特許第6052857号(P6052857)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ サミー株式会社の特許一覧
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B2)
(11)【特許番号】6052857
(24)【登録日】2016年12月9日
(45)【発行日】2016年12月27日
(54)【発明の名称】ぱちんこ遊技機
(51)【国際特許分類】
   A63F 7/02 20060101AFI20161219BHJP
【FI】
   A63F7/02 320
【請求項の数】1
【全頁数】37
(21)【出願番号】特願2012-189113(P2012-189113)
(22)【出願日】2012年8月29日
(65)【公開番号】特開2014-45811(P2014-45811A)
(43)【公開日】2014年3月17日
【審査請求日】2015年6月23日
(73)【特許権者】
【識別番号】390031783
【氏名又は名称】サミー株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】100105315
【弁理士】
【氏名又は名称】伊藤 温
(72)【発明者】
【氏名】吉田 信介
(72)【発明者】
【氏名】香取 良一
【審査官】 秋山 斉昭
(56)【参考文献】
【文献】 特開2010−264023(JP,A)
【文献】 特開2012−130450(JP,A)
【文献】 特開2011−143174(JP,A)
【文献】 特開2003−34002(JP,A)
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
A63F 7/02
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
始動口と、
識別情報を変動表示及び停止表示可能な識別情報表示部と、
演出を表示可能な演出表示部と
を備え、
始動口への入球を契機として、遊技内容を決定する乱数を取得する乱数取得手段と、
前記乱数に基づき、前記遊技内容として、識別情報の変動内容及び停止識別情報を決定する識別情報表示内容決定手段と、
識別情報表示内容決定手段により決定された変動内容に従い、識別情報を識別情報表示部上にて変動表示した後、停止識別情報を表示するよう制御する識別情報表示制御手段と、
識別情報表示部上にて表示された停止識別情報が所定態様であった場合、遊技者にとって有利な特別遊技へ移行し得る特別遊技実行手段と、
乱数取得手段により乱数が取得された場合、前記遊技内容の決定が許可される遊技内容決定許可時まで、当該取得された乱数に係る情報を保留として一時記憶する乱数一時記憶手段と、
乱数一時記憶手段に一時記憶されている保留の数に基づく保留画像を演出表示部にて表示するよう制御する保留画像表示制御手段と
を備え、
保留画像の表示態様として、第1表示態様と、第1表示態様とは異なる第2表示態様と、第1表示態様とも第2表示態様とも異なる第3表示態様とを有し、
識別情報の変動内容と対応した演出内容を演出表示部にて実行可能であり、リーチ状態の形成後における演出内容として、第1演出を実行する第1リーチ演出と、前記第1演出とは異なる第2演出を実行する第2リーチ演出とを有し、
第1表示態様にて表示された保留画像に対応する保留よりも、第2表示態様にて表示された保留画像に対応する保留の方が遊技者にとって有利となり、第2表示態様にて表示された保留画像に対応する保留よりも、第3表示態様にて表示された保留画像に対応する保留の方が遊技者にとって有利となり、且つ、第1リーチ演出が実行された場合よりも、第2リーチ演出が実行された場合の方が遊技者にとって有利となるよう構成されており、
第1表示態様にて表示された保留画像に対応する保留の遊技内容決定許可時においては、複数種類の変動内容候補の中のいずれかを識別情報の変動内容として決定するよう構成されており、
第1表示態様にて表示された保留画像に対応する保留に基づく識別情報の変動表示の際に採り得る演出として、リーチ状態が形成されない演出内容を有し、
第1表示態様にて表示された保留画像に対応する保留に基づく識別情報の変動表示の際に採り得る演出として、第1リーチ演出を実行した後で第2リーチ演出を実行しない演出内容と、第1リーチ演出を実行した後で更に第2リーチ演出を実行する演出内容と、を有し、
第1表示態様にて表示された保留画像は、当該第1表示態様にて表示された保留画像に対応する保留の遊技内容決定許可時までに、遊技者によって操作可能な操作部材が操作されたことに応じて、第2表示態様に変化することもあれば、第3表示態様に変化することもあるよう構成されており、
第3表示態様にて表示された保留画像に対応する保留に基づく識別情報の変動表示の際に第2リーチ演出が実行される確率は、第1表示態様にて表示された保留画像に対応する保留に基づく識別情報の変動表示の際に第2リーチ演出が実行される確率よりも高くなるよう構成されており、且つ、第3表示態様にて表示された保留画像に対応する保留に基づく識別情報の変動表示の際に第2リーチ演出が実行される確率は、第2表示態様にて表示された保留画像に対応する保留に基づく識別情報の変動表示の際に第2リーチ演出が実行される確率よりも高くなるよう構成されている
ことを特徴とするぱちんこ遊技機。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
ぱちんこ遊技機に関する。
【背景技術】
【0002】
現在最も普及しているぱちんこ遊技機は、始動口(スタートチャッカー)に遊技球が入球したことを契機として、7セグ等の表示部上で「特別図柄」(或いは主遊技図柄)と称される図柄が変動表示され、当該特別図柄が特定態様(例えば「7」)となった場合、通常遊技状態よりも遊技者にとって利益状態の高い特別遊技状態{通常時は閉状態にある大入賞口(いわゆるアタッカー)が所定条件で開放する内容の遊技}に移行するタイプの機種(いわゆる「第一種ぱちんこ遊技機」)である。ここで、遊技者の利益に直結する特別図柄の表示制御の負担を軽減するために、前記の「特別図柄」とは別に、遊技の興趣性を高めるための演出用の「装飾図柄」と称される図柄が、前記特別図柄の変動とシンクロした形で、前記表示部よりもサイズが大きい液晶等のディスプレー上で変動表示される。そして、特別図柄の変動が開始されると装飾図柄もこれに合わせて変動を開始し、特別図柄が特定態様(例えば「7」)で停止した場合、装飾図柄もこれに合わせて所定態様(例えば「777」)で停止することとなる。そして、遊技者は、装飾図柄が所定態様で停止したことにより、特別遊技へ移行が確定したことを認識する。
【0003】
ここで、当該仕組みはこの種のぱちんこ遊技機で共通するので、他種との差別化を図るためには、前記図柄の変動態様を含めた演出全般に対し、いかに工夫を凝らし高い興趣性を付与するかということに注力されている。例えば、保留表示の表示態様を変化させることで、将来実行される予定の遊技内容を事前に報知(示唆)する演出手法(いわゆる保留予告表示)がその一つである。
【特許文献1】特開2011−4984号公報
【特許文献2】特開2011−172810号公報
【特許文献3】特開2010−119877号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、このような演出手法は従来から多用されているため、遊技の興趣性を向上させるためには更なる改善が必要であるという課題が存在する。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本態様に係るぱちんこ遊技機は、
始動口と、
識別情報を変動表示及び停止表示可能な識別情報表示部と、
演出を表示可能な演出表示部と
を備え、
始動口への入球を契機として、遊技内容を決定する乱数を取得する乱数取得手段と、
前記乱数に基づき、前記遊技内容として、識別情報の変動内容及び停止識別情報を決定する識別情報表示内容決定手段と、
識別情報表示内容決定手段により決定された変動内容に従い、識別情報を識別情報表示部上にて変動表示した後、停止識別情報を表示するよう制御する識別情報表示制御手段と、
識別情報表示部上にて表示された停止識別情報が所定態様であった場合、遊技者にとって有利な特別遊技へ移行し得る特別遊技実行手段と、
乱数取得手段により乱数が取得された場合、前記遊技内容の決定が許可される遊技内容決定許可時まで、当該取得された乱数に係る情報を保留として一時記憶する乱数一時記憶手段と、
乱数一時記憶手段に一時記憶されている保留の数に基づく保留画像を演出表示部にて表示するよう制御する保留画像表示制御手段と
を備え、
保留画像の表示態様として、第1表示態様と、第1表示態様とは異なる第2表示態様と、第1表示態様とも第2表示態様とも異なる第3表示態様とを有し、
識別情報の変動内容と対応した演出内容を演出表示部にて実行可能であり、リーチ状態の形成後における演出内容として、第1演出を実行する第1リーチ演出と、前記第1演出とは異なる第2演出を実行する第2リーチ演出とを有し、
第1表示態様にて表示された保留画像に対応する保留よりも、第2表示態様にて表示された保留画像に対応する保留の方が遊技者にとって有利となり、第2表示態様にて表示された保留画像に対応する保留よりも、第3表示態様にて表示された保留画像に対応する保留の方が遊技者にとって有利となり、且つ、第1リーチ演出が実行された場合よりも、第2リーチ演出が実行された場合の方が遊技者にとって有利となるよう構成されており、
第1表示態様にて表示された保留画像に対応する保留の遊技内容決定許可時においては、複数種類の変動内容候補の中のいずれかを識別情報の変動内容として決定するよう構成されており、
第1表示態様にて表示された保留画像に対応する保留に基づく識別情報の変動表示の際に採り得る演出として、リーチ状態が形成されない演出内容を有し、
第1表示態様にて表示された保留画像に対応する保留に基づく識別情報の変動表示の際に採り得る演出として、第1リーチ演出を実行した後で第2リーチ演出を実行しない演出内容と、第1リーチ演出を実行した後で更に第2リーチ演出を実行する演出内容と、を有し、
第1表示態様にて表示された保留画像は、当該第1表示態様にて表示された保留画像に対応する保留の遊技内容決定許可時までに、遊技者によって操作可能な操作部材が操作されたことに応じて、第2表示態様に変化することもあれば、第3表示態様に変化することもあるよう構成されており、
第3表示態様にて表示された保留画像に対応する保留に基づく識別情報の変動表示の際に第2リーチ演出が実行される確率は、第1表示態様にて表示された保留画像に対応する保留に基づく識別情報の変動表示の際に第2リーチ演出が実行される確率よりも高くなるよう構成されており、且つ、第3表示態様にて表示された保留画像に対応する保留に基づく識別情報の変動表示の際に第2リーチ演出が実行される確率は、第2表示態様にて表示された保留画像に対応する保留に基づく識別情報の変動表示の際に第2リーチ演出が実行される確率よりも高くなるよう構成されている
ことを特徴とするぱちんこ遊技機である。
<付記>
尚、本態様とは異なる別態様について以下に列記しておくが、これらには何ら限定されることなく実施することが可能である。
本別態様に係るぱちんこ遊技機は、
始動口(例えば、主遊技始動口2110)と、
識別情報を変動表示及び停止表示可能な識別情報表示部(例えば、装図表示部2141)と、
保留情報を表示可能な保留情報表示部(例えば、装図保留表示部2142)と、
遊技者によって操作可能な操作部材(例えば、演出操作装置4000)と
を備え、
始動口(例えば、主遊技始動口2110)への入球を契機として、遊技内容を決定する乱数を取得する乱数取得手段(例えば、乱数取得判定実行手段1120)と、
前記乱数に基づき、前記遊技内容として、識別情報の変動内容及び停止識別情報を決定する識別情報表示内容決定手段(例えば、装図表示内容決定手段2152a−1や主演出動作内容決定手段2152a−3)と、
識別情報表示内容決定手段(例えば、装図表示内容決定手段2152a−1や主演出動作内容決定手段2152a−3)により決定された変動内容に従い、識別情報を識別情報表示部(例えば、装図表示部2141)上にて変動表示した後、停止識別情報を表示するよう制御する識別情報表示制御手段(例えば、装飾図柄表示制御手段2152a)と、
識別情報表示部(例えば、装図表示部2141)上にて表示された停止識別情報が所定態様であった場合、遊技者にとって有利な特別遊技へ移行し得る特別遊技実行手段(例えば、特別遊技制御手段1170)と、
乱数取得手段(例えば、乱数取得判定実行手段1120)により乱数が取得された場合、前記遊技内容の決定が許可される遊技内容決定許可時まで、当該取得された乱数に係る情報を保留として一時記憶する乱数一時記憶手段(例えば、保留制御手段1130)と、
乱数一時記憶手段(例えば、保留制御手段1130)に一時記憶されている保留の数に基づく保留情報を保留情報表示部(例えば、装図保留表示部2142)にて表示するよう制御する手段であって、ある保留における乱数に係る情報に基づき、当該ある保留の遊技内容決定許可時において決定予定である前記変動内容を事前判定すると共に、当該事前判定結果を当該ある保留に対応した保留予告情報として保留情報表示部(例えば、装図保留表示部2142)にて表示し得る保留情報表示制御手段(例えば、装図保留情報表示制御手段2152b)と、
ある保留に対応した保留予告情報が保留情報表示部(例えば、装図保留表示部2142)にて表示されている状況下、操作部材(例えば、演出操作装置4000)が操作されたことを契機として、当該ある保留に対応した保留予告情報の表示内容を段階的に変化させる保留予告情報表示内容変更制御手段(例えば、装図保留情報表示制御手段2152b)と
を備え、
識別情報表示制御手段(例えば、装飾図柄表示制御手段2152a)は、
ある保留に係る遊技内容決定許可時において識別情報の変動表示を実行している状況下、当該ある保留に対応した保留予告情報の表示内容が保留予告情報表示内容変更制御手段(例えば、装図保留情報表示制御手段2152b)により変化された段階に基づき、当該実行途中である変動内容を変更し得る
ことを特徴とするぱちんこ遊技機である。
【発明の効果】
【0006】
本態様に係るぱちんこ遊技機によれば、いわゆる保留予告演出において、遊技の興趣性を更に向上させることができるという効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
【0007】
図1図1は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機の正面図である。
図2図2は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機の背面図である。
図3図3は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機の機能ブロック図である。
図4図4は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機における、主制御装置側でのメインフローチャートである。
図5図5は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機における、主制御装置側での補助遊技側乱数取得処理のフローチャートである。
図6図6は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機における、主制御装置側での電動役物駆動判定処理のフローチャートである。
図7図7は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機における、主制御装置側での主遊技側乱数取得処理のフローチャートである。
図8図8は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機における、主制御装置側での主遊技図柄表示処理のフローチャートである。
図9図9は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機における、主制御装置側での特定遊技終了判定処理のフローチャートである。
図10図10は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機における、主制御装置側での特別遊技作動条件判定処理のフローチャートである。
図11図11は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機における、主制御装置側での特別遊技制御処理のフローチャートである。
図12図12は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機における、主制御装置側での特別遊技終了後の遊技状態決定処理のフローチャートである。
図13図13は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機における、演出表示制御装置(サブメイン基板)側でのメインフローチャートである。
図14図14は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機における、演出表示制御装置(サブメイン基板)側での保留情報管理処理のフローチャートである。
図15図15は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機における、演出表示制御装置(サブメイン基板)側での保留予告表示内容決定処理のフローチャートである。
図16図16は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機における、演出表示制御装置(サブメイン基板)側での保留表示制御処理のフローチャートである。
図17図17は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機における、演出表示制御装置(サブメイン基板)側での保留表示変更操作受付制御処理のフローチャートである。
図18図18は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機における、演出表示制御装置(サブメイン基板)側での装飾図柄表示内容決定処理のフローチャートである。
図19図19は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機における、演出表示制御装置(サブメイン基板)側での装飾図柄表示内容決定処理にて参照されるテーブル構成図である。
図20図20は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機における、演出表示制御装置(サブメイン基板)側での保留表示種別対応リーチ画像切替制御処理のフローチャートである。
図21図21は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機における、演出表示制御装置(サブメイン基板)側での装飾図柄表示制御処理のフローチャートである。
図22図22は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機における、演出表示制御装置(サブメイン基板)側での表示更新処理のフローチャートである。
図23図23は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機における、演出表示制御装置(サブメイン基板)側でのバトル演出発展前切替制御処理のフローチャートである。
図24図24は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機における、演出表示制御装置(サブメイン基板)側でのバトル演出発展後切替制御処理のフローチャートである。
図25図25は、本実施形態に係るぱちんこ遊技機における、演出表示制御装置(サブメイン基板)側での特別遊技中表示制御処理のフローチャートである。
【実施するための形態】
【0008】
以下、本実施形態における用語について説明する。尚、各用語の意義は特に限定されないが、理解の容易上例示的に説明する。「識別情報」とは、五感(視覚、聴覚、触覚等)を通じて情報の種類を識別可能であればどのような形態でもよいが、好適には、視覚的なもの、例えば、数字、文字、図柄等の形状のあるものを挙げることができる。「識別情報を変動表示及び停止表示可能」とは、表示方法には何ら限定されず、例えば、発光手段(例えば液晶、LED、7セグ)の発光(発光の有無だけでなく、色の違いも含む)、物理的な表示(例えば、リール帯に描かれた図柄を所定位置に停止表示する)等、を挙げることができる。「入球」とは、賞球が払い出される入賞のみならず、賞球払い出しの無い「スルーチャッカー」への通過も含む。「乱数」とは、遊技機において何らかの遊技内容を決定するための抽選(電子計算機によるくじ)に使用される乱数であり、狭義の乱数の他に擬似乱数も含む(例えば、乱数としてはハード乱数、擬似乱数としてはソフト乱数)。例えば、遊技の結果に影響を与えるいわゆる「基本乱数」、具体的には、特別遊技の移行と関連した「当選乱数(当否抽選用乱数)」、識別図柄の変動態様(又は変動時間)を決定するための「変動態様決定乱数」、停止図柄を決定する「図柄決定乱数」、特別遊技後に特定遊技(例えば確率変動遊技)に移行するか否かを決定する「当り図柄決定乱数」等を挙げることができる。尚、変動態様の内容や確定識別情報の内容等を決定する際、これらすべての乱数を使用する必要はなく、互いに同一又は相違する、少なくとも一つの乱数を使用すればよい。また、例えば、一種の乱数(例えば当選乱数)が、別種の乱数(例えば図柄決定乱数)を兼ねていてもよい。
【0009】
以下、本実施形態について説明する。尚、以下の実施形態は、従来の第1種ぱちんこ遊技機に関するものであるが、これに限定されず、他の遊技機{例えば、従来の第2種や第3種、一般電役、普通機、複合機(例えば、従来の第1種の機能を二つ有する遊技機や、従来の第1種の機能と従来の第2種の機能を一つ有する遊技機)といったぱちんこ遊技機や回胴式遊技機(いわゆるスロットマシン)}に応用された場合も範囲内である。尚、あくまで一実施形態であり、各手段が存在する場所や機能等、各種処理に関しての各ステップの順序、フラグのオン・オフのタイミング、各ステップの処理を担う手段名等に関し、以下の態様に限定されるものではない。更に、以下の実施形態や変更例は、特定のものに対して適用されると限定的に解すべきでなく、どのような組み合わせであってもよい。例えば、ある実施形態についての変更例は、別の実施形態の変更例であると理解すべきであり、また、ある変更例と別の変更例が独立して記載されていたとしても、当該ある変更例と当該別の変更例を組み合わせたものも記載されていると理解すべきである。また、本実施形態では、各種テーブルに関し、抽選テーブルと参照テーブルとが存在するが、これらも限定的ではなく、抽選テーブルを参照テーブルとしたり或いはこの逆としてもよい。
【0010】
まず、図1を参照しながら、本実施形態に係るぱちんこ遊技機の前面側の基本構造を説明する。ぱちんこ遊技機は、主に遊技機枠と遊技盤で構成される。以下、これらを順に説明する。
【0011】
はじめに、ぱちんこ遊技機の遊技機枠は、外枠102、前枠104、透明板106、扉108、上球皿110、下球皿112及び発射ハンドル116を含む。まず、外枠102は、ぱちんこ遊技機を設置すべき位置に固定するための枠体である。前枠104は、外枠102の開口部分に整合する枠体であり、図示しないヒンジ機構を介して外枠102に開閉可能に取り付けられる。前枠104は、遊技球を発射する機構、遊技盤を着脱可能に収容させるための機構、遊技球を誘導又は回収するための機構等を含む。透明板106は、ガラス等により形成され、扉108により支持される。扉108は、図示しないヒンジ機構を介して前枠104に開閉可能に取り付けられる。上球皿110は、遊技球の貯留、発射レールへの遊技球の送り出し、下球皿112への遊技球の抜き取り等の機構を有する。下球皿112は、遊技球の貯留、抜き取り等の機構を有する。また、上球皿110と下球皿112の間にはスピーカ114が設けられており、遊技状態等に応じた効果音が出力される。
【0012】
次に、遊技盤は、外レール122と内レール124とにより区画された遊技領域120が形成されている。そして、当該遊技領域120には、図示しない複数の遊技釘及び風車等の機構や各種一般入賞口の他、主遊技始動口2110、補助遊技始動口2210、大入賞口2120、主遊技図柄表示装置2130、演出表示装置2140、補助遊技図柄表示装置2220、センター飾り192及びアウト口142が設置されている。以下、各要素を順番に詳述する。
【0013】
まず、主遊技始動口2110は、主遊技に対応する始動入賞口として設置されている。具体的構成としては、主遊技始動口2110は、主遊技始動口入球検出装置2111と、主遊技始動口電動役物2112と、主遊技始動口電動役物2112を開閉させるための主遊技始動口電動役物ソレノイド2112aとを備える。ここで、主遊技始動口入球検出装置2111は、主遊技始動口2110への遊技球の入球を検出するセンサであり、入球時にその入球を示す主遊技始動口入球情報を生成する。次に、主遊技始動口電動役物2112は、主遊技始動口2110に遊技球が入賞し得る通常状態と当該通常状態よりも遊技球が入賞し易い開放状態に可変する。
【0014】
次に、補助遊技始動口2210は、補助遊技に対応する始動入賞口として設置されている。具体的構成としては、補助遊技始動口2210は、補助遊技始動口入球検出装置2211を備える。ここで、補助遊技始動口入球検出装置2211は、補助遊技始動口2210への遊技球の入球を検出するセンサであり、入球時にその入球を示す補助遊技始動口入球情報を生成する。尚、補助遊技始動口2210への遊技球の入球は、主遊技始動口2110の主遊技始動口電動役物2112を拡開させるための抽選の契機となる。
【0015】
次に、大入賞口2120は、主遊技が所定態様で停止した場合に開状態となる、横長方形状を成しアウト口142の上方に位置した、主遊技に対応した入賞口である。具体的構成としては、大入賞口2120は、遊技球の入球を検出するための大入賞口入賞検出装置2121と、大入賞口電動役物2122と、大入賞口電動役物2122を開閉させるための大入賞口電動役物ソレノイド2122aとを備える。ここで、大入賞口入賞検出装置2121は、大入賞口2120への遊技球の入球を検出するセンサであり、入球時にその入球を示す大入賞口入球情報を生成する。大入賞口電動役物2122は、大入賞口2120に遊技球が入賞不能又は入賞困難な通常状態と遊技球が入賞し易い開放状態に大入賞口2120を可変させる。
【0016】
次に、主遊技図柄表示装置2130は、主遊技に対応する主遊技図柄(特別図柄)の変動表示及び停止表示を行う。具体的構成としては、主遊技図柄表示装置2130は、主遊技図柄表示部2131と、主遊技図柄保留表示部2132とを備える。ここで、主遊技図柄保留表示部2132は、4個のランプから構成され、当該ランプの点灯個数が、主遊技に係る乱数の保留数(実行されていない主遊技図柄の変動数)に相当する。尚、主遊技図柄表示装置2130は、例えば7セグメントLEDで構成されている場合には、主遊技図柄は、「0」〜「7」の8種類の数字及びハズレの「−」で表示される。
【0017】
尚、主遊技図柄は必ずしも演出的な役割を持つ必要が無いため、本実施形態では、主遊技図柄表示装置2130の大きさは、目立たない程度に設定されている。しかしながら、主遊技図柄自体に演出的な役割を持たせて装飾図柄を表示させないような手法を採用する場合には、後述する演出表示装置2140のような液晶ディスプレイに、主遊技図柄を表示させるように構成してもよい。
【0018】
次に、演出表示装置2140は、主として、主遊技図柄と連動して変動・停止する装飾図柄を含む演出画像の変動表示及び停止表示が行われる。具体的構成としては、演出表示装置2140は、装図表示部2141と、装図保留表示部2142とを備える。ここで、装図表示部2141は、例えば、スロットマシンのゲームを模した複数列の装飾図柄変動の動画像を画面の中央領域に表示する。尚、演出表示装置2140は、本実施形態では液晶ディスプレイで構成されているが、機械式のドラムやLED等の他の表示手段で構成されていてもよい。次に、装図保留表示部2142は、4個のランプから構成され、当該ランプは、主遊技図柄の保留ランプと連動している。
【0019】
次に、補助遊技図柄表示装置2220は、補助遊技図柄(普通図柄)の変動表示及び停止表示が行われる。具体的構成としては、補助遊技図柄表示装置2220は、補助遊技図柄表示部2221と、補助遊技図柄保留表示部2222とを備える。ここで、補助遊技図柄保留表示部2222は、4個のランプから構成され、当該ランプの点灯個数が、補助遊技図柄変動の保留数(実行されていない補助遊技図柄変動の数)に相当する。
【0020】
最後に、センター飾り192は、演出表示装置2140の周囲に設置され、遊技球の流路、演出表示装置2140の保護、装飾等の機能を有する。また、遊技効果ランプ190は、遊技領域120又は遊技領域120以外の領域に設けられ、点滅等することで演出の役割を果たす。
【0021】
次に、図2を参照しながら、ぱちんこ遊技機の背面側における基本構造を説明する。ぱちんこ遊技機には、ぱちんこ遊技機の全体動作を制御し、特に主遊技始動口2110へ入球したときの抽選等、遊技動作全般の制御(即ち、遊技者の利益と直接関係する制御)を行う主制御装置(メイン基板)1000と、遊技内容に興趣性を付与する装図表示部2141上での各種演出・情報報知に係る表示制御を行う演出表示制御装置(演出表示制御手段){サブ基板(サブメイン基板)}2150と、サブ基板2150からのコマンドを受けて遊技の興趣性を高める演出が表示される演出表示装置2140と{サブ基板(サブサブ基板)}、賞球タンク212、賞球レール214及び各入賞口への入賞に応じて賞球タンク212から供給される遊技球を上球皿110へ払い出す払出ユニット216等を備える賞球払出機構(セット基盤)210と、払出ユニット216による払出動作を制御する賞球払出制御装置(賞球払出制御基板)3000と、上球皿110の遊技球(貯留球)を遊技領域120へ1球ずつ発射する発射装置232と、発射装置232の発射動作を制御する発射制御基板230と、ぱちんこ遊技機の各部へ電力を供給する電源ユニット290と、ぱちんこ遊技機の電源をオンオフするスイッチである電源スイッチ292等が、前枠104裏面(遊技側と反対側)に設けられている。尚、メイン基板、サブメイン基板、サブサブ基板、賞球払出制御基板は、それぞれ別個にCPU、ROM及びRAMを有している。
【0022】
次に、図3のブロック図を参照しながら、本実施形態に係るぱちんこ遊技機の各種機能について説明する。はじめに、主制御装置1000は、遊技に係る遊技周辺機器2000{(主遊技周辺機器A、補助遊技周辺機器2200)、演出に係るサブメイン制御装置(演出表示制御手段2150)、主制御装置1000からの払出指示に基づき所定数の賞球の払出制御を行う賞球払出制御装置3000}と、情報伝達可能に接続されている。また、サブメイン制御装置(演出表示制御手段2150)は、画像演出を実行するサブサブ制御装置(演出表示装置2140)、各種遊技効果ランプ190(例えばサイドランプ)やスピーカ114等とも電気的に接続されている。そして、サブサブ制御装置(演出表示装置2140)は、十字キーやボタン等の遊技者によって操作可能な演出操作装置(いわゆるサブ入力ボタン)4000と電気的に接続されている。更に、賞球払出制御装置3000は、ステッピングモータやスプロケット等を備えた賞球払出装置と電気的に接続されている。尚、主制御装置1000、サブメイン制御装置(演出表示制御手段2150)、サブサブ制御装置(演出表示装置2140)、賞球払出制御装置3000等は、ハードウエア的にはデータやプログラムを格納するROMやRAM、演算処理に用いるCPU等の素子等から構成される。また、演出表示制御手段2150(サブ基板)や演出表示装置2140(サブサブ基板)については後述する。尚、以下で主制御装置1000に含まれるとする各手段を周辺機器(例えば、遊技周辺機器2000)に搭載される形で構成してもよい。例えば、周辺機器(例えば、遊技周辺機器2000)に含まれるとする各手段を主制御装置1000に搭載される形で構成してもよい。以下、上記各手段(装置)の詳細を説明する。
【0023】
まず、主制御装置1000は、主遊技(特別遊技等)・補助遊技・一般遊技に関する主たる制御を司る遊技制御手段1100と、遊技周辺機器2000やサブ基板側に各種遊技情報{例えば、停止図柄情報、停止図柄の属性情報(例えば、確率変動大当り、突然確率変動大当り、時間短縮変動大当り、小当り、ハズレ)、変動態様に関する情報(例えば、変動時間)、特別遊技の開始信号・状態情報・終了信号、保留情報等}を送信するための情報送信手段1200と、各種入賞口への遊技球の入賞に基づき所定の賞球の払出を行うように賞球払出制御装置3000を制御する賞球払出決定手段1300とを有している。
【0024】
ここで、遊技制御手段1100は、各入球口(始動口等)への遊技球の流入を判定するための入球判定手段1110と、各乱数の取得可否を判定し、当該判定結果に基づき当該各乱数を取得するための乱数取得判定実行手段1120と、変動表示中における各始動口への入球を保留球として上限個数以内で一時記憶するための保留制御手段1130と、後述する主遊技側乱数(当選乱数)に基づき当りであるか否かを抽選する当否抽選手段1135と、各乱数に基づき、各図柄の停止図柄及び変動態様(変動時間等)を決定するための図柄内容決定手段1140と、各図柄の変動及び停止表示する制御を行うための表示制御手段1150と、主遊技始動口2110の主遊技始動口電動役物2112の開閉決定に直接関連する各種処理を行うための電動役物開閉制御手段1160と、通常遊技よりも遊技者に有利な特別遊技に関する制御を司る特別遊技制御手段1170と、主遊技及び補助遊技に関し、現在の遊技状態をどの遊技状態に移行させるかの決定と、当該決定に基づき遊技状態を移行させる処理を行うための特定遊技制御手段1180と、現在の遊技状態[例えば、主遊技に関する状態{通常遊技状態、特定遊技状態(確率変動遊技状態、時間短縮遊技状態)、特別遊技状態}、補助遊技に関する状態(易開放状態、非易開放状態)、主遊技図柄に係る停止図柄及び変動態様情報、各種フラグのオンオフ状況、特別遊技中の遊技状態(例えばラウンド数や入賞個数情報)]等を一時記憶するための遊技状態一時記憶手段1190とを有している。以下、各手段について詳述する。
【0025】
まず、入球判定手段1110は、主遊技始動口2110へ遊技球が入球したか否かを判定する主遊技始動口入球判定手段1111と、補助遊技始動口2210に遊技球が流入したか否かを判定する補助遊技始動口入球判定手段1112とを有している。
【0026】
次に、乱数取得判定実行手段1120は、主遊技始動口2110への遊技球の入球に基づき主遊技側乱数を取得するか否かを判定すると共に、判定結果に応じて当該乱数(例えば、当選乱数、変動態様決定乱数、主遊技図柄決定乱数等)を取得する主遊技乱数取得判定実行手段1121と、補助遊技側乱数の取得の可否を判定し、当該判定結果に基づき当該乱数を取得するための補助遊技乱数取得判定実行手段1122とを有している。
【0027】
ここで、上記を含め本特許請求の範囲及び本明細書における「乱数」は、例えば、乱数の種類により割り振られた「0」〜「65535」(当選乱数)や「0」〜「255」(変動態様決定乱数)といった所定範囲からランダムに選択された値である。また、乱数としては、数学的に発生させる乱数でなくともよく、ハードウエア乱数やソフトウエア乱数等により発生させる擬似乱数でもよい。例えば、乱数にある夫々の値の発現方式が、乱数の数列に沿って順々に値を発現させる方式(プラスワン方式)、乱数の数列の最終値が発現したときの次の値(初期値)を偶然性のある値によって定める方式(初期値更新方式)、これらの組み合わせ等を挙げることができる。
【0028】
次に、保留制御手段1130は、主遊技図柄変動許可が下りていない状況で取得した当該主遊技側乱数を一時記憶するか否かを判定し、当該判定結果に基づき前記乱数を図柄変動許可が下りるまで主遊技図柄保留情報一時記憶手段1131aに保留するための主遊技図柄保留手段1131と、補助遊技図柄変動許可が下りていない状況で取得した当該補助遊技側乱数を一時記憶するか否かを判定し、当該判定結果に基づき前記乱数を図柄変動許可が下りるまで補助遊技図柄保留情報一時記憶手段1132aに保留するための補助遊技図柄保留手段1132と、を有している。ここで、主遊技図柄保留手段1131及び補助遊技図柄保留手段1132は、最大4個まで記憶可能な、前記乱数を保留順序と結合した形で一時記憶するための、主遊技図柄保留情報一時記憶手段1131a及び補助遊技図柄保留情報一時記憶手段1132aを夫々有している。
【0029】
次に、当否抽選手段1135は、当否抽選の結果、当りである場合に特別遊技への移行決定をする(例えば、内部的に当りフラグをオンにする)特別遊技移行決定手段1135aと、当否抽選を行う際に参照される当否抽選用テーブル1135bと、を有している。ここで、当否抽選用テーブル1135bは、主遊技図柄に関しての大当り抽選を行う際に参照される主遊技用当否抽選テーブル1135b−1を有している。尚、各抽選テーブルは、図示しないが、遊技状態毎に異なるテーブルを有している。例えば、各抽選テーブルは、通常遊技状態(時間短縮遊技状態)の際に用いられる低確率抽選用テーブルと、確率変動遊技状態の際に用いられる高確率抽選用テーブルと、を有する。
【0030】
次に、図柄内容決定手段1140は、取得した主遊技側乱数に基づき、主遊技図柄の停止図柄と変動態様(変動時間等)を決定する主遊技内容決定手段1141と、取得した補助遊技側乱数に基づき補助遊技図柄の停止図柄を決定する補助遊技内容決定手段1142とを有している。
【0031】
ここで、主遊技内容決定手段1141は、主遊技図柄に係る停止図柄や変動態様を決定する際に参照される主遊技内容決定用抽選テーブル1141aを有しており、当該主遊技内容決定用抽選テーブル1141aは、当否結果・遊技状態・保留球数に応じて異なる各種抽選テーブルを備えている(例えば、遊技状態に関しては、通常遊技→主遊技通常遊技状態用抽選テーブル、確率変動遊技→主遊技確率変動遊技状態用抽選テーブル、時間短縮遊技→主遊技時間短縮遊技状態用抽選テーブル)。更に、補助遊技内容決定手段1142は、補助遊技図柄に係る停止図柄を決定する際に参照される補助遊技内容決定用抽選テーブル1142aを有しており、当該補助遊技内容決定用抽選テーブル1142aは、遊技状態に応じて異なる各種当選テーブルを備えている(例えば、通常遊技→補助遊技通常用抽選テーブル、確率変動遊技及び時間短縮遊技→補助遊技時間短縮用抽選テーブル)(テーブルの詳細については不図示)。
【0032】
次に、表示制御手段1150は、主遊技図柄表示装置2130の主遊技図柄表示部2131上で、所定時間主遊技図柄を変動させた後に停止表示する制御を行う主遊技図柄制御手段1151と、補助遊技図柄表示装置2220の補助遊図柄技表示部2221上で、所定時間補助遊技図柄を変動させた後に停止表示する制御を行う補助遊技図柄制御手段1152とを有している。
【0033】
ここで、主遊技図柄制御手段1151は、前記主遊技内容決定手段1141により決定された変動態様に係る変動時間を管理するための主遊技図柄変動時間管理手段1151aを更に有している。また、主遊技図柄変動時間管理手段1151aは、ゼロクリア可能な主遊技図柄変動管理用タイマ1151a−1(デクリメントカウンタ)を更に有している。更に、補助遊技図柄制御手段1152は、補助遊技図柄表示装置2220の補助遊技図柄表示部2221上での補助遊技図柄の変動時間を管理するための補助遊技図柄変動時間管理手段1152aを有している。また、補助遊技図柄変動時間管理手段1152aは、時間を計測可能な補助遊技図柄変動管理用タイマ1152a−1を更に備えている。
【0034】
次に、電動役物開閉制御手段1160は、主遊技始動口2110の主遊技始動口電動役物2112を開閉する処理を行うための条件を充足しているか否かを判定するための条件判定手段1161と、主遊技始動口2110の主遊技始動口電動役物2112の駆動(開放)時間を計測する開放タイマ1162とを有している。
【0035】
次に、特別遊技制御手段1170は、特別遊技に移行するための条件を充足しているか否か、具体的には、当りに当選している(当りフラグが発生している)か否かの判定と共に、主遊技図柄が所定態様で停止したか否かを判定する条件判定手段1171と、特別遊技移行条件を充足している場合、当該特別遊技の内容(具体的には、ラウンド数、ラウンド間時間等)を特別遊技関連情報一時記憶手段1191c中にセットする特別遊技内容決定手段1172と、大入賞口2120を所定条件で開状態にするという特別遊技を実行するための特別遊技実行手段1173と、特別遊技に関する各種処理の時間管理を行うための特別遊技時間管理手段1174とを有している。ここで、特別遊技時間管理手段1174は、時間を計測可能な特別遊技用タイマ1174aを更に有している。また、特別遊技内容決定手段1172は、特別遊技関連情報一時記憶手段1191cにセットされるべき前記特別遊技の内容を特定する際に参照される特別遊技内容参照テーブル1172aを更に有している(テーブルの詳細については不図示)。
【0036】
次に、特定遊技制御手段1180は、特定遊技状態の終了条件を充足しているか否かを判定する特定遊技終了条件判定手段1181を有している。ここで、特定遊技終了条件判定手段1181は、時短回数をカウント可能な時短回数カウンタ1181aを更に有している。ここで、「特定遊技」とは、例えば、特別遊技への抽選確率が通常遊技時よりも高い確率変動遊技や、主遊技図柄の変動時間が通常遊技時よりも相対的に短い時間短縮遊技を指す。
【0037】
ここで、本実施形態においては、当該時短中には非時短中と比較して、主遊技図柄の変動時間が相対的に短縮される(時間短縮機能)。更に、補助遊技図柄の変動時間も相対的に短縮されると共に、主遊技始動口2110の主遊技始動口電動役物2112の開放時間が相対的に延長される(開放時間延長機能)。尚、上記の特定遊技終了条件判定手段1181は、例えば、回数制限付きの確率変動遊技において終了回数に到達したか否かを判定する機能を有していたり(回数制限付確率変動遊技機能を有するぱちんこ遊技機の場合)、図柄変動の度に所定確率で特定遊技(例えば確率変動遊技や時間短縮遊技)から通常遊技への移行抽選を行う機能を有していてもよい(転落抽選機能を有するぱちんこ遊技機の場合)。
【0038】
次に、遊技状態一時記憶手段1190は、主遊技における現在の遊技状態を一時記憶するための主遊技状態一時記憶手段1191と、補助遊技における現在の遊技状態を一時記憶するための補助遊技状態一時記憶手段1192とを有している。
【0039】
ここで、主遊技状態一時記憶手段1191は、各種遊技状態における各種フラグのオンオフ情報を一時記憶するためのフラグ一時記憶手段1191aと、現在変動中の主遊技図柄(変動開始条件が成立した主遊技図柄)に係る停止図柄及び変動態様情報を一時記憶するための主遊技図柄情報一時記憶手段1191bと、特別遊技に関する情報(例えば、ラウンド数、任意のラウンドにおける遊技球の入賞個数等)を一時記憶するための特別遊技関連情報一時記憶手段1191cとを有している。
【0040】
また、補助遊技状態一時記憶手段1192は、補助遊技に関する情報(例えば、補助遊技当選フラグ・補助遊技変動中フラグ・開放延長フラグ・電動役物開放中フラグ・時間短縮フラグ等の各種フラグのオンオフ情報)を一時記憶するための補助遊技関連情報一時記憶手段1192aと、現在変動中の補助遊技図柄(変動開始条件が成立した補助遊技図柄)に係る停止図柄等の情報を一時記憶するための補助遊技図柄情報一時記憶手段1192bとを有している。
【0041】
次に、遊技周辺機器2000について説明する。尚、一部の周辺機器については既に詳細構成を述べたので、残る構成について説明する。まず、遊技周辺機器2000は、主遊技側の周辺機器である主遊技周辺機器Aと、補助遊技に関する補助遊技周辺機器2200とを有している。以下、これらの周辺機器を順番に説明する。
【0042】
まず、主遊技周辺機器Aは、特別遊技移行の契機となる主遊技始動口2110と、主遊技図柄の停止表示及び変動表示が可能な主遊技図柄表示装置2130と、通常遊技の際には閉状態にあり、特別遊技の際には所定条件下で開状態となる大入賞口2120を有している。
【0043】
次に、補助遊技周辺機器2200は、主遊技始動口2110の主遊技始動口電動役物2112の開放の契機となる補助遊技始動口2210と、補助遊技図柄の停止表示及び変動表示が可能な補助遊技図柄表示装置2220とを有している。
【0044】
次に、サブメイン制御装置(演出表示制御手段2150)及びサブサブ制御装置(演出表示装置2140)について説明する。はじめに、主制御装置1000は、演出に係る一切の表示制御を司る演出表示制御手段2150(サブメイン基板)と接続している。また、演出表示制御手段2150(サブメイン基板)は、装飾図柄の変動表示及び停止表示・特別遊技中の遊技進行状況を示す表示を含め、演出に係る表示を行う演出表示装置2140(サブサブ基板)と接続している。そして、演出表示装置2140(サブサブ基板)は、遊技者によって操作可能であり、演出表示装置2140上の表示内容を指示・選択可能な演出操作装置4000と接続している。以下、これらの装置・手段を順番に説明する。
【0045】
まず、演出表示制御手段2150は、主制御装置1000側からの各種情報を受信するための表示情報受信手段2151と、主制御装置1000側からの前記情報に基づき、演出表示装置2140上での演出表示制御を行う表示制御手段2152と、を有している。以下、上記各手段を詳述する。
【0046】
次に、表示情報受信手段2151は、主制御装置1000側からの主遊技に関する図柄情報を一時記憶するためのメイン側情報一時記憶手段2151aを有している。尚、メイン側情報一時記憶手段2151aに一時記憶された図柄情報は、以下で説明する各処理において、後述の各種手段により必要に応じ適宜参照される。
【0047】
次に、表示制御手段2152は、演出表示装置2140の装図表示部2141上での装飾図柄の変動表示や停止表示及び図柄変動と連動して実行される演出に関する制御を司る装飾図柄表示制御手段2152aと、演出表示装置2140の装図保留表示部2142上での保留情報の表示処理に関する一切の制御を司る装図保留情報表示制御手段2152bと、演出表示装置2140上での特別遊技中の遊技進行状況に係る表示制御を司る特別遊技中表示制御手段2152dと、演出に関連する情報を一時記憶する演出表示関連情報一時記憶手段2152eと、を有している。
【0048】
ここで、装飾図柄表示制御手段2152aは、メイン側情報一時記憶手段2151a内に一時記憶された主制御装置1000側からの図柄情報に基づき、装飾図柄の停止図柄と変動態様を決定するための装図表示内容決定手段2152a−1と、装飾図柄の変動態様と連動して実行される演出(後述する主演出)の動作内容を決定する主演出動作内容決定手段2152a−3と、装飾図柄の変動時間を計時するための変動時間管理タイマ2152a−4と、を更に有している。
【0049】
次に、装図表示内容決定手段2152a−1は、装飾図柄の変動態様を決定する際に参照される装図変動内容決定用抽選テーブル2152a−1−1と、装飾図柄の停止図柄を決定する際に参照される装図停止図柄決定用抽選テーブル2152a−1−2と、を有している(テーブルの詳細については不図示)。
【0050】
次に、主演出動作内容決定手段2152a−3は、後述する主演出の動作内容を一に決定するために参照される主演出動作内容決定用抽選テーブル2152a−3−1を有している(テーブルの詳細については後述)。
【0051】
次に、変動時間管理タイマ2152a−4は、装飾図柄の変動開始時から確定表示までの時間を計時するための装図変動時間管理タイマ2152a−4−1を有している。
【0052】
次に、装図保留情報表示制御手段2152bは、サブ側で導出した保留表示情報を格納するための保留表示情報格納バッファ2152b−1と、消化中の保留に係る保留表示情報を格納するための保留消化時保留表示情報格納バッファ2152b−2と、を有している。
【0053】
次に、演出表示関連情報一時記憶手段2152eは、主制御装置1000側からの保留情報を一時記憶するための装図保留情報一時記憶手段2152e−2を有している。
【0054】
尚、演出表示制御手段2150は、その他にも、遊技効果ランプ190の点灯及び消灯や、スピーカ114からの音声出力等の演出処理といった、画像表示以外の演出に係る一切の制御を更に制御する。また、本実施形態においては、演出表示制御手段2150が、装飾図柄、遊技ランプ及び音声の制御を一体的に行なうように構成しているが、機能的に別個の周辺機器として分離するように構成してもよい。この場合、当該周辺機器同士を基板対基板コネクタで接続するように構成してもよい。
【0055】
尚、主遊技図柄表示装置2130及び補助遊技図柄表示装置2220が、主制御装置1000と情報伝達可能に接続されており、残る演出表示装置(サブサブ基板)2140が、演出表示制御手段(サブメイン基板)2150と情報伝達可能に接続されている。即ち、主遊技図柄表示装置2130及び補助遊技図柄表示装置2220は、主制御装置1000により制御され、演出表示装置2140は、演出表示制御手段2150により夫々制御されることを意味する。尚、主制御装置1000と片方向通信により制御される他の周辺機器を介して、別の周辺機器を制御するように構成してもよい。
【0056】
次に、図3下段を参照しながら、サブ基板(サブメイン基板である演出表示制御手段2150とサブサブ基板である演出表示装置2140)のハード構成を説明することとする。尚、ここで示すハード構成は一例に過ぎず、これに限定されるものではない。まず、演出表示制御手段2150(メインサブ基板)は、表示制御用CPU2150a、読み書き可能なRAM2150b、図柄表示制御を行うための制御プログラムやデータ等が格納された制御ROM2150cから構成される。次に、演出表示装置2140(サブサブ基板)は、VDP(ビデオ・ディスプレイ・プロセッサ)2140a、図柄データ等が格納されたキャラクタROM2140b、画像表示する表示データを展開するためのVRAM2140c、D/Aコンバータ2140dと、画像表示が実行されるLCD表示器2140eと、を有している。ここで、表示制御用CPU2150aは、主制御装置1000(メイン基板)側からの情報に基づき決定された装飾図柄変動に関するコマンドをVDP2140aに送信する。そして、VDP2140aは、表示制御用CPU2150aからのコマンドに基づき、キャラクタROM2140bから表示用データを読み出してVRAM2140c上に展開し、同期信号をLCD表示器2140eに送信すると共にD/Aコンバータ2140dを通じてRGB信号をLCD表示器2140eに送信する。これにより、VRAM2140cに展開した表示データがLCD表示器2140e上に表示されることになる。尚、サブメイン基板側から図柄変動開始コマンドをサブサブ基板側に送信することで図柄変動表示が開始され、サブメイン基板側から確定表示コマンドをサブサブ基板側に送信することで図柄変動が確定表示され図柄変動表示が終了する。そして、図柄変動表示開始から確定表示の間までは、サブメイン基板側からサブサブ基板側に仮停止コマンドを送信することで各装飾図柄列が仮停止するよう構成されている。
【0057】
次に、図4図24のフローチャートを参照しながら、本実施形態に係るぱちんこ遊技機の処理の流れを説明する。はじめに、図4図12のフローチャートを参照しながら、本実施形態に係るぱちんこ遊技機のメイン基板側での処理の流れを説明する。まず、図4は、主制御装置1000が行う一般的な処理の流れを示したメインフローチャートである。まず、ステップ1100で、主制御装置1000は、後述の補助遊技側乱数取得処理を実行する。次に、ステップ1200で、主制御装置1000は、後述の電動役物駆動判定処理を実行する。次に、ステップ1300で、主制御装置1000は、後述の主遊技側乱数取得処理を実行する。次に、ステップ1400で、主制御装置1000は、後述の主遊技図柄表示処理を実行する。次に、ステップ1500で、主制御装置1000は、後述の特別遊技作動条件判定処理を実行する。次に、ステップ1600で、主制御装置1000は、後述の特別遊技制御処理を実行する。次に、ステップ1700で、主制御装置1000(特に賞球払出決定手段1300)は、遊技球が入賞した入賞口に基づき、賞球払出制御装置3000を駆動して所定の賞球数の払出処理を行い、再びステップ1100に戻る。以下、各サブルーチンに係る処理について詳述する。
【0058】
まず、図5は、図4におけるステップ1100のサブルーチンに係る、補助遊技側乱数取得処理のフローチャートである。まず、ステップ1102で、補助遊技始動口入球判定手段1112は、補助遊技始動口2210の補助遊技始動口入球検出装置2211から補助遊技始動口入球情報を受信したか否かを判定する。ステップ1102でYesの場合、ステップ1104で、補助遊技乱数取得判定実行手段1122は、補助遊技図柄保留情報一時記憶手段1132aを参照し、保留球が上限(例えば4個)でないか否かを判定する。ステップ1104でYesの場合、ステップ1106で、補助遊技乱数取得判定実行手段1122は、補助遊技側乱数を取得する。次に、ステップ1108で、補助遊技図柄保留手段1132は、何個目の保留であるかという順番情報と共に、当該乱数を補助遊技図柄保留情報一時記憶手段1132aにセットする形で保留球を1加算(乱数保留)する。そして、ステップ1110で、情報送信手段1200は、補助遊技図柄保留情報一時記憶手段1132aを参照し、当該乱数が何個目の保留として記憶されたのかの情報を取得すると共に、当該情報を演出表示制御手段2150側に送信し、次の処理(ステップ1200の電動役物駆動判定処理)に移行する。尚、ステップ1102及びステップ1104でNoの場合も、次の処理(ステップ1200の電動役物駆動判定処理)に移行する。
【0059】
次に、図6は、図4におけるステップ1200のサブルーチンに係る、電動役物駆動判定処理のフローチャートである。まず、ステップ1202で、電動役物開閉制御手段1160は、補助遊技関連情報一時記憶手段1192aを参照して、電動役物開放中フラグがオフであるか否かを判定する。ステップ1202でYesの場合、ステップ1204で、補助遊技図柄制御手段1152は、補助遊技関連情報一時記憶手段1192aを参照して、補助遊技図柄変動中フラグがオフであるか否かを判定する。ステップ1204でYesの場合、ステップ1206で、補助遊技内容決定手段1142は、補助遊技図柄保留情報一時記憶手段1132aを参照し、補助遊技図柄に関する保留球があるか否かを判定する。ステップ1206でYesの場合、ステップ1208で、補助遊技内容決定手段1142は、当該保留球に基づく補助遊技側乱数及び補助遊技側遊技状態に基づき停止図柄を決定する。次に、ステップ1210で、補助遊技図柄変動時間管理手段1152aは、補助遊技側遊技状態に基づき、補助遊技図柄変動管理用タイマ1152a−1に所定時間(例えば、時短遊技の場合には5秒、通常遊技の場合には30秒)をセットする。そして、ステップ1212で、補助遊技図柄制御手段1152は、補助遊技関連情報一時記憶手段1192a内の補助遊技変動中フラグをオンにする。次に、ステップ1214で、補助遊技図柄保留手段1132は、補助遊技図柄に関する当該保留球を1減算した上で補助遊技図柄保留情報一時記憶手段1132aに記録されている保留情報を更新すると共に、補助遊技図柄制御手段1152は、補助遊技図柄変動管理用タイマ1152a−1をスタートした後、補助遊技図柄表示部2221上で補助遊技図柄の変動表示を開始する。次に、ステップ1216で、補助遊技図柄変動時間管理手段1152aは、補助遊技図柄変動管理用タイマ1152a−1を参照して、前記所定時間に到達したか否かを判定する。ステップ1216でYesの場合、ステップ1218で、補助遊技図柄制御手段1152は、補助遊技図柄表示部2221上で、前記ステップ1208で補助遊技内容決定手段1142が決定した停止図柄を確定表示する。そして、ステップ1220で、補助遊技図柄制御手段1152は、補助遊技関連情報一時記憶手段1192a内の補助遊技図柄変動中フラグをオフにする。次に、ステップ1222で、条件判定手段1161は、当該停止図柄が「当り」であるか否かを判定する。ステップ1222でYesの場合、ステップ1224で、電動役物開閉制御手段1160は、補助遊技側遊技状態に基づき、開放タイマ1162に所定時間(例えば、時短遊技の場合には5秒、通常遊技の場合には0.5秒)セットする。次に、ステップ1226で、電動役物開閉制御手段1160は、補助遊技関連情報一時記憶手段1192a内の電動役物開放中フラグをオンにする。そして、ステップ1228で、電動役物開閉制御手段1160は、主遊技始動口2110の主遊技始動口電動役物2112を開放する。次に、ステップ1230で、電動役物開閉制御手段1160は、開放タイマ1162を参照して、前記所定時間に到達したか否かを判定する。ステップ1230でYesの場合、ステップ1232及びステップ1234で、電動役物開閉制御手段1160は、主遊技始動口2110の主遊技始動口電動役物2112を閉鎖すると共に、補助遊技関連情報一時記憶手段1192a内の電動役物開放中フラグをオフにし、次の処理(ステップ1300の主遊技側乱数取得処理)に移行する。
【0060】
尚、ステップ1202でNoの場合はステップ1230に移行し、ステップ1204でNoの場合はステップ1216に移行し、ステップ1206、ステップ1216、ステップ1222及びステップ1230でNoの場合は次の処理(ステップ1300の主遊技側乱数取得処理)に移行する。
【0061】
次に、図7は、図4におけるステップ1300のサブルーチンに係る、主遊技側乱数取得処理のフローチャートである。まず、ステップ1302で、主遊技始動口入球判定手段1111は、主遊技始動口2110の主遊技始動口入球検出装置2111から主遊技始動口入球情報を受信したか否かを判定する。ステップ1302でYesの場合、ステップ1304で、主遊技乱数取得判定実行手段1121は、主遊技図柄保留情報一時記憶手段1131aを参照し、保留球が上限(例えば4個)でないか否かを判定する。ステップ1304でYesの場合、ステップ1306で、主遊技乱数取得判定実行手段1121は、主遊技側乱数(当選乱数、変動態様決定乱数、主遊技図柄決定乱数等)を取得し、主遊技図柄保留手段1131が、何個目の保留であるかという順番情報と共に、当該乱数を主遊技図柄保留情報一時記憶手段1131aにセット(乱数保留)する。そして、ステップ1308で、情報送信手段1200は、主遊技図柄保留情報一時記憶手段1131aを参照し、当該乱数が何個目の保留として記憶されたのかの情報を取得すると共に、当該情報を演出表示制御手段2150側に送信し、次の処理(ステップ1400の主遊技図柄表示処理)に移行する。尚、ステップ1302及びステップ1304でNoの場合も、次の処理(ステップ1400の主遊技図柄表示処理)に移行する。
【0062】
次に、図8は、図4におけるステップ1400のサブルーチンに係る、主遊技図柄表示処理のフローチャートである。まず、ステップ1402で、主遊技内容決定手段1141は、変動開始条件が成立しているか否かを判定する。ここで、この変動開始条件は、特別遊技中や主遊技図柄変動中でないことが条件となる。
【0063】
ステップ1402でYesの場合、ステップ1404で、主遊技内容決定手段1141は、主遊技図柄保留情報一時記憶手段1131aに一時記憶されている、今回の図柄変動に係る主遊技側乱数を読み出す(保留消化)。次に、ステップ1406で、当否抽選手段1135は、主遊技側乱数(当選乱数)及び遊技状態に基づき、主遊技用当否抽選テーブル1135b−1を参照し、主遊技図柄当否(大当り)抽選を実行する。そして、ステップ1408で、特別遊技移行決定手段1135aは、抽選結果が当りか否かを判定する。ステップ1408でYesの場合、ステップ1410で、特別遊技移行決定手段1135aは、フラグ一時記憶手段1191a内の当りフラグをオンにする。他方、ステップ1408でNoの場合には、ステップ1410をスキップする。
【0064】
そして、ステップ1412及びステップ1413で、主遊技内容決定手段1141は、主遊技内容決定用抽選テーブル1141a内の各抽選テーブルを参照し、主遊技側乱数(例えば、主遊技図柄決定乱数、変動態様決定乱数)に基づいて主遊技図柄に関する停止図柄を決定すると共に、当該決定した停止図柄に基づき変動態様を決定し、これらを主遊技図柄情報一時記憶手段1191bに一時記憶する。尚、前記参照されるテーブルは、当否結果・遊技状態・主遊技図柄に基づいて決定される(以下も同様)。次に、ステップ1414で、情報送信手段1200は、主遊技図柄情報一時記憶手段1191bに一時記憶された主遊技図柄に関する図柄情報(停止図柄情報、停止図柄の属性情報、変動態様情報等)を演出表示制御手段2150側に送信する。次に、ステップ1416で、主遊技図柄変動時間管理手段1151aが、所定時間(主遊技図柄情報一時記憶手段1191bに一時記憶された変動態様に係る変動時間)を主遊技図柄変動管理用タイマ1151a−1にセットする。そして、ステップ1418で、主遊技図柄制御手段1151は、主遊技図柄表示装置2130の主遊技図柄表示部2131上で、主遊技図柄情報一時記憶手段1191bに記憶された変動態様に従い、主遊技図柄の変動表示を開始する。次に、ステップ1420で、主遊技図柄制御手段1151は、フラグ一時記憶手段1191a内の変動中フラグをオンする。そして、ステップ1422で、主遊技図柄変動時間管理手段1151aが、所定時間に到達したか否かを判定する。ここで、ステップ1422でNoの場合には、次の処理(ステップ1500の特別遊技作動条件判定処理)に移行する。他方、ステップ1422でYesの場合、ステップ1424で、情報送信手段1200は、所定時間に到達した旨のコマンドを演出表示制御手段2150側に送信する。次に、ステップ1426で、主遊技図柄制御手段1151は、主遊技図柄表示装置2130の主遊技図柄表示部2131上での主遊技図柄の変動表示を停止し、主遊技図柄情報一時記憶手段1191bに記憶されている停止図柄を確定停止図柄として表示制御する。次に、ステップ1428で、主遊技図柄制御手段1151は、フラグ一時記憶手段1191a内の変動中フラグをオフにする。そして、ステップ1430で、主遊技図柄変動時間管理手段1151aは、主遊技図柄変動管理用タイマ1151a−1をリセットする。次に、ステップ1450で、主制御装置1000は、後述の特定遊技終了判定処理を実行し、次の処理(ステップ1500の特別遊技作動条件判定処理)に移行する。
【0065】
尚、ステップ1402でNoの場合には、ステップ1432で、主遊技図柄制御手段1151は、フラグ一時記憶手段1191aを参照し、変動中フラグがオンであるか否かを判定する。ステップ1432でYesの場合にはステップ1422に移行し、ステップ1432でNoの場合には、次の処理(ステップ1500の特別遊技作動条件判定処理)に移行する。
【0066】
次に、図9は、図8におけるステップ1450のサブルーチンに係る、特定遊技終了判定処理のフローチャートである。まず、ステップ1452で、特定遊技制御手段1180は、時短回数カウンタ1181aを参照して、時短回数カウンタ値が0よりも大きいか否かを判定する。ステップ1452でYesの場合、ステップ1454で、特定遊技制御手段1180は、時短回数カウンタ1181aの時短回数カウンタ値を1減算する。次に、ステップ1456で、特定遊技制御手段1180は、時短回数カウンタ1181aを参照して、時短回数が0であるか否かを判定する。ステップ1456でYesの場合、ステップ1458で、特定遊技制御手段1180は、補助遊技関連情報一時記憶手段1192a内の時間短縮フラグをオフにし、次の処理(ステップ1500の特別遊技作動条件判定処理)に移行する。尚、ステップ1452及びステップ1456でNoの場合にも、次の処理(ステップ1500の特別遊技作動条件判定処理)に移行する。
【0067】
次に、図10は、図4におけるステップ1500のサブルーチンに係る、特別遊技作動条件判定処理のフローチャートである。まず、ステップ1502で、条件判定手段1171は、フラグ一時記憶手段1191aを参照し、当りフラグがオンであるか否かを判定する。ステップ1502でYesの場合、ステップ1504で、条件判定手段1171は、主遊技図柄表示装置2130の主遊技図柄表示部2131上に表示された主遊技図柄が所定の大当り図柄(所定態様)で停止したか否かを判定する。ステップ1504でYesの場合、ステップ1506で、特別遊技内容決定手段1172は、当該所定態様に基づき、特別遊技内容参照テーブル1172aを参照することにより、当該特別遊技の内容を特別遊技関連情報一時記憶手段1191cにセットする。次に、ステップ1510及びステップ1512で、特定遊技制御手段1180は、特定遊技フラグ(フラグ一時記憶手段1191a内の確率変動フラグ及び補助遊技関連情報一時記憶手段1192内の時間短縮フラグ)を一旦オフにすると共に、時短回数カウンタ1181aをリセット(時短回数カウンタ値=0)する。そして、ステップ1514及びステップ1516で、条件判定手段1171は、フラグ一時記憶手段1191a内の特別遊技移行許可フラグをオンにすると共に当りフラグをオフにし、次の処理(ステップ1600の特別遊技制御処理)に移行する。尚、ステップ1502及びステップ1504でNoの場合には、次の処理(ステップ1600の特別遊技制御処理)に移行する。
【0068】
次に、図11は、図4におけるステップ1600のサブルーチンに係る、特別遊技制御処理のフローチャートである。まず、ステップ1602で、特別遊技実行手段1173は、フラグ一時記憶手段1191aを参照し、特別遊技移行許可フラグがオンであるか否かを判定する。ステップ1602でYesの場合、ステップ1604及びステップ1606で、特別遊技実行手段1173は、フラグ一時記憶手段1191a内の特別遊技移行許可フラグをオフにすると共に特別遊技実行フラグをオンにする。次に、ステップ1608で、情報送信手段1200は、演出表示制御手段2150側に特別遊技開始信号を送信し、ステップ1612に移行する。他方、ステップ1602でNoの場合、ステップ1610で、特別遊技実行手段1173は、フラグ一時記憶手段1191aを参照し、特別遊技実行フラグがオンであるか否かを判定する。そして、ステップ1610でYesの場合には、ステップ1612に移行する。尚、ステップ1610でNoの場合には、特別遊技実行手段1173は、特別遊技の許可が下りていないと判定し、次の処理(ステップ1700の賞球払出処理)に移行する。
【0069】
次に、ステップ1612で、特別遊技実行手段1173は、フラグ一時記憶手段1191aを参照し、ラウンド継続フラグがオンであるか否か、換言すれば、当該ラウンドが途中であるか否かを判定する。ステップ1612でYesの場合、即ち、当該ラウンドが途中である場合、以下で詳述するステップ1614〜1622の処理を行うことなく、ステップ1624に移行する。他方、ステップ1612でNoの場合、即ち、当該ラウンドの開始直前である場合、まず、ステップ1614で、特別遊技実行手段1173は、特別遊技関連情報一時記憶手段1191cにセットした開放パターン(例えば、開放し続ける開放パターン、開閉を行うパターン)をセットする。次に、ステップ1616で、特別遊技実行手段1173は、特別遊技関連情報一時記憶手段1191c内の入賞球カウンタをゼロクリアする。次に、ステップ1618で、特別遊技実行手段1173は、特別遊技関連情報一時記憶手段1191c内のラウンド数カウンタに1を加算する。尚、特別遊技関連情報一時記憶手段1191cに記憶されているラウンド数は、特別遊技開始直後(初期値)は0であり、以後ラウンドを重ねていく毎に1ずつインクリメントされる。次に、ステップ1620で、特別遊技実行手段1173は、フラグ一時記憶手段1191a内のラウンド継続フラグをオンにする。そして、ステップ1622で、特別遊技実行手段1173は、大入賞口2120の大入賞口電動役物2122を駆動して大入賞口2120を開放し、ステップ1624に移行する。
【0070】
次に、ステップ1624で、情報送信手段1200は、演出表示制御手段2150側に現在の遊技状態情報(例えば、現在のラウンド数や遊技球の入賞個数等)を送信する。そして、ステップ1626で、特別遊技実行手段1173は、特別遊技関連情報一時記憶手段1191cを参照して当該ラウンドで所定球(例えば10球)の入賞球があったか否かを判定する。ステップ1626でYesの場合には、ステップ1630に移行する。他方、ステップ1626でNoの場合、ステップ1628で、特別遊技実行手段1173は、特別遊技用タイマ1174a(特に開放時間タイマ)を参照して所定時間が経過したか否かを判定する。ステップ1626でYesの場合にも、ステップ1630に移行し、Noの場合には、次の処理(ステップ1700の賞球払出処理)に移行する。
【0071】
次に、ステップ1630で、特別遊技実行手段1173は、大入賞口2120の大入賞口電動役物2122の駆動を停止して大入賞口2120を閉鎖する。そして、ステップ1632で、特別遊技実行手段1173は、特別遊技用タイマ1174a(特に開放時間タイマ)をリセットする。次に、ステップ1634で、特別遊技実行手段1173は、フラグ一時記憶手段1191a内のラウンド継続フラグをオフにする。次に、ステップ1636で、特別遊技実行手段1173は、特別遊技関連情報一時記憶手段1191cを参照して、当該ラウンドが最終ラウンド(例えば、大当りの場合は15ラウンド、小当りの場合は1ラウンド等)であるか否かを判定する。ステップ1636でYesの場合、ステップ1638で、特別遊技実行手段1173は、フラグ一時記憶手段1191a内の特別遊技実行フラグをオフにする。次に、ステップ1640で、情報送信手段1200は、演出表示制御手段2150側に特別遊技終了信号を送信する。そして、ステップ1650で、遊技制御手段1100は、後述の特別遊技終了後の遊技状態決定処理を実行し、次の処理(ステップ1700の賞球払出処理)に移行する。尚、ステップ1636でNoの場合にも、次の処理(ステップ1700の賞球払出処理)に移行する。
【0072】
次に、図12は、図11におけるステップ1650のサブルーチンに係る、特別遊技終了後の遊技状態決定処理のフローチャートである。まず、ステップ1652で、特定遊技制御手段1180は、主遊技図柄情報一時記憶手段1191bを参照し、今回の特別遊技が確率変動大当りであるか否かを判定する。ステップ1652でYesの場合、ステップ1654及びステップ1656で、特定遊技制御手段1180は、フラグ一時記憶手段1191a内の確率変動フラグ及び補助遊技関連情報一時記憶手段1192a内の時間短縮フラグを夫々オンにする。次に、ステップ1657で、特定遊技制御手段1180は、時短回数カウンタ1181aに、許容されるカウンタ値の最大値(例えば、65535)をセットし、ステップ1670に移行する。
【0073】
他方、ステップ1652でNoの場合、ステップ1658で、特定遊技制御手段1180は、主遊技図柄情報一時記憶手段1191bを参照し、今回の特別遊技が非確率変動大当り(時間短縮大当り)であるか否かを判定する。ステップ1658でYesの場合、ステップ1660及びステップ1662で、特定遊技制御手段1180は、補助遊技関連情報一時記憶手段1192a内の時間短縮フラグをオンにすると共に、時短回数カウンタ1181aに時短回数カウンタ値として所定値(例えば100)をセットし、ステップ1670に移行する。尚、ステップ1658でNoの場合、即ち、今回の特別遊技が非確率変動大当り(非時間短縮大当り)である場合にもステップ1670に移行する。次に、ステップ1670で、特定遊技制御手段1180は、遊技状態一時記憶手段1190(特に、フラグ一時記憶手段1191a)を参照し、遊技状態情報(各フラグ状態)をサブ側に送信し、次の処理(ステップ1700の賞球払出処理)に移行する。
【0074】
次に、図13図24のフローチャートを参照しながら、本実施形態に係るぱちんこ遊技機のサブメイン基板(演出表示制御手段2150)側での処理の流れを説明する。まず、図13は、演出表示制御手段2150が行う一般的な処理の流れを示したメインフローチャート2000である。まず、ステップ2100で、演出表示制御手段2150は、後述する保留情報管理処理を実行する。次に、ステップ3000で、演出表示制御手段2150は、後述する保留予告表示内容決定処理を実行する。次に、ステップ3200で、演出表示制御手段2150は、後述する保留表示制御手段を実行する。次に、ステップ3400で、演出表示制御手段2150は、後述する保留表示変更操作受付制御処理を実行する。次に、ステップ2200で、演出表示制御手段2150は、後述する装飾図柄表示内容決定処理を実行する。次に、ステップ2300で、演出表示制御手段2150は、後述する装飾図柄表示制御処理を実行する。次に、ステップ2400で、演出表示制御手段2150は、後述する特別遊技中表示制御処理を実行し、ステップ2100に戻る処理を繰り返す。以下、各サブルーチンに係る処理について詳述する。
【0075】
次に、図14は、図13でのステップ2100のサブルーチンに係る、サブ(サブメイン基板)側で実行する保留情報管理処理のフローチャートである。まず、ステップ2102で、装図保留情報表示制御手段2152bは、メイン側情報一時記憶手段2151aを参照し、主制御装置1000側から保留情報を受信したか否かを判定する。ステップ2102でYesの場合、ステップ2104で、装図保留情報表示制御手段2152bは、装図保留情報一時記憶手段2152e−2内の装図保留カウンタ値Chに「1」を加算し、次の処理(ステップ3000の保留予告表示内容決定処理)に移行する。他方、ステップ2102でNoの場合、ステップ2106で、装図保留情報表示制御手段2152bは、メイン側情報一時記憶手段2151aを参照し、主制御装置1000側から新たな図柄情報を受信したか否かを判定する。ステップ2106でYesの場合、ステップ2108で、装図保留情報表示制御手段2152bは、装図保留情報一時記憶手段2152e−2内の装図保留カウンタ値Chから「1」を減算する。次に、ステップ2110で、装図保留情報表示制御手段2152bは、演出表示関連情報一時記憶手段2152eのフラグエリア内の図柄内容決定許可フラグをオンにし、次の処理(ステップ3000の保留予告表示内容決定処理)に移行する。尚、ステップ2106でNoの場合にも、次の処理((ステップ3000の保留予告表示内容決定処理)に移行する。
【0076】
次に、図15は、図13でのステップ3000のサブルーチンに係る、サブ(サブメイン基板)側で実行する保留予告表示内容決定処理のフローチャートである。まず、ステップ3002で、装図保留情報表示制御手段2152bは、装図保留情報一時記憶手段2152e−2を参照し、装図保留カウンタ値Chが増加したか否かを判定する。ステップ3002でYesの場合、ステップ3004で、装図保留情報表示制御手段2152bは、メイン側情報一時記憶手段2151aを参照し、主遊技側の遊技状態が確率変動遊技状態中であるか否かを判定する。ステップ3004でYesの場合、ステップ3006で、装図保留情報表示制御手段2152bは、装図保留情報一時記憶手段2152e−2を参照し、装図保留カウンタ値Chに対応して一時記憶されている保留情報(乱数値)に基づき、当否結果及び大当り属性(確率変動大当り又は非確率変動大当り)を事前判定する。次に、ステップ3010で、装図保留情報表示制御手段2152bは、前記事前判定結果がハズレであるか否かを判定する。ステップ3010でYesの場合、換言すれば、事前判定した保留情報がハズレであった場合、ステップ3012で、装図保留情報表示制御手段2152bは、所定の抽選確率(本例では、1/10で当選)に基づき、不利保留予告表示の実行可否抽選を実行し、ステップ3014に移行する。ここで、不利保留予告表示とは、遊技者にとって不利な遊技状態(本例では、非確率変動遊技状態)へ移行予定である可能性が高い旨を報知する保留予告表示のことである。他方、ステップ3010でNoの場合、換言すれば、前記事前判定結果が大当りであった場合、ステップ3030で、装図保留情報表示制御手段2152bは、前記事前判定結果が確率変動大当りであるか否かを判定する。ステップ3030でYesの場合、ステップ3032で、装図保留情報表示制御手段2152bは、所定の抽選確率(本例では、1/3で当選)に基づき、不利保留予告表示の実行可否抽選を実行し、ステップ3014に移行する。次に、ステップ3014で、装図保留情報表示制御手段2152bは、当該不利保留予告表示の実行可否抽選に当選したか否かを判定する。ステップ3014でYesの場合、ステップ3016で、装図保留情報表示制御手段2152bは、演出表示関連情報一時記憶手段2152eのフラグエリア内にある不利保留予告表示許可フラグをオンにする。次に、ステップ3018で、装図保留情報表示制御手段2152bは、所定の抽選確率(本例では、1/2で当選)に基づき、不利保留予告表示の消滅禁止抽選を実行する。次に、ステップ3020で、装図保留情報表示制御手段2152bは、当該不利保留予告表示の消滅禁止抽選に当選したか否かを判定する。ステップ3020でYesの場合、ステップ3022で、装図保留情報表示制御手段2152bは、演出表示関連情報一時記憶手段2152eのフラグエリア内にある不利保留予告表示消滅禁止フラグをオンにし、ステップ3050に移行する。尚、ステップ3014及びステップ3020でNoの場合にもステップ3050に移行する。
【0077】
一方、ステップ3030でNoの場合、換言すれば、事前判定した保留情報が非確率変動大当りの場合、ステップ3042で、装図保留情報表示制御手段2152bは、所定の抽選確率(本例では、1/2で当選)に基づき、不利保留予告表示の実行可否抽選を実行する。次に、ステップ3044で、装図保留情報表示制御手段2152bは、当該不利保留予告表示の実行可否抽選に当選したか否かを判定する。ステップ3044でYesの場合、ステップ3046及びステップ3048で、装図保留情報表示制御手段2152bは、演出表示関連情報一時記憶手段2152eのフラグエリア内にある不利保留予告表示許可フラグ及び不利保留予告表示消滅禁止フラグをオンにし、ステップ3050に移行する。他方、ステップ3044でNoの場合にも、ステップ3050に移行する。
【0078】
次に、ステップ3050で、装図保留情報表示制御手段2152bは、演出表示関連情報一時記憶手段2152eのフラグエリアを参照し、不利保留予告表示許可フラグがオフであるか否かを判定する。ステップ3050でYesの場合、ステップ3052で、装図保留情報表示制御手段2152bは、前記事前判定結果がハズレであるか否かを判定する。ステップ3052でYesの場合、換言すれば、事前判定した保留情報がハズレであった場合、ステップ3054で、装図保留情報表示制御手段2152bは、所定の抽選確率(本例では、1/30で当選)に基づき、有利保留予告表示の実行可否抽選を実行し、ステップ3056に移行する。ここで、有利保留予告表示とは、遊技者にとって有利な遊技状態(本例では、確率変動遊技状態)へ移行予定である可能性が高い旨を報知する保留予告表示のことである。他方、ステップ3052でNoの場合、換言すれば、事前判定した保留情報が大当りであった場合、ステップ3062で、装図保留情報表示制御手段2152bは、前記事前判定結果が確率変動大当りであるか否かを判定する。ステップ3062でYesの場合、換言すれば、事前判定した保留情報が確率変動大当りであった場合、ステップ3064で、装図保留情報表示制御手段2152bは、所定の抽選確率(本例では、1/3で当選)に基づき、有利保留予告表示の実行可否抽選を実行し、ステップ3056に移行する。次に、ステップ3056で、装図保留情報表示制御手段2152bは、党が有利保留予告表示の実行可否抽選に当選したか否かを判定する。ステップ3056でYesの場合、ステップ3058で、装図保留情報表示制御手段2152bは、演出表示関連情報一時記憶手段2152eのフラグエリア内にある有利保留予告表示許可フラグをオンにし、次の処理(ステップ3200の保留表示制御処理)に移行する。尚、ステップ3002、ステップ3004及びステップ3050でNoの場合にも、次の処理(ステップ3200の保留表示制御処理)に移行する。尚、本例では、不利保留予告表示の実行可否抽選の実行後に有利保留予告抽選を実行するよう構成したが、不利保留予告表示の実行可否抽選と有利保留予告抽選との順序を入れ替えてもよい。
【0079】
次に、図16は、図13でのステップ3200のサブルーチンに係る、サブ(サブメイン基板)側で実行する保留表示制御処理のフローチャートである。まず、ステップ3202で、装図保留情報表示制御手段2152bは、装図保留情報一時記憶手段2152e−2を参照し、装図保留カウンタ値Chが増加したか否かを判定する。ステップ3202でYesの場合、ステップ3204で、装図保留情報表示制御手段2152bは、演出表示関連情報一時記憶手段2152eのフラグエリアを参照し、不利保留予告表示許可フラグがオンであるか否かを判定する。ステップ3204でYesの場合、ステップ3206で、装図保留情報表示制御手段2152bは、演出表示関連情報一時記憶手段2152eのフラグエリア内にある不利保留予告表示許可フラグをオフにする。次に、ステップ3210で、装図保留情報表示制御手段2152bは、装図保留表示部2142上で、不利保留予告表示態様(例えば、「●」)にて、カウンタ値Ch番目の保留表示(最後尾の新たな保留表示)を実行する。次に、ステップ3212〜ステップ3216で、装図保留情報表示制御手段2152bは、カウンタ値Ch番目の保留表示情報格納バッファ2152b−1に、保留表示種別=「不利保留」、「消滅レベル値(5)」、「消滅操作残回数(50)」及び「消滅レベル値減少閾値(0、10、20、30、40)」をセットする。尚、詳細は後述するが、「消滅レベル値」とは、遊技者操作に基づき不利保留予告表示態様を段階的に変化させるための当該段階を意味する値であり、「消滅レベル値減少閾値」とは、当該段階的に変化させるための閾値となる(閾値に到達したことを契機として消滅レベル値が減少する)値である。次に、ステップ3220で、装図保留情報表示制御手段2152bは、演出表示関連情報一時記憶手段2152eのフラグエリアを参照し、不利保留予告表示消滅禁止フラグがオンであるか否かを判定する。ステップ3220でYesの場合、ステップ3222で、装図保留情報表示制御手段2152bは、演出表示関連情報一時記憶手段2152eのフラグエリア内にある不利保留予告表示消滅禁止フラグをオフにする。次に、ステップ3224で、装図保留情報表示制御手段2152bは、カウンタ値Ch番目の保留表示情報格納バッファ2152b−1に「消滅禁止情報」をセットし、次の処理(ステップ3400の保留表示変更操作受付制御処理)に移行する。ここで、本実施形態においては、「消滅操作残回数」「消滅レベル値減少閾値」は、予め定められた値をセットするよう構成されているが、これには限定されない。その場合には、例えば、当否結果や大当り属性に基づき、抽選によって当該値を決定するよう構成してもよい。具体的には、例えば、非確率変動大当りの場合には、小さい値が選択され易く、確率変動大当りの場合には、大きい値が選択され易いよう構成することが望ましい。また、カウンタ値Ch(保留数)の大小に基づき、抽選によって決定するよう構成してもよい。具体的には、カウンタ値Chが小さい場合には、小さい値が選択され易く、カウンタ値Chが大きい場合には、大きい値が選択され易い等を挙げることができる(尚、当該値の大小は、後述する保留表示変化操作受付制御処理に影響を与えることとなる。即ち、このように構成した場合、ある保留が不利保留予告表示態様として表示された際、当該ある保留が消化されるまでの残り時間に余裕がある場合には不利保留予告表示態様を段階的に変化させ難くする一方、当該ある保留が消化されるまでの残り時間に余裕がない場合には不利保留予告表示態様を段階的に変化させ易くする、或いは、当該ある保留が消化される際に非確率変動大当りが発生することが予定されている場合には、最終段階まで不利保留予告表示態様を変化させ易くする一方、当該ある保留が消化される際に確率変動大当りが発生することが予定されている場合には、最終段階まで不利保留予告表示態様を変化させ難くする、といった作用を創出することができることとなる)。
【0080】
他方、ステップ3204でNoの場合、ステップ3230で、装図保留情報表示制御手段2152bは、演出表示関連情報一時記憶手段2152eのフラグエリアを参照し、有利保留予告表示許可フラグがオンであるか否かを判定する。ステップ3230でYesの場合、ステップ3232で、装図保留情報表示制御手段2152bは、演出表示関連情報一時記憶手段2152eのフラグエリア内にある有利保留予告表示許可フラグをオフにする。次に、ステップ3240で、装図保留情報表示制御手段2152bは、装図保留表示部2142上で、有利保留予告表示態様(例えば、「◎」)にて、カウンタ値Ch番目の保留表示(最後尾の新たな保留表示)を実行する。次に、ステップ3242で、装図保留情報表示制御手段2152bは、カウンタ値Ch番目の保留表示情報格納バッファ2152b−1に、保留表示種別=「有利保留」をセットし、次の処理(ステップ3400の保留表示変更操作受付制御処理)に移行する。
【0081】
他方、ステップ3230でNoの場合、ステップ3250で、装図保留情報表示制御手段2152bは、装図保留表示部2142上で、通常保留予告表示態様(例えば、「○」)にて、カウンタ値Ch番目の保留表示(最後尾の新たな保留表示)を実行する。次に、ステップ3252で、装図保留情報表示制御手段2152bは、カウンタ値Ch番目の保留表示情報格納バッファ2152b−1に、保留表示種別=「通常保留」をセットし、次の処理(ステップ3400の保留表示変更操作受付制御処理)に移行する。
【0082】
他方、ステップ3202でNoの場合、ステップ3260で、装図保留情報表示制御手段2152bは、装図保留情報一時記憶手段2152e−2を参照し、装図保留カウンタ値Chが減少したか否かを判定する。ステップ3260でYesの場合、ステップ3262で、装図保留情報表示制御手段2152bは、装図保留表示部2142上で、最先の保留表示を消去すると共に、残りの保留情報をシフトする。次に、ステップ3264で、装図保留情報表示制御手段2152bは、最先の保留表示情報格納バッファ2152b−1にセットされた内容を、保留消化時保留表示情報格納バッファ2152b−2にセットする。次に、ステップ3266で、装図保留情報表示制御手段2152bは、最先の保留表示情報格納バッファ2152b−1にセットされた内容を消去すると共に、残りの内容をシフトし、次の処理(ステップ3400の保留表示変更操作受付制御処理)に移行する。尚、ステップ3260でNoの場合にも、次の処理(ステップ3400の保留表示変更操作受付制御処理)に移行する。
【0083】
次に、図17は、図13でのステップ3400のサブルーチンに係る、サブ(サブメイン基板)側で実行する保留表示変更操作受付制御処理のフローチャートである。まず、ステップ3402で、装図保留情報表示制御手段2152bは、保留表示情報格納バッファ2152b−1を参照し、保留表示種別が「不利保留」となる保留が存在するか否かを判定する。ステップ3402でYesの場合、ステップ3404で、装図保留情報表示制御手段2152bは、サブ入力ボタン4000の操作を検出したか否かを判定する。ステップ3404でYesの場合、ステップ3406及びステップ3408で、装図保留情報表示制御手段2152bは、保留表示情報格納バッファ2152b−1内の、当該存在している「不利保留」に係る「消滅操作残回数」を1減算すると共に、当該存在している「不利保留」に係る「消滅操作残回数」を「消滅レベル値減少閾値」とを比較する。次に、ステップ3410で、装図保留情報表示制御手段2152bは、当該比較結果が一致したか否かを判定する。ステップ3410でYesの場合、ステップ3412で、装図保留情報表示制御手段2152bは、保留表示情報格納バッファ2152b−1内の、当該比較結果が一致した「不利保留」に係る「消滅レベル値」を1減算する。次に、ステップ3414で、装図保留情報表示制御手段2152bは、保留表示情報格納バッファ2152b−1を参照し、当該減算の結果によって、「消滅レベル値」が0になったか否かを判定する。ステップ3414でYesの場合、ステップ3416で、装図保留情報表示制御手段2152bは、保留表示情報格納バッファ2152b−1を参照し、当該「消滅レベル値」が0となった「不利保留」に係る「消滅禁止情報」のセットがないか否かを判定する。ステップ3416でYesの場合、ステップ3418及びステップ3420で、装図保留情報表示制御手段2152bは、装図保留表示部2142上で、当該「消滅レベル値」が0となった「不利保留」に係る保留表示を通常保留表示態様(本例では、「○」であるが、有利保留予告表示態様「◎」としてもよい)に変更すると共に、保留表示情報格納バッファ2152b−1内の、保留表示種別を「有利保留」(又は、「通常保留」)に変更し、次の処理(ステップ2200の装飾図柄表示内容決定処理)に移行する。一方、ステップ3414でNoの場合、ステップ3422で、装図保留情報表示制御手段2152bは、装図保留表示部2142上で、当該「消滅レベル値」が減算された「不利保留」に係る保留表示の表示サイズを縮小(例えば、現在の表示サイズから80%縮小)表示し、次の処理(ステップ2200の装飾図柄表示内容決定処理)に移行する。尚、ステップ3402、3404、及びステップ3410でNoの場合にも、次の処理(ステップ2200の装飾図柄表示内容決定処理)に移行する。ここで、本実施形態においては、「消滅レベル値」が減算された「不利保留」に係る保留表示の表示サイズを縮小表示するよう構成されているが、これには限定されず、保留表示の形状を変形する、保留表示の表示色を変色させる等により表現してもよい。
【0084】
次に、図18は、図13でのステップ2200のサブルーチンに係る、サブ(サブメイン基板)側で実行する装飾図柄表示内容決定処理のフローチャートである。まず、ステップ2202で、装図表示内容決定手段2152a−1は、演出表示関連情報一時記憶手段2152e内の図柄内容決定許可フラグがオンであるか否かを判定する。ステップ2202でYesの場合、ステップ2204で、装図表示内容決定手段2152a−1は、演出表示関連情報一時記憶手段2152e内の図柄内容決定許可フラグをオフにする。次に、ステップ2205で、装図表示内容決定手段2152a−1は、メイン側情報一時記憶手段2151a内に一時記憶された主制御装置1000側からの図柄情報(特に、主遊技図柄の停止図柄情報)に基づき、装図停止図柄決定用抽選テーブル2152a−1−2を参照して、装飾図柄の停止図柄を決定すると共に、当該決定した内容を演出表示関連情報一時記憶手段2152eに一時記憶する。次に、ステップ2208で、装図表示内容決定手段2152a−1は、メイン側情報一時記憶手段2151a内に一時記憶された主制御装置1000側からの図柄情報(特に、主遊技図柄の変動態様情報)及び演出表示関連情報一時記憶手段2152eに一時記憶された装飾図柄の停止図柄に基づき、装図変動内容決定用抽選テーブル2152a−1−1を参照して、装飾図柄の変動態様(例えば、非リーチ、ノーマルリーチ、スーパーリーチといったリーチ種別等)を決定すると共に、当該決定した内容を演出表示関連情報一時記憶手段2152eに一時記憶する。次に、ステップ2210で、主演出動作内容決定手段2152a−3は、演出表示関連情報一時記憶手段2152eに一時記憶された装飾図柄の変動態様に基づき、主演出動作内容決定用抽選テーブル2152a−3−1を参照し、装飾図柄の変動態様に基づき実行される演出内容であって、主に装飾図柄の変動表示及び停止表示やリーチ画像に係る演出内容(以下、主演出や主演出内容と呼ぶことがある)を決定すると共に、当該決定した主演出内容に基づき、「表示更新タイミング」と「表示更新内容」とを導出して演出表示関連情報一時記憶手段2152eに一時記憶(セット)する。
【0085】
ここで、図19(主演出テーブル1)は、主演出動作内容決定用抽選テーブル2152a−3−1の一例である。本例に示されるように、本実施形態においては、主遊技図柄の当否結果(左端列にて図示されており、本例では、「ハズレ」、「確率変動大当り」又は「非確率変動大当り」)及び遊技状態(左2列目にて図示されており、本例では「非確率変動遊技時」と「確率変動遊技時」との場合のみ例示)と取得乱数値(サブメイン基板側で取得した乱数値であって、左3列目にて図示)とに基づき、主演出内容(左4列目にて図示されており、本例では、「主演出A−1(ハズレ)」や「主演出A−1(大当り)」等)を決定可能に構成されている(本例では、装図変動態様が「スーパーリーチ」である場合の一例)。そして、主演出内容が決定された場合には、「表示更新タイミング」と「表示更新内容」とを一義的に決定可能に構成されている。例えば、主演出内容=「主演出A−1(ハズレ)」であった場合には、「表示更新タイミング」=「変動開始時(0秒後)」において「表示更新内容」=「装図変動開始(全列)」と決定され、「表示更新タイミング」=「変動開始35秒後」において「表示更新内容」=「リーチ画像表示1(ハズレ)」と決定される。そして、後述するように、装飾図柄の変動時間に係る経過時間に応じて、「表示更新タイミング」に到達した「表示更新内容」が順次実行されることとなる。ここで、本例においては、各リーチ画像表示が開始された際の大当り期待度は、リーチ画像表示1<リーチ画像表示2<リーチ画像表示3<リーチ画像表示4<リーチ画像表示5(確率変動遊技時においては期待度=100%)となるよう構成されている。また、確率変動遊技時における各リーチ画像表示で大当りした際の確率変動遊技移行期待度は、期待度0%=リーチ画像表示1<リーチ画像表示2<リーチ画像表示4<リーチ画像表示3=リーチ画像表示5=期待度100%となるよう構成されている。即ち、確率変動遊技時において、リーチ画像表示1が選択された場合には、ハズレとなるか非確率変動大当りとなるかのいずれかである一方、リーチ画像表示3が選択された場合には、ハズレとなるか確率変動大当りとなるかのいずれかであるよう構成されている。
【0086】
フローチャートの説明に戻ると、次に、ステップ2230で、装図保留情報表示制御手段2152bは、後述する保留表示種別対応リーチ画像切替制御処理を実行する。次に、ステップ2220で、装図表示内容決定手段2152a−1は、演出表示関連情報一時記憶手段2152e内の図柄内容決定フラグをオンにし、次の処理(ステップ2300の装飾図柄表示制御処理)に移行する。尚、ステップ2202でNoの場合にも、次の処理(ステップ2300の装飾図柄表示制御処理)に移行する。
【0087】
次に、図20は、図18でのステップ2230のサブルーチンに係る、サブ(サブメイン基板)側で実行する保留表示種別対応リーチ画像切替制御処理のフローチャートである。まず、ステップ2232で、装図保留情報表示制御手段2152bは、保留消化時保留表示情報格納バッファ2152b−2にセットされている内容を確認する。次に、ステップ2234で、装図保留情報表示制御手段2152bは、前記確認した保留表示種別が「不利保留」であるか否かを判定する。ステップ2234でYesの場合、ステップ2236で、装図保留情報表示制御手段2152bは、大当りした際の確率変動遊技移行期待度が低い不利リーチ画像(本例では、リーチ画像表示1)にて、前述したステップ2210で演出表示関連情報一時記憶手段2152eにセットされた表示更新内容を上書き更新し、本サブルーチンの呼び出し元に復帰する。
【0088】
他方、ステップ2234でNoの場合、ステップ2238で、装図保留情報表示制御手段2152bは、保留表示種別が「有利保留」であるか否かを判定する。ステップ2238で、Yesの場合、ステップ2240で、装図保留情報表示制御手段2152bは、大当りした際の確率変動遊技移行期待度が高い有利リーチ画像(本例では、リーチ画像表示3)にて、前記装飾図柄表示内容決定処理におけるステップ2210で演出表示関連情報一時記憶手段2152eにセットされた表示更新内容を上書き更新し、本サブルーチンの呼び出し元に復帰する。尚、ステップ2240においては、当該保留が確率変動大当りである場合には、当該種類を確率変動大当りが発生することが確定するリーチ画像(本例では、リーチ画像表示5)としてもよい。
【0089】
次に、図21は、図13のステップ2300のサブルーチンに係る、サブ(サブメイン基板)側で実行する装飾図柄表示制御処理のフローチャートである。まず、ステップ2302で、装飾図柄表示制御手段2152aは、演出表示関連情報一時記憶手段2152e内の図柄内容決定フラグがオンであるか否かを判定する。ステップ2302でYesの場合、ステップ2304で、装飾図柄表示制御手段2152aは、演出表示関連情報一時記憶手段2152e内の図柄内容決定フラグをオフにする。次に、ステップ2306で、装飾図柄表示制御手段2152aは、演出表示関連情報一時記憶手段2152e内の図柄変動中フラグをオンにする。次に、ステップ2309で、装飾図柄表示制御手段2152aは、装図変動時間管理タイマ2152a−4−1をスタートし、ステップ2310に移行する。尚、ステップ2302でNoの場合にも、ステップ2310に移行する。
【0090】
次に、ステップ2310で、装飾図柄表示制御手段2152aは、演出表示関連情報一時記憶手段2152e内の図柄変動中フラグがオンであるか否かを判定する。ステップ2310でYesの場合、ステップ2320で、装飾図柄表示制御手段2152aは、後述する表示更新処理を実行する。次に、ステップ2312で、装飾図柄表示制御手段2152aは、主遊技図柄が停止表示されたか否かを判定する(例えば、メイン側情報一時記憶手段2151aを参照し、主制御装置1000側から主遊技図柄が停止表示される旨の情報を受信したか否かを判定する)。ステップ2312でYesの場合、ステップ2314で、装飾図柄表示制御手段2152aは、装図変動時間管理タイマ2152a−4−1を停止すると共にリセット(ゼロクリア)する。次に、ステップ2318で、装飾図柄表示制御手段2152aは、演出表示関連情報一時記憶手段2152e内の図柄変動中フラグをオフにし、次の処理(ステップ2400の特別遊技中表示制御処理)に移行する。尚、ステップ2310又はステップ2312でNoの場合にも、次の処理(ステップ2400の特別遊技中表示制御処理)に移行する。
【0091】
次に、図22は、図21のステップ2320のサブルーチンに係る、サブ(サブメイン基板)側で実行する表示更新処理のフローチャートである。まず、ステップ2322で、装飾図柄表示制御手段2152aは、装図変動時間管理タイマ2152a−4−1のタイマ値及び演出表示関連情報一時記憶手段2152eに一時記憶された各種演出内容の「表示更新タイミング」を確認する。次に、ステップ2324で、装飾図柄表示制御手段2152aは、当該確認結果に基づき、主演出内容に係る表示更新タイミングに到達したか否かを判定する。ステップ2324でYesの場合、ステップ2326で、装飾図柄表示制御手段2152aは、当該表示更新タイミングに到達した「表示更新内容」を参照し、サブサブ制御装置2140を駆使して所定の画像表示処理を実行し(装図表示部2141上にて、装図変動表示、装図仮停止表示、装図確定表示、リーチ画像表示を行い)、本サブルーチンの呼び出し元に復帰する。
【0092】
他方、ステップ2324でNoの場合、ステップ2500で、装飾図柄表示制御手段2152aは、後述するバトル演出発展前切替制御処理を実行する。次に、ステップ2600で、装飾図柄表示制御手段2152aは、後述するバトル演出発展後切替制御処理を実行し、本サブルーチンの呼び出し元に復帰する。
【0093】
次に、図23は、図22でのステップ2500のサブルーチンに係る、バトル演出発展前切替制御処理のフローチャートである。まず、ステップ2502で、装飾図柄表示制御手段2152aは、保留消化時保留表示情報格納バッファ2152b−2にセットされている内容を確認する。次に、ステップ2504で、装飾図柄表示制御手段2152aは、前記確認した保留表示種別が「不利保留」であるか否かを判定する。ステップ2504でYesの場合、ステップ2506で、装飾図柄表示制御手段2152aは、装図変動時間管理タイマ2152a−4−1を参照し、リーチ画像表示後{不利リーチ画像表示の発展前における一部を表示後(例えば、敵キャラクタ1の登場表示実行後)}の所定タイミングTα(3秒)に到達したか否かを判定する。ステップ2506でYesの場合、ステップ2508で、装飾図柄表示制御手段2152aは、当該変動で確率変動大当りの期待度が高いか否かを判定する{例えば、演出表示関連情報一時記憶手段2152eを参照し、確率変動大当り時に選択され易い変動態様(変動時間等)が選択されているか否かを判定する}。ステップ2508でYesの場合、ステップ2510で、装飾図柄表示制御手段2152aは、装図表示部2141上で、タイミングTαにおける不利リーチ画像表示(本例では、リーチ画像表示1)の実行内容から、有利リーチ画像表示(本例では、リーチ画像表示3)の実行内容へと、実行内容(表示内容)を切り替えて{有利リーチ画像表示の発展後から表示開始(例えば、敵キャラクタ3とのバトル表示を実行)して}、本サブルーチンの呼び出し元に復帰する。尚、ステップ2504、ステップ2506及びステップ2508でNoの場合にも、本サブルーチンの呼び出し元に復帰する。このように構成することで、消化中の保留が「不利保留」であって、且つ、確率変動大当りの期待度が高い変動態様(変動時間)が選択されている場合、変動の初期段階(所定タイミングTα)において、不利な演出表示から有利な演出表示へと切り替えられることとなる(確率変動大当り又はハズレに係る保留生起時においてセットされた「不利保留」である場合に限り、当該切り替えを実行するよう構成することで、不利な演出表示から有利な演出表示へと切り替わった時点で非確率変動大当りが発生する可能性がゼロとなるよう構成することも可能である)。
【0094】
次に、図24は、図22でのステップ2600のサブルーチンに係る、バトル演出発展後切替制御処理のフローチャートである。まず、ステップ2601で、装飾図柄表示制御手段2152aは、演出表示関連情報一時記憶手段2152eを参照し、不利リーチ画像(本例では、リーチ画像表示1)を表示中であるか否かを判定する。ステップ2602で、装飾図柄表示制御手段2152aは、保留消化時保留表示情報格納バッファ2152b−2にセットされている内容を確認する。次に、ステップ2604で、装飾図柄表示制御手段2152aは、前記確認した保留表示種別が「不利保留」であるか否かを判定する。ステップ2604でYesの場合、ステップ2605で、装飾図柄表示制御手段2152aは、「消滅レベル値」に基づき、不利リーチ画像表示(本例では、リーチ画像表示1)の実行内容から、有利リーチ画像表示(本例では、リーチ画像表示3)の実行内容へと、実行内容(表示内容)を切り替えるタイミングTβを決定する{例えば、「消滅レベル値」が0の場合にはTβ=5秒、9秒、13秒から選択され、「消滅レベル値」が5の場合には、Tβ=13秒が選択される等であり、何れのタイミングで実行内容(表示内容)を切り替えるよう決定したかを事前に報知してもよい。より具体的には、当該タイミングTβ直前において「不利リーチ画像から有利リーチ画像へ切り替わるか否か」を煽る演出を実行し、当該煽る演出が表示されなければ、後述する不利な演出表示から有利な演出表示へと切り替えないよう構成することを挙げることができる。そして、当該煽る演出を表示する回数やタイミングが「消滅レベル値」に応じて変化する(例えば、「消滅レベル値」が小さいほど当該煽る演出の表示回数が多くなる、或いは、当該煽る演出の表示回数が少ない場合には後段のタイミングにて当該煽る演出が表示される可能性が高い、等)ように構成することで、遊技の興趣性を高めることができる。更には、不利リーチ画像の導入部や前段部において「煽り回数=切り替えチャンスはX回!」といったように当該煽る演出を表示する回数を明確に報知するよう構成することを挙げることができる}。次に、ステップ2606で、装飾図柄表示制御手段2152aは、前記決定したタイミングTβと、装図変動時間管理タイマ2152a−4−1を参照し、リーチ画像表示後{不利リーチ画像表示の発展後(例えば、敵キャラクタ1とのバトル表示実行中)}の所定タイミングTβに到達したか否かを判定する。ステップ2606でYesの場合、ステップ2627で、装飾図柄表示制御手段2152aは、所定の抽選確率(1/5で当選)に基づき、リーチ画像の切替抽選を実行する。ここで、複数タイミングが存在している場合に、タイミング毎に抽選確率を異ならせてもよい(或いは、所定タイミングTβのいずれで切り替えるかを予め決定しておいてもよい)。次に、ステップ2608で、装飾図柄表示制御手段2152aは、当該切替抽選に当選したか否かを判定する。ステップ2608でYesの場合、ステップ2610で、装飾図柄表示制御手段2152aは、装図表示部2141上で、タイミングTβにおける不利リーチ画像表示(本例では、リーチ画像表示1)の実行内容から、有利リーチ画像表示(本例では、リーチ画像表示3)の実行内容へと、実行内容(表示内容)を切り替え、本サブルーチンの呼び出し元に復帰する。尚、ステップ2601、ステップ2604、ステップ2606及びステップ2608でNoの場合にも、本サブルーチンの呼び出し元に復帰する。このように構成することで、不利リーチ画像表示中に、消化中の保留が「不利保留」であって、且つ、リーチ画像の切替抽選に当選した場合、変動中(所定タイミングTα)において、不利な演出表示から有利な演出表示へと切り替えられることとなる。また、当該切り替えるタイミングを、「消滅レベル値」に基づき変化することとなる。
【0095】
次に、図25は、図13でのステップ2400のサブルーチンに係る、特別遊技中表示制御処理のフローチャートである。まず、ステップ2402で、特別遊技中表示制御手段2152dは、演出表示関連情報一時記憶手段2152e内の特別遊技中フラグがオフであるか否かを判定する。ステップ2402でYesの場合、ステップ2404で、特別遊技中表示制御手段2152dは、メイン側情報一時記憶手段2151aを参照し、主制御装置1000側から特別遊技開始信号を受信したか否かを判定する。ステップ2404でYesの場合、ステップ2406で、特別遊技中表示制御手段2152dは、演出表示関連情報一時記憶手段2152e内の特別遊技中フラグをオンにする。そして、ステップ2408で、特別遊技中表示制御手段2152dは、演出表示装置2140を駆使して、大当り開始表示を実行しステップ2422に移行する。
【0096】
次に、ステップ2422で、特別遊技中表示制御手段2152dは、演出表示装置2140を駆使して、主制御装置1000側から逐次送信されている遊技情報に基づき、ラウンド数と入賞個数に係る情報を表示する。次に、ステップ2430で、特別遊技中表示制御手段2152dは、メイン側情報一時記憶手段2151aを参照し、主制御装置1000側から特別遊技終了信号を受信したか否かを判定する。ステップ2430でYesの場合、ステップ2432で、特別遊技中表示制御手段2152dは、演出表示装置2140を駆使して、大当り終了表示を実行する。そして、ステップ2436で、特別遊技中表示制御手段2152dは、演出表示関連情報一時記憶手段2152e内の特別遊技中フラグをオフにし、次の処理(ステップ2100の保留情報管理処理)に移行する。尚、ステップ2404又はステップ2430でNoの場合にも、次の処理(ステップ2100の保留情報管理処理)に移行する。
【0097】
<作用>
以上のように構成することで、本実施形態によれば、保留の当否結果及び大当り属性(確率変動大当り又は非確率変動大当り)を事前判定し、保留数を装図保留表示部2142上で表示するに際して、当該事前判定結果が確率変動大当りである場合に表示され易い「有利保留」(本例では、「◎」)と、当該事前判定結果が非確変大当りである場合に表示され易い「不利保留」(本例では、「●」)と、の異なる表示態様にて表示し得ることに加え、装図保留表示部2142にて「不利保留」となるある保留が存在している状況下、サブ入力ボタン4000の操作によって当該ある保留に係る「不利保留」の表示態様を段階的に変化させる(本実施形態においては、段階的に保留表示の表示サイズを縮小表示するよう構成されているが、これには限定されず、保留表示の形状を変形する、保留表示の表示色を変色させる、或いは、「有利保留」の表示態様に類似した態様に近づいていく等により表現してもよい)ことが可能となると共に、最終的には「不利保留」とは異なる表示態様{例えば、「通常保留」(本例では、「○」)}へと変化させることが可能となるよう構成されている。そして、当該ある保留の消化時にて実行される主演出内容(例えば、リーチ画像表示内容)は、当該ある保留の表示態様に基づき変更(切り替え)可能に構成されている。その結果、保留の表示態様を変化させる遊技性と、実行予定である主演出内容との間に関連性が生まれるため、従来の遊技機にはないインタラクティブ性を創出することができ、遊技の興趣性を向上させることができるのである。
【0098】
また、本実施形態によれば、ある保留の表示態様が「不利保留」である状況下、当該ある保留の消化時にて実行される主演出内容は、遊技者にとって不利な状況であることを表す内容が実行される一方、ある保留の表示態様が「不利保留」ではない状況下、当該ある保留の消化時にて実行される主演出内容は、遊技者にとって有利な状況であることを表す内容が実行され得るよう構成されているため、遊技者にとっては、サブ入力ボタン4000を操作して、「不利保留」の表示態様を段階的に変化させ、最終的には「不利保留」とは異なる表示態様へと変化させることへの動機付けを強めることができる結果、よりインタラクティブ性を高めて、遊技の興趣性を向上させることができるのである。
【0099】
また、本実施形態によれば、主演出内容を切り替えるに際して、「不利保留」の表示態様を変化させた段階数(本例でいう「消滅レベル値」)に基づき、当該切り替えるタイミングを可変とするよう構成されている。具体的には、「不利保留」の表示態様を変化させた段階数が多いほど、当該切り替えるタイミング候補が多くなる一方、「不利保留」の表示態様を変化させた段階数が少ないほど、当該切り替えるタイミング候補が少なくなるよう構成されているため、「不利保留」の表示態様を最終的に「不利保留」とは異なる表示態様に変化させることができなかったとしても、以降において主演出内容が切り替えられることを期待することができ、「不利保留」の表示態様を段階的に変化させることへの動機付けを強めることができる結果、よりインタラクティブ性を高めて、遊技の興趣性を向上させることができるのである。
【0100】
尚、本実施形態においては、複数個の「不利保留」が存在している場合、当該複数個の「不利保留」の表示態様を同時に変化させ得るよう構成されているが、これには限定されず、保留が消化される順番が早い「不利保留」の表示態様から順次変化させるよう構成してもよい。このように構成した場合には、「不利保留」となるある保留の表示態様を「不利保留」とは異なる表示態様へと変化させない限り、当該ある保留以降の「不利保留」の表示態様を変化させることができない、といった遊技性を創出することができる。また、ある保留にて新たに「不利保留」が表示された場合、当該ある保留よりも消化順が早い(又は遅い)保留の表示態様が「不利保留」でなかった際には、これらの表示態様を強制的に「不利保留」へと変更するよう構成してもよい。このように構成した場合には、複数個の「不利保留」が同時に存在する頻度が上昇するため、うじゃうじゃと「不利保留」が湧くことで遊技者に危機感を与える、といった遊技性を創出することができる。
【符号の説明】
【0101】
1000 主制御装置
1100 遊技制御手段、1110 入球判定手段
1111 主遊技始動口入球判定手段、1112 補助遊技始動口入球判定手段
1120 乱数取得判定実行手段、1121 主遊技乱数取得判定実行手段
1122 補助遊技乱数取得判定実行手段、1130 保留制御手段
1131 主遊技図柄保留手段、1131a 主遊技図柄保留情報一時記憶手段
1132 補助遊技図柄保留手段、1132a 補助遊技図柄保留情報一時記憶手段
1135 当否抽選手段、1135a 特別遊技移行決定手段
1135b 当否抽選用テーブル、1135b−1 主遊技用当否抽選テーブル
1140 図柄内容決定手段、1141 主遊技内容決定手段
1141a 主遊技内容決定用抽選テーブル、1142 補助遊技内容決定手段
1142a 補助遊技内容決定用抽選テーブル、1150 表示制御手段
1151 主遊技図柄制御手段、1151a 主遊技図柄変動時間管理手段
1151a−1 主遊技図柄変動管理用タイマ、1152 補助遊技図柄制御手段
1152a 補助遊技図柄変動時間管理手段、1152a−1 補助遊技図柄変動管理用タイマ
1160 電動役物開閉制御手段、1161 条件判定手段
1162 開放タイマ、1170 特別遊技制御手段
1171 条件判定手段、1172 特別遊技内容決定手段
1172a 特別遊技内容参照テーブル、1173 特別遊技実行手段
1174 特別遊技時間管理手段、1174a 特別遊技用タイマ
1180 特定遊技制御手段、1181 特定遊技終了条件判定手段
1181a 時短回数カウンタ、1190 遊技状態一時記憶手段
1191 主遊技状態一時記憶手段、1191a フラグ一時記憶手段
1191b 主遊技図柄情報一時記憶手段、1191c 特別遊技関連情報一時記憶手段
1192 補助遊技状態一時記憶手段、1192a 補助遊技関連情報一時記憶手段
1192b 補助遊技図柄情報一時記憶手段、1200 情報送信手段
1300 賞球払出決定手段
2000 遊技周辺機器
2110 主遊技始動口、2111 主遊技始動口入球検出装置
2112 主遊技始動口電動役物、2130 主遊技図柄表示装置
2131 主遊技図柄表示部、2132 主遊技図柄保留表示部
2120 大入賞口、2121 大入賞口入賞検出装置
2122 大入賞口電動役物、2200 補助遊技周辺機器
2210 補助遊技始動口、2211 補助遊技始動口入球検出装置
2220 補助遊技図柄表示装置、2221 補助遊技図柄表示部
2222 補助遊技図柄保留表示部
2150 演出表示制御手段
2151 表示情報受信手段、2151a メイン側情報一時記憶手段
2152 表示制御手段、2152a 装飾図柄表示制御手段
2152a−1 装図表示内容決定手段、2152a−1−1 装図変動内容決定用抽選テーブル
2152a−1−2 装図停止図柄決定用抽選テーブル、2152a−3 主演出動作内容決定手段
2152a−3−1 主演出動作内容決定用抽選テーブル、2152a−4 変動時間管理タイマ
2152a−4−1 装図変動時間管理タイマ、2152b 装図保留情報表示制御手段
2152b−1 保留表示情報格納バッファ、2152b−2 保留消化時保留表示情報格納バッファ
2152d 特別遊技中表示制御手段、2152e 演出表示関連情報一時記憶手段
2152e−2 装図保留情報一時記憶手段、2140 演出表示装置
2141 装図表示部、2142 装図保留表示部
4000 演出操作装置、3000 賞球払出制御装置
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
図11
図12
図13
図14
図15
図16
図17
図18
図19
図20
図21
図22
図23
図24
図25