特許第6493600号(P6493600)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 有限会社クラウン商会の特許一覧
特許6493600混合用容器およびそれを備えたスプレー容器
<>
  • 特許6493600-混合用容器およびそれを備えたスプレー容器 図000002
  • 特許6493600-混合用容器およびそれを備えたスプレー容器 図000003
  • 特許6493600-混合用容器およびそれを備えたスプレー容器 図000004
  • 特許6493600-混合用容器およびそれを備えたスプレー容器 図000005
  • 特許6493600-混合用容器およびそれを備えたスプレー容器 図000006
  • 特許6493600-混合用容器およびそれを備えたスプレー容器 図000007
  • 特許6493600-混合用容器およびそれを備えたスプレー容器 図000008
  • 特許6493600-混合用容器およびそれを備えたスプレー容器 図000009
  • 特許6493600-混合用容器およびそれを備えたスプレー容器 図000010
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B1)
(11)【特許番号】6493600
(24)【登録日】2019年3月15日
(45)【発行日】2019年4月3日
(54)【発明の名称】混合用容器およびそれを備えたスプレー容器
(51)【国際特許分類】
   B65D 81/32 20060101AFI20190325BHJP
   B65D 83/00 20060101ALI20190325BHJP
【FI】
   B65D81/32 R
   B65D83/00 K
【請求項の数】6
【全頁数】22
(21)【出願番号】特願2018-102746(P2018-102746)
(22)【出願日】2018年5月29日
【審査請求日】2018年8月8日
【権利譲渡・実施許諾】特許権者において、権利譲渡・実施許諾の用意がある。
【早期審査対象出願】
(73)【特許権者】
【識別番号】518189563
【氏名又は名称】有限会社クラウン商会
(74)【代理人】
【識別番号】100111132
【弁理士】
【氏名又は名称】井上 浩
(72)【発明者】
【氏名】徐 民
(72)【発明者】
【氏名】徐 光宏
【審査官】 長谷川 一郎
(56)【参考文献】
【文献】 特開2000−217885(JP,A)
【文献】 実開平04−118333(JP,U)
【文献】 特開2017−132534(JP,A)
【文献】 特表2002−509504(JP,A)
【文献】 特開2007−261614(JP,A)
【文献】 特開2003−012405(JP,A)
【文献】 米国特許出願公開第2016/0158776(US,A1)
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
B65D 81/32
B65D 83/00
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
上部に開口(5c,16a)を備え、かつ被混合対象物を収容する容器体(5,16)と、
可撓材からなり、かつ前記容器体(5,16)の内側面から外側に向かって突出してなり、その内部に前記容器体(5,16)の内側からPress−Through−Pack包装物(以下、PTP包装物という。)(12)を嵌設可能な中空部(7b)を備えている少なくとも1の収容部(7)と、
板体(9a,17g)と、この板体(9a,17g)を前記容器体(5,16)の前記内側面上に配設した際に前記中空部(7b)の入口(7a)と連通して前記PTP包装物(12)内の収容物を前記容器体内(5,16)に導出させる導出孔(10)とを備え、かつ前記容器体(5,16)の前記内側面と前記板体(9a,17g)とにより前記PTP包装物(12)の縁部(12b)を挟持する支持部(9,17)と、
前記容器体(5,16)の前記内側面上に前記支持部(9,17)を保持するための保持構造(8)と、を備え
前記保持構造(8)は、前記容器体(5,16)と前記支持部(9,17)との嵌合構造(5d,9b,16b,16d,17a,17c)を備えていることを特徴とする混合用容器(2A〜2B´)。
【請求項2】
前記容器体(5)はさらに、その胴部の周方向に直列状に配されている複数の前記収容部(7)を備え、
前記支持部(9)はさらに、環状をなし、かつ複数の前記収容部(7)における前記入口(7a)のそれぞれと対応する前記導出孔(10)を備え、かつ環状をなす前記支持部(9)をその中空部内において支える補強材(11)を備えていることを特徴とする請求項1に記載の混合用容器(2A)。
【請求項3】
前記容器体(5)は、複数の前記収容部(7)を備えている第1のパーツ(5a)と、前記第1のパーツ(5a)以外の第2のパーツ(5b,5b)と、前記第1のパーツ(5a)と前記第2のパーツ(5b,5b)とが螺着されている第1の連結部(6a,6b)と、を備えていることを特徴とする請求項に記載の混合用容器(2A)。
【請求項4】
前記混合用容器はさらに、前記容器体(16)の前記開口(16a)に取設され、かつその鉛直下方側端部(18)における外側面上に第1のネジ山(18a)を備えている蓋体(4b)を備え、
前記容器体(16)はさらに、前記容器体(16)の前記開口(16a)に形成されかつ前記支持部(17)の鉛直上方側と嵌合する嵌合用凹部(16b)と、前記容器体(16)の前記内側面に設けられかつ前記支持部(17)の下端(17c)を収容保持する嵌合用受け部(16d)と、前記開口(16a)に隣接する前記容器体(16)の前記内側面に形成されている第2のネジ山(16e)と、を備え、
前記支持部(17)はさらに、前記容器体(16)の前記嵌合用凹部(16b)に前記支持部(17)を嵌合させた際に前記第2のネジ山(16e)と周方向に連続する第3のネジ山(17d)と、前記支持部(17)の前記下端(17c)側において前記嵌合用受け部(16d)に収容される部分に隣接して設けられ前記支持部(17)を前記容器体(16)の中心側に向かって傾動させる可撓部(17f)と、を備え、
前記保持構造(8)はさらに、前記第1のネジ山(18a)と、前記第2及び第3のネジ山(16e,17d)と、が螺着してなる第2の連結部(20)を備えていることを特徴とする請求項1に記載の混合用容器(2B)。
【請求項5】
前記容器体(5,16)はさらに、前記被混合対象物の最上位位置を外部から目視により確認できる程度の透光材からなり、かつ前記被混合対象物の収容量の目安となる目盛線を備えていることを特徴とする請求項1乃至請求項のいずれか1項に記載の混合用容器(2A〜2B´)。
【請求項6】
請求項1乃至請求項のいずれか1項に記載の混合用容器(2A〜2B´)と、前記混合用容器(2A〜2B´)に直接又は間接的に設けられているスプレーノズル(3a,3b)と、を備えていることを特徴とするスプレー容器(1A〜1B´)。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、容器体内の被混合対象物に所望量の混合対象物を確実に供給することができる混合容器およびそれを用いたスプレー容器に関する。
【背景技術】
【0002】
近年、例えば家庭用洗剤等において、使用目的に応じてその溶液の濃度を変えて使用することが広く行われている。
この場合、使用者が使用目的に応じて、粉粒体状又は液状の洗剤等を計量スプーン等で計量して水等と混合する作業を行う必要がある。
さらに、このような調整済の水溶液等をスプレー容器で使用する場合は、計量済の溶質及び溶媒をスプレー容器に移す作業も必要であった。
ところが、通常スプレー容器の開口は狭いため、計量済の溶質や溶媒をスプレー容器に移し替える際に誤ってこぼしてしまう恐れがあり、その作業は極めて煩雑であった。
また、上述のような事態を回避するために、計量済の溶質及び溶媒を別容器にて混合して混合液を調整した後、スプレー容器に移し替えることも考えられるが、この場合も二度手間になるためやはり煩雑であった。
本願発明と同一の解決すべき課題を有する先行技術文献は現時点では発見されていないが、関連する技術分野の先行技術としては以下に示すようなものが知られている。
【0003】
特許文献1には「流動性物質の加圧吐出容器」という名称で、液体などの流動性物質を耐圧容器内に加圧状態で密封収納し、所要の場合に耐圧容器の密閉を解除して流動性物質を外部に吐出させることができる吐出容器に関する考案が開示されている。
例えば、特許文献1の図5には、耐圧容器内に格納されている包装体を、外部からの操作により開封させる構成が開示されている。
さらに、特許文献1の図6には、耐圧容器内において区画された複数の領域に格納されている収容物を、外部からの操作により同時に開封して混合する構成も開示されている。
上述のような、特許文献1に開示される考案によれば、容器内に予め収容されている包装物や、容器内において区画された複数の領域に格納されている収容物を、外部からの操作により開封して容器内に供給することができるという効果を有する。
【0004】
特許文献2には「容器部分が分割可能なポンプ式液体洗剤詰め替え容器」という名称で、入れ替え及び詰め替えの際の開口部を広く取れ、且つ別種洗剤の入れ替えも容易とするポンプ式液体洗剤詰め替え容器に関する発明が開示されている。
特許文献2に開示される発明は、充填容器本体を胴体部分で螺子もしくは嵌合により上下方向で分割・分離することが出来ることを特徴とするものである。
上記構成の特許文献2に開示される発明によれば、充填容器本体において分割・分離した開口部を広くすることが出来るので、充填注入したい新しい液体洗剤をこぼさずに詰め替えや入れ替えすることができる。特に充填容器本体に別種の液体洗剤等を入れ替える際に、充填容器本体に残存した液体洗剤を広い開口部から簡単に除去、洗浄することができる。この結果、充填容器本体に全く別種の液体洗剤を入れ替えることが容易になる。さらに、特許文献2に開示される発明では、充填容器本体がその胴部で分割・分離することができるため、反復・継続利用が可能でしかも、その取扱いが容易であるため、快適な使用感を得ることができる。また、特許文献2に開示される発明によれば、その製造コストも廉価にできるという効果も奏する。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
【特許文献1】実開平3−43485号公報
【特許文献2】特開2005−280726号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
特許文献1に開示される考案によれば、容器体内において個別に分離された状態で格納されている複数の収容物を、外部からの操作により開封して容器体内において混合することができると考えられる。
しかしながら、容器体内において個別に分離された状態で格納されている複数の収容物のうちの所望の収容物のみを、外部からの操作によって開封して容器体内に導出させるための具体的な構成については、開示はおろか示唆や言及までも全くない。
また、特に特許文献1の図5に開示されている態様の場合は、個別に格納されている収容物の開封は、ニードルによる刺傷により行われる。このため、個々の収容物が液体の場合は特に支障はないと考えられるものの、収容物が粉粒体や粉粒体を成型してなる固形物である場合は、容器を開封した後に各収容物同士を確実に混合することが難しかった。
さらに、特に特許文献1の図5に開示されている態様の場合は、収容物が粉粒体や液体の場合は上述のような課題は生じないが、その構造上、容器体を再利用することが難しい。そして、例えば混合体が洗剤で、被混合対象物が水である場合に、洗剤を希釈する度に容器を新調することは極めて不経済であった。
【0007】
特許文献2に開示される発明では、容器体の胴部において容器体を分離可能にすることが開示されているものの、容器体内において互いに分離された状態で格納されている複数の収容物のうちの所望の収納物のみを、外部からの操作により開封して容器体内に導出させるための技術については、開示はおろか示唆や言及までも全くない。
【0008】
本発明はかかる従来の課題に対処してなされたものでありその目的は、所望量の混合対象物(粉粒体又は液体又は固形物)を外部からの操作により容器体内に導出させることができ、しかも繰り返し使用することができる混合用容器およびそれを備えたスプレー容器を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0009】
上記目的を達成するための第1の発明に係る混合用容器は、上部に開口を備え、かつ被混合対象物を収容する容器体と、可撓材からなり、かつ容器体の内側面から外側に向かって突出してなり、その内部に容器体の内側からPress−Through−Pack(以下、PTP包装物という。)包装物を嵌設可能な中空部を備えている少なくとも1の収容部と、板体と、この板体を容器体の内側面上に配設した際に中空部の入口と連通してPTP包装物内の収容物を容器体内に導出させる導出孔とを備え、かつ容器体の内側面と板体とによりPTP包装物の縁部を挟持する支持部と、容器体の内側面上に支持部を保持するための保持構造と、を備えていることを特徴とするものである。
上記構成の第1の発明において、容器体は、その内部にPTP包装物及び被混合対象物を収容保持するという作用を有する。また、収容部はその中空部内に、PTP包装物における個々の格納容器を収容保持するという作用を有する。
加えて、収容部は可撓材からなるため、PTP包装物の格納容器が収容された収容部を容器体の外側から押し潰すことで、格納容器を間接的に押し潰すことを可能にするという作用を有する。
さらに、支持部は、容器体の内側面とともにPTP包装物の縁部を挟持して固定するという作用を有する。これにより、容器体の外側から収容部を押し潰した際に、収容部に収容されている格納容器が開封されることなく容器体内に押し出されてしまうのを抑制するという作用を有する。その一方で、この支持部が収容部の入口と連通する導出孔を備えていることで、容器体の外側から収容部を押し潰した際に、PTP包装物において収容物を封止するフィルムがこの導出孔内において押し破られて、格納容器内に収容されている収容物を容器体内に導出するという作用を有する。
さらに、保持構造は、容器体の内側面上に、収容部の入口と導出孔とを連通させながら支持部を保持するという作用を有する。
そして、このような第1の発明によれば、PTP包装物内に格納されている収容物を、容器体の外からの操作により容器体内に導出させるという作用を有する。
また、収容部に収容されているPTP包装物は使用後に容易に交換できるので、第1の発明を繰り返し使用することができる。
【0010】
第2の発明は、上述の第1の発明であって、保持構造は、容器体と支持部との嵌合構造を備えていることを特徴とするものである。
上記構成の第2の発明は、上述の第1の発明による作用と同じ作用に加えて、保持構造が容器体と支持部との嵌合構造を備えていることで、容器体の内側面上の所望の位置に正確に支持部を保持させるという作用を有する。これにより、容器体の内側面上に支持部を配設する際に、収容部の入口と支持部の導出孔とを確実に連通させるという作用を有する。
【0011】
第3の発明は、上述の第1又は第2の発明であって、容器体はさらに、その胴部の周方向に直列状に配されている複数の収容部を備え、支持部はさらに、環状をなし、かつ複数の収容部における入口のそれぞれと対応する導出孔を備え、かつ環状をなす支持部をその中空部内において支える補強材を備えていることを特徴とするものである。
上記構成の第3の発明は、上述のような第1又は第2の発明において、容器体がその胴部に複数の収容部を備えている場合の発明の態様を具体的かつ詳細に特定したものである。
このような第3の発明において、環状の支持具は、容器体の胴部に直列状にかつ環状に配される複数の収容部の入口と符合させながら導出孔を配しつつ、容器体の内側面と支持具とによりPTP包装物の縁部を挟持するという作用を有する。これにより、第3の発明では容器体の外側からどの収容部を押し潰しても、その収容部に収容されている格納容器内の収容物を容器体内に確実に導出させるという作用を有する。
また、環状をなす支持部の中空部内に配される補強材は、支持部に間接的に外力が作用した際に、支持部の変形や位置ずれを防止するという作用を有する。これにより、収容部が容器体の外側から押し潰された際に、収容部内のPTP包装物が開封されることなく容器体内に押し出されてしまうのを防止するという作用を有する。さらに、この補強材は、収容部の中空部内に収容されている使用済のPTP包装物を新たなものに交換する際に、支持部を取り外す、あるいは、取設する際の持ち手としても使用できる。
よって、このような第3の発明によれば、容器体内に収容されているPTP包装物の所望の数の格納容器を開封してその収容物を容器体内に導出させるという作用を有する。
このことは、容器体内に収容されている被混合対象物の容積が一定である場合に、容器体の外部からの操作により押し潰される格納容器の数が多いほど、容器体内における収容物の濃度又は含有率が大きくなることを意味し、しかも、その際の収容物の濃度又は含有率は一定の割合で変化することを意味している。
よって、第3の発明によれば、収容物の濃度又は含有率が一定の割合で異なる複数種類の混合体の調整作業を容易にするという作用を有する。
【0012】
第4の発明は、上述の第3の発明であって、容器体は、複数の収容部を備えている第1のパーツと、この第1のパーツ以外の第2のパーツと、第1のパーツと第2のパーツとが螺着されている第1の連結部と、を備えていることを特徴とするものである。
上記構成の第4の発明は、上述の第3の発明と同じ作用に加えて、容器体を第1及び第2のパーツにより構成し、かつ、これらを第1の連結部において着脱可能とすることで、収容部に近接する位置に容器体の開口を形成させるという作用を有する。
この場合、収容部と容器体の開口との距離が近くなるので、各収容部へのPTP包装物の取付け作業や、使用済のPTP包装物を取り外す作業を容易にするという作用を有する。
【0013】
第5の発明は、上述の第1又は第2の発明であって、混合用容器はさらに、容器体の開口に取設され、かつその鉛直下方側端部における外側面上に第1のネジ山を備えている蓋体を備え、容器体はさらに、この容器体の開口に形成されかつ支持部の鉛直上方側と嵌合する嵌合用凹部と、容器体の内側面に設けられかつ支持部の下端を収容保持する嵌合用受け部と、開口に隣接する容器体の内側面に形成されている第2のネジ山と、を備え、支持部はさらに、容器体の嵌合用凹部に支持部を嵌合させた際に第2のネジ山と周方向に連続する第3のネジ山と、支持部の下端側において嵌合用受け部に収容される部分に隣接して設けられかつ支持部を容器体の中心側に向かって傾動させる可撓部と、を備え、保持構造はさらに、第1のネジ山と、第2及び第3のネジ山と、が螺着してなる第2の連結部を備えていることを特徴とするものである。
上記構成の第5の発明は、上述のような第1又は第2の発明において、容器体内における支持部が容器体の中心軸と平行に配される場合の態様を具体的かつ詳細に特定したものである。
上記構成の第5の発明において、容器体の嵌合用凹部に、支持部の鉛直上方側を嵌合させることで、容器体内における支持部の取設位置を特定するという作用を有する。これにより、収容部の入口と、支持部に設けられる導出孔とを確実に連通させるという作用を有する。
また、容器体の内側面に設けられる嵌合用受け部は、支持部の鉛直下方側端部を差し込んで支持部の鉛直下方側端部を固定するという作用を有する。
さらに、支持部が、容器体の開口に隣接する内側面に形成される第2のネジ山と連続する第3のネジ山を備えていることで、容器体の開口の内側面に支持部を嵌設した状態のまま、容器体の開口に蓋体を螺着させるという作用を有する。つまり、第2及び第3のネジ山からなる一連のネジ山に、蓋体に形成されている第1のネジ山を螺着することで、容器体と支持部と蓋体とが一体化する。この時、蓋体の鉛直下方側の端部で支持具が容器体の内側面に押し付けられて、支持部の鉛直上方側が固定される。この結果、支持具の鉛直上下方向の端部がそれぞれ固定されて、容器体の内側面と支持具との間に介設されているPTP包装物も固定される。
さらに、この時、容器体に設けられる収容部の入口と、支持部の導出孔とが連通していることで、容器体の外から収容部を押し潰した際に、PTP包装物のフィルムが導出孔内において破れて、PTP包装物内の収容物が容器体内に導出される。
加えて、第5の発明では、支持部が可撓部を備えていることで、この可撓部を基線にして支持部の鉛直上方側を容器体の中心側に復元可能に傾動させることができる。これにより、収容部へのPTP包装物の着脱が可能になる。
このような第5の発明によれば、容器体内に取設されたPTP包装物から、収容物を容器体内に確実に導出させるという作用を有する。
【0014】
第6の発明は、上述のような第1乃至第5のそれぞれの発明において、容器体はさらに、被混合対象物の最上位位置を外部から目視により確認できる程度の透光材からなり、かつ被混合対象物の収容量の目安となる目盛線を備えていることを特徴とするものである。
上記構成の第6の発明は、上述の第1乃至第5のそれぞれの発明による作用と同じ作用に加えて、容器体が透光材からなり、かつ被混合対象物の収容量の目安となる目盛線を備えていることで、容器体内に所望量の被混合対象物を収容する作業を簡便化するという作用を有する。
【0015】
第7の発明は、上述の第1乃至第6のいずれかの発明と、この第1乃至第6のいずれかの発明に直接又は間接的に設けられているスプレーノズルと、を備えてなることを特徴とするものである。
上記構成の第7の発明は、上述の第1乃至第6のそれぞれの発明をスプレー容器としても使用可能にするという作用を有する。
よって、第7の発明によれば、第1乃至第6のそれぞれの発明の利便性及び汎用性を向上させるという作用を有する。
【発明の効果】
【0016】
上述のような第1の発明によれば、容器体内においてPTP包装物を、容器体の外側からの操作により開封して、PTP包装物内の収容物を容器体内に導出させることができる。この場合、PTP包装物の格納容器内における収容物の態様は、粉粒体状又は液状又は固形状のいずれでもよい。
また、第1の発明によれば、PTP包装物の各格納容器内に収容されている収納物を全て使い切ってしまった後は、収容部から使用済みのPTP包装物を取り外して新たなPTP包装物に交換することで第1の発明を繰り返し使用することができる。
したがって、第1の発明によれば、容器体内において所望の濃度又は含有率を有する混合体を正確に調整する際に、PTP包装物を用いることで使用者側における混合対象物(PTP包装物内の収容物)の計量作業を省略することができる。
この結果、第1の発明によれば、混合対象物(PTP包装物内の収容物)の濃度又は含有率の調整が極めて容易で、かつ容器体を繰り返して使用することができて経済性に優れた混合用容器を提供することができるという効果を有する。
【0017】
第2の発明は、上述のような第1の発明による効果と同じ効果に加えて、保持構造が容器体と支持部との嵌合構造を備えていることで、容器体の内側面上における支持部の位置決めを容易にできるという効果を有する。
この結果、第2の発明における支持部の取扱いが容易になり、これにより第2の発明の取り扱いも容易になる。
【0018】
第3の発明は、上述のような第1又は第2の発明において、容器体に設けられる収容部の数を複数に特定するとともに、収容部及び支持部の位置を容器体の胴部の周方向に特定したものである。
このような第3の発明によれば、上述のような第1又は第2の発明による効果と同じ効果に加えて、使用者が混合対象物(PTP包装物内の収容物)と被混合対象物とを混合して所望の濃度又は含有率を有する混合体を調整しようとする際に、使用者はPTP包装物を構成する格納容器の開封数を所望に変えるだけで、調整済みの混合体における混合対象物(PTP包装物内の収容物)の濃度又は含有率を所望に変えることができる。
この場合、混合体の濃度に応じて、混合体を異なる目的に使用することができる。よって、第3の発明によれば、様々な濃度又は含有率を有する混合体の調整作業を正確かつ容易にすることができる。
【0019】
第4の発明は、上述の第3の発明による効果と同じ効果に加え、容器体において収容部を備えている第1のパーツと、それ以外の第2のパーツとを分離可能に構成しておくことで、各収容部において使用済のPTP包装物を新たなPTP包装物に交換する作業を迅速かつ容易にすることができる。
さらに、第4の発明によれば、第1のパーツと第2のパーツとが分離可能であることで、それぞれのパーツの洗浄作業も容易になる。
この場合、第4の発明の衛生状態を良好に保つことができるので、第4の発明を用いて調整される混合体の衛生面での安全性を向上させることができる。
【0020】
第5の発明は、上述のような第1又は第2の発明において容器体に設けられる収容部及び支持部の配設方向を容器体の中心軸と平行な方向に特定したものである。
このような第5の発明によれば、第3の発明と比較して容器体に設けられる収容部の数は少なくなるものの、第3の発明の場合よりも容器体の中空部の直径を小さくすることができるという効果を有する。
このような第5の発明によれば、第3の発明と同等の機能を有しながらより小型で携行に適した混合用容器を製造して提供することができるという効果を有する。
【0021】
第6の発明は、上述の第1乃至第5のそれぞれの発明による効果と同じ効果に加えて、容器体内への被混合対象物の導入作業と被混合対象物の計量作業を同時に行うことができる。この結果、第6の発明によれば、PTP包装物の収容物と被混合対象物との混合作業や、その混合体の濃度又は含有率を所望に調整する作業を容易にすることができる。
したがって、第6の発明によればPTP包装物内の収容物と被混合対象物とを混合する作業を、上述の第1乃至第5のそれぞれの発明を用いる場合に比べてより効率的に行うことができる。
【0022】
第7の発明によれば、上述の第1乃至第6のそれぞれの発明をスプレー容器としても使用することができる。
よって、第7の発明によれば、上述の第1乃至第6のそれぞれの発明の利便性を一層向上させることができる。
【図面の簡単な説明】
【0023】
図1】本発明の実施例1に係る混合用容器およびそれを備えたスプレー容器の側面図である。
図2】(a)本発明の実施例1に係る混合用容器を分解した状態を示す側面図であり、(b)同混合用容器内に取設される支持部の斜視図である。
図3】(a)本発明の実施例1に係る混合用容器の第1のパーツの一部を切り欠いて示す側面図であり、(b)同第1のパーツが支持部を備えている場合の一部を切り欠いて示す側面図である。
図4】(a)本発明の実施例1に係る混合用容器に用いられるPTP包装物の斜視図であり、(b)同PTP包装物の他の態様を示す斜視図である。(c)本発明の実施例1に係る混合用容器に用いられるPTP包装物の断面図であり、(d)同PTP包装物の他の態様を示す断面図である。(e)本発明の実施例1に係る混合用容器に用いられるPTP包装物の使用状態を示す斜視図である。
図5】(a)本発明の実施例1に係る混合用容器にPTP包装物及び支持部を配設した状態を示す部分断面図であり、(b)本発明の実施例1に係る混合用容器においてPTP包装物から収容物が容器体内に導出される様子を示す部分断面図である。
図6】本発明の実施例2に係る混合用容器およびそれを備えたスプレー容器において容器体の一部を切り欠いて示す側面図である。
図7】(a)本発明の実施例2に係る混合用容器において収容部を備えた容器体と支持部とを分離した状態を示す部分斜視図であり、(b)本発明の実施例2に係る混合用容器において収容部を備えた容器体に支持部を取設した状態を示す部分斜視図である。
図8】(a)〜(c)はいずれも本発明の実施例2に係る混合用容器の収容部にPTP包装物を取り付ける際の手順を説明するための部分断面図である。
図9】本発明の実施例2の変形例に係る混合用容器およびそれを備えたスプレー容器において容器体の一部を切り欠いて示す側面図である。
【発明を実施するための形態】
【0024】
本発明の実施の形態に係る混合用容器およびそれを用いてなる混合用容器について図1乃至図9を参照にしながら詳細に説明する。
【実施例1】
【0025】
はじめに、図1乃至図5を参照しながら本発明の実施例1に係る混合用容器及びそれを用いてなるスプレー容器について説明する。
図1は本発明の実施例1に係る混合用容器およびそれを備えたスプレー容器の側面図である。また、図2(a)は本発明の実施例1に係る混合用容器を分解した状態を示す側面図であり、(b)は同混合用容器内に取設される支持部の斜視図である。さらに、図3(a)は本発明の実施例1に係る混合用容器の第1のパーツの一部を切り欠いて示す側面図であり、(b)は同第1のパーツが支持部を備えている場合の一部を切り欠いて示す側面図である。
図1,2に示すように、本発明の実施例1に係る混合用容器2Aは主に、上部に開口5cを備えかつ被混合対象物(図示せず)を収容する容器体5と、この容器体5の周側面上に設けられている収容部7と、容器体5の内側において収容部7が形成されている位置に着脱可能に取設される支持部9(図2(b)を参照)と、容器体5内において収容部7が形成される領域に支持部9を着脱可能に保持するための保持構造8(図2(a),(b)を参照)と、を備えてなるものである。
なお、この保持構造8は、例えば、図2(a)に示されるような容器体5の内側面において支持部9が配設される領域に突設される突起5dと、この突起5dの外形の一部と符合する形状を有して支持部9に形成されている切欠き9b(図2(b)を参照)とを備えていてもよい。
【0026】
さらに、上述の実施例1に係る混合用容器2Aにおける収容部7は、図1図2(a)及び図3(a)に示されるように、可撓材からなり、かつ容器体5の内側面から外側に向かって突出するとともに、この突出部の内側に容器体5の内側からPTP包装物(後段における図4中のPTP包装物12を参照)の格納部12a(格納容器13)を個別に嵌設可能な中空部7bを備えてなるものである。
また、図1図2(a)及び図3(a)では、容器体5の周側面上に複数の収容部7を備えている場合を例に挙げて説明しているが、実施例1に係る混合用容器2Aは容器体5の周側面上に少なくとも1つの収容部7を備えていればよい。
【0027】
加えて、実施例1に係る混合用容器2Aにおける支持部9は、容器体5の内側面と協働してPTP包装物(後段における図4中のPTP包装物12を参照)の縁部を挟持する板体9aと、この板体9aに穿設され、かつ支持部9が容器体5内に取設された際に収容部7の入口7aと連通し、かつ後段において説明するPTP包装物内の収容物を容器体5内に導出させる導出孔10と、を備えてなるものである。
なお、実施例1に係る混合用容器2Aでは、容器体5の周側面上に収容部7群が環状をなすように配されている。このため、実施例1に係る混合用容器2Aでは、環状を成す収容部7群に対応させるために板体9aを環状にした支持部9を用いている。
他方、図示しないが実施例1に係る混合用容器2Aが例えば、容器体5の周方向の一部分にのみ収容部7群を備えている場合、収容部7が形成されている領域にのみ支持部9が配されていればよい。この場合は、実施例1に係る板体9aの外形を環状にする必要はないものの、容器体5の内側面上に板体9aを常時保持しておくための別の構成が必要になる。
【0028】
さらに、実施例1に係る混合用容器2Aは、容器体5内において収容部7が形成される位置に支持部9を保持しておくための保持構造8として、例えば上述のような容器体5における突起5d(図2(a)を参照)、及び、支持部9における切欠き9b(図2(b)を参照)からなる嵌合構造を備えている。
そして、実施例1に係る混合用容器2Aでは、容器体5の突起5dに、支持部9の板体9aに形成されている切欠き9bを嵌合させながら容器体5内に支持部9を取設することで、図3(b)に示すように、収容部7の入口7aと、支持部9の導出孔10とを連通させることができる。
【0029】
また、本発明の実施例1に係る容器体5、収容部7及び支持部9のそれぞれの材質としては、成形性の点から特に合成樹脂が適している。また、容器体5、収容部7及び支持部9の材質は、容器体5内に収容する被混合対象物や、後段において説明するPTP包装物内の収容物の物理的・化学的性質を考慮して適宜選定するとよい。
また、特に容器体5と収容部7はそれぞれ異なる材質により構成する必要があるため、例えば異種材一体成形品としてもよいし、それぞれを別々に成形した後に接着等により一体化してもよい。
【0030】
ここで、図4を参照しながら本発明の実施例1に係る混合用容器2Aにおいて使用するPTP包装物(Press−Though−Pack包装物)について説明する。
図4(a)は本発明の実施例1に係る混合用容器に用いられるPTP包装物の斜視図であり、(b)は同PTP包装物の他の態様を示す斜視図である。また、図4(c)は本発明の実施例1に係る混合用容器に用いられるPTP包装物の断面図であり、(d)は同PTP包装物の他の態様を示す断面図である。さらに、図4(e)は本発明の実施例1に係る混合用容器に用いられるPTP包装物の使用状態を示す斜視図である。なお、図1乃至図3に記載されたものと同一部分については同一符号を付し、その構成についての説明は省略する。
図4(a),(c),(d)に示すようにPTP包装物12は、合成樹脂製のシート体を成型してなる中空状の格納容器13内に粉粒体状又は液状の収容物15aや、固形状の収容物15bを格納した後、その開口をフィルム14で被覆して収容物15a,15bを格納容器13内に密封してなるものである。
また、本実施の形態に係る混合用容器2Aは、容器体5内において混合対象物(収容物15a又は収容物15b)と被混合対象物とを混合するための容器であるため、被混合対象物に混合対象物(収容物15a又は収容物15b)が溶けない場合や、あるいは互いに混ざり合わないような混合対象物と被混合対象物との組み合わせには用いられない。
【0031】
このようなPTP包装物12では、個々の格納部12aを構成する格納容器13を外側から押し潰すと、格納容器13内の圧力が上昇してフィルム14が破れて、格納容器13内に収容されている収容物15a又は収容物15bが格納容器13の外に導出される。
さらに、このようなPTP包装物12は、図4(b)に示すように、個々の格納部12aを個片化できるように、格納部12a同士の間に分割線12cを備えていてもよい。このようなPTP包装物12の個片体12dの使用方法については後段の実施例2において説明する。
そして、本発明の実施例1に係る混合用容器2Aでは、図4(a)に示されるような帯状のPTP包装物12を、その長手方向端部同士をつなげるようにして環状にした状態で使用する(図4(e)を参照)。
また、実施例1に係る混合用容器2Aでは、容器体5の胴部に形成されている個々の収容部7の中空部7b内に、図4(a),(e)示すようなPTP包装物12の個々の格納部12aを収容して用いる。
【0032】
続いて、本発明の実施例1に係る混合用容器2Aにおいて、図4に示すようなPTP包装物12から収容物15aや収容物15bを開封して容器体5内に導出させる手順について図2乃至図5を参照しながら詳細に説明する。
図5(a)は本発明の実施例1に係る混合用容器にPTP包装物及び支持部を配設した状態を示す部分断面図であり、(b)は本発明の実施例1に係る混合用容器においてPTP包装物から収容物が容器体内に導出される様子を示す部分断面図である。なお、図1乃至図4に記載されたものと同一部分については同一符号を付し、その構成についての説明は省略する。
はじめに、PTP包装物12を実施例1に係る混合用容器2Aに取り付ける手順について説明する。
まず、先の図3に示す容器体5に設けられる収容部7の中空部7bのそれぞれに、先の図4(a)に示すPTP包装物12における格納部12aを一つずつ嵌設する(図示せず)。なお、容器体5のそれぞれの中空部7bに対してPTP包装物12の格納部12aを嵌設した状態のPTP包装物12の外形形状は、図4(e)に示すような環状となる。
なお、容器体5の収容部7の全てにPTP包装物12の格納部12aを嵌設する必要性は必ずしもなく、収容部7群の一部にのみPTP包装物12の格納部12aを嵌設してもよい。この場合は、収容部7群に嵌設した状態のPTP包装物12の外形形状は図4(e)に示すような環状にはならない。
【0033】
この後、容器体5内において、収容部7に嵌め込まれたPTP包装物12のフィルム14側に、先の図2(b)に示す支持部9を取り付ける。この時、容器体5内における突起5dと、支持部9に形成される切欠き9bとを嵌合させることで(先の図3(b)を参照)、収容部7の入口7aと、支持部9に形成される導出孔10とが連通した状態となる。なお、容器体5へのPTP包装物12と支持部9との取付け作業を完了した状態を示したものが図5(a)である。
図5(a)に示すように、容器体5の収容部7にPTP包装物12が取付けられ、さらに支持部9が取設された状態では、PTP包装物12における縁部12b(先の図4(a)を参照)が容器体5の内側面と支持部9の板体9aによりしっかりと挟持されている。さらに、この場合、PTP包装物12の格納部12aが押し潰された際に破れる予定のフィルム14は、支持部9の導出孔10内に配設されている。
【0034】
そして、図5(a)に示すように、容器体5の外側から収容部7を押し潰すような外力Pを加えると、図5(b)に示すように収容部7内においてPTP包装物12の格納容器13が押し潰される。そして、その際の格納容器13内の圧力の上昇に伴いフィルム14が破れて、支持部9の導出孔10からPTP包装物12内の収容物15aが容器体5内に導出される。
この結果、容器体5内に収容されている被混合対象物(図示せず)とPTP包装物12内の収容物15a(又は収容物15b)とを混合することができる。
この場合、PTP包装物12の個々の格納部12a内に格納されている収容物15a(又は収容物15b)の容積又は重量は一様であるため、容器体5内に収容されている被混合対象物の容積又は重量を所望に調整することで、被混合対象物に対する収容物15a(又は収容物15b)の濃度又は含有率が所望である混合体を容易に調整することができる。
あるいは、容器体5内に収容されている被混合対象物(図示せず)の容積又は重量が一定である場合は、容器体5内において開封する格納容器13の数を変えることによっても被混合対象物に対する収容物15a(又は収容物15b)の濃度又は含有率を所望に調整することができる。
【0035】
上述のような本発明の実施例1に係る混合用容器1Aによれば、混合対象物(収容物15a又は収容物15b)と被混合対象物とを混合して所望の濃度又は含有率を有する混合体を調整する際に、収容部7を押し潰す回数を変えるだけで混合対象物(収容物15a又は収容物15b)の濃度又は含有率を変えることができる。このため、その都度異なる濃度又は含有率を有する混合体を調整する必要がある場合に、収容物15a又は収容物15bを計量する作業を行う必要がないので特に便利である。
また、本発明の実施例1に係る混合用容器1Aによれば、PTP包装物12内の収容物15a又は収容物15bが直接容器体5内に供給されるため、収容物15a(又は収容物15b)を容器体5の外で計量して容器体5内に移す場合のように、意図せず収容物15a又は収容物15bをこぼしてしまう心配がない。
このため、実施例1に係る混合用容器1Aによれば、混合対象物(収容物15a又は収容物15b)と被混合対象物とからなる混合体の調整作業を迅速かつ正確に、しかも失敗なく行うことができる。
したがって、上述のような実施例1に係る混合用容器1Aは、例えば希釈率の異なる複数種類の洗剤用液をそれぞれ異なる目的で用いる場合に、混合用容器1Aの使用のみで容易に様々な濃度の洗剤用液の調整を行うことができる。
よって、実施例1に係る混合用容器1Aによれば、上述のような洗剤等の利便性を向上させることができる。
【0036】
なお、実施例1に係る混合用容器2Aの支持部9は、先の図2(b)に示すように、環状をなす板体9aの中空部内に補強材11を備えていてもよい(選択的構成要素)。
実施例1に係る支持部9が補強材11を備えている場合は、容器体5の外側から収容部7を押し潰した際に、板体9aが変形する、あるいは、容器体5の内側面から板体9aが外れてしまうのを好適に防止することができる。
なお、図2(b)では、短円筒状(環状)をなす板体9aの中空部内に十字状の補強材11を備える場合を例に挙げて説明しているが、補強材11は一文字状や放射状をなしていてもよい。
また、このような補強材11は、容器体5の内側面に支持部9を着脱させる際に、持ち手としても使用することもできる。したがって、実施例1に係る支持部9が補強材11を備えている場合は、補強材11を備えていない場合に比べて支持部9の取扱いを容易にすることができる。
なお、容器体5の外側から収容部7を押し潰した際に、板体9aが変形しない程度の十分な剛性を有している場合は、補強材11を備えていなくともよい。
【0037】
また、本発明の実施例1に係る混合用容器2Aは、先の図1に示すように、容器体5の開口5cに、必要に応じて蓋4aを介してスプレーノズル3aを備えてもよい(選択的構成要素)。
この場合、実施例1に係る混合用容器2Aをスプレー容器1Aとしても使用することができる。つまり、実施例1に係る混合用容器2Aがスプレーノズル3aを備える場合は、混合用容器2A内において調整された収容物15a又は収容物15bと被混合対象物とからなる混合体をそのままスプレーして使用することができる。
このような実施例1に係るスプレー容器1Aによれば、混合対象物(収容物15a又は収容物15b)と被混合対象物とからなる混合体の取扱いを容易にでき、しかもその利便性を向上させることができる。
【0038】
さらに、本発明の実施例1に係る混合用容器2Aの容器体5は、先の図1,2に示すように、複数の収容部7を備えている第1のパーツ5aと、この第1のパーツ5a以外の第2のパーツ5b,5bと、これらが着脱可能に螺着されてなる連結部6a,6bとを備えていてもよい(いずれも選択的構成要素)。
なお、図1,2では、容器体5が水平方向に3分割されている場合を例に挙げて説明しているが、第1のパーツ5aと第2のパーツ5bとを一体化して連結部6bを備えない構造としてもよい。
そして、上述のような実施例1に係る混合用容器2Aの容器体5では、容器体5を複数のパーツにより構成することで、帯状に配されている収容部7群の近くに、開口5cとは別の開口19を形成することができる。この場合、容器体5の開口19から個々の収容部7に対してPTP包装物12の着脱、並びに、収容部7への支持部9の着脱作業を行うことができる。
よって、実施例1に係る混合用容器2Aの容器体5が複数のパーツにより構成される場合は、開口5cの直径が容器体5の胴部の直径よりも大幅に小さくとも、収容部7へのPTP包装物12の着脱作業を容易かつスムーズに行うことができる。
【0039】
この場合はさらに、先の図1に示すように容器体5の開口5cに直接、又は、例えば蓋4a等を介して間接的に、スプレーノズル3aを取設することが容易になる。この場合、実施例1に係る混合用容器2Aをスプレー容器1Aとしても使用できるので、実施例1に係る混合用容器2Aの汎用性及び利便性を向上させることができる。
また、図1,2に示すように実施例1に係る混合用容器2Aやそれを用いてなるスプレー容器1Aのように、容器体5が複数のパーツからなる場合は、容器体5を構成する個々のパーツ(第1のパーツ5aや、第2のパーツ5b,5b)の内側の洗浄作業を容易かつ確実にできるという効果も有する。
この場合、容器体5の衛生状態を良好に維持することができるので、容器体5内において調整される混合体の衛生状態も良好にできる。
したがって、実施例1に係る容器体5が複数のパーツに分割可能である場合は、衛生管理が容易な混合用容器を兼ねたスプレー容器を提供することができる。
【0040】
なお、図1乃至図5では、容器体5の胴部の周方向に収容部7群を一列だけ設ける場合を例に挙げて説明しているが、容器体5の胴部の周方向に収容部7群を複数列設けてもよい(図示せず、選択的構成要素)。なお、この場合は、収容部7の列数に応じて支持部9に形成される導出孔10群の列数も変更する必要がある。
また、容器体5の胴部の周方向に複数列の収容部7を設ける場合は、図4(a)に示されるような格納部12a群を1列だけ備えた帯状のPTP包装物12を複数列並べて用いてもよいし、格納部12a群を複数列備えた帯状のPTP包装物(図示せず)を別途準備して用いてもよい。
上述のような実施例1に係る混合用容器2Aによれば、容器体5内におけるPTP包装物12の交換頻度を減らすことができるというメリットを有する。
この場合、実施例1に係る混合用容器2A及びスプレー容器1Aの利便性を一層向上させることができる。
【実施例2】
【0041】
続いて、本発明の実施例2に係る混合用容器及びそれを用いてなるスプレー容器について図6乃至図9を参照しながら説明する。
図6は本発明の実施例2に係る混合用容器およびそれを備えたスプレー容器において容器体の一部を切り欠いて示す側面図である。また、図7(a)は本発明の実施例2に係る混合用容器において収容部を備えた容器体と支持部とを分離した状態を示す部分斜視図であり、(b)は本発明の実施例2に係る混合用容器において収容部を備えた容器体に支持部を取設した状態を示す部分斜視図である。なお、図1乃至図5に記載されたものと同一部分については同一符号を付し、その構成についての説明は省略する。また、図6では収容部にPTP包装物の個片体を備えている状態の断面図を示しているのに対して、図7では収容部にPTP包装物を備えていない状態を示している。
先の実際例1に係る混合用容器2Aは、容器体5の胴部に帯状に複数の収容部7を備えていることから、比較的容量の大きい容器体5に適した構造であるといえる。これに対して、実施例2に係る混合用容器は、比較的容量の少ない容器体に適した構造であり、混合用容器2A自体を携行するのに適している。
【0042】
このような本発明の実施例2に係る混合用容器2Bは、図6,7に示すように、上部に開口16aを備えかつ被混合対象物(図示せず)を収容する容器体16(実施例1に係る容器体5に相当)と、この容器体16の周側面上に一体に設けられている収容部7と、容器体16の内側において収容部7が形成されている位置に着脱可能に取設されている板体17gからなる支持部17(実施例1に係る容器体9に相当)と、を備えてなるものである。
なお、図6,7では、容器体16の周側面上に単数の収容部7を備えている場合を例に挙げて説明しているが、後段の図9に示すように容器体16に設ける収容部7の数は1以上の少数でもよい。
【0043】
実施例2に係る混合用容器2Bはさらに、容器体16の開口16aに取設され、かつその鉛直下方側端部18における外側面上に第1のネジ山18aを備えた蓋4bを備えている。
そして、図6及び図7(a)に示すように、実施例2に係る混合用容器2Bにおける容器体16はさらに、この容器体16の開口16aに形成され、かつ支持部17の鉛直上方側と嵌合する嵌合用凹部16bと、容器体16の内側面に設けられかつ支持部17の下端17cを収容保持する嵌合用受け部16dと、開口16aに隣接する容器体16の内側面に形成されている第2のネジ山16eと、を備えている。
また、図6及び図7(a)に示すように、実施例2に係る混合用容器2Bにおける支持部17は上述の構成に加えて、容器体16の嵌合用凹部16bに支持部17のつまみ部17a側を嵌合した際に、容器体16の開口16aに形成されている第2のネジ山16eと周方向に連続して一体のネジ山として機能する第3のネジ山17dと、支持部17の下端17c側において容器体16の嵌合用受け部16dに収容される部分に隣接して設けられ支持部17を容器体16の中心側に向かって傾動させる可撓部17fと、を備えている。
【0044】
そして、上述のような実施例2に係る混合用容器2Bでは、図7(b)に示すように、支持部17の下端17cを容器体16の嵌合用受け部16dに嵌め込んで固定するとともに、支持部17のつまみ部17a側を容器体16の嵌合用凹部16bに嵌設し(同図7(b)を参照)、さらに、この状態で容器体16の開口16aに蓋4bの下方側端部18(図6を参照)を螺着することで、図6に示すように、容器体16の内側面上の所望の位置に支持部17を保持することができる。
したがって、実施例2に係る混合用容器2Bにおいて、容器体16内の収容部7が形成される位置に支持部17を着脱可能に保持するための保持構造8は、支持部17の下端17cと容器体16の嵌合用受け部16dとからなる嵌合構造と、支持部17のつまみ部17a側と容器体16の嵌合用凹部16bとからなる嵌合構造と、第2のネジ山16e及び第3のネジ山17dからなる一連のネジ山と、蓋4b形成されている第1のネジ山18aとからなる連結部20(第2の連結部、図6を参照)とにより構成されている。
また、図6及び図7(b)に示すように、実施例2に係る混合用容器2Bにおいて容器体16の内側面上に支持部17を保持した場合、先の実施例1に係る混合用容器2Aの場合と同様に、容器体16に設けられる収容部7の入口7aと、支持部17に形成されている導出孔10とが連通する。
【0045】
ここで図8を参照しながら実施例2に係る混合用容器2BへのPTP包装物12の取付け手順について詳細に説明する。
図8(a)〜(c)はいずれも本発明の実施例2に係る混合用容器の収容部にPTP包装物を取り付ける際の手順を説明するための部分断面図である。なお、図1乃至図7に記載されたものと同一部分については同一符号を付し、その構成についての説明は省略する。
先の図6,7に示すように、実施例2に係る混合用容器2Bにおいて、容器体16の胴部に設けられる収容部7が単数である場合は、先の図4(b)に示されるPTP包装物12を個片化してなる個片体12dを用いればよい。なお、先の図4(b)に示す個片体12dは、図4(a)に示すPTP包装物12を個片状に切り分けたもので代用することもできる。
【0046】
そして、実施例2に係る混合用容器2Bに、先の図4(b)に示されるPTP包装物12の個片体12dを取り付けるには、まず、PTP包装物12の個片体12dを準備するとともに、図8(a)に示すように実施例2に係る混合用容器2Bから蓋4b(及びこの蓋4bに一体に設けられている下方側端部18)を取り外す。
次いで、支持部17の下端17cを容器体16の嵌合用受け部16dに嵌め込んだ状態のまま、支持部17のつまみ部17a側を容器体16の中心側(図8(b)中の符号Aで示す方向)に傾動させる。この時、支持部17は、その下端17cに隣接する部位に可撓部17fを備えていることで、この可撓部17fがヒンジとして機能して支持部17が傾動する(図8(b)を参照)。
このとき、図8(b)に示すように収容部7の入口7aが開放された状態になるので、この入口7aにPTP包装物12の個片体12dを嵌設した後、容器体16の中心側に傾動させていた支持部17を元の位置に戻す。つまり、支持部17のつまみ部17a側を図7(b)中の符号Bで示す方向に逆動させる。
【0047】
そしてこの一連の動作により、図7(c)に示すように、容器体16の断面における収容部7と支持部17との間に、PTP包装物12の個片体12dが介設されるとともに、収容部7の入口7aと支持部17における導出孔10とが連通した状態になる。このとき、PTP包装物12のフィルム14が支持部17の導出孔10から裸出した状態になる。
この後、容器体16の開口16aに蓋4bの連結部18を螺着することで、図8(c)に示すように、PTP包装物12の個片体12dが支持部17によりしっかりと固定されて、格納容器13内の収容物15a(又は収容物15b)の導出が可能になる。
【0048】
なお、上述のような実施例2に係る混合用容器2Bにおいて、PTP包装物12内の収容物15a(又は収容物15b)を容器体16内に導出させる手順は、先に図5を参照しながら説明した実施例1に係る混合用容器2Aの場合同じであるため、ここではその詳細な説明を省略する。
【0049】
また、実施例2に係る混合用容器2Bでは、支持部17は可撓部17fを基線にしてつまみ部17a側を容器体16の中心側に傾動させることができる。このような支持部17は、支持部17全体を可撓材により構成してもよいし、支持部17の可撓部17fのみを可撓材により構成し、それ以外の部分を十分な形状保持性を有する材質により構成してもよい。
そして、特に前者の場合は、収容部7を押し潰してPTP包装物12内の収容物15a(又は収容物15b)を導出させる際に、支持部17自体が変形することがないよう十分な形状保持性を有しつつ、可撓部17fでは適度な可撓性が発揮されるよう構成する必要がある。
また、特に後者の場合は、支持部17において可撓部17fの厚みのみをそれ以外の部位よりも薄くすることで可撓部17fにおいて可撓性が発揮されるよう構成してもよい。
加えて、図7に示すように実施例2に係る混合用容器2Bにおける支持部17は、その水平方向断面が湾曲状をなしているため(図7を参照)、特に後者の場合は、支持部17における可撓部17fの鉛直方向の幅を大きく設定しておくことが望ましい。この場合、支持部17の水平方向断面が湾曲していても支障なく支持部17を傾動させることができる。
あるいは、支持部17が取設される領域の容器体16(容器体16において支持部17と重なりを形成する部分)を部分的に平坦状にするとともに、その部分に配設される支持部17も平坦状にしてもよい(図示せず)。ただし、この場合は、容器体16の開口16aと重なる部分については開口16aの形状に沿った形状にしておく必要がある。この場合は、支持部17における可撓部17fの鉛直方向における幅に関わらず、支持部17をスムーズに傾動させることができる。
【0050】
また、実施例2に係る混合用容器2Bの容器体16の内側面は、先の図6乃至図8に示すように、支持部17と接触する領域に少なくとも1本の嵌合用溝部16cを備えるとともに、支持部17はこの嵌合用溝部16cと嵌合する嵌合用突条17bを備えていてもよい(いずれも選択的構成要素)。
この場合、容器体16の嵌合用凹部16bと支持部17のつまみ部17aとからなる嵌合構造に加えて、嵌合用溝部16cと嵌合用突条17bとからなる嵌合構造を備えることになるので、容器体16の内側面上の所望位置に一層正確に支持部17を配設することができる。
また、特に支持部17全体が可撓材からなる場合は、嵌合用溝部16cと嵌合用突条17bとからなる嵌合構造をパッキンとしても機能させることができる。この場合、容器体16内に液体が収容される場合に、容器体16の開口16aに蓋4bを螺着した際に、容器体16と支持部17との接触部分から被混合対象物が漏出するのを好適に防止することができる。
この場合、被混合対象物と、PTP包装物12内の収容物15a又は収容物15bとからなる混合体を容器体16に収容したまま携行する際に、混合体を水密に収容しておくことができるので便利である。
【0051】
さらに、実施例2に係る混合用容器2Bは、先の図6に示すように、蓋4bにスプレーノズル3bを備えていてもよい(選択的構成要素)。
この場合、実施例2に係る混合用容器2Bをスプレー容器1Bとしても使用することができるので、混合用容器2Bの利便性及び汎用性を一層向上させることができる。
【0052】
次に、図9を参照しながら本発明の実施例2に係る混合用容器2A及びそれを用いてなるスプレー容器1Bの変形例について説明する。
図9は本発明の実施例2の変形例に係る混合用容器およびそれを備えたスプレー容器において容器体の一部を切り欠いて示す側面図である。なお、図1乃至図8に記載されたものと同一部分については同一符号を付し、その構成についての説明は省略する。
先の図6乃至図8では、容器体16の胴部に収容部7を単数備える場合を例に挙げて説明しているが、図9に示すように、容器体16の胴部に設けられる収容部7の数を1よりも大きい少数としてもよい。また、実施例2の変形例に係る混合用容器2A´及びスプレー容器1B´では、図4(b)に示すようなPTP包装物12の個片体12dに代えて、図4(a)に示すような帯状のPTP包装物12を使用することもできる。
【0053】
また、先の実施例1に係る混合用容器2A及びスプレー容器1Aでは、容器体5の胴部の周方向に複数の収容部7が配設されているのに対して、図9に示す実施例2の変形例に係る混合用容器2A´及びスプレー容器1B´では、容器体16の中心軸と平行にPTP包装物12が配設されている。
そして、図9に示すような実施例2の変形例に係る混合用容器2A´及びスプレー容器1B´によれば、図6乃至図8に示す実施例2に係る混合用容器2A及びスプレー容器1Bに比べて、収容部7へのPTP包装物12の交換頻度を少なくすることができるだけでなく、混合対象物(収容物15a又は収容物15b)の濃度又は含有率が高い混合体を一度により多い量で準備することができるというメリットを有している。
【0054】
最後に、本発明の実施例1,2に係る混合用容器2A〜2B´による効果について説明する。
上述のような実施例1,2に係る混合用容器2A〜2B´によれば、PTP包装物12を使用することで、混合対象物(例えば、収容物15a又は収容物15b)と被混合対象物とを混合して所望の濃度を有する混合体を調整する際に、混合対象物の計量作業を省略することができる。よって、濃度が様々に異なる複数種類の混合体の調整作業を大幅に簡便化することができる。
また、上述のような実施例1,2に係る混合用容器2A〜2B´によれば、PTP包装物12を使用しない場合のように、容器体5又は容器体16の外で混合対象物(収容物15a)や被混合対象物(図示せず)を計量して容器体5又は容器体16に移す作業を行う必要がない。このため、混合対象物(収容物15a)と被混合対象物の混合作業中にこれらをこぼす、あるいは計量ミスが生じるなどして、混合体における混合対象物(収容物15a)の濃度又は含有率が所望の値にならないという事態を好適に回避することができる。
よって、実施例1,2に係る混合用容器2A〜2B´によれば、使用者側が特に注意を払わなくとも容易に正確な濃度又は含有率を有する混合体を簡単に調整することができ、これにより調整済の混合体の利便性を向上させることができる。
【0055】
なお、本実施例に係る混合用容器2A,2B´では、容器体5又は容器体16内に収容される被混合対象物の容積が一定である場合に、収容部7を押し潰して開封する格納部12aの数を変えるだけで、混合体における収容物15a又は収容物15bの濃度又は含有率を所望に変更することができる。
これに対して、混合用容器2Bでは、容器体16に取設されるPTP包装物12の格納部12aが単数であるため、混合体における収容物15a又は収容物15bの濃度又は含有率の濃度の調整は、専ら容器体16内に収容される被混合対象物の容積又は重量の変更により行われる。
しかしながら、実施例2に係る混合用容器2Bは、先の実施例1に係る混合用容器2Aに比べて容器体16の容積を小さく設定することができるので、携行性に優れた混合用容器を提供できるという別の効果を奏する。
【0056】
さらに、本発明の実施例1,2に係る混合用容器2A〜2B´では、容器体5又は容器体16を被混合対象物の最上位位置を外部から目視により確認できる程度の透光材により構成するとともに、被混合対象物の収容量の目安となる目盛線を容器体5又は容器体16に備えていてもよい(いずれも選択的構成要素)。
この場合、容器体5又は容器体16内に所望量の被混合対象物を収容する際に、容器体5又は容器体16の外で予め被混合対象物を計量する必要がなくなる。
よって、上述のような実施例1,2に係る混合用容器2A〜2B´によれば、目盛り線を備えていない容器体5又は容器体16を用いる場合に比べて、混合体の調整作業を一層簡便化できるという効果を有する。
【0057】
さらに、実施例1,2に係る混合用容器2A〜2B´では、容器体5又は容器体16に設けられる収容部7、及び、PTP包装物12における格納容器13を透光材により構成してもよい(いずれも選択的構成要素)。
この場合、容器体5又は容器体16の外から格納容器13内に収容物15a又は収容物15bが残存しているか否かを目視により確認することができる。
この場合、実施例1,2に係る混合用容器2A〜2B´の使用時に、未開封の格納容器13が収容されている収容部7を探す手間を省くことができるので、混合体の調整作業を一層簡便化できるという効果を有する。
【0058】
さらに、実施例1,2に係る混合用容器2A〜2B´によれば、容器体5又は容器体16に取設されているPTP包装物12を交換するだけで容器体5又は容器体16を繰り返し使用することができる。
よって、実施例1,2に係る混合用容器2A〜2B´によれば、正確な濃度又は含有率を有する混合体の調整作業を簡便にかつ経済的に行うことができるという効果も奏する。
【0059】
また、本発明の実施例1,2に係る混合用容器2A〜2B´に用いられるPTP包装物12の個々の格納部12aは、容器体5に形成されている収容部7の中空部7bとほぼ同じ形状及び大きさを有していることが望ましい。
これは、例えば収容部7の中空部7bの大きさに比べてPTP包装物12の格納部12aの大きさが過度に小さいと、収容部7を容器体5又は容器体16の外側から押しつぶした際に、その押圧力が格納容器13にしっかりと伝わらず、格納容器13を開封することができないおそれがあるためである。
【0060】
さらに、実施例1,2に係る混合用容器2A〜2B´では、収容部7の平面形状が円形である場合を例に挙げて説明しているが、収容部7の平面形状は必ずしも円形でなくともよい。この場合、収容部7の中空部7b内に収容されるPTP包装物12の格納部12aの平面形状及び大きさを収容部7の形状及び大きさに略符合させておくことが望ましい。
なお、収容部7の平面形状が鋭角部分を有している場合は、PTP包装物12の格納容器13を開封した際に、収容物15aの一部が格納容器13内に残存する恐れがあり好ましくない。
このため、収容部7の平面形状は滑らかな形状であることが望ましく、特に円形が最適である。
【産業上の利用可能性】
【0061】
以上説明したように本発明は、容器体内において個別に分離された状態で格納されている粉粒体又は液体又は固形物からなる収容物を、外部からの操作により開封して容器体内に導出させることができ、しかも繰り返し使用することができる混合用容器およびそれを備えたスプレー容器であり、日用品や医療用品又は研究用の備品等に関する技術分野において利用可能である。
【符号の説明】
【0062】
1A,1B…スプレー容器 2A,2B…混合用容器 3a,3b…スプレーノズル 4a,4b…蓋 5…容器体 5a…第1のパーツ 5b,5b…第2のパーツ 5c…開口 5d…突起(嵌合部) 6a,6b…連結部(第1の連結部) 7…収容部 7a…入口 7b…中空部 8…保持構造 9…支持部 9a…板体 9b…切欠き(嵌合部) 10…導出孔 11…補強材 12…PTP包装物 12a…格納部 12b…縁部 12c…分割線 12d…個片体 13…格納容器 14…フィルム 15a…粉粒体又は液体(収容物) 15b…成型体(収容物) 16…容器体 16a…開口 16b…嵌合用凹部 16c…嵌合用溝部 16d…嵌合用受け部 16e…第2のネジ山 17…支持部 17a…つまみ部 17b…嵌合用突条 17c…下端 17d…第3のネジ山 17e…縁部収容部 17f…可撓部 17g…板体 18…下方側端部 18a…第1のネジ山 19…開口 20…連結部(第2の連結部)
【要約】
【課題】容器体内の被混合対象物に所望量の混合対象物を供給することができる混合容器を提供する。
【解決手段】上部に開口5cを備え、かつ被混合対象物を収容する容器体5と、可撓材からなり、かつ容器体5の内側面から外側に向かって突出し、この突出部の内部に容器体5の内側からPress−Through−Pack包装物(以下、PTP包装物という。)を嵌設可能な中空部を備えている少なくとも1の収容部7と、板体9aと、この板体9aを容器体5の内側面上に配設した際に収容部7における中空部の入口と連通してPTP包装物内の収容物を容器体5内に導出させる導出孔10とを備え、かつ容器体5の内側面と板体9aとによりPTP包装物の縁部を挟持する支持部9と、容器体5の内側面上に支持部9を保持するための保持構造8と、を備えてなる混合用容器1Aによる。
【選択図】図2
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9