特許第6441736号(P6441736)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ トヨタ自動車株式会社の特許一覧
<>
  • 特許6441736-車両用変速機のケース 図000002
  • 特許6441736-車両用変速機のケース 図000003
  • 特許6441736-車両用変速機のケース 図000004
  • 特許6441736-車両用変速機のケース 図000005
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B2)
(11)【特許番号】6441736
(24)【登録日】2018年11月30日
(45)【発行日】2018年12月19日
(54)【発明の名称】車両用変速機のケース
(51)【国際特許分類】
   F16H 57/031 20120101AFI20181210BHJP
   F16H 57/029 20120101ALI20181210BHJP
【FI】
   F16H57/031
   F16H57/029
【請求項の数】1
【全頁数】8
(21)【出願番号】特願2015-90868(P2015-90868)
(22)【出願日】2015年4月27日
(65)【公開番号】特開2016-205583(P2016-205583A)
(43)【公開日】2016年12月8日
【審査請求日】2017年6月13日
(73)【特許権者】
【識別番号】000003207
【氏名又は名称】トヨタ自動車株式会社
(73)【特許権者】
【識別番号】592058315
【氏名又は名称】アイシン・エーアイ株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】100085361
【弁理士】
【氏名又は名称】池田 治幸
(74)【代理人】
【識別番号】100147669
【弁理士】
【氏名又は名称】池田 光治郎
(72)【発明者】
【氏名】大木 崇生
(72)【発明者】
【氏名】加納 盟之
(72)【発明者】
【氏名】竹内 友宏
【審査官】 前田 浩
(56)【参考文献】
【文献】 特開2009−138769(JP,A)
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
F16H 57/029
F16H 57/031
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
第1ケースと、潤滑油が供給される供給油路が形成されている第2ケースとを備え、第1ケースの第1シール面と前記第2ケースの第2シール面との間にシール剤が塗布された状態で、該第1シール面と該第2シール面とが対向して組み付けられ、前記第2ケースの第2シール面に前記供給油路の供給口が形成されている車両用変速機のケースであって、
前記第1ケースの前記第1シール面のうち前記供給口に対向する位に、組付時に前記第1シール面と前記第2シール面との間からはみ出した前記シール剤が流れ込むシール剤溜まり溝が形成されており、
前記供給口と前記シール剤溜まり溝によって形成された空間とが連続して配置されている
ことを特徴とする車両用変速機のケース。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、車両用変速機のケースの構造に関するものである。
【背景技術】
【0002】
車両用変速機のケースにおいて、複数のケース部材が互いにボルト等で締結されることで一体的に構成されるものがよく知られている。例えば、特許文献1に記載の自動変速機のケースもその1つである。特許文献1の自動変速機のケースは、トランスミッションケース8とエクステンションハウジング9とが互いにボルト17で締結されている。また、特許文献1の自動変速機のエクステンションハウジング9の外周部には、電動オイルポンプ12が装着されており、さらに、この電動オイルポンプ12の吐出口からトランスミッション内に油を供給するための接続用油路(供給油路)がトランスミッションケース8に形成されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
【特許文献1】特開2003−240104号公報
【特許文献2】特開昭60−139973号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ところで、トランスミッションケース8にエクステンションハウジング9を組み付ける際、トランスミッションケース8のシール面とエクステンションハウジング9のシール面との間にシール剤が塗布される。このとき、接続用油路(供給油路)内にシール剤が進入することを防ぐため、エクステンションハウジング9の接続用油路と対向する位置にはシール剤は塗布されないが、シール剤の量が多い場合には、互いのシール面の間からシール剤がはみ出し、トランスミッションケース8の接続用油路をシール剤が塞いでしまう可能性があった。
【0005】
本発明は、以上の事情を背景として為されたものであり、その目的とするところは、第1ケースと、その第1ケースに接続されるとともに潤滑油を供給する供給油路が形成されている第2ケースとを備えて構成され、第1ケースと第2ケースとを組み付ける際には、互いのシール面にシール剤が塗布されるケースにおいて、シール剤が供給油路を塞ぐことを防止するケースの構造を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記目的を達成するための、第1発明の要旨とするところは、(a)第1ケースと、潤滑油が供給される供給油路が形成されている第2ケースとを備え、第1ケースの第1シール面と前記第2ケースの第2シール面との間にシール剤が塗布された状態で、その第1シール面とその第2シール面とが対向して組み付けられ、前記第2ケースの第2シール面に前記供給油路の供給口が形成されている車両用変速機のケースであって、(b)前記第1ケースの前記第1シール面のうち前記供給口に対向する位に、組付時に前記第1シール面と前記第2シール面との間からはみ出した前記シール剤が流れ込むシール剤溜まり溝が形成されており、(c)前記供給口と前記シール剤溜まり溝によって形成された空間とが連続して配置されている
ことを特徴とする。
【発明の効果】
【0007】
このように、第1ケースの第1シールにシール剤溜まり溝が形成されることで、第1ケースと第2ケースとを組み付けた際に、シール剤が第1シール面と第2シール面との間からはみ出した場合であっても、はみ出したシール剤は、シール剤溜まり溝に流れ込む。従って、シール剤が供給口に届くことが抑制されるため、供給口がシール剤によって塞がれることを防止することができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
図1】本発明が適用された車両に備えられる手動変速機の一部を示す断面図である。
図2図1のミッションケースを矢印A方向からみた矢視図である。
図3図1のハウジングを矢印B方向からみた矢視図である。
図4】本発明の他の実施例に対応するミッションケースの構造を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、本発明の実施例を図面を参照しつつ詳細に説明する。なお、以下の実施例において図は適宜簡略化或いは変形されており、各部の寸法比および形状等は必ずしも正確に描かれていない。
【実施例1】
【0010】
図1は、本発明が適用された車両に備えられる手動変速機10(車両用変速機)の一部を示す断面図である。手動変速機10は、ギヤ機構11と操作機構12とを備えて構成されている。ギヤ機構11は、ケース13内において互いに並行な入力軸14、中間軸15、および出力軸16を備えて構成される平行3軸式の手動変速機である。入力軸14は、軸受19等を介して回転軸線C1まわりに回転可能に支持されている。また、中間軸15は、軸受22等を介して回転軸線C2まわりに回転可能に支持されている。出力軸16は、軸受18、20等を介して回転軸線C1まわりに回転可能に支持されている。
【0011】
入力軸14と出力軸16との間には、一対の斜歯歯車から構成される複数個のギヤ対24(図1では、ギヤ対24aのみ表示)が軸線方向に並んで設けられており、運転者による変速操作が実行されると、これらのギヤ対24のうち何れか1つが動力伝達状態に切り替えられる。また、ギヤ対24bについては、出力軸16に連結されており、ギヤ対24bを介して出力軸16に動力が伝達される。
【0012】
また、入力軸14および出力軸16の回転軸上には、複数個の同期機構26(図1では、入力軸14上に設けられている同期機構26aのみ表示)が設けられており、変速の際には、選択された変速段に対応する同期機構26が作動させられることで変速が実行される。
【0013】
操作機構12は、入力軸14および出力軸16に平行なシフトロッド28を含んで構成されている。シフトロッド28は、回転可能かつ軸線方向への移動可能に保持されている。運転者が変速操作を実行した際には、その操作が中間軸32等を介してシフトロッド28に伝達されることにより、シフトロッド28が回転方向および軸線方向に移動させられる。これより、シフトロッド28の移動量に応じて同期機構26のスリーブと嵌合するシフトフォーク30が適宜移動させられ、同期機構26が作動させられる。
【0014】
本実施例のケース13は、主にギヤ機構11を収容するトランスミッションケース34(以下、ミッションケース34)と、トランスミッションケースカバー36(以下、ケースカバー36)とを含んで構成されている。このミッションケース34とケースカバー36とは、互いにボルトで締結されることで一体的に形成される。また、ミッションケース34には、ケースカバー36からの潤滑油をそのミッションケース34内の潤滑要部(軸受など)に供給するための供給油路38が形成されている。なお、ミッションケース34が本発明の第2ケースに対応し、ケースカバー36が本発明の第1ケースに対応している。
【0015】
図2は、図1においてミッションケース34を矢印A方向からみた矢視図である。図2に示すようにミッションケース34には、周方向に4個のボルト穴42が形成されている。また、図2の下方に示すように、ミッションケース34のシール面46に、供給油路38に潤滑油を供給するための供給口40が形成されている。なお、シール面46が本発明の第2シール面に対応している。
【0016】
図3は、図1においてケースカバー36を矢印B方向からみた矢視図である。ケースカバー36にも同様に、周方向に4個のボルト穴44が形成されている。前記ボルト穴42とボルト穴44とは、周方向ならびに径方向において同じ位置に形成されている。ミッションケース34とケースカバー36とを組み付ける際には、ミッションケース34のシール面46とケースカバー36のシール面48とを密接させた状態で、ボルト穴42、44を通るボルト(図示せず)が締結される。このとき、互いのシール面46、48との間から潤滑油が漏れることを防止するため、ボルトの締結に先立って、ミッションケース34のシール面46とケースカバー36のシール面48との間にシール剤50が塗布される。例えばケースカバー36のシール面48の図3の斜線で囲まれる領域にシール剤50が塗布された状態で、ミッションケース34に組み付けられる。さらに詳細には、ケースカバー36のシール面48上であって、ケースカバー36の内周壁よりも僅かに外周側を、その内周壁に沿ってシール剤50が塗布される。なお、シール面48が本発明の第1シール面に対応している。
【0017】
ここで、シール剤50の量が多くなると、ミッションケース34およびケースカバー36を組み付けた際に、互いのシール面46、48からシール剤50がはみ出る可能性がある。特に、本実施例では、ミッションケース34のシール面46に供給口40が形成されているため、はみ出したシール剤50が供給口40を塞ぐ可能性もある。
【0018】
これに対して、本実施例のケースカバー36には、組付の際にはみ出したシール剤50を溜めるシール剤溜まり溝52が形成されている。シール剤溜まり溝52は、例えばケースカバー36を鋳造する際に併せて形成される。また、このシール剤溜まり溝52は、組み付けた際に、ミッションケース34の供給口40と対向する位置、すなわち軸線C1方向からみてミッションケース34の供給口40と重なる位置およびその周辺に形成されている。従って、ミッションケース34とケースカバー36とを組み付けた際には、供給口40の周辺にシール剤溜まり溝52による空間が形成される。なお、シール剤溜まり溝52が形成される場合、図3に示すように、シール剤50は、そのシール剤溜まり溝52に沿ってその外側に塗布される。
【0019】
上記シール剤溜まり溝52が形成されると、供給口40と対向する位置に空間が形成されるため、ミッションケース34とケースカバー36とを組み付けた際に、互いのシール面46、48の間からシール剤50がはみ出した場合であっても、供給口40の近傍からはみ出たシール剤50は、シール剤溜まり溝52によって形成される空間に溜まるため、シール剤50が供給口40に届くことが抑制され、供給口40がシール剤50によって塞がれることが防止される。なお、シール剤溜まり溝52の形状や大きさは、シール面46、48の間からはみ出したシール剤50を収容できる程度に、予め実験等に基づいて設定されている。
【0020】
上述のように、本実施例によれば、ミッションケース34のシール面48にシール溜まり溝52が形成されることで、ケースカバー36とミッションケース34とを組み付けた際に、シール剤50が互いのシール面46、48の間からはみ出した場合であっても、はみ出したシール剤50はシール剤溜まり溝52に流れ込むため、シール剤50が供給油路38の供給口40に届くことが抑制される。従って、供給口40がシール剤50によって塞がれることを防止することができる。
【0021】
次に、本発明の他の実施例を説明する。なお、以下の説明において前述の実施例と共通する部分には同一の符号を付して説明を省略する。
【実施例2】
【0022】
図4は、本発明の他の実施例に対応するトランスミッションケース60(以下、ミッションケース60)を軸線C1方向から見た図であって、前述の実施例の図2に対応している。本実施例では、供給口40が形成されているミッションケース60側にシール剤溜まり溝62が形成されている。なお、ミッションケース60が、本発明の第2ケースに対応している。
【0023】
ミッションケース60のシール面64には、供給口40を取り囲む位置にシール剤溜まり溝62が形成されている。シール剤溜まり溝62は、供給口40に沿って円弧状に形成されている。このシール剤溜まり溝62は、ミッションケース60とケースカバー36とを組み付けた際にはみ出したシール剤50を収容できる程度に、ミッションケース60の軸線方向において所定の深みを有して形成されている。なお、シール面64が本発明の第2シール面に対応している。
【0024】
ミッションケース60とケースカバー36とを組み付ける際には、図4の斜線で示すように、シール剤溜まり溝62に沿ってその外側をシール剤50が塗布される。これより、ボルトを締結する際に互いのシール面48、64からはみ出したシール剤50は、シール剤溜まり溝62に流れ込み、シール剤50が供給口40に届くことが抑制される。従って、供給口40がシール剤50によって塞がれることが防止される。
【0025】
上述のように、供給口40が形成されるミッションケース60側にシール溜まり溝62が形成された場合であっても、ボルトを締結した際にはみ出したシール剤50がシール溜まり溝62に流れ込むため、供給口40がシール剤50によって塞がれることが防止される。
【0026】
以上、本発明の実施例を図面に基づいて詳細に説明したが、本発明はその他の態様においても適用される。
【0027】
例えば、前述の実施例では、ミッションケース34、60およびケースカバー36の何れか一方にのみシール剤溜まり溝52、62が形成されているが、ミッションケースおよびケースカバー36の両方にシール剤溜まり溝52、62が形成されていても構わない。すなわち、ケースカバー36にシール剤溜まり溝52が形成されるとともに、ミッションケース60にシール剤溜まり溝62が形成された状態で互いに組み付けられるものであっても構わない。
【0028】
また、前述の実施例では、トランスミッションケース34とトランスミッションケースカバー36の間にシール剤溜まり溝52が形成されるものであったが、本発明は、必ずしもトランスミッションケース34とトランスミッションケースカバー36に限定されない。本願は、複数のケース部材から構成されるケースにおいて、互いに接続されるケース部材のシール面に供給油路の供給口が形成されている構造であれば、適宜適用することができる。
【0029】
また、前述の実施例では、シール剤溜まり溝52は、鋳造の際に併せて形成されるものであったが、鋳造後に切削によって形成されても構わない。
【0030】
また、前述の実施例では、手動変速機10について本発明が適用されているが、本発明は、手動変速機に限定されるものではなく、有段式の自動変速機や無段式の自動変速機など他の形式の変速機に適用されても構わない。
【0031】
なお、上述したのはあくまでも一実施形態であり、本発明は当業者の知識に基づいて種々の変更、改良を加えた態様で実施することができる。
【符号の説明】
【0032】
10:手動変速機(車両用変速機)
13:ケース
34、60:トランスミッションケース(第2ケース)
36:トランスミッションケースカバー(第1ケース)
38:供給油路
40:供給口
46、64:シール面(第2シール面)
48:シール面(第1シール面)
50:シール剤
52、62:シール剤溜まり溝
図1
図2
図3
図4