特許第6442294号(P6442294)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 株式会社SCREENホールディングスの特許一覧
特許6442294画像データ生成方法、画像記録方法、画像データ生成装置および画像記録装置
<>
  • 特許6442294-画像データ生成方法、画像記録方法、画像データ生成装置および画像記録装置 図000002
  • 特許6442294-画像データ生成方法、画像記録方法、画像データ生成装置および画像記録装置 図000003
  • 特許6442294-画像データ生成方法、画像記録方法、画像データ生成装置および画像記録装置 図000004
  • 特許6442294-画像データ生成方法、画像記録方法、画像データ生成装置および画像記録装置 図000005
  • 特許6442294-画像データ生成方法、画像記録方法、画像データ生成装置および画像記録装置 図000006
  • 特許6442294-画像データ生成方法、画像記録方法、画像データ生成装置および画像記録装置 図000007
  • 特許6442294-画像データ生成方法、画像記録方法、画像データ生成装置および画像記録装置 図000008
  • 特許6442294-画像データ生成方法、画像記録方法、画像データ生成装置および画像記録装置 図000009
  • 特許6442294-画像データ生成方法、画像記録方法、画像データ生成装置および画像記録装置 図000010
  • 特許6442294-画像データ生成方法、画像記録方法、画像データ生成装置および画像記録装置 図000011
  • 特許6442294-画像データ生成方法、画像記録方法、画像データ生成装置および画像記録装置 図000012
  • 特許6442294-画像データ生成方法、画像記録方法、画像データ生成装置および画像記録装置 図000013
  • 特許6442294-画像データ生成方法、画像記録方法、画像データ生成装置および画像記録装置 図000014
  • 特許6442294-画像データ生成方法、画像記録方法、画像データ生成装置および画像記録装置 図000015
  • 特許6442294-画像データ生成方法、画像記録方法、画像データ生成装置および画像記録装置 図000016
  • 特許6442294-画像データ生成方法、画像記録方法、画像データ生成装置および画像記録装置 図000017
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B2)
(11)【特許番号】6442294
(24)【登録日】2018年11月30日
(45)【発行日】2018年12月19日
(54)【発明の名称】画像データ生成方法、画像記録方法、画像データ生成装置および画像記録装置
(51)【国際特許分類】
   B41J 2/52 20060101AFI20181210BHJP
   B41J 2/21 20060101ALI20181210BHJP
   B41J 2/205 20060101ALI20181210BHJP
   B41J 2/01 20060101ALI20181210BHJP
   H04N 1/405 20060101ALI20181210BHJP
   H04N 1/50 20060101ALI20181210BHJP
   H04N 1/52 20060101ALI20181210BHJP
   H04N 1/54 20060101ALI20181210BHJP
   H04N 1/56 20060101ALI20181210BHJP
   H04N 1/60 20060101ALI20181210BHJP
【FI】
   B41J2/52
   B41J2/21
   B41J2/205
   B41J2/01 401
   H04N1/405
   H04N1/405 510A
   H04N1/50
   H04N1/52
   H04N1/54
   H04N1/56
   H04N1/60 300
【請求項の数】15
【全頁数】36
(21)【出願番号】特願2015-7644(P2015-7644)
(22)【出願日】2015年1月19日
(65)【公開番号】特開2016-132140(P2016-132140A)
(43)【公開日】2016年7月25日
【審査請求日】2017年12月22日
(73)【特許権者】
【識別番号】000207551
【氏名又は名称】株式会社SCREENホールディングス
(74)【代理人】
【識別番号】100110847
【弁理士】
【氏名又は名称】松阪 正弘
(74)【代理人】
【識別番号】100136526
【弁理士】
【氏名又は名称】田中 勉
(74)【代理人】
【識別番号】100136755
【弁理士】
【氏名又は名称】井田 正道
(72)【発明者】
【氏名】▲高▼濱 郁彦
【審査官】 牧島 元
(56)【参考文献】
【文献】 特開2014−000739(JP,A)
【文献】 特開平07−274029(JP,A)
【文献】 特開2003−237142(JP,A)
【文献】 特開2004−328266(JP,A)
【文献】 特開2011−037180(JP,A)
【文献】 米国特許第06505905(US,B1)
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
B41J 2/52
B41J 2/01−2/215
H04N 1/405
H04N 1/50
H04N 1/52
H04N 1/54
H04N 1/56
H04N 1/60
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
複数の色成分の画像を含む多階調の元画像にハーフトーン化処理を行い、前記複数の色成分のそれぞれについて、ハーフトーン画像領域においてマトリクス状に配列された複数の画素位置にそれぞれ形成される複数のドットのサイズを示すハーフトーン画像データを生成する画像データ生成方法であって、
a)画素の色と、前記画素の色を着色材料にて描画する際の着色材料の使用量を低減するハーフトーン化処理の態様を示す着色材料削減パラメータとの複数の組み合わせを含むパラメータ情報を準備する工程と、
b)前記複数の画素位置から選択された一の画素位置である注目画素位置に対応する画素の色である注目画素色を求め、前記注目画素色と前記パラメータ情報とに基づいて前記注目画素位置の着色材料削減パラメータを決定する工程と、
c)前記複数の色成分のうち第1の色成分および第2の色成分について、前記着色材料削減パラメータに基づいて前記注目画素位置のハーフトーン化処理を行うことにより、前記注目画素位置に形成される前記第1の色成分のドットのサイズである第1ドットサイズを決定し、その後、前記第2の色成分のドットのサイズである第2ドットサイズを決定する工程と、
d)前記複数の画素位置について予め定められた画素順序に従って前記注目画素位置を次の画素位置に変更し、前記b)工程および前記c)工程を繰り返すことにより、前記第1の色成分および前記第2の色成分のハーフトーン画像データである第1ハーフトーン画像データおよび第2ハーフトーン画像データを生成する工程と、
を備え、
前記c)工程が、
c1)前記第2の色成分について、前記注目画素位置のハーフトーン化処理を行い、前記注目画素位置に形成される前記第2の色成分のドットのサイズを仮決定する工程と、
c2)前記注目画素位置の前記第1ドットサイズと、前記c1)工程にて仮決定された前記第2の色成分のドットのサイズである第2ドット仮サイズとの合計である合計ドットサイズを求める工程と、
c3)前記合計ドットサイズと、前記注目画素位置における前記第1ドットサイズおよび前記第2ドットサイズの合計の上限値を示す閾値ドットサイズとを比較し、前記合計ドットサイズが前記閾値ドットサイズ以下である場合、前記第2ドットサイズを前記第2ドット仮サイズに等しいサイズに決定し、前記合計ドットサイズが前記閾値ドットサイズよりも大きい場合、前記第2ドットサイズを、前記閾値ドットサイズと前記第1ドットサイズとの差以下の範囲で最も大きいドットサイズに決定する工程と、
c4)前記c3)工程において、前記合計ドットサイズが前記閾値ドットサイズよりも大きい場合、前記注目画素位置の周囲の変更対象領域に含まれる画素位置のうち、前記第2ドットサイズが未決定の1つ以上の画素位置である周辺画素位置群の前記第2の色成分の画素値を、前記注目画素位置の前記第2の色成分の画素値および前記第2ドット仮サイズと前記第2ドットサイズとの差に基づいて変更する工程と、
を備え
前記着色材料削減パラメータが前記複数の色成分のハーフトーン化順序を示す情報を含み、
前記第1の色成分および前記第2の色成分が前記着色材料削減パラメータに基づいて決定され、
前記c)工程において前記複数の色成分のそれぞれについてハーフトーン化処理が行われ、
前記注目画素位置の一の色成分の画素値が所定の順序閾値以上である場合、前記注目画素位置の前記一の色成分の画素値が前記順序閾値未満である場合よりも、前記複数の色成分のハーフトーン化順序のうち前記一の色成分のハーフトーン化順番が後であることを特徴とする画像データ生成方法。
【請求項2】
請求項1に記載の画像データ生成方法であって、
前記着色材料削減パラメータが前記変更対象領域の大きさを示す情報を含み、
前記c4)工程における前記変更対象領域の大きさが前記着色材料削減パラメータに基づいて決定されることを特徴とする画像データ生成方法。
【請求項3】
請求項2に記載の画像データ生成方法であって、
前記注目画素位置の前記第2の色成分の画素値が所定の領域閾値以上である場合、前記注目画素位置の前記第2の色成分の画素値が前記領域閾値未満である場合よりも、前記変更対象領域が小さいことを特徴とする画像データ生成方法。
【請求項4】
請求項1ないしのいずれかに記載の画像データ生成方法であって、
前記b)工程において、前記注目画素位置が、既に実行された前記c4)工程における前記周辺画素位置群に含まれる画素位置である場合、変更後の前記第2の色成分の画素値を用いて前記注目画素色が求められることを特徴とする画像データ生成方法。
【請求項5】
請求項1ないしのいずれかに記載の画像データ生成方法であって、
前記b)工程における前記注目画素色が、前記元画像の前記注目画素位置に対応する画素の色であることを特徴とする画像データ生成方法。
【請求項6】
請求項1ないしのいずれかに記載の画像データ生成方法であって、
前記b)工程における前記注目画素色が、前記元画像の前記注目画素位置を含む画素位置群を統合して1つの統合画素に対応させた場合の前記統合画素の色であることを特徴とする画像データ生成方法。
【請求項7】
請求項1ないしのいずれかに記載の画像データ生成方法であって、
前記ハーフトーン画像領域の縦方向または横方向の画素位置の列において、前記d)工程おける前記注目画素位置の変更が、一方の端部の画素位置から他方の端部の画素位置へと順次行われることを特徴とする画像データ生成方法。
【請求項8】
請求項1ないしのいずれかに記載の画像データ生成方法であって、
前記d)における前記注目画素位置の変更が、前記ハーフトーン画像領域の前記複数の画素位置において非逐次的に行われることを特徴とする画像データ生成方法。
【請求項9】
請求項1ないしのいずれかに記載の画像データ生成方法であって、
前記c1)工程において、前記注目画素位置の画素値と、前記注目画素位置に設定されている閾値とを比較することにより、前記第2ドット仮サイズが決定され、
前記c)工程が繰り返される間に、前記閾値が変更されることを特徴とする画像データ生成方法。
【請求項10】
請求項1ないしのいずれかに記載の画像データ生成方法であって、
前記第1の色成分がブラックであり、
前記c)工程において前記第1ドットサイズが所定のドットサイズ以上である場合、前記c3)工程よりも前に、前記閾値ドットサイズを前記第1ドットサイズに等しくすることを特徴とする画像データ生成方法。
【請求項11】
請求項1ないし10のいずれかに記載の画像データ生成方法であって、
前記c)工程において前記第1ドットサイズが所定のドットサイズ以上である場合、前記注目画素位置に隣接する画素位置の前記閾値ドットサイズを、前記隣接する画素位置が注目画素位置として選択された際の前記c3)工程よりも前に小さくすることを特徴とする画像データ生成方法。
【請求項12】
記録媒体に画像を記録する画像記録方法であって、
請求項1ないし11のいずれかに記載の画像データ生成方法により生成された第1ハーフトーン画像データおよび第2ハーフトーン画像データを準備する工程と、
前記第1ハーフトーン画像データに基づいて記録媒体上に前記第1の色成分のドットを記録する工程と、
前記第2ハーフトーン画像データに基づいて前記記録媒体上に前記第2の色成分のドットを記録する工程と、
を備えることを特徴とする画像記録方法。
【請求項13】
複数の色成分の画像を含む多階調の元画像にハーフトーン化処理を行い、前記複数の色成分のそれぞれについて、ハーフトーン画像領域においてマトリクス状に配列された複数の画素位置にそれぞれ形成される複数のドットのサイズを示すハーフトーン画像データを生成する画像データ生成装置であって、
画素の色と、前記画素の色を着色材料にて描画する際の着色材料の使用量を低減するハーフトーン化処理の態様を示す着色材料削減パラメータとの複数の組み合わせを含むパラメータ情報を記憶するパラメータ記憶部と、
前記複数の画素位置から選択された一の画素位置である注目画素位置に対応する画素の色である注目画素色を求め、前記注目画素色と前記パラメータ情報とに基づいて前記注目画素位置の着色材料削減パラメータを決定するパラメータ決定部と、
前記複数の色成分のうち第1の色成分および第2の色成分について、前記着色材料削減パラメータに基づいて前記注目画素位置のハーフトーン化処理を行うことにより、前記注目画素位置に形成される前記第1の色成分のドットのサイズである第1ドットサイズを決定し、その後、前記第2の色成分のドットのサイズである第2ドットサイズを決定するドットサイズ決定部と、
前記複数の画素位置について予め定められた画素順序に従って前記注目画素位置を次の画素位置に変更し、前記パラメータ決定部による前記着色材料削減パラメータの決定と、前記ドットサイズ決定部による前記第1ドットサイズおよび前記第2ドットサイズの決定とを繰り返すことにより、前記第1の色成分および前記第2の色成分のハーフトーン画像データである第1ハーフトーン画像データおよび第2ハーフトーン画像データを生成する繰り返し制御部と、
を備え、
前記ドットサイズ決定部が、
前記第2の色成分について、前記注目画素位置のハーフトーン化処理を行い、前記注目画素位置に形成される前記第2の色成分のドットのサイズを仮決定する仮サイズ決定部と、
前記注目画素位置の前記第1ドットサイズと、前記仮サイズ決定部により仮決定された前記第2の色成分のドットのサイズである第2ドット仮サイズとの合計である合計ドットサイズを求めるドットサイズ積算部と、
前記合計ドットサイズと、前記注目画素位置における前記第1ドットサイズおよび前記第2ドットサイズの合計の上限値を示す閾値ドットサイズとを比較し、前記合計ドットサイズが前記閾値ドットサイズ以下である場合、前記第2ドットサイズを前記第2ドット仮サイズに等しいサイズに決定し、前記合計ドットサイズが前記閾値ドットサイズよりも大きい場合、前記第2ドットサイズを、前記閾値ドットサイズと前記第1ドットサイズとの差以下の範囲で最も大きいドットサイズに決定するサイズ決定部と、
前記合計ドットサイズが前記閾値ドットサイズよりも大きい場合、前記注目画素位置の周囲の変更対象領域に含まれる画素位置のうち、前記第2ドットサイズが未決定の1つ以上の画素位置である周辺画素位置群の前記第2の色成分の画素値を、前記注目画素位置の前記第2の色成分の画素値および前記第2ドット仮サイズと前記第2ドットサイズとの差に基づいて変更する画素値変更部と、
を備え
前記着色材料削減パラメータが前記複数の色成分のハーフトーン化順序を示す情報を含み、
前記第1の色成分および前記第2の色成分が前記着色材料削減パラメータに基づいて決定され、
前記ドットサイズ決定部により前記複数の色成分のそれぞれについてハーフトーン化処理が行われ、
前記注目画素位置の一の色成分の画素値が所定の順序閾値以上である場合、前記注目画素位置の前記一の色成分の画素値が前記順序閾値未満である場合よりも、前記複数の色成分のハーフトーン化順序のうち前記一の色成分のハーフトーン化順番が後であることを特徴とする画像データ生成装置。
【請求項14】
記録媒体に画像を記録する画像記録装置であって、
請求項13に記載の画像データ生成装置と、
記録媒体上のドット記録位置にドットを記録するドット出力要素と、
前記記録媒体上の前記ドット記録位置を前記記録媒体に対して相対的に移動させる移動機構と、
前記記録媒体上の前記ドット記録位置の前記記録媒体に対する相対移動に並行して、前記第1ハーフトーン画像データおよび前記第2ハーフトーン画像データに基づいて前記ドット出力要素の出力制御を行う出力制御部と、
を備えることを特徴とする画像記録装置。
【請求項15】
請求項14に記載の画像記録装置であって、
前記ドット出力要素が、
前記出力制御部により前記第1ハーフトーン画像データに基づいて制御され、前記記録媒体上の前記ドット記録位置に前記第1の色成分のインクの微小液滴を吐出して前記第1の色成分のドットを記録する第1吐出部と、
前記出力制御部により前記第2ハーフトーン画像データに基づいて制御され、前記記録媒体上の前記ドット記録位置に前記第2の色成分のインクの微小液滴を吐出して前記第2の色成分のドットを記録する第2吐出部と、
を備えることを特徴とする画像記録装置。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、多階調の元画像にハーフトーン化処理を行ってハーフトーン画像データを生成する画像データ生成方法および画像データ生成装置、並びに、記録媒体に画像を記録する画像記録方法および画像記録装置に関する。
【背景技術】
【0002】
従来より、インクの微小な液滴を吐出する複数のノズルが配列された吐出部を記録媒体に対して相対的に移動することにより、記録媒体にインクジェット方式にてカラー画像を記録する画像記録装置が用いられている。カラー画像は、ハーフトーン化処理により生成されたハーフトーン画像データに基づいて、記録媒体上の各画素位置にインクのドットが形成されることにより記録される。このような画像記録装置では、記録媒体上の各画素位置において複数色のインクのドットが大きく重なることにより、色が濁って発色不良が生じてしまったり、コックリング(記録媒体の波打ち現象)が発生するおそれがある。
【0003】
一方、特許文献1および特許文献2では、各画素位置に1つの色のインクのドットのみを記録することにより、画像の粒状性の改善を図る方法が開示されている。また、特許文献3では、記録媒体上におけるドットの重なりの分散性を示す評価指数に基づいてカラー画像のハーフトーン化処理が行われる。これにより、ドットの重なりを抑制して画像の粒状性の改善が図られる。
【0004】
特許文献4では、第1の色成分のハーフトーン画像データを参照しつつ、第2の色成分のハーフトーン画像データの生成が行われる。第2の色成分のハーフトーン画像データの生成では、ハーフトーン画像領域の各画素位置に形成される第1の色成分のドットサイズと第2の色成分のドットサイズとの合計が、所定の閾値ドットサイズ以下とされる。これにより、画像を記録する際に複数色のインクのドットの過剰な重なりが防止され、発色不良やコックリングが抑制される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
【特許文献1】特開平11−010918号公報
【特許文献2】特開2000−354172号公報
【特許文献3】特開2010−241052号公報
【特許文献4】特開2014−000739号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
ところで、特許文献1および特許文献2では、複数色のドットの重なりにより色が濁ってしまうことは抑制されるが、濃い混色を表現することが困難になってしまう。また、インクの着弾位置が所望の位置からずれて複数色のドットの重なり状態が変化すると、当該変化の影響が色味に大きく反映されてしまう。特許文献3でも、複数色のドットの重なりにより色が濁ってしまうことは抑制される。しかしながら、各画素位置に付与されるインクの総量については何ら考慮されておらず、コックリングを適切に抑制することは困難である。特許文献4では、各画素位置に付与されるインクの総量の低減が可能である。ただし、第2の色成分のハーフトーン画像データの生成の際に、元画像における色が異なる複数の画素位置に対して同条件でハーフトーン化処理が行われるため、インクの総量低減に限界がある。
【0007】
本発明は、上記課題に鑑みなされたものであり、描画時の着色材料の使用量を低減することを目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0008】
請求項1に記載の発明は、複数の色成分の画像を含む多階調の元画像にハーフトーン化処理を行い、前記複数の色成分のそれぞれについて、ハーフトーン画像領域においてマトリクス状に配列された複数の画素位置にそれぞれ形成される複数のドットのサイズを示すハーフトーン画像データを生成する画像データ生成方法であって、a)画素の色と、前記画素の色を着色材料にて描画する際の着色材料の使用量を低減するハーフトーン化処理の態様を示す着色材料削減パラメータとの複数の組み合わせを含むパラメータ情報を準備する工程と、b)前記複数の画素位置から選択された一の画素位置である注目画素位置に対応する画素の色である注目画素色を求め、前記注目画素色と前記パラメータ情報とに基づいて前記注目画素位置の着色材料削減パラメータを決定する工程と、c)前記複数の色成分のうち第1の色成分および第2の色成分について、前記着色材料削減パラメータに基づいて前記注目画素位置のハーフトーン化処理を行うことにより、前記注目画素位置に形成される前記第1の色成分のドットのサイズである第1ドットサイズを決定し、その後、前記第2の色成分のドットのサイズである第2ドットサイズを決定する工程と、d)前記複数の画素位置について予め定められた画素順序に従って前記注目画素位置を次の画素位置に変更し、前記b)工程および前記c)工程を繰り返すことにより、前記第1の色成分および前記第2の色成分のハーフトーン画像データである第1ハーフトーン画像データおよび第2ハーフトーン画像データを生成する工程とを備え、前記c)工程が、c1)前記第2の色成分について、前記注目画素位置のハーフトーン化処理を行い、前記注目画素位置に形成される前記第2の色成分のドットのサイズを仮決定する工程と、c2)前記注目画素位置の前記第1ドットサイズと、前記c1)工程にて仮決定された前記第2の色成分のドットのサイズである第2ドット仮サイズとの合計である合計ドットサイズを求める工程と、c3)前記合計ドットサイズと、前記注目画素位置における前記第1ドットサイズおよび前記第2ドットサイズの合計の上限値を示す閾値ドットサイズとを比較し、前記合計ドットサイズが前記閾値ドットサイズ以下である場合、前記第2ドットサイズを前記第2ドット仮サイズに等しいサイズに決定し、前記合計ドットサイズが前記閾値ドットサイズよりも大きい場合、前記第2ドットサイズを、前記閾値ドットサイズと前記第1ドットサイズとの差以下の範囲で最も大きいドットサイズに決定する工程と、c4)前記c3)工程において、前記合計ドットサイズが前記閾値ドットサイズよりも大きい場合、前記注目画素位置の周囲の変更対象領域に含まれる画素位置のうち、前記第2ドットサイズが未決定の1つ以上の画素位置である周辺画素位置群の前記第2の色成分の画素値を、前記注目画素位置の前記第2の色成分の画素値および前記第2ドット仮サイズと前記第2ドットサイズとの差に基づいて変更する工程とを備え、前記着色材料削減パラメータが前記複数の色成分のハーフトーン化順序を示す情報を含み、前記第1の色成分および前記第2の色成分が前記着色材料削減パラメータに基づいて決定され、前記c)工程において前記複数の色成分のそれぞれについてハーフトーン化処理が行われ、前記注目画素位置の一の色成分の画素値が所定の順序閾値以上である場合、前記注目画素位置の前記一の色成分の画素値が前記順序閾値未満である場合よりも、前記複数の色成分のハーフトーン化順序のうち前記一の色成分のハーフトーン化順番が後である
【0009】
請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の画像データ生成方法であって、前記着色材料削減パラメータが前記変更対象領域の大きさを示す情報を含み、前記c4)工程における前記変更対象領域の大きさが前記着色材料削減パラメータに基づいて決定される。
【0010】
請求項3に記載の発明は、請求項2に記載の画像データ生成方法であって、前記注目画素位置の前記第2の色成分の画素値が所定の領域閾値以上である場合、前記注目画素位置の前記第2の色成分の画素値が前記領域閾値未満である場合よりも、前記変更対象領域が小さい。
【0013】
請求項に記載の発明は、請求項1ないしのいずれかに記載の画像データ生成方法であって、前記b)工程において、前記注目画素位置が、既に実行された前記c4)工程における前記周辺画素位置群に含まれる画素位置である場合、変更後の前記第2の色成分の画素値を用いて前記注目画素色が求められる。
【0014】
請求項に記載の発明は、請求項1ないしのいずれかに記載の画像データ生成方法であって、前記b)工程における前記注目画素色が、前記元画像の前記注目画素位置に対応する画素の色である。
【0015】
請求項に記載の発明は、請求項1ないしのいずれかに記載の画像データ生成方法であって、前記b)工程における前記注目画素色が、前記元画像の前記注目画素位置を含む画素位置群を統合して1つの統合画素に対応させた場合の前記統合画素の色である。
【0016】
請求項に記載の発明は、請求項1ないしのいずれかに記載の画像データ生成方法であって、前記ハーフトーン画像領域の縦方向または横方向の画素位置の列において、前記d)工程おける前記注目画素位置の変更が、一方の端部の画素位置から他方の端部の画素位置へと順次行われる。
【0017】
請求項に記載の発明は、請求項1ないしのいずれかに記載の画像データ生成方法であって、前記d)における前記注目画素位置の変更が、前記ハーフトーン画像領域の前記複数の画素位置において非逐次的に行われる。
【0018】
請求項に記載の発明は、請求項1ないしのいずれかに記載の画像データ生成方法であって、前記c1)工程において、前記注目画素位置の画素値と、前記注目画素位置に設定されている閾値とを比較することにより、前記第2ドット仮サイズが決定され、前記c)工程が繰り返される間に、前記閾値が変更される。
【0019】
請求項10に記載の発明は、請求項1ないしのいずれかに記載の画像データ生成方法であって、前記第1の色成分がブラックであり、前記c)工程において前記第1ドットサイズが所定のドットサイズ以上である場合、前記c3)工程よりも前に、前記閾値ドットサイズを前記第1ドットサイズに等しくする。
【0020】
請求項11に記載の発明は、請求項1ないし10のいずれかに記載の画像データ生成方法であって、前記c)工程において前記第1ドットサイズが所定のドットサイズ以上である場合、前記注目画素位置に隣接する画素位置の前記閾値ドットサイズを、前記隣接する画素位置が注目画素位置として選択された際の前記c3)工程よりも前に小さくする。
【0021】
請求項12に記載の発明は、記録媒体に画像を記録する画像記録方法であって、請求項1ないし11のいずれかに記載の画像データ生成方法により生成された第1ハーフトーン画像データおよび第2ハーフトーン画像データを準備する工程と、前記第1ハーフトーン画像データに基づいて記録媒体上に前記第1の色成分のドットを記録する工程と、前記第2ハーフトーン画像データに基づいて前記記録媒体上に前記第2の色成分のドットを記録する工程とを備える。
【0022】
請求項13に記載の発明は、複数の色成分の画像を含む多階調の元画像にハーフトーン化処理を行い、前記複数の色成分のそれぞれについて、ハーフトーン画像領域においてマトリクス状に配列された複数の画素位置にそれぞれ形成される複数のドットのサイズを示すハーフトーン画像データを生成する画像データ生成装置であって、画素の色と、前記画素の色を着色材料にて描画する際の着色材料の使用量を低減するハーフトーン化処理の態様を示す着色材料削減パラメータとの複数の組み合わせを含むパラメータ情報を記憶するパラメータ記憶部と、前記複数の画素位置から選択された一の画素位置である注目画素位置に対応する画素の色である注目画素色を求め、前記注目画素色と前記パラメータ情報とに基づいて前記注目画素位置の着色材料削減パラメータを決定するパラメータ決定部と、前記複数の色成分のうち第1の色成分および第2の色成分について、前記着色材料削減パラメータに基づいて前記注目画素位置のハーフトーン化処理を行うことにより、前記注目画素位置に形成される前記第1の色成分のドットのサイズである第1ドットサイズを決定し、その後、前記第2の色成分のドットのサイズである第2ドットサイズを決定するドットサイズ決定部と、前記複数の画素位置について予め定められた画素順序に従って前記注目画素位置を次の画素位置に変更し、前記パラメータ決定部による前記着色材料削減パラメータの決定と、前記ドットサイズ決定部による前記第1ドットサイズおよび前記第2ドットサイズの決定とを繰り返すことにより、前記第1の色成分および前記第2の色成分のハーフトーン画像データである第1ハーフトーン画像データおよび第2ハーフトーン画像データを生成する繰り返し制御部とを備え、前記ドットサイズ決定部が、前記第2の色成分について、前記注目画素位置のハーフトーン化処理を行い、前記注目画素位置に形成される前記第2の色成分のドットのサイズを仮決定する仮サイズ決定部と、前記注目画素位置の前記第1ドットサイズと、前記仮サイズ決定部により仮決定された前記第2の色成分のドットのサイズである第2ドット仮サイズとの合計である合計ドットサイズを求めるドットサイズ積算部と、前記合計ドットサイズと、前記注目画素位置における前記第1ドットサイズおよび前記第2ドットサイズの合計の上限値を示す閾値ドットサイズとを比較し、前記合計ドットサイズが前記閾値ドットサイズ以下である場合、前記第2ドットサイズを前記第2ドット仮サイズに等しいサイズに決定し、前記合計ドットサイズが前記閾値ドットサイズよりも大きい場合、前記第2ドットサイズを、前記閾値ドットサイズと前記第1ドットサイズとの差以下の範囲で最も大きいドットサイズに決定するサイズ決定部と、前記合計ドットサイズが前記閾値ドットサイズよりも大きい場合、前記注目画素位置の周囲の変更対象領域に含まれる画素位置のうち、前記第2ドットサイズが未決定の1つ以上の画素位置である周辺画素位置群の前記第2の色成分の画素値を、前記注目画素位置の前記第2の色成分の画素値および前記第2ドット仮サイズと前記第2ドットサイズとの差に基づいて変更する画素値変更部とを備え、前記着色材料削減パラメータが前記複数の色成分のハーフトーン化順序を示す情報を含み、前記第1の色成分および前記第2の色成分が前記着色材料削減パラメータに基づいて決定され、前記ドットサイズ決定部により前記複数の色成分のそれぞれについてハーフトーン化処理が行われ、前記注目画素位置の一の色成分の画素値が所定の順序閾値以上である場合、前記注目画素位置の前記一の色成分の画素値が前記順序閾値未満である場合よりも、前記複数の色成分のハーフトーン化順序のうち前記一の色成分のハーフトーン化順番が後である
【0023】
請求項14に記載の発明は、記録媒体に画像を記録する画像記録装置であって、請求項13に記載の画像データ生成装置と、記録媒体上のドット記録位置にドットを記録するドット出力要素と、前記記録媒体上の前記ドット記録位置を前記記録媒体に対して相対的に移動させる移動機構と、前記記録媒体上の前記ドット記録位置の前記記録媒体に対する相対移動に並行して、前記第1ハーフトーン画像データおよび前記第2ハーフトーン画像データに基づいて前記ドット出力要素の出力制御を行う出力制御部とを備える。
【0024】
請求項15に記載の発明は、請求項14に記載の画像記録装置であって、前記ドット出力要素が、前記出力制御部により前記第1ハーフトーン画像データに基づいて制御され、前記記録媒体上の前記ドット記録位置に前記第1の色成分のインクの微小液滴を吐出して前記第1の色成分のドットを記録する第1吐出部と、前記出力制御部により前記第2ハーフトーン画像データに基づいて制御され、前記記録媒体上の前記ドット記録位置に前記第2の色成分のインクの微小液滴を吐出して前記第2の色成分のドットを記録する第2吐出部とを備える。
【発明の効果】
【0025】
本発明では、描画時の着色材料の使用量を低減することができる。
【図面の簡単な説明】
【0026】
図1】一の実施の形態に係る画像記録装置の構成を示す図である。
図2】吐出ユニットを示す底面図である。
図3】制御ユニットの機能を示すブロック図である。
図4】マトリクスセットの特性を示す図である。
図5】ドットサイズ決定部の機能を示すブロック図である。
図6A】画像記録装置による画像記録の流れを示す図である。
図6B】画像記録装置による画像記録の流れを示す図である。
図7】パラメータ情報の例を示す図である。
図8】ハーフトーン画像領域を簡略化して示す図である。
図9】注目画素位置の変更の順序を示す図である。
図10A】画像記録の流れの一部を示す図である。
図10B】画像記録の流れの一部を示す図である。
図11】第2ドットサイズ決定部の機能を示すブロック図である。
図12】周辺画素位置群の画素値の変更例を示す図である。
図13】周辺画素位置群の画素値の他の変更例を示す図である。
図14】パラメータ情報の他の例を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0027】
図1は、本発明の一の実施の形態に係る画像記録装置1の構成を示す図である。画像記録装置1は、印刷用紙である記録媒体9上にインクの微小液滴を吐出することにより、複数の記録媒体9上にカラー画像を順次記録する枚様式の印刷装置(いわゆる、インクジェットプリンタ)である。
【0028】
図1に示すように、画像記録装置1は、複数の記録媒体9を図1中の(+Y)方向である移動方向に移動する移動機構2、移動機構2による搬送途上の記録媒体9に向けてインクの微小液滴を吐出する吐出ユニット3、移動機構2に記録媒体9を供給する供給部51、印刷終了後の記録媒体9を移動機構2から受け取る排出部52、および、これらの機構を制御する制御ユニット4を備える。吐出ユニット3は、移動機構2の上方((+Z)側)に配置され、図示省略のフレームに固定される。
【0029】
移動機構2は、複数のステージ21と、環状のガイド22と、ベルト駆動機構23とを備える。複数のステージ21は、それぞれが1枚のシート状の記録媒体9を吸着保持する。ガイド22は、複数のステージ21が接続されたベルトを内部に備え、複数のステージ21を案内する。ベルト駆動機構23は、ガイド22内のベルトを図1中における反時計回りに移動させることにより、記録媒体9を保持するステージ21を吐出ユニット3の下方(すなわち、(−Z)側)において(+Y)方向に移動する。
【0030】
図2は吐出ユニット3を示す底面図である。吐出ユニット3は、それぞれが互いに異なる色成分のインクを記録媒体9に向けて吐出する複数(本実施の形態では、4個)の吐出部であるヘッド31を備え、これらのヘッド31は同様の構造を有する。複数のヘッド31はY方向(すなわち、移動方向)に配列されて吐出ユニット3の取付部30に取り付けられる。各ヘッド31は、記録媒体9の移動方向であるY方向に垂直なX方向に配列される複数の吐出口33を有する。図2では、吐出口33の個数を実際によりも少なく描いている。なお、複数の吐出口33は、必ずしもX方向に配列される必要はなく、Y方向に対して交差する方向に配列されていればよい。
【0031】
各ヘッド31の各吐出口から吐出されるインクの微小液滴のサイズは切替可能であり(すなわち、異なる量の微小液滴を吐出可能であり)、液滴のサイズが切り替えられ、当該液滴が記録媒体9上に着弾することにより、記録媒体9上に形成されるドットのサイズも切り替えられる。本実施の形態では、各ヘッド31から吐出されるインクの微小液滴のサイズが、「大サイズ」、大サイズよりも小さい「中サイズ」、および、中サイズよりも小さい「小サイズ」の3種類の間で切り替えられる。これにより、記録媒体9上に形成されるインクのドットサイズは、「大サイズ」、「中サイズ」、「小サイズ」、および、ドットが存在しないことを示す「ゼロサイズ」の間で切り換えられる。以下の説明では、大サイズ、中サイズおよび小サイズのドットをそれぞれ、「大ドット」、「中ドット」および「小ドット」とも呼ぶ。本実施の形態では、大サイズの液滴のインク量は9pl(ピコリットル)であり、中サイズの液滴のインク量は6plであり、小サイズの液滴のインク量は3plである。
【0032】
図2中の最も(−Y)側のヘッド31はブラック(K)の色のインクを吐出し、ブラックのヘッド31の(+Y)側のヘッド31はシアン(C)の色のインクを吐出し、シアンのヘッド31の(+Y)側のヘッド31はマゼンタ(M)の色のインクを吐出し、最も(+Y)側のヘッド31はイエロー(Y)の色のインクを吐出する。なお、吐出ユニット3では、ライトシアン、ライトマゼンタ、ホワイト等の他の色用のインクジェットヘッド等も設けられてよい。
【0033】
画像記録装置1では、X方向に関し、各ヘッド31が記録媒体9上の記録領域の全体に亘って(本実施の形態では、記録媒体9のX方向の全体に亘って)設けられる。そして、制御ユニット4の出力制御部41(図3参照)により吐出ユニット3と移動機構2とが制御され、記録媒体9が、吐出ユニット3の複数のヘッド31に対向する位置を(+Y)方向に1回だけ通過することにより、記録媒体9上にブラック、シアン、マゼンタ、イエローのインクが順に吐出されて記録媒体9への画像の記録が完了する。
【0034】
換言すれば、画像記録装置1では、記録媒体9上において上記移動方向に垂直な幅方向の全幅に亘って配列される複数のドット記録位置に、ドット出力要素である吐出ユニット3において各ヘッド31の複数の吐出口33からインクの微小液滴をそれぞれ吐出してドットを記録し、記録媒体9上の当該複数のドット記録位置を、移動機構2により上記移動方向に記録媒体9に対して相対的に1回だけ移動させることにより、記録媒体9に対するシングルパス印刷が行われる。
【0035】
ここで、ブラックを第1の色成分、シアンを第2の色成分、マゼンタを第3の色成分、イエローを第4の色成分と呼ぶと、吐出ユニット3の4つのヘッド31のうち最も(−Y)側のヘッド31は、記録媒体9上のドット記録位置に第1の色成分のインクの微小液滴を吐出して第1の色成分のドットを記録する第1吐出部である。また、(−Y)側から2番目のヘッド31は、記録媒体9上のドット記録位置に第2の色成分のインクの微小液滴を吐出して第2の色成分のドットを記録する第2吐出部である。(−Y)側から3番目のヘッド31は、記録媒体9上のドット記録位置に第3の色成分のインクの微小液滴を吐出して第3の色成分のドットを記録する第3吐出部であり、最も(+Y)側のヘッド31は、記録媒体9上のドット記録位置に第4の色成分のインクの微小液滴を吐出して第4の色成分のドットを記録する第4吐出部である。
【0036】
制御ユニット4は、各種演算処理を行うCPU、基本プログラムを記憶するROM、および、各種情報を記憶するRAMをバスラインに接続した一般的なコンピュータシステムの構成となっている。図3は、制御ユニット4の機能を示すブロック図である。図3では、制御ユニット4に接続される画像記録装置1の構成の一部を併せて示す。制御ユニット4は、上述の出力制御部41と、各種演算を行う演算部42とを備える。
【0037】
出力制御部41は、吐出制御部411と、移動制御部412とを備える。移動制御部412は、演算部42からの出力に基づいて、移動機構2による記録媒体9の吐出ユニット3に対する相対移動を制御する。吐出制御部411は、演算部42からの出力(すなわち、各色成分のハーフトーン画像データ)に基づいて、記録媒体9上のドット記録位置の記録媒体9に対する相対移動に並行して、吐出ユニット3の出力制御を行う。これにより、吐出ユニット3の複数の吐出口33からのインクの吐出が制御される。
【0038】
演算部42は、画像メモリ421と、複数のマトリクス記憶部422(SPM(Screen Pattern Memory)とも呼ばれる。)と、画像データ生成部423(ハーフトーン化回路)と、色成分画像生成部420とを備える。色成分画像生成部420は、外部から入力される多階調のカラー画像にグレイ置換(GCR:Gray Component Replacement)を行いつつ分版処理を施す。グレイ置換とは、ブラック、シアン、マゼンタおよびイエローのドットを重ねて表現されるグレイの部分を、ブラックのインクの濃淡のみで表現することにより、グレイの部分にシアン、マゼンタおよびイエローのドットが形成されないようにする処理のことである。
【0039】
これにより、当該カラー画像の第1の色成分であるブラックの階調画像、第2の色成分であるシアンの階調画像、第3の色成分であるマゼンタの階調画像、および、第4の色成分であるイエローの階調画像が生成される。以下の説明では、色成分画像生成部420により生成されるブラック、シアン、マゼンタおよびイエローの階調画像をそれぞれ、「第1色成分画像」、「第2色成分画像」、「第3色成分画像」および「第4色成分画像」と呼ぶ。また、第1ないし第4色成分画像をまとめて「色成分画像」と呼ぶ。
【0040】
第1ないし第4色成分画像のデータ(以下、まとめて「色成分画像データ」ともいう。)は、画像メモリ421に記憶される。複数のマトリクス記憶部422は、第1ないし第4の色成分に対応する閾値マトリクスがそれぞれ記憶されるメモリである。
【0041】
各マトリクス記憶部422には、大ドット用の閾値マトリクスである大ドット用マトリクス811と、中ドット用の閾値マトリクスである中ドット用マトリクス812と、小ドット用の閾値マトリクスである小ドット用マトリクス813とが記憶される。大ドット用マトリクス811、中ドット用マトリクス812および小ドット用マトリクス813はそれぞれ、不規則に配置されるドットの個数を変更することにより階調を表現するFM(Frequency Modulated)スクリーニングに用いられる閾値マトリクスである。
【0042】
図3では1つのマトリクス記憶部422に記憶される大ドット用マトリクス811、中ドット用マトリクス812および小ドット用マトリクス813を図示しているが、他の色成分のマトリクス記憶部422にもそれぞれ、大ドット用マトリクス811、中ドット用マトリクス812および小ドット用マトリクス813が記憶される。以下の説明では、大ドット用マトリクス811、中ドット用マトリクス812および小ドット用マトリクス813の3つの閾値マトリクスをまとめて「マトリクスセット」とも呼ぶ。当該3つの閾値マトリクスの同じ位置では、大ドット用マトリクス811の閾値が最も大きく、小ドット用マトリクス813の閾値が最も小さい。また、中ドット用マトリクス812の閾値は、大ドット用マトリクス811および小ドット用マトリクス813の両閾値の間の値である。
【0043】
図4は、マトリクスセットの特性を示す図である。図4では、一様な階調値の画像を画像記録装置1にて記録する場合の各色成分のインクの吐出率を縦軸に示しており、横軸は各色成分の画像の階調値を示している。上述の吐出率とは、記録媒体9上の単位領域においてインクのドットが付与可能な位置として定義されている記録位置の個数を基準個数として、単位領域に対して一のヘッド31から実際に吐出されて付与されるドットの個数の基準個数に対する割合を示す値である。
【0044】
図4では、大サイズのインクの微小液滴の吐出率を符号A1を付す実線にて示す。以下の説明では、大サイズ、中サイズおよび小サイズのインクの微小液滴の吐出率をそれぞれ「大ドットの吐出率」、「中ドットの吐出率」および「小ドットの吐出率」という。図4では、大ドットの吐出率と中ドットの吐出率との和を、符号A2を付す一点鎖線にて示し、全サイズのインクの微小液滴の吐出率である合計吐出率を符号A3を付す破線にて示す。
【0045】
大ドット用マトリクス811の閾値の範囲は128〜255であり、中ドット用マトリクス812の閾値の範囲は64〜192であり、小ドット用マトリクス813の閾値の範囲は0〜128である。既述のように、マトリクスセットの3つの閾値マトリクスにおいて互いに対応する位置では、小ドット用マトリクス813の閾値よりも中ドット用マトリクス812の閾値の方が大きく、中ドット用マトリクス812の閾値よりも大ドット用マトリクス811の閾値の方が大きい。そして、1つの位置に大ドットが形成されると、小ドットおよび中ドットは入力画素値が閾値を上回っても描画されず、1つの位置に中ドットが形成されると、小ドットは入力画素値が閾値を上回っても描画されない。
【0046】
図4に示すように、画像の階調値が0から64まで増加するに従って、小ドットのみによる吐出率が、破線A3にて示すように0%から50%まで線形に増加する。階調値が64から128まで増加する際には、合計吐出率は、破線A3にて示すように50%から100%まで線形に増加し、中ドットの吐出率は一点鎖線A2にて示すように0%から50%まで線形に増加する。破線A3と一点鎖線A2との差は、小ドットの吐出率に相当し、小ドットの吐出率は、階調値の増加にかかわらず一定である。
【0047】
階調値が128から192まで増加する際には、合計吐出率は、破線A3にて示すように100%のままであり、大ドットの吐出率と中ドットの吐出率との和は、一点鎖線A2にて示すように50%から100%まで線形に増加し、大ドットの吐出率は、実線A1にて示すように0%から50%まで線形に増加する。破線A3と一点鎖線A2との差は、小ドットの吐出率に相当し、小ドットの吐出率は、階調値の増加に従って減少する。一点鎖線A2と実線A1との差は、中ドットの吐出率に相当し、中ドットの吐出率は、階調値の増加にかかわらず一定である。
【0048】
階調値が192から255まで増加する際には、合計吐出率は100%のままであり、大ドットの吐出率と中ドットの吐出率との和も、一点鎖線A2にて示すように100%のままである。また、大ドットの吐出率は、実線A1にて示すように50%から100%まで線形に増加する。一点鎖線A2と実線A1との差は、中ドットの吐出率に相当し、中ドットの吐出率は、階調値の増加に従って減少する。小ドットの吐出率は0%であり、小サイズのインクの微小液滴は吐出されない。
【0049】
マトリクスセットの各ドットサイズに対応する閾値マトリクスが生成される際には、例えば、特開2008−199154号公報に開示された方法にて元となる閾値マトリクスが作成され、閾値の範囲を必要に応じて狭めるとともに最小閾値がそのサイズのドットの出現階調値に合うように各閾値にオフセット値が加えられる。
【0050】
図3に示す画像データ生成部423は、色成分画像データと閾値マトリクスとを色成分毎に比較してハーフトーン画像データを生成する比較部である。画像データ生成部423は、パラメータ記憶部424と、パラメータ決定部426と、ドットサイズ決定部427と、繰り返し制御部428とを備える。画像データ生成部423は、ソフトウェアにより実現されてもよい。
【0051】
図5は、ドットサイズ決定部427の機能を示すブロック図である。ドットサイズ決定部427は、画素値記憶部430と、第1ドットサイズ決定部431と、第2ドットサイズ決定部432と、第3ドットサイズ決定部433と、第4ドットサイズ決定部434とを備える。
【0052】
次に、画像記録装置1が画像を記録する動作について、図6Aおよび図6Bを参照しつつ説明する。なお、図6Aおよび図6Bは1枚の記録媒体9に注目した画像記録の流れを示している。画像記録装置1では、第1ないし第4色成分画像のハーフトン化処理に利用される4つのマトリクスセットが、図3に示す演算部42の4つのマトリクス記憶部422にそれぞれ記憶される。
【0053】
また、上述のハーフトーン化処理の際に利用されるパラメータ情報425が、画像データ生成部423のパラメータ記憶部424に記憶されることにより準備される(ステップS11)。パラメータ情報425は、画素の色と、着色材料削減パラメータとの複数の組み合わせを含む。着色材料削減パラメータは、着色材料であるインクにて当該画素の色を描画する際に、インクの使用量を低減することができるハーフトーン化処理の態様を示す。
【0054】
具体的には、着色材料削減パラメータは、例えば、後述するハーフトーン化処理において画素値が変更される画素の領域である変更対象領域の大きさを示す情報を含む。また、着色材料削減パラメータは、例えば、複数の色成分のハーフトーン化処理の順序を示す情報を含む。図6Aおよび図6Bに示す例では、上記変更対象領域の大きさを示す情報が着色材料削減パラメータに含まれるものとして説明する。変更対象領域の詳細については、後述する。
【0055】
図7は、パラメータ情報425の一例をテーブル形式で示す図である。図7に示す例では、パラメータ情報425の左側の5つの縦の列が画素の色を示す。最も左側の列は、画素の複数の色を識別するための識別子である色番号を示す。左側から2番目の列は、各色番号に対応する色におけるブラックの濃度(%)を示す。左側から3,4,5番目の列はそれぞれ、各色番号に対応する色におけるシアンの濃度(%)、マゼンタの濃度(%)、および、イエローの濃度(%)を示す。濃度の範囲は0%〜100%であり、濃度0%および100%はそれぞれ、画素値0および255に対応する。すなわち、左から2〜5番目の列は、第1ないし第4の色成分の画素値を示す。パラメータ情報425では、複数の色番号の色において、各色成分の多種類の濃度がおよそ均等に出現することが好ましい。
【0056】
パラメータ情報425のうち画素の色を示す4つの列よりも右側の縦の列は、各色番号の色に関連づけられる着色材料削減パラメータを示す。図7に示す例では、着色材料削減パラメータの1つである上記変更対象領域の大きさを示す。変更対象領域の大きさは、例えば、「拡散モード1」または「拡散モード2」として示される。拡散モード1に対応する変更対象領域の大きさは、拡散モード2に対応する変更対象領域の大きさよりも小さい。
【0057】
図7に示す例では、シアンの画素値を示す濃度が80%以上である場合、変更対象領域の大きさを示す着色材料削減パラメータが拡散モード1であり、シアンの濃度が80%未満である場合、変更対象領域の大きさを示す着色材料削減パラメータが拡散モード2となる。拡散モードが変更される境界の濃度80%に対応する画素値204を「領域閾値」と呼ぶと、図7に示す例では、第2の色成分の画素値が所定の領域閾値以上である場合、第2の色成分の画素値が当該領域閾値未満である場合よりも、変更対象領域は小さい。
【0058】
画像記録装置1では、例えば装置外部のコンピュータから、複数の色成分の画像を含む多階調のカラー画像である元画像のデータが色成分画像生成部420に入力される。当該元画像の各色成分の階調値(すなわち、各色成分画像の各画素が取り得る画素値)は、0から255である。階調値0は、濃度0%に対応し、インクのドットが形成されないことにより表現される。階調値255は、濃度100%(ベタ)に対応し、インクの大ドットにて表現される。すなわち、画像記録装置1では、濃度100%に対応するインクの液滴の量は、9plである。
【0059】
以下では、元画像が、ブラックの階調値が143、シアンの階調値が214、マゼンタの階調値が189、イエローの階調値が10のチント画像であるものとして説明する。色成分画像生成部420では、当該カラー画像にグレイ置換を行いつつ分版処理を施すことにより、階調値153(濃度60%)のブラックの階調画像、階調値204(濃度80%)のシアンの階調画像、階調値179(濃度70%)のマゼンタの階調画像、および、階調値0(濃度0%)のイエローの階調画像が生成される。色成分画像生成部420により生成された各色成分画像は、画像メモリ421に格納される。
【0060】
続いて、画像データ生成部423により、各色成分画像にハーフトーン化処理が行われ、複数の色成分のそれぞれについてハーフトーン画像データが生成される。図8は、ハーフトーン画像が生成される領域であるハーフトーン画像領域75を簡略化して示す概念図である。図8に示す例では、ハーフトーン画像領域75を、縦方向に4つの画素位置751が配列され、横方向に4つの画素位置751が配列された正方形の領域として示す。図8に示す例では、ハーフトーン画像領域75には16個の画素位置751が含まれるが、実際には、ハーフトーン画像領域75にはもっと多数の画素位置が含まれる。画像データ生成部423により生成される各色成分のハーフトーン画像データは、ハーフトーン画像領域75の複数の画素位置751にそれぞれ形成される複数のドットのサイズを示す。
【0061】
ハーフトーン画像データの生成では、まず、画像データ生成部423のパラメータ決定部426により、ハーフトーン画像領域75において、マトリクス状に配列された複数の画素位置751(すなわち、複数の描画位置)から、一の画素位置751が注目画素位置751aとして選択される。図8に示す例では、ハーフトーン画像領域75の左上の角部の画素位置が注目画素位置751aとして選択される。
【0062】
続いて、パラメータ決定部426により、画像メモリ421に記憶されている各色成分の階調画像から、注目画素位置751aに対応する画素の色である注目画素色が求められる。詳細には、注目画素位置751aに対応する画素における各色成分の画素値、または、当該画素値に対応する濃度が注目画素色として求められる。そして、注目画素色と図7に示すパラメータ情報425とに基づいて、注目画素位置751aの着色材料削減パラメータ(この場合は、変更対象領域の大きさを示す拡散モード)が決定される(ステップS12)。
【0063】
ステップS12では、パラメータ情報425の複数の画素の色から注目画素色に等しい画素の色が抽出され、当該画素の色に対応する着色材料削減パラメータが、注目画素位置751aの着色材料削減パラメータとして決定される。パラメータ情報425の複数の画素の色に注目画素色と一致する色が含まれていない場合は、例えば、当該複数の画素の色のうち、CMYK色空間における注目画素色との間の距離である色空間距離が最も小さい色が抽出され、抽出された色に対応する着色材料削減パラメータが、注目画素位置751aの着色材料削減パラメータとして決定される。色空間距離を示す評価値は、例えば、第1ないし第4の色成分のそれぞれについて、注目画素位置751aの画素値とパラメータ情報425の画素の色の画素値との差の二乗を求め、第1ないし第4の色成分の当該差の二乗を合計したものである。
【0064】
次に、図5に示すドットサイズ決定部427の第1ドットサイズ決定部431、第2ドットサイズ決定部432、第3ドットサイズ決定部433および第4ドットサイズ決定部434により、第1ないし第4の色成分について、ステップS12にて決定された着色材料削減パラメータに基づいて注目画素位置751aのハーフトーン化処理が行われる。これにより、注目画素位置751aに形成される第1ないし第4の色成分のそれぞれのドットのサイズである第1ドットサイズ、第2ドットサイズ、第3ドットサイズおよび第4ドットサイズが順次決定される(ステップS13)。第1ドットサイズは、最大のドットのサイズである大サイズ、大サイズよりも小さいドットのサイズである中サイズ、中サイズよりも小さいドットのサイズである小サイズ、および、ドットが形成されないゼロサイズのいずれかである。第2ドットサイズ、第3ドットサイズおよび第4ドットサイズについても同様である。ステップS13の詳細については後述する。
【0065】
注目画素位置751aにおける各色成分のドットサイズが決定されると、繰り返し制御部428(図3参照)により、注目画素位置751aが次の画素位置751に変更される。換言すれば、次の画素位置751が注目画素位置751aとして新たに選択される(ステップS14,S15)。注目画素位置751aの変更は、ハーフトーン画像領域75の複数の画素位置751について予め定められた画素順序に従って行われる。
【0066】
ステップS15における注目画素位置751aの変更は、例えば、ハーフトーン画像領域75の縦方向または横方向の画素位置751の列において、一方の端部の画素位置751から他方の端部の画素位置751へと順に行われる。図9は、上記画素順序の一例を示す図である。画像記録装置1では、図9中の各画素位置751において括弧内に示される番号の小さい順にステップS15の処理が行われる。図9に示す例では、ステップS15の処理は、ハーフトーン画像領域75の横方向の画素位置751の列において、一方の端部の画素位置751から他方の端部の画素位置751へと順次行われる。
【0067】
注目画素位置751aが変更されると、繰り返し制御部428によりパラメータ決定部426およびドットサイズ決定部427が制御され、ステップS12,S13が繰り返される。具体的には、新たな注目画素位置751aの注目画素色が求められ、当該注目画素色とパラメータ情報425に基づいて注目画素位置751aの着色材料削減パラメータが決定される(ステップS12)。そして、第1ないし第4の色成分について、ステップS12にて決定された着色材料削減パラメータに基づいて注目画素位置751aのハーフトーン化処理が行われ、注目画素位置751aの第1ドットサイズ、第2ドットサイズ、第3ドットサイズおよび第4ドットサイズが順次決定される(ステップS13)。
【0068】
画像データ生成部423では、ハーフトーン画像領域75の全ての画素位置751に対するハーフトーン化処理が行われるまで、ステップS12,S13が繰り返される。これにより、全ての画素位置751における第1ドットサイズ、第2ドットサイズ、第3ドットサイズおよび第4ドットサイズが決定され、第1ないし第4の色成分のハーフトーン画像データである第1ハーフトーン画像データ、第2ハーフトーン画像データ、第3ハーフトーン画像データおよび第4ハーフトーン画像データが生成される(ステップS14,S15)。以下の説明では、第1ハーフトーン画像データ、第2ハーフトーン画像データ、第3ハーフトーン画像データおよび第4ハーフトーン画像データをまとめて、単に「ハーフトーン画像データ」とも呼ぶ。
【0069】
ステップS11〜S15によりハーフトーン画像データが準備されると、出力制御部41の移動制御部412により移動機構2が制御され、記録媒体9の移動方向への移動が開始される(ステップS16)。そして、記録媒体9の移動に同期しつつ、ブラックのインクを吐出するヘッド31が第1ハーフトーン画像データに基づいて吐出制御部411により制御され、ブラックのドットによる第1ハーフトーン画像が記録媒体9上に記録される(ステップS17)。
【0070】
続いて、第2ハーフトーン画像データに基づいてシアンのインクを吐出するヘッド31が制御され、記録媒体9のブラックのドットが記録された領域(以下、「既記録領域」という。)に、シアンのドットによる第2ハーフトーン画像が記録される(ステップS18)。また、第3ハーフトーン画像データに基づいてマゼンタのインクを吐出するヘッド31が制御され、記録媒体9の既記録領域にマゼンタのドットによる第3ハーフトーン画像が記録される(ステップS19)。さらに、第4ハーフトーン画像データに基づいてイエローのインクを吐出するヘッド31が制御され、記録媒体9の既記録領域にイエローのドットによる第4ハーフトーン画像が記録される(ステップS20)。ただし、上述の例では、イエローの階調画像の階調値は0であるため、記録媒体9上にイエローのドットは記録されない。画像記録装置1では、各色成分のハーフトーン画像の記録が、上述のハーフトーン画像データの生成と並行して行われてもよく、ハーフトーン画像データの生成終了後に行われてもよい。
【0071】
画像記録装置1では、既述のように記録媒体9は供給部51により逐次供給されるとともに画像記録後に排出部52に回収される。所望の枚数の記録媒体9上にハーフトーン画像の全体が記録されると、記録媒体9の供給が停止され、画像記録動作が終了する(ステップS21)。
【0072】
次に、ステップS13におけるドットサイズの決定の詳細について図10Aおよび図10Bを参照しつつ説明する。ドットサイズ決定部427では、まず、画像メモリ421から各色成分の階調画像が読み込まれ、各画素の画素値が図5に示す画素値記憶部430に記憶される(ステップS131)。続いて、第1ドットサイズ決定部431により、第1の色成分について注目画素位置751aのハーフトーン化処理が行われ、注目画素位置751aに形成される第1の色成分のドットのサイズである第1ドットサイズが決定される(ステップS132)。
【0073】
具体的には、第1色成分画像であるブラックの階調画像における注目画素位置751aの画素値(本実施の形態では、153)と、ブラックに対応するマトリクスセットにおいて注目画素位置751aに設定されている閾値とが比較される。画素値と閾値との比較は、3種類のドットサイズに対応する3つの閾値マトリクス(すなわち、大ドット用マトリクス811、中ドット用マトリクス812および小ドット用マトリクス813)について行われる。
【0074】
実際の動作では、第1ドットサイズ決定部431により、第1色成分画像の注目画素位置751aの画素値が画素値記憶部430から読み出される。また、ブラック用の大ドット用マトリクス811、中ドット用マトリクス812および小ドット用マトリクス813のそれぞれにおいて注目画素位置751aに対応する3つの閾値が特定され、マトリクス記憶部422から読み出される。そして、注目画素位置751aの画素値と上記3つの閾値とが比較されることにより、第1ドットサイズが決定される。
【0075】
より詳細には、まず、第1色成分画像の注目画素位置751aの画素値(以下、「入力画素値」という。)と大ドット用マトリクス811の閾値とが比較され、入力画素値が閾値よりも大きい場合には、第1ハーフトーン画像データの注目画素位置751aに値「3」が付与される。以下、ハーフトーン画像領域における値を「ハーフトーン画素値」という。入力画素値が大ドット用マトリクス811の閾値以下である場合には、入力画素値と中ドット用マトリクス812の閾値とが比較される。入力画素値が中ドット用マトリクス812の閾値よりも大きい場合には、第1ハーフトーン画像データの注目画素位置751aにハーフトーン画素値「2」が付与される。入力画素値が中ドット用マトリクス812の閾値以下である場合には、入力画素値と小ドット用マトリクス813の閾値とが比較される。入力画素値が小ドット用マトリクス813の閾値よりも大きい場合には、第1ハーフトーン画像データの注目画素位置751aにハーフトーン画素値「1」が付与され、閾値以下である場合にはハーフトーン画素値「0」が付与される。
【0076】
画像記録装置1では、ハーフトーン画素値が「3」である画素位置751(すなわち、記録媒体9上のドット記録位置)には、大サイズのインクの微小液滴が吐出されて大ドットが形成される。また、ハーフトーン画素値が「2」である画素位置751には、中サイズのインクの微小液滴が吐出されて中ドットが形成され、ハーフトーン画素値が「1」である画素位置751には、小サイズのインクの微小液滴が吐出されて小ドットが形成される。ハーフトーン画素値が「0」である画素位置751には、ドットは形成されない。換言すれば、当該画素位置751のドットサイズは、ゼロサイズとなる。本実施の形態では、最初の注目画素位置751aの第1ドットサイズは大サイズであり、対応するハーフトーン画素値は「3」であるものとして説明する。
【0077】
第1ドットサイズが決定されると、第2ドットサイズ決定部432により、第2の色成分であるシアンについて、注目画素位置751aの第1ドットサイズを参照しつつ、上述の着色材料削減パラメータに基づいて注目画素位置751aのハーフトーン化処理が行われる。これにより、注目画素位置751aに形成される第2の色成分のドットのサイズである第2ドットサイズが決定される。
【0078】
図11は、第2ドットサイズ決定部432の機能を示すブロック図である。第2ドットサイズ決定部432は、仮サイズ決定部441と、ドットサイズ積算部442と、サイズ決定部443と、画素値変更部444とを備える。サイズ決定部443は、第2ドットサイズの決定に係る閾値ドットサイズである第1閾値ドットサイズを記憶する。第1閾値ドットサイズは、注目画素位置751aにおける第1ドットサイズおよび第2ドットサイズの合計の上限値を示す。本実施の形態では、第1閾値ドットサイズは、大ドットと小ドットとの和に対応するサイズであり、当該サイズに対応するインク量およびハーフトーン画素値はそれぞれ、12plおよび「4」であるものとして説明する。当該第1閾値ドットサイズは、中ドットと中ドットとの和に対応するサイズでもある。
【0079】
第2ドットサイズ決定部432により第2ドットサイズが決定される際には、まず、仮サイズ決定部441により、第2の色成分について注目画素位置751aのハーフトーン化処理が行われ、注目画素位置751aに形成される第2の色成分のドットのサイズが仮決定される(ステップS133)。
【0080】
具体的には、第2色成分画像であるシアンの階調画像における注目画素位置751aの画素値(本実施の形態では、204)と、シアンに対応するマトリクスセットにおいて注目画素位置751aに設定されている閾値とが比較される。画素値と閾値との比較は、3種類のドットサイズに対応する3つの閾値マトリクス(すなわち、大ドット用マトリクス811、中ドット用マトリクス812および小ドット用マトリクス813)について行われる。
【0081】
実際の動作では、仮サイズ決定部441により、第2色成分画像の注目画素位置751aの画素値が画素値記憶部430から読み出される。また、シアン用の大ドット用マトリクス811、中ドット用マトリクス812および小ドット用マトリクス813のそれぞれにおいて注目画素位置751aに対応する3つの閾値が特定され、マトリクス記憶部422から読み出される。そして、注目画素位置751aの画素値と上記3つの閾値とが比較されることにより、第2ドットサイズが仮決定される。
【0082】
より詳細には、まず、第2色成分画像の注目画素位置751aの画素値である入力画素値と大ドット用マトリクス811の閾値とが比較され、入力画素値が閾値よりも大きい場合には、第2ハーフトーン画像データの注目画素位置751aにハーフトーン画素値「3」が仮付与される。すなわち、注目画素位置751aに形成されるシアンのドットサイズが、大サイズに仮決定される。入力画素値が大ドット用マトリクス811の閾値以下である場合には、入力画素値と中ドット用マトリクス812の閾値とが比較される。入力画素値が中ドット用マトリクス812の閾値よりも大きい場合には、第2ハーフトーン画像データの注目画素位置751aにハーフトーン画素値「2」が仮付与され、注目画素位置751aに形成されるシアンのドットサイズが、中サイズに仮決定される。
【0083】
入力画素値が中ドット用マトリクス812の閾値以下である場合には、入力画素値と小ドット用マトリクス813の閾値とが比較される。入力画素値が小ドット用マトリクス813の閾値よりも大きい場合には、第2ハーフトーン画像データの注目画素位置751aにハーフトーン画素値「1」が仮付与され、注目画素位置751aに形成されるシアンのドットサイズが、小サイズに仮決定される。入力画素値が小ドット用マトリクス813の閾値以下である場合には、第2ハーフトーン画像データの注目画素位置751aにハーフトーン画素値「0」が仮付与され、注目画素位置751aに形成されるシアンのドットサイズが、ゼロサイズに仮決定される。
【0084】
シアンのドットサイズの仮決定が終了すると、ドットサイズ積算部442により、ステップS132にて第1ドットサイズ決定部431により決定された注目画素位置751aの第1ドットサイズ(すなわち、第1の色成分であるブラックのドットサイズ)と、ステップS133にて仮決定された注目画素位置751aのシアンのドットサイズである第2ドット仮サイズとの合計である合計ドットサイズが求められる(ステップS134)。
【0085】
続いて、サイズ決定部443により、合計ドットサイズと上述の第1閾値ドットサイズが比較される(ステップS135)。具体的には、第1閾値ドットサイズに対応するインク量(12pl)と、合計ドットサイズに対応するインク量とが比較され、合計ドットサイズに対応するインク量が12pl以下の場合、合計ドットサイズが第1閾値ドットサイズ以下であると判断される。また、合計ドットサイズに対応するインク量が12plよりも大きい場合、合計ドットサイズが第1閾値ドットサイズよりも大きいと判断される。
【0086】
合計ドットサイズと第1閾値ドットサイズとの比較は、第1閾値ドットサイズに対応するハーフトーン画素値(4)と、合計ドットサイズに対応するハーフトーン画素値(すなわち、注目画素位置751aにおけるブラックおよびシアンのハーフトーン画素値の合計)との比較により行われてもよい。この場合、合計ドットサイズに対応するハーフトーン画素値が「4」以下であれば、合計ドットサイズが第1閾値ドットサイズ以下であると判断され、合計ドットサイズに対応するハーフトーン画素値が「4」よりも大きいと、合計ドットサイズが第1閾値ドットサイズよりも大きいと判断される。
【0087】
第2ドット仮サイズがゼロサイズ(対応するインク量:0pl)である場合、上述のように第1ドットサイズが大サイズであるため、合計ドットサイズは、大サイズとゼロサイズとの和に対応するサイズとなる。また、合計ドットサイズに対応するインク量は9plである。したがって、合計ドットサイズは、第1閾値ドットサイズ以下であると判断され、注目画素位置751aに形成されるシアンのドットのサイズである第2ドットサイズが、サイズ決定部443により、第2ドット仮サイズに等しいサイズ、すなわち、ゼロサイズに決定される(ステップS136)。注目画素位置751aには、シアンのハーフトーン画素値として「0」が付与される。
【0088】
また、第2ドット仮サイズが小サイズ(対応するインク量:3pl)である場合、合計ドットサイズは、大サイズと小サイズとの和に対応するサイズであり、合計ドットサイズに対応するインク量は12plである。したがって、合計ドットサイズは、上記と同様に第1閾値ドットサイズ以下であると判断され、サイズ決定部443により、第2ドットサイズが、第2ドット仮サイズに等しいサイズである小サイズに決定される(ステップS136)。注目画素位置751aには、シアンのハーフトーン画素値として「1」が付与される。
【0089】
一方、第2ドット仮サイズが中サイズ(対応するインク量:6pl)である場合、合計ドットサイズは、大サイズと中サイズとの和に対応するサイズであり、合計ドットサイズに対応するインク量は15plである。したがって、合計ドットサイズは、第1閾値ドットサイズよりも大きいと判断される。そして、サイズ決定部443により、第2ドットサイズが、第1閾値ドットサイズと第1ドットサイズとの差以下の範囲で最も大きいドットサイズ、すなわち、小サイズに決定される(ステップS137)。ドットサイズに対応するインク量で説明すると、第2ドットサイズは、第1閾値ドットサイズに対応するインク量(12pl)と第1ドットサイズに対応するインク量(9pl)との差(3pl)以下の範囲で最も大きいドットサイズである小サイズに決定される。注目画素位置751aには、シアンのハーフトーン画素値として「1」が付与される。
【0090】
また、第2ドット仮サイズが大サイズ(対応するインク量:9pl)である場合、合計ドットサイズは、大サイズと大サイズとの和に対応するサイズであり、合計ドットサイズに対応するインク量は18plである。したがって、合計ドットサイズは、上記と同様に第1閾値ドットサイズよりも大きいと判断され、サイズ決定部443により、第2ドットサイズが、第1閾値ドットサイズと第1ドットサイズとの差以下の範囲で最も大きいドットサイズである小サイズに決定される(ステップS137)。注目画素位置751aには、シアンのハーフトーン画素値として「1」が付与される。
【0091】
ステップS135において合計ドットサイズが、第1閾値ドットサイズよりも大きいと判断された場合、ステップS137に続いて、画素値変更部444が、画素値記憶部430に記憶されているシアンの階調画像にアクセスする。そして、注目画素位置751aの周囲の変更対象領域に含まれる画素位置751のうち、第2ドットサイズが未決定の1つ以上の画素位置751である周辺画素位置群のシアンの画素値が、画素値変更部444により、注目画素位置751aにおけるシアンの画素値、および、注目画素位置751aにおける第2ドット仮サイズと第2ドットサイズとの差に基づいて変更される(ステップS138)。実際には、シアンの階調画像において、周辺画素位置群に対応する画素である周辺画素群の画素値が、注目画素位置751aに対応する画素である注目画素の画素値、および、注目画素位置751aにおける第2ドット仮サイズと第2ドットサイズとの差に基づいて変更される。
【0092】
図12は、周辺画素群の画素値の変更の様子を示す図である。図12では、階調画像701の注目画素702に平行斜線を付し、階調画像701における変更対象領域に対応する領域704(以下、単に「変更対象領域704」という。)を太線にて囲む。また、変更対象領域704に含まれる周辺画素群の画素703(以下、「周辺画素703」という。)にも、注目画素702とは異なる平行斜線を付す。変更対象領域704は、注目画素702(すなわち、ハーフトーン画像領域75における注目画素位置751a)と所定の位置関係を有する領域である。
【0093】
本実施の形態では、変更対象領域704の大きさ(すなわち、変更対象領域704に含まれる画素の数、および、当該画素の注目画素702に対する相対位置)は、ステップS12において注目画素位置751aについて決定された着色材料削減パラメータに基づいて決定されている。上述のように、シアンの階調画像(すなわち、シアンの元画像)において注目画素位置751aに対応する画素の画素値は204であり、パラメータ情報425に係る上述の領域閾値以上であるため、変更対象領域704の大きさは、拡張モード1(図7参照)となる。図12に示す例では、変更対象領域704は、注目画素702の右側および下側に隣接する2つの画素である。
【0094】
ステップS138では、第2ドット仮サイズと第2ドットサイズとの差を第2ドット仮サイズで除算した値を、注目画素702の画素値に対して乗算し、乗算結果を変更対象領域704に含まれる周辺画素703に均等に分配して加算することにより、周辺画素群の画素値が変更される。
【0095】
例えば、第2ドット仮サイズが中サイズである場合、ステップS137にて決定された第2ドットサイズは小サイズであるため、第2ドット仮サイズと第2ドットサイズとの差に対応するインク量は、6−3=3plである。また、注目画素702の画素値は、上述のように204である。そこで、図12に白抜き矢印にて示すように、204×(6−3)/6=102の画素値を周辺画素群に含まれる2つの周辺画素703に均等に分配し、各周辺画素703に画素値51が加算されて画素値が255となる。
【0096】
一方、第2ドット仮サイズが大サイズである場合、ステップS137にて決定された第2ドットサイズは小サイズであるため、第2ドット仮サイズと第2ドットサイズとの差に対応するインク量は、9−3=6plである。そこで、204×(9−3)/9=136の画素値を周辺画素群に含まれる2つの周辺画素703に均等に分配し、各周辺画素703に画素値68が加算されて画素値が272となる。ステップS138では、画素値の加算により周辺画素703の画素値が255よりも大きくなる場合、周辺画素703の画素値は255に変更される。
【0097】
ステップS12において決定された変更対象領域704の大きさが拡散モード2である場合、ステップS138では、図13に示すように、注目画素702の右側、右斜め下、下側、左斜め下に隣接する4つの画素(すなわち、拡散モード1の場合よりも多い画素)が変更対象領域704として抽出される。図13に示す変更対象領域704は、図12に示す拡散モードが1である場合の変更対象領域704よりも大きい。そして、注目画素位置751aの第2ドット仮サイズと第2ドットサイズとの差を第2ドット仮サイズで除算した値を、注目画素702の画素値に対して乗算し、例えば、乗算結果の7/16が、注目画素702の右側に隣接する周辺画素703の画素値に加算される。また、注目画素702の右斜め下、下側、左斜め下に隣接する周辺画素703の画素値には、上記乗算結果の1/16、5/16および3/16がそれぞれ加算される。
【0098】
上述の説明では、注目画素位置751aの第1ドットサイズが大サイズである場合について述べたが、以下、他の場合についても説明する。例えば、注目画素位置751aの第1ドットサイズが中サイズである場合、第2ドット仮サイズがゼロサイズ、小サイズまたは中サイズであれば、合計ドットサイズは第1閾値ドットサイズ以下となるため、第2ドットサイズは第2ドット仮サイズに等しいサイズに決定される。一方、第2ドット仮サイズが大サイズであれば、第2ドットサイズは、第1閾値ドットサイズと第1ドットサイズとの差以下の範囲で最も大きいドットサイズである中サイズに決定され、変更対象領域に含まれる周辺画素位置群のシアンの画素値が変更される。また、注目画素位置751aの第1ドットサイズが小サイズまたはゼロサイズである場合、第2ドットサイズは、常に第2ドット仮サイズに等しいサイズに決定される。
【0099】
第2ドットサイズが決定されると、第3ドットサイズ決定部433により、第3の色成分であるマゼンタについて、注目画素位置751aの第1ドットサイズおよび第2ドットサイズを参照しつつ、注目画素位置751aのハーフトーン化処理が行われる。これにより、注目画素位置751aに形成される第3の色成分のドットのサイズである第3ドットサイズが決定される(ステップS139)。
【0100】
第3ドットサイズの決定の詳細は、上述の第2ドットサイズの決定とおよそ同様である。具体的には、まず、ステップS133と略同様に、第3の色成分について注目画素位置751aのハーフトーン化処理が行われ、注目画素位置751aに形成されるマゼンタのドットのサイズが仮決定される。当該ハーフトーン化処理は、マゼンタに対応するマトリクスセットを利用して行われる。
【0101】
続いて、ステップS134と略同様に、第1ドットサイズ、第2ドットサイズ、および、仮決定されたマゼンタのドットサイズである第3ドット仮サイズの合計である合計ドットサイズが求められる。そして、ステップS135と略同様に、合計ドットサイズが、第3ドットサイズの決定に係る閾値ドットサイズである第2閾値ドットサイズと比較される。第2閾値ドットサイズは、注目画素位置751aにおける第1ドットサイズ、第2ドットサイズおよび第3ドットサイズの合計の上限値を示す。合計ドットサイズが第2閾値ドットサイズ以下である場合、ステップS136と略同様に、注目画素位置751aに形成されるマゼンタのドットサイズである第3ドットサイズが、第3ドット仮サイズに等しいサイズに決定される。
【0102】
一方、合計ドットサイズが第2閾値ドットサイズよりも大きい場合、第3ドットサイズは、ステップS137と略同様に、第2閾値ドットサイズと、第1ドットサイズおよび第2ドットサイズの合計との差以下の範囲で最も大きいドットサイズに決定される。また、注目画素位置751aの周囲の変更対象領域に含まれる画素位置のうち、第3ドットサイズが未決定の1つ以上の画素位置である周辺画素位置群のマゼンタの画素値が、ステップS138と略同様に、注目画素位置751aのマゼンタの画素値、および、第3ドット仮サイズと第3ドットサイズとの差に基づいて変更される。第3の色成分に係る上記変更対象領域の大きさは、上述の第2の色成分に係る変更対象領域の大きさと同じであってもよく、異なっていてもよい。第3の色成分に係る変更対象領域の大きさは、例えば、注目画素色にかかわらず一定であってもよく、あるいは、パラメータ情報425の着色材料削減パラメータに含まれ、ステップS12において注目画素色に基づいて決定されてもよい。
【0103】
第3ドットサイズが決定されると、第4ドットサイズ決定部434により、第4の色成分であるイエローについて、注目画素位置751aの第1ドットサイズ、第2ドットサイズおよび第3ドットサイズを参照しつつ、注目画素位置751aのハーフトーン化処理が行われる。これにより、注目画素位置751aに形成される第4の色成分のドットのサイズである第4ドットサイズが決定される(ステップS140)。
【0104】
第4ドットサイズの決定の詳細は、上述の第2ドットサイズおよび第3ドットサイズの決定とおよそ同様である。具体的には、まず、ステップS133と略同様に、第4の色成分について注目画素位置751aのハーフトーン化処理が行われ、注目画素位置751aに形成されるイエローのドットのサイズが仮決定される。当該ハーフトーン化処理は、イエローに対応するマトリクスセットを利用して行われる。
【0105】
続いて、ステップS134と略同様に、第1ドットサイズ、第2ドットサイズ、第3ドットサイズ、および、仮決定されたイエローのドットサイズである第4ドット仮サイズの合計である合計ドットサイズが求められる。そして、ステップS135と略同様に、合計ドットサイズが、第4ドットサイズの決定に係る閾値ドットサイズである第3閾値ドットサイズと比較される。第3閾値ドットサイズは、注目画素位置751aにおける第1ドットサイズ、第2ドットサイズ、第3ドットサイズおよび第4ドットサイズの合計の上限値を示す。合計ドットサイズが第3閾値ドットサイズ以下である場合、ステップS136と略同様に、注目画素位置751aに形成されるイエローのドットサイズである第4ドットサイズが、第4ドット仮サイズに等しいサイズに決定される。
【0106】
一方、合計ドットサイズが第3閾値ドットサイズよりも大きい場合、第4ドットサイズは、ステップS137と略同様に、第3閾値ドットサイズと、第1ドットサイズ、第2ドットサイズおよび第3ドットサイズの合計との差以下の範囲で最も大きいドットサイズに決定される。また、注目画素位置751aの周囲の変更対象領域に含まれる画素位置のうち、第4ドットサイズが未決定の1つ以上の画素位置である周辺画素位置群のイエローの画素値が、ステップS138と略同様に、注目画素位置751aのイエローの画素値、および、第4ドット仮サイズと第4ドットサイズとの差に基づいて変更される。第4の色成分に係る上記変更対象領域の大きさは、上述の第2の色成分および第3の色成分に係る変更対象領域の大きさと同じであってもよく、異なっていてもよい。第4の色成分に係る変更対象領域の大きさは、例えば、注目画素色にかかわらず一定であってもよく、あるいは、パラメータ情報425の着色材料削減パラメータに含まれ、ステップS12において注目画素色に基づいて決定されてもよい。
【0107】
上述のステップS139における第3ドットサイズの決定では、例えば、ステップS132における第1ドットサイズの決定と同様に、注目画素位置751aに形成される他の色成分のドットサイズを参照することなく、注目画素位置751aのハーフトーン化処理が行われてもよい。ステップS140における第4ドットサイズの決定でも同様に、注目画素位置751aに形成される他の色成分のドットサイズを参照することなく、注目画素位置751aのハーフトーン化処理が行われてもよい。
【0108】
画像データ生成部423では、ステップS131〜S140により第1ドットサイズ、第2ドットサイズ、第3ドットサイズおよび第4ドットサイズが決定されると、上述のように、注目画素位置751aが次の画素位置751に変更される(ステップS14,S15)。
【0109】
そして、ステップS12に戻り、新たに選択された注目画素位置751aの注目画素色が求められる。このとき、新たに選択された注目画素位置751aが、既に実行されたステップS138における周辺画素位置群に含まれる画素位置(すなわち、実行済みのステップS138において第2の色成分の画素値が変更された画素位置)である場合、変更後の第2の色成分の画素値を用いて注目画素色が求められる。新たに選択された注目画素位置751aに対して、複数回のステップS138が既に実行されている場合、当該注目画素位置751aにおける最新の第2の色成分の画素値(すなわち、複数回のステップS138のうち最後のステップS138終了後の第2の色成分の画素値)を用いて注目画素色が求められる。
【0110】
注目画素位置751aが、実行済みのステップS139において第3の色成分の画素値が変更された画素位置である場合も同様に、注目画素色の算出の際に、変更後の第3の色成分の画素値が用いられる。注目画素位置751aが、実行済みのステップS140において第4の色成分の画素値が変更された画素位置である場合も同様に、注目画素色の算出の際に、変更後の第4の色成分の画素値が用いられる。
【0111】
画像データ生成部423では、このようにして求められた注目画素色と、図7に示すパラメータ情報425とに基づいて、新たな注目画素位置751aの着色材料削減パラメータがパラメータ決定部426により決定される(ステップS12)。そして、第1ないし第4の色成分について、当該着色材料削減パラメータに基づいて当該注目画素位置751aのハーフトーン化処理が行われる。これにより、注目画素位置751aに形成される第1ないし第4の色成分のそれぞれのドットのサイズである第1ドットサイズ、第2ドットサイズ、第3ドットサイズおよび第4ドットサイズが順次決定される(ステップS13)。画像データ生成部423では、上述のように、ステップS12〜S15が繰り返されることにより、第1ハーフトーン画像データ、第2ハーフトーン画像データ、第3ハーフトーン画像データおよび第4ハーフトーン画像データが生成される。
【0112】
以上の説明において、複数の色成分のうち第1の色成分および第2の色成分に注目すると、画像データ生成部423では、上述のステップS13において、複数の色成分のうち第1の色成分および第2の色成分について、ステップS12にて決定された注目画素位置751aの着色材料削減パラメータに基づいて、注目画素位置751aのハーフトーン化処理が行われる。これにより、注目画素位置751aの第1ドットサイズおよび第2ドットサイズが決定される。そして、上述の画素順序に従って注目画素位置751aを次の画素位置751に変更し、ステップS12およびステップS13が繰り返されることにより、第1ハーフトーン画像データおよび第2ハーフトーン画像データが生成される。
【0113】
ステップS13では、第1ドットサイズが決定された後、第2の色成分について、第1ドットサイズを参照しつつ注目画素位置751aのハーフトーン化処理が行われ、注目画素位置751aに形成される第2の色成分のドットのサイズが仮決定される(ステップS133)。続いて、注目画素位置751aに形成される第1ドットサイズと、ステップS133にて仮決定された第2ドット仮サイズとの合計である合計ドットサイズが求められる(ステップS134)。次に、合計ドットサイズと第1閾値ドットサイズとが比較され、合計ドットサイズが第1閾値ドットサイズ以下である場合、第2ドットサイズを第2ドット仮サイズに等しいサイズに決定される(ステップS135,S136)。一方、合計ドットサイズが第1閾値ドットサイズよりも大きい場合、第2ドットサイズが、第1閾値ドットサイズと第1ドットサイズとの差以下の範囲で最も大きいドットサイズに決定され、注目画素位置751aの周囲の変更対象領域に含まれる画素位置751のうち、第2ドットサイズが未決定の1つ以上の画素位置751である周辺画素位置群の第2の色成分の画素値が、注目画素位置751aの第2の色成分の画素値、および、第2ドット仮サイズと第2ドットサイズとの差に基づいて変更される(ステップS135,S137,S138)。
【0114】
このように、画像データ生成部423では、第2の色成分についての注目画素位置751aのハーフトーン化処理の際に、注目画素位置751aの第1ドットサイズを参照することにより、第1ドットサイズと第2ドットサイズとの合計が、第1閾値ドットサイズ以下となる。これにより、画像記録装置1における記録媒体9への画像の記録において、第2の色成分のドットが形成される際に、記録媒体9上における第1の色成分のドットと第2の色成分のドットとの過剰な重なりを抑制することができる。その結果、第1の色成分のインクと第2の色成分のインクとの混合による発色不良(色の濁り)やコックリング(記録媒体9の波打ち現象)を抑制することができる。
【0115】
また、第1ドットサイズと第2ドットサイズとの合計を第1閾値ドットサイズ以下とするために、第2ドットサイズが第2ドット仮サイズよりも小さいサイズに決定される場合(すなわち、第2の色成分のドットのサイズが変更される場合)、注目画素位置751aの周囲に位置する周辺画素位置群の画素値が、第2の色成分のドットのサイズの変更量(すなわち、第2ドット仮サイズと第2ドットサイズとの差)に基づいて変更される。換言すれば、注目画素位置751aにおける第2の色成分のドットのサイズの変更量が、周辺画素位置群へと拡散される。これにより、第2の色成分のドットのサイズ変更による影響を補正し、第2の色成分のドットの第1の色成分のドットに対する重なりを抑制しつつ、第2の色成分の階調画像を記録媒体9上に精度良く表現することができる。
【0116】
画像データ生成部423では、ハーフトーン画像領域75の注目画素位置751aについて、注目画素位置751aのハーフトーン化処理が行われるよりも前に、注目画素位置751aの画素の色と、着色材料削減パラメータとの複数の組み合わせを含むパラメータ情報425が準備される。着色材料削減パラメータは、当該画素の色を着色材料であるインクにて描画する際のインクの使用量を低減するハーフトーン化処理の態様を示す。そして、注目画素位置751aの画素の色とパラメータ情報425とに基づいて、注目画素位置751aの着色材料削減パラメータが決定され、上述の注目画素位置751aのハーフトーン化処理において利用される。このため、画像記録装置1における記録媒体9への画像の記録において、注目画素位置751aに対応する画素に第1および第2の色成分のドットが形成される際に、第1および第2の色成分のインクの使用量を低減することができる。
【0117】
また、上述のように、着色材料削減パラメータは、注目画素位置751aの周囲の変更対象領域の大きさを示す情報を含み、画像データ生成部423では、ステップS138における変更対象領域の大きさが着色材料削減パラメータに基づいて決定される。このように、注目画素位置751aの注目画素色に合わせて、注目画素位置751aにおける第2の色成分のドットのサイズの変更量(すなわち、第2ドット仮サイズと第2ドットサイズとの差)の拡散範囲を変更することにより、記録媒体9への画像記録時における第1および第2の色成分のインクの使用量を、より一層適切に低減することができる。
【0118】
ところで、画像データ生成部423では、注目画素位置751aの第2の色成分の画素値が比較的大きい場合、ステップS135において合計ドットサイズが第1閾値ドットサイズよりも大きいと判断される可能性が高くなる。すなわち、第2ドットサイズが第2ドット仮サイズよりも小さくなり、第2の色成分のドットのサイズの変更量(すなわち、第2の色成分のインク量の誤差)が周辺画素位置群へと拡散される可能性が高くなる。また、周辺画素位置群へと拡散される当該変更量も大きくなる可能性がある。
【0119】
上述のように、画像データ生成部423では、ステップS138において、注目画素位置751aの第2の色成分の画素値が所定の領域閾値以上である場合、注目画素位置751aの第2の色成分の画素値が領域閾値未満である場合よりも、変更対象領域が小さくされる。このように、上記変更量が比較的大きい場合に、第2の色成分のドットのサイズの変更量の拡散範囲を小さくすることにより、第2の色成分の画素値が、注目画素位置751aの周囲において広範囲に亘って変更されることを抑制することができる。その結果、注目画素位置751aの周囲において、第2の色成分の画素値と元画像である第2色成分画像の画素値との間に差が生じることを抑制することができる。すなわち、記録媒体9への画像記録時に、第2の色成分の階調画像を記録媒体9上に精度良く表現することができる。
【0120】
上述のように、ステップS12では、注目画素位置751aが、既に実行されたステップS138における周辺画素位置群に含まれる画素位置(すなわち、実行済みのステップS138において第2の色成分の画素値が変更された画素位置)である場合、変更後の第2の色成分の画素値を用いて注目画素色が求められる。これにより、既に実行されたステップS138の影響を考慮して、記録媒体9への画像記録時における第1および第2の色成分のインクの使用量を、さらに適切に低減することができる。
【0121】
画像データ生成部423では、ステップS15における注目画素位置751aの変更は、ハーフトーン画像領域75の縦方向または横方向の画素位置751の列において、一方の端部の画素位置751から他方の端部の画素位置751へと順に行われる。このように、注目画素位置751aの変更が逐次的(シーケンシャル)に行われることにより、ステップS15における新たな注目画素位置751aの選択、ステップS138における周辺画素位置群の抽出、および、周辺画素位置の画素値の変更等を容易に行うことができる。その結果、画像データ生成部423における第1ハーフトーン画像データおよび第2ハーフトーン画像データの生成を容易とすることができる。また、ハーフトーン化処理が進む方向が変更される変曲点を少なくすることにより、注目画素位置751aの周囲における第2ドットサイズが未決定の画素位置751の個数を、ハーフトーン化処理の進行の程度(すなわち、ハーフトーン画像領域75における注目画素位置751aの位置)にかかわらず、およそ一定とすることができる。その結果、ハーフトーン画像領域75のおよそ全域に亘って、ハーフトーン化処理の質を均一にすることができる。
【0122】
画像データ生成部423では、ステップS15における注目画素位置751aの変更は、ハーフトーン画像領域75の上記複数の画素位置751において非逐次的に行われてもよい。例えば、ステップS15において、既にハーフトーン化処理が行われた全ての画素位置751から、ハーフトーン画像領域75において最も離れた一の画素位置751が、新たな注目画素位置751aとして選択される。このように、注目画素位置751aの変更が非逐次的に行われることにより、第2の色成分のドットのサイズの変更量が、一定の方向(例えば、注目画素位置751aの変更が逐次的に行われる場合の当該変更が進む方向)に向かって拡散することが抑制される。これにより、記録媒体9上に記録された画像において、第2の色成分が一定の方向に向かって濃くなることを抑制することができる。その結果、第2の色成分の階調画像を記録媒体9上にさらに精度良く表現することができる。
【0123】
画像データ生成部423では、注目画素位置751aにおける第3の色成分および第4の色成分のハーフトーン化処理が、上述の第2の色成分のハーフトーン化処理(ステップS133〜S138)と略同様に、ステップS12にて決定された第3の色成分および第4の色成分にそれぞれ係る着色材料削減パラメータに基づいて行われる。これにより、画像データ生成部423は、第3の色成分および第4の色成分についても、第2の色成分に係る上述の様々な効果と同様の効果を奏する。
【0124】
上述のように、画像記録装置1では、ドットサイズを変更することにより発色不良やコックリングを抑制するため、記録媒体9上に形成可能なドットサイズの種類が多い方が、より効率的に発色不良やコックリングを抑制することができる。したがって、第1ドットサイズおよび第2ドットサイズがそれぞれ、ゼロサイズおよび最大サイズのいずれかである場合(各画素位置にドットが記録されるか否かのみが選択可能な場合)よりも、ゼロサイズ、および、ゼロサイズ以外の複数種類のサイズのいずれかである方が、第1および第2の色成分のドットの過剰な重なりをより効率的に防止することができ、シアンの階調画像をより精度良く表現することができる。第3ドットサイズおよび第4ドットサイズについても同様である。
【0125】
画像データ生成部423では、ハーフトーン画像領域75の複数の画素位置751についてステップS13が繰り返される間に、第2の色成分であるシアンに対応するマトリクスセットの大ドット用マトリクス811、中ドット用マトリクス812および小ドット用マトリクス813のそれぞれの閾値が変更されてもよい。例えば、1つの画素位置751に形成される第2ドットサイズの決定毎に、上述の各閾値マトリクス811〜813の閾値に乱数が付与されることにより、各閾値マトリクス811〜813の閾値が変更される。乱数の付与は、例えば、1つの画素位置751の列の第2ドットサイズが決定される毎に行われてもよい。
【0126】
このように、マトリクスセットの閾値が変更されることにより、ステップS137における第2ドットサイズの変更が、ハーフトーン画像領域75の全体において不規則に発生する。換言すれば、第2ドットサイズの変更の発生の不規則性を増大させることができる。その結果、第2ハーフトーン画像データにおいて、第2ドットサイズの変更に伴う意図しない規則的なパターンの出現を抑制することができる。第3の色成分および第4の色成分についても同様である。
【0127】
また、画像データ生成部423では、ステップS132において第1の色成分であるブラックの所定のドットサイズ(例えば、中サイズ)以上のドットが形成されることが決定された注目画素位置751aの第1閾値ドットサイズが、ステップS132とステップS135との間において、当該ブラックのドットサイズに等しくされてもよい。換言すれば、ステップS13において第1ドットサイズが所定のドットサイズ以上である場合、ステップS135よりも前に、第1閾値ドットサイズが当該第1ドットサイズに等しくされる。
【0128】
これにより、ステップS135において、所定のドットサイズ以上のブラックのドットが形成される画素位置751における合計ドットサイズが、仮決定された第2の色成分のドットサイズである第2ドット仮サイズがゼロサイズである場合を除き、必ず、第1閾値ドットサイズよりも大きくなる。したがって、ブラックのドットが形成される画素位置751に第2の色成分のドットは形成されない。その結果、第2の色成分のドットがブラックのドットと重なってあまり認識されない状態となることが防止され、記録媒体9に記録される画像の発色を良くすることができる。また、記録媒体9への画像記録時における第2の色成分のインクの使用量を適切に低減することができる。第3の色成分および第4の色成分についても同様である。
【0129】
画像データ生成部423では、ステップS132において第1の色成分であるブラックの所定のドットサイズ(例えば、中サイズ)以上のドットが形成されることが決定された注目画素位置751aに隣接する画素位置751の第1閾値ドットサイズが小さくされてもよい。隣接する画素位置751の第1閾値ドットサイズは、当該画素位置751が注目画素位置751aとして選択された際のステップS135よりも前に行われる。換言すれば、ステップS13において第1ドットサイズが所定のドットサイズ以上である場合、注目画素位置751aに隣接する画素位置751の第1閾値ドットサイズが、当該隣接する画素位置751が注目画素位置751aとして選択された際のステップS135よりも前に小さくされる。
【0130】
具体的には、注目画素位置751aの第1ドットサイズが中サイズまたは大サイズに決定されると、注目画素位置751aの上下左右に隣接する4つの画素位置751における第1閾値ドットサイズが、大ドットと小ドットとの和に対応するサイズから、例えば、中ドットと小ドットとの和に対応するサイズ(対応インク量は9pl)に変更される。あるいは、抽出された注目画素位置751aの上下左右斜めに隣接する8つの画素位置751における第1閾値ドットサイズが小さくされる。
【0131】
これにより、第1の色成分のドットが形成される画素位置751に隣接する画素位置751に第2の色成分のドットが形成されることが抑制され、また、第2の色成分のドットが形成される場合であっても第2の色成分のドットのサイズが小さくなる可能性が高くなる。その結果、記録媒体9上に形成された後の第1の色成分のドットの拡がりを考慮し、拡がった後の第1の色成分のドットと第2の色成分のドットとの過剰な重なりを防止することができる。第3の色成分および第4の色成分についても同様である。
【0132】
画像データ生成部423では、ステップS12において、注目画素位置751aが、既に実行されたステップS138における周辺画素位置群に含まれる画素位置(すなわち、実行済みのステップS138において第2の色成分の画素値が変更された画素位置)である場合であっても、注目画素色は、必ずしも変更後の第2の色成分の画素値を用いて求められる必要はない。例えば、ステップS12における注目画素色は、ステップS138における画素値の変更とは無関係に、元画像の注目画素位置751aに対応する画素の色であってもよい。具体的には、例えば、画像メモリ421に記憶される第1ないし第4の色成分の色成分画像データのそれぞれから、注目画素位置751aに対応する画素の画素値が抽出され、これらの第1ないし第4の色成分の画素値が注目画素色とされる。
【0133】
元画像では、通常、近接する複数の画素の色が大きく異なることは少ないため、近接する複数の画素位置751のハーフトーン化処理の結果も大きく異なることは少ない。しかしながら、上述のように、ステップS12において、変更後の第2の色成分の画素値を用いて注目画素色が求められると、近接する複数の画素位置751のハーフトーン化処理の際に、異なる着色材料削減パラメータが使用され、近接する複数の画素位置751において、ハーフトーン化処理の結果が大きく異なる可能性がある。そこで、上述のように、ステップS12における注目画素色を、元画像の注目画素位置751aに対応する画素の色とすることにより、注目画素位置751aのハーフトーン化処理を、近接する他の画素位置751と異なる着色材料削減パラメータを用いて行うことが抑制される。その結果、記録媒体9に記録される画像において、近接する複数の画素にて意図しない色の差が生じることを抑制することができる。
【0134】
ステップS12における注目画素色を、元画像の注目画素位置751aに対応する画素の色とする場合、例えば、ステップS13における注目画素位置751aのハーフトーン化処理が行われるよりも前に、ハーフトーン画像領域75の全ての画素位置751についてステップS12が順次行われて各画素位置751の着色材料削減パラメータが決定され、その後、注目画素位置751aのハーフトーン化処理(ステップS13)が繰り返し行われてもよい。この場合も、画像データ生成部423では、繰り返し制御部428によりパラメータ決定部426およびドットサイズ決定部427が制御され、実質的にステップS12,S13が繰り返されることにより、各色成分のハーフトーン画像データが生成される。これにより、ハーフトーン画像データの生成に係る処理を簡素化することができる。
【0135】
画像データ生成部423では、ステップS12における注目画素色を、元画像の注目画素位置751aに対応する画素の色とするか、上述のステップS138における変更後の画素値を用いて求めるかは、元画像の色、記録媒体9上に記録される画像に求められる品質、あるいは、要求されるインク使用量の低減の程度等に合わせて適宜選択されてよい。
【0136】
画像データ生成部423では、ステップS12における注目画素色は、元画像の注目画素位置751aを含む複数の画素位置751を画素位置群として統合して1つの統合画素に対応させた場合の当該統合画素の色であってもよい。具体的には、例えば、正方形状に配置された9つの画素位置751(すなわち、縦横各3列の画素位置751の集合)が画素位置群として統合される。そして、当該画素位置群に対応する1つの統合画素が求められ、当該統合画素の色が注目画素色とされる。統合画素の色として、例えば、画像メモリ421に記憶される第1ないし第4の色成分の色成分画像データのそれぞれから、上記9つの画素位置751の画素値が抽出され、各色成分について上記9つの画素位置751の画素値の平均が求められる。そして、ステップS12における注目画素位置751aとして統合画素に対応する各画素位置751が選択された場合、当該各画素位置751の注目画素色として上記統合画素の色が使用される。
【0137】
これにより、ステップS12における注目画素色を元画像の注目画素位置751aに対応する画素の色とする場合と略同様に、注目画素位置751aのハーフトーン化処理を、近接する他の画素位置751と異なる着色材料削減パラメータを用いて行うことが抑制される。その結果、記録媒体9に記録される画像において、近接する複数の画素にて意図しない色の差が生じることを抑制することができる。また、1つの統合画素に対応する複数の画素位置751の注目画素色を共通として、当該複数の画素位置751の着色材料削減パラメータを共通とすることにより、ステップS12におけるデータ処理量を低減することができる。その結果、画像データ生成部423におけるハーフトーン画像データの生成処理を迅速化することができる。
【0138】
上記ステップS13の説明では、注目画素位置751aにおける複数の色成分のハーフトーン化処理は、ブラック、シアン、マゼンタ、イエローの順に行うものとして説明したが、他の順序にて注目画素位置751aにおけるハーフトーン化処理は行われてもよい。あるいは、ステップS13の繰り返しにおいて、複数の画素位置751について互いに異なる順序にて複数の色成分のハーフトーン化処理が行われてもよい。
【0139】
画像データ生成部423では、例えば、図14に示すように、パラメータ情報425の着色材料削減パラメータが、複数の色成分のハーフトーン化処理の順序(以下、「ハーフトーン化順序」という。)を示す情報を含む。図14では、着色材料削減パラメータにおけるブラック(K)、シアン(C)、マゼンタ(M)およびイエロー(Y)の左側からの並び順が、注目画素位置751aにおけるハーフトーン化順序を示す。例えば、色番号298の場合、ハーフトーン化順序は、ブラック、シアン、マゼンタおよびイエローの順であり、色番号299,300の場合、ハーフトーン化順序は、ブラック、マゼンタ、シアンおよびイエローの順である。各ステップS12では、注目画素色とパラメータ情報425とに基づいて、注目画素位置751aのハーフトーン化順序が着色材料削減パラメータとして決定される。ステップS13では、ステップS12にて決定されたハーフトーン化順序に従って、注目画素位置751aの各色成分のハーフトーン化処理が順に行われる。
【0140】
ステップS12における注目画素位置751aのハーフトーン化処理が、具体的な色が未決定である第1の色成分、第2の色成分、第3の色成分および第4の色成分の順に行われるものとすると、上述のステップS12では、第1の色成分および第2の色成分が着色材料削減パラメータに基づいて決定される。また、第3の色成分および第4の色成分も着色材料削減パラメータに基づいて決定される。換言すれば、ステップS12では、第1ないし第4の色成分の具体的な色が決定される。このように、注目画素位置751aの注目画素色に合わせて、注目画素位置751aにおけるハーフトーン化順序を変更することにより、記録媒体9への画像記録時における第1および第2の色成分のインクの使用量を適切に低減することができる。また、第3および第4の色成分のインクの使用量も適切に低減することができる。
【0141】
画像データ生成部423では、ステップS13において複数の色成分(すなわち、第1ないし第4の色成分)のそれぞれについて上述のようにハーフトーン化処理が行われる際に、注目画素位置751aの一の色成分の画素値が所定の順序閾値以上である場合、注目画素位置751aの当該一の色成分の画素値が順序閾値未満である場合よりも、複数の色成分のハーフトーン化順序のうち当該一の色成分のハーフトーン化順番が後とされる。図14に示す例では、注目画素位置751aにおける上記一の色成分であるシアンの画素値が、所定の順序閾値(例えば、濃度80%に対応する画素値204)以上である場合、シアンについてのハーフトーン化処理は、ブラックおよびマゼンタについてのハーフトーン化処理の次(すなわち、3番目)に行われる。一方、注目画素位置751aにおけるシアンの画素値が順序閾値未満の場合、シアンについてのハーフトーン化処理は、ブラックについてのハーフトーン化処理の次(すなわち、2番目)に行われる。
【0142】
このように、上記一の色成分(例えば、シアン)の注目画素位置751aにおける画素値が比較的大きい場合、ハーフトーン化処理の順番を後にすることにより、上述の第1閾値ドットサイズや第2閾値ドットサイズによる合計ドットサイズの制限により、当該一の色成分のインクの使用量を比較的大きく低減することができる。これにより、複数の色成分のインクの使用量をさらに低減することができる。上述の一の色成分は、シアン以外の色成分であってもよい。例えば、ブラックの画素値が所定の順序閾値以上である場合、ブラックについてのハーフトーン化処理が4つの色成分のうち2番目に行われ、ブラックの画素値が当該順序閾値未満である場合、ブラックについてのハーフトーン化処理が4つの色成分のうち1番目に行われてもよい。
【0143】
上述の画像記録装置1では、様々な変更が可能である。
【0144】
図7に例示するパラメータ情報425では、拡張モード1および拡張モード2における変更対象領域の大きさ、および、注目画素位置751aと変更対象領域に含まれる画素位置との位置関係は、様々に変更されてよい。また、画像データ生成部423では、変更対象領域に含まれる周辺画素位置に対応する画素の画素値の変更量も適宜変更されてよい。変更対象領域に含まれる周辺画素位置は、必ずしも注目画素位置751aに隣接する必要はなく、注目画素位置751aの周囲に位置するのであれば、注目画素位置751aから離間していてもよい。図7に例示するパラメータ情報425では、着色材料削減パラメータに3種類以上の拡張モード(すなわち、変更対象領域の大きさ)が含まれてもよい。
【0145】
パラメータ情報425では、各色番号の画素の色に対して、複数種類の着色材料削減パラメータが対応づけられてもよい。例えば、各色番号の画素の色に対して、変更対象領域の大きさを示す拡張モード、および、複数の色成分のハーフトーン化順序が対応づけられ、各注目画素位置751aのハーフトーン化処理において、注目画素色に基づいて拡張モードおよびハーフトーン化順序が決定されてもよい。
【0146】
パラメータ記憶部424は、例えば、記録媒体9の種類、記録媒体9に対する画像の記録モード(記録速度や記録時の解像度等)、および、画像記録装置1の種類にそれぞれ応じた複数のパラメータ情報425を記憶することが好ましい。
【0147】
パラメータ情報425は、必ずしも、図7および図14に示すテーブル形式にてパラメータ記憶部424に記憶される必要はない。例えば、パラメータ情報425として、閾値となる一の画素値が記憶され、注目画素位置751aにおける一の色成分の画素値が当該閾値以上である場合、着色材料削減パラメータとして上述の拡散モード1が選択され、当該閾値未満である場合、着色材料削減パラメータとして上述の拡散モード2が選択されてもよい。あるいは、CMYK色空間における原点からの距離が上記閾値とされ、パラメータ情報425としてパラメータ記憶部424に記憶されてもよい。また、CMYK色空間における距離に代えて、HSV色空間における距離、XYZ色空間における距離、または、Lab色空間における距離が上記閾値とされ、パラメータ情報425としてパラメータ記憶部424に記憶されてもよい。
【0148】
パラメータ情報425の着色材料削減パラメータは、拡張モードおよびハーフトーン化順序以外のパラメータを含んでいてもよい。また、パラメータ情報425の画素の色は、必ずしもCMYK色空間における座標にて示される必要はなく、例えば、HSV色空間、XYZ色空間またはLab色空間における座標にて示されてもよい。
【0149】
例えば、画像記録装置1において、マゼンタのインク濃度が、他の色成分のインク濃度よりも低い(すなわち、マゼンタのインクにおける顔料等の含有率が、他の色成分のインクにおける含有率よりも低い)場合、上述のマゼンタのドットサイズの決定に係る第2閾値ドットサイズが着色材料削減パラメータに含まれ、パラメータ情報425の画素の色がLab色空間における座標にて示される。パラメータ情報425では、画素の色が、赤方向の色味が強い色相(例えば、色度が「a>0」かつ「−50<b<0」の範囲に含まれる色相)である場合、当該色相以外の色相である場合に比べて、着色材料削減パラメータである第2閾値ドットサイズが大きい。これにより、赤方向の色味が強い注目画素位置751aのハーフトーン化処理において、マゼンタのドットサイズである第3ドットサイズを大きくすることができ、インク濃度が低いマゼンタの発色が他の色成分よりも低下することを抑制することができる。その結果、記録媒体9上における当該注目画素位置751aの記録の際に、所望の色相を表現することができる。
【0150】
シアンのインク濃度が他の色成分のインク濃度よりも低い場合は、シアンのドットサイズの決定に係る第1閾値ドットサイズが着色材料削減パラメータに含まれる。パラメータ情報425では、画素の色が青方向の色味が強い色相である場合、それ以外の場合に比べて第1閾値ドットサイズが大きい。
【0151】
上述の説明では、第1閾値ドットサイズは、ブラックのドットサイズである第1ドットサイズとシアンのドットサイズである第2ドットサイズとの合計の上限値を示す。また、第2閾値ドットサイズは、第1ドットサイズ、第2ドットサイズ、および、マゼンタのドットサイズを示す第3ドットサイズの合計の上限値を示す。第3閾値ドットサイズは、第1ドットサイズ、第2ドットサイズ、第3ドットサイズ、および、イエローのドットサイズを示す第4ドットサイズの合計の上限値を示す。サイズ決定部443に記憶される第1閾値ドットサイズは適宜変更されてよい。上述の第2閾値ドットサイズおよび第3閾値ドットサイズについても同様である。
【0152】
また、パラメータ情報425では、例えば、第1ないし第3閾値ドットサイズにブラックのドットサイズである第1ドットサイズを含めるか否かを示す情報が、着色材料削減パラメータに含まれてもよい。パラメータ情報425では、例えば、画素の色におけるブラックの濃度が100%未満である場合、着色材料削減パラメータは、第1ないし第3閾値ドットサイズに第1ドットサイズを含めることを示す情報であり、ブラックの濃度が100%である場合、着色材料削減パラメータは、第1ないし第3閾値ドットサイズに第1ドットサイズを含めないことを示す情報である。これにより、注目画素位置751aにおいてブラックが最大濃度である場合、ブラック以外の色成分であるシアン、マゼンタおよびイエローの注目画素位置751aにおけるドットが大きくなる。
【0153】
このように、ブラックのドットに、敢えてシアン、マゼンタおよびイエローのドットを重ねることにより、さらに暗い黒色(いわゆる、リッチブラック)を表現することができる。また、注目画素位置751aにおけるシアン、マゼンタおよびイエローの重複を抑制することにより、リッチブラックの暗さを向上することができるとともに、シアン、マゼンタおよびイエローのインクの使用量を低減することもできる。パラメータ情報425では、例えば、ブラックの濃度が80%以上の場合に、着色材料削減パラメータが、第1ないし第3閾値ドットサイズに第1ドットサイズを含めないことを示す情報であってもよい。
【0154】
例えば、大ドット、中ドットおよび小ドットにそれぞれ対応するインクの液滴の量は、適宜変更されてよい。また、図4に示すマトリクスセットの特性も適宜変更されてよい。さらに、ゼロサイズを除く各色のインクのドットサイズは、必ずしも、大サイズ、中サイズ、小サイズの3種類である必要はなく、1種類、2種類または4種類以上であってもよい。
【0155】
ステップS138における周辺画素位置群の第2の色成分の画素値の変更では、上述の乗算結果に係数(例えば、0.8)を乗算した画素値を周辺画素位置に分配して加算してもよい。第3および第4の色成分の変更においても同様である。
【0156】
また、パラメータ情報425の着色材料削減パラメータが当該係数として複数の値を含み、各注目画素位置751aのハーフトーン化処理において、注目画素色に基づいて当該係数が変更されてもよい。この場合、注目画素位置751aにおける一の色成分の画素値が比較的大きい場合、当該一の色成分の画素値の変更に関する上記係数が小さくなることが好ましい。これにより、当該一の色成分について、周辺画素位置群における画素値の変更量を低減することができる。その結果、一の注目画素位置751aにおけるドットサイズの変更量が周辺画素位置群に拡散し、周辺画素位置群に含まれる画素位置751が新たに注目画素位置751aとして選択された際に、当該変更量が増幅されてさらに周囲に拡散することを抑制することができる。これにより、上記変更量の拡散がハーフトーン画像領域75に隣接する画像領域まで到達して生じる意図しないパターンの発生や色のはみ出しを抑制することができる。その結果、記録媒体9への画像記録時に、上記一の色成分の階調画像を記録媒体9上に精度良く表現することができる。
【0157】
注目画素位置751aがハーフトーン画像領域75のエッジ近傍に位置し、周辺画素位置群に含まれる周辺画素位置の一部が存在しない場合、ステップS138では、第2の色成分のドットサイズの変更により周辺画素群に分配される画素値のうち、存在しない周辺画素位置に加算される予定であった画素値が、存在する周辺画素位置に分配されて加算されてもよい。また、第2の色成分のドットサイズの変更により周辺画素群に分配される画素値のうち、存在する周辺画素位置に対応する一部の画素値のみが、当該周辺画素位置に加算されてもよい。第3および第4の色成分の変更においても同様である。
【0158】
ステップS15における注目画素位置751aの変更の順序(すなわち、画素順序)は適宜変更されてよく、例えば、ペアノ曲線やヒルベルト曲線に沿って画素順序が定められてもよい。
【0159】
マトリクス記憶部422に記憶される閾値マトリクスは、規則的に配列されたドットの集合であるクラスタの大きさを変えることにより階調を表現するAM(Amplitude Modulated)スクリーニングに用いられるものであってもよい。パラメータ情報425の着色材料削減パラメータがAMスクリーニングモードとFMスクリーニングモードとを含み、各注目画素位置751aのハーフトーン化処理において、注目画素色に基づいてスクリーニングモードが変更されてもよい。ステップS13のハーフトーン化処理では、必ずしも閾値マトリクス法が用いられる必要はなく、例えば、誤差拡散法により注目画素位置751aに対するハーフトーン化処理が行われてもよい。
【0160】
画像記録装置1では、インクの色は、必ずしもブラック、シアン、マゼンタ、イエローには限定されず、インクの色数も4色には限定されない。画像記録装置1では、少なくとも2色のインクにより画像が記録されていればよく、第1の色成分および第2の色成分のインクとして、様々な色のインクが利用されてよい。
【0161】
画像記録装置1では、記録媒体9が吐出ユニット3に対してY方向に相対的に移動するのであれば、例えば、停止している記録媒体9の上方にて、吐出ユニット3が移動機構2によりY方向に移動してもよい。画像記録装置1の構造は、例えば、インターレース印刷を行う画像記録装置に適用されてもよく、また、長尺状のロール紙に画像を記録する画像記録装置に適用されてもよい。記録媒体9は、印刷用紙以外にフィルムや金属薄板等であってもよい。
【0162】
画像データ生成部423は、画像記録装置1から独立して、複数の色成分の画像を含む多階調の元画像にハーフトーン化処理を行ってハーフトーン画像データを生成する画像データ生成装置として利用されてもよい。また、画像データ生成部423は、他の構造の画像記録装置にて利用されてもよい。例えば、電子写真方式の画像記録装置に画像データ生成部423が利用される場合、画像データ生成部423により決定されるドットのサイズは、記録媒体である感光ドラム上に記録される潜像のドットのサイズである。また、感光ドラムに光を照射して潜像を形成する光出射部、および、感光ドラムを回転させる回転機構が、ドット出力要素、および、ドット記録位置を相対移動させる移動機構となる。
【0163】
画像データ生成部423は、例えば、光源部から出射された光ビームを、記録媒体である各色成分用の刷版上にてポリゴンミラー等を介して走査することにより、刷版上に画像を記録する画像記録装置にて利用されてもよい。この場合、光ビームを出射する光源部がドット出力要素となり、ポリゴンミラー等が、刷版上のドット記録位置を刷版に対して相対的に移動させる移動機構となる。
【0164】
上記実施の形態および各変形例における構成は、相互に矛盾しない限り適宜組み合わされてよい。
【符号の説明】
【0165】
1 画像記録装置
2 移動機構
3 吐出ユニット
9 記録媒体
31 ヘッド
41 出力制御部
75 ハーフトーン画像領域
423 画像データ生成部
424 パラメータ記憶部
425 パラメータ情報
426 パラメータ決定部
427 ドットサイズ決定部
428 繰り返し制御部
441 仮サイズ決定部
442 ドットサイズ積算部
443 サイズ決定部
444 画素値変更部
701 階調画像
702 注目画素
703 周辺画素
704 変更対象領域
751 画素位置
751a 注目画素位置
S11〜S21,S131〜S140 ステップ
図1
図2
図3
図4
図5
図6A
図6B
図7
図8
図9
図10A
図10B
図11
図12
図13
図14