特許第6250814号(P6250814)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 中国電力株式会社の特許一覧
<>
  • 特許6250814-物体取付金具 図000002
  • 特許6250814-物体取付金具 図000003
  • 特許6250814-物体取付金具 図000004
  • 特許6250814-物体取付金具 図000005
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B2)
(11)【特許番号】6250814
(24)【登録日】2017年12月1日
(45)【発行日】2017年12月20日
(54)【発明の名称】物体取付金具
(51)【国際特許分類】
   F16B 2/12 20060101AFI20171211BHJP
   F16B 2/06 20060101ALI20171211BHJP
   H02G 7/00 20060101ALI20171211BHJP
【FI】
   F16B2/12 C
   F16B2/06 A
   H02G7/00
【請求項の数】3
【全頁数】8
(21)【出願番号】特願2016-538137(P2016-538137)
(86)(22)【出願日】2015年1月9日
(86)【国際出願番号】JP2015050441
(87)【国際公開番号】WO2016110995
(87)【国際公開日】20160714
【審査請求日】2016年6月9日
【審判番号】不服-4133(P-4133/J1)
【審判請求日】2017年3月22日
【早期審査対象出願】
(73)【特許権者】
【識別番号】000211307
【氏名又は名称】中国電力株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】110000176
【氏名又は名称】一色国際特許業務法人
(72)【発明者】
【氏名】児玉 篤也
【合議体】
【審判長】 中村 達之
【審判官】 内田 博之
【審判官】 滝谷 亮一
(56)【参考文献】
【文献】 実公平3−47392(JP,Y1)
【文献】 特開2014−47896(JP,A)
【文献】 特開2014−52014(JP,A)
【文献】 特開平11−122773(JP,A)
【文献】 特開2005−133853(JP,A)
【文献】 登録実用新案第3176678(JP,U)
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
F16B 2/12 , F16B 2/06 , H02G 7/00
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
一端に物体取付片を設けた一方の片と、当該一方の片の他端に連設する他方の片とが略直角に屈曲成形され、これら一方および他方の片に各々長手方向に延在する長孔が穿設されてなるL字状金具本体と、
前記一方および他方の片の各前記長孔に挿通し、それぞれ当該長孔に沿って往復動自在に係合され、前記L字状金具本体を固定対象に固定する固定手段と、を備え、
前記固定手段は、
前記一方の片の前記長孔に前記他方の片と平行に挿通される第一ボルトと、
前記他方の片の前記長孔に前記一方の片と平行に挿通される第二ボルトと、
前記第一および第二ボルト間に跨って配設され、前記L字状金具本体との間に前記固定対象を挟持する押圧部材と、
前記第一および第二ボルトにそれぞれ螺合される第一および第二ナットと、
前記押圧部材に設けられ、前記固定対象をその外周に沿って保持する第一保持部と、
前記L字状金具本体に設けられ、前記固定対象をその外周に沿って保持する第二保持部と、を有し、
各前記長孔に対する前記第一および第二ボルトの位置と、前記第一および第二ボルトに対する前記第一および第二ナットの螺合状態とに応じて、前記押圧部材と前記L字状金具本体との間に前記固定対象を締め付け解除自在に挟持可能となっている
ことを特徴とする物体取付金具。
【請求項2】
前記L字状金具本体における前記他方の片の長孔は、先端が開放された切り込み溝となっていることを特徴とする請求項1に記載の物体取付金具。
【請求項3】
前記物体取付片は、
前記一方の片の一端から延設され、前記他方の片とは反対側に屈曲された第一片と、
当該第一片に連設し、前記一方の片と対向する側に屈曲された第二片と、を備え、
前記第一片および第二片には、それぞれ取付対象となる物体を固定するための取付孔が穿設されていることを特徴とする請求項1または2に記載の物体取付金具。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、送配電用の鉄塔等に対して各種装置等の物体を取り付けるための物体取付金具に関する。
【背景技術】
【0002】
従来から、送配電用の鉄塔等においては、カラス等の鳥類が飛来したり、営巣したりすることによるトラブル(例えば、巣材に金属製ハンガーや鉄線等の導電材を用いることで、当該巣材が設備に落下・接触することによる短絡等の発生や、糞害の発生)を防止するべく、鳥害防止装置が適宜取り付けられている。
【0003】
また、かかる鉄塔等においては、高所であることを利用して、シンボルマークまたは標語、感電事故防止用警告文字または図形等を表わした標識板や、携帯電話用のアンテナ、気温計・湿度計等の気象に関する観測装置などの様々な物体が取り付けられることがある。
【0004】
これら各種装置や器具等の物体は、例えば特許文献1に開示された物体取付金具を用いて、鉄塔等に対し取り付けられている。図4に示すように、かかる物体取付金具100は、L字形状をなすL形金具本体10と、このL形金具本体10と係合するボルト2およびナット3と、を備えている。
【0005】
L形金具本体10は、一端に各種装置や器具等の物体(不図示)を取り付けるための物体取付片13を設けた一方の片10aと、当該一方の片10aの他端に連設する他方の片10bとを有し、これら一方の片10aおよび他方の片10bが略直角に屈曲成形されてなる。また、一方の片10aには長手方向に延在する長孔11が穿設されており、他方の片10bには先端(一方の片10aとは反対側の端部)が開放された長手方向に延在する切り込み溝12が設けられている。
【0006】
物体取付片13は、L形金具本体10における一方の片10aの一端から延設され、他方の片10bとは反対側に屈曲された第一片13aと、当該第一片13aに連設し、一方の片10aと対向する側に屈曲された第二片13bと、を備えている。換言すれば、このL形金具本体10の一方の片10aの一端には、当該一端から延設されたコ字状の物体取付片13が設けられている。また、これら第一片13aおよび第二片13bには、それぞれ取付対象となる物体を固定するためのボルト挿通孔である取付孔14a,14bが穿設されている。なお、このような物体取付片13を備えたL形金具本体10は、例えば、硬質平鋼を所望個所で直角方向に屈曲加工して一連的に形成されている。
【0007】
ボルト2には、ボルト頭4側に上述した一方の片10aの長孔11に沿って往復動するスライド部材101が挿通された状態で、当該ボルト頭4に溶着固定されている。また、ナット3側には、上述した他方の片10bの切り込み溝12に沿って往復動するスライド部材101が遊挿されている。このようなスライド部材101は、例えば、硬質平鋼によるL形の山形部材であって、裾両端縁に長孔11または切り込み溝12に係合するスライド用小突起101aが突設され、一方の片にボルト挿通孔101bが穿設されている。
【0008】
そして、ボルト頭4にスライド部材101が固着されたボルト2を長孔11に挿通させた後、他方のスライド部材101をボルト2の先端より遊挿し、次いで平ワッシャー102,スプリングワッシャー103を介在させた上で、ロックナット3a,締め付けナット3bのそれぞれをボルト2に先端部に螺合しておく。
【0009】
そして、更にスライド部材101、ワッシャー102,103、ロックナット3a,締め付けナット3bがL形金具本体10の他方の片10bの外側に位置するようにボルト2を切り込み溝12の開放部から同溝12内に挿入した後、スライド部材101を同溝12に小突起101aを介してセットし、次にロックナット3aおよび締め付けナット3bを締めることで組み立てられる。
【0010】
このとき、L形金具本体10の内周側に固定対象としての鉄塔等におけるアングル材(不図示)が位置するように配置し、L形金具本体10に対するボルト2の係合位置を移動(調整)して、これらL形金具本体10とボルト2とによってアングル材を挟持することで、物体取付金具100をアングル材に固定できるようになっている。
【0011】
ところで、上述した物体取付金具100は、基本的にアングル材を固定対象としている。しかし、近年、固定対象となる鉄塔等においては、アングル材のみならずパイプ材等の円筒状や、電柱等の円柱状のように、外周が断面円形状の部材を用いたものも多く利用されている。このような断面円形状の部材が固定対象となる場合、かかる特許文献1のような物体取付金具100では、固定対象に対して強固に固定する(すなわち、確実に固定する)ことが困難となり、固定の信頼性を確保することができなかった。
【0012】
そこで、従来では、例えば特許文献2に記載された電柱バンドのように、電柱の外周に沿って巻付いた状態に取付可能な取付バンドを用いることで、外周が断面円形状の固定対象に対する固定状態を確保するようにしていた。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0013】
【特許文献1】実公平3−47392号公報
【特許文献2】実用新案登録第2523924号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0014】
しかしながら、かかる特許文献2のようなバンド状の取付金具の場合、固定対象の大きさに対する汎用性がないため、当該固定対象の大きさに応じた取付バンドを各々用意しなければならず、コストが嵩む問題があった。
【0015】
また、このようなバンド状の取付金具の場合、固定対象の外周に沿って巻付けたバンドの両端部をボルト止めする構造であるため、当該固定対象に対して必ずしも強固に固定できるとは言い難かった。
【0016】
本発明は、上述した課題に鑑みてなされたもので、外周が断面円形状の固定対象に対し、その大きさに関係なく、強固かつ確実に固定可能であり、送配電用の鉄塔等に対する各種装置等の物体の取付状態を確保できる物体取付金具を実現することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0017】
上記課題を解決するために、本発明に係る物体取付金具は、
一端に物体取付片を設けた一方の片と、当該一方の片の他端に連設する他方の片とが略直角に屈曲成形され、これら一方および他方の片に各々長手方向に延在する長孔が穿設されてなるL字状金具本体と、
前記一方および他方の片の各前記長孔に挿通し、それぞれ当該長孔に沿って往復動自在に係合され、前記L字状金具本体を固定対象に固定する固定手段と、を備え、
前記固定手段は、
前記一方の片の前記長孔に前記他方の片と平行に挿通される第一ボルトと、
前記他方の片の前記長孔に前記一方の片と平行に挿通される第二ボルトと、
前記第一および第二ボルト間に跨って配設され、前記L字状金具本体との間に前記固定対象を挟持する押圧部材と、
前記第一および第二ボルトにそれぞれ螺合される第一および第二ナットと、
前記押圧部材に設けられ、前記固定対象をその外周に沿って保持する第一保持部と、
前記L字状金具本体に設けられ、前記固定対象をその外周に沿って保持する第二保持部と、を有し、
各前記長孔に対する前記第一および第二ボルトの位置と、前記第一および第二ボルトに対する前記第一および第二ナットの螺合状態とに応じて、前記押圧部材と前記L字状金具本体との間に前記固定対象を締め付け解除自在に挟持可能となっている
ことを特徴とする。
【0018】
前記L字状金具本体における前記他方の片の長孔は、先端が開放された切り込み溝となっていることが好ましい。
【0021】
前記物体取付片は、
前記一方の片の一端から延設され、前記他方の片とは反対側に屈曲された第一片と、
当該第一片に連設し、前記一方の片と対向する側に屈曲された第二片と、を備え、
前記第一片および第二片には、それぞれ取付対象となる物体を固定するための取付孔が穿設されていることが好ましい。
【発明の効果】
【0022】
本発明によれば、外周が断面円形状の固定対象に対し、その大きさに関係なく、強固かつ確実に固定可能であり、送配電用の鉄塔等に対する各種装置等の物体の取付状態を確保可能な物体取付金具を提供できる。
【図面の簡単な説明】
【0023】
図1】本発明の一実施形態として説明する物体取付金具の概略構成を示す斜視図である。
図2図1の物体取付金具の固定状態を示す側面図である。
図3】本発明の他の実施形態における物体取付金具の固定状態を示す側面図である。
図4】従来における物体取付金具の概略構成を示す斜視図である。
【発明を実施するための形態】
【0024】
以下、本発明の一実施形態に係る物体取付金具について図面を参照しながら説明する。
【0025】
図1は、本発明の一実施形態として説明する物体取付金具1を示す概略斜視図であり、上述した従来の物体取付金具100を示す図4との対応部分に同一符号を付している。すなわち、本実施形態の物体取付金具1は、L字状金具本体としてのL形金具本体10に対して、ボルト2およびナット3が一対で設けられる点と、当該一対のボルト2,2がほぼ直交し、これらボルト2,2間に跨って配置される押圧部材5が設けられる点と、が上述した物体取付金具100と異なっており、L形金具本体10に関してはほぼ同様に構成されている。よって、L形金具本体10については流用可能である点において、コスト削減を図ることが可能となっている。
【0026】
具体的に、本実施形態の物体取付金具1は、図1および図2に示すように、一端に物体取付片13を設けた一方の片10aと、当該一方の片10aの他端に連設する他方の片10bとが略直角に屈曲成形され、これら一方および他方の片10a,10bに各々長手方向に延在する長孔11,12が穿設されてなるL形金具本体10と、一方および他方の片10a,10bの各長孔11,12に挿通し、それぞれ当該長孔11,12に沿って往復動自在に係合され、L形金具本体10を固定対象である送配電用の鉄塔等におけるパイプ材Pに固定する固定手段(詳細は後述する)と、を備えて構成されている。
【0027】
なお、ここで、L形金具本体10における他方の片10bの長孔12は、先端が開放された切り込み溝となっていることが好ましい。よって、本実施形態では、溝12として説明するが、本発明はこれに限ることはない。
【0028】
かかる固定手段は、一方の片10aの長孔11に他方の片10bと平行に挿通される第一ボルト2と、他方の片10bの溝12に一方の片10aと平行に挿通される第二ボルト2と、これら第一および第二ボルト2,2が直交する側に、当該第一および第二ボルト2,2間に跨って配設され、L形金具本体10との間にパイプ材Pを挟持する押圧部材5と、第一および第二ボルト2,2にそれぞれ螺合される第一および第二ナット3,3と、を有している。
【0029】
押圧部材5は、一方の片10aの長孔11にボルト頭4を配置して挿通された第一ボルト2が挿通される挿通孔51aが穿設された第一面51と、他方の片10bの溝12に挿通された第二ボルト2が、ボルト頭4を配置して挿通される挿通孔52aが穿設された第二面52と、これら第一面51と第二面52とを連結し、固定対象としてのパイプ材Pの外周面に沿って湾曲した連結部53とからなる。
【0030】
また、物体取付片13は、一方の片10aの一端から延設され、他方の片10bとは反対側に屈曲された第一片13aと、当該第一片13aに連設し、一方の片10aと対向する側に屈曲された第二片13bと、を備え、これら第一片13aおよび第二片13bには、それぞれ取付対象となる物体を固定するための取付孔14a,14bが穿設されている。
【0031】
そして、L形金具本体10の各長孔11,溝12に対する第一および第二ボルト2,2の位置と、第一および第二ボルト2,2に対する第一および第二ナット3,3の螺合状態とに応じて、押圧部材5(詳細には、連結部53)とL形金具本体10の内周面との間にパイプ材Pを締め付け解除自在に挟持可能となっている。
【0032】
以上説明した通り、本実施形態の物体取付金具1によれば、従来の物体取付金具100とL形金具本体10を共通(すなわち、流用可能)とすることで、コスト削減を図ることが可能であり、当該L形金具本体10の長孔11,溝12に対する第一および第二ボルト2,2の位置と、第一および第二ボルト2,2に対する第一および第二ナット3,3の螺合状態とに応じて、押圧部材5の連結部53とL形金具本体10の内周面との間にパイプ材Pを挟持して、当該パイプ材Pに対し、物体取付金具1を確実かつ強固に固定することができる。これにより、外周が断面円形状の固定対象に対し、その大きさに関係なく、強固かつ確実に固定可能であり、送配電用の鉄塔等に対する各種装置等の物体の取付状態を確保可能な物体取付金具を提供できる。
【0033】
なお、固定手段としては、上述した構成に限らず、例えば図2との対応部分に同一符号を付して示す図3のように、押圧部材5に設けられ、固定対象としてのパイプ材Pをその外周に沿って保持する第一保持部6を更に備えていることとしてもよい。このとき、第一保持部6は押圧部材5と対向する外周面にボルト7が突設されており、このボルト7が押圧部材5の連結部53に貫通して配置され、当該連結部53に対してナット8(81,82)を螺合することで固定保持されている。
【0034】
そして、このように第一保持部6を備えた場合、固定対象が、押圧部材5の連結部53の形状に対応する寸法(例えば、単管サイズ)のみならず、それよりも大きな寸法(例えば、直径100mm程度)のパイプ材Pであっても、強固かつ確実に固定することができる効果を奏することができる。つまり、この物体取付金具1では、固定対象として、単管サイズから直径100mm程度までのパイプ材P(パイプ材Pのように中空状態ではない円柱を含む)に対し、柔軟に対応して、固定状態を確保することが可能となっている。
【0035】
また、固定手段としては、L形金具本体10に設けられ、固定対象であるパイプ材Pをその外周に沿って保持する(すなわち、半円形状の)不図示の板ばね等を第二保持部として更に備えていることとしてもよい。この場合、第一保持部6に加えて、これに対向するように、L形金具本体10側に第二保持部を設けることで、パイプ材Pに対する保持状態を密着させることで、当該パイプ材Pに対する物体取付金具1の固定状態をより強固かつ確実に確保することができる。
【0036】
なお、本発明は、請求の範囲および明細書全体から読み取ることのできる発明の要旨または思想に反しない範囲で適宜変更可能であり、そのような変更を伴う物体取付金具もまた本発明の技術思想に含まれる。
【符号の説明】
【0037】
1 物体取付金具
10 L形金具本体(L字状金具本体)
11 長孔
12 溝(長孔)
13 物体取付片
13a 第一片
13b 第二片
14a,14b 取付孔
2 ボルト(第一ボルト,第二ボルト)
3 ナット(第一ナット,第二ナット)
4 ボルト頭
5 押圧部材
51 第一面
51a,52a 挿通孔
52 第二面
53 連結部
6 第一保持部
7 ボルト
8(81,82) ナット
図1
図2
図3
図4