特許第6442673号(P6442673)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 株式会社オリンピアの特許一覧
<>
  • 特許6442673-遊技機 図000002
  • 特許6442673-遊技機 図000003
  • 特許6442673-遊技機 図000004
  • 特許6442673-遊技機 図000005
  • 特許6442673-遊技機 図000006
  • 特許6442673-遊技機 図000007
  • 特許6442673-遊技機 図000008
  • 特許6442673-遊技機 図000009
  • 特許6442673-遊技機 図000010
  • 特許6442673-遊技機 図000011
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B2)
(11)【特許番号】6442673
(24)【登録日】2018年12月7日
(45)【発行日】2018年12月26日
(54)【発明の名称】遊技機
(51)【国際特許分類】
   A63F 5/04 20060101AFI20181217BHJP
【FI】
   A63F5/04 516D
   A63F5/04 516F
【請求項の数】1
【全頁数】33
(21)【出願番号】特願2016-214534(P2016-214534)
(22)【出願日】2016年11月1日
(65)【公開番号】特開2018-68832(P2018-68832A)
(43)【公開日】2018年5月10日
【審査請求日】2017年12月4日
(73)【特許権者】
【識別番号】390031772
【氏名又は名称】株式会社オリンピア
(74)【代理人】
【識別番号】100082337
【弁理士】
【氏名又は名称】近島 一夫
(74)【代理人】
【識別番号】100141508
【弁理士】
【氏名又は名称】大田 隆史
(72)【発明者】
【氏名】市原 聖之
(72)【発明者】
【氏名】片山 慎
【審査官】 牧 隆志
(56)【参考文献】
【文献】 特開2014−150925(JP,A)
【文献】 特開2014−195629(JP,A)
【文献】 特開2005−046286(JP,A)
【文献】 特開2001−104544(JP,A)
【文献】 特開2012−196348(JP,A)
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
A63F 5/04
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
外周面に複数種類の図柄が配列されている複数のリールと、
遊技媒体の投入を受け付けて投入された遊技媒体を投入状態に設定し、規定投入数に相当する遊技媒体を前記投入状態に設定したことに基づいて開始操作を有効化する投入受付手段と、
取得される乱数と、小役、リプレイ及びボーナスを含む複数種類の役の少なくともいずれかが対応付けられた複数の当選エリアと、の対応関係を前記規定投入数ごとに規定する内部抽選テーブルを記憶している記憶手段と、
遊技者による前記開始操作を検出するスタートスイッチと、
前記乱数を取得し、取得した前記乱数及び前記内部抽選テーブルを参照して前記複数の当選エリアのいずれの当選エリアに当選したかを判定するエリア判定処理を実行し、前記エリア判定処理により当選したと判定した当選エリア及び遊技状態に基づいて前記複数種類の役の当否を決定し、当選した役に対応する抽選フラグを成立状態に設定する抽選フラグ成立処理を実行する内部抽選手段と、
前記複数のリールに対応して設けられ、各リールを停止させるための停止操作を検出するストップスイッチと、
前記スタートスイッチによる前記開始操作の検出に基づいて、前記複数のリールを回転させ、前記ストップスイッチによる前記停止操作の検出及び前記内部抽選手段により成立状態に設定された前記抽選フラグに基づいて、回転中の前記リールを停止させるリール停止制御を行うリール制御手段と、
前記複数のリールが停止した状態で、役ごとに予め定められた入賞形態を示す図柄組合せが有効ライン上に表示されたことに基づいて、役が入賞したと判定する入賞判定手段と、
複数の遊技状態の間での遊技状態の移行に係る制御である遊技状態移行制御を実行する遊技状態移行制御手段と、を備え、
前記ボーナスは、前記入賞判定手段により入賞したと判定されるまで次回以降の遊技に成立状態を持ち越し可能な前記抽選フラグが対応付けられた特定ボーナスを含み、
前記遊技状態移行制御手段は、通常状態において、前記抽選フラグ成立処理により前記特定ボーナスに対応する抽選フラグが成立状態に設定された場合に、遊技状態をボーナス成立状態に移行させ、前記入賞判定手段により前記特定ボーナスが入賞したと判定されるまで遊技状態を前記ボーナス成立状態に維持し、
前記内部抽選テーブルは、前記乱数と前記ボーナスが少なくとも対応付けられたボーナス当選エリアとの対応関係を規定するボーナス領域と、前記乱数と前記ボーナス当選エリアとは異なる当選エリアとの対応関係を規定する非ボーナス領域と、を含み、
前記内部抽選手段は、
遊技状態が前記通常状態又は前記ボーナス成立状態である場合に、前記エリア判定処理において、少なくとも前記内部抽選テーブルにおける同一の前記ボーナス領域を参照して、前記複数の当選エリアのいずれの当選エリアに当選したかを判定し、
前記ボーナス成立状態における前記エリア判定処理において当選と判定した当選エリアが前記ボーナス当選エリアであった場合に、前記ボーナスに対応する前記抽選フラグを成立状態にする前記抽選フラグ成立処理を実行しない、
ことを特徴とする遊技機。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、遊技機に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、外周面に図柄が配列された複数のリールを備えた遊技機(回胴式遊技機、スロットマシン)が知られている。この種の遊技機は、メダルやパチンコ玉などの遊技媒体に対して一定の遊技価値を付与し、このような遊技媒体を獲得するための遊技を行うものである。また、この種の遊技機は、遊技者の回転開始操作を契機として、複数種類の役の当否を決定する内部抽選を行うとともに複数のリールの回転を開始させ、遊技者の停止操作を契機として、内部抽選の結果に応じた態様で複数のリールを停止させる制御を行っている。遊技の結果は、複数のリールが停止した状態における入賞判定ライン上に表示された図柄組合せによって判定され、遊技の結果に応じてメダル等の払い出しなどが行われる。
【0003】
上述した遊技機では、複数の乱数のそれぞれに対して各種の役を含む当選エリアが対応付けられた内部抽選テーブルが用意されており、内部抽選において、乱数を取得し、取得した乱数を内部抽選テーブルと比較していずれの当選エリアに当選したか、またいずれの当選エリアにも当選しなかったか否かを判定する。そして、いずれかの当選エリアに当選したと判定した場合には、当選エリアに含まれる役に当選したと判定する。この種の遊技機は、内部抽選において当選する役の種類や当選確率を遊技状態に応じて変更するために、遊技状態ごとに内部抽選テーブルを有する構成が知られている。
【0004】
近年、複数の遊技状態間において、同一の当選エリアが当選可能であり、その当選エリアに対して同一の乱数が対応付けられている場合に、その当選エリアに対して乱数を対応付けた対応データを複数の遊技状態間で共有化して、内部抽選テーブルに係るデータ量を削減する遊技機が提案されている(特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
【特許文献1】特開2012−196348号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
特許文献1に記載の遊技機では、次回の遊技以降も当選した状態を持ち越し可能なボーナスに当選した状態であるボーナス成立状態における内部抽選においてボーナスの当選を防ぐために、ボーナスが当選する前の通常状態とボーナス成立状態とにおいて、当選する当選エリアを変更している。即ち、通常状態では、ボーナスと他の役とが重複して対応付けられた当選エリアに当選可能であるが、ボーナス成立状態では、ボーナスと他の役とが重複して対応付けられた当選エリアを除外し、代わりに他の役のみが対応付けられた当選エリアに当選可能に構成される。
【0007】
しかしながら、ボーナスと他の役とが重複当選する当選エリアと、他の役のみが当選する当選エリアとは、同一の当選エリアではないので、特許文献1に記載の遊技機では、その2つの当選エリアに係る対応データを共有化することが難しく、それぞれの対応データを有したままであるので、さらに内部抽選テーブルに係るデータ量を削減する余地があった。
【0008】
そこで、本発明は、乱数とボーナスが少なくとも対応付けられたボーナス当選エリアとの対応関係について通常状態とボーナス成立状態とで共有することを可能にし、内部抽選テーブルに係るデータ量を削減することが可能な遊技機を提供することを目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明は、外周面に複数種類の図柄が配列されている複数のリール(R1,R2,R3)と、
遊技媒体の投入を受け付けて投入された遊技媒体を投入状態に設定し、規定投入数に相当する遊技媒体を前記投入状態に設定したことに基づいて開始操作を有効化する投入受付手段(105)と、
取得される乱数と、小役、リプレイ及びボーナスを含む複数種類の役の少なくともいずれかが対応付けられた複数の当選エリアと、の対応関係を前記規定投入数ごとに規定する内部抽選テーブルを記憶している記憶手段(190)と、
遊技者による前記開始操作を検出するスタートスイッチ(230)と、
前記乱数を取得し、取得した前記乱数及び前記内部抽選テーブルを参照して前記複数の当選エリアのいずれの当選エリアに当選したかを判定するエリア判定処理を実行し、前記エリア判定処理により当選したと判定した当選エリア及び遊技状態に基づいて前記複数種類の役の当否を決定し、当選した役に対応する抽選フラグを成立状態に設定する抽選フラグ成立処理を実行する内部抽選手段(120)と、
前記複数のリールに対応して設けられ、各リールを停止させるための停止操作を検出するストップスイッチ(240)と、
前記スタートスイッチによる前記開始操作の検出に基づいて、前記複数のリールを回転させ、前記ストップスイッチによる前記停止操作の検出及び前記内部抽選手段により成立状態に設定された前記抽選フラグに基づいて、回転中の前記リールを停止させるリール停止制御を行うリール制御手段(130)と、
前記複数のリールが停止した状態で、役ごとに予め定められた入賞形態を示す図柄組合せが有効ライン(L1,L2,L3,L4,L5)上に表示されたことに基づいて、役が入賞したと判定する入賞判定手段(140)と、
複数の遊技状態の間での遊技状態の移行に係る制御である遊技状態移行制御を実行する遊技状態移行制御手段(170)と、を備え、
前記ボーナスは、前記入賞判定手段により入賞したと判定されるまで次回以降の遊技に成立状態を持ち越し可能な前記抽選フラグが対応付けられた特定ボーナスを含み、
前記遊技状態移行制御手段は、通常状態において、前記抽選フラグ成立処理により前記特定ボーナスに対応する抽選フラグが成立状態に設定された場合に、遊技状態をボーナス成立状態に移行させ、前記入賞判定手段により前記特定ボーナスが入賞したと判定されるまで遊技状態を前記ボーナス成立状態に維持し、
前記内部抽選テーブルは、前記乱数と前記ボーナスが少なくとも対応付けられたボーナス当選エリアとの対応関係を規定するボーナス領域と、前記乱数と前記ボーナス当選エリアとは異なる当選エリアとの対応関係を規定する非ボーナス領域と、を含み、
前記内部抽選手段は、
遊技状態が前記通常状態又は前記ボーナス成立状態である場合に、前記エリア判定処理において、少なくとも前記内部抽選テーブルにおける同一の前記ボーナス領域を参照して、前記複数の当選エリアのいずれの当選エリアに当選したかを判定し、
前記ボーナス成立状態における前記エリア判定処理において当選と判定した当選エリアが前記ボーナス当選エリアであった場合に、前記ボーナスに対応する前記抽選フラグを成立状態にする前記抽選フラグ成立処理を実行しない、ことを特徴とする。
【0010】
この構成により、本発明の遊技機は、ボーナス成立状態において、エリア判定処理によりボーナス当選エリアに当選したと判定されたとしても、ボーナスに対応する抽選フラグを成立状態にする抽選フラグ成立処理を実行しないので、成立状態に設定されたボーナスに対応する抽選フラグに影響を与えずに、ボーナス領域を含む内部抽選テーブルを参照してエリア判定処理を実行することができる。これにより、本発明の遊技機は、遊技状態が通常状態又はボーナス成立状態である場合に、エリア判定処理において、少なくとも内部抽選テーブルにおける同一のボーナス領域を参照することができるので、通常状態において参照する内部抽選テーブルとボーナス成立状態において参照する内部抽選テーブルとの少なくとも一部の領域を共有化することができ、内部抽選テーブルに係るデータ量を削減することができる。
【発明の効果】
【0011】
本発明によれば、内部抽選テーブルに係るデータ量を削減することができる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
図1】本発明の実施形態の遊技機の外観構成を示す斜視図である。
図2】本発明の実施形態の遊技機の有効ラインを示す図であり、(A)は、メダルの投入数が1枚である場合に有効化される有効ラインを示す図、(B)は、メダルの投入数が2枚である場合に有効化される有効ラインを示す図、(C)は、メダルの投入数が3枚である場合に有効化される有効ラインを示す図である。
図3】本発明の実施形態の遊技機の機能ブロックを説明する図である。
図4】本発明の実施形態の遊技機におけるリールの図柄配列を説明する図である。
図5】本発明の実施形態の遊技機の当選エリアに対応付けられたフラグ管理番号と、当選エリア及びフラグ管理番号に対応付けられた役と、を示す図である。
図6】本発明の実施形態の遊技機のRBB、CBB、リプレイ役1、リプレイ役2、ベル役1、ベル役2、スイカ役及びチェリー役1〜チェリー役5に対するメダルの払出数及び入賞図柄組合せを示す図である。
図7】本発明の実施形態の遊技機のチェリー役6〜チェリー役10、レア役及び特殊小役1〜特殊小役10に対するメダルの払出数及び入賞図柄組合せを示す図である。
図8】本発明の実施形態の遊技機における遊技状態の状態遷移図である。
図9】(A)は、遊技状態が一般遊技状態かつ、投入状態に設定されたメダルが1枚である場合に実行される内部抽選において参照される内部抽選テーブルAを示す図、(B)は、遊技状態が一般遊技状態かつ、投入状態に設定されたメダルが3枚である場合に実行される内部抽選において参照される内部抽選テーブルBを示す図、(C)は、遊技状態が第1ボーナス状態である場合に実行される内部抽選において参照される内部抽選テーブルCを示す図、(D)は、遊技状態が第2ボーナス状態である場合に実行される内部抽選において参照される内部抽選テーブルDを示す図である。
図10】本発明の実施形態の遊技機における抽選フラグ設定処理において内部抽選手段が実行する各制御処理を示すフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0013】
以下、本実施形態について説明する。なお、以下に説明する本実施形態は、特許請求の範囲に記載された本発明の内容を不当に限定するものではない。また、本実施形態で説明される構成の全てが、本発明の必須構成要件であるとは限らない。
【0014】
1.構成
図1は、本発明の実施形態に係るスロットマシン1の外観構成を示す斜視図である。本実施形態のスロットマシン1は、いわゆる回胴式遊技機と呼ばれるもので、メダルを遊技媒体として用いた遊技を行う種類の遊技機である。
【0015】
本実施形態のスロットマシン1は、収納箱BX、前面上扉UD及び前面下扉DDからなる箱形の筐体内に複数のリールとしての第1リールR1〜第3リールR3からなるリールユニットが収められている。また、筐体内のリールユニットの下部には、メダルの払出装置としてのホッパーユニット320(図3参照)が収められている。また、本実施形態のスロットマシン1の筐体内には、CPU、ROM(情報記憶媒体の一例)、RAM等を搭載し、スロットマシン1の動作を制御する制御基板も収められている。
【0016】
図1に示す第1リールR1〜第3リールR3は、それぞれ外周面が一定の間隔で20の領域(以下、各領域を「コマ」と記載する)に区画されており、各コマに複数種類の図柄のいずれかが配列されている。また、第1リールR1〜第3リールR3は、リール駆動手段としてのステッピングモータ(図示省略)に軸支されており、それぞれステッピングモータの軸周りに回転駆動され、ステッピングモータの駆動パルスのパルス数やパルス幅などを制御することによって、コマ単位(所定の回転角度単位、所定の回転量単位)で停止可能に設けられている。すなわち、本実施形態のスロットマシン1では、ステッピングモータが制御基板から供給された駆動パルスに応じて第1リールR1〜第3リールR3を回転駆動し、制御基板から駆動パルスの供給が断たれると、ステッピングモータの回転が停止することに伴って第1リールR1〜第3リールR3が停止する。
【0017】
前面上扉UDと前面下扉DDとは、個別に開閉可能に設けられている。前面上扉UDには、第1リールR1〜第3リールR3の回転状態及び停止状態を観察可能にする表示窓DWが設けられている。第1リールR1〜第3リールR3の停止状態では、第1リールR1〜第3リールR3それぞれの外周面に一定間隔で配列された複数種類の図柄のうち、外周面上に連続して配列されている3つの図柄(上段図柄、中段図柄、下段図柄)をスロットマシン1の正面から表示窓DWを通じて観察できるようになっている。
【0018】
また、本実施形態のスロットマシン1では、表示窓DWを通じて図柄を観察するための表示位置として、各リールについて上段、中段、下段が設けられており、各リールの表示位置の組合せによって有効ラインが設定されている。なお、本実施形態のスロットマシン1では、1回の遊技に関して必要となるメダルの数、いわゆる規定投入数が、遊技状態に応じてそれぞれ1枚〜3枚に設定されており、各遊技状態に設定された規定投入数に相当するメダルが投入されると、投入数に応じた有効ラインが有効化される。
【0019】
図2は、メダルの各投入数に対して有効化される有効ラインを示す図である。図2(A)は、メダルの投入数が1枚である場合に有効化される有効ラインを示す図であり、図2(B)は、メダルの投入数が2枚である場合に有効化される有効ラインを示す図であり、図2(C)は、メダルの投入数が3枚である場合に有効化される有効ラインを示す図である。スロットマシン1では、遊技状態が通常状態と、ボーナス成立状態である第1ボーナス成立状態と、ボーナス成立状態である第2ボーナス成立状態と、のいずれかである場合に、規定投入数として1枚と3枚とが選択可能に設定される。メダルが1枚投入された場合には、図2(A)に示すように、第1リールR1〜第3リールR3の中段によって構成される1本の有効ラインL1が有効化される。また、メダルが3枚投入された場合には、図2(C)に示すように、有効ラインL1と、第1リールR1〜第3リールR3の上段によって構成される有効ラインL2と、第1リールR1〜第3リールR3の下段によって構成される有効ラインL3と、第1リールR1の上段、第2リールR2の中段及び第3リールR3の下段によって斜めに構成される有効ラインL4と、第1リールR1の下段、第2リールR2の中段及び第3リールR3の上段によって斜めに構成される有効ラインL5と、の5本の有効ラインが有効化される。なお、以下では、通常状態と、第1ボーナス成立状態と、第2ボーナス成立状態と、を一般遊技状態とも記載する。
【0020】
また、スロットマシン1では、遊技状態が第1種特別役物に係る役物連続作動装置としてのレギュラービッグボーナス(以下、「RBB」と記載)が作動して第1種特別役物としてのレギュラーボーナス(以下、「RB」と記載)が連続作動する状態である第1ボーナス状態と、第2種特別役物に係る連続作動装置としてのチャンレジビッグボーナス(以下、「CBB」と記載)が作動して第2種特別役物としてのチャレンジボーナス(以下、「CB」と記載)が連続作動する状態である第2ボーナス状態と、のいずれかである場合に、規定投入数として2枚が設定される。メダルが2枚投入された場合には、図2(B)に示すように、有効ラインL1、有効ラインL3及び有効ラインL4の3本の有効ラインが有効化される。なお、各遊技状態の詳細については、後述する。
【0021】
遊技結果は、表示窓DW内の有効化された有効ライン上に停止表示された図柄組合せによって判定され、有効化された有効ライン上の図柄組合せが予め定められた役に対応した図柄組合せである場合に、その役が入賞したものとしてホッパーユニット320からメダルの払い出し等が行われる。
【0022】
前面上扉UDには、遊技情報表示部DSが設けられている。遊技情報表示部DSは、LED、ランプ、7セグメント表示器等からなり、メダルのクレジット数、1回の遊技におけるメダルの払出数あるいは獲得数、ボーナス状態でのメダルの払出数の合計あるいは獲得数の合計等の各種遊技情報が表示される。
【0023】
また、前面上扉UDには、演出を行うための表示装置330が設けられている。表示装置330は、例えば液晶ディスプレイから構成され、遊技を補助したり、遊技を盛り上げたりするための各種の映像や画像が表示される。また、本実施形態のスロットマシン1では、前面上扉UDや前面下扉DDに対して、演出を行うためのスピーカ(図示省略)が複数設けられている。スピーカからは、遊技を補助したり、遊技を盛り上げたりするための各種の音声が出力される。
【0024】
前面下扉DDには、各種の操作手段が設けられている。操作手段としては、クレジット(貯留)されたメダルを投入する操作を行うための投入操作手段として、1枚のメダルを投入するシングルベットボタンBT及び規定投入数のメダルを投入するマックスベットボタンMB、第1リールR1〜第3リールR3を回転させて遊技を開始する契機となる開始操作を遊技者に実行させるための遊技開始操作手段としてのスタートレバーSL、ステッピングモータにより回転駆動されている第1リールR1〜第3リールR3のそれぞれを停止させる契機となる停止操作を遊技者に実行させるための停止操作手段としてのストップボタンB1〜ストップボタンB3及びクレジットされたメダルを精算するための精算ボタンBSも設けられている。
【0025】
本実施形態のスロットマシン1では、遊技者がメダルをメダル投入口MIに投入するか、現在の遊技状態において設定可能な規定投入数のうち最大の規定投入数以上のメダルがクレジットされている、すなわち一般遊技状態において3枚以上のメダルがクレジットされ、第1ボーナス状態又は第2ボーナス状態において2枚以上のメダルがクレジットされている場合に、規定投入数と同じ回数シングルベットボタンBTを押下するシングルベット操作又はマックスベットボタンMBを押下するマックスベット操作を行うことで、規定投入数のメダルが投入状態に設定され、第1リールR1〜第3リールR3の回転制御を開始することが可能な準備状態にセットされる。そして、遊技者がスタートレバーSLに対して開始操作を実行すると、制御基板において第1リールR1〜第3リールR3をステッピングモータの駆動により回転開始させるとともに、乱数を用いた内部抽選が行われ、第1リールR1〜第3リールR3の回転速度が所定の速度まで上昇し定常回転になったことを条件に、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下操作が許可、すなわちストップボタンB1〜ストップボタンB3による停止操作が有効化される。
【0026】
その後、遊技者が任意のタイミングでストップボタンB1〜ストップボタンB3を押下(以下、「押下タイミング」と記載)していくと、ストップボタンB1〜ストップボタンB3のそれぞれに内蔵されている停止信号出力手段としてのストップスイッチ240がON動作を行い、制御基板へ出力するリール停止信号をOFF状態からON状態へ変化させる。ここで、ストップスイッチは、例えば、フォトセンサ、導通センサ、圧力センサ等から構成される。
【0027】
また、遊技者が任意のタイミングで押下状態にあるストップボタンB1〜ストップボタンB3を解放すると、ストップボタンB1〜ストップボタンB3それぞれに対応するストップスイッチがOFF動作を行い、制御基板へ出力するリール停止信号をON状態からOFF状態に変化させる。そして、制御基板は、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下タイミング及び解放タイミングに応じて信号状態が変化するリール停止信号のOFF状態からON状態への変化に基づいて、内部抽選の結果に応じた停止位置で第1リールR1〜第3リールR3を停止させる。
【0028】
また、前面下扉DDの下部には、メダル払出口MOとメダル受け皿MPとが設けられており、遊技の結果に応じた枚数のメダルがメダル払出口MOからメダル受け皿MPへ払い出されるようになっている。また、遊技機内にクレジットされたメダルが記憶されている状態で、精算ボタンBSが押下された場合、精算ボタンBSの押下に伴ってホッパーユニット320からクレジット数(クレジットされたメダルの枚数)に相当する枚数のメダルを払い出す精算処理を実行し、メダル払出口MOからメダル受け皿MPへメダルを払い出す。
【0029】
図3は、本実施形態のスロットマシン1の機能ブロック図である。本実施形態のスロットマシン1は、制御基板としての遊技制御手段100によって制御される。遊技制御手段100は、複数の操作検出手段としてのメダル投入スイッチ210、ベットスイッチ220、スタートスイッチ230及びストップスイッチ240と、の入力手段からの入力信号を受けて、遊技を実行するための各種の演算を行い、演算結果に基づいてリールユニット310、ホッパーユニット320、表示装置330、音響装置340、主制御表示装置500等の出力手段の動作を制御する。遊技制御手段100の機能は各種のプロセッサ(CPU、DSPなど)、ASIC(ゲートアレイなど)、ROM(情報記憶媒体の一例)、あるいはRAMなどのハードウェアや、ROMなどに予め記憶されている所定のプログラムからなるソフトウェアにより実現される。
【0030】
また、遊技制御手段100は、投入受付手段105、乱数生成手段110、内部抽選手段120、リール制御手段130、入賞判定手段140、払出制御手段150、リプレイ処理手段160、遊技状態移行制御手段170、演出制御手段180及び記憶手段190を含む。遊技制御手段100を構成する各手段は、各制御処理の実行時に、記憶手段190に予め記憶されている各制御プログラムを読み出して実行する。
【0031】
投入受付手段105は、メダルの投入を受け付ける投入受付期間において、規定投入数(1枚〜3枚)に相当するメダルが投入されたことに基づいて、スタートレバーSLに対する遊技開始操作を有効化する処理を行う。具体的には、メダル投入口MIにメダルが投入されると、メダル投入スイッチ210が作動することに伴って、投入受付手段105が、現在の遊技状態において設定可能な規定投入数のうち最大の規定投入数を限度として、投入されたメダルを投入状態に設定する。また、投入受付手段105は、メダルがクレジットされた状態でシングルベットボタンBT又はマックスベットボタンMBが押下されるベット操作が実行されると、ベットスイッチ220が作動することに伴って、現在の遊技状態において設定可能な規定投入数のうち最大の規定投入数を限度として、クレジットされたメダルを投入状態に設定する。例えば、投入受付手段105は、遊技状態が一般遊技状態である場合に、規定投入数として設定された1枚及び3枚のうち3枚を限度として、メダルを投入状態に設定し、遊技状態が第1ボーナス状態又は第2ボーナス状態である場合に、投入受付手段105は、規定投入数として設定された2枚を限度として、メダルを投入状態に設定する。
【0032】
なお、本実施形態のスロットマシン1では、規定投入数に相当するメダルの投入に基づいて有効化されたスタートレバーSLの最初の押下操作が、遊技者による遊技の開始操作として受け付けられ、第1リールR1〜第3リールR3の回転を開始させる契機となっているとともに、後述する内部抽選手段120が内部抽選を実行する契機となっている。
【0033】
乱数生成手段110は、抽選用の乱数を発生させる手段である。乱数は、例えば、インクリメントカウンタ(所定のカウント範囲を循環するように数値をカウントするカウンタ)のカウント値に基づいて発生させることができる。なお、本実施形態において、「乱数」には、数学的な意味でランダムに発生する値のみならず、発生自体は規則的であっても、取得タイミング等が不規則であるために実質的に乱数として機能しうる値も含まれる。
【0034】
内部抽選手段120は、遊技者がスタートレバーSLに対して開始操作を実行し、スタートスイッチ230が開始操作を検出することで出力されるスタート信号に基づいて、役の当否を決定する内部抽選を行う。内部抽選手段120は、内部抽選において、リプレイ、小役及びボーナスなどの各種の役が対応付けられた複数の当選エリアのうちいずれの当選エリアに当選したか、また各種の役が対応付けられたいずれの当選エリアにも当選しない不当選であるか否かを判定し、当選したと判定した当選エリア及び遊技状態に基づいて役の当否を決定する手段であって、抽選テーブル選択処理、エリア判定処理、抽選フラグ設定処理等を行う。なお、本実施形態において、リプレイは、後述するリプレイ役1及びリプレイ役2の総称を示す。
【0035】
抽選テーブル選択処理では、記憶手段190の内部抽選テーブル記憶手段191に格納されている複数の内部抽選テーブルのうち、いずれの内部抽選テーブルを用いて内部抽選を行うかを現在の遊技状態及び投入数に基づき選択する。各内部抽選テーブルでは、複数の乱数(例えば、0〜65535の65536個の乱数)のそれぞれに対して、リプレイ、小役及びボーナスなどの各種の役やハズレ(不当選)が対応付けられている。
【0036】
図5は、本実施形態のスロットマシン1におけるエリア判定処理において当選可能な当選エリア及び不当選に対応付けられた後述するフラグ管理番号と、各当選エリア及び各フラグ管理番号に対応付けられた役と、を示す図である。本実施形態のスロットマシン1では、図5に示すように、入賞することで次回の遊技に関して遊技者の所持するメダルの投入を要さずに準備状態に設定するリプレイ処理が実行されるリプレイが対応付けられた当選エリアとして、当選エリア「リプレイ1」及び当選エリア「リプレイ2」を有し、入賞することでメダルの払い出しが実行される小役が対応付けられた当選エリアとして、当選エリア「ベル1」、当選エリア「ベル2」、当選エリア「スイカ1」、当選エリア「スイカ2」、当選エリア「チェリー」及び当選エリア「チャンス1」〜当選エリア「チャンス4」を有している。
【0037】
また、本実施形態のスロットマシン1では、RBBが対応付けられた当選エリア「RBB」と共に、RBB及びリプレイが重複して対応付けられた当選エリアとして、当選エリア「RBB&リプレイ2」を有し、RBB及び小役が重複して対応付けられた当選エリアとして、当選エリア「RBB&スイカ2」、当選エリア「RBB&チェリー」及び当選エリア「RBB&チャンス1」〜当選エリア「RBB&チャンス4」を有している。
【0038】
当選エリア「RBB&リプレイ2」には、当選エリア「RBB」及び当選エリア「リプレイ2」に対応付けられた役が重複して対応付けられている。また、当選エリア「RBB&スイカ2」には、当選エリア「RBB」及び当選エリア「スイカ2」に対応付けられた役が重複して対応付けられており、当選エリア「RBB&チェリー」には、当選エリア「RBB」及び当選エリア「チェリー」に対応付けられた役が重複して対応付けられている。
【0039】
当選エリア「RBB&チャンス1」〜当選エリア「RBB&チャンス4」のそれぞれには、当選エリア「RBB」に対応付けられた役と共に、順に当選エリア「チャンス1」に対応付けられた役、当選エリア「チャンス2」に対応付けられた役、当選エリア「チャンス3」に対応付けられた役、当選エリア「チャンス4」に対応付けられた役が重複して対応付けられている。
【0040】
また、本実施形態のスロットマシン1では、CBBが対応付けられた当選エリア「CBB」と共に、CBB及びリプレイが重複して対応付けられた当選エリアとして、当選エリア「CBB&リプレイ2」を有し、CBB及び小役が重複して対応付けられた当選エリアとして、当選エリア「CBB&スイカ2」、当選エリア「CBB&チェリー」及び当選エリア「CBB&チャンス1」〜当選エリア「CBB&チャンス3」を有している。
【0041】
当選エリア「CBB&リプレイ2」には、当選エリア「CBB」及び当選エリア「リプレイ2」に対応付けられた役が重複して対応付けられている。また、当選エリア「CBB&スイカ2」には、当選エリア「CBB」及び当選エリア「スイカ2」に対応付けられた役が重複して対応付けられており、当選エリア「CBB&チェリー」には、当選エリア「CBB」及び当選エリア「チェリー」に対応付けられた役が重複して対応付けられている。
【0042】
当選エリア「CBB&チャンス1」〜当選エリア「CBB&チャンス3」のそれぞれには、当選エリア「CBB」に対応付けられた役と共に、順に当選エリア「チャンス1」に対応付けられた役、当選エリア「チャンス2」に対応付けられた役、当選エリア「チャンス3」に対応付けられた役が重複して対応付けられている。
【0043】
このように、ボーナスであるRBB又はCBBが対応付けられた当選エリア「RBB」、当選エリア「RBB&リプレイ2」、当選エリア「RBB&スイカ2」、当選エリア「RBB&チェリー」、当選エリア「RBB&チャンス1」〜当選エリア「RBB&チャンス4」、当選エリア「CBB」、当選エリア「CBB&リプレイ2」、当選エリア「CBB&スイカ2」、当選エリア「CBB&チェリー」及び当選エリア「CBB&チャンス1」〜当選エリア「CBB&チャンス3」は、本実施形態におけるボーナス当選エリアを構成する。
【0044】
さらに、スロットマシン1では、遊技状態が第1ボーナス状態である場合に当選可能な当選エリアとして、当選エリア「JAC1」及び当選エリア「JAC2」を有している。各当選エリアに含まれる複数種類の役の詳細については、後述する。
【0045】
エリア判定処理では、スタートスイッチ230から出力されるスタート信号に基づいて、遊技ごとに乱数生成手段110が生成する乱数(抽選用乱数)を取得し、取得した乱数を抽選テーブル選択処理で選択した内部抽選テーブルと比較して、比較結果に基づき複数の当選エリアのうちいずれの当選エリアに当選したか、またいずれの当選エリアにも当選しない不当選であるか否かを判定する。
【0046】
抽選フラグ設定処理では、エリア判定処理により当選したと判定した当選エリア及び遊技状態に基づいて複数種類の役の当否を決定し、当選したと判定された役に対応する抽選フラグを非成立状態(第1のフラグ状態、OFF状態)から成立状態(第2のフラグ状態、ON状態)に設定する抽選フラグ成立処理を実行する。本実施形態のスロットマシン1では、2種類以上の役が重複して当選した場合には、抽選フラグ成立処理により、重複して当選した2種類以上の役のそれぞれに対応する抽選フラグが成立状態に設定される。なお、抽選フラグの設定情報は、記憶手段190の抽選フラグ記憶手段192に格納される。
【0047】
本実施形態の内部抽選手段120は、複数の抽選フラグのうち小役及びリプレイに対応付けられた抽選フラグの設定状態をフラグ管理番号によって管理するように構成されている。内部抽選手段120は、エリア判定処理において当選エリアに当選した場合に、抽選フラグ設定処理において、その当選エリアに対応付けられた小役及びリプレイの抽選フラグの組合せに対応するフラグ管理番号を記憶手段190の有するカウンタであるフラグ管理カウンタ(不図示)に記憶させ、またエリア判定処理において不当選の場合に、抽選フラグ設定処理において、いずれの役の抽選フラグにも対応しないフラグ管理番号をフラグ管理カウンタに記憶させる。そして、内部抽選手段120は、抽選フラグ設定処理において、フラグ管理カウンタに記憶されているフラグ管理番号に対応する抽選フラグの小役及びリプレイが当選したと判定し、そのフラグ管理番号に対応する抽選フラグを成立状態に設定する抽選フラグ成立処理を実行する。
【0048】
また、エリア判定処理において、ボーナスであるRBB又はCBBが少なくとも対応付けられた当選エリアに当選したと判定された場合には、内部抽選手段120は、抽選フラグ設定処理において、現在の遊技状態に基づいて当選した当選エリアに対応付けられたRBB又はCBBが当選したか否かを判定する。RBB又はCBBが当選したと判定した場合に、内部抽選手段120は、当選したと判定したRBB又はCBBのボーナスの抽選フラグを成立状態に設定する抽選フラグ成立処理を実行する。
【0049】
ここで、本実施形態のスロットマシン1では、入賞するまで次回以降の遊技に成立状態を持ち越し可能な抽選フラグ(持越可能フラグ)と、入賞の如何に関わらず次回以降の遊技に成立状態を持ち越さずに非成立状態にリセットされる抽選フラグ(持越不可フラグ)とが用意されている。前者の持越可能フラグが対応付けられる役としては、RBB及びCBBがあり、小役及びリプレイは、後者の持越不可フラグに対応付けられている。すなわち、抽選フラグ設定処理では、内部抽選でRBBに当選すると、RBBの抽選フラグの成立状態を、RBBが入賞するまで持ち越す処理を行い、内部抽選でCBBに当選すると、CBBの抽選フラグの成立状態を、CBBが入賞するまで持ち越す処理を行う。このとき、内部抽選手段120は、RBB又はCBBの抽選フラグの成立状態が持ち越されている遊技でも、小役及びリプレイについての当否を決定する内部抽選を行っている。すなわち、抽選フラグ設定処理では、RBB又はCBBの抽選フラグの成立状態が持ち越されている遊技において、小役やリプレイが当選した場合には、既に当選しているRBB又はCBBの抽選フラグと内部抽選で当選した小役やリプレイの抽選フラグとからなる2種類以上の役に対応する抽選フラグを成立状態に設定する。なお、本実施形態の内部抽選手段120は、遊技状態がCBBの作動中である第2ボーナス状態である場合、内部抽選の結果によらずすべての小役の抽選フラグを成立状態にセットする。このように、RBB及びCBBは、入賞するまで次回以降の遊技に成立状態を持ち越し可能な抽選フラグが対応付けられており、本実施形態における特定ボーナスを構成する。
【0050】
リール制御手段130は、遊技者がスタートレバーSLへ開始操作を実行することにより作動するスタートスイッチ230から、スタート信号が出力されたことに基づいて、ステッピングモータにより第1リールR1〜第3リールR3の回転駆動を開始する。また、リール制御手段130は、第1リールR1〜第3リールR3の回転状態が、所定速度(例えば、約80rpm)で定常回転する回転状態となった場合に、各リールに対応するストップボタンB1〜ストップボタンB3が押下操作されることでストップスイッチ240によって検出される停止操作を有効化する制御を実行する。そして、リール制御手段130は、停止操作の検出に基づきストップスイッチ240からリール停止信号が出力された場合に、リールユニット310のステッピングモータへの駆動パルス(モータ駆動信号)の供給を停止することにより、第1リールR1〜第3リールR3の各リールを停止させる制御を行う。このとき、リール制御手段130は、ステッピングモータにより回転駆動されている第1リールR1〜第3リールR3を抽選フラグの設定状態、すなわち内部抽選の結果に応じた態様で停止させる制御を行う。つまり、リール制御手段130は、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の各ボタンが押下されるごとに、第1リールR1〜第3リールR3のうち押下されたストップボタンに対応するリールの停止位置を決定して、決定された停止位置でリールを停止させる制御を行っている。
【0051】
また、本実施形態のスロットマシン1では、第1リールR1〜第3リールR3について、ストップボタンB1〜ストップボタンB3が押下された時点から190ms以内に、押下されたストップボタンに対応する回転中のリールを停止するようになっている。ここで、ストップボタンの押下時点から190ms以内に回転中のリールを停止させる場合、回転している各リールの停止位置は、各リールの直径及び回転速度より、ストップボタンの押下時点からリールが停止するまでに最大で4コマ分回転可能に構成されている。リール制御手段130は、ストップボタンB1〜ストップボタンB3のうち押下操作が行われたストップボタンに対応する回転中のリールの外周面上において、内部抽選で当選した役に対応する図柄が、ストップボタンに対する押下操作が行われた時点で有効化された有効ライン上の表示位置に対して0コマ〜4コマの範囲内に位置する場合に、抽選フラグが成立状態に設定されている役に対応する図柄を有効化された有効ライン上の表示位置に表示するように、押下操作が行われたストップボタンに対応する回転中のリールを停止させる制御を行っている。
【0052】
遊技状態が第2ボーナス状態である場合、リール制御手段130は、第1リールR1〜第3リールR3のうち第1リールR1について、ストップボタンB1が押下された時点から75ms以内に回転中の第1リールR1を停止するようにリールの停止制御を実行し、第2リールR2〜第3リールR3について、ストップボタンB2〜ストップボタンB3が押下された時点から190ms以内に回転中の第2リールR2〜第3リールR3を停止するようにリールの停止制御を実行する。ストップボタンB1の押下時点から75ms以内に回転中の第1リールR1を停止させる場合、回転している第1リールR1の停止位置は、第1リールR1の直径及び回転速度より、ストップボタンB1の押下時点から第1リールR1が停止するまでに最大で1コマ分回転可能に構成されている。即ち、リール制御手段130は、ストップボタンB1に対応する回転中の第1リールR1の外周面上において、内部抽選で当選した役に対応する図柄が、ストップボタンB1に対する押下操作が行われた時点で有効化された有効ライン上の表示位置に対して0コマ〜1コマの範囲内に位置する場合に、抽選フラグが成立状態に設定されている役に対応する図柄を有効化された有効ライン上の表示位置に表示するように第1リールR1を停止させる制御を行い、ストップボタンB2〜ストップボタンB3に対応する回転中の第2リールR2〜第3リールR3の外周面上において、内部抽選で当選した役に対応する図柄が、ストップボタンB2〜ストップボタンB3に対する押下操作が行われた時点で有効化された有効ライン上の表示位置に対して0コマ〜4コマの範囲内に位置する場合に、抽選フラグが成立状態に設定されている役に対応する図柄を有効化された有効ライン上の表示位置に表示するように第2リールR2〜第3リールR3を停止させる制御を行っている。
【0053】
なお、リール制御手段130は、第2ボーナス状態におけるリールの停止制御において、第1リールR1〜第3リールR3のうち、予め定められた少なくとも1つのリールをストップボタンが押下された時点から75ms以内に停止するようにリール停止制御を実行すればよく、本実施形態においては、ストップボタンB1が押下操作されたことでストップスイッチ240から出力されるリール停止信号を検出した時点から75ms以内に第1リールR1を停止するようにリールの停止制御を実行するが、第2リールR2や第3リールR3といった他のリールに対応するストップボタンが押下操作されたことをストップスイッチ240が検出し、リール停止信号がストップスイッチ240から出力された時点から75ms以内にリールを停止するようにリールの停止制御を実行するように構成されていてもよく、ストップスイッチ240からリール停止信号が出力された時点から75ms以内にリールを停止するように設定されるリールの本数は、1本ではなく複数本であってもよい。
【0054】
ここで、リール制御手段130は、スタートスイッチ230が開始操作を検出することで出力されるスタート信号を受信し、第1リールR1〜第3リールR3の回転を開始して1回の遊技を開始した場合に、一般にウェイト(又はウェイト時間)と称される待機時間(約4.1秒)を設定するように構成されている。そして、リール制御手段130は、待機時間の設定から待機時間が経過するまでの期間内にスタート信号をスタートスイッチ230から受信した場合に、待機時間が経過した後に第1リールR1〜第3リールR3の回転を開始するように構成されている。この構成により、リール制御手段130は、1回の遊技の開始から次の遊技の開始までに一定の時間として最小遊技時間(約4.1秒)を経過してから遊技を開始させることができる。
【0055】
リール制御手段130は、ロジック演算により回転中のリールの停止位置を求めるロジック演算処理と、記憶手段190の停止制御テーブル記憶手段193に記憶されている停止制御テーブルを参照して回転中のリールの停止位置を決定するテーブル参照処理とを行っている。
【0056】
まず、ロジック演算処理では、役ごとに定められた優先順位データに従ってストップスイッチ240の作動時点、つまりストップボタンの押下操作を検出した時点におけるリールの位置である押下検出位置から0コマ〜4コマの範囲内に存在する5コマ分(第2ボーナス状態における第1リールR1については0コマ〜1コマの範囲内に存在する2コマ分)の停止位置の候補に対して優先度を求める。ここで、リール制御手段130は、リールユニット310に設けられたフォトセンサが各リールに設けられたリール位置検出部を検出した場合に出力されるリールが1回転したことを示す情報であるリールインデックスと、リールインデックスが検出されるリールの基準位置からの回転角度(ステッピングモータに供給した駆動パルスの供給回数から算出)を用いて、ストップスイッチ240からリール停止信号を受信した時点におけるリールの回転状態を取得する。そして、各停止位置の候補の優先度のうち最も優先度の高い停止位置の候補を実際の停止位置として決定する。ただし、ロジック演算処理では、内部抽選の結果や押下検出位置等に応じて複数の停止位置の候補に対して同一の優先度が求まる場合がある。最も優先度の高い停止位置の候補が複数となった場合には、テーブル参照処理によって実際の停止位置を決定する。
【0057】
ロジック演算処理では、2種類以上の役に関する抽選フラグが成立状態に設定されている場合、各役に対応付けられた優先順位に従って、優先順位の高い役の入賞形態を構成する図柄を含む停止位置の候補を、優先順位が低い役の入賞形態を構成する図柄を含む停止位置の候補よりも優先度が高くなるように優先度を求める。本実施形態のスロットマシン1では、「リプレイ>小役>ボーナス」の順序で優先順位が定められている。つまり、本実施形態のスロットマシン1は、リプレイと小役又はボーナスとに重複して当選した場合に、小役及びボーナスに優先してリプレイの入賞図柄組合せを構成する図柄を有効化された有効ライン上に停止する。
【0058】
なお、本実施形態のスロットマシン1において、内部抽選で複数種類の小役が当選した場合における停止位置の候補の優先度の求め方は、有効化された有効ライン上に表示可能な図柄組合せの数に応じて優先度を求める方法と、小役に予め定められている配当に基づくメダルの払出数に応じて優先度を求める方法とが存在する。有効化された有効ライン上に表示可能な図柄組合せの数に応じて停止位置の候補の優先度を求める場合には、有効化された有効ライン上に表示可能な入賞図柄組合せの数が多くなる停止位置ほど優先度が高くなるように各停止位置の候補の優先度を求める。また、メダルの払出数に応じて停止位置の候補の優先度を求める場合には、有効化された有効ライン上の表示位置に表示されている図柄に対応する小役の配当に基づくメダルの払出数が多くなる停止位置、すなわち配当が多い小役を入賞させることができる停止位置ほど優先順位が高くなるように各停止位置の候補の優先度を求める。ただし、メダルの払出数に応じて停止位置の候補の優先度を求める場合に、配当が同一の小役が重複して当選した場合には、それぞれの小役を入賞させることができる停止位置の候補の優先度がそれぞれ同一のものとして扱われる。
【0059】
また、ロジック演算処理では、いわゆる引き込み処理と蹴飛ばし処理とをリールの停止位置の候補を求める処理として行っている。ここで、引き込み処理とは、抽選フラグが成立状態に設定された役を可能な限り入賞させることができるようにリールの停止位置の候補を求める処理である。一方、蹴飛ばし処理とは、抽選フラグが非成立状態に設定された役を入賞させることができないようにリールの停止位置の候補を求める処理である。このように、リール制御手段130は、抽選フラグが成立状態に設定された役の図柄を入賞の形態で停止可能にし、一方で抽選フラグが非成立状態に設定された役の図柄を入賞の形態で停止しないようにリールの停止位置の候補を求めるロジック演算処理を行っている。
【0060】
図4図7を用いて、内部抽選の結果を受けてリール制御手段130が実行するリール停止制御の詳細について説明する。図4は、第1リールR1〜第3リールR3の周面に配列されている図柄を示す図である。本実施形態では、図4に示すように、第1リールR1〜第3リールR3の外周面に、赤7図柄「赤7」、青7図柄「青7」、リプレイ図柄「RP」、ベル図柄「BL」、チェリー図柄A「CHA」、チェリー図柄B「CHB」、星図柄A「STA」、星図柄B「STB」、スイカ図柄「WM」及びブランク図柄「BLK」が配列されている。また、第1リールR1〜第3リールR3の周面には、それぞれ20コマの図柄が配列されており、それぞれ停止番号0番〜停止番号19番のいずれかの停止番号が割り当てられている。
【0061】
図6及び図7は、各役に対応付けられた配当及び入賞図柄組合せを示す図であり、図6は、RBB、CBB、リプレイ役1、リプレイ役2、ベル役1、ベル役2、スイカ役及びチェリー役1〜チェリー役5に対する配当及び入賞図柄組合せを示す図であり、図7は、チェリー役6〜チェリー役10、レア役及び特殊小役1〜特殊小役10に対する配当及び入賞図柄組合せを示す図である。
【0062】
図5に示すように、当選エリア「リプレイ1」には、リプレイであるリプレイ役1が対応付けられており、当選エリア「リプレイ2」には、リプレイ役1に加えて、リプレイであるリプレイ役2が対応付けられている。また、当選エリア「リプレイ1」及び当選エリア「リプレイ2」には、フラグ管理番号「1」及びフラグ管理番号「2」がそれぞれ対応付けられており、フラグ管理番号「1」には、リプレイ役1の抽選フラグが対応付けられており、フラグ管理番号「2」には、リプレイ役1及びリプレイ役2の抽選フラグが重複して対応付けられている。
【0063】
本実施形態のスロットマシン1において、リプレイ役1の入賞図柄組合せは、図6に示すように、「RP(STB)−RP−RP」に設定されている。このために、図4に示す図柄の配列により、リール制御手段130は、フラグ管理番号「1」又はフラグ管理番号「2」に対応付けられた抽選フラグが成立状態である場合に、すなわち、リプレイ役1の抽選フラグが単独で成立状態である場合又はリプレイ役1及びリプレイ役2の抽選フラグが重複して成立状態である場合に、ストップスイッチ240から出力された停止信号に基づき実行するリール停止制御によって、リプレイ役1の入賞図柄組合せを構成する図柄を、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下タイミングによらずに有効化された有効ライン上に表示することができるようになっている。
【0064】
図5に示すように、当選エリア「ベル1」には、小役であるベル役1、ベル役2、特殊小役4及び特殊小役5が重複して対応付けられており、当選エリア「ベル2」には、ベル役1、ベル役2、特殊小役4及び特殊小役5に加えて、小役である特殊小役6が重複して対応付けられている。また、当選エリア「ベル1」及び当選エリア「ベル2」には、フラグ管理番号「3」及びフラグ管理番号「4」がそれぞれ対応付けられており、フラグ管理番号「3」には、ベル役1、ベル役2、特殊小役4及び特殊小役5の抽選フラグが重複して対応付けられており、フラグ管理番号「4」には、ベル役1、ベル役2、特殊小役4〜特殊小役6の抽選フラグが重複して対応付けられている。
【0065】
本実施形態のスロットマシン1において、ベル役1の入賞図柄組合せは、図6に示すように、「BL−BL−BL」に設定され、ベル役2の入賞図柄組合せは、「STB−BL−BL」に設定されている。このために、図4に示す図柄の配列により、リール制御手段130は、フラグ管理番号「3」又はフラグ管理番号「4」に対応付けられた抽選フラグが成立状態である場合に、すなわち、ベル役1、ベル役2、特殊小役4及び特殊小役5の抽選フラグが重複して成立状態である場合又はベル役1、ベル役2及び特殊小役4〜特殊小役6の抽選フラグが重複して成立状態である場合に、リール停止制御によって、ベル役1及びベル役2の少なくともいずれかの入賞図柄組合せを構成する図柄を、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下タイミングによらずに有効化された有効ライン上に表示することができるようになっている。
【0066】
また、フラグ管理番号「3」又はフラグ管理番号「4」に対応付けられた抽選フラグが成立状態であり、かつ複数の有効ラインが有効化されている場合には、リール制御手段130は、リール停止制御において、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下タイミングによって、ベル役1の入賞図柄組合せを構成する図柄を有効化された有効ライン上に表示すると同時に、特殊小役4又は特殊小役5の入賞図柄組合せを構成する図柄を、ベル役1の入賞図柄組合せが表示された有効ラインとは異なる有効化された有効ライン上に表示することができるようになっている。
【0067】
図5に示すように、当選エリア「スイカ1」には、小役であるスイカ役が対応付けられており、当選エリア「スイカ2」には、スイカ役に加えて、小役である特殊小役1が重複して対応付けられており、当選エリア「チェリー」には、小役であるチェリー役1〜チェリー役10及びレア役が重複して対応付けられている。また、当選エリア「スイカ1」、当選エリア「スイカ2」、当選エリア「チェリー」には、フラグ管理番号「5」〜フラグ管理番号「7」が対応付けられており、フラグ管理番号「5」には、スイカ役の抽選フラグが対応付けられており、フラグ管理番号「6」には、スイカ役及び特殊小役1の抽選フラグが重複して対応付けられており、フラグ管理番号「7」には、チェリー役1〜チェリー役10及びレア役の抽選フラグが重複して対応付けられている。
【0068】
図6及び図7に示すスイカ役、チェリー役1〜チェリー役10、レア役及び特殊小役1の入賞図柄組合せと図4に示す図柄の配列とにより、リール制御手段130は、フラグ管理番号「5」〜フラグ管理番号「7」のいずれかに対応付けられた抽選フラグが成立状態であったとしても、すなわち、スイカ役の抽選フラグが単独で成立状態であった、スイカ役及び特殊小役1の抽選フラグが重複して成立状態であった又はチェリー役1〜チェリー役10及びレア役の抽選フラグが重複して成立状態であったとしても、リール停止制御において、ストップボタンB1及びストップボタンB2の押下タイミングによって、いずれの役も入賞しない取りこぼし(非入賞)となるように構成されている。
【0069】
図5に示すように、当選エリア「チャンス1」〜当選エリア「チャンス3」には、それぞれ1個の小役が対応付けられており、順に特殊小役1、特殊小役2、特殊小役3が対応付けられている。また、当選エリア「チャンス1」〜当選エリア「チャンス3」には、フラグ管理番号「8」〜フラグ管理番号「10」が対応付けられており、フラグ管理番号「8」には、特殊小役1の抽選フラグが対応付けられており、フラグ管理番号「9」には、特殊小役2の抽選フラグが対応付けられており、フラグ管理番号「10」には、特殊小役3の抽選フラグが対応付けられている。
【0070】
図7に示す特殊小役1〜特殊小役3の入賞図柄組合せ及び図4に示す図柄の配列により、リール制御手段130は、フラグ管理番号「8」〜フラグ管理番号「10」のいずれかに対応付けられた抽選フラグが成立状態であったとしても、すなわち、特殊小役1の抽選フラグが単独で成立状態であった、特殊小役2の抽選フラグが単独で成立状態であった又は特殊小役3の抽選フラグが単独で成立状態であったとしても、リール停止制御において、ストップボタンB1及びストップボタンB2の押下タイミングによって、いずれの役も入賞しない取りこぼし(非入賞)となるように構成されている。
【0071】
図5に示すように、当選エリア「チャンス4」には、小役であり特殊小役4〜特殊小役8が重複して対応付けられている。また、当選エリア「チャンス4」には、フラグ管理番号「11」が対応付けられており、フラグ管理番号「11」には、特殊小役4〜特殊小役8の抽選フラグが対応付けられている。
【0072】
図7に示す特殊小役4〜特殊小役10の入賞図柄組合せ及び図4に示す図柄の配列により、リール制御手段130は、フラグ管理番号「11」に対応付けられた抽選フラグが成立状態である場合、すなわち、特殊小役4〜特殊小役8の抽選フラグが重複して成立状態である場合に、リール停止制御によって、特殊小役4〜特殊小役8の少なくともいずれかの入賞図柄組合せを構成する図柄を、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下タイミングによらずに有効化された有効ライン上に表示することができるようになっている。
【0073】
図5に示すように、当選エリア「JAC1」には、本実施形態のスロットマシン1において当選可能な全ての小役であるベル役1、ベル役2、スイカ役、チェリー役1〜チェリー役10、レア役及び特殊小役1〜特殊小役10が重複して対応付けられており、当選エリア「JAC2」には、ベル役1、特殊小役4、特殊小役7及び特殊小役9が重複して対応付けられている。また、当選エリア「JAC1」及び当選エリア「JAC2」には、フラグ管理番号「12」及びフラグ管理番号「13」が対応付けられており、フラグ管理番号「12」には、ベル役1、ベル役2、スイカ役、チェリー役1〜チェリー役10、レア役及び特殊小役1〜特殊小役10の抽選フラグが重複して対応付けられており、フラグ管理番号「13」には、ベル役1、特殊小役4、特殊小役7及び特殊小役9の抽選フラグが重複して対応付けられている。なお、不当選には、フラグ管理番号「0」が対応付けられており、フラグ管理番号「0」には、いずれの役にも対応付けられていない。
【0074】
また、図5に示すように、当選エリア「RBB」には、RBBが対応付けられている。本実施形態のスロットマシン1において、RBBの入賞図柄組合せは、図6に示すように、「青7−青7−青7」に設定されている。図4に示すように、第1リールR1の外周面には、停止番号6番及び停止番号11番が割り当てられたコマに青7図柄「青7」が配列されている。第2リールR2の外周面には、停止番号15番が割り当てられたコマに青7図柄「青7」が配列されている。第3リールR3の外周面には、停止番号14番が割り当てられたコマに青7図柄「青7」が配列されている。このために、リール制御手段130は、当選エリア「RBB」に対応付けられた役の抽選フラグが成立状態である場合、すなわち、RBBの抽選フラグが単独で成立状態である場合に、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下タイミングによって、いずれの役も入賞しない取りこぼし(非入賞)となるように構成されている。
【0075】
図5に示すように、当選エリア「CBB」には、CBBが対応付けられている。本実施形態のスロットマシン1において、CBBの入賞図柄組合せは、図6に示すように、「赤7−赤7−赤7」、「青7−青7−赤7」に設定されている。図4に示すように、第1リールR1の外周面には、停止番号4番が割り当てられたコマに赤7図柄「赤7」が配列されている。第2リールR2の外周面には、停止番号18番が割り当てられたコマに赤7図柄「赤7」が配列されている。第3リールR3の外周面には、停止番号3番が割り当てられたコマに赤7図柄「赤7」が配列されている。このために、リール制御手段130は、当選エリア「CBB」に対応付けられた役の抽選フラグが成立状態である場合、すなわち、CBBの抽選フラグが単独で成立状態である場合に、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下タイミングによって、いずれの役も入賞しない取りこぼし(非入賞)となるように構成されている。
【0076】
また、リールの停止位置の優先順位は、上述した通りに、「リプレイ>小役>ボーナス」の順序で定められている。このために、RBB又はCBBの抽選フラグと共に、フラグ管理番号「1」又はフラグ管理番号「2」に対応付けられた抽選フラグが重複して成立状態である場合には、リール制御手段130は、リール停止制御によって、リプレイ役1の入賞図柄組合せを構成する図柄を、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下タイミングによらずに有効化された有効ライン上に表示することができるようになっている。また、RBB又はCBBの抽選フラグと共に、フラグ管理番号「3」又はフラグ管理番号「4」に対応付けられた抽選フラグが重複して成立状態である場合には、リール制御手段130は、リール停止制御によって、ベル役1及びベル役2の少なくともいずれかの入賞図柄組合せを構成する図柄を、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下タイミングによらずに有効化された有効ライン上に表示することができるようになっている。
【0077】
RBB又はCBBの抽選フラグと共に、フラグ管理番号「11」に対応付けられた抽選フラグが重複して成立状態である場合には、リール制御手段130は、リール停止制御によって、特殊小役4〜特殊小役8の少なくともいずれかの入賞図柄組合せを構成する図柄を、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下タイミングによらずに有効化された有効ライン上に表示することができるようになっている。
【0078】
RBB又はCBBの抽選フラグと共に、フラグ管理番号「5」〜フラグ管理番号「10」のいずれかのフラグ管理番号の抽選フラグが重複して成立状態である場合には、リール制御手段130は、リール停止制御において、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下タイミングが、成立状態である抽選フラグの小役の入賞図柄組合せを構成する図柄を有効化された有効ライン上に表示可能である場合に、成立状態である抽選フラグの小役の入賞図柄組合せを構成する図柄を有効化された有効ライン上に表示するようになっている。また、リール制御手段130は、リール停止制御において、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下タイミングが、成立状態である抽選フラグの小役の入賞図柄組合せを構成する図柄を有効化された有効ライン上に表示不可能であり、かつ成立状態である抽選フラグのRBB又はCBBの入賞図柄組合せを構成する図柄を有効化された有効ライン上に表示可能である場合に、成立状態である抽選フラグのRBB又はCBBの入賞図柄組合せを構成する図柄を有効化された有効ライン上に表示させる。
【0079】
入賞判定手段140は、第1リールR1〜第3リールR3の停止態様に基づいて、役が入賞したか否かを判定する入賞判定処理を行う。具体的には、記憶手段190の入賞判定テーブル記憶手段194に記憶されている入賞判定テーブルを参照しながら、第1リールR1〜第3リールR3の全てが停止した時点で有効化された有効ライン上に表示されている図柄組合せが、予め定められた役の入賞の形態であるか否かを判定する。そして、各リールが停止した状態における有効化された有効ライン上に表示された図柄組合せによって、小役、リプレイ、ボーナスの入賞の有無を判定(以下、「入賞判定」と記載)できるように入賞判定テーブルが用意されている。
【0080】
また、本実施形態のスロットマシン1では、入賞判定処理における入賞判定手段140の判定結果に基づいて各処理が実行される。入賞役の判定結果に基づき実行される各処理としては、例えば、小役が入賞した場合には払出制御手段150にメダルを払い出させる枚数を決定する処理が行われ、リプレイが入賞した場合にはリプレイ処理手段160に次回の遊技においてメダルを消費せずに実行させる処理を行わせ、ボーナスが入賞した場合には遊技状態移行制御手段170に遊技状態を移行させる処理が行われる。
【0081】
払出制御手段150は、遊技結果に応じたメダルの払い出しに関する払出処理を行う。具体的には、小役が入賞した場合に、役ごとに予め定められている配当に基づいて遊技におけるメダルの払出数を決定し、決定された払出数に相当するメダルを、払出装置としてのホッパーユニット320に払い出させる制御を行う。本実施形態において、一般遊技状態における小役の配当は、投入数に応じて設定されている。
【0082】
ホッパーユニット320は、払出制御手段150によって指示された払出数のメダルを払い出す動作を行う。ホッパーユニット320には、メダルを1枚払い出すごとに作動する払出メダル検出スイッチ325が備えられている。払出制御手段150は、払出メダル検出スイッチ325からの入力信号に基づいて、ホッパーユニット320から実際に払い出されたメダルの数を管理することができるように構成されている。なお、メダルのクレジットが許可されている場合には、ホッパーユニット320によって実際にメダルの払い出しを行う代わりに、記憶手段190のクレジット記憶領域(図示省略)に記憶されているクレジット数(クレジットされたメダルの数)に対して払出数を加算するクレジット加算処理を行って仮想的にメダルを払い出す処理を行う。
【0083】
ここで、各小役の配当について説明する。図6及び図7に示すように、投入数が1枚である場合には、ベル役1、ベル役2及びスイカ役の配当が10枚に設定され、チェリー役1〜チェリー役10及びレア役の配当が2枚に設定され、特殊小役1〜特殊小役8の配当が1枚に設定されている。投入数が3枚である場合には、ベル役1、ベル役2、スイカ役、チェリー役1〜チェリー役10の及び特殊小役1〜特殊小役8の配当が、投入数が1枚である場合に設定された配当と同数に設定されており、レア役の配当が4枚に設定されている。
【0084】
また、投入数が2枚である場合には、ベル役1、ベル役2、チェリー役1、レア役、特殊小役4〜特殊小役6、特殊小役8及び特殊小役10の配当が15枚に設定され、特殊小役7及び特殊小役9の配当が14枚に設定され、スイカ役の配当が10枚に設定されている。また、チェリー役2〜チェリー役10の配当が2枚に設定され、特殊小役1〜特殊小役3の配当が1枚に設定されている。
【0085】
リプレイ処理手段160は、入賞判定手段140により有効化された有効ライン上に複数種類のリプレイのうちいずれかのリプレイの入賞を示す図柄組合せが停止表示されたと判定され、リプレイが入賞した場合に、次回の遊技に関してメダルの投入を要さずに遊技を実行可能にする準備状態に設定するリプレイ処理(再遊技処理)を行う。すなわち、本実施形態のスロットマシン1では、リプレイが入賞した場合、リプレイが入賞した遊技において投入数分のメダルを遊技者の手持ちのメダル(クレジットメダルを含む)を使わずに自動的に投入する自動投入処理が行われ、前回の遊技と同じ有効ラインを設定した状態で、次回のスタートレバーSLに対する開始操作を待機する。
【0086】
遊技状態移行制御手段170は、RBBが当選した場合に通常状態から第1ボーナス成立状態に移行させ、CBBが当選した場合に通常状態から第2ボーナス成立状態に移行させるボーナス成立状態移行制御処理と、RBBが入賞した場合に第1ボーナス成立状態から第1ボーナス状態に移行させ、CBBが入賞した場合に第2ボーナス成立状態から第2ボーナス状態に移行させるボーナス状態移行制御処理と、の遊技状態移行制御を行う。
【0087】
図8は、遊技状態移行制御手段170が実行する遊技状態移行制御において、各遊技状態から移行可能な遊技状態を示す状態遷移図である。
【0088】
まず、遊技状態移行制御手段170が実行する遊技状態移行制御処理のうち通常状態から第1ボーナス成立状態又は第2ボーナス成立状態に遊技状態を移行させる遊技状態移行制御処理について説明する。遊技状態移行制御手段170は、通常状態での遊技における内部抽選でRBBに当選した場合に遊技状態を通常状態から第1ボーナス成立状態へ移行させ、CBBに当選した場合に通常状態から第2ボーナス成立状態へ移行させるボーナス成立状態移行制御処理を実行する。具体的には、遊技状態移行制御手段170は、通常状態での内部抽選においてRBBに当選した場合に、遊技状態を通常状態から第1ボーナス成立状態に移行させる。また、スロットマシン1では、RBBに当選し、かつRBBが入賞しなかった場合に、RBBが入賞するまでの以降の遊技において第1ボーナス成立状態での遊技が実行される。略同様に、遊技状態移行制御手段170は、通常状態での内部抽選においてCBBに当選した場合に、遊技状態を通常状態から第2ボーナス成立状態に移行させる。また、スロットマシン1では、CBBに当選し、かつCBBのいずれにも入賞しなかった場合に、CBBが入賞するまでの以降の遊技において第2ボーナス成立状態での遊技が実行される。
【0089】
本実施形態のスロットマシン1においては、上述した通りに、内部抽選でRBBに当選した場合にRBBが入賞するまでRBBの抽選フラグが成立状態で持ち越され、CBBに当選した場合にCBBが入賞するまでCBBの抽選フラグが成立状態で持ち越される。このため、スロットマシン1では、第1ボーナス成立状態における内部抽選で小役又はリプレイに当選した場合に、小役とRBB又はリプレイとRBBが重複して当選した状態となり、第2ボーナス成立状態における内部抽選で小役又はリプレイに当選した場合に、小役とCBB又はリプレイとCBBが重複して当選した状態となる。本実施形態のスロットマシン1では、上述した通りに、第1ボーナス成立状態又は第2ボーナス成立状態において、RBB又はCBBの抽選フラグと共に、フラグ管理番号「5」〜フラグ管理番号「10」のいずれかのフラグ管理番号の抽選フラグが重複して成立状態である場合に、リール制御手段130によるリール停止制御によって、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下タイミングが、成立状態である抽選フラグの小役の入賞図柄組合せを構成する図柄を有効化された有効ライン上に表示不可能であり、かつ成立状態である抽選フラグのRBB又はCBBの入賞図柄組合せを構成する図柄を有効化された有効ライン上に表示可能である際に、抽選フラグが成立状態にセットされ続けているRBB又はCBBを入賞させることができるようになる。
【0090】
次に、遊技状態移行制御手段170が実行するボーナス状態移行制御処理について説明する。遊技状態移行制御手段170は、第1ボーナス成立状態でのリール制御手段130によるリール停止制御によりRBBの入賞図柄組合せが有効化された有効ライン上に表示された場合に、ボーナス状態移行制御処理として遊技状態を第1ボーナス成立状態から第1ボーナス状態へ移行させる制御処理を実行する。第1ボーナス状態へ移行した場合、遊技状態移行制御手段170は、記憶手段190の有するカウンタであるボーナス終了判定カウンタ(不図示)へ値を加算する処理を開始する。第1ボーナス状態からは、通常状態への移行が可能となっている。具体的には、第1ボーナス状態において、344枚を超えるメダルの払い出しが実行され、ボーナス終了判定カウンタに記憶されている値が予め定められた所定の払出数に対応する値(本実施形態では値「344」)に到達した場合に通常状態に移行する。第1ボーナス状態では、エリア判定処理において、当選エリア「JAC1」又は当選エリア「JAC2」に当選するように構成されており、抽選フラグ設定処理において、当選エリア「JAC1」又は当選エリア「JAC2」に対応付けられた役の抽選フラグ、すなわちフラグ管理番号「12」又はフラグ管理番号「13」に対応付けられた抽選フラグの抽選フラグ成立処理が実行されるように構成されている。
【0091】
ここで、上述したように、遊技状態が第1ボーナス状態又は第2ボーナス状態である場合に、規定枚数が2枚に設定される。このために、遊技状態が第1ボーナス状態又は第2ボーナス状態である場合には、全ての小役のうちベル役1、ベル役2、特殊小役4〜特殊小役6、特殊小役8及び特殊小役10の配当が最も大きくなる。本実施形態のスロットマシン1は、第1ボーナス状態においてフラグ管理番号「12」に対応付けられた抽選フラグ、すなわち当選エリア「JAC1」に対応付けられた役の抽選フラグが成立状態である場合に、リール制御手段130によるリール停止制御において、入賞時の払出数が最も多いベル役1、ベル役2、特殊小役4〜特殊小役6、特殊小役8及び特殊小役10が他の役に優先して入賞するように第1リールR1〜第3リールR3を制御する。
【0092】
また、第1ボーナス状態におけるエリア判定処理において当選エリア「JAC2」に当選したと判定された場合に、本実施形態のリール制御手段130は、リール停止制御において、有効化された有効ライン上に表示可能な図柄組合せの数に応じて停止位置の候補の優先度を求めるように構成されている。このために、第1ボーナス状態におけるエリア判定処理において当選エリア「JAC2」に当選したと判定され、かつフラグ管理番号「13」に対応付けられた役、すなわち当選エリア「JAC2」に対応付けられた役の抽選フラグが成立状態である場合には、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下タイミングと、押下操作される順序(以下、打順とも記載する)と、によって、ベル役1の単独、特殊小役4の単独、ベル役1及び特殊小役4の2個、特殊小役7の単独又は特殊小役9の単独に入賞する。すなわち、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下タイミング及び打順によって、メダルの払出数は、15枚と14枚とに変化する。
【0093】
例えば当選エリア「JAC2」に当選したと判定された場合にあって、ストップボタンB1〜ストップボタンB3のうちストップボタンB3が最初に押下操作されると、リール制御手段130は、ベル役1、特殊小役4、特殊小役7、及び特殊小役9のうちの配当が最も多い15枚であり、入賞する図柄組合せの数が多いベル役1を優先させて第3リールR3においてベル図柄「BL」を有効ラインL1上に停止させる。これにより、特殊小役4の図柄組合せは、有効ラインL1、有効ラインL3、及び有効ラインL4のいずれの上にも停止していないので、特殊小役4の入賞は不能となる。次にストップボタンB2が押下操作されると、引き続き、配当が最も多く、入賞する図柄組合せの数が多いベル役1を優先させて、第2リールR2においてベル図柄「BL」を有効ラインL1上に停止させる。そして、最後にストップボタンB1が停止番号17番に割り当てられたブランク図柄「BLK」が有効ラインL1上にある位置の押下タイミングで押下操作されると、第1リールR1において停止番号12番に割り当てられたベル図柄「BL」が上述したリールの停止制御で停止可能となる0コマ〜4コマの範囲内に位置していないので、つまりベル役1の入賞が不能となり、入賞が可能である特殊小役7又は特殊小役9を入賞させるように、星図柄B「STB」を有効ラインL1上に停止させ、これによって配当が14枚の特殊小役7又は特殊小役9が入賞してメダルの払出数が14枚となる。なお、特殊小役7は、ストップボタンB3の押下タイミングが停止番号12又は停止番号17のベル図柄「BL」が停止可能となる0コマ〜4コマの範囲内で押下された場合に入賞し、特殊小役9は、ストップボタンB3の押下タイミングが停止番号0、停止番号4、又は停止番号9のベル図柄「BL」が停止可能となる0コマ〜4コマの範囲内で押下された場合に入賞することになる。また、このように配当が14枚の特殊小役7又は特殊小役9を入賞させるストップボタンB1〜ストップボタンB3の押下タイミング及び打順以外では、配当が15枚のベル役1又は特殊小役4が入賞し、メダルの払出数が15枚となる。
【0094】
本実施形態のスロットマシン1では、第1ボーナス状態において、毎回の遊技におけるメダルの払出数が15枚である場合に、第1ボーナス状態におけるメダルの獲得枚数が345枚となる。しかしながら、第1ボーナス状態において、メダルが1回14枚で払い出されるまでの毎回の遊技では、ストップボタンB3が最初に押下操作され、かつ特定のタイミングでストップボタンB1が押下操作され、メダルが1回14枚で払い出された後の毎回の遊技では、ストップボタンB1〜ストップボタンB3の打順で押下操作されることにより、第1ボーナス状態において、メダルが1回だけ14枚で払い出され、残りの各遊技においてメダルが15枚で払い出される。これにより、第1ボーナス状態におけるメダルの獲得枚数は、359枚となる。このように、本実施形態のスロットマシン1では、第1ボーナス状態において、払出数が14枚の役の入賞を狙うことにより第1ボーナス状態におけるメダルの獲得枚数を増加させる遊技性を遊技者に提供し、第1ボーナス状態における遊技に対する遊技者の興趣を向上させることができる。
【0095】
また、遊技状態移行制御手段170は、第2ボーナス成立状態でのリール制御手段130によるリール停止制御によりCBBの入賞図柄組合せが有効化された有効ライン上に表示された場合に、ボーナス状態移行制御処理として遊技状態を第2ボーナス成立状態から第2ボーナス状態へ移行させる制御処理を実行する。第2ボーナス状態へ移行した場合、遊技状態移行制御手段170は、ボーナス終了判定カウンタ(不図示)へ値を加算する処理を開始する。第2ボーナス状態からは、通常状態への移行が可能となっている。具体的には、第2ボーナス状態において、253枚を超えるメダルの払い出しが実行され、ボーナス終了判定カウンタに記憶されている値が予め定められた所定の払出数に対応する値(本実施形態では値「253」)に到達した場合に通常状態に移行する。第2ボーナス状態である場合、内部抽選手段120は、内部抽選の結果によらずすべての小役の抽選フラグを成立状態(ON状態)にセットする。
【0096】
演出制御手段180は、演出データ記憶手段195に記憶されている演出データに基づいて、例えば、表示装置330を用いて行う表示演出や音響装置340を用いて行う音響演出等、遊技に関する演出に係る制御を行う。具体的には、メダルの投入、シングルベットボタンBT、マックスベットボタンMB、スタートレバーSL、ストップボタンB1〜ストップボタンB3に対する操作等への遊技者によるスロットマシン1の各構成の操作時や、遊技状態の変動等の遊技イベントの発生時に、ランプ及びLEDの点灯あるいは点滅、表示装置330の表示内容の変化、スピーカからの音の出力、スタートスイッチ230からスタート信号が出力された状態で第1リールR1〜第3リールR3の回転開始を遅延させる第1リールR1〜第3リールR3を用いた演出等を実行することにより、遊技を盛り上げる演出や、遊技を補助するための演出の実行制御を行う。
【0097】
また、演出制御手段180は、各演出状態に基づく演出を演出装置300を構成する各構成に実行させる。なお、本実施形態において、演出制御手段180は、乱数を用いる抽選処理ごとに、乱数生成手段110の乱数格納領域から乱数を取得し、演出抽選テーブル記憶手段196に記憶されている複数の演出抽選テーブルのうち、各抽選処理に必要な演出抽選テーブルを用いて各抽選処理を実行する。
【0098】
2.内部抽選の詳細
ここで、図9を参照して、本実施形態に係るスロットマシン1において、内部抽選手段120が実行する内部抽選の詳細について説明する。内部抽選手段120は、内部抽選における抽選テーブル選択処理において内部抽選テーブル記憶手段191に格納されている内部抽選テーブルA〜内部抽選テーブルDにうち、エリア判定処理において参照する内部抽選テーブルを選択する。
【0099】
図9は、内部抽選テーブルA〜内部抽選テーブルDを示す図であり、図9(A)は、遊技状態が一般遊技状態かつ、投入数が1枚である場合に実行される内部抽選において参照される内部抽選テーブルAを示す図である。すなわち、内部抽選テーブルAは、遊技状態が通常状態、第1ボーナス成立状態及び第2ボーナス成立状態にかかわらずに使用される内部抽選テーブルである。内部抽選テーブルAには、図9(A)に示すように、各当選エリアに対して乱数が対応付けられている。
【0100】
内部抽選テーブルAでは、値「0」〜値「9」の10個の乱数に対して、当選エリア「CBB」が対応付けられており、値「10」に対して値「10」〜値「23」の14個の乱数に対して、当選エリア「RBB」が対応付けられている。また、値「24」〜値「223」に対して、当選エリア「チャンス4」が対応付けられており、値「224」〜値「423」に対して、当選エリア「チャンス3」が対応付けられており、値「424」〜値「623」に対して、当選エリア「チャンス2」が対応付けられており、値「624」〜値「823」に対して、当選エリア「チャンス1」が対応付けられている。このように、当選エリア「チャンス1」〜当選エリア「チャンス4」に対して、それぞれ200個の乱数が対応付けられている。
【0101】
また、内部抽選テーブルAでは、値「824」〜値「1673」の850個の乱数に対して、当選エリア「チェリー」が対応付けられており、値「1674」〜値「1751」の78個の乱数に対して、当選エリア「スイカ2」が対応付けられており、値「1752」〜値「1951」の200個の乱数に対して、当選エリア「スイカ1」が対応付けられている。値「1952」〜値「2951」の1000個の乱数に対して、当選エリア「ベル2」が対応付けられており、値「2952」〜値「6951」の4000個の乱数に対して、当選エリア「ベル1」が対応付けられている。
【0102】
また、内部抽選テーブルAでは、値「6952」〜値「7951」の1000個の乱数に対して、当選エリア「リプレイ2」が対応付けられており、値「7952」〜値「15951」の8000個の乱数に対して、当選エリア「リプレイ1」が対応付けられている。そして、値「15952」〜値「65535」の49584個の乱数に対して、不当選(ハズレ)が対応付けられている。
【0103】
図9(B)は、遊技状態が一般遊技状態かつ、投入数が3枚である場合に実行される内部抽選において参照される内部抽選テーブルBを示す図である。すなわち、内部抽選テーブルBは、遊技状態が通常状態、第1ボーナス成立状態及び第2ボーナス成立状態にかかわらずに使用される内部抽選テーブルである。内部抽選テーブルBには、図9(B)に示すように、各当選エリアに対して乱数が対応付けられている。
【0104】
内部抽選テーブルBでは、値「0」〜値「39」の40個の乱数に対して、当選エリア「CBB&チャンス3」が対応付けられており、値「40」〜値「79」の40個の乱数に対して、当選エリア「CBB&チャンス2」が対応付けられており、値「80」〜値「119」の40個の乱数に対して、当選エリア「CBB&チャンス1」が対応付けられている。値「120」〜値「149」の30個の乱数に対して、当選エリア「CBB&チェリー」が対応付けられており、値「150」〜値「179」の30個の乱数に対して、当選エリア「CBB&スイカ2」が対応付けられており、値「180」〜値「189」の10個の乱数に対して、当選エリア「CBB&リプレイ2」が対応付けられており、値「190」〜値「241」の52個の乱数に対して、当選エリア「CBB」が対応付けられている。
【0105】
また、内部抽選テーブルBでは、値「242」〜値「281」の40個の乱数に対して、当選エリア「RBB&チャンス4」が対応付けられており、値「282」〜値「311」の30個の乱数に対して、当選エリア「RBB&チャンス3」が対応付けられており、値「312」〜値「341」の30個の乱数に対して、当選エリア「RBB&チャンス2」が対応付けられており、値「342」〜値「371」の30個の乱数に対して、当選エリア「RBB&チャンス1」が対応付けられている。値「372」〜値「391」の20個の乱数に対して、当選エリア「RBB&チェリー」が対応付けられており、値「392」〜値「411」の20個の乱数に対して、当選エリア「RBB&スイカ2」が対応付けられており、値「412」〜値「421」の10個の乱数に対して、当選エリア「RBB&リプレイ2」が対応付けられており、値「422」〜値「471」の50個の乱数に対して、当選エリア「RBB」が対応付けられている。
【0106】
また、内部抽選テーブルBでは、値「472」〜値「621」の150個の乱数に対して、当選エリア「チェリー」が対応付けられており、値「622」〜値「721」の100個の乱数に対して、当選エリア「スイカ2」が対応付けられており、値「722」〜値「971」の250個の乱数に対して、当選エリア「スイカ1」が対応付けられている。値「972」〜値「1971」の1000個の乱数に対して、当選エリア「ベル2」が対応付けられており、値「1972」〜値「6971」の5000個の乱数に対して、当選エリア「ベル1」が対応付けられている。
【0107】
また、内部抽選テーブルBでは、値「6972」〜値「7951」の980個の乱数に対して、当選エリア「リプレイ2」が対応付けられており、値「7952」〜値「15951」の8000個の乱数に対して、当選エリア「リプレイ1」が対応付けられている。そして、値「15952」〜値「65535」の49584個の乱数に対して、不当選(ハズレ)が対応付けられている。
【0108】
このように、内部抽選テーブルA及び内部抽選テーブルBにおいて、ボーナスを含む当選エリアであるボーナス当選エリアと乱数との対応関係を規定する領域は、本実施形態におけるボーナス領域を構成し、ボーナス当選エリアとは異なる当選エリアと乱数との対応関係を規定する領域は、本実施形態における非ボーナス領域を構成する。
【0109】
また、図9(C)は、遊技状態が第1ボーナス状態である場合に実行される内部抽選において参照される内部抽選テーブルCを示す図である。内部抽選テーブルCでは、図9(C)に示すように、値「0」〜値「19999」の20000個の乱数に対して、当選エリア「JAC2」が対応付けられており、値「20000」〜値「65535」の45536個の乱数が対応付けられている。
【0110】
図9(D)は、遊技状態が第2ボーナス状態である場合に実行される内部抽選において参照される内部抽選テーブルDを示す図である。内部抽選テーブルDでは、図9(D)に示すように、値「0」〜値「65535」のように取得可能な全ての乱数が不当選に対応付けられている。すなわち、遊技状態が第2ボーナス状態である場合には、内部抽選手段120は、エリア判定処理において、もれなく不当選(ハズレ)となる。
【0111】
内部抽選手段120は、エリア判定処理によりRBB及びCBBのいずれも含まない当選エリアに当選したと判定した又は不当選である場合に、抽選フラグ設定処理において、エリア判定処理により当選した当選エリア又は不当選に対応付けられたフラグ管理番号を記憶手段190のフラグ管理カウンタ(不図示)に記憶させる。そして、内部抽選手段120は、抽選フラグ設定処理において、フラグ管理カウンタに記憶されているフラグ管理番号に対応する抽選フラグを成立状態に設定する小役リプレイ抽選フラグ成立処理を実行する。
【0112】
また、エリア判定処理によりRBB又はCBBを含む当選エリアに当選したと判定した場合には、内部抽選手段120は、抽選フラグ設定処理において、当選エリアに対して、フラグ管理番号及びボーナスの種別の情報を含む特定当選エリア対応情報が対応付けられたテーブルであり、内部抽選テーブル記憶手段191に格納されているテーブルである特定当選エリア対応テーブル(不図示)を参照し、当選した当選エリアに対応付けられた特定当選エリア対応情報を取得する。
【0113】
内部抽選手段120は、取得した特定当選エリア対応情報に対応付けられたフラグ管理番号をフラグ管理カウンタに記憶させる。また、内部抽選手段120は、現在の遊技状態が通常状態である場合に、取得した特定当選エリア対応情報に対応付けられたボーナスの抽選フラグを成立状態に設定するボーナス抽選フラグ成立処理を実行する。そして、内部抽選手段120は、抽選フラグ設定処理において、フラグ管理カウンタに記憶されているフラグ管理番号に対応する抽選フラグを成立状態に設定する小役リプレイ抽選フラグ成立処理を実行する。
【0114】
なお、第2ボーナス状態である場合に、内部抽選手段120は、上述した通り、内部抽選の結果によらずすべての小役の抽選フラグを成立状態(ON状態)にセットする。
【0115】
<抽選フラグ設定処理>
次に、図10を参照して、本実施形態に係るスロットマシン1において、内部抽選手段120が実行する抽選フラグ設定処理の詳細について説明する。図10は、本実施形態におけるスロットマシン1において、抽選フラグ設定処理において内部抽選手段120が実行する各制御処理を示すフローチャートである。
【0116】
例えば、通常状態において、エリア判定処理により非ボーナス領域に対応付けられた当選エリアに当選した場合に実行する抽選フラグ設定処理について説明する。
【0117】
まず、内部抽選手段120は、今回の遊技のエリア判定処理においてボーナスを含む当選エリアに当選したか否かを判定する(S1)。エリア判定処理において非ボーナス領域に対応付けられた当選エリアに当選したので、内部抽選手段120は、ステップS1の処理において、ボーナスを含む当選エリアに当選していないと判定し(NO)、次に、エリア判定処理の結果に応じたフラグ管理番号をフラグ管理カウンタにセットする(S2)。
【0118】
ステップS2の処理において、内部抽選手段120は、エリア判定処理において当選エリアに当選したと判定した場合に、当選した当選エリアに対応付けられたフラグ管理番号をフラグ管理カウンタにセットする。例えば、内部抽選手段120は、エリア判定処理において当選したと判定し、かつ当選した当選エリアが当選エリア「リプレイ2」であった場合に、当選エリア「リプレイ2」に対応付けられたフラグ管理番号である値「2」をフラグ管理カウンタにセットする。また、ステップS2の処理において、内部抽選手段120は、エリア判定処理において不当選であった場合に、不当選に対応付けられたフラグ管理番号である値「0」をフラグ管理カウンタにセットする。
【0119】
ステップS2の処理を実行した後に、内部抽選手段120は、フラグ管理カウンタに記憶されているフラグ管理番号に対応付けられた抽選フラグを成立状態に設定する小役リプレイ用抽選フラグ設定処理を実行する(S7)。
【0120】
ステップS7の処理において、内部抽選手段120は、フラグ管理番号が値「0」であるか否かを判定し、フラグ管理番号が値「0」であると判定した場合にステップS7の処理を終了する。一方、内部抽選手段120は、フラグ管理番号が値「0」ではないと判定した場合に、フラグ管理番号に対応付けられている抽選フラグを成立状態にする小役リプレイ抽選フラグ成立処理を実行して、ステップS7の処理を終了する。例えば、フラグ管理カウンタに値「2」が記憶されている場合に、内部抽選手段120は、フラグ管理番号が値「2」であると判定した後に、フラグ管理番号「2」に対応付けられた抽選フラグであるリプレイ役1及びリプレイ役2の抽選フラグを成立状態に設定する小役リプレイ用抽選フラグ設定処理を実行する。
【0121】
次に、通常状態において、エリア判定処理によりボーナス領域に対応付けられた当選エリアに当選した場合に実行する抽選フラグ設定処理について説明する。
【0122】
まず、内部抽選手段120は、ステップS1の処理において、ボーナスを含む当選エリアに当選したと判定し(YES)、次に、内部抽選テーブル記憶手段191から特定当選エリア対応テーブルを取得し、当選したと判定した当選エリアを特定当選エリア対応テーブルと比較して、比較結果に基づいて特定当選エリア対応情報を取得する(S3)。
【0123】
本実施形態のスロットマシン1において、特定当選エリア対応テーブルでは、当選エリア「RBB」に対して、フラグ管理番号として値「0」を含み、ボーナスの種別としてRBBを含む当選エリア対応情報が対応付けられており、当選エリア「RBB&リプレイ2」に対して、フラグ管理番号として値「2」を含み、ボーナスの種別としてRBBを含む当選エリア対応情報が対応付けられており、当選エリア「RBB&スイカ2」に対して、フラグ管理番号として値「6」を含み、ボーナスの種別としてRBBを含む当選エリア対応情報が対応付けられており、当選エリア「RBB&チェリー」に対して、フラグ管理番号として値「7」を含み、ボーナスの種別としてRBBを含む当選エリア対応情報が対応付けられている。当選エリア「RBB&チャンス1」に対して、フラグ管理番号として値「8」を含み、ボーナスの種別としてRBBを含む当選エリア対応情報が対応付けられており、当選エリア「RBB&チャンス2」に対して、フラグ管理番号として値「9」を含み、ボーナスの種別としてRBBを含む当選エリア対応情報が対応付けられており、当選エリア「RBB&チャンス3」に対して、フラグ管理番号として値「10」を含み、ボーナスの種別としてRBBを含む当選エリア対応情報が対応付けられており、当選エリア「RBB&チャンス4」に対して、フラグ管理番号として値「11」を含み、ボーナスの種別としてRBBを含む当選エリア対応情報が対応付けられている。
【0124】
また、特定当選エリア対応テーブルでは、当選エリア「CBB」に対して、フラグ管理番号として値「0」を含み、ボーナスの種別としてCBBを含む当選エリア対応情報が対応付けられており、当選エリア「CBB&リプレイ2」に対して、フラグ管理番号として値「2」を含み、ボーナスの種別としてCBBを含む当選エリア対応情報が対応付けられており、当選エリア「CBB&スイカ2」に対して、フラグ管理番号として値「6」を含み、ボーナスの種別としてCBBを含む当選エリア対応情報が対応付けられており、当選エリア「CBB&チェリー」に対して、フラグ管理番号として値「7」を含み、ボーナスの種別としてCBBを含む当選エリア対応情報が対応付けられている。当選エリア「CBB&チャンス1」に対して、フラグ管理番号として値「8」を含み、ボーナスの種別としてCBBを含む当選エリア対応情報が対応付けられており、当選エリア「CBB&チャンス2」に対して、フラグ管理番号として値「9」を含み、ボーナスの種別としてCBBを含む当選エリア対応情報が対応付けられており、当選エリア「CBB&チャンス3」に対して、フラグ管理番号として値「10」を含み、ボーナスの種別としてCBBを含む当選エリア対応情報が対応付けられている。
【0125】
そして、ステップS3の処理を実行した後に、内部抽選手段120は、取得した当選エリア対応情報に対応付けられているフラグ管理番号をフラグ管理カウンタにセットする(S4)。例えば、エリア判定処理において当選エリア「RBB&リプレイ2」に当選していた場合に、内部抽選手段120は、ステップS3の処理において、フラグ管理番号として値「2」を含み、ボーナスの種別としてRBBを含む当選エリア対応情報を取得する。そして、内部抽選手段120は、ステップS4の処理において、フラグ管理カウンタに値「2」をセットする。
【0126】
ステップS4の処理を実行した後に、内部抽選手段120は、現在の遊技状態が第1ボーナス成立状態又は第2ボーナス成立状態のボーナス成立状態であるか否かを判定する(S5)。
【0127】
現在の遊技状態が通常状態であるので、内部抽選手段120は、ステップS5の処理において、ボーナス成立状態ではないと判定し(NO)、次に、取得した当選エリア対応情報に対応付けられているボーナスに対応付けられた抽選フラグを成立状態にするボーナス抽選フラグ成立処理を実行する(S6)。例えば、取得した当選エリア対応情報に対応付けられているボーナスがRBBである場合に、内部抽選手段120は、ステップS6の処理において、RBBの抽選フラグを成立状態にするボーナス抽選フラグ成立処理を実行する。
【0128】
そして、ステップS6の処理を実行した後に、内部抽選手段120は、ステップS7の処理を実行することにより、ボーナスと共に、エリア判定処理において当選した当選エリアに対応付けられていた小役及びリプレイの抽選フラグを成立状態に設定する。
【0129】
次に、ボーナス成立状態において、エリア判定処理により非ボーナス領域に対応付けられた当選エリアに当選した場合に実行する抽選フラグ設定処理について説明する。
【0130】
まず、内部抽選手段120は、ステップS1の処理において、ボーナスを含む当選エリアに当選していないと判定し(NO)、次に、エリア判定処理の結果に応じたフラグ管理番号をフラグ管理カウンタにセットする(S2)。
【0131】
ステップS2の処理を実行した後に、内部抽選手段120は、ステップS7の処理を実行することにより、既に成立状態であったボーナスの抽選フラグと共に、フラグ管理カウンタに記憶されているフラグ管理番号に対応付けられた抽選フラグを成立状態に設定する。
【0132】
次に、ボーナス成立状態において、エリア判定処理によりボーナス領域に対応付けられた当選エリアに当選した場合に実行する抽選フラグ設定処理について説明する。
【0133】
まず、内部抽選手段120は、ステップS1の処理において、ボーナスを含む当選エリアに当選したと判定し(YES)、次に、ステップS3〜ステップS5の処理を実行する。
【0134】
現在の遊技状態がボーナス成立状態であるので、ステップS5の処理において、内部抽選手段120は、ステップS5の処理において、ボーナス成立状態であると判定し(YES)、ステップS6の処理を実行せずに、ステップS7の処理を実行する。例えば、エリア判定処理において当選エリア「RBB&リプレイ2」に当選していた場合に、内部抽選手段120は、ステップS4の処理においてフラグ管理カウンタに値「2」をセットし、ステップS7の処理において、フラグ管理番号「2」に対応付けられたフラグであるリプレイ役1及びリプレイ役2の抽選フラグを成立状態に設定する小役リプレイ用抽選フラグ設定処理を実行する。この場合における抽選フラグ設定処理において、内部抽選手段120は、ステップS6の処理を実行しないことにより、当選エリア「RBB&リプレイ2」に対応付けられたRBBの抽選フラグを成立状態にするボーナス抽選フラグ成立処理を実行しないので、今回の抽選フラグ設定処理の実行前から成立状態であるボーナスに対応する抽選フラグの設定状態を維持することができる。
【0135】
なお、本実施形態のスロットマシン1では、遊技状態が第2ボーナス状態である場合に、ステップS7の処理を実行した後に、全ての小役の抽選フラグを成立状態に設定する抽選フラグ成立処理が実行されるように構成されている。
【0136】
このように、本実施形態の内部抽選手段120は、ボーナス成立状態において、エリア判定処理によりボーナス領域に対応付けられた当選エリアに当選したと判定した場合に、当選した当選エリアに対応付けられたボーナスの抽選フラグを成立状態にするボーナス抽選フラグ成立処理を実行しないので、エリア判定処理及び抽選フラグ設定処理の前後において、RBB及びCBBに対応する抽選フラグの設定状態を維持することができ、ボーナス成立状態において、ボーナス領域を含む内部抽選テーブルを参照してエリア判定処理を実行することができる。これにより、内部抽選手段120は、遊技状態が通常状態又はボーナス成立状態である場合に、エリア判定処理において、同一のボーナス領域を参照することができる。
【0137】
また、本実施形態のスロットマシン1では、ボーナスが対応付けられていない当選エリアにおいて、通常状態とボーナス成立状態との間で、同一の当選エリアが当選可能に設定されている。さらに、通常状態及びボーナス成立状態において、同一の当選エリアに対して、同一の乱数が対応付けられている。これにより、内部抽選手段120は、遊技状態が通常状態又はボーナス成立状態である場合に、エリア判定処理において、同一の非ボーナス領域を参照することができる。したがって、本実施形態のスロットマシン1は、遊技状態が通常状態又はボーナス成立状態である場合に、エリア判定処理において、同一の内部抽選テーブルを参照することができるので、通常状態において参照する内部抽選テーブルとボーナス成立状態において参照する内部抽選テーブルとを共有化することができ、内部抽選テーブルに係るデータ量を削減することができる。
【0138】
また、本実施形態のスロットマシン1では、内部抽選テーブルに係るデータ量を削減することができるので、空いた記憶領域に他の制御に係るデータを格納し、他の制御に係るデータ量を増加させることができ、遊技性を向上させることができる。
【0139】
上述したように、本実施形態のスロットマシン1は、ボーナス成立状態において、エリア判定処理によりボーナス当選エリアに当選したと判定されたとしても、ボーナス抽選フラグ成立処理を実行しないので、エリア判定処理及び抽選フラグ設定処理の前後において、RBB及びCBBに対応する抽選フラグの設定状態を維持することができ、ボーナス成立状態において、ボーナス領域を含む内部抽選テーブルを参照してエリア判定処理を実行することができる。これにより、本実施形態のスロットマシン1は、遊技状態が通常状態又はボーナス成立状態である場合に、エリア判定処理において、少なくとも内部抽選テーブルにおける同一のボーナス領域を参照することができるので、通常状態において参照する内部抽選テーブルとボーナス成立状態において参照する内部抽選テーブルのボーナス領域を共有化することができ、内部抽選テーブルに係るデータ量を削減することができる。
【0140】
3.変形例
なお、本実施形態において、スロットマシン1は、遊技状態が通常状態又はボーナス成立状態である場合に、エリア判定処理において、同一の内部抽選テーブルを参照して、複数の当選エリアのいずれの当選エリアに当選したかを判定するように構成されているが、これに限らず、少なくとも内部抽選テーブルにおける同一のボーナス領域を参照して、複数の当選エリアのいずれの当選エリアに当選したかを判定するように構成されていてもよい。例えば、スロットマシン1は、通常状態において参照する第1非ボーナス領域と、ボーナス成立状態において参照する第2非ボーナス領域と、通常状態又はボーナス成立状態において参照する同一のボーナス領域と、を有するように構成されていてもよい。この場合には、第1非ボーナス領域と第2非ボーナス領域とが当選エリアに対応付けられたリプレイの種類や当選確率が異なるように設計することが可能であり、内部抽選テーブルに係るデータ量を削減しながら、設計自由度を向上させることができる。
【0141】
また、本実施形態において、スロットマシン1では、通常状態の遊技状態として1つの遊技状態が設定されているが、これに限らず、リプレイが対応付けられた当選エリアが異なる非RT状態及びRT状態の複数の通常状態が設定されていてもよい。この場合には、少なくともリプレイのみが対応付けられた当選エリアと乱数との対応関係を規定する領域は、非RT状態及びRT状態それぞれ別個に設けられている必要があるが、小役及びボーナスの少なくともいずれかが対応付けられた当選エリアと乱数との対応関係を規定する領域は、非RT状態及びRT状態において1つにまとめることが可能である。すなわち、内部抽選手段120は、遊技状態が非RT状態又はRT状態である場合に、エリア判定処理において、小役及びボーナスの少なくともいずれかが対応付けられた当選エリアと乱数との対応関係を規定する同一の領域を参照して複数の当選エリアのいずれの当選エリアに当選したかを判定することができ、内部抽選テーブルに係るデータ量を削減することができる。
【0142】
また、本実施形態において、スロットマシン1では、ボーナスとしてRBB及びCBBのように成立状態を持ち越し可能な抽選フラグが対応付けられた特定ボーナスのみが設けられているが、これに限らず、特定ボーナスと共に、成立状態を持ち越し不可能な抽選フラグが対応付けられたボーナスが設けられていてもよい。例えば、スロットマシン1では、一般遊技状態において参照する内部抽選テーブルにおいて、少なくともCBが対応付けられたCB当選エリアが設定されていてもよい。この場合には、内部抽選手段120は、ボーナス成立状態におけるエリア判定処理において当選した当選エリアがCB当選エリアであった場合に、CBに対応する抽選フラグを成立状態にする抽選フラグ成立処理を実行しない。また、スロットマシン1では、CBに限らず、普通役物であるシングルボーナス(SB)や、CB及びSBのように成立状態を持ち越し不可能な抽選フラグが対応付けられた複数ボーナスが設けられていてもよい。
【0143】
また、本実施形態において、スロットマシン1では、ボーナスとしてRBB及びCBBのように成立状態を持ち越し可能な抽選フラグが対応付けられた複数の特定ボーナスが設定されているが、これに限らず、RB、RBB及びCBBの少なくともいずれかのボーナスが設定されていてもよい。
【0144】
また、本実施形態において、スロットマシン1では、メダルの規定枚数に応じて、一般遊技状態において参照する複数の内部抽選テーブルを有するように構成されているが、これに限らない。メダルの規定枚数が1種類である場合には、スロットマシン1では、一般遊技状態において参照する内部抽選テーブルを単一に有するように構成されていてもよい。
【0145】
また、本実施形態において、スロットマシン1では、抽選フラグ設定処理において、エリア判定処理の結果に応じたフラグ管理番号をフラグ管理カウンタに記憶させ、フラグ管理カウンタに記憶されているフラグ管理番号に対応付けられた抽選フラグの抽選フラグ成立処理を実行するように構成されているが、これに限らず、フラグ管理番号及びフラグ管理カウンタを使用せずに、エリア判定処理において当選した当選エリアに対応付けられた小役及びリプレイの抽選フラグの抽選フラグ成立処理を実行するように構成されていてもよい。
【0146】
また、本実施形態において、スロットマシン1では、エリア判定処理において内部抽選テーブルを参照するように構成されているが、これに限らず、内部抽選テーブルの代わりに、エリア判定処理において参照する当選エリアが規定された内部抽選オフセットテーブルと、各当選エリアと当選確率に係る値との対応関係を規定する内部抽選データテーブルと、を有し、エリア判定処理において内部抽選オフセットテーブル及び内部抽選データテーブルを参照するように構成されていてもよい。例えば、スロットマシン1では、内部抽選テーブルAの代わりに、エリア判定処理において参照する複数の当選エリア及びそれら当選エリアを参照する順番が規定された内部抽選オフセットテーブルAと、内部抽選オフセットテーブルAに設定された各当選エリアと当選確率に係る値との対応関係を規定する内部抽選データテーブルAと、を有するように構成される。内部抽選オフセットテーブルAでは、参照する順番として、順に当選エリア「CBB」、当選エリア「RBB」、当選エリア「チャンス4」、当選エリア「チャンス3」、当選エリア「チャンス2」、当選エリア「チャンス1」、当選エリア「チェリー」、当選エリア「スイカ2」、当選エリア「スイカ1」、当選エリア「ベル2」、当選エリア「ベル1」、当選エリア「リプレイ2」、当選エリア「リプレイ1」が規定されている。内部抽選データテーブルAには、当選エリア「リプレイ1」に対して、内部抽選テーブルAにおいて当選エリア「リプレイ1」に割り当てられていた乱数の個数である値「8000」が対応付けられ、他の当選エリアに対しても、内部抽選テーブルAにおいて割り当てられていた乱数の個数である値が対応付けられている。内部抽選手段120は、取得した乱数をカウンタ記憶手段197の抽選値カウンタに記憶させ、内部抽選オフセットテーブルAに規定されている当選エリアの順番に、内部抽選データテーブルAにおいてその当選エリアに対応付けられた値を抽選値カウンタの記憶値から減算していく。すなわち、内部抽選手段120は、抽選値カウンタの記憶値から順に、当選エリア「CBB」に対応付けられた値「10」、当選エリア「RBB」に対応付けられた値「14」、当選エリア「チャンス4」に対応付けられた値「200」を減算していく。そして、内部抽選手段120は、抽選値カウンタの記憶値が0未満になった際の当選エリアが当選したと判定する。
【0147】
また、本実施形態のスロットマシン1では、CBBが作動した状態である第2ボーナス状態におけるエリア判定処理において、いずれの当選エリアにも当選しないように構成されているが、これには限らず、リプレイが対応付けられた当選エリアに当選可能に構成されていてもよい。この場合に、スロットマシン1では、第2ボーナス状態における内部抽選において、リプレイが対応付けられた当選エリアに当選した際に、当選エリアに対応付けられたリプレイの抽選フラグが成立状態に設定されると共に、全ての小役の抽選フラグが成立状態に設定されるので、小役及びリプレイに入賞可能となる。また、この場合には、スロットマシン1は、第2ボーナス状態におけるリール停止制御の実行時において、回転中のリールの停止位置における候補の優先度が「小役>リプレイ>ボーナス」の順序で定まるように構成されていることが好ましい。スロットマシン1は、第2ボーナス状態におけるリール停止制御の実行時において、小役とリプレイ又はボーナスとに重複して当選した場合に、リプレイ及びボーナスに優先して小役の入賞図柄組合せを構成する図柄を有効化された有効ライン上に停止する。
【0148】
また、本実施形態のスロットマシン1では、所謂アシストタイム状態を実行しないものを一例として説明したが、重複して当選した小役を操作態様に応じて入賞するようにリール停止制御を行うと共に、その小役の当選時に入賞を補助するように操作態様を報知する入賞補助制御を実行するアシストタイム状態を実行可能に構成したものであってもよい。
【符号の説明】
【0149】
1…スロットマシン(遊技機):105…投入受付手段:120…内部抽選手段:130…リール制御手段:140…入賞判定手段:170…遊技状態移行制御手段:230…スタートスイッチ:240…ストップスイッチ:L1,L2,L3,L4,L5…有効ライン:R1…第1リール:R2…第2リール:R3…第3リール

図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10