特許第6052629号(P6052629)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 井関農機株式会社の特許一覧
<>
  • 特許6052629-作業車輌の原動部構造 図000002
  • 特許6052629-作業車輌の原動部構造 図000003
  • 特許6052629-作業車輌の原動部構造 図000004
  • 特許6052629-作業車輌の原動部構造 図000005
  • 特許6052629-作業車輌の原動部構造 図000006
  • 特許6052629-作業車輌の原動部構造 図000007
  • 特許6052629-作業車輌の原動部構造 図000008
  • 特許6052629-作業車輌の原動部構造 図000009
  • 特許6052629-作業車輌の原動部構造 図000010
  • 特許6052629-作業車輌の原動部構造 図000011
  • 特許6052629-作業車輌の原動部構造 図000012
  • 特許6052629-作業車輌の原動部構造 図000013
  • 特許6052629-作業車輌の原動部構造 図000014
  • 特許6052629-作業車輌の原動部構造 図000015
  • 特許6052629-作業車輌の原動部構造 図000016
  • 特許6052629-作業車輌の原動部構造 図000017
  • 特許6052629-作業車輌の原動部構造 図000018
  • 特許6052629-作業車輌の原動部構造 図000019
  • 特許6052629-作業車輌の原動部構造 図000020
  • 特許6052629-作業車輌の原動部構造 図000021
  • 特許6052629-作業車輌の原動部構造 図000022
  • 特許6052629-作業車輌の原動部構造 図000023
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B2)
(11)【特許番号】6052629
(24)【登録日】2016年12月9日
(45)【発行日】2016年12月27日
(54)【発明の名称】作業車輌の原動部構造
(51)【国際特許分類】
   B60K 11/04 20060101AFI20161219BHJP
   B60K 13/04 20060101ALI20161219BHJP
【FI】
   B60K11/04 E
   B60K13/04 B
   B60K11/04 D
【請求項の数】10
【全頁数】24
(21)【出願番号】特願2014-172340(P2014-172340)
(22)【出願日】2014年8月27日
(65)【公開番号】特開2016-47658(P2016-47658A)
(43)【公開日】2016年4月7日
【審査請求日】2016年4月20日
【早期審査対象出願】
(73)【特許権者】
【識別番号】000000125
【氏名又は名称】井関農機株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】100082647
【弁理士】
【氏名又は名称】永井 義久
(74)【代理人】
【識別番号】100133145
【弁理士】
【氏名又は名称】湯浅 正之
(72)【発明者】
【氏名】藤田 靖
【審査官】 沼生 泰伸
(56)【参考文献】
【文献】 特開2011−156948(JP,A)
【文献】 特開2013−204247(JP,A)
【文献】 特開2011−46320(JP,A)
【文献】 特開2012−56448(JP,A)
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
B60K 11/00−15/10
E02F 9/00− 9/18
E02F 9/24− 9/28
F01P 1/00−11/20
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
操縦部(6)と該操縦部(6)の下側にエンジン(E)を配置し、
該エンジン(E)の上部における機体内側の部位に、エンジン(E)から排出される排気ガス中の未燃燃料を酸化する酸化触媒装置(11)を前後方向に沿って配置し、
前記エンジン(E)とエンジン(E)を循環する冷却水を冷やすラジエータ(50)の間に、駆動状態と停止状態に切換可能な外気吸入用のラジエータファン(20)と駆動状態と停止状態に切換可能な排気用の排塵ファン(30)を配置し、
前記酸化触媒装置(11)の後側部と前記操縦部(6)のエアクリーナ(6G)を支持する後プレート(41)の間に、ガイドプレート(42)を設けた作業車輌の原動部構造。
【請求項2】
前記ラジエータファン(20)により吸引された外気を送風する前記酸化触媒装置(11)の後側部とガイドプレート(42)の間に形成された上流口(A1)を、前記酸化触媒装置(11)の後側部とガイドプレート(42)の間に形成された通過口(A2)と下流口(A3)よりも大きく形成した請求項1記載の作業車輌の原動部構造。
【請求項3】
前記後プレート(41)の左側部とガイドプレート(42)の左側部を、前記酸化触媒装置(11)の上側に配置された前後方向に延在するフレーム(1H)に固定し、
前記ガイドプレート(42)の後側部の右側部(42C)を、前記後プレート(41)の傾斜部(41E)に固定し、
正面視において前記後プレート(41)と前記ガイドプレート(42)の後側部とフレーム(1H)により区画される空間(C)を形成した請求項1又は2記載の作業車輌の原動部構造。
【請求項4】
前記ガイドプレート(42)の前側部と前記操縦部(6)の操縦席(6F)を支持する前プレート(40)を、前記酸化触媒装置(11)の前側部の上側に配置し、前記ガイドプレート(42)の前側部をサイドパネル(6A)の下側に配置した請求項1〜3のいずれか1項に記載の作業車輌の原動部構造。
【請求項5】
前記酸化触媒装置(11)の内部温度を計測する温度センサ(11D)を、前記酸化触媒装置(11)におけるラジエータファン(20)側の外周部位に設けた請求項1〜4のいずれか1項に記載の作業車輌の原動部構造。
【請求項6】
前記ラジエータファン(20)と排塵ファン(30)を同一軸心上に設け、
前記ラジエータファン(20)と排塵ファン(30)とを一方が駆動状態となり他方が非駆動状態となるように互いに背反的に切換える駆動状態切換手段(45)を設け、
前記エンジン(E)から排出される排気ガス中の未燃燃料を酸化する酸化触媒装置(11)をエンジン(E)の上側に配置し、
前記排塵ファン(30)を支持する筒状回転軸(34)内を貫通してラジエータファン(20)を支持する回転軸(24)を設け、
前記回転軸(24)をラジエータ(50)の上下方向の中心よりも上側に配置した請求項1〜5のいずれか1項に記載の作業車輌の原動部構造。
【請求項7】
前記回転軸(24)の軸心方向視において前記酸化触媒装置(11)をラジエータファン(20)と排塵ファン(30)の外周部よりも外側に配置した請求項6記載の作業車輌の原動部構造。
【請求項8】
前記回転軸(24)の軸心方向視において前記駆動状態切換手段(45)をラジエータファン(20)と排塵ファン(30)の外周部よりも外側に配置し、且つ、前記駆動状態切換手段(45)を酸化触媒装置(11)よりも機体後側に配置した請求項6又は7記載の作業車輌の原動部構造。
【請求項9】
前記エンジン(E)とラジエータ(50)を接続するラジエータホース(50A)を、前記ラジエータファン(20)と排塵ファン(30)の外周部よりも上側に配置した請求項6〜8のいずれか1項に記載の作業車輌の原動部構造。
【請求項10】
前記エンジン(E)の回転が伝動される後部伝動軸(110)をエンジン(E)の機体後側に設け、
該後部伝動軸(110)に第1プーリ(121)と第2プーリ(131)を設け、前記回転軸(24)に第3プーリ(23)を設け、前記筒状回転軸(34)に第4プーリ(33)を設け、
前記第1プーリ(121)と第3プーリ(23)に第1ベルト(122)を巻回し、前記第2プーリ(131)と第4プーリ(33)に第2ベルト(132)を巻回し、前記第1ベルト(122)を第2ベルト(132)よりもエンジン(E)側に配置した請求項6〜9のいずれか1項に記載の作業車輌の原動部構造。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、エンジンの排気ガス中に含まれる未燃焼ガスを酸化処理する酸化触媒装置を備えた作業車輌の原動部構造に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、エンジンの排気ガス中に含まれる微粒子の外部への飛散を防止するために、補集フィルタを備えた排ガス浄化装置をエンジンの上面の機体内側に設けた作業車輌の原動部構造が提案されている(特許文献1)。
【0003】
また、エンジンの機体外側には、エンジンを循環する水を冷却するラジエータと、エンジンとラジエータの間に、外気を吸引するファンを設け、テンション操作体を移動することによりファンの回転方向を切換え、ラジエータの冷却とラジエータの外側に設けられたカバーの濾過体に付着した藁屑、塵埃等の除去を行なう作業車輌の原動部構造が提案されている(特許文献2)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
【特許文献1】特開2013―1132号公報
【特許文献2】特開2001―263063号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかし、特許文献1の作業車輌の原動部構造では、排ガス浄化装置の後部を覆う遮熱カバーが単層で形成されているので、遮熱カバーを介して操縦部に伝わった排ガス浄化装置の熱により操縦部内の電装部品が動作不良に陥る問題があった。また、排ガス浄化装置の機体内側部は、遮熱カバーから機体内側方向に突出しているので、操縦部に排ガス浄化装置で加熱された空気が送風され操縦部内の温度を上昇させる問題があった。
【0006】
特許文献2の作業車輌の原動部構造では、ファンの正転方向時における外気のエンジンルーム内への吸入能力に比べて、ファンの逆転方向時における内気のエンジンルーム外への排気能力が低いため、エンジンルームのカバーに装着された濾過体に付着した藁屑、塵埃等を十分除去することができず、除去できない藁屑、塵埃等により濾過体が目詰まりを起こし、ラジエータの冷却効率が低下し、その結果、エンジンがオーバヒートするという問題があった。また、伝動ベルトを備えるテンション操作体を回転させることにより、ファンを正転方向と逆転方向への切換えを行なっているために、伝動ベルトの劣化が著しく保守・点検作業の頻度が多いという問題があった。
そこで、本発明の主たる課題は、かかる問題点を解消することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記課題を解決した本発明は次記のとおりである。
請求項1に係る発明は、操縦部(6)と該操縦部(6)の下側にエンジン(E)を配置し、該エンジン(E)の上部における機体内側の部位に、エンジン(E)から排出される排気ガス中の未燃燃料を酸化する酸化触媒装置(11)を前後方向に沿って配置し、前記エンジン(E)とエンジン(E)を循環する冷却水を冷やすラジエータ(50)の間に、駆動状態と停止状態に切換可能な外気吸入用のラジエータファン(20)と駆動状態と停止状態に切換可能な排気用の排塵ファン(30)を配置し、前記酸化触媒装置(11)の後側部と前記操縦部(6)のエアクリーナ(6G)を支持する後プレート(41)の間に、ガイドプレート(42)を設けた作業車輌の原動部構造である。
【0008】
請求項2に係る発明は、前記ラジエータファン(20)により吸引された外気を送風する前記酸化触媒装置(11)の後側部とガイドプレート(42)の間に形成された上流口(A1)を、前記酸化触媒装置(11)の後側部とガイドプレート(42)の間に形成された通過口(A2)と下流口(A3)よりも大きく形成した請求項1記載の作業車輌の原動部構造である。
【0009】
請求項3に係る発明は、前記後プレート(41)の左側部とガイドプレート(42)の左側部を、前記酸化触媒装置(11)の上側に配置された前後方向に延在するフレーム(1H)に固定し、前記ガイドプレート(42)の後側部の右側部(42C)を、前記後プレート(41)の傾斜部(41E)に固定し、正面視において前記後プレート(41)と前記ガイドプレート(42)の後側部とフレーム(1H)により区画される空間(C)を形成した請求項1又は2記載の作業車輌の原動部構造である。
【0010】
請求項4に係る発明は、前記ガイドプレート(42)の前側部と前記操縦部(6)の操縦席(6F)を支持する前プレート(40)を、前記酸化触媒装置(11)の前側部の上側に配置し、前記ガイドプレート(42)の前側部をサイドパネル(6A)の下側に配置した請求項1〜3のいずれか1項に記載の作業車輌の原動部構造である。
【0011】
請求項5に係る発明は、前記酸化触媒装置(11)の内部温度を計測する温度センサ(11D)を、前記酸化触媒装置(11)におけるラジエータファン(20)側の外周部位に設けた請求項1〜4のいずれか1項に記載の作業車輌の原動部構造である。
【0012】
請求項6に係る発明は、前記ラジエータファン(20)と排塵ファン(30)を同一軸心上に設け、前記ラジエータファン(20)と排塵ファン(30)とを一方が駆動状態となり他方が非駆動状態となるように互いに背反的に切換える駆動状態切換手段(45)を設け、前記エンジン(E)から排出される排気ガス中の未燃燃料を酸化する酸化触媒装置(11)をエンジン(E)の上側に配置し、前記排塵ファン(30)を支持する筒状回転軸(34)内を貫通してラジエータファン(20)を支持する回転軸(24)を設け、前記回転軸(24)をラジエータ(50)の上下方向の中心よりも上側に配置した請求項1〜5のいずれか1項に記載の作業車輌の原動部構造である。
【0013】
請求項7に係る発明は、前記回転軸(24)の軸心方向視において前記酸化触媒装置(11)をラジエータファン(20)と排塵ファン(30)の外周部よりも外側に配置した請求項6記載の作業車輌の原動部構造である。
【0014】
請求項8に係る発明は、前記回転軸(24)の軸心方向視において前記駆動状態切換手段(45)をラジエータファン(20)と排塵ファン(30)の外周部よりも外側に配置し、且つ、前記駆動状態切換手段(45)を酸化触媒装置(11)よりも機体後側に配置した請求項6又は7記載の作業車輌の原動部構造である。
【0015】
請求項9に係る発明は、前記エンジン(E)とラジエータ(50)を接続するラジエータホース(50A)を、前記ラジエータファン(20)と排塵ファン(30)の外周部よりも上側に配置した請求項6〜8のいずれか1項に記載の作業車輌の原動部構造である。
【0016】
請求項10に係る発明は、前記エンジン(E)の回転が伝動される後部伝動軸(110)をエンジン(E)の機体後側に設け、該後部伝動軸(110)に第1プーリ(121)と第2プーリ(131)を設け、前記回転軸(24)に第3プーリ(23)を設け、前記筒状回転軸(34)に第4プーリ(33)を設け、前記第1プーリ(121)と第3プーリ(23)に第1ベルト(122)を巻回し、前記第2プーリ(131)と第4プーリ(33)に第2ベルト(132)を巻回し、前記第1ベルト(122)を第2ベルト(132)よりもエンジン(E)側に配置した請求項6〜9のいずれか1項に記載の作業車輌の原動部構造である。
【発明の効果】
【0017】
請求項1記載の発明によれば、エンジン(E)の上部における機体内側の部位に、エンジン(E)から排出される排気ガス中の未燃燃料を酸化する酸化触媒装置(11)を前後方向に沿って配置し、エンジン(E)とエンジン(E)を循環する冷却水を冷やすラジエータ(50)の間に、駆動状態と停止状態に切換可能な外気吸入用のラジエータファン(20)と駆動状態と停止状態に切換可能な排気用の排塵ファン(30)を配置し、酸化触媒装置(11)の後側部と操縦部(6)のエアクリーナ(6G)を支持する後プレート(41)の間に、ガイドプレート(42)を設けているので、後プレート(41)とガイドプレート(42)によって酸化触媒装置(11)から操縦部(6)に伝わる酸化触媒装置(11)で発生した熱を遮断し、操縦部(6)のエアクリーナ(6G)の近傍に配置された電装基盤の作動不良を防止することができる。
【0018】
請求項2記載の発明によれば、請求項1記載の発明の効果に加えて、ラジエータファン(20)により吸引された外気を送風する酸化触媒装置(11)の後側部とガイドプレート(42)の間に形成された上流口(A1)を、酸化触媒装置(11)の後側部とガイドプレート(42)の間に形成された通過口(A2)と下流口(A3)よりも大きく形成しているので、ラジエータファン(20)により吸入された外気を酸化触媒装置(11)の後側部に効率良く送風でき酸化触媒装置(11)の後側部を効率良く冷却することができる。
【0019】
請求項3記載の発明によれば、請求項1又は2記載の発明の効果に加えて、後プレート(41)の左側部とガイドプレート(42)の左側部を、酸化触媒装置(11)の上側に配置された前後方向に延在するフレーム(1H)に固定し、ガイドプレート(42)の後側部の右側部(42C)を、後プレート(41)の傾斜部(41E)に固定し、正面視において後プレート(41)とガイドプレート(42)の後側部とフレーム(1H)により区画される空間(C)を形成しているので、鋼材よりも熱伝導率が小さい空間(C)内の空気により酸化触媒装置(11)から操縦部(6)に伝わる酸化触媒装置(11)で発生した熱をさらに遮断することができる。
【0020】
請求項4記載の発明によれば、請求項1〜3のいずれか1項に記載の発明の効果に加えて、ガイドプレート(42)の前側部と操縦部(6)の操縦席(6F)を支持する前プレート(40)を、酸化触媒装置(11)の前側部の上側に配置し、ガイドプレート(42)の前側部をサイドパネル(6A)の下側に配置しているので、前プレート(40)とガイドプレート(42)の前側部により酸化触媒装置(11)により加熱された内気の操縦部(6)への送風が遮断されるために、操縦部(6)内の温度上昇を抑止することができる。
【0021】
請求項5記載の発明によれば、請求項1〜4のいずれか1項に記載の発明の効果に加えて、酸化触媒装置(11)の内部温度を計測する温度センサ(11D)を、酸化触媒装置(11)におけるラジエータファン(20)側の外周部位に設けているので、ラジエータファン(20)により吸入された外気により温度センサ(11D)を冷却することができるために、過度の温度上昇に伴う温度センサ(11D)の誤作動を防止することができる。
【0022】
請求項6記載の発明によれば、請求項1〜5のいずれか1項に記載の発明の効果に加えて、ラジエータファン(20)と排塵ファン(30)を同一軸心上に設け、ラジエータファン(20)と排塵ファン(30)とを一方が駆動状態となり他方が非駆動状態となるように互いに背反的に切換える駆動状態切換手段(45)を設け、エンジン(E)から排出される排気ガス中の未燃燃料を酸化する酸化触媒装置(11)をエンジン(E)の上側に配置し、排塵ファン(30)を支持する筒状回転軸(34)内を貫通してラジエータファン(20)を支持する回転軸(24)を設け、回転軸(24)をラジエータ(50)の上下方向の中心よりも上側に配置しているので、ラジエータファン(20)によって吸入された外気がエンジン(E)の上側に配置されている酸化触媒装置(11)に効率良く送風され、酸化触媒装置(11)の温度上昇を抑制することができる。
【0023】
また、ラジエータファン(20)が非駆動状態時には、排塵ファン(30)が駆動状態となるので、エンジン(E)や酸化触媒装置(11)によって暖められた内気は外部に素早く排出できエンジン(E)のオーバヒートを抑制することができる。
【0024】
請求項7記載の発明によれば、請求項6記載の発明の効果に加えて、回転軸(24)の軸心方向視において酸化触媒装置(11)をラジエータファン(20)と排塵ファン(30)の外周部よりも外側に配置しているので、排塵ファン(30)の駆動状態時に酸化触媒装置(11)が内気を外部に排出する障害となることを防止することができる。
【0025】
請求項8記載の発明によれば、請求項6又は7記載の発明の効果に加えて、回転軸(24)の軸心方向視において駆動状態切換手段(45)をラジエータファン(20)と排塵ファン(30)の外周部よりも外側に配置し、且つ、駆動状態切換手段(45)を酸化触媒装置(11)よりも機体後側に配置しているので、ラジエータファン(20)の駆動状態時に駆動状態切換手段(45)が吸入された外気の送風の障害となることを防止することができる。
【0026】
請求項9記載の発明によれば、請求項6〜8のいずれか1項に記載の発明の効果に加えて、エンジン(E)とラジエータ(50)を接続するラジエータホース(50A)を、前記ラジエータファン(20)と排塵ファン(30)の外周部よりも上側に配置しているので、ラジエータファン(20)の駆動状態時にラジエータホース(50A)が吸入された外気の送風の障害となることを防止することができ、排塵ファン(30)の駆動状態時にはラジエータホース(50A)が内気を外部に排出する障害となることを防止することができる。
【0027】
請求項10記載の発明によれば、請求項6〜9のいずれか1項に記載の発明の効果に加えて、エンジン(E)の回転が伝動される後部伝動軸(110)をエンジン(E)の機体後側に設け、後部伝動軸(110)に第1プーリ(121)と第2プーリ(131)を設け、回転軸(24)に第3プーリ(23)を設け、筒状回転軸(34)に第4プーリ(33)を設け、第1プーリ(121)と第3プーリ(23)に第1ベルト(122)を巻回し、第2プーリ(131)と第4プーリ(33)に第2ベルト(132)を巻回し、第1ベルト(122)を第2ベルト(132)よりもエンジン(E)側に配置しているので、駆動時間が長い第1ベルト(122)の保守・点検作業を容易に行なうことができる。
【図面の簡単な説明】
【0028】
図1】コンバインの右側面図である。
図2】コンバインの平面図である。
図3】エンジンルームの要部背面図である。
図4】エンジンルームの要部左側面図である。
図5】エンジンルームの要部右側面図である。
図6】駆動状態切換手段周辺の要部右側面図である。
図7】ラジエータファンと排塵ファン周辺の要部背面図である。
図8】第1、2テンションローラ周辺の要部左側面図である。
図9】原動部のプーリを(a)はエンジン側に偏倚して配置した状態、(b)はエンジンの反対側に偏倚して配置した状態の要部背面図である。
図10】エンジンの回転動力の伝動を説明する伝動図である。
図11】エンジンと酸化触媒装置の右側面図である。
図12】エンジンと酸化触媒装置の平面図である。
図13】エンジンと酸化触媒装置の背面図である。
図14】エンジンと酸化触媒装置の左側面図である。
図15】操縦部の平面図である。
図16】操縦部の要部正面図である。
図17】操縦部の前プレート、後プレートとガイドプレートの要部平面図である。
図18】操縦部の後プレートとガイドプレートの要部平面図である。
図19】操縦部の後プレートとガイドプレートの要部左側面図である。
図20】操縦部の後プレートとガイドプレートの要部背面図である。
図21】エンジンルームのエンジンとカウンター軸の伝動部の構成を説明する要部左側面図である。
図22】刈脱クラッチレバーとテンションローラを接続する連繋手段の配置を説明する要部左側面図である。
【発明を実施するための形態】
【0029】
以下、本発明の実施形態について添付図面を参照しつつ詳説する。なお、理解を容易にするために、操縦席6Fに搭乗した操縦者から見て、前方を前側、後方を後側、右手側を右側、左手側を左側として便宜的に方向を示して説明しているが、これらにより構成が限定されるものではない。
【0030】
図1,2に示すように、コンバインは、機体フレーム1の下方には、左右一対のクローラからなる走行装置2が設けられ、機体フレーム1の上部左側には、脱穀・選別を行う脱穀装置3が設けられ、脱穀装置3の前側には、圃場の穀桿を収穫する刈取装置4が設けられている。脱穀装置3で脱穀・選別された穀粒は、脱穀装置3の右側に設けられたグレンタンク5に貯留され、貯留された穀粒は、排出筒7によって外部に排出される。
【0031】
機体フレーム1の上部右側には、操作者が搭乗する操縦席6Fを備えた操縦部6が設けられ、操縦部6の下側には、エンジンEを搭載するエンジンルーム8が設けられている。また、エンジンルーム8の右側には、エンジンルーム8の保守・点検用のカバー8Aが装着されており、カバー8Aの上下方向における中間部と下部には、目抜き鉄板等から形成された濾過体8Bが取付けられている。
【0032】
図3〜5に示すように、エンジンルーム8の内側には、エンジンEが設けられている。
また、図11〜14に示すように、エンジンEの上部左側には、エンジンEから排出された排気ガス中の未燃燃料を酸化するDOC等の酸化触媒装置11が設けられている。これにより、酸化触媒装置11により加熱された内気を効率的に脱穀装置3に向かって送風し、脱穀装置3内の脱穀穀粒の乾燥を促進させることができる。
【0033】
酸化触媒装置11は、エンジンEの上部左側に設けられたステー11Bに、前後2本の支持部材11Aにより着脱自在に取付けられている。また、前側の支持部材11Aの左側部は、エンジンEの上部右側から左右方向に向かって延在するステー11Eに連結されている。これにより、支持部材11A、ステー11Bの剛性が高まりエンジンEの振動等により支持部材11A、ステー11Bの変形を防止でき、酸化触媒装置11を確実に支持することができる。
【0034】
酸化触媒装置11の内部温度を所定の使用温度内に維持して、排気ガス中の未燃燃料を効率的に酸化処理するために、酸化触媒装置11の内部温度を計測する温度センサ11Dは、酸化触媒装置11の外周部のラジエータファン20側に設けられている。これにより、ラジエータファン20で吸引された外気が温度センサ11Dに送風されて温度上昇に伴う誤計測を防止することができる。
【0035】
エンジンEの右側には、所定の間隔を隔ててエンジンEに供給される冷却水を冷却するラジエータ50が設けられ、エンジンEとラジエータ50を接続するゴム製のラジエータホース50Aは、エンジンルーム8における酸化触媒装置11と同一高さに設けられている。これにより、エンジンEとラジエータ50の間の空間にラジエータホース50Aを設ける必要がなく、エンジンEとラジエータ50の間に大きな空間を確保することができる。
【0036】
エンジンEとラジエータ50の間には、エンジンルーム8の外部から内部に向かって外気を吸入するラジエータファン20と、ラジエータファン20の左側に、エンジンルーム8の内部から外部に向かって内気を排気して濾過体8B上に付着した粉塵を除去する排塵ファン30が設けられている。
【0037】
ラジエータファン20の回転時には、カバー8Aの濾過体8Bを介して、外気をエンジンルーム8の内側に吸入して、ラジエータ50等の表面に送風することにより、ラジエータ50の冷却効率を高めることができる。また、排塵ファン30の回転時には、カバー8Aの濾過体8Bを介して、内気を外部に排気して、内気を濾過体8Bに送風することにより、濾過体8Bに付着した粉塵を除去することができ、ラジエータファン20による外気の吸入効率を一定に維持することができる。なお、便宜上、ラジエータファン20、排塵ファン30の回転時を駆動状態といい、ラジエータファン20、排塵ファン30の回転の停止時を停止状態という。
【0038】
ラジエータファン20は、回転軸24に取付けられる中心部と、中心部から径方向に向かって延出する羽根から形成されている。ラジエータファン20による外気の吸入効率を高めるために、本実施形態では羽根は、中心部の円周方向に所定の間隔を隔てて8枚設けているが、所望の吸入能力が得られる範囲で任意の枚数に変更することができる。
【0039】
同様に、排塵ファン30は、筒状回転軸34に取付けられる中心部と、中心部から径方向に向かって延出する羽根から形成されている。ラジエータファン20による外気の吸入効率の低下を防止するために、排塵ファン30の羽根の外径は、ラジエータファン20の羽根の外径よりも小さく形成されている。また、ラジエータファン20と、排塵ファン30の伝動構成を簡易にし、エンジンルーム8内の空間を有効に活用するために、排塵ファン30の羽根の翼角度は、ラジエータファン20の羽根の翼角度とは逆の翼角度を持って中心部に立設されている。これにより、排塵ファン30が取付けられた筒状回転軸34に伝動された回転方向と、ラジエータファン20が取付けられた回転軸24に伝動された回転方向が同一回転方向であっても、ラジエータファン20においては、外気を吸入してエンジンルーム8の内側に送風でき、排塵ファン30においては、内気をエンジンルーム8の外側に排気することができる。なお、排塵ファン30の羽根は、中心部の円周方向に所定の間隔を隔てて8枚設けているが、所望の送風能力が得られる範囲で任意の枚数に設定することができる。
【0040】
ラジエータ50とカバー8Aの間には、刈取装置4を昇降する油圧シリンダに供給されるオイルを冷却するオイルクーラ51と、エンジンEに供給される燃焼用の混合気体を冷却するインタークーラ52が設けられている。
【0041】
オイルクーラ51の前部は、蝶版53を介してプレート1Fの前部に取付けられ、オイルクーラ51と油圧シリンダを接続するゴム製のホース54は、プレート1Gに形成された開口部55内に挿通している。これにより、ラジエータ50の保守・点検作業時には、オイルクーラ51を蝶版53により回動し、ラジエータ50の右面を開放してラジエータ50の保守・点検を容易に行なうことができる。
【0042】
インタークーラ52の上下部は、それぞれ支持部材56を介してプレート1Fに取付けられ、インタークーラ52とエンジンEを接続するプレート1Fの右側に位置する金属製の配管57Aは、プレート1Gに形成された開口部58の外周部に固着されている。
【0043】
また、インタークーラ52とエンジンEを接続するプレート1Fの左側に位置する金属製の配管57Bは、エンジンルーム8における酸化触媒装置11と同一高さに設けられている。これにより、エンジンEとラジエータ50の間の空間に配管57Bを設ける必要がなく、エンジンEとラジエータ50の間に大きな空間を確保することができる。
【0044】
プレート1Fは、操縦部6を支持するフレーム1A〜1Dの右前側フレーム1Aと右後側フレーム1Bに支持部材59Aを介して取付けられている。同様に、プレート1Gは、右前側フレーム1Aと右後側フレーム1Bに支持部材59Bを介して取付けられている。
【0045】
図10に示すように、エンジンEの回転動力は、エンジンEから右側に向かって延出するクランクシャフト60に伝動され、クランクシャフト60に伝動された回転動力は、プーリ61、ベルト62、プーリ63を介して、プーリ63を支持する後部伝動軸110に伝動される。
なお、クランクシャフト60に替えてエンジンEのクランクシャフト60の上側に位置するウオータポンプシャフト60Aや、クランクシャフト60の左上側に位置するオルタネータシャフト60Dや、エンジンEから左側に向かって延出するフライホイールシャフト60Bに伝動された回転動力をプーリ、ベルト等を介して後部伝動軸110に伝動させることもできる。また、クランクシャフト60と、ウオータポンプシャフト60Aと、オルタネータシャフト60Dに軸支されたプーリには、ベルト60Eが巻回されており、クランクシャフト60の回転動力は、ベルト60Eを介して、ウオータポンプシャフト60Aと、オルタネータシャフト60Dに伝動される。
【0046】
後部伝動軸110に伝動された回転動力は、プーリ(請求項における「第1プーリ」)121、ベルト(請求項における「第1ベルト」)122、プーリ(請求項における「第3プーリ」)23を介して、プーリ23を支持する回転軸24に伝動され、回転軸24の右側端部に支持されたラジエータファン20を回転させる。
【0047】
同様に、後部伝動軸110に伝動された回転動力は、プーリ(請求項における「第2プーリ」)131、ベルト(請求項における「第2ベルト」)132、プーリ(請求項における「第4プーリ」)33を介して、プーリ33を支持する筒状回転軸34に伝動され、筒状回転軸34の右側端部に支持された排塵ファン30を回転させる。なお、回転軸24は、ベアリングを介して支持部25の内側に内嵌されており、筒状回転軸34は、ベアリングを介して支持部25の外側に外嵌されている。
【0048】
プーリ121とプーリ23に巻回されたベルト122には、テンションローラ26が備えられており、テンションローラ26によりベルト122の張力を変化させ回転動力の伝動の接続と遮断を行う。
【0049】
同様に、プーリ131とプーリ33に巻回されたベルト132には、テンションローラ36が備えられており、テンションローラ36によりベルト132の張力を変化させ回転動力の伝動の接続と遮断を行う。
【0050】
ラジエータファン20に回転動力を伝動するベルト122は、排塵ファン30に回転動力を伝動するベルト132よりもエンジンE側に設けられている。これにより、駆動時間が長いためにベルト132よりも早く劣化するベルト122の保守・点検作業を容易に行なうことができる。
【0051】
また、後部伝動軸110に伝動された回転動力は、一対の対向するベベルギヤを備えた伝動ギヤボックス70を介して、伝動ギヤボックス70から後側に向かって延出する軸71に伝動される。
【0052】
軸71に伝動された回転動力は、プーリ72、ベルト73、プーリ74を介して、プーリ74を支持する排出螺旋軸75に伝動される。排出螺旋軸75は、グレンタンク5の下部に前後方向に延在して設けられており、グレンタンク5に貯留された穀粒を排出筒7へ移送すると共に、排出筒7に内装された螺旋軸を駆動する。なお、プーリ72とベルト73に巻回されたベルト73には、テンションローラ(図示省略)が備えられており、テンションローラによりベルト73の張力を変化させ回転動力の伝動の接続と遮断を行う。
【0053】
本明細書において、中間伝動部150とは、プーリ61、ベルト62、プーリ63、後部伝動軸110、プーリ121、プーリ131、伝動ギヤボックス70、軸71、及びプーリ72から構成される部位をいい、ファン伝動部160とは、ベルト122、テンションローラ26、プーリ23、回転軸24、ラジエータファン20、ベルト132、テンションローラ36、プーリ33、筒状回転軸34、及び排塵ファン30から構成される部位をいい、排出伝動部170とは、ベルト73、プーリ74、及び排出螺旋軸75から構成される部位をいう。
【0054】
図3〜5に示すように、中間伝動部150は、エンジンルーム8の後部に設けられている。中間伝動部150のプーリ63、後部伝動軸110、プーリ121、プーリ131、伝動ギヤボックス70、軸71、及びプーリ72は、側面視において右後側フレーム1Bと左後側フレーム1Dよりも後側で、且つ、グレンタンク5の前壁5Aよりも前側の空間Sに設けられている。
【0055】
ファン伝動部160のベルト122、テンションローラ26、プーリ23、ベルト132、テンションローラ36、及びプーリ33は、エンジンEよりも右側で、且つ、ラジエータファン20の左側に並設された排塵ファン30よりも左側の間隔部Bに設けられている。すなわち、ファン伝動部160は、エンジンルーム8の後側に設けられた中間伝動部150から、間隔部Bに入り込んで設けられている。
【0056】
これにより、間隔部Bに設けられる部品を少なくし、エンジンEとラジエータファン20を接近して設けることができ、ラジエータファン20によって吸入された外気によりエンジンEを効率良く冷却させることができる。
また、エンジンEのクランクシャフト60と中間伝動部150のプーリ63を接近して設けることができ、ベルト62に起因する回転動力の伝動ロスを少なくすることができる。
さらに、中間伝動部150の保守・点検作業も容易に行なうことができ、中間伝動部150を小型・軽量に製作することが可能となる。
【0057】
次に、ラジエータファン20と排塵ファン30の駆動状態を切換える駆動状態切換手段45について説明する。
図6等に示すように、駆動状態切換手段45は、エンジンルーム8の左後側に位置する左後側フレーム1Dの後側に設けられている。より詳細には、駆動状態切換手段45は、左後側フレーム1Dから後側に向かって延出するエンジンEやラジエータ50を循環する冷却水の一部を一時的に貯留するリザーバタンク92を支持するするステー90の上部にボルト等の締結手段によって着脱自在に連結されたブラケット91に取付けられている。これにより、駆動状態切換手段45の保守・点検作業を容易に行うことができ、また、駆動状態切換手段45がラジエータファン20や排塵ファン30の送風を妨げることを防止できる。
【0058】
ブラケット91は、ステー90にリザーバタンク92を支持する締結手段を利用して共締めすることによりステー90に連結され、駆動状態切換手段45は、リザーバタンク92と反対側のブラケット91の左側面に取付けられている。これにより、部品点数を削減し、リザーバタンク92の破損時にリザーバタンク92から飛び散った冷却水により駆動状態切換手段45が故障することを防止できる。
【0059】
モータと減速機を備えた駆動状態切換手段45の出力軸45Dには、略長方形状のプレート45Eが支持されている。図6に示すように、プレート45Eには、出力軸45Dから前後に所定間隔を隔てて2本のピン45Cが立設されている。2本のピン45Cにはそれぞれ連繋手段80のアウターケーブル80Aに内装されたインナーケーブル80Bの後端部が接続される。なお、出力軸45Dは、駆動状態切換手段45から右側に向かって延出し、プレート45E、インナーケーブル80B等は、リザーバタンク92の上側に設けられている。これにより、リザーバタンク92の上側の空間を有効活用することができる。
【0060】
次に、連繋手段80とベルト122,132の張力を変化させ回転動力の伝動の接続と遮断を行うテンションローラ26,36の接続について説明する。
図7,8に示すように、一側の連繋手段80のアウターケーブル80Aの前端部は、後述するブラケット140の後アーム部142の後側上部に設けられたステー81に支持され、ステー81は、回転軸24の軸心方向視においてラジエータファン24と排塵ファン30の外周よりも外側に設けられている。これにより、連繋手段80とステー81が、ラジエータファン20と排塵ファン30の送風の障害にならずラジエータファン20と排塵ファン30の送風効率を向上させることができる。
【0061】
連繋手段80のインナーケーブル80Bの前端部は、プーリ23とプーリ121に巻回されたベルト122の張力を変化させ回転動力の伝動の接続と遮断を行うテンションローラ26のベルトストッパ26Cにスプリング等の弾性部材82を介して接続されている。これにより、過度の負荷が駆動状態切換手段45に加わる回数を減少させ、駆動状態切換手段45の耐久性を向上させることができる。
なお、ベルトストッパ26Cは、回転軸24の軸心方向視において略く字形状に形成され、ベルト122に接触する先端側のベルト接触部と、テンションアーム26Bに固着される接続部とを備えている。また、接続部の中間部には、弾性部材82を介してインナーケーブル80Bの前端部が接続されている。
【0062】
テンションローラ26は、後述するブラケット140の後アーム部142の後側下部に左右方向に設けられた支軸86に回転自在に取付けられたテンションアーム26Bと、テンションアーム26Bの先端部に回転自在に支持されたローラ26Aと、テンションアーム26Bの基部に固着されたベルトストッパ26Cを備えて構成されている。なお、支軸86は、ラジエータファン24と排塵ファン30の外周よりも外側に設けられている。これにより、支軸86が、ラジエータファン20と排塵ファン30の送風の障害にならずラジエータファン20と排塵ファン30の送風効率を向上させることができる。
【0063】
また、テンションローラ26のテンションアーム26Bとステー81の下部は、テンションローラ26をベルト122に向かって付勢するスプリング85で接続されている。
【0064】
同様に、図7,8に示すように、他側の連繋手段80のアウターケーブル80Aの前端部は、後述するブラケット140の後アーム部142の後側上部に設けられたステー81に支持され、ステー81は、回転軸24の軸心方向視においてラジエータファン24と排塵ファン30の外周よりも外側に設けられている。
【0065】
連繋手段80のインナーケーブル80Bの前端部は、プーリ33とプーリ131に巻回されたベルト132の張力を変化させ回転動力の伝動の接続と遮断を行うテンションローラ36のベルトストッパ36Cにスプリング等の弾性部材82を介して接続されている。なお、ステー81は、回転軸24の軸心方向視においてラジエータファン24の外周よりも外側に設けられている。また、ベルトストッパ36Cは、回転軸24の軸心方向視において略く字形状に形成され、ベルト132に接触する先端側のベルト接触部と、テンションアーム36Bに固着される接続部とを備えている。また、接続部の中間部には、弾性部材82を介してインナーケーブル80Bの前端部が接続されている。
【0066】
テンションローラ36は、後述するブラケット140の後アーム部142の後側下部に左右方向に設けられた支軸86に回転自在に取付けられたテンションアーム36Bと、テンションアーム36Bの先端部に回転自在に支持されたローラ36Aと、テンションアーム26Bの基部に固着されたベルトストッパ36Cを備えて構成されている。
【0067】
また、テンションローラ36のテンションアーム36Bとステー81の下部は、テンションローラ36をベルト132に向かって付勢するスプリング85で接続されている。
【0068】
図8は、ラジエータファン20が駆動状態であり、排塵ファン30が停止状態であるテンションローラ26,36の状態が図示されている。
図8に示すように、駆動状態切換手段45によりプレート45Eを回転させて、連繋手段80のインナーケーブル80Bを引込みテンションローラ26のベルトストッパ26Cが時計方向に回転した場合には、テンションローラ26のローラ26Aは、ベルト122を押圧し、テンションローラ26のベルトストッパ26Cは、ベルト122から離間して非制動状態となり、プーリ121に伝動されたエンジンEの回転動力をプーリ23に伝動する。
【0069】
一方、駆動状態切換手段45によりプレート45Eを回転させて、連繋手段80のインナーケーブル80Bを押出しテンションローラ36のベルトストッパ36Cが反時計方向に回転した場合には、テンションローラ36のローラ36Aは、ベルト132から離間し、テンションローラ36のベルトストッパ36Cは、ベルト132を押圧して制動状態となり、プーリ131に伝動されたエンジンEの回転動力のプーリ23への伝動を速やかに遮断する。これにより、図8においては、排塵ファン30の回転を速やかに停止し、ラジエータファン20の送風を妨げることを防止することができる。
【0070】
なお、駆動状態切換手段45の駆動は、制御装置(図示省略)によりラジエータ50の冷却水の温度等の状態に合わせて自動的に行なわれるものであるが、操縦者が駆動状態切換手段45の切換えを手動操作できるように、操縦部6や、エンジンルーム8とグレンタンク5の前壁5Aの空間Sに切換えレバーを設けることもできる。
【0071】
次に、ラジエータファン20が取付けられた回転軸24と、排塵ファンが取付けられた筒状回転軸34を支持するブラケット140について説明する。
図7,8に示すように、ブラケット140は、ブラケット140の中心部に回転軸24を内嵌し、筒状回転軸34を外嵌する支持部25が固着され、図3に示すように、ブラケット140における支持部25は、ラジエータ50の上下方向の中心部よりも上側に偏倚した位置に設けられている。これにより、ラジエータファン20により吸入された外気がエンジンEの上側に送風され、エンジンEや、エンジンEの上側に設けられた酸化触媒装置11を効率良く冷却することができる。
【0072】
ブラケット140は、回転軸24の軸心方向視で支持部25を中心に放射状に径方向に延在する3つのアーム部を有する三又形状に形成されている。すなわち、ブラケット140は、支持部25から略上前側に延在する前アーム部141と、支持部25から略後側に延在する後アーム部142と、支持部25から略下側に延在する下アーム部143を有している。
【0073】
前アーム部141は、先端側に延在するに従って右側(機体外側)に傾斜し、先端部は、右前側フレーム1Aに連結されている。後アーム部142は、回転軸24と直交する方向へ延在し、先端部は、右後側フレーム1Bと連結されている。下アーム部143は、先端側に延在するに従って右側(機体外側)に傾斜し、先端部は、機体フレーム1の上側に固着されたブラケット1Eに連結されている。
これにより、ラジエータファン20と排塵ファン30の送風の障害にならずラジエータファン20と排塵ファン30の送風効率を向上させることができる。また、ブラケット140の剛性が高まり、回転軸24、筒状回転軸34を安定して支持することができ、ラジエータファン20、排塵ファン30を安定して回転させることができる。さらに、前アーム部141と下アーム部143の先端側は、右側(機体外側)に向かい傾斜しているので、ブラケット140の前側、下側において間隔部Bを広く形成できるので、ラジエータファン20、排塵ファン30、エンジンE等の保守・点検作業が容易に行なうことができる。
【0074】
次に、プーリ63の後部伝動軸110における取付け位置を変更する手段について説明する。
図9に示すように、エンジンEの回転動力が伝動されるプーリ63は、後部伝動軸110にキー64により固定されている。後部伝動軸110の外周面にキー溝111が形成されている。キー溝111内に挿入されたキー64が、プーリ63と後部伝動軸110の間に介在することで、プーリ63が、後部伝動軸110に相対回転不能な状態で固定される。なお、キー溝111は、後部伝動軸110の軸心方向に間隔をおいて、後部伝動軸110の外周面の2箇所に形成されている。
また、後部伝動軸110の外周面には、カラー112,113が外嵌されている。カラー112,113は、プーリ63が後部伝動軸110の軸心方向に移動することを規制する部材である。なお、図9におけるカラー113の左右方向の長さは、カラー112の左右方向の長さよりも大きく形成されている。
【0075】
これにより、図9(a),(b)に示すように、プーリ63の後部伝動軸110の軸心方向における取付け位置を容易に変更することができる。
図9(a)は、プーリ63が後部伝動軸110の軸心方向の左側部に取付けられた状態を示し、図9(b)は、プーリ63が後部伝動軸110の軸心方向の右側部に取付けられた状態を示している。プーリ63の取付け位置を変更する場合には、キー64の挿入位置を変更し、プーリ63の左右側に配置されるカラー112,113を左右入替えて後部伝動軸110に外嵌する。また、プーリ63の位置変更に伴って、プーリ61とプーリ63に巻回されたベルト62を押圧するテンションローラ115A,115Bの位置を変更する。
【0076】
テンションローラ115A,115Bは、ローラ118と、ローラ118を支持するテンションアーム117を備えて構成されている。テンションローラ115A,115Bは、機体フレーム1にボルト等の締結手段により取付けられた支持部116に、テンションアーム117の基部に設けられたピン117Aが回転自在に支持されている。なお、テンションローラ115A,115Bをベルト62に付勢するために、テンションアーム117には、スプリング(図示省略)が接続されている。
【0077】
図9(a)に示すように、プーリ63を後部伝動軸110の軸心方向の左側部に取付けた場合は、ローラ118の右側にテンションアーム117が設けられている左側用テンションローラ115Aを使用し、図9(b)に示すように、プーリ63を後部伝動軸110の軸心方向の右側部に取付けた場合には、ローラ118の左側にテンションアーム117が設けられている右側用テンションローラ115Bを使用するのが好適である。
【0078】
左側用テンションローラ115Aのテンションアーム117は、後部伝動軸110の軸心方向に屈曲しながら後部伝動軸110から離れる方向に延在している。一方、右側用テンションローラ115Bのテンションアーム117は、後部伝動軸110の軸心方向に屈曲せずに後部伝動軸110から離れる方向に延在し、テンショアーム117の基部に設けられたピン117Aは、左側用テンションローラ115Aのピン117Aよりも左右方向に長く形成されている。なお、右側用テンションローラ115Bは、左側用テンションローラ115Aよりも右側に設けるのが好適である。
【0079】
次に、エンジンルーム8の上側に設けられた操縦部6について説明する。
【0080】
図15に示すように、操縦部6には、操縦席6Fを支持する前プレート40と、前プレート40の後側にエンジンEに供給される空気を浄化するエアクリーナ6Gを支持する後プレート41が設けられている。また、操縦部6の前部には、コンバインの駆動状態を表示するパネル6Cが装着されたフロントパネル6Dが設けられ、フロントパネル6Dの上側には、操作者が操作姿勢を維持するために把持する左右方向に延在する把持フレーム6Eが設けられている。さらに、操縦部6の機体内側である左側には、走行用油圧式無段変速装置を遠隔操作する主変速レバー6Hと、植立穀桿の倒伏状態に応じてトランスミッション内の伝動機構に備えた有段式の副変速装置を切換操作する副変速レバー6Iと、エンジンEから脱穀装置3、刈取装置4に伝動される回転動力の接続及び接続を解除する刈脱クラッチレバー6Bが装着されたサイドパネル6Aが設けられている。なお、前後方向に長手方向を配置した酸化触媒装置11は、前プレート40の左側部、サイドパネル6Aの後右側部と後プレート41の前部の左側に偏倚した部位の下側に配置されている。
【0081】
図16に示すように、酸化触媒装置11の上端部は、エアクリーナ6Gを上載する後プレート41の後水平部41Cよりも高く、前プレート40と略同一位置に配置されている。なお、エアクリーナ6Gの上側には、複数の電装基盤6Jが並設されている。
【0082】
後プレート41の前水平部41Aは、ラジエータ50の上側から酸化触媒装置11の上側に延在し、同様に、後プレート41の前垂直部41Bは、ラジエータ50の上側から酸化触媒装置11の上側に延在し、前垂直部41Bの左側端部は、上端部から下端部に向かって右側に傾斜して形成され、後プレート41の後水平部41Cは、ラジエータ50の上側から酸化触媒装置11の右側に延在している。また、前水平部41Aの前部の上面には、酸化触媒装置11により加熱された空気が操縦部6への送風を防止するために、前水平部41Aの前部と前プレート40の後部の間の隙間を密閉するシール材(図示省略)が設けられている。
【0083】
前垂直部41Bの上端部から下端部に向かって右側に傾斜して形成された左側端部の後面には、後側に向かって延在する傾斜部41Eの前端部が溶接され、傾斜部41Eの上端部には、左側に向かって延在する左水平部41Fが形成されている。また、左水平部41Fの左側部は、酸化触媒装置11の左右方向の中心を超えて酸化触媒装置11の上側に延在し、左前側フレーム1Cの上端部に溶接された左側水平フレーム(請求項における「フレーム」)1Hの上側面に溶接されている。
【0084】
傾斜部41Eの左側面には、ラジエータファン20によって吸引された外気を酸化触媒装置11の上側を誘導した後に、酸化触媒装置11の上側から下側に誘導して外部に送風するために略円弧状に形成されたガイドプレート42の右側部が溶接されている。また、ガイドプレート42の左側部は、酸化触媒装置11の左右方向の中心を超えて酸化触媒装置11の上側に延在し、左前側フレーム1Cの上端部に溶接された左側水平フレーム1Hの下側面に溶接されている。
【0085】
酸化触媒装置11の上側を通過する外気の上流口A1は、外気の通過口A2と外気の下流口A3よりも大きく形成されている。これにより、ラジエータファン20によって吸引された外気を酸化触媒装置11の上側に送風し、酸化触媒装置11により加熱された酸化触媒装置11の周辺の空気を外部に効率良く排出して、周辺温度の上昇に伴う電装基盤6Jの誤作動を防止することができる。また、傾斜部41E、左水平部41F、左側水平フレーム1Hとガイドプレート42によって区画された区画内の空気により酸化触媒装置11の熱の伝播が抑制され、電装基盤6Jの周辺の温度上昇を抑制することもできる。
なお、本明細書において上流口A1の大きさとは、正面視において酸化触媒装置11の中心と傾斜部41Eの下端部を結ぶ線上の酸化触媒装置11の外周面と傾斜部41Eの下端部の長さを言い、通過口A2の大きさとは、正面視において酸化触媒装置11の中心と酸化触媒装置11の中心に対向するガイドプレート42の部位を結ぶ線上の酸化触媒装置11の外周面と酸化触媒装置11の中心に対向するガイドプレート42の部位の長さを言い、下流口A3の大きさとは、正面視において酸化触媒装置11の中心と左側水平フレーム1Hの右側下端部に対向するガイドプレート42の部位を結ぶ線上の酸化触媒装置11の外周面と左側水平フレーム1Hの右側下端部に対向するガイドプレート42の部位の長さを言う。
【0086】
図17〜20に示すように、操縦部6の前部の右側には、機体フレーム1に基部が溶接され上下方向に延在する右前側フレーム1Aが設けられ、操縦部6の後部の右側には、機体フレーム1に基部が溶接され上下方向に延在する右後側フレーム1Bが設けられている。また、右前側フレーム1Aの上端部には、右後側フレーム1Bに向かって延在する右側水平フレーム1aが形成されており、右側水平フレーム1aの後端部は、右後側フレーム1Bの上端部に溶接されている。
【0087】
操縦部6の前部の左側には、トランスミッションに設けられたブラケット(図示省略)に基部が溶接され上下方向に延在する左前側フレーム1Cが設けられており、左前側フレーム1Cの上端部には、前後方向に延在する左側水平フレーム1Hが設けられており、左側水平フレーム1Hの後端部は、ガイドプレート42の左後端部42Aまで延在している。
【0088】
操縦部6の後部の左側には、機体フレーム1に基部が溶接され上下方向に延在する左後側フレーム1Dが設けられ、左後側フレーム1Dの前側面には、前後方向に延在する中間水平フレーム1Jの後端部が溶接されている。なお、側面視において中間水平フレーム1Jは、右側水平フレーム1aと同一高さに設けられている。
【0089】
操縦席6Fを支持する前プレート40の右側部は、エンジンルーム8のカバー8Aにボルトにより着脱自在に固定され、前プレート40の後部は、後プレート41の前水平部41Aの前端部の上側面に載上され、前プレート40の左側部は、ガイドプレート42の前部の右側部42Dの上側面に載上されている。また、前プレート40の左側部の下面には、酸化触媒装置11により加熱された空気が操縦部6への送風を防止するために、前プレート40の左側部とガイドプレート42の前部の右側部42Dの間の隙間を密閉するシール材43が設けられている。なお、エンジンルーム8のカバー8Aは、カバー8Aの下部を支持する前後方向に延在する支軸(図示省略)を中心として、開閉時には左右方向に揺動する。
【0090】
エアクリーナ6Gを支持する後プレート41の後水平部41の右側部は、右側水平フレーム1aの後側部の上側面に溶接され、後プレート41の左水平部41Fの右側部は、中間水平フレーム1Jの上側面に溶接され、後プレート41の左水平部41Fの左側部は、左側水平フレーム1Hの後側部の上側面に溶接されている。
【0091】
ガイドプレート42の左側部42Bは、左側水平フレーム1Hの後側部の下側面に溶接され、ガイドプレート42の後部の右側部42Cは、後プレート41の傾斜部41Eの左側面に溶接されている。
【0092】
酸化触媒装置11の熱を遮断するために、酸化触媒装置11の前右側の部位上に、前プレート40を設け、酸化触媒装置11の前左側の部位上に、ガイドプレート42とサイドパネル6Bを設け、酸化触媒装置11の後側の部位上には、後プレート41とガイドプレートを設けている。これにより、操縦部6への酸化触媒装置11の熱の伝播を抑制し、操作者の作業環境を好適に維持し、熱による電装基盤6Jの不具合を防止することができる。また、後水平部41Cの後端部には、下方に向かって延在する後垂直部41Dが設けられており、エアクリーナ6G、電装基盤6Jを覆うカバーが係合される。
【0093】
次に、エンジンEの回転動力を脱穀装置3の前側の下方に設けられたカウンター軸65に伝動する構成について説明する。
【0094】
図21,22に示すように、エンジンEの左側に延出するフライホイールシャフト60Bに支持されたプーリ60Fとカウンター軸65に支持されたプーリ65Aには、ベルト66が巻回されており、ベルト66の下側には、テンションローラ67が備えられている。
【0095】
テンションローラ67は、テンションアーム67Bと、テンションアーム67Bの先端部に回転自在に支持されたローラ67Aを備えて構成されている。テンションアーム67Bの基部は、機体フレーム1にエンジンEの後部左側を固定するエンジンマウント69に備えられた左右方向に延在する支軸69Aに回転自在に取付けられている。これにより、機体フレーム1にテンションローラ67を取付けるための部材を設ける必要が無くなり、部品点数を削減することができる。
【0096】
テンションアーム67Bの前後方向の中間部は、連繋手段68を介して、操縦部6のサイドパネル6Aに設けられた刈脱クラッチレバー6Bの下部に接続されている。
刈脱クラッチレバー6Bを前側に倒して、脱穀装置3と刈取装置4を駆動させる場合は、テンションローラ67のローラ67Aは、ベルト66を上側に向かって押圧し、ベルト66の張力を緊張して、エンジンEのフライホイールシャフト60Bの回転動力をカウンター軸65に伝動する。一方、刈脱クラッチレバー6Bを後側に倒して、脱穀装置3と刈取装置4を停止させる場合には、テンションローラ67のローラ67Aは、ベルト66から下側に向かって離間し、ベルト66の張力を弛緩して、エンジンEのフライホイールシャフト60Bの回転動力のカウンター軸65への伝動を遮断する。
【0097】
刈脱クラッチレバー6Bとテンションアーム67Bを接続する連繋手段68後側には、酸化触媒装置11から排出される排気ガスを外部に排出するマフラー12が配置されており、マフラー12の後側には、カウンター軸65に支持されたプーリ65Aと脱穀装置3の前側に設けられた脱穀伝動軸15に支持されたプーリ15Aに巻回されたベルト16が設けられている。
【0098】
図21に示すように、側面視において連繋手段68、マフラー12とベルト16は、略平行に後下がり傾斜状に配置されている。これにより、連繋手段68、マフラー12とベルト16を効率良く配置することができ組立作業を容易に行なうことができる。
【符号の説明】
【0099】
1H 左側水平フレーム(フレーム)
6 操縦部
6A サイドパネル
6F 操縦席
6G エアクリーナ
11 酸化触媒装置
11D 温度センサ
20 ラジエータファン
23 プーリ(第3プーリ)
24 回転軸
30 排塵ファン
33 プーリ(第4プーリ)
34 筒状回転軸
40 前プレート
41 後プレート
41E 傾斜部
42 ガイドプレート
42C 右側部
45 駆動状態切換手段
50 ラジエータ
50A ラジエータホース
110 後部伝動軸
121 プーリ(第1プーリ)
122 ベルト(第1ベルト)
131 プーリ(第2プーリ)
132 ベルト(第2ベルト)
A1 上流口
A2 通過口
A3 下流口
C 空間
E エンジン
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
図11
図12
図13
図14
図15
図16
図17
図18
図19
図20
図21
図22