特許第6251296号(P6251296)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2022.1.31 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニーの特許一覧
<>
  • 特許6251296-混合糖組成物 図000021
  • 特許6251296-混合糖組成物 図000022
  • 特許6251296-混合糖組成物 図000023
  • 特許6251296-混合糖組成物 図000024
  • 特許6251296-混合糖組成物 図000025
  • 特許6251296-混合糖組成物 図000026
  • 特許6251296-混合糖組成物 図000027
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B2)
(11)【特許番号】6251296
(24)【登録日】2017年12月1日
(45)【発行日】2017年12月20日
(54)【発明の名称】混合糖組成物
(51)【国際特許分類】
   C11D 1/68 20060101AFI20171211BHJP
   C11D 1/40 20060101ALI20171211BHJP
   C11D 1/52 20060101ALI20171211BHJP
   A61K 8/41 20060101ALI20171211BHJP
   A61Q 19/10 20060101ALI20171211BHJP
   A61Q 9/00 20060101ALI20171211BHJP
   A61Q 5/02 20060101ALI20171211BHJP
   A61Q 19/00 20060101ALI20171211BHJP
   A61Q 5/00 20060101ALI20171211BHJP
   A61Q 15/00 20060101ALI20171211BHJP
   A61Q 9/04 20060101ALI20171211BHJP
   A61K 8/42 20060101ALI20171211BHJP
   C07C 215/10 20060101ALN20171211BHJP
   C07C 233/18 20060101ALN20171211BHJP
【FI】
   C11D1/68
   C11D1/40
   C11D1/52
   A61K8/41
   A61Q19/10
   A61Q9/00
   A61Q5/02
   A61Q19/00
   A61Q5/00
   A61Q15/00
   A61Q9/04
   A61K8/42
   !C07C215/10
   !C07C233/18
【請求項の数】15
【全頁数】54
(21)【出願番号】特願2015-561570(P2015-561570)
(86)(22)【出願日】2014年3月5日
(65)【公表番号】特表2016-518463(P2016-518463A)
(43)【公表日】2016年6月23日
(86)【国際出願番号】US2014020459
(87)【国際公開番号】WO2014138141
(87)【国際公開日】20140912
【審査請求日】2015年9月4日
(31)【優先権主張番号】61/772,736
(32)【優先日】2013年3月5日
(33)【優先権主張国】US
(73)【特許権者】
【識別番号】590005058
【氏名又は名称】ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー
(74)【代理人】
【識別番号】110001243
【氏名又は名称】特許業務法人 谷・阿部特許事務所
(72)【発明者】
【氏名】ジェフリー ジョン シャイベル
(72)【発明者】
【氏名】ライアン マイケル ウェスト
(72)【発明者】
【氏名】スコット リロイ クロン
(72)【発明者】
【氏名】フィリップ カイル ビンソン
(72)【発明者】
【氏名】メリンダ フィリス ステッフェイ
(72)【発明者】
【氏名】パトリック ファーミン オーガスト デルプランケ
(72)【発明者】
【氏名】ランダール トーマス レイルマン
【審査官】 吉田 邦久
(56)【参考文献】
【文献】 米国特許第05750733(US,A)
【文献】 MARIA ALEXEEVA,FLUID PHASE EQUILIBRIA,1997年11月 1日,V136 N1-2,P173-183
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
C11D 1/68
A61K 8/41
A61K 8/42
A61Q 5/00
A61Q 5/02
A61Q 9/00
A61Q 9/04
A61Q 15/00
A61Q 19/00
A61Q 19/10
C11D 1/40
C11D 1/52
C07C 215/10
C07C 233/18
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
第1化学物質と第2化学物質とを含む混合物であって、前記第1化学物質は式Iの化学構造を有し、且つ前記第2化学物質は、式IIの化学構造を有し:
【化1】
式中、
1は2〜4であり;
2は1〜3であり;
1はn2より大きく、
1及びR3は、C1〜C16アルキル、C1〜C3ヒドロキシ−アルキル、又はメトキシ−アルキルから独立して選択され;
2及びR4は、式IIIの構造から独立して選択され、
【化2】
式中、R5はC7〜C23アルキル、モノアルケニル、ジアルケニル、トリアルケニル、ヒドロキシル−アルキル、又はヒドロキシル−アルケニル並びにこれらの混合物である、混合物。
【請求項2】
1が4である、請求項1に記載の混合物。
【請求項3】
式Iの分子の一部がグルコース由来である、請求項1に記載の混合物。
【請求項4】
2が3である、請求項1に記載の混合物。
【請求項5】
式Iの分子の一部がグルコース由来であり、且つ式IIの分子の一部がキシロース由来である、請求項1に記載の混合物。
【請求項6】
式Iの前記化学構造と式IIの前記化学構造との重量比が、50:50〜0.5:99.5である、請求項5に記載の混合物。
【請求項7】
1及びR3がメチル基であり、R2及びR4が式IIIの構造を有し、R5がC11とC13との混合物であり、且つC11とC13との重量比が99:1〜60:40である、請求項6に記載の混合物。
【請求項8】
第1化学物質と第2化学物質との割合が、99.5:0.5〜0.5:99.5である、請求項1に記載の混合物。
【請求項9】
前記混合物は第3の化学物質を更に含み、前記第3の化学物質は式IVの化学構造を有し:
【化3】
式中、
6は、水素、C1〜C16アルキル、C1〜C3ヒドロキシ−アルキル又はメトキシ−アルキルから選択され;
7は、C8〜C22アルキル、モノアルケニル、ジアルケニル、又はトリアルケニル、及びそれらの混合物から独立して選択され;
3は2〜4である、請求項1に記載の混合物。
【請求項10】
式IVの分子の一部は、アラビノース、ガラクトース、マンノース、及びそれらの組み合わせ由来のフラグメントからなる群より選択される、請求項9に記載の混合物。
【請求項11】
(a)約0.001重量%〜約99.999重量%の、請求項1に記載の混合物と、
(b)約0.001重量%〜約99.999重量%の、少なくとも1種類の追加的成分であって、洗浄成分及びパーソナルケア成分からなる群より選択される追加的成分と、を含む組成物。
【請求項12】
(a)約0.001重量%〜約99.999重量%の、請求項9に記載の混合物と、
(b)約0.001重量%〜約99.999重量%の、少なくとも1種類の追加的成分であって、洗浄成分及びパーソナルケア成分からなる群より選択される追加的成分と、を含む組成物。
【請求項13】
少なくとも1種類の洗浄成分が、界面活性剤、担体、酵素、ビルダー、アルカリ性系(alkalinity system)、有機ポリマー化合物、色相染料、漂白化合物、アルカノールアミン、汚れ懸濁剤、再付着防止剤、腐食防止剤、及びこれらの混合物からなる群より選択される、請求項11又は12に記載の組成物。
【請求項14】
前記組成物が、粒状洗剤、バー形状洗剤、液体洗濯洗剤、液体手洗い食器洗浄混合物、硬質表面洗浄剤、錠剤、消毒剤、工業用洗浄剤、超濃縮液(highly compact liquid)、粉末、除毒剤、シャンプー、ヘアコンディショナー、ヘアトリートメント、洗顔用石鹸、ボディ洗浄剤、ボディーソープ、入浴用泡剤(foam bath)、化粧落とし、スキンケア製品、ニキビ抑制製品、防臭剤、発汗抑制剤、髭剃り用助剤、化粧品、脱毛剤、芳香剤、ローション、及びそれらの混合物からなる群より選択される、請求項11又は12に記載の組成物。
【請求項15】
前記パーソナルケア成分は、油、及び皮膚軟化剤、保湿剤、キャリア、抽出物、ビタミン、鉱物、老化防止化合物、界面活性剤、溶媒、ポリマー、防腐剤、抗菌剤、ワックス、粒子、着色剤、染料、芳香剤、及びそれらの混合物からなる群から選択される、請求項11又は12に記載の組成物。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
個々の成分に対して改善された熱的特性を有する、糖アミド又は糖アミンの新規の混合物が開示される。
【背景技術】
【0002】
界面活性剤は、洗浄製品において唯一最も重要な洗浄成分である。環境規制、消費者習慣、及び消費者慣行により、界面活性剤産業は、低コスト、高性能、及び環境に配慮した製品を製造するための新たな開発を強いられている。界面活性剤産業における開発の例は、J.Scheibelによる、「The Evolution of Anionic Surfactant Technology to Meet the Requirements of the Laundry Detergent Industry」と題するJournal of Surfactants and Detergents、第7巻、第4号、2004年10月の記事(以下、「JSDのScheibel記事」と呼ぶ)に記載されている。現在、界面活性剤産業が直面する課題としては、より低温での洗濯、効率性のより低いビルダー、カルシウム制御を伴わない液体製品、並びに界面活性剤による環境に対する影響が認識されたことにより、総合的な界面活性剤の使用量を減少させるようにとの社会的圧力などが挙げられる。
【0003】
糖アミド界面活性剤は、商業化され、Procter & Gamble社により長年、様々な消費者向け製品に用いられた。Janshekarらによる「Surfactants,Household Detergents and Their Raw Materials」と題する、Chemical Economics Handbook Marketing Research Report、2010年6月、43を参照のこと。それらは、N−メチルグルカミンに対する糖質のソースとして、ココナツオイル、パーム核オイル、及びグルコースのような、当時利用可能な既存の供給原料に基づいていた。純粋な糖アミドの物理的特性は、参照文献中に見出せるが、Zhuらによる、Journal of Surfactants and Detergents、第2巻、第3号、1999年7月、357頁〜362頁(以下、「Zhuら」と呼ぶ)を参照のこと。グルコース、及びココナツオイルのメチルエステル並びにパーム核オイルのメチルエステルのみに基づく、これまでに商業化された糖アミド界面活性剤は、融点及びクラフト点のような高い熱的特性に悩まされていたが、そのことは、消費者向け製品においてより広い用途に用いられ得るという界面活性剤の真の潜在力を制限するものであった。Laughlinらによる、Surfactant Science Series(1998),74(Novel Surfactants),1頁〜30頁、及びLaughlinらによるSurfactant Science Series(2003),第2版,114(Novel Surfactants),第1章、1頁〜36頁も参照のこと。
【0004】
界面活性剤のテール基と糖ヘッド基との両方に基づく新規の供給原料は、糖アミド界面活性剤混合物の物理的特性を改善することを可能とし、それにより、処方可能性を改善することを可能にするということも判明している。新規のセルロース系糖混合物は、熱的特性の改善された、新規であり且つ改善された糖アミン及び糖アミド界面活性剤をもたらすことができる。更に、生物工学から及び/又は、脂質及びオイルの共複分解からの、独特のメチルエステルの新たなソースもまた、新規で改善された糖アミド界面活性剤混合物を提供することができる。
【0005】
更に、持続可能な製品及び材料を求める消費者の欲求が存在する。現行既存の持続可能な界面活性剤には、その処方可能性、コスト、及び、処方の柔軟性に関して、制約がある。それゆえ、高性能の持続可能な界面活性剤で、既存の物質よりも改善された特性を有する界面活性剤への需要が市場に存在する。
【先行技術文献】
【非特許文献】
【0006】
【非特許文献1】Zhuらによる、Journal of Surfactants and Detergents、第2巻、第3号、1999年7月、357頁〜362頁(以下、「Zhuら」と呼ぶ)
【非特許文献2】Janshekarらによる「Surfactants,Household Detergents and Their Raw Materials」と題する、Chemical Economics Handbook Marketing Research Report、2010年6月、43
【非特許文献3】Laughlinらによる、Surfactant Science Series(1998),74(Novel Surfactants),1頁〜30頁
【非特許文献4】LaughlinらによるSurfactant Science Series(2003),第2版,114(Novel Surfactants),第1章、1頁〜36頁も参照のこと
【発明の概要】
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明は、個々の成分に対して改善された熱的特性を有する、糖アミド又は糖アミンの新規の混合物を提供する。混合物は、第1化学物質と第2化学物質とを含み、上記第1化学物質は式Iの化学構造を有し、上記第2化学物質は、式IIの化学構造を有し:
【0008】
【化1】
式中、n1は2〜4;n2は1〜3;n1はn2より大きく;R1及びR3は、水素、C1〜C16アルキル、又はC1〜C3ヒドロキシ−若しくはメトキシ−アルキルから独立して選択され;R2及びR4は、水素、C1〜C16アルキル、C1〜C3ヒドロキシ−アルキル、若しくはメトキシ−アルキル、又は式IIIの構造から独立して選択される。
【0009】
【化2】
式中、R5はC7〜C23アルキル、モノアルケニル、ジアルケニル、トリアルケニル、ヒドロキシ−アルキル、又はヒドロキシ−アルケニル;
及びこれらの混合物である。
【0010】
1つの実施形態によると、n1は4に等しい。式I中の、窒素原子、R1、又はR2を含まない化学的フラグメントは、6つの炭素原子と5つの酸素原子とを有する。この化学的フラグメントは、グルコース、マンノース、又はガラクトースを含むがそれらに限られない炭素数が6の糖に由来し得る。
【0011】
第2の実施形態によると、n2は3に等しい。窒素原子、R3、又はR4を含まない、式II中の化学的フラグメントは、5つの炭素原子と4つの酸素原子とを有する。この化学的フラグメントは、キシロース又はアラビノースを含むがそれらに限られない、炭素原子数5の糖由来であり得る。
【0012】
他の実施形態によると、n1は4に等しく、n2は3に等しい。窒素原子、R1、又はR2を含まない、式I中の化学的フラグメントは、6つの炭素原子と5つの酸素原子とを有する。この化学的フラグメントは、グルコース、マンノース、又はガラクトースを含むがそれらに限られない炭素数が6の糖に由来し得る。窒素原子、R3、又はR4を含まない、式II中の化学的フラグメントは、5つの炭素原子と4つの酸素原子とを有する。この化学的フラグメントは、キシロース又はアラビノースを含むがそれらに限られない、炭素原子数5の糖由来であり得る。
【0013】
他の実施形態によると、n1は3に等しい。式I中の、窒素原子、R1、又はR2を含まない化学的フラグメントは、5つの炭素原子と4つの酸素原子とを有する。この化学的フラグメントは、キシロース又はアラビノースを含むがそれらに限られない、炭素原子数5の糖由来であり得る。
【0014】
他の実施形態によると、n2は1に等しい。窒素原子、R3、又はR4を含まない、式II中の化学的フラグメントは、3つの炭素原子と2つの酸素原子とを有する。この化学的フラグメントは、グリセルアルデヒド又はグリセロールを含むがそれらに限られない、炭素原子数3の糖又はポリオール由来であり得る。
【図面の簡単な説明】
【0015】
図1】C12−NMG:C12−NMX混合物の視覚的融点に関する表1からのデータを、グラフ表示したものである。
図2】C12−NMG:C12−NMGly混合物の視覚的融点に関する表2からのデータを、グラフ表示したものである。
図3】C12−NMG:C12−NMX混合物の、DSCによる熱転移決定に関する表3からのデータを、グラフ表示したものである。
図4】C12−NMG:C12−NMGly混合物の、DSCによる熱転移決定に関する表4からのデータを、グラフ表示したものである。
図5】C12−ene−NMG:C12−ene−NMX混合物の、DSCによる熱転移決定に関する表5からのデータを、グラフ表示したものである。
図6】C15−ene−NMG:C15−ene−NMX混合物の、DSCによる熱転移決定に関する表6からのデータを、グラフ表示したものである。
図7】C12−NMG及びC12−NMXの1重量%混合物の、クラフト点測定値に関する表7からのデータを、グラフ表示したものである。
【発明を実施するための形態】
【0016】
用語の定義
本明細書で使用するとき、「消費者製品」とは、消費者及び企業向け製品を意味し、これは、洗濯、食器洗浄、及び硬質表面洗浄用の製品、無生物表面のケア及び洗浄用のその他のクリーナー及び洗浄システム、布地のケア及びメンテナンスのために特に設計された布地コンディショナー製品及びその他の製品、並びに空気ケア製品を含むが、これらに限定されない。この定義は、(a)コンタクトレンズ若しくは限外濾過膜を洗浄するために使用することが意図される、又は、創傷の治療若しくは皮膚状態の医学的処理における、製品を含まない。そのような消費者製品は一般に、販売されている形態で使用又は消費されるよう意図されている。
【0017】
本明細書で使用するとき、用語「クリーニング及び/又は処理組成物」は、消費者製品の、あるサブセットを意味するが、そのような製品としては、限定するものではないが、次のような布地、硬質表面並びに布地ケア及びホームケアの領域の任意の他の表面処理用の製品が挙げられる:エアフレッシュナー及び香り送達系などの空気ケア、カーケア、食器洗浄、布地コンディショニング(柔軟化及び/又はフレッシュニングが挙げられる)、洗濯洗浄、洗濯時及びすすぎ時添加剤及び/又はケア剤、硬質表面洗浄及び/又は処理剤(床及び便器クリーナーなど)、顆粒又は粉末形態の多目的又は「強力」洗浄剤、特にクリーニング用洗剤、液体、ゲル、又はペースト形態の多目的洗浄剤、特にいわゆる強力液体型、おしゃれ着用液体洗剤、食器手洗い用洗剤又は軽質食器洗浄剤、特に高起泡型のもの、食洗機用食器洗浄剤(家庭用及び業務用の、様々な錠剤型、粒剤型、液体型及びすすぎ補助型洗浄剤など):車又はカーペット洗浄剤、便器クリーナーを含む風呂場クリーナー、並びにクリーニング補助剤(漂白添加剤及び「染み抜きスティック」又は前処理型、又は乾燥機用シートなどの、基材の水抜き用製品)。
【0018】
本明細書で使用するとき、用語「布地及び/若しくは硬質表面洗浄及び/又は処理組成物」は、別途記載のない限り、顆粒又は粉末状の多目的すなわち「ヘビーデューティー」洗浄剤、特にクリーニング用洗剤、液体、ゲル、又はペースト形態の多目的洗浄剤、特にいわゆる強力液体型、おしゃれ着用液体洗剤、食器手洗い用洗浄剤又は軽質食器洗浄剤、特に高起泡型のもの、家庭用及び業務用の各種の錠剤型、粒剤型、液剤型、及びすすぎ補助型を含む食洗機用洗剤、液体洗浄剤及び殺菌剤、車又はカーペット洗浄剤、便器クリーナーを含む浴室クリーナー、液体、固体、及び/又は乾燥機用シート形態であり得る柔軟化及び/又はフレッシュニングを含む布地コンディショニング製品、並びにクリーニング助剤(漂白剤及び「シミ抜きスティック」又は前処理型、又は乾燥機用シートなどの、基材の水抜き用製品)が挙げられる洗浄及び処理組成物のサブセットである。適用可能であるこのような製品の全ては、標準形態又は濃縮形態であり得、又は特定の態様では、このような製品は、更には非水性であり得る程度に高濃縮された形態であり得る。
【0019】
本明細書で使用するとき、「a」及び「an」のような冠詞は、特許請求の範囲で使用されるときには、1つ以上の請求又は記載されるものを意味するものと理解される。
【0020】
本明細書で使用するとき、「含む(include、includes、及びincluding)」という用語は、非限定であることを意味する。
【0021】
本明細書で使用するとき、用語「固体」は、顆粒、粉末、塊、及び錠剤の製品形態を含む。
【0022】
本明細書で使用するとき、用語「流体」は、液体、ゲル、ペースト及び気体の製品形態を含む。
【0023】
本明細書で使用するとき、用語「部位」は、布地、衣類及び/又は硬質表面を包含する。
【0024】
本明細書で使用するとき、用語「モノアルケニル」、「ジアルケニル」、及び「トリアルケニル」は、R5で表される単一のC7〜C23アルケニル鎖内の、二重結合の数を指し、モノアルケニルは1つの二重結合を、ジアルケニルは2つの二重結合を、そしてトリアルケニルは3つの二重結合を有する。
【0025】
本明細書で使用するとき、用語「アルキル」は、一価の炭化水素フラグメントであって、一般式がCn2n+1(式中nは整数)の線状、又は分枝状のものか、又は、一般式がCn2n+1-2#(式中nは整数、及び#は、炭化水素フラグメント中の環式基の数)である環式のものを指す。特定長のアルキル鎖に言及する場合に、例えばCnアルキルのように、nの値がアルキルという語の前に、下付き文字で与えられる。
【0026】
本明細書で使用するとき、用語「ヒドロキシル−アルキル」は、炭化水素フラグメント中の1つの水素原子が、1つの酸素原子及び1つの水素原子を含有するヒドロキシル基によって置換されるという点以外は、アルキルと同じ定義を有する。
【0027】
本明細書で使用するとき、用語「メトキシ−アルキル」は、炭化水素フラグメント内の1つの水素原子が、1つの酸素原子、1つの炭素原子、及び3つの水素原子を含有するメトキシ基によって置換されるという点以外はアルキルと同じ定義を有する。
【0028】
特に記載のない限り、成分又は組成物の濃度は、全て、当該成分又は組成物の活性部分に関するものであり、このような成分又は組成物の市販の供給源に存在し得る不純物、例えば残留溶媒又は副生成物は、除外される。
【0029】
百分率及び比率は全て、別途記載のない限り重量で計算される。全ての百分率及び比率は、別途記載のない限り組成物全体を基準にして計算される。
【0030】
本明細書の全体を通じて与えられる全ての最大数値限定は、それよりも小さい数値限定を、そうしたより小さい数値限定があたかも本明細書に明確に記載されているものと同様にして包含するものと理解すべきである。本明細書全体を通して記載される全ての最小数値限定は、このようなより高い数値限定が本明細書に明示的に記載されているかのように、全てのより高い数値限定を含む。本明細書全体を通して記載される全ての数値範囲は、このようなより狭い数値範囲が本明細書に明示的に記載されているかのように、このようなより広い数値範囲内の全てのより狭い数値範囲を含む。
【0031】
糖アミド及び糖アミン
糖アミド又は糖アミンの混合物を作るのに適した糖は様々なソースから得られる。グルコースは、デンプン、二糖類ショ糖、又はセルロース由来であり得る。キシロースは、キシラン由来、又はリグノセルロース物質のヘミセルロース部分由来であり得る。これらの個々のソースから作られた糖アミド又は糖アミンを組み合わせて、糖アミド又は糖アミンの混合物を得ることができる。
【0032】
あるいは、糖は、リグノセルロース物質のような単一のソース由来であり得る。セルロース及びヘミセルロースの両方を含むリグノセルロース物質は、混合糖アミン及び混合糖アミドを生成するための反応用にグルコース及びキシロースの両方を提供することができる。好適なリグノセルロース物質は、木材及び、硬材及び軟材からの木材残さ;農作物、エネルギー作物、農業残さ、及び、例えば小麦、わら、スイッチグラス、ソルガム、バガス、及びストーヴァのようなイネ科草本類;又は産業廃棄物又は一般廃棄物のような廃棄物、を含む。
【0033】
あるいは、糖は複数のソースの組み合わせ由来であり得るが、そのようなソースには、デンプンのような主にグルコースを含有するソース、及び、例えば小麦のようなリグノセルロース物質をはじめとする混合糖含有ソースが含まれる。
【0034】
糖由来のフラグメント以外の他の基が、窒素原子に付着している。式I及び式IIにおいて、R1及びR3は、水素、C1〜C16アルキル、又はC1〜C3ヒドロキシ−若しくはメトキシ−アルキルから独立して選択される一方、R2及びR4は、水素、C1〜C16アルキル、C1〜C3ヒドロキシ−若しくはメトキシ−アルキル、又は式IIIの構造から独立して選択される。混合糖アミンの場合には、R2及びR4は式IIIの構造を有しない。混合糖アミドの場合には、R2及びR4は式IIIの構造を有する。
【0035】
糖アミンの1つの実施形態においては、R1はメチルであり、一方、R2は水素である。
【0036】
糖アミンの他の実施形態においては、R3はメチルであり、一方、R4は水素である。
【0037】
糖アミンの他の実施形態においては、R1及びR3はメチルである。
【0038】
糖アミンの他の実施形態においては、R2及びR4は水素である。
【0039】
糖アミンの他の実施形態においては、R1はメチルであり、R2は水素であり、R3はメチルであり、且つR4は水素である。
【0040】
糖アミンの他の実施形態においては、R1及びR3はC1〜C16アルキルである。
【0041】
糖アミンの他の実施形態においては、R2及びR4はC1〜C16アルキルである。
【0042】
糖アミンの他の実施形態においては、R1はメチルであり、R2はC1〜C16アルキルであり、R3はメチルであり、且つR4はC1〜C16アルキルである。
【0043】
糖アミンの他の実施形態においては、R1はC1〜C16アルキルであり、R2は水素であり、R3はC1〜C16アルキルであり、且つR4は水素である。
【0044】
糖アミドの他の実施形態においては、R5は、C7〜C23アルキル、C7〜C23モノアルケニル、C7〜C23ジアルケニル、C7〜C23トリアルケニル、C7〜C23ヒドロキシル−アルキル、C7〜C23ヒドロキシル−アルケニル、及びそれらの混合物である。
【0045】
糖アミドの他の実施形態においては、R5は、C11アルキル、C13アルキル、及びそれらの混合物である。
【0046】
糖アミドの1つの実施形態においては、R1はメチルであり、一方、R2は、式IIIの構造を有する。
【0047】
糖アミドの他の実施形態においては、R3はメチルであり、一方、R4は式IIIの構造を有する。
【0048】
糖アミドの他の実施形態においては、R1はメチルであり、R2は式IIIの構造を有し、R3はメチルであり、R4は式IIIの構造を有し、且つ式IIIは、R2及びR4に対してそれぞれ独立に選択される。
【0049】
糖アミドの他の実施形態においては、R5は、C7〜C23アルキル、モノアルケニル、ジアルケニル、トリアルケニル、ヒドロキシル−アルキル、又はヒドロキシル−アルケニル、及びそれらの混合物である。
【0050】
糖アミドの他の実施形態においては、R5は、C11アルキル、C13アルキル、及びそれらの混合物である。
【0051】
1つの実施形態においては、(式Iに基づく)第1化学物質の(式IIに基づく)第2化学物質に対する比率は、混合物中で、99.5:0.5〜0.5:99.5である。
【0052】
他の実施形態においては、(式Iに基づく)第1化学物質の(式IIに基づく)第2化学物質に対する比率は、混合物中で、95:5〜5:95である。
【0053】
他の実施形態においては、(式Iに基づく)第1化学物質の(式IIに基づく)第2化学物質に対する比率は、混合物中で、50:50〜0.5:99.5である。
【0054】
糖アミドの他の実施形態においては、(式Iに基づく)第1化学物質の(式IIに基づく)第2化学物質に対する比率は、混合物中で、50:50〜0.5:99.5であり、n1は4に等しく、n2は3に等しく、R1及びR3はメチル基であり、R2及びR4は式IIIの構造を有し、並びにR5はC11アルキル及びC13アルキルの混合物であり、且つその混合物中、C11アルキルのC13アルキルに対する重量比は、99:1〜60:40である。窒素原子、R1、又はR2を含まない、式I中の化学的フラグメントは、6つの炭素原子と5つの酸素原子とを有する。この化学的フラグメントは、グルコース、マンノース、又はガラクトースを含むがそれらに限られない炭素数6の糖由来であり得る。窒素原子、R3、又はR4を含まない、式II中の化学的フラグメントは、5つの炭素原子と4つの酸素原子とを有する。この化学的フラグメントは、キシロース又はアラビノース、及びそれらの混合物を含むがそれらに限られない、炭素原子数5の糖又はポリオール由来であり得る。糖アミド組成物に式IIIの構造を提供させるために必要な脂肪族エステルの好適なソースは、以下のソースのうちの任意のものに由来し得る:トリグリセリド、脂肪酸、脂肪族エステル、生物工学的に生成される脂肪酸若しくはエステル、又は合成エステル。好適な脂肪酸、又は脂肪酸のエステルは、以下の油に由来し得る:例えばココナツ油、パーム核油、カメリナ油、クフェア油、大豆油、パーム油、及びキャノーラ油のような植物油。他の好適な油は、非限定的例としては、桐油、メドウフォーム油、コリアンダー油、カメリナ油、ベニバナ油、ジャトロファ油、ハマナ油、高エルシン菜種油、藻類油、高オレオイル大豆油(HOSBO)、高オレオイルヒマワリ油、及びヒマシ油、並びに動物性脂肪、及び廃脂肪類及び廃油である。
【0055】
本発明のアミドを作るのに用いるための、偶数及び奇数両方の鎖長の、飽和及び不飽和脂肪酸又はエステルの他のソースは、短鎖オレフィンの、上述の様々な油との共複分解に由来し得る。参照により本明細書に組み込まれる米国特許出願公開第2006/0079704号は、ルテニウムメタセシス触媒の存在下でのエチレンの不飽和脂肪及び油(例えば、オレインヒマワリ油、オレイン菜種油、及びそれらのモノアルコールエステル)とのメタセシスを開示している。
【0056】
α−アルケンとしては、1−プロペン、1−ブテン、1−ペンテン、1−ヘキセン、1−へプテン、1−オクテン、及び高級アルケンが挙げられる。参照により本明細書に組み込まれる国際公開第2008/046106号は、ルテニウムアルキリデン触媒を用いて末端アルケンを脂肪及び油(例えば、大豆油、ヒマワリ油、キャノーラ油、ベニバナ油、綿実油、ヒマシ油、菜種油、ピーナッツオイル、コーン油、オリーブ油、パーム油、ゴマ油、ブドウ種子油)とメタセシス反応させて、直鎖のメタセシス生成物を生成する方法を開示している。参照により本明細書に組み込まれる国際公開第2009/020667号は、メタセシス触媒を導入する前に天然供給原料を化学的に処理して触媒毒の量を低減することによって触媒効率を改善する方法を開示している。同様に、内部オレフィンを、上記のように、より多くの種類の偶数及び奇数鎖長エステルを生成するために用いることができる。上記のメタセシスにより得られる最終的な不飽和エステルを、部分的に水素添加するか、又は完全に水素添加して、糖アミドを調製するためのモノ不飽和エステル又は飽和エステルを得ることができる。
【0057】
更に、エステルは、国際公開第2011/088089A1号及び同2012/009525A2号に開示されているように、分枝させることもできる。
【0058】
上記の方法で、様々な混合の鎖長、偶数及び奇数の、分枝状若しくは非分枝状の、飽和若しくは不飽和の、又は上記の任意の混合物が、糖アミドを作るのに使うために得られる。偶数及び奇数の鎖長の脂肪酸又はエステルの他のソースが、国際公開第2012/135760号、米国特許出願公開第2011/0146142号、欧州特許第2480680号、米国特許出願公開第2010/0071259A1号、及び米国特許出願公開第2012/0070868号に開示されている。上記のメタセシス化学反応は、配合者が、様々な洗剤の用途において、糖アミド組成物を使用することから得たいと望む特性のタイプを調整するのを可能にするように、歪み、二峰性の、ピークを有しうる独特の鎖の組み合わせを提供することもできる。独特のアルキルベンゼンスルホネート界面活性剤の生産において追加的なパフォーマンスベクトルを潜在的に追加し得る文献における例が、参照により本明細書に取り込まれる、Scheibelらによる米国特許出願公開第2012/0214724A1号に開示されている。界面活性剤産業における他の開発例が、参照により本明細書に取り込まれる、ScheibelのJSD誌の記事に記述されている。しかしながら糖アミドの組み合わせの可能性は、上記引用された参照文献に開示されるようなC10〜C13の組み合わせに限られない。糖アミド官能基は、ずっと広い範囲の鎖長の選択肢及び独特の鎖の組み合わせを可能にする。上述の独特の疎水性のテールの組み合わせは、式I又は式II単独のような非混合糖ヘッド基に対して独特の特性をも可能にし得る。
【0059】
混合物は、式I及び式IIに示される化学物質以外の追加的化学物質をも包含し得る。1つの実施形態においては、混合物は、第3の化学物質を更に含み、その第3の化学物質は、式IVの化学的構造を有する。
【0060】
【化3】
式中、R6は、水素、C1〜C16アルキル、及びC1〜C3ヒドロキシ−又はメトキシ−アルキルから選択され、R7は、C7〜C23アルキル、モノアルケニル、ジアルケニル、又はトリアルケニル、及びそれらの混合物から独立して選択され;且つn3は、2〜4である。
【0061】
1つの実施形態によると、n3は4に等しい。窒素原子、R6、又はR7を含まない式IV中の化学的フラグメントは、6つの炭素原子及び5つの酸素原子を有する。この化学的フラグメントは、式I中に見られる糖に由来する同じフラグメントではない限りにおいて、グルコース、マンノース又はガラクトース、及びそれらの混合物を含むがそれらに限られない、炭素数が6の糖に由来し得る。疑問を避けるために言えば、そのような混合物の1つの実施形態は:グルコース由来のフラグメントを含む式Iの化学物質、キシロース由来のフラグメントを含む式IIの化学物質、及びマンノース若しくはガラクトース、又はマンノース及びガラクトースの混合物由来のフラグメントを含む式IVの化学物質、を含む。
【0062】
第2の実施形態によると、n3は3に等しい。窒素原子、カルボニル、R6、又はR7を含まない、式IV中の化学的フラグメントは、5つの炭素原子及び4つの酸素原子を有する。この化学的フラグメントは、式I又は式II中に見られる糖に由来する同じフラグメントではない限りにおいて、キシロース、アラビノース、及びそれらの混合物を含むがそれらに限られない、炭素数が5の糖に由来し得る。疑問を避けるために言えば、そのような混合物の1つの実施形態は:グルコース由来のフラグメントを含む式Iの化学物質、キシロース由来のフラグメントを含む式IIの化学物質、及びアラビノース由来のフラグメントを含む式IVの化学物質、を含む。
【0063】
他の実施形態によると、n1は4に等しく、n2は1に等しく、且つn3は2〜4である。窒素原子、R1、又はR2を含まない、式I中の化学的フラグメントは、6つの炭素原子と5つの酸素原子とを有する。この化学的フラグメントは、グルコース、マンノース、又はガラクトースを含むがそれらに限られない炭素数が6の糖に由来し得る。窒素原子、R3、又はR4を含まない、式II中の化学的フラグメントは、3つの炭素原子と2つの酸素原子とを有する。この化学的フラグメントは、グリセルアルデヒド又はグリセロールを含むがそれらに限られない、炭素原子数3の糖又はポリオール由来であり得る。窒素原子、カルボニル、R6、又はR7を含まない、式IV中の化学的フラグメントは、6つの炭素原子及び5つの酸素原子、5つの炭素原子及び4つの酸素原子、又は4つの炭素原子及び3つの酸素原子、を有する。式IV中の化学的フラグメントは、式I中に見られる糖に由来する同じフラグメントではない限りにおいて、グルコース、マンノース又はガラクトース、及びそれらの混合物を含むがそれらに限られない、炭素数が6の糖に由来し得る。式IV中の化学的フラグメントは、キシロース、アラビノース、及びそれらの混合物を含むがそれらに限られない、炭素原子数5の糖由来であり得る。式IV中の化学的フラグメントは、炭素原子数4の糖由来であり得る。疑問を避けるために言えば、そのような混合物の1つの実施形態は:グルコース由来のフラグメントを含む式Iの化学物質、グリセロール由来のフラグメントを含む式IIの化学物質、及びキシロース、アラビノース、マンノース、又はガラクトース、及びそれらの混合物由来のフラグメントを含む式IVの化学物質、を含む。
【0064】
糖を作るプロセス、及び糖アミン及び糖アミド構造を作るプロセスは、同時に追加的化学物質をも作る可能性を有する。追加的化学物質は、糖、糖アミン、又は糖アミドから分離されていてもいなくてもよく、それゆえ、追加的化学物質が混合物中に存在し得る。混合物中に存在し得る追加的化学物質は、例えばグリセロール、ソルビトール、キシリトールのような、しかしそれらに限られない糖アルコール、及び例えばアンヒドロソルビトール、ソルビタン、及びイソソルビトのような、しかしそれらに限られない脱水された糖アルコール;例えばフルフラール、フルフラールアルコール、ヒドロキシメチルフルフラール、及びジヒドロキシメチルフランのような、しかしそれらに限られないフラン種;例えばテトラヒドロフルフリルアルコール、及び2,5−ビス(ヒドロキシメチル)テトラヒドロフランのような、しかしそれらに限られないテトラヒドロフラン種;例えば酢酸、酢酸ナトリウム、アンモニウムアセテート、又はメチルアンモニウムアセテートのような、しかしそれらに限られない、酸性の又は中和された形態の有機酸;単糖類;二糖類;多糖類;フェノール類を含むがそれらに限られないリグニン残基;酵素系又は微生物系分離物由来の追加的成分;又は、グルコース、ガラクトース、マンノース、キシロース、又はアラビノースを含むがそれらに限られない追加的単糖類が、水素の代わりに、グリコシド結合で第1級アルコールに付着しているという条件付きで、式I又は式IIの一方の化学構造を有する成分、を含む。
【0065】
糖アミド界面活性剤を含む消費者製品
本発明の界面活性剤は、消費者製品を生産するために有用である。これらの消費者製品の例は、洗浄及び/又はトリートメント組成物、布地及び/又は硬質表面の洗浄及び/又はトリートメント組成物、例えば洗濯洗浄剤、柔軟洗浄剤、硬質表面洗浄剤、バー石鹸、繊維柔軟剤、特殊用途用洗浄剤のような布地ケア組成物、食器洗浄剤、及びシャンプー及びコンディショナーを含むパーソナルケア組成物、を含む。本発明の1つの実施形態においては、組成物は、単一の又は多区画の単位用量形態を有する。
【0066】
柔軟化洗剤には、種々の顆粒又は液体の洗浄を通じた柔軟化タイプの生成物が含まれ、有機(例えば、四級)又は無機(例えば、クレイ)柔軟剤が含まれ得る(例えば、各々参照により本明細書に組み込まれる米国特許第4,140,641号、第4,639,321号、第4,751,008号、第4,844,821号、第4,844,824号、第4,873,001号、第4,911,852号、及び第5,017,296号、欧州特許第753,569A号、欧州特許第315,126号、及び欧州特許第422,787号を参照のこと)。
【0067】
硬質表面洗浄剤には、例えば、クリーム清浄剤、液体洗浄剤、及びスプレー洗浄剤(例えば、ガラス洗浄剤、タイル洗浄剤、漂白剤スプレー洗浄剤)、及び浴室洗浄剤(例えば、カビ除去、漂白剤含有、抗菌性、酸性タイプ、中性タイプ、塩基性タイプ)のような全目的洗浄剤が含まれる。例えば、各々参照により本明細書に組み込まれる欧州特許第743,280A号、欧州特許第743,279A号、及び国際公開第96/34938A号を参照のこと。
【0068】
バー石鹸には、洗濯バーが含まれる。バー石鹸は、合成洗剤(synthetic detergent)(すなわち、合成洗剤(syndet))タイプ、石鹸系タイプ、及び柔軟剤を有するタイプを包含する(例えば、各々参照により本明細書に組み込まれる国際公開第96/35772A号、米国特許第5,500,137号、及び国際公開第96/01889A号を参照のこと)。これらの組成物は、圧出のような一般的な石鹸製造技術、及び/又は注型、界面活性剤の多孔質支持体中への吸収等のようなより異例の技術によって製造されるものを含み得る。各々参照により本明細書に組み込まれるブラジル特許第9502668号、国際公開第96/04361A号、国際公開第96/04360A号、及び米国特許第5,540,852号に記載されるもののような他のバー石鹸、並びに各々参照により本明細書に組み込まれる英国特許第2,292,155 A号及び国際公開第96/01306 A号に記載されるもののような他の手洗い用洗剤もまた含まれる。
【0069】
柔軟仕上げ剤には、従来の液体及び液体濃縮タイプの両方(例えば、各々参照により本明細書に組み込まれる欧州特許第754,749A号、国際公開第96/21715A号、欧州特許第705,900A号、米国特許第5,531,910号及び第5,500,138号を参照のこと)、並びに乾燥機追加又は基質支持タイプ(例えば、各々参照により本明細書に組み込まれる米国特許第5,562,847号及び第5,559,088号、並びに欧州特許第704,522A号を参照のこと)が含まれる。他の柔軟仕上げ剤には、例えば、米国特許第5,505,866号に記載されるように、固体が含まれ、この特許は参照により本明細書に組み込まれる。
【0070】
特殊目的洗浄剤には、家庭用ドライクリーニング系(例えば、国際公開第96/30583A号、国際公開第96/30472A号、国際公開第96/30471A号、米国特許第5,547,476号、国際公開第96/37652 A号を参照のこと);洗濯用漂白剤前処理製品(例えば、欧州特許第751,210 A号を参照のこと);布地ケア前処理製品(例えば、欧州特許第752,469 A号を参照のこと);液体上質布地洗剤タイプ、とりわけ高起泡種;食器洗い用すすぎ助剤;塩素タイプ及び酸素漂白剤タイプの両方を含む液体漂白剤;消毒剤;車又はカーペット洗浄剤又はシャンプー(例えば、欧州特許第751,213A号、国際公開第96/15308A号を参照のこと);金属洗浄剤;洗浄補助剤(例えば、各々参照により本明細書に組み込まれる欧州特許第753,560A号、欧州特許第753,559A号、欧州特許第753,558A号、欧州特許第753,557A号、欧州特許第753,556A号に記載されるような漂白添加剤、染み取りスティック、特殊泡タイプ洗浄剤を含む前処理剤);及び日焼け防止処理剤(例えば、各々参照により本明細書に組み込まれる国際公開第96/03486A号、国際公開第96/03481A号、国際公開第96/03369A号を参照のこと)。
【0071】
消費者製品洗浄組成物は、例えば、粉末、液体、顆粒、ゲル、ペースト、錠剤、パウチ、バー、二区画容器で送達されるタイプ、スプレー又は泡洗剤、及び他の均質又は多相性消費者洗浄製品形態を含む、広範な形態へと処方され得る。
【0072】
本発明の消費者製品組成物は、単一の若しくは自由に変更できる用量で手によって、又は自動分与手段によって適用することができる。本発明の消費者製品組成物は、電化製品において(例えば、洗濯機、食器洗い機)、業務用洗浄の文脈において(例えば、公的施設におけるパーソナルクレンジング)、ボトル洗浄用、手術器具洗浄用、及び/又は電子部品洗浄用に、有用である。本発明の消費者製品組成物は、幅広いpH範囲(例えば、約2〜約12、又はそれよりも高い)、及び広範なアルカリ性予備を有し得る。例えば、本発明の消費者製品組成物は、100グラムの処方当たり数十グラムのNaOH等価物が存在し得る配水管閉塞解除のような、非常に高いアルカリ性予備において使用することができる。これらの混合物はまた、1〜10グラムのNaOH等価物を有する中度アルカリ性予備、及び軽度又は低度アルカリ性範囲(例えば、液体手洗浄剤つまり酸性、硬質表面洗浄剤)において使用することができる。高起泡及び低起泡洗剤タイプの両方が包含される。
【0073】
水性又は無水であり得るパーソナルケア組成物は、欧州特許第1299080号、米国特許出願公開第2009/0232873号、及び米国特許第5,932,202号に記載される。パーソナルケア製品の非限定的な例としては、シャンプー、毛髪コンディショナー、毛髪トリートメント、洗顔石鹸、ボディウォッシュ、ボディーソープ(液体又はバー)、泡入浴剤、化粧落とし、スキンケア製品、アクネコントロール製品、防臭剤、制汗剤、剃毛助剤、化粧品、脱毛剤、芳香剤、特殊目的洗浄剤、及びこれらの混合物のような、毛髪又は皮膚での使用が意図されるものが挙げられる。例えば、各々参照により本明細書に組み込まれる国際公開第96/37595A号、国際公開第96/37592A号、国際公開第96/37591A号、国際公開第96/37589A号、国際公開第96/37588A号、英国特許第2,297,975A号、英国特許第2,297,762A号、英国特許第2,297,761A号、国際公開第96/17916A号、国際公開第96/12468A号を参照のこと。パーソナルケア洗浄組成物は、例えば、拭き取り布、布、バー、液体、粉末、クリーム、ローション、スプレー、エアゾール、泡、ムース、美容液、カプセル剤、ゲル、エマルション、ドーフット、ロールオンアプリケーター、スティック、スポンジ、軟膏、ペースト、エマルションスプレー、トニック、化粧品、及びこれらの混合物に処方され得る。装置、電化製品、アプリケーター、器具、櫛、ブラシ、及び基質のような製品もまた、本明細書によって包含される。これらの製品は、皮膚上で単独で又は本明細書に記載されるパーソナルケア洗浄組成物と組み合わせて使用することができる。
【0074】
本発明のパーソナルケア製品は、単一の若しくは自由に変更できる用量で手によって、又は自動分与手段によって適用することができる。本発明のパーソナルケア組成物はまた、例えば、ボトル、瓶、管、サッシェ、パウチ、容器、トトル、バイアル、アンプル、若しくはコンパクトのような物品から分与され得るか、又は拭き取り布のような送達形態内に一体的に含有され得る。
【0075】
幾つかの好ましい実施形態では、本発明のパーソナルケア組成物は、皮膚への直接適用で、又は皮膚及び毛髪を清浄、処理、若しくは調湿するための従来の様態で、使用されてもよい。本明細書の組成物は、毛髪及び頭皮、並びに身体の他の領域を清浄又は調湿するために、また処理を必要とする皮膚の他の領域に対して有用である。本発明は、動物の皮膚又は毛髪の処理、清浄、又は調湿のためにも使用されてもよい。毛髪、皮膚、又は身体の他の領域を清浄及び/又は調湿するための有効量の組成物、典型的には、約1g〜約50g、好ましくは約1g〜約20gの組成物は、好ましくは概して水で湿潤された、毛髪、皮膚、又は他の領域に局所的に適用され、次いですすぎ落とされる。毛髪への適用は、典型的には、毛髪全体に組成物を行き渡らせることを含む。
【0076】
コンディショニング剤、及び特にシリコーンが、消費者製品組成物に含まれてよい。本発明の組成物に有用なコンディショニング剤は、典型的には、乳化液体粒子を形成する非水溶性の水分散性不揮発性液体を含む。本組成物に用いるのに好適なコンディショニング剤は、一般にシリコーン(例えば、シリコーンオイル、カチオン性シリコーン、シリコーンガム、屈折率の高いシリコーン、及びシリコーン樹脂)、有機コンディショニングオイル(例えば、炭化水素油、ポリオレフィン、及び脂肪酸エステル)若しくはこれらの組み合わせとして特徴付けられるコンディショニング剤、又はさもなければ本明細書の水性界面活性剤マトリックス中に液状の分散した粒子を形成するコンディショニング剤である。これらのコンディショニング剤は、物理的及び化学的に組成物の必須成分と適合すべきであり、さもなければ過度に製品の安定性、審美性、又は性能を損なうべきではない。
【0077】
組成物中のコンディショニング剤の濃度は、所望のコンディショニング上の利益を提供するために十分であるべきである。このような濃度は、コンディショニング剤、所望のコンディショニング性能、コンディショニング剤粒子の平均粒径、その他の構成成分の種類及び濃度、並びにその他の同様の要因により様々であり得る。
【0078】
シリコーンコンディショニング剤の濃度は、典型的には、約0.01%〜約10%の範囲に及ぶ。好適なシリコーンコンディショニング剤、及びシリコーン用の任意の懸濁化剤の非限定例は、米国再発行特許第34,584号、米国特許第5,104,646号、同第5,106,609号、同第4,152,416号、同第2,826,551号、同第3,964,500号、同第4,364,837号、同第6,607,717号、同第6,482,969号、同第5,807,956号、同第5,981,681号、同第6,207,782号、同第7,465,439号、同第7,041,767号、同第7,217,777号、米国特許出願公開第2007/0286837(A1)号、同第2005/0048549(A1)号、同第2007/0041929(A1)号、英国特許第849,433号、ドイツ特許第10036533号(これらは全て参照により本明細書に組み込まれる)、「Chemistry and Technology of Silicones」(New York:Academic Press(1968))、General Electric社のシリコーンゴム製品データシートSE 30、SE 33、SE 54、及びSE 76、Silicon Compounds,Petrarch Systems,Inc.(1984)、並びに「Encyclopedia of Polymer Science and Engineering」(vol.15,2d ed.,204頁〜308頁,John Wiley & Sons,Inc.(1989))に記載されている。
【0079】
本発明の組成物はまた、コンディショニング剤として、単独で又はシリコーン(本明細書に記載される)のような他のコンディショニング剤と組み合わせて、約0.05%〜約3%の少なくとも1つの有機コンディショニング油を含み得る。好適なコンディショニング油としては、炭化水素油、ポリオレフィン及び脂肪酸エステルが挙げられる。参照により本明細書に組み込まれる米国特許第5,674,478号、及び第5,750,122号におけるProcter & Gamble Companyによって記載されるコンディショニング剤もまた、本明細書における組成物に用いるのに好適である。米国特許第4,529,586号、同第4,507,280号、同第4,663,158号、同第4,197,865号、同第4,217,914号、同第4,381,919号、及び同第4,422,853号に記載されているコンディショニング剤もまた本明細書での使用に好適である。これらは全て本明細書に組み込まれている。
【0080】
本発明の消費者製品組成物はまた、抗ふけ剤を含有していてもよい。好適な、抗ふけ有効成分の非限定的な例としては、抗菌性有効成分、ピリジンチオン塩、アゾール、硫化セレン、微粒子イオウ、角質溶解性酸、サリチル酸、オクトピロックス(ピロクトンオラミン)、コールタール、及びこれらの組み合わせが挙げられる。ピリジンチオン抗ふけ剤は、例えば、米国特許第2,809,971号、米国特許第3,236,733号、米国特許第3,753,196号、米国特許第3,761,418号、米国特許第4,345,080号、米国特許第4,323,683号、米国特許第4,379,753号、及び米国特許第4,470,982号に記載され、これらの特許は全て参照により本明細書に組み込まれる。
【0081】
本発明の消費者製品組成物はまた、保湿剤を含有していてもよい。本明細書における保湿剤は、多価アルコール、水溶性アルコキシル化非イオン性ポリマー、及びこれらの混合物からなる群より選択される。保湿剤は、本明細書において用いる場合、好ましくは約0.1%〜約20%、より好ましくは約0.5%〜約5%の濃度で用いられる。
【0082】
本発明の消費者製品組成物は、非水溶性物質を組成物中に分散された形態に懸濁するために又は組成物の粘度を調整するために有効な濃度の懸濁化剤を更に含んでもよい。このような濃度は、約0.1%〜約10%、好ましくは約0.3%〜約5.0%の範囲にある。
【0083】
本明細書において有用な懸濁化剤には、アニオン性ポリマー及び非イオン性ポリマー(例えば、ビニルポリマー、アシル誘導体、長鎖アミンオキシド、及びこれらの混合物、脂肪酸のアルカノールアミド、長鎖アルカノールアミドの長鎖エステル、グリセリルエステル、少なくとも約16個の炭素原子を有する脂肪アルキル部分を有する一級アミン、各々少なくとも約12個の炭素原子を有する2つの脂肪アルキル部分を有する二級アミン)が含まれる。懸濁化剤の例は、参照により本明細書に組み込まれる米国特許第4,741,855号に記載される。
【0084】
本発明の消費者製品の製剤は、(周囲条件下で)注ぐことができる液体の形態であり得る。そのため、このような組成物は、典型的に水性キャリアを含み、これは約20%〜約95%、より好ましくは約60%〜約85%の濃度で存在するであろう。水性キャリアは、水、又は水と有機溶媒との混和性混合物を含んでもよいが、別様に他の必須の若しくは任意の成分の副成分として組成物に付随的に組み込まれるものを除いて、好ましくは最小濃度若しくは実質的でない濃度の有機溶媒を含む水を含む。
【0085】
本発明で有用なキャリアとしては、水、並びに低級アルキルアルコール類及び多価アルコール類の水溶液が挙げられる。本明細書で有用な低級アルコールは、1〜6個の炭素を有する一価アルコールであり、より好ましくは、エタノール及びイソプロパノールである。本明細書で有用な多価アルコールとしては、プロピレングリコール、ヘキシレングリコール、グリセリン、及びプロパンジオールが挙げられる。
【0086】
消費者製品組成物は、任意追加的に、粒子を含んでいてよい。粒子は、分散した水不溶性粒子であってよい。粒子は、無機、合成、又は半合成であってよい。1つの実施形態では、本粒子は約300μm未満の平均粒径を有する。
【0087】
上記のカチオン性界面活性剤は、高融点脂肪族化合物及び水性キャリアと一緒になって、本発明の組成物中でゲルマトリックスを形成し得る。
【0088】
本ゲルマトリックスは、様々なコンディショニング効果、例えば、濡れた毛髪へ塗布しているときのツルツル感、並びに乾いた毛髪での柔らかさ及びしっとり感をもたらすのに適している。上記ゲルマトリックスを提供することを考慮すると、カチオン性界面活性剤及び高融点脂肪族化合物は、カチオン性界面活性剤の高融点脂肪族化合物に対する重量比が、好ましくは約1:1〜約1:10、より好ましくは約1:1〜約1:6の範囲であるような濃度で含有される。
【0089】
消費者製品組成物は、哺乳類の皮膚の状態及び/又は外観を調節及び/又は改善するのに有用な、少なくとも1つのスキンケア活性物質を含み得る。スキンケア有効成分は、油又は水中で可溶性であり得、主に油相中及び/又は水相中に存在し得る。好適な有効成分には、ビタミン(例えば、約0.001%〜約10%)、ペプチド(例えば、約1×10-7%〜約20%)、糖アミン(例えば、約0.01%〜約15%)、日焼け止め(例えば、約1%〜約20%)、オイルコントロール剤(例えば、約0.0001%〜約15%)、タンニング有効成分(例えば、0.1%〜約20%)、抗ニキビ有効成分(例えば、参照により本明細書に組み込まれる米国特許第5,607,980号、及びPersonal Care Product CouncilのInternational Cosmetic Ingredient Dictionary and Handbook,13th Ed.の「Antiacne Agents」を参照のこと)落屑有効成分(例えば、約0.01%〜約10%)、例えば、参照により本明細書に組み込まれる米国特許第5,681,852号、第5,652,228号を参照のこと)、抗セルライト有効成分(約0.1%〜約10%)、キレート化剤(例えば、参照により本明細書に組み込まれる米国特許第5,487,884号、国際公開第91/16035号及び第91/16034号を参照のこと)、美白剤(例えば、約0.1%〜約10%)、フラボノイド(例えば、参照により本明細書に組み込まれる米国特許第6,235,773号を参照のこと)、プロテアーゼ阻害剤、非ビタミン酸化防止剤及びラジカル・スカベンジャー、毛髪増殖調節剤、抗しわ有効成分、抗萎縮有効成分、鉱物、植物ステロール及び/又は植物ホルモン、チロシナーゼ阻害剤、抗炎症剤、Nアシルアミノ酸化合物、抗菌剤、及び抗カビ剤(例えば、参照により本明細書に組み込まれる米国出願公開第2006/0275237A1号及び第米国特許出願公開第2004/0175347A1号を参照のこと)が含まれるが、これらに限定されない。
【0090】
本発明の界面活性剤はまた、化粧品組成物において、すなわち、目、眉毛、顔、首、胸、唇、手、脚、又は爪の中、それらの上、又はそれらの周囲に用いるのに好適な製品において、使用されてもよい。例示的化粧品製品には、アイライナー、アイシャドウ、アイブローペンシル、マスカラ、アイメーク落とし、つけまつ毛、目の下のコンシーラー、アイクリーム、コンシーラー、補正剤、化粧下地、ほお紅、ブロンザー、ハイライト、シマー、ファンデーション、パウダー、日焼け止め、ブラシ、顔用クリーム、唇用下地、リップペンシル、リップスティック、リップグロス、リップバーム、リップステイン、リップクリーム、及びローションが含まれる。本発明の組成物は、アルキルジメチコンコポリオール、ポリオール、親水性皮膚トリートメント剤、キャリア、増粘剤(固体ワックス、ゲル化剤、無機増粘剤、油溶性ポリマー、脂肪族化合物、及びこれらの混合物のような)、色素、被膜形成剤、防腐剤、ビタミン等のような、これらの組成物中に一般的に見出される物質と組み合わされてもよい。化粧品製品の例は、米国特許第6,325,995号、第6,696,049号、第6,503,495号、第7,270,828号に見出され、これらの特許は全て参照により本明細書に組み込まれる。
【0091】
本発明の消費者製品組成物は、水溶性ビタミン及びそれらの誘導体、水溶性アミノ酸並びにそれらの塩及び/又は誘導体、水不溶性アミノ酸粘度調整剤、染料、不揮発性溶媒又は希釈剤(水溶性及び水不溶性)、真珠光沢助剤、泡促進剤、追加的な界面活性剤又は非イオン性補助界面活性剤、殺シラミ剤、pH調整剤、香料、防腐剤、キレート剤、タンパク質、皮膚活性剤、日焼け止め、UV吸収剤、ビタミン、ナイアシンアミド、カフェイン、並びにミノキシジルのようなビタミン及びアミノ酸もまた含有し得る。
【0092】
本発明の消費者製品組成物はまた、無機、ニトロソ、モノアゾ、ジスアゾ、カロチノイド、トリフェニルメタン、トリアリールメタン、キサンテン、キノリン、オキサジン、アジン、アントラキノン、インジゴイド、チオンインジゴイド、キナクリドン、フタロシアニン、植物、天然の色などの、顔料物質を含有してもよく、それらに含まれるものとして、水溶性の成分であり、C.I.ネームを有するものがある。また、本発明の組成物は、化粧用殺生物剤として有用である抗菌剤を含有してもよい。
【0093】
本発明の消費者製品組成物はまた、キレート剤を含有していてもよい。
【0094】
この前述のパーソナルケア添加剤の一覧は、排他的であることは意図されず、他の構成成分を使用することができる。
【0095】
消費者製品用のパッケージ化
消費者製品の市販される施行物は、紙、厚紙、プラスチック材、及び任意の好適な薄板から製造されるものを含む、任意の好適な容器中にパッケージ化することができる。好ましいパッケージ化施行物は、参照により本明細書に組み込まれる欧州出願第94921505.7号に記載される。
【0096】
補助物質
本発明の目的上必須ではないが、以下に示されている補助の非限定的なリストは、消費者製品に用いるのに好適であり、例えば、クリーニング性能を補助若しくは向上させるために、クリーニングすべき基材の処理のために、又は香料、着色剤、染料及びこれらに類するものを用いる場合のよう消費者製品の審美性を調整するために、望ましくは本発明の特定の実施形態に組み込まれ得る。組み込みに関して上記に引用した任意の材料に加え、補助成分は任意の布地ケア製品及びホームケア製品に任意の濃度で組み込まれる。これらの追加の成分の正確な性質、及びこれらの組み込み濃度は、消費者製品の物理形態、並びに、消費者製品が使用されるクリーニング操作の性質に依存して決まる。好適な補助物質としては、限定するものではないが、界面活性剤、ビルダー、キレート剤、移染防止剤、分散剤、酵素及び酵素安定剤、触媒物質、漂白活性化剤、過酸化水素、過酸化水素源、予備形成済み過酸、ポリマー分散剤、粘土汚れ除去/再付着防止剤、増白剤、泡抑制剤、染料、色相染料、香料、香料送達系、構造伸縮性付与剤、柔軟仕上げ剤、担体、屈水性誘発物質、加工助剤、溶媒、及び/又は顔料が挙げられる。下記の開示に加えて、このような他の添加剤及び使用の濃度の好適な例は、米国特許第5,576,282号、同第6,306,812(B1)号、及び同第6,326,348(B1)号に見られ、これらは参照により組み込まれる。
【0097】
上述のように、補助成分は、出願者らの消費者製品に必須ではない。したがって、出願者らの消費者製品のある種の実施形態は、以下の補助剤材料を1以上含まない:界面活性剤、ビルダー、キレート剤、移染防止剤、分散剤、追加の酵素、及び酵素安定剤、触媒材料、漂白活性剤、過酸化水素、過酸化水素供給源、予形成過酸、分散剤ポリマー、粘土汚れ除去/再付着防止剤、増白剤、抑泡剤、染料、香料、香料送達系、構造弾性化剤、布地用柔軟剤、担体、屈水性誘発物質、加工助剤、溶媒、及び/又は顔料。しかし、1種以上の補助剤が存在する場合、このような1種以上の補助剤は、以下に詳述されるように存在してもよい。
【0098】
適切な布地色相剤
組成物は、布地色相剤を含み得る。好適な布地色相剤には、染料、染料−粘土結合体、及び顔料が含まれる。好適な染料としては、小分子染料及び高分子染料が挙げられる。好適な小分子染料には、ダイレクトブルー、ダイレクトレッド、ダイレクトバイオレット、アシッドブルー、アシッドレッド、アシッドバイオレット、ベーシックブルー、ベーシックバイオレット、及びべーシックレッド、又はこれらの混合物のカラーインデックス(C.I.)分類に区分される染料からなる群から選択される小分子染料が挙げられる。
【0099】
別の態様では、好適な小分子染料には、カラーインデックス(Society of Dyers and Colourists,Bradford,UK)番号ダイレクトバイオレット9、ダイレクトバイオレット35、ダイレクトバイオレット48、ダイレクトバイオレット51、ダイレクトバイオレット66、ダイレクトバイオレット99、ダイレクトブルー1、ダイレクトブルー71、ダイレクトブルー80、ダイレクトブルー279、アシッドレッド17、アシッドレッド73、アシッドレッド88、アシッドレッド150、アシッドバイオレット15、アシッドバイオレット17、アシッドバイオレット24、アシッドバイオレット43、アシッドレッド52、アシッドバイオレット49、アシッドブルー15、アシッドブルー17、アシッドブルー25、アシッドブルー29、アシッドブルー40、アシッドブルー45、アシッドブルー75、アシッドブルー80、アシッドブルー83、アシッドブルー90、及びアシッドブルー113、アシッドブラック1、ベーシックバイオレット1、ベーシックバイオレット3、ベーシックバイオレット4、ベーシックバイオレット10、ベーシックバイオレット35、ベーシックブルー3、ベーシックブルー16、ベーシックブルー22、ベーシックブルー47、ベーシックブルー66、ベーシックブルー75、ベーシックブルー159並びにこれらの混合物からなる群から選択される小分子染料が含まれる。別の一態様において、好適な小分子染料には、カラーインデックス(Society of Dyers and Colourists(Bradford,UK))番号で、アシッドバイオレット17、アシッドバイオレット43、アシッドレッド52、アシッドレッド73、アシッドレッド88、アシッドレッド150、アシッドブルー25、アシッドブルー29、アシッドブルー45、アシッドブルー113、アシッドブラック1、ダイレクトブルー1、ダイレクトブルー71、ダイレクトバイオレット51、及びこれらの混合物からなる群から選択される小分子染料が挙げられる。別の一態様において、好適な小分子染料には、カラーインデックス(Society of Dyers and Colourists(Bradford,UK))番号で、アシッドバイオレット17、ダイレクトブルー71、ダイレクトバイオレット51、ダイレクトブルー1、アシッドレッド88、アシッドレッド150、アシッドブルー29、アシッドブルー113、及びこれらの混合物からなる群から選択される小分子染料が挙げられる。
【0100】
好適なポリマー染料としては、共役色原体を含むポリマー(染料−ポリマー共役体)、ポリマーの骨格に共重合した色原体を有するポリマー、及びこれらの混合物からなる群から選択されるポリマー染料が挙げられる。
【0101】
別の態様では、適切な高分子染料としては、Liquitint(登録商標)(Milliken(Spartanburg,South Carolina,USA))の名称で市販されている布地直接着色剤、及び少なくとも1つの反応染料と、ヒドロキシル部分、一級アミン部分、二級アミン部分、チオール部分、及びこれらの混合物からなる群から選択される部分を含むポリマーからなる群から選択されるポリマーから形成されている染料−ポリマー共役体、からなる群から選択される高分子染料が挙げられる。更に別の態様では、好適なポリマー染料としては、Liquitint(登録商標)(Milliken(Spartanburg,South Carolina,USA))バイオレットCT、リアクティブブルー、リアクティブバイオレット、又はリアクティブレッド染料で共役されているカルボキシメチルセルロース(CMC)Megazyme(Wicklow,Ireland)から商品名AZO−CM−CELLULOSE、商品コードS−ACMCで販売されているC.I.リアクティブブルー19とコンジュゲートしているCMC等のリアクティブブルー、リアクティブ紫、又はリアクティブレッドの染料に共有結合しているカルボキシメチルセルロース(CMC)、アルコキシル化トリフェニール−メタン高分子着色料、アルコキシル化チオフェン高分子着色料、及びこれらの混合物からなる群から選択される高分子染料が挙げられる。
【0102】
好適な染料粘土共役体としては、少なくとも1種のカチオン性/塩基性染料及びスメクタイト粘土、並びにこれらの混合物からなる群から選択される染料粘土共役体が挙げられる。別の態様では、好適な染料粘土共役体としては、以下のC.I.からなる群から選択される1つのカチオン性/塩基性染料からなる群から選択される染料粘土共役体が挙げられる。ベーシックイエロー1〜108、C.I.ベーシックオレンジ1〜69、C.I.ベーシックレッド1〜118、C.I.ベーシックバイオレット1〜51、C.I.ベーシックブルー1〜164、C.I.ベーシックグリーン1〜14、C.I.ベーシックブラウン1〜23、CIベーシックブラック1〜11、及びモンモリロナイト粘土、ヘクトライト粘土、サポナイト粘土、及びそれらの組み合わせからなる群から選択される粘土。また別の態様では、好適な染料粘土共役体として、モンモリロナイトベーシックブルーB7 C.I.42595共役体、モンモリロナイトベーシックブルーB9 C.I.52015共役体、モンモリロナイトベーシックバイオレットV3 C.I.42555共役体、モンモリロナイトベーシックグリーンG1 C.I.42040共役体、モンモリロナイトベーシックレッドR1 C.I.45160共役体、モンモリロナイトC.I.ベーシックブラック2共役体、ヘクトライトベーシックブルーB7 C.I.42595共役体、ヘクトライトベーシックブルーB9 C.I.52015共役体、ヘクトライトベーシックバイオレットV3 C.I.42555共役体、ヘクトライトベーシックグリーンG1 C.I.42040共役体、ヘクトライトベーシックレッドR1 C.I.45160共役体、ヘクトライトC.I.ベーシックブラック2共役体、サポナイトベーシックブルーB7 C.I.42595共役体、サポナイトベーシックブルーB9 C.I.52015共役体、サポナイトベーシックバイオレットV3 C.I.42555共役体、サポナイトベーシックグリーンG1 C.I.42040共役体、サポナイトベーシックレッドR1 C.I.45160共役体、サポナイトC.I.ベーシックブラック2共役体及びこれらの混合物、からなる群から選択される染料粘土共役体が挙げられる。
【0103】
好適な顔料としては、フラバントロン、インダントロン、1〜4個の塩素原子を有する塩素化インダントロン、ピラントロン、ジクロロピラントロン、モノブロモジクロロピラントロン、ジブロモジクロロピラントロン、テトラブロモピラントロン、ペリレン−3,4,9,10−テトラカルボン酸ジイミド(イミド基は置換されていないか、あるいは、C1−C3−アルキル若しくはフェニル又は複素環式ラジカルで置換されていてもよく、このフェニル及び複素環式ラジカルは更に、水溶性を付与しない置換基を有していてもよい)、アントラピリミジンカルボン酸アミド、ビオラントロン、イソビオラントロン、ジオキサジン顔料、銅フタロシアニン(1分子当たり2個以下の塩素原子を有していてもよい)、ポリクロロ−銅フタロシアニン、又はポリブロモクロロ−銅フタロシアニン(1分子当たり14個以下の臭素原子を有する)、及びこれらの混合物からなる群より選択される顔料が挙げられる。
【0104】
別の態様では、好適な顔料として、ウルトラマリンブルー(C.I.顔料ブルー29)、ウルトラマリンバイオレット(C.I.顔料バイオレット15)及びそれらの混合物が含まれる。
【0105】
上記布地色相剤は、組み合わせて使用することができる(布地色相剤の任意の混合物を使用することができる)。好適な布地色相剤は、Aldrich(Milwaukee,Wisconsin,USA)、Ciba Specialty Chemicals(Basel,Switzerland)、BASF(Ludwigshafen,Germany)、Dayglo Color Corporation(Mumbai,India)、Organic Dyestuffs Corp.(East Providence,Rhode Island,USA)、Dystar(Frankfurt,Germany)、Lanxess(Leverkusen,Germany)、Megazyme(Wicklow,Ireland)、Clariant(Muttenz,Switzerland)、Avecia(Manchester,UK)から購入することができ、及び/又は、本明細書に含まれている実施例に従って製造することができる。好適な色相剤は、米国特許第7,208,459(B2)号に詳細が記述されている。
【0106】
カプセル剤
組成物は、カプセル剤を含み得る。一態様では、カプセル剤は、コア、内面及び外面を有するシェルを含み、前記シェルは、前記コアをカプセル化する。
【0107】
このカプセル剤の一態様では、このコアは、香料、増白剤、染料、防虫剤、シリコーン、ワックス、香味料、ビタミン、布地用柔軟剤、スキンケア剤、一態様ではパラフィン、酵素、抗菌剤、漂白剤、感覚剤、及びこれらの混合物なる群から選択された材料を含むことができ、並びにこのシェルはポリエチレン、ポリアミド、ポリスチレン、ポリイソプレン、ポリカーボネート、ポリエステル、ポリアクリレート、アミノ樹脂、一態様では、アミノ樹脂は、ポリウレア、ポリウレタン、及び/又はポリウレアウレエタン(一態様では、ポリウレアにはポリオキシメチレンウレア、及び/又はメラミンホルムアルデヒドを含み得る)、ポリオレフィン、多糖(一態様では、多糖にはアルギネート及び/又はキトサンを含み得る)、ゼラチン、セラック、エポキシ樹脂、ビニルポリマー、水溶性無機物、シリコーン、及びこれらの混合物からなる群から選択された材料を含むことができる。
【0108】
このカプセル剤の一態様では、このコアは香料を含んでよい。
【0109】
このカプセル剤の一態様では、このシェルはメラミンホルムアルデヒド、及び/又は架橋したメラミンホルムアルデヒドを含んでよい。
【0110】
一態様では、コア材料及びシェルを含むことができ、このシェルがこのコア材料を少なくとも部分的に取り囲む、好適なカプセル剤が開示される。このカプセル剤の少なくとも75%、85%、又は更には90%は、約0.2MPa〜約10MPa、約0.4MPa〜約5MPa、約0.6MPa〜約3.5MPa、又は更には約0.7MPa〜約3MPaの破壊強度、並びに0%〜約30%、0%〜約20%、又は更には0%〜約5%の有益剤漏出率を有し得る。
【0111】
一態様では、このカプセル剤の少なくとも75%、85%、又は更には90%は、約1マイクロメートル〜約80マイクロメートル、約5マイクロメートル〜60マイクロメートル、約10マイクロメートル〜約50マイクロメートル、又は更には約15マイクロメートル〜約40マイクロメートルの粒径を有し得る。
【0112】
一態様では、少なくとも75%、85%、又は更には90%の前記カプセル剤は、約30nm〜約250nm、約80nm〜約180nm又は更には約100nm〜約160nmの粒子壁厚を有し得る。
【0113】
一態様では、前記カプセル剤のコア材料は、香料原料、並びに/又は、植物油(純粋な及び/又はブレンドされた植物油(ヒマシ油(caster oil)、ココナッツ油、綿実油、ブドウ油、菜種、大豆油、コーン油、パーム油、亜麻仁油、ベニバナ油、オリーブ油、ピーナッツ油、ココナッツ油、パーム核油、ヒマシ油(castor oil)、レモン油、及びこれらの混合物を含む)を含む);植物油のエステル、エステル(ジブチルアジパート、ジブチルフタレート、ブチルベンジルアジパート、ベンジルオクチルアジパート、トリクレシルホスフェート、トリオクチルホスフェート、及びこれらの混合物を含む);直鎖若しくは分枝鎖炭化水素(約80℃を超える沸点を有する直鎖若しくは分枝鎖炭化水素を含む);部分水素化テルフェニル、ジアルキルフタレート、アルキルビフェニル(モノイソプロピルビフェニルを含む)、アルキル化ナフタレン(ジプロピルナフタレンを含む)、石油スピリット(ケロシン、鉱油、及びこれらの混合物を含む)、芳香族溶媒(ベンゼン、トルエン、及びこれらの混合物を含む)、シリコーン油、並びにこれらの混合物から成る群から選択される材料を含んでもよい。
【0114】
一態様では、このカプセル剤の壁材料は、アルデヒドとアミンの反応生成物などの好適な樹脂を含んでもよく、好適なアルデヒドとしてはホルムアルデヒドが挙げられる。好適なアミンには、メラミン、尿素、ベンゾグアナミン、グリコールウリル、及びこれらの混合物が挙げられる。好適なメラミンには、メチロールメラミン、メチル化メチロールメラミン、イミノメラミン及びこれらの混合物が挙げられる。好適な尿素には、ジメチロール尿素、メチル化ジメチロール尿素、尿素−レゾルシノール、及びこれらの混合物が挙げられる。
【0115】
一態様では、好適なホルムアルデヒドスカベンジャーは、封入体(例えばカプセルスラリー)と共に採用することができ、及び/又は、封入体をこのような消費者製品に加える前に、加えるときに、又は加えた後に選択することができる。
【0116】
好適なカプセル剤は、米国特許第2008/0305982(A1)号、及び/又は同第2009/0247449(A1)号の教示に従うことにより、製造することができる。あるいは、好適なカプセル剤は、Appleton Papers Inc.(Appleton,Wisconsin USA)から購入することもできる。
【0117】
加えて、前述のカプセル剤を製造するための材料は、Solutia Inc.(St Louis,Missouri U.S.A.)、Cytec Industries(West Paterson,New Jersey U.S.A.)、sigma−Aldrich(St.Louis,Missouri U.S.A.)、CP Kelco Corp.(San Diego,California,USA)、BASF AG(Ludwigshafen,Germany)、Rhodia Corp.(Cranbury,New Jersey,USA)、Hercules Corp.(Wilmington,Delaware,USA)、Agrium Inc.(Calgary,Alberta,Canada)、ISP(New Jersey U.S.A.)、Akzo Nobel(Chicago,IL,USA)、Stroever Shellac Bremen(Bremen,Germany)、Dow Chemical Company(Midland,MI,USA)、Bayer AG(Leverkusen,Germany)、Sigma−Aldrich Corp.(St.Louis,Missouri,USA)から入手することができる。
【0118】
ポリマー
消費者製品は1つ以上のポリマーを含み得る。実施例には、カルボキシメチルセルロース、ポリ(ビニル−ピロリドン)、ポリ(エチレングリコール)、ポリ(ビニルアルコール)、ポリ(ビニルピリジン−N−オキシド)、ポリ(ビニルイミダゾール)、ポリアクリル酸塩等のポリカルボン酸塩、マレイン酸/アクリル酸コポリマー、及びメタクリル酸ラウリル/アクリル酸コポリマーがある。
【0119】
消費者製品は、以下の一般構造を有する化合物のような1又はそれより多くの両親媒性の洗浄ポリマーを含み得る:ビス((C25O)(C24O)n)(CH3)−N+〜Cx2x−N+−(CH3)−ビス((C25O)(C24O)n)、式中n=20〜30、及びx=3〜8、又はその硫酸化若しくはスルホン化された変種である。
【0120】
消費者製品は、布地及び表面からグリース粒子を除去するように、親水性と疎水性の特性が釣り合っている両親媒性アルコキシル化グリース洗浄ポリマーを含み得る。本発明の両親媒性アルコキシル化グリース洗浄ポリマーの具体的な実施形態は、コア構造と、そのコア構造に結合した複数のアルコキシレート基と、を含む。これらは、好ましくは内側ポリエチレンオキシドブロック及び外側ポリプロピレンオキシドブロックを有するアルコキシル化ポリアルキレンイミンを含み得る。
【0121】
カルボン酸塩ポリマー:本発明の消費者製品はまた、マレエート/アクリレートランダムコポリマー又はポリアクリレートホモポリマーなどのカルボン酸塩ポリマーを1つ以上含んでもよい。1つの態様において、カルボキシレートポリマーは、4,000Da〜9,000Da、又は6,000Da〜9,000Daの分子量を有するポリアクリレートホモポリマーである。
【0122】
防汚ポリマー:本発明の消費者製品はまた、以下の式(V)、(VI)又は(VII)の1つにより定義される構造を有する防汚ポリマーを1つ以上含んでもよい:
(V)−[(OCHR1−CHR2a−O−OC−Ar−CO−]d
(VI)−[(OCHR3−CHR4b−O−OC−sAr−CO−]e
(VII)−[(OCHR5−CHR6c−OR7f
式中、
a、b、及びcは、1〜200であり、
d、e、及びfは、1〜50であり、
Arは、1,4−置換フェニレンであり、
sArは、位置5をSO3Meにより置換された、1,3−置換フェニレンであり;
Meは、Li、K、Mg/2、Ca/2、Al/3、アンモニウム、モノ−、ジ−、トリ−、若しくはテトラアルキルアンモニウム(アルキル基は、C1〜C18アルキル又はC2〜C10ヒドロキシアルキルである)、又はこれらの混合物であり、
1、R2、R3、R4、R5、及びR6は、独立して、H、又はC1〜C18 n−若しくはイソ−アルキルから選択され;
7は、直鎖若しくは分枝鎖C1〜C18アルキル、又は直鎖若しくは分枝鎖C2〜C30アルケニル、又は炭素原子を5〜9個有するシクロアルキル基、又はC8〜C30アリール基、又はC6〜C30アリールアルキル基である。
【0123】
好適な防汚ポリマーは、Rhodiaにより供給されているRepel−o−tex SF、SF−2及びSRP6が挙げられるRepel−o−texポリマーなどのポリエステル防汚ポリマーである。他の好適な防汚ポリマーとしては、Clariantにより供給されているTexcare SRA100、SRA300、SRN100、SRN170、SRN240、SRN300及びSRN325などのTexcareポリマーが挙げられる。他の好適な防汚ポリマーは、Sasolにより供給されているMarloquest SLなどのMarloquestポリマーである。
【0124】
セルロース系ポリマー:本発明の消費者製品はまた、アルキルセルロース、アルキルアルコキシルセルロース、カルボキシアルキルセルロース、アルキルカルボキシアルキルセルロースから選択されるものなどのセルロース系ポリマーを1つ以上含んでもよい。一態様では、セルロース系ポリマーは、カルボキシメチルセルロース、メチルセルロース、メチルヒドロキシエチルセルロース、メチルカルボキシメチルセルロース及びこれらの混合物を含む群から選択される。一態様では、カルボキシメチルセルロースは、0.5〜0.9のカルボキシメチル置換度と、100,000Da〜300,000Daの分子量とを有する。
【0125】
酵素
消費者製品は、洗浄性能及び/又は布地ケア効果を提供する1つ以上の酵素を含むことができる。好適な酵素の例としては、ヘミセルラーゼ、ペルオキシダーゼ、プロテアーゼ、セルラーゼ、キシラナーゼ、リパーゼ、ホスホリパーゼ、エステラーゼ、クチナーゼ、ペクチナーゼ、マンナナーゼ、ペクテートリアーゼ、ケラチナーゼ、レダクターゼ、オキシダーゼ、フェノールオキシダーゼ、リポキシゲナーゼ、リグニナーゼ、プルラナーゼ、タンナーゼ、ペントサナーゼ、マラナーゼ、β−グルカナーゼ、アラビノシダーゼ、ヒアルロニダーゼ、コンドロイチナーゼ、ラッカーゼ及びアミラーゼ、又はこれらの混合物が挙げられるが、これらに限定されない。典型的な組み合わせは、例えば、プロテアーゼ及びリパーゼをアミラーゼとともに含んでよい酵素反応混液である。前記追加の酵素は、消費者製品中に存在する場合、消費者製品の約0.00001重量%〜約2重量%、約0.0001重量%〜約1重量%、又は更には約0.001重量%〜約0.5重量%の酵素タンパク質の濃度で存在してよい。
【0126】
一態様では、好ましい酵素としてはプロテアーゼが挙げられる。好適なプロテアーゼとしては、メタロプロテアーゼ及びセリンプロテアーゼが挙げられ、後者にはサブチリシン(EC 3.4.21.62)などの、中性又はアルカリ性微生物セリンプロテアーゼが挙げられる。好適なプロテアーゼとしては、動物、植物、又は微生物由来のものが挙げられる。1つの態様では、このような好適なプロテアーゼは、微生物由来のものであってよい。好適なプロテアーゼとしては、前述の好適なプロテアーゼの化学的に又は遺伝的に改変された変異体が挙げられる。1つの態様では、好適なプロテアーゼは、アルカリ性微生物プロテアーゼ又は/及びトリプシン型プロテアーゼ等のセリンプロテアーゼであり得る。好適な中性又はアルカリ性プロテアーゼの例としては、以下のものが挙げられる。
(a)サブチリシン(EC 3.4.21.62)(Bacillus lentus、B.alkalophilus、B.subtilis、B.amyloliquefaciens、Bacillus pumilus及びBacillus gibsoniiなどのBacillusから誘導されたものを含む)(米国特許第6,312,936(B1)号、同第5,679,630号、同第4,760,025号、同第7,262,042号及び国際公開第09/021867号に記載)。
(b)トリプシン(例えばブタ又はウシ由来)などのトリプシン型又はキモトリプシン型プロテアーゼ(PCT国際公開特許89/06270号に記述されているフサリウムプロテアーゼ、及び同05/052161号及び同05/052146に記述されているCellumonasに由来するキモトリプシンプロテアーゼを含む)。
(c)メタロプロテアーゼ(国際公開第07/044993(A2)号に記述されているBacillus amyloliquefaciensから誘導されたものを含む)。
【0127】
好ましいプロテアーゼとしては、Bacillus gibsonii又はBacillus Lentusから誘導されるものが挙げられる。
【0128】
好適な市販のプロテアーゼ酵素としては:Novozymes A/S(Denmark)より、Alcalase(登録商標)、Savinase(登録商標)、Primase(登録商標)、Durazym(登録商標)、Polarzyme(登録商標)、Kannase(登録商標)、Liquanase(登録商標)、Liquanase Ultra(登録商標)、Savinase Ultra(登録商標)、Ovozyme(登録商標)、Neutrase(登録商標)、Everlase(登録商標)及びEsperase(登録商標)の商品名で販売されているもの、Genencor Internationalより、Maxatase(登録商標)、Maxacal(登録商標)、Maxapem(登録商標)、Properase(登録商標)、Purafect(登録商標)、Purafect Prime(登録商標)、Purafect Ox(登録商標)、FN3(登録商標)、FN4(登録商標)、Excellase(登録商標)及びPurafect OXP(登録商標)の商品名で販売されているもの、Solvay Enzymesより、Opticlean(登録商標)及びOptimase(登録商標)の商品名で販売されているもの、Henkel/Kemiraより入手可能なもの、すなわちBLAP(以下の変異S99D+S101R+S103A+V104I+G159Sを有する、米国特許第5,352,604号の図29で示される配列、以降BLAPとして参照する)、BLAP R(S3T+V4I+V199M+V205I+L217Dを有するBLAP)、BLAP X(S3T+V4I+V205Iを有するBLAP)及びBLAP F49(S3T+V4I+A194P+V199M+V205I+L217Dを有するBLAP)、並びに花王のKAP(変異A230V+S256G+S259Nを有するBacillus alkalophilusのサブチリシン)が挙げられる。
【0129】
好適なアルファ−アミラーゼとしては、細菌又は真菌由来のものが挙げられる。化学的に又は遺伝的に改変された突然変異体(変異体)が含まれる。好ましいアルカリ性α−アミラーゼはバチルスの菌種から、例えば、バチルス・リケニフォルミス、バチルス・アミロリケファシエンス、バチルス・ステアロサーモフィルス、バチルス・サブチルス、又は他のバチラス種、例えばバチルス種NCIB 12289、NCIB 12512、NCIB 12513、DSM 9375(米国特許第7,153,818号)、DSM 12368、DSMZ no.12649、KSM AP1378(国際公開第97/00324号)、KSM K36又はKSM K38(欧州特許第1,022,334号)に由来する。好ましいアミラーゼには次のものが挙げられる。
(a)国際公開第94/02597号、同第94/18314号、同第96/23874号、及び同第97/43424号に記載の変異体、特に、国際公開第96/23874号の配列番号2としてリストされた酵素に対して、以下の位置:15、23、105、106、124、128、133、154、156、181、188、190、197、202、208、209、243、264、304、305、391、408及び444のうちの1つ以上が置換された変異体。
(b)米国特許第5,856,164号及び国際公開第99/23211号、同第96/23873号、同第00/60060号、及び同第06/002643号に記載の変異型、特に国際公開第06/002643号で配列番号12として記載のAA560酵素に対して、以下の位置のうちの1つ以上が置換された変異体:
26、30、33、82、37、106、118、128、133、149、150、160、178、182、186、193、203、214、231、256、257、258、269、270、272、283、295、296、298、299、303、304、305、311、314、315、318、319、339、345、361、378、383、419、421、437、441、444、445、446、447、450、461、471、482、484。(c)Bacillus SP722からの野生型酵素である、国際公開06/002643号のSEQ ID No.4と少なくとも90%の同一性を呈する変異体、特に、位置183及び184で欠失を有する変異体、並びに、本明細書に参照により組み込まれる国際公開WO 0/60060号に記載の変異体。
(d)バチルス種707(米国特許第6,093,562号の配列番号7)からの野生型酵素と少なくとも95%の同一性を呈する変異体、特に以下の変異M202、M208、S255、R172及び/又はM261を1つ以上含むもの。好ましくはこのアミラーゼは、M202L、M202V、M202S、M202T、M202I、M202Q、M202W、S255N及び/又はR172Qのうちの1つ以上を含む。特に好ましくは、M202L又はM202T突然変異を含むものである。
【0130】
好適な市販のα−アミラーゼとしては、DURAMYL(登録商標)、LIQUEZYME(登録商標)、TERMAMYL(登録商標)、TERMAMYL ULTRA(登録商標)、NATALASE(登録商標)、SUPRAMYL(登録商標)、STAINZYME(登録商標)、STAINZYME PLUS(登録商標)、FUNGAMYL(登録商標)及びBAN(登録商標)(Novozymes A/S、Bagsvaerd、Denmark)、KEMZYM(登録商標)AT 9000(Biozym Biotech Trading GmbH:Wehlistrasse 27b A−1200 Wien Austria)、RAPIDASE(登録商標)、PURASTAR(登録商標)、ENZYSIZE(登録商標)、OPTISIZE HT PLUS(登録商標)及びPURASTAR OXAM(登録商標)(Genencor International Inc.(Palo Alto:California))及びKAM(登録商標)(花王:日本、103−8210、東京都中央区日本橋茅場町1丁目14番10号)が挙げられる。一態様では、好適なアミラーゼとしては、NATALASE(登録商標)、STAINZYME(登録商標)及びSTAINZYME PLUS(登録商標)、並びにこれらの混合物が挙げられる。
【0131】
一態様では、このような酵素は、米国特許第6,939,702(B1)号及び米国特許出願第2009/0217464号に記載されるもののような「第1サイクルリパーゼ」を含むリパーゼからなる群から選択されてよい。一態様では、リパーゼは第1洗浄用リパーゼであり、好ましくはT231R及びN233R変異を含む、子嚢菌(Thermomyces lanuginosus)由来の野生型リパーゼの変異体である。野生型配列は、Swissprotのアクセッション番号Swiss−Prot O59952の、(サーモマイセス・ラヌギノサス(フミコーラ・ラヌギノサ(Humicola lanuginosa))由来の)269個のアミノ酸(アミノ酸23〜291)である。好ましいリパーゼとしては、商品名Lipex(登録商標)及びLipolex(登録商標)で販売されているものが挙げられる。
【0132】
一態様では、他の好ましい酵素は、エンド−β−1,4−グルカナーゼ活性を示す微生物由来のエンドグルカナーゼ(E.C.3.2.1.4)であって、米国特許第7,141,403B2号のアミノ酸配列番号2と少なくとも90%、94%、97%、及び更には99%同一性を有する配列を有する、バチルス属のメンバーに対して内因性の細菌ポリペプチドを含むもの、及びそれらの混合物を含む。好適なエンドグルカナーゼは、商品名Celluclean(登録商標)及びWhitezyme(登録商標)(Novozymes A/S(Bagsvaerd,Denmark))として販売されている。
【0133】
その他の好ましい酵素としては、Pectawash(登録商標)、Pectaway(登録商標)、Xpect(登録商標)(いずれもNovozymes A/S(Bagsvaerd,Denmark))の商品名で販売されているペクチン酸リアーゼ、並びに、Mannaway(登録商標)(Novozymes A/S(Bagsvaerd,Denmark))、及びPurabrite(登録商標)(Genencor International Inc.(Palo Alto,California)の商品名で販売されているマンナナーゼが挙げられる。
【0134】
漂白剤
本発明の消費者製品は、1つ以上の漂白剤を含んでもよい。漂白触媒以外の適切な漂白剤としては、光漂白剤、漂白活性化剤、過酸化水素、過酸化水素源、予備形成過酸、及びこれらの混合物が挙げられる。一般に、漂白剤を使用する場合には、本発明の消費者製品は、本発明の消費者製品の約0.1重量%〜約50重量%、又は更には約0.1重量%〜約25重量%の漂白剤を含み得る。適切な漂白剤の例としては、以下のものが挙げられる。
(1)光漂白剤、例えば、スルホン化亜鉛フタロシアニン、スルホン化アルミニウムフタロシアニン、キサンテン染料、及びこれらの混合物;
(2)予備形成済み過酸、適切な予備形成済み過酸としては、過カルボン酸及び塩、過炭酸及び塩、ペルイミド酸及び塩、ペルオキシ一硫酸及び塩(例えばOxone(登録商標)など)、並びに、これらの混合物からなる群から選択される化合物が挙げられるが、これらに限らない。適切な過カルボン酸としては、化学式R−(C=O)O−O−Mを有する疎水性及び親水性過酸が挙げられる(式中、Rはアルキル基であり、所望により、分枝状であり、過酸が疎水性の場合には、6〜14個の炭素原子、又は8〜12個の炭素原子を有し、過酸が親水性の場合には、6個未満の炭素原子、又は更には4個未満の炭素原子を有し、Mは、対イオン(例えば、ナトリウム、カリウム又は水素)である;
(3)アルカリ金属塩、例えば、過ホウ酸塩(通常は、一又は四水和物)、過炭酸塩、過硫酸塩、過リン酸塩、過ケイ酸塩、及びこれらの混合物のナトリウム塩を含む、過酸化水素供給源(例えば、無機過酸化水素化塩類)。本発明の一態様では、無機過酸化水素化塩類は、過ホウ酸塩、過炭酸塩、及びこれらの混合物のナトリウム塩からなる群から選択される。採用される場合、無機過水和物塩は、典型的には、布地ケア製品及びホームケア製品全体の0.05〜40重量%、又は1〜30重量%の量で存在し、典型的にはコーティングされ得る結晶質の固体として布地ケア製品及びホームケア製品に組み込まれる。好適なコーティングとしては、無機塩(アルカリ金属ケイ酸塩、炭酸塩若しくはホウ酸塩、又はこれらの混合物など)、又は有機物質(水溶性若しくは分散性ポリマー、ワックス、油又は脂肪石鹸など)が挙げられる;及び、
(4)R−(C=O)−Lを有する漂白活性化剤(式中、Rはアルキル基であり、所望により分枝状であり、漂白活性化剤が疎水性の場合には、6〜14個の炭素原子、又は8〜12個の炭素原子を有し、漂白活性化剤が親水性の場合、6個未満の炭素原子、又は更に4個未満の炭素原子を有し、Lは脱離基である)。好適な脱離基の例は、安息香酸及びそれらの誘導体−特にベンゼンスルホネートである。好適な漂白活性化剤としては、ドデカノイルオキシベンゼンスルホネート、デカノイルオキシベンゼンスルホネート、デカノイルオキシ安息香酸又はその塩、3,5,5−トリメチルヘキサノイルオキシベンゼンスルホネート、テトラアセチルエチレンジアミン(TAED)及びノナノイルオキシベンゼンスルホネート(NOBS)が挙げられる。好適な漂白活性化剤はまた、国際公開第98/17767号に開示されている。いかなる好適な漂白活性化剤を使用してもよいが、本発明の一態様では、本消費者製品は、NOBS、TAED又はこれらの混合物を含んでもよい。
【0135】
存在する場合、過酸及び/又は漂白活性剤は、概して、布地ケア製品及びホームケア製品に基づき約0.1〜約60重量%、約0.5〜約40重量%、又は更には約0.6〜約10重量%の量で消費者製品中に存在する。1つ以上の疎水性の過酸又はそれらの前駆体は、1つ以上の親水性過酸又はそれらの前駆体と組み合わせて使用してもよい。
【0136】
過酸化水素源及び過酸又は漂白活性化剤の量は、有効酸素(過酸化物源からのもの)と過酸とのモル比が1:1〜35:1、又は更に2:1〜10:1になるように選択してもよい。
【0137】
界面活性剤:本発明による消費者製品は、界面活性剤又は界面活性剤系を含んでもよく、界面活性剤は、非イオン性界面活性剤、アニオン性界面活性剤、カチオン性界面活性剤、両性界面活性剤、双極性界面活性剤、半極性非イオン性界面活性剤及びこれらの混合物から選択され得る。存在する場合、界面活性剤は、典型的には、本消費者製品の約0.1重量%〜約60重量%、約1重量%〜約50重量%、又は更には約5重量%〜約40重量%の濃度で存在する。
【0138】
好適なアニオン性洗浄界面活性剤としては、サルフェート及びスルホネート洗浄界面活性剤が挙げられる。
【0139】
好適なスルホネート洗浄界面活性剤としては、一態様では、C10〜13アルキルベンゼンスルホネートなどの、アルキルベンゼンスルホネートが挙げられる。好適なアルキルベンゼンスルホネート(LAS)は、市販の直鎖アルキルベンゼン(LAB)をスルホン化することによって得てよく、好適なLABとしては、SasolからSASOLAB(登録商標)の商品名で供給されているもの、又は、PetresaからPetrelab(登録商標)の商品名で供給されているもののような低級2−フェニルLABが挙げられ、その他の好適なLABとしては、SasolからHyblene(登録商標)の商品名で供給されているもののような高級2−フェニルLABが挙げられる。好適なアニオン性洗浄性界面活性剤は、DETAL触媒プロセスによって得られるアルキルベンゼンスルホネートであるが、HFのようなその他の合成ルートも好適である場合がある。
【0140】
好適なサルフェート洗浄界面活性剤としては、アルキルサルフェート、一態様では、C8〜18アルキルサルフェート、又は主にC12アルキルサルフェートが挙げられる。
【0141】
別の好適なサルフェート洗浄界面活性剤は、アルキルアルコキシル化サルフェートであり、一態様ではアルキルエトキシル化サルフェートであり、一態様ではC8〜18アルキルアルコキシル化サルフェートであり、別の態様ではC8〜18アルキルエトキシル化サルフェートであり、典型的にはアルキルアルコキシル化サルフェートは、0.5〜20、又は0.5〜10の平均アルコキシル化度を有し、典型的にはアルキルアルコキシル化サルフェートは、0.5〜10、0.5〜7、0.5〜5、又は更には0.5〜3の平均エトキシル化度を有するC8〜18アルキルエトキシル化サルフェートである。
【0142】
アルキルサルフェート、アルキルアルコキシル化サルフェート及びアルキルベンゼンスルホネートは、直鎖又は分枝鎖であってもよく、置換又は非置換であってもよい。
【0143】
洗浄界面活性剤は、中鎖分枝状洗浄界面活性剤であってもよく、一態様では中鎖分枝状アニオン性洗浄界面活性剤であり、一態様では中鎖分枝状アルキルサルフェート及び/又は中鎖分枝状アルキルベンゼンスルホネート、例えば、中鎖分枝状アルキルスルホネートである。一態様では、中鎖分枝は、C1〜4アルキル基、典型的にはメチル及び/又はエチル基である。
【0144】
糖アミド界面活性剤を他の非イオン性の洗浄性界面活性剤と組み合わせることも、有利である場合がある。好適な追加的非イオン性洗浄界面活性剤は、Shell製のNEODOL(登録商標)非イオン性界面活性剤などのC8〜C18アルキルエトキシレート;アルコキシレート単位がエチレンオキシ単位、プロピレンオキシ単位又はこれらの混合物であり得る、C6〜C12アルキルフェノールアルコキシレート;BASF製のPluronic(登録商標)などの、エチレンオキシド/プロピレンオキシドブロックポリマーとの、C12〜C18アルコール縮合物及びC6〜C12アルキルフェノール縮合物;C14〜C22中鎖分枝状アルコール;典型的には平均1〜30のアルコキシル化度を有するC14〜C22中鎖分枝状アルキルアルコキシレート;アルキル多糖、一態様ではアルキルポリグルコシド;ポリヒドロキシ脂肪酸アミド;エーテル末端保護ポリ(オキシアルキル化)アルコール界面活性剤;並びにこれらの混合物からなる群から選択される。
【0145】
好適な非イオン性洗浄界面活性剤としては、アルキルポリグルコシド及び/又はアルキルアルコキシル化アルコールが挙げられる。
【0146】
一態様では、非イオン性洗浄界面活性剤としては、アルキルアルコキシル化アルコール、一態様ではC8〜18アルキルアルコキシル化アルコール、例えば、C8〜18アルキルエトキシル化アルコールが挙げられ、このアルキルアルコキシル化アルコールは、1〜50、1〜30、1〜20、又は1〜10の平均アルコキシル化度を有し得る。一態様では、このアルキルアルコキシル化アルコールは、1〜10、又は1〜7、更には1〜5、又は3〜7の平均エトキシル化度を有する、C8〜18アルキルエトキシル化アルコールであってもよい。アルキルアルコキシル化アルコールは、直鎖又は分枝鎖であってもよく、置換又は非置換であってもよい。
【0147】
好適なカチオン性洗浄性界面活性剤としては、アルキルピリジニウム化合物、アルキル四級アンモニウム化合物、アルキル四級ホスホニウム化合物、アルキル三級スルホニウム化合物、及びこれらの混合物が挙げられる。
【0148】
好適なカチオン性洗浄界面活性剤は、一般式VIIIを有する第四級アンモニウム化合物である:
(VIII) (R8)(R9)(R10)(R11)N+-
式中、R8は直鎖又は分枝鎖、置換又は非置換の、C6〜18アルキル又はアルケニル部分であり、R9及びR10は、独立して、メチル又はエチル部分から選択され、R11は、ヒドロキシル、ヒドロキシメチル、又はヒドロキシエチル部分であり、Xは、電気的中性を提供するアニオンであり、好適なアニオンとしては、例えば、塩化物といったハロゲン化物、サルフェート、及びスルホネートが挙げられる。好適なカチオン性洗浄界面活性剤は、モノC6〜18アルキルモノヒドロキシエチルジメチル第四級アンモニウムクロリドである。非常に好適なカチオン性洗浄界面活性剤は、モノ−C8〜10アルキルモノヒドロキシエチルジメチル四級アンモニウムクロリド、モノ−C10〜12アルキルモノヒドロキシエチルジメチル四級アンモニウムクロリド、及びモノ−C10アルキルモノヒドロキシエチルジメチル四級アンモニウムクロリドである。
【0149】
ビルダー:本発明の消費者製品は、1つ以上の洗剤ビルダー又はビルダー系を含んでもよい。ビルダーを使用する場合、本消費者製品は、典型的には本消費者製品の少なくとも約1重量%、約2重量%〜約60重量%、又は更には約5重量%〜約10重量%のビルダーを含む。組成物は、更にはビルダーを実質的に含まなくてもよく、「実質的に含まない」は、ゼオライト及び/又はリン酸塩が「意図的に添加されていない」ことを意味する。典型的なゼオライトビルダーとしては、ゼオライトA、ゼオライトP及びゼオライトMAPが挙げられる。典型的なリン酸塩ビルダーは、トリポリリン酸ナトリウムである。
【0150】
キレート剤:本明細書の消費者製品は、キレート剤を含有してもよい。好適なキレート剤としては、銅、鉄及び/又はマンガンキレート剤、並びにこれらの混合物が挙げられる。キレート剤を使用する場合、本消費者製品は、本消費者製品の約0.005重量%〜約15重量%、又は更には約3.0重量%〜約10重量%のキレート剤を含み得る。好適なキレート剤としては、DTPA(ジエチレントリアミン五酢酸)、HEDP(ヒドロキシエタンジホスホン酸)、DTPMP(ジエチレントリアミンペンタ(メチレンホスホン酸))、1,2−ジヒドロキシベンゼン−3,5−ジスルホン酸二ナトリウム塩水和物、エチレンジアミン、ジエチレントリアミン、エチレンジアミン二コハク酸(EDDS)、N−ヒドロキシエチルエチレンジアミン三酢酸(HEDTA)、トリエチレンテトラアミン六酢酸(TTHA)、N−ヒドロキシエチルイミノ二酢酸(HEIDA)、ジヒドロキシエチルグリシン(DHEG)、エチレンジアミンテトラプロピオン酸(EDTP)、及びこれらの誘導体が挙げられる。
【0151】
移染防止剤:本発明の消費者製品はまた、1つ以上の移染防止剤を含んでもよい。好適な高分子移染防止剤としては、ポリビニルピロリドンポリマー、ポリアミンN−オキシドポリマー、N−ビニルピロリドンとN−ビニルイミダゾールのコポリマー、ポリビニルオキサゾリドン及びポリビニルイミダゾール又はこれらの混合物が挙げられるが、これらに限定されない。本消費者製品中に存在する場合、移染防止剤は、消費者製品の約0.0001重量%〜約10重量%、約0.01重量%〜約5重量%、又は更には約0.1重量%〜約3重量%の濃度で存在し得る。
【0152】
増白剤:本発明の消費者製品は、クリーニングされる物品に色付けることのできる追加成分(蛍光増白剤など)も含有することができる。
【0153】
組成物は、C.I.蛍光増白剤260を、以下の構造を有するα−結晶質形態で、含み得る。
【0154】
【化4】
【0155】
一態様において、増白剤は、α−結晶質形態のC.I.蛍光増白剤260などの冷水可溶性増白剤である。
【0156】
一態様では、増白剤は、主にα−結晶質形態にあり、これは、典型的には少なくとも50重量%、少なくとも75重量%、少なくとも90重量%、少なくとも99重量%又は実質的に全てのC.I.蛍光増白剤260がα−結晶質形態にあることを意味する。
【0157】
増白剤は、典型的には、3〜30マイクロメートル、3マイクロメートル〜20マイクロメートル、又は3〜10マイクロメートルの範囲内の重量平均一次粒径を有する、微粉化粒子形態にすることができる。
【0158】
組成物は、β−結晶質形態のC.I.蛍光増白剤260を含んでもよく、(i)α−結晶質形態のC.I.蛍光増白剤260の、(ii)β−結晶質形態のC.I.蛍光増白剤260に対する、重量比率は、少なくとも0.1又は少なくとも0.6であり得る。
【0159】
好適な蛍光増白剤の濃度は、下限の約0.01重量%、約0.05重量%、約0.1重量%、更には約0.2重量%から、上限の0.5重量%、更には0.75重量%までを含む。
【0160】
漂白触媒
本発明の消費者製品は、ペルオキシ酸及び/又はその塩から酸素原子を受け取って、その酸素原子を酸化可能な基材に移動させることができる1つ以上の漂白触媒も含んでよい。好適な漂白触媒としては、米国特許出願公開第2007/0173430(A1)号に記載されているように、イミニウムカチオン及びポリイオン、イミニウム双性イオン、修飾されたアミン、修飾されたアミンオキシド、N−スルホニルイミン、N−ホスホニルイミン、N−アシルイミン、チアジアゾールジオキシド、ペルフルオロイミン、環状糖ケトン、並びにこれらの混合物が挙げられるが、これらに限定されない。
【0161】
別の態様では、洗濯洗剤組成物は漂白成分を含み、この漂白成分は、0以下、−0.5以下、−1.0以下、−1.5以下、−2.0以下、−2.5以下、−3.0以下、又は更には−3.5以下のlogPo/wを有する。logPo/wを判定するための方法は、以下でより詳細に説明する。
【0162】
典型的には、漂白成分は、0.01〜約0.30、好ましくは0.05〜約0.25、又は更により好ましくは約0.10〜0.20のXSOを有する漂白種を生成することが可能である。XSOを判定するための方法は、以下でより詳細に説明する。例えば、イソキノリニウム構造を有する漂白成分は、オキサジリジニウム構造を有する漂白種を生成することが可能である。この例では、XSOは、オキサジリジニウム漂白種のものである。
【0163】
理論に束縛されるものではないが、本発明者らは、この上述の記載のように求電子性及び疎水性を制御することによって、実質的に、より疎水性の布地領域であり、かつ高度に求電子性の酸化剤による漂白を受けやすい、可視発色団を含めた電子豊富な汚れを含む布地領域のみに、漂白成分を供給することが可能になると考える。
【0164】
一態様では、漂白触媒は、以下の一般式IXによる構造を有する:
【0165】
【化5】
式中、R13は、2−エチルヘキシル、2−プロピルへプチル、2−ブチルオクチル、2−ペンチルノニル、2−ヘキシルデシル、n−ドデシル、n−テトラデシル、n−ヘキサデシル、n−オクタデシル、イソ−ノニル、イソ−デシル、イソ−トリデシル及びイソ−ペンタデシルである。
【0166】
logPo/wを判定する方法
logPo/wを決定するための方法は、Brooke,D.N.,Dobbs,A.J.,Williams,N,Ecotoxicology and Environmental Safety(1986)11(3):251頁〜260頁に記載されている。
【0167】
Xsoを判定する方法
パラメータXsoを決定するための方法は、Adam,W.,Haas,W.,Lohray,B.B.Journal of the American Chemical Society(1991)113(16)6202頁〜6208頁に記載されている。
【0168】
ケイ酸塩
本発明の消費者製品はまた、ケイ酸ナトリウム又はケイ酸カリウムなどのケイ酸塩を含有することができる。組成物は、0重量%〜10重量%未満、9重量%以下、又は8重量%以下、又は7重量%以下、又は6重量%以下、又は5重量%以下、又は4重量%以下、又は3重量%以下、又は更には2重量%以下のケイ酸塩、好ましくは0重量%超又は5重量%以上、又は更には1重量%以上のケイ酸塩を含み得る。好適なケイ酸塩は、ケイ酸ナトリウムである。
【0169】
分散剤
本発明の消費者製品はまた、分散剤を含有することができる。好適な水溶性有機物質としては、ホモポリマー又はコポリマーの酸又はそれらの塩が挙げられ、それらのうちのポリカルボン酸は、互いに炭素原子2個を超えない程度に離れている少なくとも2個のカルボキシル基を含む。
【0170】
酵素安定剤
消費者製品に用いられる酵素は、様々な技法により安定化させることができる。本明細書に用いられる酵素は、カルシウムイオン及び/又はマグネシウムイオンを酵素に供給する最終布地ケア製品及びホームケア製品中に、それらのイオンの水溶性供給源を存在させることよって安定化させることができる。プロテアーゼを含む水性消費者製品の場合、可逆的プロテアーゼ阻害剤、例えばホウ酸塩、又は好ましくは4−ホルミルフェニルボロン酸、フェニルボロン酸及びその誘導体などのホウ素化合物、又はギ酸カルシウム、ギ酸ナトリウム及び1,2−プロパンジオールなどの化合物を添加して安定性を更に改善できる。
【0171】
触媒金属錯体
本出願人らの組成物は、触媒金属錯体を含んでもよい。金属含有漂白触媒の1つの種類は、銅、鉄、チタン、ルテニウム、タングステン、モリブデン、又はマンガンのカチオンのような、漂白触媒活性の限定された遷移金属陽イオン、亜鉛又はアルミニウムのカチオンのような、漂白触媒活性をほとんど又は全くもたない補助金属カチオン、並びに触媒金属及び補助金属のカチオンに対して限定された安定度定数を有する金属イオン封鎖剤、特にエチレンジアミン四酢酸、エチレンジアミンテトラ(メチレンホスホン酸)及びそれらの水溶性の塩類を含む触媒系である。このような触媒は、米国特許第4,430,243号に開示されている。
【0172】
所望する場合、本明細書の組成物はマンガン化合物を用いて触媒可能である。このような化合物及び使用濃度は当該技術分野で周知であり、例えば、米国特許第5,576,282号に開示されるマンガン系触媒が挙げられる。
【0173】
本明細書において有用なコバルト漂白触媒は既知であり、例えば、米国特許第5,597,936号、米国特許第5,595,967号に記載されている。そのようなコバルト触媒は、例えば米国特許第5,597,936号及び同第5,595,967号の教示のように、既知の手順により容易に調製される。
【0174】
本明細書の組成物は、また、配位子の遷移金属錯体(例えば、ビスピドン(bispidone)(国際公開第05/042532(A1)号)及び/又は大多環状剛性配位子(「MRL」と略される)を適切に含んでもよい。実際問題として、限定するためではないが、本明細書の組成物及び方法は、水性洗浄媒体において、少なくとも1億分の1のオーダーの活性MRL種を提供するように調整することができ、通常、約0.005ppm〜約25ppm、約0.05ppm〜約10ppm、又は更に約0.1ppm〜約5ppmのMRLを洗浄溶液中に提供する。
【0175】
本遷移金属漂白触媒における好適な遷移金属としては、例えばマンガン、鉄及びクロムが挙げられる。好適なMRLとしては、5,12−ジエチル−1,5,8,12−テトラアザビシクロ[6.6.2]ヘキサデカンが挙げられる。
【0176】
好適な遷移金属MRLは、既知の手順、例えば、国際公開第00/32601号、及び米国特許第6,225,464号にて教示される手順によって容易に調製される。
【0177】
溶媒
適切な溶媒としては、水及び他の親油性流体である溶媒が挙げられる。好適な親油性流体の例としては、シロキサン、その他のシリコーン、炭化水素、グリコールエーテル、例えばグリセリンエーテルなどのグリセリン誘導体、ペルフルオロ化アミン、ペルフルオロ化及びハイドロフルオロエーテル溶媒、低揮発性の非フッ素化有機溶媒、ジオール溶媒、環境に優しいその他の溶媒、並びにこれらの混合物が挙げられる。
【0178】
消費者製品の製造プロセス
本発明の消費者製品は任意の好適な形状で配合可能であり、配合者により選択される任意のプロセスによって調製可能であり、それらの非限定例は、出願者らの実施例、及び米国特許第4,990,280号、米国特許出願公開第2003/0087791(A1)号、同第2003/0087790(A1)号、同第2005/0003983(A1)号、同第2004/0048764(A1)号、米国特許第4,762,636号、同第6,291,412号、米国特許出願公開第2005/0227891(A1)号、欧州特許第1070115(A2)号、米国特許第5,879,584号、同第5,691,297号、同第5,574,005号、同第5,569,645号、同第5,565,422号、同第5,516,448号、同第5,489,392号、同第5,486,303号に記載されており、これらの全ては参照により本案件に組み込まれる。
【0179】
使用方法
本発明は、ある場所、とりわけ表面又は布地をクリーニング及び/又は処理する方法を含む。一態様では、上記表面若しくは布地を任意に洗浄する工程及び/又はすすぐ工程、上記表面若しくは布地を本明細書に開示される任意の消費者製品と接触させて、次いで任意に上記表面若しくは布地を洗浄及び/又はすすぐ工程、を含む、前記方法が開示される。
【0180】
本明細書で使用するとき、用語「洗浄すること」には、限定するものではないが、こすること、及び機械的に撹拌することが含まれる。このような表面又は布地を乾燥させることは、家庭環境又は工業環境のいずれかで採用される、一般的な手段のうちの任意の1つにより実行することができる。このような手段としては、限定するものではないが、太陽光、赤外光、紫外光及びマイクロ波照射が挙げられる電磁放射線の存在下又は非存在下で、5〜0.01気圧の圧力下、室温又は高温での、強制空気又は静止空気乾燥が挙げられる。一態様では、上記乾燥は、アイロンを使用することで室温を超える温度で達成することができる。この場合、例えば上記布地は比較的短時間又は更には長時間にわたってアイロンと直接接触させてよく、ここで、圧力は、重力による常圧を超えるものであってよく、あるいは常圧であってよい。他の態様では、上記乾燥は乾燥機を用いることで、室温を超える温度で達成することができる。布地を乾燥させるための装置は周知であり、衣類乾燥機としてしばしば参照される。衣類に加えて、このような電化製品はタオル、シート、枕カバー、おむつなどの多くの他の物品を乾燥させるためにも使用され、このような装置は、世界の多くの国で、実質的に、布地を乾燥させるための物干し用ロープを使用する代わりになる、一般的で便利なものとして受け入れられている。今日使用されているほとんどの乾燥機は、布地が乾燥機内で回転しているときに、熱風に布地上を通過させ及び/又は熱風に布地を透過させる。空気は例えば電気的に、ガスの炎により、又は更にはマイクロ波照射のいずれかにより加熱することができる。このような空気は、約15℃〜約400℃、約25℃〜約200℃、約35℃〜約100℃、又は更には約40℃〜約85℃に加熱することができ、表面及び/又は布地を乾燥させるために乾燥機で使用される。当業者に理解されるように、本発明の洗浄組成物は理想的には洗濯用途に用いるのに適している。それゆえに、本発明は布地を洗濯する方法を含む。この方法は、洗濯されるべき布地を本出願の洗浄組成物の少なくとも1つの実施形態、洗浄添加剤又はこれらの混合物を含む上記洗浄洗濯溶液と接触させる工程を含む。布地は、標準的な消費者又は組織の使用条件で洗濯することが可能なほとんどの任意の布地を含み得る。溶液のpHは、約8〜約10.5であるのが好ましい。組成物は、溶液中で約500ppm〜約15,000ppmの濃度で用いてもよい。水温は、典型的には約5℃〜約90℃の範囲である。水対布地の比率は典型的には、約1:1〜約30:1である。
【0181】
手作業機械食器洗い方法
汚れた食卓用食器類、特に汚れた銀製食器類を機械洗浄(washing)又は洗浄(cleaning)するための任意の好適な方法が想定される。
【0182】
好ましい液体の手による食器洗浄方法は、水を入れた容器中へ洗剤組成物を溶解させるか、又は液体の手による食器洗浄洗剤組成物を、汚れた食卓用食器類上へ直接適用するかの、いずれかを伴う。
【0183】
好ましい機械食器洗い方法は、瀬戸物、ガラス製品、深い食器類、銀製食器、及び食卓用金物並びにこれらの混合物から選択される汚れた物品を、本発明に従ってその中に溶解又は分散された本明細書の有効量の機械食器洗い用組成物を有する水性液体で処理する工程を含む。有効量の機械食器洗い用組成物とは、従来の機械食器洗い方法において一般的に用いられる典型的な製品用量及び洗浄溶液容量であるように、3〜10リットルの容量の洗浄溶液中に溶解又は分散した8g〜60gの製品を意味する。
【0184】
硬質表面を清浄する
本明細書に記載される組成物を使用して、木材、セラミック、ガラス、大理石、磁器、グラウト、又はコンクリートのような硬質表面を洗浄するための任意の好適な方法が想定される。幾つかの実施形態では、有効量の本発明の洗剤組成物が、硬質表面に直接適用される。
【実施例】
【0185】
実施例1:N−メチルグルカミンの合成
160mlのパーリアクターを、ラネーニッケル(2.7g、D−グルコースに基づいて15重量%、Grace 4200)及び水(20g)で満たした。リアクターを封止して、2MPa(300PSI)のN2で3回パージをして、その後、2MPa(300PSI)のH2で3回パージをした。次にリアクターを、2MPa(300PSI)のH2で満たし、その時点から、400RPMで撹拌を開始し、100〜110℃に加熱して1時間継続する。リアクター及びその内容物を10℃以下に外部冷却により冷やした。撹拌速度を100RPMに落とし、且つ0.7MPa(100PSI)以下にベントした。次に、D−グルコース(45g、40%水溶液、100ミリモル、Amresco)を、更に、メチルアミン(15.37g、40%水溶液、150ミリモル、Aldrich)を、HPLCポンプを介して流速5ml/分で加えた。その間、温度を約10℃に維持した。リアクターを3.1MPa(450PSI)のH2で満たし、撹拌速度を400RPMに上げ、30分以上、室温まで温めた。次に、リアクターを、35℃で18時間、50℃で1時間、75℃で1時間、そして最後に100℃で1時間外部加熱した。その間、圧力は、2〜3.4MPa(300〜500PSI)H2に維持された。リアクターを室温に冷やし、ベントして、2MPa(300PSI)のN2で3回パージした。内容物を濾過し、減圧下で、70℃のロータリーエバポレーター上で脱水した。得られた固形分を、還流用メタノール(35ml)に溶解し、室温で18時間静置し、白色の固形分を得た。この固形分を濾過し、乾燥して、12.2g(収率62.5%)を得た。2mgの検体を、99:1のBSTFA+TMCS(0.5ml、Supelco,Sylon BFT)により、ピリジン(1.5ml、Aldrich BioTech Grade)内で、70〜80℃で30分間誘導体化して、GC分析を実行した。物質の保持時間は、Aldrichの基準にあっており、面積率で99%の純粋な生成物を示した。
【0186】
実施例2:N−メチルキシラミンの合成
実施例1の手順の後、D−グルコースの代わりにD−キシロース(22.5g、150ミリモル、Spectrum)と50%の水とを用いた。粗生成物を脱水した後、得られた混合物をエタノール(100ml)で希釈し、40℃のロータリーエバポレーター上で脱水した。室温では固化しない、粘稠な黄色いシロップ剤がその結果得られた(24.5g、99%収率、実施例1に記載した誘導体化を用いたGCによる96.4%の生成物)。この黄色いシロップ剤を、メタノール(1当量)で希釈し、タイプ4Aの分子ふるいにかけて貯蔵した。
【0187】
実施例3:N−ドデカノイル−N−メチルグルカミン(C12−NMG)の合成
N−メチルグルカミン(40g、205ミリモル、Aldrich)、メチル−ラウレート(44.7g、208ミリモル、Aldrich)、及びメタノール(17g、反応物質に基づいて20重量%)のスラリーを、80℃まで、N2雰囲気下で加熱した。その温度に達したら、ナトリウムメトキシド(メタノール中25%の4.4g、20.5ミリモル、Aldrich)を加えて反応させた。80℃で30分以下撹拌し、均質な溶液を得て、その溶液から余分のメタノールを、短行程蒸留で取り除いた。80℃で追加的に30分加熱を続け、その後、90℃で2時間加熱を続けた。次に反応混合物50℃まで冷やし、200mlのメタノールを10分間かけて加えて均質な溶液を得た。この溶液を冷やし、室温で18時間にわたり静置して、白色の沈澱を得た。この沈殿を濾過により回収して乾燥させた(62.4g、収率80.7%、実施例1に記載の誘導体化を用いたGCにより98.9%の生成物)。
【0188】
実施例4:N−ドデカノイル−N−メチルキシラミン(C12−NMX)の合成
N−メチルキシラミン(56.3重量%メタノール溶液の14.9g、50.8ミリモル)をN−メチルグルカミンの代わりにして、且つメチル−ラウレート(12g、95%、52.3ミリモル)を用いて、実施例3の手順を用いた。90℃で2時間撹拌した後、粗生成物を追加的に1時間、最終的な圧力が20mm Hgとなるよう真空下で撹拌し、黄褐色のペーストを得た(17.3g、収率99%、実施例1に記載の誘導体化を用いたGCにより97.7%生成物)。
【0189】
実施例5:N−ドデカノイル−(3−メチルアミノ−1、2−プロパンジオール)(C12−NMGly)の合成
実施例3の手順を実行したが、3−メチルアミノ−1,2−プロパンジオール(16.3g、76.2ミリモル、Aldrich)を、N−メチルグルカミンの代わりに用いた。90℃で2時間撹拌した後、粗生成物を結晶皿に注ぎ、一晩、固化させた。得られた固形分を室温(RT)で、真空下24時間にわたり乾燥させ、白色の固形分を得た。この固形分は、更なる精製をすることなく用いられた(21.7g、収率99%、実施例1に記載の誘導体化を用いたGCにより99%生成物)。
【0190】
実施例6:HOSBOを1−ブテンとメタセシスさせることによる改質大豆油の調製
反応は、アルゴン雰囲気下で、オーブンで乾燥させたガラス容器内で実行された。1,2−ジクロロエタン及び高オレイン大豆油を、4A分子ふるいにかけて貯蔵し、使用前にアルゴンで脱気した。高オレイン大豆油(HOSBO)504gを、1000ml容量の、丸底の三口フラスコに加え、撹拌棒、熱電対、ガス分散チューブ、及びゴム製ストッパをセットした。1−ブテンを泡にして、55g/時の割合で油の中を通した。10分後、1,2−ジクロロエタン(2.0ml)に溶かしたHoveyda−Grubbs 2nd Gen触媒(491mg)を、シリンジを介して加えた。得られた反応混合物を、4時間撹拌した。漂白粘土(BASF F−160、50g、25g、及び12g)を用いた処理を続けて3回、各処理間に漂白粘土を濾過しながら実施することで、触媒を反応混合物から取り除いた。得られた改質油からオレフィンを、真空蒸留により取り除き、331gの改質大豆油を得た。
【0191】
実施例7:HOSBOを1−ペンテンとメタセシスさせることによる改質大豆油の調製
反応は、アルゴン雰囲気下で、オーブンで乾燥させたガラス容器内で実行された。1,2−ジクロロエタン及び高オレイン大豆油を、4A分子ふるいにかけて貯蔵し、使用前にアルゴンで脱気した。高オレイン大豆油(606g)を、2000ml容量の、丸底の三口フラスコに加え、撹拌棒、熱電対、及びデュワー冷却器をセットした。デュワー冷却器をエチレングリコールで満たし、ドライアイス片を加えて、デュワー冷却器を冷たい状態、温度約−5℃に保った。1−ペンテン(205g)を加え、得られた反応混合物を35℃に加熱した。一旦加熱したら、1,2−ジクロロエタン(2.0ml)に溶かしたHoveyda−Grubbs 2nd Gen触媒(592mg)をゆっくり、シリンジを介して加えた。触媒を加えると、反応混合物は42℃まで発熱し、ガスを放出した。反応混合物を2.5時間にわたり撹拌し、室温まで冷やした。漂白粘土(BASF F−160、50g、25g、及び12g)を用いた処理を続けて3回、各処理間に漂白粘土を濾過しながら実施することで、触媒を反応混合物から取り除いた。得られた改質油からオレフィンを、真空蒸留により取り除き、449gの改質大豆油を得た。
【0192】
実施例8:HOSBOを1−ヘキセンとメタセシスさせることによる改質大豆油の調製
反応は、アルゴン雰囲気下で、オーブンで乾燥させたガラス容器内で実行された。1,2−ジクロロエタン及び高オレイン大豆油を、4A分子ふるいにかけて貯蔵し、使用前にアルゴンで脱気した。高オレイン大豆油(612g)を、2000ml容量の、丸底の三口フラスコに加え、次に、撹拌棒、熱電対、及びデュワー冷却器をセットした。デュワー冷却器をエチレングリコールで満たし、ドライアイス片を加えて、デュワー冷却器を冷たい状態、温度約−5℃に保った。1−ヘキセン(260g)を加え、得られた反応混合物を40℃に加熱した。一旦加熱したら、1,2−ジクロロエタン(2.0ml)に溶かしたHoveyda−Grubbs 2nd Gen触媒(609mg)をゆっくり、シリンジを介して加えた。触媒を加えると、反応混合物は45℃まで発熱し、ガスを放出した。反応混合物を2.5時間にわたり撹拌し、室温まで冷やした。漂白粘土(BASF F−160、50g、25g、及び12g)を用いた処理を続けて3回、各処理間に漂白粘土を濾過しながら実施することで、触媒を反応混合物から取り除いた。得られた改質油からオレフィンを、真空蒸留により取り除き、447gの改質大豆油を得た。
【0193】
実施例9:HOSBOを1−ヘプテンとメタセシスさせることによる改質大豆油の調製
反応は、アルゴン雰囲気下で、オーブンで乾燥させたガラス容器内で実行された。1,2−ジクロロエタン及び高オレイン大豆油を、4A分子ふるいにかけて貯蔵し、使用前にアルゴンで脱気した。高オレイン大豆油(604g)を、2000ml容量の、丸底の三口フラスコに加え、撹拌棒、熱電対、及びデュワー冷却器をセットした。デュワー冷却器をエチレングリコールで満たし、ドライアイス片を加えて、デュワー冷却器を冷たい状態、温度約−5℃に保った。1−ヘプテン(294g)を加え、得られた反応混合物を45℃に加熱した。一旦加熱したら、1,2−ジクロロエタン(2.0ml)に溶かしたHoveyda−Grubbs 2nd Gen触媒(604mg)をゆっくり、シリンジを介して加えた。触媒を加えると、反応混合物は50℃まで発熱し、ガスを放出した。反応混合物を2.5時間にわたり撹拌し、室温まで冷やした。漂白粘土(BASF F−160、50g、25g、及び12g)を用いた処理を続けて3回、各処理間に漂白粘土を濾過しながら実施することで、触媒を反応混合物から取り除いた。得られた改質油からオレフィンを、真空蒸留により取り除き、473gの改質大豆油を得た。
【0194】
実施例10:メチルドデク−9−エノアートの調製
アルゴン雰囲気下で、実施例6の改質大豆油(332g)を、1000ml容量の、丸底の三口フラスコに加え、撹拌棒、冷却器、及び熱電対をセットした。MeOH(135g)を加え、得られた反応混合物を65℃に加熱した。一旦加熱したら、NaOMe(25重量%溶液の8.9g)をゆっくり加え、得られた反応混合物を16時間撹拌した。得られた反応混合物を室温に冷やし、分液漏斗に移して、2時間静置した。底層を取り除き、ヘキサン(500ml)を、上層のエステル層に加えた。次にこれを水(2×225ml)及び塩水(225ml)で洗浄した。有機層を、MgSO4上で乾燥し、溶媒をロータリーエバポレーターで取り除いて粗生成物を得て、それを真空蒸留により精製した。トランス異性体とシス異性体の混合物が、GC面積比で測定した91.7%の純度の、透明な油が23.7g得られた。
【0195】
実施例11:メチルトリデク−9−エノアートの調製
実施例10の手順を以下の修正を加えて実行した。実施例7の改質大豆油(449g)を用いた。2000ml容量の、三口フラスコを用いた。NaOMe(25重量%溶液の14.6g)を用いた。トランス異性体とシス異性体の混合物が、GC面積比で測定した92.4%の純度の、透明な油が47.9g得られた。
【0196】
実施例12:メチルテトラデク−9−エノアートの調製
実施例10の手順を以下の修正を加えて実行した。実施例8の改質大豆油(447g)を用いた。2000ml容量の、三口フラスコを用いた。NaOMe(25重量%溶液の14.6g)を用いた。トランス異性体とシス異性体の混合物が、GC面積比で測定した92.5%の純度の、透明な油が35.0g得られた。
【0197】
実施例13:メチルペンタデク−9−エノアートの調製
実施例10の手順を以下の修正を加えて実行した。実施例9の改質大豆油(473g)を用いた。2000ml容量の、三口フラスコを用いた。NaOMe(25重量%溶液の14.6g)を用いた。蒸留後、得られた物質を、まずはヘキサンを用いて、次に希釈用ヘキサン中20%の酢酸エチルを用いて、シリカプラグに通した。トランス異性体とシス異性体の混合物が、GC面積比で測定した87.2%の純度の、透明な油が30.5g得られた。
【0198】
実施例14:N−(9−ドデセノイル)−N−メチルグルカミン(C12−ene−NMG)の合成
実施例10のメチルドデク−9−エノアート(11.5g、50.5ミリモル)を用いて、実施例3の手順を実行した。40mlのエタノールから室温で再結晶させ、白色の沈殿を得た。この沈殿を濾過により回収して乾燥させた(9.9g、収率52.6%、実施例1に記載の誘導体化を用いたGCにより97%の生成物)。
【0199】
実施例15:N−(9−トリデセノイル)−N−メチルグルカミン(C13−ene−NMG)の合成
実施例11のメチルトリデク−9−エノアート(17.5g、90.3ミリモル)を用いて、実施例3の手順を実行した。50mlのエタノールから−10℃で再結晶させ、白色の沈殿を得た。この沈殿を濾過により回収して乾燥させた(14.7g、収率42.7%、実施例1に記載の誘導体化を用いたGCにより94.7%の生成物)。
【0200】
実施例16:N−(9−テトラデセノイル)−N−メチルグルカミン(C14−ene−NMG)の合成
実施例12のメチルテトラデク−9−エノアート(15.0g、62.5ミリモル)を用いて、実施例3の手順を実行した。50mlのエタノールから−10℃で再結晶させ、白色の沈殿を得た。この沈殿を濾過により回収して乾燥させた(14.1g、収率55.9%、実施例1に記載の誘導体化を用いたGCにより94.4%の生成物)。
【0201】
実施例17:N−(9−ペンタデセノイル)−N−メチルグルカミン(C15−ene−NMG)の合成
実施例13のメチルペンタデク−9−エノアート(12.0g、47.2ミリモル)を用いて、実施例3の手順を実行した。25mlのエタノールから−10℃で再結晶させ、白色の沈殿を得た。この沈殿を濾過により回収して乾燥させた(16.9g、収率84.8%、実施例1に記載の誘導体化を用いたGCにより95.3%の生成物)。
【0202】
実施例18:N−(9−ドデセノイル)−N−メチルキシラミン(C12−ene−NMX)の合成
実施例10のメチルドデク−9−エノアート(11.5g、50.5ミリモル)を用いて、実施例4の手順を実行し、黄色のペーストを得た(19.0g、収率97%、実施例1に記載の誘導体化を用いたGCにより95.2%の生成物)。
【0203】
実施例19:N−(9−トリデセノイル)−N−メチルキシラミン(C13−ene−NMX)の合成
実施例11のメチルトリデク−9−エノアート(20g、88.5ミリモル)を用いて、実施例4の手順を実行し、黄色のペーストを得た(31.6g、収率99%、実施例1に記載の誘導体化を用いたGCにより97.7%の生成物)。
【0204】
実施例20:N−(9−テトラデセノイル)−N−メチル−キシラミン(C14−ene−NMX)の合成
実施例12のメチルテトラデク−9−エノアート(15.0g、62.5ミリモル)を用いて、実施例4の手順を実行し、黄褐色のペーストを得た(23.5g、収率100%、実施例1に記載の誘導体化を用いたGCにより96.5%の生成物)。
【0205】
実施例21:N−(9−ペンタデセノイル)−N−メチル−キシラミン(C15−ene−NMX)の合成
実施例13のメチルペンタデク−9−エノアート(12.0g、47.2ミリモル)を用いて、実施例4の手順を実行し、黄褐色のペーストを得た(18.4g、収率100%、実施例1に記載の誘導体化を用いたGCにより96.3%の生成物)。
【0206】
実施例22:C12−NMG:C12−NMX混合試料の調製
見出しにある物質のブレンド(その割合は重量比)の1gの試料を、個々の物質を適切な量だけ計量し、ガラス製のバイアル瓶内で、メタノール(15ml)とともに混合して、調製した。ガラス製バイアル瓶を、室温で20分間超音波処理して、均質な溶液を得た。得られた溶液を、65mm×125mmの結晶皿に注ぎ、室温で2時間かけて、フード気流の下で溶媒を蒸発させた。得られた固形分を、室温で、フード内で追加的に48時間にわたり乾燥させた。得られた固形分を、50℃で6時間、室温で18時間、真空オーブン内で乾燥させ、粉砕し、再び真空オーブンを用いて、同じ条件で乾燥させた。次に得られた試料を、窒素下のガラス製バイアル瓶に貯蔵し、熱的特性を分析する前に10日間、室温で熟成させた。
【0207】
実施例23:C12−NMG:C12−NMGly混合試料の調製
見出しの物質を用いて、50℃ではなく室温で真空乾燥することで、実施例22の手順を実行した。次に試料を、10℃で10日間、熟成させた。
【0208】
実施例24:C12−ene−NMG:C12−ene−NMX混合試料の調製
見出しの物質を用いて、50℃ではなく室温で真空乾燥することで、実施例22の手順を実行した。次に試料を、10℃で10日間、熟成させた。
【0209】
実施例25:C15−ene−NMG:C15−ene−NMX混合試料の調製
見出しの物質を用いて、50℃ではなく室温で真空乾燥することで、実施例22の手順を実行した。次に試料を、10℃で10日間、熟成させた。
【0210】
実施例26:C12/14−NMG:NMX:セルロース系不純物混合試料の調製
D−グルコースの代わりに、セルロース系物質(22.5g、150ミリモル)が50%含まれた水由来のC5/C6糖の混合物を用いて実施例1の手順を実行した。粗生成物を脱水した後、得られた混合物をエタノール(100ml)で希釈し、40℃のロータリーエバポレーター上で脱水する。室温では固化しない、粘稠な黄色いシロップ剤がその結果得られる。この黄色いシロップ剤を、メタノール(1当量)で希釈し、タイプ4Aの分子ふるいにかけて貯蔵する。Procter & Gamble Chemicals社から市販のC12/C14脂肪酸メチルエステル(CE1270(登録商標))を用いて、実施例4の手順を実行して、界面活性剤混合物を生成する。
【0211】
実施例27:C12−NMG:C12−NMX混合試料の視覚的融点決定
Kimax−51毛管(サイズ:1.5〜1.8×90mm)を、実施例22に記載のC12−NMG:C12−NMX混合試料で満たし、1/2インチ以下の試料台を得た。Tomas Hoover毛管融点装置を用いて、融点を視覚的に決定した。開始融点(MP)は、初期の白色不透明固形物が、透明なゲルへの移行を完了した時の温度(℃)として定義される。終了融点(MP)は、透明なゲルが液体に移行する時の温度(℃)として定義される。個別具体のブレンド試料に対して、以下の融点が観察された:
C12−NMG:C12−NMX混合試料:
【0212】
【表1】
【0213】
100%のC12−NMG及び100%のC12−NMXそれぞれの、視覚的融点により測定された物理的熱的特性が、上に提示されたデータ内に見出せる。ここで観察される初期融点は、Zhuらによって言及された融点に非常にぴったりと対応している。Zhuらは、90.5〜91.5℃の値をC12−NMGに対して観察し、74〜75℃の値をC12−NMXに対して観察した。Zhuら、及び、Laughlin R.G.,The Aqueous Phase Behavior of Surfactants,Academic Press,Inc.Sand Diego,CA,1994年、303頁によるこの初期融点は、「結晶質状態が消滅する温度であり、その結果生成する液体状態は、等方性又はサーモトロピック液晶性のいずれかである。」C12−NMGが、C12−NMXのような、より短い出発糖又はポリオール基に基づく物質と混合される場合には、物理的熱的特性が、C12−NMG又はC12−NMXの一方よりも改善される。この改善は、約40〜90%のC12−NMXの範囲で、C12−NMG:C12−NMX系の開始融点が、C12−NMG又はC12−NMXの一方のそれより低い値に低下することによって示される。
【0214】
実施例28:C12−NMG:C12−NMGly混合試料の視覚的融点決定
実施例23に記載のC12−NMG:C12−NMGly混合試料を用いて、実施例27の手順を実行した。
C12−NMG:C12−NMGly混合試料:
【0215】
【表2】
【0216】
100%のC12−NMG及び100%のC12−NMGlyそれぞれの、視覚的融点により測定された物理的熱的特性が、上に提示されたデータ内に見出せる。ここで観察される初期融点は、Zhuらによって言及された融点に非常にぴったりと対応している。Zhuらは、90.5〜91.5℃の値をC12−NMGに対して観察し、40〜40.5℃の値をC12−NMGlyに対して観察した。C12−NMGが、C12−NMGlyのような、より短い出発糖又はポリオール基に基づく物質と混合される場合には、物理的熱的特性が、C12−NMG又はC12−NMGlyの一方よりも改善される。この改善は、約75%のC12−NMGlyで、C12−NMG:C12−NMGly系の開始融点及び終了融点の両方が、C12−NMG又はC12−NMGlyの一方のそれより低い値に低下することによって示される。
【0217】
実施例29:C12−NMG:C12−NMX混合試料の、DSCを介した熱転移決定
Tzero密閉蓋つきパンを、10〜15mg以下の、実施例22に記載の混合物質試料で満たした。直接走査式クーロメータ、DSC Q2000 V24.9を用いて、熱転移を決定した。DSCは、目視ではわからない場合もある物質内の相転移を検知することができる。以下の温度プロファイルが用いられて、データを得た:室温を20℃/分で−20℃まで冷やし、−20℃を160℃に20℃/分で上げる。T切片は、1つのピークの当初の曲線の外挿法により推定された傾きが、当該ピークの内挿法により推定された基準線に交差する温度として定義される。Tピークマックスは、所与の曲線のピーク(変曲点)における温度として定義される。以下に示すように、試料のいくつかは、複数のピークを示した。
C12−NMG:C12−NMX混合試料:
温度のプログラム:室温から−20℃に20℃/分で、−20℃から160℃に20℃/分で。
【0218】
【表3】
【0219】
上に示した試料に対して、複数の相転移が見られた。100%のC12−NMG及び100%のC12−NMXそれぞれの、DSCにより測定された物理的熱的特性が、上に提示されたデータ内に見出せる。C12−NMGが、C12−NMXのような、より短い出発糖又はポリオール基に基づく物質と混合される場合には、物理的熱的特性が、C12−NMG又はC12−NMXの一方よりも改善される。この改善は、約20〜90%のC12−NMXの範囲で、C12−NMG:C12−NMX系の初期相転移(ピーク1)の温度が、C12−NMG又はC12−NMXの一方のそれより低い値に低下することによって示される。
【0220】
実施例30:C12−NMG:C12−NMGly混合試料の、DSCを介した熱転移決定
Tzero密閉蓋つきパンを、10〜15mg以下の、実施例22に記載の混合物質試料で満たした。直接走査式クーロメータ、DSC Q2000 V24.9を用いて、熱転移を決定した。以下の温度プロファイルが用いられて、データを得た:室温を20℃/分で−40℃まで冷やし、−40℃を160℃に20℃/分で上げる。T切片は、1つのピークの当初の曲線の外挿法により推定された傾きが、当該ピークの内挿法により推定された基準線に交差する温度として定義される。Tピークマックスは、所与の曲線のピーク(変曲点)における温度として定義される。以下に示すように、試料のいくつかは、複数のピークを示した。
【0221】
C12−NMG:C12−NGly混合試料:
温度のプログラム:室温から−40℃に20℃/分で、−40℃から160℃に20℃/分で。
【0222】
【表4】
【0223】
上に示した試料に対して、複数の相転移が見られた。100%のC12−NMG及び100%のC12−NMGlyそれぞれの、DSCにより測定された物理的熱的特性が、上に提示されたデータ内に見出せる。C12−NMGが、C12−NMGlyのような、より短い出発糖又はポリオール基に基づく物質と混合される場合には、物理的熱的特性が、C12−NMG又はC12−NMGlyの一方よりも改善される。この改善は、50%及び75%のC12−NMGlyで、C12−NMG:C12−NMGlyの初期相転移(ピーク1)の温度が、C12−NMG又はC12−NMGlyの一方のそれより低い値に低下することによって示される。
【0224】
実施例31:C12−ene−NMG:C12−ene−NMX混合試料の、DSCを介した熱転移決定
実施例24に記載のC12−ene−NMG:C12−ene−NMX混合試料を用いて、実施例30の手順を実行した。密封蓋つきパンの中に試料を置いた際、室温では、100%のC12−ene−NMGを含む試料、及び75%のC12−ene−NMGと25%のC12−ene−NMXとを含む試料は、粉末であり;50%のC12−ene−NMGと50%のC12−ene−NMXを含む試料、及び100%のC12−ene−NMXを含む試料は、自然状態ではろう状であり;25%のC12−ene−NMGと75%のC12−ene−NMXとを含む試料は、ろう状のペーストであるということが見て取れた。
【0225】
【表5】
**この資料には、ピークが観察されなかった。
【0226】
上に示した試料に対して、複数の相転移が見られた。100%のC12−ene−NMG及び100%のC12−ene−NMXそれぞれの、DSCにより測定された物理的熱的特性が、上に提示されたデータ内に見出せる。興味深いことには、これまでの試料とは異なり、初期の低温時転移は、25%のC12−ene−NMGと75%のC12−ene−NMXとの混合物に対しては観察されなかった。しかしながら、この組成の物理的試料は、顕著にペースト状であり、それは、他の試料のような粉末状とも硬蝋とも異なっていた。75%のC12−ene−NMXにおいてペースト状の粘稠度が存在することは、他の試料の粉末状固形分又はろう状固形分に対して熱的特性が改善されていることを示している。
【0227】
実施例32:C15−ene−NMG:C15−ene−NMX混合試料の、DSCを介した熱転移決定
実施例25に記載のC15−ene−NMG:C15−ene−NMX混合試料を用いて、実施例30の手順を実行した。密封蓋つきパンの中に試料を置いた際、室温では、50%のC15−ene−NMGと50%のC15−ene−NMXとを含む試料、及び100%のC15−ene−NMXを含む試料は、自然状態ではろう状であり、一方25%のC15−ene−NMGと75%のC15−ene−NMXとを含む試料は、ろう状のペーストであるということが見て取れた。
【0228】
【表6】
**この資料には、ピークが観察されなかった。
【0229】
上に示した試料に対して、複数の相転移が見られた。100%のC15−ene−NMG及び100%のC15−ene−NMXそれぞれの、DSCにより測定された物理的熱的特性が、上に提示されたデータ内に見出せる。興味深いことには、実施例31と同様で且つ他の試料とは異なり、初期の低温時転移は、25%のC15−ene−NMGと75%のC15−ene−NMXとの混合物に対しては観察されなかった。しかしながら、この組成の物理的試料もまた、顕著にペースト状であり、それは、他の試料のような粉末状とも硬蝋とも異なっていた。75%のC15−ene−NMXにおいてペースト状の粘稠度が存在することは、他の試料の粉末状固形分又はろう状固形分に対して熱的特性が改善されていることを示している。
【0230】
実施例33:C12−NMG:C12−NMX混合試料のクラフト点分析
クラフト点分析を、拡散性光散乱(DLS)検知法を用いるPhase Technology(登録商標)NK60−KPA Analyzer上で実行した。脱イオン水内で1重量%の溶液が調製された。この溶液0.150mlを、室温(20〜25℃)で、器具の試料セルに加えた。試料に対して、以下の加熱と冷却のサイクルを実行した。試料は、5℃/分の傾斜率で40℃に温められ、且つそのまま30秒間保持した。次に、試料は、−10℃/分の傾斜率で−20℃まで冷却され、且つそのまま60秒間保持した。次に、試料を、5℃/分の速度で0℃まで温め、そのまま0秒保持し、2℃/分の速度で30℃まで温め、そのまま0秒保持し、そして最後に、5℃/分の速度で40℃まで温めた。
【0231】
データは、結晶数(y軸)vs温度(x軸)として記録される。温度のサイクルの開始時において、溶液の結晶数は温度に対して一定であり、その溶液に対する結晶数の基準値を定義していた。試料が冷やされて凍ると、結晶数は増加した。最後の温まりのサイクルの間、結晶数が元々の基準値に戻ると、その時点の温度がクラフト点として記録された。
【0232】
材料:
下記の表に挙げた材料、それぞれの1重量%の溶液が試験された。C12−NMG材料の1重量%の溶液及びC12−NMX材料の1重量%の溶液を、示された体積比で混ぜることにより溶液は調製された。この混合物の、体積0.150mL分が、Phase Technology(登録商標)NK60−KPA Analyzerによって分析された。
【0233】
【表7】
**5℃で、結晶数に有意な低下が見られるが、14℃までは、ラインの下まで完全に低下はしない。
【0234】
C12−NMG及びC12−NMXアミドの混合物は、純粋な物質の一方よりも低いクラフト点となる可能性を有しており、最適な混合物は、約70%のC12−NMX:約30%のC12−NMGである。C12−NMGが、C12−NMXのような、より短い出発糖又はポリオール基に基づく物質と混合される場合には、物理的熱的特性が、C12−NMG又はC12−NMXの一方よりも改善される。この改善は、約50〜90%のC12−NMXの範囲で、C12−NMG:C12−NMX系のクラフト点の温度が、C12−NMG又はC12−NMXの一方のそれより低い値に低下することによって示される。また、C12−NMGがより多い方の物質である系においては、C12−NMXを少量(5%以上)添加することで、混合物のクラフト点をC12−NMG単独の場合のクラフト点よりも低く下げることができる。
【0235】
実施例34:溶媒を用いた、ココナツ油N−メチルグルカミド(CCO−NMG)の合成
N−メチルグルカミン(32.2g、165ミリモル、Aldrich)、RBDココナツ油(35.2g、55ミリモル、AAK)、及びメタノール(13.3g、反応物質に基づいて20重量%)のスラリーを、80℃まで、N2雰囲気下で加熱した。その温度に達したら、ナトリウムメトキシド(メタノール中25%の1.7g、8.0ミリモル、Aldrich)を加えて反応させた。80℃で30分以下撹拌し、均質な溶液を得て、その溶液から余分のメタノールを、短行程蒸留で取り除いた。80℃で追加的に30分間加熱を続け、その後、90℃で更に2時間加熱を続けた。90℃で2時間撹拌した後、粗生成物を追加的に1時間、最終的な圧力が20mm Hgとなるよう真空下で撹拌し、黄褐色のペースト68.1g(実施例1に記載の誘導体化を用いたGCを用いて、所望の生成物92.9%、グリセリン7.2%)を得た。
【0236】
実施例35:溶媒を用いた、ココナツ油N−メチルキシラミド(CCO−NMX)の合成
N−メチルキシラミン(65.8%メタノール溶液の40.8g、165ミリモル)をN−メチルグルカミドの代わりにして、実施例34の手順を用いた。90℃で2時間撹拌した後、粗生成物を追加的に1時間、最終的な圧力が20mm Hgとなるよう真空下で撹拌し、黄褐色のペーストを得た(62.1g、実施例1に記載の誘導体化を用いたGCを用いて、91.0%の所望の生成物、7%のグリセリン)。
【0237】
実施例36:溶媒を用いない、水素添加ココナツ油N−メチルグルカミド(HCCO−NMG)の合成
水素添加ココナツ油(35.2g、55ミリモル、AAK)を、N2雰囲気下、80℃で融解させた。これに、19.72gのN−メチルグルカミン(NMG、粘稠なスラリーが得られる)を加え、その後、ナトリウムメトキシド(25%のメタノール溶液の1.7g、8.0ミリモル、Aldrich)を加えた。追加的NMG(合計32.2g、165ミリモル、Aldrich)を2.5時間かけて加え、温度を次第に110℃まで上げた。この間、余分なメタノールを、短行程蒸留によって除去した。110℃で30分間撹拌した後、粗生成物を追加的に1時間、最終的な圧力が20mm Hgとなるよう真空下で撹拌し、黄褐色のペーストを得た(67.2g、収率99%、実施例1に記載の誘導体化を用いたGCにより94.0%の生成物と6%のグリセリン)。
【0238】
実施例37:CCO−NMG:CCO−NMX混合試料の調製
見出しの物質を用いて、50℃ではなく室温で真空乾燥することで、実施例22の手順を実行した。次に試料を、10℃で10日間、熟成させた。
【0239】
実施例38:C12 CCO−NMG:CCO−NMX混合試料の、DSCを介した熱転移決定
実施例37に記載のCCO−NMG:CCO−NMX混合試料を用いて、実施例30の手順を実行した。密封蓋つきパンの中に試料を置いた際、室温では、100%のCCO−NMGを含む試料、75%のCCO−NMGと25%のCCO−NMXとを含む試料、50%のCCO−NMGと50%のCCO−NMXとを含む試料、及び100%のCCO−NMXを含む試料は、自然状態ではろう状であり;25%のCCO−NMGと75%のCCO−NMXを含む試料は、室温でバターの粘稠度を有する軟らかいペーストであるということが見て取れた。
【0240】
【表8】
**この資料には、ピークが観察されなかった。
【0241】
上に示した試料に対して、複数の相転移が見られた。CCO−NMG及びCCO−NMXの、DSCにより測定された物理的熱的特性が、上に提示されたデータ内に見出せる。興味深いことには、実施例31及び32と同様で且つ他の試料とは異なり、初期の低温時転移は、25%のCCO−NMGと75%のCCO−NMXとの混合物に対しては観察されなかった。しかしながら、この組成の物理的試料もまた、顕著に軟らかなペースト状であり、それは、他の試料のような蝋と異なっていた。75%のCCO−NMXにおいてペースト状の粘稠度が存在することは、他の試料のろう状固形分に対して熱的特性が改善されていることを示している。
【0242】
実施例39:CCO−NMG:CCO−NMX混合試料のクラフト点分析
下記のように、実施例34及び35にそれぞれ記載のCCO−NMG及びCCO−NMXの試料を用いて、実施例33の手順を実行した。
【0243】
材料:
下記の表に挙げた材料、それぞれの1重量%の溶液が試験された。CCO−NMG材料の1重量%の溶液及びCCO−NMX材料の1重量%の溶液を、示された体積比で混ぜることにより溶液は調製された。この混合物の、体積0.150mL分が、Phase Technology(登録商標)NK60−KPA Analyzerによって分析された。
【0244】
【表9】
【0245】
CCO−NMG及びCCO−NMXの混合物は、純粋な物質の一方よりも低いクラフト点となる可能性を有しており、最適な混合物は、約75%のCCO−NMX:約25%のCCO−NMGである。CCO−NMGが、CCO−NMXのような、より短い出発糖又はポリオール基に基づく物質と混合される場合には、物理的熱的特性が、CCO−NMG又はCCO−NMXの一方よりも改善される。この改善は、クラフト点の温度が、100%CCO−NMGの34℃又は100%CCO−NMXの16℃よりずっと低い値である5℃に低下することによって示される。
【0246】
実施例40:C1214 N−メチルグルカミド(C1214−NMG)溶液の合成
N−メチルグルカミン(582.6g、3モル、Aldrich)、CE−1270(70%のメチル−ドデカノート、30%のメチル−テトラデコナート、669.2g、3.15モル、PGC)メタノール(256.9g、Aldrich、無水)、及びメタノール内25%のナトリウムメトキシド(84.3g、0.39モル、Aldrich)を用いて、実施例3の手順を実行した。90℃で2時間撹拌した後、粗生成物を追加的0.5時間撹拌し、不完全真空下で脱水をした。無水プロピレングリコール(110.1g、Aldrich、4A分子ふるい上で乾燥)を加え、追加的1時間脱水を継続し、最終的な反応物の重量は1359gとなった。これをトレーに注ぎ、一晩かけて固化させた。実施例1の誘導体化手順を用いたGC分析により、97%の活性物質が転化したことが示された。エタノール(220g、Baker)内のクエン酸(25g、Aldrich)を50℃まで加熱し、生成したケークを30分かけてこれに溶解した。これに、水(420g、HPLCグレード、Baker)を30分かけて加え、58.7%の活性生成物、5%のプロピレングリコール、10%のエタノール、30%の水を含む最終溶液組成物を得た。なおpHは6.78であった。
【0247】
実施例41:C1214 N−メチルキシラミド(C1214−NMX)溶液の合成
N−メチルグルカミドの代わりに、N−メチルキシラミン(787.5gメタノール中の62.8%、3モル)を用い、追加的メタノールを反応物に加えることなく、実施例40の手順を実行した。部分的に脱水した後、プロピレングリコール(108g)を加え、脱水を継続した。1284gの粗生成物のペーストが得られ、それをフラスコ内で一晩静置した。実施例1の誘導体化手順を用いたGC分析により、96.5%の活性物質が転化したことが示された。クエン酸(25g)、エタノール(216.4g)及び水(366g)を用いて、最終溶液(58.6%の活性生成物、10%のエタノール、30%の水、pH=7.29)を調製した。
【0248】
実施例42:C1214−NMG:C1214−NMX混合溶液の調製
見出しにある物質のブレンド(その割合は重量比)の500gの溶液を、実施例40のC1214−NMG溶液を適切な量だけビーカーに計量して、調製した。次に、実施例41のC1214−NMX溶液の適切な量を加えた。C1214−NMG:C1214−NMXの比が70:30の溶液と、同30:70の溶液とが、このようにして調製された。
【0249】
実施例43:C1214−NMG:C1214−NMX混合試料のクラフト点分析
下記のように、実施例40、41、及び42にそれぞれ記載のC1214−NMG溶液、C1214−NMX溶液、及びC1214−NMG:C1214−NMX溶液を用いて、実施例33の手順を実行した。
【0250】
【表10】
【0251】
C1214−NMG及びC1214−NMX溶液の混合物は、純粋な物質の一方よりも低いクラフト点となる可能性を有しており、70%のC1214−NMXと30%のC1214−NMGの場合に劇的に低いクラフト点となる。C1214−NMGが、C1214−NMXのような、より短い出発糖又はポリオール基に基づく物質と混合される場合には、物理的熱的特性が、C1214−NMG又はC1214−NMXの一方よりも改善される。この改善は、クラフト点の温度が、100% C1214−NMGの34℃又は100% C1214−NMXの16℃よりずっと低い値である5℃に低下することによって示される。
【0252】
実施例44:N−メチルヘキシルグルカミン(NMHG)の合成
N−メチルグルカミン(25g、128.6ミリモル、Aldrich)、ヘキサナール(15.5g、155ミリモル、Aldrich)、5%のパラジウム炭素(1g、Aldrich)、及び40mlのメタノールが、160mlのパーリアクターに加えられた。リアクターを封止して、2MPa(300PSI)のN2で3回パージをして、その後、2MPa(300PSI)のH2で3回パージをした。次にリアクターを、3.4MPa(500PSI)のH2で満たし、その時点から、400RPMで撹拌を開始し、室温に1時間維持した。次に、リアクターを、50℃で18時間、75℃で1時間外部加熱した。その間、圧力は、2〜3.4MPa(300〜500PSI)H2に維持された。リアクターを室温に冷やし、ベントして、2MPa(300PSI)のN2で3回パージした。内容物を濾過して触媒を除去し、そしてメタノールを除去して、白色の沈殿を得た。沈殿を濾過して、冷たいメタノールで洗浄し、白色の粉末を得た(23g、実施例1の誘導体化手順を用いたGC分析を用いて98%の所望の生成物を得た。)
【0253】
実施例45:N−メチルヘキシルキシラミン(NMHX)の合成
N−メチルグルカミンの代わりにN−メチルキシラミン(65重量%メタノール溶液の30.4g、120ミリモル、実施例2に記載の合成)を、且つより少ない量のヘキサナール(14.4g、144ミリモル、Aldrich)を用いて、実施例44の手順を実行した。(25.75g、実施例1の誘導体化手順を用いたGC分析を用いて95%の所望の生成物を得た。)
【0254】
実施例46:NMHG:NMHX混合試料の調製
見出しにある物質のブレンド(その割合は重量比)の0.50gの試料を、個々の物質を適切な量だけ計量し、ガラス製のバイアル瓶内で、メタノール(3g)とともに混合して、調製した。ガラス製バイアル瓶を、磁気式撹拌棒で撹拌し、35℃で1時間加熱した。溶媒をフード気流の下で蒸発させて、その後、熱的特性を分析する前に18日間、室温で熟成させた。
【0255】
実施例47:NMHG:NMHX混合試料の、DSCを介した熱転移決定
実施例46に記載のNMHG:NMHX混合試料を用いて、実施例30の手順を実行した。
【0256】
【表11】
【0257】
NMHG及びNMHXそれぞれの、DSCにより測定された物理的熱的特性が、それら2種類の成分の混合物の同特性とともに、上に提示されたデータ内に見出せる。実施例29のような他の実施例と同様に、NMHGが、NMHXのような、より短い出発糖又はポリオール基に基づく物質と混合される場合には、物理的熱的特性が、NMHG又はNMHXの一方よりも改善される。この改善は、約50〜90%のNMHXの範囲で、NMHG:NMHX系の初期相転移(表11のT切片)の温度が、個々の成分の一方のそれより低い値に低下することによって示される。
【0258】
論考
純粋な糖アミド系及び糖アミン系の物理的熱的特性は、上記の実施例に見出すことができる。C12−NMGのようなグルコースアミド及びアミンに基づく物質が、C12−NMX又はC12−NHGlyのような、より短い出発糖又はポリオール基に基づく物質と混合される場合には、物理的熱的特性が、より短い出発糖又はポリオール基を有する、グルコース由来のアミド/アミン又は他の糖アミド/アミンの一方よりも改善される。この熱的特性の改善は、多くの技法により測定されてきており、多くの熱転移に対して示されてきたが、DSCで観察される、初期相転移、初期視覚的融点、及びクラフト点を含む。この改善が、飽和及び不飽和の例の両方を含む多くの脂肪酸鎖長に対して、更に示された。この改善は、ココナツ油由来の混合配分のような、脂肪酸鎖長の混合物に対して更に示され、且つ溶液内の混合鎖、すなわち水、エタノール、及びプロピレングリコール内で約58%の活性である、CE−1270(70%のC12、30%のC14)由来のC1214について示された。この改善は、最後に、NMHG及びNMHXのようなアミンに対して示された。
【0259】
本明細書に開示した寸法及び値は、記載された正確な数値に厳密に限定されるものと理解されるべきではない。むしろ、特に断らない限り、そのような寸法のそれぞれは、記載された値及びその値の周辺の機能的に同等の範囲の両方を意味するものとする。例えば、「40mm」として開示された寸法は、「約40mm」を意味することを意図する。
【0260】
「発明を実施するための形態」で引用する全ての文献は、関連部分において本明細書に参照により組み込まれるが、いずれの文献の引用も、それが本発明に関する先行技術であることを容認するものとして解釈されるべきではない。本明細書中の用語の任意の意味又は定義が、参照により組み込まれた文献中の同一用語の任意の意味又は定義と相反する限りにおいては、本明細書においてその用語に与えられた意味又は定義を適用する。
【0261】
本発明の特定の実施形態が例示され記載されてきたが、本発明の趣旨及び範囲から逸脱することなく他の様々な変更及び修正を実施できることが、当業者には自明であろう。したがって、本発明の範囲内にあるそのような全ての変更及び修正を添付の特許請求の範囲で扱うものとする。
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7