技用価値を用いて1ゲームに対して所定数の賭数を設定することによりゲームが開始可能となるとともに、各々が識別可能な複数種類の図柄を変動表示可能な可変表示装置に表示結果が導出されることにより1ゲームが終了し、該可変表示装置に導出された表示結果に応じて入賞が発生可能とされたスロットマシンにも適用可能である。
【符号の説明】
【0196】
1 パチンコ遊技機
300 演出装置
302 可動ユニット
305 駆動力伝達機構
320 ベース板
320a 前面
320b 背面
320c 湾曲部
322a,322b 配線挿通孔
322c 上端縁部
330 後昇降板
331 前昇降板
332 昇降ギヤ部材
375a,375b 配線フック
393 装飾LED
C1〜C5 配線
B1〜B4 結束バンド
HCN1a〜1c、2a,2b、3a、3b 接続部
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
図11
図12
図13
図14
図15
図16
図17
図18
図19
図20
図21
図22
図23
図24