特許第6050672号(P6050672)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ アイシン精機株式会社の特許一覧
<>
  • 特許6050672-車両用ドアフレーム 図000002
  • 特許6050672-車両用ドアフレーム 図000003
  • 特許6050672-車両用ドアフレーム 図000004
  • 特許6050672-車両用ドアフレーム 図000005
  • 特許6050672-車両用ドアフレーム 図000006
  • 特許6050672-車両用ドアフレーム 図000007
  • 特許6050672-車両用ドアフレーム 図000008
  • 特許6050672-車両用ドアフレーム 図000009
  • 特許6050672-車両用ドアフレーム 図000010
  • 特許6050672-車両用ドアフレーム 図000011
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B2)
(11)【特許番号】6050672
(24)【登録日】2016年12月2日
(45)【発行日】2016年12月21日
(54)【発明の名称】車両用ドアフレーム
(51)【国際特許分類】
   B60J 5/04 20060101AFI20161212BHJP
【FI】
   B60J5/04 M
【請求項の数】7
【全頁数】13
(21)【出願番号】特願2012-280212(P2012-280212)
(22)【出願日】2012年12月21日
(65)【公開番号】特開2014-122006(P2014-122006A)
(43)【公開日】2014年7月3日
【審査請求日】2015年9月11日
(73)【特許権者】
【識別番号】000000011
【氏名又は名称】アイシン精機株式会社
(73)【特許権者】
【識別番号】000100791
【氏名又は名称】アイシン軽金属株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】100068755
【弁理士】
【氏名又は名称】恩田 博宣
(74)【代理人】
【識別番号】100105957
【弁理士】
【氏名又は名称】恩田 誠
(72)【発明者】
【氏名】吉田 康治
(72)【発明者】
【氏名】岡▲崎▼ 裕志
(72)【発明者】
【氏名】布野 和信
(72)【発明者】
【氏名】高橋 正芳
【審査官】 田々井 正吾
(56)【参考文献】
【文献】 特開平04−151328(JP,A)
【文献】 特開2009−248702(JP,A)
【文献】 特開平07−232220(JP,A)
【文献】 特開2010−105531(JP,A)
【文献】 特開2011−042278(JP,A)
【文献】 特開2006−082749(JP,A)
【文献】 特開2012−136216(JP,A)
【文献】 特開2014−019362(JP,A)
【文献】 特開平03−258428(JP,A)
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
B60J 5/04
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
意匠面を構成する外壁部と該外壁部に対向する内壁部とを備えた第1部材と、
対向する第1側壁及び第2側壁を有して前記第1側壁及び前記第2側壁の先端部が前記第1部材の内壁部に接続されることにより前記外壁部よりも車内側となる位置に中空状の構造部を形成する第2部材と、を備え、
前記第1側壁の先端部及び前記第2側壁の先端部の少なくとも一方には、前記内壁部に沿って延びるフランジ部が形成されるとともに、
前記内壁部の側端部には、前記外壁部との反対向面側に折り返されることにより内側に前記フランジ部を挟み込む折返部が形成され
前記第1部材は、前記外壁部及び前記内壁部に交差する方向に延びる接続壁を備えるともに、前記第2部材は、前記接続壁の延長線上にて当該延長線に沿って配置される前記第2側壁を有すること、を特徴とする車両用ドアフレーム。
【請求項2】
請求項1に記載の車両用ドアフレームにおいて、
前記折返部の先端には、前記第1側壁又は前記第2側壁の壁面に沿うように折り曲げられた先端折曲部が設けられること、を特徴とする車両用ドアフレーム。
【請求項3】
請求項2に記載の車両用ドアフレームにおいて、
前記折返部は、前記内壁部の側端部に設定された折曲加工部を折り曲げてなるものであって、
前記先端折曲部は、前記折曲加工部を折り曲げる前に予め前記第1側壁又は前記第2側壁の壁面に沿うような折曲角度に形成されてなること、を特徴とする車両用ドアフレーム。
【請求項4】
請求項1〜請求項3の何れか一項に記載の車両用ドアフレームにおいて、
前記折返部の形成により前記フランジ部に圧接される挟圧面には、突部が形成されること、を特徴とする車両用ドアフレーム。
【請求項5】
請求項4に記載の車両用ドアフレームにおいて、
前記突部が設けられた第1挟圧面との間に前記フランジ部を挟み込む第2挟圧面には、前記突部に対応する位置に凹部が設けられること、を特徴とする車両用ドアフレーム。
【請求項6】
請求項1〜請求項5の何れか一項に記載の車両用ドアフレームにおいて、
前記第1部材の内壁部と前記第2部材の前記フランジ部との接続部分には、かしめが施されること、を特徴とする車両用ドアフレーム。
【請求項7】
請求項1〜請求項6の何れか一項に記載の車両用ドアフレームにおいて、
前記第1部材及び第2部材は、一体に組み付けられることによりドア本体の上方において上下方向に延びる立柱部を構成するものであって、
前記第2部材は、前記立柱部が前記ドア本体に組み付けられた状態において該ドア本体に近い部分ほど前記構造部が太くなるように、前記外壁部及び前記内壁部に交差する内外方向の寸法が徐々に変更されてなること、を特徴とする車両用ドアフレーム。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、車両ドアの窓枠を構成する車両用ドアフレームに関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、車両ドアの窓枠を構成するドアフレームには、意匠面を構成する外壁部よりも車内側となる位置に中空状の構造部が設けられたものがある。即ち、ドアフレームの構造部を中空状に形成することにより、重量の増加を抑えつつ、高い剛性を確保することができる。そして、例えば、特許文献1等には、そのドアフレームを複数の構成部材に分割して形成する構成が開示されている。
【0003】
即ち、例えば、ドア本体の上方において上下方向に延びる立柱部を構成するものについては、そのドア本体に近い部分ほど車両内外方向(幅方向)の厚みが厚くなるように寸法を徐々に変更することで、効果的に、その車両内外方向の曲げ剛性を高めることができる。
【0004】
ところが、このような徐変形状、或いは強化リブ等をドアフレームに設定することによって、その外壁部及び構造部を押出加工により一体的に成形することが難しくなる。そのため、このようなドアフレームにおいては、個別に形成された複数の構成部品を溶接や締結等の接合方法を用いて一体に接続することにより、その製造容易性と設計自由度との両立が図られている。
【0005】
尚、特許文献1に記載の従来例では、その外壁部を含む意匠部に上記のような徐変形状が設定されている。また、その構造部(袋部)は、軽金属(アルミ合金)を素材とする押出加工を用いて形成され、意匠部は、プレス加工を用いて形成される。そして、これら二つに分割された構成部品がリベット締結により接続された構造を有している。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
【特許文献1】特開2011−42278号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
しかしながら、軽金属の溶接には高度な技術が要求される。このため、その溶接箇所はより少ない方が好ましい。そして、リベット等の締結部材を用いる場合についてもまた、その締結箇所に比例して工数が増加することから、この点において、なお改善の余地を残すものとなっていた。
【0008】
本発明は、上記問題点を解決するためになされたものであって、その目的は、高い接続強度を確保しつつ、分割された構成部品の接続作業を容易化することのできる車両用ドアフレームを提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0009】
上記問題点を解決するために、請求項1に記載の発明は、意匠面を構成する外壁部と該外壁部に対向する内壁部とを備えた第1部材と、対向する第1側壁及び第2側壁を有して前記第1側壁及び前記第2側壁の先端部が前記第1部材の内壁部に接続されることにより前記外壁部よりも車内側となる位置に中空状の構造部を形成する第2部材と、を備え、前記第1側壁の先端部及び前記第2側壁の先端部の少なくとも一方には、前記内壁部に沿って延びるフランジ部が形成されるとともに、前記内壁部の側端部には、前記外壁部との反対向面側に折り返されることにより内側に前記フランジ部を挟み込む折返部が形成され、前記第1部材は、前記外壁部及び前記内壁部に交差する方向に延びる接続壁を備えるともに、前記第2部材は、前記接続壁の延長線上にて当該延長線に沿って配置される前記第2側壁を有すること、を要旨とする。
【0010】
上記構成によれば、旋回時に作用する遠心力等、車両の幅方向に作用する応力、即ち第1部材と第2部材とを離反させる内外方向の力を、第2部材側のフランジ部と当該フランジ部を内側に挟み込む第1部材側の折返部によって受けることができる。その結果、高い接続強度を確保しつつ、溶接やリベット締結等のような煩雑な接合作業が施される箇所を低減して、その第1部材と第2部材との接続作業を容易化することができる。
【0011】
請求項2に記載の発明は、前記折返部の先端には、前記第1側壁又は前記第2側壁の壁面に沿うように折り曲げられた先端折曲部が設けられること、を要旨とする。
上記構成によれば、より高い接続強度を確保することができる。
【0012】
請求項3に記載の発明は、前記折返部は、前記内壁部の側端部に設定された折曲加工部を折り曲げてなるものであって、前記先端折曲部は、前記折曲加工部を折り曲げる前に予め前記第1側壁又は前記第2側壁の壁面に沿うような折曲角度に形成されてなること、を要旨とする。
【0013】
即ち、折返部を形成した後、その先端を折曲加工することは困難である。従って、このような構成とすることで、その作業効率の向上を図ることができる。
請求項4に記載の発明は、前記折返部の形成により前記フランジ部に圧接される挟圧面には、突部が形成されること、を要旨とする。
【0014】
上記構成によれば、その突部に押圧されたフランジ部が塑性変形することで、より確実に、その折返部の内側にフランジ部を挟み込むことができる。そして、これにより、より高い接続強度を確保することができる。
【0015】
請求項5に記載の発明は、前記突部が設けられた第1挟圧面との間に前記フランジ部を挟み込む第2挟圧面には、前記突部に対応する位置に凹部が設けられること、を要旨とする。
【0016】
上記構成によれば、フランジ部における突部と凹部との間に挟みこまれた部分がより大きく塑性変形する。そして、これにより、より確実に、その折返部の内側にフランジ部を挟み込むことができる。その結果、更に高い接続強度を確保することができる。
【0017】
請求項6に記載の発明は、前記第1部材の内壁部と前記第2部材の前記フランジ部との接続部分には、かしめが施されること、を要旨とする。
上記構成によれば、容易且つ確実に、その第1部材の内壁部と第2部材の側壁(前記フランジ部)との接続部分を接合(締結)することができる。そして、これにより、その第1部材と第2部材との接続作業を容易化することができる。
【0018】
請求項7に記載の発明は、前記第1部材及び第2部材は、一体に組み付けられることによりドア本体の上方において上下方向に延びる立柱部を構成するものであって、前記第2部材は、前記立柱部が前記ドア本体に組み付けられた状態において該ドア本体に近い部分ほど前記構造部が太くなるように、前記外壁部及び前記内壁部に交差する内外方向の寸法が徐々に変更されてなること、を要旨とする。
【0019】
上記構成によれば、その車両取着後における車両内外方向の剛性、即ち旋回時に作用する遠心力等、車両の幅方向に作用する応力に対応した剛性を高めることができる。また、このような構成を有するドアフレームは、その外壁部と構造部とを押出加工により一体的に成形することが難しいため複数の構成部材に分割されることが多い。従って、このようなものに適用することで、より顕著な効果を得ることができる。
【発明の効果】
【0020】
本発明によれば、高い接続強度を確保しつつ、分割された構成部品の接続作業を容易化することができる。
【図面の簡単な説明】
【0021】
図1】ドアフレームの側面図。
図2】ドアフレームの断面図(II−II断面)。
図3】ドアフレームの斜視図。
図4】第1部材と第2部材との接続工程を示す説明図。
図5】第1折返部の形成方法及び当該第1折返部の先端に設けられた先端折曲部を示す説明図。
図6】第2折返部の形成方法及び当該第2折返部の先端に設けられた先端折曲部を示す説明図。
図7】第1部材と第2部材との接続工程の処理手順を示すフローチャート。
図8】別例のドアフレームの断面図。
図9】別例のドアフレームの断面図。
図10】別例のドアフレームの断面図。
【発明を実施するための形態】
【0022】
以下、本発明を具体化した一実施形態を図面に従って説明する。
図1に示すように、本実施形態の車両ドア1は、図示しない車両ボディに支持されたドア本体2と、このドア本体2の上方に設けられることにより当該ドア本体2の上端から出没する態様で上下動するウィンドガラス3の窓枠を構成するドアフレーム5とを備えている。
【0023】
本実施形態の車両ドア1は、図示しない車両側面のドア開口部に設けられたサイドドアであり、ドア本体2は、その前部に固定されたドアヒンジ(図示略)を介して車両ボディに支持されている。そして、車両ドア1は、そのドアヒンジを支点として回動することにより、ドア開口部を開閉することが可能となっている。
【0024】
また、本実施形態のドアフレーム5は、ドア本体2の後方上端部2aから上方に延設された立柱部10と、この立柱部10の上端10aとドア本体2の前方上端部2bとの間を接続する略弓型の上縁部11とを有している。そして、これら立柱部10及び上縁部11が形成する窓枠の内周には、ウィンドガラス3の上下動を許容しつつ液密に当該ウィンドガラス3を保持可能なガラスラン(20)が設けられている。
【0025】
詳述すると、図2及び図3に示すように、本実施形態のドアフレーム5を構成する立柱部10は、その意匠面Sを構成する外壁部21と、この外壁部21よりも車内側(図2
中、下側)となる位置において当該外壁部21に対向する内壁部22とを備えている。また、本実施形態では、これら外壁部21及び内壁部22は、当該外壁部21及び内壁部22に交差する板状の接続壁23を介して連結されている。尚、本実施形態では、内壁部22は、接続壁23の内端部23aから車両前方側に配置される方向(図2中、左側)に延設されている。そして、上記ガラスラン20は、これら外壁部21と内壁部22との間に形成されたガラスラン保持部25内に保持されている。
【0026】
尚、本実施形態では、上縁部11もまた、立柱部10と同様に、意匠面Sを構成する外壁部21と当該外壁部21に対向する内壁部22とを備えた二重構造を有している。そして、その外壁部21と内壁部22との間のガラスラン保持部25内にガラスラン20を保持する構成となっている。
【0027】
また、本実施形態のドアフレーム5(立柱部10)は、上記内壁部22を周壁の一部に含んで中空状に形成された構造部26を備えている。具体的には、この構造部26は、よりドア本体2に近い部分ほど、即ちその下方側ほど太くなるように、最も車内側に配置される部分から上記内壁部22における最も外壁部21側に近い部分までの寸法(内外方向の寸法L)が徐々に拡大するように形成されている。そして、本実施形態では、これにより、その車両取着後における車両内外方向の剛性(図2中、上下方向の剛性)、即ち旋回時に作用する遠心力等、車両の幅方向に作用する応力に対応した剛性を高める構成となっている。
【0028】
更に、内壁部22は、接続壁23の内端部23aから車両後方側に配置される方向(同図2中、右側)にも延設されており、その先端部分(第2側端部47B)には、外壁部21側に向かって突出する突部28が設けられている。また、外壁部21にも、この突部28に対向して車内側(図2中、下側)に突出する突部29が形成されている。そして、本実施形態では、これらの突部28,29によって、その車両ドア1とドア開口部の側端面32との間に介在されるシール部材、即ちウェザーストリップ30の保持部(ウェザーストリップ保持部31)が形成されている。
【0029】
(ドアフレームの分割構造及び分割された構成部品の接続構造)
次に、本実施形態におけるドアフレームの分割構造及び分割された構成部品の接続構造について説明する。
【0030】
図2に示すように、本実施形態のドアフレーム5(立柱部10)は、上記外壁部21、内壁部22及び接続壁23が一体に形成された第1部材41と、当該第1部材41に対して一体に組み付けられることにより外壁部21よりも車内側(図2中、下側)となる位置に中空状の構造部26を形成する第2部材42とに分割して形成されている。
【0031】
詳述すると、本実施形態の第2部材42は、基壁44の両側端部(図2中、左右方向の端部)から当該基壁44に交差する方向に延設されることにより互いに対向して配置された一対の側壁45(45A,45B)を有する断面略U字状の外形を有している。また、第2部材42は、そのドアフレーム5が立柱部10としてドア本体2に組み付けられた状態において、当該ドア本体2に近い部分ほど構造部26が太くなるように、外壁部21及び内壁部22に交差する内外方向の寸法L´、つまり基壁44に交差する方向における各側壁45の長さが徐々に変更された徐変形状を有している。尚、本実施形態では、第1部材41は、軽金属(アルミ合金等)を素材として押出加工により形成され、第2部材42は、軽金属(アルミ合金等)を素材としてプレス加工により形成される。そして、第2部材42は、その両側壁45の先端部(45a,45b)が第1部材41の内壁部22に接続されることにより、上記のように当該内壁部22を周壁の一部に含んだ中空状の構造部26を形成するように構成されている。
【0032】
さらに詳述すると、第1部材41の内壁部22において車両前方側(図2中、左側)に配置される第1側端部47Aには、その外壁部21との反対向面22b側(図2中、下側)に折り返されることにより、同じく第2部材42において車両前方側に配置される第1側壁45Aの先端部45aを内側に挟み込む折返部50(50A)が形成されている。そして、第1部材41の内壁部22において車両前方側(図2中、右側)に配置される第2側端部47Bについてもまた、その反対向面22b側に折り返されることにより、同じく第2部材42において車両前方側に配置される第2側壁45Bの先端部45bを内側に挟み込む折返部50(50B)が形成されている。
【0033】
本実施形態では、第1側壁45Aの先端部45a及び第2側壁45Bの先端部45bには、それぞれ、これらの各先端部45a,45bが接続される上記内壁部22(の反対向面22b)に沿って延びるフランジ部51が形成されている。具体的には、第1側壁45A側のフランジ部51は、車両前方側(図2中、左側)に延設され、第2側壁45B側のフランジ部51は、車両後方側(図2中、右側)に延設されている。そして、内壁部22の両側端部に形成された各折返部50は、これらのフランジ部51を挟み込むように反対向面22b側に折り返されている。
【0034】
ここで、図4に示すように、本実施形態では、上記第1側端部47A及び第2側端部47Bの各折返部50は、これら第1側端部47A及び第2側端部47Bに設定された折曲加工部52を折曲加工することにより形成される。
【0035】
具体的には、各側壁45(45A,45B)の先端部45a,45bに設けられたフランジ部51を内壁部22の反対向面22bに当接させる態様で、第1部材41に第2部材を組み付ける。そして、ダイ53及びパンチ54を用い、内壁部22の第1側端部47A及び第2側端部47Bに設定された各折曲加工部52を反対向面22b側に折り曲げて、その内側にフランジ部51を挟み込むことにより、上記各折返部50が形成されるようになっている。
【0036】
また、図2に示すように、各折返部50の先端には、それぞれ、その内側にフランジ部51を挟み込んだ状態において、各側壁45(45A,45B)の壁面45sに沿うように折り曲げられた先端折曲部55が形成されている。そして、本実施形態では、これにより、高い接続強度が確保されている。
【0037】
更に、図5及び図6に示すように、本実施形態では、これらの各先端折曲部55は、それぞれ、上記のように各折曲加工部52を折り曲げて各折返部50を形成する前に、予め、その対応する各側壁45(45A,45B)の壁面45sに沿うような折曲角度θ1,θ2に折り曲げられている。そして、本実施形態では、これにより、その第1部材41と第2部材42との接続工程における作業効率の向上が図られている。
【0038】
また、図6に示すように、本実施形態では、内壁部22の第2側端部47Bに第2折返部50Bを形成することにより第2側壁45Bの先端部45bに設けられたフランジ部51に圧接される挟圧面56(56a,56b)には、そのフランジ部51を挟んで互いに対向する位置に突部57及び凹部58が形成されている。
【0039】
具体的には、本実施形態では、折返部50(折曲加工部52)側の挟圧面56が、突部57が形成された第1挟圧面56aとなり、内壁部22側の挟圧面56が、その突部57に対応する凹部58が形成された第2挟圧面56bとなっている。尚、本実施形態では、突部57は、立柱部10(ドアフレーム5)の延伸方向(図1中、上下方向、図2中、紙面に直交する方向)に延びる突条形状を有し、凹部58は、同じく立柱部10の延伸方向に延びる溝形状を有している。そして、本実施形態では、その突部57と凹部58との間に挟みこまれた部分を塑性変形させることにより、より確実に、その第2折返部50Bの内側に第2側壁45Bの先端部45bに設けられたフランジ部51を挟み込むことが可能となっている。
【0040】
更に、本実施形態では、第2部材42の第1側壁45Aは、その先端部45aに設けられたフランジ部51が当該フランジ部51を挟み込む第1折返部50Aとともに「かしめられる」ことにより、内壁部22の第1側端部47Aに接合(締結)される。そして、第2側壁45Bもまた、その先端部45bに設けられたフランジ部51が当該フランジ部51を挟み込む第2折返部50Bとともに「かしめられる」ことにより、内壁部22の第2側端部47Bに接合(締結)されるようになっている。
【0041】
次に、上記のように構成されたドアフレーム5の製造工程における作用(第1部材と第2部材との接続工程の処理手順)について説明する。
即ち、図7のフローチャートに示すように、ドアフレーム5を構成する第1部材41及び第2部材42の組み付けは、先ず、両側壁45(45A,45B)の先端部45a,45bに設けられたフランジ部51を内壁部22の反対向面22bに当接させることにより行われる(ステップ101)。次に、内壁部22の第1側端部47A及び第2側端部47Bに設定された各折曲加工部52を反対向面22b側に折り曲げて、その内側に各側壁45(45A,45B)のフランジ部51を挟み込むことにより、上記各折返部50(50A,50B)を形成する(ステップ102)。そして、その第1部材41の内壁部22と第2部材42の各側壁45との接続部分、即ち、これらの折返部50に「かしめ」を施すことにより、第2部材42の第1側壁45A及び第2側壁45Bを、それぞれ第1部材41の内壁部22に接合する(ステップ103)。
【0042】
以上、本実施形態によれば、以下のような効果を得ることができる。
(1)ドアフレーム5は、意匠面を構成する外壁部21と当該外壁部21に対向する内壁部22とを備えた第1部材41と、対向する一対の側壁45を有して当該各側壁45の先端部45a,45bが第1部材41の内壁部22に接続されることにより、外壁部21よりも車内側となる位置に中空状の構造部26を形成する第2部材42とを備える。また、各側壁45の先端部45a,45bには、それぞれ、これらの各先端部45a,45bが接続される上記内壁部22に沿って延びるフランジ部51が形成される。そして、内壁部22の第1側端部47A及び第2側端部47Bには、それぞれ、その外壁部21との反対向面22b側に折り返されることにより内側に上記各側壁45の先端部45a,45bに設けられたフランジ部51を挟み込む折返部50(50A,50B)が設けられる。
【0043】
上記構成によれば、旋回時に作用する遠心力等、車両の幅方向に作用する応力、即ち第1部材41と第2部材42とを離反させる内外方向の力を、第2部材42側の各フランジ部51と当該各フランジ部51を内側に挟み込む第1部材41側の各折返部50(50A,50B)によって受けることができる。その結果、高い接続強度を確保しつつ、溶接やリベット締結等のような煩雑な接合作業が施される箇所を低減して、その第1部材41と第2部材42との接続作業を容易化することができる。
【0044】
(2)内壁部22の第2側端部47Bに第2折返部50Bを形成することにより第2側壁45Bの先端部45bに設けられたフランジ部51に圧接される挟圧面56(56a)には、突部57が形成される。
【0045】
上記構成によれば、その突部57に押圧されたフランジ部51が塑性変形することで、より確実に、その折返部50(第2折返部50B)の内側にフランジ部51を挟み込むことができる。そして、これにより、より高い接続強度を確保することができる。
【0046】
(3)突部57が設けられた折返部50(折曲加工部52)側の第1挟圧面56aとの間にフランジ部51を挟み込む内壁部22側の第2挟圧面56bには、その突部57に対応する位置に凹部58が形成される。
【0047】
上記構成によれば、フランジ部51における突部57と凹部58との間に挟みこまれた部分がより大きく塑性変形する。そして、これにより、より確実に、その折返部50(第2折返部50B)の内側にフランジ部51を挟み込むことができる。その結果、更に高い接続強度を確保することができる。
【0048】
(4)各折返部50の先端には、各側壁45(45A,45B)の壁面45sに沿うように折り曲げられた先端折曲部55が設けられる。これにより、より高い接続強度を確保することができる。
【0049】
(5)各折返部50は、内壁部22の第1側端部47A及び第2側端部47Bに設定された各折曲加工部52を反対向面22b側に折り曲げて、その内側にフランジ部51を挟み込むことにより形成される。そして、各先端折曲部55は、それぞれ、その各折曲加工部52を折り曲げて各折返部50を形成する前に、その対応する各側壁45(45A,45B)の壁面45sに沿うような折曲角度θ1,θ2に予め折り曲げられてなる。
【0050】
即ち、折返部50を形成した後、その先端を折曲加工することは困難である。従って、このような構成とすることで、その作業効率の向上を図ることができる。
(6)第2部材42の第1側壁45Aは、その先端部45aに設けられたフランジ部51が当該フランジ部51を挟み込む第1折返部50Aとともに「かしめられる」ことにより、内壁部22の第1側端部47Aに接合(締結)される。そして、第2側壁45Bもまた、その先端部45bに設けられたフランジ部51が当該フランジ部51を挟み込む第2折返部50Bとともに「かしめられる」ことにより、内壁部22の第2側端部47Bに接合(締結)される。
【0051】
上記構成によれば、容易且つ確実に、その第1部材41の内壁部22と第2部材42の各側壁45との接続部分を接合することができる。そして、これにより、その第1部材41と第2部材42との接続作業を容易化することができる。
【0052】
(7)第1部材41及び第2部材42は、一体に組み付けられることによりドア本体2の上方において上下方向に延びるドアフレーム5の立柱部10を構成する。そして、第2部材42は、そのドアフレーム5が立柱部10としてドア本体2に組み付けられた状態において、当該ドア本体2に近い部分ほど構造部26が太くなるように、外壁部21及び内壁部22に交差する内外方向の寸法L´、つまり基壁44に交差する方向における各側壁45の長さが徐々に変更された徐変形状を有する。
【0053】
上記構成によれば、その車両取着後における車両内外方向の剛性、即ち旋回時に作用する遠心力等、車両の幅方向に作用する応力に対応した剛性を高めることができる。
(8)第2部材42の第2側壁45Bは、外壁部21及び内壁部22に交差する方向(車両内外方向)に延設された接続壁23の延長線上に配置される。これにより、車両内外方向の剛性を更に高めることができる。
【0054】
なお、上記実施形態は以下のように変更してもよい。
・上記実施形態では、外壁部21の外表面が直接的に意匠面Sを構成することとしたが、当該外壁部21がカバー等によって覆われることにより、そのドアフレーム5の意匠面Sが形成される構成であってもよい。
【0055】
・上記実施形態では、第2部材42は、そのドアフレーム5が立柱部10としてドア本体2に組み付けられた状態において、当該ドア本体2に近い部分ほど構造部26が太くなるように、外壁部21及び内壁部22に交差する内外方向の寸法が徐々に変更された徐変形状を有することとした。しかし、これに限らず、このような徐変形状を第1部材41が有する構成であってもよい。更に、例えば、構造部26や接続壁23に、リブ等のような押出加工の難しい形状を有するものに具体化してもよい。そして、このような徐変形状やリブ形状等といった押出加工の難しい形状が設定されていない構成についても、これを排除しない。
【0056】
・また、上記実施形態では、ドアフレーム5の分割構造及び分割された構成部品の接続構造を、その立柱部10を構成する部分に具体化したが、上縁部11を構成する部分に適用してもよい。
【0057】
・上記実施形態では、内壁部22における車両前方側に配置される側の側端部を第1側端部47Aとし、同じく第2部材42における車両前方側に配置される側の側壁45を第1側壁45Aとした。しかし、これに限らず、車両後方側に配置される側を内壁部の第1側端部とし、及び第2部材の第2側壁とする構成であってもよい。
【0058】
・上記実施形態では、各折返部50の先端には、それぞれ、その内側にフランジ部51を挟み込んだ状態において、各側壁45(45A,45B)の壁面45sに沿うように折り曲げられた先端折曲部55が形成されることとした。しかし、このような先端折曲部55を有しない構成についても、これを排除しない。
【0059】
・上記実施形態では、折返部50を形成することによりフランジ部51に圧接される挟圧面56(56a,56b)において、そのフランジ部51を挟んで互いに対向する位置に配置される突部57及び凹部58は、車両後方側に配置される第2側端部47Bのみに設けられることとした。しかし、これに限らず、図8に示すように、このような突部57及び凹部58は、車両前方側(同図中、左側)に配置される第1側端部47Aに設けてもよい。また、第1側端部47A及び第2側端部47Bの両方に設ける構成であってもよい。そして、このような突部57及び凹部58を有しない構成についても、これを排除しない。
【0060】
・また、フランジ部51を挟んで突部57に対向する位置に凹部58が存在しない構成であってもよい。このような構成であっても、その突部57に押圧される部分が塑性変形することで一定の効果が得られる。
【0061】
・更に、上記実施形態では、折返部50(折曲加工部52)側の挟圧面56を突部57が形成される第1挟圧面56aとし、内壁部22側の挟圧面56を凹部58が形成される第2挟圧面56bとした。しかし、これに限らず、図9に示すように、内壁部22側の挟圧面56を突部57が形成される第1挟圧面56aとし、折返部50(折曲加工部52)側の挟圧面56を凹部58(孔)が形成される第2挟圧面56bとしてもよい。
【0062】
・上記実施形態では、第1部材41の内壁部22と第2部材42の側壁45との接続部分(折返部50)には、かしめが施されることとした。しかし、その接合方法については、リベット等を用いた締結であってもよく、溶接であってもよい。即ち、煩雑な接合作業を要する場合であっても、その接合箇所が低減されることにより第1部材41と第2部材42との接続作業が容易化になるという点で、一定の効果を得ることができる。
【0063】
・上記実施形態では、内壁部22の第1側端部47A及び第2側端部47Bの両方について、その第2部材42の各側壁45(45A,45B)側のフランジ部51を内側に挟み込む折返部50を形成することとした。しかし、これに限らず、例えば、図10に示すように、第1部材41の内壁部22において車両後方側(同図中、右側)に配置される第2側端部47Bについてのみ、その第2部材42において同じく車両後方側に配置される第2側壁45Bの先端部45bに設けられたフランジ部51を挟み込む折返部50を形成する構成としてもよい。また、車両前方側(同図中、左側)に配置される第1側端部47Aについてのみ、折返部50を形成する構成としてもよい。
【符号の説明】
【0065】
1…車両ドア、2…ドア本体、3…ウィンドガラス、5…ドアフレーム、10…立柱部、11…上縁部、21…外壁部、22…内壁部、22a…対向面、22b…反対向面、23…接続壁、25…ガラスラン保持部、26…構造部、28…突部、41…第1部材、42…第2部材、44…基壁、45…側壁、45A…第1側壁、45a…先端部、45B…第2側壁、45b…先端部、45s…壁面、47A…第1側端部、47B…第2側端部、50…折返部、50A…第1折返部、50B…第2折返部、51…フランジ部、52…折曲加工部、55…先端折曲部、56…挟圧面、56a…第1挟圧面、56b…第2挟圧面、57…突部、58…凹部、S…意匠面、L,L´…寸法、θ1,θ2…折曲角度。
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10