特許第6250610号(P6250610)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ ヤフー株式会社の特許一覧
特許6250610情報表示装置、情報表示方法、情報表示プログラムおよび配信装置
<>
  • 特許6250610-情報表示装置、情報表示方法、情報表示プログラムおよび配信装置 図000002
  • 特許6250610-情報表示装置、情報表示方法、情報表示プログラムおよび配信装置 図000003
  • 特許6250610-情報表示装置、情報表示方法、情報表示プログラムおよび配信装置 図000004
  • 特許6250610-情報表示装置、情報表示方法、情報表示プログラムおよび配信装置 図000005
  • 特許6250610-情報表示装置、情報表示方法、情報表示プログラムおよび配信装置 図000006
  • 特許6250610-情報表示装置、情報表示方法、情報表示プログラムおよび配信装置 図000007
  • 特許6250610-情報表示装置、情報表示方法、情報表示プログラムおよび配信装置 図000008
  • 特許6250610-情報表示装置、情報表示方法、情報表示プログラムおよび配信装置 図000009
  • 特許6250610-情報表示装置、情報表示方法、情報表示プログラムおよび配信装置 図000010
  • 特許6250610-情報表示装置、情報表示方法、情報表示プログラムおよび配信装置 図000011
  • 特許6250610-情報表示装置、情報表示方法、情報表示プログラムおよび配信装置 図000012
  • 特許6250610-情報表示装置、情報表示方法、情報表示プログラムおよび配信装置 図000013
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B2)
(11)【特許番号】6250610
(24)【登録日】2017年12月1日
(45)【発行日】2017年12月20日
(54)【発明の名称】情報表示装置、情報表示方法、情報表示プログラムおよび配信装置
(51)【国際特許分類】
   H04N 21/472 20110101AFI20171211BHJP
   H04N 21/431 20110101ALI20171211BHJP
【FI】
   H04N21/472
   H04N21/431
【請求項の数】14
【全頁数】34
(21)【出願番号】特願2015-185911(P2015-185911)
(22)【出願日】2015年9月18日
(65)【公開番号】特開2017-60129(P2017-60129A)
(43)【公開日】2017年3月23日
【審査請求日】2016年3月10日
【早期審査対象出願】
(73)【特許権者】
【識別番号】500257300
【氏名又は名称】ヤフー株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】100089118
【弁理士】
【氏名又は名称】酒井 宏明
(74)【代理人】
【識別番号】100125612
【弁理士】
【氏名又は名称】中嶋 裕昭
(72)【発明者】
【氏名】脇崎 正俊
(72)【発明者】
【氏名】小林 大介
【審査官】 古川 哲也
(56)【参考文献】
【文献】 特表2011−508521(JP,A)
【文献】 特開2008−312172(JP,A)
【文献】 特開2009−116893(JP,A)
【文献】 特開2001−320532(JP,A)
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
H04N 21/00 − 21/858
H04N 5/38 − 5/46
H04N 5/76 − 5/956
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
所定の動画像を示す同じ表示サイズの複数の画像であって、それぞれ異なる再生位置を示す複数の画像を所定の方向に並べたコンテンツを、前記所定の方向にスクロール可能な状態で、当該所定の方向とは異なる方向にスクロール可能なウェブページと並べて表示し、前記ウェブページをスクロールさせる操作が行われた場合には、前記ウェブページのうち画面上に表示される表示範囲の広さを変更するとともに、前記コンテンツのうち画面上に表示される表示範囲の広さと、当該コンテンツの表示サイズとを変更する表示部と、
前記コンテンツが選択された場合は、前記動画像を再生する再生部と
を有することを特徴とする情報表示装置。
【請求項2】
所定の動画像を示す同じ表示サイズの複数の画像であって、それぞれ異なる再生位置を示す複数の画像を所定の方向に並べたコンテンツを、前記所定の方向にスクロール可能な状態で、所定の表示領域のうち画面上に表示される表示範囲に前記コンテンツを配置して、前記所定の方向とは異なる方向にスクロール可能なウェブページと並べて表示し、利用者の操作により当該表示範囲の大きさが変化した場合は、当該表示範囲の大きさに応じて、前記コンテンツの縦横比を保ったまま当該コンテンツの縮尺を変更することで、当該コンテンツのうち前記画面上に表示される範囲の縦横比を変更する表示部と、
前記コンテンツが選択された場合は、前記動画像を再生する再生部と
を有することを特徴とする情報表示装置。
【請求項3】
前記再生部は、前記コンテンツに含まれる画像のうち、いずれかの画像が選択された場合は、所定の配信サーバから前記動画像のうち、選択された画像が示す再生位置に基づいた位置から後の範囲を取得し、取得した動画像を再生する
ことを特徴とする請求項1または2に記載の情報表示装置。
【請求項4】
前記再生部は、前記コンテンツに含まれる画像のうち、いずれかの画像が選択された場合は、所定の配信サーバから前記動画像を取得し、選択された画像が示す再生位置から後の範囲を再生する
ことを特徴とする請求項1〜3のうちいずれか1つに記載の情報表示装置。
【請求項5】
前記表示部は、前記コンテンツとして、前記動画像に含まれるフレームの画像であって、それぞれ異なるフレームの画像を複数含むコンテンツを表示する
ことを特徴とする請求項1〜4のうちいずれか1つに記載の情報表示装置。
【請求項6】
前記表示部は、前記コンテンツとして、前記複数の画像を、対応するフレームの時系列に沿った順に並べたコンテンツを表示する
ことを特徴とする請求項5に記載の情報表示装置。
【請求項7】
前記表示部は、前記コンテンツとして、前記動画像のうち所定の再生範囲に対応する動画像である部分動画像が配置されたコンテンツを表示する
ことを特徴とする請求項1〜6のうちいずれか1つに記載の情報表示装置。
【請求項8】
前記表示部は、前記複数の画像を並べたコンテンツを、前記動画像のサムネイルとして表示する
ことを特徴とする請求項1〜のうちいずれか1つに記載の情報表示装置。
【請求項9】
情報表示装置が実行する情報表示方法であって、
所定の動画像を示す同じ表示サイズの複数の画像であって、それぞれ異なる再生位置を示す複数の画像を所定の方向に並べたコンテンツを、前記所定の方向にスクロール可能な状態で、当該所定の方向とは異なる方向にスクロール可能なウェブページと並べて表示し、前記ウェブページをスクロールさせる操作が行われた場合には、前記ウェブページのうち画面上に表示される表示範囲の広さを変更するとともに、前記コンテンツのうち画面上に表示される表示範囲の広さと、当該コンテンツの表示サイズとを変更する表示工程と、
前記コンテンツが選択された場合は、前記動画像を再生する再生工程と
を含むことを特徴とする情報表示方法。
【請求項10】
コンピュータに、
所定の動画像を示す同じ表示サイズの複数の画像であって、それぞれ異なる再生位置を示す複数の画像を所定の方向に並べたコンテンツを、前記所定の方向にスクロール可能な状態で、当該所定の方向とは異なる方向にスクロール可能なウェブページと並べて表示し、前記ウェブページをスクロールさせる操作が行われた場合には、前記ウェブページのうち画面上に表示される表示範囲の広さを変更するとともに、前記コンテンツのうち画面上に表示される表示範囲の広さと、当該コンテンツの表示サイズとを変更する表示手順と、
前記コンテンツが選択された場合は、前記動画像を再生する再生手順と
を実行させることを特徴とする情報表示プログラム。
【請求項11】
所定のコンテンツを表示する端末装置に制御情報を配信する配信部を備え、
前記制御情報は、
所定の動画像を示す同じ表示サイズの複数の画像であって、それぞれ異なる再生位置を示す複数の画像を所定の方向に並べたコンテンツを、前記所定の方向にスクロール可能な状態で、当該所定の方向とは異なる方向にスクロール可能なウェブページと並べて表示し、前記ウェブページをスクロールさせる操作が行われた場合には、前記ウェブページのうち画面上に表示される表示範囲の広さを変更するとともに、前記コンテンツのうち画面上に表示される表示範囲の広さと、当該コンテンツの表示サイズとを変更する表示手順と、
前記コンテンツが選択された場合は、前記動画像を再生する再生手順と
を前記端末装置に実行させることを特徴とする配信装置。
【請求項12】
情報表示装置が実行する情報表示方法であって、
所定の動画像を示す同じ表示サイズの複数の画像であって、それぞれ異なる再生位置を示す複数の画像を所定の方向に並べたコンテンツを、前記所定の方向にスクロール可能な状態で、所定の表示領域のうち画面上に表示される表示範囲に前記コンテンツを配置して、前記所定の方向とは異なる方向にスクロール可能なウェブページと並べて表示し、利用者の操作により当該表示範囲の大きさが変化した場合は、当該表示範囲の大きさに応じて、前記コンテンツの縦横比を保ったまま当該コンテンツの縮尺を変更することで、当該コンテンツのうち前記画面上に表示される範囲の縦横比を変更する表示工程と、
前記コンテンツが選択された場合は、前記動画像を再生する再生工程と
を含むことを特徴とする情報表示方法。
【請求項13】
コンピュータに、
所定の動画像を示す同じ表示サイズの複数の画像であって、それぞれ異なる再生位置を示す複数の画像を所定の方向に並べたコンテンツを、前記所定の方向にスクロール可能な状態で、所定の表示領域のうち画面上に表示される表示範囲に前記コンテンツを配置して、前記所定の方向とは異なる方向にスクロール可能なウェブページと並べて表示し、利用者の操作により当該表示範囲の大きさが変化した場合は、当該表示範囲の大きさに応じて、前記コンテンツの縦横比を保ったまま当該コンテンツの縮尺を変更することで、当該コンテンツのうち前記画面上に表示される範囲の縦横比を変更する表示手順と、
前記コンテンツが選択された場合は、前記動画像を再生する再生手順と
を実行させることを特徴とする情報表示プログラム。
【請求項14】
所定のコンテンツを表示する端末装置に制御情報を配信する配信部を備え、
前記制御情報は、
所定の動画像を示す同じ表示サイズの複数の画像であって、それぞれ異なる再生位置を示す複数の画像を所定の方向に並べたコンテンツを、前記所定の方向にスクロール可能な状態で、所定の表示領域のうち画面上に表示される表示範囲に前記コンテンツを配置して、前記所定の方向とは異なる方向にスクロール可能なウェブページと並べて表示し、利用者の操作により当該表示範囲の大きさが変化した場合は、当該表示範囲の大きさに応じて、前記コンテンツの縦横比を保ったまま当該コンテンツの縮尺を変更することで、当該コンテンツのうち前記画面上に表示される範囲の縦横比を変更する表示手順と、
前記コンテンツが選択された場合は、前記動画像を再生する再生手順と
を前記端末装置に実行させることを特徴とする配信装置。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、情報表示装置、情報表示方法、情報表示プログラムおよび配信装置に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、スマートフォンやタブレット型PC(Personal Computer)等のスマートデバイス、デスクトップ型のPC等、任意の情報表示装置に情報を表示させる技術が知られている。このような技術の一例として、画面上に動画像のサムネイルを含む所定のコンテンツを表示し、利用者がサムネイルを選択した際に動画像の再生を行う技術が知られている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
【特許文献1】特開2003−022042号公報
【特許文献2】特開2009−194491号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、上記の従来技術では、コンテンツに係る情報の訴求効果が必ずしも高いとは言えない場合がある。例えば、従来技術では、動画像のサムネイルを表示しているに過ぎないため、サムネイルが利用者の関心を引き起こすことができない場合は、動画像を再生させることができない。また、従来技術では、サムネイルを選択した際に、動画像の先頭から再生を開始するため、動画像の先頭で利用者の関心を引き起こすことができない場合は、動画像を最後まで閲覧させることができない。
【0005】
本願は、上記に鑑みてなされたものであって、コンテンツにかかる情報の訴求効果を向上させる情報表示装置、情報表示方法、情報表示プログラムおよび配信装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本願にかかる情報表示装置は、所定の動画像を示す複数の画像であって、それぞれ異なる再生位置を示す複数の画像を並べたコンテンツを表示する表示部と、前記コンテンツが選択された場合は、前記動画像を再生する再生部とを有することを特徴とする。
【発明の効果】
【0007】
実施形態の一態様によれば、コンテンツにかかる情報の訴求効果を向上させることができるという効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
【0008】
図1図1は、実施形態に係る端末装置の一例を示す図である。
図2図2は、実施形態に係る配信システムの構成例を示す図である。
図3図3は、実施形態に係る広告配信サーバの構成例を示す図である。
図4図4は、実施形態に係る広告データベースに格納された情報の一例を示す図である。
図5図5は、実施形態に係るコンテンツ配信サーバの構成例を示す図である。
図6図6は、実施形態に係る端末装置の構成例を示す図である。
図7図7は、実施形態に係る端末装置が取得する動画像の一例を示す図である。
図8図8は、実施形態にかかる端末装置が動画像を含むサムネイルを表示する処理の一例を示す図である。
図9図9は、実施形態にかかる端末装置がサムネイルの全体を表示した際にランディングページを表示する処理の一例を示す図である。
図10図10は、実施形態にかかる端末装置がコンテンツC20の表示態様を変更する処理の一例を示す図である。
図11図11は、実施形態に係る端末装置が実行する表示処理と再生処理との流れの一例を示すフローチャートである。
図12図12は、広告配信サーバの機能を実現するコンピュータの一例を示すハードウェア構成図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下に、本願にかかる情報表示装置、情報表示方法、情報表示プログラムおよび配信装置を実施するための形態(以下、「実施形態」と記載する。)について図面を参照しつつ詳細に説明する。なお、この実施形態により本願にかかる情報表示装置、配信装置、情報表示方法および情報表示プログラムが限定されるものではない。また、以下の各実施形態において同一の部位には同一の符号を付し、重複する説明は省略される。
【0010】
〔1.端末装置の一例〕
まず、図1を用いて、情報表示装置の一例である端末装置100が実行する処理の一例について説明する。図1は、実施形態に係る端末装置の一例を示す図である。図1では、端末装置100によって、ウェブページC10と、コンテンツC20とが、端末装置100の画面上に表示される例を示す。
【0011】
なお、以下の説明では、ウェブページC10やコンテンツC20を画面に表示する際に基準となる位置であり、ウェブページC10やコンテンツC20を表示する際に、画面上の最も上側に配置される端をウェブページC10やコンテンツC20の上端と記載する。また、ウェブページC10やコンテンツC20を画面に表示する際に生じる端のうち、画面上の最も下側に配置される端をウェブページC10やコンテンツC20の下端と記載する。また、ウェブページC10やコンテンツC20を画面に表示する際に生じる端のうち、上端および下端に対して左側の端をウェブページC10やコンテンツC20の左端と記載し、上端および下端に対して右側の端をウェブページC10やコンテンツC20の右端と記載する。
【0012】
また、以下の説明では、画面のうち、ウェブページC10やコンテンツC20を表示する際の基準となる端であり、ウェブページC10やコンテンツC20の上側が表示される方向の端を画面の上端と記載し、ウェブページC10やコンテンツC20の下側が表示される方向の端を画面の下端と記載する。また、端末装置100が有する画面上において、ウェブページC10やコンテンツC20の上端が表示される方向を画面上方向と記載し、画面上においてウェブページC10やコンテンツC20の下端が配置される方向を画面下方向と記載する。また、端末装置100が有する画面上において、ウェブページC10やコンテンツC20の左端が表示される方向を画面左方向と記載し、画面上においてウェブページC10やコンテンツC20の右端が配置される方向を画面右方向と記載する。
【0013】
図1に示した端末装置100は、スマートフォンやタブレット等のスマートデバイスであり、3G(Generation)やLTE(Long Term Evolution)等の無線通信網を介して任意のサーバ装置と通信を行うことができる携帯端末装置である。また、端末装置100は、液晶ディスプレイ等の画面を有する。なお、端末装置100には、タッチパネルが採用されているものとする。すなわち、端末装置100の利用者は、指やスタイラスで画面をタッチすることにより各種操作を行う。
【0014】
ウェブページC10は、例えば、ニュース等のコンテンツが配置されたウェブページである。なお、ウェブページC10は、他のコンテンツが配置されたウェブページであってもよく、ニュース、天気予報、受信メールのインデックスや内容、フォトビュワー、その他各種のコンテンツが配置された、いわゆるポータルサイトであってもよい。例えば、ウェブページC10は、HTML(Hyper Text Markup Language)やXML(Extensible Markup Language)等で記述されたウェブページである。
【0015】
また、ウェブページC10は、ニュース、天気予報、受信メールのインデックスや内容、フォトビュワー、その他各種のコンテンツが独立したタイル状に配置されたコンテンツであり、タイル状に配置されたコンテンツごとに操作や更新等を行うことができるコンテンツであってもよい。また、ウェブページC10には、広告に関連するコンテンツが配置されたタイルが随時挿入されてもよい。なお、ウェブページC10に配置される各タイルの大きさ、配置位置、配置されるタイルの数は、タイルごとに自動で変更されてもよく、利用者の操作に応じて変更されてもよい。また、ウェブページC10には、検索キーワードを入力するための入力欄や、他のウェブページへのリンク等が含まれていてもよい。
【0016】
ここで、ウェブページC10は、スマートデバイス用に最適化されたウェブページであり、横方向の表示サイズが、端末装置100が有する画面の横方向の表示サイズと同じウェブページであるものとする。また、ウェブページC10は、縦方向の表示サイズが、端末装置100が有する出力部130の縦方向の表示サイズ以上となるウェブページであるものとする。
【0017】
また、端末装置100は、ウェブページC10の配信を受けると、広告に係るコンテンツの配信を行う広告配信サーバ20に配信要求を送信する。そして、端末装置100は、広告配信サーバ20から広告に係るコンテンツとして、コンテンツC20の配信を受けると、ウェブページC10とコンテンツC20とを表示する。
【0018】
ここで、コンテンツC20は、利用者に閲覧させたい動画像C30を示すコンテンツである。このようなコンテンツC20の配信を受付けた場合、端末装置100は、利用者がコンテンツC20を選択すると、所定の配信サーバから動画像C30を取得し、取得した動画像C30の再生を開始する。
【0019】
〔2.端末装置100が実行する処理〕
ここで、従来技術では、動画像(例えば、動画像C30)を利用者に閲覧させたい場合、ウェブページC10と共に動画像C30のサムネイルを表示し、利用者が動画像C30のサムネイルを選択した場合は、動画像C30の再生を開始する。しかしながら、このような従来技術では、サムネイルが利用者の関心を引き起こすことができない場合は、動画像を再生させることができない。
【0020】
例えば、動画像C30の後半に利用者が閲覧したいと希望するシーンが含まれているにも関わらず、動画像C30の前半に含まれるフレームをサムネイルとして表示した場合は、利用者によって動画像C30が再生されない場合がある。また、従来技術では、サムネイルを選択した際に、動画像C30の先頭から再生を開始するため、動画像C30の先頭で利用者の関心を引き起こすことができない場合は、動画像C30が最後まで再生されない場合がある。
【0021】
そこで、端末装置100は、以下の処理を実行する。まず、端末装置100は、所定の動画像C30を示す複数の画像C21〜C25であって、それぞれ異なる再生位置を示す複数の画像C21〜C25を並べたコンテンツC20を表示する。そして、端末装置100は、コンテンツC20が選択された場合は、動画像C30の再生を開始する。より具体的には、端末装置100は、コンテンツC20が選択された場合は、動画像C30のうち、選択された画像が示す再生位置に基づいた位置から後の範囲を再生する。
【0022】
〔2−1.表示処理〕
以下、端末装置100が実行する処理について説明する。まず、端末装置100が動画像C30を示す複数の画像C21〜C25を並べたコンテンツC20を表示する表示処理について説明する。
【0023】
例えば、端末装置100は、コンテンツC20の配信を受付ける。コンテンツC20は、ウェブページC10とともに表示されるコンテンツであり、例えば、広告に係るコンテンツ(以下、広告コンテンツと記載する。)である。例えば、コンテンツC20は、複数の画像C21〜C25を含む。各画像C21〜C24は、動画像C30に含まれるフレームであって、それぞれ異なるフレームの画像である。すなわち、各画像C21〜C24は、動画像C30のうち、それぞれ異なる再生位置を示す画像である。
【0024】
また、画像C25は、動画像C30にかかる情報が配置された画像である。例えば、画像C25には、動画像C30が利用者に伝えようとするサービスの内容を説明するテキストが配置された画像である。なお、画像C25は、他の画像C21〜C24と同様に、動画像C30に含まれるフレームの画像であってもよい。
【0025】
ここで、コンテンツC20は、各画像C21〜C25を、再生位置の時系列順に画面横方向に並べたコンテンツである。例えば、画像C21は、動画像C30のうち、再生後0秒目に表示されるフレームの画像であり、画像C22は、動画像C30のうち、再生後30秒目に表示されるフレームの画像である。また、画像C23は、動画像C30のうち、再生後1分目に表示されるフレームの画像であり、画像C24は、動画像C30のうち、再生後1分30秒目に表示されるフレームの画像である。このような場合、コンテンツC20は、画面左方向から右方向へと各画像C21〜C25が順に配置されたコンテンツとなる。なお、画像C21は、動画像C30の概要を示す他の画像、すなわち、動画像C30のサムネイルであってもよい。
【0026】
また、各画像C21〜C25は、横方向の表示サイズが端末装置100の画面(以下、単に画面と記載する。)が有する横幅と同程度の画像である。このため、各画像C21〜C25を画面横方向に並べたコンテンツC20は、横方向の表示サイズが画面の横幅よりも大きなコンテンツである。なお、実施形態は、これに限定されるものではなく、例えば、各画像C21〜C25は、コンテンツC20の横方向の表示サイズが画面の横幅よりも大きくなるのであれば、横方向の表示サイズが画面の横幅よりも小さい画像であってもよい。
【0027】
なお、後述するように、コンテンツC20は、CSS(Cascading Style Sheets)、Java Script(登録商標)、HTML5、その他の動的なコンテンツを記述可能なスクリプト等により、配置位置や表示位置が設定される結果、利用者の操作等により表示態様が変化するコンテンツである。例えば、コンテンツC20は、利用者の操作により表示、消去、拡大、縮小、移動、回転、再生、一時停止等の制御が行われる画像、文字、図形、記号、動画像等を含みうるコンテンツである。なお、コンテンツC20は、ウェブページC10と同様に、HTMLやXML等で記述されたウェブページであってもよい。
【0028】
ここで、広告に係るコンテンツとは、営利若しくは非営利の広告だけではなく、ボランティアの募集、公共広告、公共に対する通知、ウェブページC10にかかる情報の一部、その他任意のコンテンツであるものとする。すなわち、コンテンツC20は、いわゆる広告関連の情報を含むコンテンツのみならず、利用者に興味を抱かせ、コンテンツC20に含まれる情報、または、コンテンツC20と関連するコンテンツ(例えば、ランディングページや、動画像C30等)に含まれる情報を広く報知するものであれば、画像、動画像、文字、図形、記号、ハイパーリンク、その他任意のコンテンツを適用可能である。すなわち、利用者に対してウェブページC10よりも興味を生じさせようとするコンテンツであれば、任意のコンテンツをコンテンツC20として適用可能である。
【0029】
続いて、端末装置100は、縦方向の表示サイズがコンテンツC20の縦方向の表示サイズと同じ大きさであって、横方向の表示サイズが画面の横方向の表示サイズと同じ大きさの表示領域C11を生成する。なお、端末装置100は、コンテンツC20の配信を行う広告配信サーバ20から、表示領域C11の表示サイズの通知を受付けてもよく、コンテンツC20の表示サイズや画面のサイズ等から、自動的に設定してもよい。
【0030】
そして、端末装置100は、ウェブページC10の上端に表示領域C11を配置した結合コンテンツを生成し、結合コンテンツの上端、すなわち、表示領域C11の上端を画面の上端と接するように配置する。また、端末装置100は、コンテンツC20の左端が表示領域C11の左端と接するように、コンテンツC20を表示領域C11と重ねて表示する。この結果、端末装置100は、初期表示として、コンテンツC20のうち画像C21が配置された部分と、ウェブページC10とを並べて表示する。より具体的には、端末装置100は、初期表示として、横方向の表示サイズが画面の横幅よりも長いサムネイルの一部をウェブページC10とともに表示することとなる。
【0031】
また、端末装置100は、コンテンツC20を画面左方向に移動させるスクロール操作(以下、左スクロール操作と記載する。)を行った場合は、ウェブページC10を移動させることなく、コンテンツC20を画面左方向にスクロールさせる。この結果、端末装置100は、コンテンツC20のうち、他の画像C22〜C25が配置された領域を画面内に表示する。そして、端末装置100は、利用者がコンテンツC20を選択した場合は、動画像C30のデータを取得し、取得した動画像C30の再生を開始する。
【0032】
このように、端末装置100は、利用者に閲覧させたい動画像C30に含まれる複数のフレームを含むコンテンツC20を、いわば動画像C30のサムネイルとして表示する。このため、端末装置100は、動画像C30に対する興味を起こさせる結果、コンテンツC20や動画像C30に係る情報の訴求力を向上させることができる。
【0033】
なお、コンテンツC20に含まれる各画像C21〜C25は、任意の動画像C30の内容を示すことができる。例えば、コンテンツC20に含まれる各画像C21〜C25は、ワンカットで撮影された動画のみならず、複数のカットを編集することで作成された動画を含む動画像C30の内容を示してもよい。また、各画像C21〜C25は、実写、アニメーション、又はコンピュータグラフィックス等、任意の撮影形式により作成された動画像C30の内容を示してもよい。また、各画像C21〜C25は、複数の動画を任意の態様で結合することにより作成された動画像C30の内容を示してもよい。
【0034】
〔2−2.再生処理〕
ここで、端末装置100は、コンテンツC20を利用者がタップする等して、選択した場合は、コンテンツC20に対応する動画像C30の再生を行う再生処理を実行する。より具体的には、端末装置100は、動画像C30のうち、利用者がタップした画像が示すフレーム、若しくは、利用者がタップした画像が示すフレームに基づいて選択されたフレーム(例えば、利用者がタップした画像が示すフレームから所定の数だけ前のフレーム、若しくは所定の数だけ後のフレーム等)から再生を開始する。
【0035】
例えば、端末装置100は、利用者がタップした画面上の位置に画像C21が表示されている場合は、先頭のフレームから動画像C30の再生を開始し、利用者がタップした画面上の位置に画像C22が表示されている場合は、先頭から30秒目に表示されるフレームから、動画像C30の再生を開始する。また、端末装置100は、利用者がタップした画面上の位置に画像C23が表示されている場合は、先頭から1分目に表示されるフレームから、動画像C30の再生を開始し、利用者がタップした画面上の位置に画像C24が表示されている場合は、先頭から1分30秒目に表示されるフレームから、動画像C30の再生を開始する。
【0036】
ここで、端末装置100は、動画像C30のうち、選択された画像が示すフレームに基づくフレームよりも後の範囲を取得し、取得した動画像C30を再生してもよい。例えば、端末装置100は、利用者がタップした画面上の位置に画像C21が表示されている場合は、先頭のフレームから動画像C30を取得し、利用者がタップした画面上の位置に画像C22が表示されている場合は、動画像C30のうち、先頭から30秒目に表示されるフレームよりも後の範囲を取得する。また、端末装置100は、利用者がタップした画面上の位置に画像C23が表示されている場合は、動画像C30のうち、先頭から1分目に表示されるフレームからあとの範囲を取得し、利用者がタップした画面上の位置に画像C24が表示されている場合は、動画像C30のうち、先頭から1分30秒目に表示されるフレームよりも後の範囲を取得する。そして、端末装置100は、取得した動画像C30を再生してもよい。
【0037】
なお、端末装置100は、利用者がタップした画面上の位置に画像C25が表示されている場合は、コンテンツC20若しくは動画像C30に対応する所定のランディングページを表示してもよい。
【0038】
〔2−3.端末装置100が実行する表示処理と再生処理との一例〕
以下、図1を用いて、端末装置100が実行する表示処理と再生処理との一例を説明する。なお、以下の説明では、動画像C30に含まれるフレームの画像C21〜C24、および所定のテキストが配置された画像C25を含むコンテンツC20を表示する表示処理、および、コンテンツC20を選択した際に動画像C30の再生を行う再生処理を、第1状態〜第6状態に分けて説明する。なお、画像C25は、他の画像C21〜C24と同様に、動画像C30に含まれるフレームの画像であってもよい。
【0039】
まず、端末装置100は、ウェブページC10と、コンテンツC20との配信を受付ける。かかる場合、端末装置100は、ウェブページC10の上端に表示領域C11を配置した結合コンテンツを生成し、結合コンテンツの上端を画面の上端と接するように配置する。また、端末装置100は、コンテンツC20の左端が表示領域C11の左端と接するように、コンテンツC20を表示領域C11と重ねて表示する。また、端末装置100は、コンテンツC20がサムネイルであることを示す表示として、再生表示C26をコンテンツC20と重ねて表示する。
【0040】
この結果、端末装置100は、初期表示として、第1状態に示すようにコンテンツC20のうち画像C21が配置された領域と、ウェブページC10とを並べて表示する。換言すると、端末装置100は、動画像C30のサムネイルのうち、画像C21が配置された範囲、すなわち、動画像C30のうち最初に表示されるフレームが配置された領域を画面上に表示する。
【0041】
ここで、端末装置100は、利用者の指F10がコンテンツC20上で左スクロール操作を行った場合は、表示領域C11内でコンテンツC20を画面左方向にスクロールさせる。この結果、端末装置100は、第2状態に示すように、コンテンツC20のうち、画像C22が配置された範囲、すなわち、動画像C30のうち30秒目に表示されるフレームが配置された領域を画面上に表示する。
【0042】
ここで、端末装置100は、利用者の指F10がコンテンツC20上でさらに左スクロール操作を行った場合は、表示領域C11内でコンテンツC20をさらに画面左方向にスクロールさせる。この結果、端末装置100は、第3状態に示すように、コンテンツC20のうち、画像C23が配置された範囲、すなわち、動画像C30のうち1分目に表示されるフレームが配置された領域を画面上に表示する。
【0043】
なお、端末装置100は、第2状態または第3状態に示される際に、利用者の指F10がコンテンツC20を画面右方向に移動させるスクロール操作(以下、右スクロール操作と記載する。)を行った場合は、表示領域C11内でコンテンツC20を画面右方向にスクロールさせる。この結果、端末装置100は、第3状態から第2状態、第2状態から第1状態に示すように、コンテンツC20を画面右方向にスクロールさせ、画面内に表示される領域を変更する。
【0044】
ここで、利用者がコンテンツC20をタップする等した場合、すなわち、利用者が動画像C30のサムネイルに含まれる画像C21〜C24を選択した場合は、端末装置100は、動画像C30のうち、選択された画像が示すフレームに基づくフレームから再生を開始する。例えば、端末装置100は、第1状態に示すように、コンテンツC20のうち、画像C21が配置された領域を利用者がタップした場合は、第4状態に示すように、動画像C30の再生を開始する。より具体的には、端末装置100は、動画像C30と、動画像C30の再生を制御するための制御バーC31とを表示するとともに、動画像C30のうち、選択された画像C21が示す再生位置、すなわち、動画像C30の先頭から、動画像C30の再生を開始する。
【0045】
一方、端末装置100は、第2状態に示すように、コンテンツC20のうち、画像C22が配置された領域を利用者がタップした場合は、第5状態に示すように、動画像C30のうち、選択された画像C22が示す再生位置、すなわち、動画像C30の先頭から30秒目のフレームから、動画像C30の再生を開始する。また、端末装置100は、第3状態に示すように、コンテンツC20のうち、画像C23が配置された領域を利用者がタップした場合は、第6状態に示すように、動画像C30のうち、選択された画像C23が示す再生位置、すなわち、動画像C30の先頭から1分目のフレームから、動画像C30の再生を開始する。
【0046】
なお、上述した例では、端末装置100は、コンテンツC20に含まれる画像C21〜C24が示す再生位置から、動画像C30を再生する例について記載したが、実施形態は、これに限定されるものではない。例えば、端末装置100は、選択された画像が示す再生位置から所定の秒数だけ前の位置や所定の秒数だけ後の位置等から再生を開始してもよい。すなわち、端末装置100は、画像C21〜C24が示すフレームから厳密に再生を開始する必要はなく、画像C21〜C24が示すシーン等から動画像C30の再生を開始してもよい。
【0047】
このように、端末装置100は、動画像C30を示す複数の画像C21〜C25であって、それぞれ異なる再生位置を示す複数の画像C21〜C25を並べたコンテンツC20を表示する。そして、端末装置100は、利用者がコンテンツC20を選択した場合は、動画像C30の再生を開始する。このため、端末装置100は、動画像C30に含まれる複数のシーンを表示することができるので、動画像C30に対する利用者の興味を生じさせる結果、動画像C30に係る情報の訴求効果を向上させることができる。
【0048】
また、端末装置100は、利用者が選択した画像に対応する再生位置から、動画像C30の再生を開始する。このため、端末装置100は、利用者が興味を有する再生位置から動画像C30を再生させることができるので、動画像C30を最後まで閲覧させる機会を増やし、動画像C30にかかる情報の訴求効果を向上させることができる。また、端末装置100は、ウェブページC10のアクセス時に動画像C30を突然再生するといった処理を行わず、動画像C30の内容を示唆するコンテンツC20を表示するので、動画像C30に対する印象の悪化を防ぐことができる。
【0049】
〔2−4.実行主体について〕
なお、上記では説明を省略したが、端末装置100は、上述した表示処理および再生処理を任意の手法で実現することができる。例えば、端末装置100は、上述した表示処理および再生処理を端末装置100に実行させるアプリケーションをあらかじめダウンロードし、任意のタイミングでアプリケーションを実行することで、上述した処理を実現してもよい。
【0050】
また、端末装置100は、ウェブページC10やコンテンツC20の配信と同時に、上述した表示処理および再生処理を実行させる制御情報の配信を受付ける。そして、端末装置100は、制御情報に従って上記した表示処理を行う。以下、このような制御情報に従って、図1に示す表示処理を実行する端末装置100等について説明する。
【0051】
〔3.配信システムの構成〕
以下、上記した表示処理を実現する端末装置100等について説明する。まず、図2を用いて、実施形態に係る配信システム1の構成について説明する。図2は、実施形態に係る配信システムの構成例を示す図である。図2に示すように、配信システム1は、端末装置100と、広告主端末10と、広告配信サーバ20と、コンテンツ配信サーバ30とを含む。端末装置100、広告主端末10、広告配信サーバ20およびコンテンツ配信サーバ30は、ネットワークNを介して有線または無線により通信可能に接続される。なお、図2に示す配信システム1には、複数台の端末装置100や、複数台の広告主端末10や、複数台の広告配信サーバ20や、複数台のコンテンツ配信サーバ30が含まれてもよい。
【0052】
端末装置100は、ウェブページを閲覧する利用者によって利用される情報処理装置である。例えば、端末装置100は、スマートフォン等の携帯電話機や、タブレット端末や、PDA(Personal Digital Assistant)や、デスクトップ型PC(Personal Computer)や、ノート型PC等である。端末装置100は、利用者による操作にしたがって、コンテンツ配信サーバ30からウェブページC10を取得し、取得したウェブページC10を表示する。また、端末装置100は、ウェブページC10とともに後述する取得命令が含まれる場合には、コンテンツC20を広告配信サーバ20から取得する。また、端末装置100は、上述した表示処理を実現する制御情報の配信を広告配信サーバ20から受付けた場合は、かかる制御情報に従って動作し、表示処理を実現する。
【0053】
広告主端末10は、広告主によって利用される情報処理装置である。例えば、広告主端末10は、デスクトップ型PCや、ノート型PCや、タブレット端末や、携帯電話機や、PDA等である。広告主端末10は、広告主による操作にしたがって、コンテンツC20や動画像C30を広告配信サーバ20に入稿する。また、広告主端末10は、コンテンツC20として、静止画像や、動画像や、テキストデータや、ランディングページを取得するためのURL(Uniform Resource Locator)などを広告配信サーバ20に入稿する。
【0054】
なお、広告主は、広告コンテンツの入稿を代理店に依頼する場合がある。この場合、広告配信サーバ20に広告コンテンツを入稿するのは代理店となる。以下では、「広告主」といった表記は、広告主だけでなく代理店を含む概念であり、「広告主端末」といった表記は、広告主端末10だけでなく代理店によって利用される代理店装置を含む概念であるものとする。
【0055】
広告配信サーバ20は、広告主端末10から入稿された広告コンテンツを配信するサーバ装置である。例えば、広告配信サーバ20は、端末装置100から広告コンテンツの配信要求を受付けると、端末装置100の場所や利用者の属性等から利用者と広告コンテンツとのマッチングを行い、マッチングの結果配信対象となる広告コンテンツ、すなわちコンテンツC20を端末装置100に配信する。また、広告配信サーバ20は、端末装置100からの要求に従い、動画像C30を端末装置100に配信する。
【0056】
ここで、広告配信サーバ20は、上述した表示処理や再生処理を実現するための制御情報を広告コンテンツであるコンテンツC20とともに端末装置100に配信する。この制御情報は、例えば、JavaScript(登録商標)やCSS(Cascading Style Sheets)等のスクリプト言語により記述される。
【0057】
コンテンツ配信サーバ30は、端末装置100にウェブページC10を配信するウェブサーバ等である。例えば、コンテンツ配信サーバ30は、ポータルサイト、ニュースサイト、オークションサイト、天気予報サイト、ショッピングサイト、ファイナンス(株価)サイト、路線検索サイト、地図提供サイト、旅行サイト、飲食店紹介サイト、ウェブブログなどに関連する各種情報がタイル状に配置されたウェブページC10を端末装置100に配信する。なお、コンテンツ配信サーバ30は、各種情報が配置されたポータルサイト等のウェブページを配信するサーバであってもよい。
【0058】
ここで、コンテンツ配信サーバ30によって配信されるウェブページC10には、取得命令が含まれる。例えば、ウェブページC10を形成するHTMLファイル等には、広告配信サーバ20のURL等が取得命令として記述される。この場合、端末装置100は、HTMLファイル等に記述されているURLにアクセスすることで、広告配信サーバ20からコンテンツC20を広告コンテンツとして取得する。
【0059】
なお、コンテンツ配信サーバ30から端末装置100に配信される各種データは、実際にはウェブページを形成するHTMLファイルや画像、ウェブページとともに表示される動画像等である。
【0060】
〔4.広告配信サーバの構成〕
次に、図3を用いて、実施形態に係る広告配信サーバ20の構成について説明する。図3は、実施形態に係る広告配信サーバの構成例を示す図である。図3に示すように、広告配信サーバ20は、通信部21と、記憶部22と、制御部23とを有する。
【0061】
通信部21は、例えば、NIC(Network Interface Card)等によって実現される。そして、通信部21は、ネットワークNと有線または無線で接続され、端末装置100や広告主端末10やコンテンツ配信サーバ30との間で情報の送受信を行う。
【0062】
記憶部22は、例えば、RAM(Random Access Memory)、フラッシュメモリ(Flash Memory)等の半導体メモリ素子、または、ハードディスク、光ディスク等の記憶装置によって実現される。また、記憶部22は、広告主端末10から入稿された広告コンテンツに関する各種情報が格納されたデータベースである広告データベース24を記憶する。
【0063】
ここで、図4は、実施形態に係る広告データベースに格納された情報の一例を示す図である。図4に示した例では、広告データベース24は、広告主ID、広告コンテンツ、インプレッション数、インプレッション保証数、対価といった項目を有する。なお、広告データベース24は、コンテンツと利用者とのマッチングを行うための情報や、CTR(Click Through Rate)といった情報をさらに記憶してもよい。
【0064】
「広告主ID」は、広告主または広告主端末10を識別するための識別情報を示す。「広告コンテンツ」は、広告主端末10から入稿されたコンテンツ、すなわち、コンテンツC20や動画像C30等のコンテンツを示す。なお、図4では「広告コンテンツ」に「C20」〜「C70」といった概念的な情報が格納される例を示したが、実際には、所定の情報を利用者に伝えようとする個別の画像、動画像、音声と画像、テキストデータ、ゲームのデータ、ゲーム形式の広告等、各コンテンツが所在するURL、または、これらの格納場所を示すファイルパス名などが格納される。
【0065】
広告データベース24には、広告コンテンツとして、コンテンツC20の他にも、コンテンツC20の表示態様の変更を指示する表示指示が登録される。かかる表示指示には、初期表示においてコンテンツC20のうちどの範囲(例えば、どの画像が配置された範囲)を表示するか、初期表示におけるコンテンツC20の表示サイズ、コンテンツC20の表示サイズをどのような態様で縮小するか等を示す情報が含まれる。また、表示指示には、コンテンツC20に含まれる各画像C21〜C25を選択した際に、動画像C30のうちどのフレームから再生を開始するか、ランディングページを表示するか、表示するランディングページのURL等を示す情報が含まれる。
【0066】
また、表示指示には、コンテンツC20のランディングページへの遷移の契機となる利用者の操作や端末装置100の状態等を示す情報が含まれている。例えば、後述するように、表示指示には、スクロール操作によってコンテンツC20の全体が表示された際に、ランディングページに遷移する旨の情報が含まれている。なお、上述した表示指示は、例えば、広告主が広告コンテンツを登録する際に、広告主によって任意の設定が行われる。また、動画像C30が広告配信サーバ20以外のサーバから端末装置100へと配信される場合、表示指示には、動画像C30にアクセスするためのURL等が含まれる。
【0067】
「インプレッション数」は、広告コンテンツが表示された回数を示す。また、「インプレッション保証数」は、対価に対して保証されている広告コンテンツの表示回数を示す。また、「対価」は、「インプレション保証数」だけ広告コンテンツが表示された際に広告主から支払われる報酬を示す。すなわち、広告配信サーバ20は、広告に係るコンテンツをインプレッション保証型で配信するサーバである。
【0068】
すなわち、図4では、広告主ID「B10」によって識別される広告主が、コンテンツC20を広告コンテンツとして入稿した例を示している。また、図4では、広告コンテンツ「C20」のインプレッション数が「10000」であり、インプレッション保証数が「20000」であり、インプレッション保証数だけコンテンツ「C20」が表示された際の課金額が「aaa」である例を示している。ここで、広告配信サーバ20は、コンテンツC21〜C25ごとにインプレッション数を計数してもよい。
【0069】
なお、広告コンテンツが選択される度に課金が行われるクリック課金形式で広告に係るコンテンツを配信する場合は広告データベース24には、コンテンツが選択された回数や、コンテンツが選択された際の課金額等が登録される。また、配信要求を受信した際に、入札形式で広告コンテンツを選択し、選択した広告コンテンツを配信する場合は、広告データベース24には、1インプレッションあたりの報酬として広告主が設定した広告料金である入札価格や、CTR等が登録される。
【0070】
図3に戻って、説明を続ける。制御部23は、例えば、CPU(Central Processing Unit)やMPU(Micro Processing Unit)等によって、広告配信サーバ20内部の記憶装置に記憶されている各種プログラムがRAMを作業領域として実行されることにより実現される。また、制御部23は、例えば、ASIC(Application Specific Integrated Circuit)やFPGA(Field Programmable Gate Array)等の集積回路により実現される。
【0071】
図3に示すように、制御部23は、入稿受付部25と、要求受付部26と、広告選択部27と、配信部28とを有し、以下に説明する情報処理の機能や作用を実現または実行する。なお、制御部23の内部構成は、図3に示した構成に限られず、後述する情報処理を行う構成であれば他の構成であってもよい。また、制御部23が有する各処理部の接続関係は、図3に示した接続関係に限られず、他の接続関係であってもよい。
【0072】
入稿受付部25は、広告主端末10から広告コンテンツの入稿を受け付ける。具体的には、入稿受付部25は、対価の指定とともに広告コンテンツの入稿を受け付ける。また、入稿受付部25は、コンテンツC20と表示指示とを受付ける。かかる場合、入稿受付部25は、コンテンツC20および表示指示を、広告主IDと、受付けた対価の値とともに広告データベース24に登録する。
【0073】
ここで、入稿受付部25は、動画像C30のうちどのフレームをコンテンツC20として表示するかを広告主から受付けてもよい。例えば、入稿受付部25は、動画像C30を受付けるとともに、動画像C30のうち、先頭のフレーム、30秒目のフレーム、1分目のフレーム、1分30秒目のフレーム、2分目のフレームをコンテンツC20として表示する旨の指定を広告主端末10から受信する。
【0074】
かかる場合、入稿受付部25は、動画像C30から先頭のフレーム、30秒目のフレーム、1分目のフレーム、1分30秒目のフレーム、および2分目のフレームを抽出し、抽出したフレームを画像C21〜C25として含むコンテンツC20を生成する。また、入稿受付部25は、各画像C21〜C25を選択した際の再生位置を示す表示指示を生成し、動画像C30、コンテンツC20および表示指示を広告データベース24に登録してもよい。また、入稿受付部25は、動画像C30に係るメッセージ等が配置された画像を広告主から受付け、受けつけた画像を含むコンテンツC20を生成して登録してもよい。
【0075】
なお、入稿受付部25は、広告主によってあらかじめ作成されたコンテンツC20の入稿を受付けてもよい。また、入稿受付部25は、単一の画像であるコンテンツC20の入稿を受付けるとともに、利用者が選択した位置に応じて異なる再生位置から動画像C30を再生させるための表示指示を受付けてもよい。
【0076】
要求受付部26は、端末装置100から広告コンテンツの取得要求を受け付ける。例えば、要求受付部26は、広告コンテンツの取得要求として、HTTPリクエストを受け付ける。
【0077】
広告選択部27は、要求受付部26によって広告コンテンツの取得要求が受け付けられた場合に、配信候補の広告コンテンツを広告データベース24から選択する。例えば、広告選択部27は、端末装置100の位置や利用者の属性に基づいて、広告データベース24に登録されている広告コンテンツから配信対象となる広告コンテンツのマッチングを行う。かかるマッチングにおいては、インプレッション数が、インプレッション保証数よりも多くなるように、広告コンテンツの選択が行われる。
【0078】
例えば、広告選択部27は、インプレッション保証数とインプレッション数との差が最も大きい広告コンテンツを優先して選択する。なお、広告選択部27は、入札価格またはCTRが高い広告コンテンツや、入札価格およびCTRの双方が高い広告コンテンツが優先的に選択されてもよい。そして、広告選択部27は、配信対象として選択された広告コンテンツを配信部28に出力する。
【0079】
なお、広告選択部27は、ウェブページが検索ページである場合には、検索ページに指定された検索キーワードとマッチする広告コンテンツを抽出する検索連動型広告と呼ばれる広告配信手法を用いてもよい。また、広告選択部27は、利用者の属性情報(サイコグラフィック属性、デモグラフィック属性など)とマッチする広告コンテンツを抽出するターゲティング配信と呼ばれる広告配信手法を用いてもよい。
【0080】
配信部28は、広告選択部27が選択した広告コンテンツとともに、端末装置100に対して制御情報を配信する。具体的には、配信部28は、広告選択部27が選択した広告コンテンツを受信すると、受信した広告コンテンツに含まれる表示指示を抽出する。そして、配信部28は、抽出した表示指示が示す内容の表示処理を端末装置100に実行させるための制御情報を生成する。その後、配信部28は、生成した制御情報と、広告コンテンツとを端末装置100に対して配信する。
【0081】
〔5.コンテンツ配信サーバの構成〕
次に、図5を用いて、実施形態に係るコンテンツ配信サーバ30の構成について説明する。図5は、実施形態に係るコンテンツ配信サーバの構成例を示す図である。図5に示すように、コンテンツ配信サーバ30は、通信部31と、コンテンツ記憶部32と、制御部33とを有する。
【0082】
通信部31は、例えば、NIC等によって実現される。そして、通信部31は、ネットワークNと有線または無線で接続され、端末装置100や広告配信サーバ20との間で情報の送受信を行う。
【0083】
コンテンツ記憶部32は、例えば、RAM、フラッシュメモリ等の半導体メモリ素子、または、ハードディスク、光ディスク等の記憶装置によって実現される。そして、コンテンツ記憶部32は、コンテンツの一例であるウェブページを記憶する。例えば、コンテンツ記憶部32は、ウェブページを形成するHTMLファイルや、ウェブページに表示される静止画像や動画像を記憶する。
【0084】
制御部33は、例えば、CPUやMPU等によって、コンテンツ配信サーバ30内部の記憶装置に記憶されている各種プログラム(配信プログラムの一例に相当)がRAMを作業領域として実行されることにより実現される。また、制御部33は、例えば、ASICやFPGA等の集積回路により実現される。
【0085】
図5に示すように、制御部33は、受付部34と、配信部35とを有し、以下に説明する情報処理の機能や作用を実現または実行する。なお、制御部33の内部構成は、図5に示した構成に限られず、後述する情報処理を行う構成であれば他の構成であってもよい。また、制御部33が有する各処理部の接続関係は、図5に示した接続関係に限られず、他の接続関係であってもよい。
【0086】
受付部34は、端末装置100からウェブページの取得要求を受け付ける。例えば、受付部34は、ウェブページの取得要求として、HTTPリクエストを受け付ける。
【0087】
配信部35は、受付部34によってウェブページの取得要求が受け付けられた場合に、ウェブページを端末装置100に配信する。具体的には、配信部35は、コンテンツ記憶部32から取得要求対象のウェブページを取得し、取得したウェブページを端末装置100に配信する。
【0088】
また、配信部35は、ウェブページC10を生成し、生成したウェブページC10を端末装置100に配信する。かかる場合、端末装置100は、ウェブページC10を受信すると、広告配信サーバ20に対して広告の配信要求を送信し、応答として受信した広告コンテンツを表示する。そして、端末装置100は、利用者の操作に応じて、広告コンテンツを変更する表示処理を実行する。
【0089】
なお、配信部35は、ウェブページC10の上端に表示領域C11を配置した結合コンテンツを端末装置100に配信してもよい。例えば、配信部35は、ウェブページC10と共に表示される広告コンテンツとして、コンテンツC20が指定されている場合等には、コンテンツC20が有する画像C21と同じ表示サイズの表示領域C11をウェブページC10の上端に配置若しくは挿入した結合コンテンツを生成し、生成した結合コンテンツを端末装置100に配信してもよい。
【0090】
〔6.端末装置の構成〕
次に、図6を用いて、実施形態に係る端末装置100の構成について説明する。図6は、実施形態に係る端末装置の構成例を示す図である。図6に示すように、端末装置100は、通信部110と、入力部120と、出力部130と、物理センサ140と、制御部150とを有する。
【0091】
通信部110は、例えば、NIC等によって実現される。そして、通信部110は、ネットワークNと有線または無線で接続され、広告配信サーバ20やコンテンツ配信サーバ30との間で情報の送受信を行う。
【0092】
入力部120は、利用者から各種操作を受け付ける入力装置である。例えば、入力部120は、キーボードやマウスや操作キー等によって実現される。出力部130は、各種情報を表示するための表示装置である。例えば、出力部130は、液晶ディスプレイ等によって実現される。なお、端末装置100にタッチパネルが採用される場合には、入力部120と出力部130とは一体化される。また、以下の説明では、出力部130を画面と記載する場合がある。
【0093】
物理センサ140は、端末装置100の物理的な状態を検知するセンサである。例えば、物理センサ140は、端末装置100の3軸方向の傾きを測定するジャイロセンサである。なお、物理センサ140は、ジャイロセンサに限定されるものではなく、例えば、加速度センサ、温度センサ、音量センサ、明度センサ等、任意のセンサが適用可能である。
【0094】
制御部150は、例えば、CPUやMPU等によって、端末装置100内部の記憶装置に記憶されている各種プログラム(表示プログラムの一例に相当)がRAMを作業領域として実行されることにより実現される。例えば、この各種プログラムは、ウェブブラウザと呼ばれるアプリケーションプログラムに該当する。また、制御部150は、例えば、ASICやFPGA等の集積回路により実現される。
【0095】
図6に示すように、制御部150は、要求部151、操作制御部152、表示制御部153を有し、以下に説明する情報処理の機能や作用を実現または実行する。なお、制御部150の内部構成は、図6に示した構成に限られず、後述する情報処理を行う構成であれば他の構成であってもよい。また、制御部150が有する各処理部の接続関係は、図6に示した接続関係に限られず、他の接続関係であってもよい。
【0096】
要求部151は、操作制御部152からウェブページC10のURLを受信した場合は、コンテンツ配信サーバ30に対して受信したURLが示すウェブページC10の取得要求を送信する。また、要求部151は、コンテンツ配信サーバ30から受信したウェブページC10に取得命令が含まれる場合に、広告コンテンツの取得要求を広告配信サーバ20に送信する。
【0097】
操作制御部152は、入力部120を介して受け付けた利用者の操作にしたがって、各種制御を実行する。例えば、操作制御部152は、利用者が入力部120に対してウェブページC10の表示操作を行った場合は、表示対象となるウェブページC10のURLを要求部151に出力する。また、操作制御部152は、入力部120を介して受け付けたスクロール操作やタップ操作等、利用者の操作の内容を表示制御部153に出力する。
【0098】
表示制御部153は、受信したウェブページおよび広告コンテンツを出力部130に表示し、上述した表示処理を実行する。例えば、表示制御部153は、制御部150が、広告コンテンツとともに配信される制御情報を実行することで、図6に示すように、表示部154、および再生部155として動作し、表示処理を実行する。表示部154、および再生部155は、例えば、CPUやMPU等によって、制御情報がRAMを作業領域として実行されることにより実現される。
【0099】
表示部154は、動画像C30を示す複数の画像C21〜C25であって、それぞれ異なる再生位置を示す複数の画像C21〜C25を並べたコンテンツC20を表示する。具体的には、表示部154は、動画像C30のサムネイルとして、動画像C30に含まれるフレームの画像であって、それぞれ異なるフレームの画像である複数の画像C21〜C24を、対応するフレームの時系列に沿った順に並べたコンテンツC20の配信を受付ける。かかる場合、表示部154は、例えば、コンテンツC20の一部を表示領域C11内に配置して表示し、半透明のアイコンである再生表示C26をコンテンツC20の前面に配置して表示することで、コンテンツC20を動画像C30のアイコンとして表示する。
【0100】
また、表示部154は、画像C21が配置された領域等、サムネイルとして表示するコンテンツC20の一部の領域を表示し、スクロール操作に応じて表示される領域を変更する。例えば、表示部154は、横方向の表示サイズが画面の横幅よりも大きいコンテンツC20を動画像C30のサムネイルとして表示し、左右方向のスクロール操作に応じて、コンテンツC20を左右にスクロールさせ、動画像C30の内容を利用者に提示する。
【0101】
再生部155は、利用者がコンテンツC20を選択した際に、コンテンツC20に対応する動画像C30のデータを取得し、取得した動画像C30の再生を行う。例えば、再生部155は、コンテンツC20が表示された領域、すなわち、表示領域C11を利用者がタップした場合は、コンテンツC20に含まれる画像C21〜C25のうち、利用者がタップした位置に表示されている画像を特定する。
【0102】
そして、再生部155は、動画像C30を広告配信サーバ20から取得し、取得した動画像C30のうち、特定した画像が示す再生位置から再生を開始する。例えば、再生部155は、利用者がタップした位置に表示されている画像が画像C21である場合は、先頭のフレームから動画像C30の再生を開始し、利用者がタップした位置に表示されている画像が画像C22である場合は、先頭から30秒目に表示されるフレームから、動画像C30の再生を開始する。
【0103】
なお、再生部155は、動画像C30のうち、利用者が選択した画像が示す再生位置よりも後の範囲を広告配信サーバ20から取得し、取得した動画像C30の再生を行ってもよい。例えば、再生部155は、利用者がタップした位置に表示されている画像が画像C21である場合は、動画像C30のうち先頭のフレームから後の範囲、すなわち全ての範囲を取得して再生し、利用者がタップした位置に表示されている画像が画像C22である場合は、動画像C30のうち先頭から30秒目に表示されるフレームから後の範囲を取得して再生してもよい。
【0104】
例えば、図7は、実施形態に係る端末装置が取得する動画像の一例を示す図である。なお、図7に示す例では、各画像C21〜C25と、各画像C21〜C25が選択された際に取得される動画像C30の動画データとの対応について記載した。
【0105】
例えば、端末装置100は、利用者が画像C22を選択した場合は、動画像C30の動画データのうち、画像C22が示すフレームよりも後の範囲を取得する。すなわち、端末装置100は、図7中(A)が示す範囲の動画データの配信を広告配信サーバ20に依頼する。かかる場合、広告配信サーバ20は、図7中(A)が示す範囲の動画データのみを配信し、図7中(B)が示す範囲の動画データの配信を行わない。
【0106】
また、端末装置100は、利用者が画像C24を選択した場合は、動画像C30の動画データのうち、画像C24が示すフレームよりも後の範囲を取得する。すなわち、端末装置100は、図7中(C)が示す範囲の動画データの配信を広告配信サーバ20に依頼する。かかる場合、広告配信サーバ20は、図7中(C)が示す範囲の動画データのみを配信する。なお、図7に示すような動画配信については、例えば、JavaScriptやAjax等の技術により、実現可能である。
【0107】
なお、再生部155は、選択された画像と厳密に同じフレームから動画像C30の再生を開始する必要はない。例えば、再生部155は、選択された画像が示す再生位置に基づいた位置から動画像C30の再生を行ってもよく、動画像C30のうち選択された画像が示す再生位置に基づいた位置よりも後の範囲を広告配信サーバ20から取得して再生してもよい。
【0108】
〔7.表示処理のバリエーション〕
上記では、図1に例示した表示態様を用いながら、端末装置100による表示処理および再生処理の一例について説明した。しかしながら、実施形態は、これに限定されるものではない。以下、端末装置100が実行する表示処理および再生処理のバリエーションについて説明する。なお、以下に説明する表示処理は、例えば表示部154、および再生部155が発揮する処理により実現されるが、実施形態は、これに限定されるものではない。例えば、端末装置100は、以下に説明する各種の処理を実現するための機能構成(例えば、変更部等)を有していてもよい。
【0109】
〔8−1.動画像を含むサムネイルについて〕
端末装置100は、画像C21〜C25に代えて、GIF(Graphics Interchange Format)動画等の動画像を含むコンテンツC20を表示してもよい。例えば、端末装置100は、動画像C30のうち画像C23が示す再生位置から数秒程度の範囲を示すGIF動画を画像C23として表示してもよい。すなわち、端末装置100は、動画像C30のサムネイルとして、動画像C30のうち所定の範囲に対応するGIF動画を含むコンテンツC20を表示してもよい。また、端末装置100は、スクロール操作により、画像C23のうち所定の範囲が画面内に表示された場合は、画像C23の再生を開始してもよい。
【0110】
例えば、図8は、実施形態にかかる端末装置が動画像を含むサムネイルを表示する処理の一例を示す図である。なお、以下の説明では、図1と同様に、画像C21〜C25を含むコンテンツC20を表示する処理を第1状態〜第6状態に分けて説明する。なお、図8に示す例では、表示例を見やすくするため、第2状態〜第6状態では、利用者の指F10の表示を省略した。
【0111】
例えば、図8に示す例では、コンテンツC20に含まれる画像C23は、GIF動画により実現される。より具体的には、画像C23は、動画像C30のうち1分目に表示されるフレームから数秒分(例えば、1秒)の範囲をGIF動画に変換した画像である。より具体的には、画像C23は、画像C23aおよび画像C23bを含み、各画像C23、C23a、23bが順次切り替わるGIF画像である。このような画像C23を含むコンテンツC20の配信を受付けた場合、端末装置100は、第1状態に示すように、ウェブページC10の上端に表示領域C11を配置し、表示領域C11内にコンテンツC20の一部を再生表示C26と重ねて表示する。
【0112】
ここで、端末装置100は、利用者の指F10がコンテンツC20上で左スクロール操作を行った場合は、表示領域C11内でコンテンツC20を画面左方向にスクロールさせ、第2状態に示すように、コンテンツC20のうち、画像C22が配置された範囲を表示する。また、端末装置100は、利用者の指F10がコンテンツC20上でさらに左スクロール操作を行った場合は、コンテンツC20をさらに画面左方向へとスクロールさせる。この結果、端末装置100は、コンテンツC20のうち画像C23が配置された領域を表示する。
【0113】
また、端末装置100は、画像C23のうち所定の領域が表示された場合には、画像C23の再生を開始する。例えば、端末装置100は、スクロール操作の結果、画像C23が画面内に表示された場合や、画像C23の中心が表示された場合等には、GIF動画である画像C23の再生を開始する。なお、端末装置100は、画像C23の再生態様をスクロール操作に従って制御してもよい。例えば、端末装置100は、利用者が左スクロール操作を行っている間は、画像C23を再生し、スクロール操作を行っていない場合は、画像C23の再生を停止してもよい。また、端末装置100は、利用者が右スクロール操作を行っている間は、画像C23を逆再生してもよい。
【0114】
例えば、図8に示す例では、端末装置100は、第3状態に示すように、画像C23のうち半分以上の領域が表示された場合等には、GIF動画である画像C23の再生を開始する。この結果、端末装置100は、第4状態に示すように、GIF動画である画像C23に含まれる画像C23aを表示し、続けて、第5状態に示すように、GIF動画である画像C23に含まれる画像C23bを表示する。なお、図8の第3状態から第5状態に示す例では、利用者のスクロール操作に応じて、GIF動画である画像C23が表示される領域が徐々に画面左側へとスクロールしているが、端末装置100は、コンテンツC20をスクロールさせずとも、画像C23が表示されている場合は、画像C23の再生を継続してもよい。
【0115】
また、端末装置100は、利用者の指F10がコンテンツC20上で左スクロール操作を行った場合は、表示領域C11内でコンテンツC20を画面左方向にスクロールさせ、第6状態に示すように、コンテンツC20のうち、画像C24が配置された範囲を表示する。
【0116】
なお、端末装置100は、利用者が画像C23a、または画像C23bを選択した場合は、動画像C30のうち、画像C23aや画像C23bが示すフレームからではなく、画像C23が示すフレームから再生を開始する。しかしながら、実施形態は、これに限定されるものではなく、端末装置100は、利用者が画像C23aを選択した場合は、動画像C30のうち画像C23aが示すフレームから再生を開始してもよく、利用者が画像C23bを選択した場合は、動画像C30のうち画像C23bが示すフレームから再生を開始してもよい。
【0117】
このように、端末装置100は、動画像C30に含まれる所定の領域を示す動画像が配置されたコンテンツC20を表示する。このため、端末装置100は、動画像C30に対する利用者の興味を生じさせる結果、動画像C30の再生を促し、動画像C30に係る情報の訴求力を向上させることができる。
【0118】
〔8−2.動画像の再生位置について〕
上述した説明では、端末装置100は、動画像C30のうち、利用者が選択した画像C21〜C25が示す再生位置に対応する位置から再生を開始した。しかしながら、実施形態は、これに限定されるものではない。例えば、端末装置100は、コンテンツC20のうち表示されている範囲に応じて、動画像C30のうち異なる再生位置から再生を開始してもよい。例えば、端末装置100は、画像C21と画像C22とが表示されている際にコンテンツC20が選択された場合は、画像C21の表示領域と画像C22の表示領域とを比較する。そして、端末装置100は、画像C22の表示領域が、画像C21の表示領域よりも広いと判断した場合は、動画像C30のうち、画像C22が示す再生位置から再生を行ってもよい。
【0119】
〔8−3.ランディングページの表示について〕
ここで、端末装置100は、利用者によってコンテンツC20が選択された場合は、所定のランディングページを表示してもよい。また、端末装置100は、コンテンツC20のうち、利用者が選択した位置に応じて、異なるランディングページに遷移してもよい。また、端末装置100は、コンテンツC20のうち表示されている範囲に応じて、異なるランディングページに遷移してもよい。
【0120】
また、端末装置100は、横スクロール操作によりコンテンツC20の全体が表示された場合は、コンテンツC20と対応するランディングページに遷移してもよい。例えば、図9は、実施形態にかかる端末装置がサムネイルの全体を表示した際にランディングページを表示する処理の一例を示す図である。なお、以下の説明では、図1と同様に、画像C21〜C25を含むコンテンツC20を表示する処理を第1状態〜第6状態に分けて説明する。なお、図9に示す例では、表示例を見やすくするため、第2状態〜第6状態では、利用者の指F10の表示を省略した。
【0121】
例えば、図9に示す例では、端末装置100は、ウェブページC10とコンテンツC20との配信を受付けると、第1状態に示すように、ウェブページC10の上端に表示領域C11を配置し、表示領域C11内にコンテンツC20の一部を再生表示C26と重ねて表示する。また、端末装置100は、利用者の指F10がコンテンツC20上で左スクロール操作を行った場合は、表示領域C11内でコンテンツC20を画面左方向にスクロールさせ、第2状態に示すように、コンテンツC20のうち、画像C22や画像C23が配置された範囲を表示する。
【0122】
また、端末装置100は、利用者の指F10がコンテンツC20上でさらに左スクロール操作を行った場合は、第3状態に示すように、コンテンツC20をさらに画面左方向へとスクロールさせ、画像C23と画像C24とが配置された範囲を表示する。また、端末装置100は、利用者の指F10がコンテンツC20上でさらに左スクロール操作を行った場合は、第4状態に示すように、コンテンツC20をさらに画面左方向へとスクロールさせ、画像C24と画像C25とが配置された範囲を表示する。
【0123】
また、端末装置100は、利用者の指F10がコンテンツC20上でさらに左スクロール操作を行った場合は、第5状態に示すように、コンテンツC20の右端に配置されたコンテンツC25を表示する。そして、端末装置100は、第1状態から第5状態に示すように、利用者のスクロール操作によって、コンテンツC20の全体が表示された場合は、第6状態に示すように、所定のランディングページL01を表示する。
【0124】
このように、端末装置100は、スクロール操作によってコンテンツC20の全体が表示された場合は、所定のランディングページL01に画面を遷移させる。このため、端末装置100は、コンテンツC20や動画像C30に対して興味を有する利用者を、ランディングページL01に誘導することができるので、コンテンツC20や動画像C30、ランディングページL01に関する情報の訴求力を向上させることができる。
【0125】
〔8−4.コンテンツC20の表示態様について〕
上述した端末装置100は、画面横方向のスクロール操作に従って、コンテンツC20のうち画面内に表示される領域を変更した。ここで、利用者がコンテンツC20や動画像C30に対して興味を有さなかった場合に、コンテンツC20を表示し続けた場合は、ウェブページC10の表示領域が狭まるため、コンテンツC20や動画像C30に対する印象が悪化する恐れがある。
【0126】
ここで、コンテンツC20に対して興味を有さない利用者は、ウェブページC10を閲覧するとともに、ウェブページC10の上スクロール操作を行うと予測される。そこで、端末装置100は、ウェブページC10の上スクロール操作が行われた場合は、かかるスクロール操作に従って、表示領域C11とウェブページC10とを画面上方向に移動させることで、コンテンツC20を画面外まで移動させてもよい。
【0127】
しかしながら、単純にウェブページC10の上スクロール操作に応じてコンテンツC20を画面外まで移動させた場合は、コンテンツC20にかかる情報の訴求力を向上させることができない。そこで、端末装置100は、ウェブページC10の上スクロール操作に従ってコンテンツC20の表示態様を変更することで、コンテンツC20に対する利用者の気づきや興味を生じさせてもよい。例えば、端末装置100は、表示領域C11のうち画面内に表示される範囲である表示範囲の大きさに応じて、コンテンツC20の縦横比を保ったままその縮尺を変更することで、コンテンツC20のうち表示範囲内に表示される範囲の縦横比を変更してもよい。
【0128】
例えば、図10は、実施形態にかかる端末装置がコンテンツC20の表示態様を変更する処理の一例を示す図である。なお、以下の説明では、コンテンツC20の縮尺を表示範囲の広さに応じて変更する処理を第1状態〜第6状態に分けて説明する。
【0129】
まず、端末装置100は、ウェブページC10と、コンテンツC20との配信を受付ける。かかる場合、端末装置100は、ウェブページC10の上端に表示領域C11を配置した結合コンテンツを生成し、結合コンテンツの上端を画面の上端と接するように配置する。また、端末装置100は、コンテンツC20の左端が表示領域C11の左端と接するように、コンテンツC20を表示領域C11と重ねて表示する。この結果、端末装置100は、初期表示として、第1状態に示すようにコンテンツC20のうち画像C21が配置された領域と、ウェブページC10とを並べて表示する。
【0130】
ここで、端末装置100は、利用者の指F10がウェブページC10上で上スクロール操作を行った場合は、上スクロール操作に従って、ウェブページC10と表示領域C11とを画面上方向にスクロールさせる。かかる操作が行われた場合は、表示領域C11のうち画面内に表示される範囲である表示範囲は、縦方向に徐々に狭まることとなる。そこで、端末装置100は、表示範囲の大きさに従って、コンテンツC20のうち表示範囲内に表示される範囲の縦横比を変更する。
【0131】
より具体的には、端末装置100は、コンテンツC20全体の縦横比を変更することなく、縦方向の表示サイズが表示範囲の縦方向の表示サイズと同じ大きさになるまで、コンテンツC20の表示サイズを縮小する。より具体的には、端末装置100は、表示領域C11内の全体に表示サイズを縮小したコンテンツC20を表示する。
【0132】
この結果、端末装置100は、第2状態に示すように、コンテンツC20の表示サイズを縮小するとともに、コンテンツC20のうち、表示される範囲を、画像C22が配置された領域まで拡大する。また、端末装置100は、利用者の指F10がさらに上スクロール操作を行った場合は、ウェブページC10と表示領域C11とを画面上方向にスクロールさせ表示範囲の縦方向の大きさをさらに狭める。
【0133】
この結果、端末装置100は、第3状態に示すように、コンテンツC20全体の表示サイズをさらに縮小することで、コンテンツC20のうち表示される範囲を画像C22の全体が配置された領域まで拡大する。また、端末装置100は、さらに上スクロール操作が行われた場合は、第4状態に示すように、コンテンツC20全体の表示サイズをさらに縮小することで、コンテンツC20のうち、コンテンツC24が配置された領域まで表示する。そして、端末装置100は、さらに上スクロール操作が行われた場合は、第5状態に示すように、コンテンツC20の表示サイズを縮小することで、コンテンツC20全体が表示範囲内に表示されるようにする。
【0134】
ここで、端末装置100は、コンテンツC20の表示サイズを縮小した結果、コンテンツC20の全体が表示されている際に、さらに上スクロール操作が行われた場合は、ウェブページC10と表示領域C11とコンテンツC20とを画面上方向に移動させる。そして、端末装置100は、第6状態に示すように、表示領域C11とコンテンツC20とを画面外まで移動させる結果、画面全体にウェブページC10を表示する。
【0135】
また、端末装置100は、下スクロール操作が行われた結果、表示領域C11の表示範囲が徐々に拡大した場合は、コンテンツC20全体の縦横比を変更することなく、コンテンツC20の表示サイズを拡大することで、コンテンツC20のうち表示される範囲を徐々に狭める。例えば、端末装置100は、図10の第6状態において、利用者の指F10が下スクロール操作を行った場合、第5状態に示すように、表示サイズを縮小したコンテンツC20を画面上方向から画面下方向へと徐々に移動させる。
【0136】
また、端末装置100は、さらに下スクロール操作が行われた場合は、第5状態から第4状態、第4状態から第3状態、第3状態から第2状態、および第2状態から第1状態に示すように、表示領域C11の表示範囲が拡大するに従い、コンテンツC20の表示サイズを徐々に拡大することで、コンテンツC20のうち表示範囲内に表示される範囲を徐々に狭める。そして、端末装置100は、さらに下スクロール操作が行われた場合は、第1状態に示すように、コンテンツC20のうち画像C21が配置された範囲のみを画面上に表示する。
【0137】
このように、端末装置100は、表示領域C11のうち画面内に表示される範囲である表示範囲の大きさに応じて、動画像C30のサムネイルであるコンテンツC20の縦横比を保ったままその縮尺を変更することで、コンテンツC20のうち表示範囲内に表示される範囲の縦横比を変更する。このため、例えば、端末装置100は、スクロール操作に応じて、コンテンツC20のうち画面内に表示させる範囲を変更することができるので、コンテンツC20に対する気づきや興味を生じさせる結果、コンテンツC20に係る情報の訴求効果を向上させることができる。
【0138】
〔8−5.コンテンツC20について〕
上述した端末装置100は、動画像C30に含まれるフレームであって、それぞれ異なる再生位置のフレームの画像C21〜C24を含むコンテンツC20を表示した。しかしながら、実施形態は、これに限定されるものではない。例えば、端末装置100は、任意の数のフレームの画像を含むコンテンツをサムネイルとして表示してよい。
【0139】
〔8−6.ウェブページC10の下端での表示について〕
上述した説明では、端末装置100は、ウェブページC10の上端に表示領域C11を配置し、表示領域C11のうち画面内に表示される表示範囲にコンテンツC20を配置して表示した。すなわち、端末装置100は、画面上端にコンテンツC20を配置し、スクロール操作に従って、コンテンツC20のうち表示される範囲の縦横比を変更した。しかしながら、実施形態は、これに限定されるものではない。例えば、端末装置100は、画面の下端にコンテンツC20を配置して表示してもよい。
【0140】
〔8−7.結合コンテンツについて〕
上述した端末装置100は、ウェブページC10の上端に表示領域C11を配置した結合コンテンツを生成し、表示した。しかしながら、実施形態は、これに限定されるものではない。例えば、端末装置100は、ウェブページC10の下端に表示領域C11を配置し、表示領域C11内にコンテンツC20を表示してもよい。また、端末装置100は、広告配信サーバ20やコンテンツ配信サーバ30から、結合コンテンツの配信を受付けてもよい。
【0141】
また、端末装置100は、ウェブページC10の左側や右側に表示領域C11を配置してもよい。このような処理を実行した場合、端末装置100は、画面左端や右端にコンテンツC20を表示することとなる。また、端末装置100は、ウェブページC10の途中に表示領域C11を挿入し、かかる表示領域C11にコンテンツC20を配置して表示してもよい。
【0142】
〔8−8.その他〕
端末装置100は、上述した任意の処理を適宜組み合わせて、表示処理を実行してもよい。かかる組合せは、広告配信サーバ20に広告コンテンツを登録する際、表示指示として広告主が任意に設定することができる。そして、広告配信サーバ20は、広告主が設定した処理の組合せを端末装置100に実行させる制御情報を生成し、生成した制御情報を端末装置100に配信する。この結果、端末装置100は、上述した任意の処理を広告主の設定に応じて組合せ、実行することができる。
【0143】
〔9.端末装置100の処理フロー〕
次に、図11を用いて、制御情報を実行した端末装置100が実行する処理の手順について説明する。図11は、実施形態に係る端末装置が実行する表示処理と再生処理との流れの一例を示すフローチャートである。なお、図11に示す例では、コンテンツC20等、広告配信サーバ20から配信されるコンテンツを広告コンテンツとして処理を説明する。
【0144】
図11に示す例では、端末装置100は、利用者の操作に応じてコンテンツ配信サーバ30にウェブページC10の配信を要求し、コンテンツ配信サーバ30からウェブページC10を受信する(ステップS101)。次に、端末装置100は、配信されたウェブページC10に取得命令が含まれる場合は、広告配信サーバ20に対して配信要求を送信する(ステップS102)。次に、端末装置100は、広告コンテンツを受信したか否かを判定する(ステップS103)。そして、端末装置100は、広告コンテンツを受信していないと判定した場合は(ステップS103:No)、再度ステップS103を実行する。
【0145】
また、端末装置100は、広告コンテンツを受信した場合は(ステップS103:Yes)、広告コンテンツのうち、一部の範囲を表示領域C11に配置して表示する(ステップS104)。また、端末装置100は、スクロール操作が行われたか否かを判定し(ステップS105)、スクロール操作が行われていた場合は(ステップS105:Yes)、スクロール操作に従って、広告コンテンツをスクロールさせる(ステップS106)。
【0146】
また、端末装置100は、広告コンテンツが選択されたか否かを判定し(ステップS107)、広告コンテンツが選択された場合は(ステップS107:Yes)、選択された位置に配置された画像が示す再生位置から動画像C30を再生する(ステップS108)。例えば、端末装置100は、画像C22が選択された場合は、動画像C30のうち30秒目のフレームから後の範囲を広告配信サーバ20から取得し、取得した動画像C30を再生する。
【0147】
続いて、端末装置100は、利用者がリンクをタップした等の処理によりウェブページを遷移させるか否かを判定する(ステップS109)。そして、端末装置100は、ウェブページを遷移させる場合は(ステップS109:Yes)、ウェブページを遷移させ(ステップS110)、処理を終了する。
【0148】
一方、端末装置100は、ウェブページを遷移させない場合は(ステップS109:No)、ステップS105を実行する。また、端末装置100は、スクロール操作が行われていない場合は(ステップS105:No)、ステップS105を再度実行する。また、端末装置100は、表示した広告コンテンツが選択されていない場合は(ステップS107:No)、ステップS108をスキップし、ステップS109を実行する。
【0149】
〔10.変形例〕
上記では、図1図8図10に例示した表示態様を用いながら、端末装置100による表示処理や再生処理の一例について説明した。しかしながら、実施形態は、これに限定されるものではない。以下、端末装置100が実行する表示処理のバリエーションについて説明する。なお、以下に説明する表示処理は、例えば、表示部154、または再生部155が実行する処理により実現されるものとする。
【0150】
〔10−1.コンテンツについて〕
上述した例では、端末装置100が、広告に係るコンテンツC20を表示する例について説明した。しかしながら、実施形態はこれに限定されるものではない。例えば、端末装置100は、動画像C30に含まれるフレームを示すのであれば、任意の文字列、模様、画像、動画像等を含むコンテンツC20を表示してもよい。
【0151】
また、端末装置100は、広告にかかるコンテンツC20ではなく、ゲーム等を含むコンテンツC20を表示してもよく、いわゆるプレイアブル広告を含むコンテンツC20を表示してもよい。また、端末装置100は、音声を含むコンテンツC20を表示してもよい。なお、コンテンツC20に含まれる文字列、模様、画像、動画像、ゲーム、音声等は、広告に係るものに限定されるものではない。
【0152】
また、コンテンツC20は、広告に係るコンテンツC20に限定されるものではない。例えば、端末装置100は、ウェブページC10に代えてゲームコンテンツを表示する際、ゲームのメニューやチュートリアル等の補助コンテンツとして表示される動画像C30のサムネイルとしてコンテンツC20を表示してもよい。また、端末装置100は、ゲームの実行時、フラッシュやCSS等の技術により作成されたインタラクティブ形式のウェブページの表示を行う際にコンテンツC20を表示して、表示処理を実行してもよい。
【0153】
また、端末装置100は、SNS(Social Networking Service)のコンテンツ、メッセンジャーアプリケーションの画面、カメラアプリケーションの画面、その他任意のコンテンツとともに、コンテンツC20を表示し、上述した表示処理を実行してもよい。また、端末装置100は、ウェブページC10以外にも、ゲーム、地図、音楽再生画面、動画再生画面等、任意のコンテンツを表示してもよい。
【0154】
〔10−2.制御情報について〕
上記した端末装置100は、広告配信サーバ20がコンテンツC20とともに配信する制御情報を用いて、上記した表示処理を実行した。しかしながら、実施形態は、これに限定されるものではない。例えば、端末装置100は、上記した制御情報をコンテンツ配信サーバ30からウェブページとともに受信し、広告配信サーバ20からコンテンツC20とともに制御指示を受信する。そして、端末装置100は、コンテンツ配信サーバ30から受信した制御情報を実行するとともに、受信した制御指示に従って表示処理を実行してもよい。
【0155】
また、端末装置100は、ウェブページC10の表示処理や、上述した表示処理および再生処理等を端末装置100に実行させるアプリケーションをあらかじめダウンロードし、かかるアプリケーションを実行することで、上述した処理を実現してもよい。また、端末装置100は、表示処理および再生処理を実行する情報表示プログラムを含むアプリケーションをダウンロードし、かかるアプリケーションのインストールにより、表示処理および再生処理を実現可能としてもよい。また、端末装置100は、表示処理および再生処理を実行する情報表示プログラムの配信を受付けた後に、情報表示プログラムを使用して表示する旨が規定された広告コンテンツを受信すると、配信された情報表示プログラムを実行し、受信した広告コンテンツを表示する際に表示処理および再生処理を実現してもよい。
【0156】
〔10−3.装置構成〕
また、上記実施形態では、配信システム1に、広告配信サーバ20とコンテンツ配信サーバ30とが含まれる例を示したが、広告配信サーバ20とコンテンツ配信サーバ30とは1個の装置として形成されてもよい。この場合、図3に示した広告配信サーバ20は、例えば、図5に示したコンテンツ記憶部32、受付部34、配信部35を有する。そして、広告配信サーバ20は、端末装置100からウェブページの取得要求を受け付けた場合に、コンテンツC20とともに、取得命令を含まないウェブページC10を端末装置100に配信する。また、このような広告配信サーバ20は、ウェブページC10と表示領域C11を含む結合コンテンツとコンテンツC20とを端末装置100に配信してもよい。
【0157】
また、上記実施形態では、広告配信サーバ20から端末装置100にコンテンツC20が配信される例を示したが、コンテンツ配信サーバ30が、広告配信サーバ20からコンテンツC20を取得してもよい。この場合、広告配信サーバ20の要求受付部26は、コンテンツ配信サーバ30からコンテンツC20の取得要求を受け付ける。また、広告配信サーバ20は、コンテンツ配信サーバ30にコンテンツC20を配信する。また、コンテンツ配信サーバ30は、広告配信サーバ20から取得したコンテンツC20とともに、取得命令を含まないウェブページを端末装置100に配信する。このようなコンテンツ配信サーバ30は、ウェブページC10と表示領域C11を含む結合コンテンツを生成し、生成した結合コンテンツを端末装置100に配信してもよい。
【0158】
〔10−4.ログについて〕
ここで、端末装置100は、コンテンツC20が表示されたか否かを示すログや、利用者によって選択されたコンテンツのログを取ってもよい。また、端末装置100は、コンテンツC20の表示回数や選択回数だけではなく、利用者が各画像C21〜C25を選択した回数や、各画像C21〜C25が表示された回数を示すログを取ってもよい。また、端末装置100は、コンテンツC20にGIF動画等が含まれる場合は、かかるGIF動画が再生されたか否かを示すログを取ってもよい。
【0159】
また、端末装置100は、ランディングページが表示されたか否か、どのランディングページが表示されたか、コンテンツC20が選択された際に、コンテンツC20のうちどの範囲が表示されていたか、コンテンツC20のうちどの位置が選択されたか、画像C21〜C25のうちどの画像が選択されたか、動画像C30を再生したか、動画像C30をどこから再生したか、動画像C30をどこから取得したか等を示すログを取ってもよい。
【0160】
例えば、端末装置100は、利用者がスクロール操作を行わずにウェブページC10の表示を終了した場合は、コンテンツC20が閲覧されていない旨のログや、コンテンツC20のうち表示される範囲の縦横比が変化していない旨のログを取得してもよい。一方で、端末装置100は、初期画面から利用者が左スクロール操作を行い、コンテンツC20のうちどの範囲を閲覧したか、コンテンツC20の全体が表示されたかを示すログを取得してもよい。また、端末装置100は、上スクロール操作を行いコンテンツC20の表示サイズを縮小し、コンテンツC20の全体が表示領域C11内に表示された場合は、コンテンツC20が表示された旨のログを取得してもよい。
【0161】
このように端末装置100が取得したログは、コンテンツC20のインプレッション数やCTRの更新、コンテンツC20の表示に対する課金処理、および、広告主に広告効果を報告する際等に有用なログとなる。例えば、コンテンツC20の全体が表示されたが
コンテンツC20が選択されなかった場合は、利用者がコンテンツC20や動画像C30に興味を有さなかったものと予測される。また、スクロール操作が何度も行われた場合や、かかる操作によってコンテンツC20のうち表示される領域が複数回変更された場合、動画像C30が異なる再生位置から再生された場合等は、コンテンツC20や動画像C30に対して利用者が興味を有し、表示態様を何度も変更したと予測される。
【0162】
このため、コンテンツC20をスクロールさせた旨を示すログや、初期画面からのスクロール操作を示すログ、コンテンツC20の縮尺を変更したか否かを示すログ、コンテンツC20を選択したか否かを示すログ、画像C21〜C25が表示されたか若しくは選択されたか否かを示すログ、動画像C30を再生したか否か若しくは再生開始位置を示すログ等、上述した表示処理および再生処理の内容を示すログは、利用者の広告に対する認知度を示す指標になりえる。
【0163】
そこで、広告配信サーバ20は、取得された各ログを用いて、インプレッション数の更新や、課金額の変更等を行ってもよい。例えば、広告配信サーバ20は、コンテンツC20のうち表示された範囲、表示回数、選択回数、選択された画像、動画像C30の再生位置や再生回数等に応じて、課金額を変更してもよい。
【0164】
また、端末装置100が取得したログは、ランディングページに配置されるコンテンツの変更に用いられてもよい。例えば、端末装置100は、利用者がコンテンツC20を選択した場合は、コンテンツC20のうちどの範囲が表示されているか、何回コンテンツC20の縮尺を変更したか、コンテンツC20に含まれる画像C21〜C25のうちどの画像が選択されたか等に応じて、ランディングページを出しわけてもよい。また、端末装置100は、同じランディングページを取得するとともに、かかるランディングページを配信するサーバに対して、取得したログの内容等を通知し、ランディングページに配置するコンテンツを変更させてもよい。例えば、端末装置100は、画像C21が選択された場合は、動画像C30を先頭から再生するランディングページを表示し、画像C22が選択された場合は、動画像C30のうち画像C22が示す再生位置から再生するランディングページを表示してもよい。
【0165】
〔10−5.端末装置の操作記録〕
また、上述してきた端末装置100は、実施形態に係るコンテンツC20が配置されているウェブページに対して、利用者がどれだけ端末装置100を操作したかという記録を広告配信サーバ20に送信してもよい。具体的には、端末装置100は、コンテンツC20が配置された際におけるスクロール操作の内容や回数、利用者の選択操作、利用者がコンテンツC20を選択した位置、選択された際のコンテンツC20の表示態様、コンテンツC20の表示位置等を記録する。
【0166】
また、端末装置100は、コンテンツC20や各画像C21〜C25の選択回数や、リロードした回数や、コンテンツC20を特定する情報について端末装置100からの発信操作(例えば、SNSへの書き込みなど)など、利用者が端末装置100に対して行う種々の操作を記録することもできる。そして、端末装置100は、操作履歴に関する情報を広告配信サーバ20に送信する。
【0167】
かかる場合、広告配信サーバ20は、端末装置100から配信された操作履歴に関する情報を集計し、かかる情報について分析した情報をさらに取得する。例えば、広告配信サーバ20は、制御情報とともにコンテンツC20を配信した場合と、配信しなかった場合とについて、スクロール操作の回数や、表示処理を実行した回数、再生処理を実行した回数、再生を開始した再生位置、表示したランディングページの種別やランディングページに配置されたコンテンツの種別、CTRなどの広告効果の指標を比較した情報などを取得する。
【0168】
ここで、制御情報とともにコンテンツC20を配信した際にウェブページC10に対して行われた操作の履歴は、広告効果を示す指標となりうる。すなわち、実施形態に係る制御情報を伴うコンテンツC20が表示されるウェブページC10においては、利用者によってコンテンツC20自体が選択されることによりコンテンツC20の先のウェブページ(ランディングページ)や動画像C30が表示されることのみならず、かかるウェブページC10に対して利用者がどれだけ操作を行ったか(つまり、利用者がどれだけ画面の表示態様を変化させたか)という操作履歴自体が利用者のコンテンツC20への興味を示す指標といえる。
【0169】
例えば、広告配信サーバ20は、利用者が初期表示から上スクロール操作を行い、コンテンツC20のうち表示される範囲を変更した回数、コンテンツC20を選択した回数、コンテンツC20を表示した回数、コンテンツC20を表示した時間等を比較することで、実施形態に係る制御情報を伴うコンテンツC20を表示した際に、コンテンツC20が広く伝えようとする情報、すなわち広告に対する関心をどれくらい発生させたかを示す指標を提供することができる。
【0170】
したがって、広告配信サーバ20は、広告主端末10に端末装置100の操作履歴に関する情報を送信することにより、実施形態に係るコンテンツC20が表示されるウェブページC10に対する広告効果の指標を示すレポートとすることができる。なお、広告配信サーバ20は、広告主端末10に端末装置100の操作履歴に関する情報やログをそのまま送信してもよい。
【0171】
これにより、広告配信サーバ20は、端末装置100における実施形態に係る制御情報を伴うコンテンツC20の表示態様の有用性を広告主に示すことができる。
【0172】
〔10−6.その他〕
また、上記実施形態において説明した各処理のうち、自動的に行われるものとして説明した処理の全部または一部を手動的に行うこともでき、あるいは、手動的に行われるものとして説明した処理の全部または一部を公知の方法で自動的に行うこともできる。この他、上記文書中や図面中で示した処理手順、具体的名称、各種のデータやパラメータを含む情報については、特記する場合を除いて任意に変更することができる。例えば、各図に示した各種情報は、図示した情報に限られない。
【0173】
また、図示した各装置の各構成要素は機能概念的なものであり、必ずしも物理的に図示の如く構成されていることを要しない。すなわち、各装置の分散・統合の具体的形態は図示のものに限られず、その全部または一部を、各種の負荷や使用状況などに応じて、任意の単位で機能的または物理的に分散・統合して構成することができる。例えば、図6に示した要求部151および操作制御部152は統合されてもよい。
【0174】
また、上記してきた各実施形態は、処理内容を矛盾させない範囲で適宜組み合わせることが可能である。
【0175】
〔10−7.プログラム〕
また、上記してきた実施形態に係る端末装置100、広告配信サーバ20およびコンテンツ配信サーバ30は、例えば、図12に示すような構成のコンピュータ1000によって実現される。以下、広告配信サーバ20を例に挙げて説明する。図12は、広告配信サーバの機能を実現するコンピュータの一例を示すハードウェア構成図である。コンピュータ1000は、CPU1100、RAM1200、ROM1300、HDD1400、通信インターフェイス(I/F)1500、入出力インターフェイス(I/F)1600、およびメディアインターフェイス(I/F)1700を有する。
【0176】
CPU1100は、ROM1300またはHDD1400に格納されたプログラムに基づいて動作し、各部の制御を行う。ROM1300は、コンピュータ1000の起動時にCPU1100によって実行されるブートプログラムや、コンピュータ1000のハードウェアに依存するプログラム等を格納する。
【0177】
HDD1400は、CPU1100によって実行されるプログラム、および、係るプログラムによって使用されるデータ等を格納する。通信インターフェイス1500は、ネットワークNを介して他の機器からデータを受信してCPU1100へ送り、CPU1100が生成したデータを他の機器へ送信する。
【0178】
CPU1100は、入出力インターフェイス1600を介して、ディスプレイやプリンタ等の出力装置、および、キーボードやマウス等の入力装置を制御する。CPU1100は、入出力インターフェイス1600を介して、入力装置からデータを取得する。また、CPU1100は、生成したデータを入出力インターフェイス1600を介して出力装置へ出力する。
【0179】
メディアインターフェイス1700は、記録媒体1800に格納されたプログラムまたはデータを読み取り、RAM1200を介してCPU1100に提供する。CPU1100は、係るプログラムを、メディアインターフェイス1700を介して記録媒体1800からRAM1200上にロードし、ロードしたプログラムを実行する。記録媒体1800は、例えばDVD(Digital Versatile Disc)、PD(Phase change rewritable Disk)等の光学記録媒体、MO(Magneto-Optical disk)等の光磁気記録媒体、テープ媒体、磁気記録媒体、または半導体メモリ等である。
【0180】
例えば、コンピュータ1000が実施形態に係る広告配信サーバ20として機能する場合、コンピュータ1000のCPU1100は、RAM1200上にロードされたプログラムを実行することにより、制御部23の機能を実現する。また、HDD1400には、記憶部22内のデータ、すなわち広告データベース24が格納される。コンピュータ1000のCPU1100は、これらのプログラムを記録媒体1800から読み取って実行するが、他の例として、他の装置からこれらのプログラムを取得してもよい。
【0181】
なお、コンピュータ1000が実施形態に係る端末装置100として機能する場合、コンピュータ1000のCPU1100は、RAM1200上にロードされたプログラムを実行することにより、制御部150の機能を実現する。
【0182】
なお、コンピュータ1000が実施形態に係るコンテンツ配信サーバ30として機能する場合、コンピュータ1000のCPU1100は、RAM1200上にロードされたプログラムを実行することにより、制御部33の機能を実現する。また、HDD1400には、コンテンツ記憶部32内のデータが格納される。
【0183】
〔11.効果〕
上述したように、端末装置100は、動画像C30を示す複数の画像C21〜C25であって、それぞれ異なる再生位置を示す複数の画像C21〜C25を並べたコンテンツC20を表示する。そして、端末装置100は、コンテンツC20が選択された場合は、動画像C30を再生する。このため、端末装置100は、動画像C30に含まれる複数のシーンを示すコンテンツC20を表示することができるので、動画像C30に対する利用者の興味を生じさせる結果、動画像C30に係る情報の訴求効果を向上させることができる。
【0184】
また、端末装置100は、コンテンツC20に含まれる画像C21〜C25のうち、いずれかの画像が選択された場合は、広告配信サーバ20から動画像C30のうち、選択された画像が示す再生位置に基づいた位置から後の範囲を取得し、取得した動画像C30を再生する。このため、端末装置100は、動画像C30の配信データ量を削減することができる。
【0185】
また、端末装置100は、コンテンツC20に含まれる画像のうち、いずれかの画像が選択された場合は、配信サーバから動画像C30を取得し、選択された画像が示す再生位置から後の範囲を再生する。すなわち、端末装置100は、利用者が所望する位置から動画像C30を再生することができるので、動画像C30に係る情報の訴求力を向上させることができる。特に、端末装置100は、動画像C30の再生回数を向上させることができる結果、動画像C30の配信元(例えば、広告主)の要求を満たすことができる。
【0186】
また、端末装置100は、コンテンツC20として、動画像C30に含まれるフレームの画像であって、それぞれ異なるフレームの画像C21〜C25を含むコンテンツを表示する。また、端末装置100は、コンテンツC20として、複数の画像を、対応するフレームの時系列に沿った順に並べたコンテンツを表示する。このため、端末装置100は、動画像C30の内容を利用者に提示することができるので、動画像C30に対する利用者の興味を生じさせることができる。
【0187】
また、端末装置100は、コンテンツC20として、動画像C30のうち所定の再生範囲に対応する動画像である部分動画像(例えば、画像C23)が配置されたコンテンツC20を表示する。また、端末装置100は、コンテンツC20のうち、画像C23が配置された範囲が画面内に表示された場合は、画像C23を再生する。このため、端末装置100は、コンテンツC20に対する利用者の興味を生じさせることができる。
【0188】
また、端末装置100は、コンテンツC20のうち一部の領域を表示し、スクロール操作に応じて、コンテンツC20のうち表示される領域を変更する。このように、端末装置100は、動画像C30の内容を示す複数の画像を含むコンテンツC20を表示し、コンテンツC20をスクロールさせるので、コンテンツC20および動画像C30に対する利用者の興味を生じさせることができる。
【0189】
また、端末装置100は、コンテンツC20として、全ての領域が表示された場合に、所定のコンテンツ(例えば、ランディングページL01)に遷移可能なコンテンツC20を表示する。このため、端末装置100は、コンテンツC20に対する利用者の興味を生じさせることができる。
【0190】
また、端末装置100は、表示領域C11のうち画面上に表示される範囲にコンテンツC20を配置して表示し、利用者の操作により表示される範囲の大きさが変化した場合は、表示される範囲の大きさに応じて、コンテンツC20の縦横比を保ったままコンテンツC20の縮尺を変更することで、コンテンツC20のうち表示範囲内に表示される範囲の縦横比を変更する。
【0191】
この結果、端末装置100は、スクロール操作に従って、コンテンツC20を単純に画面外へと移動させるのではなく、コンテンツC20の表示サイズを縮小するとともにコンテンツC20のうち隠されていた領域が徐々に表示されるといった態様で、コンテンツC20を表示することができる。この結果、端末装置100は、コンテンツC20に対する気づきや興味を生じさせることができるので、コンテンツC20に係る情報の訴求効果を向上させることができる。
【0192】
また、端末装置100は、動画像C30のうちそれぞれ異なる再生位置を示す複数の画像C21〜C25を含むコンテンツC20を、動画像C30のサムネイルとして表示する。このため、端末装置100は、動画像C30のサムネイルを閲覧した利用者に対し、動画像C30の内容を示すことができる結果、動画像C30に対する利用者の興味を生じさせるので、動画像C30に係る情報の訴求効果を向上させることができる。
【0193】
以上、本願の実施形態のいくつかを図面に基づいて詳細に説明したが、これらは例示であり、発明の開示の欄に記載の態様を始めとして、当業者の知識に基づいて種々の変形、改良を施した他の形態で本発明を実施することが可能である。
【0194】
また、上記してきた「部(section、module、unit)」は、「手段」や「回路」などに読み替えることができる。例えば、配信部は、配信手段や配信回路に読み替えることができる。
【符号の説明】
【0195】
1 配信システム
10 広告主端末
20 広告配信サーバ
21、31、110 通信部
22 記憶部
23、33、150 制御部
24 広告データベース
25 入稿受付部
26 要求受付部
27 広告選択部
28 配信部
30 コンテンツ配信サーバ
32 コンテンツ記憶部
34 受付部
35 配信部
100 端末装置
120 入力部
130 出力部
140 物理センサ
151 要求部
152 操作制御部
153 表示制御部
154 表示部
155 再生部
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
図11
図12