特許第6443309号(P6443309)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ トヨタ自動車株式会社の特許一覧
<>
  • 特許6443309-車両用ドア 図000002
  • 特許6443309-車両用ドア 図000003
  • 特許6443309-車両用ドア 図000004
  • 特許6443309-車両用ドア 図000005
  • 特許6443309-車両用ドア 図000006
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B2)
(11)【特許番号】6443309
(24)【登録日】2018年12月7日
(45)【発行日】2018年12月26日
(54)【発明の名称】車両用ドア
(51)【国際特許分類】
   B60J 5/04 20060101AFI20181217BHJP
   B60R 11/02 20060101ALI20181217BHJP
   B60J 5/00 20060101ALI20181217BHJP
【FI】
   B60J5/04 F
   B60R11/02 S
   B60J5/00 501Z
【請求項の数】1
【全頁数】8
(21)【出願番号】特願2015-228963(P2015-228963)
(22)【出願日】2015年11月24日
(65)【公開番号】特開2017-94926(P2017-94926A)
(43)【公開日】2017年6月1日
【審査請求日】2017年11月22日
(73)【特許権者】
【識別番号】000003207
【氏名又は名称】トヨタ自動車株式会社
【住所又は居所】愛知県豊田市トヨタ町1番地
(74)【代理人】
【識別番号】100079049
【弁理士】
【氏名又は名称】中島 淳
(74)【代理人】
【識別番号】100084995
【弁理士】
【氏名又は名称】加藤 和詳
(74)【代理人】
【識別番号】100099025
【弁理士】
【氏名又は名称】福田 浩志
(72)【発明者】
【氏名】広沢 康則
【住所又は居所】愛知県豊田市トヨタ町1番地 トヨタ自動車株式会社内
【審査官】 菅 和幸
(56)【参考文献】
【文献】 特開2005−219515(JP,A)
【文献】 実開昭61−184391(JP,U)
【文献】 特開2003−348678(JP,A)
【文献】 特開2009−292438(JP,A)
【文献】 国際公開第2006/101022(WO,A1)
【文献】 実開昭61−070479(JP,U)
【文献】 米国特許第05820191(US,A)
【文献】 米国特許出願公開第2005/0241876(US,A1)
【文献】 独国実用新案第202007004371(DE,U1)
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
B60J 5/00−5/14
B60R 11/02
H04R 1/02
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
開口部が形成された樹脂製のドアインナパネルと、
前記ドアインナパネルの前記開口部の外縁部に設けられ、スピーカの外周部が締結される締結孔が形成された複数の締結部と、
前記外縁部における少なくとも二以上の隣り合う前記締結部の周囲にそれぞれ設けられた補強リブと、
前記外縁部における前記締結孔間を結ぶ仮想線の外側に設けられ、隣り合う前記補強リブ同士を連結する連結リブと、
を備え
前記補強リブは、前記開口部から外側に向かう方向に沿って延在し、前記締結孔を挟んで略平行に配置されている、
車両用ドア。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、車両用ドアに関する。
【背景技術】
【0002】
特許文献1には、スピーカの低音域の出力効率を確保した車両用ドアに関する技術が開示されている。この先行技術では、サービスホールカバーに形成された接続部がドア本体の内部の空間部とスピーカ取付孔とに連通し、スピーカのボイスコイルが空間部に臨むように配置されることで、スピーカの低音域の出力効率を確保している。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
【特許文献1】特開2011−168212号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ドアインナパネルに取り付けられたスピーカの振動、特に低周波振動が、ドアインナパネルを介して車両用ドア全体に伝達されて車両用ドアが振動し、この車両用ドアの振動によって不快な音が発生することがある。
【0005】
本発明は、上記事実を考慮し、車両用ドアのドアインナパネルに取り付けられたスピーカの振動に起因する不快な音の発生を抑制することが目的である。
【課題を解決するための手段】
【0006】
請求項1の車両用ドアは、開口部が形成された樹脂製のドアインナパネルと、前記ドアインナパネルの前記開口部の外縁部に設けられ、スピーカの外周部が締結される締結孔が形成された複数の締結部と、前記外縁部における少なくとも二以上の隣り合う前記締結部の周囲にそれぞれ設けられた補強リブと、前記外縁部における前記締結孔間を結ぶ仮想線の外側に設けられ、隣り合う前記補強リブ同士を連結する連結リブと、を備え、前記補強リブは、前記開口部から外側に向かう方向に沿って延在し、前記締結孔を挟んで略平行に配置されている
【0007】
請求項1に記載の発明では、樹脂製のドアインナパネルの開口部の外縁部における少なくとも二以上の隣り合う締結部の周囲に締結部を囲むように設けられた補強リブによって、スピーカが締結される締結部の周囲の支持剛性が高くなる。また、外縁部における締結部間を結ぶ仮想線の外側に補強リブ同士を連結する連結リブを設けることで、外縁部の剛性が効果的に高くなる。よって、ドアインナパネルを介してのスピーカの振動の車両用ドア全体への伝達が効果的に抑制され、これによりスピーカの振動に起因する不快な音の発生が抑制される。
【発明の効果】
【0008】
請求項1に記載の発明によれば、アインナパネルに取り付けられたスピーカからの車両用ドアへの振動伝達を効果的に抑制し、不快な音の発生を抑制することができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
図1】本発明の一実施形態のサイドドアを構成するドアインナパネルを車両幅方向外側から見た側面図である。
図2】スピーカが取り付けられた状態の図1のドアインナパネルを車両幅方向内側から見た側面図である。
図3図2の3−3線に沿った断面図である。
図4図2の4−4線に沿った断面図である。
図5図2の5−5線に沿った断面図である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
図1図5を用いて、本発明の一実施形態に係る車両用ドアについて説明する。なお、各図において示される矢印UP、矢印FR、矢印OUTは、車両上下方向上側、車両前後方向前側、車両幅方向外側をそれぞれ示している。
【0011】
図1及び図2に示すように、車両10の左右両側部には、車体の側部の一部を構成する車両用ドアの一例としてのサイドドア12がドアヒンジ回りに開閉可能に設けられている。なお、以降の説明におけるサイドドア12の方向は、サイドドア12が閉じられた状態(ドア閉止状態)での方向を指すこととする。
【0012】
サイドドア12は、ドア外側(車両幅方向外側)を構成する板金製の図示されていないドアアウタパネルと、このドアアウタパネルのドア内側(車室内側、車両幅方向内側)に配設された樹脂製のドアインナパネル20とを備えている。
【0013】
なお、本実施形態のドアインナパネル20は、炭素繊維強化プラスチック(CFRP(CARBON FIBER REINFORCED PLASTICS))で構成されている。また、図示されていないドアアウタパネルとドアインナパネル20とは、外周縁同士が接合されている。
【0014】
ドアインナパネル20の車室内側(車両幅方向内側)には、図示されていないドアトリムが設けられている。ドアトリムは、外周縁部がドアインナパネル20に固定されている。また、ドアトリムには、ドアインナパネル20に取り付けられたスピーカ50(図2及び図5参照)に対応する部位が、若干車室内側に膨出するとともに、小さな孔が複数形成されたメッシュ構造になっている。
【0015】
図1に示すように、ドアインナパネル20には開口部22が形成され、この開口部22の外縁部24に、図5に示すようにスピーカ50が取り付けられている(図2も参照)。
【0016】
図2及び図5に示すように、スピーカ50は、フレーム54及び車両幅方向内側から見た形状が円形の振動板52等で構成されている。
【0017】
図2に示すように、スピーカ50のフレーム54には、径方向外側に向かって張り出したフランジ部56A、56B、56C、56Dが設けられている。なお、径方向外側とは、車両幅方向内側から見た場合におけるスピーカ50の円形の振動板52の円中心から外側に向かう方向である。
【0018】
図1に示すように、ドアインナパネル20の開口部22の外縁部24におけるスピーカ50のフランジ部56A、56B、56C、56D(図2参照)に対応する部位には、それぞれ締結部60A、60B、60C、60Dが設けられている。これら締結部60A、60B、60C、60Dには、それぞれ締結孔62A、62B、62C、62Dが形成されている。
【0019】
図4に示すように、スピーカ50のフランジ部56Bが、締結孔62Bに先付けされたグロメットスクリュー30を介して締結部60Bに固定用スクリュー32で締結されている。なお、図1に示す他の締結部60A、60C、60Dも同様にスピーカ50のフランジ部56A、56C、56Dが締結孔62A、62C、62Dに先付けされたグロメットスクリュー30(図4参照)を介して固定用スクリュー32(図4参照)で締結されている。
【0020】
図1に示すように、ドアインナパネル20の開口部22の外縁部24における隣り合う締結部60A及び締結部60Bの周囲には、それぞれ径方向外側に延在する補強リブ70A、72A及び補強リブ70B、72Bが設けられている(図3及び図4も参照)。また、補強リブ70A、72A及び補強リブ70B、72Bは、それぞれ締結孔62A、62Bを間に挟んで略平行に配置されている。つまり、補強リブ70A、72A及び補強リブ70B、72Bは、締結部60A、60B(締結孔62A、62B)を囲むように設けられている。
【0021】
開口部22の外縁部24における隣り合う締結部60A(締結孔62A)と締結部60B(締結孔62B)とを結ぶ仮想線P1の車両前後方向後側(径方向外側)には、車両上下方向に沿って、隣り合う補強リブ72Aと補強リブ72Bとを連結する連結リブ80が形成されている。
【0022】
また、外縁部24における締結部60B(締結孔62B)と締結部60C(締結孔62C)とを結ぶ仮想線P2の車両上下方向下側(径方向外側)には、車両前後方向に延在する下側リブ82が形成されている(図5も参照)。この下側リブ82は、後端部82Lが補強リブ70B、72B及び連結リブ80と繋がり、前端部82Rが締結部60C(締結孔62C)の下側まで延在している。
【0023】
更に、外縁部24における締結部60A(締結孔62A)と締結部60D(締結孔62D)とを結ぶ仮想線P3の車両上下方向上側(径方向外側)には、車両前後方向に延在する上側リブ84が形成されている(図5も参照)。この上側リブ84は、後端部84Lが補強リブ72Aと繋がり、前端部84Rが締結部60D(締結孔62D)の上側まで延在している。
【0024】
次に本実施形態の作用及び効果について説明する。
【0025】
樹脂製(本実施形態では炭素繊維強化プラスチック製)のドアインナパネル20の開口部22の外縁部24における締結部60A(締結孔62A)及び締結部60B(締結孔62B)の周囲には、それぞれ締結部60A、60B(締結孔62A、62B)を囲むように平行して補強リブ70A、72A及び補強リブ70B、72Bが設けられている。よって、締結部60A、60B(締結孔62A、62B)の周囲の支持剛性が高くなる。
【0026】
また、開口部22の外縁部24における締結部60A(締結孔62A)と締結部60B(締結孔62B)とを結ぶ仮想線P1の車両前後方向後側(径方向外側)に補強リブ72Aと補強リブ72Bとを連結する連結リブ80が設けられている。よって、外縁部24の剛性が効果的に高くなる。
【0027】
更に、本実施形態では、外縁部24における締結部60B(締結孔62B)と締結部60C(締結孔62C)とを結ぶ仮想線P2の車両上下方向下側には下側リブ82が形成され、締結部60A(締結孔62A)と締結部60D(締結孔62D)とを結ぶ仮想線P3の車両上下方向上側には上側リブ84が形成されている。よって、外縁部24の剛性が更に効果的に高くなる。
【0028】
このように締結部60A、60Bの支持剛性が高くなると共に外縁部24の剛性が効果的に高くなるので、スピーカ50の振動、特に低周波振動がドアインナパネル20を介してサイドドア12全体に伝達されることが効果的に抑制され、これによりスピーカ50の振動、特に低周波振動に起因する不快な音の発生が抑制される。
【0029】
なお、仮に連結リブ80が締結部60A(締結孔62A)と締結部60B(締結孔62B)とを結ぶ仮想線P1の車両前後方向前側(径方向内側)に設けられている場合は、仮想線P1の外側の外縁部24が撓み易く振動が伝達されやすい。よって、仮想線P1の車両前後方向前側(径方向内側)に連結リブ80を設けた場合は、振動伝達を効果的に抑制することができない。
【0030】
しかし、本実施形態では、連結リブ80は、締結部60A(締結孔62A)と締結部60B(締結孔62B)とを結ぶ仮想線P1の結ぶ車両前後方向後側(径方向外側)に設けられているので、振動伝達を効果的に抑制することができる。なお、下側リブ82及び上側リブ84も同様にそれぞれ仮想線P2、P3の径方向外側に形成されているので、振動伝達を効果的に抑制することができる。
【0031】
また、補強リブ70A、72A、70B、72B及び連結リブ80によってドアインナパネル20全体の剛性が向上する。更に、本実施形態では、下側リブ82及び上側リブ84が形成されているので、更にドアインナパネル20全体の剛性が向上する。
【0032】
また、ドアインナパネル20は樹脂(本実施形態では炭素繊維強化プラスチック)で構成されており、例えば金属パネルでは成形できない複雑な形状を容易に成形することができる。つまり、ドアインナパネル20に、補強リブ70A、72A、70B、72B、連結リブ80、下側リブ82及び上側リブ84を容易に設けることができる。
【0033】
また、炭素繊維強化プラスチックは、金属パネルと比較して振動減衰率が高く高剛性であるので、スピーカ50の支持素材としては好適である。よって、スピーカ50の振動伝達を抑制することで不快な音を抑制し、且つレスポンスの良い音響効果を得ることができる。
【0034】
尚、本発明は上記実施形態に限定されない。
【0035】
例えば、上記実施形態では、開口部22の外縁部24における締結部60A(締結孔62A)及び締結部60B(締結孔62B)の周囲に補強リブ70A、72A及び補強リブ70B、72Bを設けたが、これに限定されない。外縁部24における締結部60C(締結孔62C)及び締結部60D(締結孔62D)の周囲に補強リブを設けてもよい。つまり、外縁部24における締結部60A、60B、60C、60D(締結孔62A、62B、62C、62D)の隣り合う少なくとも二以上の周囲に補強リブを設ければよい。
【0036】
なお、連結リブは、補強リブが設けられた隣り合う締結部(締結孔)を結ぶ仮想線の外側で隣り合う補強リブ同士を連結するように設ければよい。例えば、上記実施形態で、仮に外縁部24における締結部60C(締結孔62C)及び締結部60D(締結孔62D)の周囲に補強リブが設けられている場合、下側リブ82及び上側リブ84が、それぞれ隣り合う補強リブ同士を連結するように設ければよい。また、外縁部24に開口部22を取囲むようにリング状に繋がった連結リブを設けてもよい。
【0037】
また、上記実施形態では、補強リブ70A、72A及び補強リブ70B、72Bは、それぞれ締結孔62A、62Bを間に挟んで略平行に配置されていたが、これに限定されない。例えば、締結部60A、60B(締結孔62A、62B)の全周囲を囲む環状の補強リブであってもよい。要は締結部(締結孔)の周囲に締結部(締結孔)を囲むように補強リブが設けられていればよい。
【0038】
また、上記実施形態では、スピーカ50のフランジ部56A、56B、56C、56Dが、締結孔62A、62B、62C、62Dに先付けされたグロメットスクリュー30を介して締結部60A、60B、60C、60Dに固定用スクリュー32で締結されていたがこれに限定されない。スピーカの外周部が締結部に締結されれば、どのような締結構造であってもよい。
【0039】
また、上記実施形態では、車両10の左右両側部のサイドドア12に本発明を適用したが、これに限定されない。例えば、車両の後端部に設けられるバックドアにも本発明を適用することができる。
【0040】
更に、本発明の要旨を逸脱しない範囲において種々なる態様で実施し得ることは言うまでもない。
【符号の説明】
【0041】
12 サイドドア(車両用ドアの一例)
20 ドアインナパネル
22 開口部
24 外縁部
50 スピーカ
60A 締結部
60B 締結部
60C 締結部
60D 締結部
70A 補強リブ
70B 補強リブ
72A 補強リブ
72B 補強リブ
80 連結リブ
P1 仮想線
図1
図2
図3
図4
図5