特許第6442781号(P6442781)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2022.1.31 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ シャープ株式会社の特許一覧
<>
  • 特許6442781-端末装置 図000008
  • 特許6442781-端末装置 図000009
  • 特許6442781-端末装置 図000010
  • 特許6442781-端末装置 図000011
  • 特許6442781-端末装置 図000012
  • 特許6442781-端末装置 図000013
  • 特許6442781-端末装置 図000014
  • 特許6442781-端末装置 図000015
  • 特許6442781-端末装置 図000016
  • 特許6442781-端末装置 図000017
  • 特許6442781-端末装置 図000018
  • 特許6442781-端末装置 図000019
  • 特許6442781-端末装置 図000020
  • 特許6442781-端末装置 図000021
  • 特許6442781-端末装置 図000022
  • 特許6442781-端末装置 図000023
  • 特許6442781-端末装置 図000024
  • 特許6442781-端末装置 図000025
  • 特許6442781-端末装置 図000026
  • 特許6442781-端末装置 図000027
  • 特許6442781-端末装置 図000028
  • 特許6442781-端末装置 図000029
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B2)
(11)【特許番号】6442781
(24)【登録日】2018年12月7日
(45)【発行日】2018年12月26日
(54)【発明の名称】端末装置
(51)【国際特許分類】
   H04W 24/10 20090101AFI20181217BHJP
   H04W 72/04 20090101ALI20181217BHJP
【FI】
   H04W24/10
   H04W72/04 136
   H04W72/04 131
【請求項の数】2
【全頁数】46
(21)【出願番号】特願2015-527334(P2015-527334)
(86)(22)【出願日】2014年7月17日
(86)【国際出願番号】JP2014069037
(87)【国際公開番号】WO2015008830
(87)【国際公開日】20150122
【審査請求日】2017年7月12日
(31)【優先権主張番号】特願2013-150101(P2013-150101)
(32)【優先日】2013年7月19日
(33)【優先権主張国】JP
(73)【特許権者】
【識別番号】000005049
【氏名又は名称】シャープ株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】100161207
【弁理士】
【氏名又は名称】西澤 和純
(74)【代理人】
【識別番号】100129115
【弁理士】
【氏名又は名称】三木 雅夫
(74)【代理人】
【識別番号】100133569
【弁理士】
【氏名又は名称】野村 進
(74)【代理人】
【識別番号】100131473
【弁理士】
【氏名又は名称】覚田 功二
(72)【発明者】
【氏名】高橋 宏樹
(72)【発明者】
【氏名】鈴木 翔一
(72)【発明者】
【氏名】相羽 立志
(72)【発明者】
【氏名】横枕 一成
【審査官】 望月 章俊
(56)【参考文献】
【文献】 特開2012−170080(JP,A)
【文献】 特表2013−534737(JP,A)
【文献】 国際公開第2011/161887(WO,A1)
【文献】 Evolved Universal Terrestrial Radio Access (E-UTRA); Multiplexing and channel coding(Release 11),3GPP TS 36.212 V11.3.0 (2013-06),2013年 6月
【文献】 Evolved Universal Terrestrial Radio Access (E-UTRA); Physical layer procedures(Release 11),3GPP TS 36.213 V11.3.0 (2013-06),2013年 6月
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
H04W4/00−H04W99/00
H04B7/24−H04B7/26
3GPP TSG RAN WG1−4
SA WG1−4
CT WG1、4
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
基地局装置と通信する端末装置であって、
オフセットの値に基づいて、CQI(Channel Quality Indicator)の送信に用いる変調シンボル数を決定する決定部と、
前記CQIを物理上りリンク共用チャネルで前記基地局装置に送信する送信
部と、を備え、
前記決定部は、複数の上りリンクサブフレームセットが上位層により設定された場合、前記複数の上りリンクサブフレームセットのうちの、前記物理上りリンク共用チャネルでの送信が行われるサブフレームが属するサブフレームセットに基づいて前記オフセットの値を設定する
端末装置。
【請求項2】
基地局装置と通信する端末装置であって、
第1の上りリンクサブフレームセットおよび第2の上りリンクサブフレームセットを設定する設定部と、
オフセットの値に基づいて、CQI(Channel Quality Indicator)の送信に用いる変調シンボル数を決定する決定部と、
あるサブフレームにおいて、前記CQIを物理上りリンク共用チャネルで前記基地局装置に送信する送信部と、を備え、
前記決定部は、前記サブフレームが前記第1の上りリンクサブフレームセットに属する場合、第1の値を前記オフセットの値として設定し、前記サブフレームが前記第2の上りリンクサブフレームセットに属する場合、第2の値を前記オフセットの値として設定する、
端末装置。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、端末装置に関する。
本願は、2013年7月19日に、日本に出願された特願2013−150101号に基づき優先権を主張し、その内容をここに援用する。
【背景技術】
【0002】
セルラー移動通信の無線アクセス方式および無線ネットワーク(以下、LTE(Long Term Evolution)」、または、EUTRA(Evolved Universal Terrestrial Radio Access)と称する。)が、第三世代パートナーシッププロジェクト(3rd Generation Partnership Project: 3GPP)において検討されている。LTEでは、基地局装置をeNodeB(evolved NodeB)、端末装置をUE(User Equipment)とも称する。LTEは、基地局装置がカバーするエリアをセル状に複数配置するセルラー通信システムである。単一の基地局装置は複数のセルを管理してもよい。
【0003】
LTEは、時分割複信(TDD:Time Division Duplex)に対応している。TDD方式を採用したLTEをTD−LTEまたはLTE TDDとも称する。TDDは、上りリンク信号と下りリンク信号を時分割多重することによって、単一の周波数帯域において全二重通信(full duplex communication)を可能にする技術である。
【0004】
3GPPにおいて、トラフィックアダプテーション技術と干渉軽減技術(IMTA:Interference Management and Traffic Adaptation)をTD−LTEに適用することが検討されている。トラフィックアダプテーション技術は、上りリンクのトラフィックと下りリンクのトラフィックに応じて、上りリンクリソースと下りリンクリソースの比率を変更する技術である。該トラフィックアダプテーション技術をダイナミックTDDとも称する。
【0005】
非特許文献1において、フレキシブルサブフレーム(flexible subframe)を用いる方法が、トラフィックアダプテーションを実現する方法として提示されている。基地局装置は、フレキシブルサブフレームにおいて、上りリンク信号の受信または下りリンク信号の送信を行なうことができる。非特許文献1において、端末装置は、基地局装置によって、フレキシブルサブフレームにおいて上りリンク信号の送信を指示されない限り、該フレキシブルサブフレームを下りリンクサブフレームとみなす。
【0006】
非特許文献1には、新たに導入する上りリンク−下りリンク設定(uplink-downlink configuration)に基づいてPDSCH(Physical Downlink Shared Channel)に対するHARQ(Hybrid Automatic Repeat reQuest)タイミングを決定し、最初のUL-DL configurationに基づいてPUSCH(Physical Uplink Shared Channel)に対するHARQタイミングを決定することが記載されている。
【0007】
非特許文献2には、(a)UL/DL Reference Configurationを導入すること、(b)いくつかのサブフレームはスケジューラからのダイナミック・グラント/アサインメントによって上りリンク、または下りリンクの何れかのためにスケジュールされ得ることが記載されている。
【0008】
非特許文献3のセクション7.2には、チャネル状態情報(CSI:Channel State Information)の報告のための端末装置の手順が記載されている。基地局装置は、複数の端末装置から報告されたチャネル状態情報に基づいて、端末装置に下りリンクのリソースを割り当てる。チャネル状態情報は、チャネル品質指標(CQI:channel Quality Indicator)を含む。
【先行技術文献】
【非特許文献】
【0009】
【非特許文献1】"On standardization impact of TDD UL-DL adaptation", R1-122016, Ericsson, ST-Ericsson, 3GPP TSG-RAN WG1 Meeting #69, Prague, Czech Republic, 21st - 25th May 2012.
【非特許文献2】"Signalling support for dynamic TDD", R1-130558, Ericsson, ST-Ericsson, 3GPP TSG-RAN WG1 Meeting #72, St Julian’s, Malta, 28th January - 1st February 2013.
【非特許文献3】"3GPP TS36.213 v11.2.0 (2013-02)", February, 2013.
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0010】
しかしながら、上記の無線通信システムにおいて、チャネル状態情報に関する技術は十分検討されていない。本発明の一態様は上記の点に鑑みてなされたものであり、その目的は、チャネル状態情報が用いられる無線通信システムにおいて、効率的に通信することができる端末装置を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0011】
(1)上記の目的を達成するために、本発明の一態様は、以下のような手段を講じた。すなわち、本発明の一態様における端末装置は、基地局装置と通信する端末装置であって、オフセットの値に基づいて、物理上りリンク共用チャネルで送信されるチャネル状態情報に対する変調シンボル数を決定する決定部と、上記物理上りリンク共用チャネルで上記チャネル状態情報を上記基地局装置へ送信する送信部と、を備え、上記オフセットの値は、2つのサブフレームセットが上位層によって設定された場合に、上記物理上りリンク共用チャネルでの送信が行われるサブフレームが属するサブフレームセットに基づいて決定される。
【0012】
(2)また、本発明の一態様における端末装置は、基地局装置と通信する端末装置であって、第1のサブフレームセットと第2のサブフレームセットを設定する設定部と、オフセットの値に基づいて、物理上りリンク共用チャネルで送信されるチャネル状態情報に対する変調シンボル数を決定する決定部と、上記物理上りリンク共用チャネルで上記チャネル状態情報を上記基地局装置へ送信する送信部と、を備え、上記決定部は、上記オフセットの値として第1の値を設定し、上記物理上りリンク共用チャネルでの送信が行われるサブフレームが上記第2のサブフレームセットに属する場合には、上記オフセットの値として、上記第1の値の代わりに第2の値を設定する。
【0013】
(3)また、本発明の一態様において、上記の端末装置における上記第1の値および上記第2の値のそれぞれは、上位層の信号に基づいて設定される。
【0014】
(4)また、本発明の一態様において、上記の端末装置における上記チャネル状態情報は、CQIおよびPMIである。
【0015】
(5)また、本発明の一態様において、上記の端末装置における上記チャネル状態情報は、RIである。
【0016】
(6)また、本発明の一態様における基地局装置は、端末装置と通信する基地局装置であって、オフセットの値に基づいて、物理上りリンク共用チャネルで受信されるチャネル状態情報に対する変調シンボル数を算出する算出部と、上記物理上りリンク共用チャネルで上記チャネル状態情報を上記端末装置から受信する受信部と、を備え、上記オフセットの値は、2つのサブフレームセットを上位層において設定している場合に、上記物理上りリンク共用チャネルでの受信が行われるサブフレームが属するサブフレームセットに基づく。
【0017】
(7)また、本発明の一態様における基地局装置は、端末装置と通信する基地局装置であって、第1のサブフレームセットと第2のサブフレームセットを設定する設定部と、オフセットの値に基づいて、物理上りリンク共用チャネルで受信されるチャネル状態情報に対する変調シンボル数を算出する算出部と、上記物理上りリンク共用チャネルで上記チャネル状態情報を上記端末装置から受信する受信部と、を備え、上記算出部は、上記オフセットの値として第1の値を設定し、上記物理上りリンク共用チャネルでの受信が行われるサブフレームが上記第2のサブフレームセットに属する場合には、上記オフセットの値として、上記第1の値の代わりに第2の値を設定する。
【0018】
(8)また、本発明の一態様において、上記の基地局装置における上記第1の値および上記第2の値のそれぞれは、上位層の信号に基づいて設定される。
【0019】
(9)また、本発明の一態様において、上記の基地局装置における上記チャネル状態情報は、CQIおよびPMIである。
【0020】
(10)また、本発明の一態様において、上記の基地局装置における上記チャネル状態情報は、RIである。
【0021】
(11)また、本発明の一態様における集積回路は、基地局装置と通信する端末装置に実装される集積回路であって、オフセットの値に基づいて、物理上りリンク共用チャネルで送信されるチャネル状態情報に対する変調シンボル数を決定する機能と、上記物理上りリンク共用チャネルで上記チャネル状態情報を上記基地局装置へ送信する機能と、を含む一連の機能を上記端末装置に発揮させ、上記オフセットの値は、2つのサブフレームセットが上位層によって設定された場合に、上記物理上りリンク共用チャネルでの送信が行われるサブフレームが属するサブフレームセットに基づいて決定される。
【0022】
(12)また、本発明の一態様における集積回路は、基地局装置と通信する端末装置に実装される集積回路であって、第1のサブフレームセットと第2のサブフレームセットを設定する機能と、オフセットの値に基づいて、物理上りリンク共用チャネルで送信されるチャネル状態情報に対する変調シンボル数を決定する機能と、上記物理上りリンク共用チャネルで上記チャネル状態情報を上記基地局装置へ送信する機能と、を含む一連の機能を上記端末装置に発揮させ、上記オフセットの値として第1の値を設定し、上記物理上りリンク共用チャネルでの送信が行われるサブフレームが上記第2のサブフレームセットに属する場合には、上記オフセットの値として、上記第1の値の代わりに第2の値を設定する。
【0023】
(13)また、本発明の一態様における集積回路は、端末装置と通信する基地局装置に実装される集積回路であって、オフセットの値に基づいて、物理上りリンク共用チャネルで受信されるチャネル状態情報に対する変調シンボル数を算出する機能と、上記物理上りリンク共用チャネルで上記チャネル状態情報を上記端末装置から受信する機能と、を含む一連の機能を上記基地局装置に発揮させ、上記オフセットの値は、2つのサブフレームセットを上位層において設定している場合に、上記物理上りリンク共用チャネルでの受信が行われるサブフレームが属するサブフレームセットに基づく。
【0024】
(14)また、本発明の一態様における集積回路は、端末装置と通信する基地局装置に実装される集積回路であって、第1のサブフレームセットと第2のサブフレームセットを設定する機能と、オフセットの値に基づいて、物理上りリンク共用チャネルで受信されるチャネル状態情報に対する変調シンボル数を算出する機能と、上記物理上りリンク共用チャネルで上記チャネル状態情報を上記端末装置から受信する機能と、を含む一連の機能を上記基地局装置に発揮させ、上記オフセットの値として第1の値を設定し、上記物理上りリンク共用チャネルでの受信が行われるサブフレームが上記第2のサブフレームセットに属する場合には、上記オフセットの値として、上記第1の値の代わりに第2の値を設定する。
【0025】
(15)また、本発明の一態様における無線通信方法は、基地局装置と通信する端末装置に用いられる無線通信方法であって、オフセットの値に基づいて、物理上りリンク共用チャネルで送信されるチャネル状態情報に対する変調シンボル数を決定し、上記物理上りリンク共用チャネルで上記チャネル状態情報を上記基地局装置へ送信し、上記オフセットの値は、2つのサブフレームセットが上位層によって設定された場合に、上記物理上りリンク共用チャネルでの送信が行われるサブフレームが属するサブフレームセットに基づいて決定される。
【0026】
(16)また、本発明の一態様における無線通信方法は、基地局装置と通信する端末装置に用いられる無線通信方法であって、第1のサブフレームセットと第2のサブフレームセットを設定し、オフセットの値に基づいて、物理上りリンク共用チャネルで送信されるチャネル状態情報に対する変調シンボル数を決定し、上記物理上りリンク共用チャネルで上記チャネル状態情報を上記基地局装置へ送信し、上記オフセットの値として第1の値を設定し、上記物理上りリンク共用チャネルでの送信が行われるサブフレームが上記第2のサブフレームセットに属する場合には、上記オフセットの値として、上記第1の値の代わりに第2の値を設定する。
【0027】
(17)また、本発明の一態様における無線通信方法は、端末装置と通信する基地局装置に用いられる無線通信方法であって、オフセットの値に基づいて、物理上りリンク共用チャネルで受信されるチャネル状態情報に対する変調シンボル数を算出し、上記物理上りリンク共用チャネルで上記チャネル状態情報を上記端末装置から受信し、上記オフセットの値は、2つのサブフレームセットを上位層において設定している場合に、上記物理上りリンク共用チャネルでの受信が行われるサブフレームが属するサブフレームセットに基づく。
【0028】
(18)また、本発明の一態様における無線通信方法は、端末装置と通信する基地局装置に用いられる無線通信方法であって、第1のサブフレームセットと第2のサブフレームセットを設定し、オフセットの値に基づいて、物理上りリンク共用チャネルで受信されるチャネル状態情報に対する変調シンボル数を算出し、上記物理上りリンク共用チャネルで上記チャネル状態情報を上記端末装置から受信し、上記オフセットの値として第1の値を設定し、上記物理上りリンク共用チャネルでの受信が行われるサブフレームが上記第2のサブフレームセットに属する場合には、上記オフセットの値として、上記第1の値の代わりに第2の値を設定する。
【発明の効果】
【0029】
この発明の一態様によれば、チャネル状態情報が用いられる無線通信システムにおいて、端末装置と基地局装置とが効率的に通信することができる。
【図面の簡単な説明】
【0030】
図1】本実施形態の無線通信システムの概念図である。
図2】本実施形態の無線フレームの概略構成を示す図である。
図3】本実施形態のスロットの構成を示す図である。
図4】本実施形態の下りリンクサブフレームにおける物理チャネルおよび物理信号の配置の一例を示す図である。
図5】本実施形態の上りリンクサブフレームにおける物理チャネルおよび物理信号の配置の一例を示す図である。
図6】本実施形態のスペシャルサブフレームにおける物理チャネルおよび物理信号の配置の一例を示す図である。
図7】本実施形態における上りリンク−下りリンク設定の一例を示す表である。
図8】本実施形態における上りリンク参照UL−DL設定および下りリンク参照UL−DL設定のセッティング方法を示すフロー図である。
図9】本実施形態における上りリンク参照UL−DL設定によって指示されるサブフレームと下りリンク参照UL−DL設定によって指示されるサブフレームの関係を示す図である。
図10】本実施形態における上りリンク参照UL−DL設定によって指示されるサブフレームと下りリンク参照UL−DL設定によって指示されるサブフレームと送信方向UL−DL設定によって指示されるサブフレームの関係を示す図である。
図11】本実施形態における上りリンク参照UL−DL設定と下りリンク参照UL−DL設定と送信方向UL−DL設定の関係を示す図である。
図12】本実施形態におけるPDCCH/EPDCCH/PHICHが配置されるサブフレームnと前記PDCCH/EPDCCH/PHICHが対応するPUSCHが配置されるサブフレームn+kとの対応を示す図である。
図13】本実施形態におけるPHICHが配置されるサブフレームnと前記PHICHが対応するPUSCHが配置されるサブフレームn−kとの対応を示す図である。
図14】本実施形態におけるPUSCHが配置されるサブフレームnと前記PUSCHが対応するPHICHが配置されるサブフレームn+kとの対応を示す図である。
図15】本実施形態におけるPDSCHが配置されるサブフレームn−kと前記PDSCHが対応するHARQ−ACKが送信されるサブフレームnとの対応を示す図である。
図16】本実施形態におけるCQIインデックスに対応する変調方式と符号化率を示す表である。
図17】本実施形態におけるCSIリクエストフィールドの値と対応するオフセットの一例を示す図である。
図18】本実施形態におけるCSIリクエストフィールドの値と対応するトリガーされるアピリオディックCSIおよびオフセットの一例を示す図である。
図19】本実施形態の端末装置1の構成を示す概略ブロック図である。
図20】本実施形態の符号化部1071の構成を示す概略ブロック図である。
図21】本実施形態の基地局装置3の構成を示す概略ブロック図である。
図22】本実施形態の復号部3051の構成を示す概略ブロック図である。
【発明を実施するための形態】
【0031】
以下、本発明の実施形態について説明する。
【0032】
本実施形態では、端末装置は、複数のセルが設定される。端末装置が複数のセルを介して通信する技術をセルアグリゲーション、またはキャリアアグリゲーションと称する。端末装置に対して設定される複数のセルのそれぞれにおいて、本発明が適用されてもよい。また、設定された複数のセルの一部において、本発明が適用されてもよい。端末装置に設定されるセルを、サービングセルとも称する。
【0033】
設定された複数のサービングセルは、1つのプライマリーセルと1つまたは複数のセカンダリーセルとを含む。プライマリーセルは、初期コネクション構築(initial connection establishment)プロシージャが行なわれたサービングセル、コネクション再構築(connection re-establishment)プロシージャを開始したサービングセル、または、ハンドオーバプロシージャにおいてプライマリーセルと指示されたセルである。RRCコネクションが構築された時点、または、後に、セカンダリーセルが設定されてもよい。
【0034】
本実施形態の無線通信システムは、時分割複信(TDD:Time Division Duplex)方式が適用される。セルアグリゲーションの場合には、複数のセルの全てに対してTDD方式が適用されてもよい。また、セルアグリゲーションの場合には、TDD方式が適用されるセルと周波数複信(FDD:Frequency Division Duplex)方式が適用されるセルが集約されてもよい。TDDが適用されるセルとFDDが適用されるセルとが集約される場合に、TDDが適用されるセルに対して本発明を適用することができる。
【0035】
端末装置は、端末装置によってキャリアアグリゲーションがサポートされているバンドの組合せを示す情報を、基地局装置に送信する。端末装置は、バンドの組合せのそれぞれに対して、異なる複数のバンドにおける前記複数のサービングセルにおける同時送信および受信をサポートしているかどうかを指示する情報を、基地局装置に送信する。
【0036】
本実施形態において、“X/Y”は、“XまたはY”の意味を含む。本実施形態において、“X/Y”は、“XおよびY”の意味を含む。本実施形態において、“X/Y”は、“Xおよび/またはY”の意味を含む。
【0037】
図1は、本実施形態の無線通信システムの概念図である。図1において、無線通信システムは、端末装置1A〜1C、および基地局装置3を具備する。以下、端末装置1A〜1Cを端末装置1という。
【0038】
本実施形態の物理チャネルおよび物理信号について説明する。
【0039】
図1において、端末装置1から基地局装置3への上りリンクの無線通信では、以下の上りリンク物理チャネルが用いられる。上りリンク物理チャネルは、上位層から出力された情報を送信するために使用される。
・PUCCH(Physical Uplink Control Channel)
・PUSCH(Physical Uplink Shared Channel)
・PRACH(Physical Random Access Channel)
【0040】
PUCCHは、上りリンク制御情報(UCI:Uplink Control Information)を送信するために用いられる物理チャネルである。上りリンク制御情報は、下りリンクのチャネル状態情報(CSI:Channel State Information)、PUSCHリソースの要求を示すスケジューリング要求(SR:Scheduling Request)、下りリンクデータ(TB:Transport block, DL−SCH:Downlink - Shared Channel)に対する肯定応答(ACK:acknowledgement)/否定応答(NACK:Negative ACK)を含む。ACK/NACKを、HARQ−ACK、HARQフィードバック、または、応答情報とも称する。
【0041】
PUSCHは、上りリンクデータ(UL−SCH:Uplink-Shared Channel)を送信するために用いられる物理チャネルである。また、PUSCHは、上りリンクデータと共にHARQ−ACKおよび/またはチャネル状態情報を送信するために用いられてもよい。また、PUSCHはチャネル状態情報のみ、または、HARQ−ACKおよびチャネル状態情報のみを送信するために用いられてもよい。
【0042】
PRACHは、ランダムアクセスプリアンブルを送信するために用いられる物理チャネルである。PRACHは、端末装置1が基地局装置3と時間領域の同期をとることを主な目的とする。その他に、PRACHは、初期コネクション構築(initial connection establishment)プロシージャ、ハンドオーバプロシージャ、コネクション再構築(connection re-establishment)プロシージャ、上りリンク送信に対する同期(タイミング調整)、およびPUSCHリソースの要求を示すためにも用いられる。
【0043】
図1において、上りリンクの無線通信では、以下の上りリンク物理信号が用いられる。上りリンク物理信号は、上位層から出力された情報を送信するために使用されないが、物理層によって使用される。
・上りリンク参照信号(UL RS:Uplink Reference Signal)
【0044】
本実施形態において、以下の2つのタイプの上りリンク参照信号が用いられる。
・DMRS(Demodulation Reference Signal)
・SRS(Sounding Reference Signal)
【0045】
DMRSは、PUSCHまたはPUCCHの送信に関連する。DMRSは、PUSCHまたはPUCCHと時間多重される。基地局装置3は、PUSCHまたはPUCCHの伝搬路補正を行なうためにDMRSを使用する。以下、PUSCHとDMRSを共に送信することを、単にPUSCHを送信すると称する。以下、PUCCHとDMRSを共に送信することを、単にPUCCHを送信すると称する。
【0046】
SRSは、PUSCHまたはPUCCHの送信に関連しない。基地局装置3は、上りリンクのチャネル状態を測定するためにSRSを使用する。
【0047】
図1において、基地局装置3から端末装置1への下りリンクの無線通信では、以下の下りリンク物理チャネルが用いられる。下りリンク物理チャネルは、上位層から出力された情報を送信するために使用される。
・PBCH(Physical Broadcast Channel)
・PCFICH(Physical Control Format Indicator Channel)
・PHICH(Physical Hybrid automatic repeat request Indicator Channel)
・PDCCH(Physical Downlink Control Channel)
・EPDCCH(Enhanced Physical Downlink Control Channel)
・PDSCH(Physical Downlink Shared Channel)
・PMCH(Physical Multicast Channel)
【0048】
PBCHは、端末装置1で共通に用いられるマスターインフォメーションブロック(Master Information Block: MIB, Broadcast Channel: BCH)を報知するために用いられる。MIBは、40ms間隔で送信され、MIBは10ms周期で繰り返し送信される。具体的には、SFN mod 4 = 0を満たす無線フレームにおけるサブフレーム0においてMIBの初期送信が行なわれ、他の全ての無線フレームにおけるサブフレーム0においてMIBの再送信(repetition)が行なわれる。SFN(system frame number)は無線フレームの番号である。MIBはシステム情報である。例えば、MIBは、SFNを示す情報を含む。
【0049】
PCFICHは、PDCCHの送信に用いられる領域(OFDMシンボル)を指示する情報を送信するために用いられる。
【0050】
PHICHは、基地局装置3が受信した上りリンクデータ(Uplink Shared Channel: UL-SCH)に対するACK(ACKnowledgement)またはNACK(Negative ACKnowledgement)を示すHARQインディケータ(HARQフィードバック、応答情報)を送信するために用いられる。例えば、端末装置1がACKを示すHARQインディケータを受信した場合は、対応する上りリンクデータを再送しない。例えば、端末装置1がNACKを示すHARQインディケータを受信した場合は、対応する上りリンクデータを再送する。単一のPHICHは、単一の上りリンクデータに対するHARQインディケータを送信する。基地局装置3は、同一のPUSCHに含まれる複数の上りリンクデータに対するHARQインディケータのそれぞれを複数のPHICHを用いて送信する。
【0051】
PDCCHおよびEPDCCHは、下りリンク制御情報(Downlink Control Information: DCI)を送信するために用いられる。下りリンク制御情報を、DCIフォーマットとも称する。下りリンク制御情報は、下りリンクグラント(downlink grant)および上りリンクグラント(uplink grant)を含む。下りリンクグラントは、下りリンクアサインメント(downlink assignment)または下りリンク割り当て(downlink allocation)とも称する。
【0052】
下りリンクグラントは、単一のセル内の単一のPDSCHのスケジューリングに用いられる。下りリンクグラントは、該下りリンクグラントが送信されたサブフレームと同じサブフレーム内のPDSCHのスケジューリングに用いられる。上りリンクグラントは、単一のセル内の単一のPUSCHのスケジューリングに用いられる。上りリンクグラントは、該上りリンクグラントが送信されたサブフレームより4つ以上後のサブフレーム内の単一のPUSCHのスケジューリングに用いられる。
【0053】
DCIフォーマットには、CRC(Cyclic Redundancy Check)パリティビットが付加される。CRCパリティビットは、C−RNTI(Cell-Radio Network Temporary Identifier)、または、SPS C−RNTI(Semi Persistent Scheduling Cell-Radio Network Temporary Identifier)でスクランブルされる。C−RNTIおよびSPS C−RNTIは、セル内において端末装置を識別するための識別子である。
【0054】
C−RNTIは、単一のサブフレームにおけるPDSCHまたはPUSCHを制御するために用いられる。SPS C−RNTIは、PDSCHまたはPUSCHのリソースを周期的に割り当てるために用いられる。
【0055】
PDSCHは、下りリンクデータ(Downlink Shared Channel: DL-SCH)を送信するために用いられる。
【0056】
PMCHは、マルチキャストデータ(Multicast Channel: MCH)を送信するために用いられる。
【0057】
図1において、下りリンクの無線通信では、以下の下りリンク物理信号が用いられる。下りリンク物理信号は、上位層から出力された情報を送信するために使用されないが、物理層によって使用される。
・同期信号(Synchronization signal: SS)
・下りリンク参照信号(Downlink Reference Signal: DL RS)
【0058】
同期信号は、端末装置1が下りリンクの周波数領域および時間領域の同期をとるために用いられる。TDD方式において、同期信号は無線フレーム内のサブフレーム0、1、5、6に配置される。FDD方式において、同期信号は無線フレーム内のサブフレーム0と5に配置される。
【0059】
下りリンク参照信号は、端末装置1が下りリンク物理チャネルの伝搬路補正を行なうために用いられる。下りリンク参照信号は、端末装置1が下りリンクのチャネル状態情報を算出するために用いられる。下りリンク参照信号は、端末装置1が自装置の地理的な位置を測定するために用いられる。
【0060】
本実施形態において、以下の5つのタイプの下りリンク参照信号が用いられる。
・CRS(Cell-specific Reference Signal)
・PDSCHに関連するURS(UE-specific Reference Signal)
・EPDCCHに関連するDMRS(Demodulation Reference Signal)
・NZP CSI−RS(Non-Zero Power Chanel State Information - Reference Signal)
・ZP CSI−RS(Zero Power Chanel State Information - Reference Signal)
・MBSFN RS(Multimedia Broadcast and Multicast Service over Single Frequency Network Reference signal)
・PRS(Positioning Reference Signal)
【0061】
CRSは、サブフレームの全帯域で送信される。CRSは、PBCH/PDCCH/PHICH/PCFICH/PDSCHの復調を行なうために用いられる。CRSは、端末装置1が下りリンクのチャネル状態情報を算出するために用いられてもよい。PBCH/PDCCH/PHICH/PCFICHは、CRSの送信に用いられるアンテナポートで送信される。
【0062】
PDSCHに関連するURSは、URSが関連するPDSCHの送信に用いられるサブフレームおよび帯域で送信される。URSは、URSが関連するPDSCHの復調を行なうために用いられる。
【0063】
PDSCHは、CRSまたはURSの送信に用いられるアンテナポートで送信される。DCIフォーマット1Aは、CRSの送信に用いられるアンテナポートで送信されるPDSCHのスケジューリングに用いられる。DCIフォーマット2Dは、URSの送信に用いられるアンテナポートで送信されるPDSCHのスケジューリングに用いられる。
【0064】
EPDCCHに関連するDMRSは、DMRSが関連するEPDCCHの送信に用いられるサブフレームおよび帯域で送信される。DMRSは、DMRSが関連するEPDCCHの復調を行なうために用いられる。EPDCCHは、DMRSの送信に用いられるアンテナポートで送信される。
【0065】
NZP CSI−RSは、設定されたサブフレームで送信される。NZP CSI−RSが送信されるリソースは、基地局装置が設定する。NZP CSI−RSは、端末装置1が下りリンクのチャネル状態情報を算出するために用いられる。端末装置1は、NZP CSI−RSを用いて信号測定(チャネル測定)を行なう。
【0066】
ZP CSI−RSのリソースは、基地局装置3が設定する。基地局装置3は、ZP CSI−RSをゼロ出力で送信する。つまり、基地局装置3は、ZP CSI−RSを送信しない。基地局装置3は、ZP CSI−RSの設定したリソースにおいて、PDSCHおよびEPDCCHを送信しない。例えば、あるセルにおいてNZP CSI−RSが対応するリソースにおいて、端末装置1は、干渉を測定することができる。
【0067】
MBSFN RSは、PMCHの送信に用いられるサブフレームの全帯域で送信される。MBSFN RSは、PMCHの復調を行なうために用いられる。PMCHは、MBSFN RSの送信用いられるアンテナポートで送信される。
【0068】
PRSは、端末装置が、自装置の地理的な位置を測定するために用いられる。
【0069】
下りリンク物理チャネルおよび下りリンク物理信号を総称して、下りリンク信号と称する。上りリンク物理チャネルおよび上りリンク物理信号を総称して、上りリンク信号と称する。下りリンク物理チャネルおよび上りリンク物理チャネルを総称して、物理チャネルと称する。下りリンク物理信号および上りリンク物理信号を総称して、物理信号と称する。
【0070】
BCH、MCH、UL−SCHおよびDL−SCHは、トランスポートチャネルである。媒体アクセス制御(Medium Access Control: MAC)層で用いられるチャネルをトランスポートチャネルと称する。MAC層で用いられるトランスポートチャネルの単位を、トランスポートブロック(transport block: TB)またはMAC PDU(Protocol Data Unit)とも称する。MAC層においてトランスポートブロック毎にHARQ(Hybrid Automatic Repeat reQuest)の制御が行なわれる。トランスポートブロックは、MAC層が物理層に渡す(deliver)データの単位である。物理層において、トランスポートブロックはコードワードにマップされ、コードワード毎に符号化処理が行なわれる。
【0071】
以下、本実施形態の無線フレーム(radio frame)の構成について説明する。
【0072】
図2は、本実施形態の無線フレームの概略構成を示す図である。無線フレームのそれぞれは、10ms長である。図2において、横軸は時間軸である。また、無線フレームのそれぞれは2つのハーフフレームから構成される。ハーフフレームのそれぞれは、5ms長である。ハーフフレームのそれぞれは、5のサブフレームから構成される。サブフレームのそれぞれは、1ms長であり、2つの連続するスロットによって定義される。スロットのそれぞれは、0.5ms長である。無線フレーム内のi番目のサブフレームは、(2×i)番目のスロットと(2×i+1)番目のスロットとから構成される。つまり、10ms間隔のそれぞれにおいて、10個のサブフレームが利用できる。
【0073】
本実施形態では、以下の3つのタイプのサブフレームを定義する。
・下りリンクサブフレーム(第1のサブフレーム)
・上りリンクサブフレーム(第2のサブフレーム)
・スペシャルサブフレーム(第3のサブフレーム)
【0074】
下りリンクサブフレームは下りリンク送信のためにリザーブされるサブフレームである。上りリンクサブフレームは上りリンク送信のためにリザーブされるサブフレームである。スペシャルサブフレームは3つのフィールドから構成される。該3つのフィールドは、DwPTS(Downlink Pilot Time Slot)、GP(Guard Period)、およびUpPTS(Uplink Pilot Time Slot)である。DwPTS、GP、およびUpPTSの合計の長さは1msである。DwPTSは下りリンク送信のためにリザーブされるフィールドである。UpPTSは上りリンク送信のためにリザーブされるフィールドである。GPは下りリンク送信および上りリンク送信が行なわれないフィールドである。尚、スペシャルサブフレームは、DwPTSおよびGPのみによって構成されてもよいし、GPおよびUpPTSのみによって構成されてもよい。
【0075】
単一の無線フレームは、少なくとも下りリンクサブフレーム、上りリンクサブフレーム、およびスペシャルサブフレームから構成される。
【0076】
本実施形態の無線通信システムは、5msと10msの下りリンク‐上りリンク・スイッチポイント周期(downlink-to-uplink switch-point periodicity)をサポートする。下りリンク‐上りリンク・スイッチポイント周期が5msの場合には、無線フレーム内の両方のハーフフレームにスペシャルサブフレームが含まれる。下りリンク‐上りリンク・スイッチポイント周期が10msの場合には、無線フレーム内の最初のハーフフレームのみにスペシャルサブフレームが含まれる。
【0077】
以下、本実施形態のスロットの構成について説明する。
【0078】
図3は、本実施形態のスロットの構成を示す図である。本実施形態では、OFDMシンボルに対してノーマルCP(Cyclic Prefix)が適用される。尚、OFDMシンボルに対して拡張CPが適用されてもよい。スロットのそれぞれにおいて送信される物理信号または物理チャネルは、リソースグリッドによって表現される。図3において、横軸は時間軸であり、縦軸は周波数軸である。下りリンクにおいて、リソースグリッドは複数のサブキャリアと複数のOFDMシンボルによって定義される。上りリンクにおいて、リソースグリッドは複数のサブキャリアと複数のSC−FDMAシンボルによって定義される。1つのスロットを構成するサブキャリアの数は、セルの帯域幅に依存する。1つのスロットを構成するOFDMシンボルまたはSC−FDMAシンボルの数は7である。リソースグリッド内のエレメントのそれぞれをリソースエレメントと称する。リソースエレメントは、サブキャリアの番号とOFDMシンボルまたはSC−FDMAシンボルの番号とを用いて識別する。
【0079】
リソースブロックは、ある物理チャネル(PDSCHまたはPUSCHなど)のリソースエレメントへのマッピングを表現するために用いられる。リソースブロックは、仮想リソースブロックと物理リソースブロックが定義される。ある物理チャネルは、まず仮想リソースブロックにマップされる。その後、仮想リソースブロックは、物理リソースブロックにマップされる。1つの物理リソースブロックは、時間領域において7個の連続するOFDMシンボルまたはSC−FDMAシンボルと周波数領域において12個の連続するサブキャリアとから定義される。ゆえに、1つの物理リソースブロックは(7×12)個のリソースエレメントから構成される。また、1つの物理リソースブロックは、時間領域において1つのスロットに対応し、周波数領域において180kHzに対応する。物理リソースブロックは周波数領域において0から番号が付けられる。
【0080】
以下、サブフレームのそれぞれにおいて送信される物理チャネルおよび物理信号について説明する。
【0081】
図4は、本実施形態の下りリンクサブフレームにおける物理チャネルおよび物理信号の配置の一例を示す図である。図4において、横軸は時間軸であり、縦軸は周波数軸である。基地局装置3は、下りリンクサブフレームにおいて、下りリンク物理チャネル(PBCH、PCFICH、PHICH、PDCCH、EPDCCH、PDSCH)、および下りリンク物理信号(同期信号、下りリンク参照信号)を送信してもよい。尚、PBCHは無線フレーム内のサブフレーム0のみで送信される。尚、下りリンク参照信号は周波数領域および時間領域において分散するリソースエレメントに配置される。説明の簡略化のため図4において下りリンク参照信号は図示しない。
【0082】
PDCCH領域において、複数のPDCCHが周波数および時間多重されてもよい。EPDCCH領域において、複数のEPDCCHが周波数、時間、および空間多重されてもよい。PDSCH領域において、複数のPDSCHが周波数および空間多重されてもよい。PDCCHとPDSCHまたはEPDCCHは時間多重されてもよい。PDSCHとEPDCCHは周波数多重されてもよい。
【0083】
図5は、本実施形態の上りリンクサブフレームにおける物理チャネルおよび物理信号の配置の一例を示す図である。図5において、横軸は時間軸であり、縦軸は周波数軸である。端末装置1は、上りリンクサブフレームにおいて、上りリンク物理チャネル(PUCCH、PUSCH、PRACH)、および上りリンク物理信号(DMRS、SRS)を送信してもよい。PUCCH領域において、複数のPUCCHが周波数、時間、および符合多重される。PUSCH領域において、複数のPUSCHが周波数および空間多重されてもよい。PUCCHとPUSCHは周波数多重されてもよい。PRACHは単一のサブフレームまたは2つのサブフレームにわたって配置されてもよい。また、複数のPRACHが符号多重されてもよい。
【0084】
SRSは上りリンクサブフレーム内の最後のSC−FDMAシンボルを用いて送信される。つまり、SRSは上りリンクサブフレーム内の最後のSC−FDMAシンボルに配置される。端末装置1は、単一のセルの単一のSC−FDMAシンボルにおいて、SRSとPUCCH/PUSCH/PRACHを同時に送信することはできない。端末装置1は、単一のセルの単一の上りリンクサブフレームにおいて、該上りリンクサブフレーム内の最後のSC−FDMAシンボルを除くSC−FDMAシンボルを用いてPUSCHおよび/またはPUCCHを送信し、該上りリンクサブフレーム内の最後のSC−FDMAシンボルを用いてSRSを送信することができる。つまり、単一のセルの単一の上りリンクサブフレームにおいて、端末装置1は、SRSとPUSCH/PUCCHの両方を送信することができる。尚、DMRSはPUCCHまたはPUSCHと時間多重される。説明の簡略化のため図5においてDMRSは図示しない。
【0085】
図6は、本実施形態のスペシャルサブフレームにおける物理チャネルおよび物理信号の配置の一例を示す図である。図6において、横軸は時間軸であり、縦軸は周波数軸である。図6において、DwPTSはスペシャルサブフレーム内の1番目から10番目のSC−FDMAシンボルから構成され、GPはスペシャルサブフレーム内の11番目と12番目のSC−FDMAシンボルから構成され、UpPTSはスペシャルサブフレーム内の13番目と14番目のSC−FDMAシンボルから構成される。
【0086】
基地局装置3は、スペシャルサブフレームのDwPTSにおいて、PCFICH、PHICH、PDCCH、EPDCCH、PDSCH、同期信号、および、下りリンク参照信号を送信してもよい。基地局装置3は、スペシャルサブフレームのDwPTSにおいて、PBCHを送信しない。端末装置1は、スペシャルサブフレームのUpPTSにおいて、PRACH、およびSRSを送信してもよい。つまり、端末装置1は、スペシャルサブフレームのUpPTSにおいて、PUCCH、PUSCH、およびDMRSを送信しない。
【0087】
以下、上りリンク参照UL−DL設定(uplink reference uplink-downlink configuration)、下りリンク参照UL−DL設定(downlink reference uplink-downlink configuration)、および、送信方向UL−DL設定(transmission direction uplink-downlink configuration)について説明する。
【0088】
上りリンク参照UL−DL設定、下りリンク参照UL−DL設定、および、送信方向UL−DL設定は、上りリンク−下りリンク設定(uplink - downlink configuration, UL - DL configuration)によって定義される。
【0089】
上りリンク−下りリンク設定は、無線フレーム内におけるサブフレームのパターンに関する設定である。上りリンク−下りリンク設定は、無線フレーム内におけるサブフレームのそれぞれが、下りリンクサブフレーム、上りリンクサブフレーム、および、スペシャルサブフレームの何れであるかを示す。
【0090】
つまり、上りリンク参照UL−DL設定、下りリンク参照UL−DL設定、および、送信方向UL−DL設定は、無線フレーム内における下りリンクサブフレーム、上りリンクサブフレーム、および、スペシャルサブフレームのパターンによって定義される。
【0091】
下りリンクサブフレーム、上りリンクサブフレーム、および、スペシャルサブフレームのパターンとは、サブフレーム#0から#9のそれぞれが、下りリンクサブフレーム、上りリンクサブフレーム、および、スペシャルサブフレームのいずれであるかを示すものであり、好ましくは、DとUとS(それぞれ下りリンクサブフレーム、上りリンクサブフレーム、および、スペシャルサブフレームを示す)の長さ10となる任意の組み合わせで表現される。より好ましくは、先頭(つまりサブフレーム#0)がDで、2番目(つまりサブフレーム#1)がSである。
【0092】
図7は、本実施形態における上りリンク−下りリンク設定の一例を示す表である。図7において、Dは下りリンクサブフレームを示し、Uは上りリンクサブフレームを示し、Sはスペシャルサブフレームを示す。
【0093】
図7において、無線フレーム内のサブフレーム1は、常にスペシャルサブフレームである。図7において、サブフレーム0と5は常に下りリンク送信のためにリザーブされ、サブフレーム2は常に上りリンク送信のためにリザーブされる。
【0094】
図7において、下りリンク−上りリンク・スイッチポイント周期が5msの場合に、無線フレーム内のサブフレーム6はスペシャルサブフレームであり、下りリンク−上りリンク・スイッチポイント周期が10msの場合に、無線フレーム内のサブフレーム6は下りリンクサブフレームである。
【0095】
上りリンク参照UL−DL設定を第1のパラメータ、第1の設定、または、サービングセル上りリンク−下りリンク設定とも称する。下りリンク参照UL−DL設定を第2のパラメータ、または、第2の設定とも称する。送信方向UL−DL設定を第3のパラメータまたは第3の設定とも称する。
【0096】
上りリンク参照UL−DL設定として上りリンク−下りリンク設定iがセットされることを、上りリンク参照UL−DL設定iがセットされると称する。下りリンク参照UL−DL設定として上りリンク−下りリンク設定iがセットされることを、下りリンク参照UL−DL設定iがセットされると称する。送信方向UL−DL設定として上りリンク−下りリンク設定iがセットされることを、送信方向UL−DL設定iがセットされると称する。
【0097】
以下、上りリンク参照UL−DL設定、下りリンク参照UL−DL設定、および、送信方向UL−DL設定にセッティング方法ついて説明する。
【0098】
基地局装置3は、上りリンク参照UL−DL設定、下りリンク参照UL−DL設定、および、送信方向UL−DL設定をセットする。基地局装置3は、上りリンク参照UL−DL設定を示す第1の情報(TDD-Config)、下りリンク参照UL−DL設定を示す第2の情報、および、送信方向UL−DL設定を示す第3の情報を、MIB、システムインフォメーションブロックタイプ1メッセージ、システムインフォメーションメッセージ、RRCメッセージ、MAC CE(Control Element)、および、物理層の制御情報(例えば、DCIフォーマット)の少なくとも1つに含めて送信してもよい。また、基地局装置3は、状況に応じて、第1の情報、第2の情報、および、第3の情報を、MIB、システムインフォメーションブロックタイプ1メッセージ、システムインフォメーションメッセージ、RRCメッセージ、MAC CE(Control Element)、および、物理層の制御情報(例えば、DCIフォーマット)の何れかに含めてもよい。
【0099】
複数のサービングセルのそれぞれに対して、上りリンク参照UL−DL設定、下りリンク参照UL−DL設定、および、送信方向UL−DL設定が定義されてもよい。
【0100】
基地局装置3は、サービングセルのそれぞれに対する、第1の情報、第2の情報、および、第3の情報を、複数のサービングセルが設定された端末装置1に送信する。尚、サービングセルのそれぞれに対して、第1の情報、第2の情報、および、第3の情報が定義されてもよい。
【0101】
基地局装置3は、1つのプライマリーセルおよび1つのセカンダリーセルから構成される2つのサービングセルが設定された端末装置1に対して、プライマリーセルに対する第1の情報、プライマリーセルに対する第2の情報、プライマリーセルに対する第3の情報、セカンダリーセルに対する第1の情報、セカンダリーセルに対する第2の情報、および、セカンダリーセルに対する第3の情報を送信してもよい。
【0102】
複数のサービングセルが設定された端末装置1は、サービングセルのそれぞれに対して、第1の情報、第2の情報、および、第3の情報に基づいて、上りリンク参照UL−DL設定、下りリンク参照UL−DL設定、および、送信方向DL−UL設定をセットしてもよい。
【0103】
1つのプライマリーセルおよび1つのセカンダリーセルから構成される2つのサービングセルが設定された端末装置1は、プライマリーセルに対する上りリンク参照UL−DL設定、プライマリーセルに対する下りリンク参照UL−DL設定、プライマリーセルに対する送信方向DL−UL設定、セカンダリーセルに対する上りリンク参照UL−DL設定、セカンダリーセルに対する下りリンク参照UL−DL設定、セカンダリーセルに対する送信方向DL−UL設定をセットしてもよい。
【0104】
プライマリーセルに対する第1の情報は、システムインフォメーションブロックタイプ1メッセージ、または、RRCメッセージに含まれることが好ましい。セカンダリーセルに対する第1の情報は、RRCメッセージに含まれることが好ましい。プライマリーセルに対する第2の情報は、システムインフォメーションブロックタイプ1メッセージ、システムインフォメーションメッセージ、または、RRCメッセージに含まれることが好ましい。セカンダリーセルに対する第2の情報は、RRCメッセージに含まれることが好ましい。第3の情報は、物理層の制御情報(例えば、DCIフォーマット)に含まれることが好ましい。
【0105】
第1の情報は、セル内の複数の端末装置1に対して共通であることが好ましい。第2の情報は、セル内の複数の端末装置1に対して共通であってもよいし、端末装置1に対して専用であってもよい。第3の情報は、セル内の複数の端末装置1に対して共通であってもよいし、端末装置1に対して専用であってもよい。
【0106】
システムインフォメーションブロックタイプ1メッセージは、SFN mod 8 = 0を満たす無線フレームのサブフレーム5においてPDSCHを介して初期送信が行われ、SFN mod 2= 0を満たす他の無線フレームにおけるサブフレーム5において再送信(repetition)が行なわれる。システムインフォメーションブロックタイプ1メッセージは、スペシャルサブフレームの構成(DwPTS、GP、およびUpPTSの長さ)を示す情報を含む。システムインフォメーションブロックタイプ1メッセージは、セル固有の情報である。
【0107】
システムインフォメーションメッセージは、PDSCHを介して伝送される。システムインフォメーションメッセージは、セル固有の情報である。システムインフォメーションメッセージは、システムインフォメーションブロックタイプ1以外のシステムインフォメーションブロックXを含む。
【0108】
RRCメッセージはPDSCHを介して伝送される。RRCメッセージは、RRC層において処理される情報/信号である。RRCメッセージは、セル内の複数の端末装置1に対して共通であってもよいし、特定の端末装置1に対して専用であってもよい。
【0109】
MAC CEはPDSCHを介して送信される。MAC CEは、MAC層において処理される情報/信号である。
【0110】
図8は、本実施形態における上りリンク参照UL−DL設定および下りリンク参照UL−DL設定のセッティング方法を示すフロー図である。端末装置1は、複数のサービングセルのそれぞれに対して、図8におけるセッティング方法を実行する。
【0111】
端末装置1は、あるサービングセルに対して、第1の情報に基づいて上りリンク参照UL−DL設定をセットする(S1000)。端末装置1は、該あるサービングセルに対する第2の情報を受信しているかどうかを判断する(S1002)。端末装置1は、該あるサービングセルに対する第2の情報を受信している場合は、該あるサービングセルに対して、該あるサービングセルに対する第2の情報に基づいて下りリンク参照UL−DL設定をセットする(S1006)。端末装置1は、該あるサービングセルに対する第2の情報を受信していない場合は(else/otherwise)、該あるサービングセルに対して、該あるサービングセルに対する第1の情報に基づいて下りリンク参照UL−DL設定をセットする(S1004)。
【0112】
第1の情報に基づいて上りリンク参照UL−DL設定および下りリンク参照UL−DL設定がセットされているサービングセルを、ダイナミックTDDが設定されていないサービングセルとも称する。第2の情報に基づいて下りリンク参照UL−DL設定がセットされているサービングセルを、ダイナミックTDDが設定されているサービングセルとも称する。
【0113】
端末装置1は、第2の情報を受信し、第2の情報に基づき上りリンクの信号の送信が可能なサブフレームを判断する。次に、端末装置1は、第3の情報を監視する。端末装置1は、第3の情報を受信した場合に、第3の情報に基づき上りリンクの信号の送信が可能なサブフレームを判断する。
【0114】
以下、上りリンク参照UL−DL設定について説明する。
【0115】
上りリンク参照UL−DL設定は、サービングセルにおいて、上りリンクの送信が可能または不可能なサブフレームを特定するために少なくとも用いられる。
【0116】
端末装置1は、上りリンク参照UL−DL設定によって下りリンクサブフレームとして指示されたサブフレームにおいて上りリンクの送信を行なわない。端末装置1は、上りリンク参照UL−DL設定によってスペシャルサブフレームとして指示されたサブフレームのDwPTSおよびGPにおいて上りリンクの送信を行なわない。
【0117】
以下、下りリンク参照UL−DL設定について説明する。
【0118】
下りリンク参照UL−DL設定は、サービングセルにおいて、下りリンクの送信が可能または不可能なサブフレームを特定するために少なくとも用いられる。
【0119】
端末装置1は、下りリンク参照UL−DL設定によって上りリンクサブフレームとして指示されたサブフレームにおいて下りリンクの送信を行なわない。端末装置1は、下りリンク参照UL−DL設定によってスペシャルサブフレームとして指示されたサブフレームのUpPTSおよびGPにおいて下りリンクの送信を行なわない。
【0120】
第1の情報に基づいて下りリンク参照UL−DL設定をセットしている端末装置1は、上りリンク参照UL−DL設定または下りリンク参照UL−DL設定によって指示された下りリンクサブフレームまたはスペシャルサブフレームのDwPTSにおいて下りリンクの信号を用いた測定(例えば、チャネル状態情報に関する測定)を行なってもよい。
【0121】
基地局装置3は、上りリンク参照UL−DL設定に基づいて限定される設定セット(セットの設定)の中から下りリンク参照UL−DL設定を決定する。つまり、下りリンク参照UL−DL設定は、上りリンク参照UL−DL設定に基づいて限定される設定セットにおける要素である。上りリンク参照UL−DL設定に基づいて限定される設定セットは、図9の条件(a)から(c)を満たす上りリンク−下りリンク設定を含む。図9は、本実施形態における上りリンク参照UL−DL設定によって指示されるサブフレームと下りリンク参照UL−DL設定によって指示されるサブフレームの関係を示す図である。図9において、Dは下りリンクサブフレームを示し、Uは上りリンクサブフレームを示し、Sはスペシャルサブフレームを示す。
【0122】
これにより、ダイナミックTDDにおいて、上りリンク参照UL−DL設定によって下りリンクサブフレームと指示されたサブフレーム、および、スペシャルサブフレームのDwPTSが上りリンクの送信のために利用されることはなくなるため、第1の情報に基づいて下りリンク参照UL−DL設定をセットしている端末装置1が下りリンクの信号を用いた測定を適切に行なうことができるようになる。
【0123】
尚、第2の情報に基づいて下りリンク参照UL−DL設定をセットしている端末装置1も、上りリンク参照UL−DL設定によって指示された下りリンクサブフレームまたはスペシャルサブフレームのDwPTSにおいて下りリンクの信号を用いた測定(例えば、チャネル状態情報に関する測定)を行なってもよい。
【0124】
上りリンク参照UL−DL設定によって上りリンクサブフレームとして指示され、下りリンク参照UL−DL設定によって下りリンクサブフレームとして指示されたサブフレームを、第1のフレキシブルサブフレームとも称する。第1のフレキシブルサブフレームは、上りリンクおよび下りリンクの送信のためにリザーブされるサブフレームである。
【0125】
上りリンク参照UL−DL設定によってスペシャルサブフレームとして指示され、下りリンク参照UL−DL設定によって下りリンクサブフレームとして指示されたサブフレームを、第2のフレキシブルサブフレームとも称する。第2のフレキシブルサブフレームは、下りリンクの送信のためにリザーブされるサブフレームである。第2のフレキシブルサブフレームは、DwPTSにおける下りリンクの送信およびUpPTSにおける上りリンクの送信のためにリザーブされるサブフレームである。
【0126】
以下、送信方向UL−DL設定について詳細に説明する。
【0127】
端末装置1および基地局装置3は、サブフレームにおける送信の方向(上り/下り)に関する送信方向UL−DL設定をセットする。送信方向UL−DL設定は、サブフレームにおける送信の方向を決定するために用いられる。
【0128】
端末装置1は、スケジューリング情報(DCIフォーマットおよび/またはHARQ−ACK)、および、送信方向UL−DL設定に基づいて、第1のフレキシブルサブフレームおよび第2のフレキシブルサブフレームにおける送信を制御する。
【0129】
基地局装置3は、送信方向UL−DL設定を示す第3の情報を、端末装置1に送信する。第3の情報は上りリンク送信が可能なサブフレームを指示する情報である。第3の情報は下りリンク送信が可能なサブフレームを指示する情報である。第3の情報はUpPTSにおける上りリンク送信およびDwPTSにおける下りリンク送信が可能なサブフレームを指示する情報である。
【0130】
例えば、送信方向UL−DL設定は、上りリンク参照UL−DL設定によって上りリンクサブフレームとして指示され、下りリンク参照UL−DL設定によって下りリンクサブフレームとして指示されたサブフレーム、および/または、上りリンク参照UL−DL設定によってスペシャルサブフレームとして指示され、下りリンク参照UL−DL設定によって下りリンクサブフレームとして指示されたサブフレームにおける、送信の方向を特定するために用いられる。つまり、送信方向UL−DL設定は、上りリンク参照UL−DL設定と下りリンク参照UL−DL設定とで異なるサブフレームとして指示されているサブフレームにおける、送信の方向を特定するために用いられる。
【0131】
図10は、本実施形態における上りリンク参照UL−DL設定によって指示されるサブフレームと下りリンク参照UL−DL設定によって指示されるサブフレームと送信方向UL−DL設定によって指示されるサブフレームの関係を示す図である。図10において、Dは下りリンクサブフレームを示し、Uは上りリンクサブフレームを示し、Sはスペシャルサブフレームを示す。
【0132】
基地局装置3は、上りリンク参照UL−DL設定および下りリンク参照UL−DL設定に基づいて限定される設定セット(セットの設定)の中から送信方向UL−DL設定を決定する。つまり、送信方向UL−DL設定は、上りリンク参照UL−DL設定および下りリンク参照UL−DL設定に基づいて限定される設定セットにおける要素である。上りリンク参照UL−DL設定および下りリンク参照UL−DL設定に基づいて限定される設定セットは、図10の条件(d)から(h)を満たす上りリンク−下りリンク設定を含む。
【0133】
基地局装置3は、送信方向UL−DL設定によって下りリンクサブフレームとして指示されたサブフレームにおいて、下りリンクの送信のスケジューリングを行なってもよい。
【0134】
端末装置1は、送信方向UL−DL設定によって下りリンクサブフレームとして指示されたサブフレームにおいて、下りリンク信号の受信処理を行ってもよい。端末装置1は、送信方向UL−DL設定によって下りリンクサブフレームとして指示されたサブフレームにおいて、PDCCH/EPDCCHのモニタを行なってもよい。端末装置1は、PDCCH/EPDCCHを介した下りリンクグラントの検出に基づいて、送信方向UL−DL設定によって下りリンクサブフレームとして指示されたサブフレームにおいてPDSCHの受信処理を行ってもよい。
【0135】
端末装置1は、送信方向UL−DL設定によって下りリンクサブフレームとして指示されたサブフレームにおける上りリンク信号(PUSCH/SRS)の送信がスケジュールまたは設定された場合に、該サブフレームにおいて上りリンク信号(PUSCH/SRS)の送信処理を行わない。
【0136】
基地局装置3は、送信方向UL−DL設定によって上りリンクサブフレームとして指示されたサブフレームにおいて、上りリンクの送信のスケジューリングを行なってもよい。
【0137】
基地局装置3は、送信方向UL−DL設定によって上りリンクサブフレームとして指示されたサブフレームにおいて、下りリンクの送信のスケジューリングを行なってもよい。送信方向UL−DL設定によって上りリンクサブフレームとして指示されたサブフレームにおいて、基地局装置3による下りリンクの送信のスケジューリングを禁止してもよい。
【0138】
端末装置1は、送信方向UL−DL設定によって上りリンクサブフレームとして指示されたサブフレームにおいて、上りリンク信号の送信処理を行ってもよい。端末装置1は、送信方向UL−DL設定によって上りリンクサブフレームとして指示されたサブフレームにおける上りリンク信号(PUSCH/DMRS/SRS)の送信がスケジュールまたは設定された場合に、該サブフレームにおいて上りリンク信号(PUSCH/DMRS/SRS)の送信処理を行ってもよい。
【0139】
端末装置1は、送信方向UL−DL設定によって上りリンクサブフレームとして指示され、上りリンクの送信がスケジュールされていないサブフレームにおいて、下りリンク信号の受信処理を行ってもよい。送信方向UL−DL設定によって上りリンクサブフレームとして指示されたサブフレームにおいて、端末装置1による下りリンク信号の受信処理は禁止されてもよい。
【0140】
基地局装置3は、送信方向UL−DL設定によってスペシャルサブフレームとして指示されたサブフレームのDwPTSにおいて、下りリンクの送信のスケジューリングを行なってもよい。
【0141】
端末装置1は、送信方向UL−DL設定によってスペシャルサブフレームとして指示されたサブフレームのDwPTSにおいて、下りリンク信号の受信処理を行ってもよい。端末装置1は、送信方向UL−DL設定によってスペシャルサブフレームとして指示されたサブフレームのDwPTSにおいて、PDCCH/EPDCCHのモニタを行なってもよい。端末装置1は、PDCCH/EPDCCHを介した下りリンクグラントの検出に基づいて、送信方向UL−DL設定によってスペシャルサブフレームとして指示されたサブフレームのDwPTSにおいてPDSCHの受信処理を行ってもよい。
【0142】
端末装置1は、送信方向UL−DL設定によってスペシャルサブフレームとして指示されたサブフレームにおけるPUSCHの送信がスケジュールまたは設定された場合に、該サブフレームにおいてPUSCHの送信処理を行わない。
【0143】
端末装置1は、送信方向UL−DL設定によってスペシャルサブフレームとして指示されたサブフレームのUpPTSにおけるSRSの送信が、スケジュールまたは設定された場合に、該サブフレームのUpPTSにおいてSRSの送信処理を行ってもよい。
【0144】
図11は、本実施形態における上りリンク参照UL−DL設定と下りリンク参照UL−DL設定と送信方向UL−DL設定の関係を示す図である。
【0145】
例えば、図11において、上りリンク参照UL−DL設定が0である場合、下りリンク参照UL−DL設定はセット{0、1、2、3、4、5、6}のうちの1つである。例えば、図11において、上りリンク参照UL−DL設定が1である場合、下りリンク参照UL−DL設定はセット{1、2、4、5}のうちの1つである。
【0146】
例えば、図11において、上りリンク参照UL−DL設定が0であり、下りリンク参照UL−DL設定が1である場合、送信方向UL−DL設定はセット{0、1、6}のうちの1つである。
【0147】
尚、下りリンク参照UL−DL設定の値は、上りリンク参照UL−DL設定の値と同じでもよい。しかし、第2の情報を受信していない端末装置1は、上りリンク参照UL−DL設定の値と同じ値を下りリンク参照UL−DL設定としてセットするため、第2の情報が示す下りリンク参照UL−DL設定の値は、第1の情報が示す上りリンク参照UL−DL設定の値と同じではないほうが好ましい。
【0148】
上りリンク参照UL−DL設定の値と下りリンク参照UL−DL設定の値が同じ場合は、送信方向UL−DL設定は定義されなくてもよい。または、上りリンク参照UL−DL設定の値と下りリンク参照UL−DL設定の値が同じ場合は、上りリンク参照UL−DL設定の値および下りリンク参照UL−DL設定の値と同じ値が、送信方向UL−DL設定にセットされてもよい。
【0149】
以下、上りリンクのHARQタイミングについて詳細に説明する。
【0150】
上りリンク参照UL−DL設定は、PDCCH/EPDCCH/PHICHが配置されるサブフレームnと前記PDCCH/EPDCCH/PHICHが対応するPUSCHが配置されるサブフレームn+kとの対応を特定(選択、決定)するために用いられる。
【0151】
図12は、本実施形態におけるPDCCH/EPDCCH/PHICHが配置されるサブフレームnと前記PDCCH/EPDCCH/PHICHが対応するPUSCHが配置されるサブフレームn+kとの対応を示す図である。端末装置1は、図12の表に従ってkの値を特定(選択、決定)する。以下、図12の説明において、上りリンク参照UL−DL設定を、単に上りリンク−下りリンク設定と称する。
【0152】
端末装置1は、サブフレームnにおいて、上りリンク−下りリンク設定1から6がセットされているサービングセルに対応し、端末装置1を対象とする上りリンクグラントをともなうPDCCH/EPDCCHの検出をした場合に、図12の表に基づいて特定(選択、決定)されるサブフレームn+kにおいて該上りリンクグラントに応じたPUSCH送信を行なう。
【0153】
端末装置1は、サブフレームnにおいて、上りリンク−下りリンク設定1から6がセットされているサービングセルに対応し、端末装置1を対象とするNACKをともなうPHICHの検出をした場合に、図12の表に基づいて特定(選択、決定)されるサブフレームn+kにおいてPUSCH送信を行なう。
【0154】
上りリンク−下りリンク設定0が設定されたサービングセルに対応し、端末装置1を対象とする上りリンクグラントには、2ビットの上りリンクインデックス(UL index)が含まれる。上りリンク−下りリンク設定1から6が設定されたサービングセルに対応し、端末装置1を対象とする上りリンクグラントには、上りリンクインデックス(UL index)は含まれない。
【0155】
端末装置1は、サブフレームnにおいて、上りリンク−下りリンク設定0がセットされているサービングセルに対応する上りリンクグラントに含まれる上りリンクインデックスのMSB(Most Significant Bit)が1にセットされている場合には、図12の表に基づいて特定(選択、決定)されるサブフレームn+kにおいて該上りリンクグラントに応じたPUSCH送信を調整する。
【0156】
端末装置1は、サブフレームn=0または5における第1のリソースセットにおいて、上りリンク−下りリンク設定0がセットされているサービングセルに対応するNACKをともなうPHICHを受信した場合には、図12の表に基づいて特定(選択、決定)されるサブフレームn+kにおいて該PHICHに応じたPUSCH送信を調整する。
【0157】
端末装置1は、サブフレームnにおいて、上りリンク−下りリンク設定0がセットされているサービングセルに対応する上りリンクグラントに含まれる上りリンクインデックスのLSB(Least Significant Bit)が1にセットされている場合には、サブフレームn+7において該上りリンクグラントに応じたPUSCH送信を調整する。
【0158】
端末装置1は、サブフレームn=0または5における第2のリソースセットにおいて、上りリンク−下りリンク設定0がセットされているサービングセルに対応するNACKをともなうPHICHを受信した場合には、サブフレームn+7において該上りリンクグラントに応じたPUSCH送信を調整する。
【0159】
端末装置1は、サブフレームn=1または6において、上りリンク−下りリンク設定0がセットされているサービングセルに対応するNACKをともなうPHICHを受信した場合には、サブフレームn+7において該上りリンクグラントに応じたPUSCH送信を調整する。
【0160】
例えば、端末装置1は、[SFN=m、サブフレーム1]において、上りリンク−下りリンク設定0がセットされているサービングセルに対応するPDCCH/EPDCCH/PHICHを検出した場合に、6つ後のサブフレーム[SFN=m、サブフレーム7]においてPUSCHの送信を調整する。
【0161】
上りリンク参照UL−DL設定は、PHICHが配置されるサブフレームnと前記PHICHが対応するPUSCHが配置されるサブフレームn−kとの対応を特定(選択、決定)するために用いられる。
【0162】
図13は、本実施形態におけるPHICHが配置されるサブフレームnと前記PHICHが対応するPUSCHが配置されるサブフレームn−kとの対応を示す図である。端末装置1は、図13の表に従ってkの値を特定(選択、決定)する。以下、図13の説明において、上りリンク参照UL−DL設定を、単に上りリンク−下りリンク設定と称する。
【0163】
上りリンク−下りリンク設定1から6がセットされているサービングセルに対して、サブフレームnにおいて、該サービングセルに対応するPHICHを介して受信されるHARQインディケータ(HARQ−ACK)は、図13の表に基づいて特定されるサブフレームn−kにおけるPUSCHの送信に関連する。
【0164】
上りリンク−下りリンク設定0がセットされているサービングセルに対して、サブフレームn=0または5における第1のリソースセット、または、サブフレームn=1または6において、該サービングセルに対応するPHICHを介して受信されるHARQインディケータ(HARQ−ACK)は、図13の表に基づいて特定されるサブフレームn−kにおけるPUSCHの送信に関連する。
【0165】
上りリンク−下りリンク設定0がセットされているサービングセルに対して、サブフレームn=0または5における第2のリソースセットにおいて、該サービングセルに対応するPHICHを介して受信されるHARQインディケータ(HARQ−ACK)は、サブフレームn−6におけるPUSCHの送信に関連する。
【0166】
例えば、上りリンク−下りリンク設定1がセットされているサービングセルに対して、[SFN=m、サブフレーム1]においてPHICHを介して受信されたHARQインディケータ(HARQ−ACK)は、4つ前のサブフレーム[SFN=m−1、サブフレーム7]におけるPUSCH送信に関連している。
【0167】
上りリンク参照UL−DL設定は、PUSCHが配置されるサブフレームnと前記PUSCHが対応するPHICHが配置されるサブフレームn+kとの対応を特定(選択、決定)するために用いられる。
【0168】
図14は、本実施形態におけるPUSCHが配置されるサブフレームnと前記PUSCHが対応するPHICHが配置されるサブフレームn+kとの対応を示す図である。端末装置1は、図14の表に従ってkの値を特定(選択、決定)する。以下、図14の説明において、上りリンク参照UL−DL設定を、単に上りリンク−下りリンク設定と称する。
【0169】
端末装置1は、サブフレームnにおいてPUSCH送信がスケジュールされた場合には、図14の表から特定されるサブフレームn+kにおいてPHICHリソースを決定する。
【0170】
例えば、上りリンク−下りリンク設定0がセットされているサービングセルに対して、[SFN=m、サブフレームn=2]においてPUSCH送信がスケジュールされた場合には、[SFN=m、サブフレームn=6]においてPHICHリソースが決定される。
【0171】
以下、下りリンクのHARQタイミングについて詳細に説明する。
【0172】
下りリンク参照UL−DL設定は、PDSCHが配置されるサブフレームnと前記PDSCHに対応するHARQ−ACKが送信されるサブフレームn+kとの対応を特定(選択、決定)するために用いられる。
【0173】
図15は、本実施形態におけるPDSCHが配置されるサブフレームn−kと前記PDSCHが対応するHARQ−ACKが送信されるサブフレームnとの対応を示す図である。端末装置1は、図15の表に従ってkの値を特定(選択、決定)する。以下、図15の説明において、下りリンク参照UL−DL設定を、単に上りリンク−下りリンク設定と称する。
【0174】
端末装置1は、サービングセルのサブフレームn−k(kは図15の表によって特定される)において、端末装置1を対象としており、対応するHARQ−ACKの送信を行なうべきPDSCH送信を検出した場合には、サブフレームnにおいてHARQ−ACKを送信する。
【0175】
例えば、端末装置1は、システムインフォメーションの送信に用いられるPDSCH送信に対するHARQ−ACKの応答を行なわない。例えば、端末装置1は、C−RNTIでスクランブルされたCRCをともなうDCIフォーマットによってスケジュールされたPDSCH送信に対するHARQ−ACKの応答を行なう。
【0176】
例えば、端末装置1は、サブフレームn=2において、上りリンク−下りリンク設定1がセットされているサービングセルにおけるサブフレームn−6および/またはn−7において受信したPDSCHに対するHARQ−ACKの送信を行なう。
【0177】
尚、第2の情報を受信していないサービングセルに対して、下りリンク参照UL−DL設定が定義されなくてもよい。この場合は、端末装置1および基地局装置3は、上述した下りリンク参照UL−DL設定に基づいて行なわれる処理を、上りリンク参照UL−DL設定(サービングセルUL−DL設定)に基づいて行なってもよい。第2の情報を受信していないサービングセルは、ダイナミックTDDが設定されていないサービングセルである。
【0178】
以下、本発明におけるCSI reporting(報告)について説明する。ただし、CSI reportingを行なう上りリンクにおいて少なくとも2つのサブフレームセットが設定される場合を想定する。
【0179】
CSIとして送信可能な情報には、チャネル品質指標(CQI:Channel Quality Indicator)、ランク指標(RI:Rank Indicator)、プリコーディング行列指標(PMI:Precoding Matrix Indicator)、およびプリコーディングタイプ指標(PTI:Precoding Type Indicator)が含まれる。CQIは、PDSCHで送信される単一のトランスポートブロックに対する、変調方式と符号化率の組合せを表現する。符号化率は、PDSCHのリソース量およびトランスポートブロックサイズから導き出せる。
【0180】
図16は、本実施形態におけるCQIインデックスに対応する変調方式と符号化率の例を示す表である。端末装置1は、CSI参照リソース(CSI reference resource)と呼ばれる下りリンク物理リソースブロックのグループで送信され、そして、CQIインデックスに対応している変調方式とトランスポートブロックサイズの組合せである単一のPDSCHトランスポートブロックが、0.1を超えないトランスポートブロック誤り確率で受信できるかもしれない条件を満たす、図16の表の1から15の中から最も高いCQIインデックスを導き出す。端末装置1は、CQIインデックス1が上記条件を満たさない場合には、CQIインデックス0を導き出す。導出されたCSIは、PUCCHあるいはPUSCHを用いて周期的(periodic)CSI reportingあるいは非周期的(aperiodic)CSI reportingにより基地局装置3へ報告される。
【0181】
以下、本発明におけるaperiodic CSI reportingについて記述する。
【0182】
aperiodic CSIはPUSCHで伝送される。端末装置1は、サブフレームnにおいてサービングセルcに対する上りリンクグラントを検出し、該上りリンクグラントに含まれるCSIリクエストフィールドにおいてCSI報告をトリガーするようにセットされていた場合に、サービングセルcにおけるサブフレームn+kにおいて該上りリンクグラントによってスケジュールされたPUSCHを用いてアピリオディックCSIの報告を行なう。ただし、kは図12に示されるPDCCH/EPDCCH/PHICHが配置されるサブフレームnと前記PDCCH/EPDCCH/PHICHが対応するPUSCHが配置されるサブフレームn+kとの対応関係に基づく。ただし、上りリンクグラントにおいてPUSCHにおける上りリンクデータの送信が指示されていない場合には、端末装置1は、PUSCHで上りリンクデータを伴わずにaperiodic CSIを送信することができる。
【0183】
CSIリクエストフィールドは、端末装置1にアピリオディックCSIの報告を指示するかどうかを示す情報(CSIリクエスト)がマップされる。また、該情報は、CSIプロセス、および/または、サブフレームセットを示し、そして、端末装置1は、該情報によって示されたCSIプロセス、および/または、サブフレームセットのそれぞれに対するアピリオディックCSIを報告してもよい。
【0184】
端末装置1は、ワイドバンドCQI、および、サブバンドCQIを導き出す。周波数領域において、ワイドバンドCQIは、全ての下りリンク物理リソースブロックに対応し、サブバンドCQIは一部の下りリンク物理リソースブロックに対応する。
【0185】
以下、CSI参照リソースについて説明する。
【0186】
周波数領域において、CSI参照リソースは、導き出されるCQIの値が関連するバンドに対応する下りリンク物理リソースブロックのグループによって定義される。
【0187】
時間領域において、CSI参照リソースは、1つのサブフレームによって定義される。サブフレームnにおいてCSIが報告される場合、CSI参照リソースはサブフレームn−nCQIrefによって定義される。
【0188】
例えば、サブフレームnにおいてCSIが報告される場合、nCQIrefは、サブフレームn−nCQIrefが有効なサブフレームに対応するような、mより大きい、または、同じである最も小さい値である。例えば、mは、4または5である。例えば、アピリオディックCSIが報告される場合、CSI参照リソースは、対応するCSIリクエストを受信した有効なサブフレームである。
【0189】
CSI reportingにより送信される情報のうちCQIおよび/またはPMI(以下CQI/PMIと記載する)の送信に用いる変調シンボル(modulation coded symbol)数Q´は、PUSCHにおいて共に送信される上りリンクデータの送信が初送であるか再送であるか、と、再送である場合には、初送で用いられたサブフレームセットと今回(current)用いられるサブフレームセットとの分類の組み合わせにより算出方法が異なる。
【0190】
CQI/PMIと共に上りリンクデータが初送される場合、または、CQI/PMIと共に上りリンクデータが再送され、かつ該上りリンクデータの初送のために用いられたサブフレームセット(初送が行われるサブフレームが属するサブフレームセット)と今回(current)該上りリンクデータの再送のために用いられるサブフレームセット(再送が行われるサブフレームが属するサブフレームセット)が同一である場合には、変調シンボル数Q´は次式の数1を用いて算出される。
【0191】
【数1】
【0192】
min(・)は括弧内で最小の数字を選択する関数である。Oは、上位層から入力されたCQI/PMIのビット数であり、LはOの値に基づくCRCビットの値である。例えばLはOが11以下の場合に0、Lが12以上の場合に8と設定する。xは、複数の上りリンクデータが同時に送信される場合に、CQI/PMIと共にPUSCHで送信される上りリンクデータのうち、上りリンクデータの初送のための上りリンクグラントで示されたMCSのインデックスIMCSが最も高い上りリンクデータのインデックスである。この上りリンクデータを、上りリンクデータx、または、単に上りリンクデータとも称する。ただし、2つの上りリンクデータのそれぞれに対する上りリンクグラントで同じIMCSの値が示されている場合はx=1とする。MPUSCH−initial(x)SCは、CQI/PMIと共にPUSCHで送信される上りリンクデータxのPUSCHの初送のためにスケジュールされた帯域幅を示し、サブキャリアの数で表現される。NPUSCH−initial(x)symbは、CQI/PMIと共にPUSCHで送信される上りリンクデータxのPUSCHの初送のためのサブフレーム内のSC−FDMAシンボル数を示す。K(x)はPUSCHで送信される上りリンクデータxのペイロードサイズAと、該上りリンクデータに付加された巡回冗長検査符号の系列長の和を示す。MPUSCHSCは、CQIと共にPUSCHで送信される上りリンクデータのための現在のサブフレーム内のPUSCH送信のためにスケジュールされた帯域幅を示し、サブキャリアの数で表現される。NPUSCHsymbは、CQI/PMIと共にPUSCHで送信される上りリンクデータのPUSCHでの送信のための現在のサブフレーム内のSC−FDMAシンボル数を示す。Q(x)RIは、RIの送信に用いられる変調シンボル数を示している。Q(x)は、CQI/PMIおよびRIの変調に用いられる変調多値数である。
【0193】
βPUSCHoffsetは、基地局装置3によって端末装置1毎に設定され、基地局装置3から端末装置1へ通知される無線リソース制御信号(Radio Resource Control signal: RRC signal)などを用いて設定されるオフセット値である。ただし、RRC signalはRRCメッセージ(RRC message)、RRCの情報要素(RRC information elements)、上位層の信号(higher layer signaling)とも称される。端末装置1は、設定されたβPUSCHoffsetを数1に適用してQ’を算出する。つまり、βPUSCHoffsetによって、CQI/PMIの送信に用いられる変調シンボルの数が決定される。つまり、βPUSCHoffsetによって、CQI/PMIの符号化率(coding rate)が決定される(CQI/PMIの変調および符号化方式(modulation and coding scheme)が決定されても良い)。ただし、βPUSCHoffsetがRRC signalにより設定されていない場合は予め規定された値を使用する。
【0194】
CQI/PMIと共に上りリンクデータが再送され、かつ該上りリンクデータの初送のために用いられたサブフレームセットと今回(current)該上りリンクデータの再送のために用いられるサブフレームセットが異なる場合には、変調シンボル数Q´は次式の数2を用いて算出される。
【0195】
【数2】
【0196】
γoffsetは、無線リソース制御信号(Radio Resource Control signal: RRC signal)などを用いて基地局装置3から端末装置1へ通知される第2のオフセット値である。端末装置1は、基地局装置3によって設定されたβPUSCHoffsetおよびγoffsetを数2に適用してQ’を算出する。
【0197】
数1と数2の関係からγoffsetの値が1である場合、数1と数2は同一の式となり、Q´はCQI/PMIの送信に用いられるサブフレームセットに依存せず決定される。γoffsetの値が1以外の値であるとき、上りリンクデータが再送され、かつ該上りリンクデータの初送のために用いられたサブフレームセットと今回(current)該上りリンクデータの再送のために用いられるサブフレームセットが異なる場合とそれ以外の場合でQ´の値は異なる値が算出される。
【0198】
γoffsetは、PUSCHにおいてCQI/PMIを送信する際に共に送信される上りリンクデータの初送のために用いられたサブフレームセットと今回(current)該上りリンクデータのために用いられるサブフレームセットとが異なる場合に、CQI/PMIの基地局装置3での受信品質を保障するための適切な符号化率を設定するためのオフセットとなる。
【0199】
γoffsetは、CQI/PMIを送信する際にPUSCHにおいて共に送信される上りリンクデータの初送で用いられたサブフレームセットによって異なる値が設定される。第1のサブフレームセットと第2のサブフレームセットの2種類が設定される場合を例として説明する。上りリンクデータの初送のために用いられたサブフレームセットが第1のサブフレームセットであり、該上りリンクデータの再送とCQI/PMIの送信を同時に第2のサブフレームセットにおけるPUSCHで行なう場合、γoffset=γ1,2と設定する。上りリンクデータの初送のために用いられたサブフレームセットが第2のサブフレームセットであり、該上りリンクデータの再送とCQI/PMIの送信を同時に第1のサブフレームセットにおけるPUSCHで行なう場合、γoffset=γ2,1と設定する。これらのγ1,2とγ2,1が各々RRC signalによって基地局装置3から端末装置1へ通知されて良い。
【0200】
ただし、γ1,2のみが通知され、γ2,1=1/γ1,2とする形態としてもよい。すなわち、γ2,1はγ1,2の逆数であってもよい。
【0201】
ただし、CQI/PMIと共に上りリンクデータが再送され、かつ上りリンクデータの初送のために用いられたサブフレームセットと今回(current)該上りリンクデータの再送のために用いられるサブフレームセットが異なる場合には、変調シンボル数Q´を、上記数2ではなく次式の数3および数4を用いて算出してもよい。
【0202】
【数3】
【数4】
【0203】
上りリンクデータの初送で用いられたサブフレームセットが第1のサブフレームセットであり、該上りリンクデータの再送とCQI/PMIの送信を同時に第2のサブフレームセットのPUSCHで行なう場合に数3を用いてQ´を算出する。また、上りリンクデータの初送で用いられたサブフレームセットが第2のサブフレームセットであり、該上りリンクデータの再送とCQI/PMIの送信を同時に第1のサブフレームセットにおけるPUSCHで行なう場合に数4を用いてQ´を算出する。
【0204】
よって数1、数3、数4を用いてQ´を算出する場合、オフセットとして基地局装置3から端末装置1へβPUSCHoffset、βPUSCHoffset,2およびβPUSCHoffset,3の3つの値がRRC signalで通知される。CQI/PMIと共に上りリンクデータが初送される場合、または、CQI/PMIと共に上りリンクデータが再送され、かつ該上りリンクデータの初送のために用いられたサブフレームセットと今回(current)該上りリンクデータの再送のために用いられるサブフレームセットが同一である場合には、オフセットにβPUSCHoffsetを設定する(数1を用いてQ´を算出する)。上りリンクデータの初送のために用いられたサブフレームセットが第1のサブフレームセットであり、該上りリンクデータの再送とCQI/PMIの送信を同時に第2のサブフレームセットにおけるPUSCHで行なう場合には、オフセットにβPUSCHoffset,2を設定する(数3を用いてQ´を算出する)。上りリンクデータの初送のために用いられたサブフレームセットが第2のサブフレームセットであり、該上りリンクデータの再送とCQI/PMIの送信を同時に第1のサブフレームセットにおけるPUSCHで行なう場合には、オフセットにβPUSCHoffset,3を設定する(数4を用いてQ´を算出する)。
【0205】
ただし、上記の例では、数1、数3および数4の複数の式を用いる形態としたが、これらの式を統一し、数5により表現することができる。
【0206】
【数5】
【0207】
offsetは、CQI/PMIと共に上りリンクデータが初送される場合、または、CQI/PMIと共に上りリンクデータが再送され、かつ該上りリンクデータの初送のために用いられたサブフレームセットと今回(current)該上りリンクデータの再送のために用いられるサブフレームセットが同一である場合には、Boffset=βPUSCHoffsetを設定する。上りリンクデータの初送のために用いられたサブフレームセットが第1のサブフレームセットであり、該上りリンクデータの再送とCQI/PMIの送信を同時に第2のサブフレームセットにおけるPUSCHで行なう場合にBoffset=βPUSCHoffset,2を設定する。上りリンクデータの初送のために用いられたサブフレームセットが第2のサブフレームセットであり、該上りリンクデータの再送とCQI/PMIの送信を同時に第1のサブフレームセットにおけるPUSCHで行なう場合にBoffset=βPUSCHoffset,3を設定する。
【0208】
ただし、上記の例ではサブフレームセットが2種類である場合を示したが、サブフレームセットが3種類以上の場合でもRRC signalで通知するオフセットの数を増やすことで同様に実現することができる。
【0209】
ただし、上記のようにCQI/PMIの変調シンボル数の算出に用いるオフセットの値を設定する場合、端末装置1は上りリンクデータを初送するために用いるサブフレームセットを記憶し、該記憶したサブフレームセットとCQI/PMIと共に該上りリンクデータを再送するために用いるサブフレームセットに応じてオフセットの値を特定する必要がある。これに対し、端末装置1は、上りリンクデータを初送するためのサブフレームセットに依存せず、CQI/PMIを送信するためのサブフレームセットに基づいてオフセットの値を特定(設定)しても良い。この場合、端末装置1は例えば数6を用いてCQI/PMIの変調シンボル数を算出することができる。
【0210】
【数6】
【0211】
ただし、B´offsetは、CQI/PMIが第1のサブフレームセットにおけるPUSCHで送信される場合にBoffset=βPUSCHoffset,1を設定し、CQI/PMIが第2のサブフレームセットにおけるPUSCHで送信される場合にB´offset=βPUSCHoffset,2を設定する。ここでは、βPUSCHoffset,1およびβPUSCHoffset,2は、基地局装置3からのRRC signalにより設定されるオフセットの値である。このようにCQI/PMIを送信するためのサブフレームセットに基づいて設定されるオフセットの値を異なる値にすることで、サブフレームセット毎に異なる伝搬路特性に応じて適切なCQI/PMIの変調シンボル数を設定することができる。
【0212】
ただし、数6においてB´offsetは、第1のサブフレームセットと第2のサブフレームセットの2種類で各々独立した値を設定する形態を示したが、サブフレームセットが3種類以上設定される場合に、サブフレームセット毎に値が設定されても良い。
【0213】
一方で基地局装置3は端末装置1から上りリンクデータを受信するタイミングにより該上りリンクデータが初送されるサブフレームセットを判別することができる。更に端末装置1に対するCSIリクエストを行なう上りリンクグラントの送信タイミングによりCSI/PMIを受信するサブフレームのサブフレームセットを特定することができる。すなわち、基地局装置3はCSIリクエストを送信する際に、PUSCHにおいてCQI/PMIと共に上りリンクデータが初送されるか再送されるか、と、上りリンクデータが再送される場合には、該上りリンクデータの初送のために用いられたサブフレームセットと今回(current)該上りリンクデータの再送のために用いられるサブフレームセットとの組み合わせによって、端末装置1がCQI/PMIの変調シンボル数の算出のために使用するオフセットの適切な値を特定することができる。したがって、基地局装置3が複数のビットを用いてCSIリクエストを送信し、該複数のビットの組み合わせによりオフセットの値を指定することで、端末装置1は上りリンクデータの初送時および再送時のサブフレームセットの種類に依存することなく、オフセットの値を設定することができる。
【0214】
図17に3ビットのCSIリクエストフィールドを用いた場合のオフセットβPUSCHoffsetの値の例を示す。ただし、ここでは端末装置1がCQI/PMIの送信に用いる変調シンボル(modulation coded symbol)数Q´を数1により導出するものとする。CSIフィールドの値「000」は基地局装置3が端末装置1に対し、CSIの送信を要求しない場合であり、βPUSCHoffsetの設定は不要である。CSIフィールドの値が「001」である場合、端末装置1はβPUSCHoffsetに上位層により設定された第1の値を設定する。同様に端末装置1はCSIフィールドの値が「010」、「011」、「100」、「101」、「110」、「111」である場合にはそれぞれβPUSCHoffsetに上位層により設定された第2の値、第3の値、第4の値、第5の値、第6の値、第7の値を設定する。ただし、第1の値〜第7の値は必ずしも異なる値でなくても良く、その一部には同じ値が使用されても良い。
【0215】
ただし、複数ビットのCSIフィールドを用いる場合において、他の情報とオフセットの値が組み合わせて設定されても良い。例えば、下りリンクにおいて複数のサービングセルが用いられ、該複数のサービングセルから選択してCSIを導出する場合、および/または、CSIを送信するプロセスが複数存在する場合、および/または、下り回線で使用されるサブフレームセットが複数存在する場合に、CSIを導出する下りリンクのサービングセル、CSIプロセス、およびサブフレームセットのトリガーが複数ビットのCSIリクエストフィールドに対応していてもよい。図18において、3ビットのCSIフィールドの値のそれぞれによって、アピリオディックCSIがトリガーされるサービングセル、CSIプロセス、およびサブフレームセットの組み合わせと、CQI/PMIの変調シンボル数の算出に使用するオフセットの値の一例を示す。CSIフィールドの値が「000」である場合、基地局装置3は端末装置1に対し、アピリオディックCSI報告を要求せず、βPUSCHoffsetは設定されない。CSIフィールドの値が「001」である場合、基地局装置3は端末装置1に対し、アピリオディックCSIの送信に用いられるサービングセルcのアピリオディックCSIの報告を要求し、かつ、その場合のCQI/PMIの変調シンボル数の算出のために用いるβPUSCHoffsetを上位層によって設定された第1の値とする。ただし、報告対象となるCSIプロセス、および/または、サブフレームセットは上位層によって設定される。CSIフィールドの値が「010」〜「111」である場合、基地局装置3は端末装置1に対し、アピリオディックCSI報告を要求し、かつ、その場合のCQI/PMIの変調シンボル数の算出のために用いるβPUSCHoffsetをそれぞれ上位層によって設定された第2の値〜第7の値とする。ただし、CSIフィールドが「010」〜「111」である時のそれぞれの報告対象となるサービングセル、および/またはCSIプロセス、および/または、サブフレームセットは上位層によってそれぞれ設定された第1のセット〜第6のセットである。
【0216】
ただし、図18において、CSIフィールドの値が「001」であるときの、報告対象となるサービングセルは、アピリオディックCSIの送信に用いられるサービングセルcとしたが、「010」〜「111」の場合と同様に上位層で設定されても良い。
【0217】
ただし、図18において、CSIフィールドの値が「010」〜「111」であるときの、アピリオディックCSIがトリガーされるサービングセル、CSIプロセス、およびサブフレームセットの組み合わせは第1のセット〜第6のセットとして説明したが、これらの一部のセットは互いに同じセットが指定されるように定義されても良い。例えば、CSIフィールドの値が「011」である場合に第1のセットに対するアピリオディックCSI報告がトリガーされるように定義されても良い。
【0218】
ただし、図18において、CSIフィールドの値が「001」〜「111」であるときの、CQI/PMIの変調シンボル数の算出のために用いるβPUSCHoffsetはそれぞれ上位層で設定された第1の値〜第7の値としたが、これらの一部の値は互いに同じ値が指定されるように定義されても良い。例えば、CSIフィールドの値が「111」である場合に用いるβPUSCHoffsetを上位層で設定された第1の値とするように定義されても良い。この場合に、上位層によって第7の値を設定することが不要となる。
【0219】
ただし、図18において、CSIフィールドの値が「001」〜「111」であるときの、CQI/PMIの変調シンボル数の算出のために用いるβPUSCHoffsetはそれぞれ上位層で設定された第1の値〜第7の値としたが、これらの一部の値は互いに逆数が指定されるように定義されても良い。例えば、CSIフィールドの値が「110」である場合に用いるβPUSCHoffsetを上位層で設定された第1の値の逆数とするように定義されても良い。この場合、上位層によって第6の値を設定することが不要となる。
【0220】
図19は、本実施形態の端末装置1の構成を示す概略ブロック図である。図示するように、端末装置1は、上位層処理部101、制御部103、受信部105、送信部107と送受信アンテナ109を含んで構成される。また、上位層処理部101は、無線リソース制御部1011、サブフレーム設定部1013、スケジューリング情報解釈部1015、および、チャネル状態情報(CSI)報告制御部1017を含んで構成される。また、受信部105は、復号部1051、復調部1053、多重分離部1055、無線受信部1057とチャネル測定部1059を含んで構成される。また、送信部107は、符号化部1071、変調部1073、多重部1075、無線送信部1077と上りリンク参照信号生成部1079を含んで構成される。
【0221】
上位層処理部101は、ユーザの操作等により生成された上りリンクデータ(トランスポートブロック)を、送信部107に出力する。また、上位層処理部101は、媒体アクセス制御(MAC: Medium Access Control)層、パケットデータ統合プロトコル(Packet Data Convergence Protocol: PDCP)層、無線リンク制御(Radio Link Control: RLC)層、無線リソース制御(Radio Resource Control: RRC)層の処理を行なう。
【0222】
上位層処理部101が備える無線リソース制御部1011は、自装置の各種設定情報の管理をする。また、無線リソース制御部1011は、上りリンクの各チャネルに配置される情報を生成し、送信部107に出力する。
【0223】
上位層処理部101が備えるサブフレーム設定部1013は、上りリンク参照UL−DL設定(Uplink reference configuration)、下りリンク参照UL−DL設定(Downlink reference configuration)、および、送信方向UL−DL設定(transmission direction configuration)の管理をする。サブフレーム設定部1013は、上りリンク参照UL−DL設定、下りリンク参照UL−DL設定、および、送信方向UL−DL設定をセットする。また、サブフレーム設定部1013は、少なくとも2つのサブフレームセットをセットする。
【0224】
上位層処理部101が備えるスケジューリング情報解釈部1015は、受信部105を介して受信したDCIフォーマット(スケジューリング情報)の解釈をし、前記DCIフォーマットを解釈した結果に基づき、受信部105、および送信部107の制御を行なうために制御情報を生成し、制御部103に出力する。
【0225】
スケジューリング情報解釈部1015は、さらに、上りリンク参照UL−DL設定、下りリンク参照UL−DL設定、および/または、送信方向UL−DL設定に基づいて、送信処理および受信処理を行うタイミングを決定する。
【0226】
チャネル状態情報報告制御部1017は、CSI参照リソースを特定する。チャネル状態情報報告制御部1017は、チャネル測定部1059に、CSI参照リソースに関連するCQIを導き出すよう指示する。チャネル状態情報報告制御部1017は、送信部107に、CQIを送信するよう指示をする。チャネル状態情報報告制御部1017は、チャネル測定部1059がCQIを算出する際に用いる設定をセットする。
【0227】
制御部103は、上位層処理部101からの制御情報に基づいて、受信部105、および送信部107の制御を行なう制御信号を生成する。制御部103は、生成した制御信号を受信部105、および送信部107に出力して受信部105、および送信部107の制御を行なう。
【0228】
受信部105は、制御部103から入力された制御信号に従って、送受信アンテナ109を介して基地局装置3から受信した受信信号を、分離、復調、復号し、復号した情報を上位層処理部101に出力する。
【0229】
無線受信部1057は、送受信アンテナ109を介して受信した下りリンクの信号を、直交復調によりベースバンド信号に変換し(ダウンコンバート: down covert)、不要な周波数成分を除去し、信号レベルが適切に維持されるように増幅レベルを制御し、受信した信号の同相成分および直交成分に基づいて、直交復調し、直交復調されたアナログ信号をディジタル信号に変換する。無線受信部1057は、変換したディジタル信号からCP(Cyclic Prefix)に相当する部分を除去し、CPを除去した信号に対して高速フーリエ変換(Fast Fourier Transform: FFT)を行い、周波数領域の信号を抽出する。
【0230】
多重分離部1055は、抽出した信号をPHICH、PDCCH、EPDCCH、PDSCH、および下りリンク参照信号に、それぞれ分離する。また、多重分離部1055は、チャネル測定部1059から入力された伝搬路の推定値から、PHICH、PDCCH、EPDCCH、およびPDSCHの伝搬路の補償を行なう。また、多重分離部1055は、分離した下りリンク参照信号をチャネル測定部1059に出力する。
【0231】
復調部1053は、PHICHに対して対応する符号を乗算して合成し、合成した信号に対してBPSK(Binary Phase Shift Keying)変調方式の復調を行ない、復号部1051へ出力する。復号部1051は、自装置宛てのPHICHを復号し、復号したHARQインディケータを上位層処理部101に出力する。復調部1053は、PDCCHおよび/またはEPDCCHに対して、QPSK変調方式の復調を行ない、復号部1051へ出力する。復号部1051は、PDCCHおよび/またはEPDCCHの復号を試み、復号に成功した場合、復号した下りリンク制御情報と下りリンク制御情報が対応するRNTIとを上位層処理部101に出力する。
【0232】
復調部1053は、PDSCHに対して、QPSK(Quadrature Phase Shift Keying)、16QAM(Quadrature Amplitude Modulation)、64QAM等の下りリンクグラントで通知された変調方式の復調を行ない、復号部1051へ出力する。復号部1051は、下りリンク制御情報で通知された符号化率に関する情報に基づいて復号を行い、復号した下りリンクデータ(トランスポートブロック)を上位層処理部101へ出力する。
【0233】
チャネル測定部1059は、多重分離部1055から入力された下りリンク参照信号から下りリンクのパスロスやチャネルの状態を測定し、測定したパスロスやチャネルの状態を上位層処理部101へ出力する。また、チャネル測定部1059は、下りリンク参照信号から下りリンクの伝搬路の推定値を算出し、多重分離部1055へ出力する。チャネル測定部1059は、CQIの算出のために、チャネル測定、および/または、干渉測定を行なう。
【0234】
送信部107は、制御部103から入力された制御信号に従って、上りリンク参照信号を生成し、上位層処理部101から入力された上りリンクデータ(トランスポートブロック)を符号化および変調し、PUCCH、PUSCH、および生成した上りリンク参照信号を多重し、送受信アンテナ109を介して基地局装置3に送信する。
【0235】
符号化部1071は、上位層処理部101から入力された上りリンク制御情報と上りリンクデータを符号化し、変調部1073に出力する。図20は、本発明の符号化部1071の構成を示す概略ブロック図である。符号化部1071は、データ符号化部1071a、変調シンボル数決定部1071b、CQI符号化部1071c、データ・制御情報多重部1071d、およびインタリーブ部1071eを含んで構成される。
【0236】
データ符号化部1071aは、基地局装置3から受信した上りリンクグラントに基づいて上位層101から入力されたAビットのa(0≦i≦A−1)上りリンクデータに巡回冗長検査符号を付加してから誤り訂正符号化し、レートマッチングにより生成されるGビットの上りリンクデータの符号化ビットf(0≦j≦G−1)を、データ・制御情報多重部1071dへ出力する。
【0237】
変調シンボル数決定部1071bは、CQI符号化部1071cにおいて符号化されるCQI/PMIの送信に用いる変調シンボルの数Q´を決定する。ただし、Q´の算出方法については前述の通りである。変調シンボル数決定部1071bは算出したQ´をCQI符号化部1071cに出力する。
【0238】
CQI符号化部1071cは、上位層処理部101から入力されたOビットのCQIビットo(0≦k≦O−1)を符号化し、符号化後のCQIビットq(0≦l≦N・QCQI−1)をデータ・制御情報多重部1071dへ出力する。ただし、符号化後のビット数N・QCQIは変調シンボル数決定部1071bより入力されたQ´を用いて算出され、QCQI=Q(x)×Q´であり、Nは送信に用いられるレイヤ数である。
データ・制御情報多重部1071dは、上りリンクデータの符号化ビットfとCQIの符号化ビットqが入力され、これらのビットを多重化し、Hビットの符号化ビットg(0≦n≦H−1)をインタリーブ部1071eに出力する。ただし、H=G+N・QCQIである。
【0239】
インタリーブ部1071eは、データ・制御情報多重部1071dから入力された符号化ビットgをインタリーブし、変調部1073へ出力する。ただし、図20においては、多重された上りリンクデータとCQI/PMIの符号化ビットのみでインタリーブを行なう例を示しているが、その他、CSIを構成するRIやHARQ−ACKなどの符号化ビットが連結された後にインタリーブされても良い。また、連結されるRIやHARQ−ACKの符号化ビットにおいて用いられる変調シンボル数についても本発明に示すCQI/PMIの場合と同様にサブフレームセット毎に異なる算出方法を適用することができる。
【0240】
変調部1073は、符号化部1071から入力された符号化ビットをBPSK、QPSK、16QAM、64QAM等の下りリンク制御情報で通知された変調方式または、チャネル毎に予め定められた変調方式で変調する。変調部1073は、PUSCHのスケジューリングに用いられる情報に基づき、空間多重されるデータの系列の数を決定し、MIMO(Multiple Input Multiple Output)SM(Spatial Multiplexing)を用いることにより同一のPUSCHで送信される複数の上りリンクデータを、複数の系列にマッピングし、この系列に対してプレコーディング(precoding)を行なう。
【0241】
上りリンク参照信号生成部1079は、基地局装置3を識別するための物理セル識別子(physical cell identity: PCI、Cell IDなどと称する。)、上りリンク参照信号を配置する帯域幅、上りリンクグラントで通知されたサイクリックシフト、DMRSシーケンスの生成に対するパラメータの値などを基に、予め定められた規則(式)で求まる系列を生成する。多重部1075は、制御部103から入力された制御信号に従って、PUSCHの変調シンボルを並列に並び替えてから離散フーリエ変換(Discrete Fourier Transform: DFT)する。また、多重部1075は、PUCCHとPUSCHの信号と生成した上りリンク参照信号を送信アンテナポート毎に多重する。つまり、多重部1075は、PUCCHとPUSCHの信号と生成した上りリンク参照信号を送信アンテナポート毎にリソースエレメントに配置する。
【0242】
無線送信部1077は、多重された信号を逆高速フーリエ変換(Inverse Fast Fourier Transform: IFFT)して、SC−FDMAシンボルを生成し、生成されたSC−FDMAシンボルにCPを付加し、ベースバンドのディジタル信号を生成し、ベースバンドのディジタル信号をアナログ信号に変換し、ローパスフィルタを用いて余分な周波数成分を除去し、搬送波周波数にアップコンバート(up convert)し、電力増幅し、送受信アンテナ109に出力して送信する。
【0243】
図21は、本実施形態の基地局装置3の構成を示す概略ブロック図である。図示するように、基地局装置3は、上位層処理部301、制御部303、受信部305、送信部307、および、送受信アンテナ309、を含んで構成される。また、上位層処理部301は、無線リソース制御部3011、サブフレーム設定部3013、スケジューリング部3015、および、チャネル状態情報(CSI)報告制御部3017を含んで構成される。また、受信部305は、復号部3051、復調部3053、多重分離部3055、無線受信部3057とチャネル測定部3059を含んで構成される。また、送信部307は、符号化部3071、変調部3073、多重部3075、無線送信部3077と下りリンク参照信号生成部3079を含んで構成される。
【0244】
上位層処理部301は、媒体アクセス制御(MAC: Medium Access Control)層、パケットデータ統合プロトコル(Packet Data Convergence Protocol: PDCP)層、無線リンク制御(Radio Link Control: RLC)層、無線リソース制御(Radio Resource Control: RRC)層の処理を行なう。また、上位層処理部301は、受信部305、および送信部307の制御を行なうために制御情報を生成し、制御部303に出力する。
【0245】
上位層処理部301が備える無線リソース制御部3011は、下りリンクのPDSCHに配置される下りリンクデータ(トランスポートブロック)、システムインフォメーション、RRCメッセージ、MAC CE(Control Element)などを生成し、又は上位ノードから取得し、送信部307に出力する。また、無線リソース制御部3011は、端末装置1各々の各種設定情報の管理をする。
【0246】
上位層処理部301が備えるサブフレーム設定部3013は、上りリンク参照UL−DL設定、下りリンク参照UL−DL設定、および、送信方向UL−DL設定の管理を、端末装置1のそれぞれに対して行なう。サブフレーム設定部3013は、端末装置1のそれぞれに対して、上りリンク参照UL−DL設定、下りリンク参照UL−DL設定、および、送信方向UL−DL設定をセットする。
【0247】
サブフレーム設定部3013は、上りリンク参照UL−DL設定を示す第1の情報、下りリンク参照UL−DL設定を示す第2の情報、送信方向UL−DL設定を示す第3の情報を生成する。サブフレーム設定部3013は、送信部307を介して、第1の情報、第2の情報、および、第3の情報を、端末装置1に送信する。
【0248】
基地局装置3は、端末装置1に対する、上りリンク参照UL−DL設定、下りリンク参照UL−DL設定、および/または、送信方向UL−DL設定を決定してもよい。また、基地局装置3は、端末装置1に対する、上りリンク参照UL−DL設定、下りリンク参照UL−DL設定、および/または、送信方向UL−DL設定を上位ノードから指示されてもよい。
【0249】
例えば、サブフレーム設定部3013は、上りリンクのトラフィック量および下りリンクのトラフィック量に基づいて、上りリンク参照UL−DL設定、下りリンク参照UL−DL設定、および/または、送信方向UL−DL設定を決定してもよい。
【0250】
サブフレーム設定部3013は、少なくとも2つのサブフレームセットの管理を行なう。サブフレーム設定部3013は、端末装置1のそれぞれに対して、少なくとも2つのサブフレームセットをセットしてもよい。サブフレーム設定部3013は、サービングセルのそれぞれに対して、少なくとも2つのサブフレームセットをセットしてもよい。サブフレーム設定部3013は、CSIプロセスのそれぞれに対して、少なくとも2つのサブフレームセットをセットしてもよい。
【0251】
サブフレーム設定部3013は、少なくとも2つのサブフレームセットを示す情報を、送信部307を介して、端末装置1に送信する。
【0252】
上位層処理部301が備えるスケジューリング部3015は、受信したチャネル状態情報およびチャネル測定部3059から入力された伝搬路の推定値やチャネルの品質などから、物理チャネル(PDSCHおよびPUSCH)を割り当てる周波数およびサブフレーム、物理チャネル(PDSCHおよびPUSCH)の符号化率および変調方式および送信電力などを決定する。スケジューリング部3015は、フレキシブルサブフレームにおいて下りリンク物理チャネルおよび/または下りリンク物理信号をスケジュールするか、上りリンク物理チャネルおよび/または上りリンク物理信号をスケジュールするかを決定する。スケジューリング部3015は、スケジューリング結果に基づき、受信部305、および送信部307の制御を行なうために制御情報(例えば、DCIフォーマット)を生成し、制御部303に出力する。
【0253】
スケジューリング部3015は、スケジューリング結果に基づき、物理チャネル(PDSCHおよびPUSCH)のスケジューリングに用いられる情報を生成する。スケジューリング部3015は、さらに、上りリンク参照UL−DL設定、下りリンク参照UL−DL設定、および/または、送信方向UL−DL設定に基づいて、送信処理および受信処理を行うタイミングを決定する。
【0254】
上位層処理部301が備えるチャネル状態情報報告制御部3017は、端末装置1のCSI報告を制御する。チャネル状態情報報告制御部3017は、端末装置1がCSI参照リソースにおいてCQIを導き出すために想定する、各種設定を示す情報を、送信部307を介して、端末装置1に送信する。
【0255】
制御部303は、上位層処理部301からの制御情報に基づいて、受信部305、および送信部307の制御を行なう制御信号を生成する。制御部303は、生成した制御信号を受信部305、および送信部307に出力して受信部305、および送信部307の制御を行なう。
【0256】
受信部305は、制御部303から入力された制御信号に従って、送受信アンテナ309を介して端末装置1から受信した受信信号を分離、復調、復号し、復号した情報を上位層処理部301に出力する。無線受信部3057は、送受信アンテナ309を介して受信された上りリンクの信号を、直交復調によりベースバンド信号に変換し(ダウンコンバート: down covert)、不要な周波数成分を除去し、信号レベルが適切に維持されるように増幅レベルを制御し、受信された信号の同相成分および直交成分に基づいて、直交復調し、直交復調されたアナログ信号をディジタル信号に変換する。
【0257】
無線受信部3057は、変換したディジタル信号からCP(Cyclic Prefix)に相当する部分を除去する。無線受信部3057は、CPを除去した信号に対して高速フーリエ変換(Fast Fourier Transform: FFT)を行い、周波数領域の信号を抽出し多重分離部3055に出力する。
【0258】
多重分離部1055は、無線受信部3057から入力された信号をPUCCH、PUSCH、上りリンク参照信号などの信号に分離する。尚、この分離は、予め基地局装置3が無線リソース制御部3011で決定し、各端末装置1に通知した上りリンクグラントに含まれる無線リソースの割り当て情報に基づいて行なわれる。また、多重分離部3055は、チャネル測定部3059から入力された伝搬路の推定値から、PUCCHとPUSCHの伝搬路の補償を行なう。また、多重分離部3055は、分離した上りリンク参照信号をチャネル測定部3059に出力する。
【0259】
復調部3053は、PUSCHを逆離散フーリエ変換(Inverse Discrete Fourier Transform: IDFT)し、変調シンボルを取得し、PUCCHとPUSCHの変調シンボルそれぞれに対して、BPSK(Binary Phase Shift Keying)、QPSK、16QAM、64QAM等の予め定められた、または自装置が端末装置1各々に上りリンクグラントで予め通知した変調方式を用いて受信信号の復調を行なう。復調部3053は、端末装置1各々に上りリンクグラントで予め通知した空間多重される系列の数と、この系列に対して行なうプリコーディングを指示する情報に基づいて、MIMO SMを用いることにより同一のPUSCHで送信された複数の上りリンクデータの変調シンボルを分離する。
【0260】
復号部3051は、復調されたPUCCHとPUSCHの符号化ビットを、予め定められた符号化方式の、予め定められた、又は自装置が端末装置1に上りリンクグラントで予め通知した符号化率で復号を行ない、復号した上りリンクデータと、上りリンク制御情報を上位層処理部301へ出力する。PUSCHが再送信の場合は、復号部3051は、上位層処理部301から入力されるHARQバッファに保持している符号化ビットと、復調された符号化ビットを用いて復号を行なう。図22は、本発明の復号部3051のうちPUSCHの復号処理を行なう構成を示す概略ブロック図である。復号部3051は、デインタリーブ部3051a、変調シンボル数特定部3051b、データ・制御情報分離部3051c、データ復号部3051d、およびCQI復号部3051eを含んで構成される。
デインタリーブ部3051aは、復調部3053から入力されたHビットのPUSCHの符号化ビットh´(0≦n≦H−1)をデインタリーブし、デインタリーブ後の符号化ビットg´をデータ・制御情報分離部3051cへ出力する。ただし、図22においては全ての符号化ビットをデータ・制御情報分離部3051cへ出力する構成としているが、CSIを構成するRIやHARQ−ACKなどの符号化ビットが含まれる場合にこれらを分離し、別途復号処理を行なう構成として良い。また、分離されるRIやHARQ−ACKの符号化ビットのビット数を算出する際に、本発明に示すCQI/PMIの場合と同様にサブフレームセット毎に異なる算出方法を適用することができる。
【0261】
変調シンボル数特定部3051bは、デインタリーブ部3051aより出力される符号ビットのうち、CQI/PMIに相当するビットを抽出するため、該ビットに相当する変調シンボルの数Q´を特定し、データ・制御情報分離部3051cに出力する。ただし、Q´の算出方法については端末装置1の変調シンボル数決定部1071bと同様の方法が用いられ、算出に必要なパラメータは上位処理部301より取得する。
【0262】
データ・制御情報分離部3051cは、デインタリーブ部3051aより出力される符号ビットg´から上りリンクデータに相当するGビットの符号化ビットf´(0≦j≦G−1)とCQI/PMIに相当するN・QCQIビットの符号化ビットq´(0≦l≦N・QCQI−1)を抽出し、f´をデータ復号部3051dへ出力し、q´をCQI復号部3051eへ出力する。ただし、符号化後のビット数N・QCQIは変調シンボル数特定部3051bより入力されたQ´を用いて算出され、QCQI=Q(x)×Q´であり、Nは送信に用いられたレイヤ数である。
【0263】
データ復号部3051dは、端末装置1へ送信した上りリンクグラントに基づいて上りリンクデータの復号処理を行なう。データ復号部3051dは、データ・制御情報分離部3051cより入力された符号化ビットf´からAビットの上りリンクデータa´(0≦i≦A−1)を復号し、上位層処理部301へ出力する。
【0264】
CQI復号部3051eは、データ・制御情報分離部3051cより入力された符号化ビットq´からOビットのCQIビットo(0≦k≦O−1)を復号し、上位層処理部301へ出力する。
【0265】
チャネル測定部3059は、多重分離部3055から入力された上りリンク参照信号から伝搬路の推定値、チャネルの品質などを測定し、多重分離部3055および上位層処理部301に出力する。
【0266】
送信部307は、制御部303から入力された制御信号に従って、下りリンク参照信号を生成し、上位層処理部301から入力されたHARQインディケータ、下りリンク制御情報、下りリンクデータを符号化、および変調し、PHICH、PDCCH、EPDCCH、PDSCH、および下りリンク参照信号を多重して、送受信アンテナ309を介して端末装置1に信号を送信する。
【0267】
符号化部3071は、上位層処理部301から入力されたHARQインディケータ、下りリンク制御情報、および下りリンクデータを、ブロック符号化、畳込み符号化、ターボ符号化等の予め定められた符号化方式を用いて符号化を行なう、または無線リソース制御部3011が決定した符号化方式を用いて符号化を行なう。変調部3073は、符号化部3071から入力された符号化ビットをBPSK、QPSK、16QAM、64QAM等の予め定められた、または無線リソース制御部3011が決定した変調方式で変調する。
【0268】
下りリンク参照信号生成部3079は、基地局装置3を識別するための物理セル識別子(PCI)などを基に予め定められた規則で求まる、端末装置1が既知の系列を下りリンク参照信号として生成する。多重部3075は、変調された各チャネルの変調シンボルと生成された下りリンク参照信号を多重する。つまり、多重部3075は、変調された各チャネルの変調シンボルと生成された下りリンク参照信号をリソースエレメントに配置する。
【0269】
無線送信部3077は、多重された変調シンボルなどを逆高速フーリエ変換(Inverse Fast Fourier Transform: IFFT)して、OFDMシンボルを生成し、生成したOFDMシンボルにCPを付加し、ベースバンドのディジタル信号を生成し、ベースバンドのディジタル信号をアナログ信号に変換し、ローパスフィルタにより余分な周波数成分を除去し、搬送波周波数にアップコンバート(up convert)し、電力増幅し、送受信アンテナ309に出力して送信する。
【0270】
以上より、本発明の端末装置1は下記の様な特徴を有してよい。
【0271】
(1)本実施形態の端末装置1は、基地局装置3と通信する端末装置1であって、オフセットの値に基づいて、物理上りリンク共用チャネルで送信するチャネル状態情報に対する変調シンボル数を決定する変調シンボル数決定部1071bと、上記物理上りリンク共用チャネルで前記チャネル状態情報を上記基地局装置3へ送信する送信部107と、を備え、上記オフセットの値は、2つのサブフレームセットが上位層によって設定された場合に、上記物理上りリンク共用チャネルでの送信が行われるサブフレームが属するサブフレームセットに基づいて決定される。
【0272】
(2)また、本発明の端末装置1は、基地局装置3と通信する端末装置1であって、第1のサブフレームセットと第2のサブフレームセットを設定するサブフレーム設定部1013と、オフセットの値に基づいて、物理上りリンク共用チャネルで送信されるチャネル状態情報に対する変調シンボル数を決定する変調シンボル数決定部1071bと、上記物理上りリンク共用チャネルで上記チャネル状態情報を上記基地局装置3へ送信する送信部107と、を備え、上記決定部107は、上記オフセットの値として第1の値を設定し、上記物理上りリンク共用チャネルでの送信が行われるサブフレームが上記第2のサブフレームセットに属する場合には、上記オフセットの値として、上記第1の値の代わりに第2の値を設定する。
【0273】
(3)また、本実施形態の端末装置1における上記第1の値および上記第2の値のそれぞれは、上位層の信号に基づいて設定される。
【0274】
(4)また、本実施形態の端末装置1における上記の端末装置における上記チャネル状態情報は、CQIおよびPMIである。
【0275】
(5)また、本実施形態の端末装置1における上記チャネル状態情報は、RIである。
【0276】
(6)本実施形態の基地局装置3は、端末装置1と通信する基地局装置3であって、オフセットの値に基づいて、物理上りリンク共用チャネルで受信されるチャネル状態情報に対する変調シンボル数を算出する変調シンボル数特定部3051bと、上記物理上りリンク共用チャネルで上記チャネル状態情報を上記端末装置1から受信する受信部305と、を備え、上記オフセットの値は、2つのサブフレームセットを上位層において設定している場合に、上記物理上りリンク共用チャネルでの受信が行われるサブフレームが属するサブフレームセットに基づく。
【0277】
(7)また、本実施形態の基地局装置3は、端末装置1と通信する基地局装置3であって、第1のサブフレームセットと第2のサブフレームセットを設定するサブフレーム設定部3013と、オフセットの値に基づいて、物理上りリンク共用チャネルで受信されるチャネル状態情報に対する変調シンボル数を算出する変調シンボル数特定部3051bと、上記物理上りリンク共用チャネルで上記チャネル状態情報を上記端末装置1から受信する受信部305と、を備え、上記算出部305は、上記オフセットの値として第1の値を設定し、上記物理上りリンク共用チャネルでの受信が行われるサブフレームが上記第2のサブフレームセットに属する場合には、上記オフセットの値として、上記第1の値の代わりに第2の値を設定する。
【0278】
(8)また、本実施形態の基地局装置3における上記第1の値および上記第2の値のそれぞれは、上位層の信号に基づいて設定される。
【0279】
(9)また、本実施形態の基地局装置3における上記チャネル状態情報は、CQIおよびPMIである。
【0280】
(10)また、本実施形態の基地局装置3における上記チャネル状態情報は、RIである。
【0281】
本発明に関わる基地局装置3、および端末装置1で動作するプログラムは、本発明に関わる上記実施形態の機能を実現するように、CPU(Central Processing Unit)等を制御するプログラム(コンピュータを機能させるプログラム)であっても良い。そして、これら装置で取り扱われる情報は、その処理時に一時的にRAM(Random Access Memory)に蓄積され、その後、Flash ROM(Read Only Memory)などの各種ROMやHDD(Hard Disk Drive)に格納され、必要に応じてCPUによって読み出し、修正・書き込みが行われる。
【0282】
尚、上述した実施形態における端末装置1、基地局装置3の一部、をコンピュータで実現するようにしても良い。その場合、この制御機能を実現するためのプログラムをコンピュータが読み取り可能な記録媒体に記録して、この記録媒体に記録されたプログラムをコンピュータシステムに読み込ませ、実行することによって実現しても良い。
【0283】
尚、ここでいう「コンピュータシステム」とは、端末装置1、又は基地局装置3に内蔵されたコンピュータシステムであって、OSや周辺機器等のハードウェアを含むものとする。また、「コンピュータ読み取り可能な記録媒体」とは、フレキシブルディスク、光磁気ディスク、ROM、CD−ROM等の可搬媒体、コンピュータシステムに内蔵されるハードディスク等の記憶装置のことをいう。
【0284】
さらに「コンピュータ読み取り可能な記録媒体」とは、インターネット等のネットワークや電話回線等の通信回線を介してプログラムを送信する場合の通信線のように、短時間、動的にプログラムを保持するもの、その場合のサーバやクライアントとなるコンピュータシステム内部の揮発性メモリのように、一定時間プログラムを保持しているものも含んでも良い。また上記プログラムは、前述した機能の一部を実現するためのものであっても良く、さらに前述した機能をコンピュータシステムにすでに記録されているプログラムとの組み合わせで実現できるものであっても良い。
【0285】
また、上述した実施形態における基地局装置3は、複数の装置から構成される集合体(装置グループ)として実現することもできる。装置グループを構成する装置の各々は、上述した実施形態に関わる基地局装置3の各機能または各機能ブロックの一部、または、全部を備えてもよい。装置グループとして、基地局装置3の一通りの各機能または各機能ブロックを有していればよい。また、上述した実施形態に関わる端末装置1は、集合体としての基地局装置と通信することも可能である。
【0286】
また、上述した実施形態における基地局装置3は、EUTRAN(Evolved Universal Terrestrial Radio Access Network)であってもよい。また、上述した実施形態における基地局装置3は、eNodeBに対する上位ノードの機能の一部または全部を有してもよい。
【0287】
また、上述した実施形態における端末装置1、基地局装置3の一部、又は全部を典型的には集積回路であるLSIとして実現してもよいし、チップセットとして実現してもよい。端末装置1、基地局装置3の各機能ブロックは個別にチップ化してもよいし、一部、又は全部を集積してチップ化してもよい。また、集積回路化の手法はLSIに限らず専用回路、又は汎用プロセッサで実現しても良い。また、半導体技術の進歩によりLSIに代替する集積回路化の技術が出現した場合、当該技術による集積回路を用いることも可能である。
【0288】
また、上述した実施形態では、端末装置もしくは通信装置の一例として端末装置を記載したが、本願発明は、これに限定されるものではなく、屋内外に設置される据え置き型、または非可動型の電子機器、たとえば、AV機器、キッチン機器、掃除・洗濯機器、空調機器、オフィス機器、自動販売機、その他生活機器などの端末装置もしくは通信装置にも適用出来る。
【0289】
以上、この発明の実施形態に関して図面を参照して詳述してきたが、具体的な構成はこの実施形態に限られるものではなく、この発明の要旨を逸脱しない範囲の設計変更等も含まれる。また、本発明は、請求項に示した範囲で種々の変更が可能であり、異なる実施形態にそれぞれ開示された技術的手段を適宜組み合わせて得られる実施形態についても本発明の技術的範囲に含まれる。また、上記各実施形態に記載された要素であり、同様の効果を奏する要素同士を置換した構成も含まれる。
【符号の説明】
【0290】
1(1A、1B、1C) 端末装置
3 基地局装置
101 上位層処理部
103 制御部
105 受信部
107 送信部
109 送受信アンテナ
301 上位層処理部
303 制御部
305 受信部
307 送信部
309 送受信アンテナ
1011 無線リソース制御部
1013 サブフレーム設定部
1015 スケジューリング情報解釈部
1017 チャネル状態情報報告制御部
1051 復号部
1053 復調部
1055 多重分離部
1057 無線受信部
1059 チャネル測定部
1071 符号化部
1071a データ符号化部
1071b 変調シンボル数決定部
1071c CQI符号化部
1071d データ・制御情報多重部
1071e インタリーブ部
1073 変調部
1075 多重部
1077 無線送信部
1079 上りリンク参照信号生成部
3011 無線リソース制御部
3013 サブフレーム設定部
3015 スケジューリング部
3017 チャネル状態情報報告制御部
3051 復号部
3051a デインタリーブ部
3051b 変調シンボル数特定部
3051c データ・制御情報分離部
3051d データ復号部
3051e CQI復号部
3053 復調部
3055 多重分離部
3057 無線受信部
3059 チャネル測定部
3071 符号化部
3073 変調部
3075 多重部
3077 無線送信部
3079 下りリンク参照信号生成部
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
図11
図12
図13
図14
図15
図16
図17
図18
図19
図20
図21
図22